エタリオウ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エタリオウ
エタリオウ
エタリオウ
エタリオウ
エタリオウ
写真一覧
現役 牡4 青鹿毛 2015年2月13日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主株式会社 Gリビエール・レーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[1-6-0-2]
総賞金14,753万円
収得賞金5,000万円
英字表記Etario
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ホットチャチャ
血統 ][ 産駒 ]
Cactus Ridge
Reduced Sentence
兄弟 ペレブブールチャチャ
前走 2018/10/21 菊花賞 G1
次走予定

エタリオウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18593.622** 牡3 57.0 M.デムー友道康夫472(+4)3.06.1 0.033.9⑩⑨⑧⑥フィエールマン
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 10224.632** 牡3 56.0 M.デムー友道康夫468(+14)2.25.7 0.133.9⑩⑩⑩⑨ワグネリアン
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1871499.1134** 牡3 57.0 H.ボウマ友道康夫454(+4)2.23.8 0.233.5⑰⑭⑬⑮ワグネリアン
18/04/28 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 1871519.672** 牡3 56.0 石橋脩友道康夫450(-6)2.24.7 0.334.6⑤⑥⑦④ゴーフォザサミット
18/03/10 阪神 9 ゆきやなぎ賞 500万下 芝2400 108103.222** 牡3 56.0 和田竜二友道康夫456(-10)2.27.1 0.134.5⑥⑥⑥サトノワルキューレ
18/01/27 京都 9 梅花賞 500万下 芝2400 9773.632** 牡3 56.0 和田竜二友道康夫466(-2)2.28.9 0.034.4⑧⑧⑦⑧メイショウテッコン
17/12/28 阪神 6 2歳500万下 芝2000 9776.532** 牡2 55.0 和田竜二友道康夫468(+2)2.03.1 0.135.1シャルドネゴールド
17/10/14 京都 3 2歳未勝利 芝2000 103311.241** 牡2 55.0 和田竜二友道康夫466(-6)2.01.2 -0.134.3⑩⑩⑩ムーンレイカー
17/09/24 阪神 5 2歳新馬 芝2000 8779.244** 牡2 54.0 福永祐一友道康夫472(--)2.03.4 0.633.8⑦⑦⑧⑥ドンアルゴス

エタリオウの関連ニュース

【AJCC】レース展望

2019年1月15日(火) 17:29

 中山開催は最終週を迎え、日曜メインに古馬中距離のトップクラスが始動するアメリカジョッキークラブカップ(20日、GII、芝2200メートル)が行われる。

 最も注目されるのは、昨秋の菊花賞フィエールマン(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)だ。昨年1月のデビューからキャリアはわずか4戦。疲労が残りやすい体質で、実戦を使い込まれてはいないが、その足跡は強烈なものがある。

 新馬(東京芝1800メートル)、山藤賞(500万下、中山芝1800メートル)を連勝後、初の重賞挑戦となったラジオNIKKEI賞では、福島の短い直線で猛然と追い込んだものの、メイショウテッコンに半馬身届かず2着。初の敗戦を喫したが、続く菊花賞で本領を発揮した。

 トライアルを使わず、3カ月半の休み明けという異例のローテでGIの舞台に立ち、初コンビのクリストフ・ルメール騎手を背に好位でピタリと折り合いをつけると、直線は父ディープインパクト譲りの瞬発力を発揮。メンバー最速のラスト3ハロン33秒9の切れ味でエタリオウをハナ差退けて、デビュー4戦目で世代の頂点に立った。

 その後は短期放牧で疲れを癒やし、昨年暮れに帰厩。年明けに微熱を出すアクシデントがあったが、それもすぐに回復し、9日には美浦Wコース5ハロン67秒8の好時計をマークした。絶好調と思わせた菊花賞前の迫力はまだ及ばないものの、休み明けでも存分に能力を発揮できるのは、これまでのレースで証明している。ドバイシーマクラシック(3月30日、UAEメイダン、GI、芝2410メートル)も視野に入る4歳初戦。引き続きクリストフ・ルメール騎手を背に貫禄の走りを見せてくれそうだ。

 今年、早くも重賞を2勝(京都金杯=パクスアメリカーナ日経新春杯グローリーヴェイズ)と、文句なしの強さを発揮している明け4歳世代からはもう一頭、ジェネラーレウーノ(美浦・矢野英一厩舎、牡)も参戦する。

 果敢にハナを奪った菊花賞では直線で後続に捕まり、9着と馬群に沈んだが、昨秋には今回と同じ芝2200メートルのセントライト記念を快勝。中山芝は【3・0・1・0】と抜群の相性の良さを誇っている。いい状態が続く今の中山の芝ではその先行力は強力な武器になり、すっかり手の内に入れている田辺裕信騎手が手綱を取るのも頼もしい。冬場で馬体はやや太めながら、年明けからハードに追われており調整も意欲的だ。

 ダンビュライト(栗東・音無秀考厩舎、牡5歳)は1982、83年のアンバーシャダイ、2009、10年のネヴァブションに次ぐ3頭目の連覇を目指す。昨秋の天皇賞では馬場入りでパニックに陥り放馬し、競走除外の屈辱を味わったが、前走のチャレンジCでは出遅れながら直線、じわじわと0秒7差4着まで追い上げてきた。気性的な難しさは解消されていないものの、【1・0・3・0】と崩れていない中山で走れるのは好材料だろう。

