アウトライアーズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アウトライアーズ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2014年3月24日生
調教師小島茂之(美浦)
馬主丸山 担
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[4-2-1-17]
総賞金9,058万円
収得賞金2,500万円
英字表記Outliers
血統 ヴィクトワールピサ
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
ウィストラム
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
リュドゥパーム
兄弟 マレーナロレーヌクロス
前走 2020/05/23 メイステークス OP
次走 2020/07/12 七夕賞 G3

アウトライアーズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/12 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 -- 1648------** 牡6 54.0 丸田恭介小島茂之-- --------
20/05/23 東京 11 メイS OP 芝1800 1345104.11110** 牡6 54.0 松山弘平小島茂之492(-4)1.45.5 1.234.1⑬⑫⑫アイスストーム
20/04/25 東京 11 オアシスS (L) ダ1600 161277.81314** 牡6 56.0 武藤雅小島茂之496(-2)1.37.5 1.636.9⑪⑩ブルベアイリーデ
20/02/23 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1461065.6125** 牡6 54.0 丸田恭介小島茂之498(+8)1.49.1 0.835.8⑬⑭⑫⑫カデナ
19/11/16 京都 11 アンドロメダ (L) 芝2000 1781538.3913** 牡5 54.0 北村友一小島茂之490(-4)2.00.5 1.135.0⑮⑭⑮⑰マイネルサーパス
19/08/25 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 137116.8211** 牡5 56.0 斎藤新小島茂之494(+4)1.47.2 0.834.8⑫⑫⑫⑫アロハリリー
19/08/04 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 134454.3106** 牡5 54.0 丸田恭介小島茂之490(-4)1.59.2 0.435.0⑬⑫⑬⑫メールドグラース
19/07/07 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 161239.5145** 牡5 54.0 野中悠太小島茂之494(-4)2.00.5 0.937.3⑮⑫⑪⑪ミッキースワロー
19/04/29 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1661297.61514** 牡5 54.0 丸田恭介小島茂之498(+4)1.59.9 1.334.5⑥⑤メールドグラース
19/04/14 福島 11 福島民報杯 (L) 芝2000 1581514.574** 牡5 54.0 丸田恭介小島茂之494(-10)1.59.1 0.536.5⑮⑮⑬⑥レッドローゼス
19/02/10 小倉 11 関門橋S 1600万下 芝1800 152313.361** 牡5 57.0 丸田恭介小島茂之504(-4)1.49.9 -0.035.1⑭⑭⑤メイショウフェイク
19/01/19 中山 11 初富士S 1600万下 芝1800 14579.5314** 牡5 57.0 田辺裕信小島茂之508(+12)1.49.6 1.033.9⑭⑭⑭⑭レッドローゼス
18/12/23 阪神 11 サンタS 1600万下 芝2000 1461012.367** 牡4 57.0 横山武史小島茂之496(0)2.02.6 1.336.0⑭⑭⑭⑭クリノヤマトノオー
18/09/15 中山 11 レインボーS 1600万下 芝2000 12565.435** 牡4 57.0 田辺裕信小島茂之496(-6)2.00.8 0.834.1⑪⑪⑫⑫ドレッドノータス
18/07/07 福島 10 松島特別 1000万下 芝2000 10773.021** 牡4 57.0 田辺裕信小島茂之502(+8)2.02.0 -0.336.8⑩⑨⑦⑤ヤマニンリュウセイ
18/05/06 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1681665.0139** 牡4 54.0 横山武史小島茂之494(-12)2.00.6 0.633.1⑧⑩スズカデヴィアス
18/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 172420.8712** 牡4 54.0 蛯名正義小島茂之506(+2)2.00.4 0.634.6⑮⑮⑯⑭セダブリランテス
17/11/25 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 1871424.6810** 牡3 55.0 田辺裕信小島茂之504(+24)1.33.5 0.933.7⑯⑯ダイワキャグニー
17/05/07 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18237.7413** 牡3 57.0 田辺裕信小島茂之480(0)1.33.6 1.334.7⑮⑬アエロリット
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 183616.5712** 牡3 57.0 田辺裕信小島茂之480(-2)1.58.4 0.634.3⑬⑬⑬⑫アルアイン

