ウインガナドル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ウインガナドル
ウインガナドル
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2014年2月28日生
調教師上原博之(美浦)
馬主株式会社 ウイン
生産者新冠橋本牧場
生産地新冠町
戦績11戦[2-1-3-5]
総賞金4,278万円
収得賞金825万円
英字表記Win Ganador
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
タイムフェアレディ
血統 ][ 産駒 ]
メジロマックイーン
トキファイター
兄弟 ピグマリオンアドマイヤツヨシ
前走 2018/02/18 小倉大賞典 G3
次走予定

ウインガナドルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/18 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1671416.1614** 牡4 54.0 津村明秀上原博之456(-4)1.47.5 1.435.9トリオンフ
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 181214.7716** 牡3 57.0 津村明秀上原博之460(+2)3.24.0 5.144.8キセキ
17/09/03 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 1781719.6104** 牡3 52.0 津村明秀上原博之458(+4)1.58.0 0.134.7タツゴウゲキ
17/07/02 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 126715.882** 牡3 53.0 津村明秀上原博之454(+2)1.46.6 0.035.4セダブリランテス
17/05/13 東京 9 夏木立賞 500万下 芝2000 10557.541** 牡3 56.0 田辺裕信上原博之452(+2)2.04.1 -0.034.9ナンヨープルートー
17/02/13 小倉 10 あすなろ賞 500万下 芝2000 12557.247** 牡3 56.0 丹内祐次上原博之450(-8)2.01.3 1.337.0⑤⑧モーヴサファイア
17/01/07 中山 9 寒竹賞 500万下 芝2000 9446.333** 牡3 56.0 津村明秀上原博之458(-4)2.02.0 0.535.8ホウオウパフューム
16/10/16 新潟 2 2歳未勝利 芝2000 128112.311** 牡2 55.0 津村明秀上原博之462(+4)2.02.1 -0.534.9エテレインミノル
16/09/18 中山 2 2歳未勝利 芝2000 1871510.433** 牡2 54.0 津村明秀上原博之458(+6)2.04.2 0.535.8アウトライアーズ
16/08/27 新潟 1 2歳未勝利 芝1800 188165.823** 牡2 54.0 津村明秀上原博之452(-4)1.49.7 0.634.3⑤④ジュンヴァリアス
16/08/07 新潟 5 2歳新馬 芝1800 1871323.274** 牡2 54.0 津村明秀上原博之456(--)1.50.2 0.234.7ランガディア

ウインガナドルの関連ニュース

 2週目に入っている18日の小倉競馬ではメインにハンデGIIIの小倉大賞典(芝1800メートル)が行われる。中京で行われた2010年も含め、過去10年で08年アサカディフィート(57.5キロ)、09年サンライズマックス、13年ヒットザターゲット(57キロ)、15年カレンブラックヒル(58キロ)と重いハンデの馬が優勝。連対馬で最も軽い馬でも54キロと、実績がある馬に有利なレース傾向になっている。



 1番人気は2.9倍のトリオンフ。6.0倍のダノンメジャー、7.0倍のダッシングブレイズなど5頭が10倍以内に入る混戦の様相を呈している。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 スズカデヴィアス    9.61- 2 ダノンメジャー     6.02- 3 サトノスティング   53.22- 4 ストレンジクォーク   8.33- 5 サトノアリシア    20.73- 6 ダッシングブレイズ   7.04- 7 ヒットザターゲット  25.44- 8 マサハヤドリーム   17.95- 9 ケイティープライド  85.25-10 タイセイサミット   30.56-11 ヤマカツライデン   21.16-12 クラリティスカイ   50.77-13 トリオンフ       2.97-14 ウインガナドル    13.48-15 ハッピーユニバンス  53.28-16 クインズミラーグロ  80.0



小倉大賞典の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【小倉大賞典】厩舎の話2018年2月16日(金) 12:01

 ◆ウインガナドル・小田厩務員 「しっかり乗り込んで仕上がり上々」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「力んで走る面があるので、ゆったり運んでもらう」

 ◆クラリティスカイ・磐井助手 「冬場に体調が上がるタイプらしく、動きもいいですよ」

 ◆ケイティープライド・角田師 「2週前に速い時計を出し、その後は態勢を整えた」

 ◆サトノアリシア・平田師 「状態に加え距離、コースも合っている」

 ◆サトノスティング・的場厩務員 「ハンデ差を生かしてどこまでやれるか楽しみ」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「ためればしまいは伸びる」

 ◆ストレンジクォーク・小島良助手 「緩みなく仕上がっている」

 ◆タイセイサミット・中谷助手 「休み明け3走目だが、動きは一番よかった」

 ◆ダッシングブレイズ・吉村師 「休養明けに小回り、ハンデと厳しい条件。頑張ってほしい」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「控える競馬もできてきた。直線平坦コースもいい」

 ◆トリオンフ・須貝師 「ここ2走は2着馬に差をつけているし、重賞でも期待」

 ◆ハッピーユニバンス・平田師 「発馬をうまくこなして、末脚を生かしてほしい」

 ◆ヒットザターゲット・加藤敬師 「いつも通りのいい動き」

 ◆マサハヤドリーム・今野師 「小倉の芝は合うし、距離はいい」

 ◆ヤマカツライデン・上村助手 「態勢は整いました。小倉の舞台も合うと思う」

小倉大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】レース展望 2018年2月13日(火) 22:41

