ゴールドシップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゴールドシップ
写真一覧
抹消  芦毛 2009年3月6日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主合同会社小林英一ホールディングス
生産者出口牧場
生産地日高町
戦績28戦[13-3-2-10]
総賞金139,776万円
収得賞金43,550万円
英字表記Gold Ship
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ポイントフラッグ
血統 ][ 産駒 ]
メジロマックイーン
パストラリズム
兄弟 トレジャーマップゴールドフラッグ
前走 2015/12/27 有馬記念 G1
次走予定

ゴールドシップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 168154.118** 牡6 57.0 内田博幸須貝尚介508(-2)2.33.3 0.335.2⑯⑯ゴールドアクター
15/11/29 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 186124.7210** 牡6 57.0 横山典弘須貝尚介510(+4)2.25.1 0.434.5⑰⑰⑮⑤ショウナンパンドラ
15/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 168151.9115** 牡6 58.0 横山典弘須貝尚介506(-4)2.15.6 1.235.1⑯⑯⑭⑮ラブリーデイ
15/05/03 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17114.621** 牡6 58.0 横山典弘須貝尚介510(+2)3.14.7 -0.035.0⑭⑭フェイムゲーム
15/03/22 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 10781.611** 牡6 58.0 岩田康誠須貝尚介508(-8)3.05.9 -0.235.5⑥⑤デニムアンドルビー
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 17481.317** 牡6 58.0 岩田康誠須貝尚介516(+6)2.14.1 0.534.4⑬⑨⑧⑪クリールカイザー
14/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 167143.513** 牡5 57.0 岩田康誠須貝尚介510(--)2.35.4 0.133.9⑪⑩⑥⑤ジェンティルドンナ
14/10/05 フラ 5 凱旋門賞 G1 芝2400 20--------14** 牡5 59.5 横山典弘須貝尚介--0000 ------TREVE
14/08/24 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 14451.812** 牡5 57.0 横山典弘須貝尚介502(-2)1.59.2 0.135.3⑭⑭⑫④ハープスター
14/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 128112.711** 牡5 58.0 横山典弘須貝尚介504(-2)2.13.9 -0.535.2④④カレンミロティック
14/05/04 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 18484.327** 牡5 58.0 C.ウィリ須貝尚介506(-2)3.15.6 0.534.2⑱⑱⑮⑭フェノーメノ
14/03/23 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 9111.711** 牡5 58.0 岩田康誠須貝尚介508(+10)3.06.6 -0.634.5アドマイヤラクティ
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 167144.423** 牡4 57.0 R.ムーア須貝尚介498(-2)2.33.8 1.537.8⑫⑪⑧④オルフェーヴル
13/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 177133.4215** 牡4 57.0 内田博幸須貝尚介500(+2)2.27.5 1.434.7⑯⑰⑬⑬ジェンティルドンナ
13/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 138121.215** 牡4 58.0 内田博幸須貝尚介498(-2)2.23.2 0.334.8ヒットザターゲット
13/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 118102.921** 牡4 58.0 内田博幸須貝尚介500(-2)2.13.2 -0.635.2④④ダノンバラード
13/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 18481.315** 牡4 58.0 内田博幸須貝尚介502(0)3.15.1 0.937.0⑭⑬⑥④フェノーメノ
13/03/17 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 9771.111** 牡4 57.0 内田博幸須貝尚介502(-4)3.05.0 -0.336.8⑦⑦④デスペラード
12/12/23 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 167132.711** 牡3 55.0 内田博幸須貝尚介506(+6)2.31.9 -0.234.9⑯⑮⑭⑩オーシャンブルー
12/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18111.411** 牡3 57.0 内田博幸須貝尚介500(+2)3.02.9 -0.335.9⑰⑰④スカイディグニティ

⇒もっと見る


ゴールドシップの関連ニュース

 6月14日の東京5R・2歳新馬(芝1800メートル)は、戸崎圭太騎手騎乗の4番人気ユーバーレーベン(牝、美浦・手塚貴久厩舎)が中団追走から直線に入るとしっかりとした末脚で伸び、インで粘るグアドループ(2番人気)をハナ差捕らえてデビュー勝ちを飾った。タイムは1分52秒6(不良)。

 ハナ+4馬身差の3着にはモンサンラディウス(10番人気)が続き、1番人気のモーリス産駒レガトゥスは好位から伸びず6着に終わった。

 ユーバーレーベンは、父ゴールドシップ、母マイネテレジア、母の父ロージズインメイという血統。

 ◆戸崎圭太騎手(1着 ユーバーレーベン)「馬場が悪い中でも上手にしっかりと走れていました。小柄でも根性がありそう。これからが楽しみです」

★14日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

【オークス】レースの注目点 2020年5月19日(火) 13:10

★無敗で桜花賞オークスVなら63年ぶり 史上2頭目の偉業に挑むデアリングタクト



 無敗の桜花賞デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が、史上2頭目の偉業に挑む。同馬は昨年の11月16日・京都の新馬戦を勝ち上がると、続くエルフィンSも連勝、桜花賞ではJRA賞最優秀2歳牝馬のレシステンシアをゴール前で差し切り、2歳戦が実施されるようになった1946年以降では最少キャリアタイとなるデビュー3戦目での桜花賞制覇となった。桜花賞オークス制覇となれば2018年のアーモンドアイ以来、2年ぶり15頭目、無敗での“二冠制覇”は1957年のミスオンワード以来、63年ぶり2頭目となるが、デアリングタクト桜花賞に続いてオークスも制すことができるかどうか。



★重賞戦線で活躍を続ける新種牡馬産駒 エピファネイアキズナゴールドシップ産駒が登録



 今年の3歳重賞戦線では新種牡馬の産駒が活躍を見せており、桜花賞ではエピファネイア産駒のデアリングタクトNHKマイルCではリアルインパクト産駒のラウダシオンが優勝している。オークスにはエピファネイア産駒がデアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)ほか1頭、キズナ産駒がアブレイズ(栗東・池江泰寿厩舎)ほか4頭、ゴールドシップ産駒が忘れな草賞勝馬のウインマイティー(栗東・五十嵐忠男厩舎)と計8頭の新種牡馬産駒が登録しているが、オークスでも新種牡馬産駒が勝利を挙げることができるかどうか。



オークス史上最少キャリアでのVなるか 2戦2勝のアブレイズデゼルに注目!



 オークスが春に実施されるようになった1953年以降、最少キャリアでの優勝は力ワカミプリンセス(2006年)、ラヴズオンリーユー(2019年)の「3戦」。今年の登録馬では3戦3勝のデアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)に最少キャリア優勝タイ記録、2戦2勝のアブレイズ(栗東・池江泰寿厩舎)、デゼル(栗東・友道康夫厩舎)には最少キャリア優勝記録の更新がかかる。アブレイズは新馬戦→フラワ-Cを連勝、デゼルは未勝利戦→スイートピーSを連勝してオークスに駒を進めてきたが、デビュー3戦目で戴冠を果たすことができるかどうか。



 アブレイズに騎乗予定の藤井勘一郎騎手は海外、地方競馬で活躍し、昨年からJRA所属騎手となった。アブレイズとのコンビで制したフラワ-Cが同騎手のJRA重賞初制覇で、今回が通算4回目のJRA・GI騎乗となる。



デゼルの母は無敗で仏オークスV デビュー71日目でのオークス制覇なるか



 2戦2勝のデゼル(栗東・友道康夫厩舎)は、今年3月15日の未勝利戦でデビューしており、オークス当日がデビュー71日目となる。また、同じく2戦2勝のアブレイズ(栗東・池江泰寿廐舎)は、今年2月2日の新馬戦でデビューしており、オークス当日がデビュー113日目となる。



 オークスが春に実施されるようになった1953年以降、年明けデビューのオークス馬は13頭を数えるが、デビューから最速で才ークスを制したのは1982年のシャダイアイバー(オークスがデビュー78日目)で、デゼルが勝てばこの記録を更新する。デゼルの母アヴニールセルタンはデビューから5連勝で2014年の仏オークスを制しているが、デゼルはデビューから2カ月あまりで”“樫の女王”の座に就くことができるかどうか。Vなら、同馬を管理する友道康夫調教師は牝馬クラシック初制覇となり、クラシック完全制覇へ残すは桜花賞のみとなる。なお、友道調教師は今年JRA・GIを勝てば、グレード制が導入された1984年以降で最長タイの8年連続JRA・GI制覇となる。



オークス連覇狙うM.デムーロ騎手、Vなら、史上4人目のクラシック通算10勝



 M.デムーロ騎手には、史上7人目のオークス連覇がかかる。同騎手は昨年のオークス優勝でクラシック完全制覇となり、クラシックでの通算勝利数を「9」としている。デムーロ騎手は桜花賞4着のクラヴァシュドール(栗東・中内田充正厩舎)に騎乗する予定だが、今年もオークスを制すことができるかどうか。Vなら、史上4人目のクラシック通算10勝となる。

 なお、クラヴァシュドールは通算5戦1勝という成績で、1勝馬がオークスを勝てば、1995年のダンスパートナー以来、25年ぶり3頭目となる。また、現役トップタイのオークス3勝を挙げている武豊騎手はミヤマザクラ福永祐一騎手はリリーピュアハートとのコンビで参戦を予定している。2頭はともに藤原英昭調教師(栗東)の管理馬で、同調教師には牝馬クラシック初制覇がかかるが、勝利を挙げることができるかどうか(※リリーピュアハートは5月19日現在、抽選対象となっている)。



★24年ぶりのJRA・GI制覇狙う高橋祥泰調教師 桜花賞3着のスマイルカナなど2頭を登録



 桜花賞3着のスマイルカナを管理する高橋祥泰調教師(美浦)には、1996年のNHKマイルC(タイキフォーチュン)以来、24年ぶりのJRA・GI制覇がかかる。スマイルカナは1月のフェアリーSで重賞初制覇を飾ったが、高橋祥泰調教師は同レースが2003年根岸S以来、約17年ぶりのJRA重賞制覇となった。同調教師のオークス挑戦は2006年(12着)以来、14年ぶりとなるが、スマイルカナは同調教師に久々のビッグタイトルを贈ることができるかどうか。なお、5月19日現在、抽選対象となっているが、高橋祥泰調教師はエヴァーガーデンも登録している。



