ウインテンダネス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ウインテンダネス
ウインテンダネス
ウインテンダネス
ウインテンダネス
ウインテンダネス
ウインテンダネス
ウインテンダネス
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2013年3月7日生
調教師杉山晴紀(栗東)
馬主株式会社 ウイン
生産者アサヒ牧場
生産地新冠町
戦績39戦[6-3-2-28]
総賞金14,898万円
収得賞金5,300万円
英字表記Win Tenderness
血統 カンパニー
血統 ][ 産駒 ]
ミラクルアドマイヤ
ブリリアントベリー
モエレメルシー
血統 ][ 産駒 ]
マジックマイルズ
ブライトサンディー
兄弟 サウスゴビオーラロード
前走 2020/02/22 ダイヤモンドS G3
次走予定

ウインテンダネスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 1612147.01410** 牡7 56.0 内田博幸杉山晴紀512(-2)3.34.0 2.840.0⑥⑦⑥⑬ミライヘノツバサ
19/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1523244.41512** 牡6 57.0 田辺裕信杉山晴紀514(-2)2.28.9 3.039.5スワーヴリチャード
19/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1381373.31210** 牡6 56.0 内田博幸杉山晴紀516(+8)2.32.3 0.834.6④⑤ムイトオブリガード
19/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 17817345.617** 牡6 56.0 菱田裕二杉山晴紀508(-2)-- ----ドレッドノータス
19/07/07 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1671315.899** 牡6 56.0 柴田大知杉山晴紀510(+4)2.00.8 1.237.6⑫⑫⑪⑬ミッキースワロー
19/05/26 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 131121.386** 牡6 56.0 内田博幸杉山晴紀506(-6)2.28.9 0.735.4⑩⑨⑧⑦ルックトゥワイス
19/01/13 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 164817.6711** 牡6 56.0 内田博幸杉山晴紀512(+6)2.28.5 2.338.9⑪⑨⑧⑮グローリーヴェイズ
18/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1481489.3108** 牡5 57.0 内田博幸杉山晴紀506(+2)2.22.3 1.735.3⑤⑥⑥⑥アーモンドアイ
18/11/04 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 127108.244** 牡5 56.0 松岡正海杉山晴紀504(0)2.34.0 0.333.6パフォーマプロミス
18/10/08 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1181114.256** 牡5 57.0 菱田裕二杉山晴紀504(+2)2.26.4 1.036.1サトノダイヤモンド
18/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 162317.791** 牡5 54.0 内田博幸杉山晴紀502(0)2.29.7 -0.134.1⑤⑦⑥⑤ノーブルマーズ
18/05/12 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 134415.141** 牡5 54.0 内田博幸杉山晴紀502(0)2.22.9 -0.334.7ルックトゥワイス
18/04/21 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 125518.666** 牡5 57.0 内田博幸杉山晴紀502(0)1.59.0 0.233.4⑦⑦⑦グリュイエール
18/03/18 中京 11 小牧特別 1000万下 芝2000 101121.981** 牡5 57.0 松若風馬杉山晴紀502(0)2.01.3 -0.034.9⑨⑨⑨⑧マテンロウゴースト
18/02/03 東京 10 箱根特別 1000万下 芝2400 163529.6810** 牡5 55.0 菱田裕二杉山晴紀502(+2)2.27.9 0.935.5⑭⑮⑬⑮コルコバード
17/12/10 中京 11 名古屋日刊S 1000万下 芝2000 137119.646** 牡4 57.0 菱田裕二杉山晴紀500(0)2.02.0 0.335.0⑬⑬グラットシエル
17/11/19 東京 12 3歳以上1000万下 芝2000 13564.539** 牡4 57.0 柴田大知杉山晴紀500(0)2.04.1 0.733.2⑨⑫⑨カレンラストショー
17/10/22 新潟 10 浦佐特別 500万下 芝2000 10894.621** 牡4 57.0 菱田裕二杉山晴紀500(+8)2.01.8 -0.134.1⑧⑥ジュニエーブル
17/09/18 阪神 9 甲武特別 500万下 芝2400 10787.155** 牡4 57.0 菱田裕二杉山晴紀492(-6)2.29.1 0.434.3⑧⑧⑨⑨チェスナットコート
17/05/28 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 163613.575** 牡4 57.0 松岡正海杉山晴紀498(0)2.24.8 1.035.0⑨⑨⑦⑧ルックトゥワイス

⇒もっと見る


ウインテンダネスの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、ダイヤモンドSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
7歳以上、かつ前走5着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

ウインテンダネス
リッジマン
ステイブラビッシモ
サトノティターン
ミライヘノツバサ

前走G3戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アドマイヤジャスタ
ダノンキングダム

前走の馬体重が530キロを超えていた馬の連対例はなし(2009年以降)

レノヴァール
サトノティターン

【人気】
7番人気以下、かつ栗東所属馬の連対例は皆無(2009年以降)
※10時30分現在の7番人気以下、かつ栗東所属馬

ウインテンダネス
ポポカテペトル
リッジマン
アドマイヤジャスタ
ダノンキングダム
ヴァントシルム

【脚質】
前走(国内のレースに限る)の4角通過順が1番手だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ロサグラウカ

【枠順】
馬番枠11番の連対例は皆無(東京競馬場リニューアルの2004年以降)

タイセイトレイル

3000m以上のレースで勝利経験のある馬を除くと、6枠の連対はゼロ(2000年以降)

タイセイトレイル
ダノンキングダム


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
オセアグレイト
タガノディアマンテ
メイショウテンゲン
バレリオ



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】ダイヤモンドS2020 上位人気安定!トニービン内包馬の好走多し! 2020年2月22日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、ダイヤモンドSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
万葉Sや有馬記念、1月のG2を使った馬が活躍(2008年以降)

レノヴァール
タガノディアマンテ
タイセイトレイル

3勝クラス(旧1600万下)の長距離戦で好走したばかり馬が侮れない(2008年以降)

