クロコスミア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クロコスミア
クロコスミア
クロコスミア
クロコスミア
クロコスミア
クロコスミア
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2013年5月17日生
調教師西浦勝一(栗東)
馬主大塚 亮一
生産者小島牧場
生産地浦河町
戦績25戦[5-3-3-14]
総賞金24,595万円
収得賞金9,175万円
英字表記Crocosmia
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
デヴェロッペ
血統 ][ 産駒 ]
ボストンハーバー
ショウエイミズキ
兄弟 トリアンドルスニーマルジョイ
前走 2018/11/11 エリザベス女王杯 G1
次走予定

クロコスミアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/11 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 175941.892** 牝5 56.0 岩田康誠西浦勝一436(+4)2.13.1 0.034.7リスグラシュー
18/10/13 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 111116.365** 牝5 55.0 岩田康誠西浦勝一432(+2)1.45.2 0.533.8ディアドラ
18/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 163652.6118** 牝5 55.0 勝浦正樹西浦勝一430(--)2.01.8 0.737.7⑤⑤④サングレーザー
18/03/31 アラ 7 ドバイターフ G1 芝1800 15--------7** 牝5 55.0 岩田康誠西浦勝一--0000 ------ベンバトル
18/02/11 京都 11 京都記念 G2 芝2200 107712.358** 牝5 54.0 岩田康誠西浦勝一434(+6)2.17.4 1.137.4クリンチャー
17/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 182426.492** 牝4 56.0 和田竜二西浦勝一428(+4)2.14.3 0.034.3モズカッチャン
17/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 1471110.451** 牝4 54.0 岩田康誠西浦勝一424(+8)1.48.1 -0.033.7ヴィブロス
17/08/26 札幌 11 WASJ2 1600万下 芝2000 147122.711** 牝4 56.0 戸崎圭太西浦勝一416(-2)2.01.0 -0.536.2ゲッカコウ
17/07/30 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 136813.354** 牝4 55.0 勝浦正樹西浦勝一418(+6)1.46.5 0.835.1アエロリット
17/06/18 函館 12 北斗特別 1000万下 芝1800 15342.511** 牝4 56.0 岩田康誠西浦勝一412(0)1.45.7 -0.435.0ピュアソルジャー
17/04/22 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 167136.627** 牝4 54.0 戸崎圭太西浦勝一412(-8)1.47.4 0.636.7ウキヨノカゼ
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 162425.574** 牝4 54.0 松若風馬西浦勝一420(+8)1.35.1 0.835.8ミッキークイーン
16/12/17 中山 11 ターコイズS G 芝1600 16477.5414** 牝3 54.0 田辺裕信西浦勝一412(0)1.35.0 1.436.7マジックタイム
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 185929.5106** 牝3 55.0 岩田康誠西浦勝一412(-2)1.59.2 0.635.0ヴィブロス
16/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝1800 151177.6112** 牝3 54.0 岩田康誠西浦勝一414(+14)1.46.7 0.034.6シンハライト
16/04/24 東京 11 フローラS G2 芝2000 1881617.5814** 牝3 54.0 勝浦正樹西浦勝一400(-4)2.01.3 1.637.0④④④チェッキーノ
16/03/05 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 16815109.7147** 牝3 54.0 勝浦正樹西浦勝一404(-2)1.33.2 0.433.1⑭⑬シンハライト
15/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 184718.078** 牝2 54.0 勝浦正樹西浦勝一406(+4)1.35.4 0.936.2⑩⑥メジャーエンブレム
15/11/21 東京 9 赤松賞 500万下 芝1600 15113.211** 牝2 54.0 勝浦正樹西浦勝一402(-4)1.36.1 -0.233.9アオイプリンセス
15/10/31 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 1561031.763** 牝2 54.0 勝浦正樹西浦勝一406(0)1.34.3 0.233.7⑧⑨デンコウアンジュ

⇒もっと見る


クロコスミアの関連ニュース

 エリザベス女王杯で2年連続2着だったクロコスミア(栗・西浦、牝5)が、香港ヴァーズ(12月9日、シャティン、GI、芝2400メートル)に挑むことが13日、明らかになった。西浦調教師は招待の受諾を表明し「選ばれて良かったです。2400メートルは守備範囲だと思いますし、うまく自分のペースで運べればチャンスはあると思います」と話した。鞍上は引き続き岩田騎手。



クロコスミアの競走成績はこちら

【エリザベス杯】初GI届いたリス!これぞマジックマン・モレイラ 2018年11月12日(月) 05:09

 第43回エリザベス女王杯(11日、京都11R、GI、3歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝・外2200メートル、1着本賞金1億500万円 =出走17頭)3番人気のリスグラシューが中団から直線で鋭く伸び、ゴール前でクロコスミアをかわして8度目の挑戦でGI初制覇。ジョアン・モレイラ騎手(35)=ブラジル=もJRA・GI初制覇となった。タイム2分13秒1(良)。このあとは香港国際競走(12月9日、シャティン)や有馬記念(同23日、中山、GI、芝2500メートル)が視野に入る。1番人気で連覇を狙ったモズカッチャンは3着に敗れた。

 歓喜のゴールに飛び込んだ瞬間、モレイラ騎手が右拳を何度も振り上げた。GIで4度の2着に泣いてきたリスグラシューの悲願、自身にとっては日本でのGI初制覇。あふれ出す喜びを抑えきれなかった。

 「初めてのGIは何より特別な気持ちです。ガッツポーズを見せてしまって許してください」

 全てが完璧だ。課題のゲートを決め、中団をキープ。4コーナーで外に持ち出すと鞍上のステッキに応えて脚を伸ばす。最速の上がり3ハロン33秒8の豪脚で、粘るクロコスミアをクビ差捕らえた。

 「4コーナーでエネルギーがいっぱいあったので、最後の300メートルで自信を持ちました。能力を見せられてよかった」

 8Rのスタート後に落馬して周囲をヒヤリとさせたが、直後の9RにJRA史上最少騎乗数で通算100勝を達成。激動の一日をGI制覇で締めくくる、“マジックマン”の独壇場だった。

