デアレガーロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
デアレガーロ
デアレガーロ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2014年4月13日生
調教師大竹正博(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[5-1-0-6]
総賞金8,677万円
収得賞金2,450万円
英字表記Dea Regalo
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
スーヴェニアギフト
血統 ][ 産駒 ]
Souvenir Copy
Alleged Gift
兄弟 ベステゲシェンクシュプリームギフト
前走 2018/08/26 キーンランドカップ G3
次走予定

デアレガーロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/08/26 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 164819.678** 牝4 54.0 横山典弘大竹正博462(-8)1.10.3 0.936.1⑥④ナックビーナス
18/08/05 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 10891.614** 牝4 53.0 J.モレイ大竹正博470(+8)1.08.5 0.234.3⑦⑤クリーンファンキー
18/06/30 函館 11 TVh杯 1600万下 芝1200 14333.511** 牝4 55.5 池添謙一大竹正博462(-6)1.08.6 -0.234.1④⑤タイセイスターリー
18/05/13 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1871540.91316** 牝4 55.0 池添謙一大竹正博468(-8)1.33.6 1.333.9⑰⑯ジュールポレール
18/02/17 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 127105.242** 牝4 54.0 池添謙一大竹正博476(+8)1.23.1 0.134.0⑩⑩ミスパンテール
17/12/03 中山 10 市川S 1600万下 芝1600 1371113.551** 牝3 54.0 V.シュミ大竹正博468(+4)1.32.5 -0.133.3⑨⑩⑩クリアザトラック
17/09/30 中山 11 秋風S 1600万下 芝1600 145731.584** 牝3 53.0 蛯名正義大竹正博464(-6)1.35.1 0.333.8⑥⑤⑤ジュールポレール
17/07/02 函館 12 道新スポ杯 1000万下 芝1200 10446.941** 牝3 52.0 蛯名正義大竹正博470(-6)1.08.6 -0.134.0④⑥レーヴムーン
17/06/04 東京 10 由比ヶ浜特別 1000万下 芝1400 14468.636** 牝3 51.0 丸田恭介大竹正博476(+6)1.22.0 0.733.5⑦⑧ロワアブソリュー
17/03/20 中山 11 フラワーC G3 芝1800 13456.0211** 牝3 54.0 C.ルメー大竹正博470(-2)1.50.4 1.736.2⑤⑦ファンディーナ
17/02/25 中山 7 3歳500万下 芝1800 12337.641** 牝3 54.0 S.フォー大竹正博472(+2)1.49.8 -0.034.8ミッシングリンク
16/12/25 中山 5 2歳新馬 芝2000 13578.531** 牝2 54.0 田辺裕信大竹正博470(--)2.05.6 -0.535.8フライベルク

デアレガーロの関連ニュース

 ◆田辺騎手(ペイシャフェリシタ3着) 「3コーナーで、(進路が)狭くなってポジションを下げたぶん、2、3着争いに影響がでたかな」

 ◆M・デムーロ騎手(キャンベルジュニア4着) 「よく頑張っています」

 ◆内田騎手(スターオブペルシャ5着) 「このクラスでは(他の馬と)スピードが違ったね」

 ◆岩田騎手(レッツゴードンキ5着) 「体は良かったですが、休み明けのぶんゴーサインの反応が悪かった」

 ◆福永騎手(トゥラヴェスーラ7着) 「自分から動いて行ったが、最後は甘くなった」

 ◆横山典騎手(デアレガーロ8着) 「きょうは走らなかったね」

 ◆ルメール騎手(ムーンクエイク9着) 「跳びが大きくエンジンがかかるのが遅いので、短い直線のコースはよくない。1400メートルがベストだと思います」

 ◆国分優騎手(ティーハーフ11着) 「伸びていますが、前が止まらなかった」

 ◆武豊騎手(クリーンファンキー12着) 「ボコボコした馬場を気にしていた」

 ◆古川騎手(タマモブリリアン13着) 「緩い馬場が合わなかった」

 ◆四位騎手(ヒルノデイバロー14着) 「1歩目が遅かった。そのあとは行けたけど、馬場が緩くて…」

 ◆フォーリー騎手(キングハート15着) 「雨を含んだ馬場で滑ってしまい力を出し切れませんでした」

★26日札幌11R「キーンランドカップ」の着順&払戻金はこちら

【キーンランドカップ】馬場の有利不利、教えます!2018年8月26日() 11:00

1~2回札幌開催における芝のレース結果、近年のキーンランドカップの結果をもとに、馬場と血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


中間の雨の影響で、土曜日の芝コースは終日やや重発表での開催となった。馬場の重さが影響したのか、午後からのレースでは内で競馬を進めた先行馬が伸びあぐねるシーンが続出。中団からの差しが間に合うようになってきている。ただし、完全な外差し馬場というわけではない。立ち回りひとつで、どの脚質でもチャンスがあるフラットな馬場ととらえたほうがいいだろう。いずれにしても、走破時計は水準より遅め。タフなコンディションであることは間違いない。

そのうえ、土曜日の夜から日曜日の朝にかけての降雨が重なり、さらにタフなコンディションになることは疑いようがない。また、レースが進むにつれ、内と中~外の状態差が拡大する可能性もある。となれば、内を通る(通らされる馬)が不利になることは明らか。枠順についても同様で、内すぎず外すぎない真ん中(4~6枠)あたりが幅を利かせやすい馬場に移行していくのではないだろうか。

近年のキーンランドカップの好走馬を振り返ると、血統的には父サンデーサイレンス系が優勢。なかでも、スピード型やパワーと機動力を併せ持つタイプの好走例が多い。ほかでは、ノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬、あるいはノーザンダンサーのクロスを内包している馬の奮闘が目立つ。なかでも、斤量面の恩恵が大きい牝馬や3歳馬の好走率が高く、条件を満たす馬には注意を払いたい。

また、1~2回札幌開催における芝1200mの結果を検証すると、父方ではスピード型あるいはパワー&持続力型のサンデーサイレンス系の活躍が顕著。他系統では、キングマンボ系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の上位入線が目立つ。いずれにせよ、瞬発力よりも持続力あるいはパワーに長けたタイプを優先したほうがいいだろう。

