今週の重賞レース

2023年2月5日( 東京新聞杯 G3 きさらぎ賞 G3

フェアリーS G3

日程:2023年1月9日() 15:35 中山/芝1600m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 14

キタウイング

牝3 55.0 杉原誠人  小島茂之 432(0) 1.34.3 35.8 11 34.9 ⑮⑮⑨
2 5 10

メイクアスナッチ

牝3 54.0 戸崎圭太  武市康男 436(+6) 1.34.3 アタマ 12.6 7 35.3 ⑬⑩⑨
3 1 1

スピードオブライト

牝3 54.0 石川裕紀  相沢郁 402(-12) 1.34.6 1 3/4 11.3 6 36.2 ①②②
4 6 12

ブラウンウェーブ

牝3 54.0 菅原明良  宗像義忠 424(-10) 1.34.6 アタマ 171.9 15 35.4 ⑬⑫⑫
5 1 2

リックスター

牝3 54.0 三浦皇成  鹿戸雄一 440(+8) 1.34.7 1/2 20.2 9 36.1 ⑦④⑤
6 2 4

アンタノバラード

牝3 54.0 田辺裕信  伊藤大士 430(+2) 1.34.7 アタマ 23.2 10 35.8 ⑦⑦⑥
7 3 6

ミシシッピテソーロ

牝3 54.0 鮫島克駿  畠山吉宏 424(+2) 1.34.9 1 1/4 7.0 4 36.2 ④⑥⑥
8 4 8

イコノスタシス

牝3 54.0 北村宏司  古賀慎明 480(+4) 1.35.0 1/2 9.6 5 36.4 ④④③
9 2 3

マイレーヌ

牝3 54.0 横山琉人  斎藤誠 494(+2) 1.35.0 ハナ 36.1 12 36.8 ②①①
10 4 7

ディナトセレーネ

牝3 54.0 横山武史  尾関知人 452(+4) 1.35.0 クビ 4.8 2 36.5 ②②③
11 3 5

ヒップホップソウル

牝3 54.0 松山弘平  木村哲也 492(-8) 1.35.1 1/2 4.1 1 36.3 ⑦⑦⑥
12 8 15

ミタマ

牝3 54.0 岩田望来  上村洋行 464(+2) 1.35.2 3/4 39.3 13 35.9 ⑪⑫⑬
13 7 13

チハヤ

牝3 54.0 丹内祐次  加藤誠一 422(-16) 1.36.1 279.4 16 36.3 ⑯⑯⑭
14 5 9

エナジーチャイム

牝3 54.0 C.ルメー  手塚貴久 426(-2) 1.36.2 クビ 6.6 3 37.2 ⑪⑩⑨
15 6 11

ディヴァージオン

牝3 54.0 M.デムー  藤岡健一 428(+8) 1.37.3 19.3 8 38.1 ⑦⑫⑯
16 8 16

ブルーイングリーン

牝3 54.0 山田敬士  小手川準 466(-10) 1.38.7 143.4 14 39.8 ④⑦⑮
ラップタイム 12.1 - 10.8 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.0 - 11.8 - 12.3
前半 12.1 - 22.9 - 34.5 - 46.3 - 58.2
後半 59.8 - 48.0 - 36.1 - 24.1 - 12.3

■払戻金

単勝 14 3,580円 11番人気
複勝 14 920円 13番人気
10 430円 6番人気
1 470円 7番人気
枠連 5-7 7,540円 24番人気
馬連 10-14 21,140円 64番人気
ワイド 10-14 6,640円 67番人気
1-14 6,890円 69番人気
1-10 2,400円 30番人気
馬単 14-10 48,190円 130番人気
3連複 1-10-14 68,150円 205番人気
3連単 14-10-1 517,430円 1,293番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:347,962人(02月04日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【フェアリーS2023特集】3分どころの伸びが増しつつある馬場コンディション!メンバー上位の上がりを出せる馬が優位!

【フェアリーS2023特集】3分どころの伸びが増しつつある馬場コンディション!メンバー上位の上がりを出せる馬が優位!