 「日本でGIを勝つのが、子供のころからの夢でした」。幼少時に父が他界。かすかに覚えている一生懸命働く大きな背中が、心の支えになっている。「今も、どこかで見ていてくれている。父のおかげで勝つことができたし、うれしい」。晴れ姿はきっと天国にも届いたはず。孝行息子は続けて「どんどん勝ちたい。ここで終わりではない」と貪欲だ。

 リスグラシューはGI8度目の挑戦で戴冠。矢作調教師も感無量だ。

 「これだけ強い馬にGIがないのはすごく情けなかったし、うれしいしかない。若い頃は牝馬特有の繊細さに悩まされたが、今年の春くらいから大人になって完成に近づいてきた。どんどん自分で進化してくれた」

 新コンビの鞍上にも「ゲートの中だけ悪いので『そこだけ気をつけて、うまく出して』と言ったら、最高に出してくれた。折り合いも完璧で、位置取りもよし。“なんであんなにうまいのか”というくらい、うまいレースをしてくれた」と絶賛する。

 今後は香港国際競走や有馬記念が視野に入る。「折り合いも大丈夫だと分かったし、マイルから2400メートルまで全部こなすと思う」と、トレーナーは手応えを感じ取る。待望のタイトルを手にしたリスグラシューが、まだまだ高みを目指していく。 (斉藤弘樹)

★11日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら

★アラカルト

 ◆矢作芳人調教師 昨年の同馬での8着に次ぐ2度目の出走で初勝利。JRA・GIは2010年朝日杯FS(グランプリボス)、11年NHKマイルC(同)、12年ダービー(ディープブリランテ)、18年安田記念(モズアスコット)に次ぐ5勝目。

 ◆ハーツクライ産駒 延べ9頭目の出走で初勝利。JRA・GIは8勝目。

 ◆馬主(有)キャロットファーム 15年マリアライトに次ぐ2勝目。JRA・GIは19勝目。

 ◆生産者ノーザンファーム(北海道安平町) 15年マリアライトに次ぐ7勝目。JRA・GIは122勝目。

 ◆関西馬 1996年に4歳以上に開放されてから16勝目。関東馬は5勝で、他に英国のスノーフェアリーが2勝。今年のJRA・GI(JBC3レースを除く)は障害を含めて関西馬11勝、関東馬7勝。

★入場&売り上げ

 アーモンドアイ、ディアドラなどが出走しなかったためか、11日の京都競馬場の入場人員は4万8775人で前年比94・1%、エリザベス女王杯の売り上げも155億1357万8600円で同97・4%と、ともにダウンした。JBC3レースを除く今年の平地GI17レース中、フェブラリーS、大阪杯、皐月賞、天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋に次ぐ7レース目の売り上げダウンとなった。

リスグラシュー 父ハーツクライ、母リリサイド、母の父アメリカンポスト。黒鹿毛の牝4歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績16戦4勝。獲得賞金4億615万3000円。重賞は2016年GIIIアルテミスS、18年GIII東京新聞杯に次いで3勝目。エリザベス女王杯は矢作芳人調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。馬名は「優美な百合(仏)。母名より連想」。

[もっと見る]

【エリザベス杯】キャロットファーム・高橋代表「価値の大きな勝利です」 2018年11月12日(月) 05:08

 第43回エリザベス女王杯(11日、京都11R、GI、3歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝・外2200メートル、1着本賞金1億500万円 =出走17頭)3番人気のリスグラシューが中団から直線で鋭く伸び、ゴール前でクロコスミアをかわして8度目の挑戦でGI初制覇。

 悲願のGI初制覇を成し遂げたリスグラシューが所属する(有)キャロットファームは、天皇賞・秋のレイデオロに続くGI勝利。高橋二次矢(ふじや)代表は「何としてもGIのタイトルが欲しかった馬だし、価値の大きな勝利です。年齢(4歳)的にもまだまだやれると思います」と、穏やかな笑みを浮かべた。

 生産者であるノーザンファームの吉田勝己代表は「ハーツクライ産駒だから、距離は大丈夫と思っていたよ。仕掛けがドンピシャだったモレイラ騎手もすごいね。これからの選択肢が広がるレース内容だった」と相好を崩した。リスグラシューの下には中央現役のサトノコメット(美・奥村武、牝3、父ダイワメジャー)、アラスカ(美・萩原、牝2、父オルフェーヴル)がおり、さらに父ロードカナロアの牝1歳は同じ矢作厩舎に入厩予定、全弟にあたる父ハーツクライの当歳もいる。

★11日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エリザベス杯】クロコスミア、2年連続2着2018年11月12日(月) 05:07

 第43回エリザベス女王杯(11日、京都11R、GI、3歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝・外2200メートル、1着本賞金1億500万円 =出走17頭)昨年の2着馬クロコスミアはゴール直前まで粘りをみせたが、またもや2着。序盤から果敢に先手を奪うと前半1000メートル通過61秒4のマイペースで9番人気の低評価を覆す力走をみせた。岩田騎手は「自分の競馬に徹して、早めにスパートもかけましたが、勝ち馬の切れ味に負けました」とため息を漏らした。

 すでに登録を済ませている香港C(12月9日、シャティン、GI、芝2000メートル)と香港ヴァーズ(同、芝2400メートル)に関して西浦調教師は、「招待が届いたら考えます」と話すにとどめた。

★11日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エリザベス杯】クロコスミアは昨年に続き2着惜敗 岩田「勝ち馬の切れ味に負けた」2018年11月11日() 19:46

 11月11日の京都11Rで行われた第43回エリザベス女王杯(3歳以上オープン、牝馬、GI、芝・外2200メートル、定量、17頭立て、1着賞金=1億500万円)は、3番人気リスグラシュー(4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が初コンビのジョアン・モレイラ騎手に導かれ、待望のビッグタイトル獲得に成功した。タイムは2分13秒1(良)。



