会員登録はこちら
毎日杯 G3   日程:2019年3月23日() 15:35 阪神/芝1800m

レース結果

毎日杯 G3

2019年3月23日() 阪神/芝1800m/13頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分44秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ランスオブプラーナ

牡3 56.0 松山弘平  本田優 462(0) 1.47.2 5.1 3
2 2 2

ウーリリ

牡3 56.0 福永祐一  友道康夫 492(+16) 1.47.2 クビ 4.6 2
3 8 13

ヴァンドギャルド

牡3 56.0 C.ルメー  藤原英昭 464(-8) 1.47.4 1 1/4 3.2 1
ラップタイム 12.9 - 11.5 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 12.2 - 11.2 - 11.2 - 11.9
前半 12.9 - 24.4 - 36.5 - 48.7 - 60.7
後半 58.5 - 46.5 - 34.3 - 23.1 - 11.9

■払戻金

単勝 1 510円 3番人気
複勝 1 150円 2番人気
2 160円 3番人気
13 130円 1番人気
枠連 1-2 1,420円 5番人気
馬連 1-2 1,230円 3番人気
ワイド 1-2 440円 3番人気
1-13 340円 1番人気
2-13 400円 2番人気
馬単 1-2 2,330円 7番人気
3連複 1-2-13 1,430円 1番人気
3連単 1-2-13 8,510円 8番人気

毎日杯のニュース&コラム

【毎日杯】ランス逃走V!次走は皐月かNHKマイル
 毎日杯が23日、阪神競馬場で13頭によって争われ、松山騎乗で3番人気のランスオブプラーナが逃げ切って重賞初勝利。次走は皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)かNHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)に挑む。クビ差2着が2番人気のウーリリ。3着は1番人気のヴァンドギャルドだった。 寒風が吹き荒れる仁川で見せた鮮やかな逃走劇。ランスオブプラーナが、重賞初勝利で東上切符をつかみ取った。 「好スタートからリズム良く、ハナに行く形の競馬ができました。最後までしっかり伸びて、強い競馬でしたね」 自身、JRA重賞10勝目を飾った松山騎手が白い歯を見せた。最内枠から抜群のスタートでハナに立ち、道中もマイペース。直線で二枚腰を発揮して、ウーリリの猛追をクビ差しのいだ。本田調教師は「(1)枠を引いた時点でハナに行けると思った。後続にどこで絡まれるかと思っていたけど、直線まで大丈夫だったからね」と目を細めた。 次走は皐月賞かNHKマイルCを予定。「1600~2000メートルは問題ない。先行して安定しているし、モタれる面も解消してきた」と指揮官は期待を寄せる。昨年のブラストワンピース(有馬記念)をはじめ、のちのGI馬11頭を輩出した出世レース。ランスオブプラーナの視界も大きく広がってきた。 (渡部陽之助) ◆福永騎手(ウーリリ2着) 「逃げ馬がしぶとかったですが、よく頑張った。体が増えてすごく良くなっています」 ※賞金的に皐月賞は微妙なため、ダービー(5月26日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す方向。 ◆ルメール騎手(ヴァンドギャルド3着) 「後ろからいい脚で伸びた。もう少しペースが流れていれば勝てたと思う」 ◆北村友騎手(ケイデンスコール4着) 「リズムを整えながら運ぶイメージで乗りました。しまいはいい脚を使ってくれました」 ◆吉田隼騎手(マイネルフラップ5着)「ゲートがうまく、ペースも遅くていい位置で運べたけど、ダラッと走った感じでした」★16日阪神11R「毎日杯」の着順&払戻金はこちらランスオブプラーナ 父ケープブランコ、母マイプラーナ、母の父マンハッタンカフェ。黒鹿毛の牡3歳。栗東・本田優厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は五影慶則氏。戦績6戦3勝。獲得賞金7008万円。重賞初勝利。毎日杯は本田優調教師が初勝利、松山弘平騎手は2017年アルアインに次いで2勝目。馬名は「プラーナ(母名の一部)のやり」。
2019年3月24日() 05:01

 194

【毎日杯】良血馬のウーリリが2着 福永「すごく良くなっています」
 3月23日の阪神11Rで行われた第66回毎日杯(GIII、3歳オープン、芝・外1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手騎乗の3番人気ランスオブプラーナ(牡3歳、栗東・本田優厩舎)が逃げ切り勝ち。重賞初制覇を飾った。タイムは1分47秒2(良)。 2着に2番人気のウーリリが入った。新馬戦から4カ月ぶりの実戦でプラス16キロと馬体重を増やして臨んだが、好位のインを追走から一完歩ごとに勝ち馬に迫るもクビ差及ばなかった。 福永祐一騎手「ゲートをうまく出ました。逃げた馬がしぶとかったのですけど、2戦目としてはよく頑張っていました。体が増えてすごく良くなっています」★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年3月23日() 19:23