日曜日の中山芝のレース結果、近年のフェアリーSの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

中山競馬場はCコース開催の3日目。年明け以降、雨量計にあがる降雨はなし。土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。日曜日の朝におけるJRA測定クッション値は9.8。土曜日の朝が9.8、日刊スポーツ賞中山金杯当日の朝は9.7だったので、大きな変化は生じていない。

日曜日の平地芝競走5鞍における勝ち馬の最終4角通過順は5、6、2、5、5番手。経済コース付近を通る先行馬がいい踏ん張りを見せる一方、最後の直線で馬場の3分あたりに進路を取る差し馬の健闘も目を引いた。

実際、上がり3ハロン最速をマークした馬は【3.1.0.1】の好成績。同1~2位のトータルでも【4.3.2.2】の好パフォーマンスを示している。従って、メンバー上位の上がりを出せる馬が有利という捉え方が正解だろう。

月曜日開催中の天気は晴れの見通し(9日7時の時点)。馬場の乾燥が進めば、全体時計や上がりタイムが速くなり、前日の傾向に拍車がかかる可能性もある。その点を考慮すると、枠順にあまり固執せず、末脚のしっかりしたタイプを優先したほうが好結果につながりやすいのではないか。

となれば、頼りになるのは近走でメンバー上位の伸び脚を見せている馬だろう。とりわけ、前走で上がり3ハロン最速をマークしている馬や、近2走とも上がり3ハロン上位(3位以内が目安)でフィニッシュしている馬は、人気の有無にかかわらず押さえておきたいところだ。

今回の出走メンバーで条件を満たしているのは、⑤ヒップホップソウル、⑧イコノスタシス、⑨エナジーチャイム、⑩メイクアスナッチ。よって当欄では、これら4頭を注目株として推奨する。

プロ
予想

【フェアリーS2023特集】波乱前提予想??JRDB馬体診断士「金子京介」×「スガダイ」の注目馬大公開!

【フェアリーS2023特集】波乱前提予想??JRDB馬体診断士「金子京介」×「スガダイ」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×JRDB馬体診断士「金子京介」がフェアリーSを大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) 金子京介(JRDB馬体診断士) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

厩舎
の話

【フェアリーS2023特集】ミシシッピテソーロ「状態は維持できている」 キタウイング「背中の疲れをケアしながらの調整」

【フェアリーS2023特集】ミシシッピテソーロ「状態は維持できている」 キタウイング「背中の疲れをケアしながらの調整」

アンタノバラード・伊藤大師「前走はしまいは伸びたし、田辺騎手も『爆発力がある』と言ってくれた。未勝利戦を勝った舞台で改めて」

エナジーチャイム・手塚師「今週の動きは良かった。ギアが急に入るので、脚の使いどころが難しい馬。後ろから行く競馬が板につけば」

キタウイング・小島師「背中の疲れをケアしながらの調整。今の段階では後ろで脚をためていった方がいい」

スピードオブライト・相沢師「中山なら1600メートルもこなせるはず」

チハヤ・加藤誠師「調子は悪くないが、適性ははかりかねる」

ディヴァージオン・藤岡師「遅れはしたけど、動きは悪くない。スピードがあるので、1600メートルならそれを生かせるかなと思う」

ヒップホップソウル・太田助手「前後のバランスを取るのに苦労していますが、徐々に整ってきています」

ブラウンウェーブ・宗像師「マイルのほうが自在にポジションを取れると思う」

ブルーイングリーン・小手川師「新馬戦はまだまだ緩い中での勝利。競馬がすごく上手だから中山は合う」

ミシシッピテソーロ・畠山師「好走の反動もなく状態は維持できている。前走のような競馬ができれば中山でも」

ミタマ・上村師「レース運びがうまくて、輸送も心配ないと思います。初勝利に思ったよりも時間がかかったけど、真ん中から内めの枠ならやれてもおかしくないと思います」

メイクアスナッチ・武市師「カイ食いはいいし、調整過程も言うことなし。ただ、マイルはぎりぎりかもしれない」

リックスター・鹿戸師「前走は強い勝ち方。まだイライラする面はあるけど、能力はある。競馬が上手だし、中山のマイルにも対応できる」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【フェアリーS2023特集】6項目で減点なしはリックスター、イコノスタシスら6頭

【所属】

2013年以降(過去10年)、美浦所属馬の【10.8.9.104】に対し、栗東所属馬は【0.2.1.26】と形勢不利。しかも後者の2着連対圏入りは、前走が条件クラス以上のレースで2着以内、または牡牝混合戦で1着だった馬に限定される。前走3着以下敗退の関西馬や、牝馬限定戦で初勝利を挙げた直後の関西馬は、評価を下げたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
⑮ミタマ

【キャリア】

2013年以降の1~3着馬30頭のキャリアをみると、1戦から6戦までの間。その一方、キャリア1~2戦の複勝圏入りは美浦所属馬だけ。実戦経験が少ない栗東所属馬は、劣勢を強いられている。

