フェアリーポルカ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フェアリーポルカ
フェアリーポルカ
フェアリーポルカ
フェアリーポルカ
フェアリーポルカ
フェアリーポルカ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2016年2月25日生
調教師西村真幸(栗東)
馬主山本 剛士
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[4-1-1-6]
総賞金12,216万円
収得賞金5,300万円
英字表記Fairy Polka
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
フェアリーダンス
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
フェアリードール
兄弟 ココロノトウダイメバエ
前走 2020/10/17 アイルランド府中牝馬 G2
次走予定

フェアリーポルカの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/17 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 8334.738** 牝4 54.0 和田竜二西村真幸498(-12)1.49.9 1.437.1サラキア
20/08/02 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 14583.626** 牝4 56.0 和田竜二西村真幸510(+18)1.46.1 0.235.3⑧⑦⑦⑥レッドアネモス
20/04/25 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 167145.431** 牝4 54.0 和田竜二西村真幸492(-4)1.46.8 -0.134.5⑫⑫⑪⑨リープフラウミルヒ
20/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16239.631** 牝4 52.0 和田竜二西村真幸496(+6)1.50.2 -0.137.1⑥⑥⑥⑥リュヌルージュ
20/01/18 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 1671416.364** 牝4 53.0 和田竜二西村真幸490(+2)2.01.3 0.236.4⑨⑨⑨⑦デンコウアンジュ
19/10/13 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1861115.7816** 牝3 55.0 三浦皇成西村真幸488(-2)2.02.4 2.538.5⑥⑧⑦⑦クロノジェネシス
19/09/07 中山 11 紫苑S G3 芝2000 154612.562** 牝3 54.0 三浦皇成西村真幸490(+16)1.58.3 0.033.7④④④パッシングスルー
19/05/19 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1871474.81116** 牝3 55.0 幸英明西村真幸474(+2)2.26.3 3.538.3④⑥⑦⑦ラヴズオンリーユー
19/04/21 東京 11 フローラS G2 芝2000 188186.745** 牝3 54.0 和田竜二西村真幸472(+2)1.59.6 0.133.7⑪⑤⑥ウィクトーリア
19/03/23 阪神 9 君子蘭賞 500万下 芝1800 11674.921** 牝3 54.0 和田竜二西村真幸470(-2)1.46.8 -0.134.8⑥④サムシングジャスト
19/01/19 京都 10 若駒S OP 芝2000 85574.883** 牝3 54.0 和田竜二西村真幸472(+4)2.01.3 0.634.9ヴェロックス
18/12/28 阪神 5 2歳新馬 芝2000 126717.671** 牝2 54.0 松若風馬西村真幸468(--)2.04.5 -0.435.5ミラーミラー

フェアリーポルカの関連ニュース

 《古馬》

 ★府中牝馬S2着シャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝4)は来週中に栗東入りしてエリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に備える。8着フェアリーポルカ(栗・西村、牝4)は、ターコイズS(12月19日、中山、GIII、芝1600メートル)に参戦する。

 ★昨年6月のラジオN賞勝ちのあと、長期休養しているブレイキングドーン(栗・中竹、牡4)は、カシオペアS(11月1日、京都、L、芝1800メートル)で戦列復帰の予定。

 ★七夕賞15着エアウィンザー(栗・角居、騙6)は、横山典騎手でアルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)に向かう。

 ★キーンランドC10着フィアーノロマーノ(栗・高野、牡6)は京阪杯(11月29日、阪神、GIII、芝1200メートル)へ進む。

 ★信越S8着ストーミーシー(美・斎藤誠牡7)はオーロC(11月15日、東京、L、芝1400メートル)へ。

 ★日高Sを勝ってOP入りしたクラヴィスオレア(美・藤沢和、セン4)はオーロCで復帰予定。僚馬でパラダイスS16着のあと休養しているムーンクエイク(セン7)は霜月S(11月22日、東京、OP、ダ1400メートル)へ向かう。

