アールドヴィーヴル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アールドヴィーヴル
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2018年2月15日生
調教師今野貞一(栗東)
馬主近藤 英子
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[1-1-0-1]
総賞金3,166万円
収得賞金1,100万円
英字表記Art de Vivre
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
イサベル
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
スカーレット
兄弟 フアナアカデミー
前走 2021/04/11 桜花賞 G1
次走予定

アールドヴィーヴルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1851011.855** 牝3 55.0 M.デムー今野貞一422(-6)1.31.8 0.734.1⑧⑨ソダシ
21/02/13 東京 11 クイーンC G3 芝1600 16599.552** 牝3 54.0 松山弘平今野貞一428(-18)1.33.3 0.034.1⑩⑩アカイトリノムスメ
20/10/10 京都 5 2歳新馬 芝1600 14574.121** 牝2 54.0 松山弘平今野貞一446(--)1.36.6 -0.034.9⑪⑩ヴィジュネル

アールドヴィーヴルの関連ニュース

 ★ニュージーランドTを勝ったバスラットレオン(栗・矢作、牡)は、引き続き藤岡佑騎手とのコンビでNHKマイルC(5月9日、東京、GI、芝1600メートル)に駒を進める。僚馬で3月21日阪神の1勝クラス(芝1200メートル)を勝ったマリーナ(牝)、フィリーズR18着ポールネイロン(牝)は橘S(5月9日、中京、L、芝1400メートル)へ。

 ★忘れな草賞1着ステラリア(栗・斉藤崇、牝)、桜花賞5着アールドヴィーヴル(栗・今野、牝)はオークス(5月23日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。

 ★伏竜Sを勝ったゴッドセレクション(栗・今野、牡)は兵庫CS(5月4日、園田、交流GII、ダ1870メートル)へ駒を進める。僚馬で3月7日の小倉未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったハーツラプソディ(牝)はスイートピーS(5月2日、東京、L、芝1800メートル)へ。

 ★ニュージーランドT4着ヴィジュネル(栗・渡辺、牡)はNHKマイルCへ。

 ★ひめさゆり賞を勝ったヴェローチェオロ(栗・須貝、牡)は青葉賞(5月1日、東京、GII、芝2400メートル)か、京都新聞杯(同8日、中京、GII、芝2200メートル)に向かう。

 ★毎日杯4着ルペルカーリア(栗・友道、牡)は、引き続き福永騎手で京都新聞杯へ。

 ★ファルコンS6着ファルヴォーレ(栗・高橋忠、牡)は葵S(5月29日、中京、重賞、芝1200メートル)へ。

 ★3月21日阪神の未勝利戦(芝2400メートル)を勝ったゲヴィナー(栗・藤原英、牡)は新緑賞(24日、東京、1勝クラス、芝2300メートル)に向かう。

 ★ヒシアマゾンの孫で11日中山の未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったヒシシュシュ(美・中舘、牝)はスイートピーSなどが視野に入る。

【桜花賞】レースを終えて…関係者談話 2021年4月12日(月) 04:54

 ◆M・デムーロ騎手(アールドヴィーヴル5着)「スタートはとても良かったし、いい位置に行けた。直線はスムーズに外に出せて伸びていたんだけど」

 ◆藤岡佑騎手(ククナ6着)「追走に無駄に脚を使わせないように運び、最後は脚を使ってくれました。これから成長してくると思います」

 ◆岩田望騎手(エンスージアズム8着)「ペースが速く忙しかったけど、追い出してからそれなりに反応し、最後まで頑張ってくれました。もう少し距離が長い方が、持ち味が出そうですね」

 ◆丸田騎手(ホウオウイクセル9着)「速い馬場は初めてでしたし、道中の追走から楽じゃなかった」

 ◆藤岡康騎手(ミニーアイル10着)「スタートを上手に出て折り合いもつきましたが、直線で脚を使えませんでした」

 ◆北村宏騎手(ジネストラ11着)「落ち着いていて、デキは良かった。ゲートの出も良く、スピードに乗っていいリズムで走れたけど、直線に向いたときは手応えが厳しかった」

 ◆田辺騎手(ストライプ12着)「流れが速くて(道中で)脚を使わされた。馬場も速かったし、心配していたことが出ましたね」

 ◆川田騎手(エリザベスタワー13着)「3コーナーから左への張りが強く、曲がっていくので精いっぱいでした。そのぶん、早々と苦しくなりました」

 ◆柴田大騎手(ブルーバード14着)「よく頑張っている。現時点では精いっぱいですね」

 ◆池添騎手(ソングライン15着)「外めからいいポジションをとれたところで外から来られ、気持ちが切れました」

 ◆和田竜騎手(シゲルピンクルビー16着)「いいスタートを切れましたが、内に潜り込めなかった。4コーナーの手前で手応えがなかった」

 ◆幸騎手(ヨカヨカ17着)「3~4コーナーでまくられて、手応えが悪くなりました」

 ◆横山典騎手(メイケイエール18着)「返し馬から気持ちが高ぶり、ゲートの中でもじっとしていなかった」

★11日阪神11R「桜花賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【桜花賞】アールドヴィーヴルは3戦目での戴冠ならず5着 Mデムーロ「スタート良くいい位置へ行けた」 2021年4月11日() 18:31

