イロゴトシ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
イロゴトシ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2017年3月7日生
調教師牧田和弥(栗東)
馬主内田 玄祥
生産者本田 土寿
生産地熊本県
戦績 8戦[2-0-0-6]
総賞金2,586万円
収得賞金900万円
英字表記Irogotoshi
血統 ヴァンセンヌ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
フラワーパーク
イロジカケ
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
リッジローズ
兄弟
前走 2020/05/09 京都新聞杯 G2
次走予定 2020/05/31 白百合ステークス (L)

イロゴトシの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/09 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 1369316.5135** 牡3 56.0 小崎綾也牧田和弥472(+4)2.12.5 0.836.2⑦⑦⑥⑥ディープボンド
20/03/21 阪神 11 若葉S (L) 芝2000 1222156.2127** 牡3 56.0 川又賢治牧田和弥468(+15)2.00.0 1.434.5⑦⑦⑦⑦アドマイヤビルゴ
19/12/18 川崎 11 全日本2歳優 G1 ダ1600 13--------8** 牡2 55.0 幸英明牧田和弥453(--)1.43.8 1.9----ヴァケーション
19/11/27 園田 10 兵庫JGP G2 ダ1400 12--------7** 牡2 55.0 幸英明牧田和弥462(--)1.30.3 2.3----テイエムサウスダン
19/10/05 東京 11 サウジRC G3 芝1600 91178.089** 牡2 55.0 小崎綾也牧田和弥458(+4)1.34.5 1.835.0サリオス
19/08/24 小倉 9 ひまわり賞 OP 芝1200 177146.031** 牡2 55.0 小崎綾也牧田和弥454(0)1.09.9 -0.235.8ローランダー
19/08/10 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 14227.031** 牡2 54.0 小崎綾也牧田和弥454(+2)1.10.2 -0.535.0ベルウッドコチョウ
19/07/27 小倉 5 2歳新馬 芝1200 1881611.054** 牡2 54.0 小崎綾也牧田和弥452(--)1.11.0 0.636.5テイエムヤマカゼ

イロゴトシの関連ニュース

 ★京都新聞杯2着マンオブスピリット(栗・斉藤崇、牡)は、引き続き北村友騎手とのコンビで日本ダービー(31日、東京、GI、芝2400メートル)へ。5着イロゴトシ(栗・牧田、牡)は白百合S(31日、京都、L、芝1800メートル)に向かう。6着メイショウダジン(栗・松永昌、牡)は鳳雛S(24日、京都、L、ダ1800メートル)へ。京成杯10着ヒュッゲ(栗・友道、牡)も白百合Sへ。

 ★プリンシパルSを制したビターエンダー(美・相沢、牡)は予定通り日本ダービーに向かう。「さすがに疲れが出たので今週いっぱいは楽をさせたい。やはり東京は合う」と相沢師。

 ★9日東京の1勝クラス(ダ1600メートル)を勝ったキタノオクトパス(美・高木、牡)は、ユニコーンS(6月21日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。

