ビーチサンバ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ビーチサンバ
ビーチサンバ
ビーチサンバ
ビーチサンバ
ビーチサンバ
ビーチサンバ
ビーチサンバ
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2016年4月4日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 8戦[1-3-1-3]
総賞金9,117万円
収得賞金2,750万円
英字表記Beach Samba
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
フサイチエアデール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ラスティックベル
兄弟 フサイチリシャールライラプス
前走 2019/10/13 秋華賞 G1
次走予定

ビーチサンバの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/13 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 184713.565** 牝3 55.0 福永祐一友道康夫476(+2)2.00.5 0.637.0クロノジェネシス
19/09/15 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1281116.062** 牝3 54.0 福永祐一友道康夫474(-2)1.44.4 0.033.4ダノンファンタジー
19/05/19 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1881619.0915** 牝3 55.0 福永祐一友道康夫476(+6)2.26.0 3.237.8④⑩⑩⑨ラヴズオンリーユー
19/04/07 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1871410.745** 牝3 55.0 福永祐一友道康夫470(-6)1.33.2 0.533.3⑩⑥グランアレグリア
19/02/11 東京 11 クイーンC G3 芝1600 9663.222** 牝3 54.0 福永祐一友道康夫476(+8)1.34.2 0.032.9⑨⑧クロノジェネシス
18/12/09 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 186118.243** 牝2 54.0 福永祐一友道康夫468(0)1.34.3 0.234.5⑪⑩ダノンファンタジー
18/10/27 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 1561110.552** 牝2 54.0 藤岡康太友道康夫468(+2)1.33.8 0.134.4⑨⑦シェーングランツ
18/09/15 阪神 5 2歳新馬 芝1600 11792.011** 牝2 54.0 C.ルメー友道康夫466(--)1.36.8 -0.333.4オーロトラジェ

ビーチサンバの関連ニュース

 ★秋華賞5着ビーチサンバ(栗・友道、牝3)はターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★富士S2着レイエンダ(美・藤沢和、牡4)、7着エメラルファイト(美・相沢、牡3)は、マイルCS(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)へ。

 ★オクトーバーS勝ちのダイワキャグニー(美・菊沢、牡5)は、ジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。5着マイネルサーパス(美・高木、牡3)、13着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は、福島記念(11月10日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。6着ショウナンバッハ(美・上原、牡8)は、放牧を挟んで中日新聞杯(12月7日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★菊花賞9着ニシノデイジー(美・高木、牡3)は、ひと息入れてアメリカJCC(1月26日、中山、GII、芝2200メートル)で来年のスタートを切る。

 ★オクトーバーS2着トリコロールブルー(栗・友道、牡5)はアンドロメダS(11月16日、京都、L、芝2000メートル)へ。

 ★室 町 S 15 着シュウジ(栗・須貝、牡6)はカペラS(12月8日、中山、GIII、ダ1200メートル)へ。

 ★小倉記念4着タニノフランケル(栗・角居、牡4)は福島記念へ。



★ 天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【秋華賞】クロノジェネシス、秋に華咲いた! 2019年10月14日(月) 04:04

 3歳牝馬3冠の最終戦となる秋華賞が13日、京都競馬場で17頭によって争われ、4番人気のクロノジェネシスが好位から抜け出してGI初制覇。春の2冠はともに3着に敗れたが、雪辱を果たした。管理する斉藤崇史調教師もJRA・GI初勝利となった。このあとはエリザベス女王杯(11月10日、京都、GI、芝2200メートル)に向かう。

 「シャーッ!」。検量室前でクロノジェネシスの馬上から降りると、北村友騎手が両手を突き上げて感情を爆発させた。牝馬3冠路線をともに歩んできたパートナーが、最後の1冠で悲願のGI初制覇。鞍上は喜びを押さえながら振り返った。

 「理想的なポジションで来られました。4コーナーでは、いつでも抜け出せる手応え。自信を持って追い出しました」

 少し押して、人気のダノンファンタジーを見ながら好位の内を追走。脚をため込み、直線入り口で外に持ち出されると、エンジンを一気に吹かす。前の人気馬をかわし、逃げ粘るビーチサンバを残り150メートルで捕らえきり、カレンブーケドールの追撃も余裕を持って封じた。初代秋華賞ファビラスラフインの1996年以来に芦毛が先頭でゴールを駆け抜けた。

 デビューから7戦全て手綱を取り、GIの阪神JF2着、桜花賞オークスはともに3着。能力を肌で感じながら、もどかしい結果に悔しさが募った。「ここで絶対に勝つんだ、という気持ちでした。ずっと乗せていただき、ようやく結果を出せて、本当に“うれしい”のひと言」。あふれる思いが、雄叫びに表れた。

 「抜けてくる脚が良かったですし、残り1ハロンで勝てるかな、と。うれしかったのと、ホッとしたのと両方ですね」

 開業4年目の斉藤崇調教師は静かに喜びをかみしめた。今年のクイーンCでの重賞初制覇と同じく、クロノジェネシスでGI初制覇。松永幹厩舎で調教助手だった09年には、担当のレッドディザイア秋華賞を制した。「あの馬がいなかったら今の僕はいません。同じ(5)番。縁ですね」。史上4頭目のオークスからの直行Vにも「昨年(アーモンドアイ)勝った馬がいますから。ノーザンファームさんときっちりやってきました」と仕上がりに胸を張った。

 この後はエリザベス女王杯を予定。「自分にとっても、クロノジェネシスにとっても、斉藤先生にとっても、大きな1勝。これを励みに、また頑張りたい」と北村友騎手は意気込む。クロノジェネシスが、古馬牝馬界統一へ力強く駆け出した。 (千葉智春)

★ノーザンF5連覇

 春の鬱憤を晴らし、GI初制覇を果たしたクロノジェネシス。生産者のノーザンファームは、2015年ミッキークイーンから5連覇となった。

 「強いレースでしたね。この馬の持ち味がうまく生きた勝利でした」と同ファームの吉田勝己代表(70)。「馬体重の20キロ増は、成長分とみていいでしょう。しぶい血統で、よくここまでの子を出してくれました」と、ノームコアヴィクトリアマイルV、父ハービンジャー)との姉妹GI制覇に満面の笑みを浮かべた。

 オーナーの(有)サンデーレーシングは、12年ジェンティルドンナ以来の優勝。吉田俊介代表(45)は「いいポジションで競馬ができていました。フレッシュな状態でレースに臨めたのも良かったと思います」と晴れやかな表情だった。

 現在2歳の半妹クロトノーナ(父ルーラーシップ)は美浦・大和田成厩舎に入厩予定。1歳の牡馬(父モーリス)は、今年のセレクトセール1歳セリで金子真人オーナーが5200万円で競り落としている。当歳はおらず、母のおなかにはモーリスの子が受胎中だ。



★13日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【秋華賞】レースを終えて…関係者談話 2019年10月14日(月) 04:02

 ◆松山騎手(シャドウディーヴァ4着)「リズム重視で位置取りは気にせずにいこうと、先生(斎藤誠調教師)と話をしていました。道中は折り合いがついていたし、いい脚を使って力は見せてくれました」

 ◆福永騎手(ビーチサンバ5着)「スタートを五分に出たので主張して、リズムを重視していった。他との兼ね合いで少しペースが上がったぶん、ラスト200メートルで止まってしまった」

