タワーオブロンドン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タワーオブロンドン
タワーオブロンドン
タワーオブロンドン
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2015年2月9日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 8戦[4-2-1-1]
総賞金13,402万円
収得賞金5,000万円
英字表記Tower of London
血統 Raven's Pass
血統 ][ 産駒 ]
Elusive Quality
Ascutney
スノーパイン
血統 ][ 産駒 ]
Dalakhani
Shinko Hermes
兄弟
前走 2018/11/24 キャピタルステークス OP
次走予定

タワーオブロンドンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/24 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 14693.922** 牡3 56.0 W.ビュイ藤沢和雄516(+6)1.32.6 0.032.4⑦⑨グァンチャーレ
18/05/06 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18472.6112** 牡3 57.0 C.ルメー藤沢和雄510(0)1.33.8 1.035.1⑪⑫ケイアイノーテック
18/04/14 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 13563.111** 牡3 56.0 C.ルメー藤沢和雄510(-8)1.33.4 -0.134.2⑨⑨パクスアメリカーナ
17/12/17 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 16233.923** 牡2 55.0 C.ルメー藤沢和雄518(+2)1.33.9 0.634.0⑦⑦ダノンプレミアム
17/11/04 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 11111.811** 牡2 55.0 C.ルメー藤沢和雄516(+4)1.21.9 -0.333.2⑥⑦カシアス
17/09/23 阪神 9 ききょうS OP 芝1400 118111.811** 牡2 54.0 C.ルメー藤沢和雄512(-10)1.21.7 -0.635.2⑨⑦バーニングペスカ
17/08/20 札幌 9 クローバー賞 OP 芝1500 118101.712** 牡2 54.0 C.ルメー藤沢和雄522(+6)1.30.9 0.135.6⑦⑧⑦ダブルシャープ
17/07/29 札幌 5 2歳新馬 芝1500 9884.021** 牡2 54.0 C.ルメー藤沢和雄516(--)1.30.4 -0.435.3キルロード

タワーオブロンドンの関連ニュース

 《美浦》藤沢和厩舎は3頭出し。いずれもWコースで追われ、レイエンダ(牡4)は、タワーオブロンドン(牡4)を追いかけて4ハロン54秒4-13秒5、ロンドンは55秒7-13秒5をともに馬なりでマーク。藤沢和調教師は、「レイエンダは前走はスタートのタイミングが悪く囲まれてリズムに乗れなかった。とにかく順調だしまともなら。ロンドンはさらに良化。折り合い面で進境が見られる。マイルでも」と状態の良さを強調し、期待を込めた。サトノアレス(牡5)は、レッドゲルニカの内で5ハロン71秒0-13秒3を馬なりでマークして併入。こちらも軽快な動きで、順調さを見せつけた。

 《栗東》マイルCS14着以来になるロジクライ(須貝、牡6)は、坂路で4ハロン50秒7-12秒5。大型馬だが、休み明けでも重苦しさは一切ない。「メチャメチャいい。マッチョな体だよね。前走はハミをかんでしまって競馬にならなかった。改めて」と須貝調教師は巻き返しに意欲を見せる。

 条件戦を連勝中のインディチャンプ(音無、牡4)は、坂路で4ハロン52秒8-12秒2。シャープな伸びで好気配を漂わせた。東田助手は「しっかりと調教ができたし、来週はサッとやればいいだろう。いい状態。左回りもいいからね」と楽しみにする。

【古馬次走報】ノーブルマーズ、京都記念に向かう 2019年1月18日(金) 05:00

 ★日経新春杯4着ノーブルマーズ(栗・宮本、牡6)は、京都記念(2月10日、京都、GII、芝2200メートル)に向かう。同11着ウインテンダネス(栗・杉山、牡6)は、ダイヤモンドS(2月16日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。

 ★メルボルンC14着後、休養中のチェスナットコート(栗・矢作、牡5)は、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)を目標に、日経賞(3月23日、中山、GII、芝2500メートル)での始動を視野に入れる。

 ★チャレンジC6着のレイエンダ(美・藤沢和、牡4)は東京新聞杯(2月3日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。ここには阪神C15着サトノアレス(牡5)、キャピタルS2着タワーオブロンドン(牡4)と藤沢和厩舎は3頭出しの予定。

 ★ニューイヤーS7着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡6)は東京新聞杯か洛陽S(2月9日、京都、OP、芝1600メートル)、8着ウインファビラス(美・畠山、牝6)は中山牝馬S(3月9日、中山、GIII、芝1800メートル)へ。10着ショウナンアンセム(美・田中剛、牡6)は引き続き吉田隼騎手で東京新聞杯、12着ロジチャリス(美・国枝、牡7)は洛陽Sへ向かう。

 ★中山金杯5着のタイムフライヤー(栗・松田、牡4)は、京都記念ダイヤモンドSあたりを視野に入れる。

 ★ジャニュアリーSを制したホウショウナウ(栗・河内、牡4)は、東京スプリント(4月10日、大井、交流GIII、ダ1200メートル)で重賞奪取に挑む。2着ドリームドルチェ(美・根本、牡7)、4着クイーンズテソーロ(美・畠山、牝4)は千葉S(3月17日、中山、OP、ダ1200メートル)が目標。

 

[もっと見る]

【スポ京都金杯】レース展望 2018年12月29日() 20:20

 2019年の京都競馬場で行われる最初の重賞は、古馬マイラーがしのぎを削るハンデ戦の京都金杯(1月5日、GIII、芝・外1600メートル)。2000年に距離がマイルに設定されてから、1番人気は【5・5・1・8】と連対率5割を超えている。

 パクスアメリカーナ(栗東・中内田充正厩舎、牡4歳)は、7カ月ぶりのリゲルSを完勝した。4走前のこぶし賞で、のちのNHKマイルC優勝馬ケイアイノーテックを破っており、続くアーリントンCではタワーオブロンドンの2着。潜在能力は高い。楽な勝ちっぷりで久々を1度使った反動よりも、上積みの方が期待できる。京都コースは【2・0・1・0】と全て馬券に絡んで安定感も抜群。他馬との比較でも55キロのハンデは有利。待望の重賞初制覇へ視界は良好だ。

 カツジ(栗東・池添兼雄厩舎、牡4歳)は18年のニュージーランドTで重賞初勝利。前走のマイルCSステルヴィオから1馬身1/4差の4着で、上がり3ハロンは最速の33秒4だった。18年秋以降は体重が480キロ台で安定し、充実ぶりがうかがえる。ハンデの56キロは実績面からも仕方がないところ。GIIIのこの相手関係で瞬発力比べなら、ひけを取らない。