【京都新聞杯】レースを終えて…関係者談話 2020年5月10日() 04:45

 ◆北村友騎手(マンオブスピリット2着)「追い切り、返し馬と緩さを感じました。流れに乗るまで時間がかかりましたが、素質と能力はありますね」

 ◆川田騎手(ファルコニア3着)「向こう正面で(ハミを)かんでしまいました。それでもここまで来ていますし、能力はあります」

 ◆小崎騎手(イロゴトシ5着)「2カ所スムーズさを欠きました。それがなければ着差は詰められたと思います」

 ◆幸騎手(メイショウダジン6着)「最後はよく来ています。芝は安定して走れていますね」



★9日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】厩舎の話 2020年5月8日(金) 04:56

 ◆アンセッドヴァウ・中竹師 「力むことなくいい動き。キャンターがきれいなので芝でも走れると思う」

 ◆イロゴトシ・牧田師 「動きは良かった。使って良化しているし、距離が延びるのもいい」

 ◆キッズアガチャー・田所師 「予定通りの調整でいい動き。初めての芝でスピードに乗っていけるかどうか」

 ◆キングオブドラゴン・矢作師 「追い切りは軽い調整になってしまったからね…」

 ◆サペラヴィ・相沢師 「前走は出遅れたり、気性の難しさが出た。順調にきたので、折り合いさえつけば」

 ◆シルヴェリオ池添学師 「当週は、しまいに気合をつけるくらいで大丈夫。先週、先々週と3頭併せでやり、時計も十分だったからね」

 ◆ディープボンド・大久保師 「中2週でサッとやったけど、動きは良かった。前走は意外に馬場をこなしてくれた。京都はいいと思う」

 ◆ファルコニア・小滝助手 「我慢がしっかり利いて、最後も切れるような感じで上がってきました。いい状態で送り出せそう」

 ◆プレシオーソ・清水久師 「指示通りの内容。デビューが遅くてダートから使ったが、走りはきれいなので芝もこなすと思う」

 ◆ホウオウエクレール・宮川助手 「馬なりでやって、いい状態を維持。相手は強くなるけど、気分良く逃げる形でどこまで通用するかですね」

 ◆マンオブスピリット・北村友騎手 「メリハリが利いてスッと反応してくれた。乗りやすくて距離はこなせそう。能力は感じました」

 ◆メイショウダジン・松永昌師 「動きは良かった。初芝の前走でも最後は伸びていた。時計がかかってほしい」

京都新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都新聞杯】追って一言 2020年5月7日(木) 04:21

 ◆アンセッドヴァウ・中竹師 「力むことなくいい動き。キャンターがきれいなので芝でも走れると思う」

 ◆イロゴトシ・牧田師 「動きは良かった。使って良化しているし、距離が延びるのもいい」

 ◆キッズアガチャー・田所師 「予定通りの調整でいい動き。初めての芝でスピードに乗っていけるかどうか」

 ◆キングオブドラゴン・矢作師 「追い切りは軽い調整になってしまったからね…」

 ◆サペラヴィ・相沢師 「前走は出遅れたり、気性の難しさが出た。順調にきたので、折り合いさえつけば」

 ◆シルヴェリオ池添学師 「当週は、しまいに気合をつけるくらいで大丈夫。先週、先々週と3頭併せでやり、時計も十分だったからね」

 ◆ディープボンド・大久保師 「中2週でサッとしたけど、動きは良かった。前走は意外に馬場をこなしてくれた。京都はいいと思う」

 ◆ファルコニア・小滝助手 「我慢がしっかり利いて、最後も切れるような感じで上がってきました。いい状態で送り出せそう」

 ◆プレシオーソ・清水久師 「指示通りの内容。デビューが遅くてダートから使ったが、走りはきれいなので芝もこなすと思う」

 ◆ホウオウエクレール・宮川助手 「馬なりでやって、いい状態を維持。相手は強くなるけど、気分良く逃げる形でどこまで通用するかですね」

 ◆マンオブスピリット・北村友騎手 「メリハリが利いてスッと反応してくれた。乗りやすくて距離はこなせそう。能力は感じました」

 ◆メイショウダジン・松永昌師 「動きは良かった。初芝の前走でも最後は伸びていた。時計がかかってほしい」

京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都新聞杯】特別登録馬 2020年5月3日() 17:30

[もっと見る]

【リステッドレース・データ分析(特別編)】若葉S2020 関西圏唯一の皐月賞トライアル!前年12月以降の実績を重視すべきレース! 2020年3月21日() 09:30

土曜日に行われる若葉Sの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2015年以降の結果をもとに検証



【全般】
前走が芝の条件クラス以下で1着だった馬の好走が目立つ

アドマイヤビルゴ
サーストンカイドー
オールザワールド
ムーンショット

前走で芝2000m戦に出走していた馬の好走頻度が高い

アメリカンシード
オールザワールド
ムーンショット
エンデュミオン

近5年の勝ち馬はいずれも前年12月以降の芝レースにおいて1着経験あり

アドマイヤビルゴ
サーストンカイドー
アメリカンシード
オールザワールド
ムーンショット
エンデュミオン
アルサトワ

【人気】
1~2番人気は【2.3.2.3】とマズマズの成績
※9時00分現在の1~2番人気

アドマイヤビルゴ
アメリカンシード

【脚質】
2015年以降、4角3番手以内の馬が5連勝中

イロゴトシ
ナムラカミカゼ
アメリカンシード
オールザワールド
アルサトワ
キメラヴェリテ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

前走で芝戦に出走、かつ上がり3ハロンが2位以内だった馬の上位入線が目につく

アドマイヤビルゴ
ディアマンミノル
オールザワールド
ムーンショット

【枠順】
真ん中~外め(4~8枠)の枠が優勢

ナムラカミカゼ
ディアマンミノル
ハンメルフェスト
アメリカンシード
オールザワールド
ムーンショット
エンデュミオン
アルサトワ
キメラヴェリテ

【血統】
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系配合(逆を含む)馬が毎年のように上位進出

イロゴトシ
ディアマンミノル
オールザワールド
ムーンショット


【3項目以上該当馬】
オールザワールド(7項目)
ムーンショット(6項目)
アメリカンシード(5項目)
アドマイヤビルゴ(4項目)
ディアマンミノル(3項目)
エンデュミオン(3項目)
アルサトワ(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

