今週の重賞レース

2020年10月3日( シリウスステークス G3
2020年10月4日( スプリンターズS G1
京都新聞杯 G2   日程:2020年5月9日() 15:35 京都/芝2200m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 5 6

ディープボンド

牡3 56.0 和田竜二  大久保龍 482(-2) 2.11.7 10.7 4 35.4 ⑤⑤⑥⑥
2 7 11

マンオブスピリット

牡3 56.0 北村友一  斉藤崇史 490(+2) 2.11.7 クビ 8.6 3 35.1 ⑨⑩⑨⑧
3 7 10

ファルコニア

牡3 56.0 川田将雅  角居勝彦 444(-6) 2.12.0 1 1/2 6.0 2 36.0 ⑧⑦④④
4 6 8

アドマイヤビルゴ

牡3 56.0 藤岡康太  友道康夫 430(0) 2.12.1 1/2 1.4 1 36.1 ④④④④
5 6 9

イロゴトシ

牡3 56.0 小崎綾也  牧田和弥 472(+4) 2.12.5 2 1/2 316.5 13 36.2 ⑦⑦⑥⑥
6 1 1

メイショウダジン

牡3 56.0 幸英明  松永昌博 466(+6) 2.12.6 1/2 64.2 8 35.7 ⑨⑨⑨⑨
7 5 7

キングオブドラゴン

牡3 56.0 坂井瑠星  矢作芳人 482(+2) 2.13.1 32.0 7 37.3 ③③③②
8 8 12

サペラヴィ

牡3 56.0 秋山真一  相沢郁 450(-22) 2.13.4 86.4 9 36.2 ⑪⑪⑪⑩
9 4 4

キッズアガチャー

牡3 56.0 高倉稜  田所秀孝 542(+6) 2.13.8 2 1/2 136.7 11 36.5 ⑬⑫⑪⑫
10 4 5

ホウオウエクレール

牡3 56.0 川須栄彦  宮徹 488(-2) 2.14.1 90.7 10 38.5 ②②②①
11 2 2

アンセッドヴァウ

牡3 56.0 藤岡佑介  中竹和也 462(0) 2.15.5 204.3 12 37.4 ⑫⑫⑬⑬
12 8 13

プレシオーソ

牡3 56.0 北村宏司  清水久詞 468(+2) 2.16.2 19.6 5 39.3 ⑤⑤⑥⑩
13 3 3

シルヴェリオ

牡3 56.0 西村淳也  池添学 508(+10) 2.16.9 25.0 6 41.4 ①①①②
ラップタイム 12.4 - 10.3 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 12.0 - 12.5 - 11.7 - 12.0
前半 12.4 - 22.7 - 34.5 - 46.4 - 58.3
後半 60.9 - 48.2 - 36.2 - 23.7 - 12.0

■払戻金

単勝 6 1,070円 4番人気
複勝 6 560円 4番人気
11 430円 3番人気
10 300円 2番人気
枠連 5-7 1,260円 4番人気
馬連 6-11 4,290円 11番人気
ワイド 6-11 880円 9番人気
6-10 630円 7番人気
10-11 600円 6番人気
馬単 6-11 9,580円 23番人気
3連複 6-10-11 4,540円 15番人気
3連単 6-11-10 39,450円 107番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:291,519人(09月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【京都新聞杯2020予想】ファルコニア「いい状態で送り出せそう」イロゴトシ「距離が延びるのもいい」

