ロワアブソリュー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ロワアブソリュー
ロワアブソリュー
ロワアブソリュー
写真一覧
抹消  鹿毛 2013年4月10日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[6-3-1-14]
総賞金11,998万円
収得賞金3,450万円
英字表記Roi Absolu
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
スーヴェニアギフト
血統 ][ 産駒 ]
Souvenir Copy
Alleged Gift
兄弟 デアレガーロベステゲシェンク
前走 2020/02/16 バレンタインS OP
次走予定

ロワアブソリューの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/16 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 1651070.41313** 牡7 59.0 吉田豊須貝尚介516(-2)1.25.4 1.837.4⑨⑩ショーム
20/02/09 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16510402.71510** 牡7 56.0 吉田豊須貝尚介518(+6)1.33.5 0.533.3⑭⑬プリモシーン
19/11/23 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 17816237.4179** 牡6 56.0 坂井瑠星須貝尚介512(-2)1.36.7 0.935.6⑫⑭ドーヴァー
19/07/21 中京 11 中京記念 G3 芝1600 165959.21216** 牡6 56.0 幸英明須貝尚介514(+4)1.35.6 2.035.8⑪⑪⑫グルーヴィット
19/06/23 東京 11 パラダイスS (L) 芝1400 138126.639** 牡6 56.0 内田博幸須貝尚介510(-4)1.22.0 0.734.0④④ショウナンライズ
18/12/08 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 11787.348** 牡5 57.0 池添謙一須貝尚介514(+6)1.34.8 1.535.4⑩⑨パクスアメリカーナ
18/11/11 東京 11 オーロカップ OP 芝1400 1671312.361** 牡5 54.0 内田博幸須貝尚介508(+2)1.20.2 -0.233.0⑭⑬アイライン
18/07/22 中京 11 中京記念 G3 芝1600 161218.3912** 牡5 54.0 北村友一須貝尚介506(-8)1.33.9 1.636.1⑧⑦⑥グレーターロンドン
18/05/20 東京 10 フリーウェイ 1600万下 芝1400 18359.351** 牡5 57.0 三浦皇成須貝尚介514(+8)1.20.6 -0.133.4⑨⑪ショウナンアンセム
18/04/29 東京 10 晩春S 1600万下 芝1400 182311.665** 牡5 56.0 石川裕紀須貝尚介506(0)1.20.4 0.234.6リライアブルエース
18/03/10 中京 11 トリトンS 1600万下 芝1400 17486.638** 牡5 56.0 北村友一須貝尚介506(0)1.22.2 0.536.1⑦⑦スターオブペルシャ
18/02/12 東京 10 雲雀S 1600万下 芝1400 13224.548** 牡5 56.0 R.ムーア須貝尚介506(-14)1.22.8 0.834.6⑦⑦ワントゥワン
17/11/26 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 158144.9210** 牡4 56.0 川田将雅須貝尚介520(+6)1.22.3 0.835.3モズアスコット
17/11/12 東京 10 奥多摩S 1600万下 芝1400 187143.315** 牡4 57.0 三浦皇成須貝尚介514(+4)1.21.0 0.434.4⑥⑥ストーミーシー
17/06/04 東京 10 由比ヶ浜特別 1000万下 芝1400 146101.711** 牡4 57.5 戸崎圭太須貝尚介510(0)1.21.3 -0.233.3タケデンタイガー
17/05/07 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 14577.442** 牡4 57.0 戸崎圭太須貝尚介510(+4)1.33.9 0.133.0⑨⑨ベルキャニオン
16/08/14 新潟 10 豊栄特別 1000万下 芝1400 188183.811** 牡3 54.0 M.デムー須貝尚介506(+6)1.19.9 -0.234.2⑧⑧ツーエムマイスター
16/07/23 中京 12 3歳以上500万下 芝1600 16242.311** 牡3 54.0 M.デムー須貝尚介500(+4)1.34.1 -0.034.5イレイション
16/07/02 中京 9 御在所特別 500万下 芝1600 16122.512** 牡3 54.0 M.デムー須貝尚介496(-6)1.34.2 0.233.6⑦⑥⑤サトノアッシュ
16/04/30 京都 9 あやめ賞 500万下 芝1800 11792.112** 牡3 56.0 福永祐一須貝尚介502(0)1.47.6 0.034.1ナイトオブナイツ