近年の当レースの傾向、1~2回札幌開催の結果を合わせて考えると、父サンデーサイレンス系およびキングマンボ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が優勢とみるべき。そのなかでも、ノーザンダンサー系種牡馬との配合馬、あるいはノーザンダンサーのクロスを内包している馬が有利。さらに絞れば、牝馬と3歳馬が狙い目となる。

今回の出走馬のうち、血統面と先述した馬場傾向(枠順など)の要点を満たしているのは、⑦ダノンスマッシュ、⑧デアレガーロ、⑪ナックビーナス、⑫トゥラヴェスーラ。当欄ではこの4頭を狙いどころ(軸馬候補)として推奨したい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【キーンランドカップ】有名人の予想に乗ろう!(爆笑・田中ほか多数)2018年8月26日() 09:20

※当欄では日曜日に開催されるキーンランドカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ペイシャフェリシタ
○①クリーンファンキー
▲⑥レッツゴードンキ
△⑪ナックビーナス
△⑩キングハート
△②スターオブペルシャ
△⑨ティーハーフ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
④→①②⑥⑨⑩⑪

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎③ヒルノデイバロー
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑦ダノンスマッシュ
単勝

ワイド・馬連
⑦→④

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑥レッツゴードンキ
馬単1着軸流し
⑥→③④⑤⑧⑩⑫⑬⑭
3連単フォーメーション
③④⑤⑪⑫→⑥→①②③④⑤⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑭
③④⑤⑪⑫→①②③④⑤⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑭→⑥

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑫トゥラヴェスーラ
3連単
⑥→⑪→⑫
⑪→⑥→⑫

【てつじ(シャンプーハット)】
◎④ペイシャフェリシタ
3連単1頭軸流しマルチ
④→⑤⑦⑪⑫⑬⑭

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑦ダノンスマッシュ
○⑪ナックビーナス
▲③ヒルノデイバロー
△①クリーンファンキー
△②スターオブペルシャ
△⑧デアレガーロ
△⑨ティーハーフ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑪ナックビーナス
○⑥レッツゴードンキ
▲⑬キャンベルジュニア
△①クリーンファンキー
△⑤ムーンクエイク
△⑧デアレガーロ
△⑩キングハート

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎③ヒルノデイバロー
○⑪ナックビーナス
▲⑬キャンベルジュニア
△⑥レッツゴードンキ
△⑦ダノンスマッシュ
△⑧デアレガーロ
△⑫トゥラヴェスーラ

【天童なこ】
◎⑦ダノンスマッシュ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【キーンランドカップ】斬って捨てる!2018年8月26日() 09:10

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のキーンランドカップの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走で函館スプリントステークス、あるいはアイビスサマーダッシュに出走し、4着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ペイシャフェリシタ
ティーハーフ
キングハート

当レースで優勝経験がある前走G1出走馬を除くと、斤量57キロ以上馬の連対例は皆無(2008年以降)

ムーンクエイク

前走から斤量が2キロ以上増加していた馬の好走例はなし(2008年以降)

クリーンファンキー
ムーンクエイク
タマモブリリアン
ユキノアイオロス
オールインワン

1600m以下のオープン特別あるいは重賞で連対経験を持たない馬の連対例は皆無(2008年以降の札幌開催)

ユキノアイオロス
オールインワン

【人気】
5番人気の連対例はなし(2006年以降)
※8時30分現在の5番人気

キャンベルジュニア

5番人気以内の支持を受けた6歳以上馬の連対例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の5番人気以内、かつ6歳以上

レッツゴードンキ
キャンベルジュニア

前走で函館スプリントステークスに出走、かつ今回4番人気以下の好走例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の4番人気以下、かつ該当馬

ヒルノデイバロー
ティーハーフ
キングハート

5番人気以下、かつ1~2枠馬の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の5番人気以下、かつ1~2枠

クリーンファンキー
スターオブペルシャ
ヒルノデイバロー
ペイシャフェリシタ

【脚質】
前走(G1と新潟芝1000mは除く)の4角通過順が6番手以降、かつ6着以下敗退馬の連対例は皆無(4角で不利を受けた馬を除く/2008年以降)

ティーハーフ
キングハート
ユキノアイオロス

【枠順】
1枠の連対例はゼロ(2008年以降の札幌開催)

クリーンファンキー
スターオブペルシャ

【血統】
父ミスプロ系、かつ7番人気以下の好走例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の7番人気以下、かつ父ミスプロ系

ティーハーフ
オールインワン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンスマッシュ
デアレガーロ
ナックビーナス
トゥラヴェスーラ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【キーンランドカップ】取捨即断!血統アナリシス2018年8月25日() 16:55

日曜日に行われるキーンランドカップの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。





クリーンファンキー
ヘイロー系×ノーザンダンサー系の組み合わせは、当レースにおける好走配合のひとつ。もとより本馬自身、北海道で良績を残しているのだから、コース適性の高さは疑いようがない。ただし、サンデーサイレンスの血を持っていないため、瞬発力勝負になるとモロい一面がある。持ち味を発揮するには、上がりを要する展開、あるいは体力を活かせる消耗戦が望ましい。

スターオブペルシャ
現役時に1600~2000mのG1で5勝を挙げたダイワメジャーに、伊G1勝ち馬の母を掛け合わせた良血馬。父の産駒は当該コースで好成績。昨年の当レースでは、2、3着馬を送り出しているように、血統面における舞台適性については文句なし。持ち味である持続力を活かせる競馬になれば、浮上の余地は十分にある。

ヒルノデイバロー
父は持久力型のマンハッタンカフェ。そのうえ、重厚なリボー系の血脈が濃すぎる(母父と父母父)せいか、どうしてもスピード決着では後塵を拝すケースが多くなる。血の良さを引き出すためには、水準以上の持久力を求められる競馬になるか、あるいは自身から動いて我慢比べに持ち込むことが必須となる。

