2018年12月9日()シャティン競馬場 芝1200m

最新出走予定馬情報 ~香港スプリント 2018~

 スプリンターズSでスプリントGI春秋連覇を達成したファインニードル(栗・高橋忠、牡5)は、登録した香港スプリント(12月9日、シャティン、GI、芝1200メートル)に参戦する。28日、高橋忠調教師が明らかにした。既に招待状が届いており、招待を受諾する。「オーナーと協議して行くことになりました」と同調教師。

ファインニードルの競走成績はこちら

【香港国際競走】アーモンドアイなど42頭が予備登録10月25日(木) 15:30

 12月9日に香港・シャテイン競馬場で行われる香港国際競走に予備登録した日本馬42頭は以下の通り。Cは香港カップ(芝2000メートル)、Mは香港マイル(芝1600メートル)、Sは香港スプリント(芝1200メートル)、Vは香港ヴァーズ(芝2400メートル)。重複の馬は最初が第1希望。

アーモンドアイ(CM)アエロリット(M)アドマイヤリード(M)アレスバローズ(S)ヴィブロス(MC)ウインブライト(MC)エタリオウ(V)グレイトチャーター(S)クロコスミア(CV)ケイアイノーテック(M)サトノクラウン(VC)サングレーザー(CM)ジャンダルム(M)ジュールポレール(M)ステイフーリッシュ(CV)ステファノス(C)タガノブルグ(M)ダノンプレミアム(CM)チェスナットコート(V)ディアドラ(C)ネオリアリズム(MC)ノーブルマーズ(VC)ハクサンルドルフ(M)パフォーマプロミス(V)ファインニードル(S)ブラックムーン(MC)フロンテアクイーン(VC)ペルシアンナイト(M)ホウオウドリーム(V)マイスタイル(C)マカヒキ(CV)マサハヤドリーム(CM)マルターズアポジー(M)ミスターメロディ(MS)ミスパンテール(M)ミッキーグローリー(MC)モズアスコット(M)モズカッチャン(VC)リスグラシュー(CM)レッツゴードンキ(SM)ロジクライ(M)ワントゥワン(M)

[もっと見る]

【古馬次走報】レッツゴードンキ、香港スプリントに登録10月11日(木) 12:15

 ★京都大賞典2着レッドジェノヴァ(美・小島、牝4)は、栗東に滞在して、エリザベス女王杯(11月11日、京都、GI、芝2200メートル)に向けて調整される。7着ケントオー(栗・西橋、牡6)は、福島記念(11月11日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。9着モンドインテロ(美・手塚、牡6)はステイヤーズS(12月1日、中山、GII、芝3600メートル)へ。11着プラチナムバレット(栗・河内、牡4)は、カシオペアS(28日、京都、OP、芝1800メートル)とアンドロメダS(11月17日、京都、OP、芝2000メートル)の両にらみ。

 ★毎日王冠5着ケイアイノーテック(栗・平田、牡3)は、天皇賞・秋かマイルCSの二択。12着カツジ(栗・池添兼、牡3)はマイルCSへ。

 ★南部杯2着ゴールドドリーム(栗・平田、牡5)は、チャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。3着メイショウウタゲ(栗・安達、牡7)は、武蔵野S(11月10日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。4着ノンコノユメ(美・加藤征、セン6)、5着オールブラッシュ(栗・村山、牡6)は、JBCクラシック(11月4日、京都、交流GI、ダ1900メートル)へ。

 ★スプリンターズS5着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝6)は、香港スプリント(12月9日、シャティン、香港GI、芝1200メートル)に登録する。スワンS(27日、京都、GII、芝1400メートル)、JBCスプリント(11月4日、京都、交流GI、ダ1200メートル)も視野に入れる。

 ★オパールSを勝ったアンヴァル(栗・藤岡、牝3)、4着カラクレナイ(栗・松下、牝4)は京阪杯(11月25日、京都、GIII、芝1200メートル)に向かう。5着エントリーチケット(栗・宮、牝4)は、オーロC(11月11日、東京、OP、芝1400メートル)へ。14着ゴールドクイーン(栗・坂口、牝3)は、室町S(20日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。

 ★グリーンチャンネルCを勝ったサンライズノヴァ(栗・音無、牡4)、6着モルトベーネ(栗・松永昌、牡6)は、武蔵野Sに向かう。同4着ブルミラコロ(栗・大久保、牡6)は室町Sへ。7着ハヤブサマカオー(栗・寺島、牡3)は、放牧を挟んでギャラクシーS(12月23日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★六社Sを勝ってオープン入りのムイトオブリガード(栗・角田、牡4)は、アルゼンチン共和国杯(11月4日、東京、GII、芝2500メートル)に向かう。京都大賞典を感冒で取り消したパフォーマプロミス(栗・藤原英、牡6)も同レースへ。