 224

【毎日杯】1番人気のヴァンドギャルドは3着まで ルメール「後ろからいい脚で伸びた」
 3月23日の阪神11Rで行われた第66回毎日杯(GIII、3歳オープン、芝・外1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手騎乗の3番人気ランスオブプラーナ(牡3歳、栗東・本田優厩舎)が逃げ切り勝ち。重賞初制覇を飾った。タイムは1分47秒2(良)。 クリストフ・ルメール騎手騎乗で1番人気に支持されたヴァンドギャルドは、後方追走から直線で大外から上がり最速タイの末脚で追い込むも上位2頭に1馬身1/4差届かずの3着に終わった。 C・ルメール騎手「ペースが遅すぎましたけど、後ろからいい脚で伸びました。もう少し(道中の)ペースが流れていれば、勝てたと思います」★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年3月23日() 19:22

 216

【毎日杯】新潟2歳王者のケイデンスコールが4着 北村友「走りのリズムを整えながら…」
 3月23日の阪神11Rで行われた第66回毎日杯(GIII、3歳オープン、芝・外1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手騎乗の3番人気ランスオブプラーナ(牡3歳、栗東・本田優厩舎)が逃げ切り勝ち。重賞初制覇を飾った。タイムは1分47秒2(良)。 新潟2歳ステークスの覇者でありながら、7番人気の伏兵扱いだったケイデンスコールは、北村友一騎手を背に中団内め追走から直線で上がり3F33秒9の差し脚を発揮するも、3着のヴァンドギャルドからアタマ差遅れた4着に敗れた。 北村友一騎手「まだバランスの取れた走りができないので、走りのリズムを整えながら運ぶイメージで乗りました。しまいはいい脚を使ってくれました」★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年3月23日() 19:21

 168

毎日杯のニュースをもっと見る >

【毎日杯】追って一言
 ◆アントリューズ・栗田師 「動きも息遣いも上々。前走で馬場が緩いのを気にしていたようなので、できるだけいい馬場でやりたい」 ◆ヴァンドギャルド・藤原英師 「まだ心身ともに発展途上だけど、馬は悪くないよ。調教の動きは良かったし、良馬場で競馬がしたいね」 ◆ウーリリ・福永騎手 「もともと調教の動きは目立たないからね。体つきに幅が出て、いい形になっている。前回も競馬の方が動けていた」 ◆オールイズウェル・佐々木師 「立て直した効果はある。エンジンに車体がついていっていない現状だけど、いいモノを持っている」 ◆キングオブコージ・安田翔師 「状態がいいですね。今後の経験になると思ってここへ。今回も阪神コースで、どんな競馬をしてくれるか」 ◆ケイデンスコール・安田隆師 「前回よりはいい状態。現状はしまいを生かす競馬が良さそう。今回の結果次第で今後の路線が決まるので、頑張ってほしい」 ◆ダノンテイオー・大久保師 「状態は悪くない。前と後ろの体のバランスが良くなっている。力をつけていますよ」 ◆マイネルフラップ・梅田師 「動き自体は問題ない。少し難しい面はあるけど、持っている能力は高い馬。まともに走ってくれれば」★毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:05

 1,031

【毎日杯】ランスオブプラーナ、CW12秒2
 きさらぎ賞3着のランスオブプラーナは、CWコースでシャープな伸びをみせ、6ハロン82秒1-12秒2。しっかりと調教できたことが具合の良さの証しで、調教評価は最高の『S』となった。古川助手は「前回から、さらに状態は上向いているんじゃないかな。前回で勝っている競走条件だし、いい競馬を期待したい。リズムよく運べれば」と楽しみにする。★毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年3月21日(木) 05:05

 548

【めざせクラシック】力は重賞級、ヴァンドギャルド反撃
 デスク 今週の毎日杯は将来性のある馬がそろったな。渡部の注目馬は? 渡部 2頭います。まずは、ヴァンドギャルド。東スポ杯で同タイムの3着と、力は重賞級です。前走のきさらぎ賞は4着でしたが、「馬場が合わなかった感じ。トモに緩さがあるので、勝負どころの坂の上り下りがよくなかったみたい」と田代助手は敗因を分析。新馬勝ちした阪神で反撃に期待します。 デスク もう一頭は? 渡部 ダービー馬マカヒキの全弟ウーリリです。昨年11月の新馬勝ち以来の実戦になったのはカイ食いが細く、成長を促すため。友道調教師は「1週前追い切りに乗ったユーイチ(福永騎手)も『しっかりしてきた』といっていたし、伸びしろはまだある」と楽しみな様子でしたよ。 宇恵 僕は、毎日杯以外を取材。フラワーC2着のエールヴォアは、藤岡佑騎手とのコンビで桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)へ向かいます。「広い阪神コースの方がいいと思います」と橋口調教師は前向きでした。 デスク 美浦からの報告は? 千葉 スプリングS3着のディキシーナイトは、皐月賞を見送ってNHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)へ。国枝調教師は「仕掛けのタイミングひとつだったね。力をつけている」と評価していました。 デスク アネモネS2着の僚馬レッドアステルは? 千葉 桜花賞を目指して15日に栗東入り。「カイバ食いなどいろいろと細かい馬で、直前に長い輸送があると負担が出るから」と指揮官は説明してくれました。
2019年3月20日(水) 05:03