ペイシャフェリシタ
持続力に優れたハーツクライに、パワー型であるケープクロスの肌馬を掛け合わせることで、バランスのとれた総合力を実現している本馬。半面、中距離指向が強い配合ゆえに、小回り芝1200mの重賞では、スピード不足の印象を受ける。今回は苦しい戦いを強いられるのではないだろうか。

ムーンクエイク
父は北海道の芝コースと好相性のアドマイヤムーン。シャーペンアップ系(本馬の場合はダイイシスとクリス)種牡馬のクロス、かつノーザンダンサーのクロスをともに内包しているアドマイヤムーン産駒という点は、さきの高松宮記念を制したファインニードルを想起させる。血統的魅力度の高い1頭だ。

レッツゴードンキ
キングカメハメハロードカナロアという傑出馬を輩出しているだけに、スプリント重賞の舞台が悪かろうはずがない。母のマルトクがダートのスピードタイプであることを鑑みると、力を要する芝1200mは悪くない条件と言えよう。いずれにせよ、パワー重点の配合であることは間違いなく、瞬発力比べになると後手を踏みやすい。勝ち負け争いに加わるには、持続質勝負の展開が不可欠となる。

ダノンスマッシュ
祖母ハリウッドワイルドキャットは、エクリプス最優秀3歳牝馬に選出された名牝で、伯父にはBCマイルを制したウォーチャントがいる良血。その牝系に最強スプリンターロードカナロアを組み合わせているのだから、相応の適性を備えているものと判断できる。舞台に不足はなく、状態ひとつで上位に食い込むチャンスはある。

デアレガーロ
父はパワーと持久力に長けたマンハッタンカフェ。そのうえ、アレッジド(リボー系)の4×3のクロスを併せ持っているのだから、本馬が備えている持続力はかなりのもの。一族にはG1馬がズラリと並び、底力についても不足はない。半面、マンハッタンカフェ産駒の当該コースにおける成績が芳しくない点は気がかり。血の良さを活かすためには、全体時計あるいは上がりを要する競馬になってほしいところ。

ティーハーフ
半兄のラッキーナインをはじめ、母父や祖母など、母系に短距離G1勝ち馬がズラリと並ぶスプリント一族。本馬も2015年の当レースで3着入線しているようにレース適性は高い。ただし、父ストーミングホームはミスプロ系のなかでも中距離指向が高く、水準以上の時計を求められるとイマイチ。加齢に伴うスピードの衰えも勘案すると、重賞では強気になれない。

キングハート
サンデーサイレンス系×ミスプロ系の配合で、スピードの持続力が持ち味。スピード型サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が幅を利かせるケースが多い当レースの特徴を鑑みると、国内短距離G1勝ち馬であるオレハマッテルゼを父に持つ点はプラス。また、馬力型であるセクレタリアト(ナスルーラ系)のクロスを内包しているので、力を要する馬場も問題ない。舞台適性の高い血統構成だ。

ナックビーナス
ダイワメジャーは当該コースで好成績。そもそも本馬自身、昨年の当レースで3着入線しているのだから、舞台適性については申し分がない。一方、母父は主流からズレたヘイロー系で瞬発力に欠けるところが難点。勝ちきるためには、血の持ち味を最も活かせる持久力を必要とする競馬になるか、あるいは自身から早めに動いて持続質勝負に持ち込むことが肝要になる。

トゥラヴェスーラ
ドリームジャーニー×アドマイヤコジーンという、機動力とパワーに偏りがちな組み合わせ。ゆえに、極端なスピード勝負になった時の不安は残る。一方で、キーンランドカップは前半のラップが緩むケースが多く、一定以上の機動力を求められるのも事実。その点を踏まえると、キャラクター的に傾向と合致する。侮れない1頭になるかもしれない。

キャンベルジュニア
父は豪州のチャンピオンサイアー。そのうえ、母は豪州G1で2勝、母父は豪州のトップサイアーと、母系も一本筋が通っている豪州の本格化血統。父はスプリンターズSを制したウルトラファンタジーを輩出しているように、スプリント適性については十分すぎるほど。血の特性上、キレを要求される競馬ではワンパンチ足りない半面、型にハマッたときの破壊力は生半可なものではない。軽視は禁物の存在だ。

タマモブリリアン
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合馬は当該コースと好相性。近年の当レースで上位入線を果たした馬の多くが該当する、ノーザンダンサーのクロスを内包している点も好材料だ。ただし、スタミナ指向が強いダンスインザダークを父に持つため、速い時計を求められると、どうしても詰めが甘くなる。よって、時計を要する馬場、あるいは展開がベストだろう。

ユキノアイオロス
当レースの好走血脈のひとつであるノーザンダンサーのクロスを持っている点については好感が持てる。ただし、サクラプレジデント×サンダーガルチという、中距離指向の濃い配合だけに、上がりの速い競馬では後れをとりやすい。ましてや10歳馬。上がりを要する展開、かつ消耗戦になった際の掲示板争いまでが精一杯ではないだろうか。

オールインワン
父の産駒は北海道の芝コースで及第点の成績を残しており、潜在しているコース適性の高さについては異論のないところ。ただし、米国色の濃い母方の血が強く反映されているせいか、本馬はタメの利かないワンペース型に仕上がっている。ゆえに、目標にされると案外なケースが多い。血の良さを引き出すためには、馬群がバラける展開、あるいは馬場の恩恵がほしい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【キーンランドカップ】ズバリ調教診断!2018年8月25日() 15:58

日曜日に行われるキーンランドカップの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。





クリーンファンキー
中1週後の中2週とあってか、最終追い切りは札幌芝で緩めの内容。悪コンデションが影響したのか、かなり足下を気にしている印象を受けた。とはいえ、スムーズに走っている際に見せる前脚の回転力はなかなかのもの。マズマズのデキとみていいのではないか。

スターオブペルシャ
中1週に加え長距離輸送を挟んだこともあってか、最終追い切りは札幌芝で軽く流す程度の内容。とはいえ、ラップの刻み方を確認する限り、デキ落ちというほどの悪い点は見受けられない。いずれにせよ、当日の気配はしっかりと確認しておいたほうがいいだろう。