 明けて8歳となったサクラアンプルール(美浦・金成貴史厩舎、牡)だが、昨年暮れの有馬記念では大外16番枠という不利な状況から直線しぶとく差を詰め、0秒7差7着に入った。中距離の一戦級相手にもまれてきたキャリアには一日の長があり、中山芝も【3・1・2・3】と得意。古豪が健在ぶりをアピールする場面があっていい。

 同じく8歳のショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡)は中日新聞杯でハナ差2着と健闘。末脚勝負のスタイルだけに展開に左右されるが、はまれば上位を脅かす切れ味を秘めている。

 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)はその中日新聞杯で5着に終わったが、今回は叩き2戦目で体調面の上積みが見込める。脚の使いどころが難しいタイプだけに、新パートナーとなるオイシン・マーフィー騎手の手綱さばきが注目される。戸田厩舎にとっては京成杯ラストドラフト)に続く重賞Vがかかる一戦だ。

 中山で一昨年にGII日経賞を勝っているシャケトラ(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)だが、今回は同年の有馬記念(6着)以来13カ月ぶりの出走となる。昨年5月の新潟大賞典(2着)以来となるステイインシアトル(栗東・池江泰寿厩舎、牡8)ともども、長期休養明けで仕上がり、レース勘が鍵になりそうだ。



AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日経新春杯】明け4歳の有望株テッコン、開花のとき! 2019年1月11日(金) 05:08

 日曜京都メイン、日経新春杯(GII、芝2400メートル)の木曜追いが栗東トレセンで行われ、メイショウテッコンはCWコースの単走追いを消化。4ハロン54秒6、ラスト1ハロン12秒5と上々の動きを見せた。また、昨年3着のガンコも坂路で好調ぶりを示している。

 冷え込んだ栗東で、メイショウテッコンが躍動した。力を要するCWコースを力強く駆け抜け、好仕上がりをアピール。高橋忠調教師は納得顔で切り出した。

 「先週しっかり負荷をかけているので、単走で息を整える程度。うまくできたと思います」

 向こう正面から単走でゆったりとスタートし、道中も鞍上との呼吸はぴったり。余裕ある手応えで直線に向き、ラスト1ハロン12秒5(4ハロン54秒6)でのフィニッシュだ。

 昨年は1月の梅花賞でのちの菊花賞2着馬エタリオウを下し、ラジオNIKKEI賞では、のちの菊花賞フィエールマンを破った。神戸新聞杯ではダービー馬ワグネリアンと0秒1差の3着に好走。菊花賞こそ14着に敗れが、昨年、古馬混合GIを5勝するなど快進撃を続ける明け4歳世代にあって、ハイレベルな戦いを繰り広げてきた。さらに中間の休養でパワーアップ。「プラス体重になると思うけれど重々しさはないし、成長分と思ってもらえれば」と高橋忠師はうなずく。

 今回は梅花賞以来、1年ぶりに武豊騎手とのコンビ。開幕週に6勝を挙げて好発進の鞍上も「気性的に難しさはあるけれど、菊花賞の1、2着馬を負かした実績があるしね。広いコースも競馬はしやすいと思う」と期待を寄せる。

 陣営の大目標は春の天皇賞(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)。重賞のタイトルを積み重ねて、再び大舞台へ。名手とともに、テッコンが鮮やかな逃走劇を見せる。 (斉藤弘樹)

日経新春杯の出馬表はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】ワグネリアン、大阪杯を目標 2019年1月9日(水) 05:00

 ★栗東・友道厩舎所属の主な馬は次の通り。神戸新聞杯優勝後、体調が整わず天皇賞・秋を回避したワグネリアン(牡4)は大阪杯(3月31日、阪神、GI、芝2000メートル)を目標にローテーションが組まれる。有馬記念10着マカヒキ(牡6)はドバイターフ(同30日、UAEメイダン、GI、芝1800メートル)とドバイシーマクラシック(同、芝2410メートル)に登録する。菊花賞2着エタリオウ(牡4)は日経賞(同23日、中山、GII、芝2500メートル)から天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)を目指すが、ドバイシーマクラシックとドバイゴールドC(3月30日、UAEメイダン、GII、芝3200メートル)にも登録する。万葉S2着ユーキャンスマイル(牡4)もドバイのこの2レースに登録する。

 ★有馬記念4着ミッキーロケット(栗・音無、牡6)は天皇賞・春と宝塚記念(6月23日、阪神、GI、芝2200メートル)が目標。始動戦は京都記念(2月10日、京都、GII、芝2200メートル)が視野に。

 ★菊花賞8着エポカドーロ(栗・藤原英、牡4)は中山記念(2月24日、中山、GII、芝1800メートル)で始動予定。引き続き戸崎騎手が手綱を取る。

 ★スプリンターズS2着ラブカンプー(栗・森田、牝4)、4着ダイメイプリンセス(同、牝6)はともにシルクロードS(27日、京都、GIII、芝1200メートル)→夕刊フジ賞オーシャンS(3月2日、中山、GIII、芝1200メートル)→高松宮記念(同24日、中京、GI、芝1200メートル)のローテーション。2頭はアルクオーツスプリント(同30日、UAEメイダン、GI、芝1200メートル)にも登録する。

 ★中山金杯を制したウインブライト(美・畠山、牡5)は中山記念で連覇を目指す。6着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は白富士S(26日、東京、OP、芝2000メートル)へ。16着ヤングマンパワー(美・手塚、牡7)は東京新聞杯(2月3日、東京、GIII、芝1600メートル)に進む。