 2週目に入る小倉競馬では日曜メインにハンデGIIIの小倉大賞典(18日、芝1800メートル)が行われる。ハンデの発表は14日だが、中京で行われた2010年も含め、過去10年で08年アサカディフィート(57.5キロ)、09年サンライズマックス、13年ヒットザターゲット(57キロ)、15年カレンブラックヒル(58キロ)と重いハンデの馬が優勝。連対馬で最も軽い馬でも54キロと、実績がある馬に有利なレース傾向になっている。

 今回のメンバーではダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡6歳)が中心になりそうだ。昨年のエプソムCで重賞初制覇。今回はそれ以来8カ月ぶりのレースだが、休み明けを苦にしないタイプで、6カ月半ぶりのレースだった昨年のオープン特別・洛陽Sを楽勝した実績がある。マイルの差し馬というイメージだったが、エプソムCは好位から早めに進出するレース内容。コーナー4つの競馬は初めてになるが、スムーズに対応できそうだ。

 スズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡7歳)は56キロのハンデだった4走前の福島記念ウインブライトのクビ差2着。小倉は未勝利戦勝ち以来だが、福島記念でも小回りに対応していたように問題ないだろう。連覇がかかった前走の白富士Sでは2着に敗れたとはいえ、上がり3ハロン33秒9の脚を使ったのだから、7歳でも衰えは感じられない。重賞初制覇の可能性は十分にある。今回は吉田隼人騎手とコンビを組む。

 昨年、57.5キロで3着だったのがクラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡6歳)。近況は不振でNHKマイルCを勝った頃の力は望みにくいが、GIIIなら上位争いをしても不思議ではない。

 ダノンメジャー(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)は昨年のこのレースは11着に終わっているが、同じ舞台で行われた夏の小倉日経オープンでは先行策から早めに先頭に立って楽勝。全6勝中、芝1800メートルでは5勝を挙げている。前走の京都金杯でも小差の4着だっただけに、ここでも差のない競馬が可能だろう。

 4歳馬も期待が大きい。連勝中で勢いがあるトリオンフ(栗東・須貝尚介厩舎、セン)は、小倉でも芝1800メートルで2戦して2、1着の好成績。前走は4馬身差の圧勝だったので、昇級といえども侮れない。ラジオNIKKEI賞2着があるウインガナドル(美浦・上原博之厩舎、牡)も先行力があり、スピードの生きる馬場で期待できる。

 また、中山金杯3着から挑むストレンジクォーク(美浦・小島太厩舎、牡6歳)、13年の覇者でここが引退レースになるヒットザターゲット(栗東・加藤敬二厩舎、牡10歳)、牝馬限定ながら重賞で何度も好走しているクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、6歳)の3頭は、いずれも今月いっぱいで定年を迎えるトレーナーの管理馬。究極の仕上げで臨むことは間違いなく、目が離せない存在だ。



小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】特別登録馬2018年2月13日(火) 17:30

[もっと見る]

【菊花賞】レースを終えて…関係者談話2017年10月23日(月) 05:03

 ◆柴田大騎手(マイネルヴンシュ4着) 「ハミを取らなかった。最後はしっかりした脚を使ってくれた」

 ◆武豊騎手(ダンビュライト5着) 「やりたいレースはできたが、最後は力尽きたね」

 ◆幸騎手(クリノヤマトノオー8着) 「4コーナーまではいい感じで、こんな馬場も合います。ただ、最後は脚を取られました」

 ◆田辺騎手(プラチナヴォイス9着) 「ゲートの中でガタガタした。気持ちのコントロールが今後の課題」

 ◆福永騎手(サトノクロニクル10着) 「最初のコーナーでノメった。返し馬の感じはよかったし、期待していたけどね」

 ◆川田騎手(サトノアーサー11着) 「こんなかわいそうな条件のなかで、目いっぱい3000メートルを走ってくれました」

 ◆柴田善騎手(ブレスジャーニー12着) 「息がもたなかった。3コーナーで苦しかったが、最後も離されずに来ていたし能力はある」

 ◆岩田騎手(ベストアプローチ13着) 「4コーナー手前まではよかったけど、追い出したらノメった」

 ◆松若騎手(スティッフェリオ14着) 「いい位置で競馬ができたけど、早々と手応えがなくなってしまった」

 ◆戸崎騎手(トリコロールブルー15着) 「馬場はこなせたけど距離が長い」

 ◆津村騎手(ウインガナドル16着) 「スタートは決まったが、外から来られてだいぶ(ハミを)かんでしまった」

 ◆池添騎手(アダムバローズ17着) 「先行できたけど、いっぱいになってしまいました」

 ◆四位騎手(マイスタイル18着) 「道悪でノメっていたね」



★22日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】うまやの話2017年10月22日() 05:03