 スマイルカナフェアリーSを逃げ切り、桜花賞でもレースの主導権を握って3着に好走しており、同馬に騎乗予定の柴田大知騎手がどのような戦法で挑むか注目が集まる。なお、グレード制が導入された1984年以降のオークスでは、1991年イソノルーブル、2004年ダイワエルシエーロが逃げ切り勝ちを決めている。



オークス初V目指す手塚貴久調教師 フローラS勝馬ウインマリリンなど3頭を登録



 オークス初制覇を目指す手塚貴久調教師(美浦)は、フローラS勝馬ウインマリリン桜花賞8着のマルターズディオサ、同14着のインターミッションの3頭を登録している。同調教師はオークスでは4着が最高成績だが、“3頭出し”で挑む今回、初制覇を遂げることができるかどうか。ウインマリリンが勝てば、フローラS勝馬のオークス制覇は2010年にアパパネと1着同着となったサンテミリオン以来10年ぶり、マルターズディオサインターミッションが勝てば、桜花賞6着以下から巻き返しての優勝は2013年メイショウマンボ桜花賞10着)以来7年ぶりとなる。なお、手塚厩舎所属の現役3歳馬は多くの馬が活躍しており、5月19日現在、7頭がオープン馬になっている。



★最後の牝馬クラシック挑戦となる西浦勝一調教師 ゴドルフィン所有のウーマンズハートで参戦



 来年2月28日をもって定年のため引退となる西浦勝一調教師(栗東)は、2001年の桜花賞秋華賞を制したテイエムオーシャン、2006年のオークス秋華賞を制した力ワカミプリンセスの管理調教師で、“牝馬三冠”の3競走すべてで優勝経験がある。西浦調教師は今年のオークスウーマンズハートで参戦する予定だが、最後の牝馬クラシック挑戦を勝利で飾ることができるかどうか。同馬には藤岡康太騎手が騎乗する予定。



 また、5月19日現在では抽選対象だが、ソフトフルートを登録している松田国英調教師(栗東)も、今年のオークスが最後の牝馬クラシックとなる。同調教師はダイワエルシエーロで2004年のオークスダイワスカーレットで2007年の桜花賞秋華賞を制しており、西浦調教師同様、“牝馬三冠”の3競走すべてを制しているが、自身最後となる牝馬クラシックの舞台に出走馬を送り込めるかどうか。なお、ウーマンズハートソフトフルートは本邦外居住馬主ゴドルフィンの所有馬で、本邦外居住馬主として初のクラシック制覇がかかる。



★単独トップのオークス5勝目なるか ディープインパクト産駒は9頭が登録



 歴代単独トップのオークス5勝目がかかるディープインパクト産駒は、桜花賞3着のスマイルカナ(美浦・高橋祥泰厩舎)、同5着のミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)、シンザン記念勝馬のサンクテュエール(美浦・藤沢和雄厩舎)、スイートピーS勝馬デゼル(栗東・友道康夫厩舎)など9頭が登録している。昨年のオークスでは1着ラヴズオンリーユ、2着カレンブーケドールと“ディープ”産駒がワンツーフィニッシュを決めたが、今年も好成績を挙げることができるかどうか。



 なお、サンクテュエールを管理する藤沢和雄調教師は、オークスにこれまで10頭を出走させており、現役最多タイの出走頭数を誇る。同調教師の管理馬は、2017年にソウルスターリングオークス馬になったが、3年ぶりのオークス制覇となるかどうか。サンクテュエールには、オークス騎乗機会2連勝中のC.ルメール騎手が騎乗する予定。



★収得賞金900万円の馬は抽選対象 「8分の2」の抽選を突破するのはどの馬?



 今年のオークスには25頭が登録しているが、優先出走権を持つ馬と収得賞金上位の馬を合わせて16頭が出走可能となっており、残る2頭の出走馬は収得賞金900万円の8頭による抽選で決定される。



 抽選対象となっている馬のうち、フィオリキアリ(栗東・清水久詞厩舎)は、第1回、第2回の特別登録がなく、追加登録料200万円を支払ってオークスにエントリーしている。オークスでは、2013年にメイショウマンボが追加登録を行って優勝しているが、フィオリキアリは抽選を突破し、オークスを制することができるかどうか。また、ミスニューヨーク(栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗予定の加藤祥太騎手は、抽選を突破すればクラシック初騎乗となる。過去10年のオークスでは、2016年に抽選を突破して出走したビッシュが3着に入っているが、今年「8分の2」の抽選を突破して、オークスの舞台に立つのはどの馬だろうか。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【皐月賞】躍れ日高産馬!2頭出し相沢郁師インタビュー 2020年4月15日(水) 05:00

 3歳3冠レースの第1弾、皐月賞(GI、芝2000メートル)が19日に中山競馬場で行われる。2頭を大舞台に送り出す相沢郁(いくお)調教師(60)=美浦=の胸の内に迫った。札幌2歳Sの優勝馬ブラックホール(牡)、共同通信杯2着のビターエンダー(牡)は、ともに一発の可能性を秘めた素材だ。今では競走馬生産牧場の主流ではなくなった日高地方生まれの2頭が、桜花賞を快勝したデアリングタクトに続き、エリート撃破に挑む。(取材構成・内海裕介)

 ◇

 --ブラックホールは母ヴィーヴァブーケも管理

 「けがで1勝で引退したけど、スカーレット(インク)のいい血統だから繁殖に残しましょうとなったんだ。岡田繁幸さんの勧めでゴールドシップを種付けしたと聞いているけど、最初は小さくて目立たない馬だった」

 --それが札幌2歳Sで重賞奪取

 「稽古に乗った裕紀人(石川騎手)から走るとは聞いていたけど、当週の追い切りが速過ぎてしまってね。心配した分、レースで強かったのには驚いた」

 --前走の弥生賞は勝ち馬から0秒4差の4着

 「ホープフルS(9着)のときに内枠((1)番)で押して行ったら気持ちが乗らない感じだったので、脚をためる競馬をした。4コーナーで不利もあったし、勝ち馬は別として2着以下とは差はなかったから、ある程度、本番への手応えもつかめた」

 --8日は坂路で4ハロン50秒5の一番時計

 「オーナー(芹澤精一氏)の考えもあって坂路でビシビシ鍛えている。やればいくらでも動くけど、このメニューに耐えているのがすごい。稽古も裕紀人がずっとつけているけど、関係者の理解で競馬で乗せ続けてもらえるのだから、結果で応えないとね」

 --ビターエンダー共同通信杯で2着

 「オルフェーヴルの子にしてはのんびりしていて、デビュー戦(3着)では出遅れたりしていたけど、前走はミナリク騎手が前に行く競馬をしたね。結果オーライで違った一面を見せてくれた」

 --デビューから着実に成長

 「良化ぶりは半端じゃないよ。デビュー当初は走るときにハミに頼ったり、すぐソエが出たりしていたけど、今は馬が固まって、稽古でも素晴らしい動きを見せている」

 --中山は京成杯で4着

 「あの頃とは馬が全然違うし、中山が駄目ということはないと思う。ただ東京の方がいいことはいいので、最低でもダービーの出走権(5着以内)は獲ってほしい」

 --2頭出しは2000年(ジョウテンブレーヴ4着、マイネルコンドル17着)以来

 「今の時代、日高の個人牧場の馬がフルゲート18頭の中に潜り込むのは本当に大変なこと。それがウチに2頭いるのは、大げさじゃなく奇跡的なことだと思う。何とかいい競馬をして、日高にエールを届けたい。強い良血馬にひと泡吹かせるので、応援してください」

 14日の2頭茨城県・美浦トレセンで翌日の追い切りに備えた。ブラックホールは坂路を2本(4ハロン68秒3、同65秒0)消化。相沢調教師は「先週にビッシリやって、雰囲気はいい。中山は合っている」。ビターエンダーは坂路を4ハロン70秒9で駆け上がり、「具合はすごく良くなっている。体重は前走より絞れるかも」と、ともに好ムードだ。

相沢郁(あいざわ・いくお) 1959(昭和34)年6月19日生まれ。北海道出身。麻布大獣医学部で獣医師免許を取得。98年に美浦トレセンで厩舎を開業。同年にウメノファイバーが京王杯3歳Sに優勝し、翌年にオークスを制覇した。2012年に優秀調教師賞(関東3位)、13年に優秀厩舎賞(関東4位)を受賞。14日現在、JRA通算430勝。JRA重賞はほかに13年GII産経賞オールカマーヴェルデグリーン)など計18勝を挙げている。

★ノーザンファーム強し…北海道日高地区は日本一の馬産地と言われ、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンの三冠馬、ハイセイコー、オグリキャップのスターホースを生んだ。しかし、1990年代から社台グループが大躍進。胆振(いぶり)地区・安平町のノーザンファームは、生産馬が過去5年で日本ダービー4勝、皐月賞3勝。石狩地区・千歳の社台ファームは、皐月賞9勝を挙げている。個人経営の牧場は厳しい時代だが、桜花賞は日高町・長谷川牧場のデアリングタクトが制した。GI7勝テイエムオペラオーを出した浦河・杵臼牧場生まれのブラックホール高松宮記念優勝セイウンコウセイの故郷、静内・桜井牧場出身のビターエンダーも続きたい。

★父子制覇だ…皐月賞の父子制覇は過去に10頭。オルフェーヴルの産駒は、2018年にエポカドーロが勝っており、ビターエンダーが勝てば2頭目となる。12年皐月賞などGI6勝を挙げたゴールドシップは今年の3歳が初年度産駒で、ブラックホールが勝てばGI初制覇。オルフェーヴルゴールドシップともにステイゴールドの産駒で、大舞台に強い血統だけに楽しみだ。