⇒もっと見る


ロワアブソリューの関連ニュース

 ◆藤沢則調教師(クリノガウディー3着) 「最後は内を突いて、一瞬“勝ったか”と思うぐらいのいい内容。きょうの感じなら右回りでも左回りでも関係ないですね」

 ◆田辺騎手(サトノアーサー4着)「いい形でレースは運べたが、少し馬場が渋ってくれた方がよかった」

 ◆フォーリー騎手(クルーガー5着)「馬場が硬かったので、もう少し軟らかい馬場がいい」

 ◆福永騎手(ヴァンドギャルド6着)「両サイドが牝馬でゲートに入ったときからそわそわしていた。スタートを決められず、内枠を生かせなかった」

 ◆大野騎手(スウィングビート7着)「初芝でしたが、ワンターンのマイルはいいですね」

 ◆丸山騎手(レイエンダ8着)「やりたい競馬はできたが、残り100メートルでピタッと止まった」

 ◆吉田豊騎手(ロワアブソリュー10着)「直線で前がバラけなかったのがもったいなかった」

 ◆津村騎手(ケイアイノーテック11着)「先入観を持ちすぎて後ろからの競馬になり、うまく乗れませんでした」

 ◆石橋騎手(ケイデンスコール12着)「無理せずにいい位置につけられたが、追い出しての反応がまだ戻っていなかった」

 ◆北村宏騎手(ドーヴァー13着)「ペースが遅く、縦長の展開になって難しかった」

 ◆内田騎手(ゴールドサーベラス14着)「休み明けだったし、使って良くなりそう」

 ◆ミナリク騎手(キャンベルジュニア15着)「硬い馬場を気にし、あまり伸びなかった」

 ◆江田照騎手(モルフェオルフェ16着)「道中から外にモタれていた。右回りの方がいいかも」



★9日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

【斬って捨てる!】東京新聞杯2020 前走大敗馬の深追いは危険!前走の単勝人気も要確認! 2020年2月9日() 09:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、東京新聞杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上の好走例はゼロ(2009年以降)

クルーガー
キャンベルジュニア
ゴールドサーベラス

前走でG1以外のレースに出走、かつ10着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

モルフェオルフェ
ケイデンスコール

前走2秒0以上大敗馬の連対例はゼロ(2009年以降)

モルフェオルフェ
ケイデンスコール

前走芝1800m組ならびに芝1200m組の好走例はみられない(2009年以降)

ヴァンドギャルド
シャドウディーヴァ

【人気】
前走でG1以外の重賞戦に出走、かつ前走7番人気だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

モルフェオルフェ
キャンベルジュニア

前走で非重賞戦に出走、かつ前走4番人気以下だった馬の好走例はなし(2009年以降)

ケイデンスコール
スウィングビート
ロワアブソリュー
ゴールドサーベラス

【枠順】
1~4枠、かつ単勝オッズ30.0倍以上の連対例は皆無(東京競馬場リニューアルの2004年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ30.0倍以上、かつ1~4枠馬

モルフェオルフェ
クルーガー
スウィングビート

東京芝重賞で3着以内の経験がある馬を除くと、大外馬番の好走例はゼロ(東京競馬場リニューアルの2004年以降)

ドーヴァー

【血統】
父ナスルーラ系の好走例はみられない(2009年以降)

スウィングビート

キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2009年以降)

ドーヴァー

7番人気以下のディープインパクト産駒の好走例はゼロ(産駒初出走以降)
※8時30分現在の7番人気以下、かつディープインパクト産駒

ケイアイノーテック


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
プリモシーン
サトノアーサー
レイエンダ
レッドヴェイロン
クリノガウディー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】東京新聞杯2020 魅力大のキングカメハメハ牝駒!最内のディープインパクト産駒に反撃の余地あり! 2020年2月8日() 14:00

日曜日に行われる東京新聞杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


プリモシーン
父は東京新聞杯で毎年のように上位入線馬を送り出しているディープインパクト。母は豪G1を4勝した女傑で、近い親族には香港マイルの勝ち馬など、多数の活躍馬が並ぶ。スピードとパワーだけでなく、底力をも兼ね備えた良質の牝系だ。スタート難や反応の悪さを抱えているゆえに過信は禁物だが、スイッチが入った際の末脚は強烈。メンタルバランスさえ失っていなければ、得意とする東京芝1600mで反撃のシーンもありえる。

ヴァンドギャルド
父のディープインパクトは、東京新聞杯で多数の好走馬を輩出。母父に欧州ノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の相性も上々だ。その点を踏まえると、相応の適性を持ち合わせているものと考えられる。ただ、母父、祖母の父がともに英ダービー馬という重厚な構成。軽い芝のマイル戦で極端に速い上がりを求められると、勝負どころで後手を踏む可能性もある。4連勝を成すには、前半から適度にペースが締まる競馬、あるいは自身から早めに動いて持続質勝負に持ち込むなど、欧州血脈由来のしぶとさを活かせる展開がほしい。

モルフェオルフェ
3代母のウィッチフルシンキングを起点とするファミリーには、祖母ロフティーエイムのほか、サングレーザーやメーデイアなど重賞活躍馬が多数。今後のさらなる発展が期待される牝系だ。その母方にサンデーサイレンス、キングカメハメハオルフェーヴルを重ねて生まれたのが本馬である。芝の持続力勝負で能力を発揮するタイプだろう。ただし、馬力優位の構成ゆえに、速い脚に欠けるのが難点。府中のマイルではキレ負けする可能性が高い。加えて、前走は勝ち馬から3秒0差の14着。牡馬相手の別定重賞ではいかにも分が悪い。

クルーガー
母のアディクティドはドイツのマイル重賞勝ち馬で、その父ディクタットは安田記念の2着馬。マイル指向の強い構成に加え、本馬自身も富士Sで3着の実績があるように、東京芝1600mのコース自体に不安はない。キングカメハメハ産駒の当レースにおけるパフォーマンスも悪くなく、走ってもおかしくない下地はある。とはいえ、明け8歳を迎えた高齢馬。なおかつ、久々の国内マイル戦とあっては追走に窮する可能性が高い。今回は様子見が賢明だろう。