〔1〕ブレスジャーニー・佐々木晶師「転厩してからは順調に調整できている。距離は未知だが、ある程度の融通は利きそう」

〔2〕ウインガナドル・上原博師「調整は順調。恐らく逃げると思うが、控えても競馬ができるし、いい枠を引けた。楽しみはある」

〔3〕スティッフェリオ・音無秀師「距離は少し微妙だが、体調は前回よりいい。出たなりの位置で脚をためて運びたい」

〔4〕クリンチャー宮本博師「確実に調子は上向いているし、持久力勝負に持ち込めれば。雨は歓迎」

〔5〕トリコロールブルー・友道康師「間隔をあけた方がいいタイプ。3歳馬同士なら引けは取らないと思う」

〔6〕マイネルヴンシュ・渡邉助手「早めに栗東入り。水曜あたりから落ち着きが出てきたし、今週も予定通りの調整ができた」

〔7〕アダムバローズ・角田晃師「良くなっている。ハナにはこだわっていない。気分良く運んでスタミナ勝負に持ち込めれば」

〔8〕サトノアーサー・兼武助手「上積みが見込める。できるだけいい馬場でやりたい」

〔9〕クリノヤマトノオー・高橋忠師「気性面が成長したし、折り合いはつくとみて挑戦。できるだけいい馬場でやりたい」

〔10〕ベストアプローチ・田代助手「状態は上向き。距離も問題ないと思う」

〔11〕サトノクロニクル・兼武助手「春から長距離向きと思っていた馬。上積みは十分に見込めるはず。坂の下りを利用できる京都もいいと思う」

〔12〕ミッキースワロー・菊沢徳師「3000メートルは走ってみないと分からないが、前走のように折り合えれば大丈夫だろう」

〔13〕キセキ・辻野助手「いい状態。距離はこなしてくれると思う。脚をためて末脚につなげられれば」

〔14〕ポポカテペトル・友道康師「スタミナがあり、3000メートルはいいと思うし、道悪もむしろプラス」

〔15〕ダンビュライト・音無秀師「叩いた上積みは見込めるし、距離も乗り方ひとつでこなせると思う」

〔16〕アルアイン・兼武助手「息遣いが良くなってきた。レースセンスのいい馬だし、よどみのない流れになれば理想的」

〔17〕プラチナヴォイス・鮫島一師「折り合えば距離はもちそうだし、道悪もこなせる。両側に着けるブリンカーの効果にも期待(前回までは右側だけ)」

〔18〕マイスタイル昆貢師「渋った馬場を他馬が苦にするようなら、有利になるのでは。落ち着きが出てきたし、気分良く運べれば」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインガナドルの関連コラム

閲覧 918ビュー コメント 0 ナイス 1



先週は、22(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1菊花賞は、土曜からの雨が台風接近に伴い時折強くなるなか、不良馬場でレースの時を迎えます。混沌とした上位人気オッズから、最終的に1番人気に推されたのはキセキで4.5倍。以下、アルアインミッキースワローダンビュライトまでが10倍未満で続き、単勝10倍台にも5頭横並び、以下18番人気までが単勝100倍未満の構成。
スタートはややバラつき、人気どころではキセキが後方からとなり1週目の3コーナーへ向かっていきます。ウインガナドルがスムーズにハナに。しかしこれを目がけて後方から大外を通ってマイスタイルも押し上げて行き、4コーナーを通過して入れ替わって先頭はマイスタイル。3番手にアダムバローズが続き、以下は一団でスティッフェリオベストアプローチトリコロールブルーダンビュライトサトノクロニクルアルアインミッキースワローポポカテペトルキセキクリノヤマトノオー、ここから馬群が途切れ途切れでクリンチャーサトノアーサーマイネルヴンシュブレスジャーニー、最後方に出遅れたプラチナヴォイスと続き、スタンド前を通過していきます。
水しぶきを跳ね上げ、まさに“田んぼ馬場”の中を、大半の馬が内を大きく開けての追走。向こう正面に向かうにつれ馬群は徐々に凝縮していき、2週目に突入します。人気馬の動きは、ミッキースワローが後方から進出を開始し、その直後にいたキセキもほぼ同じタイミングでの動き出し。一方のアルアインは終始この2頭を後ろに見る形で、3頭の中では最も前目の位置取りで引き続きのレース運び。その他の各馬も早めの動き出しを開始すると、3コーナーで早くも馬群は横に大きく広がって横一線の状況に。
手応え良く先頭に躍り出たダンビュライトの外から、こちらも力強い伸びでクリンチャーが並び掛け、この2頭が引き連れる形で最後の直線へ。直後の内にポポカテペトル、中アルアイン、外ミッキースワローで、さらに1列後ろから大外をまわしてはキセキの追撃。鞍上の激しいアクションに応えてクリンチャーがクビ差抜け出すと、内で食い下がるポポカテペトルダンビュライト、外から迫るミッキースワローキセキの態勢。アルアインはこの争いから脱落し、ゴールに近づくにつれダンビュライトミッキースワローも徐々に後退。クリンチャーポポカテペトルキセキの3頭の争いを、最後は外から1番人気キセキがねじ伏せるように差し切って優勝。クラシックラスト1冠を手中にしています。2馬身差の2着には10番人気クリンチャーが入り、ハナ差の3着には13番人気ポポカテペトルが入っています。
公認プロ予想家では山崎エリカプロシムーンプロマカロニスタンダーズプロ霧プロ夢月プロら5名が的中しています。 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
22(日)新潟2Rで、◎カクリョウ(単勝18.9倍)からの3連単を的中。1,000円分的中で払戻しは162万6,800円の大ホームランとなりました!週末のトータル回収率338%、収支114万6,800円プラスで、週間トップ成績をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
21(土)京都1Rを、○エスシーハンコック(単勝44.9倍)-◎ピッパ(単勝28.2倍)-▲ウインタイムリープ(単勝64.1倍)の驚異のパーフェクト予想で的中!3連複771倍を含め計11万790円払戻しのスマッシュヒットとなりました。他にも先週は、G3富士S(◎エアスピネル)、22(日)の新潟11R(◎パイメイメイ)、同G1菊花(◎ポポカテペトル)など、先週も好調予想を連発!4開催日連続のプラス達成とともに、トータル回収率127%の好成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
21(土)のG3富士Sで○◎馬連本線的中を披露すると、22(日)にはG1菊花を◎クリンチャーから的中!複勝&馬連計12万3,780円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。週末のトータルでは、回収率220%、収支10万8,080円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
21(土)東京9Rで◎コスモイグナーツ(単勝64.8倍)の予想を披露し、42万1,500円払戻しのビッグヒット!週末トータル回収率151%、収支21万8,210円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
21(土)京都4Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、計12万6,960円を払戻し。さらに、馬単2点勝負で臨んだ京都7Rでは◎○的中で13万5,000円払戻しを記録。22(日)にも京都9Rなどでの的中を披露した先週は、週末トータル回収率115%、収支11万円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(145%)、霧プロ(118%)、サラマッポプロ(111%)、エース2号プロ【予想マイレージクラブ限定】(111%)、馬券生活プロ(105%)、おかべプロ(104%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月22日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/菊花賞 G1(サラマッポプロ)
閲覧 1,724ビュー コメント 0 ナイス 1