ヒルノデイバロー
この中間は函館Wで調整。12日にビッシリと追われて、及第点の時計をマーク。15日と19日の追い切りでもラスト1F12秒台半ばの好反応を見せた。半面、最終追い切りの動きはイマイチ。尻ステッキおよび見せムチに対する反応が鈍く、とにかく馬の進みが悪い。不良馬場が堪えたとはいえ、物足りなさを感じる内容だった。

ペイシャフェリシタ
函館の水が合うのか、2回叩いた効果なのか、理由は定かではないが、函館Wで行われた最終追い切りの動きは上々。ここ2走の同馬にはなかった、ブレの少ない安定感のある走りを披露した。今回の条件が合うかどうかはさておき、状態は確実に上向いている。

ムーンクエイク
函館入厩後は順調に調教本数を重ね、2週前と1週前に函館芝で及第点のラップを計測。札幌移動後に行われた芝コースでの最終追い切りでもリズミカルな脚捌きを見せた。負荷をかけた追い切りが少ない点は気がかりな半面、乗り込み量については前回以上。悪くない仕上がりと言えるのではないか。

レッツゴードンキ
2週前に函館Wでバランスのとれた好ラップを計時。函館芝で行われた1週前追い切りでは、岩田騎手を背に実戦並みのハイラップを叩いてきた。今週の火曜日に函館Wで実施した最終追い切りでも余力残しで上々の伸び脚を披露。調教駆けする馬なので額面以上の評価はできないが、及第点のデキとみていいだろう。

ダノンスマッシュ
札幌芝で行われた1週前追い切りでは4F50秒割れ、ラスト1F12秒ソコソコの好ラップを記録。同じく札幌芝で行われた最終追い切りでは、余力残しで及第点の時計をマークした。四肢の動きも悪くなく、力を出せる仕上がりと言えよう。

デアレガーロ
今週の追い切りは札幌芝で3頭併せを実施。内のカイザーメランジェに、やや遅れ気味の併入ではあるが、これはコース取りの差(デアレガーロが外に深く入った)。ゆえに、過度に不安視する必要はない。この馬の場合、とにもかくにもリラックスして走れるかどうかが、好凡走のカギを握る。当日の気配には十分な注意を払いたい。

ティーハーフ
最終追い切りは函館Wで実施。前半を抑えて終いを伸ばす内容だったが、マズマズの走りを見せた。ただし、完歩にバラつきがあり、良い頃と比べて推進力の面で見劣る感。1週前に函館Wで好時計を叩いているので、この馬なりに順調なのかもしれないが、最終追い切りの内容を確認する限り、前回から大きく変わった印象は受けない。

キングハート
この中間は坂路主体に乗り込み入念。札幌に移動し、芝コースで行われた今週の追い切りでは、タフな馬場をモノともせず及第点の時計をマークした。頭の高い走りではあるが、四肢の動きはスムーズで踏み込みも力強い。少なくとも前回以上の状態でレースを迎えることができるのではないか。

ナックビーナス
1週前に函館Wでビッシリと追われて好時計をマーク。場所を函館芝に移した最終追い切りでは、悪コンディションもあってか少し足下を気にするシーンもあったが、全体的に落ち着いた走りを見せた。マズマズの仕上がりととらえてもいいのではないか。

トゥラヴェスーラ
約3カ月ぶりの実戦だが、2週前、1週前と栗東坂路でマズマズのラップを計測。札幌移動後、芝コースで行われた今週の追い切りでも活気ある動きを披露した。若干、脚捌きに硬さが見られるものの、ひと追いごとに良くなっていることは明らか。走れる態勢は整っているとみていい。

キャンベルジュニア
函館入厩後は丹念な乗り込み。函館Wで行われた1週前追い切りでは上がり重点の内容で好時計をマーク。同じく函館Wで実施した最終追い切りは流す程度の内容だったが、バランスのとれた好ラップを記録した。ひと追いごとに良くなっている印象が強く、動ける態勢にあるとみたい。

タマモブリリアン
函館閉場を考慮して今週の追い切りは火曜日に実施。函館Wで4Fから追われ、及第点の時計を楽々とマークした。掛かり通しでお終い失速した、2走前の最終追い切り時と比べると内容は雲梯の差。この状態を維持できるようであれば、要警戒の1頭になりそうだ。

ユキノアイオロス
今週の追い切りは札幌芝で実施。流す程度の内容だったが、スムーズな走りを見せた。ただし、ピーク時と比べてフットワークが小ぢんまりと映るうえに、前進気勢も足りない感。大きな上昇は感じられず、一変まではどうか。

オールインワン
札幌ダで行われた1週前追い切りの内容は平凡そのもの。札幌芝に場所を移して実施した最終追い切りの動きについても脚取りが重い印象を受けた。発汗が多い点も気がかりで、まだまだ良化途上、といったところか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

