アスタールビー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年4月13日生
調教師南井克巳(栗東)
馬主加藤 久枝
生産者平野牧場
生産地新ひだか町
戦績 3戦[1-1-0-1]
総賞金780万円
収得賞金400万円
英字表記Aster Ruby
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
キリエ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
チャペルコンサート
兄弟 ウインクレドメイショウアガサ
前走 2019/03/10 フィリーズレビュー G2
次走予定

アスタールビーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/10 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 181245.21114** 牝3 54.0 小牧太南井克巳410(-8)1.23.1 1.136.3ノーワンプールヴ
19/02/16 小倉 4 3歳未勝利 芝1200 187153.521** 牝3 51▲ 西村淳也南井克巳418(-16)1.08.9 -0.734.6トップソリスト
18/12/23 阪神 6 2歳新馬 芝1400 187135.732** 牝2 54.0 和田竜二南井克巳434(--)1.24.0 0.235.8エイシンオズ

アスタールビーの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、フィリーズレビューの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走が初勝利だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

ノーワン
アスタールビー
ウォーターエデン

前走がタイム差なしの1着だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ラミエル
メイショウケイメイ

前走が勝ち馬とタイム差なしの惜敗だった馬の好走例はなし(2009年以降)

アウィルアウェイ
プールヴィル
ホウオウカトリーヌ

前走G2組の好走例は皆無(2009年以降)

アウィルアウェイ

前走でG3戦に出走、かつ5着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ウィンターリリー

前走でオープン特別に出走、かつ1~3着だった馬の連対例はなし(2009年以降)

プールヴィル
メイショウケイメイ

前走紅梅S組の好走例は皆無(2009年以降)

プールヴィル
メイショウケイメイ
レッドアネモス

前走小倉組の好走例はみられない(2009年以降)

アスタールビー
ラミエル
ウォーターエデン

前走1200m組の好走例はゼロ(2009年以降)

アスタールビー
ラミエル
エイティーンガール
イベリス
ウォーターエデン

中1週以内のローテで臨んだ馬の連対例はなし(2009年以降)

ウォーターエデン

【人気】
1番人気、かつ前走で芝マイル戦以外に出走していた馬の好走例は皆無(2009年以降)
※9時30分現在の1番人気、かつ前走芝マイル戦以外出走馬

アウィルアウェイ

14番人気以下の連対例はゼロ(2009年以降)
※9時30分現在の14番人気以下

キュールエミヤビ
ラミエル
ウィンターリリー
ウォーターエデン
ラブミーファイン

【脚質】
前走の4角通過順が13番手以降だった馬の好走例は皆無(2009年以降)

キュールエミヤビ

【枠順】
馬番枠8番、18番の好走例はゼロ(2009年以降)

エイティーンガール
ラブミーファイン

馬番枠3番の連対例は皆無(2009年以降)

キュールエミヤビ

【血統】
プリンスリーギフト系を除くと、父ナスルーラ系の連対例はゼロ(2009年以降)

アズマヘリテージ
プールヴィル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
キュールエサクラ
ジュランビル
ココフィーユ



ウマニティ重賞攻略チーム

【ズバリ!調教診断】フィリーズレビュー 連勝中のマンハッタンカフェ産駒が絶好の気配!万両賞を制したキンシャサノキセキ産駒も上位争いを意識できる状態!2019年3月9日() 16:00

日曜日に行われるフィリーズレビューの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ノーワン
栗東坂路で行われた今週の併せ馬では、ラスト2F24秒8-12秒3の好ラップを記録。併走馬を一蹴した。ただ、抜け出す際に手前がうまく替わらず、相手と馬体が離れてしまった点は気がかり。フルゲート+距離短縮となる今回、スムーズに馬群を捌けるかどうかについては疑問符がつく。そのあたりを鑑みると、積極的には手が出ない。

アスタールビー
間隔が詰まることもあってか、この中間は緩めの調整。とはいえ、栗東坂路で2週続けて後傾ラップを刻んでいるように、デキ落ちや疲れは感じられない。手前をコロコロ替えるところは気になるが、力む面を出さずに走れている点は好感が持てる。この馬なりにいい仕上がり具合ではないか。