(減点対象馬)
⑪ディヴァージオン

【前走クラス】

2013年以降の2着以内馬20頭の前走クラス(レース格)を検証すると、G3、1勝クラス(旧500万下)、新馬、未勝利の4パターン。G1、G2、OP特別、地方からの転戦馬は例外なく3着以下に敗れている。また新馬組の2着連対圏入りは、東京芝1600m1着からの参戦馬のみ。頭に入れておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
①スピードオブライト ④アンタノバラード ⑥ミシシッピテソーロ ⑨エナジーチャイム ⑪ディヴァージオン ⑫ブラウンウェーブ ⑬チハヤ ⑭キタウイング ⑯ブルーイングリーン

【前走距離】

2013年以降の1~3着馬の前走使用距離を確認すると、1200mから2000mまで幅広い。なお、前走マイル未満組の2着連対圏入りは、前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内、かつ前走の単勝人気が1番人気だった馬に限られる。前走から距離延長の臨戦馬を狙う場合は、前走で高い支持を集め、なおかつメンバー上位の末脚を見せていた馬を優先したい。

(減点対象馬)
①スピードオブライト ④アンタノバラード ⑨エナジーチャイム ⑫ブラウンウェーブ ⑯ブルーイングリーン

【前走着順】

前走の着順に関しては、芝の1600m以上なら不問だが、ダートや芝1600m未満の場合は1着がマスト。2013年以降、ダート敗退および芝1600m未満敗退からの臨戦馬は、3着以内ゼロと低調な結果に終わっている。

(減点対象馬)
①スピードオブライト ④アンタノバラード ⑨エナジーチャイム ⑫ブラウンウェーブ ⑬チハヤ

【前走馬体重】

2013年以降の1~3着馬の前走馬体重をみると、396キロから490キロまで広範囲にわたる。ただし、420キロ未満の2着連対圏入りは、前走が芝1600m以上のレースで1着だった馬のみ。前走敗退ならびに前走が1600m未満だった小ぶりな馬は、扱いに注意したほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
①スピードオブライト

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、②リックスター、③マイレーヌ、⑤ヒップホップソウル、⑦ディナトセレーネ、⑧イコノスタシス、⑩メイクアスナッチの6頭。

主役候補筆頭には②リックスターを抜擢したい。2013年以降の3着以内馬30頭中16頭を占める、前走新馬・未勝利組に該当。そのなかでも、東京の新馬戦を勝っての参戦馬は【2.1.3.6】と高値安定の成績を収めている。注目に値する1頭だ。

同じく前走新馬・未勝利組の⑧イコノスタシスを2番手に。以下は、③マイレーヌ、⑤ヒップホップソウル、⑦ディナトセレーネ、⑩メイクアスナッチの4頭横並びの評価とする。

<注目馬>
リックスター ⑧イコノスタシス ③マイレーヌ ⑤ヒップホップソウル ⑦ディナトセレーネ ⑩メイクアスナッチ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【フェアリーS2023特集】好走確率の高いU指数83以上をマークした上位勢を信頼!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数下位の激走も頻繁に見られる難解な一戦だが、指数の低い馬が上位を独占することは皆無に近い。直近5年はすべて83以上の指数を持った馬が1頭以上馬券に絡んでおり、2021年以外の4回は1位か2位のいずれかが2着連対を果たしている。馬券の中心は指数83以上の上位馬というスタンスで臨めば、予想が大きく狂うことはないだろう。

最上位に評価できるのは、2戦2勝とまったく底を見せてない1位タイ⑩メイクアスナッチ(87.0)。初めてのマイル戦になるが、血統背景やこれまでの余裕のある競馬内容からもこなせる公算は大きいと判断する。当然、軸馬候補だ。

次いで注目するのは、前走の阪神JFで5着と掲示板内に好走した3位⑥ミシシッピテソーロ(86.9)。強敵相手に揉まれた経験を活かすことができれば、ここも上位争いに加わってくるだろう。

以下、新馬戦を勝った直後の2戦目の京王杯2歳Sで3着に入った実績を持つ1位タイ①スピードオブライト(87.0)と、デビューから3戦続けてルメール騎手が手綱を取るノーザンファーム生産の期待馬の4位⑨エナジーチャイム(85.3)をピックアップする。

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:347,962人(02月04日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【フェアリーS2023特集】ブラックタイド&ディープインパクト全兄弟は後継種牡馬も活躍

