コントラチェック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
コントラチェック
コントラチェック
コントラチェック
コントラチェック
コントラチェック
コントラチェック
コントラチェック
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2016年4月1日生
調教師蛯名正義(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績19戦[5-2-1-11]
総賞金15,089万円
収得賞金7,300万円
英字表記Contra Check
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
リッチダンサー
血統 ][ 産駒 ]
Halling
Fairy Flight
兄弟 バウンスシャッセホーカーテンペスト
市場価格
前走 2022/02/27 中山記念 G2
次走予定

コントラチェックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/02/27 中山 11 中山記念 G2 芝1800 1671417.5710** 牝6 54.0 丸山元気藤沢和雄 478
(+2)
1.48.0 1.638.1④④④パンサラッサ
21/11/14 福島 11 福島記念 G3 芝2000 1681622.6915** 牝5 55.5 北村宏司藤沢和雄 476
(-4)
2.01.9 2.740.2パンサラッサ
21/09/12 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 165936.8122** 牝5 55.5 大野拓弥藤沢和雄 480
(0)
1.32.0 0.035.2カテドラル
21/06/13 札幌 11 函館SS G3 芝1200 1661110.568** 牝5 55.0 丸山元気藤沢和雄 480
(0)
1.08.0 0.434.5⑧⑤ビアンフェ
21/03/06 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 164833.4111** 牝5 54.0 丸山元気藤沢和雄 480
(+6)
1.08.4 -0.034.3カレンモエ
21/01/31 中京 11 シルクロード G3 芝1200 182324.4911** 牝5 55.0 池添謙一藤沢和雄 474
(-4)
1.09.0 0.734.2⑩⑨シヴァージ
20/12/06 中山 11 ラピスラズリ (L) 芝1200 16243.8210** 牝4 56.0 丸山元気藤沢和雄 478
(+8)
1.09.3 0.435.4⑨⑨アストラエンブレム
20/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 111135.477** 牝4 54.0 丸山元気藤沢和雄 470
(-2)
1.46.8 1.336.4サリオス
20/08/02 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 14575.3310** 牝4 55.0 C.ルメー藤沢和雄 472
(+6)
1.46.6 0.736.4レッドアネモス
20/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881731.9814** 牝4 55.0 武豊藤沢和雄 466
(-6)
1.32.4 1.835.4アーモンドアイ
20/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 166112.9216** 牝4 55.0 C.ルメー藤沢和雄 472
(+6)
1.51.7 1.538.9④④④④フェアリーポルカ
19/12/14 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 167136.131** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄 466
(+2)
1.32.2 -0.334.9エスポワール
19/10/13 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 187159.6515** 牝3 55.0 C.ルメー藤沢和雄 464
(+4)
2.02.0 2.138.4クロノジェネシス
19/05/19 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18235.139** 牝3 55.0 D.レーン藤沢和雄 460
(-6)
2.24.5 1.737.0ラヴズオンリーユー
19/03/16 中山 11 フラワーC G3 芝1800 13442.821** 牝3 54.0 丸山元気藤沢和雄 466
(0)
1.47.4 -0.434.9エールヴォア
19/01/20 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 9441.411** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄 466
(-2)
1.33.8 -0.535.5タンタラス
18/09/30 中山 9 サフラン賞 500万下 芝1600 10222.412** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄 468
(+10)
1.35.7 0.033.8レッドアネモス
18/07/28 札幌 1 2歳未勝利 芝1800 6111.111** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄 458
(+4)
1.50.1 -1.235.2ブラックウォーリア
18/07/08 函館 5 2歳新馬 芝1800 7111.313** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄 454
(--)
1.53.7 0.336.0④④ラブミーファイン

コントラチェックの関連ニュース


中山芝1600mで施行される牝馬限定のハンデ戦。
2014年まではオープン、2015年に重賞に格上げされ、2017年にG3となった。

毎年難しいレースながら、今年は輪をかけて難しい。
どの馬も来そうな感じがあり、どの馬も来なさそうな感じもある。
大混戦を制するのはどの馬なのか。

データは重賞移行後の過去8年分を使用する。

逃げた馬の成績は【1-0-1-6】。

内訳は2015年15番人気3着オツウ、2019年3番人気1着コントラチェック

オツウの年は前半3ハロン35秒9と、重賞格上げ後最も遅いペース。
前に行った人気薄で決まり、3連単295万馬券の大波乱となった。
一方、コントラチェックの年は前半3ハロン33秒9と、重賞格上げ後最も速いペース。
単騎で番手以下を離し、決着時計1分32秒2。上位3頭での決着。
この2年はいずれも速い時計の出る馬場だった。

昨年はやや時計を要するなか、前半3ハロン35秒2と緩めでも、 1着馬は4角9番手、3着馬は4角14番手。
ペースとの位置取りの関係性を掴みにくい。
馬場が渋ったり、時計がかかると、比較的差しの決まる感じはあるが……。
週末の雨予報にも注意を払いたい。

中山芝1600mのスタートは、1コーナーのポケット。この地点がコース全体の最頂部にあたる。
先行争いは2コーナーへの緩やかな下りで行われ、向こう正面手前から高低差約4.5mの坂を一気に下る。
最後の直線は310mと短く、基本的には前の馬有利でも、オーバーペースになると、急坂での形勢逆転も見られる。

出走馬に何が何でもというタイプはおらず、逃げ候補はサーマルウインドライトクオンタムか。
これまでに踏んだテン1ハロンを比較すると、短距離を走ってきたサーマルウインドのほうが速い。
そもそもライトクオンタムは、良さの出なかった近2走を踏まえ、逃げを試みるのか微妙なところ。
とはいえ、サーマルウインドが無理にハナというイメージも湧かない。
揃って外のウインピクシスコナコーストが内枠だったらという気もするが……。