ロサグラウカ
バレリオ

過去の好走馬のリピートが目立つ(2008年以降)

リッジマン

【人気】
2008年以降、1、2番人気がともに連対を外したことはない
※9時30分現在の1~2番人気

オセアグレイト
タガノディアマンテ

6番人気以下が健闘(2008年以降)
※9時30分現在の6番人気以下

ウインテンダネス
ポポカテペトル
ロサグラウカ
リッジマン
アドマイヤジャスタ
ステイブラビッシモ
サトノティターン
ダノンキングダム
ヴァントシルム
バレリオ
ミライヘノツバサ

【脚質】
2008年以降、上がり3F2位以内の馬が好パフォーマンス

オセアグレイト
レノヴァール
タガノディアマンテ
タイセイトレイル
ヴァントシルム
メイショウテンゲン

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
5、7、8枠がやや優勢(2008年以降)

ステイブラビッシモ
サトノティターン
ヴァントシルム
メイショウテンゲン
バレリオ
ミライヘノツバサ

【血統】
2013年以降の3着以内の多くがサンデーサイレンス内包馬

オセアグレイト
ウインテンダネス
ポポカテペトル
ロサグラウカ
レノヴァール
タガノディアマンテ
アドマイヤジャスタ
ステイブラビッシモ
タイセイトレイル
ダノンキングダム
ヴァントシルム
メイショウテンゲン
バレリオ
ミライヘノツバサ

ハーツクライ産駒が毎年のように上位進出(産駒初出走以降)

レノヴァール
タイセイトレイル

母父ノーザンダンサー系の好走が目立つ(近年の傾向)

ロサグラウカ
リッジマン
アドマイヤジャスタ
サトノティターン
ダノンキングダム
メイショウテンゲン
バレリオ

トニービン内包馬が活躍(近年の傾向)

ウインテンダネス
ロサグラウカ
レノヴァール
タガノディアマンテ
アドマイヤジャスタ
タイセイトレイル
ヴァントシルム


【5項目以上該当馬】
ロサグラウカ(5項目)
レノヴァール(5項目)
タガノディアマンテ(5項目)
タイセイトレイル(5項目)
ヴァントシルム(5項目)
バレリオ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】ダイヤモンドS2020 連複の軸はU指数4位以内から!高指数の牡・せん馬に期待! 2020年2月21日(金) 15:00

ダイヤモンドSの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
低指数馬の一発はたまにあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数4位以内の馬が最低1頭は2着連対圏を確保している。

指数4位以内

ポポカテペトル
リッジマン
タガノディアマンテ
サトノティターン

<ポイント②>
軸馬の絞り込みで頼れるのは高指数の牡・せん馬。なかでも指数3位以内かつ指数98.0以上の期待度が高い。

指数3位以内かつ指数98.0以上

タガノディアマンテ

<ポイント③>
指数9位以下で馬券に絡んだ馬は、いずれも父サンデーサイレンス系。父サンデーサイレンス系以外の低指数馬は評価を下げたほうがいいだろう。

指数9位以下の父非サンデーサイレンス系

ウインテンダネス
ロサグラウカ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ダイヤモンド】レース展望 2020年2月17日(月) 18:09

 東京ではGI前日の土曜メインにダイヤモンドS(GIII、芝3400メートル)が行われる。ハンデ戦だけに天皇賞・春にはなかなか結びつかないが、馬券の妙味はたっぷりあるレースだ。

 今年の注目は4歳勢。タガノディアマンテ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)は前走のオープン・万葉S(芝3000メートル)を3馬身半差で快勝し、高い長距離適性をアピールした。東京では未勝利戦を勝っており、左回りも克服済み。ハンデは同じハンデ戦だった前走(53キロ)より2キロ重い55キロだが、十分許容範囲だ。

 オセアグレイト(美浦・菊川正達厩舎、牡)は今年初戦の迎春S(3勝クラス)を快勝してオープン入り。東京芝は【2・1・1・0】と安定しており、福島の信夫山特別(芝2600メートル)を楽勝するなどスタミナも豊富。54キロのハンデも魅力だ。

 メイショウテンゲン(栗東・池添兼雄厩舎、牡)は昨年の弥生賞の覇者。前走のステイヤーズSでは不利を受けながら0秒4差4着と、スタミナも持ち合わせており、得意の道悪になればさらにチャンスは広がる。ハンデ55キロもやや恵まれた印象だ。

 5歳以上では昨年、アルゼンチン共和国杯2着のタイセイトレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)が有力。前走の日経新春杯でも0秒5差4着に食い下がっており、重賞でも位負けはない。ハンデは前走同様の55キロ。

 トップハンデは57キロで2頭。まずリッジマン(栗東・庄野靖志厩舎、牡7歳)は近走こそさえないが、一昨年にはこのレースで2着に食い込み、暮れのステイヤーズSで優勝している。長距離路線での実績はメンバー中でも最右翼だ。

 もう1頭のサトノティターン(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)はダート路線を歩んできた馬で、マーチS勝ちの実績がある。また、東京ダート2100メートルでは2走前のリステッド・ブラジルCを含めて4勝をマークとスタミナ十分。芝のレースは一昨年夏のマレーシアC(4着)以来2度目だが、当時よりも成長しているだけにマークしたい存在だ。

 一昨年の目黒記念を勝っているウインテンダネス(栗東・杉山晴紀厩舎、牡7歳)=56キロ、菊花賞3着の実績があるポポカテペトル(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)=55キロ、ホープフルSで2着と力を見せているアドマイヤジャスタ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)=54キロ=といった馬たちも近況不振ながら侮れない。

 バレリオ(美浦・相沢郁厩舎、牡5歳)=54キロ、ロサグラウカ(美浦・尾関知人厩舎、牝5歳)=52キロ=も3勝クラスを勝っての挑戦で勢いがあり、伏兵としてマークが必要だろう。

ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンドステークス】特別登録馬 2020年2月16日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキースワロー、天皇賞・春を目指す 2020年1月30日(木) 05:03