⇒もっと見る


アウトライアーズの関連ニュース

【七夕賞】厩舎の話

2020年7月10日(金) 04:58

 ◆アウトライアーズ・畠山助手 「ラスト1ハロン12秒台で走れていたし、いい調教ができた。順調に本数を重ねてきて、体の使い方もいい」

 ◆ヴァンケドミンゴ・酒井騎手 「最後は沈むような感じで伸びていた。福島なら早仕掛けでも踏ん張れる」

 ◆ウインイクシード・鈴木伸師 「先週びっしりやったので、余裕残しで十分。良馬場が希望」

 ◆エアウィンザー・小滝助手 「追い切りは動くタイプで、馬なりでいい動き。休み明け3走目になるが、形、見栄えは一番いい」

 ◆オセアグレイト・野中騎手 「続けて使っているので単走で気分良く。疲れは感じない」

 ◆ジナンボー・森助手 「疲れを残さないように追った。パワーがあるので馬場が重くなってもこなしてくれるはず」

 ◆ソールインパクト吉田豊騎手 「元気いっぱい。年齢(8歳)を感じさせない」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「いい動きだった。雨で時計がかかるのは好都合」

 ◆パッシングスルー・戸崎騎手 「行きっぷりがすごく良く、レースとはイメージが違った。コースは合うと思う」

 ◆バレリオ・相沢師 「追い切りで見劣ったのは、相手(プレシャスブルー)が稽古駆けするから。重賞を勝つ力は十分にあるし、血統的に多少の道悪も大丈夫」

 ◆ヒンドゥタイムズ・斉藤崇師 「最後までしっかり走り、反応は良かった。器用なので小回りも対応してくれそう」

 ◆マイネルサーパス・高木師 「放牧を挟んでフレッシュな状態。いい感じに仕上がっている」

 ◆リュヌルージュ・斉藤崇師 「ラストだけを伸ばした。自分のリズムで行けたら、前走ぐらいは走れそう」

 ◆レッドローゼス・国枝師 「動きはいいよ。前とそんなに離れない、中団あたりでついていく感じで」



七夕賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【七夕賞】厩舎の話 2020年7月9日(木) 11:26

 アウトライアーズ・畠山助手「本数を重ねてきて、体の使い方もいい」

 ヴァンケドミンゴ・酒井騎手「前走が完勝。うまくはまれば好勝負」

 ウインイクシード・鈴木伸調教師「前走はノメったので良馬場が希望」

 エアウィンザー・小滝助手「叩き3走目で見栄えは良くなってきた」

 オセアグレイト・野中騎手「疲れは感じない。コースにも対応できる」

 クレッシェンドラヴ・林調教師「半年ぶりも不安はない。力は出せる」

 ジナンボー・森助手「福島には対応できる。馬場が重くてもこなせる」

 ソールインパクト吉田豊騎手「元気いっぱい。年齢を感じさせない」

 ノーブルマーズ・宮本調教師「マイペースなら崩れない。雨は歓迎」

 パッシングスルー・戸崎騎手「行きっぷりが良かった。コースは合う」

 バレリオ・相沢調教師「重賞を勝つ力は十分あるし、道悪も大丈夫」

 ヒンドゥタイムズ・北村友騎手「反応が抜群。コースも問題ないはず」

 ブラヴァス・友道調教師「前走は初の重賞で頑張った。小回りは合う」

 マイネルサーパス・高木調教師「フレッシュな状態。今は調子がいい」

 リュヌルージュ・斉藤崇調教師「前走は脚を使えた。斤量差を生かして」

 レッドローゼス・国枝調教師「動きはいい。中団につけていく感じなら」

(夕刊フジ)



七夕賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【七夕賞】追って一言 2020年7月9日(木) 04:51

