会員登録はこちら
フェアリーステークス G3   日程:2020年1月13日() 15:35 中山/芝1600m

レース結果

フェアリーステークス G3

2020年1月13日() 中山/芝1600m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分30秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

スマイルカナ

牝3 54.0 柴田大知  高橋祥泰 420(+4) 1.34.0 8.4 3
2 4 8

チェーンオブラブ

牝3 54.0 石橋脩  小笠倫弘 458(-10) 1.34.4 2 1/2 17.7 7
3 3 5

ポレンティア

牝3 54.0 池添謙一  田中博康 492(+4) 1.34.6 1 1/4 12.1 5
ラップタイム 12.1 - 11.1 - 11.7 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 12.0
前半 12.1 - 23.2 - 34.9 - 47.0 - 59.0
後半 59.1 - 47.0 - 35.0 - 23.2 - 12.0

■払戻金

単勝 1 840円 3番人気
複勝 1 280円 3番人気
8 380円 6番人気
5 330円 4番人気
枠連 1-4 1,930円 9番人気
馬連 1-8 4,510円 15番人気
ワイド 1-8 1,380円 14番人気
1-5 1,510円 15番人気
5-8 2,160円 23番人気
馬単 1-8 8,320円 29番人気
3連複 1-5-8 15,040円 44番人気
3連単 1-8-5 93,230円 262番人気

フェアリーステークスのニュース&コラム

【乗り替わり勝負度チェック!】日経新春杯 人馬ともに京都巧者の最強コンビを狙い撃ち!
当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。 ※データは2016年以降の結果をもとに集計 編集部(以下、編) 先週は勝利こそ挙げられなかったものの、4頭中2頭が複勝圏内に入って複勝回収率は140%。とくにフェアリーSで7番人気2着と健闘したチェーンオブラブの推奨はお見事でした。 新良(以下、新) 全敗スタートの2020年とならなくてよかったです。今年もコンスタントに的中をお届けできるように頑張ります。 編 今週もよろしくお願いします。真っ先にお伺いしたいのは、今年最初のG2となる日経新春杯。このレースで推奨したい乗り替わりはありますか? 新 酒井学騎手から武豊騎手に乗り替わった②レッドジェニアル。これしかない、という感じですね。 編 これしかない! かなり力が入っていますね。 新 酒井騎手はついに乗り替わりを宣告されてしまった、というところかもしれませんが、手綱の渡った相手が武豊騎手となれば、ファンとしては大歓迎しないわけにはいきません。 編 大幅なパフォーマンスアップが期待できると? 新 間違いないでしょうね。武豊騎手が京都を得意にしているのは周知の事実で、芝2400mの勝率は、2016~2018年が38.5%、2019年以降が25.0%と高いレベルで安定しています。昨年の菊花賞のワールドプレミア。あの騎乗が、まさに京都における真骨頂と言っていいでしょう。 編 馬自身も京都では良績を残しています。 新 それも大きいです。京都新聞杯を制しているだけでなく、ほかのレースでも崩れていません。距離も3000mよりは2400mのほうがいいでしょう。 編 加えて、好枠を引けたという印象です。 新 はい。この2番枠は確実にプラスに働くと思います。菊花賞は外を回ってしまったことが敗因のひとつ。それこそ、ワールドプレミアのような競馬ができていたら、もっと上に来ていたかもしれません。今の京都はインを通るほうが断然有利。武豊騎手が菊花賞と同じように乗ってくれば、勝利はグッと近づくでしょう。 編 直線で前が詰まりでもしない限り、凡走はなさそうですね。期待しましょう。中山で組まれている京成杯のほうがいかがですか? 新 こちらはルメール騎手から石橋脩騎手に乗り替わる⑨キムケンドリームに注目しています。 編 ルメール騎手はスカイグルーヴに乗りますので、選ばれなかったというか、あまり良いイメージが……。 新 確かに、この乗り替わりは大きなプラスというわけではありません。私は、あくまで妙味込みで推奨しました。「ルメール騎手に捨てられて、石橋騎手が乗ることになった」と考えるファンがいて、オッズが甘くなってくれれば万々歳です。 編 なるほど。馬自身の能力を高く評価しているわけですね。 新 はい。キムケンドリームは非ノーザンファーム系ながら、ルメール騎手がデビューから2戦続けて騎乗しました。これはなかなかレアなケースで、それだけ陣営から素質を買われていると考えられます。 編 捨てられたのではなく、メンバー的にやむを得ず乗り替わることになったのではないかと? 新 そういうことです。石橋騎手は年明けから好調で、現在は関東リーディング2位。先週のフェアリーSでも、先ほどの名前の挙がったチェーンオブラブで好騎乗を見せました。当然、ここも期待できるでしょう。 編 わかりました。けっこう人気を落としそうですので、ちょうどいい狙い目になりますね。今週も石橋騎手に穴をあけてもらいましょう! ★その他の注目乗り替わり★ 土曜小倉10R ④ゲンパチルシファー(中井裕二→川田将雅) 土曜小倉11R ⑩ランドネ(藤岡康太→吉田隼人) 【プロフィール】 新良武志(しんら・たけし) かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。
2020年1月17日(金) 17:00 NEW!