デアレガーロの関連コラム

閲覧 833ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、13(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
昼過ぎから降り出した雨により、昨年同様の稍重発表で迎えたG1ヴィクトリアマイル。単勝1番人気は4.3倍でリスグラシュー、以下、アドマイヤリード(同5.0倍)、アエロリット(5.3倍)、ミスパンテール(同7.9倍)と4頭が単勝ひとケタ台で上位人気を形成。10番人気までが単勝30倍以内にひしめく混戦オッズで、スタートの時を迎えます。
クインズミラーグロが大きく出遅れる中、カワキタエンカがハナを奪い2番手レーヌミノル以下を引き連れる形で隊列は決定。3番手には、外枠から積極策のリエノテソーロが続き、レッドアヴァンセアエロリットラビットランレッツゴードンキといったところも好位の一角。中団以降には、ジュールポレールミスパンテールソウルスターリングアドマイヤリードデンコウアンジュリスグラシューエテルナミノルと続き、後方にかけてメイズオブオナーワントゥワンデアレガーロの態勢。最後方にクインズミラーグロとなって、降りしきる雨のなか全馬向こう正面を駆け抜けていきます。
前半4Fを46秒8(推定)で通過した馬群は、先頭のカワキタエンカリエノテソーロアエロリットが外から徐々に並び掛けるようにしながら、4コーナーを回って直線入り口へ。1番人気リスグラシューは依然後方馬群の中、2番人気アドマイヤリードもその少し前のインでコーナーを回ります。
迎えた直線、カワキタエンカの内をすくってレーヌミノルも好位から進出。外のリエノテソーロアエロリットと4頭横並びの態勢で叩き合いが繰り広げられます。これを直後から、力強く伸びたレッドアヴァンセが交わして残り300mを通過。後続からは、レッツゴードンキミスパンテールジュールポレールらも、レッドアヴァンセの外に進路をとって徐々に詰め寄る構え。さらに後方、外を通ってはリスグラシューソウルスターリングもエンジン点火して、坂を駆け上がってラストの攻防へ。単独先頭に立ったレッドアヴァンセでしたが、安泰のリードは築けず間もなくジュールポレールが迫る展開。さらに外からは、これにようやくリスグラシューも加わって、内アエロリット、中レッドアヴァンセジュールポレール、外リスグラシューと連なって、各馬ゴール板を目がけての叩き合いとなります。ゴール間際、内の2頭を競り落としたジュールポレールか、最後外から猛追して迫ったリスグラシューか、最後は際どい勝負に持ち込まれますが、この争いを8番人気ジュールポレールが制して優勝。昨年3着から、更なる上昇をみせ初G1制覇を飾っています。ハナ差2着のリスグラシューからクビ差の3着には、7番人気レッドアヴァンセが入っています。
公認プロ予想家では、マカロニスタンダーズプロろいすプロくりーくプロの、計3名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
先週は、12(土)東京12Rで◎○▲パーフェクト的中を披露し、3連単&馬連計29万8,790円払戻しのビッグヒットをマーク!13(日)にも東京1Rで◎○▲パーフェクト的中を披露するなどの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率201%、収支21万990円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
12(土)東京6Rで◎ディーズフェイクの単勝1万円勝負を見事的中させ27万円の払戻しを記録しました!週末トータルでは回収率138%、収支15万7,000円プラスをマーク、3週連続の週末プラスを決めています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(土)の新潟10Rで、馬単327.6倍を含む計10万6,760円払戻しのスマッシュヒット!13(日)にも東京7Rでの◎○△的中などの活躍を見せ、週末トータル回収率112%をマーク。2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
12(土)の新潟2Rを◎▲○のパーフェクト予想で的中してみせると、新潟12Rでも単勝1点1万円勝負的中をマークしプラス収支で折り返し。13(日)も京都4R京都7Rでの的中などで好調予想を披露しプラス達成。週末トータルでは回収率174%で終えています。
 
 
この他にも、おかべプロ(185%)、エース1号プロ(151%)、マカロニスタンダーズプロ(139%※←2週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(118%)、蒼馬久一郎プロ(117%)、ゼット1号プロ(105%)、セイリュウ1号プロ(102%)、シムーンプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年5月9日(水) 15:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル2018
閲覧 1,953ビュー コメント 0 ナイス 15



先週のNHKマイルCは、残り30mくらいの時点でギベオンミスターメロディケイアイノーテックで決まるかと、一瞬帯封3.5個分がよぎったんですけどねぇ。馬連のみの的中でした。人気のタワーオブロンドンは人気ほど信頼できない点や、テトラドラクマが内枠でもまれると撃沈ありそうなこと、パクスアメリカーナが掲示板の下の方がせいぜいとか、プリモシーンは上積みいまひとつで休んで仕切り直しが必要とか、かなりいい線いってたと思うのですが……。やはり当てないとですね。3着の良血レッドヴェイロンは、良化はもう少し先かと思っていましたが、厳しい流れでクラレントの下である血統的な底力が生きたようです。

さて、今週末はヴィクトリアマイルです。新設G1のような感覚がまだ抜けきれませんが、もう13回も回を重ねていたんですね。この13年間が大変なことばかりだったので、あっという間でもあり......。人生のバランス的にはこれからいいことが、たくさん、たくさんあるのではないかなんて思っているんですけどね^^;


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 リスグラシュー 昨年のクラシック戦線では小さいながらも桜花賞2着、オークス5着、秋華賞2着と良く頑張り、同コースの東京新聞杯制覇や、デビュー当初より20kg増やしてきている点などからも人気になる要素は満載。当然有力だが人気ほど力が抜けているわけではない。

2番人気想定 アエロリット 昨年はNHKマイルCを制して夏の札幌でのクイーンSでも古馬相手に完勝と好調だった。前走中山記念では+18kgで2着してきて、調教の動きは鋭く、更なる成長がありそう。

3番人気想定 ミスパンテール 近4連勝中でかつ重賞3連勝と勝負強いのだが、東京マイルでドンと来いというほどは強くない印象。ただ、最後の気の強さが勝ち切る要因のようで、ここも人気はそれほどでもなく十分妙味はある。

4番人気想定 レッツゴードンキ 前走の高松宮記念で2着、その前のフェブラリーSでも一瞬やったかと思わせるなど、牡馬と一緒でも上位争いしている強い馬だが、桜花賞馬とはいえ、少しずつスプリンター向きに育ててきているので東京マイルは現状向かないのでは。

5番人気想定 アドマイヤリード 昨年のこのレースの覇者であり、少しずつ馬体重を増やして臨んだ前走阪神牝馬Sも不利がなければ首位争いだったように今年も圏内。

6番人気以下想定
ソウルスターリング オークス制覇後は着順は冴えないが要は瞬発力不足で着順を下げている感じで、一昨年の安田記念ロゴタイプのように逃げて早めにぶっぱなすような思い切った騎乗でないと厳しそう。鞍上次第か。

カワキタエンカ ディープインパクト産駒にしては珍しい逃げ馬だが、直近実績は小回りで4つのコーナーがあるコース。ワンターンの東京マイル適性は低そう。

デンコウアンジュ 昨年11番人気2着とエンジンが掛かれば長くいい末脚を使う馬で、前走福島牝馬Sでも3着と元気ではある。ただ1週前がディープ向きの速い馬場となってきていて、このままだと瞬発力不足を露呈しそうでもある。