イロゴトシの関連コラム

閲覧 931ビュー コメント 0 ナイス 5

 札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)などが施行された8月31日・9月1日の週をもって、JRAの2019年夏季競馬シーズンが終了。8月25日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)などを含めた主要競走の結果を受け、「ウマニティPOG 2019」のランキングにもいよいよ本格的な動きが出てきました。

 まだG1どころかG2も施行されていない時期であり、最終的な結果を左右するような大一番はだいぶ先。しかし、近年は3歳春のクラシック戦線を目指すような馬のデビュー時期が早まっていて、POGにおいても“逆転勝利”が難しくなりつつあるところです。好スタートを決めるに越したことはありませんし、これから出遅れを挽回すべく追加の入札に臨むとしても、好スタートを決めたプレイヤーの指名に学ぶのが得策であるはず。そこで今回は、9月1日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしていきたいと思います。

 なお、JRAのレースにおける本賞金額(9月1日終了時点)トップ20は下記の通り。

マイネルグリット(マイネショコラーデの2017) 5400万円
ブラックホール(ヴィーヴァブーケの2017) 3880万円
ビアンフェ(ルシュクルの2017) 3880万円
ウーマンズハート(レディオブパーシャの2017) 3800万円
エレナアヴァンティドリームカムカムの2017) 2610万円
ケープコッド(ハーロンベイの2017) 2380万円
ルーチェデラヴィタ(トウカイライフの2017) 2300万円
ラインベックアパパネの2017) 2300万円
オータムレッド(ティッカーコードの2017) 2300万円
イロゴトシ(イロジカケの2017) 2010万円
ペールエール(アピール2の2017) 1900万円
トリプルエース(Triple Pirouetteの2017) 1900万円
タイセイビジョン(ソムニアの2017) 1900万円
サトノゴールド(マイジェンの2017) 1900万円
ゼンノジャスタ(ウインアンジェラスの2017) 1810万円
プリンスリターン(プリンセスプライドの2017) 1480万円
ラウダシオン(アンティフォナの2017) 1480万円
ダーリントンホール(Miss Kentonの2017) 1480万円
ビッククインバイオアニメイトバイオの2017) 1460万円
ヒルノマリブ(パレガルニエの2017) 1340万円
エヴァーガーデン(モエレカトリーナの2017) 1340万円

 馬名だけ見てピンと来た方もいらっしゃると思いますが、入札で人気の中心となっていたディープインパクト産駒は、現在のところラインベックしかランクインしていません。そもそも、複数の産駒がランクインしている種牡馬はキズナビアンフェルーチェデラヴィタ)、ゴールドシップブラックホールサトノゴールド)、ダイワメジャーケープコッドペールエール)の3頭だけ。そのキズナゴールドシップをはじめとする新種牡馬勢が健闘したこともあり、バラエティに富んだ顔ぶれとなっていました。少なくとも、特定の種牡馬を狙うような作戦では獲得ポイントを伸ばしづらい展開と言えるでしょう。

 こういった状況の中、最上位クラスのスペシャルワールドでトップを走っているのはシスター闘将さん。小倉2歳ステークスの優勝馬マイネルグリットをデビュー前に指名していたうえ、他にも2頭の指名馬が勝ち上がりを果たしています。参加者35人の1頭1オーナー制という厳しい環境であることを考えれば上々の滑り出しです。
 しかも、シスター闘将さんの指名馬は「全力でスタートダッシュを決めにきた」というラインナップではありません。まだ20頭のうち8頭しかデビューしていないうえ、マイネルグリットの落札価格はわずか1530万PP。3億0310万PPで落札したアドマイヤチャチャ(ホットチャチャの2017)、3億0030万PPで落札したミスアンコールの2017など、まだまだ大物候補が控えていました。ここからさらに獲得ポイントを伸ばし、そのまま逃げ切り勝ち――という展開も十分にあり得るんじゃないでしょうか。

 G1ワールドはかなりの混戦模様ですが、現在のところ(じ~ じ)さんがわずかな差でトップに立っています。ビアンフェが函館2歳ステークスを、ラインベックが7月20日の中京2歳ステークスを制したほか、サトノゴールドタイセイビジョンラウダシオンもそれぞれ重賞で善戦。このうえデビュー戦を圧勝したリアアメリア(リアアントニアの2017)、良血馬のポタジェ(ジンジャーパンチの2017)、ライティア(シンハリーズの2017)らが控えているという、非常に重厚なラインナップです。最終的には圧勝かもしれませんね。

