今週の重賞レース

2022年10月1日( シリウスS G3
2022年10月2日( スプリンターズS G1

クイーンC G3

日程:2022年2月12日() 15:45 東京/芝1600m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 13

プレサージュリフト

牝3 54.0 戸崎圭太  木村哲也 464(+12) 1.34.1 3.7 2 33.5 ⑬⑪
2 5 9

スターズオンアース

牝3 54.0 横山武史  高柳瑞樹 474(0) 1.34.2 クビ 3.4 1 34.2 ⑤③
3 1 2

ベルクレスタ

牝3 54.0 松山弘平  須貝尚介 464(-2) 1.34.3 3/4 3.7 3 33.4 ⑬⑯
4 2 4

ラリュエル

牝3 54.0 坂井瑠星  矢作芳人 428(-10) 1.34.5 1 1/4 16.9 6 34.5 ③③
5 5 10

モズゴールドバレル

牝3 54.0 M.デムー  藤岡健一 434(-4) 1.34.6 3/4 19.7 7 34.6 ③③
6 3 5

ウインエクレール

牝3 54.0 松岡正海  畠山吉宏 464(+2) 1.34.7 1/2 15.8 5 34.4 ⑧⑥
7 4 7

ロムネヤ

牝3 54.0 C.ルメー  国枝栄 416(-4) 1.34.8 クビ 26.9 8 34.6 ⑥⑥
8 4 8

モカフラワー

牝3 54.0 石川裕紀  相沢郁 448(+2) 1.34.9 3/4 10.4 4 35.1 ②②
9 6 12

アオイモエ

牝3 54.0 石橋脩  中舘英二 400(-4) 1.34.9 ハナ 66.1 12 34.1 ⑮⑭
10 3 6

ハピネスアゲン

牝3 54.0 江田照男  萱野浩二 446(0) 1.34.9 クビ 157.5 13 34.3 ⑪⑪
11 2 3

ショショローザ

牝3 54.0 岩田望来  友道康夫 452(-4) 1.34.9 アタマ 29.6 10 34.5 ⑧⑨
12 8 15

スタティスティクス

牝3 54.0 池添謙一  石坂公一 432(-2) 1.35.0 1/2 29.2 9 34.6 ⑪⑨
13 8 16

スマイルアップ

牝3 54.0 野中悠太  萱野浩二 434(-4) 1.35.4 2 1/2 473.7 16 35.7 ①①
14 6 11

コントディヴェール

牝3 54.0 大野拓弥  清水久詞 466(0) 1.35.7 1 1/2 188.6 15 35.5 ⑥⑥
15 7 14

アメリカンスター

牝3 54.0 田辺裕信  武幸四郎 478(-4) 1.35.7 ハナ 44.8 11 34.9 ⑯⑭
16 1 1

ショウナンアメリア

牝3 54.0 菅原明良  奥村武 454(-4) 1.35.7 ハナ 165.2 14 35.1 ⑩⑪
ラップタイム 12.3 - 10.9 - 12.1 - 12.2 - 12.2 - 11.5 - 11.3 - 11.6
前半 12.3 - 23.2 - 35.3 - 47.5 - 59.7
後半 58.8 - 46.6 - 34.4 - 22.9 - 11.6

■払戻金

単勝 13 370円 2番人気
複勝 13 150円 3番人気
9 130円 1番人気
2 130円 2番人気
枠連 5-7 680円 2番人気
馬連 9-13 850円 2番人気
ワイド 9-13 330円 2番人気
2-13 390円 3番人気
2-9 250円 1番人気
馬単 13-9 1,440円 3番人気
3連複 2-9-13 1,060円 1番人気
3連単 13-9-2 4,940円 3番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,654人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【クイーンカップ2022予想】ベルクレスタ「内枠で脚をためる競馬が理想」 スターズオンアース「前走で右にもたれたのが気になったので修正」

