フリームファクシ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 青鹿毛 2020年4月7日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金800万円
収得賞金400万円
英字表記Hrimfaxi
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ライツェント
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ソニンク
兄弟 ディアドラオデュッセウス
市場価格1億5,400万円(2021セレクトセール)
前走 2022/11/06 2歳未勝利
次走予定

フリームファクシの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/06 阪神 3 2歳未勝利 芝2000 6111.211** 牡2 55.0 川田将雅須貝尚介 504
(-8)
2.03.9 -0.433.6④④④④アンタッチャブル
22/10/09 東京 5 2歳新馬 芝2000 15342.112** 牡2 55.0 川田将雅須貝尚介 512
(--)
2.01.2 0.134.1ミッキーカプチーノ

フリームファクシの関連ニュース

★須貝厩舎の動向は以下のとおり。6日阪神の未勝利戦(芝2000メートル)1着フリームファクシ(牡)は、1月5日中京の1勝クラス(芝2000メートル)に向かう。野路菊S7着カルロヴェローチェ(牡)は、若竹賞(1月22日、中山、1勝、芝1800メートル)を視野。小倉2歳S11着のあと休養しているクリダーム(牡)は、中京2歳Sで復帰する。

東京スポーツ杯2歳S7着ジョウショーホープ(栗・新谷、牡)は、ひいらぎ賞を視野に入れる。

★19日の福島未勝利戦(芝1200メートル)1着トロピカルヒーロー(美・武藤、牡)は、中京2歳Sを予定。

★黄菊賞6着フォトンブルー(栗・武幸、牡)は、エリカ賞(12月10日、阪神、1勝、芝2000メートル)を視野に入れる。




【2歳次走報】ダノンザタイガーは年内は出走予定なし 共同通信杯で始動 2022年11月23日(水) 22:37

東京スポーツ杯2歳S2着ダノンザタイガー(美浦・国枝栄厩舎、牡)は年内は出走予定なし。共同通信杯(2月12日、東京、GⅢ、芝1800メートル)で始動予定。

★秋明菊賞を勝ったコーパスクリスティ(栗東・中内田充正厩舎、牡)は朝日杯FS(12月18日、阪神、GⅠ、芝1600メートル)に向かう。同4着スーパーアグリ(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、黒松賞(12月10日、中山、1勝、芝1200メートル)か、中京2歳S(12月17日、中京、OP、芝1200メートル)の両にらみ。

★栗東・須貝尚介厩舎の動向は以下のとおり。6日阪神の未勝利戦(芝2000メートル)1着フリームファクシ(牡)は、1月5日中京の1勝クラス(芝2000メートル)に向かう。野路菊S7着カルロヴェローチェ(牡)は、若竹賞(1月22日、中山、1勝、芝1800メートル)を視野。小倉2歳S11着のあと休養しているクリダーム(牡)は、中京2歳Sで復帰する。

★アスター賞勝ちのドンデンガエシ(美浦・尾関知人厩舎、牡)は横山典騎手との新コンビで朝日買いFSへ。

ニシノコウフク(美浦・伊藤大士厩舎、牝)は放牧を挟んで菜の花賞(1月14日、中山、1勝、芝1600メートル)へ。

★19日福島の未勝利戦(芝1200メートル)快勝のトロピカルヒーロー(美浦・武藤善則厩舎、牡)は、中京2歳Sを予定。

★19日阪神の未勝利戦(芝2000メートル)1着ジュンツバメガエシ(栗東・友道康夫厩舎、牡)はホープフルSに参戦。

[もっと見る]

【2歳未勝利・阪神3R】ディアドラの半弟フリームファクシが勝利 須貝師「能力は相当なものがあるね」 2022年11月6日() 13:56

6日の阪神3R(2歳未勝利、芝2000メートル)で、フリームファクシ(栗・須貝、牡、父ルーラーシップ)が鮮やかに差し切り。半姉に2017年秋華賞、2019年イギリスのナッソーSと、国内外のGⅠ2勝したディアドラ(父ハービンジャー)がいる血統だ。

