会員登録はこちら
デイリー杯クイーンC G3   日程:2020年2月15日() 15:45 東京/芝1600m

レース結果

デイリー杯クイーンC G3

2020年2月15日() 東京/芝1600m/14頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分30秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ミヤマザクラ

牝3 54.0 福永祐一  藤原英昭 464(+4) 1.34.0 3.8 2
2 6 9

マジックキャッスル

牝3 54.0 S.フォー  国枝栄 430(+2) 1.34.0 クビ 5.8 4
3 4 5

セイウンヴィーナス

牝3 54.0 野中悠太  本間忍 446(0) 1.34.1 3/4 265.5 12
ラップタイム 12.1 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 12.0 - 11.9 - 12.7 - 11.7
前半 12.1 - 23.1 - 34.3 - 45.7 - 57.7
後半 59.7 - 48.3 - 36.3 - 24.4 - 11.7

■払戻金

単勝 1 380円 2番人気
複勝 1 160円 1番人気
9 190円 4番人気
5 2,610円 11番人気
枠連 1-6 640円 2番人気
馬連 1-9 960円 3番人気
ワイド 1-9 390円 2番人気
1-5 8,390円 41番人気
5-9 9,620円 44番人気
馬単 1-9 1,700円 3番人気
3連複 1-5-9 39,360円 76番人気
3連単 1-9-5 119,180円 298番人気

デイリー杯クイーンC-厩舎の話


 ◆アカノニジュウイチ・尾関師 「しまい重点に伸ばした。体は少しふっくらしていい感じ」

 ◆アミークス・栗田師 「中間は負荷をかけられている。反応も良かった。道悪も問題ない」

 ◆アールクインダム・伊藤大師 「テンションを上げないように調整。距離はもっと長い方がいいが、スタミナの要る東京ならマイルでも」

 ◆インザムービー・牧田師 「骨折休養明けの前回でもいいスピードは見せた。うまく道中でタメが利けば」

 ◆サナチャン・武藤師 「体は減っていない。新馬を勝った東京だし前走より状態もいい」

 ◆シャンドフルール・松永幹師 「相変わらず時計は出ます。力を出し切れれば、楽しみ」

 ◆セイウンヴィーナス・本間師 「変わりなく順調に来ているし、動きも良かった」

 ◆チアチアクラシカ・堀井師 「もたもたして見えたけど、外を回って時計も速かったので」

 ◆ホウオウピースフル・大竹師 「体は20キロくらい増えているけど動きに重い感じはない。気性の勝ったタイプなので、マイルも合うと思う」

 ◆マジックキャッスル・国枝師 「反応のいい馬で、気持ちも前向き。体も実が詰まって成長している」

 ◆ミヤマザクラ・藤原英師 「輸送もあるから攻めは上がり重点。能力も自在性もある」

 ◆メルテッドハニー・大江原師 「サラリとやったが、小柄な牝馬だしこれで十分。状態はすごくいい」

 ◆ヤマニンプレシオサ・星野師 「まだ体質の弱さはあるが、そのぶん伸びしろはある」



クイーンCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

デイリー杯クイーンCのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


デイリー杯クイーンCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月15日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv134 
960円 960円
Lv126 
380円 1,900円
Lv117 
380円 19,000円
Lv113 
380円 11,400円
Lv112 
640円 16,000円

的中情報をもっと見る >

デイリー杯クイーンC過去10年の結果

2019年2月11日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 クロノジェネシス 北村友一 1:34.2 2.1倍 91.1
2着 ビーチサンバ 福永祐一 クビ 3.2倍 91.1
3着 ジョディー 武藤雅 1/2 28.4倍 90.3
2018年2月12日(月) 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 テトラドラクマ 田辺裕信 1:33.7 5.6倍 95.1
2着 フィニフティ 川田将雅 3/4 11.8倍 94.3
3着 アルーシャ C.ルメール 1 3/4 12.9倍 92.0
2017年2月11日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

デイリー杯クイーンCのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

クラシック前の東京コースでの唯一の牝馬限定重賞で、西下前の関東馬とオークスを意識して東京コース経験を積みにきた関西馬がぶつかる一戦である。関東馬は2008年以降3勝、2着4回、3着2回の前走阪神JF組が、関西馬は3勝、3着1回を記録する前走からの距離短縮組が中心。関東馬に関しては、前走芝マイル戦以外に出走していた組では、2010年2着プリンセスメモリーが唯一の好走例となっている。よって、阪神JF組以外ではフェアリーS、500万特別の菜の花賞など中山芝1600m戦で好走していた馬をピックアップしたい。舞台となる東京芝1600mは2コーナーからのスタートで、最初と最後が500m以上の直線かつコーナーも緩やかな紛れの少ないコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

デイリー杯クイーンCの歴史と概要


2012年の優勝馬ヴィルシーナ

クラシックロードの一角に組み込まれる3歳牝馬限定重賞。クラシックへの直結度はそれほど高くないが、このレースでの活躍を機にG1ホースに上り詰めた馬は多い。90年代は第29回(1994年)のヒシアマゾン、第30回(1995年)のエイシンバーリン、第31回(1996年)のイブキパーシヴといったマル外の個性派たちが高いパフォーマンスを披露。第34回(1999年)を勝ったウメノファイバー、第39回(2004年)を制したダイワエルシエーロは、その後にオークス馬となった。また、第46回(2011年)のホエールキャプチャ、第47回(2012年)のヴィルシーナ、第51回(2016年)のメジャーエンブレムら近年の代表的な勝ち馬は、同じ東京芝1600mで行われるヴィクトリアマイル、NHKマイルカップらのG1タイトルを獲得している。

歴史と概要をもっと見る >

デイリー杯クイーンCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年10月24日(
富士ステークス  G2
2020年10月25日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2020年10月24日(
4回新潟5日目
4回東京5日目
4回京都5日目
2020年10月25日(
4回新潟6日目
4回東京6日目
4回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る