馬場を読むのも、隊列を読むのも難しい。
ただ、前に利のあるペースになりそうではある。

サーマルウインド。ハナを切るかわからないが、この面子なら楽に前につけるスピードはある。先行勢のなかでは人気がなさそうだし、混戦なら人気薄から。
中山マイルでは3勝を挙げており、不良馬場の3勝クラスは4馬身差の圧勝。馬場が渋ればさらに。

馬券は◎の単複。


(文・垣本大樹)

重賞3勝のコントラチェックが引退、繁殖入りへ 2022年3月7日(月) 04:48

 2月27日の中山記念で10着だったコントラチェック(美・蛯名正、牝6)が6日付で。北海道安平町のノーザンファームで繁殖馬になる予定。通算19戦5勝で重賞は2019年GIIIフラワーC、GIIIターコイズS、21年GIII夕刊フジ賞オーシャンSの3勝。総獲得賞金1億5089万2000円。

コントラチェックの競走成績はこちら

[もっと見る]

【血統アナリシス】オーシャンS2022 1分7秒台の決着で活きるMr. Prospector系のスピード 2022年3月4日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は夕刊フジ賞オーシャンS2022・血統予想をお届けします!


昨年はディープインパクト産駒の11番人気コントラチェックが、ロードカナロア産駒の1番人気カレンモエをゴール寸前で捉えるハナ差の接戦。コントラチェックは1200mという距離自体も初勝利となったが、馬場状態は稍重、勝ちタイムは1分8秒4と少し時計を要したことも勝因に挙げられるだろう。

一方で、1分7秒台で決着したときの勝ち馬は、16年エイシンブルズアイ(父Belgravia)、19年モズスーパーフレア(父Speightstown)、20年ダノンスマッシュ(父ロードカナロア)、いずれもMr. Prospectorの直系かつSecretariat(または全姉Syrian Sea)の血脈を複数持つことで共通していた。時計の出方によっても重視すべき血統が変わる点には注意したい。

ファストフォースは、父ロードカナロア×母ラッシュライフ(母の父サクラバクシンオー)。父は産駒初出走となった一昨年から、20年1着ダノンスマッシュ、21年2着カレンモエと2年連続で勝ち負けとなる馬を出しているが、母の父も昨年はビアンフェが3着と好走するほか、ハクサンムーンがリピーターとして活躍。本馬は芝1200mにおける現在のJRAレコードを保持するように、やはり時計勝負になったときにこそ真価を発揮するタイプだろう。

デトロイトテソーロは、父Speightstown×母Bella Traviata(母の父Indian Charlie)。父は19年の勝ち馬モズスーパーフレアを出しているが、種牡馬としての勝ち鞍も芝では1200m以下に集まるように、その類稀なるスピードが産駒にもよく伝わっている。本馬も1200mで逃げたときには大崩れしたことがなく、朱鷺Sでの13着大敗は鼻出血とあれば致し方ない部分だろう。重賞でも持ち前のスピードを存分に活かせれば侮れない存在になりそうだ。

ビアンフェは、父キズナ×母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。昨年の勝ち馬と同じディープインパクトの直系で、父系に持つStorm Catを介してSecretariatの血を引く。母は芝1200mで3勝の実績を持つが、本馬も全4勝が芝1200m、いずれも逃げ切り勝ちと母系由来のスピードが垣間見えており、昨年のオーシャンSでも去勢明け緒戦ながら逃げて3着と健闘していた。リピート好走も目立つレースなので、今年も相応の評価をしたい。


【血統予想からの注目馬】
ファストフォース ⑨デトロイトテソーロ ⑭ビアンフェ

[もっと見る]

有終2勝!ありがとう“名伯楽”藤沢和師 2022年2月28日(月) 05:00

 今月限りで定年を迎える調教師7人が27日、ラスト出走を終えた。藤沢和雄調教師(70)=美=は中山で2勝を挙げ、史上2位のJRA通算勝利数を1570勝としてフィナーレ。3頭を送り込んだ中山記念レッドサイオンの9着が最高だったが、最後まで存在感を示した。浅見秀一調教師(70)=栗=は小倉7Rで、高橋祥泰調教師(70)=美=は小倉8Rで最後の白星を挙げた。

 ようやく訪れた春の空気に包まれながら、名伯楽が笑顔でターフに別れを告げた。3頭を送り出した中山記念が藤沢和調教師のラストラン。JRA9113戦目はレッドサイオンの9着が最先着、コントラチェックは10着、ゴーフォザサミットは15着だった。

 最後の戦いを見届けると、愛馬のもとに駆け寄る。一番遅れて引き上げてきたレッドの首筋を軽くたたいて見送り、調教師としての仕事を終えた。

 「今日は辛い流れになってしまった。最後に外して、みんなごめん」

 報道陣に向けていつものスマイル。「うまくいかないことが多かったけど、ずっと応援していただいた。長い間ありがとう」と別れの言葉を続けた。

 それぞれのサラブレッドと向き合い、名馬を輩出。その血も当然のように広がりを見せている。サウジCデーを席巻したオーソリティソングラインの母の父シンボリクリスエスダンシングプリンスの母の父バブルガムフェロー、さらに中山記念を制したパンサラッサの母ミスペンバリーも藤沢和厩舎の所属馬だった。「血統のいい馬もたくさんやらせてもらったし、何頭か(種牡馬として)牧場に返すこともできた。それはよかった」とうなずいた。

 レース後、調教師仲間から贈られた花束を受け取ると、改めて多くのファンのほうを向いて一礼。長く響いた拍手は、ホースマンとしての半世紀の奮闘をたたえているようだった。

 「これだけ応援してもらった調教師はいないんじゃないのかな。本当にありがたかった。ちょっと人気になり過ぎのところもあったけど」

 今後はサークルを離れるが「長い間お世話になった世界だから、手助けできることがあればやらせていただきたい」と、違った立場から競馬を見守っていくという。この日2勝を上乗せし、通算1570勝。今年の関東リーディングは11勝で首位のまま、惜しまれつつターフを去るが、日本の競馬に根付いた“藤沢の流儀”は、数多のチルドレンがしっかりと引き継いでいく。(内海裕介)