 ★シルクロードSに登録しているヴェロックス(栗・中内田、牡4)は同レースを自重。始動戦は小倉大賞典(2月23日、小倉、GIII、芝1800メートル)、京都記念(同16日、京都、GII、芝2200メートル)、中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)の3択。ブラックムーン(栗・西浦、牡8)も自重して洛陽S(2月15日、京都、L、芝1600メートル)に向かう。

 ★ジャパンC5着後は休養していたユーキャンスマイル(栗・友道、牡5)は、金鯱賞(3月15日、中京、GII、芝2000メートル)で始動する。僚馬でアルゼンチン共和国杯6着ポポカテペトル(牡6)は、ダイヤモンドS(2月22日、東京、GIII、芝3400メートル)に向かう。ジャパンC12着ウインテンダネス(栗・杉山、牡7)も同レースへ。

 ★AJCC4着ミッキースワロー(美・菊沢、牡6)は、天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す。6着ニシノデイジー(美・高木、牡4)は、引き続き田辺騎手で金鯱賞、7着ウラヌスチャーム(美・斎藤誠、牝5)は、中山牝馬S(3月14日、中山、GIII、芝1800メートル)へ。9着ルミナスウォリアー(美・和田郎、牡9)は30日、サラブレッドオークションに出され、地方競馬に移籍。11着グローブシアター(栗・角居、牡6)は大阪城S(3月8日、阪神、L、芝1800メートル)へ。

 ★TCK女王盃勝ちのマドラスチェック(美・斎藤誠、牝4)は、エンプレス杯(3月5日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)へ。

 ★東海S9着コスモカナディアン(美・金成、牡7)は、アルデバランS(2月8日、京都、ダ1900メートル)が有力。

 ★石清水Sを勝ってオープン入りしたドナウデルタ(栗・石坂正、牝4)は、京都牝馬S(2月22日、京都、GIII、芝1400メートル)に駒を進める。

 ★門司Sを勝ってオープン入りしたクリノフウジン(栗・高橋忠、牡6)は、吾妻小富士S(4月12日、福島、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★根岸Sで除外が濃厚のジャスパープリンス(栗・森、牡5)は、大和S(2月23日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。

 ★オジュウチョウサンの全弟で、26日中山の障害未勝利戦快勝のコウキチョウサン(美・和田郎、牡7)は、春麗ジャンプS(2月29日、中山、障害OP、ダ3200メートル)へ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインテンダネスの関連コラム

閲覧 2,446ビュー コメント 0 ナイス 14

ジャパンカップというレースは、私が競馬を始めた30年近く前は、「世界の強豪に日本代表が挑むが、敗れる」という挑戦者の立場の大レースでした。外国馬も前評判とは違って、それほどの成績でなくても日本競馬への適性があったら激走してしまったりと、世界との差を感じさせられる時代でした。それが、年々日本馬が強くなり、また高速馬場だと勝負にならないと、とうとう今年は外国馬ゼロの年となってしまいました。現在の最強馬アーモンドアイもおらず、正直、日本馬同士でも最高峰の戦いという感じはしないメンバー構成ですが、近年ほぼ消しで良かった外国馬が来ない分、相対的に日本馬の枠が増えたことで馬券的には面白いとも言えます。友道厩舎の5頭出しも、このくらいの距離を目指した馬づくりをしてきていることの結果とのことですが、すごいですよね。


<全頭診断>
1番人気想定 ワグネリアン天皇賞(秋)では流れが向かずに5着だったが後方にいた時点でノーチャンスなレースだった。友道師は、距離が延びるのは良いとコメントしているし、実力上位なのは確かだが、正直400m延びるのは私自身は、そう歓迎ではないと思っている。ダービー馬で神戸新聞杯も勝ってこの距離で実績を残してはいるが、掛かり気味だったりもよくあり、前走後方となったから単純に距離が延びれば差し切れるかといえばそうでもないのがこのJCだから。JCは前に行って末脚を伸ばすタイプが好走するレースであり、同距離・同コースでも後方待機の瞬発力自慢で十分勝負になるダービーとは違ったレースと考えたほうが良い。

2番人気想定 ユーキャンスマイル:昨秋の菊花賞で3着したのもありステイヤー路線を歩みダイヤモンドS勝ち、春の天皇賞5着とそれなりの結果を出した。夏以降は中距離路線を使ってきて、新潟記念勝ち、天皇賞(秋)でも後方から鋭く差してきて4着と、同期のダービー馬のワグネリアンにも、とうとう先着した。スタミナ面と上昇度を加味すると、今回のJCはこちらが優勢では。

3番人気想定 レイデオロ:昨年の有馬記念2着までは堅実な馬だったが、ドバイ遠征で負けてからは宝塚記念5着、オールカマー4着とすっかりしぼんでしまった。2年前のJCで2着したように適性のある舞台なのだろうが、闘争心を取り戻せるかどうか。能力があるのは今更言うまでもないが……。

4番人気想定 スワーヴリチャード:昨年のJC3着でもあり、得意の左回りで巻き返したいところだろうが、やんちゃさが無くなったとともに終いの頑張りも無くなった。ただマーフィー騎手だと先週のペルシアンナイト同様に衰えてきていても頑張らせる騎乗をしてくるかも。坂路調整に変えてみたりと陣営は工夫しているが、そう簡単には巻き返せないのではという気持ちのほうが強いが。

5番人気想定 カレンブーケドールオークスで2着したようにこの舞台は向く可能性があるし、53kgという斤量も有利。近年は牝馬がやたらと走るレースでもある。ただ古馬や牡馬を押しのけて勝つまでの感じの馬ではないのでは。

6番人気想定 ムイトオブリガード:今回より100m長いアルゼンチン共和国杯の得意な馬で、同レースでは昨年2着、今年は1着と好走を続けている。昔はアルゼンチン共和国杯はG2とは名ばかりの三流ステイヤーのハンデ戦であったが、近年は出世レースとなっていて、似た舞台のここもそこそこやれていいかも。

