ディープスカイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2005年4月24日生
調教師昆貢(栗東)
馬主深見 敏男
生産者笠松牧場
生産地浦河町
戦績17戦[5-7-3-2]
総賞金64,213万円
収得賞金12,750万円
英字表記Deep Sky
血統 アグネスタキオン
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アグネスフローラ
アビ
血統 ][ 産駒 ]
Chief's Crown
Carmelized
兄弟 サクセスガーウィンシャルマンスタイル
前走 2009/06/28 宝塚記念 G1
次走予定

ディープスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
09/06/28 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 147111.613** 牡4 58.0 四位洋文昆貢516(-8)2.11.6 0.334.8⑦⑦⑧⑥ドリームジャーニー
09/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 18363.722** 牡4 58.0 四位洋文昆貢524(+14)1.33.6 0.135.5⑩⑧ウオッカ
09/04/05 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 128111.612** 牡4 59.0 四位洋文昆貢510(-8)1.59.7 0.034.2⑥⑤④④ドリームジャーニー
08/11/30 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 18593.412** 牡3 55.0 四位洋文昆貢518(+8)2.25.6 0.133.8⑫⑫⑪⑨スクリーンヒーロー
08/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 17124.133** 牡3 56.0 四位洋文昆貢510(+2)1.57.2 0.034.5⑥⑤⑤ウオッカ
08/09/28 阪神 10 神戸新聞杯 G2 芝2400 18112.011** 牡3 56.0 四位洋文昆貢508(-6)2.25.3 -0.035.1⑨⑦⑤⑤ブラックシェル
08/06/01 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18113.611** 牡3 57.0 四位洋文昆貢514(+6)2.26.7 -0.234.2⑮⑬⑭⑮スマイルジャック
08/05/11 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18594.311** 牡3 57.0 四位洋文昆貢508(0)1.34.2 -0.333.9⑯⑪ブラックシェル
08/03/29 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 14228.761** 牡3 56.0 四位洋文昆貢508(+2)1.46.0 -0.434.8⑧⑨アドマイヤコマンド
08/03/01 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 133336.3103** 牡3 56.0 幸英明昆貢506(-10)1.34.9 0.334.1⑩⑨ダンツキッスイ
08/02/17 東京 7 3歳500万下 芝1600 16476.232** 牡3 56.0 津村明秀昆貢516(+10)1.36.7 0.033.4⑯⑫コウヨウマリーン
08/01/26 京都 5 3歳未勝利 芝1800 14456.641** 牡3 56.0 藤田伸二昆貢506(0)1.50.9 -0.235.6④⑤シャイニングデイ
08/01/13 京都 5 3歳未勝利 芝2000 167134.619** 牡3 56.0 藤田伸二昆貢506(0)2.05.6 0.935.9⑥⑥⑨⑧マゼラン
07/12/16 中京 4 2歳未勝利 芝1800 16472.512** 牡2 55.0 野元昭嘉昆貢506(+6)1.49.6 0.135.9⑧⑧④⑤マイサイドキック
07/11/24 東京 3 2歳未勝利 芝1800 187145.332** 牡2 55.0 武豊昆貢500(-10)1.49.4 0.234.6⑥⑧⑧ピサノエミレーツ
07/11/04 京都 4 2歳未勝利 芝1600 10788.652** 牡2 55.0 武豊昆貢510(+4)1.35.4 0.135.2⑩⑩ロードバリオス
07/10/08 京都 4 2歳新馬 芝1400 8662.824** 牡2 55.0 松田大作昆貢506(--)1.24.4 0.835.5④④エーシンフォワード

ディープスカイの関連ニュース

 豪華メンバーがそろうヴィクトリアマイルの顔触れにあって、目を見張る快進撃を続けているのがミスパンテールだ。変幻自在のレースぶりで、前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sまで重賞3連勝。目下の充実ぶりについて、昆貢調教師(59)=栗東=に胸のうちを聞いた。 (取材構成・宇恵英志)

 --重賞3連勝で大一番を迎える

 「今回のメンバーのなかに気になる馬(ライバル)はいません。自分の競馬をするだけです。調整過程、“馬をつくれた”という手応えは、日本ダービー(2008年ディープスカイ)を勝ったときよりも上。もちろん、このレースでいい勝負をする手応えもあります」

 --前走は、デビュー以来、初の逃げ切り勝ち

 「他の馬を怖がるとか、気性的に逃げた方がいい馬でない限り、競走馬にとって逃げる競馬はプレッシャーがかかるもの。戸惑っても不思議のない状況で勝ってくれました。中身の濃い勝利でしたね」

 --この馬の長所は

 「教えたことを覚える賢さと成長力ですね。うるさい面がなくなって、今は普段から落ち着いています。馬がいろいろと分かってくれたのだと思います。レース当日に少しイレ込んでも、力を出せるようになりました。以前は休み休みでレースをしていましたが、今は続けて走ることができますしね」

 --横山典騎手とのコンビでは3戦3勝

 「昔からすごい人だと思っていましたし、勝負師ですね。ノリちゃん(横山典騎手)の、型にはめない乗り方、気持ちを自由にさせて走らせてくれる乗り方がパンテールには合っています。いろいろと試しながら乗ってきてくれたことには感謝しかありません」

 --1週前にCWコースで好タイム

 「何も問題はありません。前回は仕上げ過ぎないよう、先のことを見据えて坂路主体の調整でしたが、今回はいつものこの馬の調整パターンに戻しています。前回よりも馬にメリハリがついています」

 --今回は東京コースが舞台になる

 「合うと思います。左回りの方が気持ちが乗って走れていると感じますので」

 --意気込みを

 「ハナ(先頭)に行って勝った前回で課題はなくなりました。前に行っても、後ろから行っても走る。コントロールが利くようになりました。とにかく、あとはいい状態に仕上げてジョッキーに任せるだけです」



ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



昆 貢(こん・みつぐ) 1958(昭和33)年6月14日生まれ、59歳。北海道出身。78年に騎手免許を取得し、89年の引退までJRA通算1121戦92勝。調教助手を経て99年に調教師免許を取得。2000年に厩舎を開業した。7日現在、JRA通算3798戦372勝。重賞は13勝で、GIは08年の日本ダービーディープスカイ)など5勝。他に交流GIも3勝している。

【天皇賞・春】レースの注目点 2018年4月23日(月) 16:50

大阪杯13着の雪辱期すシュヴァルグラン 3着→2着の天皇賞・春で3度目の正直なるか



 昨年のジャパンC優勝馬シュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)は、3度目の天皇賞・春挑戦となる。同馬は、久々の芝2000メートル戦となった前走の大阪杯で13着に敗れたが、芝3000メートル以上のレースでは4戦1勝、2着2回、3着1回と安定した成績を残しており、天皇賞・春では2016年3着、2017年2着と着順を上げている。果たして、シュヴァルグランは、得意の長距離戦で2つ目のGIタイトルを手にすることができるだろうか。



