今週の重賞レース

2021年10月23日( 富士ステークス G2
2021年10月24日( 菊花賞 G1
きさらぎ賞 G3   日程:2021年2月7日() 15:35 中京/芝2000m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 2 2

ラーゴム

牡3 56.0 北村友一  斉藤崇史 512(0) 2.01.0 4.7 3 35.4 ③③③②
2 3 3

ヨーホーレイク

牡3 56.0 武豊  友道康夫 506(+4) 2.01.0 クビ 3.4 2 34.9 ⑨⑨⑨⑨
3 7 9

ランドオブリバティ

牡3 56.0 三浦皇成  鹿戸雄一 468(-10) 2.01.6 3 1/2 2.7 1 35.3 ⑩⑩⑩⑩
4 5 5

タガノカイ

牡3 56.0 泉谷楓真  宮徹 508(-2) 2.02.0 2 1/2 51.6 9 36.6 ①①①①
5 8 11

アランデル

牡3 56.0 池添謙一  大竹正博 528(+10) 2.02.3 1 3/4 30.1 8 36.4 ⑦⑦⑥⑥
6 6 7

ショウナンアレス

牡3 56.0 松山弘平  池添兼雄 518(-2) 2.02.6 19.3 6 37.0 ②②②②
7 4 4

ダノンジェネラル

牡3 56.0 川田将雅  中内田充 492(+2) 2.02.7 1/2 6.2 4 36.8 ⑤⑤⑥⑥
8 6 6

トーセンクライマー

牡3 56.0 荻野極  加藤征弘 472(-4) 2.02.8 アタマ 258.5 11 36.0 ⑪⑪⑪⑪
9 1 1

ジャンカルド

牡3 56.0 和田竜二  武井亮 490(0) 2.02.9 1/2 25.2 7 37.3 ⑤⑤⑤②
10 8 10

ドゥラモンド

牡3 56.0 岩田望来  手塚貴久 478(0) 2.02.9 アタマ 15.6 5 37.0 ⑦⑦⑧⑥
11 7 8

アクセル

牡3 56.0 柴山雄一  武幸四郎 506(-2) 2.03.1 1 1/4 149.4 10 37.4 ③③③⑤
ラップタイム 13.1 - 11.6 - 12.7 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 12.2
前半 13.1 - 24.7 - 37.4 - 49.4 - 61.2
後半 59.8 - 47.9 - 35.6 - 23.7 - 12.2

■払戻金

単勝 2 470円 3番人気
複勝 2 130円 3番人気
3 110円 1番人気
9 120円 2番人気
枠連 2-3 680円 2番人気
馬連 2-3 610円 2番人気
ワイド 2-3 220円 1番人気
2-9 320円 3番人気
3-9 230円 2番人気
馬単 2-3 1,350円 5番人気
3連複 2-3-9 670円 1番人気
3連単 2-3-9 4,990円 7番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:321,662人(10月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【きさらぎ賞2021予想】馬場の真ん中を通る馬の好走が増加!枠順や脚質に固執しないほうがベター!

1回中京1~5週ならびに土曜日の中京芝のレース結果、近年のきさらぎ賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

火曜日に7.5ミリの雨が降ったものの、その後の雨量はゼロ。土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。ちなみに、土曜日朝のクッション値(JRA発表)は9.9。前週日曜日の朝も9.9だったので、ほぼ同水準のコンディションとみてとれる。

土曜日に芝コースで施行された4競走を振り返ると、枠順はやや内~中枠が優勢。勝ち馬の4角通過順位は8、6、3、5番手となっている。最後の直線で中~外に進路を取る馬が優位なのは間違いないが、外差し完全有利と決め付けるのは危険かもしれない。

日曜日の天気は晴れ予報。土曜日に引き続き、内寄りの枠の馬を狙え、と言いたいところだが過度の依存は禁物。ただでさえ、馬場全周にわたって内側の傷みが進んでいる中京芝コース。内めの枠に大きな優位性があるとは考えづらい。