サトノアーサー
母のキングスローズは、オセアニアでG1を含む重賞6勝の名牝。近親には北米やオセアニアの重賞ホースが数多くいる。活力に満ちた牝系にディープインパクトを組み合わせることで、ハイレベルのスピード持続力を実現。大箱コースに適した資質の持ち主といえよう。反面、持続力が強調されているぶん、高速上がりの瞬発力勝負になると後れをとりやすい。勝ち負けを演じるには、適度に上がりを要する差し比べの展開が望ましい。

レイエンダ
レイデオロの全弟で、叔父にゴルトブリッツ、祖母の半弟にディープインパクトがいる良血馬。母父ロベルト系の重厚さと、スピードに優れたミスプロのインブリードがミックスされた、バランスの良さが特徴だ。ただ、浮き沈みの激しい戦績が示すように、現状はポテンシャルを活かしきれてない印象。いずれにせよ、高速馬場の決め脚比べでは分が悪そう。首位争いに加わるには、ソフトな馬場の出現、あるいは自ら積極的に動いて後続の脚を封じることが必須といえよう。

ケイデンスコール
4代母にダイナサッシュを擁する名門一族。祖母の仔にバランスオブゲームフェイムゲーム、遠縁にはサッカーボーイステイゴールドの名がある。ムラ駆け指向が強い一方で、ハマッたときの破壊力は抜群、成長力にも優れている。その牝系にロードカナロアを重ね、軽さとスピードをミックス。均整のとれた構成といえよう。本馬自身、NHKマイルCで2着好走しているように、コース適性は問題なし。得意とする外伸びの決め手勝負になれば、一変の余地はある。

スウィングビート
エーピーインディ系×ミスプロ系の組み合わせ。前向きなスピードに秀でた北米配合であることがみてとれる。母のバックシートリズムは北米芝G1の勝ち馬、タピット産駒の芝成績も悪くなく、一概に芝がダメと言い切れないのは確か。その一方で、父エーピーインディ系の当該コース成績が奮わないのは心配材料。加えて、米国色が濃い血統構成のため、東京芝マイルに適したキレや加速力を搭載しているかどうかについては疑問符が付く。相手強化の重賞では割り引きが必要だろう。

レッドヴェイロン
キングカメハメハの産駒は東京新聞杯でマズマズのパフォーマンス。母父にリファール系種牡馬を持つ馬の相性も良い。兄姉にはマイルレンジの重賞活躍馬がズラリと並び、潜在適性については文句なし。さらに、昨年は半姉のレッドオルガが当レースで2着、富士Sで3着好走するなど、活力に関しても申し分がない。本馬自身も東京芝マイルでは、NHKマイルC3着を含む【2.1.1.0】の良績を残している。魅力度の高い1頭だ。

ロワアブソリュー
父のゼンノロブロイはパワーと持久力に優れたサンデーサイレンス系で、息の長い末脚が持ち味。それゆえ、直線が長くゴール前までダラダラ坂が続き、一定の持久力を要求される形態の東京芝コースは悪くないはず。半妹にデアレガーロ、一族にG1級がズラリと並ぶ牝系の底力に関しても不足はない。とはいえ、明け7歳を迎えた本馬に底上げを望めるかは甚だ疑問。近走の成績からも旬を過ぎた感は否めず、厳しいレースが予想される。

キャンベルジュニア
母は豪州のG1を2つ制覇。父と母父は豪州のトップサイアーという、オセアニアの本格派血統。父は2010年のスプリンターズSを制したウルトラファンタジーなど、息の長い活躍馬を多数輩出している。ゆえに、数え8歳馬だからといってピークアウトと判断するのは早計かもしれない。反面、過去の戦績が示すとおり、東京芝マイルの決め手勝負では分が悪そう。馬場や展開の恩恵がないと苦戦必至とみる

シャドウディーヴァ
父のハーツクライは、2018年の勝ち馬リスグラシューを輩出。北米で活躍したスピードタイプを母に持ち、母父のダンシリはハービンジャーの父でもある。日本の馬場に適した構成といえよう。加えて、サンデーサイレンス系×欧州ノーザンダンサー系の組み合わせは当レースの活躍配合のひとつ。上位争いを演じるだけのベースは整っている。あとは、落ち着いて走れるかどうかがカギ。当日の気配には十分な注意を払いたい。

クリノガウディー
スクリーンヒーロー×ディアブロの配合馬。パワーと持続力に優れた牝系に、ロベルト系を配した血統構成からして馬力勝負がベスト。上がりを要するコース向きのマイラーとみていいだろう。つまり、パワーに寄っているぶん、後半のスピード勝負になるとパンチが足りない。勝ち切るには馬場悪化や消耗戦など、多くの馬が苦にするシチュエーションがほしいところだ。

ゴールドサーベラス
父のスクリーンヒーローが属するロベルト系の東京新聞杯における成績は上等の部類。反面、母父にネイティヴダンサー系種牡馬を持つ馬は勝ちみに遅いタイプが多く、エンジンのかかりが悪い本馬も同様の傾向にある。その点を踏まえると、良馬場なら上がり3ハロン32~33秒台の速い脚を要求される当レースは適性外の印象。道悪になったとしても、脚質的に好材料とは言い難い。昨年は13着大敗。年齢をひとつ重ねた今回、上位進出を望むのは酷だろう。

