ワグネリアン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
ワグネリアン
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年2月10日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績11戦[5-1-2-3]
総賞金49,273万円
収得賞金16,650万円
英字表記Wagnerian
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミスアンコール
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ブロードアピール
兄弟 テンダリーヴォイスカントル
前走 2019/11/24 ジャパンカップ G1
次走予定

ワグネリアンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 15224.323** 牡4 57.0 川田将雅友道康夫458(-4)2.26.2 0.336.6⑥⑥⑥⑧スワーヴリチャード
19/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1671418.745** 牡4 58.0 福永祐一友道康夫462(-10)1.56.8 0.634.0⑪⑪⑨アーモンドアイ
19/08/18 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 147123.724** 牡4 57.0 福永祐一友道康夫472(+4)2.00.3 0.235.9④④ブラストワンピース
19/03/31 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 14228.243** 牡4 57.0 福永祐一友道康夫468(+8)2.01.1 0.135.1⑦⑦⑧⑧アルアイン
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 10332.721** 牡3 56.0 藤岡康太友道康夫460(+10)2.25.6 -0.134.2⑦⑦⑥⑤エタリオウ
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1881712.551** 牡3 57.0 福永祐一友道康夫450(-2)2.23.6 -0.134.3④⑤⑥④エポカドーロ
18/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 16123.517** 牡3 57.0 福永祐一友道康夫452(+2)2.01.6 0.835.2⑪⑪⑩⑫エポカドーロ
18/03/04 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 10783.622** 牡3 56.0 福永祐一友道康夫450(-4)2.01.2 0.233.7⑤⑤⑤④ダノンプレミアム
17/11/18 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 7331.411** 牡2 55.0 福永祐一友道康夫454(+4)1.46.6 -0.534.6⑤⑤④ルーカス
17/09/16 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 9221.911** 牡2 54.0 福永祐一友道康夫450(0)1.49.3 -0.433.0⑦⑥ディロス
17/07/16 中京 5 2歳新馬 芝2000 10784.021** 牡2 54.0 福永祐一友道康夫450(--)2.04.7 -0.032.6④④⑤⑤ヘンリーバローズ

ワグネリアンの関連ニュース

 令和元年最後のJRA・GIホープフルSが28日、中山競馬場で13頭によって争われ、福永騎乗の1番人気コントレイルが上がり3ハロン最速タイの末脚で抜け出し、デビュー3連勝を飾った。この後は皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する。1馬身半差の2着が3番人気ヴェルトライゼンデ、2番人気ワーケアが3着だった。

 ミッション・コンプリートだ。東スポ杯2歳Sを2歳レコードで制したコントレイルの強さは、舞台が中山に替わっても揺らがなかった。2000メートルの距離も、荒れた芝も問題なし。好位追走から直線で素早く抜け出し、デビュー3戦3勝でGIをゲットだ。

 「前走が時計が出やすい状況でのレコード勝ち。今回は時計がかかる状況でコーナーも4つのコース形態と、求められる要素が違う中で勝てたのがすごい。この先、彼がどれだけ活躍できるか占う重要な一戦だったけど、上手な競馬をしてくれた」

 新馬戦1着以来の騎乗で任務を遂行した福永騎手は、ホッとした様子だ。東スポ杯を圧勝し、陣営は来年の日本ダービーを強く意識した。ただ、あり余るスピードに燃えやすい性格。育て方を間違えれば、短距離向きになりかねない。それだけに今回、4番手で折り合い、ほぼ完璧な立ち回りができたことは大きかった。2着馬との1馬身1/2差は前走に比べれば地味かもしれないが、鞭を入れたのは、先頭に立ってフラフラしたのを修正した1発だけ。最後は流して「内容も結果も言うことなかった」と、鞍上も完勝をアピールだ。

 リスグラシュー有馬記念に次ぐ2週連続GI勝利となった矢作調教師も満面の笑み。「生まれて1週間でウチに来ることが決まった馬だけど、ディープにそっくりだと思った」と日本最強馬の父ディープインパクトの面影が漂う当歳時から、並々ならぬ才能を感じていた。育成時期に球節を痛め、半年ほど乗れなかったときもあったが無傷3連勝でのGI奪取に「ポテンシャルはものすごい」と驚くばかりだ。

 「返し馬の感じが新馬戦のときと違って弾んでいたからうれしかった。こういうものは後天的につくものではないから。楽しみなパートナーとクラシックへ向かっていけるのはワクワクする」

 昨年、ワグネリアンでダービージョッキーの勲章を手にした福永騎手もほれ込む。皐月賞への直行策も、陣営の期待の表われだ。JRAラストGIを制した逸材は、中山に広がった青空のような無限の可能性を秘めている。 (板津雄志)

★注目のタイトル争い

 今年のJRA賞最優秀2歳牡馬部門は激戦必至だ。コントレイルのライバルとなるのが、GIIIサウジアラビアRCを2歳コースレコードで勝ち、GI朝日杯FSも制したサリオス(美・堀、牡)。コントレイルと同じくデビューから3戦3勝で、重賞はGIとGIIIが各1勝、GIIIをレコード勝ちしている点も同じだ。近年、朝日杯を勝った馬で最優秀2歳牡馬を逃した馬はいないが、結果はどうなるか。発表は来年1月7日の予定だ。



★「ホープフルS」の着順&払戻金はこちら

【東西現場記者走る】ペールエール、デビュー以来最高のデキ 2019年12月10日(火) 05:05

 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。朝日杯FSは、大阪サンスポの斉藤弘樹記者(40)が担当する。栗東トレセンで迎えた初日は、ダイワメジャー産駒のペールエールに注目。父譲りの力強さを備え、状態面もピークに近い。ゲート、レースセンスともに高く、今の馬場にも合いそうだ。

 前回密着を担当したジャパンCワグネリアン)から、チャンピオンズC(インティ)、阪神JFクラヴァシュドール)と、GIの本命馬が3週連続で3着…。もどかしい気持ちだが、40歳を迎えて最初の密着担当。何とかスカッと勝ち馬を導き出して、詰めの甘さを払拭したい。

 朝日杯FSと同舞台の阪神JFは、レシステンシアが1分32秒7の2歳コースレコードで圧逃。連載初日は、同じダイワメジャー産駒のペールエールに注目した。

 3番手から横綱相撲で抜け出した昨年の勝ち馬も同産駒のアドマイヤマーズ。脚質的にも似た存在で、先行馬が簡単に止まらない今の馬場は合いそう。山下助手を直撃すると、「馬格があってしっかりしているし、ダイワメジャーらしい力強さがありますね」というコメント。500キロ近くある迫力十分の好馬体からも、父の良さを受け継いでいるようだ。

