ディヴィーナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ディヴィーナ
ディヴィーナ
ディヴィーナ
ディヴィーナ
ディヴィーナ
ディヴィーナ
ディヴィーナ
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2018年2月24日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主佐々木 主浩
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績19戦[5-3-2-9]
総賞金16,238万円
収得賞金6,750万円
英字表記Divina
血統 モーリス
血統 ][ 産駒 ]
スクリーンヒーロー
メジロフランシス
ヴィルシーナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ハルーワスウィート
兄弟 ブラヴァスレヴィオーサ
市場価格
前走 2023/12/10 香港マイル G1
次走予定

ディヴィーナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/12/10 香港 7 香港マイル G1 芝1600 14--------11** 牝5 55.5 C.デムー友道康夫 418
(--)
1.35.2 1.1----ゴールデンシックスティ
23/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 154618.787** 牝5 56.0 M.デムー友道康夫 428
(0)
2.13.0 0.434.5⑪⑩⑪⑧ブレイディヴェーグ
23/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 13574.711** 牝5 55.0 M.デムー友道康夫 428
(+2)
1.46.1 -0.033.9ルージュエヴァイユ
23/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 17115.722** 牝5 55.0 M.デムー友道康夫 426
(+4)
1.32.2 0.133.2④④アヴェラーレ
23/07/23 中京 11 中京記念 G3 芝1600 166114.522** 牝5 54.0 M.デムー友道康夫 422
(0)
1.33.3 0.334.9⑬⑫⑨セルバーグ
23/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 16713224.9154** 牝5 56.0 M.デムー友道康夫 422
(-2)
1.32.4 0.233.1⑬⑨ソングライン
23/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 1281247.71112** 牝5 55.0 池添謙一友道康夫 424
(-4)
1.35.3 1.434.9⑩⑧サウンドビバーチェ
23/02/18 阪神 11 京都牝馬S G3 芝1400 181223.31010** 牝5 55.0 坂井瑠星友道康夫 428
(-2)
1.21.0 0.634.0⑧⑨ララクリスティーヌ
23/01/21 中京 11 睦月S OP 芝1600 9893.414** 牝5 55.0 福永祐一友道康夫 430
(+2)
1.34.7 0.634.0⑤⑤⑤キングエルメス
22/08/14 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 1471113.8513** 牝4 54.0 武豊友道康夫 428
(+8)
1.34.4 1.133.4⑫⑪ウインカーネリアン
22/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 183653.81311** 牝4 55.0 武豊友道康夫 420
(0)
1.32.9 0.733.6⑧⑧ソダシ
22/03/19 中京 10 豊橋S 3勝クラス 芝1600 16116.641** 牝4 55.0 吉田隼人友道康夫 420
(0)
1.34.3 -0.035.5ライティア
22/02/20 阪神 10 武庫川S 3勝クラス 芝1600 9551.816** 牝4 55.0 藤岡佑介友道康夫 420
(+4)
1.35.8 0.533.6⑨⑨シャーレイポピー
22/01/05 中京 8 4歳以上2勝クラス 芝1600 10663.421** 牝4 54.0 C.デムー友道康夫 416
(+2)
1.35.3 -0.333.5④④④ジャスティンカフェ
21/12/12 中京 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 16122.511** 牝3 54.0 西村淳也友道康夫 414
(-6)
1.34.0 -0.234.6フィアスプライド
21/10/17 阪神 6 3歳以上1勝クラス 芝2000 8881.813** 牝3 53.0 川田将雅友道康夫 420
(-2)
2.02.9 0.035.7⑥⑤⑥⑥ダノンドリーマー
21/09/18 中京 9 金山特別 1勝クラス 芝2200 13442.512** 牝3 52.0 川田将雅友道康夫 422
(-2)
2.12.8 0.235.3⑤④④④ワイドエンペラー
21/06/19 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 8551.713** 牝3 52.0 岩田望来友道康夫 424
(+4)
2.03.0 0.435.9ジャッカル
21/05/22 中京 5 3歳未勝利 芝2000 11226.641** 牝3 54.0 岩田望来友道康夫 420
(--)
2.01.8 -0.334.0④⑤⑤ウインリブルマン

ディヴィーナの関連ニュース

小倉大賞典は小倉芝1800mで施行されるハンデ戦のG3。

波乱のイメージが強い重賞ながら、過去10年勝ち馬は1~4番人気から出ている。一方、2桁人気も計7頭馬券に絡むなど健闘。
今年は上位人気だったはずのディープモンスターが出走取消。ただでさえ、上位勢に信頼を置きづらいメンバーが多いなか、より混戦の度合いが深まった。大波乱を見られるのだろうか。過去10年のデータを使用し、勝ち馬を見極めたい。

逃げた馬の成績は【2-0-1-8】。内訳は2015年3番人気人気1着カレンブラックヒル、2017年4番人気1着マルターズアポジー、2019年14番人気3着サイモンラムセス

カレンブラックヒルは番手から道中動いてハナに立つ形。重馬場の1000m通過59秒7は楽なペースではなく、実際2・3着馬は初角2桁位置を通過している。
マルターズアポジーの年は良馬場、1000m通過57秒6だからこの馬も飛ばしている。同じように、2・3着には前半控えていた馬が追い込んだ。
馬場状態は違えど、自分の形に持ち込むとペースに関わらず強いという意味では、今年の逃げ候補筆頭セルバーグも同じ。少し楽しみが出てきた。
サイモンラムセスは当時9歳。最内枠もあり、積極策をとった。1000m通過59秒4と緩め、番手以下を離し、淡々と逃げられたのに加え、53キロも味方した。

今開催の小倉は先週からBコースへ変更。とはいえ、ラチ沿いの傷みはカバーしきれていない。ペース次第ではロスなく運んだ先行馬も残ったが、特に直線は外に進路を求める騎手が多く、外が伸びやすい。このあたりも念頭に置くべきだろう。

