会員登録はこちら
京都新聞杯 G2   日程:2019年5月4日() 15:35 京都/芝2200m

レース結果

京都新聞杯 G2

2019年5月4日() 京都/芝2200m/14頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:2分09秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 12

レッドジェニアル

牡3 56.0 酒井学  高橋義忠 480(0) 2.11.9 34.6 11
2 3 3

ロジャーバローズ

牡3 56.0 浜中俊  角居勝彦 494(-6) 2.11.9 クビ 5.2 2
3 4 6

サトノソロモン

牡3 56.0 B.アヴド  池江泰寿 550(+4) 2.12.3 2 1/2 13.0 7
ラップタイム 12.6 - 10.5 - 12.3 - 12.2 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.1
前半 12.6 - 23.1 - 35.4 - 47.6 - 60.0
後半 59.5 - 47.1 - 35.3 - 23.6 - 12.1

■払戻金

単勝 12 3,460円 11番人気
複勝 12 790円 11番人気
3 220円 3番人気
6 480円 8番人気
枠連 3-7 1,440円 5番人気
馬連 3-12 8,490円 34番人気
ワイド 3-12 2,520円 34番人気
6-12 4,480円 44番人気
3-6 1,150円 12番人気
馬単 12-3 19,180円 74番人気
3連複 3-6-12 25,360円 90番人気
3連単 12-3-6 214,830円 634番人気

京都新聞杯のニュース&コラム

【3歳次走報】レッドジェニアル、酒井騎手で日本ダービー
 ★京都新聞杯1着レッドジェニアル(栗・高橋忠、牡)は、引き続き、酒井騎手とのコンビで日本ダービー(26日、東京、GI、芝2400メートル)に参戦する。青葉賞2着ランフォザローゼス(美・藤沢和、牡)は、福永騎手で、皐月賞15着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡)は、武豊騎手との新コンビで向かう。ほか京都新聞杯2着ロジャーバローズ(栗・角居、牡)、4着ナイママ(美・武藤、牡)も出走する。 ★無傷の3連勝で兵庫CSを制したクリソベリル(栗・音無、牡)は、ジャパンダートダービー(7月10日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に向かう。 ★京都新聞杯10着ヴァンケドミンゴ(栗・藤岡、牡)は、ラジオNIKKEI賞(6月30日、福島、GIII、芝1800メートル)を目標にする。
2019年5月9日(木) 05:01

 450

【京都新聞杯】令和初の重賞ウイナーはジェニアル!
 京都新聞杯(芝2200メートル)が4日、京都競馬場で14頭によって争われ、酒井騎乗で11番人気のレッドジェニアルが中団から鮮やかに差し切って重賞初制覇。令和初のJRA重賞ウイナーに輝くとともに、日本ダービー(26日、東京、GI、芝2400メートル)へ弾みをつけた。2着は2番人気のロジャーバローズ。1番人気のタガノディアマンテは5着に敗れた。 快晴に恵まれたゴールデンウイークの淀で、令和初の重賞タイトルを手にしたのは11番人気の伏兵レッドジェニアルだ。鮮やかに差し切って重賞初制覇。賞金を加算して日本ダービー出走を確実にした。 「本当にしばらく重賞を勝っていなかったので、とにかくうれしいです」と2014年の菊花賞(トーホウジャッカル)以来、4年半ぶりの重賞制覇となった酒井騎手が顔をほころばせた。 外め(12)番枠から抜群のスタートを切ると、スッと中団馬群へもぐり込んだ。前に壁が作れなかった前走と違い、リラックスして脚をためられたことで、直線に向いて末脚が爆発。「4コーナーを回るときに手応えはあったし、手応え通りしっかり反応してくれました」。メンバー最速の上がり3ハロン34秒7の脚を繰り出して、逃げ粘るロジャーバローズをゴール前でクビ差捕らえた。 デビュー当初から高い能力を感じていた陣営が、出世の妨げとなっていた精神面に工夫をこらし、ギリギリで競馬の祭典に間に合った。 「(装着する)鞍を厩舎で置くなど、なるべくテンションを上げないようにしたのがよかった。無駄なエネルギーを使わなかったし、馬の理解度もありました」と高橋忠調教師は一戦ごとの成長を口にした。距離適性を考慮して、デビューから5戦は全て2000メートル以上を選択したことも実を結んだ。 トレーナーは「東京に行ってどうなるか」と長距離輸送をポイントに挙げたが、鞍上は「きょうのような競馬をすれば、しっかり走れる力を証明できた。ダービーの大舞台でも頑張ってくれると思います」と力を込めた。フランス語で“素晴らしい”を意味するジェニアル。その名のとおりの輝く未来に向けて、快進撃を続ける。 (斉藤弘樹)レッドジェニアル 父キングカメハメハ、母レッドアゲート、母の父マンハッタンカフェ。黒鹿毛の牡3歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績5戦2勝。獲得賞金6430万8000円。重賞初勝利。京都新聞杯は高橋義忠調教師、酒井学騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+素晴らしい(仏)。王道を突き進む快進撃を期待して」。
2019年5月5日() 05:04