【フェアリーS2023特集】ブラックタイド&ディープインパクト全兄弟は後継種牡馬も活躍

シンプルながらもサンデーサイレンスの直系が有力で、とくにブラックタイド、ディープインパクト、オンファイア全兄弟の産駒が幅を利かせている。前2者においては後継種牡馬の産駒も活躍が目立ち、昨年はキタサンブラック(=父ブラックタイド)産駒のビジュノワールが7番人気3着、2年前にはキズナ(=父ディープインパクト)産駒のファインルージュが3番人気1着と好走していた。

また、冬の中山で施行される重賞ということもあり、基本的にはパワーや底力を強調できるタイプが狙い目。過去には15年ノットフォーマル(父ヴァーミリアン)、16年ビービーバーレル(父パイロ)とダートで実績を残した種牡馬の産駒も勝ち馬として名を連ねており、17年ライジングリーズンにおいてはブルーコンコルドの姪にあたる続柄だった。ほか、近年はデインヒルを筆頭にDanzigの血脈を保持する馬も上位を賑わせている。

ヒップホップソウルは、父キタサンブラック×母ダンスファンタジア(母の父ファルブラヴ)。同産駒からは昨年3着のビジュノワールが出ており、「父ブラックタイド(=ディープインパクト)系×母の父ファルブラヴ」となる配合は19年3着グレイスアンを想起させる。本馬においては母が11年フェアリーSの勝ち馬となるため、母仔制覇のかかった一戦としても注目だろう。一方、この母の父らしい気難しさが垣間見えるので、今回も折り合いが鍵。

ミシシッピテソーロは、父ダノンバラード×母ハピネスフォーユー(母の父A.P. Indy)。同産駒は初出走となるが、ディープインパクトの直系であることは念頭に置くべきだろう。なお、「ディープインパクト系×Seattle Slew系」となる大まかな配合は21年1着ファインルージュと共通。2代母ソフォリフィクがファインモーションと同い年の従姉妹という血統背景も興味深く、同馬を介してデインヒルの血脈を保持することも傾向から強調しやすい。

ディナトセレーネは、父レッドファルクス×母ダイワミランダ(母の父ハービンジャー)。近親にダイワメジャーやヴァーミリアンがいる血統で、2代母ダイワスカーレットは桜花賞や有馬記念など重賞を6勝した女傑。なお、昨年の勝ち馬ライラックとは3代母同士が全姉妹の間柄であることを特筆できるだろう。芝とダートで活躍した父の産駒であることも評価しやすく、東京で切れ負けしていた様子からも未勝利を勝った中山替わりで改めて。

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【フェアリーS2023特集】隠れ中山マイル巧者の関東の若手が大仕事をやってのける!

【フェアリーS2023特集】隠れ中山マイル巧者の関東の若手が大仕事をやってのける!

編集部(以下、編) 金杯デーのあと1日挟んで3日連続という、怒涛の変則開催の最終日を迎えます。

新良(以下、新) 覚悟していた通りなかなかハードな日々が続いていますが、競馬好きにとってはある意味幸せな時間かもしれませんね。

編 年末年始の変則開催が終わると、来週からはしばらく通常開催が続きますので、月曜日までトコトン競馬を楽しんで、そのうえで馬券に勝利できるように頑張りましょう。

新 現時点で日曜日の結果はわかりませんが、土曜日はイマイチだったので、月曜日は土曜日のぶんを取り返せるように全力を尽くします。

編 よろしくお願いします。月曜日に組まれている重賞はフェアリーSです。なにか狙い目になる乗り替わり馬はいますか?

新 団野大成騎手から横山琉人騎手に乗り替わる③マイレーヌに期待しています。

編 なかなか渋いところを攻めますね~。

新 横山は横山でも、武史でも和生でも典弘でもなく、意外にも琉人!? そう思われたのではないでしょうか(笑)。

編 はい(笑)。ご想像の通りです。だからこそ、推奨根拠を知りたいです。

新 イメージ的には、重賞で横山琉騎手を狙うのは無理があると感じるかもしれませんが、じつは中山芝1600mに限れば無謀というわけではないんです。

編 そうなんですね。このコースはとくに乗れていると?