小倉芝1800mのスタートは、スタンド前の直線にある。平坦からすぐに上りとなり、かつ1コーナーまで272mと短いため、形状的にはペースが上がりにくい。
上りは2コーナーまで続き、そこからは下りと平坦の組み合わせ。前半はゆったりと走り、後半は負荷が少ないとなれば、基本的には前に利が出る。

逃げ馬に注目すると、久々に今村騎手に手が戻ったセルバーグがいる。一応、フェーングロッテンもいるが、近走の行き脚を見るとハナに立つ率は低そう。
セルバーグは昨年の中京記念勝ち馬。この時は松山騎手の騎乗、3枠6番から押していき、テン1ハロンは12秒3。道中もペースを緩めずに押し切っており、2・3着馬は初角2桁位置から追い込んできた。
その後、関屋記念はスローペースの逃げで8着、マイルCSはハイペースの番手で16着、前走の京都金杯は逃げ馬が飛ばす展開を6番手から13着。噛み合わない競馬が続いている。
今回はハナを叩けそうなメンバーとなり、施行が重なり時計がかかるようならさらに良さそう。人気も落ちるだろうし、今回のメンバーなら頑張れないか。

セルバーグ。どう乗るのかわからないが、変わるならハナだろうし、逃げてくれると祈るばかり。中京記念のように、マイペースで淡々と運べばなかなかしぶとい。後に中京記念2着ディヴィーナは府中牝馬S(G2)を勝ち、4着馬ウイングレイテストはスワンS(G2)を勝っている。実績的に57キロも有利に映り、一変を期待。

馬券は◎の単勝。⑤⑩⑪への馬連・ワイド。

(文・垣本大樹)

ディヴィーナが高松宮記念でラストラン 初の6ハロンでGⅠ初V狙う 2024年2月9日(金) 13:01

昨年の府中牝馬Sで重賞初制覇を果たした香港マイル11着ディヴィーナ(栗・友道、牝6)は、M・デムーロ騎手とのコンビで高松宮記念(3月24日、中京、GⅠ、芝1200メートル)に向かい、このレースがラストランとなる。初の6ハロン戦でGⅠ初制覇を狙う。

[もっと見る]

【京都金杯】カシオペアS勝ちのアルナシーム 橋口師も胸張る充実ぶり 2024年1月3日(水) 04:57

<栗東トレセン>

前走のカシオペアSを5番手から鋭く差し切ったアルナシーム。もともとポテンシャルの高さは光っていたが、課題だった折り合い面にも進境がうかがえ、本格化ムードが漂う。橋口調教師は「前走はジョッキーもうまく乗ってくれて、いうことのない内容でした。心身ともに成長していますし、すごく充実しています」と胸を張る。

ドーブネはポートアイランドS、キャピタルSとマイルのリステッドを連勝中。勢いに乗って重賞初制覇を狙う。武幸調教師は「トラブルなく順調に来ています。(近2走は)スムーズに競馬ができているのが大きいですね。京都外回りコースは初めてなのでやってみないと分かりませんが、開幕週のきれいな芝はいいと思います」と楽しみにする。

マテンロウオリオンは1番人気に推された昨年、13着に敗れたが、ゲートで追突して出遅れただけに度外視できる。スムーズなら上位の力があるはずだ。昆助手は「状態は上がってきています。精神的に難しいところはありますが、ブリンカーがいい方に出てくれれば」と巻き返しを誓う。

セルバーグの前走はGⅠで相手が強すぎた印象。昨夏の中京記念ではのちにGⅡを制したディヴィーナに勝っており、このメンバーなら侮れない。鈴木孝調教師は「短期放牧を挟んで状態は変わらずいい。馬の気に任せたレースの方が結果が出ているので、今回は自分のリズムで運びたい」と意気込む。

コレペティトールの前走は後方から鮮やかにインを突いて差し切った。久々の重賞でも相手なりに走れるタイプ。年男の中竹調教師は「前回はペースが流れて展開が向いたところもあったけどいい内容。馬の状態はいいし、今回も楽しみ」と力を込める。

[もっと見る]

【有馬記念】ドウデュースが武豊と世界へ再挑戦 「忘れ物」を取りにドバイ&凱旋門賞にチャレンジ 2023年12月25日(月) 05:00

GⅠホース8頭が顔をそろえた有馬記念は、昨年の日本ダービー馬で2番人気のドウデュースが快勝した。管理する友道康夫調教師(60)=栗、松島正昭オーナー(65)は、来年の凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン、GⅠ、芝2400メートル)に挑戦する意向を表明。来春はドバイに遠征する予定もあり、世界の頂点を狙いに行く。




世界最強馬を倒した実力が、暮れの大一番で見事によみがえった。昨年の日本ダービーイクイノックスを破って世代の頂点に輝いたドウデュースが、グランプリで劇的な復活V。有馬記念初勝利の友道調教師は、引き揚げてきた武豊騎手とがっちり握手し、「ありがとう」と声をかけた。

「さすが武豊だな、と。日本ダービーのときもそうでしたけど、武豊騎手でGⅠを勝つことがひとつの夢だったので、純粋にうれしいです」

今年は苦難の連続だった。3月のドバイターフは左前肢跛行で無念の出走取消。秋の復帰後も天皇賞・秋7着、ジャパンC4着と結果が出なかった。今回は秋3戦目に加えて、久々の中山、キャリア初の2500メートルと、険しいハードルが待ち構えていた。

しかし、指揮官は「距離がもつか不安な声はありましたけど、武豊騎手が乗ればドウデュースも気分良く走ってくれる。1週前追い切りに乗ったときから、動きが違っていましたからね」と名手に全幅の信頼を寄せていた。「3、4コーナーでこれなら、と思いました。秋2戦はゴール前で声が出る場面がなかったですが、ようやく声が出せて本当によかったです」と勝利の美酒に酔った。