■藤沢 和雄(ふじさわ・かずお)1951(昭和26)年9月22日、北海道生まれ、70歳。実家はテンメイ(78年天皇賞・秋)などを生産した藤沢牧場。88年に美浦で厩舎を開業。93年マイルCSシンコウラブリイ)での初制覇から昨年のマイルCSグランアレグリア)までJRA・GI34勝。JRA通算1570勝。重賞126勝。

★アラカルト★ ◆JRA勝利数 1570勝で史上2位。1位は尾形藤吉元調教師の1670勝。現役2位は国枝栄調教師の987勝(27日現在)。

 ◆JRA重賞 126勝で史上2位。1位は尾形藤吉元調教師の127勝(国営以前も含めると189勝)。

 ◆JRA・GI 34勝でグレード制導入後最多。2位は角居勝彦元調教師の26勝。管理したGI馬は17頭。

 ◆JRA賞 最多勝利調教師を12度、最高勝率調教師を9度、最多賞金獲得調教師を8度獲得。

 ◆年間重賞最多勝 1997年に13勝。64年尾形藤吉元調教師の12勝を更新。

 ◆同一年オークス&ダービー制覇 2017年にソウルスターリングレイデオロで達成。史上5人目。

 ◆蛯名正厩舎へ…藤沢和厩舎の所属馬は3月1日付で全て転厩となる。中山記念に出走した3頭(コントラチェックは引退予定)を含め、多くは新規開業する蛯名正厩舎へ。3戦2勝のラスール(牝3)は美・宮田厩舎、昨年の青葉賞2着馬キングストンボーイ(牡4)は美・鹿戸厩舎、一昨年のシンザン記念勝ち馬サンクテュエール(牝5)は美・田中博厩舎の所属となる。

 ◆1990年代はじめから10年余り藤沢和厩舎の主戦騎手を務めた岡部幸雄氏(73) 「藤沢調教師とは競馬に対する考え方で一致する部分が多く、騎手としての晩年を楽しく過ごせた。調教法など多くの面で日本の競馬を変えたし、最近の活躍を見ても、制度とはいえやめてしまうのはもったいないね。長い間、お疲れさまでした」

 ◆厩舎所属の杉原誠人騎手「たくさんの経験をさせていただきました。引退されても僕の先生ですし、見守っていてほしいです。お疲れさまでした」

 ◆中山記念レッドサイオンに騎乗した所属の木幡育也騎手「最後に大きな舞台で乗せていただいて、恩返しがしたかった。先生の教えをこれからも生かしていきたい」

 ◆中山記念コントラチェックに騎乗した丸山元気騎手「ペースが速かったぶん、道中の力みはなかったけど、最後に苦しくなりました。(引退レースで)最後まで頑張ってくれました」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】中山記念2022 徳光和夫さん、カンニング竹山さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が全力予想! 2022年2月27日() 05:30


※当欄では中山記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎⑫アドマイヤハダル
3連単1頭軸流しマルチ
⑫→③⑤⑦⑩⑮⑯
単勝


【カンニング竹山】
◎⑪カラテ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮ダノンザキッド
○⑫アドマイヤハダル
▲⑤パンサラッサ
△④ヒュミドール
△⑬ワールドリバイバル
△⑭コントラチェック

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑤パンサラッサ
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑤パンサラッサ
馬連流し・ワイド流し
⑤-④⑦

【DAIGO】
◎⑮ダノンザキッド

【粗品(霜降り明星)】
◎⑦ウインイクシード
馬連流し
⑦-②④⑤⑧⑨⑪⑫⑭⑮

【林修】
注目馬
パンサラッサ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑭コントラチェック
ワイド流し
⑭-②⑤⑦⑧⑨

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑯ワールドウインズ
○⑮ダノンザキッド
▲⑫アドマイヤハダル
△⑭コントラチェック
△⑦ウインイクシード
△②トーラスジェミニ
△③ガロアクリーク
3連単1頭軸流しマルチ
⑯→②③⑦⑫⑭⑮

【杉本清】
◎⑪カラテ
○⑮ダノンザキッド
▲⑫アドマイヤハダル
☆⑦ウインイクシード
△⑤パンサラッサ
△⑭コントラチェック

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑪カラテ
○⑮ダノンザキッド
▲⑤パンサラッサ
☆⑫アドマイヤハダル
△③ガロアクリーク
△④ヒュミドール
△⑭コントラチェック

【橋本マナミ】
◎⑮ダノンザキッド
○⑫アドマイヤハダル
▲⑪カラテ
☆⑤パンサラッサ
△③ガロアクリーク
△④ヒュミドール
△⑦ウインイクシード
△⑭コントラチェック

【酒井一圭(純烈)】
◎⑦ウインイクシード

【横山ルリカ】
◎⑫アドマイヤハダル

【小木茂光】
◎⑫アドマイヤハダル
3連単フォーメーション
⑤⑪⑫→③④⑤⑦⑧⑪⑫⑭⑮→⑤⑪⑫

【神部美咲】
◎⑮ダノンザキッド

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑦ウインイクシード

【ギャロップ林】
◎④ヒュミドール
馬連・ワイド
④-⑤パンサラッサ
3連単フォーメーション
⑮→④⑤→④⑤

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑤パンサラッサ
3連単フォーメーション
⑤⑮→③④⑤⑪⑫⑭⑮→③④⑤⑪⑫⑭⑮

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑪カラテ
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→⑮→③④⑤⑫⑭

【船山陽司】
◎③ガロアクリーク

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮ダノンザキッド

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑤パンサラッサ
○④ヒュミドール
▲⑫アドマイヤハダル
△③ガロアクリーク
△⑦ウインイクシード
△⑮ダノンザキッド