キュールエミヤビ
栗東坂路で実施した今週の併せ馬では、4F52秒0、ラスト2F24秒3-12秒2のタイムを記録。数字的には悪くない。ただ、肝心の動きについてはイマイチ。追い出してからの反応が悪く、最後はアップアップの状態になってしまった。相手強化の重賞では厳しいと言わざるを得ない。

アズマヘリテージ
この中間は栗東坂路と栗東CWで併せ馬主体の調整。しっかりと負荷をかけた調教を積んでいることは評価できる。一方で、首のアクションが悪く、ストライドが伸びてこない点は相変わらず。そのぶん、どうしてもラストの鋭さを欠いてしまう。一変まではどうか。

アウィルアウェイ
帰栗後は坂路2本乗り主体に急ピッチで調整され、毎回のように速い上がりタイムを記録。6日の追い切りでは、4F51秒0、ラスト2F24秒5-12秒3の時計をマークした。頭が高く硬めの走りだが、脚取りは力強い。休養前と比べて落ち着きが出てきている点も好印象。あとは実戦で折り合いがつくかどうか。その1点に尽きる。

プールヴィル
最終追い切りは栗東坂路で実施。4F51秒9、ラスト2F25秒2-12秒2のタイムを悠々と記録した。後肢の踏み込みが強く、鞍上の合図に対する反応も上々。追えば追うほど伸びそうな弾力性に富んだ走りはなかなかのもの。軽めの調整が続いているが、状態は高値で安定している。

ラミエル
栗東坂路で行われた今週の併せ馬は、前半から意欲的に攻める負荷を重視した内容。ラストは脚がアガりかけたが、追いかけてきた僚馬に並びかけられると、ひと踏ん張りする勝負根性を見せた。半面、前進気勢に過ぎる点は気になるところ。距離延長かつ急坂阪神で、最後まで脚がもつかどうかについては疑問符が付く。

エイティーンガール
栗東坂路で実施した1週前追い切りでは、バランスのとれた好ラップを馬なりでマーク。今週の坂路追い切りは、前半を抑えたぶん、少しぎごちない走りではあったものの、ラスト2F24秒2-11秒6という、素晴らしい伸び脚を見せた。手前がコロコロ替わる点は減点材料だが、全体的な雰囲気は悪くない。好調とみていいだろう。

メイショウケイメイ
最終追い切りは栗東坂路で実施。ラストまでスピードを落とさず、余力十分に駆け登った。頭が高く、四肢だけで走っているようにも映るが、これはいつものこと。なにより、一時期見られたムキになる面が消えている点は好印象。上位を狙えるデキとみたい。

イベリス
1週前に栗東坂路でビッシリと追われ、ラスト2F24秒1-11秒7の好ラップを記録。今週の坂路追い切りでは緩めの内容ながら、キレイな後傾ラップをマークした。頭の位置が安定しており、走りのリズムもいい。テンションを維持できれば、侮れない1頭になりそうだ。

ホウオウカトリーヌ
南Wで実施した1週前追い切りでは、1秒近くのビハインドがありながら、楽々と追走先着。同じく南Wで行われた今週の3頭併せでも、力感あふれる走りを披露した。調教巧者だけに過大評価はできないが、好ムードであることは間違いない。輸送をクリアできれば、いい状態でレースに臨めるのではないか。

キュールエサクラ
中2週と間隔が詰まることもあってか、この中間は軽めの調整。それでも、1日に栗東坂路でラスト1F11秒9の好ラップをマーク。今週の坂路追い切りでも、荒れた馬場状態をものともせず、しっかりとした脚取りを見せた。適度な活気があり、動きにキレもある。気配は文句なし。

ウィンターリリー
この中間は南Wで丹念に調整されているが、良い意味で変った点は窺えない。最終追い切りについても、鞍上の合図に対する反応が鈍く、加速がつくまでに時間を要している印象。モチベーション不足の感は否めず、調教面のプラス要素は無きに等しい。