 前走のD杯2歳Sは、好位から伸びきれず3着。それでも、インをロスなく立ち回った差し馬が上位になった展開を思えば、悲観する内容ではない。加えて、最大目標の一戦に向けて、中間は攻めの姿勢を貫いているのは強調材料。1週前はCWコースの3頭併せで一杯に追われて、6ハロン79秒8-11秒8の猛時計。年長馬で重賞ウイナーのトロワゼトワルを豪快に抜き去った。「初めてあそこまでやりました。まだ伸びしろがあるなかで、あれだけ動けますからね」と同助手。まさに勝負仕上げで、デビュー以来最高のデキで臨めそう。

 今回、人気が予想されるライバル勢は末脚を伸ばすタイプが多く、「ゲートセンスが良く、操縦性が高い」と山下助手が話すセールスポイントが生きそう。展開面で優位に立てそうで、確実に上位争いに顔をのぞかせてきそうな1頭だ。 (斉藤弘樹)



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】大人びたウーマンズハート、深川助手自信 2019年12月6日(金) 05:09

 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。阪神ジュベナイルフィリーズ(JF)は、3年続けて馬券プレゼントに成功している東京サンスポ・千葉智春記者(35)が担当する。栗東トレセンでの4日目は、デビュー連勝で新潟2歳Sを制したウーマンズハートに注目。母、兄、叔父と一族を担当してきた深川助手にGIへの手応えなどを探った。

 寒風が吹き込んだ木曜朝はウーマンズハートを追跡した。新潟マイルの新馬戦、新潟2歳Sとも上がり3ハロン32秒台の末脚を使ってV。2歳時に同33秒0以下を2度マークしたのは、のちの日本ダービーワグネリアン(新馬戦、野路菊S)のみ。末脚のすごさが分かる。ただ、夏の新潟2歳Sからの臨戦は【0・2・1・4】。桜花賞ハープスターでも2着だったので、仕上がりを見定めたい。

 追い切り翌日は厩舎周辺の運動。作業を終えたところで深川助手を直撃した。「前走時より大人になりました。体はひと回り、気性的にはふた回り成長しましたね」。馬房に近づくと愛くるしく顔を寄せてくる。「かまないから大丈夫」と笑う世話役は、母レディオブパーシャ、現オープンの兄デザートストーム、叔父のサドンストーム京王杯2歳S2着)&ティーハーフ函館SS勝ち)も担当。母系の特徴を熟知している。

 これまでの一族は短距離指向だが、ハーツクライ産駒のウーマンズにはまたがった瞬間、「1200メートルではない」と思ったという。「バネ、柔らかみがあり、跳びもきれいですから」。自然と桜花賞を見据え、夏場に広いコースのマイル戦を求めて新潟で連戦した。今回は初の右回りとなるが「左右のバランスが取れているので問題ないと思います」ときっぱりだ。

 ティーハーフは記者にとっても思い出深い。週刊ギャロップ所属時、育成時に北海道で取材して印象に残っている。「評判馬でしたよね。ただ、若いときは心身ともに伴っていない中、能力だけで走っていました」と同助手。「(ハートも)良くなるのはまだ先。間隔をあけたのはプラスです」。放牧先で成長を促し、帰厩から1カ月半はジワリと状態を上げてきた。「ピークに持ってこられました。体重は今日(5日)で470キロ(前走から14キロ増)。プラス1桁台は成長分と思っていいです」。

 定年まで残すところ1年3カ月の西浦調教師は、「レディオブパーシャから預けてくれた縁。4歳、5歳と良くなる血統だし、ますます楽しみなんです」。最後のクラシックだけでなく、定年後の活躍も期待する。その前に2歳女王の座を-。可能性は十分にありそうだ。(千葉智春)



阪神JFの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

有馬ファン投票~1位アーモンドアイが参戦視野に調教再開 2019年12月5日(木) 17:09

 「第64回有馬記念」(12月28日、中山、GI、芝2500メートル)のファン投票最終結果が発表され、GI・6勝の最強牝馬アーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、牝4最)が10万9885票を獲得し、初の最多得票に輝いた。同馬は熱発で香港カップ遠征を取り止めたが、グランプリ参戦も視野に入れて、本格的な調教を再開。2位は今回がラストランとなるリスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎、牝5歳)が9万4357票で続いた。

 ◎アーモンドアイ 12月5日 美浦Wコース・良馬場 5ハロン74秒9-58秒9-44秒7-14秒5 馬なり

 国枝栄調教師「ファン投票1位はみんなの期待のあらわれだから、うれしいことです。ありがとう。すごいねぇ。追い切りは熱発してから初めてなので、少し慎重になったけど、動き的には大丈夫だね。(熱発の)影響は感じないし、特に何の問題もない。(出走できる)準備はしていきます」

【第64回有馬記念ファン投票=最終結果】1位 △アーモンドアイ 10万9885票2位 ○リスグラシュー 9万4357票3位 ○キセキ 9万3224票4位 ○サートゥルナーリア 8万3491票5位 ×ブラストワンピース 7万5047票6位 ○フィエールマン 6万8451票7位 ○ワールドプレミア 6万7887票8位 ○スワーヴリチャード 6万1599票9位 ○レイデオロ 6万0594票10位 ×ワグネリアン 5万8115票11位 ×ラッキーライラック 4万9732票12位 ○アルアイン 4万6494票13位 ○シュヴァルグラン 3万9831票14位 ×オジュウチョウサン 3万6467票15位 ×ラヴズオンリーユー 3万3392票16位 ×ダノンプレミアム 2万7764票17位 ○ヴェロックス 2万6578票18位 ○アエロリット 2万6180票19位 ×クロノジェネシス 2万5048票20位 ×ユーキャンスマイル 2万4606票※出否はサンスポ調べ…○は出走意思あり、△は未定、×は回避濃厚

アーモンドアイの競走成績はこちら

[もっと見る]

ワグネリアンなど友道勢3頭が有馬回避 2019年12月1日() 05:00

 友道厩舎所属馬で、ジャパンC3着ワグネリアン(牡4)、同4着マカヒキ(牡6)、同5着ユーキャンスマイル(牡4)の3頭は、いずれも有馬記念(22日、中山、GI、芝2500メートル)に出走しないことが30日、明らかになった。友道調教師は「有馬には行きません。年内は休養します」と回避を表明。3頭とも放牧に出されている。