【皆藤愛子】
◎⑭コントラチェック

【高田秋】
◎⑪カラテ

【あかせあかり】
◎⑧マルターズディオサ

【原奈津子】
◎⑫アドマイヤハダル
○⑦ウインイクシード
▲⑪カラテ

【守永真彩】
◎⑭コントラチェック
3連複1頭軸流し
⑭-①⑤⑦⑪⑫⑮

【天童なこ】
◎⑦ウインイクシード
○⑮ダノンザキッド
▲⑤パンサラッサ
☆③ガロアクリーク
△⑫アドマイヤハダル
△④ヒュミドール
△⑭コントラチェック
△⑧マルターズディオサ
△⑪カラテ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】中山記念2022 ダノンザキッドを中心に、ほか4頭がオールクリア 2022年2月26日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は中山記念・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭の馬齢をみると、4歳から8歳までの範囲。ただし8歳の馬券絡みは、過去の中山記念で2着以内の連対歴があった馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
ソッサスブレイ ⑦ウインイクシード

【前走クラス】
2012年以降の1~2着馬の前走をクラス(レース格)で分けると、G1(海外含む)、G3、オープン特別の3通り。G2組は連対ゼロと今ひとつの結果に終わっている。

(減点対象馬)
ソッサスブレイ

【前走着順】
前走の着順については重賞なら不問だが、非重賞の場合は2着以内がマスト。2012年以降、これ以外のステップで臨んだ非重賞組は複勝圏に届いていない。

(減点対象馬)
レッドサイオン ⑨ゴーフォザサミット ⑩ルフトシュトローム ⑯ワールドウインズ

【距離実績】
2012年以降の2着以内馬延べ20頭のうち、16頭に芝1800mでの勝利経験があった。例外の4頭はいずれもG1連対経験馬。相応の実績がない、芝1800m戦未勝利馬は疑ってかかりたい。

(減点対象馬)
ソッサスブレイ ⑤パンサラッサ ⑩ルフトシュトローム ⑪カラテ ⑬ワールドリバイバル

【中山実績】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭のうち、中山芝で3着以内の好走経験がなかった馬は7頭。その7頭すべてがJRA重賞既勝馬だった。中山芝実績に乏しい、重賞未勝利馬の過信は禁物だ。

(減点対象馬)
ヒュミドール ⑫アドマイヤハダル ⑬ワールドリバイバル ⑯ワールドウインズ


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、②トーラスジェミニ、③ガロアクリーク、⑧マルターズディオサ、⑭コントラチェック、⑮ダノンザキッドの5頭。最上位は⑮ダノンザキッドとする。2012年以降、前走G1 5着以内から臨む4歳牡馬は【2.1.2.1】と活躍。本馬自身、当該距離で2戦2勝の良績を残していることも好印象だ。

過去10年【1.3.1.6】の牝馬に該当する、⑧マルターズディオサと⑭コントラチェックも侮れない存在。今回と同舞台のスプリングSを勝っている③ガロアクリークや、中山芝で4勝を挙げている②トーラスジェミニに対するマークも怠れない。

<注目馬>
ダノンザキッド ⑧マルターズディオサ ⑭コントラチェック ③ガロアクリーク ②トーラスジェミニ

[もっと見る]

⇒もっと見る

コントラチェックの関連コラム

閲覧 2,585ビュー コメント 0 ナイス 2



秋競馬開幕週の先週末は、土日ともにスピードを問われる一戦となった。

土曜の紫苑ステークスはマイル重賞勝ちの実績があるファインルージュが差し切って勝利、2着に内枠のスリーセブンシーズ、3着にも内枠のミスフィガロが入った。

日曜の京成杯AHは千二から距離を延ばして来たコントラチェックがスンナリ逃げ、勝ったのは2番枠のカテドラル、2着にコントラチェックが逃げ粘り、3着には最内枠のグレナディアガーズが入った。

そして、土日いずれの重賞でも好走を果たしたのが大野騎手だ。

~土日とも大野騎手の騎乗馬が重賞で好走した理由

先週の当コラムで、

「近年は内枠有利に戻りつつある中山芝」

と書いたが、両レースでその特徴を上手く生かしたのが大野騎手だ。紫苑ステークスでは内枠のスリーセブンシーズを上手く馬群でなだめ、直線もインに突っ込んだ。多少詰まるところもあったが、それ以上にロスなく立ち回ったメリットが大きかった。じっくりロスなく溜める大野騎手らしい騎乗が呼び込んだ2着だった。

日曜のコントラチェックは行く気に任せてスッとハナに立たせての逃げ粘り。最後は勝ち馬に惜しくも交わされたが、馬をリラックスして走らせる、やはり同騎手らしい逃げ粘りだった。

差しと逃げ、道中のスタイルは真逆だが、ともに共通しているのは馬を気分よく走らせて道中のスタミナロスを抑えていること。大野騎手は馬を気分よく走らせるのが上手いジョッキーだ。だから溜めるとキッチリ脚を伸ばすし、スピードのある馬で逃げればラストの粘りを生み出す。やや強引さには欠けるので基本的に位置取りは後ろになることが多いが、脚を溜めるのが上手いのでハマれば伸びて来る。イメージとしては昨年の秋華賞デアリングタクトに迫ったマジックキャッスルや、今年のクイーンSで最後に外から伸びてきたサトノセシルなどがわかりやすい。もちろんもっと古い例で良いなら、スノードラゴンサウンドトゥルーでのG1制覇を思い浮かべると良いだろう。

基本的なスタイルは一貫しているので、あとはハマる条件で狙えば良い。非常にわかりやすく、馬券的にも重宝するジョッキーだ。

セントライト記念の注目馬

さて、今週末は久々の3日間開催。(今週ではないが)月曜日には中山で菊花賞トライアル・セントライト記念が行われる。ココではいつも通り注目馬を一頭挙げておきたい。

タイトルホルダー(横山武騎手)

