アンティシペイト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アンティシペイト
アンティシペイト
アンティシペイト
アンティシペイト
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2017年3月26日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者追分ファーム
生産地安平町
戦績18戦[5-5-1-7]
総賞金11,679万円
収得賞金3,800万円
英字表記Anticipate
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
アンチュラス
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
アンチョ
兄弟 シュトルーヴェスカテナート
市場価格
前走 2022/08/21 札幌記念 G2
次走予定

アンティシペイトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1681628.877** 牡5 57.0 横山和生国枝栄B 502
(+6)
2.01.9 0.736.9⑭⑬⑩⑦ジャックドール
22/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 166114.223** 牡5 56.5 武藤雅国枝栄B 496
(-4)
1.58.3 0.534.5⑪⑨⑧⑤エヒト
22/04/17 福島 11 福島民報杯 (L) 芝2000 16599.751** 牡5 55.0 武藤雅国枝栄B 500
(-12)
1.59.9 -0.836.4⑬⑩④シュヴァリエローズ
22/02/19 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 145811.5411** 牡5 55.0 田辺裕信国枝栄 512
(-2)
3.31.9 1.836.8テーオーロイヤル
22/01/23 中山 11 AJCC G2 芝2200 145817.7611** 牡5 56.0 大野拓弥国枝栄 514
(+12)
2.13.7 1.035.8⑧⑪⑫⑬キングオブコージ
21/11/07 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 158155.228** 牡4 55.0 横山武史国枝栄B 502
(0)
2.33.2 0.834.9オーソリティ
21/08/28 札幌 11 オホーツクS 3勝クラス 芝2000 156102.211** 牡4 57.0 横山和生国枝栄B 502
(+6)
2.01.4 -0.234.7⑦⑦⑨⑨ソルドラード
21/06/12 東京 11 ジューンS 3勝クラス 芝2400 11784.122** 牡4 57.0 三浦皇成国枝栄B 496
(0)
2.24.7 0.134.6シルヴァーソニック
21/04/04 中山 11 美浦S 3勝クラス 芝2000 14462.714** 牡4 57.0 田辺裕信国枝栄 496
(-12)
2.00.9 0.234.5④⑤⑤⑦サトノエルドール
21/03/07 中山 9 湾岸S 3勝クラス 芝2200 13564.742** 牡4 56.0 三浦皇成国枝栄 508
(+4)
2.16.0 0.335.0ウインキートス
21/01/05 中京 10 万葉S OP 芝3000 147113.224** 牡4 53.0 福永祐一国枝栄 504
(+6)
3.04.3 0.435.7⑧⑧⑦⑦ナムラドノヴァン
20/10/31 京都 10 古都S 3勝クラス 芝2400 12551.712** 牡3 54.0 武豊国枝栄 498
(+8)
2.26.3 0.035.9シークレットラン
20/08/01 札幌 10 阿寒湖特別 2勝クラス 芝2600 108101.811** 牡3 54.0 武豊国枝栄 490
(-2)
2.40.1 -0.236.3ゴースト
20/05/30 東京 6 3歳1勝クラス 芝2400 9336.541** 牡3 56.0 三浦皇成国枝栄 492
(+2)
2.24.1 -0.535.0ゼノヴァース
20/03/21 中山 5 3歳未勝利 芝1800 16241.811** 牡3 56.0 三浦皇成国枝栄 490
(-6)
1.49.4 -0.135.2ペルセウスシチー
20/02/16 東京 5 3歳未勝利 芝1800 167131.717** 牡3 56.0 武豊国枝栄 496
(+10)
1.51.1 0.936.8⑦⑩⑦フェアリーグルーヴ
19/09/28 中山 2 2歳未勝利 芝2000 157135.422** 牡2 54.0 戸崎圭太国枝栄 486
(+6)
2.00.5 0.434.8アマゾーヌ
19/08/18 札幌 5 2歳新馬 芝1800 11227.132** 牡2 54.0 福永祐一国枝栄 480
(--)
1.54.3 0.235.3ホウオウピースフル

アンティシペイトの関連ニュース

毎日王冠10着レッドベルオーブ(栗・藤原、牡4)は、福永騎手でチャレンジC(12月3日、阪神、GⅢ、芝2000メートル)に向かう。京都大賞典4着ヒンドゥタイムズ(栗・斉藤崇、騸6)も同レースへ。

札幌記念7着アンティシペイト(美・国枝、牡5)は、福島記念に向けて調整を進めていたが、左前脚の屈腱炎が判明。全治9カ月を要する見込みで22日に山元トレセン(宮城県)に放牧に出る。

クイーンS連覇のテルツェット(美・和田郎、牝5)は、予定しているエリザベス女王杯(11月13日、阪神、GⅠ、芝2200メートル)で引き続き池添騎手とコンビを組む。

★丹頂S2着ディープモンスター(栗・池江、牡4)は、岩田望騎手でアンドロメダS(11月19日、阪神、L、芝2000メートル)へ。

★大阪スポーツ杯3着レシプロケイト(栗・鮫島、牡6)は、カペラS(12月11日、中山、GⅢ、ダ1200メートル)で重賞初挑戦。僚馬で京成杯AH10着タガノディアマンテ(牡6)は、みやこS(11月6日、阪神、GⅢ、ダ1800メートル)で初めてのダート戦に臨む。



【3歳以上次走報】札幌記念7着アンティシペイトは福島記念が候補 2022年8月23日(火) 04:55

札幌記念7着アンティシペイト(美・国枝、牡5)は福島記念(11月13日、福島、GⅢ、芝2000メートル)が候補に。12着ユニコーンライオン(栗・矢作、牡6)は登録した凱旋門賞への遠征を見送り、秋競馬に備える。

★都井岬特別1着ラリュエル(栗・矢作、牝3)はローズS(9月18日、中京、GⅡ、芝2000メートル)に向かう。

[もっと見る]

【札幌記念】レースを終えて…関係者談話 2022年8月22日(月) 04:56

◆横山武騎手(アラタ4着)「前回より馬場状態はマシでしたが、本当はもっといい馬場でやりたい馬です」

◆ルメール騎手(グローリーヴェイズ6着)「3~4コーナーで反応が少し遅かったけど、ゴールまで頑張った。もう少し長い距離がいい」

◆横山和騎手(アンティシペイト7着)「このメンバーで、この枠ですごく頑張った。去年乗せてもらったときより数段良くなっている」

◆鮫島駿騎手(フィオリキアリ8着)「一生懸命走ってくれました。今は力をつけている最中。秋が楽しみ」

◆岩田康騎手(レッドガラン9着)「まだバランスが悪いところはあるが、最後までファイトしていた」

◆池添騎手(ハヤヤッコ10着)「前回のダメージが残っていたのか、内にモタれて走りづらかった」

◆Mデムーロ騎手(ユーバーレーベン11着)「分からない。休み明けで気持ちがなかった」

◆坂井騎手(ユニコーンライオン12着)「2番手でもリズム良く運べました」

◆斎藤騎手(サトノクロニクル13着)「メンバーを考えれば、自分の力を出してくれています」

◆古川吉騎手(ケイデンスコール14着)「もっと硬い馬場の方がいい」

◆水口騎手(アイスバブル15着)「内枠だったのでポジションを取りに行きましたが、さすがに相手が強かった」

武豊騎手(マカヒキ16着)「3コーナーでついていけなくなった」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】札幌記念2022 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2022年8月21日() 05:30