ウォーターエデン
今週の追い切りは栗東CWで長めからサラッと流す程度の調整。コンスタントに使われているうえに、小倉遠征後の中1週とあっては致し方ないところか。きっちりと調教を消化している点は評価できる一方で、上り目は感じられない。今回は苦しい戦いになるのではないか。

ジュランビル
1週前追い切りでは走りやすいポリトラックとはいえ、ラスト1F11秒台の好ラップを記録。栗東CWで実施した今週の併せ馬でも、抜群の反応を示した。帰厩後の乗り込み量は少なめだが、素軽い身のこなしをみるに、久々の不安はほとんどない。上位争いを意識できる状態とみる。

ココフィーユ
南Wで行われた1週前の併せ馬では、抑えたままで古馬を完封。坂路で実施した今週の併せ馬でも、活気あふれる走りを見せた。やや安定感を欠くフォームだが、タフなコンディションだったことを勘案すれば許容範囲の部類。あとは課題である気持ちの高ぶりを実戦まで抑えられるかどうかが、好凡走のカギを握りそうだ。

レッドアネモス
1週前に栗東CWで実施した3頭併せでは、エタリオウに先着。同じくCWで行われた今週の併せ馬でも、及第点のタイムをマークした。首を左右に振りながら、インに切れ込むような気配を見せた点は割引材料だが、加速がついてからの力強い走りは迫力十分。軽視できない1頭と言えよう。

ラブミーファイン
帰栗後は坂路で順調に調教を重ね、1週前追い切りではラスト1F12秒1の好ラップを計測。同じく坂路で実施した最終追い切りでは上がり重点のかたちで、キレイな加速ラップを記録した。バタバタした走りではあるが、前回と比べればマシな部類。後肢の蹴り足も力強く、休ませた効果は大きそう。紛れた場合のヒモ候補として一考の価値はある。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】フィリーズレビュー 枠順不問!「上位人気×穴」の組み合わせで攻めるのがベター!2019年3月9日() 13:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるフィリーズレビューのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走芝1600m組が優秀な成績(2007年以降)

ノーワン
キュールエミヤビ
アズマヘリテージ
ホウオウカトリーヌ
ウィンターリリー
ラブミーファイン

前走阪神JF組と前走500万クラス組が双璧(2007年以降)

キュールエミヤビ
ラミエル
エイティーンガール
イベリス
キュールエサクラ
ジュランビル
ココフィーユ
ラブミーファイン

すべての勝ち馬に上がり3ハロン3位以内の勝利経験あり(2007年以降)

ノーワン
アスタールビー
キュールエミヤビ
アズマヘリテージ
アウィルアウェイ
プールヴィル
ラミエル
エイティーンガール
メイショウケイメイ
イベリス
ホウオウカトリーヌ
キュールエサクラ
ウィンターリリー
ジュランビル
ココフィーユ
レッドアネモス
ラブミーファイン

勝ち馬はいずれもデビュー戦4着以内で、人気より着順が下回った馬は1頭のみ(2007年以降)

ノーワン
アスタールビー
キュールエミヤビ
アズマヘリテージ
アウィルアウェイ
ラミエル
エイティーンガール
メイショウケイメイ
ホウオウカトリーヌ
ウィンターリリー
ジュランビル
ココフィーユ
レッドアネモス
ラブミーファイン

【人気】
「上位人気×中穴」「上位人気×超大穴」というシンプルな組み合わせで攻めるのがベター(1999年以降)

※人気を過度に気にする必要はない

【脚質】
連複の軸に適しているのは待機組(2007年以降)

アズマヘリテージ
アウィルアウェイ
プールヴィル
メイショウケイメイ
ホウオウカトリーヌ
キュールエサクラ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

期待値が高いのは先行勢(2007年以降)

エイティーンガール
イベリス
ジュランビル
レッドアネモス
ラブミーファイン

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
どの枠も信頼度の面では大差なし(1999年以降)

※枠順を意識する必要はなし

【血統】
父あるいは母父にボールドルーラー系種牡馬を擁する馬、あるいはボールドルーラーを内包(5代内)している馬が攻勢(近年の傾向)

