アルーシャ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アルーシャ
アルーシャ
写真一覧
現役 牝4 芦毛 2015年2月1日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 8戦[4-1-2-1]
総賞金6,492万円
収得賞金2,400万円
英字表記Arusha
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ザズー
血統 ][ 産駒 ]
Tapit
Rhumb Line
兄弟 プライドランドゼロメリディアン
前走 2019/02/16 京都牝馬ステークス G3
次走予定

アルーシャの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/16 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 186125.024** 牝4 54.0 C.ルメー藤沢和雄434(-2)1.21.3 0.334.3⑩⑧デアレガーロ
18/11/17 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 11223.111** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄436(+2)1.32.5 -0.033.6リカビトス
18/08/12 新潟 9 豊栄特別 1000万下 芝1400 187132.411** 牝3 52.0 北村宏司藤沢和雄434(+6)1.20.2 -0.035.3デスティニーソング
18/05/27 東京 6 3歳500万下 芝1400 188182.211** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄428(+4)1.20.6 -0.433.8アンリミット
18/03/18 中山 6 3歳500万下 芝1600 11221.813** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄424(+2)1.35.5 0.434.9⑤⑥⑤アイスフィヨルド
18/02/12 東京 11 クイーンC G3 芝1600 165912.973** 牝3 54.0 C.ルメー藤沢和雄422(-8)1.34.1 0.436.2テトラドラクマ
17/12/24 中山 4 2歳未勝利 芝1600 168161.911** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄430(+10)1.36.1 -0.135.7ソーラーフレア
17/11/25 東京 5 2歳新馬 芝1600 14113.122** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄420(--)1.37.2 0.233.5⑫⑪パルマリア

アルーシャの関連ニュース

 第54回京都牝馬ステークス(16日、京都11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、別定、芝・外1400メートル、1着本賞金3600万円 =出走17頭)池添謙一騎乗で9番人気のデアレガーロが、中団追走から鋭く伸びて重賞初勝利。32キロの馬体増で昨年2着の雪辱を果たした。池添騎手と大竹正博調教師のコンビは有馬記念ブラストワンピースに続く重賞V。タイム1分21秒0(良)。1/2馬身差2着は7番人気リナーテで、1番人気ミスパンテールは5着に終わった。

 半馬身届かず2着に終わった昨年とは違う。デアレガーロが直線の外めからはじけるように伸び、今年は2着に半馬身差をつけ、先頭で駆け抜けた。6度目の挑戦での重賞初制覇。自身、今年の重賞初Vとなった池添騎手が笑みを浮かべた。

 「きょう(の勝因)は折り合いが一番。去年は惜しい2着でしたし、今年はしっかり去年の借りを返せたと思います」

 発馬を決め、道中は中団の馬群で追走。直線に向くと一気にギアを上げて伸びた。昨年、ブラストワンピース有馬記念を制した池添騎手&大竹調教師のタッグが、検量室前でガッツポーズをつくり、喜びを分かち合った。

 3カ月半ぶりの出走で自己最重量の486キロ。32キロもの馬体増による平地重賞Vは2002年札幌記念テイエムオーシャン(38キロ増)に次ぐ快挙だ。「(前々走から)8キロ減、8キロ減ときていたので数字ほどは(太くなかった)ね。むしろ、このくらいあってもいいのかもしれませんね」と白い歯を見せた大竹師だが、今後については思案顔を浮かべた。

 「ヴィクトリアマイル(昨年16着)は駄目でしたからね。1400メートルのGIがあればいいんですけど…」

 それでも賞金を加算し、春の選択肢が広がったのは大きい。短距離界に舞い降りた遅咲きの新星。今後の動向に注目が集まる。 (渡部陽之助)