 4月11日の阪神11Rで行われた第81回桜花賞(GI、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、吉田隼人騎手騎乗の2番人気ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)が好位追走から直線抜け出しV。デビューから無傷の5連勝で白毛馬初のクラシック制覇を果たした。タイムは1分31秒1(良)のコースレコード。



 騎乗停止の松山弘平騎手に替わって、ミルコ・デムーロ騎手が騎乗したアールドヴィーヴルは、上々のスタートからしっかりと折り合いをつけて中団馬群を追走し勝負の直線へ。内隣を走るシゲルピンクルビーと馬体がぶつかってもひるまず、懸命に脚を伸ばして5着に入線。昨年のデアリングタクトに続くデビュー3戦目での戴冠はならなかった。



 ◆M.デムーロ騎手「スタートはとても良く、いい位置へ行けました。直線ではスムーズに外へ出せて伸びていたのですが…」



★【桜花賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

サンスポ連載企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』今週は藤沢雄二さんが登場!<桜花賞(G1)2021> 2021年4月11日() 12:00

毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティとのタイアップ企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』
今週は、藤沢雄二さん桜花賞(G1)予想が掲載されています。

それでは早速、予想をご覧いただきましょう。

いよいよ3歳クラシックが開幕。今週の桜花賞は、ウマニティユーザー予想家の藤沢雄二さんに予想してもらいます。「基本的にデータ党で、おもに騎手と血統に注目して結論を出している」とのこと。一昨年の3月(スプリングS阪神大賞典の週)には、119万円ついたWIN5を36点買いで的中させた実績を持つ長距離砲の見解にご注目ください。

◎は「内容十分の3連勝と勢いに乗る」⑤アカイトリノムスメ。「POG指名馬でもあり、母アパパネとの母子制覇に期待したい」と力が込もります。○は⑧メイケイエール、▲は④ソダシ。「ともに4勝の実績を評価したが、直行のソダシよりもチューリップ賞を使ったメイケイエールのほうを上位に取った」そうです。以下、⑱サトノレイナス、⑩アールドヴィーヴルの順に押さえ、馬券は馬単1着流し⑤→④⑧⑩⑱で勝負します。

ウマニティの予想コロシアムでは、さまざまなタイプの凄腕予想家の予想を閲覧することができます。ぜひチェックしてくださいね!
(ウマニティ編集長・岡田大)




===================
本レース以外の藤沢雄二さんの予想は、ウマニティの予想コロシアムでご確認ください。
===================

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】桜花賞2021 芝と路盤の状態は良好!スムーズに加速可能な位置を確保できる馬が優位! 2021年4月11日() 09:18

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は桜花賞・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の阪神芝のレース結果、近年の桜花賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は火曜日に2ミリ程度の雨が降っただけ。路盤がドライなうえに、A→Bコース変更週とあって芝の状態も良好。メインレース・阪神牝馬S(牝馬限定G2・芝1600m)の勝ちタイムは1分32秒0の高水準。時計が出やすいコンディションだったと推察される。

だが、土曜日の結果を振り返ると、内・前有利というわけではない。むしろ、隊列の中~外めからスムーズに進出した馬、あるいは内から中~外めへ上手にスイッチした差し馬の活躍が目を引いた。

事実、芝コースで施行された平地5競走の勝ち馬の4角通過順位は3、10、7、6、2、8番手(10Rは同着2頭)。加えて、上がり3ハロン1~2位馬が【4.2.2.3】と優秀な成績を収めている。確かな決め脚を要求される馬場であることに疑う余地はない。

日曜日の降水確率はゼロ。気温の上昇に伴う含水率低下を加味すると、内&先行の優位性が多少増す可能性はある。とはいえ、一気に状況が様変わりするとも思えない。従って、無理なく加速可能な位置を確保できそうな馬を上手に狙いたいところだ。

枠順については判断するに悩ましいが、揉まれないポジションからスムーズに進出する馬が有利という状況を踏まえると、真ん中より外めの枠が優位に働くことも考えられる。ゆえに、5~8枠に対する意識を強めたほうがいいかもしれない。

血統面については、良馬場(JRA発表)で行われた直近5回の桜花賞の複勝圏内15頭を父系別でみると、サンデーサイレンス系が10頭、キングマンボ系が4頭。この2系統でほぼ占められている(残りの1頭はレッドゴッド系の2019年3着馬)。当てはまる馬はプラスに評価してしかるべきだろう。