[もっと見る]

【プレビュートーク】南、ゴールドドリーム断然の底力! 2019年11月26日(火) 11:39

 村瀬 ジャパンCはひどい馬場。あれだけ降ると内を開けて馬群が外を回るのが普通なのに、外の水たまりがはけずにインに密集する形でした。

 南 道中ラチ沿いに張りついとった(5)スワーヴリチャードと(1)カレンブーケドールのワンツー。あれやと外の馬たちに出番はなかったな。

 村瀬 ですね。◎ワグネリアンは3着。カレンの後ろにつけられたスワーヴと違って、前のウインテンダネスがバテましたから。仕方ない。さ、反撃を期して今週は中京でダートチャンプ決定戦。去年の覇者ルヴァンスレーヴ以外はほぼベスメンという感じですね。

 南 そやな。フェブラリーSのワンツーが順調に夏を越したし、気鋭の3歳もおる。ワシはなかでも◎ゴールドドリームに注目。目移りしそうやけど、この馬の安定感は抜けとるで。

 村瀬 底力の違いってやつかな。一昨年のこのレース以降、(1)(2)(1)(1)(2)(2)(2)(1)(3)着。それも全部GIですからね。頭が下がる思いです。

 南 1週前はルメールJを背にCWコース6F81秒0、ラスト1F11秒6で、ケイアイノーテックに2馬身先着。さすがの動きやったで。

 村瀬 南部杯は台風の影響で前日に乗れなかったらしいですもんね。ひと叩きして激変かな。

 南 平田師は「しっかりやれたし、手応えも良かった。GIを前にして、改めてこの馬はすごいと思う。上積みはあるし、中京に替わるのもいい」ゆうて何の心配もない様子。ムードは抜群にええよ。

 村瀬 なるほど。ボクも◎候補。ギリギリまで考えたいけど、ウェスタールンドも気になるんです。去年2着時のイン突きが強烈だったんで、本番を見据えてみやこSでも◎を打ったほど。

 南 裂蹄持ちやから、寒くなりすぎると良くない馬。まだ大丈夫やろけどな。佐々木師は「前走は休み明けで半信半疑。今回は状態がかなりいい。左回りに替わるのも歓迎」やて。スミヨンJも左回りがええゆうとるみたい。

 村瀬 さすが、1回の騎乗で見抜いたのかな。前走はものすごい乱ペースでリズムを崩されたけど、ボクは一番強い競馬をしたと思ってます。

 南 そこまで印が回るかどうか。春のチャンプもおるし。

 村瀬 インティですね。みやこSではもまれ込んでかわいそうでした。今はハナじゃないとダメなのかな。

 南 野中師も腹を決めたみたいやで。「悔いを残したくないので、行きます」と逃げ宣言。「前走はモロさが出てしまったが、競馬をしていないのでダメージはない。この舞台は2戦2勝だし、武豊Jが癖をつかんでくれている」ゆうて反撃へ意欲満々や。

 村瀬 なるほど。ただ、先行馬が結構いるんですよね。無傷5連勝の3歳馬クリソベリルもそのなかの1頭。これが1番人気かな。

 南 どやろな。とにかく一方的な競馬ばかりで、併せてどうなるかとか見たことないわけやから。

 村瀬 ですよね。一気の相手強化だもんなあ。

 南 音無師は「558キロで帰厩(前走時539キロ)。緩く見えるのは血統的なもので、そのあたりは大丈夫だと思う。どちらかというと良馬場のほうがいい」ゆうとった。新馬戦以外はすべて雨馬場やのにな。

 村瀬 不確定要素が増えるって意味でしょうね。で、浦和で開催されたJBCクラシック組が続く形。上位2頭はほぼ同着でもいいくらいの接戦でした。

 南 チュウワウィザードの大久保師は「ヒヤヒヤものだったけど、よく勝ってくれた。久々であれだけ走れば、競馬のしやすい中京に替わって楽しみ」。今なら東海S(2着)で2馬身差をつけられたインティとも互角にやれるんちゃうか。

 村瀬 2着オメガパフュームにはデットーリJが乗りますね。前走は勝ったと思ったほどの際どさでした。

 南 安田翔師は「心身ともに大人になって、ナーバスなところがなくなってきた。ようやく思いどおりのメニューをこなせている」と進化を強調。左回りの浦和を克服したわけやし、去年(5着)より前進してもええやろな。

 村瀬 ただ、あの早めまくりを中京で再現できるかとなると、また別問題かもしれません。

 南 みやこS勝ちのヴェンジェンスは7F専科のイメージを前2戦ですっかり覆した。その前走後に大根田師は「よく我慢して乗ってくれた。2走前(太秦S2着)の経験を生かしてくれた」と。あと大穴ならミツバ。和田Jが「坂路では動かないが、CWでは今までにない動き。すこぶるいい感じだ」ゆうて絶好の手応えやった。

 村瀬 ボクはそこまで手を出せないなあ。ま、しっかり見極めて結論を出したいですね。



チャンピオンズカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワグネリアンの関連コラム

閲覧 1,690ビュー コメント 0 ナイス 5

ジャパンカップはマーフィー騎手が騎乗したスワーヴリチャードが、昨年の大阪杯以来となるG1・2勝目。直線は進路取りに迷うところもあったが、最後は最内を突いて力強く伸びて来た。初来日の際にも好騎乗を連発していた同騎手だが、これで日本のG1初勝利となった。ぬかるんだ馬場でもしっかり走らせる技術も光った。

2着には最内枠の3歳牝馬カレンブーケドール、3着に2番枠ワグネリアン。津村騎手も完璧に乗っているが、今回は勝ち馬の力が上だったということだろう。土曜日の雨で荒れた馬場状態だったものの日曜日はインの方が有利で、ジャパンカップも内で溜めた馬たちが上位を占めた。

スワーヴリチャードはどうやらこのあと有馬記念に向かう公算が高い模様。2年前、キタサンブラックの引退レースとなった同レースでは4着に敗れているが、今回はどこまでやれるか。有力馬が軒並み有馬記念への出走を表明しており、また一枚、メンバーに厚みが加わったことになる。今から3週間後の本番が楽しみになってきた。

もっとも今年のジャパンカップは外国馬ゼロが非常に大きな話題となったが、国内馬のメンバーのレベルも高くはなかった。そのことは有馬記念の予想をする際も忘れないでおきたい。