★レースを終えて…

 ◆武豊騎手(リナーテ2着) 「スムーズなレースができたし、最後もよく伸びている。1400メートルが合うね」

 ◆坂井騎手(アマルフィコースト3着) 「気分よく走らせることを心掛けました。いい手応えで走れていました」

 ◆ルメール騎手(アルーシャ4着) 「休み明けで短い距離でしたが、いい競馬ができました。次はよくなる」

 ◆横山典騎手(ミスパンテール5着) 「スムーズな競馬はできたかな。残念だったね。よく頑張ってくれた。また次だね」

 ◆M・デムーロ騎手(ワントゥワン6着) 「頑張ってくれている。でも、本当はもっと瞬発力のある馬なんだけど…」

 ◆松山騎手(カラクレナイ8着) 「枠((17)番)が厳しかったです。内枠で脚をためる競馬がしたかったです」

 ◆北村友騎手(リバティハイツ9着) 「一歩目がそこまで出ていけない競馬が続いています。下り坂も上手ではなかったですね」

 ◆和田騎手(エイシンティンクル10着) 「スタートが決まらなかった」

 ◆松田騎手(レーヌミノル11着) 「一瞬、いい感じで伸びかけました」

 ◆川田騎手(ベルーガ12着) 「調教や返し馬はよかったのですが、競馬につながっていません」

 ◆四位騎手(カイザーバル13着) 「(18)番枠だから(中団になったのは)仕方ないね」

 ◆酒井騎手(ライトフェアリー14着) 「ちょっとデキが戻っていないのかな」

 ◆柴田善騎手(ハーレムライン15着) 「突っ張ったような走りになっていた」

 ◆藤岡佑騎手(クリーンファンキー16着) 「平坦の小回りコースが合っていそうです」

 ◆荻野極騎手(オールポッシブル17着) 「リズムよく逃げてはいましたが、最後は止まってしまいました」

デアレガーロ 父マンハッタンカフェ、母スーヴェニアギフト、母の父スーヴェニアコピー。鹿毛の牝5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績14戦6勝。獲得賞金1億2342万7000円。重賞初勝利。京都牝馬S大竹正博調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「女神の贈り物(イタリア語)」。

【京都牝馬S】アルーシャは4着 ルメール「次は良くなります」2019年2月16日() 19:13

 2月16日の京都11Rで行われた第54回京都牝馬S(GIII、芝・外1400メートル、4歳以上オープン、別定、牝馬、18頭立てのところディメンシオンが取り消して17頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の9番人気デアレガーロ(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が中位追走から直線は馬場の真ん中を伸びて重賞初制覇。タイムは1分21秒0(良)。



 デビュー以来、オール3着以内と安定した成績を残してきたC.ルメール騎乗のアルーシャ(2番人気)は、道中は中団で待機すると、最後の直線で前を懸命に追ったものの4着まで。初めて複勝圏を外す結果となった。



 C.ルメール騎手「休み明けで短い距離でしたが、いい競馬ができました。次は良くなります」

★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【斬って捨てる!】京都牝馬S 1枠苦戦!前走1400m組の連対ゼロ!2019年2月16日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京都牝馬Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
7歳以上馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ライトフェアリー

前走で非重賞戦に出走、かつ6着以下敗退馬の好走例はなし(2009年以降)

アマルフィコースト
クリーンファンキー

前走G2組の連対例はゼロ(2009年以降)

レーヌミノル
デアレガーロ
ワントゥワン

前走1400m組の連対例はみられない(2009年以降)

レーヌミノル
デアレガーロ
ワントゥワン
アマルフィコースト

マイル以上で勝利経験のない馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ベルーガ
オールポッシブル
ライトフェアリー
カラクレナイ

【人気】
前走6着以下敗退、かつ当日ふたケタ人気の好走例は皆無(2009年以降)
※10時00分現在の10番人気以下、かつ前走6着以下敗退馬

レーヌミノル
オールポッシブル
キョウワゼノビア
ライトフェアリー
アマルフィコースト
クリーンファンキー

【脚質】
前走1着馬を除くと、前走の初角または4角の通過順が1番手だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

エイシンティンクル

【枠順】
1枠の連対例は皆無(2008年以降)

ベルーガ

馬番枠7番、9番、16番、17番、18番の好走例はゼロ(2009年以降)

キョウワゼノビア
エイシンティンクル
クリーンファンキー
カラクレナイ
カイザーバル

馬番枠2番の連対例は皆無(2008年以降)

ベルーガ

【血統】
ボールドルーラー系を除き、母父にナスルーラ系種牡馬を配している馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ハーレムライン

サンデーサイレンスを経由しない父ヘイルトゥリーズン系の好走例は皆無(2009年以降)

クリーンファンキー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
リバティハイツ
アルーシャ
ミスパンテール
リナーテ

※①ディメンシオンは出走取消



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】京都牝馬S 連軸は上位人気から!重賞好走実績ならびにマイル以上の勝利経験がある馬を重視!2019年2月16日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、京都牝馬Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2008年以降の好走馬の大半にマイル以上の勝利経験あり