 ★京都金杯3着ミエノサクシード(栗・高橋亮、牝6)はサンケイスポーツ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GII、芝1600メートル)が視野に。6着グァンチャーレ(栗・北出、牡7)は東京新聞杯へ。8着カツジ(栗・池添兼、牡4)は洛陽S(2月9日、京都、OP、芝1600メートル)、11着トゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡4)は六甲S(3月24日、阪神、OP、芝1600メートル)に向かう。

ワグネリアンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【日経新春杯】レース展望 2019年1月7日(月) 17:45

 3日間開催2日目となる13日の京都メインは、新年最初のGII、日経新春杯(芝2400メートル)。ハンデ戦だが、過去10年では1番人気は【3・4・1・2】と上々の成績で、2009年は49キロのテイエムプリキュア、12年は58.5キロのトゥザグローリーが優勝と、軽ハンデの馬から重い重量を背負った馬まで、幅広く活躍している。

 グローリーヴェイズ(美浦・尾関知人厩舎、牡4歳)は前走の菊花賞フィエールマンの5着。長い距離ならGIでも通用する力をアピールした。全6戦中3戦が京都で、未勝利とはいえ、菊花賞以外にもきさらぎ賞2着、京都新聞杯4着と善戦。仕上がりは上々で、ハイレベルな4歳世代という点も強調できる。ハンデ55キロも妥当なところで、ここも好勝負必至だ。

 メイショウテッコン(栗東・高橋義忠厩舎、牡4歳)は前走の菊花賞で14着に惨敗したが、京都芝2400メートルは昨年1月の梅花賞でエタリオウ(ダービー4着、菊花賞2着)を破っている。また、3走前には福島のラジオNIKKEI賞を勝ち、神戸新聞杯ではダービー馬ワグネリアンの3着と、世代トップレベルの実力がある。ハンデは56キロも想定内。適距離に戻って、鞍上も梅花賞で手綱を取った武豊騎手なら見直せる。

 ムイトオブリガード(栗東・角田晃一厩舎、牡5歳)は昨年、4勝を挙げるなど急成長。前走のアルゼンチン共和国杯でパフォーマプロミスの3/4馬身差の2着と重賞でも通用する力を示した。京都芝は2戦して2、4着だが、芝2400メートルは3戦3勝と得意中の得意。同じハンデ戦だった前回から1キロ増の56キロなら問題ない。先週、京都金杯をパクスアメリカーナで勝って幸先のいいスタートを切った川田将雅騎手との新コンビも魅力だ。

 ルックトゥワイス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)=55キロ=は重賞初挑戦だった2走前のアルゼンチン共和国杯で8着だったが、1着から0秒5差なら悪くなく、続くグレイトフルSを圧勝。同レースを勝って、日経新春杯へのローテーションは同厩舎で昨年の勝ち馬パフォーマプロミスと同じパターンだ。昨年のリーディングトレーナーの藤原英調教師が満を持して送り出す期待馬だけに軽視は禁物だろう。

 トップハンデ馬は57キロのガンコ(栗東・鈴木孝志厩舎、牡6歳)。昨年のこのレースは3着で、その2走後の日経賞で重賞初制覇。以降は精彩を欠いているが、今回は同馬で日経賞を含む3勝を挙げている藤岡佑介騎手が3戦ぶりに騎乗するので、復活があるかもしれない。

 ウインテンダネス(栗東・杉山晴紀厩舎、牡6歳)は2走前のアルゼンチン共和国杯(4着)と同じ56キロ。前走のジャパンCは究極の高速決着で10馬身近く離された8着に終わったが、GIIなら巻き返しがあっても不思議ではない。

 昨年2着に逃げ粘ったロードヴァンドール(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)=56キロ=は展開の鍵を握る点でも注目したい存在。昨秋は不振だったが、宝塚記念3着、目黒記念2着の実績があるノーブルマーズ(栗東・宮本博厩舎、牡6歳)=56キロ=も上位争いが可能だろう。

 ほかでは長期休養明け後、2400メートルの準オープンで2着、1着と堅実な走りを見せているシュペルミエール(美浦・木村哲也厩舎、牡6歳)=55キロ、芝2400メートル戦は2戦2勝のアフリカンゴールド(栗東・西園正都厩舎、牡4歳)=52キロ=なども出番がありそうだ。



日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】ゴールドドリーム、フェブラリーSへ 2019年1月5日() 05:00

 ★東京大賞典2着ゴールドドリーム(栗・平田、牡6)は、フェブラリーS(2月17日、東京、GI、ダ1600メートル)へ。僚馬で阪神C6着ケイアイノーテック(牡4)は、根岸S(27日、東京、GIII、ダ1400メートル)でダートに初挑戦。

 ★菊花賞2着エタリオウ(栗・友道、牡4)は、日経賞(3月23日、中山、GII、芝2500メートル)から天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)へ向かう予定。

ゴールドドリームの競走成績はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】ボウマン、シュヴァル昨年3着の雪辱! 2018年12月19日(水) 05:08

 待ちに待った来日だ。GI2勝目を狙うシュヴァルグランの鞍上を務めるのは、昨年のジャパンカップ優勝時のパートナーである豪州のボウマン騎手。前走のジャパンCでも手綱を取る予定だったが、マルメロ(2着)に騎乗した豪GIメルボルンCで騎乗停止処分を受け、不可能になった。グランプリが開催されるこの2日間のためだけに満を持して来日する。

 10月のコックスプレートで空前の29連勝を達成した自国の歴史的名牝ウィンクスの主戦として、今年も勝負強さを世界にアピール。締めくくりのターゲットに選んだニッポンのグランプリでは、「(他馬に)外から寄られて少し減速した」と直線の不利に唇をかんだ昨年(3着)の雪辱こそがメインテーマだ。