春は皐月賞3着、ダービー6着とあとひと息及ばなかったが、先行して粘り込む安定のレースぶりでG1でも大崩れしなかった。今回は相性の良い中山が舞台。久々でも動けるタイプで、どちらかといえば本番よりもトライアル向きだろう。2週目でまだまだ前が有利の中山芝も合っており、中距離での横山武騎手の信頼度も高い。相手関係からも好勝負になるはずだ。

セントライト記念の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年3月12日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【買い方を考える】3連単は割り切りが大事という話/金鯱賞の穴馬
閲覧 2,475ビュー コメント 0 ナイス 2



先週はオーシャンSで◎コントラチェック、弥生賞で◎タイトルホルダーが勝利。馬券的にはオーシャンSは3連複、弥生賞は3連単を獲ることができた。

とはいえ他人の的中自慢ほどつまらないモノはないと思うので、そうではなく汎用性のある買い方の話をしたい。

オーシャンSは◎からの3連複3連単で勝負。3連単は丸山騎手が勝ち切るイメージを持てなかったので、○カレンモエの方をアタマにして、2~3着付けで狙った。結果的には本命馬が勝って”しまった”ので3連複のみの的中。

一方の弥生賞は◎タイトルホルダーは横山武騎手が積極策に出て勝ち切ることに賭けていたので、アタマ固定で勝負。近走ズブさを見せ始めていたダノンザキッドは能力的には軸は堅いと思ったものの現状の馬場を考えると差し損ねも十分にあるとみて、2~3着付けで決め打ちしたのが功を奏した。



理論上3連単のオッズは、3連複のオッズの6倍が平均的な期待値だが、弥生賞の場合は、

3連複 810円
3連単 23,580円

と約30倍になったのは、まさしく裏目千両、順番の妙と言えるだろう。

~アタマ固定or2~3着orマルチ多点買い、正解はないが自分を理解することが大事

ココで大事なのは当たったかどうかの結果よりも、むしろ考え方の過程である。過程がしっかりしていれば目の前の結果は多少運に左右されても、長期的に大きなケガをしない。

オーシャンSにしても弥生賞にしても、3連単はアタマ固定か2~3着付けか、とにかく割り切って勝負した。もしダノンザキッドに勝たれたら、オーシャンSコントラチェックに勝たれて3連単を獲れなかったように弥生賞はガチガチ3連複しか残らなかったが、それで良い。中途半端に怖気づいて3連単でダノンザキッドのアタマ固定にも手を出すようだと、払い戻し期待値も下がってしまう。

とにかく3連単は割り切ることが大事なのだ。もちろん割り切り方は一つではない。

今回のようにアタマ固定や2~3着で決め打ちするのもひとつだし、逆にどんなに点数が増えても荒れると考えて多点買いをするのも割り切りのひとつ。いずれにしても、アタマなのか、2~3着なのか、細かいことを考えず多点買いするのか、その決断を潔くすることが大事になる。

個人的には3連複で広く的中を担保した上で、3連単でボーナスを拾いに行くという併用作戦を用いることが多い。だが、どのような買い方をするにしても、

「自分が何をしているのか理解する」

ことが大事になる。なんとなくいろいろ買って、券種も場当たり的に選んで、結果自分でどんなゲームをしているのかよくわからない…という状態が最大のリスクなのである。

金鯱賞展望

さて、今週末は少頭数ながら豪華メンバーが揃う金鯱賞が行われる。3冠牝馬デアリングタクトの始動戦となるが、果たして。大阪杯、あるいは海外を目指す組が出走するので、今後の春のG1戦線に向けても注目の一戦だ。

ココでは穴候補を1頭挙げておく。

サトノフラッグ

ルメール騎手の騎乗で果たして穴になるのか、という疑問はあるが…。前走のAJCCは最内枠に加えてタフな馬場でまったく条件が合わなかった。弥生賞で字面の上では道悪をこなしているとはいえ、本来は決め手が生きる馬場の方が合うタイプ。久々にベスト距離の2000mに戻り、ココは巻き返しが怖い。

金鯱賞の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年3月12日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/6~3/7) にしのけいごプロ 弥生賞◎▲○で19万超、イレコンデルパサープロはオーシャンS◎▲で11万超払戻し!
閲覧 439ビュー コメント 0 ナイス 0



7(日)に行われたG2弥生賞ディープインパクト記念、6(土)のG2チューリップ賞、G3オーシャンSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
  
 
☆☆☆注目プロ →にしのけいごプロ
7(日)G2弥生賞ディープインパクト記念では、「(クロス鼻革をつけ)調教ではしっかり変わった印象」との見立てで本命に推した◎タイトルホルダーから◎▲○的中! 3連単&馬連計195,520円のスマッシュヒットとしています。他にも、阪神12R4歳以上2勝クラス中山4R3歳未勝利等の的中を披露し、週間回収率147%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
6(土)の勝負予想G2チューリップ賞を◎○▲のパーフェクト的中で仕留めると、続くG3オーシャンSでは◎コントラチェックカレンモエ的中とし、計11万8400円払戻しを達成。翌7(日)にも、小倉2R3歳未勝利(11万6100円払戻し)、阪神10RうずしおS(22万4790円払戻し)などの的中を積み重ね、土日2日間トータルでは回収率148%、収支16万4410円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
6(土)の小倉1R3歳未勝利阪神1R3歳未勝利中山2R3歳未勝利と立て続けに好配当を記録。さらに、この日の勝負予想中山10R上総S、翌7(日)には小倉10R稲佐山特別阪神10RうずしおS中山10R総武Sの勝負予想HIT3連チャンを決めるなど絶好調! 週間トータルでは、全予想家中トップの回収率197%をマークし2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
6(土)小倉12R大牟田特別での39万600円払戻しを筆頭に、阪神7R4歳以上1勝クラス(24万2200円払戻し)、7(日)中山1R3歳未勝利(32万7000円払戻し)などの的中をマーク。週間トータル回収率180%、収支57万8510円プラスを達成、3週連続プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(土)中山9R潮来特別的中などをマークし迎えたG3オーシャンSで△◎▲的中(800%回収)を披露。7(日)にも阪神10RうずしおSなどの的中をマーク。土日2日間トータル回収率102%を記録し、これで4週連続週末プラスとしています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(178%)、マカロニスタンダーズプロ(178%)、シムーンプロ(138%←3週連続週末プラス)、【U指数】馬単マスタープロ(113%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(111%)、蒼馬久一郎プロ(106%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(103%)、暴君アッキープロ(102%)らが回収率100%超をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年10月8日(木) 17:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 毎日王冠2020
閲覧 1,333ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月11日(日)東京11R 第71回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