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【黄梅賞】ゴールドシップ産駒クロノメーターが差して2勝目挙げる 2020年3月21日() 14:56

 3月21日の中山9R・黄梅賞(3歳1勝クラス、芝・外1600メートル、8頭立て)は、田辺裕信騎手騎乗の1番人気クロノメーター(牡、美浦・尾形和幸厩舎)が後方2番手から徐々にポジションを上げ、逃げたカフェサンドリヨン(4番人気)をゴール前ハナ差捕らえて2勝目を挙げた。タイムは1分35秒1(良)。

 ハナ+クビ差の3着にはレッドアダン(5番人気)が続いた。

 黄梅賞を勝ったクロノメーターは、父ゴールドシップ、母タイムウィルテル、母の父ブライアンズタイムという血統で、GIII・ダービー卿CT勝ちしたマジックタイムの半弟にあたる。通算成績は4戦2勝。

 ◆田辺裕信騎手(1着 クロノメーター)「パフォーマンスとしては物足りないものがありますし、今後の克服するべき課題が見えてきました。右回りでも左回りでも、関係なく走れるようになってほしいですね。ただ、賞金を加算して、上のクラスに出られるのは、この馬には大きいと思います」



★21日中山9R「黄梅賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ホープフルS】レースの注目点 2019年12月24日(火) 14:00

★GI昇格後は1番人気馬が2連勝 今年のホープフルSには17頭が登録



 ホープフルSは、1984年に牝馬限定戦の「ラジオたんぱ杯3歳牝馬S(GIII)」として創設されたのが始まりで、1991年には阪神芝2000メートルの牡・セン馬限定戦となり、レース名も「ラジオたんぱ杯3歳S(GIII)」に改められた。その後、「ラジオたんぱ杯2歳S」→「ラジオNIKKEI杯2歳S」と名称変更があり、2014年には舞台を中山芝2000メートルに移し、「ホープフルS(GII)」と名称・格付けが変更され、2017年にGIへと格上げされた。



 ホープフルS出走馬からは、キズナワンアンドオンリーレイデオロといった翌年のダービー馬など数多くのGIホースが誕生しており、昨年の優勝馬サートゥルナーリア皐月賞を制覇。GI昇格後のホープフルSでは、タイムフライヤーサートゥルナーリアと1番人気馬が連勝しているが、今年はどんな結果になるだろうか。なお、今年のホープフルSには、東スポ杯2歳Sの覇者コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)、札幌2歳Sを制したブラックホール(牡、美浦・相沢郁厩舎)など17頭が登録している。



★東スポ杯2歳Sで5馬身差の圧勝 コントレイルには福永祐一騎手が騎乗予定



 今年のJRA2歳重賞の結果を見ると、無敗馬の勝利が多く、GIの阪神JFではレシステンシア朝日杯FSではサリオスといずれも2戦2勝馬が優勝。ホープフルSには4頭の2戦2勝馬が登録しているが、このうち重賞を制しているのはコントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)1頭だけ。同馬は9月15日の阪神でデビュー勝ちを飾ると、続く東スポ杯2歳Sでは、従来の記録を1秒1更新する2歳芝1800メートルのJRAレコードタイム(1分44秒5)で2着馬に5馬身差をつける圧勝を演じた。今回、コントレイルには福永祐一騎手が騎乗する予定だが、デビューから3連勝でGIタイトルを手にすることができるだろうか。なお、福永騎手はホープフルSを勝てば、現在実施されているJRAの2歳GI完全制覇となる。



★父は新種牡馬ゴールドシップ 札幌2歳Sを制したブラックホール



 新種牡馬産駒は、オーシャンブルー産駒のクリノブレーヴ(牡、栗東・長谷川浩大厩舎)、キズナ産駒のハギノエスペラント(牡、栗東・松田国英厩舎)、ゴールドシップ産駒のブラックホール(牡、美浦・相沢郁厩舎)の3頭が登録。このうちブラックホールは、前走の札幌2歳Sゴールドシップ産駒初のJRA重賞制覇を飾っており、父にGIのタイトルも贈ることができるか注目される。



 ブラックホールを管理する相沢郁調教師には、1999年オークス以来、20年ぶりのJRA・GI制覇がかかる。同調教師は12月23日現在、今年のJRA競走で29勝を挙げ、スプリングS札幌2歳Sと2つの重賞を制している。なお、ブラックホールには相沢郁厩舎所属の石川裕紀人騎手が騎乗する予定で、同騎手にはJRA・GI初制覇がかかる。



★萩S勝ち馬はGI昇格後2連勝 ドリームジャーニー産駒のヴェルトライゼンデ



 ヴェルトライゼンデ(牡、栗東・池江泰寿厩舎)は、父ドリームジャーニー、母マンデラという血統で、今年の菊花賞ワールドプレミアの弟にあたる。同馬は新馬→萩Sを連勝してホープフルSに駒を進めてきたが、ホープフルSは2017年がタイムフライヤー、昨年がサートゥルナーリアとGI昇格後は萩S勝ち馬が2年連続で勝利を挙げている。果たして、ヴェルトライゼンデは兄に続いてGI馬の仲間入りを果たすことができるだろうか。



 また、ドリームジャーニーは2006年の朝日杯FSを勝ち、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。現2歳のドリームジャーニー産駒で血統登録された馬はヴェルトライゼンデを含め3頭だけとなっているが、ヴェルトライゼンデは父の名を高める走りを見せることができるだろうか。



★今年のJRA2歳重賞で4勝のハーツクライ産駒 アイビーSを制したワーケアが出走予定



 ハーツクライ産駒は、朝日杯FSを制したサリオスなど、現2歳世代が活躍を見せており、今年のJRA2歳重賞で4勝を挙げている。同産駒は、ホープフルSワーケア(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が登録。ワーケアホープフルSを勝てば、ハーツクライ産駒は今年のJRA2歳重賞5勝目となり、グレード制が導入された1984年以降のJRA2歳重賞年間最多勝記録となるが、同産駒は朝日杯FSに続いてホープフルSも制すことができるだろうか。なお、ワーケアにはC.ルメール騎手が騎乗する予定。



 ワーケアは6月9日の新馬戦を勝ち上がり、前走のアイビーSでは2着馬に3馬身差をつけ連勝を飾った。アイビーSは、2004~2013年の間は実施されなかったが、2014年から再び実施されるようになり、2014年以降の同レースの勝ち馬からはソウルスターリングクロノジェネシスがGI馬になっている。



★デビュー戦ではブラックホールに先着 新馬→芙蓉Sを連勝したオーソリティ



 オーソリティ(牡、美浦・木村哲也厩舎)は、7月7日、函館の新馬戦でデビューし、後に札幌2歳Sを勝つブラックホールをクビ差退けデビュー勝ちを飾った。2戦目はホープフルSと同じ中山芝2000メートル戦の芙蓉Sに出走し、2着馬に2馬身半の差をつけ連勝を決めている。オーソリティは2011年の三冠馬オルフェーヴルの産駒で、父の主戦騎手を務めた池添謙一騎手がデビュー以来騎乗しているが、3連勝でGIを制し来年のクラシックの主役候補に名乗りをあげることができるだろうか。



 また、オーソリティを管理する木村哲也調教師は、今年の2歳戦で12勝を挙げており、10頭の2歳馬が勝ち上がっている(※12月23日現在)。木村調教師は2歳重賞での勝利経験がないが、2歳重賞初勝利をGIで挙げることができるだろうか。



★三冠馬を父母に持つラインベック 偉大な両親に続くGIタイトル奪取なるか



 東スポ杯2歳S3着馬ラインベック(牡、栗東・友道康夫厩舎)は、父が2005年の三冠馬ディープインパクト、母が2010年の牝馬三冠馬アパパネという血統で、両馬の馬主だった金子真人ホールディングス(株)の所有馬(金子真人氏名義も含む)。昨年のホープフルSは、父口ードカナロア、母シーザリオという両親にJRA・GI馬を持つサートゥルナーリアが勝ったが、ラインベックも偉大な両親に続くGI制覇を果たすことができるだろうか。なお、同馬には岩田康誠騎手が騎乗する予定。



★JRA2歳リーディングサイヤーランキング首位 ディープ産駒はコントレイルなど4頭が登録



 12月23日現在の2歳リーディングサイヤーランキングを見ると、首位のディープインパクトが2位キズナに約1億5000万円の差をつけており、通算9度目の2歳リーディング獲得が濃厚となっている。ディープ産駒は、今年の2歳戦で45頭が勝ち上がり、50勝を挙げている。2歳戦の歴代最多勝は、2017年にディープインパクト産駒が記録した57勝だが、残りの開催でこの記録にどこまで迫ることができるだろうか。



 なお、ホープフルSにディープ産駒は、東スポ杯2歳S勝ち馬コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)、同3着のラインベック(牡、栗東・友道康夫厩舎)など4頭が登録している。ディープ産駒は今年のJRA2歳重賞で3勝、2着4回(勝率.250、連対率.583)という成績を残しているが、GI昇格後では初となるホープフルS制覇を遂げることができるだろうか。



★自身初のJRA年間100勝を達成 JRA・GI初制覇を目指す三浦皇成騎手



 三浦皇成騎手は12月15日に自身初のJRA年間100勝を達成し12月23日現在の全国リーディングでは6位となっている。2008年デビューの三浦騎手は、デビュー年に91勝を挙げ、JRA新人騎手の歴代最多勝記録を樹立するなど、デビュー当初から多くの勝ち星を積み上げており、JRA通算勝利数は784勝を数えるが、JRA・GIでは85回騎乗して2着が最高成績となっている(※いずれも12月23日現在)。三浦騎手は、ホープフルSではディアセオリー(牡、美浦・高木登厩舎)に騎乗する予定だが、悲願のJRA・GI初制覇を遂げることができるだろうか。