また、前走が芝マイルのオープンクラスで3着以内、または1番人気の支持を集めていた馬が存在感を放っているのも、近年における桜花賞の大きな特徴。良馬場(JRA発表)で行われた直近5回の1~2着馬は、例外なくこの条件をクリアしている。血統面と合わせて押さえておきたいポイントだ。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(5~8枠)の要点をともに満たしているのは、⑩アールドヴィーヴル、⑪ジネストラ、⑱サトノレイナス。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
アールドヴィーヴル ジネストラ サトノレイナス

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】桜花賞2021 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年4月11日() 05:30


※当欄では桜花賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
ストライプ
ソダシ
メイケイエール
エンスージアズム
アールドヴィーヴル
シゲルピンクルビー
ワイド流し
⑩-①②④⑤⑧⑩⑬⑱

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦ククナ
単勝


【DAIGO】
◎⑧メイケイエール
ワイド流し
⑧-⑬⑱
⑬-④⑱

【田中裕二(爆笑問題)】
◎②ファインルージュ
○⑤アカイトリノムスメ
▲④ソダシ
△⑬エリザベスタワー
△⑯ソングライン
△⑭ミニーアイル
△⑫ヨカヨカ
3連単1頭軸流しマルチ
②→④⑤⑫⑬⑭⑯

【杉本清】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑬エリザベスタワー
☆⑧メイケイエール
△①ストライプ
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑯ソングライン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑧メイケイエール

【林修】
注目馬
ソダシ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑱サトノレイナス

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑤アカイトリノムスメ
☆⑯ソングライン
△⑩アールドヴィーヴル
△⑧メイケイエール

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎④ソダシ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑱サトノレイナス
○⑩アールドヴィーヴル
▲④ソダシ
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑯ソングライン

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ソダシ
サトノレイナス

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑱サトノレイナス

【東信二(元JRA騎手)】
◎④ソダシ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎④ソダシ

【橋本マナミ】
◎④ソダシ
○⑱サトノレイナス
▲⑬エリザベスタワー
△⑤アカイトリノムスメ
△②ファインルージュ
△⑧メイケイエール
△⑩アールドヴィーヴル
△⑯ソングライン

【横山ルリカ】
◎⑱サトノレイナス

【黒澤ゆりか】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑧メイケイエール
△⑤アカイトリノムスメ
△②ファインルージュ

【神部美咲】
◎④ソダシ
3連単ボックス
ソダシ
メイケイエール
アールドヴィーヴル
エリザベスタワー
サトノレイナス
馬連流し
④-⑧⑬

【旭堂南鷹】
◎⑮シゲルピンクルビー
○⑱サトノレイナス
▲⑯ソングライン
△⑤アカイトリノムスメ
△⑬エリザベスタワー

【松木安太郎】
馬連ボックス
ソダシ
アカイトリノムスメ
メイケイエール
エリザベスタワー
サトノレイナス

【稲富菜穂】
◎⑧メイケイエール
○④ソダシ
▲⑱サトノレイナス
△⑫ヨカヨカ
△⑬エリザベスタワー
△⑮シゲルピンクルビー

【やべきょうすけ】
◎②ファインルージュ
○⑱サトノレイナス
▲⑩アールドヴィーヴル
△④ソダシ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑧メイケイエール
△⑬エリザベスタワー

【小木茂光】
◎⑱サトノレイナス
3連単フォーメーション
⑤⑦⑱→①②④⑤⑦⑧⑩⑪⑬⑱→⑤⑦⑱

【津田麻莉奈】
◎⑱サトノレイナス

【キャプテン渡辺】
◎⑬エリザベスタワー
単勝

馬単・馬連・ワイド
⑬→⑱サトノレイナス
3連単
⑬→⑱→④
⑬→⑱→⑧

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑱サトノレイナス
○⑩アールドヴィーヴル
▲⑧メイケイエール
△①ストライプ
△②ファインルージュ
△④ソダシ
△⑤アカイトリノムスメ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑯ソングライン
○②ファインルージュ
▲⑱サトノレイナス
☆⑧メイケイエール
△⑤アカイトリノムスメ
△⑧メイケイエール
△⑩アールドヴィーヴル
△⑬エリザベスタワー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑱サトノレイナス
○⑬エリザベスタワー
▲④ソダシ
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑧メイケイエール
△⑯ソングライン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎②ファインルージュ
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑧→④⑤⑥⑦⑩⑬⑮⑯⑰⑱
②→⑯→④⑤⑥⑦⑧⑩⑬⑮⑰⑱
②→⑰→④⑤⑥⑦⑧⑩⑬⑮⑯⑱

【ギャロップ林】
◎⑯ソングライン
馬連流し
⑯-②④⑤⑧⑩⑬⑰⑱

【こいで(シャンプーハット)】
◎②ファインルージュ
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑤→①④⑦⑧⑩⑪⑬⑮⑯⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑮シゲルピンクルビー