※当欄では札幌記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
ジャックドール
グローリーヴェイズ
ソダシ
アラタ
ユーバーレーベン
アンティシペイト
ワイド流し
⑯-③④⑥⑧⑩⑪⑫⑬

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑥グローリーヴェイズ
単勝


【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑩ソダシ
○④ジャックドール
▲③パンサラッサ
△⑥グローリーヴェイズ
△⑫アラタ
△⑭ユーバーレーベン

【キャプテン渡辺】
◎④ジャックドール
単勝

馬連・ワイド
④-⑨ウインマリリン
3連単フォーメーション
④→③⑨→③⑨

【DAIGO】
◎④ジャックドール

【粗品(霜降り明星)】
◎③パンサラッサ
3連単フォーメーション
③→④⑥⑨⑩→②④⑥⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑯

【林修】
注目馬
アンティシペイト

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎④ジャックドール
ワイド流し・馬連流し
④-③⑥⑨⑩⑯
⑨-③④⑥⑩⑯

【原奈津子】
◎⑥グローリーヴェイズ
○⑩ソダシ
▲⑮ケイデンスコール

【長岡一也】
◎⑩ソダシ
○⑯アンティシペイト
▲⑥グローリーヴェイズ
△③パンサラッサ
△④ジャックドール
△⑨ウインマリリン
△⑭ユーバーレーベン

【杉本清】
◎⑥グローリーヴェイズ
○③パンサラッサ
▲④ジャックドール
☆⑭ユーバーレーベン
△⑬レッドガラン
△⑯アンティシペイト

【神部美咲】
◎④ジャックドール

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ジャックドール
ソダシ
グローリーヴェイズ
ウインマリリン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨ウインマリリン
馬単流し
⑨→①③④⑥⑦⑩⑫⑬⑭⑯
3連単フォーメーション
③④⑥⑬⑭⑯→⑨→①③④⑥⑦⑩⑫⑬⑭⑯
③④⑥⑬⑭⑯→①③④⑥⑦⑩⑫⑬⑭⑯→⑨

【ギャロップ林】
◎④ジャックドール
馬単流し
④→⑥⑧⑨⑪⑬⑯

【恋さん(シャンプーハット)】
◎③パンサラッサ
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑪→④⑧⑨⑩

【てつじ(シャンプーハット)】
◎④ジャックドール
馬単
④→③パンサラッサ
③→④
3連単2頭軸流しマルチ
④→③→⑥⑨⑭⑯

【浅越ゴエ】
◎⑨ウインマリリン
馬連流し
⑨-③⑩⑯
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→③⑩⑯

【月亭八光】
◎⑥グローリーヴェイズ
3連単フォーメーション
⑥→④⑩→①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯
④⑩→⑥→①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎①マカヒキ
3連単2頭軸流しマルチ
①→④→③⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑫アラタ
3連複フォーメーション
⑫-③④-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯

【下田真生(コウテイ)】
◎⑥グローリーヴェイズ
3連単フォーメーション
⑩→⑦⑬→⑥
⑩→①⑨⑪⑫⑭⑯→⑥

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③パンサラッサ
複勝


【船山陽司】
◎⑨ウインマリリン

【小木茂光】
◎⑨ウインマリリン
3連単フォーメーション
③⑥⑨→③④⑥⑨⑩⑬⑭→③⑥⑨

【守永真彩】
◎⑩ソダシ
3連複フォーメーション
⑩-③④⑭-③④⑥⑦⑬⑭⑯

【レッド吉田(TIM)】
◎⑯アンティシペイト

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③パンサラッサ
○④ジャックドール
▲⑭ユーバーレーベン
△⑩ソダシ
△⑯アンティシペイト
△⑪ユニコーンライオン
△⑧フィオリキアリ
3連単1頭軸流しマルチ
③→④⑧⑩⑪⑭⑯

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎③パンサラッサ
○⑨ウインマリリン
▲⑥グローリーヴェイズ
△④ジャックドール
△⑩ソダシ
△⑭ユーバーレーベン
△⑬レッドガラン

【橋本マナミ】
◎⑩ソダシ
○③パンサラッサ
▲⑭ユーバーレーベン
☆④ジャックドール
△⑥グローリーヴェイズ
△⑦ハヤヤッコ
△⑫アラタ
△⑯アンティシペイト

【横山ルリカ】
◎⑩ソダシ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑯アンティシペイト

【清水久嗣】
◎⑦ハヤヤッコ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥グローリーヴェイズ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎③パンサラッサ
○⑨ウインマリリン
▲⑩ソダシ
△⑦ハヤヤッコ
△⑫アラタ
△⑯アンティシペイト

【皆藤愛子】
◎⑩ソダシ

【高田秋】
◎⑨ウインマリリン

【天童なこ】
◎⑯アンティシペイト
○③パンサラッサ
▲⑭ユーバーレーベン
☆⑨ウインマリリン
△⑩ソダシ
△⑫アラタ
△⑬レッドガラン
△⑦ハヤヤッコ
△④ジャックドール



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】札幌記念2022 曹操はコチラの白毛推し!ハヤヤッコの再度好走に期待 2022年8月20日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は 札幌記念G2です。毎年好メンバーがエントリーしてくる真夏のスーパーG2ですが、今年もG1ホース5頭を含む骨っぽいメンツが揃いました。ソダシハヤヤッコの白毛対決や、パンサラッサジャックドールがどんな先行争いを繰り広げるかなどにも注目ですね。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した札幌記念全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑦ハヤヤッコ     28.41%
2 ④ジャックドール   12.28%
3 ⑥グローリーヴェイズ 9.88%
4 ③パンサラッサ    9.45%
5 ⑩ソダシ       6.83%
6 ⑯アンティシペイト  6.25%

7 ⑪ユニコーンライオン 5.73%
8 ⑬レッドガラン    4.45%
9 ①マカヒキ      3.89%
10 ⑫アラタ       3.59%
11 ⑮ケイデンスコール  2.33%
12 ②アイスバブル    2.05%
13 ⑨ウインマリリン   1.45%
14 ⑤サトノクロニクル  1.26%
15 ⑭ユーバーレーベン  1.15%
16 ⑧フィオリキアリ   0.99%


予測勝率の首位は、白毛馬の⑩ソダシ…ではなく、もう1頭の白毛⑦ハヤヤッコとなりました。2位の④ジャックドールにダブルスコア以上の差をつけていますね。以下、⑥グローリーヴェイズ、③パンサラッサ、⑩ソダシとG1ホースが続きます。

平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位頭がその対象になります。上位頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。

 ⑦ >> ④ > ⑥③ > ⑩⑯

ハヤヤッコは7、8番人気あたりになるでしょうか。当日の馬場状態次第では連対圏突入までも期待して、ここは⑦ハヤヤッコからの馬連と1頭軸ながし3連複を15点、合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
⑦ー④⑥③⑩⑯
600円×5点=3,000円
3連複(1頭軸ながし)
⑦ー④⑥③⑩⑯
700円×10点=7,000円
合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】札幌記念2022 5項目で減点なしはハヤヤッコ、ウインマリリン、ソダシ、ユーバーレーベン、アンティシペイトの5頭 2022年8月20日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!札幌記念・データ分析 をお届けします!