 569

【京都新聞杯】ロジャー、惜敗2着も賞金加算で夢舞台!
 2番人気のロジャーバローズは、マイペースの逃げをうって2着を確保。賞金を加算して日本ダービーへの出走をほぼ確定的にした。 浜中騎手は「前回はイレ込んでいたみたいですが、きょうは我慢できていた。切れるタイプじゃないのでリズムよく運んで、勝ち切れたと思ったけど…」と振り返った。角居調教師は「よく踏ん張りましたね。きょうは落ち着いていましたけど、次は東京への輸送があるのでそのあたりが課題ですね」と大舞台を見据えた。
2019年5月5日() 05:03

 467

【京都新聞杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆アヴドゥラ騎手(サトノソロモン3着)「ラストはよく伸びた。これから伸びる馬だと思う」 ◆柴田大騎手(ナイママ4着)「意識的に位置を取りにいった。最後は決め手で見劣りました」 ◆松山騎手(タガノディアマンテ5着)「無理せずにいい位置で競馬ができました。ただ、最後の1ハロンで止まってしまいました」 ◆福永騎手(ブレイキングドーン6着)「いい時と比べるとトモの踏み込みが甘い」 ◆池添騎手(ヒーリングマインド7着)「ずっと(馬群の)外を回らされたのが、きつかったです」 ◆藤岡佑騎手(オールイズウェル8着)「折り合いはついたが、追ってから伸びず。距離は少し長いかも」 ◆藤井騎手(モズベッロ9着)「いい感じで2番手に収まったが、距離が長いかも」 ◆藤岡康騎手(ヴァンケドミンゴ10着)「ずっと促しながらの追走。疲れがある感じがしました」 ◆武豊騎手(トーセンスカイ11着)「いい位置を取れたけどね。完成するのはまだまだ先だと思う」 ◆北村友騎手(フランクリン13着)「のどが鳴っていた。伸びるかどうかと思いましたが、バテました」
2019年5月5日() 05:03

 559

京都新聞杯のニュースをもっと見る >

【京都新聞杯】追って一言
 ◆ヴァンケドミンゴ・藤岡師 「間隔が詰まっているので併せ馬でもサラッと。前走で切れる脚があるのはわかったので、ゲートさえうまく出られれば」 ◆オールイズウェル・佐々木師 「月曜日に本追い切りを済ませていい状態をキープ。ここ2走はゲートが悪かったり、不利を受けたりで不完全燃焼。何とか巻き返したい」 ◆サトノソロモン・池江師 「前回は馬がイレ込んでいたということなので、今回はソフトな仕上げ。動きも先週よりよくなっています」 ◆タガノディアマンテ・松山騎手 「併せ馬でラストはいい形。物見をしたり、乗り難しい面もあるので、しっかり折り合いをつけるのがポイントとなりそうです」 ◆トモジャチャーリー・国分優騎手 「動きはよく、デキは変わりない。芝はやってみないとわかりませんが、距離は延びた方がよさそう」 ◆トーセンスカイ・藤原英師 「攻めも悪くないし、一戦ずつ成長している。坂の下りを利用できる京都は合う。成長と経験をどれだけ生かせられるか」 ◆ナイママ・柴田大騎手 「先週にしっかりやれたし、速すぎずちょうどいい。体が増えて肉付きも良くなった。京都2200メートルの舞台もいい」 ◆ヒーリングマインド・松田師 「先週はCWで折り合いをつけて、今週は坂路。少し難しい面もあるが、トモの踏み込みがよく、股関節の可動域も広い」 ◆フランクリン・北村友騎手 「CWでやったら時計もよく、いい感じでした。距離が延びると息遣いの心配はあるが、集中して走れればポテンシャルは高くて操縦性もいい」 ◆モズベッロ・藤井騎手 「初めて乗りましたが、馬の気配やクセも感じられて感触もよかった。オッと思わせるものもあるので、レースが楽しみです」 ◆レッドジェニアル・高橋忠師 「攻めは馬なり。精神的に落ち着きを欠く面があるので、輸送時間の短い京都はいいと思います」★京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月2日(木) 05:04

