会員登録はこちら
フェアリーステークス G3   日程:2019年1月12日() 15:35 中山/芝1600m

フェアリーステークスデータ分析

コース図中山芝1600m

この時期に中山芝1600mで施行されるようになった2009年以降の3連単平均配当は24万7598円。10回中6度の6桁配当が出現している波乱の一戦である。以前は力試しに阪神JFへ参戦し着外に敗れた馬の巻き返しが目立っていたが、アルテミスSの創設など関東エリアでの牝馬路線の整備が進んだこともあり、2013年3着のサンブルエミューズを最後に前走阪神JF組は馬券に絡んでいない。前走距離別では1600m出走馬が9勝、2着6回、3着5回と好成績で、近年は新馬戦1着馬や500万下敗退馬が好走している。なお、2014年以降の3着以内馬はすべて1勝馬であり、2勝馬は2015年2番人気コートシャルマン(りんどう賞1着)、2016年4番人気クードラパン(サフラン賞1着)、2017年3番人気コーラルプリンセス(赤松賞1着)などが出走も、4着が最先着となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
波乱傾向のレースながら、2009年以降は必ず1頭は1~3番人気馬が3着以内に入っている。前走が阪神JFなら関東or北海道での出走経験がある馬、新馬戦なら前走1番人気、500万特別なら前走2~4番人気の惜敗馬からチョイスしたい。その一方、2011年、2018年を除き10番人気以下の馬が穴をあけており、前走東京芝1600m組は4戦2勝、2着1回。また、前走中山芝戦組は距離短縮馬の一発が多い。高配当を狙うなら、2009年以降の9回中7回が該当する、1~3番人気×4~8番人気×10番人気以下がベストの組み合わせか。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 4-2-1-12 21.1% 31.6% 36.8% 71.6% 54.7%
2番人気 3-3-5-8 15.8% 31.6% 57.9% 63.2% 98.9%
3番人気 4-2-1-12 21.1% 31.6% 36.8% 134.7% 89.5%
4番人気 0-2-3-14 0.0% 10.5% 26.3% 0.0% 72.1%
5番人気 0-1-1-17 0.0% 5.3% 10.5% 0.0% 43.7%
6~9番人気 2-5-4-65 2.6% 9.2% 14.5% 43.6% 63.8%
10番人気以下 6-4-4-117 4.6% 7.6% 10.7% 268.9% 113.1%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
2.0~2.9倍 2-2-1-3 25.0% 50.0% 62.5% 58.8% 81.3%
3.0~4.9倍 5-1-5-13 20.8% 25.0% 45.8% 87.1% 76.3%
5.0~7.9倍 4-5-4-22 11.4% 25.7% 37.1% 73.1% 92.9%
8.0~14.9倍 1-3-3-38 2.2% 8.9% 15.6% 32.4% 56.0%
15.0~19.9倍 1-2-2-19 4.2% 12.5% 20.8% 77.1% 105.0%
20.0~49.9倍 3-5-2-64 4.1% 10.8% 13.5% 134.9% 92.2%
50.0倍以上 3-1-2-85 3.3% 4.4% 6.6% 277.5% 97.8%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 8,330円 230円 2,511円
複勝 1,880円 130円 461円
枠連 10,350円 640円 3,392円
馬連 39,140円 1,890円 14,130円
ワイド 8,410円 250円 2,736円
馬単 109,860円 2,750円 31,482円
3連複 61,660円 2,750円 27,572円
3連単 515,610円 13,600円 227,502円

【脚質】
トリッキーな中山外回りでの若駒戦とあって、脚質にも面白い傾向が出ている。2013年クラウンロゼ(10番人気)、2015年ノットフォーマル(11番人気)など逃げ馬が2009年以降3勝、3着2回と波乱を演出する一方で、2017年ライジングリーズン(10番人気)をはじめ差し馬も5勝している。本来有利である先行勢は不振が続いており、2010年アプリコットフィズ、2017年アエロリットなどが人気で取りこぼしている。軸としては買えるが、先行勢のアタマ狙いは危険と考えたほうがいい。なお、キャリアが浅く脚質もまだ固まっていない馬も少なくないが、前走で逃げていた馬は1頭も3着以内に入っていないことを付け加えておく。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 3-0-3-16 13.6% 13.6% 27.3% 568.2% 190.0%
先行 5-11-6-53 6.7% 21.3% 29.3% 27.3% 102.5%
差し 10-6-8-84 9.3% 14.8% 22.2% 242.8% 115.7%
追込 1-2-2-92 1.0% 3.1% 5.2% 29.8% 21.9%