【クイーンカップ2022予想】ベルクレスタ「内枠で脚をためる競馬が理想」 スターズオンアース「前走で右にもたれたのが気になったので修正」

 ◆アオイモエ・中舘師「カイ食いが課題だが、ポテンシャルは高い」

 ◆アメリカンスター・武幸師「テンションが鍵だけど、能力はある」

 ◆ウインエクレール・松岡騎手「なだめつつだが感触は良かった」

 ◆コントディヴェール・清水久師「操縦性が良くて上手に走る」

 ◆ショウナンアメリア奥村武師「動きもいいし巻き返せる状態」

 ◆ショショローザ・大江助手「攻め馬より本番に行っていいタイプ」

 ◆スタティスティクス・石坂師「能力的に一線級にも引けを取らない」

 ◆スターズオンアース・高柳瑞師「前走で右にもたれたのが気になったので修正」

 ◆スマイルアップ・萱野師「仕上がりは悪くないが、1ハロン長いかも」

 ◆ハピネスアゲン・萱野師「稽古の動きも良く、折り合いが鍵」

 ◆プレサージュリフト・太田助手「スタートは前回より上手に出られると思う」

 ◆ベルクレスタ・松山騎手「内枠で脚をためる競馬が理想ですね」

 ◆モカフラワー・相沢師「前走も持ち味を出し切ってはいないし、チャンスは十分」

 ◆モズゴールドバレル・藤岡師「上がり重点でいい調整ができた」

 ◆ラリュエル・岡助手「当日の落ち着きが鍵。能力を出し切れれば」

 ◆ロムネヤ・国枝師「ゲート練習をしてきた。ポテンシャルは重賞でも通用」

クイーンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【クイーンカップ2022予想】3頭に絞られた連対候補の中からベルクレスタを1位指名

【所属】

2012年以降の所属別成績は、美浦【6.6.8.89】、栗東【4.4.3.23】。勝率、連対率、複勝率のいずれも、後者が前者を上回っている。また、前走が初勝利だった関東馬の2着連対圏入りはゼロ。頭に入れておきたいポイントのひとつだ。

(減点対象馬)
⑤ウインエクレール ⑥ハピネスアゲン ⑫アオイモエ ⑬プレサージュリフト

【キャリア】

2012年以降の1~3着馬31頭のキャリアをみると、1戦から5戦までの間で収まっている。ただしキャリア1戦の好走は、前走で単勝2番人気以内の高支持を集めていた馬のみ。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
③ショショローザ ④ラリュエル

【前走着順】

前走の着順については、重賞なら6着以内、非重賞であれば2着以内(新馬・未勝利は1着)が目安。2012年以降の2着以内全馬がこの条件を満たしていた。

(減点対象馬)
①ショウナンアメリア ⑦ロムネヤ ⑧モカフラワー ⑪コントディヴェール ⑮スタティスティクス ⑯スマイルアップ

【前走使用距離】

2012年以降の2着以内馬20頭の前走を距離で分けると、芝1400m、芝1600m、芝2000mの3通り。なお、1400m組の馬券絡みは前走重賞連対馬に限られる。押さえておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
④ラリュエル ⑪コントディヴェール ⑭アメリカンスター ⑯スマイルアップ

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、②ベルクレスタ、⑨スターズオンアース、⑩モズゴールドバレルの3頭。最上位は②ベルクレスタとする。過去10年、前走が阪神JFで1ケタ着順だった馬は【3.3.1.8】と高値安定の成績。クイーンカップで目下6連勝中のノーザンファーム生産馬に該当することも好印象だ。

次位は⑨スターズオンアース。2012年以降、社台ファーム生産馬が未勝利である点はネックの一方、前走フェアリーS2着馬は【1.1.1.1】と堅実に走っている。軽くは扱えないだろう。ほか、牡馬混合のシンザン記念で外枠から正攻法で挑み、0秒5差に踏ん張った⑩モズゴールドバレルもマークを怠れない。

<注目馬>
ベルクレスタ ⑨スターズオンアース ⑩モズゴールドバレル

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【クイーンカップ2022予想】実績上位のスターズオンアースとベルクレスタの2頭が軸候補!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

過去5年間を振り返ると、毎年4位以内の馬が1頭以上馬券に絡んでいることがわかる(2019年は1、2位のワンツー決着)。しかも、すべてが4番人気以内。この傾向から、指数も人気も上位の馬を軸に据えるのがベストの戦術と結論付けられる。

一方、2018年2着のフィニフティ(15位、2番人気)、2021年1着のアカイトリノムスメ(13位、2番人気)、2着のアールドヴィーヴル(15位、5番人気)など、U指数二桁順位の好走も散見されるが、これらはすべて5番人気以内で、人気薄の低指数馬の激走はほとんど見られない。よって、上位人気のなかに低指数馬がいる場合は念のため押さえておく、という補完的なアプローチを取り入れるといだろう。

必ず買っておきたいのは、1位の⑨スターズオンアース(87.2)と3位タイの②ベルクレスタ(86.0)の2頭だ。いずれも重賞2着歴のある実績的に頭ひとつ抜けた存在で、上位人気に支持されるのが確実な状況。軸馬の条件にピッタリと合致する。