事実、先週あたりから内と外に馬群が割れる間隙を突いて、馬場の真ん中を通った馬の上位入線が増えつつある。ゆえに枠順や脚質に固執せず、荒れ馬場を逆手にとって上手く立ち回れそうなタイプを優先するべきだろう。

血統面については、1回中京で行われた芝2000m戦15鞍を検証すると、ロベルト系種牡馬を父または母父に持つ馬、ならびにディープインパクトの血を引く馬が好調。勝ち馬15頭のうち9頭が該当する。当てはまる馬はしっかりマークしておきたい。

また、前走G1出走馬や前走3着以内馬の好走頻度が高いのも、きさらぎ賞の大きな特徴。直近5年の3着以内15頭は、いずれもこの条件をクリアしている。血統面と合わせて押さえておきたいポイントだ。

今回の出走馬で要点を満たしているのは、③ヨーホーレイク、⑨ランドオブリバティ。従って当欄では、この2頭を軸馬候補として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ヨーホーレイク ランドオブリバティ
プロ
予想

【きさらぎ賞2021予想】波乱十分!? 予想神「スガダイ」とPOGマイスター「柿谷陽介」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」とPOGスペシャリスト「柿谷陽介」の東京新聞杯、きさらぎ賞特注馬を大公開!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) 柿谷陽介(POGスペシャリスト) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

 ウマニティの会員数:321,662人(10月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【きさらぎ賞2021予想】ヨーホーレイク「今後もなるべく(使う回数)少なくいきたい」 ランドオブリバティ「ここまでいい調教」

 ◆アクセル・武幸師「瞬発力があるタイプじゃないので、普通にゲートを出て、適度に時計がかかってくれれば」

 ◆アランデル・大竹師「もっと体重は増えてほしいが、荒れた左回りの中京は歓迎。落ち着きが出て力を出せる状態。折り合い面は大丈夫。楽しみはある」

 ◆ジャンカルド・武井師「競馬場でも冷静で堂々としているのがいい。直線を好きな右手前で走れる左回りは合っていると思う」

 ◆ショウナンアレス・松山騎手「メリハリのある動きができていました。前(ハミ)を頼るところがあるのがどうか」

 ◆タガノカイ・宮師「切れで勝負するタイプじゃないから、今の馬場はかえっていいかもしれない。前々で運んでバテない持ち味を生かせれば」

 ◆ダノンジェネラル・片山助手「まだ成長段階にある馬だと思いますが、ここまでイメージ通りの調整はできている。将来に楽しみをつなげるレースができれば」

 ◆ドゥラモンド・手塚師「荒れた馬場は走れるタイプ。前回はゲート練習を入念にやったぶん、気持ちの面できついところがあったのかも。今は精神的にもいい状態」

 ◆トーセンクライマー・加藤征師「前走はペースが上がったところで外を回って動いていったので、直線で止まるのも仕方がない。脚をためていければ」

 ◆ヨーホーレイク・友道師「脚元がしっかりしていない血統というのもあったし、回数をあまり使わずにきた。今後もなるべく少なくいきたいので、何とか賞金加算を」

 ◆ランドオブリバティ・鹿戸師「ここまでいい調教を積めている。不良馬場だった新馬戦を勝っているし、今の中京の馬場もこなせるはず」

 ◆ラーゴム・北村友騎手「レースで、どれだけ力まずに走れるか。予定より全体時計が速くなったが息を乱すことなく、心肺機能は強い」

きさらぎ賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【きさらぎ賞2021予想】4項目オールクリアのヨーホーレイクを最上位評価

【所属】

2011年以降(すべて京都開催)の所属別成績は、栗東【9.9.10.59】、美浦【1.1.0.4】。出走頭数を考慮すれば、後者が健闘しているとも言えよう。ただし、関東馬の好走は前走の単勝人気が2番人気以内、かつ前走で2着連対圏を確保していた馬に限定される。その点には注意したい。