レッドアヴァンセ NHKマイルCで半弟のレッドヴェイロンが激走したが、この馬も前走阪神牝馬Sは11番人気の人気薄ながら2着と力をつけてきており、ここでもやれておかしくない。

ラビットラン 後方一気の鋭い末脚を見せた昨秋のローズS以降、着順は冴えないが前残りの馬場での9着だった前走阪神牝馬Sを含め言い訳もできる敗戦だったことも事実。東京マイルでのびのび走ることができれば、激走もありえそう。

レーヌミノル 8番人気で制した桜花賞後は着順は良くないが、決して能力は落ちていない。ダイワメジャー産駒自体が本質的にスプリンターではなく、1200mでもどかしい結果が続いているが、案外厳しい流れでのマイルくらいの方が良い可能性があり、激走もあるのでは。

ジュールポレール 昨年の3着馬でサダムパテックの下でもあり、厩舎も短距離得意な西園厩舎。栗東坂路で好時計が出ており、今年もやれておかしくない。

デアレガーロ たった8戦で4勝していて、前走重賞の京都牝馬Sで2着とまだまだ力をつけてきている時期で、母系のせいかマンハッタンカフェ産駒にしてはマイラーでもあり、十分圏内。

ワントゥワン ディープインパクト×ワンカラットという良血馬で、オープンまで上がってきたのは偉いのだろうが、重賞ではちょっと足りないのでは。

メイズオブオナー 好調の藤原英厩舎らしく、無理使いせず成長を促しながら昨年6月に未勝利をようやく勝ってから1年弱でオープンまで駆け上がってきた。重賞での通用はもう少し先かとは思うが着実に力をつけては来ている。

リエノテソーロ デビューから芝とダートで4連勝した後に、今回と同舞台となる東京マイルでのNHKマイルCで13番人気2着と激走した。昨年末、中山マイルのターコイズSではトップハンデながら逃げて0.2秒差6着とそれなりに頑張っており、再度の激走も。まだ終わっていないのでは。ちなみにテソーロはスペイン語で「宝物」の意とのこと。

クインズミラーグロ 昨年1月から7月まで牝馬重賞を5戦して2着1回3着4回と活躍した。ただマイルは忙しく、安田記念ほど道中流れないにしても距離不足では。

エテルナミノル エンパイアメーカー産駒らしく気難しい気性の持ち主で、1月の愛知杯を勝った時も6番人気とあまり評価されておらず、当時本命だった私はおいしい思いをさせてもらった。要は、他の馬よりも自分との闘いである馬。力は落ちておらず、どうせ人気は無いだろうから少額ヒモには入れたい馬。


<まとめ>
これといった中心馬は見当たらず、NHKマイルC同様1番人気はアテにならない感じ

有力馬 アドマイヤリードミスパンテールアエロリットリスグラシュー

ヒモに レッドアヴァンセラビットランレーヌミノルジュールポレールデアレガーロリエノテソーロエテルナミノル

人気で危なそうな馬 レッツゴードンキ

[もっと見る]

2017年3月22日(水) 15:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/18~3/20)山崎エリカプロが3日間全てプラス収支でトップ回収率201%をマーク!!
閲覧 848ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、18(土)に中京競馬場でG3ファルコンS、19(日)に阪神競馬場でG2神大賞典、中山競馬場でG2スプリングS、20(祝月)に中山競馬場でG3フラワーCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファルコンSは、レジーナフォルテが逃げてほぼ全馬一団の隊列を引き連れて4コーナーを通過。迎えた直線、内から3頭目の位置取りからボンセルヴィーソが先頭に出掛けますが、ここに内を割ってメイソンジュニアが強襲の構え。残り200m過ぎて、この2頭が間にメイショウオワラデスティニーソングを挟んで内外に分かれての叩き合いを展開。これらの外からはコウソクストレートが手応えよく進出。ゴール直前でメイソンジュニアボンセルヴィーソコウソクストレートが横一線になってこの3頭による優勝争いとなる中、これを外のコウソクストレートが制してV。重賞初制覇を飾っています。クビ差2着はボンセルヴィーソ、さらにそこからクビ差の3着にメイソンジュニアが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロスガダイプロ山崎エリカプロ岡村信将プロマカロニスタンダーズプロ導師嵐山プロら計9名が的中しています。
 
G2神大賞典は、単勝1.1倍の圧倒的1番人気サトノダイヤモンドに注目が集まる中、1週目のスタンド前でウインスペクトルが先手を奪い、そのまま後続を7~8馬身ほど引き離す軽快な逃げを展開。サトノダイヤモンドはこの流れを終始後方2~3頭目で追走します。ほぼ馬なりで徐々に進出を開始し、2週目の3コーナーへ。前では、2番人気で前年覇者のシュヴァルグランが早々先頭を射程圏に入れ連覇に向けてスパートを開始。直線に入って1馬身後方のサトノダイヤモンドを尻目にシュヴァルグランが単独先頭へ。これをすぐさま捉えたサトノダイヤモンドが抜け出し、シュヴァルグラン以下を完封。今季初戦を勝利で飾り、4連勝で重賞5勝目を挙げています。1馬身1/2差の2着にシュヴァルグラン、さらにそこから2馬身1/2差の3着にトーセンバジルが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロはははふほほほプロ他16名が的中しています。
 
G2スプリングSは、内枠からサウンドテーブルオールザゴーの2頭が1、2番手を確保し、淡々としたラップを刻み3コーナーへ。一杯になったサウンドテーブルに代わってオールザゴーを先頭に、各馬差が無く続く形で横に広がって直線に突入。その中からプラチナヴォイスが鋭い伸び脚で一気に先頭へ。内ラチピッタリに進路をとった先頭のプラチナヴォイスに、3分どころを通って今度はウインブライトが末脚を披露。間からはアウトライアーズも迫ります。外の1番人気サトノアレスは伸びいまひとつで脱落。坂を駆け上がってプラチナヴォイスを交わしたウインブライトが差し切りを決めて重賞初V。1/2馬身差2着にアウトライアーズ、そこから1/2馬身差の3着にプラチナヴォイスが入り、ここまでが皐月賞の優先出走権を手にしています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロサラマッポプロ山崎エリカプロスガダイプロシムーンプロ霧プロほか11名が的中しています。
 