 Vなら、前走2桁着順馬の天皇賞・春制覇は、2012年ビートブラック阪神大賞典10着)以来6年ぶり2頭目。前年2着馬の勝利は、1983年アンバーシャダイ以来35年ぶり2頭目となる。ちなみに、グレード制が導入された1984年以降、JRAの同一GIレースに3度出走し、3着→2着→1着という成績で3度目の正直を決めた馬には、1997年安田記念優勝のタイキブリザード、2017年有馬記念優勝のキタサンブラックがいる。



 また、シュヴァルグランには、前走、三浦皇成騎手が騎乗していたが、今回の鞍上はジャパンC優勝時に騎乗していたH・ボウマン騎手の予定。なお、ボウマン騎手の天皇賞・春での騎乗は、2016年フェイムゲーム(8着)以来2年ぶりとなる。

★4年連続2着のハーツクライ産駒 今年はシュヴァルグランなど5頭登録



 今年の天皇賞・春には、ハーツクライ産駒がカレンミロティック(セン10歳、栗東・平田修厩舎)、サトノクロニクル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、シュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)、チェスナットコート(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、ピンポン(牡8歳、美浦・粕谷昌央厩舎)と5頭登録している。



 同産駒は、天皇賞・春で勝ち星を挙げていないが、2014年から4年連続で2着に入っており、芝3400メートルのダイヤモンドSでは3連覇を含む4勝を挙げている。さて、ハーツクライ産駒は、今年こそ天皇賞・春で勝利を挙げることができるかどうか。なお、父は2005年の天皇賞(春)で5着となっている。



 また、天皇賞・春で3勝を挙げているステイゴールド産駒は、レインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)が登録。勝てば、サンデーサイレンス産駒と並ぶ天皇賞・春最多の4勝となる。

ディープスカイ産駒クリンチャー、4度目の挑戦でGI初勝利なるか



 9戦3勝のクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)は、4度目のGI挑戦となる。同馬は、昨年1月16日のデビュー戦で12着に敗れたが、続く未勝利→すみれSと連勝し、三冠レースに駒を進めた。春のクラシックでは、皐月賞4着、ダービー13着という結果だったが、秋の菊花賞では2着に入り、4歳を迎えた今年は京都記念1着、阪神大賞典3着という成績を残している。



 果たして、重賞レースで経験を積んだクリンチャーは、4度目の挑戦でGI初制覇を成し遂げることができるだろうか。なお、ダービー2桁着順馬で、その後GIを制した馬には、2年連続JRA賞年度代表馬に輝いたキタサンブラックなどがいる。



 また、クリンチャーの父は、2008年のダービー馬ディープスカイで、同産駒にはJRA・GI初制覇がかかる。なお、ディープスカイの血統登録頭数は、2013年生まれをピークに減少していたが、産駒からサウンドスカイ(2015年全日本2歳優駿、キョウエイギア(2016年ジャパンダートダービー)といった“統ーダートGI馬”が誕生しており、2017年生まれは前年(4頭)を上回る18頭が登録している。

[もっと見る]

【君子蘭賞】ディープスカイの娘ロケットが連勝 2018年3月24日() 14:39

 3月24日の阪神9R・君子蘭賞(3歳500万下、牝馬、芝・外1800メートル)は、ダリオ・バルジュー騎手騎乗の2番人気ロケット(栗東・石橋守厩舎)が中団追走から直線は外めを伸びて3月4日の3歳未勝利(阪神芝1600メートル)からの連勝を決めた。タイムは1分47秒0(良)。

 半馬身差の2着には大外を追い込んだセンテリュオ(1番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着に先行粘ったカレンシリエージョ(4番人気)。

 君子蘭賞を勝ったロケットは、父ディープスカイ、母モケット、母の父マリアズモンという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆ダリオ・バルジュー騎手(1着 ロケット)「前走より良くなっていた。仕掛けてからの反応が良くて、しまいもしっかりしていた。走り方や精神面はまだ幼いけど、レースを経験すればもっとよくなると思うよ」

★24日阪神9R「君子蘭賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都記念】クリンチャー、GI馬4頭撃破! 2018年2月12日(月) 05:02

 第111回京都記念(11日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走10頭)藤岡佑介騎乗で4番人気のクリンチャーが、中団のイン追走から直線で力強く伸び、重賞初制覇。父ディープスカイ産駒にとっては、芝で初の重賞勝ちとなった。タイム2分16秒3(重)。1馬身差2着はアルアインで、圧倒的人気に推された昨年のダービー馬レイデオロは3着に敗れた。

 菊花賞銀メダルのクリンチャーが淀で躍動した。同世代のGI馬4頭を撃破し、重賞初制覇。この日、4勝の固め勝ちで今年の重賞初Vを決めた藤岡佑騎手が笑みを浮かべた。

 「本当によく差し切ってくれました。今までと違うパターンの競馬でしたが、よく応えてくれましたね」

 好スタートから好位のインへ。勝負どころでレイデオロなどライバル勢が動いても内でじっと我慢した。直線で追い出されると、末脚が爆発。昨年の皐月賞馬、ダービー馬を内から力強く差し切った。

 「直線で(馬の)間に入ってから、差し切ろうという意欲がありました。本当に強かったですね」。鞍上の言葉通り、菊花賞後の休養を経てレベルアップした。けいこで目立たなかった馬が、帰厩後は好時計を連発。宮本調教師も「トモ(後肢)がすごくしっかりして、ストライドの大きな走りになった。力をつけている」と実感する。

 春の大目標は天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)。前田幸治オーナーは「これで胸を張って天皇賞に行ける」と満面の笑み。ジョッキーも「あとはGIタイトルだけ。何とかこの馬で取りたい」と力を込める。強い4歳世代の主役へ躍り出たクリンチャーが、高みを目指して突き進む。(斉藤弘樹)

★11日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら

クリンチャー 父ディープスカイ、母ザフェイツ、母の父ブライアンズタイム。鹿毛の牡4歳。栗東・宮本博厩舎所属。北海道新冠町・平山牧場の生産馬。馬主は前田幸治氏。戦績8戦3勝。獲得賞金1億5664万2000円。重賞初勝利。京都記念は宮本博調教師、藤岡佑介騎手ともに初勝利。馬名は「決定打」。

[もっと見る]

【桜花賞】逆転だ!ミスパンテール昆師インタビュー 2017年4月6日(木) 13:48

 “1強ムード”など許さない。9日に阪神競馬場で行われる’17クラシック第1弾「第77回桜花賞」(GI、芝1600メートル)は無敗の2歳女王ソウルスターリングが断然の支持を集めているが、“待った”をかけるのはチューリップ賞でソウルの2着になったミスパンテール昆貢調教師(58)だ。ダービートレーナーが、キャリア2戦の根性娘で逆転の桜冠を狙う。

 --チューリップ賞は昨年7月の札幌デビューV以来だったが、いきなりソウルスターリングの2着と好走

 昆貢調教師「北海道以来の休み明けで、初の輸送競馬と初物尽くしだった。2度目の新馬戦を走るようなものだったけど、それでもあれだけのパフォーマンスを見せてくれた。初戦にしてもほぼ直前の追い切り1本だけで勝ってくれたように、能力は高いと思っていた。(7番人気の)前走も結構、自信はあったんだよ」