 今春は4月28日から短期免許で来日。【8・6・6・30】で連対率28%と堅実な成績を残した。GIはシュヴァルに騎乗して2着だった天皇賞・春をはじめ、13番人気エタリオウで4着だったダービー、10番人気ワーザーで2着の宝塚記念とさすがの見せ場を作ったが、あと一歩、勝利には手が届かなかった。

 「中山だとコーナリングが少しぎこちないけれど、最後はすごい脚を使ってくれるんだ」と、その長所も短所も知り尽くす相棒との’18大団円こそが本望。“ボウマン・サンタ”が、師走の日本をホットにする。

有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★「第63回有馬記念」特集!大型馬柱やユーザー参加企画など掲載

★8年連続で馬券圏内

 この秋のJRAのGIは、外国人騎手が10週連続GI勝利と大活躍。有馬記念も外国人騎手抜きには語れず、これまで勝ったのは、オリビエ・ペリエ(2002年、03年シンボリクリスエス、04年ゼンノロブロイ)、クリストフ・ルメール(05年ハーツクライ、16年サトノダイヤモンド)、ミルコ・デムーロ(10年ヴィクトワールピサ)の3人で通算6勝を挙げている。

 そして外国人騎手は10年から8年連続で馬券圏内に入っている。とくに10年は1着M・デムーロ(ヴィクトワールピサ)、2着スミヨン(ブエナビスタ)、3着ウィリアムズ(トゥザグローリー)と上位を独占している。

 今年はレース史上最多の6人が騎乗。掲示板(5着以内)独占の可能性もある。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エタリオウの関連コラム

閲覧 754ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は史上初めて、JRAの競馬場でJBCが開催されます。表記上はJpn Iながら、実質的なG1が3レース。京都競馬場はお祭り騒ぎでしょう。そのなかで、メインを張るのはJBCクラシック。このダート中距離路線の王者を決める一戦を、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポプロに予想してもらいます。前回登場時に菊花賞を◎フィエールマン、▲エタリオウというほぼ完璧な予想で的中させた相馬のスペシャリストが下した結論がこちらです。

本命は⑭オメガパフューム「前走は古馬相手に完勝。初めて馬群で競馬ができたのも収穫で、ここも力を出せる。前に行きたい馬が多く、展開利も見込める」とこの馬の潜在能力を高く評価しました。対抗は「スンナリ運べればしぶといタイプで、もまれないポジションを取れれば面白い」サンライズソア。単穴は⑨ノンコノユメ。印を回すのはここまでとし、馬券は単勝⑭、馬連流し⑭→④⑨で勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月27日() 12:00 ウマニティ編集長
【プロ予想MAX】天皇賞(秋) 府中の二千、東京古馬重賞、東京G1 すべてを得意とする予想家に渾身の◎!
閲覧 2,010ビュー コメント 0 ナイス 8

とうとうやっちまいました……。先週の菊花賞。当欄で印を打ったプロ予想家は、なんと全滅。私の「予想家の予想」はまったくかすりもしませんでした。1着が7番人気のフィエールマン。2番人気のエタリオウを2着に挟み、3着が10番人気のユーキャンスマイル。確かに難しかったです。でも、しっかり的中させているプロ予想家はいます。要は私の分析、読みが甘かったということでしょう。その前の2週はバッチリだったので、まさに山あり谷あり。今週の天皇賞(秋)は高い山の頂上に行けるような結論を導けるように頑張ります。
※データ集計期間は2015年1月4日~2018年10月21日(前週)まで

【東京芝2000m】
府中の二千は外枠不利の傾向が顕著に出やすい特殊コースと認識されています。馬や騎手のみならず、予想に関しても巧拙が出るのでは? そんな観点でデータを取ってみました。結果を見て「おお!」と思わず声を上げることに。このコースを得意にしているプロ予想家、めちゃくちゃいます。プラス収支計上は12人。しかも、軒並み的中率も高い。ここでは、ややマイナスながらも的中率がズバ抜けているくりーくさんを含め、回収率100%超えの予想家の成績を紹介しますね。


【全場芝2000m】
続いては全場トータルの芝2000mの成績を見ていきます。東京だけでなく、芝のこの距離自体に強い予想家を探るためです。この条件ではなかなか興味深い結果が出ました。回収率100%超えは6人にとどまっているものの、回収率が99%台後半かつ的中率が非常に高い予想家がうじゃうじゃいるのです(笑)。いつ100%超えを達成してもおかしくない面々も加え、この条件で好成績を収めている予想家をピックアップしましょう。


【東京古馬重賞】
全10場のなかでもとりわけ重賞の施行回数が多い東京。それも出走馬の過去実績が豊富にある古馬戦に限定した成績もチェックしていきましょう。この条件も巧者揃いで、回収率が100%を超えているのは12人。KOMプロ、奥野憲一プロ、マカロニスタンダーズプロ、豚ミンCプロ、河内一秀プロ、スガダイプロの7人が、3項目連続で登場することに。その適性の高さが際立っていますね~。


【東京G1】
そして最後に控えしは東京のG1。古馬重賞同様、最も多くのG1が行われる舞台ですので、得手不得手はハッキリと出ます。こちらもプラス収支の予想家を一挙公開。あの人と、あの人と、あの人と、あの人は、ここにも名を連ねていますねぇ(笑)。超ハイレベルで甲乙つけがたい。これは相当期待できそうです。