 本日のメインはクラシック最後の一冠・菊花賞。淀の3000mを舞台に争われるこの大一番を予想してくれるのは、馬体と走法から競走馬の適性を的確に見抜く“神の相馬眼”を持つウマニティ公認プロ予想家のサラマッポさんです。全馬初距離となるレースは、適性予想が存分にその威力を発揮できる条件。馬見のスペシャリストの結論に注目しましょう。
全馬が初経験の距離かつ道悪必至の状況。スタミナと道悪適性が求められるタフなレースになりそう」と見立てたサラマッポさんが本命を打ったのは②ウインガナドル。「全身をうまく使った効率の良い走法で、3000mへの距離延長はプラスに働くはず。かきこむような走法ゆえに道悪適性も高い。内枠からロスなく運べそうなのも好都合」と推奨根拠を挙げてくれました。
 以下、相手は⑩、⑥、④の順。馬券は単複②、馬連・ワイド流し②→④⑥⑩で勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年10月19日(木) 16:00 km
【kmのG1データブレイカー 2nd season】~2017菊花賞~
閲覧 2,707ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさん、こんにちは。プロ予想家のkmです。
この秋もG1レース週(全6回)にコラムを担当させていただきます。よろしくお願いします。
今週は、牡馬クラシック最終戦『菊花賞』を分析します。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


G1データブレイカー 2nd season
菊花賞


過酷な距離・コース設定で、『最も強い馬が勝つ』と言われる菊花賞
今年はダービーで馬券に絡んだ馬が不在で、久しぶりに長距離適性がカギになりそうです。

2016年菊花賞
1着 サトノダイヤモンド
主なデータブレイク項目
→前走馬体重500-519kg【0.2.1.9】
→父ディープインパクト【0.2.1.16】
→母父ノーザンダンサー系【0.4.2.20】

昨年は、3項目該当したサトノダイヤモンドが、見事にデータブレイクを果たしています。データブレイカー恐るべし…。
それでは、今年の菊花賞馬を探す旅に出ましょう。

・前走4着以下【0.0.2.40】
・前走(敗退)着差0.1秒以上【0.4.2.54】


アダムバローズ→前走10着1.8秒差
アルアイン→前走2着0.3秒差
ウインガナドル→前走4着0.1秒差
キセキ→前走2着0.3秒差
クリンチャー→前走9着1.1秒差
サトノアーサー→前走3着0.5秒差
サトノクロニクル→前走3着0.5秒差
ダンビュライト→前走4着0.6秒差
プラチナヴォイス→前走5着0.8秒差
ベストアプローチ→前走6着0.8秒差
マイスタイル→前走7着0.8秒差

『最も強い馬が勝つ』菊花賞らしい項目ですね。
長距離と言えば、気性面が重要視されます。他馬との力比べは前走で済ませて、本番は自分との戦いに専念する―これが、本命馬の流儀です。
ただし、今年の菊花賞は大混戦です。ダービー馬レイデオロが古馬路線に転じ、重賞2勝馬ブレスジャーニーは約1年ぶりの実戦、上がり馬ミッキースワローには距離不安が残ります。確固たる本命馬は存在しません。
この条件をクリアしたのも、ブレスジャーニーミッキースワローを除けば、条件クラスを勝ち上がった馬だけです。
皐月賞アルアインや、神戸新聞杯レイデオロに肉薄したキセキ、京都外回りに滅法強い池江泰寿厩舎のサトノ勢2騎とダンビュライトらが、虎視眈々と王座を狙います。否、王座を獲ります!

・前走ラスト3ハロン3-10位【0.1.2.41】

[もっと見る]

2017年10月18日(水) 11:00 覆面ドクター・英
菊花賞・2017
閲覧 5,495ビュー コメント 0 ナイス 14



秋華賞は、なんだかんだであまり荒れず。ハービンジャー産駒の1着、3着だったように重馬場が大きく影響したようです。菊花賞も、週間天気予報でも木曜日くらいまでは降りそうで、パンパンの良馬場で京都らしい高速決着、とは今年はならなそうです。
ダービー馬で神戸新聞杯も完勝したレイデオロは、菊花賞に向かわずJCに直行で不在。ダービー1番人気だったアドミラブルは故障で戦線離脱、ダービー2着だったスワーヴリチャードは左回りを求めてかアルゼンチン共和国杯からの始動、皐月賞2着だったペルシアンナイトもマイル路線ということで富士Sから……。適性重視といえば聞こえはいいのですが、昔みたいにどう考えても短距離向きでも、同世代同士なら能力でカバーできる、と出られる賞金あれば出走してきてのガチンコ勝負が懐かしいし楽しかったなあ、と思うのは年をとった証拠でしょうか(笑)