 909

【フェアリーS】スマイルカナ、快“笑”重賞初V
 フェアリーステークスが13日、中山競馬場でフルゲート16頭で争われ、柴田大騎乗の3番人気スマイルカナが逃げ切って重賞初制覇を飾った。春の最大目標は桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)になるもよう。2馬身半差の2着が7番人気チェーンオブラブで、1番人気アヌラーダプラは6着に終わった。 白い弾丸娘が、新春の中山を風のように駆け抜けた。3番人気のスマイルカナが2着に2馬身半差をつける逃げ切り勝ち。柴田大騎手は検量室前で「やったー!」と快哉(かいさい)を叫んだ。 最内枠からロケットスタートを切ると迷わず先頭へ。道中で1ハロン12秒台のラップに落として息を入れると、心臓破りの急坂で後続を一気に突き放した。 「スタートが速かったし、馬のリズムを崩さないように乗りました。前走よりイレ込んでいたので不安になったんですけど、馬の力を信じてよかったです」 2018年カペラS(コパノキッキング)以来の重賞Vとなった鞍上は、瞳を潤ませながら喜びを口にした。昨年は重賞を勝てず、勝利数も“18”と、11年から続けてきた年間20勝以上も達成できなかった。「いろいろと工夫して乗っているんですけどね…。競馬で勝つって、本当に難しいです」と苦悩を吐露したこともあった。それだけにGIを意識させるパートナーの出現は、復活への起爆剤になるはずだ。 管理する高橋祥調教師にとっては03年根岸S(サウスヴィグラス)以来17年ぶりのJRA重賞制覇。「〔1〕枠だと知った瞬間、神のお告げかなと。これは(ハナに)行かなきゃと思った」と周囲を笑わせ、「チャカチャカしていたけど、目が落ち着いていたので行っても大丈夫と話していた。いいバネがありますね」と素質に改めてほれ込んだ。 今後のローテーションは未定だが、春の最大目標は桜花賞になる見込みだ。ハナを切れば3戦3勝。その逃げ脚は同じ芦毛のディープインパクト産駒で、世界を相手に香港カップとイスパーン賞を制した叔父エイシンヒカリを思い起こさせる。「気性が前向きでギアもある。テンションが高くなりがちなので、抑えながらやってきたいですね」。大知とカナの名コンビは、さらなる大舞台で笑顔をはじけさせるつもりだ。 (漆山貴禎)スマイルカナ 父ディープインパクト、母エーシンクールディ、母の父ディストーティドヒューマー。芦毛の牝3歳。美浦・高橋祥泰厩舎所属。北海道新ひだか町・木田牧場の生産馬。馬主は岡田繁幸氏。戦績4戦3勝。獲得賞金5281万2000円。重賞は初勝利。フェアリーSは高橋祥泰調教師、柴田大知騎手ともに初勝利。馬名は「笑顔+人名」。★13日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら
2020年1月14日(火) 05:04

 641

【フェアリーS】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添騎手(ポレンティア3着)「以前より馬はしっかりしていた。ただ昨夏以来でスタートがもうひとつ。そこが悔やまれる」 ◆マーフィー騎手(シャインガーネット4着)「リラックスしていたし、あの位置で進めた。能力は確か。伸び切れなかったのは、成長途上だからだと思う」 ◆武藤騎手(ソーユーフォリア5着)「マイルで折り合えたのは収穫。ただ距離のぶんか坂のあたりで止まった」 ◆鮫島良騎手(ウインドラブリーナ7着)「ペースが上がったときにもたついたのが…」 ◆木幡巧騎手(フルートフルデイズ8着)「タメは利いていたが、伸びがジワジワという感じだった」 ◆野中騎手(セイウンヴィーナス9着)「少なくとも1800メートルはほしい」 ◆横山和騎手(メイプルプレゼント10着)「しまいに脚を使っていた。内容は悪くない」 ◆田辺騎手(カインドリー11着)「うまく流れに乗れた。もう少し距離が延びても良さそう」 ◆北村宏騎手(ダイワクンナナ13着)「パドックや返し馬で、ずっとエキサイトしていた」 ◆吉田隼騎手(ペコリーノロマーノ14着)「終始右にもたれていた。距離も少し長かったかも」 ◆藤田騎手(ニシノステラ16着)「現状ではダート向きっぽいかなという走り」★13日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら
2020年1月14日(火) 05:03

 830

【フェアリーS】アヌラーダプラ、距離敗因6着
 1番人気のアヌラーダプラは6着に敗れ、デビュー3戦目で初黒星。先行勢を見ながら中団を進み、直線でうまく外のスペースへ持ち出したが、自慢の末脚は不発に終わった。初騎乗だったルメール騎手は「少し力んだね。もう少し折り合えないと。距離も少し長いみたい。坂を上るところでけっこう疲れていた」と距離を敗因に挙げた。★13日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら
2020年1月14日(火) 05:03