【浅越ゴエ】
◎⑬エリザベスタワー
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑩→④⑤⑮⑯⑱
⑬→⑱→④⑤⑩⑮⑯

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑬エリザベスタワー
馬単マルチ
⑬→④ソダシ
3連複フォーメーション
⑬-⑤⑰⑱-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮⑯⑰⑱
3連単フォーメーション
④⑬→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→④⑬
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→④⑬→④⑬
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑯ソングライン
3連単2頭軸流しマルチ
⑯→⑱→①②④⑤⑥⑦⑧⑩⑫⑬⑭⑮⑰

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑮シゲルピンクルビー
ワイド流し
⑮-②④⑤⑦⑬

【リリー(見取り図)】
◎⑱サトノレイナス
馬連流し
⑱-②④⑧⑩⑬⑯

【岡野陽一】
◎⑯ソングライン
○②ファインルージュ
▲⑧メイケイエール
△④ソダシ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑱サトノレイナス

【船山陽司】
◎⑬エリザベスタワー

【鷲見玲奈】
◎④ソダシ
馬連
④-②ファインルージュ
馬連流し
④-①⑤⑧⑬⑱
⑱-①②⑤⑧⑬

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑧メイケイエール

【大島麻衣】
◎④ソダシ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧メイケイエール
○⑯ソングライン
▲②ファインルージュ
△④ソダシ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑬エリザベスタワー

【高見奈央】
◎⑧メイケイエール
○④ソダシ
▲⑱サトノレイナス
△⑬エリザベスタワー
△⑤アカイトリノムスメ

【皆藤愛子】
◎④ソダシ

【高田秋】
◎⑬エリザベスタワー

【原奈津子】
◎⑱サトノレイナス
○⑩アールドヴィーヴル
▲⑬エリザベスタワー

【神谷由香】
◎④ソダシ
○⑱サトノレイナス
▲⑤アカイトリノムスメ
△⑬エリザベスタワー
△⑧メイケイエール

【ほのか】
◎④ソダシ
○⑧メイケイエール
▲②ファインルージュ
△⑱サトノレイナス
△⑥ストゥーティ
△⑬エリザベスタワー

【森咲智美】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑧メイケイエール
☆⑬エリザベスタワー
△⑮シゲルピンクルビー
△⑤アカイトリノムスメ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑯ソングライン

【守永真彩】
◎⑱サトノレイナス
3連複1頭軸流し
⑱-②④⑧⑫⑬

【天童なこ】
◎⑩アールドヴィーヴル
○⑧メイケイエール
▲④ソダシ
☆⑱サトノレイナス
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑥ストゥーティ
△⑨エンスージアズム
△⑯ソングライン

【目黒貴子】
◎⑩アールドヴィーヴル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

アールドヴィーヴルの関連コラム

閲覧 492ビュー コメント 0 ナイス 1



桜花賞阪神ジュベナイルフィリーズからの直行2頭のワンツーフィニッシュ。休み明けの馬が好走するシーンもすっかり見慣れたものになったが、改めて時代の変化を実感させられる一戦となった。

ソダシは好位から安定した立ち回りで抜け出し。追い込んできたサトノレイナスの勢いが良かったため、距離が延びたら逆転…と思いたいが、案外この差は大きい気もする。苦しい競馬で差を詰めて来たサトノレイナスは当然オークスでも有力。だが、逆にソダシが一見恵まれる競馬ができるのはそれだけレースセンスが良く前で流れに乗れるからでもあり、器用さという点で一日の長がある。距離延長大歓迎というタイプではないが、折り合いにも不安がなく、順調ならこちらもオークスでは有力だろう。

負けた組の中では、馬体の維持がカギにはなりそうだが距離延長歓迎の5着アールドヴィーヴル。穴っぽいところでは9着に敗れたが、距離が延びて良さそうなホウオウイクセルには改めて期待したい。

~低調なトライアル戦線の中で唯一水準級なのは…

それにしてもクラシックの出走馬を見ていると、本当に直行組が増えた。このことによって、予想する上では少々悩みが増える。比較が難しくなるだめだ。桜花賞で馬券のキモになったのは3着のファインルージュ。こちらはフェアリーSからの直行ローテだったが、同レースはあまりクラシックに繋がるイメージがなく、その印象もあり8番人気という評価にとどまっていた。先週は主流路線のチューリップ賞のレベルが高くないことを当コラムで指摘したが、今週末の皐月賞においても、トライアルのレベルを考えるのは重要になりそうだ。

今年の各レースのメンバーレベルを振り返ると、まず低レベル戦だったのは京成杯グラティアスが無敗で制したこのレースは、実質的に少しレベルの高い1勝クラス程度のメンバー構成だった。2着タイムトゥヘヴンはその後マイル重賞で好走したが、全体としては低調だった。