<優先出走馬(5頭)>
いきなりですが、今年はこの5頭の馬券でいいんじゃないでしょうか。前哨戦好走はかなり有利。ぶっつけ本番の大物や新星は特におらず、この中での序列よく考えるのが的中の近道では。

ミッキースワローセントライト記念の勝ち馬で、アルアインを一瞬で置き去りにした末脚は鋭く、まだ余裕あったゴール前からもこの秋になっての上昇が著しい。父トーセンホマレボシはダービー3着で引退となり現役時代の実績は地味だが能力は高かったし、母母ツィンクルブライドとスケール負けしない。調教良ければ本命まである。

アルアイン:なぜか世間的にはマイラー寄りの評価だが、ダービーでもそれなり、セントライト記念でも直線一旦先頭で2着と世代で能力上位の皐月賞馬。3000mに距離が延び、特に有利ではもちろんないが、かかるタイプでもなく、無難にこなせておかしくない。

サトノクロニクル:デビューから6戦連続1番人気だったのが初めて1番人気でなくなったセントライト記念だったが、直線つまりながらも3着で、人気先行型だった馬がようやく実力も追いついてきた感じ。

キセキ:春は毎日杯3着までで一線級には力及ばなかったが夏からルーラーシップ産駒らしい成長見せ、神戸新聞杯でも最後にすごい脚で追い込んできて2着した。ただ、父同様エンジンかかるまで時間かかるタイプで、引き続きM・デムーロ騎手なのは良いが踏み遅れての不発の可能性が高いタイプ。

サトノアーサー:デビューから2連勝して高い能力を見せたが、3戦目きさらぎ賞で1.4倍の人気で2着、4戦目の毎日杯でも1.2倍のすごい人気で2着に負けて多くのファンにがっかりされ、ダービーも5番人気で10着と結果を残せず。14kg増で秋の始動戦は3着ではあったが、初めてといっていいくらいレースの流れにスムーズに乗れており、本番での激走を予感させる好内容だった。

<賞金上位馬>
ブレスジャーニー:昨秋は2歳重賞を連勝して主役だったのだがさすがに休養が長く、完成早かったタイプで真の大物だとは思えない。

アダムバローズ:若駒Sと若葉Sを連勝して臨んだ皐月賞は逃げバテ惨敗、骨折までして神戸新聞杯逃げバテ10着と立て直しは時間がかかりそうで……。

マイスタイル:ダービーで、どスローの逃げで4着に粘って、今回出走メンバーではダービー再先着なのだが、神戸新聞杯で先行して7着とトップクラスにはちょっと足りない感じ。

ウインガナドルステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合だが大物感はあまり無い。

クリノヤマトノオー:前走は豪快な末脚での差し切り勝ちを見せ、春は白百合Sでサトノクロニクルに差されたが秋2連勝と上昇してきた。ただキレるだけに、あまり距離長いのはそう良くないかも。

トリコロールブルー:春はいまひとつ勝ち切れなかったし、昨年7月デビューの割には6戦のキャリアしか無く、9月に+32kgで出てきた札幌の1000万下を勝利。パワーアップしてきたのだろうが、一線級に追いつくのはもう少し先か。

ベストアプローチ青葉賞2着の後が2戦物足りない内容。

ポポカテペトルマウントロブソンの下で中距離の方が良さそうだし、良くなるのももう少し先か。

マイネルヴンシュ:ここ4戦3勝で、隠れステイヤー活躍の九十九里特別を勝ってきたが、今年はレベルいまひとつだった感あり。

クリンチャー:すみれS勝ちの後は逃げれなかったダービーで批判されたりもあったが、セントライト記念がパッとしなかったようにこの後はダートへ転向がよいか。凱旋門賞とかヨーロッパの競馬向きそうだが(笑)