 グァンチャーレ(栗東・北出成人厩舎、牡7歳)は15年のシンザン記念の勝ち馬。最近は勝ち切れない歯がゆいレースを続けていたが、前走のキャピタルSで3年ぶりの勝利を挙げた。前走後はここを目標に順調に乗り込み、体調は良好。京都コースは【2・4・3・3】と相性がいい。ハンデ56.5キロも問題なく、ひと雨降って馬場が渋ればチャンスはさらに広がるだろう。

 サラキア(栗東・池添学厩舎、牝4歳)は前走の秋華賞アーモンドアイの4着。今回は3走前の青島特別(1着)以来、2度目の年長馬相手になるが、差し脚が決まる展開なら53キロのハンデを存分に生かせそうだ。まだ底を見せていない魅力があり、このメンバーでも好勝負は可能だろう。

 トップハンデは57キロのスマートオーディン(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)とロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡6歳)の2頭。スマートオーディンは15年東スポ杯2歳S、16年毎日杯京都新聞杯と重賞3勝。実績面では大威張りできる存在だが、脚部不安で16年5月のダービーから2年間もの休養を余儀なくされ、18年6月に復帰後して以降も本調子を取り戻していない印象だ。ハンデも不利。一方、ロードクエストは2走前のスワンSで2年ぶりの美酒を味わった。前回は栗東滞在で調整していたが、今回は美浦からの直前入厩で臨む予定。12月上旬から調教を再開して体はすでに仕上がりつつある。57キロは問題なく、追い込みの利く流れになれば2走前の再現もある。

 アドマイヤアルバ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は京都新聞杯2着。最近は中距離を使ってきたが、今回は【1・3・1・0】と実績のあるマイル戦にシフトしてきた。もともとスピードのあるタイプで、距離が短縮されて折り合いもつきやすい。京都コースは【1・2・0・0】と連対率100%。54キロのハンデなら大駆けが期待できる。

 ヒーズインラブ(栗東・藤岡健一厩舎、牡6歳)は18年のダービー卿CT勝ち馬。その後の4走は精彩を欠いたが、前走のマイルCS8着は着順以上の内容で、復調の兆しがうかがえる。56.5キロのハンデ克服が鍵だ。



★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】朝日杯FS 非の打ち所がない紅一点!持続力を問われる競馬ならダイワメジャー産駒にもチャンスあり!2018年12月15日() 16:30

日曜日に行われる朝日杯FSの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


クリノガウディー
スクリーンヒーロー×ディアブロという、やや持続力に偏りがちな配合。同配合馬としては、シンザン記念の勝ち馬で現在も活躍中のグァンチャーレがいる。地味な血統背景から注目度は低いものの、意外性のある組み合わせと言えよう。近い親族にコレといった実績馬がいるわけではないが、スクリーンヒーロー産駒かつノーザンダンサーの多重クロスとヘイルトゥリーズンのクロスを内包している点は、さきのセントライト記念を制したジェネラーレウーノと同じ。血統的側面からは事前予測がしづらい突然変異的な走りを見せる可能性もある。大駆けがあってもおかしくない1頭だ。

グランアレグリア
父であるディープインパクト産駒は阪神に舞台を移した2014年以降の当レースで3勝と相性は抜群。3勝のうち2勝は欧州型牝系、残る1勝は北米型牝系と母方のタイプも不問。ディープインパクト産駒という時点で、舞台適性が一枚上手の感すらある。母のタピッツフライは5歳時にマイルG1を2勝。一見すると晩成型の印象を受けるが、リステッド格当時のBCジュヴェナイルフィリーズターフを制しており、むしろ良い意味で早熟型の可能性もある。皐月賞アルアインや、2015年のホープフルS勝ち馬ハートレーなど、ディープインパクト×エーピーインディ系配合馬の成功例が多い点も好材料。非の打ち所がない血統構成だ。

アスターペガサス
父は北米2歳チャンピオンサイアーの肩書を持ち、日本でもマイルCSを制したエイシンアポロンを輩出。母は重賞3勝のほか、BCジュベナイルフィリーズを2着。母父は南アフリカのチャンピオンサイアー、その父はエンドスウィープというように、額面上の血統構成だけならここでも足りる。一方で、母以外の近い親族にコレといった活躍馬はみられず、活力の面で物足りない印象。当該コースにおける父ストームバード系の成績も良いとは言えない。そのあたりを踏まえると、相手強化のG1で変わり身を望むのは難しいのではないか。

ドゴール
サンデーサイレンス系×ミスプロ系の配合は、2014年の勝ち馬ダノンプラチナと同じ。ただし、本馬の父はサンデーサイレンス系としては傍流に位置するサクラプレジデント。主流血統が幅を利かせている今回の舞台では強調材料に欠ける。また、近い親族をみると重賞勝ち馬はゼロ。大レースに強いバックパサーの多重クロスやニジンスキーのクロスを内包している点は好感が持てるものの、ここに入ると活力の面でパンチが足りないと言わざるを得ない。強調できるポイントは少なく、今回は苦しい戦いになりそうだ。

マイネルサーパス
半兄マイネルクラリティは重賞勝ちこそないが、六甲Sを制するなどオープンクラスで活躍。祖母は芝マイルの重賞ホルダーと、2歳のマイル重賞であれば足りる資質を備えた血統構成と言えよう。半面、父であるアイルハヴアナザーは芝1800mを得意とする産駒を輩出する傾向が強く、阪神芝のパフォーマンスも良いとは言えない。ゆえに、福島芝1800m→阪神芝1600mの臨戦過程は不安材料。欧州型ナスルーラ系種牡馬を母父に持つ馬が、中山開催時を含めて当レースと好相性である点と、レコード駆けの前走内容を評価しての連下扱いまでが正解ではないか。

アドマイヤマーズ
母はマイルの仏G3勝ち馬。母父のメディシアンは種牡馬としては中堅クラスだが、その父は日本で馴染みが深いマキャベリアン。日本の高速馬場をこなせる下地があるとみていい。この牝系にスピードとしぶとさが身上のダイワメジャーを配しているのだから、本馬が秘めているスピードの持続力はかなりのもの。ハイレベルのマイラー資質を窺わせる。当レースにおけるダイワメジャー産駒のパフォーマンスが芳しくない点は不安材料の一方、ダイワメジャー×欧州型の配合馬は、2016年にボンセルヴィーソが12番人気3着と善戦。決して相性は悪くない。最も得意とする持続力を問われる競馬になれば、ここでも好戦可能とみる。