サリオス(B)4ヶ月半
ダービー以来の休み明け。これまで1週前追い切りはすべて木曜日に追い切られてきていたが、今回は初めて水曜日に追ってきた。ルメール騎手の予定に合わせたのかもしれないが、前倒しで追い切れるくらいなので悪く捉える必要はないだろう。動きを見ても、前哨戦の1週前の動きとしては上々の内容。大型馬さながらの多少重い感じはあるが、終いはしっかりと伸び、先着している。

ダイワキャグニー(A)4ヶ月
勝ち鞍の8戦すべてが東京競馬場で、芝1800mに関しても5勝と相性が良いようにも見えるが、24戦のうち16戦が東京競馬場でのレース。得意というよりは経験が多いと言ったほうが良いかもしれない馬。それでもこの中間は乗り込み量も多く、1週前追い切りの動きには力強さがあり、出来はかなり良さそうに見えた。

カデナ(D)中4週
この中間は乗り込み量が少なく、1週前の動きを見ると終い脚が上がりフラフラしているところが見られ、物足りなさが残る。

トーラスジェミニ(D)中6週
中6週と間隔は空いてはいるものの、坂路での時計がこの馬としては終い掛かっている。夏場も休みなく使われていて、疲れが残っているかもしれない。

コントラチェック(C)中9週
1週前の坂路を見ると、動きは良いものの力みが感じられる走り。そういったタイプなので、コーナー2つのコースよりはコーナ4つのコースのほうが向いているように思う。

サトノインプレッサ(C)4ヶ月半
ダービーから休み明けでここを迎える、矢作厩舎にしてはトレセンでの追い切り本数が多いタイプの馬。1週前追い切りでは時計こそ出ているものの鞍上の手が動いていて、まだダービー前のような余裕の手応えといった感じではない。

アイスストーム(B)中4週
この中間は中4週での出走になるが、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて追い切りの内容は前走時よりも良い。道悪が向かない馬なので、良馬場なら好走が期待できるかもしれない。

ザダル(B)中9週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着を果たすも、馬なりの内2頭に終いやっと先着した感じでやや重たい感じが残る走り。

サンレイポケット(B)中4週
好走が続く近走は追い切りでも好時計が出ていた。この中間は、1週前に併せ馬で先着と引き続き良い状態をキープできている感じ。

カイザーメランジェ(D)1年1ヶ月
長期休養明けでこの中間は乗り込み量豊富。休み前よりも好時計が出ていて、字面上は悪くない印象を受ける。ただ、休み前にはスプリント戦を走っていた馬で戸惑ってしまいそう。

ワンダープチュック(B)中4週
叩き2戦目の前走時は追い切りの時計も良化し、状態は良かった。この中間は引き続き坂路で同じような時計を出せており、大きな馬の叩き3戦目でさらに良くなってきそう。


このコラムからの推奨馬は、ダイワキャグニーサリオスザダルの3頭を挙げておきます。


◇今回は毎日王冠編でした。
毎日王冠京都大賞典というと、レース名を聞くだけで秋のG1レースに向けて「さあこれから!!」と胸が高鳴る思いや、期待が膨らむという方も少なくないと思います。近年は育成牧場での調整が主流となり、前哨戦を使わずいきなり本番というスタイルも多くみられ、本番前のひと叩きのシーンも少なくなってきたように思います。個人的には、オグリキャップイナリワンの壮絶な追い比べや、エルコンドルパサーグラスワンダーに影をも踏ませないサイレンススズカの逃げ切りなど、記憶に残るレースが多いこの毎日王冠京都大賞典には、本番でも人気になるようなトップホースに1頭でも出走してきてもらいたい――そんな風に毎年願いつつ出走馬を眺めてしまうレースでもあります。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年10月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年10月04日号】特選重賞データ分析編(222)~2020年毎日王冠~
閲覧 1,987ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 毎日王冠 2020年10月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京、かつ1600~2000m、かつ2勝クラス以上のレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-6-6-25](3着内率43.2%)
×なし [0-1-1-40](3着内率4.8%)

 コース適性が最大のポイント。2013年以降は、前年か同年に東京、かつ1800m前後、かつ上級条件のレースで連対を果たしていた馬が上位馬の大半を占めています。他場のレースを主戦場としてきた馬は強調できません。

主な「○」該当馬→アイスストームサリオスダイワキャグニー
主な「×」該当馬→カデナコントラチェックサトノインプレッサ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ1600~2200m、かつG1・G2のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2013年以降[5-6-4-25](3着内率37.5%)
主な該当馬→カデナサリオスダイワキャグニー

[もっと見る]

2020年7月31日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】波乱度の重要性を考える 〜勝つ馬がわかるA氏、荒れるレースがわかるB氏の話
閲覧 4,614ビュー コメント 0 ナイス 5