 ◆アウトライアーズ・畠山助手 「ラスト1ハロン12秒台で走れていたし、ジワジワ加速していく、いい調教ができた。順調に本数を重ねてきて、体の使い方もいい」

 ◆ヴァンケドミンゴ・酒井騎手 「最後は沈むような感じで伸びていた。福島なら早仕掛けでも踏ん張れる」

 ◆ウインイクシード・鈴木伸師 「先週びっしりやったので、余裕残しで十分。前走は道悪でかなりノメっていたので、良馬場が希望」

 ◆エアウィンザー・小滝助手 「追い切りは動くタイプで、馬なりでいい動き。休み明け3走目になるが、形、見栄えは一番いい」

 ◆ソールインパクト吉田豊騎手 「久々に乗ったけど元気いっぱい。年齢(8歳)を感じさせない」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「いい動きだった。雨で時計がかかるのは好都合だし、今回のメンバーならマイペースで走れそう」

 ◆パッシングスルー・戸崎騎手 「行きっぷりがすごく良く、レースとはイメージが違った。コースは合うと思う」

 ◆バレリオ・相沢師 「追い切りで見劣ったのは、相手(プレシャスブルー)が稽古駆けするから。重賞を勝つ力は十分にあるし、血統的に多少の道悪も大丈夫」

 ◆ヒンドゥタイムズ・斉藤崇師 「最後までしっかり走り、反応は良かった。器用なので小回りも対応してくれそう。雨も気にすることはないと思う」

 ◆リュヌルージュ・斉藤崇師 「使っているので、ラストだけを伸ばした。自分のリズムで行けたら、前走ぐらいは走れそう」

 ◆レッドローゼス・国枝師 「動きはいいよ。レースでは、いい位置で格好よく回ってくるとやめてしまうところがある。前とそんなに離れない、中団あたりでついていく感じで」



七夕賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【七夕賞】特別登録馬 2020年7月5日() 17:30

[もっと見る]

【新潟大賞典】特別登録馬 2020年5月3日() 17:30

[もっと見る]

【読売マイラーズカップ】特別登録馬 2020年4月19日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

アウトライアーズの関連コラム

閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 1

先週はCBC賞ラブカンプーが13番人気の低評価を覆し逃げ切り勝ち。2着にも11番人気のアンヴァルを連れてきたことで、3連単は244万という超大波乱の決着となった。

正直なところメンバーレベルや内容から、今後秋のG1に繋がるかと言われるとやや悲観的だが、サマースプリント路線を考える上ではラブカンプーの復活は大きい。今後も本馬が走るにせよ走らないにせよ、出走してくれば展開のカギを握るうるさい存在になりそうだ。

なお、先週はCBC賞のほかにラジオNIKKEI賞でバビット、巴賞でトーラスジェミニが逃げ切り。結果、日曜の3場メインがすべて逃げ切り勝ちだった。


〜逃げ馬は人気がない方が良い

人気薄の逃げ馬といえば”競馬の古典”ともいえる穴パターンだが、先週ほど鮮やかに各場で逃げが決まるのも珍しい。しかもいずれも人気薄だっただけに、大きなインパクトを残した。

逃げ馬を狙うポイントはいくつかあるが、その中でも重要なことを以下の2点だ。

1つめは、人気薄であればあるほど良いということである。やはりマークをされないことが逃げ切りの大きな条件であるから、もし逃げ馬を狙うならば人気がない方が良い。印がついていて安心するというファンも多いが、逃げ馬に関していえば印がついていたら不安に、印がなければ強気になる意識が大事である。

2つめは、相手に内枠を選ぶということである。先週のメインを見ても巴賞は3番枠のミラアイトーンが7番人気2着、CBC賞は6番枠のアンヴァルが11番人気2着、さらにラジオNIKKEI賞では2番枠のディープキングが5番人気2着と、いずれも内枠の人気薄が馬券に絡んだ。逃げ馬をもし狙うなら、ヒモには内枠を重視することを忘れないでおきたい。逃げ馬が内枠を連れて来る…は本コラムでも以前紹介したが、現代競馬の鉄板の波乱パターンなのである。


