会員登録はこちら
毎日杯 G3   日程:2018年3月24日() 15:35 阪神/芝1800m

レース結果

毎日杯 G3

2018年3月24日() 阪神/芝1800m/10頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分44秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ブラストワンピース

牡3 56.0 池添謙一  大竹正博 522(0) 1.46.5 2.5 1
2 5 5

ギベオン

牡3 56.0 D.バルジ  藤原英昭 502(-2) 1.46.8 3.9 2
3 3 3

インディチャンプ

牡3 56.0 岩田康誠  音無秀孝 460(-4) 1.46.8 クビ 5.1 3
ラップタイム 12.9 - 11.6 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.1 - 11.5 - 11.1 - 11.5
前半 12.9 - 24.5 - 36.0 - 48.0 - 60.3
後半 58.5 - 46.2 - 34.1 - 22.6 - 11.5

■払戻金

単勝 1 250円 1番人気
複勝 1 120円 1番人気
5 130円 2番人気
3 140円 4番人気
枠連 1-5 620円 1番人気
馬連 1-5 660円 1番人気
ワイド 1-5 230円 1番人気
1-3 290円 3番人気
3-5 330円 5番人気
馬単 1-5 1,050円 1番人気
3連複 1-3-5 860円 1番人気
3連単 1-5-3 3,570円 1番人気

毎日杯のニュース&コラム

【毎日杯】ブラスト無傷3連勝!ダービー直行
 第65回毎日杯(24日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円=出走10頭)池添謙一騎乗で1番人気の関東馬ブラストワンピースが、2番手追走から直線でインを伸びて快勝。無傷の3連勝で重賞初勝利を飾った。タイム1分46秒5(良)。この後はダービー(5月27日、東京、GI、芝2400メートル)に直行する。2馬身差の2着が2番人気のギベオンだった。 底知れない強さで夢舞台への扉をこじ開けた。関東馬ブラストワンピースが、無傷のV3で重賞初制覇。素質にほれ込む池添騎手も興奮を抑えきれない口ぶりだ。 「この距離(1800メートル)に替わって、テーマを持って臨んだレースでした。いいところで競馬ができたし、折り合いもしっかりついて、内容、結果ともに満点だったと思います」 最内枠からスッと2番手をキープ。スムーズに折り合い、抜群の手応えで直線に向いた。内回りコースとの合流地点で内ラチに接触するアクシデントがあったが、ものともせずに伸びて2馬身差の快勝だ。大竹調教師も「狭くなって普通なら下がるところを、ラチまで吹っ飛ばすような勢いで飛び出てきた。力がありますね」と感心しきりだった。 今後は予定通り皐月賞は見送り、ダービーに直行する。指揮官は「3戦目でテンションが高くなっていたし、次の舞台はさらにお客さんも多いので」と課題も口にするが「3戦とも馬群を割ってくる競馬で、レースの厳しさを教えたうえで勝ってくれている」と底知れぬ可能性を感じ取る。 ダノンプレミアム一色ムードの牡馬クラシック戦線に現れた新星ブラストワンピース。一世一代の夢舞台で、無敗の戴冠を目指す。 (斉藤弘樹)ブラストワンピース 父ハービンジャー、母ツルマルワンピース、母の父キングカメハメハ。鹿毛の牡3歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績3戦3勝。獲得賞金5568万6000円。重賞初勝利。毎日杯は大竹正博調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「突風+母名の一部」。 ◆バルジュー騎手(ギベオン2着) 「中団で馬の後ろにつけるとリラックスして走れていた。いい脚を使っているが、まだこれからの馬。経験を積んでいけば」=次走は未定 ◆岩田騎手(インディチャンプ3着) 「最初にむきになってしまった。馬の後ろに入れると折り合いはついて、いい脚で来ているんですけどね」 ◆和田騎手(ノストラダムス4着) 「進境はあった。今後、距離が延びると折り合いが課題になる」 ◆酒井騎手(ウォーターパルフェ5着) 「いいペースで運べた。直線もジリジリと頑張っていた」 ◆武豊騎手(ユーキャンスマイル6着) 「道中はいい感じ。もたれる面もましだった。最後は現時点での決め手の差かな」 ◆川田騎手(シャルドネゴールド7着) 「スムーズで、直線は抜け出すだけだと思ったんですが、周りを気にして伸びきれませんでした」 ◆浜中騎手(アルムフォルツァ8着) 「重賞で相手も強かった。これからキャリアを積めば」 ★24日阪神11R「毎日杯」の着順&払戻金はこちら
2018年3月25日() 04:03

 762

【毎日杯】ギベオンは2着 バルジュー騎手「経験を積んでいけばいいところまで」
 3月24日の阪神11Rで行われた第65回毎日杯(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピース(牡、美浦・大竹正博厩舎)が無傷の3連勝で重賞初制覇。タイムは1分46秒5(良)。 馬場の真ん中を伸びた2番人気ギベオンは2馬身差の2着に入った。 バルジュー騎手「ちょうど中団で、馬の後ろにつけるとリラックスして走れていました。直線ではいい脚を使っていますが、まだこれからの馬ですね。経験を積んでいけば、いいところまで行ける馬」★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月24日() 19:04