スプリングSも未勝利勝ち直後のボーデンが人気を集めたように、全体のレベルは高くなかった。勝ったヴィクティファルスは距離が延びて良さそうだし、2着アサマノイタズラは引き続き人気もなさそうだが、メンバーレベルを考えると積極的に買いたいとまでは言いづらい。

数々の名馬を輩出してきた弥生賞も、今年は低レベル戦。ダノンザキッドの出走こそあったが、その他はマイル路線から距離を延ばしてきたシュネルマイスターがいたくらいで、1勝クラスの馬も多数含まれる10頭立てのレース。近年はかつてほど地位が高くなくなっているが、今年もその傾向通り。タイトルホルダーが逃げ切ったレース内容も単調なもので、差し損ねた感のあるダノンザキッドは見直しが可能だろうが、それでも大きくプッシュできるかというと微妙なところだ。

ラーゴムが制したきさらぎ賞も同様で、レース内容自体も少頭数で単調なもの。好位から押し切ったラーゴムは今の荒れ馬場への適性は高そうだが、果たしていきなりのG1でどうだろうか。

その中で唯一水準のメンバーレベルにあり、当方配信の競馬ノートでも水準を意味する【C】ランクを付けたのが共同通信杯。勝ったエフフォーリアは直行となるが、2着ヴィクティファルス、3着シャフリヤールがその後重賞を制したのも納得といえば納得。

無敗でこのレースを制したエフフォーリアは、そういう意味では有力ということになるが…。そのエフフォーリアにしても気掛かりな点がひとつ。それは多頭数のレースを経験していないことだ。今は重賞が増えた上に直行組も増えたので、そもそも多頭数になる2歳戦は少なくそのこと自体は馬のせいではないのだが、揉まれた経験のなさというのはタフな馬場で行われる多頭数の皐月賞では少し不安になる。

皐月賞の注目馬

というわけで、考えれば考えるほどあまり買いたい馬がいない皐月賞なのだが…。

個人的な期待は、ダノンザキッド

弥生賞のレベルが高くないと言いつつ推奨するのか! という感じだが、その弥生賞はタイトルホルダーの楽逃げで単なる立ち回り戦。ホープフルSに続いてズブさを見せたダノンザキッドは差し遅れて敗れてしまったが、今回は開催終盤のタフな馬場。前走のようにただの立ち回り戦になる可能性は低く、改めて期待したい。ある程度出して行ってくれる川田騎手も、先行馬が少ないメンバー構成においてはプラス材料だろう。

もっともそうは言っても、あまり積極的に買いたいという感じでもないし、勝ち切るかと問われれば微妙な気がするのも正直なところで、安定感はあるが2~3着の可能性の方が高いような気も…。混戦模様の一戦なので、買い方も工夫して狙ってみたい。

最後にもう一つ気になるのは週末の天気。またしても中山競馬場は雨予報が出ており、今の馬場に雨が降るとタフな馬場になる可能性が高そう。内枠の先行馬は不利になり、隊列次第では中枠の差し馬、外枠の好位差し馬あたりが有利になりそうだ。枠順を眺め、気象予報を気にしつつ結論を出すことになりそうだ。

皐月賞の最終本命は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年4月9日(金) 21:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 桜花賞2021
閲覧 1,448ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月11日(日) 阪神11R 第81回桜花賞(3歳G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲート:18頭)

<以下、優先出走馬>(7頭)

エリザベスタワー(B)中4週(新馬512キロ→前走506キロ)
大きな馬だが前走時のパドックでは無駄肉が取れ、かなり締まった好馬体に。この中間も、坂路で乗り込まれて力強い動きを披露と、仕上りは良さそう。

シゲルピンクルビー(B)中3週(新馬480キロ→前走464キロ)
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて、馬体も絞れてかなりの好仕上がりに見せた。中3週となるこの中間は、1週前追い切りでは疲れは感じられず動きも力強かった。ただ切れる脚を使う馬で、仕掛けるタイミングが難しい。外回りよりも内回りのほうが乗りやすいのではないか。

ジネストラ(A)中3週(新馬430キロ→前走440キロ)
2走前には細く見せていたが、休み明けの前走時はふっくらとした好馬体に。追い切りでも速い時計が出ていて、しっかりと身になっていた印象。この中間も、1週前には南Wで追われ力強い動きで楽に先着、日曜も坂路で好時計と出来はさらに上昇中。

ストゥーティ(D)中4週(新馬426キロ→前走422キロ)
小柄な馬でパドックでは元気に周回しているが、トモが寂しく映る。この中間の追い切りの動きを見ても、出来自体は良さそうだが力強さに欠ける印象がある。