7番人気想定 シュヴァルグラン:一昨年のJC勝ち馬(本命を打って馬券をとらせてもらった恩義のある馬)で昨年も4着と頑張った。ステイヤー寄りの馬で、前走より距離延びるのは良いのだろうがさすがに年齢的な衰えあり。

8番人気想定 エタリオウ:3月の日経賞2着までは、たくさんの2着を積み重ねてきたが、それ以降は人気より走れない状況で天皇賞(春)4着、宝塚記念9着、京都大賞典5着と得意の2着が遠ざかっている状況。そもそもそう強くないと私自身は初めから思っている馬。横山典騎手が前走後に深いブリンカーに戻したほうがいいと指摘しているように、心身バラバラの状況という印象。

9番人気想定  ルックトゥワイス:今年は目黒記念勝ち、前走アルゼンチン共和国杯でも4着と東京のこのくらいの距離は合う。実績は落ちるが激走可能なレベルにはいる一頭だろう。最近は若い馬が好走するレースだが、デットーリ騎手が乗れば、6歳秋でも最後にひと花というシーンも。(それにしても、デットーリ騎手元気ですよね。30年近く前のJCでも乗っていたし、途中にコカイン所持問題とか、飛行機墜落しても生存したり、色々あった中でまだ世界のトップに君臨してますから)

10番人気以下想定
マカヒキ:一昨年のJCでは4着とそこそこ走れていた馬。この2戦は二桁着順となっているように衰えたダービー馬となってしまっていて、ディープインパクト産駒は不調続きからの巻き返し激走がほとんど無い。

ダンビュライト:今年は京都記念1着、前走の京都大賞典2着と京都だと坂の下りで勢いつけての惰性で走るのが得意なよう。東京では、内へ内へ切れ込んだ事もあり、いい走りは期待薄。

ジナンボー新潟記念で2着して、ようやく重賞でもやれるところを示したディープインパクト×アパパネという良血馬。ただ、距離はやはり2000mのほうが良いのでは。

タイセイトレイル:夏の札幌のあまり向かない洋芝で3着続きだったが、前走は適性舞台となったアルゼンチン共和国杯2着と好走した。ここも適性条件だが、ちょっと荷が重いか。

ダイワキャグニー:リステッド競走を勝っての参戦だが、新潟記念で惨敗しているように、この相手は厳しい。

ウインテンダネス:1年半前の目黒記念勝ち以降はさっぱりで、ここも荷が重い。


<まとめ>
有力:ユーキャンスマイルワグネリアン

ヒモに:ムイトオブリガードカレンブーケドール

穴で:ルックトゥワイス


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年11月17日号】特選重賞データ分析編(177)~2019年ジャパンカップ~
閲覧 2,727ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ロンジン賞 ディープインパクトメモリアル ジャパンカップ 2019年11月24日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“同年4月以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2009年以降)】
○あり [10-10-9-68](複勝率29.9%)
×なし [0-0-1-72](複勝率1.4%)

 ここ半年の戦績がポイント。過去10年の3着以内馬延べ30頭中、2013年3着のトーセンジョーダンを除く29頭は、同年4月以降にJRAのG1・G2で4着以内となった経験がある馬でした。しばらく大敗が続いている馬、国外やG3・オープン特別のレースを主戦場としてきた馬は、思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→カレンブーケドールユーキャンスマイルワグネリアン
主な「×」該当馬→ウインテンダネスシュヴァルグランダイワキャグニー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が25戦以内」だった馬は2009年以降[10-10-10-95](複勝率24.0%)
主な該当馬→カレンブーケドールユーキャンスマイル

[もっと見る]

2019年7月5日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】小回りの差し決着は穴馬券の宝庫/週末の重賞展望
閲覧 1,493ビュー コメント 0 ナイス 6

宝塚記念を終え、本格的に夏のローカル競馬がスタートした先週だったが、梅雨時らしく各場とも雨に翻弄される週末となった。

ラジオNIKKEI賞はレース時こそ小雨ではあったが、雨に叩かれタフな馬場となり、早めにマクったブレイキングドーンが勝利。待望の重賞初制覇を飾った。田辺騎手らしい上手く溜めを利かせた好騎乗が光ったが、昨年の勝ち馬メイショウテッコンや2着フィエールマンのように、今後大きな飛躍が期待できるか…といえばやや疑問の残る内容&メンバーでもあった。今年に関しては、秋につながるというよりはあくまでもローカルハンデ重賞のひとつとして捉えた方が良さそうだ。

一方、中京のCBC賞は激しい雨の降る中でのレースとなった。勝ったレッドアンシェルは2年前の夏のデビュー戦が、同様に大雨の中でのレースだったが、その際もスイスイと伸びて楽勝。陣営曰く「水かきがついている」とのことだが、道悪が追い風になるタイプなのは間違いない。これでスプリント路線に転じて2連勝。正直なところ相手関係を考えると素直に新星誕生とまでは言えないが、春の高松宮記念は大波乱となり、またこの路線の主役になり得るダノンスマッシュは函館スプリントSに出走できないトラブルがあるなど混迷を極めている状況。スプリンターズS路線に割って入ってくる可能性はありそうだ。やや特殊な馬場での競馬だったので、次走に注目したい。


~小回り戦の差し決着は大万馬券になりやすい

さて、各場とも先週は雨の影響を大いに受けたことは前述した通りだが、その中でも特に大波乱となったのが土日の函館のメインレースだ。

土曜日のメイン・TVh杯は14番人気、単勝114.4倍のパラダイスガーデンが外から差し切りを決め、3連単は73万馬券。日曜日のメイン・巴賞は最内枠から直線外に持ち出し追い込んだ13番人気のスズカデヴィアスが勝利、こちらは2~3着にも伏兵が突っ込み、3連単は140万超の大波乱となった。