所有する(株)キーファーズの松島代表は歓喜のゴール後、号泣しながら武豊騎手と熱い抱擁をかわした。「きょうはもう、本当に(レースを)見られなかったですね。さすが武君というレースでしたよ。すごいけがでしたからね、足がすごく腫れて。よく間に合わせてくれました」とねぎらいの言葉を贈った。

来春は今年出走すらかなわなかったドバイに向かう予定で、秋にはさらに大きなチャレンジが待っている。松島オーナーはかねてから、武豊騎手と凱旋門賞を勝つことを夢として掲げてきた。友道調教師は「オーナーから『忘れ物を取りに行こうよ』と。フランスだと思います」と、凱旋門賞に再挑戦する意向を示した。重馬場に泣いた昨年19着のリベンジへ―。〝チーム・ドウデュース〟が再び海を渡り、日本競馬界の悲願をかなえに行く。(綿越亮介)




★母はコントレイルとの子を受胎中

待ちに待った復活に、生産者のノーザンファームの中島文彦ゼネラルマネジャーは安堵(あんど)の表情で人馬をたたえた。

「さすが武豊ジョッキーですね。馬もよく頑張っていい勝ち方をしてくれました。今年は少し順調さを欠いてGⅠを勝てていなかったので、ホッとしました。本来の力を発揮できれば、これだけ強い競馬ができる。今後も楽しみですね」

半弟にリアルスティール産駒の1歳がおり、昨年のノーザンファームミックスセールでキーファーズが8600万円(税抜き)で落札。兄と同じく友道厩舎に預託予定だ。また当歳にはシルバーステート産駒の半妹がいる。母ダストアンドダイヤモンズはコントレイルの子を受胎中で、3月13日に出産予定だ。




★有馬記念アラカルト

武豊騎手 2017年(キタサンブラック)以来の通算4勝目で池添謙一騎手と並んで最多。JRA・GⅠは大阪杯ジャックドール)以来の今年2勝目で通算81勝目。同重賞はエルムSセキフウ)以来の今年8勝目で通算357勝目。

友道康夫調教師 今年の3頭を含む管理馬延べ18頭目の出走で初勝利。これまでは17、18年(シュヴァルグラン)、19年(ワールドプレミア)の3着が最高着順。JRA・GⅠは昨年のチャンピオンズCジュンライトボルト)以来で通算18勝目。同重賞は府中牝馬Sディヴィーナ)以来の今年7勝目で通算63勝目。

ハーツクライ産駒 19年(リスグラシュー)以来で通算2勝目。JRA・GⅠは昨年の日本ダービードウデュース)以来で通算15勝目。同重賞は中山記念ヒシイグアス)以来の今年5勝目で通算83勝目。

◆馬主:(株)キーファーズ(松島正昭氏名義を含む※外国馬を除く) 初出走で勝利。JRA・GⅠは昨年の日本ダービー以来で通算3勝目。同重賞は京都記念ドウデュース)以来の今年2勝目で通算5勝目。

◆生産牧場:ノーザンファーム 18年(ブラストワンピース)から6年連続で通算9勝目。JRA・GⅠは阪神JFアスコリピチェーノ)以来の今年16勝目で通算201勝目(他にJ・GⅠを3勝)。同重賞は阪神JF以来の今年49勝目で通算810勝目。

◆関西馬の勝利 20年(クロノジェネシス)以来。通算成績は関西馬31勝、関東馬37勝。

◆牡馬の勝利 21年(エフフォーリア)から3年連続で通算61勝目。

◆馬番⑤の勝利 1972年(イシノヒカル)以来で通算3勝目。

◆4歳馬の勝利 20年以来で通算27勝目。

◆単勝2番人気の勝利 19年以来で通算12勝目。

◆ファン投票7位の勝利 75年(イシノアラシ)以来で通算2勝目。

日本ダービー馬の勝利 13年(オルフェーヴル)以来で通算11勝目。

[もっと見る]

ディヴィーナは来春の高松宮記念がラストラン 2023年12月14日(木) 17:00

香港マイル11着のディヴィーナ(栗・友道、牝5)は、来春の高松宮記念(3月24日、中京、GⅠ、芝1200メートル)で現役を引退することが14日、分かった。

今後は高松宮記念を目標に置いて、その前にレースを挟むかどうかは検討される。

友道調教師は「レース後も問題ないようで良かったです」と話した。

[もっと見る]

【香港マイル】ナミュール3着止まりも伸び鋭く ビュイック騎手「スーパー牝馬になってきた」 2023年12月11日(月) 06:14

日本馬から挑戦した5頭では、ナミュールの3着が最高。外枠からうまく流れに乗り、直線でも自慢の末脚を発揮したが、先に抜け出したゴールデンシックスティを脅かすには至らなかった。

それでもビュイック騎手は「素晴らしい走り。理想ではない枠からのスタートでしたが、道中の位置取りも悪くなかった。スーパー牝馬になってきましたね」とパフォーマンスを絶賛。高野調教師は「最後は歯を食いしばって頑張ってくれた。勝った馬はさすがチャンピオンホース。いい位置を取って他馬を寄せつけなかった」と王者の走りに脱帽していた。

◆モレイラ騎手(ソウルラッシュ4着)「残念ながら完璧な走りではありませんでしたし、スムーズに行かなかったのですが、とても強い馬。非常に誇りに思います」

◆川田騎手(セリフォス7着)「自分の競馬に徹していい雰囲気で4コーナーを向いてこれならと思いましたが、なかなか前を捕まえられませんでした」

◆C・デムーロ騎手(ディヴィーナ11着)「タフなレースになってしまいました」

◆北村友騎手(ダノンザキッド12着)「タフな馬場で前に壁も作れず、伸び切れませんでした。安田(隆)先生も最後(来年定年)ですし、結果を出したかったのですけど残念です」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディヴィーナの関連コラム