七夕賞展望/大穴候補

さて、今週末は福島で夏の名物ハンデ重賞・七夕賞が行われる。過去10年で9頭の2ケタ人気馬が馬券に絡んでいるように波乱になるレースだが、今年も混戦模様、16頭フルゲートが揃った。

というわけで例年通りの波乱があるとみて、2ケタ人気想定馬の中から怖い馬を2頭、根拠とともにご紹介したい。

レッドローゼス
昨年の同舞台福島民報杯の勝ち馬で、函館記念では2番に気を集めたように能力は高い。近走は結果出ていないが、スムーズで差しが届く流れになれば出番があっても驚けない。ローカル重賞で怖い石川騎手も◎。

アウトライアーズ
昨年の関門橋ステークス以来馬券に絡めていないが、その際に騎乗していた丸田騎手とは好相性。関門橋Sの他にも、昨年の小倉記念10番人気6着、今年の小倉大賞典でも12番人気で5着などローカル重賞での人気薄であと一歩まで迫っている。今年の相手関係なら、馬場次第で出番があっても良い。福島芝2000mは丸田騎手自身得意でかつてダンスアジョイ福島記念を、メドウラーク七夕賞を制している。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月4日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019七夕賞
閲覧 1,272ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



7月7日(日) 福島11R 第55回七夕賞(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)

マルターズアポジー 57kg(B)
この中間は2週前の南W、1週前の北Cコースでの併せ馬ともに先着していて、近走の中では良い出来で出走できそう。

ブラックスピネル 57kg(B)
この中間は2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。前走時は併せ馬で遅れたが、今回の1週前は併せて先着と上積みもありそうな感じ。

タニノフランケル 55kg(C)
前走では◎にしたほど調教の時計は良かった。この中間も1週前追い切りではCWを3頭併せで追い切られて好内容。前走の最終追い切りは坂路だったので、今回はCWで追われてくるほうが良いかもしれない。

ウインテンダネス 56kg(C)
休み明けの目黒記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前とCWで好時計が出ている。それも外を回って終いの時計が速く、変わり身を感じられる内容。

ロシュフォール 55kg(A)
この中間は南W、坂路、芝コースと好時計が出ており、前走重賞3着時の勢いそのままにといった印象の良い出来。

ストロングタイタン 57kg(A)
中山金杯からの休み明け。調教ではもともと好時計の出る馬だが、この中間も2週前、1週前といつも以上に速い時計が出ていて、調子は良さそう。

ミッキースワロー 57.5kg(D)
この中間は1週前に時計は出しているがいつものように強く追われておらず、疲れが残っているのかもしれない。

アウトライアーズ 54kg(D)
4月に2戦使われたが、当時の調教内容はこの馬としては全然時計が出ていなかった。この中間も物足りない印象の残る時計だが、1週前の併せ馬では先着していて、前回よりはまだ良いほうかもしれない。

クレッシェンドラヴ 55kg(B)
ここ2戦とも、追い切りには鞍上の内田博騎手が騎乗して追われていたが、この中間も先週内田博騎手騎乗で坂路を併せ馬。先着を果たしており、調子は良さそう。

クリノヤマトノオー 55kg(B)
この中間は2ヶ月ほど間隔が空くが、2週前、1週前に強めに追われて速い時計をマークと、順調そう。これで最終追い切りが馬なりで、楽に時計が出ているようなら。

エンジニア 54kg(C)
普段は南Wで乗り込まれている馬だが、工事中のためこの中間は坂路での調整。時計的には出ているほうで、調子は悪くなさそう。

カフェブリッツ 54kg(B)
休み明けでの参戦。この中間は2週前の坂路、1週前のCWと好時計をマーク。特に1週前は3頭併せで先着と出来は良さそう。

ロードヴァンドール 55kg(A)
天皇賞(春)からの休み明けだが、かなりの乗り込み量で、CW、坂路で好時計も出ていて出来は良さそう。

ソールインパクト 54kg(B)
宝塚記念にも登録していたが、こちらに回ってきた。それもあって、乗り込み量は豊富。前走同様、調教師自らが騎乗して追い切られており、馬なりでのもので時計自体はそれほど出ていないが、内容的には好印象。