両レースの共通点はいずれも、

1、立ち回り勝負になると思われる小回り戦で
2、差し馬が上位を独占したこと

である。

スローペースが常態化した現代競馬ではしきりに前有利が叫ばれる(というか、私自身もその主張をかなり前からしている)のだが、だからこそ、逆のパターンにハマると大きな馬券になる。

もちろん、小回りにおける差し馬の上位独占など正直なところ例外というか事故のようなものなのだが、馬券を買う上では案外買いやすい面もある。どう買いやすいかというと、すなわち”決め打ち”である。

逃げ馬が内枠を連れて来る…とは私が10年前にラッキーゲートという馬券術の中で唱えた法則だが、逆に、差し馬は外枠を連れて来る、あるいは当然ながら差し馬は差し馬を連れて来る、というのもまた競馬の普遍的な法則である。

手前みそにはなるが、私の競馬ノートの配信において日曜の巴賞では◎カデナを本命にして3連複ながらも14万馬券を的中することができた。この際の考え方が、まさに差し馬は外枠&差し馬を連れて来るというものだ。



マクリ差しを得意とするカデナが本命、カデナは差し追い込み脚質だからこそ2番人気の先行馬マイスタイルは軽視、3番人気の先行馬サトノフェイバーは切り捨て、相手には4番人気の外枠の差し馬ナイトオブナイツや、(結果惨敗ではあったが)15番人気の追い込み馬マイネルサージュといった面々を2列目に抜擢した。

結果的にはやはり末脚に魅力がある13番人気のスズカデヴィアスを最後の押さえに加えていたことで的中することができたが、それも本命馬の資質に沿って相手を選んだことが功を奏したわけである。

この話をなぜ今するのか? それは決して自慢したいわけではなく(全くその気がないわけでもないが)、先週各地で降り続いた雨を受けてのことだ。

先週、福島&中京は開幕週、函館もまだ3週目の段階で雨に見舞われた。このことは、今後の芝レースに大いに影響を与えるはずで、先週の函館の土日メイン同様に、

「小回りだけど差しが届く」

というシーンがこの開催ではいつも以上に見られるはずだ。小回りではなく普段もそこそこ差しが届く中京はともかく、今夏の福島&函館に関しては、同様のパターンでの波乱劇にまだまだ期待してみたい。いわゆる本来のセオリーから行けば逆張りではあるのだが、逆張りの中に大きなチャンスが眠っているかもしれない。決め打ちよろしく、思い切って振り回してみるのも悪くないだろう。


~逃げ先行馬が揃った七夕賞

最後に今週末の重賞について少し触れておこう。

中京のメインはダートのプロキオンS。ご存じの方も多いかもしれないが、夏の中京ダートは基本的にイン有利、先行有利になることが多く、先週で言えば土曜日は顕著に内有利の傾向が出ていた。週末の天候や馬場次第ではあるが、枠順も重要な一戦になる。基本的には内有利、差し馬であってもサンライズノヴァのような大外を回すタイプよりは、キングズガードのように馬群を突けるタイプの方が条件としては合うだろう。

一方、当コラムの今週のテーマの趣旨に合うのは福島の七夕賞だろう。先週末雨に降られた影響が残れば、小回りでの差し競馬となる可能性がある。

さらに、ココには現役屈指の逃げ馬マルターズアポジーが出走して来る上に、ブラックスピネルロードヴァンドールウインテンダネスタニノフランケルなど、重賞で逃げて好走した実績のある馬がこれでもかというほど揃っているのだ。

ではどの馬を買えば良いか…と問われると現時点でまだ狙いは定まっていないのだが、平坦で強烈な脚を使えるクリノヤマトノオー、上がり掛かる2000mなら出番がありそうなエンジニアあたりの一発に期待している。


七夕賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年7月4日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019七夕賞
閲覧 1,241ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



7月7日(日) 福島11R 第55回七夕賞(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)

マルターズアポジー 57kg(B)
この中間は2週前の南W、1週前の北Cコースでの併せ馬ともに先着していて、近走の中では良い出来で出走できそう。

ブラックスピネル 57kg(B)
この中間は2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。前走時は併せ馬で遅れたが、今回の1週前は併せて先着と上積みもありそうな感じ。

タニノフランケル 55kg(C)
前走では◎にしたほど調教の時計は良かった。この中間も1週前追い切りではCWを3頭併せで追い切られて好内容。前走の最終追い切りは坂路だったので、今回はCWで追われてくるほうが良いかもしれない。

ウインテンダネス 56kg(C)
休み明けの目黒記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前とCWで好時計が出ている。それも外を回って終いの時計が速く、変わり身を感じられる内容。

ロシュフォール 55kg(A)
この中間は南W、坂路、芝コースと好時計が出ており、前走重賞3着時の勢いそのままにといった印象の良い出来。

ストロングタイタン 57kg(A)
中山金杯からの休み明け。調教ではもともと好時計の出る馬だが、この中間も2週前、1週前といつも以上に速い時計が出ていて、調子は良さそう。

ミッキースワロー 57.5kg(D)
この中間は1週前に時計は出しているがいつものように強く追われておらず、疲れが残っているのかもしれない。

アウトライアーズ 54kg(D)
4月に2戦使われたが、当時の調教内容はこの馬としては全然時計が出ていなかった。この中間も物足りない印象の残る時計だが、1週前の併せ馬では先着していて、前回よりはまだ良いほうかもしれない。

クレッシェンドラヴ 55kg(B)
ここ2戦とも、追い切りには鞍上の内田博騎手が騎乗して追われていたが、この中間も先週内田博騎手騎乗で坂路を併せ馬。先着を果たしており、調子は良さそう。

クリノヤマトノオー 55kg(B)
この中間は2ヶ月ほど間隔が空くが、2週前、1週前に強めに追われて速い時計をマークと、順調そう。これで最終追い切りが馬なりで、楽に時計が出ているようなら。