イベリス
ホウオウカトリーヌ
キュールエサクラ
ウォーターエデン


【4項目以上該当馬】
ホウオウカトリーヌ(5項目)
ラブミーファイン(5項目)
キュールエミヤビ(4項目)
アズマヘリテージ(4項目)
エイティーンガール(4項目)
イベリス(4項目)
キュールエサクラ(4項目)
ジュランビル(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【Fレビュー】厩舎の話2019年3月8日(金) 05:03

 ◆アウィルアウェイ・高野師 「体に幅が出てパワーアップ。多頭数で上手に競馬ができれば」

 ◆アスタールビー・南井師 「いいスピードがある。操縦しやすいし、1400メートルも大丈夫」

 ◆アズマヘリテージ・河内師 「動きはよかった。この距離で流れてくれれば」

 ◆イベリス・角田師 「放牧でリフレッシュ。折り合いもつくので、距離も対応できそう」

 ◆ウィンターリリー・岩戸師 「状態は変わりない。木曜に阪神に移動し、スクーリングする。当日にテンションが上がらなければ」

 ◆ウォーターエデン・岡田師 「変わりなくきている。距離が延びるのもいいと思う」

 ◆エイティーンガール・飯田祐師 「今週は整える程度。使いつつ体が増えて、いい状態」

 ◆キュールエサクラ・猿橋助手 「前走はラストまで切れる脚を使った。藤岡佑騎手も『いい状態のまま来ている』と好感触でした」

 ◆キュールエミヤビ・中尾師 「馬場は軽かったけど、いい動き。良馬場でやりたい」

 ◆ココフィーユ・斎藤誠師 「いい動き。中間からテンションも上がらず、落ち着いている」

 ◆ジュランビル・寺島師 「反応もよく、いい動き。前めにつけられるのも強み」

 ◆ノーワン・笹田師 「乗り役が乗って時計は出たけど、感触もよかった。舞台は問題ない」

 ◆プールヴィル・庄野師 「反応はよかった。レースセンスのよさを生かしたい」

 ◆ホウオウカトリーヌ・栗田師 「前肢の出がいいし、最近では一番柔らかみがある。前走は中団で我慢していい脚を使ってくれた」

 ◆メイショウケイメイ・南井師 「楽に好時計が出て動きも言うことなし。パワーがあって、レースセンスもいい」

 ◆ラブミーファイン・田所師 「しまい重点で。リフレッシュ効果は大きそう」

 ◆ラミエル・橋口師 「雰囲気はさらによくなっている。1400メートルをこなしてくれれば」

 ◆レッドアネモス・友道師 「相変わらずいい動き。パワーがあるので、馬場が渋ればプラス」



★フィリーズRの出走馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【Fレビュー】厩舎の話2019年3月7日(木) 11:29