【府中牝馬S】レースを終えて…関係者談話 2020年10月18日() 04:58

 ◆内田騎手(シャドウディーヴァ2着)「前走よりも具合はよかったし、外を回ってあれだけ伸びてきたからね。頑張ったよ」=エリザベス女王杯を視野に。

 ◆松山騎手(サムシングジャスト3着)「直線は内外の馬場差がないので内を選択した。こんな馬場は得意だし、しっかり脚を使ってくれました」

 ◆安田隆師(トロワゼトワル4着)「今回は千八で相手も強かったからね。それでもよく頑張ってくれた」

 ◆中内田師(ダノンファンタジー6着)「馬場のいいところを選んで走らせたのは作戦通り。得意な馬場状態じゃなかったが、具合のよさであれだけ踏ん張れた」

 ◆幸騎手(シゲルピンクダイヤ7着)「緩い馬場で、思ったほど伸び切れなかった」

 ◆和田竜騎手(フェアリーポルカ8着)「リズムよく走れて直線の立ち上がりまではよかったが、追い出すとバラバラになった。滑るような馬場は苦手なのかな」

★17日東京11R「府中牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】府中牝馬S2020 この先のG1につながる牝馬重賞!あの人の◎は!? 2020年10月17日() 05:30


※当欄では府中牝馬Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧サムシングジャスト

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎④サラキア

【目黒貴子】
◎③フェアリーポルカ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【府中牝馬S】厩舎の話 2020年10月16日(金) 04:54

 ◆サムシングジャスト・松田師「背腰に力がついて安定。松山騎手も乗り慣れている」

 ◆サラキア池添学師「体は先週でしっかりできている。リズム重視で運ぶのが合っている」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師「距離延長でゆったり流れるのはいい」

 ◆シャドウディーヴァ斎藤誠師「左回りの1800メートルはぴったり」

 ◆ダノンファンタジー・猿橋助手「しっかりと動けています。休み明けでも調子は良好です」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師「時計的にもだいたい予定通り」

 ◆フェアリーポルカ・西村師「広いコースでどれだけやれるか楽しみ」

 ◆ラヴズオンリーユー・安藤助手「だいぶいい頃に戻ってきています」

★府中牝馬ステークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【府中牝馬S】追って一言 2020年10月15日(木) 04:48

 ◆サラキア池添学師「体は先週でしっかりできているので、単走で。リズム重視で運ぶのが合っている」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師「中間はゲート練習が中心だったので、ある程度しっかりやりました。距離が延びてゆったり流れるのはいい」

 ◆シャドウディーヴァ斎藤誠師「あまりオーバーワークにならないように坂路で。左回りの1800メートルはぴったり」

 ◆ダノンファンタジー・猿橋助手「時計的にもしっかりと動けています。休み明けでも、馬の調子は良好です」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師「流す感じで時計的にもだいたい予定通り。東京の1800メートルで、どこまで頑張れるか」

 ◆フェアリーポルカ・西村師「思い通りの調教。広いコースでどれだけやれるか楽しみ」

 ◆ラヴズオンリーユー・安藤助手「輸送もあるので軽めで。だいぶいい頃に戻ってきています」

 ◆レッドアステル・国枝師「体に実が入ってきたし、しまいの切れ味を生かしたい」

府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】府中牝馬ステークス2020 U指数95未満の馬をバッサリ切って上位勢に絞って勝負! 2020年10月13日(火) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は府中牝馬ステークス・U指数予想をお届けます!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数94.8の13位ながら勝利した2015年のノボリディアーナのような例はあるが、上位勢は比較的安定しており、過去5年間で1~3位が総崩れとなった年は一度もない。加えて、3着以内に入った馬の大半は95以上の指数を持っている点で共通する。今年は少頭数ゆえに馬券購入対象候補を絞り込む必要があるので、指数95に達していない7位のシャドウディーヴァ、8位のレッドアステル、9位のサムシングジャスト、10位のレッドベルローズの4頭を思い切って消去したい。
 