長谷川浩大調教師はクリノブレーヴを登録 開業初年度にJRA・GI制覇なるか



 ホープフルSクリノブレーヴ(牡)を登録している長谷川浩大調教師(栗東)は、今年3月に厩舎を開業した新人トレーナーで、12月23日現在、JRAで7勝をマークしている。同調教師は、JRA重賞には延べ10頭を出走させて3着が最高成績となっており、JRA・GIへの出走は今回が初めて。さて、長谷川調教師は開業初年度からJRA・GIを制すことができるだろうか。なお、同調教師はヤマニンアンプリメで統ーダートGIのJBCレディスクラシック(浦和)を制している。また、長谷川調教師のホープフルS当日の年齢は36歳1力月10日で、Vなら、グレード制が導入された1984年以降では7番目のJRA・GI年少優勝記録となる。



ホープフルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【われかく戦う】相沢師、ブラックホール「GI制覇チャンス来た」 2019年12月24日(火) 05:06

 2歳中距離王を決めるホープフルSに、札幌2歳Sの勝ち馬ブラックホールを送り出す相沢郁調教師(60)=美浦=を直撃。重賞初制覇を飾った前走や中間の様子、今回の意気込みなどを聞いた。 (取材構成=漆山貴禎)

 --前走を振り返って

 「決して上手ではない大味な競馬でしたね。それで勝ち切るのだから能力があると思います。それに後ろの馬が来たらまた伸びたように、闘争心もありますよ」

 --今回は4カ月ぶり

 「札幌2歳Sを勝って(出走に必要な)賞金を持っているし、小柄な馬で仕上がりも早い。ひと叩きする必要はないと判断しました」

 --1週前追い切りの評価は

 「霧でよく見えなかったけど、攻め駆けする馬と併せてビッシリと追えたのはよかった。気合も入ってきましたね。馬体重は増えていないけど、お母さんも小さかったので気にしていません」

 --母ヴィーヴァブーケも芹澤精一オーナーの所有で相沢厩舎に在籍

 「母はけがの影響もあって1つしか勝てなかったけど、絶対にいい子を出すと思って繁殖牝馬にすることを進言したんです。近親にダイワスカーレットがいる血統も魅力でした。本当にいい子を産んでくれましたね」

 --ゴールドシップの初年度産駒

 「芦毛ではないし、それほど似ていませんね。初めて見たときは母に似ていると思ったし、むしろ毛色や馬体は(父の父)ステイゴールドの特徴がよく出ている。小柄でもバネがあって、全身を使った独特な走り。岡田繁幸さん(※)も『この馬はすごい』と絶賛してくれました」

 --舞台は中山2000メートル

 「北海道の洋芝でしか走っていないから、時計の速い今の中山の馬場がどうかでしょう。それに、まだ負けていない評判馬もたくさん出てくる。でも、この馬もばかにしたものじゃないですよ。心肺機能が優れているので、距離はいくら延びても大丈夫です」

 --鞍上の石川騎手ともども今年は年男だった

 「今年は『師弟で重賞を勝つ』という目標を達成できた。それにエメラルファイトでも重賞(スプリングS)を勝てたから、いい一年だったと言えるんじゃないかな。GIも勝って、いい締めくくりにしたいですね」

 --1999年オークスウメノファイバー)以来のGI制覇へ

 「あの馬も小さいのにバネがあった。ブラックホールには、どこか似たものを感じているんです。これも縁かもしれません。GI制覇のチャンスが来たと思っていますよ」

 ※ビッグレッドファームグループ代表。ゴールドシップステイゴールドはともにビッグレッドファームで種牡馬として繋養。



ホープフルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



相沢 郁(あいざわ・いくお) 1959(昭和34)年6月19日生まれ、60歳。北海道出身。97年に調教師免許を取得し、翌98年に開業。初年度からウメノファイバーが京王杯3歳Sを制覇し、翌年にはオークス優勝の快挙を達成した。23日現在、JRA通算6080戦423勝。重賞はGI1勝を含む18勝。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドシップの関連コラム

閲覧 990ビュー コメント 0 ナイス 1

アーモンドアイ他豪華メンバーが揃った先週の有馬記念は、終わってみればリスグラシューの圧勝で幕を閉じた。4コーナーの手応えからして他の15頭とはまるで違っており、直線は少し追われるとあとは突き放す一方。5馬身差の着差通り、いや着差以上の異次元の強さだった。

一方、最終的には1.5倍の断然人気を集めたアーモンドアイは9着と大敗を喫した。キャリア初の馬券圏外となったが、正面スタンドから掛かり気味でスタミナを損耗。厳しい流れを追い掛けた上に折り合いがつかなかったことを考えればやむを得ない敗戦と言えそうだ。

競馬は展開や適性が合わなければ、あるいは折り合いなどちょっとしたことで名馬でも案外あっさり負けてしまうもの。2006年の凱旋門賞ディープインパクトが伸びあぐねたシーン、あるいは2011年の天皇賞(春)オルフェーヴルがまるで見せ場を作れず敗れたシーン、あるいは2017年の宝塚記念、やはり断然人気のキタサンブラックが力なく失速したシーンなど、過去の名馬が断然人気を集めながらも散って行ったシーンが脳裏を巡った。

奇しくも上記の3頭はいずれも次走で巻き返し、G1を制している。したがって、弱かったのではない。ただかみ合わなかっただけなのである。アーモンドアイもこの敗戦を恥じることはない。むしろ果敢に挑戦した姿勢こそが称えられるべきである。同時に次走、改めて強いアーモンドアイを観たいという思いが強くなった。


~ホープフルS&東京大賞典の展望

さて、今週末はラストG1となるホープフルS、さらには大井競馬場では東京大賞典が控えている。

まずホープフルSだが、コチラには2戦2勝のコントレイルが登場。さらに同じく2戦2勝の注目馬ワーケアヴェルトライゼンデオーソリティ、そして札幌2歳Sの覇者ブラックホールなどが出走、朝日杯FSに負けず劣らず注目の一戦となる。

正直なところどの馬も甲乙つけがたい面があるが、個人的に注目したいのはゴールドシップ産駒のブラックホール。デビュー戦ではオーソリティに首差敗れたとはいえ、明らかに差し遅れた一戦。ゴールドシップ産駒らしい長くいい脚を使えるのが武器で、距離が延びるのもプラスだろう。

ただ立ち回りという点では一抹の不安があるので、その点で有利なのはオーソリティブラックホールを退けたデビュー戦、そして2戦目といずれも安定した立ち回りを見せており、オルフェーヴル産駒としてはエポカドーロのような操縦性の高さがある。この舞台はいかにも会いそうだ。

もちろん、好時計で出世レースの東京スポーツ杯2歳Sを制したコントレイルにも注目。今回の内容次第では来春のクラシックも見えてきそうだ。ただ、福永騎手乗り替わりで初の中山コース、そして恐らく1番人気となると、馬券的にはアタマ勝負よりも2~3着あたりにちょい負けする方に賭けてみたい気もする。

一方、翌日の東京大賞典には昨年の覇者・オメガパフューム、2着ゴールドドリームが今年も順調に出走してきた。無敗でチャンピオンズカップを制したクリソベリルの名前がないのは残念だが、その他にも浦和記念で復活勝利を挙げたケイティプレイブ、好メンバーが揃った勝島王冠を完勝したモジアナフレイバーなどが主力を形成しそうだ。

こちらは現時点での注目はオメガパフュームチャンピオンズカップでは伸び切れずに終わったが、やはり1800mだとやや距離不足の感が否めない内容だった。大井のダート2000mでは安定しており、今年も順当に有力とみる。

もっとも、目下の充実ぶりならば純・南関東馬のモジアナフレイバーの激走に期待してみたくなる。折り合いの面がカギにはなるが、内寄りの枠を引けたのはプラス材料。末脚の鋭さなら引けを取らないだけに、久々に地方馬が強力JRA勢を一蹴するシーンが見られるかもしれない。

というわけで、当コラムも今年はこれにて終了。できれば馬券を当てて、皆様良いお年をお過ごしください。

※ホープフルSの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年9月9日(月) 11:48 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第8回ワールド上位者レビュー~
閲覧 964ビュー コメント 0 ナイス 5

 札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)などが施行された8月31日・9月1日の週をもって、JRAの2019年夏季競馬シーズンが終了。8月25日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)などを含めた主要競走の結果を受け、「ウマニティPOG 2019」のランキングにもいよいよ本格的な動きが出てきました。

 まだG1どころかG2も施行されていない時期であり、最終的な結果を左右するような大一番はだいぶ先。しかし、近年は3歳春のクラシック戦線を目指すような馬のデビュー時期が早まっていて、POGにおいても“逆転勝利”が難しくなりつつあるところです。好スタートを決めるに越したことはありませんし、これから出遅れを挽回すべく追加の入札に臨むとしても、好スタートを決めたプレイヤーの指名に学ぶのが得策であるはず。そこで今回は、9月1日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしていきたいと思います。

 なお、JRAのレースにおける本賞金額(9月1日終了時点)トップ20は下記の通り。

マイネルグリット(マイネショコラーデの2017) 5400万円
ブラックホール(ヴィーヴァブーケの2017) 3880万円
ビアンフェ(ルシュクルの2017) 3880万円
ウーマンズハート(レディオブパーシャの2017) 3800万円
エレナアヴァンティドリームカムカムの2017) 2610万円
ケープコッド(ハーロンベイの2017) 2380万円
ルーチェデラヴィタ(トウカイライフの2017) 2300万円
ラインベックアパパネの2017) 2300万円
オータムレッド(ティッカーコードの2017) 2300万円
イロゴトシ(イロジカケの2017) 2010万円
ペールエール(アピール2の2017) 1900万円
トリプルエース(Triple Pirouetteの2017) 1900万円
タイセイビジョン(ソムニアの2017) 1900万円
サトノゴールド(マイジェンの2017) 1900万円
ゼンノジャスタ(ウインアンジェラスの2017) 1810万円
プリンスリターン(プリンセスプライドの2017) 1480万円
ラウダシオン(アンティフォナの2017) 1480万円
ダーリントンホール(Miss Kentonの2017) 1480万円
ビッククインバイオアニメイトバイオの2017) 1460万円
ヒルノマリブ(パレガルニエの2017) 1340万円
エヴァーガーデン(モエレカトリーナの2017) 1340万円