 アウィルアウェイ・高野調教師「戻ってからはいい調整ができている。肉体面がパワーアップ」

 アスタールビー・南井調教師「操縦性が高く、いいスピードがある」

 アズマヘリテージ・河内調教師「状態は上向き。前が流れれば」

 イベリス・角田調教師「引っ掛からないので乗りやすい。持ち前のスピードを生かしたい」

 ウィンターリリー・岩戸調教師「木曜に阪神に入りスクーリングする」

 ウォーターエデン・岡田調教師「中1週で馬なり。距離延長はいい」

 エイティーンガール・飯田祐調教師「先週しっかりやった。使いつつ体が増えているのもいい」

 オトナノジジョウ・高野助手「先週やって今週は軽め。ハナへ行く」

 キュールエサクラ・猿橋助手「ここ2走の勝ちっぷりが良かった。前走のデキは維持している」

 キュールエミヤビ・中尾調教師「動きは良かった。良馬場でやりたい」

 ココフィーユ・斎藤誠調教師「強めの調教後でもテンションが上がらず、落ち着いている」

 ジュランビル・寺島調教師「阪神7Fは3度目。攻め馬を積み、体つきが良くなってきた」

 ノーワン・笹田調教師「時計は出たし、好感触。舞台も合うと思う」

 プールヴィル・庄野調教師「予定より時計は速いが、反応は良かった。レースセンスがいい」

 ホウオウカトリーヌ・大野騎手「少し硬さを感じた前走よりもいいと思う。勝ちにいきたい」

 メイショウケイメイ・南井調教師「無理しないでこの時計。1400メートルでは安定している」

 ラブミーファイン・田所調教師「しまい重点。ひと息入れて、リフレッシュ効果を感じる」

 ラミエル・橋口調教師「使って雰囲気はさらに良くなってきた。1400メートルもこなせる」

 レッドアネモス・友道調教師「相変わらずいい動き。パワーがあるので馬場が渋ってほしい」(夕刊フジ)

★フィリーズRの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【Fレビュー】追って一言2019年3月7日(木) 05:08

 ◆アスタールビー・南井師 「いいスピードがある。操縦しやすいし、1400メートルも大丈夫」

 ◆アズマヘリテージ・河内師 「動きはよかったし、状態も上がっている。この距離で流れてくれれば」

 ◆イベリス・角田師 「放牧でリフレッシュして、いい雰囲気。折り合いもつくタイプで、距離も対応できそう」

 ◆ウィンターリリー・岩戸師 「状態は変わりない。木曜に阪神に移動し、スクーリングする」

 ◆ウォーターエデン・岡田師 「変わりなくきているし、距離が延びるのもいいと思う」

 ◆エイティーンガール・飯田祐師 「今週は整える程度。使いつつ体が増えて、いい状態」

 ◆オトナノジジョウ・高野助手 「先週しっかりやっているので、今週は軽め。理想はハナで、どこまで粘れるか」

 ◆キュールエミヤビ・中尾師 「馬場は軽かったけど、いい動き。良馬場でやりたい」

 ◆ジュランビル・寺島師 「反応もよく、いい動きだった。この条件で走っているし、前めにつけられるのも強み」

 ◆ノーワン・笹田師 「乗り役が乗って時計は出たけど、感触もよかった。舞台は問題ないし、権利を取りたい」

 ◆プールヴィル・庄野師 「予定より時計は速かったけど、反応はよかった。レースセンスのよさを生かしたい」

 ◆ラブミーファイン・田所師 「先週にある程度やっているし、しまい重点で。リフレッシュ効果は大きそう」

 ◆ラミエル・橋口師 「中2週だけど、使って雰囲気はさらによくなっている。1400メートルをこなしてくれれば」

 ◆レッドアネモス・友道師 「相変わらずいい動き。パワーがあるので、馬場が渋ればプラス」

★フィリーズRの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アスタールビーの関連コラム

閲覧 610ビュー コメント 1 ナイス 8



先週は、9(土)に中山競馬場でG3中山牝馬Sが、10(日)には中京競馬場でG2金鯱賞、阪神競馬場でG2フィリーズRが、がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山牝馬Sは、カワキタエンカのペースで前半1000mを59.8秒で通過する流れ。フローレスマジックミッキーチャームワンブレスアウェイあたりが3コーナーを過ぎて早々と並び掛ける展開の中、4頭のうち最も外を通ったフローレスマジックが先頭へと躍り出ます。1番人気に支持されたノームコアを含め内の各馬は伸びあぐね、レースは一気に外差しの様相へと変わっていくと、外を通ったフロンテアクイーンウラヌスチャームアッフィラートデンコウアンジュレイホーロマンスらがまとめて上位争いへ。ハンデ戦らしく、後方各馬がどっと押し寄せてゴール前で大半の馬が横並びになる接戦を制したのは、中団から末脚を伸ばした5番人気フロンテアクイーンでした。残り100mで抜け出すと、ウラヌスチャーム以下外から迫った各馬の追撃を封じ、ハナ差V。15度目の重賞挑戦で、6歳にして初の重賞制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロ山崎エリカプロスガダイプロKOMプロ導師嵐山プロくりーくプロら計9名が的中をマークしています。
 