 ◆横山典騎手(ローズテソーロ6着)「惜しかった。レースとしては完璧でよく頑張っている」

 ◆浜中騎手(ブランノワール7着)「道中から内にモタれていました。どこか苦しいところがあったのかも。距離はマイルくらいがいいですね」

 ◆シュタルケ騎手(エスポワール9着)「もう少し前で運びたかったが、スタートが遅かった」

 ◆戸崎騎手(パッシングスルー10着)「外枠で外を回らされた」

 ◆武豊騎手(シェーングランツ11着)「しまいにかける競馬を。左回りの方がよさそう」

 ◆幸騎手(トゥーフラッシー12着)「もう少し前で競馬がしたかったですね」

 ◆M・デムーロ騎手(サトノダムゼル13着)「勝った前走と同じ馬場状態だと思ったけど、よくなかった。返し馬から走りが違っていた」

 ◆藤岡佑騎手(シングフォーユー14着)「外枠だったので、じっくりと構える競馬をしたのですが…」

 ◆ルメール騎手(コントラチェック15着)「逃げたかったけど、内の馬が行ってそんなにリラックスできなかった」

 ◆三浦騎手(フェアリーポルカ16着)「緩い馬場をこなせなかった」

 ◆藤岡康騎手(レッドアネモス17着)「タフな流れとタフな馬場で想像以上に早めに苦しくなりました」



★13日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【秋華賞】ビーチサンバは果敢に逃げるも5着まで 福永「ラスト200で止まってしまった」 2019年10月13日() 19:52

 10月13日の京都11Rで行われた第24回秋華賞(3歳オープン、GI、芝2000メートル、牝馬、17頭立て、1着賞金=1億円)は、北村友一騎手騎乗の4番人気クロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が好位追走から直線は馬場の中ほどを伸びてラストの1冠のタイトルをものにした。タイムは1分59秒9(稍重)。



 春の二冠では桜花賞5着、オークス15着と結果が出ていなかったビーチサンバは、先手を主張するコントラチェックとの逃げ争いを制してペースを握るも、最後の直線で粘り切れず5着に残すのが精一杯だった。



 福永祐一騎手「スタートを五分に出たので主張して、リズムを重視していった。他馬との兼ね合いで少しペースが上がったぶん、ラスト200メートルで止まってしまった」



★【秋華賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【秋華賞】ルメール騎乗のコントラチェックは15着惨敗 ルメール「逃げたかったけど…」 2019年10月13日() 19:49

 10月13日の京都11Rで行われた第24回秋華賞(3歳オープン、GI、芝2000メートル、牝馬、17頭立て、1着賞金=1億円)は、北村友一騎手騎乗の4番人気クロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が好位追走から直線は馬場の中ほどを伸びてラストの1冠のタイトルをものにした。タイムは1分59秒9(稍重)。



 春にフラワーCを制しており、C.ルメール騎手と3戦ぶりのコンビ再結成で挑んだコントラチェックは、好スタートを決めて先行策を試みるもビーチサンバに抵抗されて2番手に待機する形に。勝負どころの3、4コーナーで早くもルメール騎手の手綱が動くと、後続の追随に抵抗することができずズルズルと後退し、15着に惨敗した。



 C.ルメール騎手「逃げたかったけど、内の馬が行ってそんなにリラックスできなかった。ペースも速くて重い馬場で少し疲れていた」



★【秋華賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】秋華賞 こじはる、徳光さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2019年10月13日() 10:00


※当欄では秋華賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
ダノンファンタジー
クロノジェネシス
ビーチサンバ
コントラチェック
パッシングスルー

【徳光和夫】
3連単ボックス
ダノンファンタジー
ローズテソーロ
シャドウディーヴァ
シゲルピンクダイヤ
エスポワール
ワイド1頭軸流し
サトノダムゼル-①⑥⑦⑧⑩⑭⑰⑱

【DAIGO】
◎①ダノンファンタジー
ワイド1頭軸流し
①-⑤⑰

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧カレンブーケドール
○⑭シゲルピンクダイヤ
▲⑩シェーングランツ
△①ダノンファンタジー
△⑮コントラチェック
△⑰エスポワール
△⑱シングフォーユー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑧→①⑩⑭⑮⑰⑱

【杉本清】
◎⑧カレンブーケドール

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑬サトノダムゼル

【林修】
注目馬
エスポワール

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑤クロノジェネシス
馬連1頭軸流し
⑤-⑦⑰

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑧カレンブーケドール
○①ダノンファンタジー
▲⑪フェアリーポルカ
△⑤クロノジェネシス
△⑦ビーチサンバ
△⑯パッシングスルー

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎①ダノンファンタジー

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎①ダノンファンタジー

【東信二(元JRA騎手)】
◎①ダノンファンタジー

【カンニング竹山】
◎⑧カレンブーケドール
3連単フォーメーション
⑧→①⑬⑰→①⑤⑦⑪⑬⑮⑰

【やべきょうすけ】
◎①ダノンファンタジー
○⑯パッシングスルー
▲⑮コントラチェック
△⑤クロノジェネシス
△⑧カレンブーケドール
△⑨シャドウディーヴァ
△⑰エスポワール

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑪フェアリーポルカ
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑧カレンブーケドール
単勝

ワイド・馬連
⑧-⑮コントラチェック

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑬サトノダムゼル
○①ダノンファンタジー
▲⑤クロノジェネシス
△⑦ビーチサンバ
△⑭シゲルピンクダイヤ
△⑮コントラチェック
△⑰エスポワール

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑪フェアリーポルカ
○①ダノンファンタジー
▲⑧カレンブーケドール
△⑤クロノジェネシス
△⑦ビーチサンバ
△⑬サトノダムゼル
△⑰エスポワール

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑰エスポワール
○⑨シャドウディーヴァ
▲⑬サトノダムゼル
△①ダノンファンタジー
△⑤クロノジェネシス
△⑦ビーチサンバ
△⑯パッシングスルー
3連単フォーメーション
⑨⑬⑰→⑨⑬⑰→①③⑤⑦⑧⑩⑪⑭⑮⑯⑱
⑨⑬⑰→①③⑤⑦⑧⑩⑪⑭⑮⑯⑱→⑨⑬⑰
①③⑤⑦⑧⑩⑪⑭⑮⑯⑱→⑨⑬⑰→⑨⑬⑰

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑤クロノジェネシス
○⑰エスポワール
▲⑭シゲルピンクダイヤ
△①ダノンファンタジー
△②メイショウショウブ
△⑦ビーチサンバ
△⑧カレンブーケドール

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧カレンブーケドール
単勝

3連単フォーメーション
⑤⑦⑨⑩⑪⑬⑮→⑧→①③⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯⑰
⑤⑦⑨⑩⑪⑬⑮→①③⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯⑰→⑧

【ギャロップ林】
◎⑪フェアリーポルカ
馬連1頭軸流し
⑪-⑧⑰
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→①→⑧⑰

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑪フェアリーポルカ
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→⑦→①⑤⑧⑨⑩⑬⑭⑮⑯⑰

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑭シゲルピンクダイヤ
単勝

3連単フォーメーション
⑭①→⑭①→⑦
3連単1頭軸流しマルチ
⑭→①⑤⑦⑧⑪⑯

【浅越ゴエ】
◎⑪フェアリーポルカ
ワイド1頭軸流し
⑪-⑦⑭
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→⑦⑨⑭⑮⑯⑰

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑧カレンブーケドール
ワイド1頭軸流し
⑧-⑬⑭
3連複2頭軸流し
⑧-⑯-①③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰

【リリー(見取り図)】
◎⑤クロノジェネシス
3連複1頭軸流し
⑤-③④⑦⑭⑱

【船山陽司】
◎⑪フェアリーポルカ

【上村彩子】
◎⑦ビーチサンバ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑪フェアリーポルカ

【大島麻衣】
◎①ダノンファンタジー

【高見侑里】
◎⑤クロノジェネシス

【高田秋】
注目馬
ダノンファンタジー
ビーチサンバ
複勝
ブランノワール
3連複ボックス
ダノンファンタジー
ローズテソーロ
ビーチサンバ
カレンブーケドール
サトノダムゼル
シゲルピンクダイヤ
コントラチェック

【天童なこ】
◎⑪フェアリーポルカ
○①ダノンファンタジー
▲⑰エスポワール
△⑨シャドウディーヴァ
△⑦ビーチサンバ
△⑧カレンブーケドール
△⑬サトノダムゼル
△⑮コントラチェック
△⑯パッシングスルー

【目黒貴子】
◎⑤クロノジェネシス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ビーチサンバの関連コラム

閲覧 1,744ビュー コメント 0 ナイス 5

台風19号の影響を大いに受けた先週末の競馬。秋華賞が行われた京都競馬場も、開催こそ予定通り行われたものの雨の影響は避けられず、秋華賞と同じコースで行われた土曜3Rの芝2000m戦を勝ったパンサラッサの上がりは最速ながらなんと40秒3! この数字を見たときには日曜の秋華賞はどれほどタフな馬場になるのかと思ったものだが…。

日曜日は好天に恵まれた上に風も強かったせいか一気に馬場は回復、通常よりも少し時計が掛かる程度の馬場状態となった。レースは福永騎手のビーチサンバが意表を突く逃げの手に出て、コントラチェックが2番手。道中も緩むことはなく、持久力を問われる流れになった。直線、馬群を捌いて抜け出して来たのはオークス以来の久々だったクロノジェネシス。道中はスムーズに馬群の中で折り合うと、2着カレンブーケドールを2馬身突き放す完勝だった。桜花賞オークスはともに3着に敗れた雪辱を果たすとともに、北村友→津村→和田という、デムルメが参戦するG1にしては珍しい日本人騎手の上位独占となった。

クロノジェネシスカレンブーケドールは順調ならばともにエリザベス女王杯に参戦する可能性が高い。今回の2馬身差は一見すると決定的にも見えるかもしれないが、クロノジェネシスはピリピリしたところがあり、叩いての上積みがどこまであるかは微妙なところ。距離延長もどちらかといえばカレンブーケドールの方に分がありそうで、この2頭の勝負付けはまだ済んではいないだろう。無敗のオークスラヴズオンリーユー、そして月曜日に行われた府中牝馬S組も含めて、エリザベス女王杯での激突が楽しみになってきた。


~大雨で発生した極端な馬場傾向

さて、毎週競馬をやっていると年に数回、先週土曜の京都のように、大雨や雪など悪天候の影響を受けることがある。このような、いわば「特殊な状況下」での競馬は、しばしば極端な傾向が生まれる。そして、その傾向を掴むことができれば大きなチャンスが訪れる。

先週の土曜の京都もやはり極端な傾向が出ていた。ザックリまとめると、

芝=タフな馬場で外有利
ダート=逃げ&イン圧倒的有利

実際にデータを見ても、

芝1~4枠(0-2-4-18)
芝5~8枠(5-3-1-25)

ご覧の通り明らかに外が有利。ダートに目を転じても…

ダート逃げ(4-2-0-1)
ダート先行(3-4-5-15)
ダート差し・追込(0-1-2-52)

ご覧の通り、明らかに偏りが出ていた。

このような傾向は基本的に出始めがもっとも狙いどころである。なぜなら、レースを重ねるごとに騎手も、そして我々ファンも気づき始め、対応するようになるからだ。

騎手は馬場の内が悪いとみれば外に出すようになるし、ファンはやはりバイアスに応じて買うようになるから、オッズ的な旨味は薄くなっていく。逆に言えばいち早く気付くことができれば、そこには確実に儲けのチャンスが生まれるわけだ。悪天候となるとあまり馬券を買う気が起きないことも多いかもしれないが、特殊な状況下は特殊な傾向が生まれるので、むしろチャンスなのである。

あくまでも予報段階ではあるが、今週末も雨の予報が出ている。場合によっては先週同様に極端なバイアスが発生する可能性がある。悪天候の日はリアルタイムで馬場をチェックしていると、思わぬチャンスが訪れるかもしれない。


菊花賞神戸新聞杯敗戦組に注目!

今週末は牡馬クラシック最終戦、菊花賞が行われる。

今年はダービー馬ロジャーバローズ不在に加え、皐月賞馬にして神戸新聞杯を圧勝したサートゥルナーリア天皇賞(秋)路線、さらにセントライト記念を勝利したリオンリオンも回避となってしまった。クラシックとしてはかなり寂しい顔ぶれになってしまった印象だが、やはり主役はヴェロックスか。

ヴェロックスは2歳夏に小倉の新馬戦を圧勝すると、クラシックでも皐月賞で2着、ダービー3着と安定したレースぶりを見せている。折り合いもスムーズで距離への不安もなさそうなので、サートゥルナーリア以下、強敵が不在のココは是が非でもモノにしたいところだろう。

むしろ馬券的な興味はヴェロックス以外の馬たちの取捨だろう。人気を集めそうな武豊騎手のワールドプレミアやルメール騎手に乗り替わるニシノデイジーはもちろん怖いが、未知なる3000mが舞台となれば、伏兵台頭の余地もある。

その中で注目は神戸新聞杯敗戦馬とみている。セントライト記念よりも上位勢のメンバーレベルは高く、ココで負けて人気落ちとなる組が面白そうだ。

穴候補筆頭として考えているのはレッドジェニアル神戸新聞杯では3番手につける積極策を選択。折り合いもついており、何より本番へ向けて出していく競馬をできたのは収穫。京都外回りでは既に重賞勝ちの実績があり、本番でも侮れない存在になりそうだ。

同じく神戸新聞杯組で、5着に敗れたユニコーンライオンも侮れない。春はクラシックに出走することすらできなかったが、夏の北海道で連勝し頭角を現してきた。大型馬でジリっぽく、いかにも京都外回りが合いそうなタイプ。淀の長丁場ではたびたび好騎乗を見せてくれる岩田騎手の騎乗も心強く、タフな馬場も苦にしない強みがある。

仮にヴェロックス1強ムードでも、相手次第では波乱の可能性あり。それが今年の菊花賞だ。

菊花賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて無料公開の予定です。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年10月9日(水) 18:30 覆面ドクター・英
秋華賞・2019
閲覧 2,001ビュー コメント 0 ナイス 10

先々週のスプリンターズSは本命はバッチリでしたが、秋初戦を大幅馬体重増で逃げられずに凡走したモズスーパーフレアは数戦使わないと立ち直らないと踏んで消し、失敗。ただ、人気サイドでの決着だったので切り替えていきます。
日本馬3頭を消しにして(非国民と言われそうですが)、凱旋門賞はしっかり的中できましたし。

秋華賞はここ数年は堅く収まっているのですが、基本的にG1にしては紛れの多いレースだけに馬券的には楽しみ。
内回りだけに差しにくく、内枠先行が恵まれやすいので、馬券的には人気を背負っての差し損ねに期待(笑)
桜花賞グランアレグリアオークスラヴズオンリーユーともに不在で確固たる軸馬不在、という点も妙味期待をそそる一戦です。

それでは恒例の全頭診断へ


1番人気想定 ダノンファンタジー:暮れの阪神JFを勝利した2歳女王で、桜花賞オークスともに人気ほど走れなかったが、秋の始動戦はやや掛かり気味ながら終いずばっと差し切っての白星発進と、この相手なら人気でも仕方ないか。本質的にはマイル以下が乗りやすそうだが。実力上位は間違いない。ガツンと掛かって終了というのもありえるが。

2番人気想定 クロノジェネシスオークスは正直長いんじゃないかと思って見ていた(世間一般ではオークス向きと早い時期から言われていましたが)マイラー寄りの走りの馬。ここは人気になるが、小さい馬で成長力に疑問があって、差しにくい舞台設定でのこの脚質で、その上ぶっつけ本番での参戦。消しもありか。

3番人気想定 コントラチェック:デビューから4戦連続1番人気だったように人気先行の良血馬という印象だが、ルメール騎手が結局乗るようで、スイスイ逃げ切るというのもあり得る話ではある。ただ、オークス9着からのぶっつけ本番は決してプラスでないのでは?