須貝調教師は「能力は相当なものがあるね。抜け出すときの脚なんかはすごかった。でも気が入りすぎているから、少し放牧に出して緩めてあげたい」と話した。次走は未定。

[もっと見る]

JRA3連単史上最低払戻金額を更新~6日阪神3Rで240円2022年11月6日() 13:53

6日の阪神3Rで1着フリームファクシ、2着アンタッチャブル、3着リコッチと単勝1~3番人気通りに決着し、3連単①④⑤の払戻金240円(120通り中1番人気)は、JRA3連単史上最低払戻金額を更新した。なお、これまでの最低払戻金額は今年1月16日中京8Rの270円だった。

[もっと見る]

【2歳新馬・東京5R】ミッキーカプチーノが最内追走から抜け出してV 2022年10月9日() 13:05

10月9日の東京5R(2歳新馬、芝2000メートル、15頭立て)は、戸崎圭太騎手の3番人気ミッキーカプチーノ(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が好位追走から抜け出して快勝。タイムは2分1秒1(良)。

半姉にディアドラがいる良血フリームファクシ(1番人気)が好スタートからレースを引っ張る展開になると、ミッキーカプチーノはすぐ後ろの位置で前を見ながらコースの最内を追走。残り400メートル付近から抜け出すと一気に加速して、逃げ粘っていたフリームファクシを計ったようにクビ差差し切った。

2着から1馬身半遅れた3着には、半兄に重賞2勝馬のヴェルデグリーンがいるグリューネグリーン(6番人気)が入った。

ミッキーカプチーノは、父エピファネイア、母スティールパス、母の父ネオユニヴァースという血統。

[もっと見る]

ソダシが吉田隼騎手を背に追い切り 須貝師「うまいこと調整できている」 2022年10月5日(水) 16:44

白毛でGⅠ3勝を挙げるソダシ(栗・須貝、牝4)が5日、栗東トレセンで追い切りを行った。前走の札幌記念5着後、初めて吉田隼騎手がまたがって坂路で併せ馬。馬なりのままラスト1ハロン12秒1(4ハロン54秒1)をマークし、一杯に追われる僚馬フリームファクシ(新馬)に悠々と半馬身先着した。

須貝調教師は「(やれば)時計が出るのは分かっているから、一杯はいらない。ジョッキーに手応えだけつかんでもらった。うまいこと調整できている。特にテンションも高くなくていいね」とうなずいた。マイルCS(11月20日、阪神、GⅠ、芝1600メートル)が目標で、その前に府中牝馬S(15日、東京、GⅡ、芝1800メートル)を使う可能性がある。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フリームファクシの関連コラム

閲覧 3,570ビュー コメント 0 ナイス 5

 先週をもって4回中山・5回中京が終了し、今週末からは4回東京・4回阪神が開幕します。6月からスタートしたJRAの2歳戦も折り返し地点を過ぎ、今後は12月11日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)、12月18日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)などを見据えた馬たちによる熱戦が繰り広げられるはず。今週末10月8日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)をはじめとする重賞競走はもちろん、オープン特別や1勝クラスのレースからも目が離せません。

 現行のシーズン「ウマニティPOG 2022」も“序盤戦”と呼べる時期を過ぎ、獲得賞金ランキングの変動が徐々に大きくなってきました。入札は今週が19回目で、最終的なラインナップが固まったプレイヤーも多いのではないでしょうか。
 ちなみに、入札自体はシーズン最終週まで続くものの、スペシャル以外の各ワールドにおける仮想オーナー募集枠の開放は、今週10月3日、来月11月7日、そしてラストの12月5日を残すのみ。実績馬の追加指名を検討しているプレイヤーにとっては、このあたりの入札が勝負どころです。
 今回は、まだ所有枠が残っている皆さんに向けた参考資料とすべく、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2022/06/03 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみたいと思います。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は20頭でした。この100頭はいわゆる「POG本」などでも大きく取り上げられていたわけで、現時点における勝ち馬率がたった2割というのは、皆さんが抱いているイメージよりも相当に低いのではないでしょうか。現2歳世代からキングカメハメハディープインパクトの直仔が激減し、指名馬選びの難度が一気に上がった分、期待に応えることのできない評判馬が増えてしまったのかもしれません。

