会員登録はこちら
きさらぎ賞 G3   日程:2020年2月9日() 15:35 京都/芝1800m

レース結果

きさらぎ賞 G3

2020年2月9日() 京都/芝1800m/8頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分43秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

コルテジア

牡3 56.0 松山弘平  鈴木孝志 454(+2) 1.48.3 29.8 7
2 7 7

ストーンリッジ

牡3 56.0 A.シュタ  藤原英昭 460(+6) 1.48.3 クビ 7.4 4
3 8 8

アルジャンナ

牡3 56.0 川田将雅  池江泰寿 462(+4) 1.48.4 1/2 1.5 1
ラップタイム 12.8 - 11.8 - 12.1 - 12.8 - 12.5 - 12.2 - 11.4 - 11.2 - 11.5
前半 12.8 - 24.6 - 36.7 - 49.5 - 62.0
後半 58.8 - 46.3 - 34.1 - 22.7 - 11.5

■払戻金

単勝 1 2,980円 7番人気
複勝 1 310円 7番人気
7 170円 3番人気
8 110円 1番人気
馬連 1-7 7,350円 19番人気
ワイド 1-7 1,460円 19番人気
1-8 590円 8番人気
7-8 250円 2番人気
馬単 1-7 9,400円 31番人気
3連複 1-7-8 2,940円 12番人気
3連単 1-7-8 53,680円 150番人気

プロ予想家のきさらぎ賞予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

きさらぎ賞-厩舎の話


 ◆アルジャンナ・池江師 「動きは良かった。父のディープインパクトらしい切れ味がある。休んだぶん、成長して体も少し大きくなった。力の必要な馬場も能力でこなしてくれないとね」

 ◆ギベルティ武豊騎手 「いい走りで息遣いもよかった。スタミナもありそうだし、使った後も落ち着いているので、いいイメージで競馬へ行ける」

 ◆コルテジア・鈴木孝師 「調教は目立たないが、前々走後のリフレッシュ効果が大きく、いい状態を維持。根性はいいので、今の重めの馬場で併せる形になれば」

 ◆サイモンルモンド・松田師 「気持ちの高ぶりの面でレースまでの間隔をあけた方がいいと判断して火曜追い。体がボリュームアップして、動きや仕上がりはいい」

 ◆サトノゴールド・須貝師 「今週か、来週の共同通信杯を目指して仕上げていたので、乗り込みは十分。休み明けでも変な気負いはないし、息遣いもいい」

 ◆ストーンリッジ・藤原英師 「攻めの動きは悪くないが、まだ子供っぽくてこれからの馬。乗りやすくてセンスがあるのが長所。現状でどれだけやれるか」

 ◆トゥルーヴィル・斉藤崇師 「動きが良くて、力強くなっている。まだ成長途上の段階で相手も強くなるが、この重賞でどれだけやれるか楽しみもある」



きさらぎ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

きさらぎ賞のニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


きさらぎ賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月9日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
2,940円 44,100円
Lv112 
2,980円 71,520円
Lv111 
310円 31,000円
Lv106 

2,980円
590円
35,700円
Lv106 
110円 110円

的中情報をもっと見る >

きさらぎ賞過去10年の結果

2019年2月3日() 京都競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2018年2月4日() 京都競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2017年2月5日() 京都競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

きさらぎ賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1800m

クラシックを見据えた3歳馬の有望株が激突する一戦。2018年はサトノフェイバーがデビューから無傷の2連勝を飾ったが、これは例外のようなもので、基本的に新馬勝ち直後のキャリア1戦馬は分が悪い。もっとも、キャリアが多ければ良いというわけでもない。2012年以降は、キャリア2戦馬の活躍が目立ち、4勝、2着4回の素晴らしい成績を残している。なかでも、2戦2勝馬のパフォーマンスは特筆モノ。3勝を挙げるなど安定感はピカイチで、連対を外したのは19年のエングレーバーのみとなっている。レースが行われる京都1800mは、2つしかコーナーがないうえ、直線は平坦ということもあって、他場の1800mよりも走破時計が速くなりやすい。ちなみに、きさらぎ賞は京都1800mで行われる唯一の重賞である。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

きさらぎ賞の歴史と概要


2016年の優勝馬サトノダイヤモンド

関西圏における春クラシックの登竜門となるレースで、第56回(2016年)の覇者サトノダイヤモンドはその後、皐月賞3着、日本ダービー2着とし、最後の一冠の菊花賞を制した。1990年~2000年代に目を向けると、第30回(1990年)のハクタイセイ、第38回(1998年)のスペシャルウィーク、第39回(1999年)のナリタトップロード、第43回(2003年)のネオユニヴァース、第47回(2007年)のアサクサキングスらが、ここでの勝利を足掛かりにクラシックホースの座を勝ち取っている。第55回(2015年)は牝馬のルージュバックが圧勝。無傷の3連勝を飾り、淀のターフを盛り上げた。

歴史と概要をもっと見る >

きさらぎ賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年7月12日(
七夕賞  G3
プロキオンステークス  G3

競馬番組表

2020年7月11日(
2回函館3日目
2回福島3日目
4回阪神3日目
2020年7月12日(
2回函館4日目
2回福島4日目
4回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る