プラチナヴォイス:昨秋は未勝利、萩Sと連勝したが気性難で大成せず。去勢やダートへの路線転向がよいか。

ダンビュライト皐月賞で3着に入るも、セントライト記念は完敗の4着。トップとは差が少しあるか。

<抽選対象馬(7分の1)>
アドマイヤウイナー青葉賞で3着に入ったワークフォースらしくスピードが足りないステイヤー。先々はステイヤーズSや万葉Sあたりで活躍か。

アルムチャレンジ:ダート実績しか無く厳しい。

サンデームーティエ:未勝利、500万下と連勝して臨んだセントライト記念で逃げて6着と上位陣とはまだ実力差がある印象。

スティッフェリオセントライト記念で4着には入ったが、1000万下でも勝てなかったように力が落ちる。

ダノンディスタンス京都新聞杯3着で秋の成長を楽しみにしていたが、兵庫特別(1000万下)で1番人気5着とちょっとがっかりな結果で期待薄。

チャロネグロ:金子さんの勝負服で強そうに見えるのだが、1000万下で2戦連続人気で3着と物足りない現状。

メイショウテンシャ:母メイショウベルーガは、日経新春杯京都大賞典を勝った女傑だったが、息子は父ディープインパクトでイマイチで……。


<まとめ>
トライアル好走の5頭が優位で、調教を見て序列つけての比較的人気サイド少点数勝負の予定。

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/2~9/3)今週は佐藤洋一郎プロ!土日収支108万プラスをマーク!
閲覧 812ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳Sが、3(日)に小倉競馬場でG3小倉2歳S、新潟競馬場でG3新潟記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳Sは、外枠から押して出していきハナを奪ったサージュミノルに4コーナーでマツカゼが並び掛け、さらに外からファストアプローチも迫る展開で直線へ。抜け出したファストアプローチの直後からは、1番人気のロックディスタウンが伸びて2頭の叩き合いに。さらに後方からは石川倭騎手の右ムチに応えてダブルシャープも伸びを見せますが、2着争いまで。ゴール直前、ルメール騎手のゲキに応えてファストアプローチとの叩き合いを制したロックディスタウンがクビ差抜け出してレースを制しています。2着には4番人気ファストアプローチが入り、そこからアタマ差の3着には7番人気ダブルシャープが入っています。 
公認プロ予想家ではサウスプロスガダイプロサラマッポプロほか計9名が的中しています。
 
G3小倉2歳Sは、1番人気に推されたモズスーパーフレアを先頭に直線へ。内外に広がった中から、3番人気のアサクサゲンキが外を通って伸びて迫ると、直線半ばで単独先頭に躍り出ます。後方からはアイアンクローバーニングペスカペイシャルアスらも伸びてきてゴール前で2番手争いは横一線となりますが、先んじて抜け出していたアサクサゲンキのリードは依然十分。結局、1馬身1/4差をつけて悠々駆け抜けたアサクサゲンキが重賞Vを飾っています。2着には5番人気アイアンクローが入り、そこからクビ差の3着には7番人気バーニングペスカが入っています。
 公認プロ予想家では、山崎エリカプロほか計6名が的中しています。
 
G3新潟記念は、ウインガナドルが逃げて先頭で直線を迎えると、すぐさま2番手からタツゴウゲキが並び掛けそのまま先頭へ。馬場の真ん中を駆け抜けるタツゴウゲキに対し、内で粘りを見せるウインガナドル、さらには後続からはアストラエンブレムマイネルフロストロイカバードハッピーモーメントあたりも迫ります。なかなかタツゴウゲキと後続の差が詰まらないまま残り100mを切ると、ワンテンポ遅れてエンジン点火のカフジプリンスも上位争いに加わり最後の攻防となりますが、クビ差リードを保ったまま6番人気タツゴウゲキが振り切って優勝。連勝でサマー2000シリーズ王者に輝いています。2着には1番人気アストラエンブレムが入り、そこからハナ差の3着には12番人気カフジプリンスが入っています。
 公認プロ予想家では、スガダイプロきいいろプロくりーくプロ西野圭吾プロら計7名が的中しています。
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
2(土)新潟8Rで◎ウインミストレス(単勝35.3倍)からの3連複857倍的中し42万8750円の払戻しを記録!3(日)にも札幌10Rで19万350円のスマッシュヒットを披露すると、札幌12Rで◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)○キチロクステージ(単勝18.6倍)の本線からの3連単21万2180円馬券500円分の的中で106万900円払戻しをマーク!。週末トータル回収率267%、収支108万9250円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
2(土)を小倉6R小倉12Rなどのスマッシュヒットでプラス収支で終えると、3(日)は札幌2Rの20万オーバー払戻しなどで連日プラスを達成!土日トータル回収率109%をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
2(土)は札幌12Rの◎ミスズダンディー(単勝53.4倍)などで好調予想を披露。3(日)は小倉10Rで3連単2,062倍を的中するなどの活躍を見せました!週末トータル回収率100%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
2(土)新潟9Rの◎サンシロウ(単勝28.6倍)、3(日)札幌12Rの◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)などで穴馬好走をズバリと仕留め、土日トータル回収率126%(両日プラス)をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
2(土)は札幌1R札幌2R新潟3Rと序盤で好調予想を連発すると、3(日)もG3 新潟記念での的中など安定した的中率をマークし土日プラスを記録。週末トータル回収率130%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
2(土)小倉7Rでの的中など高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率128%を達成しています。
 
 
この他にも、西野圭吾プロ(108%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年7月5日(水) 15:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/1~7/2)山崎エリカプロがラジオNIKKEI賞的中など回収率221%でトップ!
閲覧 1,119ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG3CBC賞、福島競馬場でG3ラジオNIKKEI賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
良馬場発表でレースの時を迎えたG3CBC賞は、レース前に降り出した本降りの雨に見舞われるなか18頭がスタート。出ムチを入れてアクティブミノルが先手必勝の構えを見せると、セカンドテーブルが2番手へ。ここにメイソンジュニアオウノミチオメガヴェンデッタといったところが競りかけていき馬群は早くも3角に入っていきます。人気のメラグラーナシャイニングレイあたりはいずれも後方4~5番手の追走。縦長の隊列を保ったまま直線に入り、内ラチ沿いを逃げるアクティブミノルのリードは2馬身ほど。2番手セカンドテーブルの態勢も変わらずで、後続勢の伸びはいま一つに映ります。坂を駆け上がって人気薄のセカンドテーブルが先頭に立ち大勢決したかに思えたところへ、徐々に進路を内に切り替えて迫ったのがスプリント重賞初挑戦で2番人気の支持を集めたシャイニングレイでした。1完歩ごとに迫るシャイニングレイと粘り込みを図るセカンドテーブルが鼻面を併せた状態でゴールとなりますが、完全に勢い優勢の外シャイニングレイがこれを制してV。14年ホープフルS以来の重賞2勝目を挙げています。ハナ差2着の13番人気セカンドテーブルから1馬身3/4馬身差の3着には逃げ粘った8番人気アクティブミノルが入っています。
 