ソルトイブキ
父はキングカメハメハ直仔のベルシャザールで、母はサンデーサイレンス系×トニービン。加えて、サンデーサイレンス3×3のクロスを内包している。近年の日本競馬の縮図を表しているかのような血統構成だ。サンデーサイレンス3×3のクロスを持つ重賞勝ち馬としては、キョウヘイなどが挙げられる。ただし、キョウヘイの場合は、5代内にヘイルトゥリーズンの多重クロスやニジンスキーのクロスを内包していた。一方、本馬はノーザンダンサー5×5のみ。抜きんでたファクターを欠く印象は否めず、根幹距離のG1ではプラス要素に乏しい。

ディープダイバー
母父であるレイヴンズパスは、父として昨年の3着馬タワーオブロンドンを輩出。タフな阪神コースであることを踏まえると、祖母の父にサドラーズウェルズを配している点も悪くない。一方で、近い親族にG1級の存在は見受けられず、3代母を基点とする一族からドバイデューティフリーの2着馬が確認できる程度。ここでは活力の面で物足りない。父であるブラックタイドについても、可もなく不可もなしという感が強く、非重賞の1400m→マイルG1の臨戦過程がプラスに作用するとは言い難い。複勝率100%の戦績は評価できるものの、本馬よりも適性に優る馬が多い今回は強調材料に乏しい印象を受ける。

イッツクール
アルデバラン2×エンパイアメーカーという配合馬。ミスプロの2×5×5のクロスが示すように、スピードを強調している点が大きな特徴だ。裏を返すと持久力を問われる舞台は不向き。ノーザンダンサーの多重クロスや父方に内包されているダマスカスの血脈により、一定のスタミナは補完されているものの、阪神外回りのG1で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問符が付く。近い親族に重賞クラスの活躍馬がいないところも物足りない。今回は厳しいレースになりそうだ。

ヒラソール
祖母のリンデンリリーは1991年のエリザベス女王杯勝ち馬。近親にはフィリーズレビューを制し、G1でも好戦を続けたヤマカツリリーがいる。そのあたりを鑑みると、力を要する阪神コースを耐えうるだけの資質を秘めた馬と判断できなくもない。ただ、本馬の母はボストンハーバーの血が強く反映されたスピードタイプ。その母にスピード型のベルボライドを母父に配するマツリダゴッホを重ねることで、ボールドルーラーの速力がより強調されている。その視点で考えると、2ハロンの距離延長が不安材料であることは事実。馬券圏内までは至らないのではないか。

ケイデンスコール
さかのぼれば、4代母にダイナサッシュを擁する名門一族。祖母ホールオブフェームの仔にはバランスオブゲームフェイムゲームといった中~長距離G1の活躍馬がいる。一見、晩成色の濃い血筋のようにも思えるが、先述した2頭とも早期の重賞勝ちがあり、遠縁にはサッカーボーイの名もある。よって、2歳G1だからといって割り引く必要はまったくない。父のロードカナロアは、昨年の2着馬ステルヴィオを輩出。父の父キングカメハメハの産駒は、2015年にワンツーフィニッシュを果たしている。父系の相性の良さを踏まえると、軽くは扱えない1頭だ。

コパノマーティン
3代母に愛オークス馬を持つ一本筋が通った母系の持ち主。半兄カシアスは早期から重賞戦線で活躍。一族には高松宮記念勝ち馬のファイングレインの名が見られる。スピードの持続力に優れていると同時に種牡馬の持ち味が活きる牝系と言えよう。その点を踏まえると、スクリーンヒーロー×ディラントーマスの配合である本馬の適性は中距離以上にありそうな印象。力の要る阪神コースはマッチするにしても、マイルの決め手勝負では分が悪い。ここで上位に食い込むには極端な馬場悪化など、多くの馬が苦にする状況にならないと厳しいだろう。

ニホンピロヘンソン
さかのぼると、5代母に鶴藤の名が。鶴藤はトウルヌソル×賢藤の配合馬。牝馬として日本競馬史上唯一のクラシック競走3勝を果たしたクリフジの全姉である。名門・小岩井農場の系譜を受け継ぐ由緒正しい牝系だ。祖母のニホンピロクリアは、ニホンピロジュピタニホンピロプリンスといった重賞ウイナーを輩出。近親にも重賞級の名が見られることから、時代にそぐわないクラシカル血統と結論付けるのは早計。組み合わせ次第では、まだまだ活躍が見込める血脈と言えよう。本馬の父ルーラーシップは当レースと好相性のキングマンボ系。浮上する場面があっても驚けない。

ファンタジスト
父は当レースと好相性のキングマンボ系ロードカナロア。母のディープインアスクは未勝利馬だが、母方にデインヒルとロベルトの血脈を持つディープインパクト産駒という点は、昨年の勝ち馬ダノンプレミアムと類似。ほか、デインヒルを母方に擁するディープインパクト産駒としては、ミッキーアイルサトノアレスなど、多くの活躍馬がいる。ゆえに、母の戦績だけで適性不向きと判断するのは拙速だ。近い親族に活躍馬がいない半面、欧米にてG1勝ち馬が複数出ている一族をみるに、活力と底力の不足はないものと考えてもよさそう。マイルまでならG1でもチャンスはある。

エメラルファイト
クロフネ×スペシャルウィーク×ストームバード系という組み合わせ。これまでの戦績および配合の字面が示すように、瞬発力よりも持続力に長けたスピードタイプと判断できる。一方で近親の活躍馬をみると、ビッグバイキングが目立つ程度。ここに入ると活力の点で見劣る感は否めない。ただし、クロフネ×スペシャルウィークの配合は、2014年の3着馬クラリティスカイと同じ。クロフネ産駒は先週の阪神JFビーチサンバが3着。サートゥルナーリアなど、母父にスペシャルウィークを持つ馬の近況も目覚ましい。持ち味を存分に活かせる持続力勝負になれば、上位争いに絡んでくる可能性はある。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキースワロー、有馬記念目指す 2018年11月28日(水) 05:00

 ★ジャパンC5着ミッキースワロー(美・菊沢、牡4)、6着サトノダイヤモンド (栗・池江、牡5)は有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。

 ★観月橋Sで5連勝を飾ってオープン入りしたインティ(栗・野中、牡4)は東海S(2019年1月20日、中京、GII、ダ1800メートル)が視野に。僚馬で浦和記念2着グリム(牡3)は名古屋グランプリ(12月24日、名古屋、交流GII、ダ2500メートル)が視野、同じく福島民友C5着カゼノコ(牡7)はベテルギウスS(同28日、阪神、OP、ダ1800メートル)に向かう。

 ★キャピタルSを勝ったグァンチャーレ (栗・北出、牡6)は京都金杯(1月5日、京都、GIII、芝1600メートル)へ。2着タワーオブロンドン(美・藤沢和、牡3)は東京新聞杯(2月3日、東京、GIII、芝1600メートル)が視野に。5着プロディガルサン(美・国枝、牡5)はディセンバーS(12月16日、中山、OP、芝1800メートル)へ。7着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡4)は白富士S(1月26日、東京、OP、芝2000メートル)。8着ハクサンルドルフ(栗・西園、牡5)は中日新聞杯(12月8日、中京、GIII、芝2000メートル)。10着ハーレムライン(美・田中清、牝3)はターコイズS(同15日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。