【馬齢】
札幌で行われた直近9回(2012、2014~2021年)における1~3着馬の馬齢を確認すると、3歳から8歳まで幅広い。一方、6~8歳の馬券絡み(3着以内)は、前走から3カ月未満の間隔で臨んだ馬に限られる。その点には注意を払いたい。

(減点対象馬)
マカヒキ ⑥グローリーヴェイズ ⑬レッドガラン ⑮ケイデンスコール

【性別】
札幌で行われた直近9回の性別成績は、牡・せん馬【5.8.6.86】、牝馬【4.1.3.14】。3着以内率では、後者が上回っている。ただし、複勝圏入りを果たした牝馬はすべて重賞ウイナー。重賞未勝利の牝馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
フィオリキアリ

【前走大敗馬】
札幌施行の直近9回、前走2ケタ着順から巻き返して複勝圏入りした馬は3頭。いずれも前走でG1戦に出走していた。前走が非G1戦、かつ10着以下に敗れていた馬の深追いは避けたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
アイスバブル ⑤サトノクロニクル ⑪ユニコーンライオン ⑮ケイデンスコール

【前走馬体重】
前走の馬体重(前走が海外戦かつ未計量だった馬は直近の計量されていたレース)については、牡・せん馬が474キロ以上、牝馬は466キロ以上がひとつの目安。札幌施行の直近9回、この条件を満たしていなかった馬は、いずれも3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
サトノクロニクル ⑥グローリーヴェイズ ⑧フィオリキアリ ⑫アラタ

【前走4角通過順位】
札幌で行われた直近9回における1~2着馬延べ18頭は、前走の最終4角通過順位(前走が海外戦で未発表の馬は直近の国内戦)が2番手以降だった点で共通する。先頭でラストの直線に入っていた馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
パンサラッサ ④ジャックドール

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑦ハヤヤッコ、⑨ウインマリリン、⑩ソダシ、⑭ユーバーレーベン、⑯アンティシペイトの5頭。

最上位には⑩ソダシを挙げたい。札幌施行の直近9回、前走国内G1組は【4.5.6.21】と主力を形成。なかでも芝マイルG1の優勝歴を持っていた牝馬は【3.0.2.0】という、ハイパフォーマンスを示している。引き続き要警戒の存在だ。

同じく前走国内G1組の⑨ウインマリリンを次位に。以下、⑦ハヤヤッコ、⑭ユーバーレーベン、⑯アンティシペイトらが続く。

<注目馬>
ソダシ ⑨ウインマリリン ⑦ハヤヤッコ ⑭ユーバーレーベン ⑯アンティシペイト

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンティシペイトの関連コラム

閲覧 1,294ビュー コメント 0 ナイス 2



夏の大一番、札幌記念ジャックドールが好位から抜け出し勝利。連勝がストップした大阪杯以来の一戦だったが、最高の形でターフに戻って来た。

これまでの勝利のほとんどが逃げ切り、あるいは4コーナー先頭だったジャックドールにとって、今回は道中4番手から徐々に押し上げて4コーナー2番手という競馬。

「逃げなくても競馬はできる」

という言葉は、言うは易く行うは難し…であることが多いが、ジャックドールは見事に実戦でそれを証明してみせた。もともと使いつつキャリアを重ねるにつれて力をつけて行く傾向のあるモーリス産駒。秋に向けて楽しみが広がる一戦だった。

また、メンバーが揃った一戦だっただけに負けた中にもキラリと光るものを見せた馬がいた。特に今後に向けてという意味で注目したいのは7着のアンティシペイト。今回はCコース替わりで立ち回り優勢になった馬場と大外枠に泣かされた形になったが、それでも長くいい脚を使ってよく伸びていた。

本馬の父はルーラーシップ、そして母父はディープインパクト。この配合はベテランまで活躍したキセキや、先日の七夕賞を勝ったエヒトなどがいて、モーリス産駒同様にキャリアを重ねる中で力をつけて行くタイプが多い。アンティシペイトは現在5歳だが、今年に入ってからの充実ぶりを見るとさらなる成長に期待できそうだ。長丁場も合うので、秋から来年にかけて重賞戦線で期待したい。オールカマーアルゼンチン共和国杯あたりをぜひ使ってほしい。

なお、先週の札幌芝はCコース替わりもあり逃げ切りが頻発。14レース中8レースが逃げ切り、差し追い込み勢には相当厳しい馬場状態だった。この傾向は今後に向けても覚えておくようにしたい。

~キーランドカップ展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は札幌競馬場でキーンランドカップが行われる。注目馬はコチラ。

トウシンマカオ川田将雅騎手)

3歳馬のトウシンマカオに注目。前走のNHKマイルカップは差し馬に有利な流れ。トウシンマカオにとっては距離も長く、むしろ逃げて8着はよく頑張ったといえる内容だった。意外なことに初の1200m挑戦となるが、常に行きたがるレースぶりからも、父ビッグアーサーの血統からもむしろプラスだろう。持ち味のスピードを存分に生かしてほしい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年7月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】土日で穴連発のトゥザグローリー産駒の特徴/函館記念展望
閲覧 1,802ビュー コメント 0 ナイス 2



先週の七夕賞は丸田騎手=ロザムールの逃げに期待したが、想定した流れと真逆の競馬になってしまいかすりもせず。レースは持久力を問われた。

その中で大外枠のエヒトがスムーズに進出し抜け出し、2着にヒートオンビート、3着にアンティシペイトが入線、キングマンボ系×母父ディープインパクトのワンツースリー決着。

10分前に行われた小倉のプロキオンSも、トップウイナーが何が何でもの姿勢を見せて先行争いに加わって行ったため、ダートとしては珍しいハイペースの持久力戦に。結果、ダート中長距離実績馬が上位を独占した。