 --長所は

 「とにかく勝負根性がすごくて、競馬に行っての集中力がある。牡馬のようにドッシリとしているからね。だから(トライアルの)一発勝負でも結果を出してくれると信じていたんだ。普段は牝馬特有のイライラしている感じがあっても、カイバはペロリと食べてくれるし。か弱くなくて、たくましいのがいいね」

 --叩かれての上昇は明らか

 「3月26日に、坂路でラスト1F11秒9を出したときの動きがすごく良かった。休み明けのときはそんなに時計が出ていなかったけど、1度使われて調教での反応がガラッと変わってきたね。しかも、中間は調教量を増やしているのに馬体重がジワジワと増えているんだ。馬体が減らなければいいと思っていたが、逆に前走からプラス体重でいけるかもしれない」

 --5日は四位騎手が跨って坂路で4F53秒2、ラスト1F12秒3

 「タイムは予定していたより速くなったけど、先週がもう少しやっても良かったくらいだから問題はないだろう。動きは良かったと思う。体にも実が入ってきた感じがするね」

 --ソウルスターリングとの再戦。打倒への意気込みは

 「確かにあの馬は競馬が上手で強いけど、決して付け入る隙がないとは思わない。前走はジョッキーが3着の馬(リスグラシュー)を目標にしていた。今回はソウルスターリングが目標になるはずだし、競馬の形も変わってくるはず。本番でどこまで迫れるかだが、馬体を合わせるところまでいけば、この馬の勝負根性で絶対にかわしてくれると信じている」

 --週末は雨の予報が出ている

 「それも気にはならない。休み明けを使われての上積みも考えれば、十分にチャンスはあると思っているよ」

 ■昆貢(こん・みつぐ) 1958年6月14日生まれ。北海道出身。78年に騎手デビューし、89年に引退(JRA通算92勝)。調教助手を経て99年に調教師免許を取得し、翌年に開業した。これまでに重賞10勝(うちGI5勝)を含むJRA通算348勝をあげている。

★マイルに強いメジャー産駒

 父ダイワメジャーはGI5勝。04年皐月賞、06年天皇賞・秋、06&07年マイルCS、07年安田記念を制した。産駒は同様にマイルで強く、GIはカレンブラックヒルが12年NHKマイルC、メジャーエンブレムが15年阪神JF、16年NHKマイルCを制覇。1200メートルの14年高松宮記念コパノリチャードが勝った。なお先週のマイルGIIIダービー卿CTも、ロジチャリスが勝っている。

★四位とのタッグでダービーV

 昆貢調教師と四位洋文騎手のコンビは、08年にディープスカイNHKマイルC&日本ダービーのGI変則2冠を達成。同年の重賞は他にもディープスカイでGIII毎日杯、GII神戸新聞杯ローレルゲレイロでGIII阪急杯を勝った。厩舎の騎手別成績では断然のJRA87勝を誇り、連対率29・0%、複勝率36・8%という相性の良さだ。

 重賞でも10勝のうちこのコンビで5勝をマークしており、先々週の高松宮記念ヒルノデイバロー(11着)にも騎乗していた。ミスパンテールも重賞をカウントできる存在となりそうで、ジョッキーは3戦目での桜挑戦を「(けいこは)リラックスして走れていた。まだ2回しか走っていないから上積みの魅力もある」と楽しみにしている。(夕刊フジ)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】ディープスカイ産駒アグネスヒーローV 2015年8月1日() 12:27

 1日の小倉5R2歳新馬(芝1200メートル)は、秋山真一郎騎手騎乗の3番人気アグネスヒーロー(牡、栗東・長浜博之厩舎)が2番手追走から抜け出して快勝した。人気の一角に推されていたアルーリングハートは発走直前に競走除外となっている。タイムは1分11秒4(良)。

 内からダッシュ良くカガフルスロットルが先手を取る。アグネスヒーローが気合をつけて2番手に取り付き、その外をメイショウルルドが追走。さらにカノヤハンターカシノクロエなどが続き、人気のアミーラは中団のインからレースを進めた。2番手のアグネスヒーローが直線に入るとすぐに前をかわし、一気に差を広げる。人気どころは伸びあぐね、ゴール前はカシノクロエスリープレッピーもよく脚を伸ばしてきたが、アグネスヒーローは危なげなく押し切ってV。2馬身1/2差で快勝した。2着は7番人気のカシノクロエ。さらに1/2馬身差の3着が5番人気のスリープレッピーだった。

 アグネスヒーローは、父ディープスカイ、母アグネスピュア、母の父ティンバーカントリーという血統。祖母アグネスパレードはGIIIチューリップ賞の勝ち馬。

 秋山騎手は「調教をビシビシやっていて、動いていましたからね。まだ緩くて手前の替え方もぎこちないです。外枠でスムーズな競馬ができたのが大きかったですね」と冷静にレースを振り返っていた。

★1日小倉5R「2歳新馬」の着順&払い戻しはこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープスカイの関連コラム

閲覧 906ビュー コメント 0 ナイス 5

●悔いのない◎
先週の中央競馬は、土曜中京が田んぼ馬場に。
そのおかげもあり久しぶりに◎アグネスヒーローという、血統予想らしい血統予想がドカンとハマりました。
ぼくは普段馬券は購入しなくて、コラムも書かせていただいているウマニティで仮想購入をして楽しんでいます。
だから今年購入したレースは、自身のあったフェアリーS(◎ラブリーアモン...)と、現地観戦したオークスとダービーだけです。

しかし、七夕賞はダービーの◎リオンディーズに次いで、今年2番目に自信があったので買ってみたのです...。七夕賞血統考察コラムはこちら

クリールカイザー
アルバートドック
ダコール
◎-○▲のワイドをなかなか厚めに...です(^^;)

まぁ結果はご存知の通りなのですが、まるで先週のジョルジュサンク×田辺騎手を見ているような、クリールカイザー×田辺騎手でした。流れが厳しかったですが、でもああいうレースを見せてくれれば外れても後悔はありませんよねぇ。言っていること、主張してきたことは間違っていなかったということなのでそれで良いです。
アルバートドックはHyperionの血が濃いので、ディープ産駒にしては持続力に富むタイプで、将来的にはハーツクライのようにジャスタウェイのようにリトルアマポーラのようにワンアンドオンリーのようにある程度前で競馬ができるようになり、大きいところを取るかもしれない、と書いてきて、だんだんと現実味を帯びてきました。
オリオンザジャパンは内田騎手のプチゴールドシップ皐月賞騎乗(芦毛ですし)の好騎乗がありましたが、クロフネ×サンデーサイレンスで、1/4にあたる母母パーシャンブルーがトニービン×ノーザンテースト(クリアアンバー)でHyperion凝縮。6歳になってのこの成長はこのHyperionの影響といえるでしょう。
広いコース向きの走りなのですが、広いコースの方が瞬発力勝負になり易いというのが競馬の面白いところですね。
4着マイネルラクリマもチーフベアハート×サンデーサイレンスで、母母パイナップルスターはニホンピロウイナー×ノーザンテーストでHyperion6・5×6・5・5と凝縮されています。この「終わりそうで終わらない」競走成績はやはりHyperion、ノーザンテースト影響でしょう(2回目)。
考えて見れば5着クリールカイザーも母父はサッカーボーイですからノーザンテースト持ちでもありますね。