【枠順】
スタートしてから200mほどで2コーナ-に入るため、外枠に不利な設計の中山芝1600mコース。このレースも例外ではなく、2009年以降1~4枠が7勝(3着以内18回)なのに対し、5~8枠は3勝(3着以内12回)。2018年こそ外枠勢が上位を占めたが、それ以外は1~4枠が連対を果たしている。ただし2番枠は、2010年メジロオードリー(3番人気)、2015年コートシャルマン(2番人気)が4着となるなど1頭も3着以内に入っていない。逆に外枠でも馬番15番は2014年以降【1.2.0.1】と大活躍で、人気薄の激走が顕著となっている。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-2-4-31 2.6% 7.9% 18.4% 11.8% 68.2%
2枠 6-5-4-23 15.8% 28.9% 39.5% 188.9% 143.4%
3枠 2-1-3-31 5.4% 8.1% 16.2% 294.1% 152.4%
4枠 5-1-1-31 13.2% 15.8% 18.4% 294.2% 87.9%
5枠 1-1-1-35 2.6% 5.3% 7.9% 176.8% 32.1%
6枠 0-1-3-34 0.0% 2.6% 10.5% 0.0% 77.9%
7枠 1-6-2-28 2.7% 18.9% 24.3% 12.4% 64.9%
8枠 3-2-1-32 7.9% 13.2% 15.8% 178.7% 76.1%

【血統】
勝ち馬の父はバラエティーに富むが、サンデーサイレンス系が優勢で、2013年の上位3頭の父はロサード、オンファイア、ダイワメジャーという面々だった。非サンデー系産駒は2勝で、サンデーサイレンスの血をまったく持たなかったのは、父パイロ×母父シルヴァーホークという配合だった2016年のビービーバーレルのみ。2015年ノットフォーマルは父ヴァーミリアン×母父マンハッタンカフェで、サンデーの3×3であった。基本的にはサンデー系とキングマンボ系もしくはノーザンダンサー系の配合馬が上位を占める傾向にある。穴馬もこの配合からセレクトしたい。

◆同コース種牡馬別成績(中山競馬場/芝/1600m/過去5年)集計期間:2014/01/06~2019/01/06

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 32-29-24-179 12.1% 23.1% 32.2% 60.4% 77.3%
2 ダイワメジャー 16-16-21-171 7.1% 14.3% 23.7% 47.6% 68.0%
3 キングカメハメハ 14-21-12-104 9.3% 23.2% 31.1% 84.8% 104.7%
4 ハービンジャー 11-11-8-55 12.9% 25.9% 35.3% 52.4% 78.5%
5 マンハッタンカフェ 11-3-11-62 12.6% 16.1% 28.7% 98.6% 92.8%
6 ステイゴールド 10-11-7-115 7.0% 14.7% 19.6% 48.3% 65.5%
7 マツリダゴッホ 9-9-10-105 6.8% 13.5% 21.1% 41.4% 71.4%
8 アドマイヤムーン 9-8-3-71 9.9% 18.7% 22.0% 74.9% 74.9%
9 スクリーンヒーロー 9-1-1-50 14.8% 16.4% 18.0% 324.6% 71.6%
10 ハーツクライ 8-10-8-90 6.9% 15.5% 22.4% 61.8% 63.4%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月30日(
ダービー卿チャレンジ  G3
2019年3月31日(
大阪杯  G1

競馬番組表

2019年3月30日(
3回中山3日目
2回阪神3日目
2019年3月31日(
3回中山4日目
2回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 ランスオブプラーナ 牡3
7,008万円
10 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
» もっと見る