【結論】
「適性がある」どころか「大得意」と言える予想家ばかりで、印の強弱を付けるのが非常に難しい。上位数名に◎を打ちたい……。しかし、そうも言っていられないので、直感をもとに序列をつけました。◎は河内プロです。言わずと知れた東京重賞のスペシャリストで、毎日王冠のときにはしっかり◎の期待に応えてくれました。得意舞台でのもう一丁を狙います。河内プロ、頼みます! ○以下は、悩みに悩んで下記のように決定。今回は大丈夫そうな気がするなぁ(笑)。

河内一秀
スガダイ
マカロニスタンダーズ
奥野憲一
豚ミンC
ろいす
おかべ
KOM


天皇賞(秋)の発走時刻は28日(日)の15時40分です。いったいどんな結末を迎えるのか? 楽しみに待ちましょう!

(ウマニティ編集長・岡田大)


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!

プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。



【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価

2.コメントで予想根拠を提示※1

3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想

3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!





「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!

プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。

まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。

>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年10月27日() 11:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018天皇賞(秋)~
閲覧 1,256ビュー コメント 0 ナイス 8



 先週の菊花賞は、これまでの高速馬場の菊花賞の常識を覆し、出遅れたエタリオウが、楽に位置取りを挽回できるほどのウルトラスローペース。芝3000m戦でありながら、最後の直線までレースが動きませんでした。これによりジェネラーレウーノ&田辺騎手は、同馬主のエタリオウのラビットだったという説が浮上。テンが遅い逃げ馬アイトーンに行かせる選択を排除して、自ら主導権を握り、4コーナーでエタリオウが上がってくるのを待ってから仕掛けたのだから、そう思われてもしかたがないでしょう。私自身もラビットだったと思っています。

 確かにジェネラーレウーノは、菊花賞では逃げ宣言をしていました。しかし、同じく逃げ宣言をしたセントライト記念では、好スタートからタニノフランケルにハナを譲って完勝したあたりから、私はアイトーンに早くハナを奪わせて、楽に2番手につけるための作戦(宣言)だと判断。田辺騎手はこれまでもラビット役の前科があることは理解していましたが、この一戦においてはそう判断しました。基本的に騎手も陣営も成功した騎乗パターンは、失敗するまで変えようとしないからです。

 こういった陣営の思惑を読み切るのが競馬予想の醍醐味というファンの意見もあります。しかし、欧州のように大馬主や共同馬主が激増する近年。公正競馬を謳うのであれば、日本も公式でラビット制度を導入したほうがいいでしょう。ただし、その場合は、馬券がカップリング(一馬主セットで1頭扱い)で売られることになります。

 サンデーレーシングのフィエールマンタイムフライヤーグロンディオーズコズミックフォースの4頭で1頭セット。Gリビエール・レーシングのエタリオウジェネラーレウーノの2頭で1頭セット。シルクレーシングのブラストワンピースグローリーヴェイズの2頭で1頭セット。1番人気の4頭セットと2番人気の2頭セットで決まった場合、馬連配当は何倍か? 3連単で3着ユーキャンスマイルが単独だったとしても、相当、配当が安いはず。うーん......こうなるともう馬券を買いたくなくなってしまいますね(゜_゜)

 さて、菊花賞の振り返りが長くなってしまいましたが、今週の天皇賞(秋)出走馬が経由したレースレベル、どのレースがレベルが高かったのか確認していきましょう。菊花賞では、前走条件戦組の指数がやや低いことをお伝えしましたが、実際にやや苦戦しました。今回はどのような勢力図が浮かび上がってくるでしょうか。また、ここ1年くらい日本馬は海外で敗戦の連続ですが、さて注目の海外G1のレベルはどれくらいでしょうか?

[もっと見る]

2018年10月26日(金) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(10/20~10/21)覆面ドクター・英プロが日曜83万オーバーなど披露で収支トップ!
閲覧 599ビュー コメント 0 ナイス 2