ミニーアイル(D)中3週(新馬500キロ→前走480キロ)
この中間も坂路で乗り込まれているが、良くも悪くも(時計的に)変わってこない。走りを見ると、短い距離のほうが向いている感じがする。

メイケイエール(B)中4週(新馬462キロ→前走462キロ)
前走時の調教では、抑え込もうとする内容の追い切りが目についたが、この中間は無理に抑え込むよりも気分よく走らせるような内容に変えてきている。レース内容も変えてくる可能性もありそう。土曜の坂路では、前走以上の好時計が出ており、出来に関して上昇が窺える。

ヨカヨカ(E)中4週(新馬452キロ→前走458キロ)
この中間も1週前にCWを長めから追い切られているが、終い伸びきれず動きも重い。


<以下、収得賞金順(9頭)>

ソダシ(A)4ヶ月(新馬472キロ→前走472キロ)
4ヶ月ぶりの休み明け。2月中旬から坂路で乗り込まれていて、3週前からはジョッキー騎乗で本格的な調整に入っている。3週前が、コースで3頭併せの真ん中に併せて抜け出す内容。2週前は、坂路でビッシリと併せ馬で追われてこの時点で馬体もほぼ仕上がった感じ。1週前は、前に馬を置いて終い抜け出すというレースでの折り合いを重視した内容できている。トライアルを使わない代わりに、かなり入念に乗り込まれ、課題をクリアするための調整が施されていて仕上り良好。

ホウオウイクセル(D)中2週(新馬422キロ→前走414キロ)
小柄な馬で前走のフラワーCがギリギリの馬体だった。今回中2週となり、1週前も時計にならないくらいの軽めの調整。関西への輸送もあるので、強めの追い切りができない点はマイナスになるか。

アカイトリノムスメ(B)中7週(新馬440キロ→前走450キロ)
使われるごとに良くなっている感じはあるが、まだまだ良くなりそうな気配。追い切りの時計も使われる度に良くなっていて、1週前追い切りの動きも見栄えがして好雰囲気。右回りも追い切りの動きを見ると問題なさそうなので、あとは関西への輸送をクリアできれば。

サトノレイナス (A)4ヶ月(新馬472キロ→前走474キロ)
休み明けで、乗り込み豊富なこの中間。2歳時よりも追い切りで時計が出るようになっていて上積みも感じられる。1週前追い切りの動きを見ても、出来上昇を伝える力強さがある。

ファインルージュ(C)3ヶ月(新馬482キロ→前走492キロ)
こちらは、休み明けでも乗り込み量控えめ。1週前の動きを見ても、反応が鈍い印象が残りやや物足りない。

エンスージアズム(C)中2週(新馬420キロ→前走416キロ)
この中間は金曜日に坂路で軽めの調整。小柄な馬で、休み明けの前走時にしっかり乗り込まれ仕上がっていた反面、関東への輸送を挟んでもうこれ以上馬体を減らせない感じ。さらに今回中2週となり、良い時計は出ているので調子落ちはなさそうだが、上積みまではどうか。

ストライプ(B)中9週(新馬500キロ→前走514キロ)
クロッカスSからの休み明けでここへ。乗り込み量は豊富で、いつものように南W、坂路と好時計が出ていて、順調。ただ、やはり追い切りで力強さがあってスピードに勝る動きを見せていて、短い距離のほうが向きそうな感じがする。

ソングライン(B)3ヶ月(新馬468キロ→前走480キロ)
休み明けを2連勝しているが、それでもここ2戦は調教時計としては物足りず、能力で勝ち切ってきた。今回も休み明けだが、この中間のほうが速い時計が出ており、やや動きに硬さはあるものの上積みが見込めるデキ。

アールドヴィーヴル(A)中7週(新馬446キロ→前走428キロ)
強烈な勝ち方をした新馬戦以来の前走は、-18キロでの出走でもパドックでは細い印象はなく、二人引きで気合いも乗ってかなり良い出来に見えた。この中間もしっかり乗り込まれて、1週前追い切りも坂路で好時計をマークと引き続き高状態。今回は長距離輸送もなく、前走で減った馬体も増えてくるだろう。坂路での走りを見ると、捌きが柔らかく素質自体かなり高そう。

ククナ(D)中7週(新馬448キロ→前走452キロ)
人気になりながら、なかなか勝ち切れないレースが続いている。この中間は近走に比べると時計が掛かり、1週前追い切りの反応も鈍い印象を受けた。

ブルーバード(D)中3週(新馬414キロ→前走430キロ)
休み明けを一度使われてのこの中間も、坂路で乗り込まれる。1週前の動きを見ると、首が上がり気味で伸び脚が物足りない。