ミッキースワローの競走成績はこちら

[もっと見る]

【キャピタルS】グァンチャーレ、3年10カ月ぶりOP勝ち 2018年11月25日() 04:04

 キャピタルステークス(24日、東京11R、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金2300万円 =出走14頭)内ラチ沿いの4~5番手を進んだ6番人気のグァンチャーレ(栗・北出、牡6、父スクリーンヒーロー)が、直線の坂下から脚を伸ばして2015年GIIIシンザン記念以来となるオープン2勝目を挙げた。1分32秒6(良)。35戦4勝。次走は未定。1番人気ダイワキャグニーは7着に終わった。

 ◆松岡騎手(グァンチャーレ1着) 「調子がよさそうだったし、重賞ウイナーだからオープン特別では力が上だと思っていた。最後はちょうどいいタイミングで抜け出せた」

 ◆ビュイック騎手(タワーオブロンドン2着) 「休み明けだったが、惜しいレースだった。勝った馬が強かったね。マイルはぴったり」

 ◆ムーア騎手(ベルキャニオン3着) 「最後はモタれてしまった。真っすぐ走っていれば、勝っていたと思う。右回りの方が走りはよさそう」

 ◆ルメール騎手(プロディガルサン5着) 「リラックスして走れていましたが、もう少し馬の後ろにいたかったです」

 ◆菊沢師(ダイワキャグニー7着) 「千六では忙しいのかな。左回りなら千八、二千の方がよさそう」

[もっと見る]

⇒もっと見る

タワーオブロンドンの関連コラム

安田記念2018

2018年5月30日(水) 16:30

覆面ドクター・英

閲覧 1,764ビュー コメント 0 ナイス 9

ダービーはびっくりしました。絶対無難に下げて終い届かずという騎乗だろうなぁ、と高を括っていた福永騎手(ワグネリアン)が、この大舞台でいきなり先行するとは想定できませんでした。――物理的に無理な位置での折り合い専念とかはナンセンス、とかコラムでこき下ろしたら聞こえたのか来ちゃいましたね(笑) 当たり前ですが、物理的に無理な位置で折り合うくらいなら掛かっても勝負になる位置で運ぶべきだし、もし自分が騎手だったら例え掛かって負けたとしてもそれは馬が悪いとして、絶対に好位置をとりに行きますがねえ。というか基本、逃げられるんであれば逃げると思いますが。

医療だと最善を尽くして結果を待つ(結果は必ずしもいい事ばかりじゃないのですが)、というのが基本ですが、最初っから、色々恐れて後手に回るというのは、医師も看護師も家族も納得しないので、あり得ないですからね。福永騎手はこれで一皮むけて、もっと自分の好きなように思い切ってやればいいんじゃないでしょうか。デビュー当初は、結果は出ているものの色々微妙で、村本元騎手の辛口コメントなどもありましたが(地味な名手だけあって非常に的確)、もう自信をもって引っ張っていく立場ですからね、世代的にも。
私自身も関連施設の長を6月頭から拝命し(正直いやだなあと思いつつも(笑))、今年46歳でもうそういう世代なのだと観念して、やれることを精一杯やるだけです。私も滅多に思い切ったことはしないタイプの人間ですが、福永騎手同様、勇気を出して、思ったことはきちんとやっていくという後半の人生を送りたいと思っています。


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 スワーヴリチャード 大阪杯は早め先頭からの圧勝で、実力は誰もが認めるところだが、いくら左回りが向くとはいえ、デビュー以来使ったことのないマイルだと、どうなんだろう、というのが一番の焦点。中距離でも序盤もたついてきたように、マイルで序盤もたつくのは致命的になりえるだけに、左回り巧者と言えども絶対ではなさそう。

2番人気想定 ペルシアンナイト 昨秋のマイルCSの覇者で一見するとこの舞台の適性は高そうに見えるものの、血統的にも本来中距離馬ではと重い印を打ってもうけさせてもらった大阪杯(2着)や、昨秋の富士S(2番人気5着)の結果からも、東京マイルは今ひとつな可能性もありそう。

3番人気想定 サングレーザー 昨秋までは4連勝してマイルCSで3着、阪神Cでも3着とちょっと壁に当たっているのかと思いきや、マイラーズCを4番人気で快勝したようにじわじわ力をつけてきている印象。早い時計で決着している今の東京の馬場を考えると、そろそろ大仕事をしても良さそうな馬。

4番人気想定 リスグラシュー ヴィクトリアマイルでも終い32.9秒の末脚で2着まで押し上げた力はあるが、前半スロー気味のヴィクトリアMと違って、安田記念は前半から締まったペースとなり、前走の末脚再現は難しいのでは。

5番人気 リアルスティール 自身最短距離だった2年前の安田記念で2番人気11着だったように、血統表だけ見ると東京マイルも良さそうに見えるのだが、もっと距離があったほうがいいタイプのよう。

6番人気想定 アエロリット NHKマイルC勝ち馬でもあり、逃げ・差し自在な馬であるが、牡馬の一線級相手にやれるかというと微妙な馬。

7番人気想定 レッドファルクス 昨年の3着馬で、レースでは距離の限界というよりは、前が開かずに決着がついたころに差し込んできた感じだった。ただ、ちょっとピーク過ぎた感があり、東京マイルでさらにということもない感じでどうか。

8番人気想定 サトノアレス 2年前の朝日杯FS制覇後はいまひとつだが、京王杯SCでも3着に来たようにそれなりではある。ただトップレベルほどの力は無い印象。

9番人気想定 タワーオブロンドン NHKマイルCで1番人気12着だったように、成長力に疑問もあり、トップレベルとは差があり、消して妙味では。

10番人気想定 モズアスコット 1.5倍の1番人気に押された安土城Sで2着ととりこぼしたが、賞金的にも連闘して参戦とならないのでは。

11番人気以下想定
ムーンクエイク ようやく京王杯SCで重賞制覇してここに臨んできたが、掛かり癖もあり、距離が延びていいタイプではない。

ウエスタンエクスプレス 香港のトップレベルのマイラーで、今の速い時計での決着は微妙かもしれないが、舐められ過ぎではという事前の人気。

キャンベルジュニア 上記ウエスタンエクスプレス同様のエンコスタデラゴ産駒で、昨年春までは快進撃続き。その後はいまひとつな時期が続いたが、前哨戦の京王杯SCで2着したように、南半球産でまだ成長は見込める。そろそろ大仕事があってもいい。