G3フラワーCは、ドロウアカードが逃げて単勝1.3倍の支持を集めたファンディーナを2番手に従えてレースを展開。ファンディーナ以下は、ディーパワンサハナレイムーンデアレガーロあたりの人気どころが好位につけます。逃げるドロウアカードが若干ペースを落ち着かせ、隊列が短くなったところで3コーナーを迎えます。ここで、岩田騎手の手綱が少し緩むやいなやファンディーナのエンジンが点火。他馬とは明らかに搭載エンジンが違うと言わんばかりの“4角突き抜け”を披露したファンディーナが、直線独壇場の競馬でゴール。鞍上がビジョンで後続との差を確認するシーンも印象的な圧勝ぶりで無傷の3連勝&重賞初勝利をあげています。5馬身差の2着には後方から末脚を伸ばしたシーズララバイが入り、さらにそこからクビ差3着にはドロウアカードが逃げ粘っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ佐藤洋一郎プロら5名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
18(土)を、中京9Rブロンズテーラー中京11RファルコンSを◎メイソンジュニアで的中し、この日250%超の好成績で終えると、続く19(日)は中山11RスプリングSでの◎○▲パーフェクト予想などで回収率190%を達成!20(祝月)も中山11RフラワーCをしっかり仕留め回収率158%で締めくくり。3日間ともにプラス収支を達成した先週は、トータル回収率201%・収支9万1350円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)阪神10Rで◎▲○のパーフェクト予想を披露(馬券は単勝&馬連的中)!続く19(日)阪神6Rでは単勝56.9倍のクリノライメイに本命◎を打ち馬連的中、11万3940円を払戻し。20(祝月)中山12Rでは◎○馬単本線的中し18万円払戻しと3日間続けて冴えわたる予想を披露。週末トータル回収率111%、収支6万6320円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)中山5Rで◎△○3連単的中を披露し18万8400円を払戻し。同阪神10Rでも◎△○で3連単的中・54万4400円払戻しとこの日2本目のスマッシュヒットをマーク。さらには翌20(祝月)中京12Rで◎○×的中で40万1500円払戻しと連日の大活躍。週末トータルでは回収率165%、収支47万780円プラスの好達成を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
19(日)中山10Rを○ナンチンノン-◎アトランタの印で的中。単勝・馬連併せて計50万3300円払戻しのビッグヒットとなりました。20(祝月)中京12Rでは◎レッドアフレイムから馬連・単勝・複勝をゲットし10万2990円の払い戻しをマーク。3日間ともに安定した的中率で高回収率を維持した先週は、トータル回収率166%、収支47万8750円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
18(土)の阪神2Rで◎ミラクルシップ(単勝104.9倍)を狙い、3複816.2倍ほか複勝&ワイドをゲット!しめて12万1150円払戻しのスマッシュヒットとなりました。他に、19(日)中山11RスプリングSの◎ウインブライトアウトライアーズ、20(祝月)中京5Rの◎メイショウモウコ(単勝22.8倍)など好調予想を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
20(祝月)の中山8Rで◎ハヤブサライデンを「逃げてこその馬で、ここは楽逃げ可能な組み合わせで。」と狙い、◎△△で3連単764倍を800円分的中など計61万3480円払戻しのビッグヒットをマーク!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
19(日)阪神12Rで◎ソーディヴァインからの3連単864倍(500円分)的中し、43万2450円払戻しのスマッシュヒットをマークしました!
 
この他にもろいすプロ (160%)、dream1002プロ(136%)、伊吹雅也プロ(130%)、馬単マスタープロ(116%)、馬っしぐらプロ(116%)、エース1号プロ(115%)、蒼馬久一郎プロ(113%)、河内一秀プロ(107%)、おかべプロ(104%)、3連単プリンスプロ(101%)、岡村信将プロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年3月20日(月) 14:00 競馬プロ予想MAX
第256回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~フラワーカップ G3
閲覧 699ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「フラワーカップ G3 」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ファンディーナ1頭。
第2グループ(黄)は、ハナレイムーンディーパワンサの2頭。
第3グループ(薄黄)は、デアレガーロ1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間ではファンディーナハナレイムーン間に4.9の大きな溝をはじめ、かなり溝が目立つ分布となっており、実力差がありそうなメンバー構成となっています。

私の本命は◎ファンディーナにしたいと思います。初戦だけでは判断できないと思っていましたが、前走が衝撃の内容でした。今年は牝馬の方が牡馬よりレベルが上だと思いますが、その筆頭格がこの馬、G1級と思います。対抗には○ハナレイムーン、ハイレベルのクイーンカップで好内容。2戦目であの競馬が出来るあたりこの馬の素質も相当高そうですし、伸びしろを含めて期待します。

【3連単フォーメーション】
12

10

1,2,3,4,5,6,7,8,9

12

1,2,3,4,5,6,7,8,9

10

計18点

[もっと見る]

デアレガーロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 182ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
一雨ごとに秋の深まりを実感していますが、
秋雨前線の活発化による天候不順!?
ようやくしのぎやすい季節となりました。

<白露(ハクロ)とは?>
9月8日頃。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名付けられました。これは、秋が本格的に到来し草花に朝露がつくようになるという意味です。太陽が離れていくため、空もだんだんと高くなってきます。


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
7月24日から変更  https://89923493.at.webry.info/

http:// で始まるURLが、https:// に変わりました。宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中経過】
第08期(7月28日~9月2日)7日間(アイビスSD~小倉2歳S:全13戦)

先週末は、巻き返すことができたのか?