 馬名だけ見てピンと来た方もいらっしゃると思いますが、入札で人気の中心となっていたディープインパクト産駒は、現在のところラインベックしかランクインしていません。そもそも、複数の産駒がランクインしている種牡馬はキズナビアンフェルーチェデラヴィタ)、ゴールドシップブラックホールサトノゴールド)、ダイワメジャーケープコッドペールエール)の3頭だけ。そのキズナゴールドシップをはじめとする新種牡馬勢が健闘したこともあり、バラエティに富んだ顔ぶれとなっていました。少なくとも、特定の種牡馬を狙うような作戦では獲得ポイントを伸ばしづらい展開と言えるでしょう。

 こういった状況の中、最上位クラスのスペシャルワールドでトップを走っているのはシスター闘将さん。小倉2歳ステークスの優勝馬マイネルグリットをデビュー前に指名していたうえ、他にも2頭の指名馬が勝ち上がりを果たしています。参加者35人の1頭1オーナー制という厳しい環境であることを考えれば上々の滑り出しです。
 しかも、シスター闘将さんの指名馬は「全力でスタートダッシュを決めにきた」というラインナップではありません。まだ20頭のうち8頭しかデビューしていないうえ、マイネルグリットの落札価格はわずか1530万PP。3億0310万PPで落札したアドマイヤチャチャ(ホットチャチャの2017)、3億0030万PPで落札したミスアンコールの2017など、まだまだ大物候補が控えていました。ここからさらに獲得ポイントを伸ばし、そのまま逃げ切り勝ち――という展開も十分にあり得るんじゃないでしょうか。

 G1ワールドはかなりの混戦模様ですが、現在のところ(じ~ じ)さんがわずかな差でトップに立っています。ビアンフェが函館2歳ステークスを、ラインベックが7月20日の中京2歳ステークスを制したほか、サトノゴールドタイセイビジョンラウダシオンもそれぞれ重賞で善戦。このうえデビュー戦を圧勝したリアアメリア(リアアントニアの2017)、良血馬のポタジェ(ジンジャーパンチの2017)、ライティア(シンハリーズの2017)らが控えているという、非常に重厚なラインナップです。最終的には圧勝かもしれませんね。

 G2ワールドはビアンフェマイネルグリットを指名した蘇我馬子さんが頭ひとつ抜けた存在。8月10日のコスモス賞を勝ったルーチェデラヴィタも指名されていました。そのルーチェデラヴィタビアンフェはデビュー前に獲得した馬ですが、勝ち上がった後の入札で獲得した馬も多いので、これから追加指名を考えているプレイヤーはぜひお手本にしてみてください。
 G3ワールドはビアンフェらを指名しているのむのむごっくんさん、ダーリントンホールらを指名しているe1ef4bbbe6さんがトップ争いを展開中。3位以下のプレイヤーも差はわずかで、まだまだ目まぐるしくランキングが動きそうです。
 オープンワールドも僅差の争いとなっていますが、トップ10にランクインしているプレイヤーのうち、マイネルグリットを指名していたのは現在1位のemiさんだけ。ここで差をつけた分が2019年シーズンA賞金王のタイトル獲得に繋がったわけですから、お見事と言うほかありません。

 スペシャルワールド以外は今後も仮想オーナー募集枠が順次開放されていきますので、まだすべての2歳馬を指名可能。トッププレイヤーたちの指名も参考にしながらラインナップを固めていきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年6月22日(木) 18:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】~2017宝塚記念~
閲覧 4,536ビュー コメント 0 ナイス 5



宝塚記念は脚の遅い馬が有利。

競馬は脚の速さを競う競技であり、奇異に感じることもあるかもしれないが、そういうレースは確かに存在する。その代表的な例が、“1~3着馬の上がり3ハロンタイム平均”が35秒3の有馬記念。そして同35秒7の宝塚記念だ。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


宝塚記念(過去10年)1~3着馬の上がり3ハロンタイム
2007年 1着 アドマイヤムーン  36秒2
2007年 2着 メイショウサムソン 36秒6
2007年 3着 ポップロック    36秒5
2008年 1着 エイシンデピュティ 37秒3
2008年 2着 メイショウサムソン 36秒9
2008年 3着 インティライミ   37秒2
2009年 1着 ドリームジャーニー 34秒3
2009年 2着 サクラメガワンダー 35秒0
2009年 3着 ディープスカイ   34秒8
2010年 1着 ナカヤマフェスタ  35秒8
2010年 2着 ブエナビスタ    36秒3
2010年 3着 アーネストリー   36秒6
2011年 1着 アーネストリー   35秒1
2011年 2着 ブエナビスタ    34秒5
2011年 3着 エイシンフラッシュ 34秒7
2012年 1着 オルフェーヴル   34秒7
2012年 2着 ルーラーシップ   35秒4
2012年 3着 ショウナンマイティ 35秒0
2013年 1着 ゴールドシップ   35秒2
2013年 2着 ダノンバラード   36秒2
2013年 3着 ジェンティルドンナ 35秒9
2014年 1着 ゴールドシップ   35秒2
2014年 2着 カレンミロティック 35秒8
2014年 3着 ヴィルシーナ    36秒3
2015年 1着 ラブリーデイ    34秒8
2015年 2着 デニムアンドルビー 34秒0
2015年 3着 ショウナンパンドラ 34秒7
2016年 1着 マリアライト    36秒3
2016年 2着 ドゥラメンテ    36秒1
2016年 3着 キタサンブラック  36秒8


脚が遅いというのは必ずしも欠点ではない。たしかに上級クラスの馬は大抵速い脚を持つものなのだが、それがすべてだと言うのなら、その平均が35秒3であったゴールドシップの強さはどうだ。

“脚が遅い馬”は速い上がりには対応できないし、“脚の速い馬”は上がりのかかるタフな競馬には音を上げてしまう。だからこそ、二極化した現在の競馬において、適性考察が重要になってくるのだ。

ちなみに天皇賞(秋)やジャパンカップの“1~3着馬の上がり3ハロンタイム平均”は34秒1。これらと宝塚記念は対極に位置するレースだと考えられる。ゴールドシップ宝塚記念を得意とし、東京コースを苦手としていた解はここに求めるべきだろう。

これは宝塚記念のレベルが低いという意味ではなく、そういった質のレースであると考えてほしい。上がり3ハロン33秒台で勝つような馬ではなく、35秒で勝てるような馬に有利なレースであるということ。つまりは“脚の遅い馬が有利”なレースであるということだ。



では今年、1番人気が確実となっているキタサンブラックはどうなのだろう。同馬の“1~3着時の”上がり3ハロンタイム平均”は現在のところ34秒8。これだけを見れば、キタサンブラックは34秒を切るようなタイムでビュッと上がってくる馬ではないことが分かる。逃げ・先行馬がある程度上がりがかかるのは当然のことではあるのだが。

しかし、さらにもう一段階、細分化してみると少し違ったモノも見えてくる。

[もっと見る]

2016年12月19日(月) 17:37 横井顕
【徹底攻略12】難関シナリオを突破しよう(2)
閲覧 67,402ビュー コメント 0 ナイス 1



前回のシナリオ攻略の続きになります。

難関の第8話「芦毛で天皇賞(春)(GⅠ)を勝利しよう」です。天皇賞(春)自体がそもそも難関GⅠですが、さらにそれを芦毛の馬で勝つ……という条件が加わります。



芦毛の馬を作るには

芦毛の仔は芦毛の親からしか今のところ生まれていません。つまり芦毛の馬を作るには、芦毛の種牡馬か繁殖牝馬を使って配合をする必要があります。

以下が芦毛の種牡馬です。天皇賞(春)を勝つレベルの馬が狙いなので、パラメータのいい種牡馬のみに絞っています。

★5 ゴールドシップ
★5 タピット
★4 アドマイヤコジーン
★4 スウェプトオーヴァーボード
★3 キャプテントゥーレ
★3 ジョーカプチーノ
★3 チチカステナンゴ

★5や★4の種牡馬は持っていないプレイヤーもいると思いますので、実践しやすい配合としては★3のキャプテントゥーレジョーカプチーノ、チチカステナンゴが候補になるでしょうか。

一方、芦毛の繁殖牝馬は以下のとおり。「優」と「良」に絞ると2頭のみです。

[優・スタミナ型]ヨロコビノウタ
[良・バランス型]スリートリック

これらの馬を使っていかに強い馬を作るか……を考えることになります。


▲芦毛の馬は意外に少ない。クロスを使いやすいジョーカプチーノはおすすめの1頭。



芦毛で強い馬を狙う配合

当初はあれこれと配合を考えたのですが、結局天皇賞(春)を勝てたのは以下のように流れの中で生まれた馬でした。

【例1】自家生産繁殖牝馬にジョーカプチーノを付けて芦毛の産駒を作る

これは友人の牧場ですが、手頃な★3で実績Bの種牡馬(トウケイヘイロー→ハーランズホリデー→ミッキーアイル)で血統を伸ばしつつ、ジョーカプチーノを付けたところスピードA・スタミナEの馬が生まれました。

配合理論は速力クロス1本のみ。母はスピードC・スタミナDで「将来はGⅠも」コメントです。





【例2】最初に芦毛の牝馬を作り、そこから芦毛で自家生産の血統を伸ばしていく

最初にジョーカプチーノ×メゾンフォルティーで芦毛の牝馬を作り、上記と同様に★3で実績Bの種牡馬(ナカヤマフェスタ→ティンバーカントリー→トウケイヘイロー)をつないでいったところスピードAの馬が生まれました。