先週は、21(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1菊花賞は、単勝3.4倍の1番人気にブラストワンピース、同3.6倍の2番人気エタリオウ、同5.5倍の3番人気エポカドーロと混戦模様のオッズを形成し、以下は少し差が開いて4番人気ジェネラーレウーノ、5番人気メイショウテッコンの上位人気となってスタートの時を迎えます。好スタートを切ったのはジェネラーレウーノで、あっさりと1馬身ほどの差をつけてハナへ。控える形になった最内アイトーンに、エポカドーロカフジバンガードアフリカンゴールドコズミックフォースあたりが外から競りかけ2番手グループ4~5頭の態勢で1週目の3~4コーナーを通過していきます。すんなりと先手争いを制したジェネラーレウーノが、リードを保ったまま前半1000mを62.7秒(推定)で通過。詰めかけた5万5000人の観衆を前に、17頭を従えて1コーナーへと向かいます。1番人気ブラストワンピース、2番人気エタリオウはいずれも中団~後方集団。その他の人気馬は、ジェネラーレウーノを筆頭に各馬先行策で向こう正面を通過し、2週目へ突入していきます。依然、ペースの上がらない一団馬群は、ジェネラーレウーノを先頭に、カフジバンガードエポカドーロコズミックフォースアフリカンゴールドメイショウテッコンフィエールマンアイトーンエタリオウユーキャンスマイルブラストワンピースグロンディオーズタイムフライヤーグローリーヴェイズステイフーリッシュシャルドネゴールドグレイルオウケンムーンの隊列で、3コーナーを迎えます。早めの進出を開始するフィエールマンに、連れるようにしてアフリカンゴールド。さらに後方外からはエタリオウブラストワンピースと外に広がって徐々にポジションを上げにかかると、先頭のジェネラーレウーノのリードはほとんどなくなって直線へ。
各馬外に広がったなかから、最内エポカドーロ、中ほどを通ってエタリオウが内外分かれて一歩抜け出す構え。ここに、2頭の間を突くようにフィエールマンユーキャンスマイルと脚を伸ばし、エタリオウの外からはタイムフライヤーブラストワンピースらも迫ります。最内のエポカドーロタイムフライヤーは脚が鈍り徐々に後退。グイグイとエタリオウを内から追うフィエールマンに、鞍上武豊騎手の左鞭に応えて2頭を追うユーキャンスマイル。これら3頭からは、若干離されてブラストワンピースといった態勢で残り100mを通過。内で一旦先頭に立ったフィエールマンを、再び差し替えそうかという勢いで盛り返すエタリオウ。2頭による激戦に持ち込まれましたが、軍配は内のフィエールマンに上がり、G1初制覇。史上最少となるキャリア4戦での菊花賞Vを飾っています。ハナ差2着エタリオウから1馬身1/2差の3着には10番人気ユーキャンスマイルが入り、1番人気ブラストワンピースはそこから3/4馬身差の4着に敗れています。
公認プロ予想家では、夢月プロサラマッポプロdream1002プロサウスプロら計4名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
21(日)の京都5Rで計9万5,540円払戻しを披露すると、東京8Rでは3連単1036倍×800円分を含む計83万320円払戻しのビッグヒットを達成!さらに、勝負レース指定の東京9Rでもダメ押しとなる10万380円の払戻をマークしました。週間トータルでは、回収率169%、収支は断トツトップの50万2,860円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
新潟2Rでの的中で好スタートを切った21(日)。メインのG1菊花を、◎フィエールマン-▲エタリオウで仕留めると、東京12Rの◎バレッティ的中で締め括り、この日大幅プラスを達成。週間トータルでは、回収率156%の好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
20(土)を、新潟7Rキョウエイオビエド(単勝84.8倍)、勝負レース東京7R▲○◎、同新潟10Rプリンスオブペスカ(単勝1点1万円勝負)、東京10Rクレマンダルザス(単勝112.6倍)と、自在の予想を展開しプラス収支を達成。21(日)にも新潟9Rの◎ハーツブライト的中などで活躍を披露した先週は、土日2日間計117%の好成績を収め2週連続週末プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
20(土)新潟9Rでの◎キーフラッシュ(単勝18.8倍)の単勝1点1万円勝負的中で、18万オーバーのスマッシュヒットを披露。他にも先週は、同京都8Rの◎プティットクルール(単勝21.8倍)的中や、同東京9R、21(日)東京8R、同京都10Rなどで好調予想を連発。週間トータルでは、回収率119%を達成しています。
 
 
 
この他にも、ジョアプロ(127%←2週連続週末プラス)、西野圭吾プロ(110%←2週連続週末プラス)、きいいろプロ(108%←3週連続週末プラス)、スガダイプロ(102%)、くりーくプロ(101%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(100%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週は新潟11Rで22万8,540円のスマッシュヒット披露の金子京介プロ(226%)や奥野憲一プロ(113%)ら、JRDBから期間限定参戦中の予想家たちも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年10月24日(水) 17:30 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』Vol.55・G1天皇賞(秋)2018 ――今週も騎手か!?それとも馬の実績?勢い?はたまた......
閲覧 2,697ビュー コメント 0 ナイス 14



前回の~菊花賞編~では、1番人気4着に敗れたブラストワンピースへの「菊花賞向きかどうかと問われれば菊花賞向きではない」(岡村信将プロ)、「コーナーで外を回ってくるのはさすがに厳しい」(豚ミンCプロ)などの声を掲載。また、惜しくも涙を飲んだ2着エタリオウに対しての「上位人気に推されることも考えると、不安な面もある。戦績通り、なかなか勝ち切るのは難しいのでは」(スガダイプロ)といった見解が聞かれた当コラム。プロ予想家コメントに散りばめられた的中へのキーワードなどを今週末の予想にぜひご活用下さい。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、10/28(日)G1天皇賞(秋)
今回は、ウマニティ公認プロ予想家のスガダイ河内一秀サラマッポ岡村信将豚ミンCの5人にアノ注目馬3頭の見解を直撃!
※見解は全て10/22(月)時点のものです。


●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近11年中9年で年間プラス達成!今年も9/23終了時点で年回収率102%とプラス継続中)。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。
豚ミンCプロ・・・2017年12月よりスタートした『プロテスト』で優勝を果たし、18年3月にプロデビュー。レースリプレイ分析を基本とし、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで活躍中。