公認プロ予想家ではエース1号プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ岡村信将プロ河内一秀プロスガダイプロサラマッポプロ他計12名が的中しています。
 
G3ラジオNIKKEI賞は、ウインガナドルニシノアップルパイが先手を主張。3番手に人気の一角セダブリランテス、その直後にこちらも人気のサトノクロニクルらが続く形となって1角を回ります。3番手以下が徐々に密集し、変わらずポツンと最後方にロードリベラルとなって進む隊列は、前半1000mを59秒5(参考)のラップで通過。3角を回って外から手応えよく2番人気セダブリランテスが迫り、一方1番人気サトノクロニクルは馬込みで手応え劣勢の様子。最後方からは大外を回してグイグイとロードリベラルが進出を開始します。直線を向いても依然先頭のウインガナドルに、セダブリランテスが並び掛け、2頭による叩き合いがしばらく続きますが最後は外セダブリランテスに軍配。クビ差退け3連勝で重賞初制覇を飾っています。2着8番人気ウインガナドルからクビ差の3着には、長く脚を使って直線で上位2頭に迫った9番人気ロードリベラルが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロサラマッポプロ導師嵐山プロ河内一秀プロら4名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
1(土)は中京11Rでの▲◎的中などで活躍を見せると、2(日)はラジオNIKKEI賞での◎△的中で9万1600円を払い戻し。週末トータルでは、的中率44%・回収率221%・収支10万9150円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →エース1号プロ
先週は、2(日)中京8Rでの◎×▲的中(馬連146倍など計13万4840円払戻しのスマッシュヒット!)や、CBCでの◎▲的中(3複895倍的中含め計25万1080円払戻しのビッグヒット!)といった高額払戻しをマーク!土日2日間計、回収率132%・収支16万6680円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
2(日)はCBC(◎アクティブミノル)、ラジオNIKKEI賞(◎セダブリランテス)の重賞W的中を含む5戦4勝の安定感を披露!週末トータル的中率55%・回収率179%をマークしています
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
1(土)函館3Rで◎○△的中を披露し、単勝&3単&3複計10万7050円払い戻しのスマッシュヒットをマーク。他にも先週は、日曜メイン3連勝(巴賞CBCラジオNIKKEI賞)を含め、高精度予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率147%・収支19万9470円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
1(土)の函館2Rで、▲ダンツブロケード(単勝86.6倍)の単勝的中で43万3000円払い戻しのスマッシュヒットをマーク!週末トータル回収率104%達成しています。
 
  
この他にも【U指数】馬単マスター(173%)、【U指数】3連単プリンス(135%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】(127%)、ろいすプロ(104%)、ナイツHIT商品会議室ロボ(103%)、岡村信将プロ(103%)、マカロニスタンダーズプロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

ウインガナドルの口コミ


口コミ一覧

小倉大賞典回顧

 モズ@ 2018年2月18日() 16:27

閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 6



12.3 - 11.3 - 11.6 - 11.9 - 12.4 - 12.1 - 11.7 - 11.3 - 11.5


中弛みの加速勝負で小倉1800感はゼロ。



1着トリオンフ

勝負所を待って加速勝負に持ち込めているので、
近2走と似たようなレースで展開としては絶好。

G2クラスに上がるとキレ負けしそうだけど、
G3の中弛み展開なら安定して強そう。



2着クインズミラーグロ

勝負所で進路が綺麗に空く展開。

ただ、この流れで好走できるなら
前走はもう少し何とかしてほしかったし、
正直完全に終わってしまった馬だと思ったが、
結局は中京コースの結果は信用するなということか。



3着スズカデヴィアス

先団が待ってくれたおかげで
何とか差し込めたような感じ。

基本的には2000のほうが良いと思う。



4着ダッシングブレイズ

再加速が利くタイプではないので、
3~4角をスムーズに運べないと脆い。

休み明けでも問題なく走れたが、
今日は展開が合わなかった。





基本的に勝負所は流れるレースだが、

中弛み逃げがメインのウインガナドルがいたし、
例年通りにはいかないことを
予想にしっかり組み込まなければいけなかった。

 ちびざる 2018年2月18日() 15:07
【GⅢ】小倉大賞典の予想
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 1

◎:⑬トリオンフ
〇:②ダノンメジャー
▲:①スズカデヴィアス
△:⑭ウインガナドル
×:⑧マサハヤドリーム
×:⑤サトノアリシア


【買い目】
馬連フォーメーション
⑬②→①⑭⑧⑤

個人的には⑬トリオンフの走りに注目しています。
まだ条件馬の身ですが、能力はありそうです。
勢いで突破を期待したいですね。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2018年2月18日() 10:42
本日の見所(フェブラリーSなど)
閲覧 355ビュー コメント 0 ナイス 13

2018年 小倉記念、フェブラリーS
________________

●小倉大賞典

小倉大賞典が行われる小倉芝1800mは、スタートしてすぐに最初の1コーナーを迎えるために、内枠が有利なコース。この傾向は馬場が高速化するほど顕著。また、2コーナーまでに坂を上って行くコースなので、他場の芝2000mコースよりも逃げ、先行馬ががんばれます。

このため、過去10年で2010年のオースミパーク、2012年のエーシンジーライン、2014年のラストインパクト、2015年のカレンブラックヒル、そして昨年のマルターズアポジ―と逃げ切り勝ちが5度も決まっています。(2015年は道悪。カレンブラックヒルは、外から切り込んでくる逃げ馬に一度ハナを譲って、2コーナーを過ぎてハナを奪う形)