ウインガニオン 昨年のこの時期に3連勝したように、実力以上に好調期間は連勝するタイプだが好調期間が終了するとダメなタイプのよう。前哨戦で逃げられずいまいちだったので、良化はローカルのマイルシリーズ突入後では。

ブラックムーン 正月の京都金杯の覇者だが、脚の使いどころが難しいのか、いまひとつ結果が出ない馬でもある。G3くらいで地道に稼ぐ馬か。

レーヌミノル 桜花賞馬だが1200mでいまひとつ、ヴィクトリアMでもイマイチと、どこを使ってもいまひとつな現状で、いきなりの激走はあまり期待できない。

ヒーズインラブ ダービー卿CTを制しての参戦。ハービンジャー産駒でも最近は瞬発力のある馬がでてきたが、この馬も人気はなくとも通用しておかしくない脚力・実力ありとみる。

スターオブペルシャ 同じ左回りのマイルである谷川岳S(新潟)を制しての参戦となるが、ロサギガンティアの半弟で、ゆっくり良化している良血馬。通用しておかしくない。

ダッシングブレイズ デビュー前は高須クリニックの某大先生と命名でもめたりした馬だが、正直これだけ活躍する馬なら名前は嫌でも持ちたいレベルの馬。ただピークが3年前くらいで、ちょっと現状では厳しい。


<まとめ>スワーヴリチャードを東京マイルで中心視するかというのがテーマか

有力馬 サングレーザーペルシアンナイトスワーヴリチャード

ヒモに サトノアレス、ウエスタンエクスプレス、キャンベルジュニアヒーズインラブスターオブペルシャ

人気で微妙 リスグラシューリアルスティールアエロリットレッドファルクス


登録済みの方はこちらからログイン

2018年5月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年05月27日号】特選重賞データ分析編(100)~2018年安田記念~
閲覧 2,861ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<伊吹雅也より>

 日曜公開の「特選重賞データ分析編」、水曜公開の「週末メイン“1点”分析EXTRA編」、木曜公開の「コース別“大全奥義! 全買いデータ”分析編」は、いずれも今週公開分が通算100回目。連載「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」全体では公開回数が300回の大台に到達する見込みとなりました。ご愛読いただいているユーザーの皆様に改めて御礼申し上げます。今後ともどうぞご期待ください。


<次週の特選重賞>

G1 安田記念 2018年06月03日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“JRAのレース”において出走経験があった馬の、“JRAのレース”における最高馬体重別成績(2014年以降)】
×500kg未満 [0-0-1-27](複勝率3.6%)
○500kg以上 [4-4-3-23](複勝率32.4%)

 馬格がある馬を重視したい一戦。“JRAのレース”において出走経験があった馬のうち、“JRAのレース”における最高馬体重が500kg未満だった馬は、2011年まで遡っても[0-0-3-52](複勝率5.5%)と苦戦しています。昨年は単勝1~6番人気の馬がすべてこの条件に引っ掛かっており、レッドファルクス(単勝3番人気)の3着が最高でした。

主な「○」該当馬→アエロリットタワーオブロンドンムーンクエイク
主な「×」該当馬→サングレーザーリスグラシューレッドファルクス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつG1、かつ牝馬限定を除くレース”において連対経験がある」馬は2014年以降[2-3-3-19](複勝率29.6%)
主な該当馬→アエロリットレッドファルクス

[もっと見る]

2018年5月12日() 09:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018ヴィクトリアマイル~
閲覧 1,462ビュー コメント 0 ナイス 4



 桜花賞皐月賞、天皇賞(春)と一応、当たってはいるものの、先週のNHKマイルCは◎-○の本線で的中! ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ 当初は、超高速馬場でテトラドラクマが逃げるとなると、スローペースになる可能性もあり、その場合はケイアイノーテックが差し切れるか、そこまで自信がありませんでした。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 しかし、テトラドラクマが3番枠に入り、ファストアプローチが2番枠、そしてミスターメロディが16番枠という枠順構成を見て自信が湧きました。折り合い難で前に壁を作りたいけど作れない馬番のミスターメロディは、前を意識して動いて行くか、思い切って控えるか。控えれば、藤沢和軍の一頭、ファストアプローチテトラドラクマを突いて行くでしょう。

 藤沢和厩舎は、その昔、同厩舎が管理する名馬タイキシャトルがマイルCSの出走権を賭けてスワンSに出走した際、5頭出しで当時、最有力視されていた同世代のトーヨーレインボーを除外させたほど。さらにレースでは、軍団の一頭が逃げ馬エイシンバーリンをガンガン突いて、折り合い難のタイキシャトルに権利を獲らせたほど、チームプレイが抜群の厩舎でした。もとより藤沢和厩舎は、チームプレイがお好きなのです。

 もっともタイキシャトルの場合は、そこまでしなくても権利を獲れたレベルの馬ですが、全盛期の藤沢厩舎は用意周到に長期間NO.1トレーナーの座を手にしたと言っても過言ではないほどの厩舎です。もし仮にミスターメロディが控える選択をしたならば、ファストアプローチテトラドラクマをガンガンついて行く可能性はかなり高いと踏みました。実際にファストアプローチは、序盤でテトラドラクマの直後にスタンバイしていましたよね?

 だから、ファストアプローチががんばることで、タワーオブロンドンにとって都合のいい展開になる、しかし、タワーオブロンドンのための働きが、ケイアイノーテックのための働きになる可能性があると踏みました。その理由は予想コメント通り、タワーオブロンドンが二走ボケを起こす可能性が高いと見ていたから。

 実際にタワーオブロンドンは手応えも悪かったですが、直線で詰まって最後に挟まれて11着に敗れました。皮肉なことにタワーオブロンドンを致命的に挟んだのは、前にいたテトラドラクマが失速したことにより、外に進路を取ろうとしたファストアプローチの動きでした。

 私はチームプレイも厩舎の実力、ひいては馬の実力のうちと考えているので、それに関して否定はしません。むしろ陣営の思惑を考えることも、競馬の楽しさのひとつだと考えています。また、ときに陣営の思惑や大方の予想を裏切り、皮肉な結果になることがあるのが競馬の醍醐味。さあ、今週のヴィクトリアマイルもどんな結果が待ち受け、またどの馬に勝利の女神は微笑むのでしょうか? このコラムでは、今週も過去1年以内に行われたヴィクトリアマイル路線のレベルの高いレースをピックアップしました♪


 ★レベル1位タイ 2017年 クイーンS (PP指数23pt)

[もっと見る]