ケイアイノーテック
スピードとパワーが強調された牝系に、ディープインパクトを重ねた血統構成をみるに、マイルレンジがベター。自身がNHKマイルCの勝ち馬であることや、東京の芝マイル重賞において父産駒の好走例が多いことも評価できる。その一方、世代限定戦以外で好走がない点は気がかり。成長度の面で足りない可能性も考えられる。そのあたりを踏まえると、展開利があったとしても圏内まで届くかはおおいに疑問。積極的には手が出ない。

ドーヴァー
祖母の半兄に愛ナショナルステークスなどを制し、種牡馬としても活躍したデインヒルダンサーがいる筋の通った牝系。速力と持久力を兼ね備えた欧州牝系に、ダーレー御用達のアドマイヤムーンを配し、速力と底力を併せ持つマイラーに仕上がっている。少し遊びグセがあり安定感には欠けるが、ハマッたときの爆発力は生半可なものではない。極端に時計が速くなると辛い面がある一方で、適度に上がりを要する展開と化せば、上位圏内まで視野に入る。無印にはできない存在だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】東京新聞杯2020 1~4枠優勢!ディープインパクト産駒が6年連続連対中! 2020年2月8日() 13:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる東京新聞杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走ローテ別成績では秋のG1もしくはG2の阪神カップ、同距離のスポーツニッポン賞京都金杯、ニューイヤーS組がほぼ互角(2008年以降)

プリモシーン
クルーガー
レイエンダ
クリノガウディー
ドーヴァー

【人気】
5番人気の好走が目立つ(2008年以降)
※土曜日12時30分現在の5番人気

クリノガウディー

当日5番人気以内の支持を集めた前走3勝クラス(旧1600万下)の勝ち馬が3勝(2008年以降)
※土曜日12時30分現在の5番人気以内、かつ前走3勝クラス1着馬

ヴァンドギャルド

【脚質】
先行勢が侮れない(2008年以降)

モルフェオルフェ
クルーガー
スウィングビート
キャンベルジュニア
クリノガウディー

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2008年以降、1~4枠が11勝

プリモシーン
ヴァンドギャルド
モルフェオルフェ
クルーガー
サトノアーサー
レイエンダ
ケイデンスコール
スウィングビート

【血統】
2012年以降の3着以内馬はすべてサンデーサイレンスを内包

プリモシーン
ヴァンドギャルド
モルフェオルフェ
サトノアーサー
ケイデンスコール
ロワアブソリュー
シャドウディーヴァ
クリノガウディー
ゴールドサーベラス
ケイアイノーテック
ドーヴァー

ディープインパクト産駒に注目(近年の傾向)

プリモシーン
ヴァンドギャルド
サトノアーサー
ケイアイノーテック


【3項目以上該当馬】
プリモシーン(4項目)
ヴァンドギャルド(4項目)
クリノガウディー(4項目)
モルフェオルフェ(3項目)
クルーガー(3項目)
サトノアーサー(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】東京新聞杯2020 藤原厩舎のキングカメハメハ産駒に重賞制覇のチャンス!サトミホースカンパニー所有のディープインパクト産駒も好気配! 2020年2月8日() 05:30

日曜日に行われる東京新聞杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


プリモシーン
昨秋の2走は冴えない着順に終わってしまったが、先週、今週と美浦Wで実施された併せ馬では前進気勢に満ちた走りを披露。きっちり併入したあと僚馬を突き放した鋭い伸び脚からは、巻き返しを十分に想起させるものがある。見限りは早計かもしれない。

ヴァンドギャルド
最終調整は栗東の芝コースで行われた。リズミカルに全身を使った弾むような走りは3連勝中の勢いを強く感じさせる。重賞で相手はさらに強くなるが、気配の良さを活かすことができれば、怖い1頭になりそうだ。

モルフェオルフェ
小倉遠征後の中2週というタイトなローテーションではあるが、今週の美浦坂路では軽快な走りを披露。少なくとも体調面の不安はない。ただ、強豪牡馬を相手に能力を発揮できるかどうかについては甚だ疑問。よほどの展開利がないと出番は回ってこないのではないか。

クルーガー
昨秋の豪州遠征からの帰国初戦ではあるが、その疲れも見せずに栗東坂路で4F52秒5を2週連続で計時。ハツラツとした動きからは明け8歳という年齢を感じさせない若々しさが伝わってくる。高齢を理由に無視するのは危険かもしれない。

サトノアーサー
中間は栗東坂路で丹念に調整を続け、2週前と1週前にビッシリ攻めて4F51秒台前半を記録。当週は脚取りも軽やかに4F52秒1のタイムを悠々と記録しており、上々のコンディションとみてとれる。いい状態でレースを迎えることができそうだ。

レイエンダ
帰厩後は坂路とトラックを織り交ぜて、みっちりとケイコを積んできた。ただ、最終追い切りの反応はイマイチ。併走相手のファストアプローチがOP馬とはいえ、鞍上に促されながらも最後まで差を詰めることができなかった点に物足りなさが残る。前回よりも相手関係は緩和されるが、評価を上げるには躊躇してしまう。