 昨年のこのレースで2着に善戦しているクロコスミア(9番人気)は、好スタートから内枠のプリメラアスールを制して先手を奪うと、マイペースに持ち込んで最後まで粘り込むも、ゴール寸前で勝ち馬に交わされ、昨年と同じクビ差2着に惜敗した。



 岩田康誠騎手「自分の競馬に徹し、早めにスパートもかけましたが、勝ち馬の切れ味に負けました」

★【エリザベス女王杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【エリザベス杯】GI・2着4度のリスグラシューがついに戴冠 2018年11月11日() 15:56

 11月11日の京都11Rで行われた第43回エリザベス女王杯(3歳以上オープン、牝馬、GI、芝・外2200メートル、定量、17頭立て、1着賞金=1億500万円)は、GIで2着4度の“シルバーコレクター”だった”3番人気リスグラシュー(4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が初コンビのジョアン・モレイラ騎手に導かれ、待望のビッグタイトル獲得に成功した。同騎手もJRA・GI初勝利で、タイムは2分13秒1(良)。

 リスグラシューは中団で待機。直線で鮮やかに抜け出し、逃げ粘る昨年の2着馬クロコスミア(9番人気)をクビ差で退けた。連覇がかかっていたモズカッチャン(1番人気)は5番手から脚を伸ばしたものの、3馬身差の3着。レッドジェノヴァ(4番人気)は4着、ノームコア(2番人気)は5着だった。

 リスグラシューは、父ハーツクライ、母リリサイド、母の父アメリカンポストという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は16戦4勝。重賞は2016年アルテミスS・GIII、18年東京新聞杯・GIIIに次いで3勝目。エリザベス女王杯は、矢作芳人調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。

 ◆ジョアン・モレイラ騎手「状態が良かったし、スムーズにレースを運べた。(リスグラシューは)間違いなくGI馬としての能力を持っていると思っていたし、その能力を見せることができてよかった。(自身もJRA・GI初制覇で)特別な気持ちになった。ガッツポーズしたことを許してください。これからもGIを取れるようにしたいですね」



★【エリザベス女王杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クロコスミアの関連コラム

閲覧 1,388ビュー コメント 2 ナイス 9



 先週のエリザベス女王杯は、クロコスミアプリメラアスールとのハナ争いを楽に制して、宣言どおりの逃げ。前半5F61秒4-後半5F59秒2のスローペースでした。クロコスミアや押して押して先行策を取ったモズカッチャンが上位に来るのは想定内としても、リスグラシューがメンバー最速の上がりを駆使して優勝してたのは、とても意外でした。

 しかも、今年のエリザべス女王杯はハイレベル戦で、リスグラシューのマークした指数は天皇賞(秋)のアルアインと同着レベルの指数。確かにリスグラシューは、マイル戦だと追走に苦労するため中距離のほうがいいとは見ていたのですが、まさか自己ベスト指数をマークするとは……。それも4コーナーでは手応えは悪く、普通なら伸びてこれないような状況から、直線で鞍上のモレイラ騎手が手綱を持ち替えるともうひと伸び。

 これはモレイラ騎手のマジックでしょうか? 確かにエリザベス女王杯リスグラシューは強かったですが、現役最強牝馬の称号を与えてしまうのは、まだ早いような気がしてしまいました。モレイラ騎手がリミッタ―を振り切るような走りをさせた後は、JBCクラシックアポロケンタッキーのように、凡走することが多いんですよね。

 さて、今週はマイルCSマイルCSの出走馬が経由したレースで、どのレースがレベルが高かったのか確認していきましょう。前哨戦のスワンSはもちろん、毎日王冠のレベルでも上位にランクインしないほどの、超ハイレベルのメンバー構成となりました。


 ★レベル1位 2018年 天皇賞(秋) (PP指数27pt)

 逃げ馬不在で先行勢も手薄なメンバー構成でしたが、逃げを示唆するコメントをしていたダンビュライトがまさかの出走取消。さらに出負け気味のスワーヴリチャードが、外からマカヒキにがっつりとぶつけられる形となって、最後方まで下がったことで、先行勢が超手薄でした。

 これによりレースの前半3Fは36秒2と遅いのですが、さすがにスタートして約130m地点で左にカーブしてから、5F地点までコーナーがない東京芝2000m。レース終了後に多くの騎手が「思ったよりもレースが流れた」とコメントしていたように、4F目以降がレースが流れました。大阪杯では道中で出遅れを挽回したスワーヴリチャードですが、天皇賞(秋)では挽回できなかったのは、案外とレースが流れたからでしょう。

 それでも前半5F59秒4-後半5F57秒4と、全体的に見ればのスローペースだったのは確か。逃げたキセキが3着に粘ったように、前が有利な展開ではありました。先行したアルアインは勝ち馬レイデオロと0.4秒差(4着)に好走しましたが、展開に恵まれたものであるという認識はしておく必要があるでしょう。また、同馬は天皇賞(秋)が大目標だっただけに、どこまで余力があるかでしょう。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月16日(金) 14:15 TARO
【TAROの競馬研究室】外国人ジョッキー全勝阻止!藤岡佑介騎手覚醒の要因とは!?
閲覧 996ビュー コメント 0 ナイス 7

エリザベス女王杯は個人的に熱い叩き合いだった。直線抜け出したクロコスミアを外からモレイラ騎乗のリスグラシューが差し切り。しかし、個人的な熱い叩き合いは3着争い。◎レッドジェノヴァがジリジリと伸びそうで…伸びず。結局昨年の覇者モズカッチャンが3着に入線、2~3着付けで厚く購入していた馬券はすべてパーになってしまった。

と、そんな個人的な愚痴はさておき、エリザベス女王杯と同じかそれ以上に先週大きな話題を振りまいたのは、外国人ジョッキーの大暴れだろう。エリザベス女王杯をモレイラが制したことで、なんとこの日の京都では1~11レースまですべて外国人騎手騎乗馬が勝利となった。