G2金鯱賞は、雨中のレース(稍重)を、タニノフランケルが逃げて先頭で直線へ。2番手につけたギベオンが早めに抜け出すと、これを追って人気各馬が一気にスパートを開始。直後の3番手から2番人気ダノンプレミアム、さらに後続から1番人気エアウィンザー、離れた外からはリスグラシューあたりも伸びてきます。残り300mを過ぎて、鞍上の右ムチが一発入ったダノンプレミアムが抜け出すと、一瞬にしてその差を2馬身ほどに。外からはただ1頭目立つ伸び脚でリスグラシューがここに迫りますが、再び突き放してダノンプレミアムの独壇場。2着リスグラシューに1馬身1/4差をつけて、日本ダービー以来の9ヶ月半ぶりの実戦で、見事復活Vを成し遂げています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロ岡村信将プロ夢月プロろいすプロら計9名が的中をマークしています。
 
G2フィリーズRも、中京同様に雨に見舞われ稍重馬場で発走を迎えます。ばらついたスタートでの幕開けから、アスタールビーが出ていき先頭へ。直線に入り、アウィルアウェイイベリスジュランビルと、4頭が横並びになっての攻防に持ち込まれると、2列目からはメイショウケイメイプールヴィルラミエルが進出を開始。ここへ、最内に進路を切り替えた12番人気ノーワンも急追する展開。直線半ば、一旦クビほど抜け出したイベリスを、内からノーワンが交わして先頭に立つと、外に持ち出した3番人気プールヴィルも伸びを見せます。イベリスジュランビルの2頭を挟んでの、ノーワンプールヴィルによる優勝争いは、ゴール板で鼻面を併せての際どい勝負となり、最後は写真判定に持ち込まれます。熾烈を極めた攻防は、結局1着同着という結果に。同着優勝を果たしたノーワンプールヴィルと、さらにそこから1/2馬身差の3着に粘り込んだジュランビルまでが、桜花賞への切符を手中にしています。。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロ岡村信将プロKOMプロら4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
9(土)は、中山3R中山5R阪神11Rなどで高精度予想を披露すると、G3中山牝馬Sを◎フロンテアクイーン(単勝10.5倍)で的中!さらにこの日は、阪神12R中山12Rでダメ押し。特に中山12Rは、○◎△3連複669倍の的中含む9万オーバー払戻しを記録しています。10(日)にも中京5Rの▲○◎的中などの好調予想を披露した先週は、トータル回収率133%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は、9(土)中山5R◎▲○的中や、10(日)中山3R◎▲○的中などを披露すると、中山9Rで◎イェッツトフォワードカフェからの3連単的中で、計45万900円払戻しのスマッシュヒットを披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
9(土)は中京3R中山3R中京10Rなどで好配当を記録。さらに、中山牝馬Sも◎フロンテアクイーンで仕留めるなどの活躍を披露し、プラス収支を達成。10(日)には、中山9R阪神12R中京12Rの勝負予想3R全的中のほか、G2フィリーズR的中をマークし、連日のプラス収支を記録しました。土日2日間のトータルでは、回収率114%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(128%←2週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(127%)、馬っしぐらプロ(103%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

アスタールビーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 159ビュー コメント 3 ナイス 21

写真は、上が「グランアレグリア」下の左「フィリアプーラ」下の右が「アウィルアウェイ」です


出走馬・・・出走順

※サトノルミナス・メス・国枝栄厩舎(美浦)・筆頭オーナー
 父:ディープインパクト 母:カトマンドゥ 母父:Country Reel
 兄弟
 ランプルール・2014産(牡)・マンハッタンカフェ産駒、2勝


※グランアレグリア・メス・藤沢和雄厩舎(美浦)
 父:ディープインパクト 母:タピッツフライ 母父:Tapit


※フィリアプーラ・メス・菊沢隆徳厩舎(美浦)
 父:ハービンジャー 母:プリンセスカメリア 母父:サンデーサイレンス
 兄弟
 アルフレード・2015年産(牡)・シンボリクリスエス産駒・GⅠ朝日杯FS・3勝