産駒は半分以上が芦毛なので、芦毛で血統をつないでいくのはけっこう簡単です。

配合理論は速力と底力のクロスが2本ずつ。母は馬体解析をしていないので能力は不明ですが、1歳時コメントは「バネ」「優しい」「スピード」「落ち着き」「早熟」、戦績は牝馬GⅠ2勝という馬でした。





天皇賞(春)を勝つためには

天皇賞(春)は非常にスタミナを要するレースで、スタミナがないと4コーナーで大きく後れを取る感じがあります。敵はゴールドシップをはじめキズナフェノーメノエイシンフラッシュなど強敵ぞろいなので、早めに仕掛けて抜け出さないと勝つのは至難です。

ならば上記で紹介したようなスピード一本槍の馬でどうするのか……というところですが、天皇賞(春)限定でスタミナアップする才能「春風」を付けると劇的に走りが変わるのです。


▲「春風」Lv.6を付けて挑み、後続を7馬身ぶっちぎった。



スピードAの出足で先頭に立ち、才能「春風」のスタミナ補強で絶好のスパートを切る……という形ですね。


▲こちらはゴールドシップフェノーメノの猛追を振り切って勝利。



なお才能「春風」は、阪神大賞典日経賞大阪杯のいずれかを勝つと特別調教師を獲得できます。どれも難易度の高いGⅡですが、この中では距離の短い大阪杯が比較的勝ちやすくておすすめです。

日経賞も距離は長いですが敵薄の年がときどきありますので、スタミナ豊富な馬や才能「快走」などでスタミナ補強された馬なら挑んでみる価値はあります。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオンⅡ』の公式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオンⅢ全書』(アスキー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

2016年10月21日(金) 10:30 みんなの競馬コラム
【菊花賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,538ビュー コメント 0 ナイス 2

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
今週はいよいよクラシック最終戦、菊花賞です。
個人的に1番好きなレースです。

●日本らしい競馬の巧さが問われる
近年の、菊花賞と天皇賞(春)という京都の長距離GIの特徴は、「巧く乗った馬が好走する」ということです。長距離なのだから騎手の腕が問われるのは当たり前ですが、特に近年は顕著で、先行した馬・差してくる馬でも道中は内ラチ沿いか、内ラチから2列目を通っていた馬ばかりが好走します。

●外差しが効いたレース
2012年の菊花賞と、2015年の天皇賞(春)はスカイディグニティユウキソルジャーフェイムゲームといった外差しが台頭しましたが、これは無尽蔵のスタミナを誇るゴールドシップが「捲り切った」からであって、基本的にはキタサンブラックリアルスティールリアファルトーホウジャッカルフェノーメノサウンズオブアースゴールドアクタータガノグランパカレンミロティックシュヴァルグランタンタアレグリアラストインパクトネオブラックダイヤタニノエポレットホッコーブレーヴも、みんな先行しているか、先述したような道中の位置取りから巧く直線で馬群を縫ってきたり、外に出してきたりしています。

つまり、そういう競馬ができる騎手、そういう競馬ができる馬が好走しやすいということです。このような点も踏まえて各馬について考察していきたいと思います。


ディーマジェスティ
母母シンコウエルメスは英愛ダービーとキングジョージを制したジェネラスの全妹(つまりマイラーズC勝ちオースミタイクーンの半妹)で、遡ればジャパンカップも来日しオープン特別時代の富士Sを「ワープ」で勝利した「鉄の女」Triptychや凱旋門賞連覇のTreve、フリオーソらと同じMargarethenを牝祖とする牝系。ディーマジェスティの母エルメスティアラの他にエリザベス女王杯3着、ステイヤーズS2着などがあるエルノヴァを産んだ。「スタミナ&パワー」といった牝系で、ディーの馬体がムキムキなのも頷ける。
春との大きな違いは、順調に調整が進んでいることで、陣営が言うように間違いなく生涯最高のデキでパドックに出てくるだろう。特筆すべきはダービーでの、『これほど「パワー」と「スタミナ」に富んでいるタイプが、エイシンフラッシュのダービーのような瞬発力勝負で、マカヒキサトノダイヤモンドに肉薄した』という事実で、あの時点で、競馬ファンがよくする「この世代でどの馬が1番強いのか」という議論で、「総合力ではディーがNo.1」という評価に落ち着いた。また、先述したように器用さが求められる菊花賞において最大のウィークポイントは、ズブさがあることだと思っていたが、セントライト記念を見る限り大丈夫そうだし、今思えばあのスローのダービーで反応し切っていたからそういうことなのだ。
距離延長は全く問題ないし、エイシンフラッシュのダービーに近い上がり勝負だった今年のダービーよりは流れも向くはず。そして、フェノーメノでの春天連覇の他にも、カレンミロティックトーセンラータンタアレグリアサウンズオブアースを京都長丁場のGIで好走させている蛯名騎手というのは心強い(おそらく京都の長距離では横山典弘騎手と並び現役No.1だろう)。

サトノダイヤモンド
配合的な点からサトノダイヤモンドについて簡単に説明すると、Halo≒Sir Ivor3・5×5・4でサザンヘイローを通じるHaloのクロスはマカヒキと同じで、母のNorthern Dancer4×4やLureやLogicalといった血からパワーを取り込み、父の瞬発力の根源であるHalo≒Sir Ivorを継続させた、マカヒキシンハライトのような「父再生産型」の配合系。完歩も大きいが、母のパワーが強いからやや地面に叩きつけるような走法をしている。
Halo≒Sir Ivorを継続しているから完歩は大きくてもドゥラメンテリオンディーズのようなあからさまなストライド走法と比較すれば内回りでもマイナスにならないため皐月賞でも好走できた。その皐月賞きさらぎ賞から直行というローテーションに加え、池江調教師は先行有利な馬場状態だったため、ルメール騎手に「好位の5~7番手くらいの先頭から5馬身差くらいを追走してくれ」と指示を出したという。向こう正面でルメール騎手が追っつけ、ハイペースに付いていったのは、その「先頭から5馬身差くらいを追走してくれ」という指示を守っていたから。これを抜きにしても直線での不利がなければ2着マカヒキとの差はさらに縮まっていたであろう強い負け方。ダービーも落鉄と外にヨレたことが響き、ダービー馬になっていてもおかしくなかった。
ただ馬体をみてもだんだんと母のパワーが発現してきているようで、距離延長はプラスとは言えないが、昨年も明らかに距離が長かったリアルスティールが好走しているように、同世代が相手だから極端に外々を走らされたり大きな不利を受けない限りはスタミナ切れで垂れるということはないだろう。それ以上に心配なのは、昨年のリアファルや今年の桜花賞でのメジャーエンブレムのように、大舞台だと後手に回ることが多いルメール騎手で、折り合い懸念があるサトノダイヤモンドならばなおさらその心配をせざるを得ない。

ミッキーロケット
Nureyev4×4、ラストタイクーン≒Caerleon3×3、Mill Reef≒Riverman5×5という相似配合系で、La Troiennneの血も豊富だからパワーも兼備だが、前走をみると、Mill Reefをクロス、ニアリークロスしたキンカメ産駒(ローズキングダムタガノグランパ)のように外回り向きの斬れ味に富んだタイプだろう。前走は、サトノダイヤモンドの池江師がコメントしているように、何度やっても勝つことはなかったと思うが、レッドエルディスト級程度に力を付けたことは示した。ただ、直線平坦の京都替わりは良いものの穴人気は必至だし、距離不安もある。鞍上もこういう末脚に長けたタイプが合うわけでもないからヒモまで。

レッドエルディスト
マイニングとNever bendを通じるLa Troiennneクロスで肩が立ったピッチ走法だが、Darshaanやクリスタルパレスといった仏血が多い「持続斬れ」のタイプ。春より前で競馬ができるようになっており、これは腰がパンとしてきたからだろう。ダービーでも目先の好走にとらわれずに自分の競馬を崩さなかったことがプラスに出ているし、こういう育成の仕方は四位騎手らしい。距離延長はプラスで、まだ筋力が付き切っていないから直線が平坦というのも良さそう。良くも悪くも自分の形は崩さないだろうから勝ち切るイメージは湧かないが、馬券圏内に好走するイメージは強く湧く。

エアスピネル
この牝系らしい小刻みなピッチ走法だから、中距離ならば武器はコーナリングで他馬との差を広げたいクチ。皐月賞は完成度の高さとそのコーナリングの巧さでの4着、見せ場十分の4着だったダービーはスローペースの恩恵があった。しかし、パワーや距離適性というのは時とともに発現してくるものだから、夏を超えてさらに距離適性は縮むだろうし、3000mのこの枠(7枠13番)ではさすがに手が出せない。

カフジプリンス
 レース振りからも分かるようにワンペースな馬で、トニービンやRobertoのスタミナが伝わっているようだ。ただ走法はRobertoや母のBlue Eyed Momo≒Busanda6×5のWar AdmiralとLa Troiennneパワーの影響が強い掻き込んだ走りをしている。距離延長◎且つ最内枠だから買いたくなる気持ちも分かるが、あえて懸念材料を並べてみたい。まずは、走法的に下り坂が下手そうなことだろう。次にハーツクライ産駒はトニービンの影響により後躯で走るから、直線に坂がない京都で後躯のパワーを使えない天皇賞(春)ではカレンミロティックシュヴァルグランフェイムゲームらが勝ち切れていない (もちろん、だから2.3着候補というのもあるのだが)。ハーツクライ産駒でいうことでもう1点挙げると、そもそも菊花賞に出走したのがウインバリアシオンワンアンドオンリーだけで、基本的にハーツのトニービン譲りの成長力というのはシュヴァルグランジャスタウェイアドマイヤラクティも、古馬になってからこそだから、菊で勝負になるには春クラシックで勝負になっているほどの完成度の高さがないと厳しいのではないかとも思っている。ちょっと今回に関しては、分かり易過ぎる狙いだから逆に怖いのだ。