展望コラムでは以下のように書きました。

===(以下、展望コラムより引用)============================
ジャスタウェイ的成長の可能性を秘める
ディープ産駒×戸崎騎手、先週のゼーヴィントと被るアルバートドックはディープ産駒でも母がHyperionが濃い馬で、瞬発力よりも持続力に富んだ馬。だからある程度の位置から粘り込む競馬が出来れば、さらに持ち味が活きるはずで、同じくHyperion的なスタミナに富んだハーツクライジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラも前で受けれるようになって大成しました。前走エプソムCも18頭中11番手からの競馬、以前よりは前目で競馬が出来るようになってきていますし、厩舎の先輩ジャスタウェイ的な大成をする馬かもしれません。

●軽いスピードで平坦が合う
ダコールは母アジアンミーティアが種牡馬Unbridled’s Songの全妹で、アジアンミーティアは父Unbridledと母Trolley Song(Caro×ナスキロ)の柔らかさを併せ持った馬。とはいえ、軽いスピードが出た走りで平坦コースは合っています。この枠なら・・・あとは斤量との戦い。
=============================================

●Hyperion豊富の名繁殖
プロキオンSも、望田先生も以前から指摘されていましたが、タガノトネールにはもう1400は短い。母タガノレヴェントンは、ブラックタイドとの間でタガノエスプレッソを産んだ名繁殖で、キングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)でNureyev4×3、さらに3代母Likely ExchangeまでもがHyperion5・5×4・4というHyperion凝縮っぷり。南部杯、そして良馬場のフェブラリーあたりで狙ってみたい馬になっています。成長力たっぷりの血ですからタガノスプレッソももう1つや2つ重賞を取るんじゃないかとみています。

リーチザクラウン×欧血
少し前後しますが、オリオンザジャパンに関連していうと、米血が濃い種牡馬クロフネは、母からHyperion的な欧血を取り込むことで成功しています。それはきっと好調な新種牡馬リーチザクラウンにもいえるのではないかと推測できます。
リーチザクラウンは母母クラシッククラウンがChief's Crownの半妹という良血馬で、スペシャルウィーク×Seattle Slew×Mr.Prospector×Secretariatという米血の塊。競走馬としては欧血を取り込めなかったため、先行しても重厚な粘りが効きませんでしたが、このように「競走馬として完璧でなかったこと」が種牡馬としてはプラスに働くのです。
これは決して種牡馬として優遇されたスタートを切ったとはいえない、ステイゴールドにもいえたことで、望田先生はステイゴールドについて以下のように書かれています。
430キロ足らずの牡馬でPrincely Giftの非力さも受け継いで、全勝ち鞍が東京と平坦コース、小さくて非力なのが唯一の弱点で競走馬としてはチャンピオンにはなれなかったけれど、種牡馬としてはこの唯一の弱点を補うことで(補足:ノーザンテーストのクロスなど)チャンピオンを何頭も出したのは周知のとおり。完全無欠のチャンピオンではないからこそ、完全無欠のチャンピオンを出せるのだという、そんなことも教えてくれた馬でした
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/f2ee786e8959abe85b4847f68a199f38

ちなみにリーチザクラウン産駒中央初勝利となったニシノアップルパイは母がアンバーシャダイ×トウショウボーイでノーザンテーストとトウショウボーイを通じるHyperion6・5×5・6、さらに3代母セリナトウショウはPharos5・5×6・5、Swynford7×6・5、その母ビバドンナがDonatello4×2など、リーチザクラウンの父の内包するセントクレスピンの血を増幅する配合をしています。(簡単にいえば重要な欧血が豊富)この馬が出世頭になるのではないかと見込んでいます。

先週の競馬でいえば、函館で圧倒的人気に応え2戦目で勝ちあがったエスケークラウンは、ニシノアップルパイほど欧血凝縮ではありませんが母父がアサティス、さらにAureole≒Alycidon6×7の3/4同血クロスも持っています。

また、福島芝1200m新馬戦を快勝したニシノオウカンのスピードは、マルゼンスキー≒Caerleon4×2の影響と考えられます。

とはいえ、2歳の夏で好調の要因は、米血らしい一本調子の気性を伝えているからだ、ともいえ、欧血を取り込んでいないと短距離で頭打ちになる馬も出てくるでしょう。リーチザクラウン産駒は全頭チェックしていますが、ぼくの中で最も良いなと思ったのはニシノアップルパイです。

●当然のように重馬場で
日曜の中京では1Rでゴールドケープが11番人気3着、2Rでスイフトアタックが10番人気2着と穴を空けたワークフォース産駒ですが、これは重馬場がプラスに働いたとしか言いようがありません。
Nureyev≒Sadler’s Wells4×2、パワーとスタミナに偏重している血統で、日本の種牡馬の中ではナカヤマフェスタと並んで「田んぼ馬場なら黙って買い」種牡馬だと思いますが、この2頭は2010年の田んぼ馬場凱旋門賞で死闘を繰り広げた2頭でした。この2頭が日本で種牡馬をやっているというのがもったいないというかなんというか…(^^;)

アグネスタキオンのダート化
ジャパンダートダービーはディープスカイ産駒のキョウエイギアが優勝しました。
ディープスカイ産駒の配合についてはまたの機会としますが、全日本2歳優駿のサウンドスカイと合わせてこの世代のダート路線を席巻。ダート種牡馬としての地位を確立していくでしょう。
少し視点を広げてみれば、同じアグネスタキオンの後継であったアドマイヤオーラクロスクリーガーを、母父としてもノンコノユメを輩出しました。アグネスタキオンの牝系を考えれば何ら驚きません。
それでもディープスカイは先述リーチザクラウン牝祖がMiss Carmieで同じ。母アビがその牝祖Miss Carmie4×3の牝馬クロスを持ち、Key to the Mintも内包していますからこちらの影響もあるでしょう。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2013年5月29日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第238話安田記念(謎解き編)~
閲覧 290ビュー コメント 0 ナイス 13

第238話 「安田記念


08年 34.6-23.3-34.8 =1.32.7 ▼3±0△6 平坦戦
09年 33.4-24.0-36.1 =1.33.5 ±0▼5△8 瞬発戦
10年 33.6-22.7-35.4 =1.31.7 ▼1△4△7 平坦戦
11年 33.9-23.1-35.0 =1.32.0 ▼4△4△6 平坦戦
12年 33.8-22.5-35.0 =1.31.3 ▼1△5△1 平坦戦