【キャリア】

2011年以降の2着以内20頭のうち19頭は、キャリア4戦以内。例外は前走重賞3着のキャリア5戦馬のみ。相応の戦歴がない、キャリア5戦以上の馬は疑ってかかるべきだろう。

【前走着順】

前走の着順に関しては、G1なら9着以内、それ以外の場合は4着以内が目安。2011年以降の3着以内30頭すべてがこの条件をクリアしている。

【休養明け】

2011年以降の2着以内20頭は、いずれも前年の11月以降に1戦以上を消化していた。前走が前年の10月以前だった馬は、データ的に狙いづらい印象を持つ。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、ダノンジェネラルディオスバリエンテヨーホーレイクラーゴムの4頭。最上位はヨーホーレイクとする。2011年以降、ノーザンファーム生産馬は【5.7.3.14】と上々の成績。同生産馬でG1・ホープフルS3着の実績を誇る、同馬の能力を素直に評価したい。

同じくノーザンファーム生産馬で、重賞ならびに左回りの連対経験があるラーゴムを2番手に。1番人気の支持に応えてデビュー戦を順当に勝ち上がった、ダノンジェネラルディオスバリエンテも軽くは扱えないだろう。

<注目馬>
ヨーホーレイク ラーゴム ダノンジェネラル ディオスバリエンテ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【きさらぎ賞2021予想】下位に大きな指数差を付けているトップグループ4頭を中心視!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

直近8年間の出走頭数がすべて10頭以下と、少頭数になりやすいのがこのきさらぎ賞。今年も登録時点で13頭にとどまっており、馬券的に手を広げにくい一戦となりそうだ。当欄では注目馬を4頭ピックアップしているが、そこから軸を選べばOKというスタンスではなく、その4頭で馬券圏内を占めるレベルの精度が求められることになる。
 
興味深いのは、今年の登録馬を指数順に並べると、4位と5位の間に2.1、5位と6位の間に1.4という大きな指数差が付いている点。ここから、4位以内と6位以下には大きな能力差があると判断することができる。下位には指数の伸びづらい1戦1勝馬も含まれるうえ、過去に新馬戦を勝ち上がったばかりの馬が好走した例もあるが、決して確率が高いとは言えない。ここは素直に、抜けた評価を受けている指数上位馬を信頼すべきだろう。
 
馬券の中核を成すのは、1位ヨーホーレイク(90.3)、2位ドゥラモンド(89.2)、3位ヴェローチェオロ(89.0)、4位ラーゴム(88.5)の4頭だ。1頭付け加えるのならば、逸走して競走中止となった前走を度外視すれば実質2戦2勝の5位ランドオブリバティ(86.4)ということになる。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:321,662人(10月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【きさらぎ賞2021予想】種牡馬成績ではハーツクライとディープインパクトが横並び、Robertoの血を引く馬にも要注意

今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、きさらぎ賞-G3は中京芝2000mに舞台を移して行われる。直近3年以内の同コースにおける種牡馬成績(牝馬限定を除く世代限定戦)はハーツクライとディープインパクトが6勝で並び、前者は連対率、後者は複勝率で相手を上回る。

また、直近では世代限定の特別戦として若駒S-Lも同コースで代替開催されていたが、1着ウインアグライア(母の父Arch)、2着ヴァリアメンテ(母の父Dynaformer)、3着グロリアムンディ(母の父Blu Air Force)、と1~3着馬はいずれも母の父がRoberto系で揃っていたことは念頭に置きたい。なお、きさらぎ賞-G3の特別登録馬でRobertoの血を引くのはアランデル、ジャンカルド、トーセンクライマー、ランドオブリバティ、ヴェローチェオロの5頭。

ランドオブリバティは、父ディープインパクト×母ドバウィハイツ(母の父Dubawi)。半姉にリバティハイツ、叔父にMake Believeがいる血統で、母ドバウィハイツは11年にゲイムリーS-米G1、イエローリボンS-米G1などアメリカの芝重賞を3勝した。本馬はスッと好位を取れる素軽さがあり、このあたりには母系由来となるスピードが垣間見える。また、持続力を問われるタフな馬場や展開でパフォーマンスを上げるタイプでもあり、半姉リバティハイツが先週に行われたシルクロードS-G3で10番人気4着と健闘していたことも馬場適性という意味で追い風となりそう。