1R C・デムーロ
2R モレイラ
3R C・デムーロ
4R ルメール
5R モレイラ
6R ルメール
7R モレイラ
8R ルメール
9R モレイラ
10R C・デムーロ
11R モレイラ

麻雀ならば外国人騎手だけで七対子どころか四暗刻くらいができてしまいそうな勢いだったが、最終レース、オール外国人騎手勝利の記録にストップをかけたのが、関西中堅の藤岡佑介騎手だった。


~初G1制覇、勝利数倍増など充実の一年だった藤岡佑騎手

その藤岡佑騎手だが、今年はかつてないほど充実の一年となっている。先週までで68勝を挙げており、これはキャリアハイだったデビュー5年目の75勝に迫る勢い。昨年の36勝からはほぼ倍増の勢いだ。その中身も濃く、ケイアイノーテックでは悲願のG1初制覇を果たしたほか、京都記念ではクリンチャーに騎乗しレイデオロを撃破するなど、印象深い勝利も多かった。重賞5勝を挙げているが、すべて3番人気以下という点も穴党の心をくすぐられる。

実は現在執筆中の新著『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-』(12月14日発売予定・よろしく!)でも藤岡佑介騎手には触れているのだが、かつては消極的な騎乗が目立った同騎手について調べると、現在は前への意識が明らかに強くなっていることがわかるのだ。

重賞制覇を思い起こしても、クリンチャーは昨年のダービーでの失敗を振り払うかのような先行策だったし、ガンコ日経賞制覇もスタートから押して押して先行集団に取りついていた。ステイフーリッシュ京都新聞杯エアアンセム函館記念にしてもいずれもスタートから前への意識が強く、それが結果に繋がっていると言えそうだ。ゲートをキッチリ出てくれる技術の高さも支えになっている。

競馬はなんだかんだ言っても前にいる馬が有利なのは今も昔も変わらない。勝つためには勝つためのポジションがあり、それは馬場整備技術が上がり、スローペースの立ち回り戦が増えた平成の競馬においてはごくごく当たり前のことなのである。

かくしてエリザベス女王杯の45分後、最後の最後で外国人騎手たちの完全制覇に待ったをかけたのが藤岡佑騎手騎乗の先行馬・サヴィだったのは、ある意味では必然だったのかもしれない。かつてはどちらかといえば「乗れない騎手」と思われがちだったのだが、そのイメージは過去のものと考えた方が良さそうだ。


マイルCSは秋G1屈指の好メンバーの大混戦

さて、今週末はマイルチャンピオンシップが行われる。藤岡佑騎手はケイアイノーテックに騎乗する。前走毎日王冠は久々の影響もあったのかもしれないし、距離も1F長かった可能性もある。1F短縮、叩き2走目となる上積みはありそうだが、相手関係を考えると厳しい戦いになりそうだ。

秋G1屈指の好メンバーが揃った一戦だけに争覇圏内にいる候補は多いが、先行勢がさほど多くない組み合わせを考えると、ロジクライには期待してみたい。キレないがバテない先行馬で、かつてシンザン記念を制した京都の外回りも合いそうだ。

穴ならココが引退レースとなる可能性が高い牝馬レッドアヴァンセ、前走好内容だった同じく牝馬のジュールポレールあたりも気になるところだが、今週はチャンスのある馬が多い混戦模様。

こういうレースでは下手に絞らず手広く行くか、あるいは3連複3連単ではなく、馬連あたりで軸を決めて狙って行くと望外の高回収率が望めるかもしれない。いずれにしても、少し悩む週末になりそうだ。

※最終結論はブログ『TAROの競馬』で無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。

[もっと見る]

2018年11月13日(火) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/10~11/11)伊吹雅也プロ筆頭に12名が週末トータルプラスをマーク!
閲覧 492ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、11(日)に京都競馬場でG1エリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザベス女王杯は、1番人気に前年覇者モズカッチャン(単勝3.6倍)、2番人気ノームコア(同3.8倍)、3番人気リスグラシュー(同4.7倍)、4番人気レッドジェノヴァ(同5.7倍)、5番人気カンタービレ(同7.7倍)と上位人気を形成し、全17頭がゲートイン。
プリメラアスールを、外から楽々交わしてクロコスミアが先頭に立つと、2番手に大外からミスパンテールが続く形で1コーナーの入り。モズカッチャンノームコアカンタービレといったあたりはその直後の4~6番手を確保し、以下はフロンテアクイーンレッドジェノヴァコルコバードリスグラシューレイホーロマンスエテルナミノルヴァフラームアドマイヤリードワンブレスアウェイスマートレイアーと後方にかけて続き、最後方にハッピーユニバンスの態勢で向こう正面へ。
平均的なラップを刻み逃げるクロコスミアの前半1000m通過タイムは、1分1秒4(推定)。ほとんど途切れるところがない馬群は、全馬15~16馬身圏内に収まる隊列を終始キープし続けながら3コーナーを目指します。クロコスミアのリードは2馬身ほどで、依然2、3番手キープのミスパンテールプリメラアスールの外から、徐々にノームコアが顔を覗かせ、この馬が人気馬の中では最先鋒の位置取り。ここから次第にクロコスミアがペースアップを図り、坂を下って4コーナーから直線へ。
迎えた直線、横一戦の2番手争いの中からモズカッチャンがインを突いて抜け出す構えを見せますが、前を行くクロコスミアのリードは十分。ミスパンテールの外からはカンタービレノームコアの3歳勢も懸命に追われますが、こちらはジリジリとしか伸びず。代わってその外からは、リスグラシューの鋭い伸び。残り300mを過ぎて完全にエンジン点火のリスグラシューがそのまま一閃。ゴール手前50mまで粘り通した9番人気クロコスミアを、キッチリと差し切ってV。人馬ともに嬉しいJRA初G1奪取を決めています。クビ差2着のクロコスミアから3馬身差の3着には1番人気モズカッチャンが入っています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ豚ミンCプロ馬侑迦プロら計4名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
先週は2日間ともにプラスを達成。まず10(土)はG2デイリー杯2歳Sを×▲◎で仕留め6万オーバーの払戻しを記録。11(日)にはG3福島記念○◎▲的中、G1エリザベス女王杯の3連複的中で、週末トータル回収率249%をマーク!これで週末プラスは3週連続となっています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
10(土)は東京10RG2デイリー杯2歳S福島12R。11(日)は京都3R京都8Rなど、随所に好調予想を披露。土日ともにプラス計上の先週は、2日間計回収率128%、収支トップの20万6,500円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
10(土)は東京2R東京12R、勝負レース京都12R等の的中でプラス達成。11(日)も、勝負予想京都7Rや、東京11R12Rでの連続HITで活躍を披露。連日のプラス収支となった先週は、トータル回収率120%をマーク。2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
10(土)には京都1R東京5Rなどのスマッシュヒットで大幅プラスをマーク。11(日)もG3福島記念的中などを披露した先週は、トータル回収率106%をマーク。2週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
10(土)は勝負予想東京12Rの◎ブラックジョー(単勝32.8倍)での一撃を決めこの日のプラスを決めると、11(日)には、G1エリザベス女王杯G3福島記念福島8Rなどで連日のプラスを達成。週間回収率は117%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
先週は、10(土)G2デイリー杯2歳Sでの◎○▲パーフェクト的中などで活躍を披露!週末トータル回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
先週は、10(土)京都6Rでの◎カフジストーム(単勝28.1倍)的中などのスマッシュヒットをマーク!土日2日間のトータルでは、回収率107%を達成しています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(221%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(202%)、馬侑迦プロ(123%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(122%←2週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(115%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(105%)、またJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(109%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年11月13日(火) 13:00 覆面ドクター・英
マイルCS2018
閲覧 1,333ビュー コメント 0 ナイス 8