●1位 フェイト(サンタフェチーフの2020) 1戦1勝
●5位 エゾダイモン(メジロツボネの2020) 2戦1勝
●6位 リバティアイランド(ヤンキーローズの2020) 1戦1勝
●8位 ダイヤモンドハンズ(メチャコルタの2020) 2戦1勝
●12位 ダノンザタイガー(シーズアタイガーの2020) 2戦1勝
●13位 ラヴェル(サンブルエミューズの2020) 1戦1勝
●16位 ノッキングポイントチェッキーノの2020) 1戦1勝
●17位 ブラストウェーブ(ツルマルワンピースの2020) 2戦1勝
●24位 チャンスザローゼス(ヴィンテージローズの2020) 2戦1勝
●25位 ダノンタッチダウン(エピックラヴの2020) 1戦1勝
●28位 オープンファイア(ゴーマギーゴーの2020) 1戦1勝
●45位 ウンブライル(ラルケットの2020) 1戦1勝
●52位 ネアセリーニ(スウィートリーズンの2020) 3戦1勝
●56位 トゥーテイルズウリウリの2020) 2戦1勝
●60位 バロッサヴァレー(ピラミマの2020) 1戦1勝
●67位 メイクザビート(カジノブギの2020) 4戦1勝
●70位 ビップクロエ(カリズマティックゴールドの2020) 3戦1勝
●76位 ビューティーワン(ディヴィナプレシオーサの2020) 3戦1勝
●90位 キングズレインタッチングスピーチの2020) 2戦1勝
●95位 コナコースト(コナブリュワーズの2020) 1戦1勝

 本賞金額はダイヤモンドハンズ(メチャコルタの2020)の1480万円が最高。新馬を完勝した後、9月3日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)で3着に食い込んでいます。現時点でJRAの重賞に出走した経験があるのは、この馬とブラストウェーブ(ツルマルワンピースの2020)のみ。そのブラストウェーブが本賞金額3位(1010万円)で、デビュー4戦目の未勝利を勝ち上がったメイクザビート(カジノブギの2020)が本賞金額2位(1140万円)にランクインしていましたから、上位人気勢の“出遅れ”はなかなか深刻な状況です。
 ただ、秋以降の大舞台を目指して休養中の馬もいますし、このうち何頭かは年末や来春の大舞台に駒を進めてくるはず。将来性のある手駒を手頃な価格で獲得できる可能性もありますから、各馬の動向や入札の状況は引き続きチェックしておきましょう。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は32頭。新馬で期待を裏切ってしまった評判馬は、入札における人気が急落するかもしれませんね。2021年のホープフルステークスを制したキラーアビリティ、2021年のオークスで2着となったアカイトリノムスメなど、デビュー戦で大敗を喫した馬がクラシック戦線に乗ってきた例も決して少なくないので、これらの馬もいま一度指名を検討しておくに越したことはないと思います。