ケイデンスコール
5日に栗東坂路で4F51秒3マーク。時計的には及第点だが、ゴール前でステッキが数発飛んでいた。1週前の併せ馬では余裕残しとはいえ、未勝利の3歳牝馬に手応えで劣っていたのも印象が悪い。一連の内容から良化途上の感が強く、本当に良くなるのは次戦以降ではないか。

スウィングビート
初の芝戦とあって、適性の有無がポイントのひとつになるが、追い切りの走りをみるに芝に適した手先の軽さがあるようには感じられない。よって、ダートのほうがベターといえそう。そのダートでも尻すぼみの成績。芝の重賞で変わり身は容易ではない。

レッドヴェイロン
5日に栗東坂路で実施した最終追い切りでは、4F50秒7の好時計をマーク。終い1Fは少々要してしまったが、最後まで脚取りは乱れておらず、特に割り引く必要はないだろう。関東への輸送を前に負荷をかけた内容を施したあたり、体質強化を感じとることができる。好勝負を意識できる状態とみたい。

ロワアブソリュー
今週の本追い切りでは、1勝クラスの6歳牝馬と併せ馬を実施。先行しながらゴール前で待つ余裕のあった相手に手応えで劣勢、なおかつ後れをとってしまったのはいただけない。本調子に遠い印象は否めず、厳しい戦いは避けられないだろう。

キャンベルジュニア
中間は美浦Wで本数を重ね、最終追い切りではキビキビとした動きを見せた。状態は悪くなさそうだが、コレといって上向いた面が窺えないのも事実。2018年の京王杯SCを最後に馬券圏内から遠ざかっている現況を鑑みると、大きな期待をかけるのは酷ではないか。

シャドウディーヴァ
1月中旬から入念に調整を積み、美浦Wで行われた今週の本追い切りでは、首を上手に使って小気味のいい走りを披露した。折り合いを決めて最後は楽に抜け出したあたり、コンディションの良さが伝わってくる。力を出せる仕上がりとみていいだろう。

クリノガウディー
栗東坂路で行われた最終追い切りでは、馬場の真ん中をしっかりとした脚取りで駆け上がり、終い2Fを24秒1-11秒7でまとめた。上々の内容にも思えるが、この馬にとっては平常運転の域。そのあたりを勘案すると過度に評価することはできない。状態の良さは認めても、勝ち切るまではどうか。△評価が妥当とみる。

ゴールドサーベラス
5日の本追い切りは美浦の北馬場で3歳未勝利馬と併せ馬を実施。先着こそ果たしたものの5Fタイムは70秒程度と地味。重賞で勝ち負けに相応するだけの上昇度に乏しい印象を受ける。一昨年のOPクラス昇格後は馬券圏内ゼロ、ましてや明け8歳を迎えた高齢馬。好走へのハードルは極めて高い。

ケイアイノーテック
中間は栗東坂路で調整を重ね、2週前と1週前に4F51秒台を計時。当週は終い2Fを24秒4-11秒9の加速ラップで収めた。相変わらずケイコでは走るが、脚質的にアテにしづらく素直に飛びつけないのも確か。かといって、自分から動くと末が甘くなる、というストライクゾーンの狭い馬。過大評価は禁物だ。

ドーヴァー
5日の最終追い切りは、いつもと同様に美浦Wで実施。コーナーで幾分モタモタしたが、直線を向いてスイッチが入ると軽快なピッチ走法で駆け抜けた。キビキビと身のこなしをみるに、いい状態を保っている印象。流れに乗り切れば、上位争いに加わってきても不思議はない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】東京新聞杯2020 指数96.0以上かつ前走ひとケタ着順馬が主力を形成!5歳以上の低指数馬は3着まで! 2020年2月7日(金) 14:00

東京新聞杯の近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
基本的に指数上位の信頼度が高い一戦。2014年以降は指数3位以内のなかから、最低1頭は馬券に絡んでおり、3着以内に2頭入ることも少なくない。

指数3位以内

プリモシーン
クルーガー
ドーヴァー

<ポイント②>
2014年以降の3着以内馬の7割弱が指数96.0以上。前走ひとケタ着順の馬に絞れば、好走率は一段と上昇する。

指数96.0以上かつ前走ひとケタ着順

クルーガー
サトノアーサー
レッドヴェイロン
キャンベルジュニア
クリノガウディー
ケイアイノーテック
ドーヴァー

<ポイント③>
低指数馬の食い込みが目立つレースだが、指数95.0未満で2着連対を果たしたのは、いずれも4歳馬。指数95.0未満の5歳以上の馬は3着までが精一杯。

指数95.0未満の5歳以上

モルフェオルフェ
スウィングビート
ロワアブソリュー
ゴールドサーベラス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロワアブソリューの関連コラム

閲覧 2,668ビュー コメント 0 ナイス 6



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、キャピタルステークス・京都2歳ステークス・オータムリーフステークス・ジャパンカップ京阪杯の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年11月23日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の条件別成績(2015年以降)】
●“JRA、かつ重賞のレース” [4-4-3-24](複勝率31.4%)
●“JRA、かつ重賞のレース”以外 [0-0-1-29](複勝率3.3%)
→前走がオープン特別や条件クラスのレースだった馬は不振。特別登録を行った馬のうち、前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”だったのは、アンノートルケイデンスコールコスモイグナーツサトノキングダムシェーングランツドーヴァーメイショウオワラロワアブソリューの8頭です。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
東京芝1600m×ロードカナロア×牡およびセン
→複勝回収率171%