ハーレムライン
リバティハイツ
レーヌミノル
キョウワゼノビア
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
リナーテ
クリーンファンキー
カイザーバル

2008年以降の勝ち馬すべてに重賞5着以内の実績があった

ベルーガ
ハーレムライン
リバティハイツ
レーヌミノル
ライトフェアリー
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
カラクレナイ
カイザーバル

【人気】
軸は5番人気以内から選ぶのが賢明(1999年以降)
※9時30分現在の1~5番人気

リバティハイツ
エイシンティンクル
ワントゥワン
アルーシャ
ミスパンテール

【脚質】
好位~中団がベストポジション(2008年以降)

※過度に気にする必要はない

【枠順】
5~7枠が好調(近年の傾向)

エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
リナーテ

【血統】
1400m変更後の1~3着馬は例外なくサンデーサイレンスの血を内包

ベルーガ
ハーレムライン
レーヌミノル
オールポッシブル
キョウワゼノビア
ライトフェアリー
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
リナーテ
カラクレナイ
カイザーバル

父ミスプロ系が活躍(近年の傾向)

リバティハイツ
カイザーバル


【4項目以上該当馬】
エイシンティンクル(5項目)
ワントゥワン(5項目)
アルーシャ(5項目)
ミスパンテール(5項目)
リバティハイツ(4項目)
デアレガーロ(4項目)
アマルフィコースト(4項目)
カイザーバル(4項目)

※①ディメンシオンは出走取消


ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京都牝馬S】厩舎の話2019年2月15日(金) 05:01

 ◆アマルフィコースト・牧田師 「良馬場で見直せないか」

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「調教では落ち着いて走れていた」

 ◆エイシンティンクル・坂口則師 「前々でスムーズな競馬なら」

 ◆オールポッシブル・高橋亮師 「条件はいいと思う」

 ◆カイザーバル・辻野助手 「中身はできている。条件はベスト」

 ◆カラクレナイ・松下師 「しまい勝負の形で。今の京都は合いそう」

 ◆キョウワゼノビア・角田師 「自分のリズムで運べれば」

 ◆クリーンファンキー・鈴木伸師 「1400メートルは走りやすいと思う」

 ◆デアレガーロ・池添騎手 「(調教の)フットワークは良かった」

 ◆ディメンシオン・藤原助手 「調整はしっかりとやれている」

 ◆ハーレムライン・田中清師 「1400メートルでも問題ないと思う」

 ◆ベルーガ・猿橋助手 「雰囲気はいい」

 ◆ミスパンテール・昆師 「牝馬同士ならトップクラス」

 ◆ライトフェアリー・石毛師 「この距離でも以前に勝っている」

 ◆リナーテ・須貝師 「けいこで楽に動いていたし、いい状態」

 ◆リバティハイツ・北村騎手 「動きは良かった。1400メートルはベスト」

 ◆レーヌミノル・古川助手 「集中して走れれば、もっとやれていい」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「流れが速くなってくれれば」

★京都牝馬Sの出馬表はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬S】追って一言2019年2月14日(木) 05:03

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「落ち着いて走れていたし順調」

 ◆エイシンティンクル・坂口則師 「前々でスムーズな競馬ができるようなら」

 ◆オールポッシブル高橋亮師 「前回よりも馬はいい。ここまで順調にきている」

 ◆カイザーバル・辻野助手 「短期放牧を挟みましたが、中身はできています。条件はベスト」

 ◆カラクレナイ・松下師 「状態は維持できています。しまい勝負の形で。今の京都の馬場は合いそう」

 ◆クリーンファンキー・鈴木伸師 「1400メートルの方が脚がたまって走りやすいと思う。調子はいい」

 ◆デアレガーロ・池添騎手 「硬い面もそれほど目立たなかったし、フットワークも良かった」

 ◆ディメンシオン・藤原助手 「中間も調整はしっかりとやれている。力を出せる」

 ◆ハーレムライン・田中清師 「2週続けてしっかりやった。単走追いは予定通り。1400メートルでも問題ないと思う」

 ◆ベルーガ・猿橋助手 「先週、いい時計が出ているし、けさの雰囲気も良かった」

 ◆ミスパンテール・昆師 「先週の段階で体はできているので今週はサッとやった。牝馬同士ならトップクラス」

 ◆ライトフェアリー・石毛師 「状態は平行線。この距離でも以前勝っている」

 ◆リバティハイツ・北村騎手 「先週もけさも動きは良かった。1400メートルはベストと思う」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「相手を追いかけたぶん、遅れただけで問題はない」