●2位 アスパルディーコアパパネの2020) 1戦0勝
●9位 ヤングローゼス(ローザフェリーチェの2020) 2戦0勝
●14位 ディオファントス(ディオジェーヌの2020) 2戦0勝
●15位 レッドマグナス(シックスイスの2020) 2戦0勝
●18位 シュバルツガイスト(フリーティングスピリットの2020) 2戦0勝
●20位 エルダーサイン(コンドコマンドの2020) 2戦0勝
●21位 インタクト(ロードクロサイトの2020) 1戦0勝
●22位 ユハンヌス(Midsummer Fairの2020) 1戦0勝
●30位 ガルヴァナイズ(カヴェルナの2020) 3戦0勝
●36位 メリオルヴィータ(メリオーラの2020) 2戦0勝
●37位 ピヌスアモリス(フォエヴァーダーリングの2020) 2戦0勝
●38位 アヘッド(Blanc Bonheurの2020) 1戦0勝
●39位 シャザーンクイーンズリングの2020) 1戦0勝
●41位 セレスティアリティ(アドマイヤテンバの2020) 2戦0勝
●42位 ドウフォルス(スカイダイヤモンズの2020) 1戦0勝
●43位 コンエネルジア(レディイヴァンカの2020) 2戦0勝
●44位 スワッグチェーンメジャーエンブレムの2020) 1戦0勝
●48位 シリンガバルガリス(ライラックスアンドレースの2020) 2戦0勝
●51位 ボーマルシェ(ラフォルジュルネの2020) 1戦0勝 ※抹消
●55位 スティルディマーレ(コケレールの2020) 2戦0勝
●57位 マテンロウカノン(ウォークロニクルの2020) 2戦0勝
●63位 マニバドラ(Trini Brewnetteの2020) 3戦0勝
●65位 リアリーホット(ホットチャチャの2020) 2戦0勝
●66位 サスツルギ(スノーパインの2020) 1戦0勝
●75位 ルクスグローリア(ヒカルアモーレの2020) 1戦0勝
●77位 ヴァレンティヌス(サザンスピードの2020) 1戦0勝
●80位 アンタッチャブル(ガラアフェアーの2020) 1戦0勝
●86位 エコロジョイアー(パシオンルージュの2020) 1戦0勝
●91位 ミラクルキャッツ(ランニングボブキャッツの2020) 2戦0勝
●92位 アップトゥミームードインディゴの2020) 2戦0勝
●93位 スカイラー(トレジャリングの2020) 1戦0勝
●94位 マローディープ(モルジアナの2020) 2戦0勝

 残る48頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の15頭は10月4日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●4位 デューデットデニムアンドルビーの2020) 0戦0勝
●10位 グランヴィノス(ハルーワスウィートの2020) 0戦0勝
●26位 トラミナー(サマーハの2020) 0戦0勝
●32位 スーパーアグリ(クラシックリディアの2020) 0戦0勝
●33位 サトノグランツ(チェリーコレクトの2020) 0戦0勝
●40位 レヴォルタードバウンスシャッセの2020) 0戦0勝
●49位 ディンディンドン(ベルアリュール2の2020) 0戦0勝
●53位 フリームファクシ(ライツェントの2020) 0戦0勝
●54位 ルモンドブリエ(ラクレソニエールの2020) 0戦0勝
●58位 ポルトロッソ(ポルトフィーノの2020) 0戦0勝
●71位 ハレアカラフラ(オーキッドレイの2020) 0戦0勝
●79位 グラングスト(バラダセールの2020) 0戦0勝
●84位 マイネルエンペラー(マイネテレジアの2020) 0戦0勝
●98位 ジャスティンレオンダイワパッションの2020) 0戦0勝
●99位 バロンゾラーレ(ステファニーズキトゥンの2020) 0戦0勝

 報道によると、注目POG馬ランキング4位のデューデットデニムアンドルビーの2020)は10月8日の阪神05R(2歳新馬・芝1600m外)でデビューする見込みとなっている模様。レースの結果はもちろん、入札がどのように進んだかもしっかり確認して、今後の指名に活かしましょう。