ヴェローチェオロは、父ゴールドシップ×母プレシャスライフ(母の父タイキシャトル)。従姉にスティールパスやトレンドハンターがいる血統で、牝系はLady's Secretやビリーヴ、Shamrock Roseが出たGreat Lady M.に遡る。本馬は勝ち身に遅いことを否めないものの、不得手と思われる時計の速い馬場状態でも大崩れせず走れていることに能力を感じさせる。新馬では雨が降る札幌の重馬場を加速ラップで勝利しており、開催最終日となる中京競馬場であれば大駆けがあっても驚けないか。

ヨーホーレイクは、父ディープインパクト×母クロウキャニオン(母の父フレンチデピュティ)。カミノタサハラやボレアス、ベルキャニオンの全弟で、2代母クロカミは97年に京成杯オータムH、府中牝馬Sを連勝した。世界的な名牝Margarethenに遡る牝系はTriptychやジェネラス、Treveなど活躍馬は枚挙にいとまがない。母系はパワーに勝りすぎるきらいがあり、全兄ボレアスもディープインパクト産駒ながらダート重賞の11年レパードS-G3を制していたほど。いまのタフな中京競馬場であれば引き続き上位争い必至だろう。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【きさらぎ賞2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年2月9日() 京都/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 コルテジア 松山弘平 1:48.3 29.8 7 33.9 96.7
2 7 ストーンリッジ A.シュタルケ 1:48.3 クビ 7.4 4 34.1 96.7
3 8 アルジャンナ 川田将雅 1:48.4 1/2 1.5 1 33.7 96.1
4 4 ギベルティ 武豊 1:48.8 7.1 3 34.6 93.4
5 3 トゥルーヴィル 北村友一 1:48.8 クビ 15.0 6 33.9 93.4
2019年2月3日() 京都/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 ダノンチェイサー 川田将雅 1:49.0 5.4 3 34.8 96.3
2 1 タガノディアマンテ 岩田康誠 1:49.3 35.5 6 34.4 94.3
3 6 ランスオブプラーナ 松山弘平 1:49.4 1/2 41.0 7 35.8 93.6
4 3 ヴァンドギャルド M.デムーロ 1:49.4 ハナ 2.0 1 35.1 93.6
5 8 メイショウテンゲン 池添謙一 1:49.8 2 1/2 11.2 5 35.3 91.0
2018年2月4日() 京都/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 サトノフェイバー 古川吉洋 1:48.8 6.9 4 35.4 96.5
2 8 グローリーヴェイズ M.デムーロ 1:48.8 ハナ 3.4 2 35.3 96.5
3 4 ラセット 藤岡佑介 1:49.2 2 1/2 12.8 5 35.2 93.8
4 5 レッドレオン 岩田康誠 1:49.3 3/4 36.4 7 35.6 93.1
5 10 カツジ 松山弘平 1:49.6 1 3/4 5.0 3 36.0 91.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【きさらぎ賞2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬サトノダイヤモンド

関西圏における春クラシックの登竜門となるレースで、第56回(2016年)の覇者サトノダイヤモンドはその後、皐月賞3着、日本ダービー2着とし、最後の一冠の菊花賞を制した。1990年~2000年代に目を向けると、第30回(1990年)のハクタイセイ、第38回(1998年)のスペシャルウィーク、第39回(1999年)のナリタトップロード、第43回(2003年)のネオユニヴァース、第47回(2007年)のアサクサキングスらが、ここでの勝利を足掛かりにクラシックホースの座を勝ち取っている。第55回(2015年)は牝馬のルージュバックが圧勝。無傷の3連勝を飾り、淀のターフを盛り上げた。

歴史と概要をもっと見る

きさらぎ賞特集 バックナンバー