先週のコラムで、エリザベス女王杯は9番人気のクロコスミアが昨年2着同様やれると高く評価したのも、モズカッチャンが当然有力としたのも良かったのですが、マイル向きでモレイラ騎手だけに余分に人気になりそうと消したリスグラシューにあっさり差し切られました。前々で勝負して終いたれるのを期待していたんですが、きっちり溜めて差してきましたね。G1以外はまあまあ好調で今週もプラスだったので、あとはG1とWIN5(先週は○○○××)。なんとか今週こそは結果を出したいものです。

では、恒例の全頭診断へ

1番人気想定 モズアスコット:前哨戦はロードクエストの強襲にあって2着と負けたが、何の問題も無いとみる。(個人的には、秋の天皇賞を使っても面白かったのではとも思うが、)それはさておき、ここは当然主役。

2番人気想定 アエロリット:前哨戦の毎日王冠をモレイラ騎手騎乗で鮮やかに逃げ切ったが、菊沢厩舎は関西輸送実績に乏しく、この馬自身輸送にも弱い。うまく行き過ぎた前走からも人気となるはずで、消して妙味。

3番人気想定 ペルシアンナイト:昨年の勝ち馬で前哨戦の富士Sでは5着と敗れたが、ハービンジャー産駒だけにスローからだと33秒台の脚が限界で厳しかった。流れるここは巻き返しが十分にある。

4番人気想定 ステルヴィオ:春はスプリングSを勝ち、皐月賞やダービーでももう少しやれるかと思いきや4着と8着に終わった。秋初戦の毎日王冠は2着と、古馬通用をアピールしそれなりにやれそうだが、馬体面の成長はそれほどなく、あまり妙味が無いか。

5番人気想定 アルアインシンザン記念以来1年10か月ぶりのマイル戦だが、マイルから2200mくらいまでは距離不問のタイプ。瞬発力が今ひとつなぶん惜敗が多いが、仕掛けのタイミングさえ合えば勝てないまでも上位に来る可能性は高そう。

6番人気想定 エアスピネル:秋初戦の富士Sでは、うまく脚を溜めて乗った割にはダメで、ちょっとピークを過ぎたのかなあという内容。人気だろうし嫌って妙味か。

7番人気想定 ケイアイノーテックNHKマイルCはやや恵まれた勝利に見えたが、秋になり毎日王冠で、そう差の無い5着に来たようにそれなりに成長がみられる。ただ今年の3歳牡馬はかなり弱めで、古馬と1㎏差なら古馬重視のほうが良いか

8馬人気想定 ロジクライ富士Sで2馬身差をつけて勝ち切ったように、ここもやれて良い。

9番人気想定 ジャンダルムビリーヴの仔でデビューから数戦はいい走りだったが、成長力がいまひとつで、マイルの距離でも一線級とは差がありそう。

10番人気以下想定
ミッキーグローリー:11戦6勝と勝ち切る率が高く、京成杯AHもしっかり勝ち切った。デビュー戦から50kgも馬体重を増やしながら強くなってきており、人気がないなら是非狙いたい馬。

レッドアヴァンセ:母エリモピクシーで、母父ダンシングブレーヴ譲りの底力発揮が、大舞台でありえる一頭。やや太目の秋初戦を叩いて、ここは上昇がみられるのでは。

ロードクエスト:これだけ取りこぼしてきた馬がM.デムーロ騎手への乗り替わりであっさりスワンSを勝ってしまったが、倒した相手がここも人気になるであろうモズアスコットでもあり、乗り方ひとつで通用するのだろう。ただ2戦連続好走の少ない小島厩舎だけに、今回は無いのでは。

ジュールポレール:今年のヴィクトリアマイル勝ち馬で、半兄サダムパテック(父フジキセキ)はこのレースの勝ち馬でもあるが、乗り慣れた幸騎手が落馬骨折疑いがあり乗れない可能性も。乗り替わりの場合は、大きくマイナスとみる。

ヒーズインラブ:春はダービー卿CTで重賞初制覇をあげたが、東京マイルはそう良くないようで、安田記念富士Sは惨敗。秋初戦の京成杯AHも不利もあって敗退と近走振るわないが、そろそろ巻き返しがあってもいい。人気薄の中では狙ってみたい馬。