▼2019年11月23日(土) 京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
【前走の条件が“JRAのレース”だった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2014年以降)】
●1位 [4-4-2-9](複勝率52.6%)
●2位以下 [1-1-3-23](複勝率17.9%)
→前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬は堅実。一方、前走の条件が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下だった馬のうち、前走の出走頭数が11頭以下だった馬は2014年以降[0-0-0-15](複勝率0.0%)と苦戦していました。


▼2019年11月24日(日) 京都11R オータムリーフステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月14日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年07月14日号】特選重賞データ分析編(159)~2019年中京記念~
閲覧 2,012ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 トヨタ賞 中京記念 2019年07月21日(日) 中京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“同年3月以降、かつJRAのレース”における連対経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [2-4-4-18](複勝率35.7%)
×なし [2-0-0-34](複勝率5.6%)

 近走成績を素直に評価した方が良さそう。2015年以降に好走を果たした馬の大半は、同年3月以降のレースにおいて連対経験のある馬でした。実績上位の馬、格の高いレースに挑戦していた馬を含め、しばらく優勝争いに食い込めていない馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ツーエムマイスタープリモシーンレインボーフラッグ
主な「×」該当馬→キャンベルジュニアクリノガウディーロワアブソリュー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着」だった馬は2015年以降[2-1-3-4](複勝率60.0%)
主な該当馬→レインボーフラッグ

[もっと見る]

2018年7月22日() 12:50 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(中京記念 G3)
閲覧 601ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『中京記念 G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命は◎グレーターロンドンで勝率は13.6%となっています。トップの指数としては、それほど高くない数値の印象です。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎はグレーターロンドンですが、さらに勝率を下げ10%台のトップ。○ワントゥワンと2頭横並び、というか全頭横並び!?と言ってしまってもいいくらいの混戦模様です。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらは◎ワントゥワンがトップに立っていて、勝率14.0%と今回では最も抜けだした格好。リライアブルエースフロンティアロワアブソリューといったところが評価を上げている印象です。


【まとめ】
今回は◎2票を集めたグレーターロンドンに期待という結果になりましたが、先にも書いたようにいずれも僅差の中の1番手の状況。一方、騎手評価でトップ評価となったワントゥワンも常に2位以内の評価となっていて、その騎手評価では今回最高勝率の14%となっていました。いずれも人気ですが、感覚的には後者が正解な気もしているのですが、果たして……。レースを楽しみに待ちたいと思います(^^♪



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2016年3月1日(火) 18:38 【ウマニティ】
先週の回顧~(2/27~2/28)凄馬勝子プロが小倉10Rで19万超払い戻し!
閲覧 923ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、27(土)に阪神競馬場でGIIIアーリントンカップが、28(日)に中山競馬場でGII中山記念、阪神競馬場でGIII阪急杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
 
GIIIアーリントンカップは、シゲルノコギリザメが先頭で直線コースへ。逃げるシゲルノコギリザメのリードは1馬身、後続はレオナルドヒルノマゼランアーバンキッドダンツプリウスレインボーラインがずらっと横一線で追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで先頭変わってレオナルド、これに併せる形でアーバンキッド、中からダンツプリウスレインボーライン、大外からはロワアブソリューもこの争いに加わっての激しい叩き合い!ゴール前では0.1差内に5頭がひしめき合う大接戦となりましたが、この接戦を制したのはM・デムーロ騎手騎乗のレインボーラインでした!ハナ差の2着にダンツプリウス、そこからハナ差の3着にロワアブソリューが入っています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロ凄馬勝子プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ導師嵐山プロが的中しています。
 
 
GII中山記念カオスモスがレースを引っ張りますが、これを2番手につけていたラストインパクトが4コーナーで交わして直線コースへ。先頭を行くラストインパクトのリードは2馬身、直後にロゴタイプドゥラメンテと続いて前を追います。残り200mを通過、ここでトップギアに入ったドゥラメンテラストインパクトを交わして先頭に立つと一気に馬群から抜け出します。ゴール前、先頭のドゥラメンテを目掛けて外からリアルスティールアンビシャスの2頭が猛追を見せますが、捉えることはできず、ドゥラメンテがダービー以来のハンデをものともせず快勝しました!クビ差の2着にアンビシャス、そこから半馬身差の3着にリアルスティールが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロ栗山求プロはははふほほほプロきいいろプロdream1002プロろいすプロが的中しています。
 
 
GIII阪急杯ミッキーアイルが先頭で直線コースへ。先頭はミッキーアイルでリードは2馬身、2番手にレッツゴードンキ、その後ろからブラヴィッシモオメガヴェンデッタと続いて後続はやや離れた形で追い出しにかかります。残り100mを通過、先頭で逃げ込みを図るミッキーアイルブラヴィッシモオメガヴェンデッタが内から懸命に追いますが、中々差は詰まりません!坂を上って外からミッキーラブソングサドンストームがしぶとく伸びてきますが2番手争いまで。結局、逃げたミッキーアイルが後続を見事抑え込んで完勝!3/4差の2着にオメガヴェンデッタ、そこからクビ差の3着にブラヴィッシモが入っています。
 