4番人気想定 カレンブーケドールオークスでは12番人気2着と激走したが(ちょっとうまく行き過ぎたか)、秋始動戦の紫苑Sは人気に応えられずの3着。腕のあるジョッキーと言われ続けてきた津村騎手には頑張って欲しいが、関西だと(秋華賞は特に難しい)ちょっと力を出し切れないかも。

5番人気想定 ビーチサンバオークスでは距離的なこともあり惨敗したが、ローズSでは2着と巻き返してきた。ただ今回はそれなりに人気になりそうで、妙味は極めて薄い状況に。

6番人気想定 パッシングスルー:新馬勝ちの後はシンザン記念とフローラSで負けたが、夏に1勝クラスを福島で勝って、更に紫苑S(近年、同レースはレベルが上がってきている)も勝ち5戦3勝としての臨戦。ルーラーシップ産駒らしい成長曲線を見せていて、本番でも期待できる。

7番人気想定 エスポワール:5戦3勝のここまでで、3勝目を挙げた7月のシンガポールTC賞(2勝クラス)では古馬・牡馬相手に4馬身差の完勝。その後は、敢えてトライアルを使わなかったようで、調教の動きも絶好。ここにきての成長力を加味すると頂点まであるのでは。オルフェーヴル産駒は打率は低いがホームランもあり、ここも然り。かなり期待大。

8番人気想定 サトノダムゼル:鋭い末脚見せて3戦3勝だがいかにも相手が弱く、さほど妙味は生まれないか。良血馬らしく、まだ成長していくのだろうが、活躍はまだ先とみたい。

9番人気想定 シゲルピンクダイヤ:秋初戦はレース前からイレ込んで、末脚不発。気難しくなってきての距離延長は難しく、また末脚を生かすこのタイプはレース適性が高くない。

10番人気以下想定
シェーングランツ:昨秋は良血らしく、能力だけで未勝利勝ちの後にG3アルテミスSも勝ってしまったが、どんどん馬体重が減ってオークスは惨敗。そこからのぶっつけでの秋初戦では、苦しいだろうし、繁殖で期待の馬。

フェアリーポルカ:紫苑S2着からの参戦。2戦目でヴェロックスの勝った若駒Sを使われ3着(リオンリオンには先着)したように期待されつつ、ようやくルーラーシップ産駒らしく、ゆっくりめの成長が追いついてきた感じか。それなりに期待できる馬ではないだろうか。

ブランノワール:2勝クラスを3馬身差で完勝(しかも2連勝)してきての臨戦で、本格化をうかがわせる内容で、ここもヒモには面白いかもしれない。

レッドアネモス:新馬、500万下(サフラン賞)と連勝した馬だが、成長力がいまひとつなのか、春は白百合Sを勝ったもののラジオNIKKEI賞は13着と惨敗。特に期待できず。

シャドウディーヴァ:前走ローズSはハナに立って下げてその後も失速とさっぱりな内容だったが、オークスで6着したように(春はフラワーC、フローラSと重賞でも上位に来れていた)前走をノーカウントとすれば巻き返しあるかも。

メイショウショウブ:実績もマイルまでで、前走ローズSでも池添騎手が距離が長いとレース後にコメントしており、さらに距離延長となるここは大駆け期待できず。

コパカティ:牝馬限定2勝クラスで、ブランノワールに3馬身以上の完敗を喫しており期待薄。

シングフォーユー:春はスイートピーSでカレンブーケドールの2着がある馬だが、夏にようやく1勝クラスを勝っただけと成長力がいまひとつか。

ローズテソーロ:紫苑Sは10番人気6着どまりだがハーツクライ産駒らしく、ひと夏を越しての成長がみられ、キャリアの浅さから上積みもまだまだありそう。今回も激走があっておかしくない。

トゥーフラッシー:2勝クラスで掲示板に載れるかどうかという状態が続いており、ここでは荷が重い。


<まとめ>
有力:エスポワールダノンファンタジー

ヒモに:パッシングスルーコントラチェックカレンブーケドール

穴で:フェアリーポルカブランノワールローズテソーロ

[もっと見る]

2019年9月8日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月08日号】特選重賞データ分析編(167)~2019年ローズステークス~
閲覧 1,825ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 関西テレビ放送賞ローズステークス 2019年09月15日(日) 阪神芝1800m外


<ピックアップデータ>

【前走の馬体重別成績(2013年以降)】
○460kg未満 [6-5-5-53](複勝率23.2%)
×460kg以上 [0-1-1-29](複勝率6.5%)

 馬格は一般的に「あればあるほど良い」という性質のファクター。芝や長距離のレースを含め、馬格がない馬を狙うべきシチュエーションというのはほとんどありません。しかし、このローズステークスは、馬格のある馬が苦戦している珍しいレースのひとつ。今年も比較的小柄な馬に注目してみましょう。

主な「○」該当馬→ダノンファンタジーアルティマリガーレモアナアネラ
主な「×」該当馬→ウィクトーリアビーチサンバシャドウディーヴァ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1600~1800m、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[3-2-3-19](複勝率29.6%)
主な該当馬→ダノンファンタジービーチサンバ

[もっと見る]