エンジニア 54kg(C)
普段は南Wで乗り込まれている馬だが、工事中のためこの中間は坂路での調整。時計的には出ているほうで、調子は悪くなさそう。

カフェブリッツ 54kg(B)
休み明けでの参戦。この中間は2週前の坂路、1週前のCWと好時計をマーク。特に1週前は3頭併せで先着と出来は良さそう。

ロードヴァンドール 55kg(A)
天皇賞(春)からの休み明けだが、かなりの乗り込み量で、CW、坂路で好時計も出ていて出来は良さそう。

ソールインパクト 54kg(B)
宝塚記念にも登録していたが、こちらに回ってきた。それもあって、乗り込み量は豊富。前走同様、調教師自らが騎乗して追い切られており、馬なりでのもので時計自体はそれほど出ていないが、内容的には好印象。

ゴールドサーベラス 54kg(E)
この中間は北Cコースでの調整。時計が平凡で物足りない。

ベルキャニオン 55kg(B)
この中間も乗り込み豊富。もともと調教では時計の出る馬だが、1週前に坂路で一杯に追われて好時計が出ており、叩き2戦目での上積みがありそう。



◇今回は七夕賞編でした。
夏競馬も始まり、2歳馬が続々とデビューして早くも来年のクラシックに向けて戦いが始まっています。
私も、『ウマニティPOG』など各メディアが主催するPOGに毎年参加していますが、その中でも佐藤洋一郎さんが主催するPOGでは20数名でドラフト会議を行い、毎年ドキドキとワクワクの馬選びが行われます。特に1位指名、2位指名、3位指名はプロ野球のドラフト会議のような緊張感があり、希望の馬を選択できた時には、それはもう新馬戦を勝ったかのような嬉しさがあるものです。
昔は写真を見たり血統を見たりして馬選びをしていたのですが、なかなか好成績を上げることができず......。それが、5年前くらいに方針をガラっと変えたところ、メジャーエンブレム、ケーアイノーテック、ワグネリアングランアレグリアと、G1を勝ってくれる馬を毎年のように指名することができるようになり、近年は毎年上位争いに加わることができています。
今年も10頭( https://pog.umanity.jp/user/?user_id=2b477d5ec3 )指名したうち4頭がデビュー、2頭が勝ち上がりと好スタートを切れているので、どの馬も無事に1年間走り続けて、運よく大きなレースに勝ってくれることを期待しています。

それでは次回、函館2歳S編(予定)でお会いしましょう。


七夕賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年1月11日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】競馬は変わっていくと感じた年明け京都の馬場状態
閲覧 1,659ビュー コメント 0 ナイス 2

先週の京都金杯は最終的に◎アドマイヤアルバで勝負したものの、結果は4着止まり。想定していた内枠有利の馬場にはならず、勝ったパクスアメリカーナが外枠ながら人気に応え、2着マイスタイルも出たなりで外々を回る競馬だった。

年明け京都の開幕週といえば、かつてはグリーンベルトが発生し内枠有利が定番だった。こちらの画像は、2013年の日経新春杯の4コーナーである。

ご覧の通り、明らかにイン数頭分のところの馬場状態が良い。このときは、2→1→3という内枠決着で3連複は万馬券となった。11月の京都開催でB→Cコースを使用し、1カ月後の年明けに今度はAコースを使用するために起こる現象だったのだが、馬場は生き物であると同時に、人間が造るものでもある。京都の馬場の造り方が変わったということだろう。


~競馬は変わっていく象徴が中山芝1600m

競馬は変わっていく…といえば、中山芝1600mについても同様の感想を持つ。

かつては、

「中山芝1600mといえば内枠有利」

が格言のようになっていたが、それも今は昔。今では外枠勢の活躍が目立つ。先週行われた3歳オープンのジュニアCでも、大外枠のヴァッシュモンが制した。もちろん、印象として変わっているように思えるだけ…という可能性もなくはないので、データも調べてみよう。

ちょうど10年前、2008年~2010年の3年間と、直近の2016年~2018年の3年間の中山芝1600mの枠別成績を比べてみたい。あまり細かい数字を論じることが目的ではないので、頭数などは指定せず、とにかく期間内の当該コースでの全レースを参考にする。

結果は以下の通り。

~中山芝1600m枠別成績~

2008~2010年

1枠の3着内率 全枠中 1位
8枠の3着内率 全枠中 最下位

2016~2018年

1枠の3着内率 全枠中 最下位
8枠の3着内率 全枠中 5位

もの凄くザックリまとめてしまったが、かつては内に入れば入るほど有利と言われていたが、実際その通りで1枠(白帽子)の馬の好走率が最も高かった。

しかし、時代は変わり直近の3年にスポットを当てると、なんと1枠の好走率は最も低くなっている。そして、かつて圧倒的不利だった8枠(ピンク帽)がそれなりに健闘しているのだ。

ちなみに直近3年の1枠の複勝回収率は46%で最下位。これはどういうことかというと…

『未だに不利な内枠が有利だと思われて過剰に売れている』

ということである。枠の傾向は1枠と2枠でもまったく意味合いが異なるので、あまり安易に「内枠がダメ!」などとは言えないのだが、全体としてそういう傾向があるということ、なにより、競馬は変わっていくということはご理解いただけるのではないか。

平成も残すところあと4カ月余りとなったが、我々の意識も、目まぐるしく変わる競馬の変化に対応して行かなければならないと強く感じさせられる。

今週末は土曜日のメインがフェアリーS、日曜日のメインがニューイヤーSといずれも中山芝1600mで行われるが、少なくともかつてのような先入観は捨てて臨みたい。フェアリーSに関しては、昨年は外からの差しが優勢、3年前は逃げ&イン優勢だったので、展開次第でどちらかに決め打ちしてみるのも面白そうだ。