チャンピオンズカップのポイントは展開

さて、今週末は秋のダートチャンピオン決定戦・チャンピオンズカップ。昨年の覇者ルヴァンスレーヴこそいないものの、一昨年の覇者ゴールドドリーム、今年のフェブラリーSの覇者インティ、さらに4歳オメガパフュームに無敗の3歳馬クリソベリルなど、今年も豪華メンバーが揃った。

そんな中で、今年のポイントは展開だろう。もともと展開に左右されやすいレースで、3年前は先行勢がやり合う形となりサウンドトゥルーが4コーナー13番手からの差し切り勝ち。一方で2年前はコパノリッキーがスンナリ逃げて9番人気ながら3着に粘り、2着に2番手から運んだテイエムジンソクがそのまま粘り込んだ。

今年は前哨戦となるみやこSと武蔵野Sがいずれも厳しい流れで差し馬の台頭が見られた。だが、みやこSでハイペースを演出したスマハマリアンヴェリテは今回出走をしていない。さらに武蔵野Sで逃げて流れを作ったドリームキラリも、今回の顔ぶれの中に名前はない。

前走、厳しい展開に巻き込まれた上に不利もあり惨敗を喫したインティが、今回は武豊騎手に手綱が戻る。陣営はフェブラリーS同様の積極策を示唆するが、これを追い掛ける組がいるのか、いないのかもポイントになりそう。2枠4番という絶好枠を引けたので、インティが内枠からスンナリ行く流れになれば、先行有利&イン有利の決着になる可能性がある。他方、インティに絡む馬がいて隊列が忙しくなれば、差し馬の台頭が見られそうだ。

現時点での本命候補はチュウワウィザード。流れがポイントと書いたが、ハイペース、スローペースいずれの流れにも対応できそうなのがチュウワウィザード。デビュー以来13戦して、連対をしなかったのはわずかに2度だけ、その2度も3着と、つまり一度も馬券圏内を外していないのが本馬。とにかく自在に流れに乗れるので、今回も大崩れなく走る可能性が高い。あとは週末の馬場状態と陣営のコメントなどから展開を読んで、前を取るか、後ろを取るかを考えたい一戦だ。

チャンピオンズカップの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月29日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/23~11/24)蒼馬久一郎プロがJC◎▲○的中! 夢月プロは京阪杯○◎▲! 伊吹雅也プロは日曜パーフェクトで大幅プラスを達成!
閲覧 737ビュー コメント 0 ナイス 4


 
23(土)に行われたG3京都2歳S、24(日)に行われたG1ジャパンC、G3京阪杯ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
24(日)G1ジャパンCを◎スワーヴリチャードカレンブーケドールワグネリアンの予想でパーフェクト的中、3連単2点勝負的中を含め単勝・馬連・3連複・3連単総獲りを記録しました。週末トータルでは、回収率103%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
23(土)G3京都2歳Sで3連複的中を披露すると、24(日)は京都11RオータムリーフSG1ジャパンCG3京阪杯と3戦3勝! 土日2日間トータル回収率226%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
24(日)G1ジャパンCを◎スワーヴリチャードで的中すると、続くG3京阪杯では、○ライトオンキューアイラブテーラーカラクレナイの印3頭のみという予想を披露し5万6460円の払戻しを達成しました。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
23(土)京都1R2歳未勝利京都7R3歳以上1勝クラス、24(日)東京9Rシャングリラ賞的中などの活躍を披露。トータル回収率は116%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
23(土)東京1R2歳未勝利東京7R3歳以上1勝クラス東京12R3歳以上2勝クラス、24(日)京都8R3歳以上2勝クラスG3京阪杯といった的中を披露した先週。トータル回収率は116%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも【U指数】3連単プリンスプロ(319%)、【U指数】馬単マスタープロ(197%)、おかべプロ(183%←2週連続週末プラス)、dream1002プロ(169%)、金子京介プロ(146%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、ゼット1号プロ(139%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(117%)、くりーくプロ(116%)、山崎エリカプロ(116%)、マカロニスタンダーズプロ(104%)、馬っしぐらプロ(103%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(103%)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年11月22日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】日本人騎手が合うインディチャンプ/ジャパンカップ展望
閲覧 1,603ビュー コメント 0 ナイス 3

マイルチャンピオンシップは池添騎手が騎乗したインディチャンプが勝利。絶好の5番枠から上手く脚を溜め、直線でダノンプレミアムが抜け出しを図った時点でもまだ追い出しを待つ余裕があった。見た目通りの完勝で、春秋マイルG1連覇を成し遂げた。

ダノンプレミアムはこれでG1連続2着。2歳時に無敗で朝日杯FSを制して以降G1タイトルと縁がないが、川田騎手とともに築いた先行抜け出しスタイルは安定感がある。来年こそ、もっとも適性がありそうな大阪杯を使ってほしい。同じことはダノンキングリーにも言える。来年こそは国内G1でベスト舞台と思える天皇賞(秋)でその姿を見たい。

それにしても、テン乗りでいきなり結果を出した池添騎手は見事だった。インディチャンプは燃えやすい気性で、油断すると掛かって行ってしまうような危うさがあるが、前任の福永騎手同様に見事に脚を溜めて持ち味を生かした。外国人騎手全盛の時代ではあるが、インディチャンプに関しては日本人騎手の当たりの柔らかさが合う印象だ。

騎手の能力は絶対的なものではなく、馬との相性次第。そんなことを考えさせられる結果でもあった。また、数多くいる騎手の中から池添騎手を選択した、陣営の勝利でもあった。予定通りなら、次走は香港マイルへとレーン騎手とのコンビで向かうというが果たしてどのような結果が待っているのか。正直なところ、いかに名手でも当たりがキツいタイプのレーン騎手と手が合うとはあまり思えないのだが…。


~手薄なメンバーで伏兵の出番がありそうなジャパンカップ

さて、今週末はいよいよジャパンカップ。世界各国の強豪が東京2400mを舞台に激突…と言いたいところだが、残念なことに史上初めて日本馬のみで行われることになった。

海外勢の不参戦は残念ではあるが、馬場が速すぎること、何より日本馬が強すぎることが最大要因だろう。日本馬が強くなればなるほど海外勢の参戦が減ってしまうのは残念ではあるが仕方ない。今年は今年のジャパンカップを楽しみたい。

もっとも、その日本勢もやや手薄な印象。天皇賞(秋)を圧勝したアーモンドアイは香港へ向かうことになり、サートゥルナーリア有馬記念へ、その他の組も今年は有馬記念を使う馬が多く、ジャパンカップは”豪華なアルゼンチン共和国杯”のような状況だ。