2019年5月22日(水) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/18~5/19)新参者プロが日曜東京12R◎カラクプア(単勝59.8倍)からの3連単74万超のホームラン!
閲覧 1,046ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、19(日)に東京競馬場でG1オークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1オークスは、1番人気に単勝4.0倍でラヴズオンリーユー。以下、2番人気クロノジェネシス(単勝4.1倍)、3番人気コントラチェック(単勝5.1倍)、4番人気ダノンファンタジー(単勝6.4倍)と続き、5番人気シゲルピンクダイヤは単勝12.4倍。完全に、4頭横並びオッズとなってレースの時を迎えます。
最内枠からジョディーが好スタート、好ダッシュを決めて、すんなりとハナへ。2番手にコントラチェックが続くと、エールヴォアクロノジェネシスフェアリーポルカカレンブーケドールダノンファンタジービーチサンバシャドウディーヴァシゲルピンクダイヤラヴズオンリーユーノーワンメイショウショウブウインゼノビアウィクトーリアシェーングランツ、そこから離れてフィリアプーラアクアミラビリスの態勢で1コーナーへ。その後も2馬身ほどのリードをキープして、緩めることなく隊列を引っ張るジョディー。前半1000mの通過は59秒1(良)を計時し、向こう正面での追い風も手伝ってかここからもほぼ緩めずの牽引へ。この流れに、さすがに各馬思い思いといった立ち回りとなり、馬群縦長の状態で3~4コーナーへと向かう隊列。
2番手からコントラチェックが引っ張りきりの手応えでジョディーに並び掛け、その外を通ってはエールヴォアカレンブーケドールといったところ。インでは、クロノジェネシスも手応えよく進出を開始し、ほぼ差なくダノンファンタジーも好位馬群を追走。1番人気ラヴズオンリーユーは、中団後方馬群から追い出され、各馬4コーナーを回っていきます。
迎えた直線で、惰性をつけて一気に先頭に躍り出る10番人気カレンブーケドール。内にいた、コントラチェックもこれに応戦しますが、すぐさま脚が上がって残り400mでカレンブーケドールが堂々の単独先頭へ。内を突いたクロノジェネシスに、シャドウディーヴァダノンファンタジーは外と、抜け出したカレンブーケドールを中に置く形で追いますが、なかなかその差は詰まらず。むしろ、追撃を図った後続勢のほうが苦しくなったところへ、3分どころを通って伸びてくるオレンジ帽の一頭。1番人気のラヴズオンリーユーでした。鋭く伸びるというよりは、一完歩ごとにジワジワと迫るといった力強い伸びて、1頭、また1頭と交わして先頭を窺うラヴズオンリーユー。最後に立ちはだかった伏兵カレンブーケドールを、坂上で競り落とすとクビ差V。4連勝でオークス制覇を達成しています。クビ差2着カレンブーケドールから、2馬身半差の3着にはクロノジェネシスが入っています。
公認プロ予想家では、馬侑迦プロほか計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
18(土)の勝負レース京都1Rでいきなりの12万5,000円払戻しの好スタートを切ると、続く東京1Rでは◎▲○的中計16万9,600円払戻しをマーク!東京5R東京9Rでは◎ロザムール(単勝24.8倍)、◎ランペドゥーザ(単勝39.2倍)からの3連単を仕留めるなど的中を量産。19(日)にも、勝負レース東京5Rなどで活躍を披露すると、東京12Rではこの週の“集大成”的中ともいうべく◎カラクプア(単勝59.8倍)→○フリーフリッカーからの3連単74万2,020円馬券本線的中を鮮やかに決めました!週間トータルでは、いずれもトップの回収率216%、収支84万2,390円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
18(土)は京都1Rの◎ファビュラスギフト(単勝19.8倍)的中で好ダッシュを決めると、トイガー(単勝52.4倍)が勝利した東京6Rでは、◎▲○の3連複パーフェクト的中を含む計23万8,140円払戻しのスマッシュヒット。19(日)にも東京7Rの◎ウインスラーヴァ(単勝73.0倍)的中を筆頭に、東京6R新潟8Rと的中を積み重ね、土日オールプラスを達成。また、2週連続プラス収支で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
先週は、18(土)東京1Rでの24万6,000円払戻しのほか、19(日)京都10R新潟11Rなどで連日のプラスを達成!週間トータル回収率192%、収支27万6,750円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
先週は、18(土)東京2R東京4Rなどで穴馬◎を仕留める一方、19(日)には新潟10R、勝負レース東京12Rと人気どころをしっかりと狙い撃ち、週間トータルプラスを達成。回収率136%を記録しています。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(131%)、佐藤洋一郎プロ(118%)、KOMプロ(114%)、nigeプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、岡村信将プロ(105%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年5月17日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】シンプルなレースの復習方法/波乱含みのオークス展望
閲覧 1,564ビュー コメント 0 ナイス 4

ヴィクトリアマイルはレーン騎手騎乗のノームコアが制した。

「馬場は生き物」

という話を先週したばかりだが、雨&雹の影響で荒れ馬場&外差し優勢となったNHKマイルCの週から一転、先週は好天に恵まれた上にA→Bコース替わりとなり、インが優勢の決着となった。また、ノームコアはノーザンF生産馬で外国人騎手騎乗ということで、最近のG1におけるトレンド通りの結果でもあった。

なお、当方の◎クロコスミアは直線しぶとく伸びて3着。だが勝ち馬のノームコアを消してしまうという愚行を犯してしまい、馬券はワイドのみの的中という悲しき結末となった。やはり現代競馬は3頭をキッチリ当てないと大きな回収は叶わない。

また、先週の当コラムにて1枠2番が気掛かりと書いたレッドオルガは、やはり直線致命的な不利を受けてしまった。馬群をスムーズに捌けるタイプではないだけに、どうしても内枠の場合は今回のようなリスクと隣り合わせ。不利を完全に予測することはできないが、馬のタイプによって内枠はアドバンテージになることもあれば、不安材料になることもあるという典型的な例だった。


~時代が変わっても枠・馬場・展開の重要度は不変

さて、先週は気になる馬について触れたので、今週はまた趣向を変えて、気になるレースについて触れてみたい。競馬は予習…いわゆる予想がメインではあるが、それと同じくらい復習が大事なギャンブルでもある。出たとこ勝負で買っても当たるときは当たるが、やはり綿密な復習や過去の記憶が積み重なることで、より精度の高い予想をすることができるし、何よりその思考や積み重ねにこそ競馬の魅力があると私は考えている。

ちなみに、言葉は悪いが手っ取り早く過去のレースを今後の予想に生かすためには、

「極端な傾向が出たレース」

を振り返ることだ。もう少し具体的に言うと、例えば、極端にメンバーレベルが高い(or低い)レース、極端に展開や馬場によるバイアスが発生したレースだ。

先週は東京芝の高速化、新潟芝の荒れ馬場など各地で様々な傾向が出ていたが、個人的に注目したのは京都ダートの先行イン有利のバイアス。馬場傾向というとどうしても見た目でわかりやすい芝のレースを考えがちだが、ダートも同様にその日や週によって大きな偏りが発生しやすい。先週の京都ダートは明確にインが有利で、日曜のメイン栗東Sも先行した馬と内を突いた馬での決着だった。

その中で注目したいのは、土曜の10Rで行われた蹴上特別。勝ったサマーサプライズ以下、道中は前にいるかインにいた馬しか来られない一戦で、加えてメンバーレベルもそれなりに高かった。こういった極端な傾向が出たレースは記憶しておくことで今後大いに”使えるレース”となる。

結果的に人気を集めて敗れた3頭、ワンダーウマスランドジュピターオーケストラといった面々は、いずれも馬場状態に泣かされた。次走以降、通常通りの馬場状態ならば巻き返しが可能とみる。

ちなみに勝ったサマーサプライズは、前走先行馬には厳しい流れ&馬場での失速を経験しており、そこで差して来たのがランドジュピターだった。今回、この2頭の順番が逆転したのはある意味必然だったといえるだろう。

最近は外厩が大きなテーマとなり、短期免許の外国人騎手の存在なども予想を難しくしている。だが、時代は変わっても展開や枠、馬場などの重要度は変わらないということを再認識させられた。


~今年は桜花賞敗戦組の巻き返しが怖い

今週のメインは3歳牝馬によるクラシック、オークス桜花賞グランアレグリアがNHKマイルCに向かったため、アーモンドアイが一強状態だった昨年とは異なり混戦模様の一戦だ。

人気は桜花賞上位勢…となりそうだが、個人的に今年の桜花賞上位勢は危うい印象を持っている。ダノンファンタジークロノジェネシスといった面々はいずれも折り合い面に不安があるし、シゲルピンクダイヤも父ダイワメジャーという血統面、またレースぶりから距離延長が良いタイプには見えない。