 794

【めざせクラシック】ケイデンスコール、毎日杯で復帰
 デスク 来週23日の毎日杯(阪神、GIII、芝1800メートル)は、新潟2歳Sの覇者ケイデンスコールが参戦。皐月賞TRではないけど、見逃せないな。 宇恵 前走の朝日杯FS13着は、急仕上げが敗因です。「前回は調整不足の面がありましたが、今回はいいですよ。体に張りがありますし、調教の動きもいい」と安田隆調教師。結果次第で皐月賞挑戦の可能性も…。 デスク 一変の走りを期待したいな。他に有力馬はいるかな? 宇恵 ランスオブプラーナも注目を集めそう。前走のアルメリア賞を危なげなく逃げ切りました。古川助手は「前回からまた馬が良くなっている感じ。ゲートセンスがいいし、追ってからしっかりと伸びる。今回も楽しみ」と期待しています。 デスク 美浦からの報告は? 内海 キャリア2戦目のアネモネSで2着だったレッドアステルは、桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かうことが決まりました。国枝調教師は「賞金が加算されなかったので(優先出走権を使わない場合に)他だと500万下になるからな」と話していました。 デスク 馬体重は4キロ減の424キロ。これ以上は減らしたくないだろうな。 内海 小柄なので、ひとまず馬体維持につとめるみたいです。あと、フィリーズR10着のホウオウカトリーヌは栗東滞在で桜花賞に挑戦します。★ケイデンスコールの競走成績はこちら
2019年3月13日(水) 05:02

 848

プロ予想家の的中情報


毎日杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月23日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv124 
130円 1,300円
Lv121 
510円 51,000円
Lv114 

2,330円
510円
21,850円
Lv110 
1,430円 8,580円
Lv109 
160円 15,680円

的中情報をもっと見る >

毎日杯過去10年の結果

2018年3月24日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2017年3月25日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 アルアイン 松山弘平 1:46.5 7.7倍 94.7
2着 サトノアーサー 川田将雅 1/2 1.2倍 94.0
3着 キセキ A.シュタルケ 1/2 32.8倍 93.3
2016年3月26日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

毎日杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1800m

皐月賞に向けた「東上最終便」と言われる3歳限定のG3戦。ゆえに、新馬&未勝利勝ち上がり直後の駆け込み出走が多いが、現行条件で施行された2007年以降の連対馬は2008年2着のアドマイヤコマンド(1番人気)のみ。「東上最終便」の謳い文句にかこつけて祭り上げられることがあっても、初勝利直後の馬は馬券の中心には据えないほうがいいだろう。対照的に、近年は「西下」してきた関東馬が好調。なかでも前走500万下連対もしくは重賞5着以内の馬が狙い目となる。2013~2016年は条件をクリアした馬が毎年連対。2017年は該当馬ゼロ。2018年はただ1頭の該当馬ブラストワンピースが快勝。出てくるようであれば目が離せない存在だ。舞台となる阪神外回り1800mは直線が長く、瞬発力の有無を問われやすいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

毎日杯の歴史と概要


2017年の優勝馬アルアイン

施行時期的に皐月賞の前哨戦に位置付けられるが、NHKマイルCやダービーとのつながりも深い一戦である。第35回(1988年)は地方笠松から中央入りを果たした“怪物”オグリキャップが重賞連覇を達成。4着に敗れたヤエノムテキが本番の皐月賞を制した。ほか歴代の勝ち馬は、第60回(2013年)のキズナがダービー馬に、第46回(1999年)のテイエムオペラオー、第64回(2017年)のアルアイン皐月賞馬に、第43回(1996年)のタイキフォーチュン、第48回(2001年)のクロフネ、第57回(2010年)のダノンシャンティがNHKマイルCホースに輝き、第51回(2004年)のキングカメハメハと第55回(2008年)のディープスカイがNHKマイルC&ダービーの変則2冠を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

毎日杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月30日(
ダービー卿チャレンジ  G3
2019年3月31日(
大阪杯  G1

競馬番組表

2019年3月30日(
3回中山3日目
2回阪神3日目
2019年3月31日(
3回中山4日目
2回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 ランスオブプラーナ 牡3
7,008万円
10 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
» もっと見る