閲覧 1,941ビュー コメント 0 ナイス 2

香港マイル(シャティン芝1600m)
世界のマイル王、ゴールデンシックスティの動向に世界中の注目が集まっています。明けて8歳(南半球生産馬は8月1日に加齢)の老雄は昨季4月30日チャンピオンズマイルを圧勝後に休養。今季は一度も使われることなく、香港マイルにぶっつけという異例のローテーションとなりました。このローテーションを敢えて執ったのか、取らざるを得なかったのか。

今季節開幕直後、ゴールデンのC.ホー調教師にローテーションを確認したところ、自信なさげに語っていたことを今更ながら思い出します。
「明けて8歳、人間でいえば自分と同じくらいの年寄りなんでエンジンのかかりが遅いのは仕方ない。ゆっくり仕上げていってこれまでと同じようにトライアルのジョッキークラブ・マイルから本番に迎えればいいんだけど……」

しかし、11月19日のトライアルにゴールデンの姿はありませんでした。香港ジョッキークラブは陸続きの広東省広州市郊外に、放牧用の外厩として従化トレーニングセンターを持っています。しかしゴールデンは従化に放牧されることもなく、シャティン競馬場内厩で舎飼い。夏のシーズンオフを過ごし仕上げを急いできました。香港には騎手が勝負服を着て行われる実戦形式の調教、バリヤトライアルがあり、出走直前に本追い切りとして使われています。ゴールデンはこのバリヤトライアルを開幕から3本を消化しただけ。仕上がりが万全とはとても、とても考えられません。ゴールデンには大きな死角あり、と見ています。

昨年のこのレースで4歳ながらゴールデンを破ったカリフォルニアスパングルですが、その後はゴールデンに2戦2敗。ゴールデン不在の今季こそ世代交代の狼煙を上げるものと期待されながら、今季開幕早々に鞍上をめぐって大騒動が勃発しました。今季初戦のシャティントロフィーを前に主戦だったZ.パートンがカリフォルニアを捨てて、ビューティーエターナルを選んだのです。エターナルは昨季、Z.パートンが鞭を執って10戦7勝、クラス4からプレミアカップで重賞ウィナーの上り詰めた上り馬です。Z.パートンはこの馬の将来性にかけて、実績上位のカリフォルニアを捨てたのです。

カリフォルニアのA.クルーズ調教師はこれに激怒、公然とZ.パートンは誤った選択をしたと非難し、気の強いZ.パートンも猛烈に反論。A.クルーズ調教師はカリフォルニアにH.ボウマンを迎え、因縁のシャティントロフィーを軽快に逃げ切って大いに面目を施しました。しかし、そのH.ボウマンが落馬負傷のため、遺恨レース第2幕のジョッキークラブ・マイルでは愛弟子、M.チャドウィックが騎乗。逃げながらエターナルに差されて5頭立ての4着と逆襲に遭ってしまいます。
ここ香港マイルで復讐を果たさんとA.クルーズ調教師は欧州からあのC.スミヨンを招きました。この遺恨対決第3幕はゴールデン復活なるかどうか、が今年の香港マイルの大きな焦点となっています。

さて、日本からはダノンザキッドセリフォスソウルラッシュナミュールディヴィーナの5頭が名乗りを上げました。これまで最多の出走頭数です。しかし、香港マイラー陣はスプリンター以上のレベルを誇り、10年で8勝。その厚い壁を破ったのは2015年モーリスと2019年アドマイヤマーズの2頭だけです。今年の5頭からモーリスアドマイヤマーズに比肩しうる馬はどうやら見当たりません。この中では4歳秋にしてようやく本格化、マイルチャンピオンシップでは並みいる牡馬を一蹴して悲願のG1ウィナーとなったナミュールが香港3騎に最も肉薄できると見ています。

明日はラストの香港カップの展望。乞う、ご期待!

(写真提供:HKJC)


★”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、海外馬券販売レースの香港国際競走4レースの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。


甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、香港アップルデイリー日本特約記者、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年11月8日(水) 17:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック エリザベス女王杯2023
閲覧 2,836ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月12日(日)京都11R 第48回エリザベス女王杯(3歳以上牝馬・G1・芝2200m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:18頭)


<前走:府中牝馬S 東京芝1800m(レース映像)> 中3週

ディヴィーナ(1着 428kg(+2kg))<C>
☆『前走の追い切り
前走時は中8週で追い切りでも強く追われてかなり速い時計も出ていた。1月からコンスタントに使われており、この中間は坂路を中心に本数こそ乗られているものの馬なりでの調整。小柄な馬で前走時のパドックではトモが寂しく映り、出来は平行線。

ルージュエヴァイユ(2着 470kg(+4kg))<B>
☆『前走の追い切り
休み明けを一度使われて、この中間も1週前には長めからの併せ馬で上々時計を馬なりで計時してきた。動きはキリで前半は見にくかったが、オープン馬と併せて先着と仕上がりは良さそう。

ライラック(3着 448kg(+18kg))<A>
春は牡馬相手にちょっと足りない内容。前走時は+18kgで全体的に重め感があったが、この中間1週前追い切りでは動きが軽くなり、上積みに期待がもてそう。

イズジョーノキセキ(9着 464kg(-10kg))<C>
今年は夏場から使われてきての休み明け4戦目でここを迎える。この中間も岩田康騎手が追い切りをつけていて、1週前も好時計が出ていたが動きはやや硬い。

シンリョクカ(10着 462kg(+20kg))<A>
☆『前走の追い切り
休み明けの前走時はパドックでは太い感じはなかったが、追い切りでは動きが重く反応も悪かった。この中間は前半の行きっぷりも良くなり反応も機敏で変わり身あり。


<前走:オールカマー 中山芝2200m(レース映像)> 中6週

マリアエレーナ(4着 428kg(±0kg))<C>
火曜日に追い切ることが多い吉田直厩舎の馬だが、この中間は2週前、1週前と木曜追い。火曜日にやらなかったのかやれなかったのか理由はどうであれ、1週前追い切りではモタモタした感じでこの馬としては物足りない動き。