今年の登録馬は10頭なので、この時点で候補は6頭に絞られる。当然、トップに立っているフェアリーポルカ(98.2)は押さえておくべきだろう。また、1番人気確実で妙味はないが、昨年のオークス馬で、前走の鳴尾記念では牡馬相手に2着に好走している3位のラヴズオンリーユー(97.7)も外すわけにはいかない。

それ以外は大きな指数差がなく優劣を付けるのが難しいが、実績面を重視し、同一コース施行の昨年のエプソムCで2着歴のある4位のサラキア(97.2)と、G1を含み重賞4勝を挙げている5位のダノンファンタジー(96.6)の2頭を取り上げておく。

【U指数予想からの注目馬】
フェアリーポルカ ラヴズオンリーユー サラキア ダノンファンタジー

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェアリーポルカの関連コラム

閲覧 1,772ビュー コメント 0 ナイス 5

先週の当コラムでは、重賞で12レース連続3連複万馬券が継続中…と書いたが、得てしてそういうことを言い始めると途切れるもので、アイビスサマーダッシュは9番人気のビリーバーが3着に飛び込んだものの、上位2頭が人気で3連複は5,000円ジャスト。久々に堅めの決着になった。

競馬予想というと我々がまず考えるのは、

「どの馬が走るか」「どの馬が強いか」

といったことだと思うが、実はこの”波乱度”を考えることも非常に重要だ。そのレースがどれくらい荒れるのか…がわかると、馬券で勝てる確率は大いに高まる。


〜1倍台で勝つ馬がわかるvs100万馬券の出るレースがわかる

波乱度の重要性について、ここでひとつ問を出したい。あくまでも架空の話だが、競馬予想の達人と呼ばれるA氏とB氏がいるとする。2人は自分の得意分野を以下のように語る。

A氏
「私は単勝1倍台で良いなら確実に勝ち馬を当てることができる」

B氏
「私はどの馬が勝つかはわからないが、3連単100万以上の配当が出るレースなら確実にわかる」

このような2人がいたら、どちらの人物と友達になりたいだろうか?

条件反射としては、A氏かもしれない。例え1倍台であっても確実に勝つ馬がわかるのならば、単勝を買えば確実にお金を増やすことができるからだ。もちろん、それはそれで間違いではない。A氏から勝つ馬を教われば、例え単勝1.5倍であっても100万円賭ければ150万円になる。

(あくまでも仮定の話なので、単勝を100万も買えばオッズが動くとか野暮なことを言うのはやめておこう)

だが、私は迷わずB氏と仲良くなりたい。なぜなら、もしそのレースで3連単100万馬券が出ると確実にわかるのならば、仮に18頭立てで全通りを購入しても、順列(18 P 3=18×17×16=4896)通り、つまり48万9,600円である。仮に配当が期待値として最低のジャスト100万円であっても、

”1,000,000÷489,600=約2.04”

つまり、最低でも期待値は2倍を超えて来る。単勝1倍台の馬を知るよりも明らかに得なのである。仮に勝つ馬が何かわからなくても…だ。つまり、単純に計算をするならば明らかにA氏よりもB氏からの情報の方が有益ということになる。

付記するならば、カッコ書きしたオッズが動くという面についても、よりシェアが大きく(3連単は全券種で最も売れる)、1点当たりの購入金額が小さくて済む3連単の方が、気兼ねなく大金を突っ込める点でも有利だろう。

(これまた余談であるが、100万馬券が出るとわかっているのならば、100万馬券にならない組み合わせを買うのは無駄だという突っ込みを心の中でした方はそれはそれで正しいのだが、あくまでも今回伝えたいのはそういうことではなく、波乱度を知ることの意味と重要性についてなので、ご指摘の正しさを認めつつも趣旨とは異なることを理解していただきたい)