レインボーライン
細かい配合は、下記のブログで記事にしたが、ノーザンテースト≒Vice Regent4×4・5で、母系に名血Alycidonも入るので、「ノーザンテースト増幅」というステイゴールド産駒の絶対的なポイントを押さえている配合。ブログで書いたようにそのほかの部分も素晴らしいから、夏を越えて神戸新聞杯で◎を打ちたいとずっと思ってきた。そんな馬が、早熟性とスピードが求められる3歳春のマイル重賞を制するあたりに大物の相を感じる。前走の札幌記念は明らかに1頭抜けた末脚を使ったし、これはいよいよGI級へと進化した可能性がある。
http://derby6-1.hatenablog.com/entry/2016/10/21/235419

シュペルミエール
 母母がラフォルジュルネアーデントシャルールなどを産んだ優秀なグレイトフィーヴァーで、仏血過多だから、牝馬ならシャルールのようにメリハリのある脚を使うタイプになるが、牡馬だとアーデントのようにダラーとした脚を使うタイプになり易い。また、ステイゴールドは、Princely Gift的な柔らかさも伝えるから、カフジプリンス欄で先述したようにトニービンを内包するハーツクライとは異なり、ゴールドシップフェイムゲームのように京都の長丁場で勝ち切ることができる。鞍上も昨年キタサンブラックで神騎乗をみせた北村宏騎手で枠順も昨年と同じ。面白い1頭。

ウムブルフは、母系に異系(Monsun)が入るから独特の柔らかさを持ち、京成杯皐月賞に出走したが本質的には広いコースでこその馬だ。鞍上も馬群を割ったり、ラチ添いが巧い浜中騎手だしナシではない。

イモータルは、マンハッタンカフェ×Acatenangoという独血を含む馬同士の組み合わせで興味深い配合。調教の動きもいつも良いが、なんといっても気性面がネック。

コスモジャーベもスタミナは十分で、ソングオブウインドとの父子制覇ならば大快挙だが、それには内枠が必要だった。

サトノエトワールは承知の通り速い上りが使えない馬だが、シュペルミエール同様母系が仏血で、こういうタイプはレーヴドリアンレプランシュのように京都外回りは合っているので、カレンミロティック的早仕掛けでアッと言わせ…さすがに厳しいか。

アグネスフォルテはAureole≒Alycidon7×7譲りの気性の難しさがあるから揉まれ弱いが、それは京都新聞杯のような粘りと表裏一体のもの。アグネスタキオンを輩出したイコマエイカン→アグネスレディーのアグネス牝系でそのタキオンを管理した長浜調教師最後の菊。単勝を握りしめたい気持ちだ。

プロディガルサンリアルスティールとは違いディープ×Storm Catらしい柔らかさが残るから距離は持ちそうで、3歳時のサトノアラジン(直線で詰まらなければ面白かった)くらい走れそうな気がしてたが8枠では厳しい。

ジュンヴァルカンはミルコ騎手の先行が怖いが、配合的にHyperionが入るトニービンと同質の斬れ方だから京都よりは直線に坂がある阪神・東京でこそだろう。


【まとめ】
ディーマジェスティサトノダイヤモンド
2列目筆頭・・・レッドエルディスト
穴・・・レインボーラインウムブルフ
爆穴・・・アグネスフォルテ


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年2月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第338話共同通信杯(謎解き編)
閲覧 1,488ビュー コメント 0 ナイス 3

第338話 「共同通信杯


11年 36.8-37.3-34.4 =1.48.5 ▼12▼2△9 瞬発戦
12年 37.3-37.4-33.6 =1.48.3 ▼12△1△7 瞬発戦
13年 36.0-36.0-34.0 =1.46.0 ▼ 5▼1△3 瞬発戦
14年 36.7-38.0-33.4 =1.48.1 ▼16±0△7 瞬発戦
15年 35.2-37.4-34.5 =1.47.1 ▼ 8▼8△7 瞬発戦

近年ではゴールドシップディープブリランテイスラボニータリアルスティールドゥラメンテが連対しているレースでトライアルレースではありませんが春のクラシックに向けてはかなり重要なレースといえるでしょう。
過去5年は全て瞬発戦で皐月賞というよりもダービーに向けて同じ府中でどれだけ斬れるのか?というテーマを持った馬が多く出走する(と思われる)のでいわゆる「スローの瞬発戦」というレース内容がほとんどです。
末脚が斬れる馬が勝ちやすいレースとなりますがスローペースになりやすいため先行有利の展開にもなりやすいです。
過去5年ではレースの上り1位の馬の成績は0-2-1-2となっていて複勝率60%と好走確率は高くはなっていますが勝ち馬は出ていません。
これら全馬は中団以降のポジションにいた馬でした。
つまり、上り最速と2着3着は差し馬達にくれてやるが1着だけは我ら先行勢が頂くぜ、とまぁそんな感じのレース傾向です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ナカヤマナイト   【瞬5平0消0】▼ 9▼ 2△ 2 ▼10▼ 2△ 9
ゴールドシップ   【瞬3平1消0】▼ 5▼ 4△ 8 △ 1▼11△ 7
メイケイペガスター 【瞬1平0消0】▼10▼ 8△ 5
イスラボニータ   【瞬3平1消0】▼ 3▼ 4△ 4 ▼18▼ 9△ 5
リアルスティール  【瞬1平0消0】▼17▼ 5△10
【2着馬】
ユニバーサルバンク 【瞬4平0消0】▼ 9▼ 3△ 4 ▼12▼ 7± 0
ディープブリランテ 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 7 ▼ 9▼ 4△14
ゴットフリート   【瞬2平0消0】△ 1▼ 5△ 4 ▼ 1▼ 7△ 1
ベルキャニオン   【瞬2平0消1】△ 1△ 1△ 3 ▼13▼ 4△ 3
ドゥラメンテ    【瞬1平1消0】▼ 1▼13△ 6 ▼ 4▼ 9△ 1

ゴットフリート以外の連対馬には
・▼10以上の大きな加速レースでの実績
・連続加速実績
の2つがありました。
ここはあった方がベターでしょう。
但し、新潟コースはこの手のレースラップになりやすいので新潟コースのみしか実績のない馬は割り引きが必要だと思われます。
今年の登録メンバーでは
イモータルキングオブアームズスマートオーディンピックミータッチファイアクリスタルメートルダールリスペクトアース
の7頭が該当します。

近年では春のクラシックを意識した馬が多く出走してくる(=レースレベルが高い)ので前走OPクラス以上に出走した馬が多く好走しています。

【前走クラス別成績】
前走OP以上 4-4-3-20 勝率12.9% 連対率25.8% 複勝率35.5%
前走OP未満 1-1-2-23 勝率 3.7% 連対率 7.4% 複勝率14.8%

前走OPクラス未満で連対した馬は昨年の1&2着馬リアルスティールドゥラメンテリアルスティールは前走新馬戦を3馬身半差で圧勝、ドゥラメンテは前走500万下クラスを5馬身差で圧勝。
OPクラス未満の場合はそれぐらいのレースパフォーマンスが必要かもしれません。
上記の7頭の中で前走OPクラス以上だった馬は
スマートオーディンメートルダールリスペクトアース
の3頭です。

スマートオーディンは前走極上の斬れを発揮して重賞勝利。
但し、前々走の平坦戦ではブラックスピネルに負けているのでスロー専門の瞬発馬=マイラーという可能性も考えられます(父がダノンシャンティだからというのももちろんあります)
流れが少し速くなると不安があるかなと思います。
メートルダールはここ2走は追い込みで位置取りに不安あり。
リスペクトアースは全2走ともスローの瞬発戦を逃げて連対。
スケールはあまり感じませんが展開的には穴はこの馬かなと思います。

その他では前走朝日杯FS9着もここは見直したいイモータル
元々ムーアJ騎乗予定だったが騎乗停止のため武幸Jへ急遽乗り替わりでレースでは引っ掛かって不発。
マンカフェ産駒でおそらくはマイルよりは中距離の今回の方がプラスでしょうし今回は乗り慣れた戸崎Jへの乗り戻りもプラスで前進必至でしょう。
(頭数的には今回は少頭数になりそうなので9着以下ってことは多分ないんですけど…)
そしておそらく2戦2勝で1番人気になりそうなハートレー
前走中山2000mのホープフルSで勝利してますが東京1800mはおそらく歓迎のクチ。
賞金は足りているだけにここは横山Jへの乗り替わりでどう騎乗するのかが見ものでしょう。
勝ち負けはもちろん可能ですが馬券的にはここから入りたいとは感じませんね。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イモータルリスペクトアーススマートオーディン
ここは期待を込めて◎イモータル
まーここ2走とも◎を打ったという私の意地もあるかも(笑)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドシップの口コミ


口コミ一覧

6月14日のWIN5予想

 藤沢雄二 2020年6月14日() 14:33

閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 7

今日のWIN5はメンバーと天候のおかげでかなり難しいです。
当てようと思えば思うほど点数がかさんでしまうので、今回はまともに勝負はしないです。
シンプルに勝ちそうな馬を1~2頭に決めて参加するだけの防御の回と割り切ります。

【阪神10R 灘S】⑩アヴァンセ
【東京10R 芦ノ湖特別】⑦クロノメーター
【函館11R UHB杯】②ダノンジャスティス ⑦アスタールビー
【阪神11R マーメイドS】⑦エアジーン ⑯レイホーロマンス
【東京11R エプソムC】⑤ピースワンパラディ
1×1×2×2×1=4

灘Sは素直に4歳馬のアヴァンセを。いや4歳馬が4頭しかいないのなら全部買うという手はあると思うのだけど、今日好調の福永騎手を信頼。

芦ノ湖特別は、東京の道悪を考えるとゴールドシップ産駒のクロノメーターで良さそう。芦毛の種牡馬がゴールドシップ1頭だけでもあるしw

UHB杯は内から4歳馬をベロベロっと買うレースなんでしょうけど、とりあえず横山武史騎手のダノンジャスティスと、函館ウッドの調教時計が良く感じたアスタールビーで。

マーメイドSも本来なら手広く買うレースなんでしょうけど、初手は52kgで抽選対象の馬を川田が待っていたエアジーン。
そして一発があればレイホーロマンスの追い込み。なんかハマりそうな気がする。