ウインブライトスプリングS1着と中山金杯2着、中山記念1着、福島記念1着と、中山・福島に高い適性を示す。一方で、京都マイルへの適性は高くなさそうで、半年近い脚部不安休養明けとなる今回。体調も今ひとつで狙えない。

グァンチャーレ:オープン特別の1600m~1800mで活躍。2着、3着が計13回という馬だが、とうとう前走G2で3着と初の重賞馬券内。ただこれは距離短縮の1400mが良いほうに出た可能性が高そうで、距離延長のG1マイルの今回は買うほどではないか。

レーヌミノル:昨年の桜花賞馬で、この時に下したリスグラシューは先週大仕事をしたが、この馬に関しては成長力に乏しい印象で桜花賞以降は尻すぼみ状態。その中にあって、昨年のマイルCSでは4着という戦績だけに、この舞台自体は合っているのだろうが。

ベステンダンク:オープン特別だと1着1回2着1回があるのだが、重賞で全く勝負にならない現状ではG1での大駆けは期待できず。

カツジ:春はNZTを豪快に差して勝ったが、秋初戦の毎日王冠は12着と惨敗。割と弱い世代の3歳牡馬で、成長力いまひとつで、買い要素は少ない。

ブラックムーン:今年は、京都金杯を勝って活躍の1年になるのかと思いきや、その後は惨敗続き。加えて、前走の天皇賞(秋)では-16kgと身体まで萎んできていて好材料なし。


<まとめ>
有力:モズアスコットペルシアンナイト

ヒモに:アルアインステルヴィオロジクライ

穴で:ミッキーグローリーレッドアヴァンセヒーズインラブ

人気で消して妙味:アエロリットエアスピネルケイアイノーテックジャンダルム

[もっと見る]

2018年11月10日() 16:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018エリザベス女王杯~
閲覧 1,288ビュー コメント 0 ナイス 7



先々週の天皇賞(秋)は、逃げを示唆するコメントをしていたダンビュライトが想定外の出走取消。もともと先行勢が手薄なメンバー構成でしたが、さらに手薄になりました。しかし、レース終了後に多くの騎手が「思ったよりもレースが流れた」とコメントしていたように、スローペースではありましたが、”超”がつくほどのスローではありませんでした。

 天皇賞(秋)も予想コメントで、本命◎を最後までヴィブロスにするかサングレーザーにするか最後まで悩んだことを記しましたが、ダンビュライトが取り消すことを知っていたら、本命馬は後者だったでしょう。私が最終的に◎にしたヴィブロスは、結果的に折り合いを欠いて前へ行きすぎました。

 ヴィブロスはどスローのエリザベス女王杯で、先行して5着に敗れたように、本質がスプリンター。ペースがどうであれ、前に行って持久力を生かす方向のレースに持ち込むと厳しいものがあります。しかし、本番では折り合わずに放つことの多い福永騎手ですから、先行馬が手薄になり過ぎたことで、先行してしまうと思ったら案の定でした(゚_゚i)タラー。

 もっとも欲にまみれて、好走する条件の狭い馬のほうを本命にしてしまう自分にも問題があったので猛反省中です。エリザベス女王杯では、あまり展開の制約を受けない馬、つまり、強い馬を本命にしたいです。それでは今回も、まずはエリザベス女王杯の)出走馬が経由したレースで、どのレースがレベルが高かったのかご紹介していきましょう。過去1年以内に行われたレースが対象です。


★レベル1位タイ 2017年 香港C (PP指数27)

 昨年の香港国際レース当日は、M.デムーロ騎手が「馬場が軽い」と口にしていたように、例年と比べると、高速馬場で行われました。香港Cは、前半4F51秒39-後半4F45秒87のどスロー。ラスト2Fが22.08で、先行力と瞬発力も求められたレースです。

 優勝したのはデビュー当初はスプリント路線を使われていたものの、中距離路線に転向して上昇一途の香港馬タイムワープ。同馬は逃げることで良さが出た馬ですが、このレースでも楽な逃げ切りでした。そこを考えると、2番手でレースを進めて8着のスマートレイアーは、力負けの印象を受けるかもしれません。しかし、私自身は、世界の強豪を相手に早仕掛けし過ぎたと判断しています。

 スマートレイアーは大外枠だったため、雁行状態の2列目を嫌って1列前に位置したのですが、これは好ましくないでしょう。スマートレイアーは日本馬のトップクラスが相手となると瞬発力不足のところがありますが、海外の馬よりは瞬発力があります。ヴィルシーナの全妹で、日本ではそこまで切れる脚を使えないヴィブロスも、ドバイシーマクラシックでは、去年も今年も異次元の末脚を使っているのだから。

 また、海外の馬場における“軽い”は日本の馬場の“軽い”とはレベルが異なるので、スローペースでも先行すれば、何だかんだ負担になります。相手が強いので完璧にレースを運んでも勝てなかった可能性は高いですが、末脚に特化させるレースをすれば、もう少し上位の着順は拾えていたと見ています。


 ★レベル1位タイ 2018年 ドバイターフ (PP指数27)

 マイル戦で実績のある南アフリカのジャヌービが単騎気味に逃げて前半4F47秒55-後半47秒12(1分46秒02)で決着。このタイムは通年の良馬場のドバイターフと比較しても1秒近く速いもの。ラップ推移を見ても、11秒台の連発で緩みが生じていません。

 つまり、出遅れて後方からのレースとなった日本馬最先着の2着と好走したヴィブロスは昨年同様に展開に恵まれているということ。昨年優勝ながら、今年は2着だったのは、離れた2列目から押し切ったベンバトルが強いから。いずれにしても、外枠で前に壁を作れずに、外々を回る展開になったクロコスミアには厳しい流れでした。

[もっと見る]