日経新春杯の展望

さて、今週は3日間開催となる。年明け早々大忙しの連休となりそうだが、日経新春杯には明け4歳の有力馬が多数出走、今後に向けて注目の一戦となりそうだ。

人気どころならグローリーヴェイズアフリカンゴールドの2頭のレースぶりには注目。菊花賞以来となるが、今回の走り次第では長距離戦線で期待の新星となりそうだ。

もっとも、久々に頭数が揃うだけに波乱にも期待してみたい。

穴馬ならばウインテンダネスノーブルマーズのベテラン2頭に注目。ともにタフな馬場に強く、当レースと相性の良いトニービン系の血を持つ馬でもある。

ウインテンダネス騎乗の内田騎手は2019年開幕週の先週、10番人気での勝利を含め8番人気以下の伏兵を4頭も馬券圏内に持って来る大活躍を見せた。

一方、ノーブルマーズの高倉騎手も、昨年末からイエローマリンバキョウヘイビップライブリーホーリーブレイズなど、メインレースで伏兵を複数頭持って来ている。乗れている鞍上の勢いにも期待したい。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2018年11月27日(火) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/24~11/25)スガダイプロ、サラマッポプロらが週間トータル回収率150%超を達成!
閲覧 905ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、25(日)に京都競馬場でG1ジャパンCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ジャパンCは、単勝1.4倍の断然人気に支持されたアーモンドアイに注目が集まる中、2番人気にスワーヴリチャード(単勝6.5倍)、3番人気にサトノダイヤモンド(同7.1倍)、4番人気にキセキ(同9.2倍)、5番人気にシュヴァルグラン(同12.9倍)という上位人気を形成。6番人気カプリ以下は単勝30倍以上と、やや上位5頭が抜け出したオッズでスタートの時を迎えます。
キセキノーブルマーズガンコといったところがまずまずのスタートを決め、先手争い。最内枠から5分以上のスタートを決めたアーモンドアイは、これらに次ぐ2列目を確保し好位の一角へ。スワーヴリチャードシュヴァルグランウインテンダネスらも好位集団に追従していき、対してサトノダイヤモンドハッピーグリンサトノクラウンサウンズオブアースらはこれらを先に行かせて中団から後方を選択。さらにここからカプリミッキースワローと続き、離れて最後方にサンダリングブルーが追走の形となります。
先頭を奪い切ったのはキセキで、ややリードを広げるようにしながら、2番手にノーブルマーズを従えての1コーナーの入り。直後の3番手には注目のアーモンドアイが続き、マイペースな流れとなった馬群は徐々に向こう正面へと突入していきます。後続を寄せ付けまいとこのあたりから逃げるキセキはペースアップを図り、リードを3馬身近くにまで広げる構え。前半1000mの通過は59.9秒(推定)を計時。馬群が少しばらけ始めると、その後も緩めずにラップを刻みタイムトライアルレースの様相となってレースは終盤へ。2番手に浮上したアーモンドアイが、2馬身ほど後ろでキセキをぴったりとマークしながらコーナリング。外を通ってガンコサウンズオブアースらが進出を始める一方、人気どころスワーヴリチャードシュヴァルグランあたりはまだ軽く促される程度。各馬少しずつ横に広がりながら、全14頭が4コーナーを出ます。
直線を向いて、隊列は依然手応え十分のキセキの後方に1馬身半差でアーモンドアイ。そこから2馬身ほど空いてスワーヴリチャードノーブルマーズとなって、以下はウインテンダネスガンコシュヴァルグランサトノダイヤモンドといったところ。残り400m手前から懸命に追われるキセキに対し、真後ろにつけたアーモンドアイはまだ持ったまま。余裕の手応えで追い出しのタイミングを図る鞍上の指示を待つ状態で、直線半ばを通過します。ようやくGOが掛かって、キセキの外に持ち出されるとここから一気に末脚を爆発。レースは完全に2頭のマッチアップとなり、単独3番手に浮上していたスワーヴリチャードはみるみる突き放され、逆に後続に差を詰められる展開となります。
アーモンドアイに右ムチが1発、2発と入り、応戦するキセキは次第に脚色劣勢に。勢いのままにアーモンドアイが堂々先頭へ躍り出ると、内で死力を尽くして食い下がるキセキとの差を、最後は1馬身3/4差まで広げゴール。2分20秒6という驚愕の世界レコードタイムで2400mを駆け抜け、G1・4連勝を達成。また史上2頭目の3歳牝馬によるジャパンC制覇を飾っています。2着キセキから3馬身1/2差開いた3着にはスワーヴリチャードが入っています。
公認プロ予想家では、馬侑迦プロスガダイプロ伊吹雅也プロはははふほほほプロ夢月プロサラマッポプロマカロニスタンダーズプロ他、計14名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
24(土)は勝負予想レース東京9R東京11Rでの的中などでプラス収支を達成。25(日)も東京2R東京5R京都10R京都11Rと高精度予想を幾度となく披露し、最後はG1ジャパンC的中で締め括り。土日ともに的中率40%超、回収率160%のハイアベレージで終えた先週は、トータル回収率164%、収支10万3,280円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
25(日)京都1R◎▲的中、京都2R◎▲的中で勢いに乗ると、東京5Rラレータ東京7Rアントリューズ京都8Rメイショウテムズなどの好調予想を披露。週末トータル回収率130%をマークし、これで3週連続週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、24(土)東京3R、25(日)京都7RG1ジャパンCG3京阪などで活躍を披露し、2週連続週末プラスを達成。2日間トータルで的中率57%、回収率171%、収支7万3,540円プラスをマークししています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
24(土)京都7Rベルエスメラルダ(単勝11.9倍)、京都9Rマイハートビート(単勝11.9倍)、東京10Rエレクトロポップ(単勝7.3倍)、25(日)京都1Rレサイヤ(単勝8.9倍)など随所に好調◎を披露した先週は、土日トータル回収率149%の好成績をマーク。収支トップの17万2,800円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(日)東京6Rでの◎ジュニエーブル-△アオテン馬連的中計46万8,500円払戻しのビッグヒットをはじめ、東京7Rでの◎アントリューズ的中などの活躍を披露した先週は、週末トータル回収率136%、収支17万190円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
25(日)東京6Rジュニエーブル(単勝35.2倍)的中で計22万4,500円を払戻し!土日トータル回収率214%、収支15万4,800円プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(236%←3週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(135%)、馬侑迦プロ(118%)、KOMプロ(113%)、山崎エリカプロ(111%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(110%←4週連続週末プラス)、覆面ドクター・英プロ(108%)、マカロニスタンダーズプロ(100%←2週連続週末プラス)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(107%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインテンダネスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 143ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
他のレースの予測回収率は「予想コロシアム」に登録済みです。