近年ではテン33秒台の激流がスタンダードとなっていて中盤が24.0秒と緩んだ09年以外は全て平坦戦となっています。
とにかくこのスピード勝負に対応することが重要で末脚だけでは厳しいレース。
過去5年でも上がり3位以内の馬は2-4-3-7となっていて複勝率は56.3%と好走率は高いが上がり4位以下の馬の方よりも単純に勝利数が劣るというのは見逃せない数字でしょう。
つまりラストの直線勝負になるのは間違いないが追走スピードが不足している馬は2着3着止まりと言えるかもしれません。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ウオッカ      【瞬8平0消0】
ウオッカ      【瞬10平2消0】
ショウワモダン   【瞬8平5消2】
リアルインパクト  【瞬2平1消0】
ストロングリターン 【瞬6平4消0】
2着馬
アルマダ      【瞬0平0消0】外国馬
ディープスカイ   【瞬8平3消0】
スーパーホーネット 【瞬7平6消0】
ストロングリターン 【瞬6平3消0】
グランプリボス   【瞬2平3消0】

GⅠ2勝を挙げていたウオッカ(08年時)と外国馬のアルマダ以外は全て瞬発戦と平坦戦の両方に実績があった馬ばかりです。
瞬発力だけでは厳しいということでしょう。
但し、安田記念に出走してくるほとんどの馬はこの条件はクリアしているのでここで絞り込むのは困難。
それまでの主な重賞実績を見てみましょう。

1着馬
ウオッカ      1着:阪神JF、ダービー 2着:桜花賞ヴィクトリア
ウオッカ      上記+1着:安田記念、秋天
ショウワモダン   1着:ダービー卿CT
リアルインパクト  2着:朝日杯FS、京王杯2歳S 3着:NHKマイル
ストロングリターン 1着:京王杯SC 2着:安田記念
2着馬
アルマダ      
ディープスカイ   1着:NHKマイルC、ダービー 2着:JC
スーパーホーネット 1着:京王杯SC毎日王冠マイラーズC 2着:朝日杯FSマイルCS
ストロングリターン 1着:京王杯SC
グランプリボス   1着:京王杯2歳S、朝日杯FSNHKマイルC 2着:阪神C

安田記念はマイル以上のスタミナが必要だから中距離タイプの馬が狙い」みたいなことは以前から言われていることですが、私的にはもうそれは古いんじゃないかと思ってます。
走破時計が1分33秒台で瞬発戦となった09年は確かにそうですが1分32秒を切るかどうかという傾向に変わった近3年はスタミナよりはスピードがより重要になった印象です。
近3年の連対馬の実績を見れば分かる通り中距離実績よりは府中1400mかマイル重賞の実績馬ばかりという傾向になっています。
つまり今の安田記念の重要ステップレースは1400m戦の京王杯SCなのではないかということです。
問題なのは京王杯SCでの着順ではなく「上がり」です。
近3年の前走京王杯SCだった馬の成績は
1-2-0-10 勝率7.7% 連対率23.1% 複勝率23.1
と特に良い数字には見えませんがここに「上がり2位以内」というフィルターを加えると
1-2-0-2 勝率20.0% 連対率60.0% 複勝率60.0%
となります。
前走京王杯SCで上がり2位以内だったのはレオアクティブ
2歳時には京王杯2歳Sで1着、京成杯AHのマイル重賞では1分30秒7でレコード勝利、という実績で自信満々の◎なんですが除外対象…。
なんとか上位の馬が回避してくれないものか(泣)

レオアクティブが出走出来ないという条件で私のイチオシはロードカナロア
現役最強スプリンターですが適性とすればマイルもこなせる馬のはず。
参考記事
今の安田記念は中距離のスタミナは不要と思っているのでそれが要因で人気が少しでも落ちるのであれば当然「買い」のレース。
但し、鍵は天候と馬場状態。
雨が降る予報もあるので馬場が悪くなって時計が掛かるようだと無印にするかもしれません。
→スタミナある中距離馬の出番か。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ロードカナロアグランプリボスダイワマッジョーレ
雨で時計が遅くなりそうなら3頭総入れ替えかも。
変わる場合は◎ダークシャドウになると思います。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年5月5日() 11:28 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 ~第18回 NHKマイルカップ ~ 
閲覧 135ビュー コメント 0 ナイス 3

嬢は華やかで美しいほうがいいに決まっている。
接客もしらないブスに高い金は使いたくはない!
しかし バラに棘があるように 綺麗に反して何か超えていかねばならぬ壁があるもの。

出会ったAは見た目の美しさはもちろん 棘を感じさせない。
もっとも 若造には棘に思えることも そう感じない年齢になったのかもしれない。

派手なスタイルは夜の蝶そのものだが、話せば素直で女の子も残っている。

帝王としての見立てがあっているか?
向こうが上手で遊ばれるか?
今後のお楽しみ。


さてNHKマイルカップ
18年たってもG1という感覚になれないのは私だけでしょうか?

しかし
2004年キングカメハメハ
2008年ディープスカイ
はここからダービー馬になっている。
時計が抜けていたからディープスカイは簡単だった。

今年は
マイル路線エーシントップの戦績はすごい
しかし凄みは感じない。

ローテーションとその内容がヒントなのかもしれない

また
ダービー馬を想定して 物差しをあててみる!
そんなレースなのだと感じる

[もっと見る]

2012年9月19日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第204話神戸新聞杯(謎解き編)~
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 2

第204話 「神戸新聞杯


07年 35.5-35.8-38.0-35.4 =2.24.7 ▼10± 0△12 瞬発戦
08年 36.6-37.1-35.9-35.7 =2.25.3 ▼ 4△ 7△ 7 平坦戦
09年 35.5-37.0-37.2-34.5 =2.24.2 ▼ 8△ 2△ 2 瞬発戦
10年 37.7-37.6-36.8-33.8 =2.25.9 ▼ 4▼10△10 瞬発戦
11年 37.2-40.0-37.5-33.6 =2.28.3 ▼ 7▼ 8△12 瞬発戦

ディープスカイが勝利した08年は平坦戦でどちらかといえばレアケース。
基本的には大きな加速が生じる瞬発戦となっています。
理由は簡単でこのレースがトライアルレースであり本番前の叩きレースだから。
このレースであまり疲労を残さないことが重要ですし、休養明けの有力馬はレースを一度使っての準備運動みたいな意味合いが強いはず。
故にスローペースになりやすい。
ここ2年は特にそういうレース内容でテンが37秒台、上がりが33秒台という「上がりだけのレース」となっています。
大きな加速に対応できるギアチェンジがポイントになるでしょう。
いわゆる「斬れる脚」ですね。

では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ドリームジャーニー 【瞬3平0消0】
ディープスカイ   【瞬6平2消0】
イコピコ      【瞬2平1消0】
ローズキングダム  【瞬4平0消0】
オルフェーヴル   【瞬3平3消0】
2着馬
アサクサキングス  【瞬4平0消0】
ブラックシェル   【瞬5平1消0】
リーチザクラウン  【瞬5平0消1】
エイシンフラッシュ 【瞬4平0消0】
ウインバリアシオン 【瞬2平2消0】

一目瞭然、瞬発戦実績が重要となっています。
しかも連対馬全てに▼10以上の大きな加速が生じる瞬発戦実績がありました。
今年のメンバーでこの条件をクリアしているのは
カポーティスターゴールドシップブレイズアトレイルベールドインパクトマウントシャスタミルドリームヤマニンファラオローゼンケーニッヒ
の8頭。