このコラムからの推奨馬は、ジネストラソダシアールドヴィーヴルの3頭をあげておきます。



◇今回は桜花賞編でした。
桜花賞は牝馬クラシック一戦目。3歳牝馬にとっては一生に一度しか出走するチャンスがなく、距離適性や状態面に不安があっても使えるものなら使いたいというのが関係者の気持ちではないかと思います。まだ成長段階で小柄な馬も多く、関東馬に関しては慣れない長距離輸送も。そういった意味で、各陣営馬体重の増減も考慮しながらの調整となります。
2歳時に重賞で勝ち負けして万全の状態で出走してくる馬たちと、直前で権利を取って出走してくる馬たち。調教内容を重視して予想していると特に、これらの馬たちの間には、調整過程における大きな差があるように、毎年感じています。

それでは次回、皐月賞編(予定)でお会いしましょう。

桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

アールドヴィーヴルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 228ビュー コメント 0 ナイス 10

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

すみません!時間が無くて、とりあえず簡易版を先に公開します!!

それでは、公開予想をお楽しみください!!
https://shimayama-teru.com/2021/04/16/jusyou-24/


桜花賞の本命馬 結果

10 アールドヴィーヴル 5番人気 5着


ニュージーランドトロフィーの本命馬 結果

14 スパークル 6番人気 9着


阪神牝馬ステークスの本命馬 結果

10 デゼル 1番人気 1着

 Haya 2021年4月15日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.4.15.)(アーリントンC、皐月賞、ア... 
閲覧 178ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

春はめまぐるしく天候が変わりやすく、本日は晴天!

ただ、週末の天候が心配です。

”皐月賞”は微妙になりそうですね!?

<皐月賞とは?>
皐月賞(さつきしょう)とは日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場の芝2000㍍で施行する中央競馬の重賞 (GI) 競走である。正賞は内閣総理大臣賞と日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。競走名は陰暦の5月である皐月から。「皐」の字が常用漢字外であるため一般紙、競馬中継以外のテレビ番組などではさつき賞と表記されることもある。

通常開催が中山競馬場となるGIでは現在唯一、フルゲート18頭出走可能な競走である。

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には春頃更新?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には春頃更新?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第4期途中経過】
第4期(3/27~4/18)8日間(日経賞~皐月賞)12戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G2ニュージーランドTでは、14番スパークル軸で勝負!
馬連(14-3,5,6,7,9) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ニュージーランドT」の軸馬スパークル(6人気)は、中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き馬群に沈み込み9着惨敗。優勝は、先手を取ったバスラットレオン(2人気)が、直線に入ると後続を突き放して独走ゴール。2着のタイムトゥヘヴン(3人気)に5馬身差、さらに1.1/2馬身差の3着にシティレインボー(11人気)が入り中波乱決着?? 反省点として、軸馬の選択!? ただ、根本的な箇所”展開”を考えた場合、先行馬より差し&追込み馬優勢と考えて予想?? 結果は、上位入線馬は先行馬ばかり?? 持続力が問われるようなコースだけに、ラップの裏付け(実績)を信頼すべきだった。


土曜、G2阪神牝馬Sでは、10番デゼル軸で勝負!
馬連(10-1,2,3,4,7) 
結果は、的中。(馬連 680円) 🎯

土曜「阪神牝馬S」の軸馬デゼル(1人気)は、スタート一息で中団後方からの競馬となったが、直線で外から一気に各馬を差し切り、2着のマジックキャッスル(2人気)にクビ差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にドナウデルタ(8人気)が入り、本命決着!!  馬券は、当たったが元返し!? 反省点として、馬券種の選択!? 穴馬候補ドナウデルタが3着入線だっただけに、ワイド馬券または3連複馬券が妥当だったか…残念。


日曜、G1桜花賞では、18番サトノレイナス軸で勝負!
馬連(18-4,5,10,13,16) 
結果は、的中。(馬連 670円) 🎯

日曜「桜花賞」の軸馬サトノレイナス(1人気)は、出足が鈍く後方3番手から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、大外から猛然と追い上げるも着差クビ差2着まで。優勝は、好位でレースを進めたソダシ(2人気)が、直線に入って抜け出してゴール!! さらに1/2馬身差の3着にファインルージュ(8人気)が入り、本命決着。 馬券は、馬連5点で的中も元返し?? 反省点として、相手馬の選択!? 3着入線馬ファインルージュがノーマーク?? 過去のデータにより内枠軽視、むしろ外枠優勢と考えた選択が間違っていた。素直に、ハイブリッド新聞(推定後半)を信頼すれば…残念。

*桜花賞 G1レースのポイント!? (該当馬アールドヴィーヴル5着)
1)新馬戦を優勝or連対でキャリア4戦以下の「ゆとりのあるローテーション」の馬
2)多頭数立てでしっかりと揉みクシャにされてきた経験値!?
3)坂道コース(阪神・中山・中京)で行われた重賞での好走実績。
4)後半4ハロンでの11秒4で推移する急加速に対応できる速い脚。