先週の当コラムでは、重賞で12レース連続3連複万馬券が継続中…と書いたが、得てしてそういうことを言い始めると途切れるもので、アイビスサマーダッシュは9番人気のビリーバーが3着に飛び込んだものの、上位2頭が人気で3連複は5,000円ジャスト。久々に堅めの決着になった。

競馬予想というと我々がまず考えるのは、

「どの馬が走るか」「どの馬が強いか」

といったことだと思うが、実はこの”波乱度”を考えることも非常に重要だ。そのレースがどれくらい荒れるのか…がわかると、馬券で勝てる確率は大いに高まる。


〜1倍台で勝つ馬がわかるvs100万馬券の出るレースがわかる

波乱度の重要性について、ここでひとつ問を出したい。あくまでも架空の話だが、競馬予想の達人と呼ばれるA氏とB氏がいるとする。2人は自分の得意分野を以下のように語る。

A氏
「私は単勝1倍台で良いなら確実に勝ち馬を当てることができる」

B氏
「私はどの馬が勝つかはわからないが、3連単100万以上の配当が出るレースなら確実にわかる」

このような2人がいたら、どちらの人物と友達になりたいだろうか?

条件反射としては、A氏かもしれない。例え1倍台であっても確実に勝つ馬がわかるのならば、単勝を買えば確実にお金を増やすことができるからだ。もちろん、それはそれで間違いではない。A氏から勝つ馬を教われば、例え単勝1.5倍であっても100万円賭ければ150万円になる。

(あくまでも仮定の話なので、単勝を100万も買えばオッズが動くとか野暮なことを言うのはやめておこう)

だが、私は迷わずB氏と仲良くなりたい。なぜなら、もしそのレースで3連単100万馬券が出ると確実にわかるのならば、仮に18頭立てで全通りを購入しても、順列(18 P 3=18×17×16=4896)通り、つまり48万9,600円である。仮に配当が期待値として最低のジャスト100万円であっても、

”1,000,000÷489,600=約2.04”

つまり、最低でも期待値は2倍を超えて来る。単勝1倍台の馬を知るよりも明らかに得なのである。仮に勝つ馬が何かわからなくても…だ。つまり、単純に計算をするならば明らかにA氏よりもB氏からの情報の方が有益ということになる。

付記するならば、カッコ書きしたオッズが動くという面についても、よりシェアが大きく(3連単は全券種で最も売れる)、1点当たりの購入金額が小さくて済む3連単の方が、気兼ねなく大金を突っ込める点でも有利だろう。

(これまた余談であるが、100万馬券が出るとわかっているのならば、100万馬券にならない組み合わせを買うのは無駄だという突っ込みを心の中でした方はそれはそれで正しいのだが、あくまでも今回伝えたいのはそういうことではなく、波乱度を知ることの意味と重要性についてなので、ご指摘の正しさを認めつつも趣旨とは異なることを理解していただきたい)

私はよく、万馬券を獲るには万馬券が出るレースを探せ、10万馬券を獲るには10万馬券が出るレースを探せ、100万馬券を獲るには…(以下同)、と申し上げるのだが、それだけ、波乱度を見極めることには意味があるのだ。

競馬は確かに馬の駆けっこではあるが、同時に馬券を買う以上、我々にとってはギャンブルである。ギャンブルとは何か、それはオッズを介した他者との戦いである。以上のようなことを考えると、競馬予想に臨むスタンスも少し変わるのではないか。

なお、私はアイビスサマーダッシュでの最終結論は◎ビリーバーだった。だが、波乱度を読みが甘かったために、ほとんど儲けることができなかったのだ。荒れるかどうかを考えることは、どの馬が走るかを考えることと同じくらい重要なのである。とりわけ、私のような穴党にとっては…。


クイーンステークスの注目馬

さて、今週末はクイーンステークスが行われる。重賞2連勝中のフェアリーポルカに注目が集まるが、今年も混戦模様で波乱の可能性もありそう。ココでは、波乱の主役になり得る注目馬を2頭挙げておきたい。

カリビアンゴールド
昨年は3着と健闘。折り合いに課題があるがコントラチェックが引っ張りそうな流れは合いそう。洋芝適性も高く、福島牝馬S4着の内容から衰えもない。今年もそこまで人気にならないだろうがチャンスはある。

リープフラウミルヒ
福島牝馬Sでは13番人気2着と健闘。小回り1800mがベストで、札幌1800mでは昨年の藻岩山特別を制している。過去3勝はすべて丹内騎手騎乗時で、手の合う鞍上に戻る今回は狙いどころ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

コントラチェックの口コミ


口コミ一覧

オーシャンSを考える

 藤沢雄二 2022年3月5日() 06:29

閲覧 201ビュー コメント 2 ナイス 12

2019年まではチューリップ賞の阪神競馬場に参戦していたので、今頃の時間帯は東京駅から新幹線に乗ろうかというワクワクしているのが通例でしたが、コロナ騒ぎによって“お留守番”になること3回目。
すっかり関西のウマフレさんにもご無沙汰している状況で、今は競馬場に入場するところまでは戻ってきたものの、事前抽選でまだフリーに入場できる状況には戻っていないので、まだまだ完全回復までは先は長そうです。

競馬場は難しくとも、それなら尼崎とか住之江とかに旅打ちに出てその足で梅田なり神戸なりで旧交を温めることができたら…とは思っています。

そんな思い入れのあるチューリップ賞は、今年は◎サークルオブライフの予定。
実は昨日が、2009年に他界した父の誕生日で、その父が生前に最後に買った馬券というのがアパパネの阪神JFで、そのレースが最後の当たり馬券でもありました。
なので「国枝厩舎の2歳牝馬女王」に思いを馳せてサークルオブライフになるのですが、さすがにオッズがオッズでしょうから馬券は参加する程度に。

代わって、ファミスタの好調時のバッターのようにバットをブンブンさせているのが中山のオーシャンS。
先週から「出てきたら買う」と手ぐすねを引いていた◎ビアンフェに全力投球‼️