大きな加速のギアチェンジが重要なレースですが阪神の外回りコースなので先行馬は過去苦戦しています。
前走で逃げ~先行だった馬の成績は0-1-2-23(勝率0.0%、連対率3.8%、複勝率11.5%)
前走上がり2位以内だった馬の成績は4-3-3-15(勝率16.0%、連対率28.0%、複勝率40.0%)
という傾向です。

ダービーで上がり最速だったゴールドシップがやはり主役。
ダービー2着馬のフェノーメノが秋初戦を完勝したのでここは負けられない一戦でしょう。
フェノーメノと同じステイゴールド産駒なので春よりパワーUPしている可能性は十分あります。
その他となるとダービーで上がり3位のベールドインパクト、そして上がり馬のミルドリーム
ミルドリームはシンクリ産駒ですがなかなかの斬れ者。
母がフジキセキの全妹なので若干スタミナが不安ではありますがスローになれば梅花賞でも快勝したように距離は持ちます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ゴールドシップミルドリームベールドインパクト

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年5月25日(金) 19:00 ウマニティ編集長
ウマニティ編集長「岡田大が直撃取材で迫る“プロ予想家の真実”」~栗山求プロ編~
閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 11

「泥臭いハンドメイドな血統予想ゆえに、数は出せませんが、血統観・競馬観が伝わるような見解を提供したいと考えております」(by栗山

昨日、僕個人の日記でも触れさせていただきましたが、ウマニティはオープン5周年を迎えました。今回は、そのオープン当初から公認プロ軍団に在籍している栗山求さんを紹介します。栗山さんは各種メディア、イベント等で幅広く活躍していますので、ウマニティの公認プロ予想家というよりは、血統評論家としてのイメージのほうが強い、という方も多いかもしれませんね。

栗山さんとのお付き合いはかれこれ10年以上になります。これまで、いろいろな仕事でご一緒してきましたし、お話しする機会もたくさんあったわけですが、まぁ、とにかく競馬に詳しいです。もちろん、この世界で仕事をしているわけですから詳しくて当然なんですが、栗山さんの場合は群を抜いています。それも、マニアックな知識をひけらかすオタク的なタイプではなく、競馬という競技、エンターテインメントの奥深い部分まで熟知している本物の識者、という感じなんですよね。

性格はマジメで時間や締切は100%守りますし、原稿も上手。個人的には心から尊敬しているお方です。こうやって改まってインタビューするのは初めてだったんですが、やっぱり印象通りの誠実な方でした。前回が強烈すぎるキャラだったので、なんだか心が癒されました(笑)。

-------------------------------

競馬を始めたキッカケは?

「中学生のころ、スポーツ観戦のひとつとして興味を持ち始めて、ウインズで馬券を買っても怪しまれない年齢になってから馬券を買い始めた、という感じです。ドラマティックな出会いのエピソードはないですね。つまらない回答ですみません(笑)」

現在のスタイルを築くまでにはどんな試行錯誤がありましたか?

スリルを味わうための馬券を買わなくなった、ということが大きいですね。自信のあるレースに資金を集中投下するという、いわゆる“選択と集中”に目覚めてからコンスタントに勝てるようになりました」

転機になったレースや出来事はありますか?

「自信のないレースまでダラダラ買っていた時代に、あまりに難しいレースがあって“見”をしたら予想は外れた、ということがあったんです。馬券購入資金が手元に残ったので、『ああ、これでいいんだな』と」

最も重視している予想ファクターとその利用法は?

「過去のレース分析やオーソドックスな能力比較は一通りやりますが、すべての基礎にあるのは配合による能力査定です。器や適性を見極めて、その馬に合った条件に出走してきたら狙い撃ちする、というスタイルです」

現在の1週間の過ごし方は?

「月曜日は『週刊競馬ブック』と『JRA RACING VIEWER』を使って前週のおさらい。馬券で勝った翌週は楽しいのですが、負けたときはつらいですね(苦笑)。木曜日の夕方に想定が出るので、新馬戦の時期は出走馬の血統表を1頭ずつじっくり吟味していきます。この下準備をしたうえで、金曜日に出馬表が出たらじっくり予想、というサイクルです」

現在の馬券の年間収支はどれくらいですか?

「税務署とは仲良くやりたいのでノーコメントで(笑)」

これまでの最高勝利は?

「08年ダービーの140万円です。デビュー前から注目し、POGでも指名していたディープスカイが勝ってくれたので、喜びもひとしおでした」

儲けたお金の使い道は?

「次の週の軍資金に回しています。ダメギャンブラー、ですかね(笑)」

自分の性格を自己分析してください

「冷静で楽天的だと思います。興味のあることは何十時間でも没頭できますが、興味のないことは1分でも嫌です」

競馬以外の趣味は?

「将棋観戦です。我ながら地味ですね(苦笑)」

これまで「やっちゃったな」と思える失敗体験はありますか?

「03年の天皇賞(春)です。8番人気のサンライズジェガーが絶対に来ると確信し、馬連1万円ずつ多点流しをして、実際に2着に突っ込んできたんですが、勝ったヒシミラクル(7番人気)の目が抜けていて、164.9倍を取り損なったことが忘れられません。レースを見ていたウインズ銀座で卒倒しそうになりました」

お酒にまつわるダメエピソードはありますか?

「お酒は強くないですけど、乱れたことはないですね」

目標にしている予想家や競馬著名人、ライバルはいますか?

「とくにいません。去年の自分よりは進歩していたいと思っています」

理想のプロ予想家像・ウマニティのプロ予想家としての目標は?

「月並みですが、年間プラスです」

では最後に、ユーザーさんに向けて自己PRを。

「泥臭いハンドメイドな血統予想ゆえに、数は出せませんが、血統観・競馬観が伝わるような見解を提供したいと考えております。『栗山求の血統BLOG』は毎日更新中です(http://kuriyama.miesque.com/)。こちらにもぜひお立ち寄りください」

-------------------------------

ディープスカイのダービー的中劇は僕も印象に残っています。レース後の検量室前で栗山さんに会い、「どうでした?」と聞くと、すかさず「オビ、いきました」との答えが。ディープスカイはデビュー前はそれほど注目されていませんでしたが、栗山さんは「理想的な配合」と断言し、POGで指名し、◎を打ち続け、信念を貫いた末にダービーで帯封ゲットを果たしたのです。うらやましいというよりは、かっこよかった。あのときの栗山さんの興奮した表情は忘れられません。

インタビューの回答内容からもマジメキャラは伝わってくると思いますが、栗山さんはお茶目な一面も持っています。何年か前に競馬マスコミ関係者8人で石和に旅行したときのことです。日中はウインズで競馬→温泉→宴会→2卓囲んで麻雀という、ダメな大人全開の会だったんですが、ほどよくお酒が進んで酔っ払った栗山さんが、なにかの拍子に奥様とのなれ初めを語り始めたんですよね。これはかなりおかしかった。聞いてもいないのに、けっこう深いところまで話してくれましたよ(笑)。本人が言うように、飲んでも大きくは乱れません。が、饒舌になり、キレのある冗談を言い始めます。最近栗山さんと飲んでいないから、久しぶりに一杯やりたいな。この原稿を書いていて、そんな気持ちになりました。ちなみに、麻雀はかなりの腕前でしたよ。

さて、今週末はいよいよ競馬の祭典・日本ダービーが行われます。僕のもうひとつの週末連載コラム「予想のメキキ」には、栗山さんに登場してもらうことになりました。果たして、08年の再現はなるか? その見解にご注目ください!