 ◆アンセッドヴァウ・中竹師 「力むことなくいい動き。キャンターがきれいなので芝でも走れると思う」

 ◆イロゴトシ・牧田師 「動きは良かった。使って良化しているし、距離が延びるのもいい」

 ◆キッズアガチャー・田所師 「予定通りの調整でいい動き。初めての芝でスピードに乗っていけるかどうか」

 ◆キングオブドラゴン・矢作師 「追い切りは軽い調整になってしまったからね…」

 ◆サペラヴィ・相沢師 「前走は出遅れたり、気性の難しさが出た。順調にきたので、折り合いさえつけば」

 ◆シルヴェリオ池添学師 「当週は、しまいに気合をつけるくらいで大丈夫。先週、先々週と3頭併せでやり、時計も十分だったからね」

 ◆ディープボンド・大久保師 「中2週でサッとやったけど、動きは良かった。前走は意外に馬場をこなしてくれた。京都はいいと思う」

 ◆ファルコニア・小滝助手 「我慢がしっかり利いて、最後も切れるような感じで上がってきました。いい状態で送り出せそう」

 ◆プレシオーソ・清水久師 「指示通りの内容。デビューが遅くてダートから使ったが、走りはきれいなので芝もこなすと思う」

 ◆ホウオウエクレール・宮川助手 「馬なりでやって、いい状態を維持。相手は強くなるけど、気分良く逃げる形でどこまで通用するかですね」

 ◆マンオブスピリット・北村友騎手 「メリハリが利いてスッと反応してくれた。乗りやすくて距離はこなせそう。能力は感じました」

 ◆メイショウダジン・松永昌師 「動きは良かった。初芝の前走でも最後は伸びていた。時計がかかってほしい」

京都新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:291,519人(09月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【京都新聞杯2020予想】減点ナシは5頭!トップ評価は前走出遅れ響いたあの馬!

【所属】

2010年以降の1~3着以内30頭の所属を確認すると、いずれも栗東所属馬。美浦所属の馬は疑ってかかるべきだろう。

【近走着順】

2010年以降の3着以内30頭のうち29頭は、近2走内に芝のレースで2着以内の経験があった。例外は2018年1着のステイフーリッシュ1頭のみ。同馬は2走前のホープフルSで3着に善戦していた。G1以外のレースで3着以下が続いている馬や、近走の良績がダートに偏っている馬は割引が必要となる。

【前走新馬・未勝利組】

2010年以降、前走で新馬・未勝利戦に出走していた馬の好走例は皆無。初勝利を挙げたばかりの馬は劣勢を強いられている。

【キャリア】

2010年以降の2着以内20頭のキャリアをみると、かなり幅広い印象を持つ。ただし、条件以下のクラスで4着以下敗退歴がある、キャリア3戦以内馬の連対はゼロ。該当馬に手を出すのはリスクが高い。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、アドマイヤビルゴアリストテレスシルヴェリオディープボンドファルコニアの5頭。最上位にはファルコニアを挙げたい。前走のスプリングSは出遅れたうえ遅い流れで、早めに動く格好に。そのぶん詰めが甘くなったが、3着とはハナ差。発馬五分なら前進を期待できる。

差のない2番手にアドマイヤビルゴ。2010年以降、オープン特別からの臨戦馬が未勝利である点はネックも、素質の高さと連勝の勢いで、あっさりクリアする可能性も十分に考えられる。残りの3頭、アリストテレスシルヴェリオディープボンドも要警戒の存在。立ち回りひとつで上位争いを演じる力はある。

<注目馬>
ファルコニア アドマイヤビルゴ アリストテレス シルヴェリオ ディープボンド

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【京都新聞杯2020予想】指数85.0未満の馬はすべて4着以下!

低指数馬同士の組み合わせはNG

指数下位の馬が毎年のように3着以内に入り、捉えどころの難しい一戦という印象を受けるものの、指数86.0未満の馬が2頭以上絡んだケースはゼロ。指数86.0未満の馬同士を組み合わせた馬券は推奨できない。

指数3~7位が安定

指数上位馬はやや苦戦傾向だが、まったく狙いが立たないというわけではない。なかでも、指数3~7位馬の安定性は高く、毎年欠かさず馬券に絡んでいる。悩むようであれば、3~7位のなかから連複の軸を選ぶのもひとつの手だ。

指数85.0未満は苦戦必至

通用するのは基本的に指数85.0以上。2014年以降、指数85.0未満の馬はすべて4着以下に敗れている。

※データは2014年以降の傾向

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。
ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【京都新聞杯2020予想】マンハッタンカフェに所縁のある血統が大活躍、ディープインパクト産駒も毎年上位を賑わす

昨年は母の父マンハッタンカフェのレッドジェニアルが単勝34.6倍の人気薄で勝利していたが、マンハッタンカフェは種牡馬としても、2017年プラチナムバレット、2010年ゲシュタルト、2009年ベストメンバー、2008年メイショウクオリア、と4頭の勝ち馬を出す活躍をみせている。なお、2011年には母がマンハッタンカフェの全妹にあたるクレスコグランドが勝利しており、やはり京都新聞杯を語るうえでは欠かせない血統と言えるだろう。