そのレースを制したのがゲンパチルシファーゲンパチルシファーの父はトゥザグローリー。決して産駒が多いわけではなくマイナー種牡馬に分類される同馬だが、これでカラテに次いでJRA重賞2勝目となった。奇しくも前日の福島メインでも同産駒のエターナルヴィテスが14番人気で2着に激走。

ゲンパチルシファーカラテエターナルヴィテスといった馬たちに共通するのは、キレないがバテないということ。カラテゲンパチルシファーはともに500キロを大きく超える超大型馬で追わせるタイプの鞍上が合うということも共通している。

ゲンパチルシファーは久々の勝利となったが、川田騎手とのコンビで2戦2勝。カラテは追わせることにおいては若手トップクラスといってもいい菅原明騎手とのコンビで活躍している。エターナルヴィテスは決め手がない弱点を早めのマクリで補って大穴をあけた。

こういった傾向は例えば種牡馬データのようなものを検索してわかるものではない。アナログで得た感覚の点と点を繋げることで初めて実感できる。マイナー種牡馬はその血統ゆえに穴になることも多いので、上手く手の内に入れて自分自身の得意血統を持っておきたい。本来であれば馬券を当てた上でこういった話をしたかったのだが、それはまた次回以降ということで。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】エイシンスポッター(土曜小倉12レース・3歳上1勝クラス/1着)

どんな状況でも1200mを使われてからは確実にラスト伸びてくる。今回は詰まりつつもラスト伸びて脚余しながら勝利で、馬群も捌けるので不発は少ないはず。下り坂スタートの小倉も合うので引き続き警戒。

函館記念展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は函館ラストウィークを飾るハンデ戦・函館記念。注目馬はコチラ。

アラタ横山武史騎手)

注目はアラタ横山武史騎手。前走は逃げて失速も本来は好位で溜めたいタイプ。荒れ馬場を全く苦にせず、函館の小回りも合う。何よりこの舞台で横山武史騎手は大きなプラス材料。雨予報も朗報で、好位から抜け出す。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年7月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年07月03日号】特選重賞データ分析編(313)~2022年七夕賞
閲覧 3,855ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 七夕賞 2022年07月10日(日) 福島芝2000m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2019年以降)】
○21戦以内 [2-3-2-17](3着内率29.2%)
×22戦以上 [1-0-1-22](3着内率8.3%)

 馬齢が7歳以上の馬は2007年以降まで集計対象を広げても[1-1-2-66](3着内率5.7%)と不振。また、過去3年の3着以内馬9頭中7頭は出走数が21戦以内でした。比較的若い世代の馬、キャリアが浅い馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→アンティシペイトフォルコメン
主な「×」該当馬→サンレイポケットショウナンバルディトーラスジェミニモズナガレボシ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件がG1以外、かつ前走の距離が1800~2000m」だった馬は2019年以降[2-3-2-22](3着内率24.1%)
主な該当馬→アンティシペイトサンレイポケットショウナンバルディトーラスジェミニ

[もっと見る]

2022年4月22日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/16~4/17) マカロニスタンダーズプロ、スガダイプロ、岡村信将プロなど週末プラスがズラリ!
閲覧 458ビュー コメント 0 ナイス 1



17(日)に行われたG1皐月賞ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
17(日)の阪神9R須磨特別に始まっての、阪神10RストークSなどの勝負予想3R含む怒涛の6連チャン(福島11R福島民報杯福島10Rラジオ福島賞等)を達成! このほか、阪神8R4歳以上1勝クラスG1皐月、16(土)阪神5R3歳未勝利など随所に活躍を示し大幅プラスをマークしました。週末トータル回収率175%、収支20万4800円プラスのハイパフォーマンスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
16(土)の阪神9R千種川特別で◎○的中(1,033%回収)をマークすると、この日は他にも中山10R下総S◎▲○的中、G3アーリントンC△◎的中などを披露。17(日)には、中山9R野島崎特別◎△▲的中を筆頭に、勝負予想G3アンタレスS、同G1皐月などの活躍を見せました。3重賞完全的中で締めくくった先週は、トータル回収率146%、収支10万8990円プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
16(土)を的中率25%、回収率134%の好成績で折り返すと、17(日)は福島10Rラジオ福島賞で「前走を見る限り1000mは忙しすぎるのではないかとの疑念があり、それを理由にここが狙い目ではないか」とした◎プラチナムレイアー的中11万9000円払戻しのスマッシュヒットを達成。勢いづいて迎えた福島11R福島民報杯アンティシペイト(「この馬の姿やラップを見る限り、そんなに長距離向きとは思えない(中略)ちょっと楽しみな存在に」)、G1皐月では◎ジオグリフ(「共同通信杯当時気にしていた、皐月賞基準のレースセンス(位置取り)をキープできるのかという点を見事にクリアしたジオグリフなら、何のためらいもなく皐月賞で◎を打てる」)と、鮮やかに仕留め大勝。土日2日間トータルでは回収率159%、収支29万4800円の大幅プラスを記録し、これで3週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
16(土)の中山3R3歳未勝利◎▲○的中計12万4610円払戻しを筆頭に、中山12R利根川特別(◎○▲パーフェクト的中!)、17(日)福島11R福島民報杯などの好調予想を披露。週末2日間トータルでは、回収率141%、収支10万7610円の大幅プラスをマークし、これで4週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ
17(日)の中山2R3歳未勝利での3連単4560.5倍含む計53万9010円払戻し、中山10R京葉Sでの3連単2353.7倍含む計34万5530円払戻しなどこの日払戻し計100万オーバーの大暴れ。週末トータルでは、回収率245%、収支70万3500円プラスで終えています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(178%)、ゼット1号プロ(173%)、3連複プリンセスプロ(148%)、nigeプロ(143%)、田口啄麻プロ(138%)、くりーくプロ(128%)、伊吹雅也プロ(125%)、蒼馬久一郎プロ(121%)、豚ミンCプロ(110%)、3連単プリンスプロ(107%)、シムーンプロ(107%←2週連続週末プラス)、きいいろプロ(106%)、馬侑迦プロ(106%)、イレコンデルパサープロ(104%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(101%)が回収率100%超をマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年10月21日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 菊花賞2020
閲覧 2,308ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


【登録頭数:29頭】(フルゲート:18頭)


ヴェルトライゼンデ (動きC 時計A)中3週
予定がズレた前走で、ほぼ直線だけの競馬で2着まで追い上げ、能力を感じさせる内容だった。この中間は、1週前追い切りでは併せ馬で強めに追われて先着も、硬さがある感じでもうひと伸び足りない感じだった。

ガロアクリーク (動きA 時計B)中4週
休み明けの前走時も、大きな馬ではあるものの太め感はなく力強い動きだった。この中間も、2週前、1週前と長めから追われ、やや首が高いところこそあるが動きは力強くバネのある走りで、上積みがある印象を受けた。