2018年5月9日(水) 16:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/5~5/6)佐藤洋一郎プロが106万オーバーゲット!ほか計6名が週末収支10万超を達成
閲覧 929ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、6(日)に東京競馬場でG1NHKマイルCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1NHKマイルCは、好天の良馬場のもとフルゲートの18頭が揃い発走を迎えます。1番人気にはタワーオブロンドンが推され、2番人気ギベオン、3番人気テトラドラクマ、4番人気パクスアメリカーナと、ここまでが単勝ひとケタ台の支持。以下、プリモシーンケイアイノーテックミスターメロディカツジと4頭が単勝20倍を切る上位混戦模様のオッズを形成します。
スタートではカツジプリモシーンが出遅れ。先行争いは好発を決めたダノンスマッシュを、内から交わしてテトラドラクマが制しハナへ。フロンティアファストアプローチミスターメロディカシアスあたりも差なく続き、ギベオンは直後の7番手あたりを追走。ロックディスタウンパクスアメリカーナリョーノテソーロカツジが中団につけ、タワーオブロンドンは直後のこの位置。アンコールプリュレッドヴェイロンプリモシーンルーカスケイアイノーテックと後方集団が続き、最後方にデルタバローズの態勢で3コーナーへ。
前半4Fを46.3秒(推定)で通過すると、各馬早め早めの競馬で先行集団は密集した状態で4コーナーを回り、外からミスターメロディが先頭のテトラドラクマに並び掛けるようにして直線に突入。タワーオブロンドンは最内中団、ギベオンミスターメロディの直後で追い出され、各馬内を意識したポジション争いとなりながら直線前半の攻防へ。
残り400m地点で、ギベオンミスターメロディの内から抜け出し単独先頭。レースを引っ張ったテトラドラクマダノンスマッシュは苦しくなって後退し始め、内を突いてファストアプローチタワーオブロンドンらが徐々に進出。外からはカシアスも迫ります。パクスアメリカーナレッドヴェイロンもさらに後方から外を通って伸びを見せ、大外からはケイアイノーテック。残り200mを過ぎたあたりで、内でゴチャついた拍子に1番人気タワーオブロンドンは進路が無くなって急ブレーキの不利。インを突いた他の各馬もスムーズさを欠く中、レッドヴェイロンケイアイノーテックが前のギベオンミスターメロディの2頭に急追。ミスターメロディは徐々に後退し、ゴール前で3頭横一線の態勢となりますが、クビ差この争いを外から差し切った6番人気ケイアイノーテックがV。自身初重賞制覇をG1で飾り、鞍上の藤岡佑介騎手にとっても嬉しい初G1制覇となりました。2番人気ギベオンが2着に粘り込み、そこからアタマ差の3着には2頭の間を伸びた9番人気レッドヴェイロンが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ他、計6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
先週は、5(土)新潟3Rでの3連単的中、24万1,490円払戻しを皮切りに、6(日)京都2Rでの3連単ほか計25万250円払戻し、G3新潟大賞典での3連複200円分的中、21万3,720円払戻しと立て続けにスマッシュヒットを連発。そして、極めつけは京都11Rの3連単106万馬券ゲット!×ティーハーフライトフェアリーカラクレナイを3連単フォーメーションで仕留める一撃となりました。好調予想連発の先週は、週末トータル回収率276%、収支121万3,070円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
5(土)東京7Rで◎スマートサクソン(単勝78.3倍)から3連複10万5,150円馬券を的中!他にも、この日は新潟3Rの◎ツウカイパイロ(単勝38.4倍)や、東京4Rでの馬単290倍的中などファインプレーを随所に披露。週末トータルでは回収率142%、収支13万8,180円プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
5(土)のG3京都新聞杯では、◎アドマイヤアルバ(単勝26.3倍)から3連複&馬連を的中し計5万8,350円を払戻し。週末トータルでは、回収率171%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
5(土)東京10Rの○◎馬単1万円1点的中で23万3,000円を払戻し!さらに、6(日)京都6Rの◎○的中(9万9,760円払戻し)などで勝負強さを発揮した先週は、週末トータル回収率139%、収支23万5,680円プラスをマークしています。
 
 
この他にも、KOMプロ(140%)、馬侑迦プロ(132%←2週連続週末プラス)、いっくんプロ(128%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(124%)、西野圭吾プロ(121%←2週連続週末プラス)、岡村信将プロ(113%←2週連続週末プラス)、河内一秀プロ(110%)、マカロニスタンダーズプロ(105%)、ゼット1号プロ(102%)、【U指数】馬単マスタープロ(102%))、豚ミンCプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月9日(水) 15:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル2018
閲覧 2,023ビュー コメント 0 ナイス 15



先週のNHKマイルCは、残り30mくらいの時点でギベオンミスターメロディケイアイノーテックで決まるかと、一瞬帯封3.5個分がよぎったんですけどねぇ。馬連のみの的中でした。人気のタワーオブロンドンは人気ほど信頼できない点や、テトラドラクマが内枠でもまれると撃沈ありそうなこと、パクスアメリカーナが掲示板の下の方がせいぜいとか、プリモシーンは上積みいまひとつで休んで仕切り直しが必要とか、かなりいい線いってたと思うのですが……。やはり当てないとですね。3着の良血レッドヴェイロンは、良化はもう少し先かと思っていましたが、厳しい流れでクラレントの下である血統的な底力が生きたようです。

さて、今週末はヴィクトリアマイルです。新設G1のような感覚がまだ抜けきれませんが、もう13回も回を重ねていたんですね。この13年間が大変なことばかりだったので、あっという間でもあり......。人生のバランス的にはこれからいいことが、たくさん、たくさんあるのではないかなんて思っているんですけどね^^;


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 リスグラシュー 昨年のクラシック戦線では小さいながらも桜花賞2着、オークス5着、秋華賞2着と良く頑張り、同コースの東京新聞杯制覇や、デビュー当初より20kg増やしてきている点などからも人気になる要素は満載。当然有力だが人気ほど力が抜けているわけではない。

2番人気想定 アエロリット 昨年はNHKマイルCを制して夏の札幌でのクイーンSでも古馬相手に完勝と好調だった。前走中山記念では+18kgで2着してきて、調教の動きは鋭く、更なる成長がありそう。

3番人気想定 ミスパンテール 近4連勝中でかつ重賞3連勝と勝負強いのだが、東京マイルでドンと来いというほどは強くない印象。ただ、最後の気の強さが勝ち切る要因のようで、ここも人気はそれほどでもなく十分妙味はある。

4番人気想定 レッツゴードンキ 前走の高松宮記念で2着、その前のフェブラリーSでも一瞬やったかと思わせるなど、牡馬と一緒でも上位争いしている強い馬だが、桜花賞馬とはいえ、少しずつスプリンター向きに育ててきているので東京マイルは現状向かないのでは。