日曜、G3 キーンランドカップでは、3頭を推奨。
(デアレガーロ、タマモブリリアン、ナックビーナス)
馬番コンピの予想では、(6⇒12,10,4,2)狙いを参考にして、
11番ナックビーナス軸で勝負!
馬連(11⇒5,6,7,14,16)馬単(11⇒7)
結果は、馬連・馬単のダブル的中!


日曜、G3 新潟2歳Sでは、1頭を推奨。(ロードアクア)
馬番コンピの予想では、(6⇒9,11,2,4,7,5,8)狙いを参考にして、
5番ロードアクア軸で勝負!
ワイド(5⇒2,4,6,9,11)馬連(5-9)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


先週ブログのなかで推奨した結果
キーンランドカップ=デアレガーロ(8着)、タマモブリリアン(13着)、ナックビーナス(1着)
新潟2歳ステークス=ロードアクア(9着)

今週末の重賞レースの注目馬
札幌2歳S=ナイママ
新潟記念=グリュイエール
小倉2歳S=シングルアップ、ジャカランダシティ、セプタリアン、ルチアーナミノル

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
札幌2歳S=76(B)
*内枠有利
新潟記念=65(D)
*外枠有利
小倉2歳S=73(C)
*高速決着なら内枠有利
時計が掛かると外枠有利

【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。
(キーンランドカップ)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2位から
指数値50~47までの4頭へ流して4点。
(6⇒12,10,4,2)
結果11⇒7⇒4
指数1位⇒3位⇒10位
ハズレ…(ノД`)・゜・。

(新潟2歳S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~8位までの7頭へ流して7点。
(6⇒9,11,2,4,7,5,8)
結果 6⇒9⇒8
指数1位⇒2位⇒8位
的中!

新潟2歳Sは例年通りの堅い決着(1人気→2人気)!波乱が多いキーンランドカップも、意外と硬い決着(1人気→4人気)?で、リアル馬券は、キーンランドカップを馬連・馬単のダブル的中!有難うございました。回収率もアップ!に成功です。競馬本(「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!)で、また、今週末狙える重賞レースG3札幌2歳Sが施行される。もちろん、勝負ですね!?明日のブログ:ハイブリッド指数活用術予想篇で、買い目は発表しますので、参考にして下さい。

反省点として、前日新潟の天候(日曜)が雨予報で降水確率も90%と高かった為、瞬発力は使えない馬場状況になると考え、波乱を期待!?ところが、午後から一滴の降水も無い馬場状態(稍重)で施行。当然、例年通りの堅い決着。人気薄を軸馬にすべきでは無く、馬場状態に関係なく人気上位馬から軸馬を選択することが、的中率もアップするはず!?


一応、今週も懲りずに3重賞(札幌2歳S、新潟記念、小倉2歳S)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(札幌2歳S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数8~11位までの4頭BOX 6点。


(新潟記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数6~10位までの5頭へ流して5点。


(小倉2歳S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~9位までの8頭へ流して8点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
7月24日から変更  https://89923493.at.webry.info/

http:// で始まるURLが、https:// に変わりました。宜しくお願い致します。

 ◎英二◎ 2018年8月26日() 13:20
キーンランドC&新潟2歳S
閲覧 81ビュー コメント 2 ナイス 4

キーンランドは⑥レッツゴードンキ本命にしました。

ヴィクトリアM以来の実戦なので、その辺がどうかだが能力はここではトップクラスなので、GI馬の貫禄を見せてくれるだろう。負けても最低限掲示板は確保でしょう。(ちょっと弱気。ワラ)

相手はまず⑪ナックビーナスですよね。

ここはGIへの単なる叩き台と言った声もあるんですが、確かにそうかもしれないけどこの馬にとっては賞金加算をしておかなければ出走さえ危ぶまれるんでね。
陣営も勝ちに来ると思うんで逆転候補として厚く抑えたいです。

あと面白そうなのが⑧デアレガーロです。

正攻法で乗れば、テクニックは確かなノリさんですし、札幌みたいなコースでも、まぁ2着くらいはあるかもしらんねという願望も込めた予想です。

新潟2歳は⑨アンブロークンに◎を打ちました。

鞍上が若いんで軽視されとるみたいなオッズですが距離短縮と新潟コースがプラスに向くと思うんで豪快に蹴散らしたって欲しいw


相手はまず⑦エイカイキャロルですね。

同条件のレースでキッチリ勝ち上がっとるし、人気上位とは多分展開ひとつで巻き返せるくらい力差は無いと思う。

もう一頭穴目の伏兵で要注意なのが④エイシンゾーンですかね。

まぁだいたいキャリア1戦で挑む馬が多いんですが、まぁ2戦経験しとる組の中では唯一人気所に割って入れるんかなと思ったりします。


大穴では⑧スティルネスですね。

デビュー戦では4角で前を捉えると後は後ろを置いてけぼりにするくらいの好感触でゴールした。

兄の事を考えても力を発揮してきてもおかしかない。

[もっと見る]

 しんすけ46 2018年8月26日() 10:53
キーンランドカップ
閲覧 114ビュー コメント 2 ナイス 35

札幌11R キーンランドカップ

◎⑧デアレガーロ
〇⑥レッツゴードンキ
△⑦ダノンスマッシュ
△⑪ナックビーナス
△⑫トゥラヴェスーラ

枠連④ー④と馬連⑧ー⑥・⑪・⑫への4点へ300円。
馬単⑧ー⑥・⑦・⑪・⑫への4点へ200円。
三連複⑥・⑧ー⑦・⑪・⑫への3点へ200円。

前走は出遅れと外に振られる不利があったそうな。ハンデ差もあったしね。
横典さんとは手が合いそうなんで巻き返しを期待。
千四だけど重賞でミスパンテールの2着の実績有り。
女神の贈り物と言うイタリア語らしいので贈り物を有難く頂戴しましょ!

点数の関係上、ヒルノデイバローとタマモブリリアンを切ってしまった事が裏目に出ません様に・・・。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デアレガーロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

デアレガーロの写真

デアレガーロ
デアレガーロ

デアレガーロの厩舎情報 VIP

2018年8月26日キーンランドカップ G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デアレガーロの取材メモ VIP

2018年8月26日 キーンランドカップ G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。