コントレイル (動きB 時計A)中3週
前走時は、しっかり乗り込まれていて仕上がりも良かった。この中間は馬なりでの調整も、1週前追い切りでは力強い走りを披露し、好仕上がり。

サトノフラッグ (動きC 時計B)中4週
この中間は1週前に南Wで併せ馬。内に併せているので時計は速くなったが、動きに関しては併せた外2頭のほうが手応えに余裕があり、物足りない動きだった。

バビット (動きA 時計B)中4週
この中間は1週前追い切りをCWでの併せ馬に変えてきた。力強い走りで、迫力のある良い動きだった。

ロバートソンキー (動きA 時計B)中3週
この中間は馬なりでの調整。ここ2戦で馬体が減っていて、今回も輸送を控えあまり強く追えない感じはする。1週前追い切りを見ると、前走時のような力みがなく動き自体は良くなっていた印象だが。

ディープボンド (動きB 時計B)中3週
休み明けの前走時、調教内容は良かったもののパドックでは気合いが入り過ぎている感じで、レースでも最後伸びきれなかった。大きな馬で、この中間もしっかり乗り込まれ1週前追い切りでは力強い動きを披露と、引き続き状態は良さそう。

サトノインプレッサ (動き映像なし 時計なし)中1週
毎日王冠から中1週と間隔が詰っており、この中間は軽めの調整。前走時、あまり良い内容ではなかったので変わり身はどうか。

ビターエンダー (動きA 時計B)中3週
休み明けの前走時は追い切りの動きも良く、馬体こそ大きく増えていたものの太め感はなく好仕上がりに映った。この中間も、1週前追い切りでは力強く、しっかり伸びていて前走以上に動きは良く見えた。

レクセランス (動きB 時計B)中3週
前走から中3週。1週前追い切りでは、手応え良く力強い走りで終いしっかりと伸びた。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

ヴァルコス (動きC 時計B)中4週
この中間は2週前、1週前と3頭併せで追い切られて乗り込み量は豊富。ただ、1週前追い切りでは鞍上の手が激しく動く割に伸びきれず、モタモタした動きに映った。

ブラックホール (動きC 時計C)中8週
札幌記念から中8週。2週前、1週前と強めに追われているが、1週前追い切りを見ると力強さに欠け、併走馬に一瞬で抜かれて伸びきれず。

マンオブスピリット (動きE 時計D)中3週
1週前追い切りではジョッキー騎乗で3頭併せの中に併せて強く追われるも、伸びきれず。

キメラヴェリテ (動きB 時計C)中2週
シリウスSからの中2週で、1週前追い切りでは坂路を馬なりで力強い走りを見せた。前走時は終い脚が上がっていたが、今回は馬なりでも最後までしっかり走れている感じ。


<以下、抽選対象馬(4/6)>

アリストテレス (動きB 時計B)中4週
休み明けを2連勝中と勢いのある馬。音無厩舎の馬だがCWを中心に追い切る馬で、そのあたりには何かがありそう。1週前追い切りの動きを見ると、春に比べ馬体に身が入って力強さが増している印象を受けた。

アンティシペイト (動きA 時計B)3ヶ月
3ヶ月の休み明けだが、1週前追い切りではサトノフラッグダノングロワールを相手に先行して抜かせない動きの良さを見せている。状態は良さそう。

ココロノトウダイ (動き映像なし 時計D)中4週
セントライト記念の追い切りではまだフラフラするようなところがあった馬。この中間は、1週前追い切りでワーケアに先着を果たしているが、時計は物足りず。

ダノングロワール (動きB 時計B)中3週
1週前追い切りでは、サトノフラッグアンティシペイトを相手に終いしっかりと伸びてみせた。叩き2戦目での上積みがありそうな動きだった。

ターキッシュパレス (動きD 時計D)中3週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せるが力強さがなく、直線の伸びはイマイチ。

ディアマンミノル (動き映像なし 時計C)中1週
休み明けを2連勝し、この中間は中1週で軽めの調整。長距離戦を使われてきた馬で、嵐山S2着から中1週で菊花賞を制した父の母父メジロマックイーンを思い起こさせる。


<以下、除外対象馬>

サトノゴールド (D)中2週
1週前追い切りでは終い伸びきれず、使われてきている割に上積みがない。

アイアンバローズ (F)中3週
1週前追い切りでは走りやすそうな馬場で先着も、時計が平凡で。

イロゴトシ (F)連闘
坂路では時計の出る馬だが、ここ2戦はこの馬としてはいかにも物足りない時計で、出来はイマイチ。

エンデュミオン (B)中3週
この中間はCWを長めから3本時計を出していて、1週前追い切りの動きにも勢いあり。状態は良さそう。

コロンドール (D)中4週
この馬としては、中間の時計が物足りない。

トウカイデュエル (F)連闘
秋3戦使い詰めできていて、連闘となると上積みはない。

ヒートオンビート (B)中4週
この中間は2週前、1週前と前走以上の時計が出ていて、叩き2戦目での上積みがありそう。

ラインハイト (B)中4週
CWでの1週前追い切りでは外に併せて先着。重心が低い走りで、出来が良さそうに映った。

タイセイモンストル (E)3ヶ月
1週前追い切りではコントレイルの調教パートナーを務めたが直線に入るところではもう脚が上がってしまった。休み明けの割に乗り込み量も少ない。


このコラムからの推奨馬はコントレイルガロアクリークバビットビターエンダーアンティシペイトディアマンミノルの6頭を挙げておきます。


◇今回は菊花賞編でした。
競馬の世界にいると不思議な巡り合せということがよくあるものです。
3年前の夏に20数年ぶりに北海道へ旅行に行った時のこと。オグリキャップの眠る優駿スタリオンステーションから、今はなきスーパークリークの過ごした日高スタリオンステーションのあった場所を目指し車を走らせました。その場所にあったスーパークリークのお墓はなくなっていて、引き継いだ牧場の敷地となっていました。暑い夏の昼間で放牧されている馬もなく、人の気配もなくとても静かで、寂しさだけが今も心の中に残っています。スーパークリークのお墓がないことは分かっていたものの、そこに行けば誰かが何かを知っていて、分かることもあるのではないかという思いで、この場所に遠く1000キロ以上車を運転してやってきましたが、結局何も分からないまま。数時間前にはオグリキャップヤエノムテキなどの懐かしい馬たちのお墓詣りをしたばかりだったので、スーパークリークのお墓詣りができなかったことは心残りでした。物事にはそれぞれ事情があるハズで、すべてを知ることが幸せではないのかもしれない――そう思うことにして、その日はその場所を後にしました。ただすべてが変わってしまった訳ではありませんでした。名前こそ変わっていましたが、海の見える放牧場は20数年前に訪れた時と変わらぬまま。お墓はなくなってしまっても、スーパークリークが晩年を過ごしたこの景色が残っている。それだけでも幸せで、彼の魂はここにずっといるはず・・・、この景色を見にまた訪れたいと思ったものでした。
それから3年が過ぎ、当時私が牧場を訪れる半年前にその牧場で産声を上げた仔馬が、新馬戦を勝ち、皐月賞、ダービーに出走し、そして今週末の菊花賞に出走を予定しています。
ガロアクリーク。歴史的名馬となるであろうコントレイルの三冠一色の今年の菊花賞ですが、出走馬すべてにドラマがあり、チャンスがあるのが競馬。スーパークリークの見ていた景色と同じ景色を見て育った馬に、クリークという名前がついて菊花賞に出走します。クリーク(くりーく)という名前を巡る物語は、コントレイル相手に奇跡(ガロアクリークの父はキンシャサノキセキ)を起こすことができるのか。歴史的名馬の走りとともに、そんな1つのストーリーにもほんの少し注目してみて下さい。