そこで狙いとなるのは別路戦組。ただ、その期待を一身に受けそうなラヴズオンリーユーは人気もそれなりに集めそうで、さすがに穴というわけにはいかないか。過去の忘れな草賞からのオークス好走例を振り返ると、1998年のエリモエクセル、2011年のエリンコートは穴、2015年のミッキークイーンこそ3番人気だったが、今年のラヴズオンリーユーはもしかするとそれ以上の期待を集めそうで、もはや盲点の裏街道という感じではない。

ならば、非桜花賞組の中での最重要ステップとなるフローラSを制したウィクトーリアシャドウディーヴァといった面々はどうか。ウィクトーリアは控える競馬で結果を出し、シャドウディーヴァオークスに強いハーツクライ産駒といずれも買いどころはあるのだが、いかにもメンバーレベルが低かった印象は否めない。

そうなるとむしろ盲点になるのは桜花賞敗戦組ではないか。5着ビーチサンバ、7着エールヴォア、9着シェーングランツあたりはいずれも人気が落ちそうだが、過去にも桜花賞で勝ち負けには加われずともひとケタ着順くらいには来ていた馬が、オークスへ直行して巻き返しており、桜花賞上位勢に不安要素が満載な今年は逆転に期待してみたくなる。

奇しくも上記の3頭は昨年のアルテミスSでの1~3着馬。恐らく3頭とも6番人気以下に甘んじる立場だろうが、穴馬はこの中にいるような気がしている。現時点で最終結論を出すまでには至っていないが、来週のダービーはどちらかといえば堅そうなので、穴を狙うなら今週末だと考えている。

オークスの最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年5月16日(木) 13:05 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019オークス
閲覧 2,106ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。

5月19日(日) 東京11R 第80回優駿牝馬オークス)(3歳G1・牝馬・芝2400m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ダノンファンタジー(C)中5週
桜花賞の追い切りでは1週前、最終追い切りとかなり行きたがる面を見せていてレースでも同じような面が出てしまった。この中間は、これまでのように速い時計は出ておらず、同じ馬なりでもかなり遅い時計ばかり。今回は輸送もあるので前走以上に気を使っているような調教内容で、能力は一番ある馬だが調教で強く追えないところはマイナスになる。

クロノジェネシス(A)中5週
この中間も、これまでのような牧場で乗り込まれ、トレセンには1週前追い切りに間に合うように戻して、という調整。その1週前追い切りの動きを見ると、今回は前を離して追走する形に変えてきたことで、馬を押さえ込まないで気分よく走れていた。折り合いもしっかりついて、長距離戦を使う前の追い切りとしては、かなり良かったのではないかと思う。

ウィクトーリア(C)中3週
前走時のパドックではトモが寂しく、これ以上馬体を減らしたくない感じだった。この中間は間隔も詰っていて、先週の土曜日に軽く時計を出しただけでギリギリの状態。最終追い切りで、前走のような動きを披露してくれれば良いが。

シゲルピンクダイヤ(B)中5週
ここ2戦は2週前、1週前、最終追い切りと好時計が出ていた馬で、今回は2週前が軽めで1週前がいつも通りと、前走の疲れが取れるまで時間が掛かったのではないかと思う。1週前追い切りの動きを見ると、併せ馬で最後力強く伸びて先着していて、状態はだいぶ戻っている感じ。

ビーチサンバ(B)中5週
この中間もこの厩舎流の調教内容で、2週前、1週前とCWを長めから追われている。1週前の動きはやや重め感はあったが、終いしっかりと伸びて先着と、順調に調整されている印象。

カレンブーケドール(B)中2週
休み明けの前走時は乗り込み量も豊富で、最終追い切りの動きもクイーンC時よりもかなり良かった。この中間は、中2週となるため軽めの調整。最終追い切りで、馬なりでも動きが良く見せているようなら期待できそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
2月、3月、4月と月1ペースで使われていて、どのレースのパドックでものんびり歩いていて、どちらかというともう少し気合いがほしいいくらい。この中間も1週前に併せ馬で強めに追われて先着。動きを見ても疲れを感じさせない、良い動きに見えた。


<賞金上位馬>

ノーワン(B)中5週
フィリーズR、桜花賞とパドックではまだ体が緩く見える感じ。調教では、坂路を力強く駆け上がってくる馬で、今回の1週前追い切りでもなかなか良い動きを見せていた。間隔が空いているほうが良い馬で、桜花賞時の中2週よりも今回の中5週のほうが断然良い。

コントラチェック(D)中8週
これまでは併せ馬で本数を乗られてきて良い時計も出ていたが、この中間はフラワーCから中8週と日程に余裕がある割に内容が薄い。放牧に出しているので牧場で仕上げてきているとは思うが、1週前は重心が高い走りで動きが物足りなかった。

メイショウショウブ(B)中5週
桜花賞は除外でニュージーランドTへ出走して2着。NHKマイルCには向かわず、オークスに回ってきた。パドックでテンションが高くなることが多い馬だが、この中間もCWを長めから併せ馬で乗り込まれてきていて、順調に調整されてきている。

フィリアプーラ(C)中5週
乗り込み量は少ないが、牧場で乗り込まれているとは思う。1週前追い切りは、前走時からの良化が伝わってくる動きだった。

ラヴズオンリーユー(B)中5週
休み明けの前走時は、しっかり乗り込まれて時計も多く出しており、パドックでも太め感もなく仕上がりは良かった。この中間は2週前、1週前とCWを長めから追い切られていて、反動はなさそう。1週前追い切りでの動きも、持ったまま楽に先着と反応が良かった。パドックではいつものんびりしている感じで、気性的に関東への輸送も、距離が延びる点についても問題はなさそう。ただ、追い切りの動きから、反応が良過ぎる印象があり、長く良い脚を使うというよりは、一瞬の切れる脚を使うタイプのように個人的には感じた。

シェーングランツ(E)中5週
この中間は、間隔に余裕があるがこれまでと比べてもこの厩舎にしては乗り込み量がかなり少ない。1週前追い切りの動きに関しても、坂路でサーっと流す感じで2400mのレースを使うような雰囲気が感じられない。

アクアミラビリス(A)中5週
かなり小柄な馬なので間隔が空くのはこの馬には良い。1週前追い切りについても、前走時のようにビッシリ追われてのものではなく、持ったままでの好時計。今回の調整内容、動きのほうが前走時よりも良い印象。

エールヴォア(B)中5週
桜花賞時は間隔も詰っていて余裕のない調整だったが、今回は中5週でかなり入念に乗り込まれている。余裕のあるローテーションで、1週前追い切りをCWでの併せ馬で行えており、良い時の調整ができている点は好感。前走時とは違い、仕上がりはかなり良さそう。

ウインゼノビア(C)中3週
休み明けの前走時は+8kgも太め感はなく、仕上がりは悪くなかったと思う。この中間も松岡騎手が追い切りに騎乗しての調整が行われていて、調子落ちはなさそう。


<抽選対象馬(2/6)>

アイリスフィール(B)中5週
乗り込みは豊富で、1週前には石川騎手騎乗で追い切られて好時計が出ていて、仕上りは良さそう。

エアジーン(E)中3週
1週前の追い切りの動きを見ると、首が上がり気味で伸び脚は物足りない。

グラディーヴァ(D)中2週
前走休み明けも、マイナス体重で太め感はなくしっかり仕上がっていた。今回中2週で関東への輸送もあり、強めには追えない感じで前走以上の出来での出走はどうか。