 1,605

【京都新聞杯】ブレイキングドーン反撃態勢
 巻き返しへ、万全の態勢だ。ブレイキングドーンはCWコースで僚馬のカフジキング(1000万下)と併せ馬。6ハロン標識から追走し、半マイルあたりで体を並べると、推進力のあるダイナミックな動きで6ハロン82秒2-12秒0をマーク。この中間から装着したチークピーシズの効果で集中した走りを見せ、1馬身半先着した。調教評価は最上級の「S」だ。 前走のGI・皐月賞こそ本来の行きっぷりを欠いて11着に敗れたが、GI・ホープフルS5着、GII・弥生賞3着と今回のメンバーでは実績上位。中竹調教師も「いい動きだったね。実戦でもチークをつけて集中力が出れば。ズブいぐらいだから(1ハロン)距離が延びるのはいいし、メンバー的にも能力を出し切れば十分にやれていい馬」と一変での重賞初Vに期待を寄せる。★京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月2日(木) 05:04

 893

【3歳次走報】ウィクトーリア、オークス視野も出否は未定
 ★ニュージーランドT3着ヴィッテルスバッハ(美・池上、牡)は24日に帰厩。NHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)に備える。 ★サンスポ賞フローラSを制したウィクトーリア(美・小島、牝)は、オークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)を視野も、出否は未定。 ★皐月賞10着ナイママ(美・武藤、牡)は、引き続き柴田大騎手とのコンビで京都新聞杯(5月4日、京都、GII、芝2200メートル)が有力。僚馬でフリージア賞を勝ったアトミックフォース(牡)はプリンシパルS(5月4日、東京、L、芝2000メートル)へ。 ★ファルコンS6着ヴァッシュモン(美・栗田、牡)はプリンシパルS。3月10日に中山の500万下(芝2000メートル)を勝ったザダル(美・大竹、牡)も石橋騎手で同レースに参戦。 ★アーリントンC10着ミッキースピリット(栗・音無、牡)は、あやめ賞(5月11日、京都、500万下、芝1400メートル)へ。僚馬で14日阪神の未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったミッキーバディーラ(牝)は、5月12日京都の500万下戦(芝1600メートル)に向かう。
2019年4月24日(水) 05:00

 766

プロ予想家の的中情報


京都新聞杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月4日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv109 
220円 11,000円
Lv107 
220円 880円
Lv106 

4,480円
790円
70,200円
Lv106 
220円 4,400円
Lv105 
3,460円 173,000円

的中情報をもっと見る >

京都新聞杯過去10年の結果

2018年5月5日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2017年5月6日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2016年5月7日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都新聞杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2200m

関西の日本ダービー最終便。2008年以降の連対馬のステップを検証すると、前走重賞組については、皐月賞は1桁着順かつ0.9秒差以内、皐月賞以外は2着以内という条件を、ほとんどの連対馬が満たしている。日本ダービーの前哨戦に位置付けられているレースだけに、G1で大敗した馬や、皐月賞のステップレースで凡走した馬の変わり身は難しい。それよりも、注目すべきは前走500万下組の強さ。とりわけ、前走1着馬は6勝を含む10連対という抜群の成績を残しており、前走重賞組が信頼に足りない場合は、有力な軸馬候補となる。舞台となる京都芝2200mは、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が十分あるうえ、最後の直線も約400mと長く、展開的な紛れの少ない形態である。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京都新聞杯の歴史と概要


2013年の優勝馬キズナ

かつては菊花賞トライアルだったが、大幅な番組改編があった2000年以降は秋開催から春開催に移り、ダービーの前哨戦として機能している。時期移設初年の第48回(2000年)のアグネスフライト、第61回(2013年)のキズナと、2頭の勝ち馬が続くダービーを制している。また、第52回(2004年)の勝ち馬ハーツクライ、第53回(2005年)の覇者インティライミは、ダービーで2着に入る健闘を見せた。

歴史と概要をもっと見る >

京都新聞杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月23日(
宝塚記念  G1

競馬番組表

2019年6月22日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2019年6月23日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る