それでは次回、天皇賞(秋)(予定)編でお会いしましょう。


菊花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年10月20日(火) 09:00 覆面ドクター・英
菊花賞・2020
閲覧 3,806ビュー コメント 0 ナイス 8

秋華賞は、無敗三冠牝馬誕生の瞬間を目の当たりにできて良かったです。馬券的には、本命1着、ヒモが3着、4着(このコラムでも推奨)で残念でした。3着と4着が9番人気、12番人気だっただけに悔しいですが、こればかりは仕方のないところ。
菊花賞も絶対王者の連勝継続で(前哨戦で超新星は出現せず)、ヒモ荒れ期待のレースではないかと思っています。調教の動きがあてにならない長距離戦だけに、今週は水曜の調教を見ずに早め公開としました。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:2歳王者にして、皐月賞とダービーを制覇、そして前哨戦の神戸新聞杯も圧勝で、無敗での三冠に王手のかかった一戦。本質的に3000m向きステイヤーではないのだろうが、能力で同世代なら負けないのでは。牡牝揃っての無敗三冠馬の誕生は堅いとみる。

2番人気想定 ヴェルトライゼンデ:ダービー3着や神戸新聞杯2着など世代上位の馬。ただ、コントレイルには4戦4敗で着差の少なかったホープフルSや神戸新聞杯も惜しい感じはなく、向こうにはまだ余裕があっただけに逆転は難しい。

3番人気想定 バビット:4月の未勝利勝ちから怒涛の4連勝でセントライト記念も逃げ切ってみせた。ナカヤマフェスタ×タイキシャトルという安かった馬の活躍は痛快だが、中距離の逃げ馬という印象が強く、菊の舞台で強いコントレイルに早めに来られると残せないのではないか。逃げ馬は個人的に大好きなのだが、人気薄でこそであり、ここは間違いなく人気だけに消す方向で。

4番人気想定 サトノフラッグ:弥生賞馬で、皐月賞やダービーは人気の割に凡走が続いた。秋になって、休み明けとはいえバビットあたりに逃げ切られているようでは、コントレイル逆転に名乗りをあげるほどの成長力ではなさそう。

5番人気想定 アンティシペイト:3連勝で夏の札幌2600m勝ちと、よくあるステイヤーの上昇パターン(マンハッタンカフェもそうだった)。ベタだが、国枝厩舎の本番にあわせてくる力は秋華賞でも見事で、買っていい馬では。

6番人気想定 アリストテレス:春は若駒S2着、すみれS2着と勝ち切れなかったが、ここ2戦は1勝クラスと2勝クラスとはいえ、きっちり勝ち切れるようになっての菊花賞への登録。母母グレースアドマイヤのおなじみの活躍馬多数血統で、ルメール騎手を確保したように通用する能力のある馬。

7番人気想定 ヴァルコス:ヴのつく大魔神・佐々木+友道厩舎の活躍パターンだが、父ノヴェリストは(どうも底力に乏しいようで)上級馬がなかなか出ていない現況。母母ウインドインハーヘアという良血(母がディープインパクトの半妹)ではあるが、セントライト記念5着では物足りず、良くなるのはまだ先では。

8番人気想定 ガロアクリークキンシャサノキセキ産駒だけに常に距離のことを言われがちなこの馬。ただ、キンシャサノキセキ自体はスプリンターでも、血統背景は中距離馬でも全然問題ないものだし、ガロアクリーク自身は母父キングマンボであるように、この距離で血統的に嫌われるようなら引き続き買いたい馬。皐月賞で3着したように世代上位の実力はあり、同世代同士の勝負なら。

9番人気想定 ディープボンド京都新聞杯勝ちがあり、ダービー5着、神戸新聞杯はキレ負けして4着と、瞬発力不足で負けてはいるが、ズブめステイヤーであり、ここも好勝負可能。

10番人気以下想定
ロバートソンキー神戸新聞杯は1勝馬ながら14番人気3着と激走した。母母がトウカイテイオーの全妹で底力があるのかもしれないし、伊藤工騎手(まだ30歳というのは少々意外)も普段地味なだけに頑張って欲しいところだが、前走のように控えて終いバキュンというのは通用しない舞台だけに……。

ダノングロワール:2勝クラスの中山2500mを勝っての登録。春にも東京2400m勝ちがあり、距離適性はハーツクライ産駒だけに高そうだがまだ力が少し足りないのでは。

レクセランス:春はすみれSを勝ち皐月賞に臨むも11着、ダービーも15着、神戸新聞杯では出遅れもあり7着と、実力の面で少し心許ないか。

ブラックホール:札幌2歳S勝ち馬だが、以降いまひとつ。ダービー7着で思ったより強い馬なのかと思わせつつ、札幌記念は9着と得意なはずの舞台でもぱっとせず。ここでの一変はないと思われる。

サトノインプレッサ毎日杯勝ち馬で、ダービー4着したように超良血馬だけに能力はあるのだろうが、毎日王冠10着とまじめに走らず。去勢もありではと考えてしまうくらいだが、いずれにしても現状は気持ちの面だろう。

ビターエンダー:プリンシパルSの勝ち馬だがダービー10着、神戸新聞杯11着と差しても先行してもイマイチな状況。

マンオブスピリット京都新聞杯2着で臨んだダービーは16着。秋になっても神戸新聞杯9着とトップクラスとは差がありそう。

アイアンバローズ神戸新聞杯は不利がありながら8着まで来たが、良くなるのはもう少し先の印象。

ラインハイト:未勝利と1勝クラスを連勝して臨んだセントライト記念で4着まで来たが、スパッとは伸びず、G1では足りない感じ。

ココロノトウダイ:母系はトゥザ○○軍団多数輩出の良血馬といえるが、道悪にならないと厳しいのでは。

ディアマンミノル:1勝クラスと2勝クラスを連勝してきた。母母にイソノルーブルのいる長距離向き型なのだろうが、まだトップレベルとは差がある。

キメラヴェリテ:北海道2歳優駿で逃げ切り勝ちのあるキズナ産駒で、若葉S2着するも以後は不発。前走は、ダートに戻してシリウスSを使うも逃げて13着と物足りない結果。要らない。