私はよく、万馬券を獲るには万馬券が出るレースを探せ、10万馬券を獲るには10万馬券が出るレースを探せ、100万馬券を獲るには…(以下同)、と申し上げるのだが、それだけ、波乱度を見極めることには意味があるのだ。

競馬は確かに馬の駆けっこではあるが、同時に馬券を買う以上、我々にとってはギャンブルである。ギャンブルとは何か、それはオッズを介した他者との戦いである。以上のようなことを考えると、競馬予想に臨むスタンスも少し変わるのではないか。

なお、私はアイビスサマーダッシュでの最終結論は◎ビリーバーだった。だが、波乱度を読みが甘かったために、ほとんど儲けることができなかったのだ。荒れるかどうかを考えることは、どの馬が走るかを考えることと同じくらい重要なのである。とりわけ、私のような穴党にとっては…。


クイーンステークスの注目馬

さて、今週末はクイーンステークスが行われる。重賞2連勝中のフェアリーポルカに注目が集まるが、今年も混戦模様で波乱の可能性もありそう。ココでは、波乱の主役になり得る注目馬を2頭挙げておきたい。

カリビアンゴールド
昨年は3着と健闘。折り合いに課題があるがコントラチェックが引っ張りそうな流れは合いそう。洋芝適性も高く、福島牝馬S4着の内容から衰えもない。今年もそこまで人気にならないだろうがチャンスはある。

リープフラウミルヒ
福島牝馬Sでは13番人気2着と健闘。小回り1800mがベストで、札幌1800mでは昨年の藻岩山特別を制している。過去3勝はすべて丹内騎手騎乗時で、手の合う鞍上に戻る今回は狙いどころ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年7月26日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年07月26日号】特選重賞データ分析編(212)~2020年クイーンステークス~
閲覧 2,333ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 北海道新聞杯 クイーンステークス 2020年08月02日(日) 札幌芝1800m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつG1のレース”において11着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-6-6-34](3着内率35.8%)
×なし [0-1-1-28](3着内率6.7%)

 夏季競馬期間中のG3、しかも牝馬限定ということで、これから大舞台を目指すような新興勢力にも注目が集まりがち。しかし、2013年以降に好走を果たした馬の大半は、既にビッグレースで善戦したことのある馬でした。条件クラスのレース、格が高くないレースを主戦場としてきた馬は強調できません。

主な「○」該当馬→カリビアンゴールドスカーレットカラー
主な「×」該当馬→サムシングジャストタガノアスワドフェアリーポルカリープフラウミルヒ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1400~1800m、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[7-7-7-35](3着内率37.5%)
主な該当馬→カリビアンゴールドスカーレットカラーフェアリーポルカリープフラウミルヒ

[もっと見る]

2019年10月9日(水) 18:30 覆面ドクター・英
秋華賞・2019
閲覧 2,243ビュー コメント 0 ナイス 10

先々週のスプリンターズSは本命はバッチリでしたが、秋初戦を大幅馬体重増で逃げられずに凡走したモズスーパーフレアは数戦使わないと立ち直らないと踏んで消し、失敗。ただ、人気サイドでの決着だったので切り替えていきます。
日本馬3頭を消しにして(非国民と言われそうですが)、凱旋門賞はしっかり的中できましたし。

秋華賞はここ数年は堅く収まっているのですが、基本的にG1にしては紛れの多いレースだけに馬券的には楽しみ。
内回りだけに差しにくく、内枠先行が恵まれやすいので、馬券的には人気を背負っての差し損ねに期待(笑)
桜花賞グランアレグリアオークスラヴズオンリーユーともに不在で確固たる軸馬不在、という点も妙味期待をそそる一戦です。