その中で注目が集まるのは実績組だろうか。昨年のダービー馬ワグネリアンを筆頭に、昨年のジャパンカップ3着馬スワーヴリチャード、G1・2勝のレイデオロ天皇賞(秋)では最後に追い込みの脚が目立ったユーキャンスマイルあたりが人気を集めそうだ。

ただ、どの馬も例年のジャパンカップであれば中穴人気程度の戦績でもあり、正直なところ信頼度は低い。紛れの少ない舞台ではあるが、過去の実績で押し出された人気馬を買うくらいならば、新興勢力に目を向けてみたい。

現時点で期待したい穴馬は2頭。

まずはエタリオウ。未だに最強の1勝馬のままではあるが、今年に入ってからも重賞で安定した走りを見せており、横山典騎手も今回で3走目。前走は完全に脚を余すような内容だったが、もともと相手なりに走れるタイプでもあり、G1の舞台での巻き返しに期待したい。もともとジャパンカップ天皇賞(春)菊花賞など、京都の長距離G1実績馬が強いレースでもある。過去にはトーセンジョーダンジャガーメイルサウンズオブアースエピファネイア他、数多くの伏兵馬が好走しており、その点でもエタリオウの巻き返しが怖い。

もう一頭はルックトゥワイス。こちらは春の目黒記念で待望の重賞初制覇。条件戦でくすぶっていた期間が長かった分、既に6歳ながら今が充実期の印象だ。アルゼンチン共和国杯では明らかに脚を余したが、結果的にはダメージの少ない前哨戦だったとプラスに捉えたい。また、目黒記念をレーン騎手騎乗で制しているように外国人騎手と手が合うタイプで、今回久々に来日するデットーリ騎手に乗り替わるのは大きなプラスだろう。

ジャパンカップの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年11月21日(木) 12:00 覆面ドクター・英
ジャパンカップ・2019
閲覧 2,405ビュー コメント 0 ナイス 14

ジャパンカップというレースは、私が競馬を始めた30年近く前は、「世界の強豪に日本代表が挑むが、敗れる」という挑戦者の立場の大レースでした。外国馬も前評判とは違って、それほどの成績でなくても日本競馬への適性があったら激走してしまったりと、世界との差を感じさせられる時代でした。それが、年々日本馬が強くなり、また高速馬場だと勝負にならないと、とうとう今年は外国馬ゼロの年となってしまいました。現在の最強馬アーモンドアイもおらず、正直、日本馬同士でも最高峰の戦いという感じはしないメンバー構成ですが、近年ほぼ消しで良かった外国馬が来ない分、相対的に日本馬の枠が増えたことで馬券的には面白いとも言えます。友道厩舎の5頭出しも、このくらいの距離を目指した馬づくりをしてきていることの結果とのことですが、すごいですよね。


<全頭診断>
1番人気想定 ワグネリアン天皇賞(秋)では流れが向かずに5着だったが後方にいた時点でノーチャンスなレースだった。友道師は、距離が延びるのは良いとコメントしているし、実力上位なのは確かだが、正直400m延びるのは私自身は、そう歓迎ではないと思っている。ダービー馬で神戸新聞杯も勝ってこの距離で実績を残してはいるが、掛かり気味だったりもよくあり、前走後方となったから単純に距離が延びれば差し切れるかといえばそうでもないのがこのJCだから。JCは前に行って末脚を伸ばすタイプが好走するレースであり、同距離・同コースでも後方待機の瞬発力自慢で十分勝負になるダービーとは違ったレースと考えたほうが良い。

2番人気想定 ユーキャンスマイル:昨秋の菊花賞で3着したのもありステイヤー路線を歩みダイヤモンドS勝ち、春の天皇賞5着とそれなりの結果を出した。夏以降は中距離路線を使ってきて、新潟記念勝ち、天皇賞(秋)でも後方から鋭く差してきて4着と、同期のダービー馬のワグネリアンにも、とうとう先着した。スタミナ面と上昇度を加味すると、今回のJCはこちらが優勢では。

3番人気想定 レイデオロ:昨年の有馬記念2着までは堅実な馬だったが、ドバイ遠征で負けてからは宝塚記念5着、オールカマー4着とすっかりしぼんでしまった。2年前のJCで2着したように適性のある舞台なのだろうが、闘争心を取り戻せるかどうか。能力があるのは今更言うまでもないが……。

4番人気想定 スワーヴリチャード:昨年のJC3着でもあり、得意の左回りで巻き返したいところだろうが、やんちゃさが無くなったとともに終いの頑張りも無くなった。ただマーフィー騎手だと先週のペルシアンナイト同様に衰えてきていても頑張らせる騎乗をしてくるかも。坂路調整に変えてみたりと陣営は工夫しているが、そう簡単には巻き返せないのではという気持ちのほうが強いが。

5番人気想定 カレンブーケドールオークスで2着したようにこの舞台は向く可能性があるし、53kgという斤量も有利。近年は牝馬がやたらと走るレースでもある。ただ古馬や牡馬を押しのけて勝つまでの感じの馬ではないのでは。

6番人気想定 ムイトオブリガード:今回より100m長いアルゼンチン共和国杯の得意な馬で、同レースでは昨年2着、今年は1着と好走を続けている。昔はアルゼンチン共和国杯はG2とは名ばかりの三流ステイヤーのハンデ戦であったが、近年は出世レースとなっていて、似た舞台のここもそこそこやれていいかも。

7番人気想定 シュヴァルグラン:一昨年のJC勝ち馬(本命を打って馬券をとらせてもらった恩義のある馬)で昨年も4着と頑張った。ステイヤー寄りの馬で、前走より距離延びるのは良いのだろうがさすがに年齢的な衰えあり。

8番人気想定 エタリオウ:3月の日経賞2着までは、たくさんの2着を積み重ねてきたが、それ以降は人気より走れない状況で天皇賞(春)4着、宝塚記念9着、京都大賞典5着と得意の2着が遠ざかっている状況。そもそもそう強くないと私自身は初めから思っている馬。横山典騎手が前走後に深いブリンカーに戻したほうがいいと指摘しているように、心身バラバラの状況という印象。

9番人気想定  ルックトゥワイス:今年は目黒記念勝ち、前走アルゼンチン共和国杯でも4着と東京のこのくらいの距離は合う。実績は落ちるが激走可能なレベルにはいる一頭だろう。最近は若い馬が好走するレースだが、デットーリ騎手が乗れば、6歳秋でも最後にひと花というシーンも。(それにしても、デットーリ騎手元気ですよね。30年近く前のJCでも乗っていたし、途中にコカイン所持問題とか、飛行機墜落しても生存したり、色々あった中でまだ世界のトップに君臨してますから)