 ★道頓堀Sを勝ったサフランハート(栗・北出、牡5)はスワンSへ。

 ★小倉記念4着のレイホーロマンス(栗・橋田、牝5)はエリザベス女王杯へ。

 ★福島テレビOP4着以来のゲッカコウ(美・高橋博、牝5)は、カシオペアSで復帰する。

[もっと見る]

過去10年の結果 ~香港スプリント 2018~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2017/12/10 ミスタースタニング セ5 香港 1:08.40 N.ローウィラー J.サイズ
2016/12/11 ビューティーオンリー セ5 香港 1:33.4 Z.パートン A.クルーズ
2015/12/13 ペニアフォビア セン4 香港 1:08.74 J.モレイラ P.オサリバン
2014/12/14 エアロヴェロシティ セン6 香港 1:08.57 Z.パートン P.オサリバン
2013/12/08 ロードカナロア 牡5 日本 1:08.25 岩田康誠 安田隆行
2012/12/09 ロードカナロア 牡4 日本 1:08.50 岩田康誠 安田隆行
2011/12/11 ラッキーナイン セン4 香港 1:08.98 B.プレブル C.ファウンズ
2010/12/12 ジェイジェイザジェットプレーン セン6 香港 1:08.84 P.ストライドム L.ホウタラギス
2009/12/13 セイクリッドキングダム セン6 香港 1:09.16 B.プレブル 姚本輝
2008/12/14 インスピレーション セン4 香港 1:08.68 D.ビードマン J.ムーア

歴史・概要 ~香港スプリント 2018~

香港スプリントは香港競馬年度シーズンの最初の短距離路線のGI競走でヨーロッパ、日本やオセアニアから一線級のスプリンターが多数出走するハイレベルな国際スプリント競走。1999年に芝1000mの国際リステッド競走として創設されたのが始まりで2002年に国際GIに昇格した。
2006年にグローバル・スプリント・チャレンジシリーズに参加し、その最終戦として開催。それに伴って、施行距離を芝1200メートルに変更。スタート地点も従来の直線コースからバックストレッチへ移動となり、現在に至る。2012年はロードカナロアが日本馬として初制覇を飾った。

挑戦した日本馬 ~香港スプリント 2018~

ロードカナロア 1着/香港スプリント(2012年・2013年)
>>全競走成績を見る
血統
父:キングカメハメハ
母:レディブラッサム
成績
19戦13勝
6億6995万+1710万香港ドル
主な勝ち鞍
香港スプリント(GI)2012・2013
安田記念(GI)
スプリンターズS(GI)2012・2013
高松宮記念(GI)
日本、世界を圧巻する短距離王

 日本馬初の香港スプリントの制覇、そして連覇、日本競馬史上初のスプリントGI5勝を含むGI6勝など今や日本競馬史に残る名馬として数えられるロードカナロア。
 2歳12月の小倉競馬場でデビュー勝ちを収めるとジュニアカップ、500万下と2着。万全の乗り込みで立て直された復帰戦、ドラセナ賞を0.6差の圧勝で飾ると葵ステークス、京洛ステークス、京阪杯(GIII)、シルクロードS(GIII)と一気の5連勝を遂げ、一躍、短距離界の新星として注目を浴びた。特にスタートの出が悪く後方からのレースを強いられたシルクロードステークスでは直線で絶望的な位置からの豪快な差し切りで、レース後鞍上の福永祐一騎手は「今後の短距離界を背負っていく馬」と語った。
 初のGI挑戦となった高松宮記念では3着、函館スプリントS、セントウルSを2着と取りこぼしたロードカナロアだったが、続くスプリンターズSでは高松宮記念で後塵を拝したカレンチャンとの叩き合いを制し、レコードタイムで見事GI制覇を飾った。そして迎えた香港スプリント。レースでは先行集団で折り合い、直線で追い出されると力強く抜け出し、他馬を寄せ付けない完勝劇。これにより日本馬の香港スプリント初制覇、そして香港国際競走全制覇が達成された。「この馬が通用しなかったら、来年も再来年もないと思っていた。他の国でも通用する力がある」と鞍上の岩田騎手が手放しで絶賛する圧巻の内容であった。
 2013年は、高松宮記念(GI)、安田記念(GI)、スプリンターズS(GI)を制し、引退戦となる香港スプリント(GI)でも5馬身差の圧勝で連覇を飾った。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2017年レッツゴードンキ牝5岩田康誠梅田智之6着
ワンスインナムーン牝4Z.パートン斎藤誠9着
2016年ビッグアーサー牡5R.ムーア藤岡健一10着
レッドファルクス牡5M.デムーロ尾関知人12着
2015年ミッキーアイル牡4浜中俊音無秀孝7着
ストレイトガール牝6岩田康誠戸崎圭太9着
サクラゴスペル牡7Z.パートン尾関知人12着
2014年ストレイトガール牝5岩田康誠藤原英昭3着
スノードラゴン牡6大野拓弥高木登8着
リトルゲルダ牝5M・デムーロ鮫島一歩14着
2013年ロードカナロア牡5岩田康誠安田隆行1着