 G2ワールドはビアンフェマイネルグリットを指名した蘇我馬子さんが頭ひとつ抜けた存在。8月10日のコスモス賞を勝ったルーチェデラヴィタも指名されていました。そのルーチェデラヴィタビアンフェはデビュー前に獲得した馬ですが、勝ち上がった後の入札で獲得した馬も多いので、これから追加指名を考えているプレイヤーはぜひお手本にしてみてください。
 G3ワールドはビアンフェらを指名しているのむのむごっくんさん、ダーリントンホールらを指名しているe1ef4bbbe6さんがトップ争いを展開中。3位以下のプレイヤーも差はわずかで、まだまだ目まぐるしくランキングが動きそうです。
 オープンワールドも僅差の争いとなっていますが、トップ10にランクインしているプレイヤーのうち、マイネルグリットを指名していたのは現在1位のemiさんだけ。ここで差をつけた分が2019年シーズンA賞金王のタイトル獲得に繋がったわけですから、お見事と言うほかありません。

 スペシャルワールド以外は今後も仮想オーナー募集枠が順次開放されていきますので、まだすべての2歳馬を指名可能。トッププレイヤーたちの指名も参考にしながらラインナップを固めていきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年8月15日(木) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/10~8/11)霧プロが日曜小倉12R◎メイショウラバンド的中22万オーバーをマーク!
閲覧 721ビュー コメント 0 ナイス 3


 
11(日)に行われたG3エルムS、G3関屋記念をはじめ、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
11(日)G3関屋記念を、「指数的にも『1600メートルG1出走経験を持つ重賞勝ち』のこの馬の優位は動かない」と評した◎ミッキーグローリーで単勝1点勝負的中。他にも、10(土)札幌3R3歳未勝利、11(日)小倉9R青島特別などの予想を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
11(日)G3エルムSを◎モズアトラクションできっちり的中!他にも、10(土)札幌12R知床特別などの的中を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
先週は、10(土)小倉1R2歳未勝利イロゴトシ的中を皮切りに、11(日)新潟3R3歳未勝利カシノブレンド、勝負予想札幌6R3歳以上1勝クラスデンセツノマジョ札幌8R3歳以上1勝クラススリーケープマンボ小倉9R青島特別ミアグアなどの予想を披露!週間トータル回収率100%をマークし、これで4週連続週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
10(土)小倉4R3歳未勝利を「前走は無理をしなかった感じ。調教の動き良く、発馬五分ならこの舞台でも」の◎ハニエル(単勝22.7倍)から◎○×的中、3連複544.9倍含む計16万420円のビッグヒットを披露!! 翌11(日)には、小倉12R3歳以上1勝クラスでの▲レッドベレーザメイショウラバンドラッシュハート的中計22万2,600円払戻しを筆頭に好調予想を連発。いずれも全予想家中トップの週末トータル回収率199%、34万1,050円プラスを記録しています!また、2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
先週は10(土)に札幌4R3歳未勝利シシリエンヌ新潟6R3歳未勝利コトブキスフェール小倉11R阿蘇ステークスアードラーなどの予想を披露。翌11(日)には札幌6R3歳以上1勝クラスウォーターエデン新潟7R3歳以上1勝クラスネオファルコンなどを仕留め、連日の大幅プラスを計上!週トータルでは、回収率141%、収支29万8,120円の大幅プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、ゼット1号プロ(132%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(129%)、セイリュウ1号プロ(121%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(120%←2週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(108%)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

イロゴトシの口コミ


口コミ一覧
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 8

ゴールデンウィークも終わり、ステイホームで競馬予想を

ゆっくりまったりとしている末三です。

 (;^_^A アセアセ・・・


では、さっそく。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 



【末三調教評価】


京都 11R 第68回 京都新聞杯より

A評価 ・・・ イロゴトシ ファルコニア

B評価 ・・・ ディープボンド マンオブスピリット

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち



【末三予想】

◎  8 番 アドマイヤビルゴ      前走なかなか。ここも。

〇  6 番 ディープボンド       仕上がりいいだけに。

▲ 10番 ファルコニア        折り合いさえつけば。

馬券は3連複6頭ボックス8-6-10-9-11-5番で

さぁ、それで張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

 グラニースミス 2020年5月9日() 09:15
バッチバチ ~今日の競馬~ 
閲覧 297ビュー コメント 8 ナイス 63

毎年、NHKマイルの週は、OPがたくさん組まれるが、今週は9つもある。

注目は、アリストテレスが、W登録していたので、勝手にザワザワしていました。
ダービー前にバッチバチかぁ~と思ったけれど

結局
アドマイヤビルゴ 近藤旬子氏 京都新聞杯
アリストテレス 近藤英子氏 プリンシパルS

POGの準備をしている人なら、ちょいと有名な話で、ミュージカルウェイ2018など、色々とある。
もしかするとこの冠号も見納めなのかなぁ?~とシンミリしたりする。

~京都新聞杯GⅡ~
今週の日記 https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=cf375f9e9e&owner_id=ec4564f04e
の後、悶々と妄想していたのは・・・
昨年の春のクラシック戦線で唯一令和で施行されたのが、このレース。
1着賞金が5400万円のGⅡで、唯一優先出走権を配布しないレースだったりする。