ゴールドサーベラス 54kg(E)
この中間は北Cコースでの調整。時計が平凡で物足りない。

ベルキャニオン 55kg(B)
この中間も乗り込み豊富。もともと調教では時計の出る馬だが、1週前に坂路で一杯に追われて好時計が出ており、叩き2戦目での上積みがありそう。



◇今回は七夕賞編でした。
夏競馬も始まり、2歳馬が続々とデビューして早くも来年のクラシックに向けて戦いが始まっています。
私も、『ウマニティPOG』など各メディアが主催するPOGに毎年参加していますが、その中でも佐藤洋一郎さんが主催するPOGでは20数名でドラフト会議を行い、毎年ドキドキとワクワクの馬選びが行われます。特に1位指名、2位指名、3位指名はプロ野球のドラフト会議のような緊張感があり、希望の馬を選択できた時には、それはもう新馬戦を勝ったかのような嬉しさがあるものです。
昔は写真を見たり血統を見たりして馬選びをしていたのですが、なかなか好成績を上げることができず......。それが、5年前くらいに方針をガラっと変えたところ、メジャーエンブレム、ケーアイノーテック、ワグネリアングランアレグリアと、G1を勝ってくれる馬を毎年のように指名することができるようになり、近年は毎年上位争いに加わることができています。
今年も10頭( https://pog.umanity.jp/user/?user_id=2b477d5ec3 )指名したうち4頭がデビュー、2頭が勝ち上がりと好スタートを切れているので、どの馬も無事に1年間走り続けて、運よく大きなレースに勝ってくれることを期待しています。

それでは次回、函館2歳S編(予定)でお会いしましょう。


七夕賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年2月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】裏開催小倉は異端ジョッキー丸田に注目/フェブラリーS展望
閲覧 1,606ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は少頭数の重賞が3レース行われたが、メンバーが薄かった京都記念よりも、注目は3歳戦。共同通信杯ダノンキングリーが無敗での重賞初制覇、クイーンCは人気のクロノジェネシスが中団からキッチリ差し切り、桜花賞戦線へ名乗りを上げた。

ダノンキングリーに関しては距離延長が課題にはなりそうだが、NHKマイルCまで見据えればG1戦線に有力馬誕生として良さそうだ。クロノジェネシスも気性面に課題を抱えるものの、まずは順当に今季初戦を飾り、またゆったりとしたローテで本番に臨める点は大きなアドバンテージになりそうだ。

昨年はシンザン記念からの直行ローテで桜花賞を制したアーモンドアイの他にも、フィエールマンブラストワンピースなど、主にノーザンファーム勢の異例ローテでのG1参戦がたびたび見られるようになっており、クロノジェネシスのクイーンCからの直行ももはや割引にはならないだろう。

現状3歳は牡馬牝馬ともに混戦模様だが、ココから主役級の注目馬が出てきてくれることを期待したい。


~先週も穴連発! 丸田騎手の狙いどころ

さて、東西の重賞レースの陰に隠れる形にはなっているが、先週から小倉競馬も開幕した。そして早速、6番人気、10番人気の穴馬で2勝を挙げるなど、6番人気以下の伏兵馬を合計4度も馬券圏内に持ってきたのが丸田恭介騎手だ。

丸田騎手は筆者も以前から注目している穴ジョッキーで、特に、ローカル小回りでの腕達者ぶりには目を見張るものがある。昨年も数少ない騎乗機会の中から、11番人気メドウラークでの七夕賞制覇や、小倉大賞典で15番人気ながら2着と好走したクインズミラーグロなど、印象的な穴馬を持ってきている。

同騎手は(実態がどうかはともかくとして)何かと内枠有利、先行有利が叫ばれる現代競馬において、”外枠”や”差し馬”を頻繁に持ってくるところに大きな特徴がある。先週穴をあけたアウトライアーズも道中はほぼ最後方、そしてトーセンアルバータは7枠15番だった。