※アウィルアウェイ・メス・高野友和(美浦)
 父:ジャスタウェイ 母:ウィルパワー 母父:キングカメハメ
 兄弟
 インディチャンプ・2015年産(牡)・スティゴールド産駒、3勝



日曜日

★中山競馬場5R未勝利(芝1,600)にサトノルミナス(メス)国枝栄(美浦)・筆頭オーナーが出走、鞍上は柴山雄一騎手、出走頭数は16頭

前走成績
09/29中山競馬場 芝1,600 新馬戦 1番人気 9着 着差に1,0差 上り3F34,9(3位) J・モレイラ騎手

レース短評
出負けして後方から。3コーナーから気合をつけつつの追走で反応が鈍い。直線で外に出てからもジリジリとした感じで、全くスピードに乗りきれなかった。

レース後コメント
モレイラ騎手「あまりテンのスピードがある方ではないので、距離はもう少し長い方がいいでしょう。中山よりも東京のような直線の長いコースの方が向いている感じがします。まだ経験が必要ですし、これからの馬ですよ」



★阪神競馬場11R桜花賞(芝1,600)にグランアレグリア・メス・藤沢和雄厩舎(美浦)が出走、鞍上はC・ルメール騎手、出走頭数は18頭

前走成績
12/16阪神競馬場 芝1,600 朝日杯FS GⅠ 1番人気 3着 1着差に0,4差 上り3F34,6 C・ルメール騎手

レース短評
イッツクールがハナを主張すると、2番手で折り合いに専念する。直線では早めに勝ち馬がゴーサインを出し、仕掛けを急がされる形になったが、残り1ハロンからラチにつけてしぶとく盛り返す。

レース後コメント
ルメール騎手「スムーズな競馬はできました。ただ、ミルコの馬(アドマイヤマーズ)が外から来ると、(走りの)バランスが悪くなり、内ラチにモタれました」



★阪神競馬場11R桜花賞(芝1,600)にフィリアプーラ・メス・菊沢隆徳厩舎(美浦)が出走、鞍上は丸山元気騎手、出走頭数は18頭

前走成績
01/12中山競馬場 芝1,600 フェアリーS GⅢ 3番人気 1着 2着差に0,0差 上り3F34,5(3位) 丸山元気騎手

レース短評
最内枠から好発だったが、中団のやや後ろに控える。スローになったが、折り合いも良くじっと我慢しての追走。4コーナーでゴチャつくシーンもあったが、うまく外めへ出る。そこからは他馬とは勢いが違った。一気に追い上げ、ゴール寸前で鮮やかに差し切る。切れ味は抜群で、この先も楽しみ。

レース後コメント
丸山元騎手「ゲートは出ましたが、リズム良く走らせることを心掛けたので、あの位置からに。前半にいい感じで折り合えたぶん、しまいははじけてくれましたね」



★阪神競馬場11R桜花賞(芝1,600)にアウィルアウェイ・メス・高野友和(美浦)が出走、鞍上は石橋脩騎手、出走頭数は18頭

前走成績
03/10阪神競馬場 芝1,400 Fレビュー GⅡ 1番人気 7着 着差に0,3差 上り3F35,5 石橋脩騎手

レース短評
出脚良く前へ行くが、アスタールビーが来るとガツンとハミをかんでしまう。直線では伸びずバテずだった。

レース後コメント
石橋脩騎手「後ろからつつかれる形になりました。前に壁がなく、力の配分が前半に偏り、しまいで余力がなくなりました。この馬場も良くなかったのかも」


今回の出走も、怪我無く走って貰いたい!


・・・d(^ v●)bわくわくd(●v ^)bルンルン・・・

 tntn 2019年3月12日(火) 00:37
同着だって!坂井R.Y.U.S.E.I.初G制覇! 
閲覧 135ビュー コメント 47 ナイス 210

**********************************
混戦必至のフィリーズレビュー。

G1経験、重賞好走の馬が人気のなか、
未勝利勝ちしたばかりの「ノーワン」が鞍上坂井瑠星騎手と共に初重賞制覇を決めました!