ジェラルディーナ(6着 466kg(±0kg))<B>
☆『前走の追い切り
パドックでのイレ込みが激しいところがあり、そのあたりが良くなればさらに走りそうな馬。1週前追い切りの動きもしっかりしていて出来は良さそう。


<前走:その他のレース出走馬>
アートハウス(中山牝馬S:4着 芝1800m 470kg(-12kg) 8ヶ月)<B>
☆『前走の追い切り
休み明けのほうが走る馬で、この中間も乗り込み量は豊富で時計も坂路とCWで好時計。ただ、1週前追い切りの動きを見ると迫力が感じられない。

ハーパー秋華賞:3着 芝2000m 482kg(+14kg) 中3週)<A>
☆『前走の追い切り
休み明けの前走時に馬体が大きく増えていたがパドックでは太め感はなかった。この中間は坂路での調整で、1週前には好時計も出ていて上積みが期待できそう。

ビッグリボン京都大賞典:8着 芝2400m 504kg(+4kg) 中4週)<C>
CWでかなり速い時計の出る馬だが、この中間1週前追い切りでは時計は上々も動きは前が上がり気味に映った。どうも空回りして伸びきれていない印象を受ける。

ククナ小倉記念:6着 芝2000m 460kg(±0kg) 3ヶ月)<D>
☆『前走の追い切り
この中間は栗東に早めに移動しての調整も、1週前のCWでの併せ馬では首が高い走りで終い伸びきれず。

サリエラ新潟記念:7着 芝2000m 428kg(-2kg) 中9週)<C>
☆『前走の追い切り
前走時は新潟に早めに移動しての調整で、今回は栗東に早めに移動しての調整。間隔があいている割に乗り込み量が少ない。

ゴールドエクリプス(大原S:1着 芝2400m 498kg(+2kg) 中3週)<A>
☆『前々走の追い切り
追い切りで好時計が出るので◎にすることの多い馬。この中間も坂路で好時計が出ている。さらに1週前の動きを見ても、ビッシリ追ってではなく鐙を長めで乗って抑え気味での時計なので、まともに追えば破格の時計が出てしまいそうなほどに映った。能力は秘めている感じがある。

ブレイディヴェーグ(ローズS:2着 芝1800m 460kg(-6kg) 中7週)<B>
☆『前走の追い切り
これまで2回骨折しているので慎重に使わざるをえないところはあると思うが、素質は高く1週前も栗東で追い切られて併せ馬で好時計。慎重すぎるところと経験不足なところがどう出るか。

ローゼライト(新潟牝馬S:3着 芝2200m 456kg(+18kg) 中2週)<B>
前走は休み明けで大きく馬体が増えていたが気合乗りも良く太い感じはなかった。この中間も1週前に長めから強めに追われているので上積みは期待できそう。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ゴールドエクリプスハーパーライラックシンリョクカの4頭をあげておきます。


🏇『過去5年のダイジェスト


◇今回はエリザベス女王杯編でした。
過去3年は阪神での開催でしたが、今年は久しぶりの京都に戻ってきました。そこで京都で行われた過去5年(2015年~2019年)の連対馬について、調教内容を振り返ってみました。
連対馬10頭のうち最終追い切りが馬なりだった馬は8頭、1週前に強めに追われていた馬は6頭という内訳が目立つところでしたが、勝ち馬のみに絞って見てみると最終追い切りは5頭すべてが馬なり、1週前は4頭が強めに追われていて馬なりだった1頭のモズカッチャンも1週前の日曜に坂路で強めに追われていました。以前から本コラムでも何度も書いてきましたが、牝馬はテンションが高くなる面も多々あります。当日、出来るだけ落ち着いた状態でレースを迎えるためには最終追い切りは馬なりで調整できていたほうが良いはずで、1週前が強め→最終追い切りが馬なりという調整の馬は、今年も押さえておく必要はありそうです。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2023年7月28日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】助かる2場開催と3場開催の心得/クイーンS展望
閲覧 1,260ビュー コメント 0 ナイス 1

先週こちらで取り上げた中京記念セルバーグがスッと先手を取るとそのまま押し切り勝ち。後続勢の追い上げを完封した。

決して馬場状態は良くなく逃げ先行勢が有利とはいえなかったが、セルバーグ自身はタフな馬場をまったく苦にしないタイプ。その持ち味を存分に生かした逃げ切り勝ちだった。2着ディヴィーナは強敵相手のヴィクトリアマイル好走がフロックではないことを証明した。こちらは父モーリス、母ヴィルシーナともに成長力がありそうで、今後さらに力をつけて行きそうだ。デムーロ騎手とも非常に手が合うように思う。3着ルージュスティリアは川田騎手が騎乗し始めてからより一層掛かる面がキツく出てしまっている。繊細な騎乗をする福永騎手が上手く制御していた面もあるので、この新コンビは少しミスマッチという気も…。今のままだと今後も展開や枠順などのハマり待ちのようなタイプになってしまうかもしれない。

というわけで、これで夏の中京&福島開催は終わり、今週からは新潟開催がスタート。夏の小倉開催が始まるまでの2週間はしばしの2場開催ということで、少し落ち着いて臨めそうだ。

それぞれの立場によって違うだろうが、個人的には、2場開催は集中できてありがたい。別に3場開催だからと言ってすべて追い掛けなくてはいけないわけでもないが、やはりそこにレースがあると買いたくなってしまうのは馬券好きとしては仕方ないところ。2場開催はそういう立場からすると、落ち着いてレースを観ることができるし、余計なレースを買う確率も減る。

それにしてもこれは性格なのかもしれないが、目の前でレースをやっているととりあえず何でもかんでも買ってしまうのはどうにかしたいところ。JRAにとってように思える。

たまにどうしたら余計なレースを買わなくていいのかと考えてみたりする。対処法としてはいくつかあって…

1、観ているから買いたくなるのであって余計なレースは観ない
2、なんとなく買うレースは少なめの上限金額を設定しておく
3、『馬券力の正体』を読み直してメンタルを鍛える