正直、これまでにビアンフェでいい思いをしたことはなく、そんなに鼻息荒く狙うような存在ではなかったのですが、今日のオーシャンSに関してはこれしかないと思っている。

その理由というのが「リピーターになり得る馬」だから。


あのですね、JRAの全レースの重賞データをまとめた本があるじゃないですか。
あれを繰り返し読んでいて気がついた。
オーシャンSに限らず、中山の古馬重賞のほとんどで
・リピーターに注意
・コース実績を要チェック
上記の文章が書いてある。

で、オーシャンS。
2年前の1~3着馬は既に引退していて、昨年2着のカレンモエも先日、引退が発表されたばかり。
昨年の勝ち馬のコントラチェックは先週の中山記念に矛先を向けていたので、もうリピーターの可能性があるのがビアンフェしか残っていなかった。
そして無事に出走してきたので自動的に◎という次第。

まあもっともらしいビアンフェの◎の裏付けを言うと
右回り【4-1-1-3】
左回り【0-1-0-3】
と明らかに右回りと左回りで成績が違う上に、右回りの着外3回は全てGIでのもの。
要するに右回りのGⅢ以下なら崩れていない。

昨年は0.2秒差の3着だったので中山コースが本当に合うのかといえば微妙な部分がないわけでもない。
でも昨年は去勢明けとコンディション的には太鼓判を押せる状態には程遠く、それでいて6番人気3着なのだから、むしろ巧者の可能性だってある。

だから何も考えずに、現時点では馬券は3連複でビアンフェー全ー全の予定。
ただ、この馬券だと15頭立てなので「複勝を9,100円買うのと同じ」なのよね。

これね、チューリップ賞の阪神競馬場でウマフレさんと一緒にいるのならノータイムで3連複を選択する。
複勝1本より3連複1頭軸全通りの方が「勝負している」感は強く出せる。
仮に最安値で決まって激しくガミっても、きっと笑いは取れるし、人気薄2頭を連れてきて配当が上振れするようであれば、それこそ2次会代を出せるからヒーローである。

でも手元のPAT競馬で激しくガミってしまうと虚しさしか残らなくなるので、オッズは吟味させてもらいたい。
もしその際に「2列目」を作らないといけないのであるなら
〇ジャンダルム
▲ファストフォース
☆マリアズハート
この3頭を挙げておく。
とりあえずジャンダルムとマリアズハートは中山のコース実績から。
ファストフォースは昨年7月に私のWIN5に貢献してくれた恩義に加え、ビアンフェと同じく「GⅢが天井」という◎とキャラが近い点を考慮した。

もちろん、オーシャンSまでの馬券の当たり具合によっては、2列目のこの馬券に厚張りしたい気持ちはある。

というわけで今日はオーシャンSが楽しみです。

 競馬戦略研究所所長 2022年3月3日(木) 07:11
重賞回顧 中山記念
閲覧 196ビュー コメント 0 ナイス 4

中山 11R 中山記念(G2)
△:4枠 8番 マルターズディオサ
◎:6枠 11番 カラテ
△:6枠 12番 アドマイヤハダル
△:7枠 14番 コントラチェック
◯:8枠 15番 ダノンザキッド
-----------------------------------
馬券  :単勝
馬/組番:◎
◎ (11)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :単勝
◯ (15)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
1着:◎(11)
相手:◯, △(15, 12, 14, 8)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
馬/組番:60組
◎, ◯, △(11, 15, 12, 14, 8)
各100円(合計 6,000円)



今回のレースは逃げ馬は自分の競馬をすれば強いというのを見せつけてくれたレースとなりました。今回、ハナを主張しそうな馬はトーラスジェミニ、パンサラッサ、コントラチェックの3頭でした。その中でパンサラッサがハナを切ると主役は確定。ハイペースも自分の競馬をして、最後の直線の坂の前では勝利か確定したパンサラッサ。福島記念に続き重賞を制覇いたしました。今回でハナさえ切れれば、相手不問が分かっただけに、今後も自分の競馬を貫いて欲しいです。

 2着には所長◎のカラテ。自分の力は出し切れたとは思いますが、開幕週で前の馬が残ったのは誤算でしたが、今後も要注目の馬です。

 3着は地力強化を見せたアドマイヤハダル。ここを使ってさらに良くなるはずで、今後の成長に期待です。

 1番人気のダノンザキッドは力勝負に出たものの最後はガス欠。次走が試金石になりそうです。

[もっと見る]

 ゆるふわタロット予想 2022年2月27日() 22:48
🔮2/26&27のタロットさん予想と結果~🌈🐴✨ 
閲覧 289ビュー コメント 0 ナイス 4

⬆予想と結果⬇
https://umanity.jp/sp/coliseum/profile.php?user_id=2a3e6aa144


中山記念さんは
タロットさん予想+粗品さん予言+何かのエネルギーをブレンドしたらピタッとだったかも~💞
https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=48ce5fe731&owner_id=2a3e6aa144


🐴アドマイヤハダルさんはペンタクルキング👑さんで🐴コントラチェックさんのペンタクル10よりも強いカードさんだったのにねぇ~ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ∗)アハハ

タロットさんは的確に伝えてこられてるので、私のリーディング能力をコツコツと高めるのみのみ~💪✨

来週もたのしみ~💖

[もっと見る]

⇒もっと見る

コントラチェックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
12:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年10月8日(木) 23:56:50
スガダ、不安続き、短期逃げできれば穴
11:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月2日() 09:04:57
郎、消し、鼻を切らないと×、今回試し
10:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月2日() 04:03:07
jp血、能力、世代上位、

⇒もっと見る

コントラチェックの写真

コントラチェックの厩舎情報 VIP

2022年2月27日中山記念 G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

コントラチェックの取材メモ VIP

2022年2月27日 中山記念 G2 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。