それでは恒例の全頭診断へ


1番人気想定 ダノンファンタジー:暮れの阪神JFを勝利した2歳女王で、桜花賞オークスともに人気ほど走れなかったが、秋の始動戦はやや掛かり気味ながら終いずばっと差し切っての白星発進と、この相手なら人気でも仕方ないか。本質的にはマイル以下が乗りやすそうだが。実力上位は間違いない。ガツンと掛かって終了というのもありえるが。

2番人気想定 クロノジェネシスオークスは正直長いんじゃないかと思って見ていた(世間一般ではオークス向きと早い時期から言われていましたが)マイラー寄りの走りの馬。ここは人気になるが、小さい馬で成長力に疑問があって、差しにくい舞台設定でのこの脚質で、その上ぶっつけ本番での参戦。消しもありか。

3番人気想定 コントラチェック:デビューから4戦連続1番人気だったように人気先行の良血馬という印象だが、ルメール騎手が結局乗るようで、スイスイ逃げ切るというのもあり得る話ではある。ただ、オークス9着からのぶっつけ本番は決してプラスでないのでは?

4番人気想定 カレンブーケドールオークスでは12番人気2着と激走したが(ちょっとうまく行き過ぎたか)、秋始動戦の紫苑Sは人気に応えられずの3着。腕のあるジョッキーと言われ続けてきた津村騎手には頑張って欲しいが、関西だと(秋華賞は特に難しい)ちょっと力を出し切れないかも。

5番人気想定 ビーチサンバオークスでは距離的なこともあり惨敗したが、ローズSでは2着と巻き返してきた。ただ今回はそれなりに人気になりそうで、妙味は極めて薄い状況に。

6番人気想定 パッシングスルー:新馬勝ちの後はシンザン記念とフローラSで負けたが、夏に1勝クラスを福島で勝って、更に紫苑S(近年、同レースはレベルが上がってきている)も勝ち5戦3勝としての臨戦。ルーラーシップ産駒らしい成長曲線を見せていて、本番でも期待できる。

7番人気想定 エスポワール:5戦3勝のここまでで、3勝目を挙げた7月のシンガポールTC賞(2勝クラス)では古馬・牡馬相手に4馬身差の完勝。その後は、敢えてトライアルを使わなかったようで、調教の動きも絶好。ここにきての成長力を加味すると頂点まであるのでは。オルフェーヴル産駒は打率は低いがホームランもあり、ここも然り。かなり期待大。

8番人気想定 サトノダムゼル:鋭い末脚見せて3戦3勝だがいかにも相手が弱く、さほど妙味は生まれないか。良血馬らしく、まだ成長していくのだろうが、活躍はまだ先とみたい。

9番人気想定 シゲルピンクダイヤ:秋初戦はレース前からイレ込んで、末脚不発。気難しくなってきての距離延長は難しく、また末脚を生かすこのタイプはレース適性が高くない。

10番人気以下想定
シェーングランツ:昨秋は良血らしく、能力だけで未勝利勝ちの後にG3アルテミスSも勝ってしまったが、どんどん馬体重が減ってオークスは惨敗。そこからのぶっつけでの秋初戦では、苦しいだろうし、繁殖で期待の馬。

フェアリーポルカ:紫苑S2着からの参戦。2戦目でヴェロックスの勝った若駒Sを使われ3着(リオンリオンには先着)したように期待されつつ、ようやくルーラーシップ産駒らしく、ゆっくりめの成長が追いついてきた感じか。それなりに期待できる馬ではないだろうか。

ブランノワール:2勝クラスを3馬身差で完勝(しかも2連勝)してきての臨戦で、本格化をうかがわせる内容で、ここもヒモには面白いかもしれない。

レッドアネモス:新馬、500万下(サフラン賞)と連勝した馬だが、成長力がいまひとつなのか、春は白百合Sを勝ったもののラジオNIKKEI賞は13着と惨敗。特に期待できず。

シャドウディーヴァ:前走ローズSはハナに立って下げてその後も失速とさっぱりな内容だったが、オークスで6着したように(春はフラワーC、フローラSと重賞でも上位に来れていた)前走をノーカウントとすれば巻き返しあるかも。