などが思いつくのだが、1は、そもそも私のような予想や回顧をお送りして、なおかつ場合によってはお金もいただく立場としては職場放棄に近いもので現実的ではない。

となると、2は良いかもしれない。勝負レースは何万突っ込んでもいいが、サクッと買うレースは例えば1000円まで、など決めておけば仮に外れても傷口は小さくなる。

そして忘れてはならないのが3だ。ありがたいことに読者の多くの方から、この本を読んで臨んだ今年は回収率が改善しているとご報告をいただく。というわけで、一家に一冊、まだお手元にない方は是非お買い求めください。

…というのは半分冗談だが、今週末からは強制的にいろいろ買わなくて済む2場開催を存分に楽しみつつ、次なる3場開催に向けて対策を練っていきたい。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】 7/22(土)中京5R エヴァンスウィート 1番人気3着

今回は4コーナーで外に振られて追い出しが遅れ、完全に脚余した3着。それでもラストはよく伸びていた。正直なところ誰でも気づく不利なので次走の人気面では逆に不利(過剰に人気する)だろうが、それを踏まえても素質を感じる馬。父スワーヴリチャードの産駒は総じて叩き良化型で、成長力も◎。小柄な馬体ながらパワーも感じる走りで、上手くいけばクラシック戦線に乗って来れそうな器。気は早いがオークス路線で見たい好素材、未勝利にいる馬ではないだろう。距離はもう少し延びても良さそうだ。

~今週末の注目馬~

今週はクイーンSから。

イズジョーノキセキ岩田康誠騎手)

注目はイズジョーノキセキ岩田康誠騎手。

昨年秋には重賞初制覇、さらに有馬記念でも4着に激走したが、今年に入ってからの2戦は不発。マイルは忙しい印象で、5走ぶりに全5勝中4勝を挙げる1800mに戻るのはプラスだろう。上手く脚を溜めて運べれば、久々にこの馬らしい末脚を見せてくれそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

2022年9月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年09月04日号】特選重賞データ分析編(322)~2022年京成杯オータムハンデキャップ
閲覧 3,362ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 京成杯オータムハンデキャップ 2022年09月11日(日) 中山芝1600m外


<ピックアップデータ>

【性別成績(2018年以降)】
×牡・セン [2-0-4-39](3着内率13.3%)
○牝 [2-4-0-12](3着内率33.3%)

 牝馬は比較的堅実。2021年も単勝オッズ36.8倍(12番人気)のコントラチェックが2着に健闘しました。なお、性が牡・センだったにもかかわらず3着以内となった6頭のうち5頭は、調教師の所属が栗東、かつ前走のコースが新潟以外だった馬。牝馬でない限り、美浦所属の調教師が管理する“関東馬”や、関屋記念・朱鷺ステークスを経由してきた馬は強調できません。

主な「○」該当馬→シャーレイポピーディヴィーナミスニューヨーク
主な「×」該当馬→インテンスライトシュリダーリントンホール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」の馬は2018年以降[4-4-3-30](3着内率26.8%)
主な該当馬→シャーレイポピーダーリントンホールディヴィーナミスニューヨーク

[もっと見る]

2022年8月7日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年08月07日号】特選重賞データ分析編(318)~2022年関屋記念
閲覧 2,585ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2022年08月14日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [5-5-5-34](3着内率30.6%)
×なし [0-0-0-34](3着内率0.0%)

 中央場所、かつ今回と同じ距離のレースにおける実績がポイント。2017年以降の3着以内馬15頭は、いずれも“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”において2着以内となった経験のある馬でした。ローカル場のレースや今回と異なる距離のレースを主戦場としてきた馬は、疑ってかかった方が良いかもしれません。

主な「○」該当馬→ウインカーネリアンワールドバローズ
主な「×」該当馬→シュリスカイグルーヴディヴィーナピースワンパラディ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が重賞、かつ前走の距離が1400m超」だった馬は2017年以降[5-5-4-36](3着内率28.0%)
主な該当馬→ディヴィーナピースワンパラディ

[もっと見る]

2021年6月18日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年06月18日
閲覧 1,693ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年6月19日()の凄馬!>
超凄馬
東京3R 3歳未勝利
キュートラン(+2.6)

超凄馬
札幌7R 3歳未勝利
ウインチェレステ(+2.5)

超凄馬
阪神3R 3歳未勝利
アスカノミライ(+2.1)

超凄馬
阪神8R 3歳以上500万以下
ディヴィーナ(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年6月20日、集計数:41,670レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディヴィーナの口コミ


口コミ一覧
閲覧 758ビュー コメント 0 ナイス 14

まず先週の回顧から。エリザベス女王杯も、きっちり当たり今秋はなかなか好調です。本命打ったブレイディヴェーグは安心感ある走りできっちり勝ってくれたし、2着のルージュエヴァイユ(5番人気)も松山騎手さすがでした。3着のハーパー(3番人気)はまあ、安定してますが、4着だったライラック(4番人気)が3着に上がってくれたらもっと厚くもっている方が当たってありがたかったのですが、贅沢言っちゃいけませんよね。そこそこ人気のサリエラやディヴィーナも消せたし、だいたい良い予想だったと思います・

それではマイルCSの話題へ。今年は阪神開催でなく京都に戻りますが、海外遠征でソングライン不在だと、セリフォスやシュネルマイスターといったG1常連馬達が一枚上では。

恒例の全頭診断へ。
<全頭診断>
1番人気想定 セリフォス:昨年は6番人気でこのレースを勝ってくれて馬券ガツンと当たらせてくれた恩義ある馬ですが、ドバイでは距離1F長かったのか5着止まり、春の安田記念でもソングラインに負けて2着だったが、そのソングラインがアメリカ遠征で不在なのもあり、他の相手なら負けないのでは。デビュー戦と2戦目まで乗っていた川田騎手に戻るが、京都だけに下げ過ぎず、きっちり勝負になる位置どりから運んでくれるのでは。夏負けでG1ぶっつけとなったが、調教は中内田厩舎だけに仕上がり万全の動き。