新 めちゃくちゃ乗れています。2020年以降の勝率は14.3%と高く、複数回勝利している騎手かつこのレースのメンバーのなかでは、横山武騎手、ルメール騎手、M.デムーロ騎手に次ぐ4位と立派な成績を残しているんです。

編 数字だけ見れば、トップジョッキーにまったく引けを取りませんね。

新 騎乗馬の質を考えると、リーディング上位と遜色なし、という評価を与えることができます。本当に得意にしているんでしょうね。

編 ただやはり、重賞の壁のようなものが心配になります……。

新 ご指摘の通り、勝利しているのは下位クラスのレースが中心です。でも、これは上のクラスで勝てないというのではなく、そもそも騎乗する機会が少ないだけ。昨年末は2勝クラスの特別戦に勝っていますので、とくに心配する必要はないでしょう。

編 ここでも臆することはないとみているわけですね。

新 はい。これまで挙げた勝利は逃げ先行脚質の馬に集中していますので、前に行くタイプのマイレーヌとは手が合うと思います。未勝利戦を勝ったときがそうだったんですが、ペースを落として逃げるよりも、ハイペースで後続に脚を使わせたほうが良さそうなので、玉砕覚悟で先手を主張するのではないでしょうか。

編 内枠を引けましたし、前に行ってしぶとい馬ですので、行ききれたらチャンスが生まれそうですね。

新 そんな展開になってほしいです。馬は6戦して5着以下がない堅実派で、前走は昇級初戦かつ初の阪神遠征ながらも、逃げて3着に好走しました。どんな条件下でも、相手なりに走れるタイプなのでしょう。

編 重賞でもその堅実さを見せてくれればと……。

新 そう期待したくなりますよね。前走で急坂も問題ないことがわかりましたし、千八を勝っている経験が、マイル戦でのスタミナ比べに活きてくると思われます。

編 人気はまったくありませんから、ワクワクしてきますね。

新 マイレーヌを管理する斎藤誠厩舎は昨年の関東リーディングで、生産者の服部牧場はトウシンマカオが11月の京阪杯を勝つなど、陣営に勢いもあります。この馬もそれに続いてほしいです。

編 あとは隠れ中山マイル巧者の横山琉騎手に託すのみですね。

新 関東の若手のなかでは上位の成績を収めている騎手の1人で、前日の8日に誕生日を迎えて気分も乗っているはず。ここで大仕事をやってのけてもらいましょう!

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
マイレーヌ
過去10年の結果

【フェアリーS2023特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2022年1月10日() 中山/芝1600m
天候:曇 馬場:
フェアリーステークス2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 ライラック M.デムーロ 1:35.2 7.1 5 34.7 89.8
2 3 スターズオンアース 石橋脩 1:35.3 クビ 4.3 1 35.1 89.0
3 2 ビジュノワール 大野拓弥 1:35.5 1 1/4 17.8 7 34.9 87.5
4 16 フィールシンパシー 坂井瑠星 1:35.5 クビ 35.0 10 35.5 87.5
5 7 ブルトンクール 菅原明良 1:35.6 クビ 78.9 13 35.5 86.7
2021年1月11日() 中山/芝1600m
天候:曇 馬場:
フェアリーステークス2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ファインルージュ C.ルメール 1:34.4 5.5 3 35.0 94.3
2 15 ホウオウイクセル 丸田恭介 1:34.8 2 1/2 20.8 8 35.2 91.3
3 1 ベッラノーヴァ 丸山元気 1:34.9 13.9 6 34.9 90.5
4 8 テンハッピーローズ 福永祐一 1:35.1 2.6 1 36.1 89.0
5 6 ネクストストーリー 杉原誠人 1:35.3 30.6 11 36.1 87.5
2020年1月13日() 中山/芝1600m
天候:晴 馬場:
フェアリーステークス2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 スマイルカナ 柴田大知 1:34.0 8.4 3 35.0 95.7
2 8 チェーンオブラブ 石橋脩 1:34.4 2 1/2 17.7 7 34.4 92.7
3 5 ポレンティア 池添謙一 1:34.6 1 1/4 12.1 5 35.0 91.2
4 10 シャインガーネット O.マーフィー 1:34.6 アタマ 3.9 2 35.3 91.2
5 3 ソーユーフォリア 武藤雅 1:34.7 1/2 74.0 9 35.4 90.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【フェアリーS2023特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬ライジングリーズン
2017年の優勝馬ライジングリーズン

中山芝1600mを舞台に争われる、桜花賞に向けての主要ステップレース。1200m戦からマイル戦に変更された第25回(2009年)の覇者ジェルミナルは、桜花賞3着、オークス3着と、春のクラシックで好成績を収めた。大荒れになることの多いレースとしても知られ、第26回(2010年)のコスモネモシン(11番人気)、第29回(2013年)のクラウンロゼ(10番人気)、第31回(2015年)のノットフォーマル(11番人気)、第33回(2017年)のライジングリーズン(10番人気)と、2桁人気の伏兵の勝利が後を絶たない。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:347,962人(02月04日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

フェアリーS特集 バックナンバー

トップへ