GⅡ弥生賞2着 ワーケア →アイビーS(L)1着・ホープフルS3着
GⅡスプリングS2着 ヴェルトライゼンテ →萩S(L)1着・ホープフルS2着
GⅡ青葉賞1着 オーソリティ →芙蓉S(L)1着・ホープフルS5着

アドマイヤビルゴ は若葉Sだけの戦歴 で重賞出走歴がない・・・
同枠馬イロゴトシ が、JpnⅠ全日本2歳優駿出走馬だからいいっかぁ?(若葉Sもお隣さん)

と少々スッキリしない、単勝1倍台を飛ばすと結構メンタルに悪いよなぁ~(汗)
日記で取り上げた、3歳56kg京都芝1800M経験馬
ファルコニア と マンオブスピリット が同じ7枠に入った。
保険を掛けておく必要がありかなぁと感じる。


~プリンシパルS(L)~
今週の日記 https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=b0ede41ef9&owner_id=ec4564f04e
狙っていた 唯一の1勝クラス勝ち馬 サトノフウジン
山本山に配置 11頭立6枠 表6番 逆6番 に配置された。
昨年の中止からの再試行だから、独りゾロ目でいいかなぁとホッと安心しています。

最後にゴドルフィン
現在39勝 最近、社台RHに追いつかれて、2位タイ
メインに出走はなく寂しいかぎり
東京10R メトロポリタンステークス (L) アフリカンゴールド
昨年吹っ飛んだレースで、11頭立表6番 逆6番 に配置
相手は、昨年同レースに登録のあったアイスバブル 7枠 表8番逆4番 の対角
4枠 表4番逆8番カウディーリョを相手筆頭で勝負。

京都12R 4歳以上 2勝クラス パーティナシティ
この2頭に少々期待しています。

心の中では、アリストテレスとアドマイヤビルゴの
オンナの戦いをダービーでと思っています。(笑)

追伸:NHKマイルCの枠順を眺めて、絶句してしまいました。それは明日にでも・・・


Good Luck!!

[もっと見る]

 回収率予報官 2020年5月8日(金) 23:17
【回収率予報】買ってはいけない(土曜日)
閲覧 203ビュー コメント 0 ナイス 15

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
「予想コロシアム」には全レース(障害除く)の全出走馬の予測回収率があります。

予測ロジックを若干改良したので、結果をちょっと期待してます...

《買ってはいけない》メインレース

■新潟11R 芝1600m 4歳上オープン 15:25 谷川岳ステークス
 *4 50% ・ 49.4倍(15) ボールライトニング
 *5 60% ・ 35.9倍(14) トウショウドラフタ

■京都11R 芝2200m 3歳オープン 15:35 [G2]京都新聞杯
 *9 60% ・ 243.8倍(13) イロゴトシ

■東京11R 芝2000m 3歳オープン 15:45 プリンシパルS
 *2 70% ▲ 5.5倍(3) ポタジェ
 *3 70% ・ 101.3倍(10) ディアセオリー
 *7 70% ・ 18.4倍(6) スレプトン
 10 70% × 9.3倍(5) アリストテレス

《買ってはいけない》単勝オッズ10.0以下で予測回収率60%以下

東京 02R *1 60% ▲ 8.0倍(2) クーレクー
東京 04R *5 60% × 9.4倍(5) アルファジップ
新潟 05R *3 50% ▲ 3.8倍(2) ロードクラージュ
東京 05R *7 60% ・ 9.1倍(4) フジコウキ
新潟 07R *3 60% ○ 6.3倍(2) メイショウゼッケイ
東京 07R *5 60% ○ 2.3倍(1) グルファクシー
京都 08R *3 60% × 7.8倍(6) タニノマイカ
東京 09R *7 60% ・ 8.8倍(3) トラストロン

表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

イロゴトシの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イロゴトシの写真

イロゴトシ

イロゴトシの厩舎情報 VIP

2020年5月9日京都新聞杯 G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イロゴトシの取材メモ VIP

2020年5月9日 京都新聞杯 G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。