今週の重賞レース

2024年5月25日() 葵S G3
2024年5月26日() 目黒記念 G2 日本ダービー G1

クイーンC G3

日程:2024年2月10日() 15:45 東京/芝1600m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 8 13

クイーンズウォーク

牝3 55.0 川田将雅  中内田充 516(-4) 1.33.1 3.1 1 33.4 ⑪⑪
2 3 3

アルセナール

牝3 55.0 C.ルメー  木村哲也 452(+2) 1.33.2 クビ 4.3 3 34.0 ⑤⑤
3 6 8

ルージュスエルテ

牝3 55.0 横山和生  国枝栄 470(+2) 1.33.4 1 1/4 5.2 4 33.5 ⑬⑫
4 1 1

サクセスカラー

牝3 55.0 田辺裕信  久保田貴 470(-2) 1.33.5 16.5 6 34.6 ②②
5 5 6

モリノレッドスター

牝3 55.0 横山武史  鈴木伸尋 466(+6) 1.33.6 1/2 41.0 9 34.9 ①①
6 2 2

サンセットビュー

牝3 55.0 三浦皇成  新谷功一 448(-8) 1.33.7 クビ 284.3 12 34.2 ⑧⑧
7 8 12

テリオスサラ

牝3 55.0 戸崎圭太  高柳瑞樹 472(-2) 1.33.8 3/4 11.0 5 34.9 ②②
8 5 7

コスモディナー

牝3 55.0 松岡正海  伊藤伸一 462(+16) 1.34.0 1 1/2 23.4 7 34.5 ⑧⑧
9 4 4

サフィラ

牝3 55.0 松山弘平  池添学 432(-10) 1.34.1 1/2 4.1 2 34.9 ⑤⑤
10 6 9

カレンナオトメ

牝3 55.0 菅原明良  小野次郎 424(+6) 1.34.3 208.4 11 34.8 ⑧⑧
11 7 11

ルージュサリナス

牝3 55.0 R.キング  木村哲也 428(0) 1.34.8 52.4 10 34.9 ⑪⑫
12 7 10

ブライトアゲイン

牝3 55.0 石橋脩  森秀行 468(-8) 1.35.0 403.1 13 36.1 ②②
13 4 5

ガビーズシスター

牝3 55.0 R.キング  中野栄治 468(0) 1.35.1 1/2 39.9 8 35.9 ⑤⑤
ラップタイム 12.6 - 11.2 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.1 - 11.6 - 11.7
前半 12.6 - 23.8 - 35.4 - 47.1 - 58.7
後半 57.7 - 46.0 - 34.4 - 23.3 - 11.7

■払戻金

単勝 13 310円 1番人気
複勝 13 140円 1番人気
3 160円 3番人気
8 180円 4番人気
枠連 3-8 650円 2番人気
馬連 3-13 870円 2番人気
ワイド 3-13 330円 2番人気
8-13 380円 4番人気
3-8 530円 7番人気
馬単 13-3 1,500円 3番人気
3連複 3-8-13 1,800円 3番人気
3連単 13-3-8 7,330円 12番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:367,724人(05月20日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【クイーンC2024特集】サフィラ「調教でも動くようになった」 アルセナール「ここでどれだけやれるか」

【クイーンC2024特集】サフィラ「調教でも動くようになった」 アルセナール「ここでどれだけやれるか」

アルセナール・太田助手「相手が強くなるここでどれだけやれるか」

ガビーズシスター・中野師「芝でも問題なく走れる」

カレンナオトメ・小野師「器用さがないので東京コースはいい。良馬場がいい」

クイーンズウォーク・福永助手「関東への輸送、初の左回りになりますが、春へとつながる走りをしてほしい」

コスモディナー・松岡騎手「コースは問わない。当日のテンションと体重次第」

サクセスカラー・久保田師「うまくタメを利かせて走れれば」

サフィラ・池添師「ここにきて調教でも動くようになった」

サンセットビュー・新谷師「いい感じで調教を積めている。東京も問題ないと思う」

テリオスサラ・高柳瑞師「能力はここでも上位だと思うので、東京マイルで改めて期待」

モリノレッドスター・鈴木伸師「仕上がりはいいし、左回りもいい」

ルージュサリナス・太田助手「現状のパフォーマンスを出せるように調整していきます」

ルージュスエルテ・国枝師「距離は問題ない。能力的には重賞でも」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【クイーンC2024特集】5項目全てクリアのクイーンズウォーク、サフィラ、モリノレッドスターに期待の一戦