10番人気以下想定
マカヒキ:一昨年のJCでは4着とそこそこ走れていた馬。この2戦は二桁着順となっているように衰えたダービー馬となってしまっていて、ディープインパクト産駒は不調続きからの巻き返し激走がほとんど無い。

ダンビュライト:今年は京都記念1着、前走の京都大賞典2着と京都だと坂の下りで勢いつけての惰性で走るのが得意なよう。東京では、内へ内へ切れ込んだ事もあり、いい走りは期待薄。

ジナンボー新潟記念で2着して、ようやく重賞でもやれるところを示したディープインパクト×アパパネという良血馬。ただ、距離はやはり2000mのほうが良いのでは。

タイセイトレイル:夏の札幌のあまり向かない洋芝で3着続きだったが、前走は適性舞台となったアルゼンチン共和国杯2着と好走した。ここも適性条件だが、ちょっと荷が重いか。

ダイワキャグニー:リステッド競走を勝っての参戦だが、新潟記念で惨敗しているように、この相手は厳しい。

ウインテンダネス:1年半前の目黒記念勝ち以降はさっぱりで、ここも荷が重い。


<まとめ>
有力:ユーキャンスマイルワグネリアン

ヒモに:ムイトオブリガードカレンブーケドール

穴で:ルックトゥワイス

[もっと見る]

2019年11月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年11月17日号】特選重賞データ分析編(177)~2019年ジャパンカップ~
閲覧 2,677ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ロンジン賞 ディープインパクトメモリアル ジャパンカップ 2019年11月24日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“同年4月以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2009年以降)】
○あり [10-10-9-68](複勝率29.9%)
×なし [0-0-1-72](複勝率1.4%)

 ここ半年の戦績がポイント。過去10年の3着以内馬延べ30頭中、2013年3着のトーセンジョーダンを除く29頭は、同年4月以降にJRAのG1・G2で4着以内となった経験がある馬でした。しばらく大敗が続いている馬、国外やG3・オープン特別のレースを主戦場としてきた馬は、思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→カレンブーケドールユーキャンスマイルワグネリアン
主な「×」該当馬→ウインテンダネスシュヴァルグランダイワキャグニー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が25戦以内」だった馬は2009年以降[10-10-10-95](複勝率24.0%)
主な該当馬→カレンブーケドールユーキャンスマイル

[もっと見る]

2019年10月25日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】注目の2強対決! 天皇賞(秋)の展望&馬券の買い方を考える
閲覧 1,997ビュー コメント 0 ナイス 5

菊花賞武豊騎手のワールドプレミアが勝利。

実は予想段階で過去のレースを振り返った際に、1996年のダンスインザダークもさることながら、2000年のエアシャカールの騎乗を見て、改めて淀の長丁場における武豊は上手いなぁと感心していたのである。

最終的にワールドプレミアは4番手評価に留めたが、スタートから少し促して位置を取り、道中はリラックスして好位追走、4角で各馬が動き出して行った際もまだじっと脚を溜め、直線鮮やかに弾ける。京都の3000mはこう乗れ、という教科書のような騎乗ぶりに改めて唸らされた。

2着福永騎手も同様に、ちょうど3年前のレインボーラインのようなコース取りで淀の3000mを乗り切った。そういえば2007年だったか、春の天皇賞でメイショウサムソンの2着に好走したエリモエクスパイアという馬も福永騎手騎乗だったことを思い出す。大舞台はすっかり外国人騎手が席巻するのにも見慣れてしまったが、京都の長丁場になるとJRAジョッキーの当たりの柔らかさが生きて来る。


~注目の2強はともに有力

さて、今週末は天皇賞(秋)サートゥルナーリアが参戦を表明してくれたおかげで、アーモンドアイとの対決という、この秋G1屈指の好カードが実現した。

アーモンドアイ安田記念で3着に敗れて以来の1戦。安田記念ではスタートで後手を踏んだ上にゴチャつく苦しいスタート。道中は久々のマイル戦もあってかやや置かれ気味だったが、それでも直線は鋭く伸びて上位に迫った。3着とはいえ、文字通り負けて強しと言える内容だ。

負けて強し―。

競馬においてはこの言葉には少々警戒しなくてはいけない。ある意味、不器用で大外を回すしかない馬は、毎度毎度負けて強しのように見えてしまいがちだからである。

だが、アーモンドアイの場合は本来器用な競馬もできる馬である。だからこそ、素直に負けて強しということで良いだろう。東京2000mの方がレースはしやすいはずだし、改めて主役級の評価をしたい。

一方、3歳サートゥルナーリア神戸新聞杯から菊花賞スキップしてコチラに回ってきた。ダービーではレーン騎手初騎乗の上にスタートで後手を踏み、さらに4角では少々強引な押し上げ。結果的に道中でのロスが響き直線は伸び切れなかったが、それでも展開を考えればこちらも負けて強しと言える内容だった。

秋初戦の神戸新聞杯は弾けるような行きっぷりで完勝。ダービーの反省も踏まえて今回は気性面へのケアも念入りのようで、同じ轍を踏む可能性は低いとみる。素直に有力として良いだろう。


~予想と同時に買い方も重要な一戦

本来であれば2強危うし、と書いた方が読者の方の引きは良いのだろうが、センセーショナリズムに走って本来の能力評価を誤っていては元も子もない。今回に関して言えば2強といわれる2頭はどちらも素直に有力視して良いと考えている。何でもかんでも疑うことや捻ることが正解ではない。

しかし、1997年の”バブル&エア対決”が実現した、エアグルーヴバブルガムフェローのワンツー。

2000年、”2度あることは3度ある”のテイエムオペラオーメイショウドトウのワンツー、これらの時代と異なることがある。

それは、馬単、そして、3連複&3連単の存在だ。そう、今は2強が有力でもあと一頭を探すことで、十分儲けに繋げることができる。

1997年であれば、断然人気は2着に敗れたバブルガムフェローの方だったから、馬単ならばそれなりに儲けることが可能だっただろうし、2000年は3着に中穴のトゥナンテが突っ込んできたことで、3連系の馬券はそこそこついただろう。