 442

【毎日杯】インディチャンプは3着 岩田騎手「最初は少しむきになっていました」
 3月24日の阪神11Rで行われた第65回毎日杯(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピース(牡、美浦・大竹正博厩舎)が無傷の3連勝で重賞初制覇。タイムは1分46秒5(良)。 外から追い込んだ3番人気のインディチャンプは3着だった。 岩田康誠騎手「最初は少しむきになっていました。馬の後ろに入れると折り合いがつき、いい脚で詰めているのですが…」★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月24日() 19:03

 282

【毎日杯】ノストラダムスは4着 和田騎手「距離が延びると折り合いが課題に」
 3月24日の阪神11Rで行われた第65回毎日杯(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピース(牡、美浦・大竹正博厩舎)が無傷の3連勝で重賞初制覇。タイムは1分46秒5(良)。 和田竜二騎手騎乗の8番人気ノストラダムスは4着だった。 和田竜二騎手「いい位置で運べました。今後、距離が延びると折り合いが課題になる」★【毎日杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月24日() 19:03

 273

毎日杯のニュースをもっと見る >

【毎日杯】追って一言
 ◆アルムフォルツァ・五十嵐師 「順調。この舞台はレースがしやすいんじゃないかな」 ◆インディチャンプ・生野助手 「1週前にビッシリとやって、馬はしっかりとできている」 ◆ギベオン・バルジュー騎手 「先週も乗ったけど、コンディションが良くなっている」 ◆シャルドネゴールド・池江師 「仕上がっており、微調整程度」 ◆テイエムディラン・木原師 「放牧を挟んだが、状態は変わりない」 ◆ノストラダムス・鈴木孝師 「力まずに直線を迎えられるようなら」 ◆マイハートビート・高橋忠師 「直線の長い外回りはいい」 ◆ユーキャンスマイル・友道師 「しまいを伸ばす程度で、いい反応」★毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月22日(木) 05:02

 1,153

【毎日杯】余力十分!ブラストワンピース
 新馬-ゆりかもめ賞(500万下)と連勝中のブラストワンピースは、Wコースでエヴェリーナ(500万下)と併せ、余力残しで1馬身先着。4ハロン52秒3-37秒3-12秒4をマークした。大竹調教師は「ちょっとモタついたが、あわてずにじっくりと構えて(最後に)反応してくれたのはよかった。まだ速い流れなどを経験していないので、その点にうまく対応してくれれば…」と3連勝を期待する。★毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月22日(木) 05:02

 753

毎日杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月24日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 

3,570円
3,570円
32,130円
Lv112 
130円 130円
Lv112 

330円
290円
31,000円
Lv110 
330円 33,000円
Lv110 
860円 4,300円

的中情報をもっと見る >

毎日杯過去10年の結果

2017年3月25日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 アルアイン 松山弘平 1:46.5 7.7倍 94.7
2着 サトノアーサー 川田将雅 1/2 1.2倍 94.0
3着 キセキ A.シュタルケ 1/2 32.8倍 93.3
2016年3月26日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2015年3月28日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ミュゼエイリアン 川田将雅 1:47.2 14.0倍 98.6
2着 ダノンリバティ 武豊 ハナ 7.0倍 98.6
3着 アンビシャス 松山弘平 1/2 3.6倍 98.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

毎日杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1800m

皐月賞に向けた「東上最終便」と言われる3歳限定のG3戦。ゆえに、新馬&未勝利勝ち上がり直後の駆け込み出走が多いが、現行条件で施行された2007年以降の連対馬は2008年2着のアドマイヤコマンド(1番人気)のみ。「東上最終便」の謳い文句にかこつけて祭り上げられることがあっても、初勝利直後の馬は馬券の中心には据えないほうがいいだろう。対照的に、近年は「西下」してきた関東馬が好調。なかでも前走500万下連対もしくは重賞5着以内の馬が狙い目となる。2013~2016年は条件をクリアした馬が毎年連対。2017年は該当馬ゼロ。出てくるようであれば目が離せない存在だ。舞台となる阪神外回り1800mは直線が長く、瞬発力の有無を問われやすいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

毎日杯の歴史と概要


2017年の優勝馬アルアイン

施行時期的に皐月賞の前哨戦に位置付けられるが、NHKマイルCやダービーとのつながりも深い一戦である。第35回(1988年)は地方笠松から中央入りを果たした“怪物”オグリキャップが重賞連覇を達成。4着に敗れたヤエノムテキが本番の皐月賞を制した。ほか歴代の勝ち馬は、第60回(2013年)のキズナがダービー馬に、第46回(1999年)のテイエムオペラオー、第64回(2017年)のアルアイン皐月賞馬に、第43回(1996年)のタイキフォーチュン、第48回(2001年)のクロフネ、第57回(2010年)のダノンシャンティがNHKマイルCホースに輝き、第51回(2004年)のキングカメハメハと第55回(2008年)のディープスカイがNHKマイルC&ダービーの変則2冠を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

毎日杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る