2018年11月9日(金) 12:30
濃霧注意報DX~エリザベス女王杯2018展望~
閲覧 1,348ビュー コメント 0 ナイス 10



 私事ですが、先日引っ越しをしました。
 これまで単身での引っ越しというのは何度も経験があったのですが、家族単位での引っ越しというのは本当に久しぶり。荷物は多いわ、転居に伴う諸々の手続きも何だか上手くスムーズに行かないわ、おまけに転居後に疲れが出たのか家族全員で風邪をひいて寝込むわ、自分の段取りの悪さや体調管理の甘さに猛省する結果になりました。
 ここ一ヶ月の間コラムをお休みさせて頂いていたのも、この一連のドタバタが原因でしたが、今週になってようやく生活も落ち着きを取り戻し、じっくりと執筆できる時間が戻ってきました。
 G1で盛り上がる10月期を思いっきりスルーしてしまったのは痛いですが、ここからはまた隔週ペースでお世話になる予定ですので、引き続きお付き合い頂けると幸いです。
 それでは早速今週のお題……エリザベス女王杯展望、まいります。



 昨年は5番人気のモズカッチャンが僅差の競り合いを制して勝利。2着には9番人気の伏兵クロコスミアが粘り込み、調整面の不安が囁かれていたミッキークイーンが地力の差を見せる形での3着。どれか1頭ならともかく、1~3着まで順番通りに当てようとするには絶妙に狙いにくい組み合わせでの決着となりました。
 こうした”クセが強い”決着は昨年に始まったことではなく、ここ数年はずっと同じような波乱含みの決着ばかり。3歳馬と古馬との力関係の比較のしにくさや、非常に独特な適性を求められる2200mという距離設定が、こうした結果をもたらしているように思えます。“3歳馬の評価の正確さ”と”舞台巧者の炙り出し”……この2点が的中に向けての鍵になってくるのではないでしょうか。

 今回出走する3歳馬のうち、より人気を集めそうなのはノームコア
 春シーズンは可もなく不可もなくという結果に終わっていた馬ですが、秋初戦の紫苑Sでは春のイメージを一変させるほどの大楽勝。追い風などの条件が整っていたにしても、刻んだタイム、ラップは共に非常に優秀。人気が出るのも頷けます。
 福島1800mという、2歳馬にとってはややタフな条件下でデビューした馬ですが、この時も新馬戦とは思えないハイラップを刻んだ上で、最後まで失速することなく押し切り。この時に垣間見せていた高い能力が夏を越して大きく開花した印象で、前走と同じだけ走れれば十分に勝ち負けまで持ち込めそう。
ここまでの戦績から小回り向きというイメージがありますが、ハービンジャー×母父クロフネという血統構成からは、むしろ広いコースでのびのびと走れた方が良さが出る印象。持続力に長けた構成でもあり、京都外回り2200mという舞台も問題ないでしょう。

もう1頭の3歳馬カンタービレも、秋になってから飛躍した馬。
春にフラワーC勝ちがあるものの、当時のレースレベルは平凡で、続くオークスでは見せ場も作れない13着という結果に終わっていました。
それだけにローズS、秋華賞の連続好走は驚きましたが、それなりのレースレベルがしっかりと付いてきての結果なだけに、今回も慎重に取捨を考えていきたい存在と言えます。
血統を見ると母父がガリレオで、一見すると日本競馬のスピード決着には合わなそうな印象を受けますが、本馬のレースぶりを見るととにかく前向きで軽快なスピードを感じます。この辺りは父ディープインパクトの軽さが前面に出ていると見て良いでしょう。
日欧のクラシック血統の結晶とも言えるだけに、距離や舞台も全く問題ない……

[もっと見る]

⇒もっと見る

クロコスミアの口コミ


口コミ一覧

ジャパンカップへ向けて

 ROCINANTE 2018年11月18日() 19:00

閲覧 195ビュー コメント 0 ナイス 15

エリザベス女王杯
→クロコスミア、モズカッチャン
マイルチャンピオンシップ
→ペルシアンナイト
ジャパンカップ
→シュヴァルグラン、(マカヒキ)
有馬記念
→シュヴァルグラン、(スワーヴリチャード)


リピーターが有力か。

 ロードけんけん 2018年11月18日() 09:35
マイルチャンピオンシップ(G1)当日予想!!!
閲覧 289ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、まさかのクロコスミアが粘り

完敗でした。(*´Д`)=3


コンピの1位8番が72、2位1番69、3位15番67

複勝圏内の境、指数47の18番が12位。

コンピ指数が示す様に大混戦です。


タイム・対戦指数の◎は毎年必ず来ているので今回も信用したいと思います。

タイム・対戦指数(番号の若い順 馬場発表後)

◎3・8・14

○2

▲7・10

△1・15

×11・18

注13・17

昨年は×ー◎ー▲でした。

傾向

前走重賞組、OP特別は苦戦

ステップの富士Sなら掲示板以内

スワンSなら3着以内が有力。
しかし、当日の1番人気が
スワンSで負けていたら割引。

その他の重賞なら0.6秒以内も良い。

前走10着以下からの巻き返しは無し。

3歳馬(重賞好走馬は除く)と7歳以上は割引。

1・3・4番人気は好走率が高い。

ただし1番人気のオッズが4倍以上なら割引。

5枠は何故か不振。

前走6番人気以内なのに、
着順により今回人気を下げている馬には注意。

昨年馬券になって今回出て来たのは2番と14番。
上位人気が有あればプラス。


馬券の買い方のパターンは
◎〇▲-◎○▲-◎○△注
×は消し

[もっと見る]

 Haya 2018年11月16日(金) 07:00
【~術はある~】(2018.11.16.)(東スポ杯2歳S、マイルC... 
閲覧 178ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
日増しに寒さが身にしみるようになりましたね?
冬はもうすぐそこまで来ているようです。

今朝から、一気に冬の寒さ?今シーズン最大の寒波が、
この東海地方(愛知)まで押し寄せて、12月中旬の寒さ?