メイショウショウブ:実績もマイルまでで、前走ローズSでも池添騎手が距離が長いとレース後にコメントしており、さらに距離延長となるここは大駆け期待できず。

コパカティ:牝馬限定2勝クラスで、ブランノワールに3馬身以上の完敗を喫しており期待薄。

シングフォーユー:春はスイートピーSでカレンブーケドールの2着がある馬だが、夏にようやく1勝クラスを勝っただけと成長力がいまひとつか。

ローズテソーロ:紫苑Sは10番人気6着どまりだがハーツクライ産駒らしく、ひと夏を越しての成長がみられ、キャリアの浅さから上積みもまだまだありそう。今回も激走があっておかしくない。

トゥーフラッシー:2勝クラスで掲示板に載れるかどうかという状態が続いており、ここでは荷が重い。


<まとめ>
有力:エスポワールダノンファンタジー

ヒモに:パッシングスルーコントラチェックカレンブーケドール

穴で:フェアリーポルカブランノワールローズテソーロ

[もっと見る]

2019年10月6日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月06日号】特選重賞データ分析編(171)~2019年秋華賞~
閲覧 2,184ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 秋華賞 2019年10月13日(日) 京都芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1800m以上のレース”において“着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.1秒以上”となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [7-7-7-57](複勝率26.9%)
×なし [0-0-0-46](複勝率0.0%)

 中長距離のレースを完勝したことのある馬が中心。単純に優勝経験がない馬はもちろん、タイム差なしの優勝経験しかない馬も、本質的には短距離~マイル向きと見るべきでしょう。今年はこの条件に引っ掛かる実績馬が多いのでご注意ください。

主な「○」該当馬→コントラチェックサトノダムゼルフェアリーポルカ
主な「×」該当馬→カレンブーケドールシゲルピンクダイヤダノンファンタジー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以内」だった馬は2012年以降[7-5-4-28](複勝率36.4%)
主な該当馬→サトノダムゼルフェアリーポルカ

[もっと見る]

2019年9月4日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月04日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(166)
閲覧 2,125ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、エニフステークス、紫苑ステークス産経賞セントウルステークス京成杯オータムハンデキャップの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年09月07日(土) 阪神11R エニフステークス
【前走との間隔別成績(2014年以降)】
●中2週以内 [2-1-0-31](複勝率8.8%)
●中3週以上 [3-4-5-24](複勝率33.3%)
→2014年以降に好走を果たした馬の大半は前走との間隔が中3週以上。臨戦過程に余裕のない馬は信頼できません。