エプソムCも難しい一戦だけど、昨日のメインをジャングルポケット産駒が勝っていることもあってピースワンパラディで勝負。

結構振り回すつもりでいたのに、マーメイドSのレイホーロマンス以外はどこも人気どころに着地しました。
でも、お化けって「出るぞ~」という時ほど出ないですからねw

まあこの組み合わせなら給付金ぐらいにはなるでしょうから、ささやかに楽しむことにします。

 ウィーク 2020年6月11日(木) 06:01
2歳注目50頭_2020
閲覧 84ビュー コメント 0 ナイス 15

すでに今年の新馬戦が始まっていて、サルマンが先週デビューをしていますが
今年の2歳で注目している馬を社台グループで25頭、それ以外で25頭ずつ。


そして、今年も父ディープインパクトを外していますが
ダービーを狙う上で今年はドゥラメンテでもモーリスでもなく
今年はディープインパクトが良い馬が多いと思っています。
世界の様々な血統が入る繁殖レベルがやはり違いますね。。
あとは牡馬に関しては今までよりも距離適性が短めの馬を選んでいる印象。


・ 社台グループ生産 牡馬

母 マリアライト    (父 エピファネイア)
母 アディクティド   (父 キングカメハメハ)
母 ピンクアリエス  (父 カレンブラックヒル)
母 シアトルサンセット (父 ゴールドシップ)
母 ロスヴァイセ     (父 スクリーンヒーロー)
母 エセンテペ       (父 ダイワメジャー)
母 ヴァリディオル     (父 ドゥラメンテ)
母 コンヴィクションⅡ  (父 ドゥラメンテ)
母 アグネスラズベリ   (父 フェノーメノ)
母 リングジアラーム   (父 フェノーメノ)
母 クロノロジスト     (父 モーリス)
母 ヒストリックレディ    (父 リオンディーズ)
母 メジロマリアン     (父 ルーラーシップ)
母 アゲヒバリ       (父 ロードカナロア)
母 エンジェルフォール  (父 ロードカナロア)
母 マーゴットディド    (父 Frankel)
母 Serienholde      (父 Kingman)

・ 社台グループ生産 牝馬

母 イサベル         (父 キングカメハメハ)
母 サンブルエミューズ  (父 キングカメハメハ)
母 フェアリーダンス    (父 クロフネ)
母 ベルスリーブ      (父 ジャスタウェイ)
母 ホワイトローズⅡ    (父 ジャスタウェイ)
母 グランデアモーレ   (父 ドゥラメンテ)
母 ヒルダズパッション  (父 ドゥラメンテ)
母 ハッピーパス      (父 ロードカナロア)

・ 非社台 牡馬

母 ビタースウィート  (父 オルフェーヴル)
母 ヴァイセフラウ   (父 キズナ)
母 マイグッドネス   (父 キングカメハメハ)
母 デヴェロッペ    (父 ゴールドシップ)
母 シェルエメール  (父 シンボリクリスエス)
母 フェアエレン    (父 ダイワメジャー)
母 ゼフィランサス   (父 ドゥラメンテ)
母 プラントパラダイス (父 フェノーメノ)
母 メリオール      (父 フェノーメノ)
母 エーシンクールディ (父 モーリス)
母 ペルフィカ      (父 ルーラーシップ)
母 デルフィーノ    (父 ロードカナロア)
母 トゥアーニー    (父 Frankel)

・ 非社台 牝馬

母 エイシンサンバレー  (父 エイシンヒカリ)
母 ヴィーヴァブーケ   (父 エイシンフラッシュ)
母 アグネスリース    (父 エピファネイア)
母 アスクレピアス    (父 キズナ)
母 ヴェントス        (父 キズナ)
母 カストリア        (父 キンシャサノキセキ)
母 マイネテレジア    (父 ゴールドシップ)
母 ディアマンティナ   (父 ハーツクライ)
母 オンワードミシェル (父 モーリス)
母 シベリアンクラシカ   (父 リオンディーズ)
母 レディハピネス     (父 ロードカナロア)
母 ドゥケシーナ     (父 Kingman)

[もっと見る]

 ムーンシュタイナー 2020年6月6日() 19:36
20-21 POG 1週目➃
閲覧 169ビュー コメント 0 ナイス 8

【セリ落とした馬の分析メモ】

■ルリオウ(ゴールドシップ×デヴェロッペ)
クロコスミアの下。ハッキリ言って希望枠です。父ゴールドシップの弟は馬体に恵まれ、その体は好み。ハロン12秒台まで進んでいて、ゲートも合格。友道厩舎で馬主もクロコスミアと同じ大塚さんなら、一発あってもという希望的観測での指名。このパターンは成功率が低く、やはり血統面、配合に大いに不安が残るところ。とはいえ、競ってでもとってみようかなと思わせる何か、多分立ち姿から感じる何かなんだろうなぁ。

■カトルショセット(ハーツクライ×フォーシンズ)
今年1番初めに指名を決めた馬。配合面から指名馬を絞っていくが、その中でこの馬の配合を見て、ついに来たかと。母フォーシンズは独特な血統背景を持っていて、ノーザンダンサーを持たず、ミルリーフの4×4、ネヴァーベンドの5×4・5というクロスを持つ。ノーザンFの繁殖牝馬でも珍しい血統構成。この繁殖に合うとしたら、ハーツ、しかも牝馬だけと思って3年、ついにハーツ牝馬が誕生した。その理由はハーツ牝馬の活躍馬はネヴァーベンド≒ボールドリーズンの補給と考えていて、2本は入って欲しいところこの馬は3本。ノーザンダンサーが少なくてもしっかりした仔が出ると考えていた。実績がないので、安馬だし、POG本でも情報がないと思っていたが、黒本の袋とじにしっかりと登場。腰の強さのコメントを見てこの時点で指名決定。とはいえ、ハーツ牝馬の打率は低いし、晩成は間違いないので、楽しみ枠と考えている。

■ラーゴム(オルフェーヴル×シュガーショック)
オルフェ産駒のポイントはノーザンダンサーとミスプロの特徴を素直に伝えること。エポカドーロが良い例。最近は代が下がってなかなか難しくなっているが、母はミスプロ3本、ノーザンダンサー2本(薄いが)となっていて、まぁ合格かなと。馬主が林さんで馬名つけるのは遅いはずが、早々に決まりゲートも合格。思った以上に早く仕上がり、関係者の評価も上々。大物かどうかはともかく、少し楽しみではある。

■ロイバルト(スクリーンヒーロー×ロスバイセ)
スクリーンヒーロー×母父シンボリクリスエスは昨年指名したフライライクバードと同じ。こちらは母系にサンデーがあり、サンデーサイレンスの3×4、ロベルトの4×4となる。母方はスピードがあるので、フライライクバードより軽い走りが期待できるとみている。馬体はボリクリ詐欺にならないことを祈るぐらい?の好馬体。手塚調教師もお気に入りのようで、あとは調教を見ながらどのレベルかを見極めたい。

■メイショウフンケイ(ダイワメジャー×メイショウスズラン)
非常に手堅い母系。今年のダイワメジャー産駒は配合からしてパットせず。2頭しかリスト入りしていない。こちらは早めにゲート合格し、馬体も欠点が見当たらなかった。メイショウ、池添兼厩舎(学ば・・厩舎ではない)でよく盲点になるパターン。1週目で獲るかどうか、という点はあるものの、確実性は高いはず。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドシップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月14日(火) 10:40:27
2/12共同通信杯
1着 ゴールドシップ 内田博幸騎手
「ビデオで見て、力はあると思っていました。ゲートが難しい馬ですが、今日は11頭でスローになるのはわかっていたので、何とかゲートを出て、本命馬(ディープブリランテ)をマークできる位置に行きたかったです。直線モタモタするので早めに仕掛けていきましたが、追えば追うほど伸びる感じで、並べば交わせると思いました。ここで勝って力を見せられましたし、これから成長すれば楽しみです」

須貝尚介調教師
「厩舎もずっと重賞で2着で、これだけの管理馬を出走させながら、頭(1着)がないのは恥ずかしいです(笑)。スタッフ・騎手のお陰で、やっとタイトルを獲れました。
(初コンビの)内田君には攻め馬で乗ってもらっていましたし、一流ジョッキーですからね、レースはお任せしていました。ああいう競馬が出来たのは収穫です。今後については、また考えたいと思います」

3/31 ドバイ UAEダービーに登録済

担当の今浪厩務員
「怖がりな性格でもあるけれど、ズルいところがある子。前回の阪神の時(ラジオNIKKEI杯)は、最後に入る馬が嫌がったりしたら、驚いてしまってな。それもあって出遅れてしまったんや。今日は出来る限りゲートで離れないようにして、落ち着かせようとしたんだよ。少頭数だったし、他の馬もスムーズに枠入りを済ませてくれたのは大きかったわ」
口取り撮影のため、初めて掛けられた肩掛けに驚き、地下馬道で暴走寸前になったのも、この日は御愛嬌。
6:
  サンデーさいざんす。   フォロワー:6人 2012年2月12日() 09:04:10
まだき甲が抜けていない現状で幼いが
スケール含め実のある大物に育つ伸び代がある。
今後の成長で大化け可能かも。
5:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年1月12日(木) 07:18:16
12/24ラジオNIKKEI杯
2着 ゴールドシップ 安藤勝己騎手
「スタートで一完歩遅れてしまい、後ろからになりました。でも、その後は自分から動いて伸びています。強くなりそうな馬です」

⇒もっと見る

ゴールドシップの写真

ゴールドシップ

ゴールドシップの厩舎情報 VIP

2015年12月27日有馬記念 G18着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールドシップの取材メモ VIP

2015年12月27日 有馬記念 G1 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。