その理由を書き出すと一度のコラムでは紙幅が足りなくなってしまうので割愛するが、道中の溜めを作るのが上手い丸田騎手らしい傾向と言えるだろう。まして、騎手の仕掛けどころや位置取りひとつで大きく着順が変わるのがローカル競馬。昨年大穴を出した小倉大賞典に乗り馬がいないのは極めて残念だが、それでも今週の土日はともに小倉で、合計14鞍に騎乗予定がある。これだけ騎乗数があれば、どこかで一発穴を持ってきてくれるのではないか?

一応ザックリとした狙いどころを書くならば、ダートよりは芝の方がより良く、そして内枠よりは外枠で怖い、というのが特徴だろうか。特に芝の中距離以上は特注なので、芝1800mや2000m、2600mなどで丸田騎手を見かけたら、とりあえず押さえには加えておくべきだろう。

もう何度目になるかわからないが、

「上手い騎手よりわかる騎手」

というのが、騎手で穴を獲るための基本でもある。丸田騎手のみならず、ローカル競馬には穴ジョッキーのヒントが多く隠されている。得意騎手を見つけて、今後の馬券にどんどん生かしていきたい。


フェブラリーSの伏兵馬&注目の藤田騎手コパノキッキングの可能性は?

さて、今週はいよいよ今年最初のJRAG1・フェブラリーSが行われる。連勝中のインティ、そして昨年の覇者ゴールドドリームなど、ルヴァンスレーヴの不在は残念だが、ダートの強豪がそこそこ揃い楽しみな一戦になりそうだ。

基本的におかしな伏兵が突如激走することはめったにないレース。例えば、かつて単勝万馬券を出したコパノリッキーなども、その後の活躍を考えれば度重なる不利などで気づかれていなかっただけで強い馬だったのは間違いない。

そういう意味で、今年伏兵で注目したいのはサンライズソアだ。昨年はJBCクラシック~チャンピオンズCでいずれも3着とあと一歩及ばなかったが、使われつつ力を付けてきているのは間違いない。

今回はデムーロ、ルメール、モレイラといった面々が乗ってきた本馬に田辺騎手が騎乗するため、騎手のネームヴァリューも含めて人気面では少し落ちそうだ。だが、田辺騎手は先行馬の脚を残すのは実に上手なジョッキーだ。インティサクセスエナジーらの先行馬が引っ張る流れを上手く好位で追走できれば、実績上位の馬たちにひと泡吹かすシーンが見られるかもしれない。

なお、注目の藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングは、馬と騎手の相性自体はなかなか良さそうなイメージだ。過去にもビックリシタナモートロピカルスパートといったダートの差し追い込み系で結果を出しているように、当たりの柔らかい藤田騎手にとって、コパノキッキングは良きパートナーだ。

あとはマイルがどうかというところなので、思い切って溜めてどこまで伸びて来られるかという勝負だろう。馬の末脚を信じて直線の決め手に賭けられるかどうか、そして、先週の東京ダートのように外が伸びる馬場になるかがポイントになりそうだ。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2018年7月6日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年07月06日
閲覧 1,208ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年7月7日()の凄馬!>
極凄馬
函館1R 2歳未勝利
マノラム(+5.9)

極凄馬
中京1R 2歳未勝利
セプタリアン(+4.0)

超凄馬
函館11R 五稜郭ステークス
マイスタイル(+3.7)

超凄馬
福島10R 松島特別
アウトライアーズ(+3.3)

超凄馬
函館10R 八雲特別
ゴールドギア(+3.2)

超凄馬
中京7R 3歳未勝利
リンディスファーン(+3.0)

超凄馬
福島12R 3歳以上500万以下
デザートスネーク(+2.9)

超凄馬
函館8R 3歳以上500万以下
ルーズベルトゲーム(+2.3)

超凄馬
函館12R 噴火湾特別
レイダー(+2.1)