■京都11R 芝1400m 4歳上オープン 15:35 [G3]京都牝馬ステークス
*1 70% × 11.6倍 アルーシャ
*2 90% ○ 5.3倍 ビーチサンバ
*3 70% ・ 16.2倍 リナーテ
*4 60% ・ 384.0倍 メイショウケイメイ
*5 90% ・ 16.6倍 リバティハイツ
*6 80% ・ 47.0倍 メイショウグロッケ
*7 80% ・ 36.8倍 メイショウショウブ
*8 100% ・ 38.5倍 プリディカメント
*9 70% ・ 11.8倍 プールヴィル
10 80% ・ 58.0倍 ディメンシオン
11 50% ・ 66.1倍 ディアンドル
12 80% ・ 49.9倍 アマルフィコースト
13 80% ▲ 5.0倍 シゲルピンクダイヤ
14 70% △ 4.4倍 ドナウデルタ
15 70% ・ 88.3倍 モアナ
16 80% ・ 27.7倍 ノーワン
17 90% ◎ 5.8倍 サウンドキアラ

■東京11R 芝3400m 4歳上オープン 15:45 [G3]ダイヤモンドS
*1 60% ○ 5.5倍 オセアグレイト
*2 70% ・ 133.2倍 ウインテンダネス
*3 70% ・ 17.1倍 ポポカテペトル
*4 70% ・ 44.0倍 ロサグラウカ
*5 60% ・ 31.4倍 リッジマン
*6 80% ▲ 6.1倍 レノヴァール
*7 100% ◎ 2.5倍 タガノディアマンテ
*8 60% ・ 73.9倍 アドマイヤジャスタ
*9 60% ・ 62.8倍 ステイブラビッシモ
10 60% ・ 60.2倍 サトノティターン
11 70% △ 9.5倍 タイセイトレイル
12 60% ・ 41.8倍 ダノンキングダム
13 70% × 12.5倍 ヴァントシルム
14 70% ・ 11.5倍 メイショウテンゲン
15 90% ・ 20.2倍 バレリオ
16 50% ・ 235.4倍 ミライヘノツバサ

表は左から、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

 浪花のクマ 2020年2月21日(金) 21:53
ダイヤモンドS/京都牝馬S 最終決断
閲覧 164ビュー コメント 0 ナイス 5


ダイヤモンドステークス GⅢ
◎ ⑦ タガノディアマンテ
〇 ⑭ メイショウテンゲン
▲ ① オセアグレイト
△ ⑪ タイセイトレイル
△ ⑥ レノヴァール
× ⑤ リッジマン
☆ ② ウインテンダネス

◎牡馬3冠を経験、前走で結果を出したタガノ
ディアマンテ、長距離界のニュースターへ・・

3連複
⑦⇒⑭①⑪⑥⇒⑭①⑪⑥⑤②


京都牝馬ステークス GⅢ
◎ ⑬ シゲルピンクダイヤ
〇 ⑨ プールヴィル
▲ ② ビーチサンバ
△ ③ リナーテ
△ ⑭ ドナウデルタ
× ① アルーシャ
☆ ⑮ モアナ

◎牝馬クラシック戦線で好走も2勝目が遠い
シゲルピンクダイヤ、京都なら千四でも・・

3連複
⑬⇒⑨②③⑭⇒⑨②③⑭①⑮

[もっと見る]

 tntn 2019年11月25日(月) 00:30
復活スワーヴリチャード! 
閲覧 106ビュー コメント 45 ナイス 139

**********************************
海外の競馬に追いつけで創設の国際招待競走。。。ジャパンカップ!
いよいよ外国馬参戦のなくなった。。。

ただ海外のトップジョッキーが集う!

土曜日の雨で終始、重状態。。。
------------------------------------------
ダイワキャグニー果敢に逃げる。
ダンビュライトが番手追走となり。。。
ウインテンダネスやカレンビーケドールが続く!
ごった返す先団に取りつくワグネリアン
その後ろにスワーヴリチャード!
隊列縦長で。。。最後方にマカヒキ。

直線向いて粘るダイワキャグニー残り400。
1馬身後ろ外から並びかけるカレンビーケドール
その間を突こうとするスワーヴリチャード!
ただ進路取れず、ラチ沿い進み脚を伸ばす!

残り100で1馬身、後続からワグネリアン!
追いつくような脚でない。。。

1着スワーヴリチャード!
2着カレンブーケドール
3着ワグネリアン
------------------------------------------

昨年4月宝塚記念から、G1で3着を3回など。。。
そこそこ走りながらも、勝てずにいましたが!
今回、オイシン・マーフイを鞍上に迎え
復活を遂げたスワーヴリチャード!

調教パターンや馬具など苦心もあったとのことですが
鞍上にオイシン・マーフイを迎え勝ち切りました。

昨年の初来日から2年目、2勝目の重賞勝利が。。。

初G1!おめでとうございます。🎊

◎としても勝ち切ってくれるとは。。。ヾ(ーー )

今回の短期免許期間でも。。。すでに6勝
ワイド圏内.500近く、残る期間も美味しいマーフィン🍩ヾ(ーー )ベタ

*********** 

今週の重賞まとめ~U指数と人気~2019【46】

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=4b14ff22bd&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインテンダネスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ウインテンダネスの写真

ウインテンダネスの厩舎情報 VIP

2020年2月22日ダイヤモンドS G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインテンダネスの取材メモ VIP

2020年2月22日 ダイヤモンドS G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。