ジョディー(C)中3週
1週前追い切りは、悪くない動きだが前走時の追い切りの動きと比べると、やや物足りない印象。

フェアリーポルカ(C)中3週
間隔が詰まっていて、再度の関東輸送もあるので控えめな内容。1週前追い切り時点での動きにも力強さがない。

メイショウアステカ(E)中3週
ダートで3戦してきた馬で、1週前追い切りを見てもゆったりした走りでスピード感がなく、いきなりの芝2400mのG1はかなり厳しそう。

  
◇今回はオークス編でした。
毎回このコラムで出走馬の調整内容をチェックしていて思うことは、大きなレースであれば特にたくさんの馬が目標のレースに向けてしっかり仕上げられているなあ、ということ。生き物が相手なので、なかなか思い通りにいかないことも多いとは思いますが、毎週のように有力馬を送り込んでくる厩舎などは、いい馬が預けられているとはいえそれ以上に技術と努力があるからこそ、当たり前のように出走させることができていると思います。
オークスの中間の調整内容を見ていても、調子の良さそうな馬が多く、今週もレベルの高い好レースが期待できそうです。

それでは次回、日本ダービー編でお会いしましょう。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ビーチサンバの口コミ


口コミ一覧
閲覧 169ビュー コメント 8 ナイス 95

~ナニワ競馬道~

駆け出しの灰原とベテランの桑田は、先週のGⅠレースで難題を言われたため、今週は行きつけの喫茶店 “ダバダ”に非難していた。その“ダバダ”に、新しい店員が入っていた。

桑田 「先週はばっちりやったから、今週もいこうかぁ」
新店員「いらっしゃいませ、ご注文は?」
灰原「桑田さぁーんいつもの(コーヒー)でいいですよねぇ」
桑田「きみは何を知っいるのかなぁ?ボクのいつものは、紅茶やけど」
灰原「はぁ?紅茶ですかぁ?、しかもボクってッ、どうしちやったんですかぁ?コーヒーと紅茶で」
新店員「はい」(少し微笑んで厨房へ)
灰原「おっかない顔したオジサンが、にやけて紅茶ですかあ、」
桑田「心が洗われるってヤツや、ええよなぁ~」
灰原「そんな簡単に汚れた心は洗えません、資料作りましたよ」

2019年12月8日(日)5回阪神4日目11R
阪神競馬場開設70周年記念 第71回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ
芝1600m 2歳OP (国際) 牝 (指定) 馬齢
本賞金:6,500万 2,600万 1,600万 980万 650万

2018年12月9日(日)5回阪神4日目11R
第70回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ
芝1600m 2歳OP (国際) 牝 (指定) 馬齢
本賞金:6,500万 2,600万 1,600万 980万 650万

2020年12月13日(日)6回阪神4日目11R
第72回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ
芝1600m 2歳OP (国際) 牝 (指定) 馬齢
本賞金:6,500万 2,600万 1,600万 980万 650万

今年は「阪神競馬場開設70周年記念」副題の付く競走で、来年副題が無く第6回阪神で開催される。
ちなみに2009年「阪神競馬場開設60周年記念」10RオリオンSだった。(1着2枠、2着3枠、3着5枠)
この阪神JFに副題が付けられるのは2回目で、前回は2006年でした

2006年12月3日(日)3回阪神2日目11R
「阪神競馬場芝外回りコース新設記念」第58回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ
勝ったのは、ウォッカでした。

この阪神JFは、2010年から現在の賞金になり、以降ずっと同じ規定でレースを続けてきた。
(2009年は1着馬アパパネ)

灰原「2010年から規定が一緒で、今年は副題が付いて変わるのかぁ、同じ歴史をやんないんだぁ」
桑田「灰原くん、その同じ歴史ちゅうのは、なんこっちゃわかるかね?」
灰原(スマホと競馬雑誌を見ながら)「いやー、、、えっーと」
桑田「ボクはやなぁ、もうすでにわかっているのだよ~これなんだけどねぇ」

【過去の阪神JF過去の前走】
2018年70回 1着馬ダノンファンタジー ファンタジーS 1着 3着馬ビーチサンバ アルテミスS2着
2017年69回 1着馬ラッキーライラック アルテミスS 1着
2016年68回 2着馬リスグラシュー   アルテミスS 1着
2015年67回 1着馬メジャーエンブレム アルテミスS 2着
2014年66回 2着馬レッツゴードンキ  アルテミスS 2着 3着馬ココロノアイ アルテミスS1着
2013年65回
2012年64回 1着馬ローブティサージュ ファンタジーS 2着
2011年63回 2着馬アイムユアーズ ファンタジーS 1着
2010年62回 2着馬ホエールキャプチャ ファンタジーS 3着

灰原「おー、前哨戦ですねぇ」
桑田「ずっとやなぁ、〇指定の前哨戦で馬券になった馬(3着内)が、脈々と来てるやろ」
灰原「でもー2013年だけ空欄ですけど、、、」
桑田「この年だけなぁ、おったのに馬券にならなかったんやー」

2013年第65回 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ
1着馬レッドリヴェール 札幌2歳S(国際)(特指) 1着
2着馬ハープスター 新潟2歳S(国際)(特指) 1着
3着馬フォーエバーモア サフラン賞500万(混合) 牝 (特指) 1着
5着マーブルカテドラル(アルテミスS1着) 8着モズハツコイ(ファンタジーS2着)

灰原「へぇー、副題なんてないですよねぇ」
桑田「平場の競走は、第○回はないけどやなぁ、重賞は回数を重ねてるやろう、特別戦でも回数はない」
灰原「たしかに」
桑田「複勝馬券の時でもいったけどやなぁ、重賞の馬券構成は、歴史の継承馬と変革馬で出来てると思う」
灰原「じゃ上の前哨戦○指定は、継承馬ってことですかぁ」
桑田「そんなとこやろうなぁ」
灰原「でも2013年は説明つきませんよねぇ」
桑田「それがなぁ、規定改正があったんや」

【2013年規定変更】
従来、夏季の2歳重賞競走(函館2歳ステークス・新潟2歳ステークス・札幌2歳ステークス・小倉2歳ステークス)は未勝利馬・未出走馬が出走できなかったが、本年(2013年)より「上級挑戦に意欲のある競走馬・陣営の出走機会を拡大する」観点からこの制限を撤廃したほか、3歳クラシック競走における外国調教馬の出走頭数も「出走可能頭数の2分の1(最大9頭)」に緩和した。

桑田「お上がよーやる手で、第1回から始まり、第10回が閉幕、第11回がゾロ目開催、そして第12回が開幕となる。この3年間は馬券的に非常に難しい年になることが多いんや、要するに10年毎に定期的に3年掛けて見直ししてるっちゅうことや」

灰原「2013年第65回阪神JFは、その年の夏、0勝馬でも夏の2歳重賞に出走可能を開始した年なんだぁ」
桑田「頭数が揃わない競走は、盛り上がらないしやなぁ、多分システム上、枠連発売しない8頭以下競走を作りたくないのが本音ちゃうか、だから夏の重賞勝ち2頭で決着しとるんや」
灰原「あーだから、夏とかに2歳単勝配当上乗せキャンペーンとかやってるんですかぁ」

桑田「話戻すと、今年副題がつくちゅうことは、いつもと違うことするわけや」
灰原「でいつもが前哨戦○指定1・2・3着だから、これは今回はなしってことになるのかぁ」
新店員「おまたせしましたぁ~」
桑田「わしのいつものが、着た着た♪」
灰原(いつもはコーヒーだろ、もしかして違いがわからないかも?)