5番人気想定 アドマイヤリード 昨年のこのレースの覇者であり、少しずつ馬体重を増やして臨んだ前走阪神牝馬Sも不利がなければ首位争いだったように今年も圏内。

6番人気以下想定
ソウルスターリング オークス制覇後は着順は冴えないが要は瞬発力不足で着順を下げている感じで、一昨年の安田記念ロゴタイプのように逃げて早めにぶっぱなすような思い切った騎乗でないと厳しそう。鞍上次第か。

カワキタエンカ ディープインパクト産駒にしては珍しい逃げ馬だが、直近実績は小回りで4つのコーナーがあるコース。ワンターンの東京マイル適性は低そう。

デンコウアンジュ 昨年11番人気2着とエンジンが掛かれば長くいい末脚を使う馬で、前走福島牝馬Sでも3着と元気ではある。ただ1週前がディープ向きの速い馬場となってきていて、このままだと瞬発力不足を露呈しそうでもある。

レッドアヴァンセ NHKマイルCで半弟のレッドヴェイロンが激走したが、この馬も前走阪神牝馬Sは11番人気の人気薄ながら2着と力をつけてきており、ここでもやれておかしくない。

ラビットラン 後方一気の鋭い末脚を見せた昨秋のローズS以降、着順は冴えないが前残りの馬場での9着だった前走阪神牝馬Sを含め言い訳もできる敗戦だったことも事実。東京マイルでのびのび走ることができれば、激走もありえそう。

レーヌミノル 8番人気で制した桜花賞後は着順は良くないが、決して能力は落ちていない。ダイワメジャー産駒自体が本質的にスプリンターではなく、1200mでもどかしい結果が続いているが、案外厳しい流れでのマイルくらいの方が良い可能性があり、激走もあるのでは。

ジュールポレール 昨年の3着馬でサダムパテックの下でもあり、厩舎も短距離得意な西園厩舎。栗東坂路で好時計が出ており、今年もやれておかしくない。

デアレガーロ たった8戦で4勝していて、前走重賞の京都牝馬Sで2着とまだまだ力をつけてきている時期で、母系のせいかマンハッタンカフェ産駒にしてはマイラーでもあり、十分圏内。

ワントゥワン ディープインパクト×ワンカラットという良血馬で、オープンまで上がってきたのは偉いのだろうが、重賞ではちょっと足りないのでは。

メイズオブオナー 好調の藤原英厩舎らしく、無理使いせず成長を促しながら昨年6月に未勝利をようやく勝ってから1年弱でオープンまで駆け上がってきた。重賞での通用はもう少し先かとは思うが着実に力をつけては来ている。

リエノテソーロ デビューから芝とダートで4連勝した後に、今回と同舞台となる東京マイルでのNHKマイルCで13番人気2着と激走した。昨年末、中山マイルのターコイズSではトップハンデながら逃げて0.2秒差6着とそれなりに頑張っており、再度の激走も。まだ終わっていないのでは。ちなみにテソーロはスペイン語で「宝物」の意とのこと。

クインズミラーグロ 昨年1月から7月まで牝馬重賞を5戦して2着1回3着4回と活躍した。ただマイルは忙しく、安田記念ほど道中流れないにしても距離不足では。

エテルナミノル エンパイアメーカー産駒らしく気難しい気性の持ち主で、1月の愛知杯を勝った時も6番人気とあまり評価されておらず、当時本命だった私はおいしい思いをさせてもらった。要は、他の馬よりも自分との闘いである馬。力は落ちておらず、どうせ人気は無いだろうから少額ヒモには入れたい馬。


<まとめ>
これといった中心馬は見当たらず、NHKマイルC同様1番人気はアテにならない感じ

有力馬 アドマイヤリードミスパンテールアエロリットリスグラシュー

ヒモに レッドアヴァンセラビットランレーヌミノルジュールポレールデアレガーロリエノテソーロエテルナミノル

人気で危なそうな馬 レッツゴードンキ

[もっと見る]

2018年5月6日() 12:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(NHKマイルC G1)
閲覧 551ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『NHKマイルC G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命は◎ギベオンで勝率13.8%。差がなく○タワーオブロンドンが続き、以下は少し差が開いて勝率ひと桁台で各馬が続く状況となっています。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも本命は◎ギベオンで、○カツジ、△プリモシーンといったところが上昇してきています。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらは鞍上ルメール騎手の◎タワーオブロンドンがトップに浮上。ただ、ほぼ同じ勝率でギベオンも並んでいて、少し3位以下との差をつけていますね。



【まとめ】
今回は◎2票+○1票でギベオンが中心との算出に。確かに毎日杯は指数も高かったようですしね。ただ、いずれのロボも上位は拮抗していて、先週同様に混戦模様でその他の馬たちにも十分アタマのチャンスがありそうな配置です。レースを楽しみに待ちたいと思います(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

⇒もっと見る

タワーオブロンドンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 2

☆ジャパンカップの感想☆
ブログ収支は、-6000Pでした。
実際の馬券も、馬連 9-11、3連複 1-9-11を買いましたがハズレ・・・。

もちろん勝ち時計2.20.6という勝ち時計には驚きましたが、
3歳牝馬がジャパンカップで古馬を相手に好位から正攻法の競馬で完勝したのが衝撃すぎたし、実際すごいパフォーマンスですよ~。
アーモンドアイがここまで強い馬とは思ってませんでした。

キセキの中盤からじわじわと早めにラップを上げて持久力勝負に持ち込むペースメイクのおかげで2400mのGIにふさわしいレースになったし、アーモンドアイの強さがとんでもなく際立ったんで、
主演女優賞はアーモンドアイですが、
助演男優賞はキセキだと思います。

これが本当の2400mのGIや!!!というようなハイレベルのジャパンカップが見れて大満足です!!!

出走馬達へのコメント
1着アーモンドアイ
こういう正攻法の競馬が毎回できるようなら、しばらく国内では手がつけられない存在になるかも?
ルメールが凱旋門賞に挑戦しなきゃいけないと言ってましたが、来年以降のローテがどうなるのか気になります。

2着キセキ
3歳時に後方で溜めて瞬発力を爆発させるキャラでブレイクしたのに、
古馬になって逃げて持久力を活かして粘りこむキャラで再ブレイクするなんて驚きましたよ~。
負けたけど、天皇賞秋より強い競馬してたんで距離延長もよかったのかな~。
川田のペース配分も馬の力を存分に引き出してるし、すごくいいコンビです。

3着スワーヴリチャード
この馬の力は出し切ってる気がしたんで、それで2着のキセキから3馬身半差の3着なら素直に1・2着馬に完敗って感じかな~?