●各馬へのコメント
スワーヴリチャード
 サラマッポ 右手前で走る頻度が高く、右手前が得意な印象です。そのため、直線で右手前を使える左回りが合っていますね。大阪杯では不得意な右回りにもかかわらずG1勝ち。古馬になり力をつけており、左回り・中距離では現役No.1と言って良さそうです。気性的に休み明けも問題ないですから、ここは中心視したいですね。
 岡村信将 瞬発力にしても、持久力にしても、ダービーまでは一流には少し足りない、器用貧乏といったイメージの馬でした。ところが3歳秋のアルゼンチン共和国杯以降、全項目がワンランクずつアップ。これってもしかすると……騎手の差なのかも?(笑) ともかく、自分から動ける脚、ペース耐性、瞬発力、どれを取っても高いレベルで安定した馬になってきました。速い上がりの勝負にも対応できるのは、このレースでは大きな強みでしょう。
 豚ミンC 前走の安田記念は3着に終わりましたが、初のマイルであの速い時計の決着を考えれば立派な内容だったと思います。走り慣れた距離に戻る今回は期待したいところで、不安点を挙げるとしたら体調面のみ。よほどの不調などでない限り、まず上位とみていますよ。
 河内一秀 それ以前の金鯱賞大阪杯もハイレベルな指数での快勝。一気に古馬中距離路線の大将格へと登りつめたと言っていい存在だね。前走の安田記念は距離不足が懸念される中で、思いのほか軽快に先行する競馬を見せていたね。ゴール前でアエロリットとの競り合いに負け、モズアスコットに並ぶ間もなく差し切られたのは、やっぱり距離適性の差だと思うよ。指数的には勝ちに等しい数字を記録しているしね。
 スガダイ この馬の安田記念はいろいろな意味で驚かされた。まずはやっぱり後方からの競馬になると思っていたんだけど、マイルの速い流れでも楽に好位から、しかも抑えきれないくらいの手応えで運んでいたのにはビックリした。4コーナーを回ったあたりでは、楽勝しそうな感じにも見えたんだけど......。最後は脚があがって完全に止まってしまったのにも驚いたね。流れに乗った競馬が出来れば勝っちゃうだろうと思っていたから。もう少しやれる馬だと思っていたけどねえ。確かに、河内さんの指数評価にも表れている通りモズアスコットアエロリットが強かったってこともあるんだけどね。そして今回。これが1番人気になりそうな感じでしょ? だったらあまり積極的には買いたくないなあ。やっぱり人気を考えれば前走が内容的に物足りないし、大阪杯ではマクる競馬をして、前走でマイルを使ってしまった。折り合いをつけるのはかなり難しいんじゃないか。今回は十中八九スローになるメンバーだと思うし、仮に外枠でも引いちゃうと、引っ掛かって大変なことになりそうな予感がする。これまでは安定した成績だけど、今回に関しては自滅するリスクも結構あるんじゃないかな。


レイデオロ
 豚ミンC 前走は海外帰りの初戦でどうなるのか「???」でしたが、アルアインがかなり恵まれた展開の中での差し切りV。力があることは示したレースでした。こちらも体調がまともなら不安な要素は特になく、順調ならほぼ上位にくると思っていますよ。ただ、・・・
 スガダイ 1週前、だよね。・・・まあ、それはさておき、まずは前走から。オールカマーは秋緒戦としては完璧なレースだったと言っていいんじゃないかな。レースのレベル的には高くはないんだけど、課題の折り合いもクリア出来たし、最後までシッカリ脚を使えていたから。正直、いくら展開が向かなかったとはいえドバイの内容は物足りなく感じていたんだけど、今から思えば相手も強かったな。超楽逃げだった勝ち馬はまあいいとして、2着のポエッツワードはキングジョージを勝ったし、3着のクロスオブスターズは今年も凱旋門賞で好走した。5着のベストソリューションでもドイツでG1を連勝して、先週はオーストラリアのG1コーフィールドCも勝っちゃったわけだから。あのメンバーを相手に、展開が向かない中で4着っていうのは立派な内容だったと言ってもいいんじゃないかな。今の日本馬に、海外でこのくらいのレベルの馬たちと互角に戦える馬が他にどれだけいるかな? 今回のメンバーでは能力的に一枚上の存在なんじゃないかな。というわけで、「鞍上も絶好調のルメールだし、素直にレイデオロ中心でOK」って言おうと思っていたんだけどねえ。冒頭の“先週の追い切りでのアクシデント”がねえ。翌日から乗られているようだし、それほど心配する必要はないのかもしれないけど......。
 岡村信将 この馬に関しては能力的なことはともかく、適性的には過去20年でもっともダービー馬らしくないダービー馬だと考えています。マカヒキワグネリアンも含め、歴代ダービー馬のほとんどは瞬発力や上がりの速さを武器としているのですが、そういった面で比較するとレイデオロは異質です。瞬発力や上がりの速さは天皇賞(秋)でも重要な部分なので、適性面からは少し割り引きたいと考えています。
 河内一秀 ダービー優勝にジャパンC2着と表向きの実績は十分なんだけどね......

[もっと見る]

2018年10月21日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/菊花賞 G1(サラマッポプロ)
閲覧 1,141ビュー コメント 0 ナイス 6

3歳クラシック最後の1冠・菊花賞。本日予想を担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポプロです。全馬初経験となる距離のレースだけに、馬体と走法から競走馬の適性を的確に見抜くことのできる“神の相馬眼”を持つ男の力を借りたいところ。その狙い目をしっかりチェックしましょう。
「今年は確たる中心馬が不在で、どの馬も勝ちに行く競馬をしそう。例年より流れが厳しくなりそうで、かなりのスタミナが求められる」と見立てたサラマッポプロが本命を打ったのは⑫フィエールマン「胸が深い馬体でスタミナ豊富。気性的にものんびりしたタイプで、距離延長はプラスに働くはず。スタートが遅く、後ろからの競馬になりそうだが、今回は流れも向くと判断する」と推奨根拠を挙げてくれました。対抗は③ブラストワンピース、単穴は⑨エタリオウ、以下②、⑭まで押さえ、馬券は単複⑫、馬連流し⑫→②③⑨⑭で勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