京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルーシャの関連コラム

閲覧 1,442ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、11(日)に京都競馬場でG2京都記念、東京競馬場でG3共同通信杯が、12(月)に東京競馬場でG3クイーンCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京都記念は、重馬場のままG1馬4頭を含め全10頭がゲートイン。クロコスミアがハナに立って1~2コーナーを通過。人気どころでは、アルアインが5番手で最も前目につけ、少し離れた6番手をレイデオロ、そこから再び2馬身ほど開いた7、8番手をモズカッチャンが追走していきます。前半1000mを63秒0(推定)のゆったりとした流れで通過し、ここでレイデオロはやや折り合いを欠くようにして進出を開始。大外を回るレイデオロ、そしてそれをピタリとマークするアルアインモズカッチャンは馬群の中を徐々に押し上げる形で直線へ。クロコスミアミッキーロケットの内を突いて最内からモズカッチャンが抜け出すと、外のレイデオロクリンチャーアルアインらも横一線。一旦は突き放した格好の内ラチ沿いモズカッチャンでしたが、クリンチャーレイデオロアルアインと馬場の中ほどを伸びる3頭に徐々に差を詰められながらラストの攻防へ。この争いを制したのは4番人気クリンチャーでした。最後まで鈍ることのない力強い脚どりで1馬身差をつけてV。重賞初勝利をあげています。2着には3番人気アルアインが入り、そのアルアインに最後交わされた1番人気レイデオロが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロくりーくプロ佐藤洋一郎プロスガダイプロ蒼馬久一郎プロろいすプロほか計8名が的中しています。
 
G3共同通信杯は、ポンと好スタートを決めたコスモイグナーツが逃げて前半800mは48秒0(推定)の淡々とした流れ。単勝1.8倍の1番人気に推されたグレイルは後方4番手の位置取りとなっての追走。先頭コスモイグナーツ、2番手エイムアンドエンドの2頭から後続は少し離された形で直線勝負へ。後続勢からは、ブラゾンダムールオウケンムーンといったところを筆頭に、徐々に追い出され前を行く2頭を追います。なかでも脚色良く内を伸びたオウケンムーンが、残り200mまで先頭を死守していたコスモイグナーツを捉えるとそのまま完全に抜け出す構え。結局、6番人気オウケンムーンが直後から伸びた3番人気サトノソルタス以下を退けそのまま先頭でゴール。3連勝で重賞初制覇を飾っています。3/4馬身の2着サトノソルタスから1馬身1/4差の3着には、10番人気エイムアンドエンドが粘りこんでいます。公認プロ予想家では、サラマッポプロほか計3名が的中しています。

G3クイーンCは、好スタートを決めたテトラドラクマアルーシャが並び掛けるように出ていき、この2頭が併走する形で主導権を握ります。軽快なペースでラップを刻み、最終的にはテトラドラクマが先頭に立って4コーナーを出ると、1番人気マウレアも直後のインに続き、2番人気ツヅミモンハトホルといったところも好位から追撃を開始。依然、手応え十分の先頭テトラドラクマに対して、1番人気、2番人気両馬はやや脚色劣勢で伸びを欠きます。代わって、外からフィニフティが内の各馬をまとめて交して単独2番手に浮上。しかし、この争いを尻目に3番人気テトラドラクマが悠々先頭で駆け抜け1着でゴール。重賞初勝利を挙げています。3/4馬身差2着の5番人気フィニフティから1馬身3/4差の3着には、7番人気アルーシャが入っています。公認プロ予想家では、山崎エリカプロジョアプロ夢月プロ霧プロ馬っしぐらプロ蒼馬久一郎プロほか計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
12(月)は東京2Rでの△テトラルキア-◎シャイニーロケット的中、G3クイーンCでの◎テトラドラクマ-△フィニフティ的中などの活躍で大幅プラスを達成。13(火)には小倉9Rでの▲ハルク-◎マイネルアムニス的中で計11万8,600円払戻しのスマッシュヒット。後半2日で連続プラス収支を達成した先週は、週末トータル回収率207%、収支17万2,760円プラスの好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
先週は、10(土)小倉11Rでの48万3,140円払戻し、12(月)東京8Rでの32万オーバー払戻しなどのビッグヒットをマーク!週末トータル回収率166%、収支47万8,700円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
12(月)の東京2Rを◎テトラルキア(単勝69.8倍)の予想で仕留め、計20万7,210円払戻しのビッグヒット!13(火)にも小倉2Rで◎サノラブ(単勝90.4倍)的中を披露し、計13万3,800円の払戻しを記録しました。週末トータルでは回収率117%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
10(土)京都2R小倉8Rと15万超払戻しを2本、12日(月)東京4R、13(火)小倉5Rでは10万超払戻しと、スマッシュヒットを量産。週末4日間トータルでは回収率112%をマークしています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連複プリンセスプロ(179%)、【U指数】3連単プリンスプロ(125%)、おかべプロ(117%)、ゼット1号プロ(116%)、きいいろプロ(109%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
また先週は、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3~25)』挑戦中の“プロ予想家候補生”たちが好調!KenKaelaさん(283%)、戸惑いさん(234%)、北の武ちゃんさん(181%)、豚ミンCさん(154%)、馬侑迦さん(130%)、内田の予想さん(127%)、ウマタッチさん(113%)らがトータルプラスの活躍を披露しています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣に加え、『プロテスト』ファイナリストたちの予想が集うプロ予想MAXにご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月14日(水) 10:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/11,12の結果(京都記念,クイーンC)
閲覧 546ビュー コメント 0 ナイス 2