サトノゴールド:新馬勝ちして札幌2歳Sで2着した時には、「ゴールドシップ産駒を、サトノ軍団が買うなんて意外だけど、走る馬はわかるんだろうなあ」と思ったくらいだったが、以降は不発。

コロンドール:1勝クラスを勝ったばかりのタートルボウル産駒で、出走できないだろう。

イロゴトシ:九州産馬ということで、未勝利と一応オープンである(実質1勝クラスレベルの)ひまわり賞を連勝したが、能力が足りない。

トウカイデュエル:2勝クラスを勝てない現状では出走できないだろう。

タイセイモンストル:未勝利勝ちのみで、前走1勝クラスで12着とさっぱりな状況。

ターキッシュパレス神戸新聞杯で17番人気ながら5着まで押し上げてきたが、瞬発力がなく菊花賞向きではない長距離馬。

エンデュミオン:春は惜敗が多かったが、神戸新聞杯で6着まできたように実力を伸ばしている印象はある。ただ、本当に良くなるのは年が明けてからか。

ヒートオンビート:未勝利と1勝クラス連勝の後は、2勝クラスで2着、3着と惜敗が続く。スタミナはあるが、力がまだ足りなさそう。


<まとめ>
有力:コントレイル

ヒモに:ヴェルトライゼンデアンティシペイトアリストテレスガロアクリークディープボンド

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンティシペイトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 238ビュー コメント 0 ナイス 4

★札幌記念

過去10年のデータから

A……ZI値2位以内が8/10年連対、3着以内9/10年
⇒○1位10ソダシ、2位4ジャックドール

B……a前走重賞3着以内12/30、b2走前重賞3着以内7/30、あるいは
c前2走で重賞2人気以内4/30、d前々走OP3着以内1/30、e例外6頭のうち
19年サングレーザー(18年1)と21年ペルシアンナイト(20年2)は
リピーター2頭、12年フミノイマージン(当該コース千万勝ち)、17年
サクラアンプルール(3走前中山記念G2-2着)18年マカヒキ(ダービー1)
20年ペルシアンナイト(大阪杯2)
⇒○a7ハヤヤッコ、10番、13レッドガラン、16アンティシペイト
  b3パンサラッサ、4番、6グローリーヴェイズ、11ユニコーンライオン
  c12アラタ、14ユーバーレーベン、
  d5サトノクロニクル
  e16番(当該コース3勝級1)1マカヒキ(18年2)9ウインマリリン
   (オークス2)14番(オークス1) 

C……1人気(0/5/3/2)着外2頭は、13年ロゴタイプ3才(3才(2/0/1/8)
3着以内の3頭は、2,4,2人気と2人気以下で春のクラシックで3着以内あり)
15年トーホウジャッカル4才(4才(3/0/3/26)3着以内6頭は2,14,2,4,3,
1人気で1人気19年フィエールマンは前走春天1
⇒○10番(前走Vマイル1)

D……1枠(4/0/1/6)※2012、14~21年
⇒○1マカヒキ

E……ディープインパクト産駒(3/3/1/10)ハービンジャー(2/1/2/5)
⇒○1番、2アイスバブル、6番

F……勝ち馬8/10頭は、過去1年以内にマイル以上重賞勝ちあり
⇒○1、3、4、6、7、9,10,11,13番

G……馬印3☆◎○▲が2勝2着3回3着2回、馬印1が9/10年連対
⇒○10番◎
  4、6,10、13番

H……前走G2,3組の3着以内馬は、前走3着以内6/12,4着以下の6頭は、
12年フミノイマージン(当該コース千万1)16年ネオリアリズム(2走前
重賞0.1差3着)17年サクラアンプルール(3走前中山記念2)ナリタハリケーン
(2走前巴賞0.1差3)19年ブラストワンピース(有馬1)21年ペルシアンナイト
(20年2着)※ブラストワンピース4才以外は6才以上
⇒○7、13、16番、
 ▲5番8才(2走前巴賞0.2差3)11番6才(宝塚2)

I……G1レーシング(1/2/1/1)
⇒○16番

J……前走G2以下で10着以下(0/0/0/14)
⇒×2,5,11,15番

K……4才以上牝馬(2/1/3/18)で前走G1組(1/0/2/3)
⇒○9、10,14番

L……a単勝100倍以上(0-0-0-23)
⇒×2,5,8,15番

b5歳馬で当日6番人気以下(0-0-0-20)
⇒×9,12,16番

c関東馬で当日8番人気以下(0-0-0-29)
⇒×7,12番

d前走G3で1.0秒以上負け(0-0-0-10)
⇒×2,5,11,12,15番

e間隔4週以内で当日6番人気以下(0-0-0-19)
⇒×8番

M……近5年の3着馬は、3タイプ、aG1マイル~二千3着以内あり、bG1二千二百
以上勝ちあり、c1,2枠、の決着
⇒○1番(a皐月2、bダービー1)3番(aドバイターフ1)6番(a香港クイーン2
b春天2)9番(bオークス2)10番(21年1)11番(b宝塚2)
14番(a阪神JF3、bオークス1)15番(aNHKマイル2)

N……連対馬は重賞勝ちあり17/20、例外でワンツーの17年はG1馬不在
⇒G1勝ち◎1,3,6,10,14番
 重賞勝ち○4,5,7,9,11,13,15番


決め手で優るG1馬が強く、次いで二千重賞馬が有力で、それらが手薄な時に
函館記念を経由して来た格下が台頭するレース
17年こそG1馬不在で波乱になったが、G1好走馬が出走した18年以降は
上位人気の実績馬が好走している

昨年の勝ち馬10番が1人気に推されているのは当然か
ただし昨年は13頭立てとフルゲートでは無く、テン3F34.9と前傾ラップ
ではあったが番手マークから早めに先頭奪ってそのまま押し切るスムーズなレース
今年は宝塚でテン3F33.9と大逃げを打った3番が飛ばし、2勝級から金鯱賞まで
逃げ切り4連勝で前走大阪杯でも逃げている4番がいるだけに、すんなりとした
展開にはなりそうもない

過去10年雨天の13、16年は逃げ切りだったが、稍重でも曇天だった18年は
テン33F34.4と前傾ラップで4角9,11,14番手の差し追い込み決着
その時の2着が今回の1番で、9才とはいえ特異枠1番で1発無いとは言い切れない

朝一は稍重発表も晴天でダートは良化し芝も乾いてくれば、多少時計と上がりが
掛かる消耗戦決着は必至か
その場合スピードタイプの10番や逃げる3,4番よりは、項目Mb該当のスタミナ
タイプが有利なハズで、6,9,14番を中心視したい