2位の⑧モカフラワーも、ハイレベルと言われている赤松賞組(4着)ゆえに、マークは必須。以下、U指数は13位と低評価ながら、人気を集めそうな1戦1勝馬の⑬プレサージュリフトを押さえておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,654人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【クイーンカップ2022予想】昨年はディープインパクトとキングカメハメハの配合が上位を独占

【クイーンカップ2022予想】昨年はディープインパクトとキングカメハメハの配合が上位を独占

顕著な血統傾向といえるのがクロフネに所縁ある馬の活躍で、産駒の勝利例こそ11年ホエールキャプチャに限られるが、16年3着ロッテンマイヤー、17年2着アエロリット、19年2着ビーチサンバとコンスタントに好走。なお、一昨年の勝ち馬ミヤマザクラはクロフネの姪にあたる間柄で、17年1着アドマイヤミヤビ、18年2着フィニフティ、19年1着クロノジェネシスの3頭は母の父にクロフネの血を引いている。

また、直近2年はディープインパクト産駒が2連覇中と勢いがあり、昨年においては1着アカイトリノムスメ、2着アールドヴィーヴル、3着ククナ、いずれも父または母の父がディープインパクトとキングカメハメハからなる血統構成の馬で上位を占めていた。

ラリュエルは、父ディープインパクト×母カウアイレーン(母の父キングカメハメハ)。ステイフーリッシュの半妹、ブラックホークやピンクカメオの姪にあたる血統。父は種牡馬として目下2連覇中となるが、昨年の勝ち馬アカイトリノムスメとは母の父までが共通する。また、昨年はこの父と母の父の組み合わせとなる馬で1~3着を独占していたことも強調できるだろう。本馬においては東京芝1600mでG1勝ちのある近親の実績も申し分ない。

ウインエクレールは、父ディープインパクト×母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)。ウインブライトの半妹。本馬は近年の勢いが目覚ましい種牡馬の産駒であることはもちろん、キングカメハメハの父Kingmamboと血統構成の似ているジェイドロバリーを母系に持つ配合も興味深い。なお、半姉ウインファビラスは2歳マイル重賞で2着2回。新馬でのレースセンスの光る立ち回りを見るに、本馬も早期からの活躍が見込めそうだ。

スマイルアップは、父イスラボニータ×母アドマイヤオンリー(母の父クロフネ)。父は現3歳世代が初年度産駒の新種牡馬となるが、JRAで挙げた19勝のうち母の父フレンチデピュティ系との配合で5勝、そのうち3勝がクロフネ。レース傾向からも母の父の血脈には気を配る必要がありそうで、伯母に09年フラワーカップを11番人気で制したヴィーヴァヴォドカがいることを考えると、本馬も人気薄でも侮れない存在となるかもしれない。

【血統予想からの注目馬】
ラリュエル ⑤ウインエクレール ⑯スマイルアップ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【クイーンカップ2022予想】コース巧者の乗り替わりの申し子が手戻りで結果を残す!

【クイーンカップ2022予想】コース巧者の乗り替わりの申し子が手戻りで結果を残す!

編集部(以下、編) 今週は関東地方を中心に大雪が心配されましたが、開催には影響なさそうでひと安心といったところです。

新良(以下、新) 東京競馬場の周辺はほとんど積もらなかったようですし、金曜日は快晴でしたので、極端に馬場が悪くなることもないでしょう。

編 では、雪のことはあまり意識せずに予想しても問題なさそうですね。

新 そうですね。通常通りのスタンスで臨めばいいと思います。

編 今週は久しぶりに土曜日に重賞が組まれています。3歳牝馬によるクイーンCが行われますが、面白そうな乗り替わりはありますか?

新 はい。人気的にも妙味のありそうな存在がいます。

編 それは楽しみですね。では、その答えをお願いします。

新 和田竜二騎手から池添謙一騎手に乗り替わる⑮スタティスティクスです。

編 この馬は2走前に初勝利を挙げていますが、そのときに騎乗していたのが池添騎手で、手戻りのかたちになりますね。

新 ご指摘の通り、それが第一の強調材料になります。ただコンビ経験があるだけでなく、しっかり結果を残しているわけですからね。

編 となると、当然それ以外にも推し要素はあるわけですね。

新 たくさんあります。とりわけ、池添騎手が乗り替わりに強い点に注目すべきでしょう。

編 G1での乗り替わり騎乗で好結果を残しているので、確かに代打・池添のイメージは強いですね。

新 昨年は46勝を挙げましたが、内訳は継続騎乗の19勝に対し、乗り替わりは27勝と、その差は歴然です。

編 継続騎乗のほうがプラスに感じられますが、池添騎手に関しては逆なんですね。

新 その通り。やっぱり、個性的な騎手ですよ。

編 強調材料はほかにも?