超凄馬
福島1R 障害3歳以上未勝利
トラキアンコード(+2.1)

超凄馬
函館3R 3歳未勝利
リノワールド(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年7月8日、集計数:32,259レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年1月6日() 14:00 【ウマニティ】
第326回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~中山金杯 G3
閲覧 1,126ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさん明けましておめでとうございます!今年も当コラムを宜しくお願いいたします(^^)/

早速ですが、本日は中山11R「中山金杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析します。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ダイワキャグニーからデニムアンドルビーまでの3頭。
第2グループ(黄)は、フェルメッツァからタイセイサミットまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンマタコイヤからブラックバゴまでの6頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表全体を見渡しても1.0以上の溝がない稀に見る混戦、絞るのが大変そうです、、。

私の本命は◎ウインブライトにしたいと思います。3歳春の若竹賞、スプリングステークスを見ても明らかに中山コースだとラストの伸びが違います。皐月賞は枠順的にどうしようもなかったですし、内枠を引いた今回はかなり期待できそう。先行馬が総崩れした前走でも勝ち切るあたり、どんどん力をつけていますし、今年の活躍が楽しみです。

相手は先行馬、内枠を意識して、○セダブリランテス、▲アウトライアーズ、△ブラックバゴダイワキャグニーデニムアンドルビー、☆マイネルミラノと印を打ちます。

【馬連流し】
1→4,5,6,7,9,14

【3連複流し】
1

6

4,5,7,9,14

計11点

[もっと見る]

2017年5月26日(金) 10:45
【濃霧注意報DX】~日本ダービー(2017年)展望~
閲覧 2,205ビュー コメント 0 ナイス 7



 皆さんは、東京競馬場に行かれたことがあるでしょうか。
 私のような地方民にはなかなか縁遠い場所ではありますが、それでも20年以上競馬ファンでいると、足を運ぶ機会は何度もありました。G1の開催日を狙って遠征してみたり、お目当てのレースはなくとも、首都圏に住む旧友達と会うための場所として利用してみたり、近くまで用事があった際にぶらりと立ち寄ってみたり……などなど、私なりに色々な表情の東京競馬場を見てきたつもりです。
 そんな中でも最も印象に残っているのが、2002年、タニノギムレットが勝ったダービーの日。この日が私にとって初めての”生ダービー”だったのですが、何というか……朝からもう雰囲気が違ったのですよね。人の数が普通の開催とは段違いでしたし、1レース発走前にも関わらず、メイン前後かと錯覚するようなファンの熱気。メインが近づくに連れて熱量は増していき、お目当てのダービーの直線では十数万人の興奮や歓声に当てられ、いつしか私もこれでもかと言わんばかりに叫んでいました。
 そして思いました。これがダービーか、と。
 それから随分と年を重ねましたが、あの日以降もずっと、ダービーというレースからは上手く言葉では表現できない”特別な何か”を感じています。恐らく同じ経験や感覚を持つ方も少なくないと思うのですが、そんな特別なレースで予想も的中できたら最高ですよね。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 まだ発走までは2日あります。興奮や緊張は抑えて、今は冷静に予習を繰り返しておきたいところ。私もこのレースは毎年毎年冷静さを欠いた予想を披露してしまっていますので、コラム執筆を通しながらしっかりと自分の予想も組み上げていきたいですね。
 それでは、前置きが長くなりましたが……日本ダービー展望、まいります。