2番人気想定 シュネルマイスター:一昨年このレース2着、昨年は1番人気5着と3歳時からずっとマイル路線の上位で頑張っている。ワンパンチ足りないタイプだが堅実に上位には来るので、ヒモには必須か。調教は悪くない。

3番人気想定 ソウルラッシュ:昨年はマイラーズC勝ちと富士S2着、今年はマイラーズC3着と京成杯AH勝ちとマイル重賞で活躍続けている。昨年はこのレース4着止まりだったが、今年はもっとやれるかも。調教の動きは良い。

4番人気想定 ナミュール:昨年はチューリップ賞を勝ち桜花賞も1番人気に推されたが10着と大敗。オークス3着、秋華賞2着、エリザベス女王杯5着と堅実に頑張っては来たが勝てず。前走ようやく富士Sでかなり久々の勝利を収めたが、モレイラ騎手が絶妙のスパートでの抜け出しだったのもあり、今回はモレイラ騎手乗れないのは痛い。ムーア騎手自体はもちろん素晴らしいが、横山武騎手もずっと苦労してきた、この馬とは、それほど合わないのでは。調教の動きは普通。

5番人気想定 エルトンバローズ:ここ4連勝の上り馬で前走は毎日王冠を4番人気ながら勝った。西村淳騎手に手替わりしての4連勝で少差ながら、しっかり結果出してきた。ただ上手くいっての連勝でもありマイルG1でディープブリランテ産駒の好走もいまいちピンとこない感じで人気のここは評価を下げる予定。調教の動き自体は良いが。

6番人気想定 レッドモンレーヴ:ゆっくり上昇してきて今春はスプリングCで重賞初制覇、前走の富士Sも先にうまくナミュールに抜け出されたが、前哨戦としては十分な内容であとはいつも後ろからになりやすいのが京都でどうかというくらいか。調教の動きは普通で前走くらいを維持か。

7番人気想定 ジャスティンカフェ:今年のエプソムC勝ち馬で、豪快な末脚が特徴の馬だが、昨年毎日王冠2着から臨んだこのレースで6着だったのが、今年は毎日王冠で7着からの臨戦でもあり、また今年は阪神ではなく京都開催に戻り、少し迫力落ちてきた末脚からも、ちょっと追い込みにくいのでは。調教は時計は出ているがそれほどでもないか。

8番人気想定 エエヤン:今春活躍した3歳馬で未勝利、1勝クラス、NZTと3連勝した。ただその後のNHKマイルCでは2番人気ながら9着と敗れ、古馬と走った毎日王冠でも8着と、大きく負けてはいないが、シルバーステート産駒で比較的早熟な感じで、大駆け期待できるタイプではないのでは。調教の動きは普通。

9番人気想定 ソーヴァリアント:昨年と一昨年のチャレンジCを連覇しているように阪神2000Mあたりに最も適性があるのかもしれないが、前走初のマイル戦である富士Sで3着と適性みせた。あてにはならないがヒモには良いのでは。調教の動きはイマイチ。

10番人気以下想定
イルーシヴパンサー:昨年の安田記念では1番人気に推される程だったが、8着に敗れ、それ以降も6戦で京都金杯勝ち以外は全て馬券にならない敗退。ただそう大きく負けているわけでなくヒモ穴には良いのでは。調教の動きは普通。

マテンロウオリオン:昨年のNHKマイルC2着が最後に馬券になった時で、そこから9戦負け続けている。ただ着順ほど負けておらず、流れひとつで3着くらいに紛れ込む事はあってよいレベルでは。調教の動きは良い。

ダノンザキッド:2歳時には大人びた身体でホープフルS勝ちしG1馬となった。その後は、勝たないまでもG1含めた重賞で2着や3着に7回も顔を出し、今年も春の大阪杯で10番人気ながら3着に来た。本来得意なマイルで、まだそう衰えていない5歳だけに激走あっても良いのでは。調教の動きは普通。

ビーアストニッシド:昨年のスプリングS勝ち馬だが、クラシック路線では三戦ともに二桁着順だった。前々走の安土城S(L)でようやく2着と、G1では厳しい。ただここのところの負けは少差で、G3くらいだったら出番くるのでは。調教の動きは普通。

セルバーグ:夏の中京記念を8番人気で勝ったが、得意の逃げ切りで、強い相手に早めに来られると残すのは厳しい。調教の動きは悪くない。

ダノンスコーピオン:昨年のNHKマイルCの勝ち馬で昨秋は富士S3着と好走。ただその後はトンネルに入ってしまい、この5戦で4戦が二桁着順という状況。ただ大敗ではなく、使うところ次第ではまだやれそうだがG1では厳しい。調教の動き自体は良いが。

バスラットレオン:昨年の今頃は武蔵野Sで3着して年末の阪神Cで4着と芝とダートの二刀流で重賞で活躍、その後は海外や地方交流重賞を使ってきたのと、最近はダートを続けて4戦使っているのもあり、人気落しそうだが、力は落ちて無さそうで激走期待できる穴馬では。調教の動きは普通。

<まとめ>
有力:セリフォス

ヒモに:シュネルマイスター、ソウルラッシュ、ナミュール、レッドモンレーヴ、ソーヴァリアント

穴で:バスラットレオン、ダノンザキッド、マテンロウオリオン、イルーシヴパンサー

 DEEB 2023年11月12日() 17:43
恥ずかしい馬予想2023.11.12[結果]
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 4

東京 7R 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 シアージスト…1着
○10 プレシオーソ…4着
× 5 ☆ミルトハンター…中止
[結果:ハズレ×]

東京 9R 銀嶺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎10 リバートゥルー…7着
○ 7 コパノパサディナ…4着
▲ 4 ハチメンロッピ…6着
△15 レイニーデイ…10着
× 1 メタマックス…1着
[結果:ハズレ×]