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●3位 プレドミナル(クルミナルの2020) 0戦0勝
●7位 ジャスティンボルト(マラコスタムブラダの2020) 0戦0勝
●11位 テンペストシーザリオの2020) 0戦0勝
●19位 リプレゼント(ファイネストシティの2020) 0戦0勝
●23位 マキシラキシスの2020) 0戦0勝
●27位 ドナウパールドナウブルーの2020) 0戦0勝
●29位 バトルハーデン(ラヴズオンリーミーの2020) 0戦0勝
●31位 ルージュベルメール(レッドファンタジアの2020) 0戦0勝
●34位 ダノンジュリアス(オーマイベイビーの2020) 0戦0勝
●35位 セリエンホルデの2020 0戦0勝
●46位 サファイア(イサベルの2020) 0戦0勝
●47位 アースクロニクル(クロノロジストの2020) 0戦0勝
●50位 マンデヴィラ(マンデラの2020) 0戦0勝
●59位 ダストテイル(ダストアンドダイヤモンズの2020) 0戦0勝
●61位 ミッキーキャンバス(コンヴィクション2の2020) 0戦0勝
●62位 ヴォレトンクール(アイムユアーズの2020) 0戦0勝
●64位 アイリッシュパール(ホームカミングクイーンの2020) 0戦0勝
●68位 アルメリアアルビアーノの2020) 0戦0勝
●69位 オールマイデイズ(ロザリンドの2020) 0戦0勝
●72位 ダノンプレジャー(スピニングワイルドキャットの2020) 0戦0勝
●73位 ダノンボレロ(クイーンビー2の2020) 0戦0勝
●74位 ペリファーニア(ケイティーズハートの2020) 0戦0勝
●78位 ラディアンシア(ラドラーダの2020) 0戦0勝
●81位 ホペロア(ファイナルスコアの2020) 0戦0勝
●82位 ミスドバウィの2020 0戦0勝
●83位 アズライトムーン(アズールムーンの2020) 0戦0勝
●85位 サロミナの2020 0戦0勝
●87位 アロマティコの2020 0戦0勝
●88位 レッドマジック(イルーシヴウェーヴの2020) 0戦0勝
●89位 モズアカボス(Indiaの2020) 0戦0勝
●96位 ミッキーゴージャス(ミッキークイーンの2020) 0戦0勝
●97位 ジェイパームス(キラーグレイシスの2020) 0戦0勝
●100位 モンテコルノ(ラカリフォルニーの2020) 0戦0勝

 注目POG馬ランキング3位のプレドミナル(クルミナルの2020)はノーザンファームしがらきで調整中とのこと。母のクルミナルは2015年の桜花賞で2着に、同年のオークスで3着に健闘した名牝ですが、デビューを果たしたのは年が明けてからでした。血統背景などから「まだ間に合う」と判断できる馬なら、狙う価値は十分にあるはず。他のランキング上位馬もぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

フリームファクシの口コミ


口コミ一覧
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 2

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。 
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