新 ありますよ。東京芝1600mという舞台が大きなプラスです。

編 池添騎手は好成績を残しているわけですね。

新 そうです。2021年以降の勝率は33.3%と素晴らしい数字を叩き出しています。グランアレグリアでの安田記念制覇、ソングラインでのNHKマイルC2着、富士S1着など重賞でも勝負強いです。

編 文句なしですね。その鞍上の腕に馬は応えてくれそうですか?

新 新馬戦では14着と大敗しましたが、その後は徐々に成績を上向かせ、前走の阪神JFではコンマ6秒差の8着に頑張りました。クイーンCで人気を集めるベルクレスタとはタイム差なし。これは評価に値するでしょう。

編 阪神JF組は、その後自己条件やオープンでけっこう結果を残していますよね。

新 そうなんです。スタティスティクスがそれに続く可能性は十分にあるでしょう。メンバーレベルは一気に下がりますので、おおいに期待できます。

編 人馬ともに、非常に楽しみです。

新 池添騎手は先週やらかした斜行によって、来週の騎乗停止が決まっています。それだけに、気合いが入りまくっているでしょう。きっとやってくれるはずです。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
スタティスティクス

過去10年の結果

【クイーンカップ2022予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年2月13日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:
デイリー杯クイーンC2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 アカイトリノムスメ 戸崎圭太 1:33.3 4.9 2 34.4 94.3
2 9 アールドヴィーヴル 松山弘平 1:33.3 クビ 9.5 5 34.1 94.3
3 2 ククナ C.ルメール 1:33.4 クビ 3.2 1 34.3 93.5
4 11 エイシンヒテン 団野大成 1:33.5 3/4 21.0 8 35.1 92.8
5 3 イズンシーラブリー 三浦皇成 1:33.5 アタマ 65.0 12 34.2 92.8
2020年2月15日() 東京/芝1600m
天候:曇 馬場:
デイリー杯クイーンC2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ミヤマザクラ 福永祐一 1:34.0 3.8 2 34.3 91.9
2 9 マジックキャッスル S.フォーリー 1:34.0 クビ 5.8 4 33.4 91.9
3 5 セイウンヴィーナス 野中悠太郎 1:34.1 3/4 265.5 12 34.1 91.1
4 10 アカノニジュウイチ 横山典弘 1:34.3 1 1/4 7.8 5 33.6 89.6
5 6 シャンドフルール 武豊 1:34.4 クビ 11.3 6 34.3 88.8
2019年2月11日() 東京/芝1600m
天候:曇 馬場:
デイリー杯クイーンC2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 クロノジェネシス 北村友一 1:34.2 2.1 1 33.1 91.1
2 6 ビーチサンバ 福永祐一 1:34.2 クビ 3.2 2 32.9 91.1
3 4 ジョディー 武藤雅 1:34.3 1/2 28.4 7 33.9 90.3
4 7 カレンブーケドール 戸崎圭太 1:34.4 クビ 8.5 4 33.6 89.6
5 2 レッドベルディエス F.ブロンデル 1:34.7 1 3/4 12.8 5 33.8 87.3

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【クイーンカップ2022予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬ヴィルシーナ
2012年の優勝馬ヴィルシーナ

クラシックロードの一角に組み込まれる3歳牝馬限定重賞。クラシックへの直結度はそれほど高くないが、このレースでの活躍を機にG1ホースに上り詰めた馬は多い。90年代は第29回(1994年)のヒシアマゾン、第30回(1995年)のエイシンバーリン、第31回(1996年)のイブキパーシヴといったマル外の個性派たちが高いパフォーマンスを披露。第34回(1999年)を勝ったウメノファイバー、第39回(2004年)を制したダイワエルシエーロは、その後にオークス馬となった。また、第46回(2011年)のホエールキャプチャ、第47回(2012年)のヴィルシーナ、第51回(2016年)のメジャーエンブレムら近年の代表的な勝ち馬は、同じ東京芝1600mで行われるヴィクトリアマイル、NHKマイルカップらのG1タイトルを獲得している。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,654人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

クイーンC特集 バックナンバー

トップへ