 469

フェアリーステークスのニュースをもっと見る >

【フェアリーS】アヌラーダプラ手応え絶好
 無傷連勝中のアヌラーダプラは、美浦Wコースでクレディブルと併せ馬。2勝クラスの古馬を楽々追走し、追えば弾けそうな絶好の手応えで併入した。 「バネや走りのバランスはいい。一瞬の瞬発力はすごそうですね。一気にスイッチが入る難しさはあるけど、それを確認できたのも良かった」と津村騎手は前向き。中山マイルの新馬戦を最速の切れ味で完勝しているのも心強い。(夕刊フジ)★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月9日(木) 11:14

 890

【フェアリーS】ペコリーノロマーノ鋭い伸び脚
 ファンタジーSで7着のあと、つわぶき賞ですぐに巻き返しVを決めたペコリーノロマーノは美浦坂路で単走。しまい重点にラスト1F12秒1とシャープな伸び脚を披露した。 「体がしっかりしてきた。いい意味で変わりなく来ている。一本調子ではないのでマイルはもつ。どんな競馬をしてくれるか楽しみ」と、久保田調教師は声を弾ませる。(夕刊フジ)★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月9日(木) 11:06

 482

【フェアリーS】ダイワクンナナ、大物誕生の予感
 <美浦トレセン> ダイワクンナナは、東京マイルの新馬戦を3馬身半差で圧勝。GI4勝を挙げた母ダイワスカーレットからついに大物誕生の予感だ。「レースを使った後も落ち着いているし、状態は初戦と同じくらいいいと思う。競馬が上手だし、右回りも大丈夫だろう」と国枝調教師。 つわぶき賞を制したあともペコリーノロマーノは順調に調整がなされている。久保田調教師は「使われて前向きになっているが、一本調子でないのでマイルはもつ。中山は流れが速くなりそうだし、根性もある。どんな競馬をしてくれるか、楽しみ」と期待を込める。 シャインガーネットは新馬-赤松賞を連勝中。「初戦は少し(反応が)渋いところがあったけど、前走は上手に競馬をした。先週の追い切りに乗ったジョッキーもいい感触をつかんでくれている」と栗田調教師はムードの良さを語る。 <栗東トレセン> ウインドラブリーナは一戦ごとにレースぶりが良化。マイルに距離を延ばした3戦目で初勝利を挙げた。飯田雄調教師は「状態は変わりない。いい根性があってこれからまだよくなりそう」とうなずいた。★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月9日(木) 05:09

 2,204

プロ予想家の的中情報


フェアリーステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月13日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv116 
380円 38,000円
Lv116 

4,510円
1,380円
200,600円
Lv111 
380円 38,000円
Lv111 
840円 84,000円
Lv111 
4,510円 18,040円

的中情報をもっと見る >

フェアリーステークス過去10年の結果

2019年1月12日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2018年1月7日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2017年1月8日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フェアリーステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1600m

この時期に中山芝1600mで施行されるようになった2009年以降の3連単平均配当は20万超。11回中6度の6桁配当が出現している波乱の一戦である。以前は力試しに阪神JFへ参戦し着外に敗れた馬の巻き返しが目立っていたが、アルテミスSの創設など関東エリアでの牝馬路線の整備が進んだこともあり、2013年3着のサンブルエミューズを最後に前走阪神JF組は馬券に絡んでいない。前走距離別では1600m出走馬が10勝、2着6回、3着6回と好成績で、近年は新馬戦1着馬や500万下敗退馬が好走している。なお、2014年以降の勝ち馬はすべて1勝馬であり、2勝以上馬は2019年のホウオウカトリーヌ(2勝馬)の2着が最先着となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

フェアリーステークスの歴史と概要


2017年の優勝馬ライジングリーズン

中山芝1600mを舞台に争われる、桜花賞に向けての主要ステップレース。1200m戦からマイル戦に変更された第25回(2009年)の覇者ジェルミナルは、桜花賞3着、オークス3着と、春のクラシックで好成績を収めた。大荒れになることの多いレースとしても知られ、第26回(2010年)のコスモネモシン(11番人気)、第29回(2013年)のクラウンロゼ(10番人気)、第31回(2015年)のノットフォーマル(11番人気)、第33回(2017年)のライジングリーズン(10番人気)と、2桁人気の伏兵の勝利が後を絶たない。

歴史と概要をもっと見る >

フェアリーステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年1月18日(
愛知杯  G3
2020年1月19日(
日経新春杯  G2
京成杯  G3

競馬番組表

2020年1月18日(
1回中山6日目
1回京都6日目
1回小倉1日目
2020年1月19日(
1回中山7日目
1回京都7日目
1回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 リスグラシュー 牝6
88,738万円
4 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
8 ワグネリアン 牡5
49,274万円
9 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
10 フィエールマン 牡5
42,004万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る