2月11日(日)に行われました京都11Rの「京都記念 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【6位】クリンチャー(10.5倍)
2着:総合ポイント【3位】◎アルアイン(6.6倍)
3着:総合ポイント【1位】△レイデオロ(1.6倍)

第4グループ・総合ポイント6位のクリンチャーが1着、第3グループ・総合ポイント3位のアルアインが2着、第1グループ・総合ポイント1位のレイデオロが3着という結果でした。


まず、重馬場という時点で見込み違いだったですね。失敗しました。ただそんな中でも◎アルアインは頑張ってくれての2着。本命視しておきながらなんですが正直この2着は意外でした。スローとはいえ力の要る馬場での2200mをこなしてきましたので、今後も距離などが嫌われて人気を落としたりした時には積極的に狙ってみたいと思っています。


【馬連ながし】
◎=○▲☆
10=3,5,7(3点)

【3複ながし】
◎=印
10=3,5,6,7(6点)

計9点 払い戻し0円


続いて、2月12日(月)に行われました東京11Rの「クイーンC G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】◎テトラドラクマ(5.6倍)
2着:総合ポイント【15位】フィニフティ(11.8倍)
3着:総合ポイント【8位】アルーシャ(12.9倍)

第2グループ・総合ポイント4位のテトラドラクマが1着、第4グループ・総合ポイント15位のフィニフティが2着、第4グループ・総合ポイント8位のアルーシャが3着という結果でした。


テトラドラクマは田辺騎手のエスコートで見事な逃げ切り勝ち!しかし、馬券は、、、でした(+_+)
もう少し相手を広げてみれば良かったですねー。次こそ的中できるよう頑張ります!(^^)!


【馬連BOX】
5,6,10

【ワイドBOX】
5,6,10

計6点 払い戻し0円

[もっと見る]

2018年2月12日(月) 12:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(クイーンC G3)
閲覧 504ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『クイーンC G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎マウレアで、勝率は23.2%と出ています。勝率自体も高いですし、2位以下とはダブルスコアに近い開きとなっていて、ここでは中心不動といった印象です。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】


<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎マウレアとの算出。勝率24.2%と比較的高めの状況も変わらずとなっています。○オハナ、▲アルーシャといった面々も競走馬ロボと同様に上位評価となっています。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



マウレアは変わらず。少し勝率は下げたものの、それでも2位以下とは開きがある状況です。


【まとめ】
今回はマウレアが全てのロボで本命◎ということで、当コラム的には軸不動の印象です。ほかオハナアルーシャレッドベルローズといった中穴勢も軒並み上位評価となっていて、オッズも割れ加減な状況も相まって、1番人気から入っても期待値まずまずのレースといったところでしょうか。今からレースが楽しみです(^^)/



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

アルーシャの口コミ


口コミ一覧
閲覧 92ビュー コメント 2 ナイス 27

今週も閲覧いただき、ありがとうございます。

予想レベルが 97 → 94 まで下降しました。
以前、旗持っていましたなんて、もはや恥ずかしくなってきた下降っぷりになってきました。誰もやっていない予想方法を、色々と思考錯誤しているので仕方がない部分はありますが、この辺が正念場ですね。