桑田「この競走、こんな切り口で探そうかぁ~」
灰原「桑田さぁーん、僕のコーヒー飲んでるし、、」


つづく


※~ナニワ競馬道~は、登場人物や名称等は、フィクションです。
競馬予想は、主催者発行の競馬番組表と出走登録馬の戦歴を中心に記載しています。
一般的な予想とは異なりますが、作者独自の見解を「ホンマかぁ?」という視点で楽しんでいただけると幸いです。なお、馬券は自己責任でお願いします。

 馬券のAエース 2019年12月4日(水) 21:31
阪神JF≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 1,493ビュー コメント 0 ナイス 14

【阪神JF】阪神芝1600m

2006年に阪神が改修されてからは
上がり“1位~3位”の差し、追込みから2頭、
4角2~7番手の先行から1頭の組合せが多いレース☆///
昨年もデータ通りなので、今年も同じ消去法でまずは馬を絞っていきます♪

≪消去法≫※一度消した馬は省略
(その1)過去全馬に該当☆芝での連対率50%以上(ダートを外して考える)
【消し】×スウィートメリナ×ヒメサマ

(その2)前走-0.6秒以上離されて負けた馬または2ケタ着順【0-0-0-46】
【消し】×エレナアヴァンティ×オータムレッド×メデタシメデタシ×ルーチェデラヴィタ

(その3)前走1200m【0-0-0-21】
【消し】×ボンボヤージ

(その5)新馬戦組は1600m以上の経験が必要
【消し】×なし

(その6)中1週・連闘の馬【0-1-0-28】
【消し】×なし

(その7)過去12年で馬券内36頭中33頭が勝ち馬時に2着馬に
着差〔-0.1〕以上をつけた経験があった。
※重要※ 勝った距離が1400m以下の場合は〔-0.2秒〕の差が必要!
【消し】×なし

≪好走条件≫
☆近10年では30頭中22頭が前走上がり3Fを1位or2位
☆阪神が改修された後の過去13年で馬券内39頭中25頭が前走、前々走ともに
上り1位か2位の経緯。2走共クリアは
・ウーマンズハート・カワキタアジン・クラヴァシュドール・クリスティ・マルターズディオサ・リアアメリア

☆1800m距離の連対経験
・ヴィースバーデン・クリスティ・ジェラペッシュ

☆前走牡馬相手の勝利(新馬以外)
・ウーマンズハート

☆前走1600m以上(新馬・未勝利以外)で上がり最速
・ウーマンズハート・クラヴァシュドール・マルターズディオサ・リアアメリア

☆3戦以上で騎手の乗り替わりがない
・クリスティ・ジェラペッシュ

☆デビュー2戦目で「①人気1着」の馬が13年連続馬券内(うち12回で連対)
・ウーマンズハート・カワキタアジン・クリスティ・ジェラペッシュ・マルターズディオサ・リアアメリア

≪≪有力候補≫≫
【4つ該当】
☆ウーマンズハート
☆クリスティ
【3つ該当】
☆リアアメリア
☆マルターズディオサ
☆ジェラペッシュ
【2つ該当】
☆クラヴァシュドール
☆カワキタアジン

今年も【5つ】以上の該当ナシ
【5つ】ある馬が勝つ確率が高いレースなので、いれば信用と思ったのですが
少しは波乱要素もありかな!?
マイナス条件なく≪好走条件≫☆2つ以上が今年は7頭。
☆キャリア3戦以内
☆前走重賞連対
☆ノーザンF生産馬
全て満たしている馬は【4-2-1-2】
☆リアアメリカと名前は挙がらなかった☆レシステンシアが該当。
昨年もこれに該当のダノンファンタジー・ビーチサンバが☆数に関係なく2頭とも来ました。

【見解】
基本ココまではスローからの瞬発力勝負で勝ち上がってきた馬が集まる。
当然本番もスローペースならマイル戦を上がり最速で勝った経験のある馬、
ミドルペースなら1800m等の長めの距離で実績のある馬が有利な傾向。
今年は新馬戦でリアアメリアが上がり3Fのみで2位の馬に-1.8秒差、
ウーマンズハートが2位の馬に-1.3秒差と後半の脚では目立つものがある。
桜花賞と同じ舞台で枠順の影響はあまり受けず、現時点でのエンジンの違い・完成度が
率直にでるレースといって良いでしょう。近10年でもノーザンF生産馬が1頭しか出走のなかった
2014年以外はすべての年で最低1頭が馬券内。先週JRAの今季初GⅠを奪取した川田騎手が
2週連続のチャンス!?

[もっと見る]

 グラニースミス 2019年10月24日(木) 10:59
なんでたろう ~アルテミスステークス GⅢ~ 
閲覧 249ビュー コメント 3 ナイス 51

変わらない青と赤のジャージ姿で「なんでだろ~なんでだろ~」のテツandトモさんのふたり
やはり歌が上手いこととあの独特な動きで、誰もが一度聞いたら忘れない、動きをついつい真似してみたくなるのが、「なんでだろ~」の魔力だと思います。
2003年に流行後大賞受賞後も、各地で営業がたくさん入っている人気ものです。個人的には、共感できる歌詞で、誰も傷つけない彼らの人柄が受け入れられているのだと思います。

~第8回 アルテミスステークス GⅢ 芝・左 1600m 2歳オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢~

阪神JFの重要なステップレースなので(指定)戦で、世代初めての東の牝馬限定GⅢ競走です。
条件変更はありませんが、2014年第3回から継続して、4回東京8日目に実施されてきましたが、次年度は7日目に変更になります。

歴史の浅い重賞レースなので、8年間の馬券になった3着までの馬、全24頭を全てチェックしたところ、面白いことが分かりました。

2018年第7回 ①シェーングランツ 5R ②ビーチサンバ 5R ③エールヴォア 5R
2017年第6回 ①ラッキーライラック 5R ②サヤカチャン5R ③ラテュロス5R
2016年第5回 ①リスグラシュー 5R ②フローレスマジック5R ③フローレスマジック5R
2015年第4回 ①デンコウアンジュ 5R ②メジャーエンブレム5R ③クロコスミア5R
2014年第3回 ①ココロノアイ 5R ②レッツゴードンキ5R ③トーセンラーク5R
2013年第2回 ①マーブルカテドラル 5R ②パシフィックギャル5R ③ニシノミチシルベ5R
2012年第1回 ①コレクターアイテム 5R ②アユサン5R ③ウインプリメーラ5R
○中の数字は着順です。

なんでたろう、なんでたろう、ななななんでたろう
アルテミスの3着内は、新馬5Rデビューなんでたろう?(笑)
(着順は問わないようです)

ヴィースバーデンが回避して、萩S(L)に回りました。
また、完璧な傾向はありませんが、マイル戦ということも考慮したいですね
さらに、この先はGⅠですから、裏街道の特別指定のOP競走などに浮気をしていない、王道を歩む馬を探したいですと思います。

今のところ、リアアメリア 5R2歳新馬 [指定] 馬齢 阪神芝1600m戦1着に注目しています。
新馬戦は8馬身差の圧勝でしたから、人気になるでしょうね
本命、対抗、単穴、ヒモも全て新馬5Rデビューからでしょうか?

オムニプレゼンス(ゴドルフィン)新馬5R組です。菊花賞馬ワールドプレミアの従兄妹です。
どーするかなぁ?


しかし、本当にななな、なんでだろう?♪♪♪


では

[もっと見る]

⇒もっと見る

ビーチサンバの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ビーチサンバの写真

ビーチサンバの厩舎情報 VIP

2019年10月13日秋華賞 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ビーチサンバの取材メモ VIP

2019年10月13日 秋華賞 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。