-----------------------

隣のアスタールビーが先頭へ。。。
少し遅れ出して中団のインでじっと我慢。その前にプールヴィル。

直線向いて先頭から5,6馬身のところに2頭。
前に出た4頭を外から交わしに行くプールヴィル。

その後ろから、迷わず内を突くノーワン。

脚色はノーワンが良い!
残り100で馬郡を突っ切るノーワン。

残り50でノーワンが出る、そこへ外からプールヴィル !

ゴール!。。。どっち?(・・?

--------------------------------------------------------

内かと思いきや、写真判定で同着に!

この枠を貰った段階で、うちを突くレース展開を想定。
「勝ちは勝ちなので」
初重賞制覇の坂井騎手は冷静に答えました。
関係者、そしてこれまでの関わったホースマンに感謝を述べました。

重賞制覇おめでとうございます!🎊
。。。秋山さんも、ヾ(ーー*)

-----------------------

オーストラリアに長期に渡り修行にでていた坂井騎手。
時々戻ってきても光る騎乗を見せていまいた。
あちらで、JソールインパクトでG1初騎乗も有ったりで充実ぶりも伺えます。ヾ(ーー )J?

同期には姫や菜七子さんや藤田さん!ヾ(ーー )同
先日のG1騎乗でもエールを送っていました。
重賞勝ちは木幡巧也さん。勝ち星では100勝越えの極さん。
など先を行かれてますが追いつく勢い坂井RYUSEI騎手。(・・?
。。。熱き2016組!

今回01番に「ワン」だったので。。。これはと考えたのですが、
先に「ノー」が入っていたので消しに。( ノД`)
馬名由来「曲名より。チャンピオンになって欲しい願いを込めて」との事です。。。今見ました。ヾ(ーー )
NOじゃなくKNOWのほうだったのでしょうか。←

勢いよく光る「R.Y.U.S.E.I.」を今度こそ掴みたい!ヾ(ーー )
この日記を「R.Y.U.S.E.I.」を流しながら書いていることは誰知る由もなし。ヾ(ーー )デ
ま、もう次から次と曲は瑠星してますけど♪ ヾ(ーー )

****************

ななこ・6馬身(公式)差圧勝!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=0a9f998d73&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

 モズ@ 2019年3月10日() 17:37
フィリーズレビュー回顧
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 11



12.2-10.8-11.9-11.9-11.7-11.3-12.2

逃げるアスタールビーを
番手外からアウィルアウェイ、
イベリスの2頭がガードした事で
早めの中弛み大勢も、

4番手外のジュランビルが
前3頭に圧を掛けてきたため、
中盤は大きく緩まず淡々と流れる展開。

結果的に後続は馬群が膨れたまま
ダラダラと脚を使う競馬になり、
外差し勢にとってはかなり厳しい流れ。



1着ノーワン

内枠有利の展開になった事と、
先団が早めに仕掛けて
終いが落ちた事が今回の勝因。

3走前の京都未勝利戦でも
終いが落ちる流れで
一頭伸び脚が際立っていたので、
この形が合っているんだと思う。



1着プールヴィル

直線内から外へ持ち出すために
ワンテンポ待った事が良かった印象。

最後はヨレ気味で
2着のようにも見えたが同着。



3着ジュランビル

外を回り続けていて
かなり強引な競馬にはなったが、
そのおかげで今回の展開ができたので
乗り方としては良かったと思う。



7着アウィルアウェイ

乗り難しさは感じる馬だったが、
さすがに先行させるのは想定外。

再加速が利きにくい走法で
基本的には後方から運びたい。



12着キュールエサクラ

外差し展開で期待したが、
この流れではどうやっても無理。





積極的に攻めそうな馬が少なかったので
先行~内有利の展開も考えたが、

キュールエサクラを買いたいがために
外差し展開を仕立てるような予想をして
結果大惨敗。

ただ、内有利の想定を立てても
加速の良さが見えなかったノーワンは買えない。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アスタールビーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アスタールビーの写真

投稿写真はありません。

アスタールビーの厩舎情報 VIP

2019年3月10日フィリーズレビュー G214着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アスタールビーの取材メモ VIP

2019年3月10日 フィリーズレビュー G2 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。