今週の重賞レース

2021年5月15日( 京王杯スプリングC G2
2021年5月16日( ヴィクトリアマイル G1
毎日杯 G3   日程:2021年3月27日() 15:35 阪神/芝1800m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 6

シャフリヤール

牡3 56.0 川田将雅  藤原英昭 448(0) R1.43.9 2.9 2 34.1 ④④
2 7 7

グレートマジシャン

牡3 56.0 C.ルメー  宮田敬介 474(-8) 1.43.9 クビ 1.9 1 34.0 ⑥⑥
3 1 1

プログノーシス

牡3 56.0 藤岡佑介  中内田充 474(-6) 1.44.2 1 3/4 11.8 4 34.1 ⑨⑦
4 4 4

ルペルカーリア

牡3 56.0 福永祐一  友道康夫 500(0) 1.44.4 5.4 3 34.8 ②②
5 3 3

レヴェッツァ

牡3 56.0 池添謙一  斉藤崇史 470(+6) 1.45.1 32.7 6 35.0 ⑦⑦
6 8 8

ウエストンバート

牡3 56.0 国分優作  吉岡辰弥 528(-6) 1.45.9 77.3 8 36.4 ①①
7 5 5

ダディーズビビッド

牡3 56.0 浜中俊  千田輝彦 486(-6) 1.46.3 2 1/2 39.3 7 36.6 ②③
8 8 9

ロジローズ

牡3 56.0 団野大成  大竹正博 454(-6) 1.46.6 1 3/4 23.5 5 36.5 ⑧⑦
9 2 2

ディープリッチ

牡3 56.0 藤井勘一  小島茂之 496(-2) 1.46.7 アタマ 134.5 9 36.9 ④④
ラップタイム 12.4 - 11.2 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.5 - 11.2 - 11.7
前半 12.4 - 23.6 - 34.5 - 45.9 - 57.6
後半 58.0 - 46.3 - 34.4 - 22.9 - 11.7

■払戻金

単勝 6 290円 2番人気
複勝 6 110円 2番人気
7 110円 1番人気
1 200円 4番人気
枠連 6-7 230円 1番人気
馬連 6-7 260円 1番人気
ワイド 6-7 140円 1番人気
1-6 430円 5番人気
1-7 380円 4番人気
馬単 6-7 580円 2番人気
3連複 1-6-7 710円 2番人気
3連単 6-7-1 2,550円 6番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:311,899人(05月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【毎日杯2021予想】グレートマジシャン「ソエもすっきりしている」 シャフリヤール「外回りの阪神良さそう」

 ◆ウエストンバート・田嶋助手「前でしぶとさを生かせば」

 ◆グレートマジシャン・宮田師「落ち着きがあるし、ソエもすっきりしている」

 ◆シャフリヤール・藤原英師「血統的なものか、いい切れがある。外回りの阪神もよさそう」

 ◆ダディーズビビット・千田師「折り合いが難しく距離がどうか」

 ◆ディープリッチ・小島師「以前よりもギアの数が増えて、良い方に変わってきた」

 ◆プログノーシス・片山助手「能力は高いし、中1週でも落ち着いている」

 ◆ルペルカーリア・友道師「渋った馬場はむしろいいかも」

 ◆レヴェッツア・斉藤崇師「前走が厳しい展開で消耗がきつかった」

 ◆ロジローズ・大竹師「距離には融通が利きそう」



毎日杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【毎日杯2021予想】グレートマジシャン、シャフリヤール、イースタンワールドがオールクリア

【性別】

2011年以降、牡・せん馬の【10.10.10.90】に対し、牝馬は【0.0.0.4】。サンプル数が少ないとはいえ、傾向的に牝馬は推奨できない。

【前走着順】

2011年以降の1~2着馬20頭中14頭が前走4着以内。残りの6頭はいずれも前走重賞5~7着馬だった。非重賞4着以下、ならびに重賞8着以下からの臨戦馬は疑ってかかるべきだろう。

【前走クラス】

2011年以降の2着以内20頭の前走をクラスで分けると、G2、G3、1勝クラス(旧500万下)、新馬の4パターン。G1組やオープン特別組、未勝利を勝ち上がったばかりの馬は劣勢を強いられている。

【前走人気】

前走の人気については、重賞であれば9番人気、非重賞ならば3番人気が最低ライン。2011年以降の3着以内全馬がこの条件をクリアしていた。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、イースタンワールドグレートマジシャンシャフリヤールの3頭。トップはグレートマジシャンとする。2011年以降、キャリア2戦馬は【2.3.2.4】。なかでも2戦2勝であれば【2.2.2.0】という抜群の安定感を示している。ここは素直に中心視すべきだろう。

近10回【3.1.0.1】の前走共同通信杯組に当てはまる、シャフリヤールを2番手に。近10回【3.1.0.3】の前走東京組かつ美浦所属馬に該当する、イースタンワールドも侮れない存在だ。

<注目馬>
グレートマジシャン シャフリヤール イースタンワールド

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【毎日杯2021予想】指数も人気も上位のグレートマジシャン、シャフリヤールが2強を形成!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

まぎれの少ない阪神芝1800mを舞台に行われることも手伝ってか、とにかく堅く収まりやすいレースである。2017年3着のキセキ(3位、7番人気)を除き、過去5年間の3着以内馬はすべて4番人気以内。例外のキセキにしても、U指数は3位なのでまったく拾えない存在というわけではなかった。U指数も二桁順位の馬券絡みはなく、2016年、2020年は5位以内の馬が上位3着を独占している。勝利のキーワードは「U指数も人気も上位」。U指数上位ながらも人気の盲点になっているキセキのような馬は買えるが、指数の高くない穴馬には極力手を出さないほうがいいだろう。