▼2019年09月07日(土) 中山11R 紫苑ステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ2勝クラス以上のレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [4-4-5-22](複勝率37.1%)
●なし [1-1-0-51](複勝率3.8%)
→距離適性を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつ1800m以上、かつ2勝クラス以上のレース”において5着以内となった経験があるのは、カレンブーケドールパッシングスルーフェアリーポルカの3頭だけです。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2019年5月22日(水) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/18~5/19)新参者プロが日曜東京12R◎カラクプア(単勝59.8倍)からの3連単74万超のホームラン!
閲覧 1,196ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、19(日)に東京競馬場でG1オークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1オークスは、1番人気に単勝4.0倍でラヴズオンリーユー。以下、2番人気クロノジェネシス(単勝4.1倍)、3番人気コントラチェック(単勝5.1倍)、4番人気ダノンファンタジー(単勝6.4倍)と続き、5番人気シゲルピンクダイヤは単勝12.4倍。完全に、4頭横並びオッズとなってレースの時を迎えます。
最内枠からジョディーが好スタート、好ダッシュを決めて、すんなりとハナへ。2番手にコントラチェックが続くと、エールヴォアクロノジェネシスフェアリーポルカカレンブーケドールダノンファンタジービーチサンバシャドウディーヴァシゲルピンクダイヤラヴズオンリーユーノーワンメイショウショウブウインゼノビアウィクトーリアシェーングランツ、そこから離れてフィリアプーラアクアミラビリスの態勢で1コーナーへ。その後も2馬身ほどのリードをキープして、緩めることなく隊列を引っ張るジョディー。前半1000mの通過は59秒1(良)を計時し、向こう正面での追い風も手伝ってかここからもほぼ緩めずの牽引へ。この流れに、さすがに各馬思い思いといった立ち回りとなり、馬群縦長の状態で3~4コーナーへと向かう隊列。
2番手からコントラチェックが引っ張りきりの手応えでジョディーに並び掛け、その外を通ってはエールヴォアカレンブーケドールといったところ。インでは、クロノジェネシスも手応えよく進出を開始し、ほぼ差なくダノンファンタジーも好位馬群を追走。1番人気ラヴズオンリーユーは、中団後方馬群から追い出され、各馬4コーナーを回っていきます。
迎えた直線で、惰性をつけて一気に先頭に躍り出る10番人気カレンブーケドール。内にいた、コントラチェックもこれに応戦しますが、すぐさま脚が上がって残り400mでカレンブーケドールが堂々の単独先頭へ。内を突いたクロノジェネシスに、シャドウディーヴァダノンファンタジーは外と、抜け出したカレンブーケドールを中に置く形で追いますが、なかなかその差は詰まらず。むしろ、追撃を図った後続勢のほうが苦しくなったところへ、3分どころを通って伸びてくるオレンジ帽の一頭。1番人気のラヴズオンリーユーでした。鋭く伸びるというよりは、一完歩ごとにジワジワと迫るといった力強い伸びて、1頭、また1頭と交わして先頭を窺うラヴズオンリーユー。最後に立ちはだかった伏兵カレンブーケドールを、坂上で競り落とすとクビ差V。4連勝でオークス制覇を達成しています。クビ差2着カレンブーケドールから、2馬身半差の3着にはクロノジェネシスが入っています。
公認プロ予想家では、馬侑迦プロほか計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
18(土)の勝負レース京都1Rでいきなりの12万5,000円払戻しの好スタートを切ると、続く東京1Rでは◎▲○的中計16万9,600円払戻しをマーク!東京5R東京9Rでは◎ロザムール(単勝24.8倍)、◎ランペドゥーザ(単勝39.2倍)からの3連単を仕留めるなど的中を量産。19(日)にも、勝負レース東京5Rなどで活躍を披露すると、東京12Rではこの週の“集大成”的中ともいうべく◎カラクプア(単勝59.8倍)→○フリーフリッカーからの3連単74万2,020円馬券本線的中を鮮やかに決めました!週間トータルでは、いずれもトップの回収率216%、収支84万2,390円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
18(土)は京都1Rの◎ファビュラスギフト(単勝19.8倍)的中で好ダッシュを決めると、トイガー(単勝52.4倍)が勝利した東京6Rでは、◎▲○の3連複パーフェクト的中を含む計23万8,140円払戻しのスマッシュヒット。19(日)にも東京7Rの◎ウインスラーヴァ(単勝73.0倍)的中を筆頭に、東京6R新潟8Rと的中を積み重ね、土日オールプラスを達成。また、2週連続プラス収支で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
先週は、18(土)東京1Rでの24万6,000円払戻しのほか、19(日)京都10R新潟11Rなどで連日のプラスを達成!週間トータル回収率192%、収支27万6,750円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
先週は、18(土)東京2R東京4Rなどで穴馬◎を仕留める一方、19(日)には新潟10R、勝負レース東京12Rと人気どころをしっかりと狙い撃ち、週間トータルプラスを達成。回収率136%を記録しています。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(131%)、佐藤洋一郎プロ(118%)、KOMプロ(114%)、nigeプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、岡村信将プロ(105%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェアリーポルカの口コミ


口コミ一覧
閲覧 217ビュー コメント 0 ナイス 7

京都11R 秋華賞

ウインマイティー

先週の時計が出にくかった栗東CWで終い11.5は騎手騎乗でも非常に速い時計と判断して良さそう。調整過程で不安がある馬が多い中、この馬に関しては順当に叩いて良化したと見られる。


京都3R

ウォーターアンク

この中間に坂路自己ベストを2秒程更新しており、絵に描いたような良化。ダート替わりも相まってここはチャンスか?