公認プロ予想家では夢月プロ河内一秀プロ蒼馬久一郎プロくりーくプロろいすプロが的中しています。
  
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →凄馬勝子プロ
27(土)小倉10Rで馬連79.6倍を600円、3連複368.1倍を400円的中させ、19万5000円の払い戻し!同日の阪神9Rでは×◎△の印で馬連、3連複を仕留め、17万4360円を払い戻しました!週末トータル回収率113%、収支プラス9万3520円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
中山5Rで単勝64倍の大穴ピーチプリンセスが3着に入り、◎△×の印で3連単1134倍を200円的中!22万6800円を払い戻しました!翌日も中山記念GIIや中山7Rなど的中を重ね、週末トータル102%をマークしています。
 
 
☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
28(日)中山11R中山記念GIIで『。非サンデー系の芝中距離配合としてはこれ以上を望めないレベルにある。3歳がピークではなく、まだまだ強くなる余地を残している。少々の不利など関係なく勝つはずだ。』と◎ドゥラメンテからの馬単11倍、3連単37.8倍を的中させました!
 
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年2月29日(月) 16:50 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/27~2/28の結果(中山記念GII・アーリントンカップGIII)
閲覧 803ビュー コメント 0 ナイス 2

2月28日(日)に行われました中山11Rの「中山記念GII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【11位】▲ドゥラメンテ(2.1倍)
2着:総合ポイント【5位】△アンビシャス(6.5倍)
3着:総合ポイント【8位】○リアルスティール(4.2倍)

第4グループ・総合ポイント11位の▲ドゥラメンテが1着、第2グループ・総合ポイント5位の△アンビシャスが2着、第3グループ・総合ポイント8位の○リアルスティールが3着という結果でした。

期待した◎ロゴタイプはゴール前で一気に失速。残念ですが、勝ちに行っての結果ですので仕方ないですね(^^♪

そしてレースの方は▲ドゥラメンテ、△アンビシャス、○リアルスティールの3頭で決着!そう、馬券で1着に置いた3頭です(笑)
どうしてもレベルの高い古馬戦での経験がない(または少ない)ため、指数の評価が低くなってしまうのですが、今回のようなケースは一気に指数を上げてくる典型的なパターンでしたね。今後もその点を注意して予想に精進したいと思います。

【3連単フォーメーション】
2,9,10

3

2,6,9,10

2,9,10

2,6,9,10

3

計18点 払い戻し0円



続いて2月27日(土)に行われました阪神11Rの「アーリントンカップGIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【8位】☆レインボーライン(6.8倍)
2着:総合ポイント【9位】◎ダンツプリウス(20.4倍)
3着:総合ポイント【10位】▲ロワアブソリュー(13.4倍)

第3グループ・総合ポイント8位の☆レインボーラインが1着、第4グループ・総合ポイント9位の◎ダンツプリウスが2着、第4グループ・総合ポイント10位の▲ロワアブソリューが3着という結果でした。

レースは1着~11着までが0.4秒差以内決着。10回やったら10回勝ち馬が変わりそうな大激戦となりましたが、馬券は☆◎▲でなんと本線的中(笑)。3歳戦ということもあって、いつも以上に総合ポイントだけを鵜呑みにしなかったことが幸いしました。
まあ、先にも書いた通り今回ばかりはラッキーパンチ感が否めない的中なので、少し運も良かったのかなと思っています。
が、この凄馬出馬表コラムが時に見せる強運はまだ残っていたみたいで良かったです。

【3複ながし】
◎=○▲☆△(9)=印
12=6,9,10,15=5,6,7,9,10,11,14,15(22点)

【馬連ボックス】
◎,○,▲,☆,△(9)
6,9,10,12,15(10点)


計32点 払い戻し3万9660円

[もっと見る]

2016年2月27日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第163回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アーリントンカップ GIII
閲覧 882ビュー コメント 0 ナイス 7

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アーリントンカップ GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ヒルノマゼランから1.0ポイント差(約1馬身差)内のオデュッセウスシゲルノコギリザメまでの3頭。
第2グループ(黄)は、アーバンキッド1頭。
第3グループ(薄黄)は、レオナルドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のボールライトニングメイショウカネサダレインボーラインまでの計4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位勢の間では、第1グループ→第2グループ間の1.1ポイント、第2グループ→第3グループ間の1.3ポイントの開きが目立つ構図。そして、下位にはさらに大きな溝も見られています。
しかし、毎度のことながらまだまだキャリアの浅い3歳戦です。適性、状態、…など、今回条件でどれだけ指数を伸ばすかが最大のポイントで、あまり額面通りという結果を期待しない方が良いかもしれません。

今回の中心は総合9位の◎ダンツプリウス、同4位○アーバンキッドとしたいと思います。
上位勢をざっと見渡すと、どうも適性という点で急坂コースや、1600m外回りコースがしっくりこない感があるので、前走ジュニアカップ組の◎ダンツプリウス、○アーバンキッドを狙ってみようと考えています。◎ダンツプリウスは最終追切は平凡も、1週前絶好で人気も落ち着きそう。脚質的にも○アーバンキッドがどうしても取りこぼしが多そうなのに対して器用に立ち回れる◎ダンツプリウスは開幕週の馬場も追い風となるのではないでしょうか。
相手本線には、シンプルに前走重賞1ケタ着順組を重視し、▲ロワアブソリュー、☆レインボーライン、△レオナルドといったところを配置し、今回の私の馬券は◎から上記4頭への3複と馬連ボックスで勝負としたいと思います。