10番は激流に巻き込まれずに揉まれない3番手辺りから直線で上手くタイミング良く
仕掛けられるか鞍上の腕次第か
3,4番は押さえに回して穴で押さえたいのは1番以外に前走叩いて2勝の札幌に
照準合わせて横山和起用の16番

馬連(6,9,14)BOX各三百円 (6,9,14)→10各三百円
三連複(6,9,14)2頭軸=1,3,4,16各二百円13点
(6,9,14)=10ー1,3,4,16、各二百円15点
三連単(6,9,14)→(6,9,、10、14)→
(1,3,4,6,9,10,14,16)各百円、ただし6,9,14番のうち
必ず2頭入れて42点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫4-3-9
14番は498K発表で見るからに太く思わず消し
11番が外から好発もそろっと出した3番が内からそのままハナへ、4番は控えて
これだとテン3F35.5でも落ち着いた流れ
9番が3番手で淡々とした展開で10番が意外にもその後ろの5番手
4角から直線向いて4番が外から3番に並びかけるも追い出し遅らせて
前をかわいがりゴール前で交わす
時計がやはり2.01.2と掛かった馬場はマイルの早い時計の馬場がベストな
10番はやはり苦手か
データ的には圏内多くて、内枠先行優位でもあったしダイスポ上田氏の4番が
番手抜け出し予想でなるほどだったので予想が中途半端になってしまった
ので反省
10番1人気が負ける要素を考えすぎてしまった様だ


¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

★NST賞


過去3年のざっくりデータから

A……1~6人気が連対
⇒○1人8番、2人2番、3人11番、4人15番、5人12番、6人10番

B……5歳馬優位で3連勝中
⇒○1,3,7,12,13,15番

C……関西馬優位
⇒○1,2,3,5,7,8,9,10,11,12,13,15番

D……53K以下が毎年連対
⇒○2,12,14,15番

E……2桁馬番が毎年3着以内
⇒○10~15番

F……ローテ中5週以内が毎年連対
⇒○2,6,13番

G……前走7~8月新潟か地方出走馬が必ず3着以内
⇒○13番

H……前走芝ダート問わず千四が4年連続で連対中
⇒○1,3,7,9,12,14,15番

I……ZI値4位以内が連対
⇒○1位8番、2位11番、3位2番、4位12番

J……牝馬が毎年連対4/9頭
⇒○1,2,11,12,14番

2桁馬番で有力は昨年勝ちの11番,後は12番
内では2番
56.5K以上は敬遠したいが、20年勝ちの10番はトップハンデでも押さえ
昨年2着の1番は気になるが外枠が良くて最内では消したい

馬連(2,11,12)BOX各三百円 ワイド各三百円
三連複(2,11,12)=10、各二百円4点
三連単(2,11,12)→(2,11,12)→(2,10,11,12)
フォーメーション各百円12点
複勝勝負は、難解で絞れず見送り
≫≫12-11-10
2番がスタートダッシュつかず万事休す
10番先行も直線半ばから11番が交わして行ったその外から12番がぐいと
差し切り
データ的には斤量、外枠重視とZI値でほぼ何とかなりそう
ハンデ戦だが来年もドル箱になりそう

 DEEB 2022年8月21日() 16:53
恥ずかしい馬予想2022.08.21[結果]
閲覧 198ビュー コメント 0 ナイス 4

新潟11R NST賞 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 デュアリスト…9着
○ 2 クインズメリッサ…13着
▲11 ノンライセンス…2着
△ 5 ガンケン…7着
× 7 ☆メイショウテンスイ…14着
× 6 ☆ショーム…6着
[結果:ハズレ×]

新潟12R 3歳以上1勝クラス(混合)
◎11 テイエムアトム…3着
○ 5 ラブベティー…13着
▲14 サクセスミノル…4着
×13 ☆セイウンオードリー…2着
[結果:アタリ○ 複勝 13 380円、ワイド 11-13 980円]

小倉11R テレビ西日本賞北九州記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎16 ナムラクレア…3着
○ 3 タイセイビジョン…2着
▲18 キャプテンドレイク…11着
△13 ファストフォース…10着
×17 ☆ジャンダルム…17着
×11 ☆チェアリングソング…13着
[結果:ハズレ×]

札幌11R 札幌記念 GⅡ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎10 ★ソダシ…5着
○ 3 パンサラッサ…2着
▲16 ☆アンティシペイト…7着
△ 4 ジャックドール…1着
× 6 ☆グローリーヴェイズ…6着
×14 ☆ユーバーレーベン…11着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:4戦1勝3敗0分]
何とか、1勝だだけできました。

[もっと見る]

 赤萬坊 2022年8月21日() 10:02
札幌記念 & 北九州記念 おおざっぱ予想
閲覧 279ビュー コメント 0 ナイス 4

【札幌記念】
◎7 ハヤヤッコ
◯6 グローリーヴェイズ
▲3 パンサラッサ
△10 ソダシ
△16 アンティシペイト

単勝7 馬連BOX→3.6.7.10.16 三連複BOX→3.6.7.10.16

パンサラッサがハナに立ってアレが番手でコレが来て
ペース的にはこれぐらいになると予想すると、
こうなってああなって、うーん(-_-;)~°うーんと悩んだあげく
面倒臭くなってきてハヤヤッコ本命!という暴挙?に
有力馬がみな一息入って出走なので、夏から走ってて調子良さそうなハヤヤッコさんとアンティシペイトさんに大金星を期待しますわ
あとは地方でやらかしたルメ様は中央重賞ではやはり要警戒、パンサラッサとソダシ押さえておいてもいいだろう
金子白毛馬ワンツーというミラクルも起きるかも知れない?

【北九州記念】
◎16 ナムラクレア
◯2 アネゴハダ
▲18 キャプテンドレイク
△3 タイセイビジョン
△12 メイショウチタン
△13 ファストフォース

馬連16軸流し→2.3.12.13.18
三連複16軸流し→2.3.12.13.18

こちらは予想あっさりナムラクレアでいいでしょう
相手も軽量牝馬のアネゴさんと渋いおじさん差し馬ですんなり予想は決定
単勝も買いたかったけど、まあ安いので単勝はヤメて馬連三連複のみ

あんまり天気良さそうじゃないけど
馬券はスカッと当たればいいなー(・∀・)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンティシペイトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  HELPRO   フォロワー:1人 2021年4月4日() 15:36:47
国枝厩舎も田辺など使うからこんな様になる!
田辺は人気薄でこそ使える鞍上。人気で使う騎手ではない!
三浦とドッコイドッコイのエセ鞍上とは田辺の事!
2:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月1日() 08:43:38
郎、自信、良血馬、24の流れ合う、
1:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月1日() 00:53:19
w獲り

アンティシペイトの写真

アンティシペイトの厩舎情報 VIP

2022年8月21日札幌記念 G27着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アンティシペイトの取材メモ VIP

2022年8月21日 札幌記念 G2 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。