11月12日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

福島9R  注⑫フジマサフリーダム
福島10R ▲⑥ダテボレアス

< 上位争い >

東京2R  ◎⑦シャドウフューリー
東京7R  △⑬ネッスンドルマ

阪神7R  ▲②ゴイゴイスー

福島4R  △⑧ナムラデイリリー

【 特注高確馬A 】

阪神1R  ◎⑥クレメダンジュ
阪神3R  ◎⑩セレンディビティ
阪神7R  ◎⑤ゼットノヴァ
阪神11R ◎②ダノンタッチダウン

【 特注高確馬B 】

東京10R ◎②アネゴハダ

阪神5R  ◎①ケイデンシーマーク
阪神9R  ◎②ダノンレガーロ
阪神10R ◎③セイルオンセイラー
阪神12R ◎⑨メイショウドウドウ

福島3R  ◎⑩シャトーボビー
福島5R  ◎⑦パルメリータ

11月6日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

東京10R ○⑫メンアットワーク 4着、2番人気

< 好勝負 >

東京1R  ○②エンプレスペイ 9着、3番人気

阪神7R  ▲④パーティーベル 1着、3番人気

< 上位争い >

東京2R  △⑮エミュー 5着、9番人気

阪神10R ○②ジャスパージャック 1着、2番人気
阪神11R ◎③オメガパフューム 3着、1番人気

< 連勝狙う >

東京10R ◎⑥バトルクライ 1着、1番人気

< 連勝狙える >

阪神9R  ○④エルデストサン 7着、1番人気
阪神12R ◎④ルージュスティリア 1着、2番人気

【 特注高確馬A 】

東京1R  ◎③ラフエイジアン 1着、1番人気

阪神3R  ◎①フリームファクシ 1着、1番人気
阪神5R  ◎⑥セッション 3着、1番人気

【 特注高確馬B 】

阪神1R  ◎④ドゥラリアル 1着、1番人気

福島2R  ◎③ミルトクレイモー 1着、1番人気

本年までの実積

< 勝ち負け >

1着 44回  2着 31回  3着 26回  着外85回
勝率 23.7% 連対率 40.3%、複勝率 54.3%

< 好勝負 >

1着 92回  2着 57回  3着 59回  着外 219回
勝率 21.5% 連対率 34.9% 複勝率 48.7%

< 上位争い >

1着 166回  2着 133回  3着 99回  着外 562回
勝率 17.3% 連帯率 31.1% 複勝率 41.5%

 正義の魂 2022年11月6日() 11:21
お詫び
閲覧 120ビュー コメント 2 ナイス 6

先の日記で、フリームファクシ
絶対に負けると書いたが、
結果は勝ってしまい、
申し訳ございませんでした。

これは他の5頭が、あまりにも
弱かった、ということてあろう。

確かに今回、差すレースも覚えて、
進境が見られたが、やはり
弱メン相手だったことに尽きる。

フリームファクシの、POG期間内での
2勝目は、ない。

[もっと見る]

 おがちゃん 2022年11月6日() 09:36
馬券に絡む寸評上位馬 (11月6日)
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 3

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。 
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

11月6日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

東京10R ○⑫メンアットワーク

< 好勝負 >

東京1R  ○②エンプレスペイ

阪神7R  ▲④パーティーベル

< 上位争い >

東京2R  △⑮エミュー

阪神10R ○②ジャスパージャック
阪神11R ◎③オメガパフューム

< 連勝狙う >

東京10R ◎⑥バトルクライ

< 連勝狙える >

阪神9R  ○④エルデストサン
阪神12R ◎④ルージュスティリア

【 特注高確馬A 】

東京1R  ◎③ラフエイジアン

阪神3R  ◎①フリームファクシ
阪神5R  ◎⑥セッション

【 特注高確馬B 】

阪神1R  ◎④ドゥラリアル

福島2R  ◎③ミルトクレイモー

11月5日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

福島9R  ○③エコルフリューゲル 5着、2番人気

< 好勝負 >

阪神3R  注②タガノドゥリ 7着、2番人気

< 上位争い >

東京3R  △⑧ステークホルダー 3着、2番人気
東京7R  △⑦メタルゴッド 3着、5番人気

阪神12R 注⑦エバーシャドネー 2着、3番人気

福島10R ○⑬スクリーンショット 15着、2番人気

【 特注高確馬A 】

東京3R  ◎②スティルディマーレ 10着、1番人気
東京11R ◎⑱ロンドンプラン 14着、1番人気

阪神3R  ◎⑦ダノンバビル 3着、1番人気
阪神4R  ◎⑧トーホウガレオン 1着、1番人気
阪神5R  ◎⑦ダークブロンド 1着、1番人気
阪神12R ◎⑪トゥデイイズザデイ 1着、1番人気

【 特注高確馬B 】

東京12R ◎①パラレルヴィジョン 1着、1番人気

阪神2R  ◎⑩スマートハンター 5着、1番人気
阪神9R  ◎⑨セントカメリア 1着、1番人気

本年までの実積

< 勝ち負け >

1着 44回  2着 31回  3着 26回  着外84回
勝率 23.8% 連対率 40.5%、複勝率 54.6%

< 好勝負 >

1着 91回  2着 57回  3着 59回  着外 218回
勝率 21.4% 連対率 34.8% 複勝率 48.7%

< 上位争い >

1着 165回  2着 133回  3着 98回  着外 561回
勝率 17.2% 連帯率 31.1% 複勝率 41.4%

[もっと見る]

⇒もっと見る

フリームファクシの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フリームファクシの写真

投稿写真はありません。

フリームファクシの厩舎情報 VIP

2022年11月6日2歳未勝利1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フリームファクシの取材メモ VIP

2022年11月6日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。