今回は恐らくダノンプレミアムワグネリアンあたりが2強に次ぐ人気となりそうだが、この2頭ならばワグネリアンを有力視したい。大阪杯札幌記念はいずれも道中で行きたがるしぐさを見せており、今回アエロリットの参戦でペースが引き締まりそうなのは大きなプラス材料だろう。もともと東京コースが得意なタイプであり、過去2度の同舞台では、東スポ杯2歳Sを圧勝、さらにダービー制覇といずれも好内容のレースを見せている。

その他の馬の中では、前述のアエロリット他、スワーヴリチャードアルアインあたりが支持されそうだが、どの馬も一長一短という印象。

アエロリットは2000mになると不安の方が大きく、恐らくベストは1800m以下だろう。

スワーヴリチャードは馬場、枠など条件が揃った宝塚記念で3着止まり。当時は本命にして期待したが、正直物足りない内容だった。

アルアイン大阪杯皐月賞以来久々のG1制覇を成し遂げたが、展開や枠順など、コチラもすべてがハマった印象が強い。どちらかといえば切れ味よりも持久力型で、東京コースへの適性も疑問だ。

以上のことからも、2強以外は案外混戦模様だ。馬券を買うならば、3連複で2強+伏兵。あるいは3連単で2強→2強⇔伏兵、のような買い方も面白いかもしれない。現代競馬は予想も大事だが、それを生かせるかどうかは買い方次第。

予想という”素材”を生かすためにも、良い買い方という”調理方法”を意識して臨みたい一戦だ。個人的に結構自信があるので、当たっても外れても、その顛末はまた次週のコラムでお伝えしたい。

天皇賞(秋)の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワグネリアンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 3

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

11月30日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中山1R  ▲⑪スターファイター

阪神9R  ◎①ブラヴァス

< 上位争い >

中山10R ◎③ガンケン

阪神5R  ◎②ヒメノカリス

11月24日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

京都1R  △⑧エターナリー 2着、1番人気

< 好勝負 >

京都6R  注⑥コパノマーティン 8着、2番人気

< 上位争い >

東京3R  注③ロードオマージュ 2着、1番人気
東京7R  ▲①ジュンライトボルト 2着、2番人気
東京10R △⑦シャンティローザ 13着、5番人気
東京11R 〇②ワグネリアン 3着、2番人気

京都12R ▲⑮エイシンデネブ 7着、5番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

 Haya 2019年11月29日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.11.29.)(チャレンジC、ステイヤー... 
閲覧 404ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今年も残すところ1ヶ月!?クリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節となり、早いもので、もう今週末(日曜)は師走となります。JRAも、今年最後の開催(中山・阪神・中京)へと突入!

我が懐には、本格的な寒波が押し寄せています!さぶゥ~!

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 第11期 最終結果】
第11期(11月2日~24日)8日間(京王杯2歳S~ジャパンC:全13戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3京都2歳Sでは、3頭を推奨。
(ヒシタイザン、マイラプソディ、ロールオブサンダー)
馬番コンピの予想では、(8,6,4,9)ボックス狙いを参考にして、
4番ロールオブサンダー軸で勝負!
ワイド(2-4)、馬連(4-8)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都2歳S」の軸馬ロールオブサンダーは、直線で弾けて優勝…のはずが3着死守。優勝したマイラプソディ、2着入線したミヤマザクラとの着差2馬身+3馬身差は、明らかに能力差…完敗。反省点として、軸馬の選択に失敗?素直に断トツ人気マイラプソディを軸馬にして流すべきだった。オッズを確認しなければ、結果も違っていたはず…残念。


日曜、G1ジャパンカップでは、5頭を推奨。
(エタリオウ、カレンブーケドール、ユーキャンスマイル、レイデオロ、ワグネリアン)
馬番コンピの予想では、(8,1,2,5,9,11)ボックス狙いを参考にして、
9番ルックトゥワイス軸で勝負!
馬連(9⇒1,2,4,5,6,8)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「ジャパンカップ」の軸馬ルックトゥワイスは、直線で弾けて優勝…のはずが4角で最後方?最後まで伸びてはいるが10着惨敗。反省点として、軸馬選択に失敗?相手馬に選定した6頭から3頭がワン・ツー・スリーだったので、基本的に狙い方は間違っていないはず!素直にワグネリアン(川田騎手騎乗)を軸馬にしていれば、結果も違っていたはず…残念。


日曜、G3京阪杯では、4頭を推奨。
(アイラブテーラー、アウィルアウェイ、エイシンデネブ、モズスーパーフレア)
馬番コンピの予想では、(15,12)狙いを参考にして、
14番モズスーパーフレア軸で勝負!
馬連(14⇒6,11,12,13,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「京阪杯」の軸馬モズスーパーフレアは、直線で弾けて優勝…のはずが馬群に沈み込み8着惨敗。相手馬に選択した5頭から2頭がワン・ツー決着。反省点として、軸馬選択に失敗?前走G1スプリンターズS(2着)の残像が、絶対という思い込みにより失敗。基本的に狙い方は間違っていないはず!もう一度、再検証すべきだった…反省。



【先週ブログのなかで推奨した結果】
京都2歳S=ヒシタイザン(6着)、マイラプソディ(1着)、ロールオブサンダー(3着)

ジャパンC=エタリオウ(7着)、カレンブーケドール(2着)、ユーキャンスマイル(5着)、レイデオロ(11着)、ワグネリアン(3着)

京阪杯=アイラブテーラー(2着)、アウィルアウェイ(4着)、エイシンデネブ(7着)、モズスーパーフレア(8着)


【総 括】
今期・第11期(11月2日~24日)8日間(京王杯2歳S~ジャパンC:全13戦)を振り返れば、出足から躓き、後方待機。マクリ気味に中団辺りまで追い上げ、最後の直線で弾けるはずが…?馬群に沈み込んだまま終了。全敗でなかったことだけが、唯一救われました。ただ、7期から10期まで4期連続勝ち越していただけに、残念。今年も残り1ヶ月(第12期)、最後ぐらいは笑顔で締めたいだけに、頑張ります!