本命候補の筆頭は、U指数1位にランクされているグレートマジシャン(92.4)。いずれもルメール騎手騎乗の1番人気でデビューから2連勝を決め、とくに前走のセントポーリア賞の勝ちっぷりは圧巻だった。引き続きルメール騎手が騎乗するここは逆らうわけにはいかない。

2位のシャフリヤール(91.3)も有力な1頭だ。新馬勝ちの直後に共同通信杯で3着に入ったのは能力が高いことの証。同レースで2着だったヴィクティファルスが次走でスプリングSを制したことも、大きな後押しになる。

以下、1戦1勝の戦績ながらも3位の指数を獲得しているプログノーシス(89.3)と、近走不振も指数は5位と悪くないディープリッチ(86.8)の名前を挙げておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:311,899人(05月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【毎日杯2021予想】昨年はディープインパクト産駒が上位独占、今年も同産駒の上位人気馬で盤石か

昨年はディープインパクト産駒の2番人気サトノインプレッサが勝利し、2・3着にも同産駒の1番人気アルジャンナ、4番人気ダノンアレーが入線したため、同種牡馬の産駒が1~3着までを独占する結果となった。

ディープインパクトは産駒初出走となった2011年から毎年産駒を送り出しており、2016年を除けば少なからず1頭以上が3着以内に好走している実績も申し分ない。また、12年ヒストリカル、13年キズナ、17年アルアイン、20年サトノインプレッサの4頭が勝ち馬として名を連ねているが、そのうち2頭がクラシック制覇を果たしていることにも注目すべきだろう。


シャフリヤールは、父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ(母の父Essence of Dubai)。19年大阪杯、17年皐月賞とG1を2勝した実績を持つアルアインの全弟。その全兄アルアインは17年毎日杯の勝ち馬でもあるため、本馬は今年出走するディープインパクト産駒のなかでも最有力候補と見て間違いないだろう。ただし、全兄弟でもキャラクターはあまり似ておらず、本馬は小柄なことにも起因するのか、全兄よりも瞬発力に秀でている印象を受ける。

グレートマジシャンは、父ディープインパクト×母ナイトマジック(母の父Sholokhov)。フォイヤーヴェルクの全弟で、母ナイトマジックは09年ディアナ賞-独G1、10年バーデン大賞-独G1などドイツの重賞を5勝した。本馬は前走セントポーリア賞の内容が秀逸で、レース上がり3F11秒6-11秒2-11秒1の加速ラップをノーステッキで差し切った瞬発力に非凡な才を感じられる。まだ気性的に幼い部分も垣間見えるので、伸びしろを考慮すれば先々まで楽しみな存在になりそうだ。

【血統予想からの注目馬】
シャフリヤール グレートマジシャン

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【毎日杯2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年3月28日() 阪神/芝1800m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 サトノインプレッサ 武豊 1:47.9 2.9 2 35.3 94.9
2 2 アルジャンナ L.ヒューイットソン 1:48.0 3/4 2.1 1 35.7 94.2
3 5 ダノンアレー 福永祐一 1:48.4 2 1/2 9.8 4 36.3 91.5
4 7 メイショウラツワン 浜中俊 1:48.7 1 3/4 56.7 9 37.0 89.5
5 10 メイショウダジン 幸英明 1:48.9 55.6 8 36.2 88.2
2019年3月23日() 阪神/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ランスオブプラーナ 松山弘平 1:47.2 5.1 3 34.3 95.0
2 2 ウーリリ 福永祐一 1:47.2 クビ 4.6 2 34.0 95.0
3 13 ヴァンドギャルド C.ルメール 1:47.4 1 1/4 3.2 1 33.9 93.6
4 5 ケイデンスコール 北村友一 1:47.4 アタマ 14.3 7 33.9 93.6
5 11 マイネルフラップ 吉田隼人 1:47.7 1 3/4 6.6 4 34.4 91.6
2018年3月24日() 阪神/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ブラストワンピース 池添謙一 1:46.5 2.5 1 33.9 99.0
2 5 ギベオン D.バルジュー 1:46.8 3.9 2 34.0 97.0
3 3 インディチャンプ 岩田康誠 1:46.8 クビ 5.1 3 33.6 97.0
4 2 ノストラダムス 和田竜二 1:46.9 クビ 52.9 8 34.0 96.3
5 6 ウォーターパルフェ 酒井学 1:47.1 1 1/2 68.4 9 34.7 95.0

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【毎日杯2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬アルアイン

施行時期的に皐月賞の前哨戦に位置付けられるが、NHKマイルCやダービーとのつながりも深い一戦である。第35回(1988年)は地方笠松から中央入りを果たした“怪物”オグリキャップが重賞連覇を達成。4着に敗れたヤエノムテキが本番の皐月賞を制した。ほか歴代の勝ち馬は、第60回(2013年)のキズナがダービー馬に、第46回(1999年)のテイエムオペラオー、第64回(2017年)のアルアイン皐月賞馬に、第43回(1996年)のタイキフォーチュン、第48回(2001年)のクロフネ、第57回(2010年)のダノンシャンティがNHKマイルCホースに輝き、第51回(2004年)のキングカメハメハと第55回(2008年)のディープスカイがNHKマイルC&ダービーの変則2冠を達成している。

歴史と概要をもっと見る

毎日杯特集 バックナンバー