東京10R ユートピアステークス 3歳以上3勝クラス(混合)牝(特指)
◎ 7 カナテープ…3着
○ 2 ウヴァロヴァイト…8着
▲ 5 ルージュリナージュ…1着
△ 8 カヨウネンカ…9着
×14 ラリュエル…2着
[結果:ハズレ×]

東京11R オーロカップ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 4 ビューティフルデイ…8着
○ 1 ムーンプローブ…13着
▲18 グレイイングリーン…2着
△10 メイショウチタン…3着
× 5 サマートゥリスト…6着
× 8 ホープフルサイン…15着
[結果:ハズレ×]

京都10R 室町ステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 アームズレイン…15着
○ 7 クロジシジョー…11着
▲15 テイエムトッキュウ…5着
△ 6 スマートフォルス…2着
× 9 オメガレインボー…12着
[結果:ハズレ×]

京都11R エリザベス女王杯 GⅠ 3歳以上オープン(国際)牝(指定)
◎14 ★マリアエレーナ…15着
○ 1 ブレイディヴェーグ…1着
▲ 3 ☆ハーパー…3着
△ 6 ディヴィーナ…7着
× 7 ジェラルディーナ…5着
[結果:アタリ△ 複勝 3 180円、ワイド 1-3 380円]

福島 1R 2歳未勝利[指定]
◎15 ★キングオブフジ…2着
○ 3 キミハスコール…4着
▲14 マイネルディレクト…6着
△ 1 スプレッドシャイン…14着
× 6 グラティアスミノル…5着
[結果:アタリ△ 複勝 15 170円]

福島 9R 福島2歳ステークス 2歳オープン(国際)(特指)
◎14 エトヴプレ…1着
○ 3 サフランヒーロー…7着
▲ 2 レガテアドール…8着
△11 ヴェルトラウム…3着
× 5 クリスアーサー…2着
[結果:アタリ○ 馬連 5-14 1,640円]

福島11R 福島記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 ノースザワールド…10着
○ 6 ホウオウエミーズ…1着
▲ 2 カレンルシェルブル…3着
△ 5 シルトホルン…6着
×10 グリューネグリーン…7着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:9戦1勝6敗2分]
もう一押しが欲しかったです。

[もっと見る]

 ジュン☆彡 2023年11月12日() 16:07
京都ジャンプS&東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス&🎯デイ... 
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 4

京都ジャンプS&東京中日スポーツ杯
武蔵野ステークス&
🎯デイリー杯2歳ステークス🎯の 
レース結果は前日記で~👍
https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=d9ede0fce8&owner_id=35f92588d5

2023年11月12日(日)
福島11R
🎠福島記念🐎 G3
【出馬表】
https://umanity.jp/sp/racedata/race_8.php?code=2023111203030411
⑧ノースザワールド
④テーオーシリウス
②カレンルシェルブル
三連単⑧-④-②
馬連BOX②④⑧
【アナザー🤖予想】
◎⑤シルトホルン
 大野 拓弥
〇⑧ノースザワールド
 団野 大成
▲⑥ホウオウエミーズ
 田辺 裕信
△②カレンルシェルブル
 吉田 隼人
☆⑦ダンディズム
 富田 暁
💬⑤⑧⑥②⑦
 BOX買い~👍

【レース結果】
https://umanity.jp/sp/racedata/race_21.php?code=2023111203030411
福島11R
福島記念 G3
2023年11月12日(日)
15:20発走
芝 2000m

1着  
⑥ホウオウエミーズ
牝6 田辺裕信 54.0
5.5倍(3番人気)

2着
⑦ダンディズム
セ7 富田暁 56.0
27.4倍(12倍人気)

3着〇
②カレンルシェルブル
牡5 吉田隼人 57.0
8.6倍(4番人気)

【ジュン☆彡の『福島記念』よそコロ】
https://umanity.jp/sp/coliseum/race_view.php?user_id=35f92588d5&race_id=2023111203030411

💬ん~残念。
『ユートピアステークス』のよそコロと
https://umanity.jp/sp/coliseum/race_view.php?user_id=35f92588d5&race_id=2023111205050410
『室町ステークス』のよそコロは
https://umanity.jp/sp/coliseum/race_view.php?user_id=35f92588d5&race_id=2023111208030410
的中してたのに~😅💦

📝エリザベス女王杯予想は
 ↓コチラ↓
【エリザベス女王杯予想】
👑2023年エリザベス女王杯
 サイン馬券予想~👍
https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=9ebb7dac4d&owner_id=35f92588d5

👑2023年エリザベス女王杯・プチサイン
 【気分次第で10日(金)まで更新🔃】https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=e3a87f492c&owner_id=35f92588d5

【エリ女・アナザー🤖予想】
◎③ハーパー
 川田 将雅
〇②ルージュエヴァイユ
 松山 弘平
▲①ブレイディヴェーグ
 C.ルメール
△⑦ジェラルディーナ
 R.ムーア
☆⑥ディヴィーナ
 M.デムーロ
💬③②①⑦⑥
 BOX買い~👍
   

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディヴィーナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  PINEapple   フォロワー:0人 2023年11月6日(月) 04:31:19
デムーロ以外は消し
5:
  f64b25f2af   フォロワー:0人 2023年7月21日(金) 15:30:25
中京記念1番人気想定していたのだが意外に人気ないのでこの馬からいきたい。出遅れ癖があり前走も出遅れ。しかし現マイル最強馬ソングラインとそれほど差のない競馬。斤量も恵まれ今回この馬の末脚が爆発するだろう。
4:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年5月14日() 15:57:30
流石は外人。本気で乗ればバカ学校上がりの出る幕はない。同馬に負けた日本人は自分の技量をちゃんと知れ。ボンクラ学校上がり共!

⇒もっと見る

ディヴィーナの写真

ディヴィーナの厩舎情報 VIP

2023年11月12日エリザベス女王杯 G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディヴィーナの取材メモ VIP

2023年11月12日 エリザベス女王杯 G1 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。