エタリオウの口コミ


口コミ一覧

AJCC回顧(ハズレ)

 コパン 2019年1月20日() 21:11

閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 3

■予想
◎4フィエールマン
○1ジェネラーレウーノ
△5ダンビュライト  7ステイインシアトル
消し11サクラアンプルール 10メートルダール 8シャケトラ
■買目 馬連
 4フィエールマン==1ジェネラーレウーノ
 4フィエールマンー5ダンビュライト、7ステイインシアトル
G1馬で鞍上ルメールはやはり強いだろうということで4フィエールマンを本命としました。
対抗は中山に強い1ジェネラーレウーノ。前走の菊花賞はエタリオウのラビット説もあったのでここは勝ちに来るかなと。
後方組の11サクラアンプルールと10メートルダールは消し。先行馬の7ステイインシアトルと8シャケトラは迷って8シャケトラが昨年1回も走っていないのを知り消し。5ダンビュライトは4フィエールマンと同じ馬主で潰れ役かなとも思いながらもヒモに入れました。

■結果 
8シャケトラ−4フィエールマンでハズレ
最後に8シャケトラが出てきた時は「あ〜やっちまった」と後悔でした。
せっかく軸馬は2着に入ったのに・・・
1ジェネラーレウーノは前回と同じ負け方。先行馬があんなにペース落としたら瞬発力勝負で負けるのは自明なのになんでなんでしょう?

今回は1ジェネラーレウーノを信じすぎて4枚も勝ってしまったのが敗因でしたか。
4三1 4−5,7,8と買うか、当たっても対してもらえない5ダンビュライトを消して4==1 4−7、8という買い方をしていれば。。。
1番人気のオッズが低く点数を減らしたのが敗因でした。欲張るとダメですね。

ただ、勝った時の石橋ジョッキーのガッツポーズは見てて気持ちよかったですが。

 辻四蔵 2019年1月20日() 16:38
AJC杯 フィエールマン二着
閲覧 28ビュー コメント 1 ナイス 4

シャケトラが勝ちました、三着にメートルダール。

ジェネラーレウーノは4着

この馬のメンバーレベルで勝てないようなら、重賞どころかGⅠもすら勝てない。

これなら
大阪杯は
ブラストワンピース
ワグネリアン
キセキ
中心かも知れませんね。

フィエールマンは?

だいたい当日主戦乗れなきゃね~出走するのも無意味じゃないか?
このメンバーで勝てないならブラストワンピースやワグネリアンになんか勝てる訳ない!絶対にだ!

こんな古馬のクソメンツにやられてるようじゃ

これだと
本当に菊花賞はクソレベルなレースと語られますね。

だいたい騎手の思いっきりや積極的な騎乗も出来ない他の若手、ベテラン達の情けない騎乗が一番の問題だったのは事実。

はっきり言えば
ブラストワンピースは勿論でしたけど

ジェネラーレウーノとエポカドーロは積極的に動かなかったのが敗因です、ジェネラーレウーノは二度の坂越えたら一気に差を広げる事できなかった?

エポカドーロは3~4角で一気にロンスパかけたら勝ち負けなったと思うよ~

全盛期の岩田なら多分この騎乗を選択するであろう。

もし少しでの抵抗を見せていたら着順も入れ替わってたのにね、多分フィエールマンも勝てなかったかもね、エタリオウの勝ちですよ。

もし
ワグネリアンが菊花賞に出走してたら余裕で勝ってたかもよ

ノーステッキ ムチいれず ちょっと追っただけ

その程度で(笑)

他を子供扱い!


本人も
アーモンドアイ
レイデオロ
いれば問題ないでしょうってね。

[もっと見る]

 馬連の貴公子 2019年1月19日() 17:36
AJCC〈G2〉馬連予想の結論
閲覧 195ビュー コメント 0 ナイス 7

◎④フィエールマン
↓(C.ルメール)
○①ジェネラーレウーノ
▲⑤ダンビュライト
△⑨ショウナンバッハ
△⑩メートルダール

*本命軸馬はフィエールマン。昨年の菊花賞では異例のローテーションながらエタリオウとのマッチレースを制してG1馬に。続けて使えないのか休み休みの馬でノーザンファームの使い分けもあり1戦1戦が必勝の馬。菊花賞同様ルメール騎乗で最終追い切りの動きも秀逸なら迷わず◎
もし◎が負けるとしたら中山得意で前につけれる○ジェネラーレウーノか。田辺騎手が強気で乗れるかどうかだがコメントを聞くと微妙なとこもあり馬連①ー④が2倍中盤から3倍で推移しているので大きく勝つには1点買いしかないが田辺騎手を信用しきれないので来たらトントンからちょいプラ買いにして願わくは他の印をつけた馬の頑張りに期待!
ダンビュライトはゲート出てスムーズなら2頭と差はないとみての▲
△ショウナンバッハは調教でコース追いをしだしてからレースっぷりが変わってきており、ステイゴールド産駒で年齢は気にしなくて良いハズで末脚ハマれば最後突っ込んできても!
もう1頭の△はマーフィー騎手騎乗のメートルダール。マーフィー騎手の騎乗を見ているとかなり強気なレースっぷりで今の中山に合った乗り方に思えるので面白そう!
サクラアンプルールも内枠に入れば相手に考えてましたが、、

[もっと見る]

⇒もっと見る

エタリオウの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エタリオウの写真

エタリオウの厩舎情報 VIP

2018年10月21日菊花賞 G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エタリオウの取材メモ VIP

2018年10月21日 菊花賞 G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。