今年は、逃げなければ持ち味が生きないウインガナドルが外枠に入り、ヤマカツライデンやクラリティスカイがそれに抵抗して行く形。内枠から最初のコーナーをロスなく立ち回りたいダノンメジャーもある程度、出して行くでしょう。それゆえに例年よりもペースが上がる可能性大。おそらくハイペースと見ています。

しかし、小倉は例年のこの時期と比べると高速馬場。昨日、土曜日は雨の影響もあって、代替え開催の先週と比べると時計が掛かっていましたが、馬場回復化ならば昨日よりも前が残りやすい状況になるはず。直線一気を決めるのも簡単なことでもないでしょう。

つまり、先行争いに加わっていく馬たちは狙いたくないものの、強くもない追い込み馬を本命にもしたくない一戦。よって、今回は、標準馬場の速めの流れを得意とする馬を本命馬とします。


●フェブラリーS

昨年、世界が相手のドバイワールドC、それもアロゲートやガードランナーなど、例年よりもハイレベルな米国勢を相手に5着に激走したアウォーディが、その後はすっかり不振。ドバイワールドCでのアウォーディの走りを指数化すれば、クロフネやスマートファルコンの全盛期のレベルはあると見ているのですが…。本当に強い馬と対戦させて、リミッタ―を振り切るほど走ってしまうことの怖さを思い知らされている現状です。いつか復活して欲しいですが、G1レースで善戦止まりの現状を考えると、今回はあくまでも相手候補の1頭と考えるのが順当。

また、アウォーディがスランプ期の間に、新興勢力のテイエムジンソクが浮上。しかし、この馬はこれまで芝スタートコースを未経験。テイエムジンソクは、ダートでの二の脚で前に行って横綱競馬で押し切ることがウリの馬。芝スタートが未経験だと、レースぶりが良く似ている2011年のこのレースに挑戦したフリオーソのように出遅れるリスクがあるし、また、レースぶりからもフリーオーソ同様にステイヤー色が強く、マイル適性への不安もあります。

2011年のフリオーソは、指数的に見ても、テイエムジンソクよりも強かったために、出遅れ覚悟の本命◎にしましたが、テイエムジンソクは、どうなのか? もちろん、芝スタートだからこそこれまで以上に、スイスイ加速して行く可能性もありますが、十中八割は出遅れ、もしくは出脚が悪くなることが多く、確率論で言えば悪いほうに出る可能性が高いのも事実。

さらに内枠に逃げ、先行馬が揃った中での10番枠と、最悪な枠順引いたようにも感じます。前に行き切ることが出来ず、後方には人気の有力馬が控えているため、動くタイミングひとつが結果を左右します。持久力のある馬だけに、どういう競馬でも善戦してくるでしょうが、全幅の信頼を置けるだけの材料がない気がします。

では、昨年のこのレースの覇者であり、12月のチャレンジCをも制したゴールドドリームはどうかというと、チャレンジCはともかく昨年のフェブラリーSは完全前崩れの展開に恵まれての優勝だっただけに、これもまた過信禁物。

今年は3番ノボバカラ、1番ニシケンモノノフ、そしてダ2100mを使った後の一戦で逃げられるかどうかはともかく、前に行きたい意識が働いている2番ケイアイブレイブ、そして昨年のこのレースでは、逃げたインカンテ―ションが6番。14番ゴールドドリーム、おそらくはゴールドドリームをマークで乗る16番サンライズノヴァ、そして砂を被らない位置でレースを進めたい12番ノンコノユメなどの追い込み馬が外枠。いかにも隊列がすぐに形成されて、ペースが落ち着きやすい枠の並びだけに、今年は昨年ほどペースが上がらない可能性が高いでしょう。

また、昨秋のチャレンジCもゴールドドリームが強かったというよりは、テイエムジンソクがニ走ボケによって不発したものであり、武蔵野Sあたりと何ら変わらないG3レベルの決着。さらに昨年はチャレンジC凡走後の一戦でしたが、今年は好走後でローテーションとしても不安材料が大きいものがあります。

昨日、土曜日の準オープンの速い流れで1分38秒台で決着する、東京としては珍しいほど時計を要するダートは、前崩れが発生しやすいという意味で、この馬にとっては好都合でしょう。昨日、テイエムジンソクのような玉砕型か差し、追い込み馬しか上位争いできていなかったことを考えると、ゴールドドリームも少し怖くなってきましたが、少なくとも先週の高速ダートの時点では、「消してしまえ!」と思っていたくらい(笑)。

これは今年の根岸Sで展開に恵まれてワン、ツーを決めたサンライズノヴァやノンコノユメにも同じことが言えます。また、テンが遅いケイティレイブも外からくインカンテ―ションやテイエムジンソクが外から被せて、包まれてしまうような気がして怖いものがあります。フェブラリーSを大目標とする多くの有力馬は、そういったパターンを警戒してダ2100mの川崎記念を使いたがりませんが、川崎記念を使った時点で、ここが目標ではなかったのでしょう。そんなこんなで今年は大波乱フェブラリーSに期待します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインガナドルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ウインガナドルの写真

ウインガナドル
ウインガナドル

ウインガナドルの厩舎情報 VIP

2018年2月18日小倉大賞典 G314着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインガナドルの取材メモ VIP

2018年2月18日 小倉大賞典 G3 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。