 今年のダービーを考える上で最も大きなカギを握るのが、皐月賞組の評価。
 既に皆さんもご存知の通り、今年の皐月賞は9番人気-4番人気-12番人気という大波乱の結果となりましたが、ここでの上位陣がダービーでも存在感を発揮すると考えるのか、或いは着順を落とすと考えるかによって、買い目は全く違ってきます。
 今年の皐月賞で注目すべき点は、極めて速い時計での決着だったということ。
 上位陣が本当に強くて速い時計になったという可能性もありますが、この日の中山芝コースは異様なまでに速い時計の出る馬場に変貌しており、能力差というよりはこの特殊な馬場への適性差が勝負を分けたように思えてなりません。
 実際に、時計的にはかなりのハイレベルで走れているはずの10着馬プラチナヴォイス、12着馬アウトライアーズ、13着馬トラストは、メンバー的にはだいぶ落ちるはずのNHKマイルカップにおいても着順はほとんど上がらず、見せ場すらなく敗れています。
 指数などを見ても皐月賞というレース自体は高い数値を示していますが、それが”本当の強さ”を示しているのかは少し疑ってみるべきではないかと考えます。
 この観点を踏まえると、例年ならば真っ先に馬券圏内候補となる皐月賞上位組は、今年に限れば非常に悩ましい存在に映ってきます。
 順番に触れていくと……まずは皐月賞馬のアルアイン
 ここまで5戦4勝、敗れたシンザン記念は致命的な不利があってのもので、実質崩れていない馬ではありますが、皐月賞前までのレースレベルはかなり平凡。上がり上位の末脚を使うことも少なく、ダート寄りの母系を持つディープインパクト産駒という血統も考えると・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

アウトライアーズの口コミ


口コミ一覧

七夕賞🎋穴馬

 青龍白虎 2020年7月9日(木) 19:20

閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 9

前走は成績は悪いが
丸恭騎乗のアウトライアーズ
2000mタイム1584だがこの時の斤量57キロ
今回は54キロこの3キロを1キロ2で換算
すると換算タイムは1位だが
まあ偏見だが個人的には狙う😁✌

 ☆コノホシカツ☆ 2020年7月6日(月) 15:49
七夕賞『GⅢ』ハンデ★出目★
閲覧 230ビュー コメント 0 ナイス 6

2020年7月12日 2回福島4日
★八白友引(ゾロ目注意)

福島11R(15:45)芝2000
第56回 七夕賞『GⅢ』 ハンデ

【日盤出目】
「枠」
2クレッシェンドラヴ、パッシングスルー
5ノーブルマーズ、ソールインパクト
8リュヌルージュ、レッドローゼス
「馬」
②ウインイクシード
⑤マイネルサーパス
⑧アウトライアーズ
⑫ヴァンケドミンゴ
⑮リュヌルージュ
⑱---16頭立て

【時盤出目】
「枠」
◆3マイネルサーパス、ジナンボー
「馬」
◆⑥ジナンボー

【九星出目予想】
「枠」
★4エアウィンザー、アウトライアーズ
☆3マイネルサーパス、ジナンボー
*8リュヌルージュ、レッドローゼス
*6ヒンドゥタイムズ、ヴァンケドミンゴ
*5ノーブルマーズ、ソールインパクト
*4アウトライアーズ、エアウィンザー
枠連4-3・8・6・5・4
「馬」
★⑥ジナンボー
☆⑤マイネルサーパス
*④パッシングスルー
*⑬ブラヴァス
*③クレッシェンドラヴ
*⑫ヴァンケドミンゴ
*⑮リュヌルージュ
*⑨ノーブルマーズ
馬連⑥-⑤④⑬③⑫⑮⑨

[もっと見る]

 タキマサ 2020年4月22日(水) 11:50
今週の重賞
閲覧 576ビュー コメント 0 ナイス 16

福島牝馬S G3

◎デンコウアンジュ
○リュヌルージュ
▲エスポワール
△アロハリリー
ランドネ
 カリビアンゴールド

フローラS G2

◎スカイグルーヴ
○ウインマリリン
▲ホウオウピースフル
△キングスタイル

マイラーズC G2

◎インディチャンプ
○ヴァンドギャルド
▲フィアーノロマーノ
△アウトライアーズ
ワイドファラオ
 ヴァルディゼール

馬体写真をみて今のところはこんな感じです。
福島は馬体写真がないのでほぼ直感です。

有難うございました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アウトライアーズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アウトライアーズの写真

アウトライアーズ

アウトライアーズの厩舎情報 VIP

2020年5月23日メイステークス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アウトライアーズの取材メモ VIP

2020年2月23日 小倉大賞典 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。