[もっと見る]

2010年5月9日() 21:11 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第26話NHKマイルC(解決編)~
閲覧 213ビュー コメント 0 ナイス 0

12.1-10.4-10.9-11.4-11.5-11.5-11.6-12.0=1.31.4
(33.4-22.9-35.1) ±0△1△4 消耗戦

32秒台を予想していましたが、まさかまさかの「1.31.4」の大レコード。
「謎解き編」では瞬発力かスピードのどちらかが問われるレースと書きました。
しかし、ここまで速いとスピードだけではどうにもなりません。
答えはどちらでもなく「底力」だったかと思われます。

テンの3Fは33.4秒とスプリント戦並みの速さ。
確かにエーシンダックマンはダッシュ力のある馬でこれぐらいは出来る芸当でしたが流石に府中マイルでこれほどハイペースで逃げるのは想定外でした。
外枠発走に加えて内からサンライズプリンスコスモセンサー、そしてキングレオポルドの3頭も同様にダッシュし、あたかもハナ争いとしてるかの様な展開になってしまったことが主な要因だと思われます。
そしてこの日の馬場コンディションが前有利の高速馬場で、騎手も知らず知らずのうちにペースUPしてたのでしょう。

エーシンダックマンがハナを取り切ったところで一呼吸を置けば良かったと思うのですがスピードに乗ったダックマンは行くだけ行ってしまう戦法を選択。
(馬が選択したのか騎手が選択したのかは分かりませんけど)
これによって中盤の2Fも22.9秒とかなり速く、それでいて上がりは35.1秒とまとまった数字でそれほど脚は止まっていない。
レコードとなって当然ですね。

こんな流れになると、まず後方有利となるでしょう。
古馬になればハイペース経験も豊富でしょうから後方有利とは言い切れないですが3歳の春時点ではかなり厳しい。
体感スピードはおそらく1200~1400mと同等なものでしょうがそこから後200~400m走れと言われれば地獄の苦しみでしょう。
とてもスプリンターが顔を出せる流れではありません。
次はやはり内枠有利
展開が厳しくなれば厳しくなるほど走行距離の差は着順に直結しやすくなります。
車に例えるとこのレースはアクセルベタ踏み状態なのでガソリンはあっという間に無くなります。
ガソリンが空っぽになったら車は止まってしまうのでたった数メートルの距離差でも大きいということです。
「後方有利」「内枠有利」ではありましたが最重要ファクターはやはり「底力」。
これが足りなかった馬では後方だろうと内枠だろうと上位には来れなかったでしょう。
1~4着馬と5着以下の馬はその差があったと思われます。

さて、問題は「ダービーに向けて」だと思います。
ダノンシャンティは単なる瞬発力だけの馬ではなかったということが証明されたのはプラス。
緩い流れでも速い流れでも33秒台の末脚が使えるというのはダービーでは強みになります。
しかし、ここまでタフなレースをしてしまった反動は懸念されるところ。
今回はメイチの仕上げではないとは思うのでその点がどうか。
そして今回とダービーであまりのペースの違いに馬が引っ掛かったりしてスムーズなレースが出来ない可能性も十分考えられます。
NHKマイルC→ダービー制覇の先輩にはキングカメハメハディープスカイがいます。
キングカメハメハの年はNHKマイルとダービーは共にハイペースレース。
ディープスカイの年はどちらとも降雨の後の馬場状態で中盤が緩んだレース。
とレース内容が酷似していました。
ダノンシャンティサンライズプリンスがダービーでも好走出来る条件はもしかして「速い流れの高速ダービー」なのかもしれません。
しかし、その影響で現役生活が短くなってしまうようでは歓迎出来ないですけど・・・。

4着のサンライズプリンスにもダノンシャンティと同様のマイナス面があると思われます。
結果4着でしたがあの激流の中、先行馬で唯一掲示板に残ったのは流石の底力を感じます。
しかし、±0△1△4という流れの消耗戦でそれほど脚が止まったレースではありません。
つまり、「基本前有利の馬場だった」ということは言えるので「先行馬だから」と過剰に評価する必要はないでしょう。

3着のリルダヴァルも流石でしたが賞金的にはダービー出走はほぼ不可能でしょう、残念。
上昇度からすればこの馬のダービーは見たかった気がします。
2着のダイワバーバリアンですが枠というメリットもありましたがこの馬の母父はキングカメハメハの父であるキングマンボ。
この手のタフなレースではよく見かける名前で、かなり影響力があるのではないかと感じてます。

これでダービーの出走メンバーがほぼ決まりました。
近年稀にみるワクワク感いっぱいのダービーになりそうです。
全馬無事に出走して欲しいと思います。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープスカイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 4


サンリヴァル・・・

大外枠

そして、ユウスケ騎乗停止で乗り替り


まぁ、これで「勝ち」は無くなったでしょうね(T_T)


さて、という事で勝ち馬探し。

ダノンプレミアムが絶好枠。

複圏は堅いでしょうか。


ダービーで勝つ為には、

能力だけでは無く、やはり「状態」も大切な
というか不可欠な要素のようです。

過去10年の勝ち馬で、
最終追い切りの競馬エイト評価「7」
が付いていなかったのはディープスカイだけ。

そのディープスカイは
1週前追い切り評価「8」という高評価でした。


もう一つの条件が「上り3F時計順位」

直近3走中の2走で「上り3F最速」をマークしている。

という馬が10頭中8頭。

あとの2頭は、先行馬のディーププリランテとロジユニヴァース。


その先行馬2頭も、最終追切評価「7」がつけられていました。


今年のメンバーで両方の条件を満たすのは

⑮ステルヴィオ
⑰ワグネリアン

この2頭だけ。

 人参好 2017年10月22日() 02:53
菊の季節に
閲覧 250ビュー コメント 0 ナイス 7

”菊の季節に桜が満開”
杉本フレーズの名セリフいろいろありますが一番好きなシーンが桜スターオーの菊花賞ですね。その後の有馬の悲劇もまた強烈に覚えています。
2着がゴールドシチーで綺麗な馬でしたねえ。のちのサッカーボーイを彷彿するような姿。
メリーナイスもかっこいい馬でした。ずいぶんと古い話になりましたが

土曜日は難解なレースでした 
富士Sは結局は実力馬が上位に、クルーガー久々でしたが元々は実力馬(ノーザンの休み明けは気を付けないといけませんでしたね)
クラリティスカイを注目していたんですが、不良で時計が掛かっているも上り34秒後半ですから力のいる馬場で実力通りでした。イスラボニータは底力ありますね。本番はエアスピネルを逆転しそうですが。