【第4期 短 評】
週末、3戦1敗2分…みたいな感じ。 終わってみれば本命戦ばかり?? もう少し荒れる予想だっただけに、予定外。特に、阪神牝馬Sのドナウデルタがゴール手前で抜け出し、大外からマジックキャッスルが差してきた瞬間は、「やったー!」と思いも束の間、真ん中に青い帽子が見え隠れ?? 馬連勝負だけに…残念。ちなみに、馬連で1-10=46倍が4-10=6.8倍でした。今期残り3戦、頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(ニュージーランドT)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
ただし、指数値71以上 のみを対象。
該当馬=2位(6番バスラットレオン)
結果は、的中。(1着=複勝150円)

(阪神牝馬S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数7~8位"
ただし、指数値53 のみを対象。
該当馬=7~8位(51-50)
見送り

(桜花賞)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
*無条件
該当馬=2位(18番サトノレイナス)
結果は、的中。(2着=複勝130円)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(アーリントンC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(0-1-5-4/10)
勝率0%/連対率10%/複勝率60%/的中率60%/回収率117%
近5年内 (0-0-3-2/5)
勝率0%/連対率0%/複勝率60%/的中率60%/回収率106%

的中率が低く、思いの外回収率も低い。今年も期待大!!


(皐月賞)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1~5位"

*無条件(単純に指数1~5位ボックス買い10点)
過去10年内   的中率80%/回収率128%
近5年内    的中率60%/回収率156%

16年(馬連6220円)による回収率の高さだが、
今年は、群雄割拠の戦国皐月賞となりそうだけに期待大!!


(アンタレスS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数値54~53"

*ただし、一つ前の指数値と5~4の差 のみを対象。
(20年5位59-6位54 差5)
過去10年内(1-2-0-0/3)的中率100%/回収率353%
近5年内 (0-1-0-0/1)的中率100%/回収率450%

出現率が低くいのが難点?? 今年も期待大!!


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 DEEB 2021年4月11日() 17:13
恥ずかしい馬予想2021.04.11[結果]
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 5

中山10R 印西特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 8 ウインダークローズ…1着
○ 2 ☆ワンダーラジャ…7着
▲10 ヒッチコック…8着
[結果:ハズレ×]

中山11R 春雷ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎11 ★ジャンダルム…1着
○12 ナランフレグ…6着
▲ 7 ☆アルピニズム…15着
△ 1 マリアズハート…2着
× 4 ノーワン…9着
× 2 ☆ニシオボヌール…16着
[結果:アタリ△ 単勝 11 320円、複勝 11 150円、馬連 1-11 1,830円]

中山12R 4歳以上1勝クラス牝
◎14 デルマシャンパン…2着
○ 8 グラディオロ…9着
▲16 ディープブルーム…8着
× 4 ☆エピックガール…3着
[結果:アタリ○ 複勝 4 350円、ワイド 4-14 730円]

阪神 1R 3歳未勝利牝
◎12 ★ミセスバローズ…4着
○ 6 ドローム…6着
▲ 2 セイウンノウヒメ…1着
△13 シゲルリジ…12着
× 5 ゴールドフィンガー…5着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 忘れな草賞 (L) 3歳オープン(国際)牝(特指)
◎ 5 ステラリア…1着
○ 6 シュレンヌ…7着
▲ 1 タガノディアーナ…6着
△ 8 エイシンヒテン…2着
×10 テーオーラフィット…9着
[結果:アタリ○ 馬連 5-8 2,070円]

阪神11R 桜花賞 GⅠ 3歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 4 ★ソダシ…1着
○18 サトノレイナス…2着
▲ 5 アカイトリノムスメ…4着
△16 ソングライン…15着
×10 アールドヴィーヴル…5着
× 8 ☆メイケイエール…18着
[結果:アタリ○ 単勝 4 360円、複勝 4 140円、馬連 4-18 670円、ワイド 4-18 290円]

新潟 8R 4歳以上1勝クラス若手騎手
◎ 4 エリモグリッター…9着
○ 9 ワンモアエフォート…5着
× 1 ☆ヒバリ…13着
[結果:ハズレ×]

新潟11R やまびこステークス 4歳以上3勝クラス(混合)
◎ 3 ジョーフォレスト…9着
○ 4 ヒルノサルバドール…7着
▲ 6 デンコウリジエール…14着
△14 アイアムハヤスギル…13着
×10 メディクス…5着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:8戦3勝4敗1分]
プラスにはなりませんでしたが、マアマアの結果でした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アールドヴィーヴルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2020年10月10日() 15:32:29
いいね

アールドヴィーヴルの写真

アールドヴィーヴル

アールドヴィーヴルの厩舎情報 VIP

2021年4月11日桜花賞 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アールドヴィーヴルの取材メモ VIP

2021年4月11日 桜花賞 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。