京都9R もみじS

アスコルターレ

先々週の栗東CW追切でフェアリーポルカを追走して、先着したのはこちら。先週のウッドの時計も素晴らしいものだった。

 ビター ティー 2020年10月17日() 18:29
前哨戦で少頭数は「無印良品」であることが証明された府中牝...
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 9

 完璧な前哨戦仕上げで臨んだ人気の2頭という印象を強く感じたレース展開でした。トロワゼトワルを追いかけることなく2番手、3番手の好位につけたダノンファンタジーとラヴズオンリーユー。

 直線出口までに逃げ馬との差を詰めたものの、ラヴズオンリーユーは早々と手応えが怪しくなるし、ダノンファンタジーにしても外側から交わしに行くと見せて直線は全く伸びませんでした。

 むしろ、トロワゼトワルの方が粘りに粘り、惜敗の4着でした。とはいながら、逃げ馬はやっぱり勝てないのが府中牝馬ステークスというレースの定めでした。

 無印の2~3頭も絡めて、買い目を差し馬から組み立てて「サ」「シ」で決めたいと申し上げ、その4頭のうち、2頭が2・3着の差し競馬で決まりましたので、もちろん的中! と、ならなければ嘘ですが、まさかここまで荒れるとは・・・予想外でした。

 上位人気の内、少なくとも1頭は3着以内にはなるだろう・・・という予想で臨みましたので撃沈です。人気も下位の3頭だけで1~3着が決まるのかい? フェアリーポルカ、お前まで来ないのかい(泣)

 ということで、大荒れに荒れた府中牝馬ステークスは「無印良品だけ」が強く印象に残る結果となりました。

 府中牝馬ステークスといえば、「4枠、7枠、8枠の勝率」のデータについても前回の日記で触れましたが、このデータのジンクスにも縛られていたことに気付かされました。

 8頭立てで枠複の発売はなかったわけですが、なんと馬番「4→6→8」の順で入線してる!
「4」が1着で「8」も複勝圏に入ってくるとは、恐るべし! レースが終わってから気付く、データ競馬の不思議な呪縛。

 お粗末  とにかく、買いたい馬を軸にして、本命サイドをヒモにで流す「思い切り」がないから、外すのですね。

 本命サイドの3頭のいずれかが3着以内に残るだろうという組み立てでは、勝負レースの予想としては「思い切り」が、まだまだ弱いことを自覚させられました。

 

 この反省を明日の秋華賞の予想に活かしたいと思った次第です。(前哨戦ではないのに、反省をどう活かせばいいのか?)

 明日もウマニティで楽しみましょう!

[もっと見る]

 うまあつし 2020年10月17日() 12:17
府中牝馬の予想です
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 6

◎ダノンファンタジー
○トロワゼトワル
▲フェアリーポルカ
△シャドーディーヴァ

ダノンファンタジーからの馬連流しでいきます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェアリーポルカの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
12:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月2日() 03:44:29
ラボ古、本命◉、前走勝ち方○
11:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月2日() 03:34:27
ラボ水、本命◉、コース適正、差し、自在、ラストチャンス連勝
10:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月2日() 03:04:25
なみへ、抑え△

⇒もっと見る

フェアリーポルカの写真

フェアリーポルカの厩舎情報 VIP

2020年10月17日アイルランド府中牝馬 G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フェアリーポルカの取材メモ VIP

2020年10月17日 アイルランド府中牝馬 G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。