ほかでは、2015年と2012年に1~3着までを独占しているディープインパクト産駒も好相性で、勝ち馬に関しては母系にCrafty ProspectorやSecretariatの血を引く傾向が見受けられる。昨年も7人気の伏兵サトノソロモンが3着と善戦していたが、母の父Elusive City経由でSecretariat(Gone Westの母の父)を抱えていた。

アドマイヤビルゴは、父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ(母の父Elusive City)。母は2009年仏1000ギニー-仏G1など重賞を4勝。昨年3着のサトノソロモンは全兄にあたるが、馬体重は100kg以上の差があるようにタイプは異なる。しなやかなストライドで駆けるので京都外回り替わりは好印象。懸念材料は週末の雨予報くらいだろう。

サペラヴィは、父ローズキングダム×母セミニョン(母の父マンハッタンカフェ)。父がキングカメハメハ系、母の父がマンハッタンカフェという血統構成は、昨年の勝ち馬レッドジェニアルと同じ。芙蓉Sでは皐月賞・4着のウインカーネリアンとハナ差の接戦を演じており、水仙賞ではスプリングSの勝ち馬で皐月賞・3着のガロアクリークに先着。一見するとムラのある成績も、瞬発力勝負に泣かされている節があり、持続力の生きる展開になれば血統的にも怖い存在。

ファルコニアは、父ディープインパクト×母カンビーナ(母の父Hawk Wing)。母は2011年アメリカンオークス-米G1など重賞を3勝。全兄トーセンカンビーナは2020年阪神大賞典の2着馬で、先週行われた天皇賞(春)でも5着に好走している。前走スプリングSはいかにも切れ負けという敗戦で、惰性をつけて走れる京都外回りの方が狙いやすい。

ディープボンドは、父キズナ×母ゼフィランサス(母の父キングヘイロー)。いとこにローレルゲレイロやリキサンマックスがいる血統。父がサンデーサイレンス系、母の父がLyphard系という血統構成は、2017年プラチナムバレットや2016年スマートオーディンと同じ。母や近親の成績からは逃げてこそのタイプにも思えるが、前々でしぶとく立ち回れれば重賞でも侮れない。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【京都新聞杯2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年5月4日() 京都/芝2200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 レッドジェニアル 酒井学 2:11.9 34.6 11 34.7 94.2
2 3 ロジャーバローズ 浜中俊 2:11.9 クビ 5.2 2 35.3 94.2
3 6 サトノソロモン B.アヴドゥラ 2:12.3 2 1/2 13.0 7 35.3 92.1
4 5 ナイママ 柴田大知 2:12.3 ハナ 32.6 10 35.5 92.1
5 7 タガノディアマンテ 松山弘平 2:12.5 1 1/4 4.1 1 35.9 91.0
2018年5月5日() 京都/芝2200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 ステイフーリッシュ 藤岡佑介 2:11.0 12.8 7 34.6 100.3
2 8 アドマイヤアルバ 岩田康誠 2:11.3 1 3/4 26.3 11 34.3 98.7
3 15 シャルドネゴールド H.ボウマン 2:11.3 ハナ 10.2 4 33.9 98.7
4 2 グローリーヴェイズ 浜中俊 2:11.4 3/4 6.5 2 34.3 98.1
5 6 メイショウテッコン 松山弘平 2:11.4 クビ 30.4 12 35.0 98.1
2017年5月6日() 京都/芝2200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 11 プラチナムバレット 浜中俊 2:15.2 4.2 2 33.6 93.9
2 3 サトノクロニクル 川田将雅 2:15.2 アタマ 3.9 1 34.0 93.9
3 2 ダノンディスタンス 和田竜二 2:15.2 クビ 17.9 6 34.2 93.9
4 5 サトノリュウガ 池添謙一 2:15.3 1/2 6.8 5 33.9 93.4
5 8 ミッキースワロー 菊沢一樹 2:15.3 ハナ 6.3 4 34.1 93.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【京都新聞杯2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2013年の優勝馬キズナ

かつては菊花賞トライアルだったが、大幅な番組改編があった2000年以降は秋開催から春開催に移り、ダービーの前哨戦として機能している。時期移設初年の第48回(2000年)のアグネスフライト、第61回(2013年)のキズナと、2頭の勝ち馬が続くダービーを制している。また、第52回(2004年)の勝ち馬ハーツクライ、第53回(2005年)の覇者インティライミは、ダービーで2着に入る健闘を見せた。

歴史と概要をもっと見る

京都新聞杯特集 バックナンバー