京都10R
長距離不良馬場実績あるタイプでリッチーリッチーとウムブルフで固いのではと思ってましたが
トミケンスラーヴァの逃げ切り・・タイキシャトルxデヒア なんで距離持つわけないと思っとりました。
逃げスローでの展開利とハンデが効いたのかもしれません。2,3着がジャンポケ産でこれは馬場適性かなとも思います。

ということで戦歴からはなかなか適性マッチしているかちょっと不明なくらい雨降り続けの馬場
思い切って血統から考えてみます。(通常は戦歴重視なのですが)

1ブレスジャーニー
長い休み明けでしたので長距離はさすがに厳しいか
バトルブランxタニノギムレットで距離、馬場はぴんときませんが(トミケンスラーヴァのパターンだと怖い)

2ウィンガナドル
ステイゴールドxメジロマックイーンですから距離馬場ともに合いそうですね。結構穴人気です

3ステイツフェリオ
ステイゴールドxムトト 母系は欧州の香りが。こういう点ではあうのかも

4クリンチャー
ディープスカイxブライアンズタイム
血統はそそるものがありますね。現在だとダートの方が良績がある血統なんですが
ディープスカイは不良馬場は数少ないものの適性がある感じ
この母には短距離系をずいぶんつけてますね


5トリコロールブルー
ステイゴールドxPivotalで母系はヌレイエフ系 ヌレイエフ産は短距離馬が多かったですが母系だとどうですかね。ダノンジェラードの下でちょっと距離厳しいと思いますが

6マイネルヴンシュ
ステイゴールドxコマンダーインチーフ ですか。コマンダーは馬場合いそうです
コスモオオゾラの下ですんで距離はちょっと長いのかも

7アダムバローズ
ハーツクライxアンブライドルズソングなんですが母母でブラッシンググルームがあり馬場は向くのかも
上りかかる時しか連帯してませんね。で池添かあ

8サトノアーサー
ディープインパクトxRedoute’s Choice でダンチヒ系、母母にリファールが入っているんですね。
距離はちょっと長いんじゃないでしょうか

9クリノヤマトオー
ジャングルポケットxアグネスタキオン 
どうでしょうか上りが速いほうが結果が出ている感じなのですが、1800mまでの勝鞍だけに厳しいのでは

10ベストアプローチ
NewApproachxEfisio サドラーズウェルズxハイペリオン系ですね
母母にはシルバーホークーロベルトも入っており欧州系が非常に濃厚(〇外ですしね)
今を時めくガレリオ系ですので血統からすると時計のかかる馬場はドンピシャですね

11サトノクロニカル
ハーツクライxロベルト
ディープの兄サトノラーゼンがハーツなのですから距離は持ちそう
前走セントライトは外に出せずにという競馬でしたのでミッキーと差はあんまりないのではないでしょうか

12ミッキースワロー
トーセンホマレボシxジャングルポケット
人気してますね
ディープxトニービンということですから距離は持ちそうで道悪耐性も高そうです
ただセントライトはみな上りが速く軽い馬場な感じがしますので、これがどうでるか

13キセキ
ルーラーシップxディープインパクト
キンカメとトニービンとディープが入っており日本競馬の集約みたいなところがありますね。
瞬発力は凄いですが不良馬場に向くかは、血統は向きそうですが戦歴はマッチしませんね

14ポポカテペトル
ディープxMr.Greeley(ミスプロ)
母系はアメリカ系と言っても良さそうでこれがどうでますか

15ダンピュライト
ルーラーシップxサンデーサイレンス
キンカメ、トニービン、サンデーと日本競馬の結晶ですがディープはいませんね
戦歴からすると馬場は合いそう 

16アルアイン
ディープxエッセンスオブドバイ(A.P.Indy系)
距離に関してはちょっと厳しいかも 皐月と菊は相性よいのですがさて

17プラチナヴォイス
エンパイアメーカーxマンカフェ
全体としてミスプロが濃い感じです ダート良さそうではあります

18マイスタイル
ハーツクライxフォーティナイナー 血統的にはそそるものはちょっとないです



資金的に4頭まで絞らないとwいけないのでどうしても気になるキーワードは
サドラーズウェルズ
ブライアンズタイム
と上りが掛かる競馬が得意かつ血統もバックボーンになりそうな
アダムバローズ
ダンビュライト

◎ベストアプローチ 神戸新聞杯6着から菊千切った馬いましたよね
〇アダムバローズ  前行けるのとずぶそうですしここは向きそう
▲ダンビュライト  人気組ならこの馬
△クリンチャー   ブライアンズタイムだけ

[もっと見る]

 tntn 2017年5月26日(金) 02:11
ディープスカイ!と。。。 
閲覧 342ビュー コメント 40 ナイス 258

ダービーなので、久々に過去のレースを振り返り。

。。。前年ウォッカで牝馬でダービーを初載冠の四位騎手!
 
2008は、NHKマイルカップ優勝からのローテーションとなった僚馬ディープスカイ
 
NHKマイルカップでは、後方3番手につけて、内側からの差し切りをきめました。
 
当日1番人気に指示されるも中2週の強行軍!
 
レッツゴーキリシマが逃げる中、やはり後方4番手に位置します。
 
4コーナーを回り、ラチ沿いを選択するライバル馬たちにとらわれず、
 
四位さんとディープスカイは、厳しいコース取りをしての外を選択します。
 
残り200mでは、抜け出しを決めていたスマイルジャックに5馬身!?
 
でしたが、残り50m程度で最速上がりでの差し切りを決めました。
 
四位さんも相当な自信の基で、レースを進めたのでしょう。

レース後のインタビューで、やじった客に「うるせー」と言い放ったのも有名です。(´`〃)ゞ
 
ディープスカイとしては、秋は菊花賞で無なく天皇賞秋(2着)を目標として、コマを進めました。
 
その後は、ジャパンカップなどで2着を果たすなどして引退しました。
 
今年、「クリンチャー」で産駒を出走させるディープスカイ。
 
「スワーブリチャード」で臨む四位騎手。感慨深いものも有るでしょうね。( ゚д゚)ポカーン
 
***************
 
宜しければご覧ください。
 
レース ↓
https://www.youtube.com/watch?v=X27S4SZlWxU
 
「うるせー」↓
https://www.youtube.com/watch?v=_CGnRF8boy4
 
言っておきますが、私は、四位さんのファンですから!
 
***************
 
ダービーのどうなるの?
 
http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=791fd16a08&owner_id=4a85df85ef

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディープスカイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  てんとう   フォロワー:0人 2009年6月21日() 17:18:41
この馬のU指数はなんでいつも低いんだろう?
今回やっと100超えたけど。
1:
  ☆まんでがん   フォロワー:4人 2009年1月29日(木) 23:36:15
大阪杯(4/5)、安田記念(6/7)、宝塚記念(6/28)と使って、
G?戦での勝利を条件に
10月4日の凱旋門賞を考えているらしい。とのこと。(ソース=ホースナビニュース)

ディープスカイの写真

投稿写真はありません。

ディープスカイの厩舎情報 VIP

2009年6月28日宝塚記念 G13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディープスカイの取材メモ VIP

2009年6月28日 宝塚記念 G1 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。