【所属】

2014年以降(過去10年)の所属別成績は、美浦【6.5.7.89】、栗東【4.5.3.26】。勝率、連対率、複勝率のいずれも、後者がリードしている。また、前走が牝馬限定戦、かつ初勝利だった関東馬の好走(3着以内)例はゼロ。気にとめておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
③アルセナール ⑪ルージュサリナス

【キャリア】

2014年以降の1~3着馬30頭のキャリアを確認すると、1戦から5戦までの間となっている。ただし、キャリア1戦の好走(3着以内)は、前走で単勝2番人気以内の高支持を集めていた馬のみ。その点には注意を払いたい。

(減点対象馬)
①サクセスカラー ⑨カレンナオトメ ⑩ブライトアゲイン

【前走着順】

前走の着順については、重賞なら6着以内、非重賞の場合は2着以内(新馬・未勝利は1着)がひとつの目安。2014年以降の1~2着全馬がこの条件を満たしていた。

(減点対象馬)
②サンセットビュー ⑦コスモディナー ⑨カレンナオトメ ⑫テリオスサラ

【前走距離】

2014年以降の1~3着馬30頭のうち、29頭が1600m以上のレースからの臨戦馬。例外の1頭は、重賞2着からの参戦だった。前走重賞好走馬を除く、距離延長の臨戦馬は疑ってかかりたい。

(減点対象馬)
⑤ガビーズシスター ⑧ルージュスエルテ ⑩ブライトアゲイン

【間隔】

2014年以降の3着以内馬30頭はいずれも、前走からの間隔が中3週以上だった。中2週以内の臨戦馬は【0.0.0.17】と、苦戦を強いられている。

(減点対象馬)
⑤ガビーズシスター ⑩ブライトアゲイン

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、④サフィラ、⑥モリノレッドスター、⑬クイーンズウォークの3頭。

軸馬候補としてまず注目したいのは、⑬クイーンズウォークだ。2014年以降、ノーザンファーム生産馬は【8.7.8.24】と断然の実績。また、前走3着以内から臨戦のサンデーレーシング所有馬が【5.1.2.3】という、好パフォーマンスを示していることも見逃せない。

同じくノーザンファーム生産馬で、過去10年【3.3.4.12】の前走阪神JF組にも該当する、④サフィラを僅差の2番手評価。残る1頭、⑥モリノレッドスターにも目を配っておきたい。

<注目馬>
クイーンズウォーク ④サフィラ ⑥モリノレッドスター

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:367,724人(05月20日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【クイーンC2024特集】レースの好走条件を完璧に満たすサフィラの中心は揺るがない!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

直近5年を振り返ると、毎年3位以内の馬が1頭以上馬券に絡んでいることがわかる(2019年は1、2位のワンツー決着)。しかも、すべてが4番人気以内。この傾向から、指数も人気も上位の馬を軸に据えるのがベストの戦術と結論付けられる。

一方、2021年1着のアカイトリノムスメ(13位、2番人気)、2022年1着のプレサージュリフト(13位、2番人気)など、U指数二桁順位の好走も散見されるが、これらはいずれも上位人気で、人気薄の低指数馬の激走はほとんど見られない。よって、上位人気のなかに低指数馬がいる場合は念のため押さえておく、という補完的なアプローチを取り入れるといいだろう。

U指数順位と想定人気を勘案すると、2位④サフィラ(86.1)を不動の本命と評価することができる。アルテミスS2着、阪神JF4着の実績はこのメンバーでは抜けており、サリオスやサラキアの下という血統背景も魅力。結果を残している舞台で、無様な走りは見せられない。

相手候補として挙げられるのは、出遅れて7着に敗れたフェアリーSからの巻き返しを期す4位⑫テリオスサラ(83.7)と、圧倒的な内容で逃げて連勝中の5位⑧ルージュスエルテ(83.5)。そして最後に1頭、指数は低いものの上位人気が予想される11位③アルセナール(77.7)をレース傾向的に押さえておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
サフィラ ⑫テリオスサラ ⑧ルージュスエルテ ③アルセナール

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【クイーンC2024特集】近年はディープインパクトとハーツクライが双璧、トニービン内包馬も勢いあり