4着シュヴァルグラン
もうちょっと前めで競馬してほしかったけど、楽なペースじゃなかったから仕方ないかも。
6歳なのを考慮したら十分頑張ってると思います。

6着サトノダイヤモンド
大好きな馬なんでついついひいき目で見ちゃうんですが、そのぼくが見ても強かった頃の雰囲気まではまだ戻ってないかな~。

--------------------------------------------------------------------------------
☆キャピタルSの感想☆
ブログ収支は、-3000Pでした。
実際の馬券も、馬連 8-14、ワイド 8-10を買いましたがハズレ・・・。

ペースが遅かったのもあって、レースの上がり3F33.4という極端な瞬発力勝負になりましたね~。
選んだ3頭は全て着外だったし、ぼくにはかなり難しかったです。

出走馬達へのコメント
1着グァンチャーレ
斜行で他馬に迷惑かけたのは残念ですが、上がり3F32.9という切れ味抜群の脚で突き抜けたのは予想外でした。

2着タワーオブロンドン
直線で外からすごい末脚でクビ差まで詰めてきてて驚いたけど、上がり3F32.4も出てたんですね~。
休み明けでこれだけやれたら次走がますます楽しみです。

3着ベルキャニオン
ムーアの立ち回りが上手かったです。さすがでした。

7着ダイワキャグニー
不利受けながらも0.2差で着順ほど負けてないけど、スタート良かったんで、もっと前で競馬してほしかったです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆京都2歳Sの感想☆
ブログ収支は、-1000Pでした。
実際の馬券も、単勝 6(ブレイキングドーン)を買いましたがハズレ・・・。

直線は、クラージュゲリエとブレイキングドーンの一騎討ちになったんで、
ブレイキングドーン頑張れ~~~~~!
と応援に力が入ったんですが、半馬身差の2着で競り負けちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着クラージュゲリエ
メンバー中最速の上がり3F33.8でブレイキングドーンとの接戦に競り勝ちましたね~。
先週の東スポ杯2歳Sを勝った札幌2歳Sの1着馬ニシノデイジーに続いて、札幌2歳Sの3着馬クラージュゲリエも重賞勝ち。
札幌2歳Sの上位着順馬が活躍してますね~。

2着ブレイキングドーン
負けたけど、3着には3馬身半差つけてるし、いい競馬はできてたと思います。今後も楽しみです。

3着ワールドプレミア
ワールドエースの全弟なんで次走以降の巻き返し期待。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資11100Pが16600Pに増えました。

☆超おいしい馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資3000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
BS見てたら、孤独のグルメで松重豊さんが1人焼肉をものすごくおいしそうに食べてるんで焼肉が食べたくなりました。

 清瀬のよっちゃん 2018年11月25日() 17:39
★・・今週の予想結果およびPOG馬の特別登録・・★ 
閲覧 71ビュー コメント 2 ナイス 17

写真は、ビンゴを達成した今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です!!



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


東京11R キャピタルステークス オープン 芝1,600

 ◎ ⑧ダイワキャグニー     7着(1番人気)
 ○ ⑨タワーオブロンドン    3着(2番人気)
 ▲ ⑪ハクサンルドルフ     8着(5番人気)
 △ ⑭プロディガルサン     5着(3番人気)
1着・グァンチャーレを外し当り無し

ビンゴ馬:⑧ダイワキャグニー   7着(1番人気)塗りつぶし無し



京都11R ラジオNIKEI杯京都2歳ステークス GⅢ 芝2,000

 ◎ ⑧ミッキーブラック     4着(3番人気)
 ○ ②ワールドプレミアム    3着(2番人気)
 ▲ ①クラージュゲリエ     1着(1番人気)
 △ ⑨ショウリュウイクゾ    5着(5番人気)
2着・ブレイキングドーンを外し当り無し

ビンゴ馬:⑧ミッキーブラック   4着(3番人気)塗りつぶし無し




日曜メインレースの予想結果です


東京11R ジャパンカップ GⅠ 芝2,400

 ◎ ⑪スワーヴリチャード   3着(2番人気)
 ○ ③サトノダイヤモンド   6着(3番人気)
 ▲ ⑥サンダリングブルー  10着(7番人気)
 △ ⑫カプリ        11着(6番人気)
1着・アーモンドアイを外し当り無し

ビンゴ馬:⑪スワーヴリチャード 3着(2番人気)3着②マスを塗りつぶし



京都12R 京阪杯 GⅢ 芝1,200

 ◎ ③ダノンスマッシュ    1着(1番人気)
 ○ ⑰アンヴァル       4着(5番人気)
 ▲ ⑧ダイアナヘイロー    3着(11番人気)
 △ ⑯ワンスインナムーン   15着(2番人気)
単勝(340円)が当たり

ビンゴ馬:③ダノンスマッシュ  1着(1番人気)1着②マスを塗りつぶし・・3つ目のビンゴ達成!!





★メインレースの予想は、単勝が1レースのみと不出来でしたね・・


★競馬でビンゴは、2マスを塗りつぶせ、3つ目のビンゴを達成!!



★POG馬の特別登録

土曜日

中京競馬場10Rこうやまき賞500万下(芝1,600)にスイープセレリタス・メス・藤沢和雄(美浦)が登録

中京競馬場10Rこうやまき賞500万下(芝1,600)にダノンチェイサー・牡・池江泰寿(栗東)が登録




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=7548770965&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2018年11月23日(金) 22:48
11/24 特別レース予想 重賞予想
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんわ 明日11/24単複王です
No.836 京都 9 高雄特別(1000万下) ◎ サトノグロワール ◯ アロマドゥルセ
No.837 京都 10 花園S(1600万下) ◎ サトノティターン ◯ タガノヴェローナ
No.838 京都 11 京都2歳S(G3) ◎ ワールドプレミア ◯ ブレイキングドーン
No.839 東京 9 カトレア賞(500万下) ◎ メイクハッピー ◯ ロマンティコ
No.840 東京 10 銀嶺S(1600万下) ◎ レイダー ◯ エレクトロポップ
No.841 東京 11 キャピタルS(OP) ◎ プロディガルサン ◯ タワーオブロンドン
よろしくおねがいします
https://youtu.be/SuY1JOm7EjI
続いて
No. 127 京都2歳ステークス ◎ クラージュゲリエ ◯ ワールドプレミア △ ショウリュウイクゾ ☆ ブレイキングドーン ミッキーブラック

[もっと見る]

⇒もっと見る

タワーオブロンドンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タワーオブロンドンの写真

タワーオブロンドン
タワーオブロンドン
タワーオブロンドン

タワーオブロンドンの厩舎情報 VIP

2018年11月24日キャピタルステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タワーオブロンドンの取材メモ VIP

2018年11月24日 キャピタルステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。