この予想コロシアム、どこまで陥落するのかも興味のあるところです。
500万下なのか、未勝利なのか、まさか新馬?なんてあるんでしょうか。
芸能人の格付けじゃありませんが、" ホラ吹きや映す価値なし" なんて言われても、今のところ競馬を辞めるつもりはありません。「私が予想した馬は来ない!」と言われれば、それはそれで結構な貢献かと思います。(笑)

【先週の重賞予想】 先週まで15重賞(5.1.0.11)
 第54回京都牝馬ステークス リバティハイツ→9着、アルーシャ→4着
 第69回ダイヤモンドステークス ルミナスウォリアー→8着
 第53回小倉大章典 マイスタイル→10着 ケイティクレバー→11着
 第36回フェブラリーステークス ゴールドドリーム→2着 サンライズソア→6着 インティ→1着
 
 今期通算19重賞(6.2.0.17)になりました。

絶不調の中、ある方から、「以前の予想方法に戻したら、、、」とアドバイスをいただきました。
調べてみると昨年の3月は好成績でした。

DIYデータの基本データも完成したので、今週から反撃したいですね


では
Good Luck

 しんすけ47 2019年2月16日() 08:46
京都牝馬ステークス
閲覧 145ビュー コメント 0 ナイス 13

コケコッコー 朝ですよぉ~♪

家の奥さままだ寝てる!

京都11R 京都牝馬ステークス

◎④リバティハイツ
△②ベルーガ
△⑪ワントゥワン
△⑫アルーシャ
△⑭ミスパンテール

馬連④ー②・⑪・⑫・⑭への4点。
馬単④ー②・⑪・⑫・⑭への4点。

距離が長かったクイーンカップ以外は大崩れ無し。桜花賞でもコンマ7秒差の6着だしね。
1ハロン距離短縮で逆転を目指しましょう!北友も調子良いしね。

続いては和布刈特別さーね。

[もっと見る]

 ちびざる 2019年2月16日() 00:54
【GⅢ】京都牝馬ステークスの予想
閲覧 144ビュー コメント 0 ナイス 9

◎:⑭ミスパンテール
〇:④リバティハイツ
▲:⑫アルーシャ
△:⑮リナーテ
×:⑩デアレガーロ



【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連BOX
⑭④⑫⑮⑩


 ◎は⑭ミスパンテールにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価1位
フルゲートで抜けた指数の馬もないので、荒れそうな感じはあります。が
とりあえずは、昨年の勝ち馬のこの馬を本命にしましたが消極的な本命です。
GⅠではワンパンチ足りないが、GⅢならそれなりに強い感じはします。
前走のターコイズステークスも勝ちましたし、今の京都の馬場も合っていそうですね。
あとは鞍上の横山典騎手が奇抜な戦法さえとらなければ結果はついてくると思います。


 ○は④リバティハイツにしました。
指数6位。某スポーツ紙調教評価3位。
前走のターコイズステークスでは、2着でした。勝ち馬が⑭ミスパンテールでした。
その時はマイルでしたが、今回は千四に距離短縮で、先に抜け出せば、残せるかもしれません。
鞍上は乗れている北村友一騎手だけに期待したいですね。


 ▲は⑫アルーシャにしました。
指数7位。
 3連勝中という上がり馬。
1600万下を勝ったばかりですが、勢いという点では一番。
鞍上もルメール騎手で、一発が合ってもおかしくないですね。
ただ、小柄な馬だけに、輸送による馬体減は気になるところですね。
当日の気配がどうか注目です。


 △以下では、リナーテに注目です。
血統的に魅力があります。サトノダイヤモンド、サトノジェネシスが兄弟ですが、
自身は千二、千四を中心に使われています。
前走のターコイズステークスが7着で、やはりマイルは長かったのかは分かりませんが、
父がステイゴールドだけにその辺りは疑問が残りますね。
それでも今の京都の馬場は合っていると思いますし
鞍上も武豊騎手だけに期待したいですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルーシャの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アルーシャの写真

アルーシャ
アルーシャ

アルーシャの厩舎情報 VIP

2019年2月16日京都牝馬ステークス G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アルーシャの取材メモ VIP

2019年2月16日 京都牝馬ステークス G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。