【クイーンC2024特集】近年はディープインパクトとハーツクライが双璧、トニービン内包馬も勢いあり

現行コースで複数回の勝利実績を持つ種牡馬は、ディープインパクトとハーツクライの2頭。前者は2012年ヴィルシーナ、2020年ミヤマザクラ、2021年アカイトリノムスメと3頭の勝ち馬を出すほか、2021年2着アールドヴィーヴル、2022年1着プレサージュリフト、2023年2着ドゥアイズなど、近年は好走馬の「母の父」としても名前を見る機会が増えてきた。なお、同様のケースはクロフネにも見受けられ、種牡馬として活躍した同馬も近年は母の父として好相性を示し、直近の該当馬には2019年1着クロノジェネシスが挙げられる。

一方、ハーツクライはトニービンの血を引くことが興味深く、2021年以降は同血脈を保持する馬の連対が続き、2022年と2023年においては3着以内に好走した3頭のうち2頭が該当馬でもあった。

サフィラは、父ハーツクライ×母サロミナ(母の父Lomitas)。近年のトニービン内包馬の勢いからも軽視できない父系だが、同産駒では17年アドマイヤミヤビ、23年ハーパーの2頭が勝利するほか、14年2着マジックタイムも勝ち馬とはクビ差の接戦だった。また、いずれもノーザンファーム生産馬であることも念頭に置くべきだろう。一方、本馬においては、全兄にサリオス、又従兄にシュネルマイスターという母系の血統背景も申し分ない。

ルージュスエルテは、父ハーツクライ×母リュズキナ(母の父Storm Cat)。本馬も上記サフィラと同様に、ノーザンファーム生産のハーツクライ産駒であることを気に留めておきたい。母の父に着目すれば、15年1着キャットコインや17年3着フローレスマジックが出ており、「父×母の父」が共通する配合には18年青葉賞を勝ったゴーフォザサミットが挙げられる。デビューから上がり最速を続けるあたり、一介の逃げ馬ではないだろう。

【血統予想からの注目馬】
サフィラ ⑧ルージュスエルテ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【クイーンC2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年2月11日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:稍重
デイリー杯クイーンC2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ハーパー 川田将雅 1:33.1 12.6 6 34.5 93.5
2 7 ドゥアイズ 吉田隼人 1:33.1 クビ 4.3 2 34.7 93.5
3 3 モリアーナ 武藤雅 1:33.1 ハナ 4.7 3 34.0 93.5
4 6 イングランドアイズ 横山和生 1:33.2 1/2 17.7 7 34.3 92.7
5 10 グランベルナデット 松山弘平 1:33.4 9.6 5 34.4 91.2
2022年2月12日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:
デイリー杯クイーンC2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 プレサージュリフト 戸崎圭太 1:34.1 3.7 2 33.5 91.8
2 9 スターズオンアース 横山武史 1:34.2 クビ 3.4 1 34.2 91.1
3 2 ベルクレスタ 松山弘平 1:34.3 3/4 3.7 3 33.4 90.3
4 4 ラリュエル 坂井瑠星 1:34.5 1 1/4 16.9 6 34.5 88.8
5 10 モズゴールドバレル M.デムーロ 1:34.6 3/4 19.7 7 34.6 88.0
2021年2月13日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:
デイリー杯クイーンC2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 アカイトリノムスメ 戸崎圭太 1:33.3 4.9 2 34.4 94.3
2 9 アールドヴィーヴル 松山弘平 1:33.3 クビ 9.5 5 34.1 94.3
3 2 ククナ C.ルメール 1:33.4 クビ 3.2 1 34.3 93.5
4 11 エイシンヒテン 団野大成 1:33.5 3/4 21.0 8 35.1 92.8
5 3 イズンシーラブリー 三浦皇成 1:33.5 アタマ 65.0 12 34.2 92.8

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【クイーンC2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬ヴィルシーナ
2012年の優勝馬ヴィルシーナ

クラシックロードの一角に組み込まれる3歳牝馬限定重賞。クラシックへの直結度はそれほど高くないが、このレースでの活躍を機にG1ホースに上り詰めた馬は多い。1990年代は第29回(1994年)のヒシアマゾン、第30回(1995年)のエイシンバーリンといったマル外の個性派たちが高いパフォーマンスを披露。第34回(1999年)を勝ったウメノファイバー、第39回(2004年)を制したダイワエルシエーロは、その後にオークス馬となった。また、第46回(2011年)のホエールキャプチャ、第47回(2012年)のヴィルシーナ、第51回(2016年)のメジャーエンブレムなど、2010年以降の代表的な勝ち馬は、同じ東京芝1600mで行われるヴィクトリアマイルNHKマイルカップでG1タイトルを獲得している。

歴史と概要をもっと見る

クイーンC特集 バックナンバー

トップへ