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【ステイヤーズS】(芝3600㍍戦)(3歳以上オープン別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(3勝クラス以上)
②ローテーション(中3~9週)
③前走着順(9着以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:エイシンクリック
②該当外:ネイチャーレット、モンドインテロ、ラクエクラテール、ヴァントシルム
③該当外:アルバート、オジュウチョウサン、チェスナットコート、メイショウテンゲン、リッジマン、レイホーロマンス


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2400㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣中山競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

サンシロウ  1⃣(0-3-0-3)50%/50%  2⃣(0-2-1-7)20%/30%
ベイビーステップ  1⃣(1-0-1-6)13%/25%  2⃣(1-0-0-7)13%/13%
*共に50%未満の為、消し

【ステイヤーズSの有力馬】
サンシロウ


【チャレンジカップ】(芝2000㍍戦)(3歳以上オープン別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①馬齢(3~6歳中心)
②ローテーション(中3~9週以内)
③休み明け(2~3戦目)
④前走着順&着差(9着以内かつ着差0.9秒以内)
⑤前走人気(5番人気以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:ベステンダンク
②該当外:トリオンフ、ブラックスピネル、ブレステイキング
③該当外:ゴーフォザサミット、ノーブルマーズ、ハッピーグリン
④該当外:ケイアイノーテック
⑤該当外:ギベオン、ステイフーリッシュ、ロードヴァンドール

【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣阪神競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

テリトーリアル  1⃣(2-2-2-4)40%/60%  2⃣(2-0-2-3)29%/57%
ロードマイウェイ  1⃣(0-0-0-1)0%/0%  2⃣(1-0-0-1)50%/50%

【チャレンジカップの有力馬】
テリトーリアル、ロードマイウェイ
 

【チャンピオンズカップ】(ダート1800㍍戦)(3歳以上オープン定量)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①馬齢(3~6歳中心)
②ローテーション(中4~9週かつ明け2~3戦目)
③前走着順&着差(5着以内かつ着差0.9秒以内)
④前走人気(5番人気以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:ウェスタールンド、キングズガード、ミツバ(除外対象馬:カフジテイク)
②該当外:クリソベリル、タイムフライヤー、モズアトラクション、ワンダーリーデル(除外対象馬:コマビショウ、メイショウワザシ)
③該当外:インティ、テーオーエナジー、ワイドファラオ(除外対象馬:アナザートゥルース)
④該当外:ヴェンジェンス

【該当馬のみ検証】
1⃣(ダ)1800㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣左回り(ダ)実績(連対率/複勝率)

オメガパフューム  1⃣(3-0-0-1)75%/75%  2⃣(0-1-1-2)25%/50%
ゴールドドリーム  1⃣(3-1-0-1)80%/80%  2⃣(6-4-1-2)77%/85%
サトノティターン  1⃣(2-0-0-0)100%/100%  2⃣(5-1-0-2)75%/75%
チュウワウィザード  1⃣(4-2-1-0)86%/100%  2⃣(3-1-1-0)80%/100%
ロンドンタウン  1⃣(3-3-1-6)46%/54%  2⃣(1-1-0-9)18%/18%

【チャンピオンズカップの有力馬】
オメガパフューム、ゴールドドリーム、サトノティターン、チュウワウィザード、ロンドンタウン


【今週の有力馬】
ステイヤーズS=サンシロウ

チャレンジC=テリトーリアル、ロードマイウェイ

チャンピオンズC=オメガパフューム、ゴールドドリーム、サトノティターン、チュウワウィザード、ロンドンタウン


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
ステイヤーズS=中山(芝)3600㍍=S(99)内枠有利
チャレンジC=阪神(芝)2000㍍=C(73)内枠有利
チャンピオンズC=中京(ダート)1800㍍=B(75)偏りナシ

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(京都2歳S)
【馬連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス 6点。
(8,6,4,9)BOX
結果 8⇒6⇒4
指数1位⇒2位⇒3位
結果は、的中…トリガミ。(馬連170円)

(ジャパンカップ)
【馬連】で
馬番コンピ指数2~7位までの6頭ボックス 15点。
(8,1,2,5,9,11)BOX
結果 5⇒1⇒2
指数5位⇒3位⇒4位
結果は、的中!(馬連2900円)

(京阪杯)
【単勝】で
馬番コンピ指数2、3位の2頭2点。
(15,12)
結果 6⇒12⇒7
指数7位⇒3位⇒6位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(ステイヤーズS)
【馬連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス 6点。

(チャレンジC)
【馬連】で
馬番コンピ指数1、2位から
指数3~6位までの4頭へ流して8点。

(チャンピオンズC)
【ワイド】で
馬番コンピ指数3位から
指数4~10位までの7頭へ流して7点。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 あかつき1984 2019年11月28日(木) 00:30
JC、見事的中!!
閲覧 311ビュー コメント 0 ナイス 8

G1での勝利はやはり嬉しいもの。

ジャパンカップは、馬場の助けもあり、見事的中!

◎5.スワーヴリチャード
〇8.レイデオロ
▲1.カレンブーケドール
△2.ワグネリアン
△6.ユーキャンスマイル
△11.シュヴァルグラン
△9.ルックトゥワイス
△4.ムイトオブリガード

5-1-2

馬連
三連複
三連単

全的中は、気持ちよかった!!!

この調子で残りをすべて当てたいところです。

さて、次回は「チャンピオンズカップ」ですが、
まだ枠順も決まっていないうちから予想するのもどうかと思いますが、
人気どころ決着では、とは思ってます。

前走、59kgと障害馬並みに斤量を背負わされて、
鞍上は知らないやつ乗せられて(笑)、
外から目いっぱい追われて、沈んだインティ。

みやこSではもちろん1円もかけてませんでした笑

ただ、今回は東海Sで勝ったステージ、57kgで武豊も乗ってくれる。

前回ほど評価は下げないと思いますが、本命にするのも少し怖い。

枠も決まっていないので、今のところの予想は以下の通りです。


◎チュウワウィザード
〇ゴートルドドリーム
▲クリソベリル
△インティ
△ヴェンジェンス
△オメガパフューム
△ワイドファラオ
△ワンダーリーデル

あたりかと。
ワイドファラオが、ユニコーンSで見せた走りを中京でも見せる可能性はあるし、
オメガパフュームも、左回りが不得意とも言い切れず。

楽しみです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワグネリアンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:40人 2019年10月24日(木) 16:55:53
第160回天皇賞・秋

社台の共同馬主クラブ(「キャロットF」「シルクR」「サンデーR」)同士の対決!vs金子真人HD(個人名義)

ロードカナロア産駒の最強馬同士対決!vsディープインパクト産駒ダービー馬同士の対決!

いずれにせよ
全て、ノーザンファーム生産馬の闘い!!
1:
  おかき   フォロワー:0人 2017年9月30日() 12:00:06
ヤバいくらい強い

ワグネリアンの写真

ワグネリアンの厩舎情報 VIP

2019年11月24日ジャパンカップ G13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワグネリアンの取材メモ VIP

2019年11月24日 ジャパンカップ G1 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。