相変わらず我が懐には、寒波が停滞中?何か?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中経過】
第11期(11月3日~11月25日)8日間(京王杯2歳S~ジャパンC:全12戦)

先週末は、巻き返すことができたのか?


土曜、G3武蔵野Sでは、2頭を推奨。
(グレンツェント、メイショウウタゲ)
馬番コンピの予想では、(4,10,16,7,12)BOX狙いを参考にして、
11番グレンツェント軸で勝負!
ワイド(11⇒4,5,10,13,15,16)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


土曜、G2デイリー杯2歳Sでは、1頭を推奨。
(ドナウデルタ)
馬番コンピの予想では、(3,8,4,9)BOX狙いを参考にして、
4番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(4⇒2,3,6,8)馬連(3-4)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜、G1 エリザベス女王杯では、1頭を推奨。
(カンタービレ)
馬番コンピの予想では、(5⇒1,2,3,4,6,7,8)狙いを参考にして、
5番レッドジェノヴァ軸で勝負!
馬連(5⇒7,8,12,13,16)馬単(5⇒8)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜、G3福島記念では、1頭を推奨。
(メドウラーク)
馬番コンピの予想では、(1,2,6,5,11)BOX狙いを参考にして、
14番メドウラーク軸で勝負!
ワイド(14⇒1,3,7,10,12,16)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


先週ブログのなかで推奨した結果
武蔵野S=グレンツェント(9着)、メイショウウタゲ(10着)
デ杯2歳S=ドナウデルタ(5着)
エ女王杯=カンタービレ(6着)
福島記念=メドウラーク(12着)

今週末の重賞レースの注目馬
東スポ杯2歳S=アドマイヤスコール、ルヴォルグ
マイルCS=エアスピネル

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
東スポ杯2歳S=東京(芝)1800=B(75)多頭数なら内枠有利
マイルCS=京都(芝)1600=D(66)やや内枠有利


【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。
(G3武蔵野S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2~6位までの5頭ボクッス10点。
(4,10,16,7,12)BOX
結果 4⇒3⇒10
指数2位⇒7位⇒3位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(G2デイリー杯2歳S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボクッス6点。
(3,8,4,9)BOX
結果 3⇒7⇒9
指数1位⇒6位⇒4位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(エリザベス女王杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
馬番1~4、6~8馬番までの7頭へ流して7点。
(5⇒1,2,3,4,6,7,8)
結果 12⇒9⇒7
指数3位⇒7位⇒2位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(G3福島記念)
【馬 連】【ワイド】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭ボクッス10点。
(1,2,6,5,11)BOX
結果 2⇒6⇒1
指数2位⇒3位⇒1位
結果は、的中!
(馬連1130円/ワイド460円、310円、430円)

土曜「武蔵野S」は、波乱を期待し過ぎた結果がハズレ…(ノД`)・゜・。例年、人気馬+5~10番人気辺りが狙い目のレースだけに、軸馬(9人気グレンツェント)選定から無理があったかも?

土曜「デイリー杯2歳S」は、1人気を嫌って過去のデータから導き出した3人気4番ドナウデルタを軸馬=モレイラ騎手に期待しすぎた結果ハズレ…(ノД`)・゜・。それで、ドナウデルタのことをいろいろ検証すると、2戦とも渋った馬場で好走し、距離延長には不安が…終った。

日曜「エリザベス女王杯」は、完敗…。軸馬推奨レッドジェノヴァ(4着)は、想定外?前走(京都大賞典2着)、牡5サトノダイヤモンドに詰め寄った脚力からすれば、牝馬同士なら確実に連対、もしくは突き抜けるはず…だった。それが、前走同様に直線で内側からスムーズに抜け出せず、行き場を逃して4着入線?肝心なところで、同じ過ちを犯すのが2流以下の騎手!修正してくるのが、1流の騎手との違い。頼りになるのは、外人騎手ということが分かっただけ収穫有。

日曜「福島記念」は、波乱を期待し過ぎた結果がハズレ…(ノД`)・゜・。”G3七夕賞”優勝馬メドウラークで柳の下の2匹目のドジョウを狙ったが、さすがに無理があった。結果は、意外と堅い決着。


土曜「武蔵野S」の反省点として、軸馬は人気馬から選択するべきで、人気薄からだとリスクが高くなる。今年なら、2人気10番ナムラミラクルを軸馬に選定すべきだった。

土曜「デイリー杯2歳S」の反省点として、こちらも同様に絶対的な1人気でも軸馬に選定すべきだった。今年なら、1人気3番アドマイヤマーズ。特に、友道康夫厩舎の場合、勝負がかりにM.デムーロ騎手を起用してくるらしく、今後の参考資料に!

日曜「エリザベス女王杯」の反省点として、1~6着入線の5頭は予想範囲内だったが、2着馬クロコスミアを完全に見落としていた。前走レースの府中牝馬S組から1,2着馬を輩出している以上、今後は重視!ちなみに、過去のデータを分析した場合、今年の該当馬はリスグラシュー1頭のみだった。

日曜「福島記念」の反省点として、過去の成績に囚われて、出走メンバーを十分に分析出来ていないのが、現状?意外と馬番コンピ指数の流れから、予想が成り立つ。ちなみに、本命か?波乱の判断は、来年も平穏に収まりそうな本命レースと予想する。

終わってみれば、ボウズ達成!?さすがに、4戦全敗はメンタル面も応える。ただ、世の中には馬券3連単をいとも簡単に当てる方もいるわけで、これが現実!見直すべきは修正し、馬券妙味のある術へバージョンアップ!

今週も懲りずに2重賞(東京スポーツ杯2歳S、マイルCS)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(東スポ杯2歳S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2位から
指数1、3~6位までの5頭へ流して5点。

(マイルCS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス6点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クロコスミアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クロコスミアの写真

クロコスミアの厩舎情報 VIP

2018年11月11日エリザベス女王杯 G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クロコスミアの取材メモ VIP

2018年11月11日 エリザベス女王杯 G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。