【3複ながし】
◎=○▲☆△(9)=印
12=6,9,10,15=5,6,7,9,10,11,14,15(22点)

【馬連ボックス】
◎,○,▲,☆,△(9)
6,9,10,12,15(10点)


計32点

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロワアブソリューの口コミ


口コミ一覧
閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 5

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
他のレースの予測回収率は「予想コロシアム」に登録済みです。

■東京11R 芝1600m 4歳上オープン 15:45 [G3]東京新聞杯
*1 80% △ 7.1倍 プリモシーン
*2 90% ○ 3.7倍 ヴァンドギャルド
*3 60% ・ 41.1倍 モルフェオルフェ
*4 70% ・ 74.0倍 クルーガー
*5 60% × 7.5倍 サトノアーサー
*6 100% ・ 13.8倍 レイエンダ
*7 50% ・ 21.3倍 ケイデンスコール
*8 80% ・ 135.2倍 スウィングビート
*9 70% ◎ 3.3倍 レッドヴェイロン
10 60% ・ 318.5倍 ロワアブソリュー
11 80% ・ 100.4倍 キャンベルジュニア
12 80% ・ 14.2倍 シャドウディーヴァ
13 90% ▲ 10.9倍 クリノガウディー
14 70% ・ 298.9倍 ゴールドサーベラス
15 100% ・ 20.3倍 ケイアイノーテック
16 90% ・ 45.5倍 ドーヴァー

■京都11R 芝1800m 3歳オープン 15:35 [G3]きさらぎ賞
*1 80% ・ 28.0倍 コルテジア
*2 100% ・ 32.4倍 サイモンルモンド
*3 80% ・ 10.7倍 トゥルーヴィル
*4 90% ▲ 5.5倍 ギベルティ
*5 80% △ 5.9倍 グランレイ
*6 70% × 11.4倍 サトノゴールド
*7 90% ○ 7.8倍 ストーンリッジ
*8 60% ◎ 1.8倍 アルジャンナ

表は左から、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

 スペースマン 2019年7月21日() 06:59
中京記念、◎本命は、この馬や?
閲覧 392ビュー コメント 0 ナイス 7

宮迫です!

記者会見を見ていて、かわいそうに、見えてきたわ!

なんやあいつ、吉本の社長、岡本がアホなんや!

全員クビにするからな!

パワハラじゃねぇーか?

吉本岡本社長をクビにしたらええねん!

ダウンタウンの元マネージャーだろう!

松ちゃん、なんとかしてやれや!

俺やったら、岡本社長を殴るけどな!

俺より年下やしな!

さて、話が長くなってしまったが、中京記念の◎本命は、

プリモシーンから狙ってみる!

調教は、1番時計だし、馬体も良いし、悪いところ無いね!

前走のヴィクトリアマイルのタイムも優秀だし、あとは、福永が

どう乗るか?

中京得意な福永に期待したい!

〇対抗は、人気無いけど、ロワアブソリューだな!

馬体も良いし、左が得意なんでね!

休み明け、1度叩いてどうなるか?

▲単穴は、勝てどらル?

あくまでも押さえだな!

あとは、馬体の良いコスモイグナーツに流してみる!

宮迫頑張れ!

吉本興業事態が、反社会的組織とつながっているみたい!

[もっと見る]

 穴馬言 2019年7月20日() 22:46
第67回中京記念(G3)その3
閲覧 264ビュー コメント 0 ナイス 4

今回はオッズ分析です。
前売りオッズ段階での分析。

馬名      性齢 替 騎手 斤量 単勝
1 グランドボヌール 牡5 *和田竜二 54 27.5
2 エントシャイデン 牡4 *中谷雄太 54 22.1
3 ヴェネト      牡7 *松若風馬 53 89.5
4 $ジャンダルム 牡4 *藤井勘一 55 46.6
5 グルーヴィット 牡3 *松山弘平 52 3.8
6 クリノガウディー 牡3 *森裕太朗 52 18.6
7 プリモシーン 牝4 福永祐一 55.5 3.1
8 ツーエムマイスター 牡7 *城戸義政 52 96.2
9 ロワアブソリュー 牡6 *幸英明 56 41.9
10 コスモイグナーツ 牡4 国分優作 53 48.3
11 ロードクエスト 牡6 *M.デム 57 13.4
12 レインボーフラッグ 牡6 *小崎綾也 54 20.6
13 ヒーズインラブ 牡6 *酒井学 56 55.4
14 カテドラル 牡3 *川田将雅 53 4.5
15 ミエノサクシード 牝6 川島信二 54 14.1
16 $キャンベルジュニア 牡7 *浜中俊 56 48.6

※前売りオッズ分析では2強+1の変則3強と中穴、大穴オッズです。
 中穴の1,2,12番が怪しいです。
 大穴も弱いながら微妙な形なので超難解です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロワアブソリューの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ロワアブソリューの写真

ロワアブソリュー
ロワアブソリュー
ロワアブソリュー

ロワアブソリューの厩舎情報 VIP

2020年2月16日バレンタインS13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロワアブソリューの取材メモ VIP

2020年2月9日 東京新聞杯 G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。