リルダヴァル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
リルダヴァル
写真一覧
抹消  栗毛 2007年4月8日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績38戦[6-2-7-23]
総賞金23,035万円
収得賞金4,150万円
英字表記L'Ile d'Aval
血統 アグネスタキオン
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アグネスフローラ
ヴェイルオブアヴァロン
血統 ][ 産駒 ]
Thunder Gulch
Wind In Her Hair
兄弟 ヴォルシェーブレイズアベール
市場価格
前走 2015/03/15 東風ステークス OP
次走予定

リルダヴァルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/03/15 中山 10 東風S OP 芝1600 142213.469** 牡8 58.0 三浦皇成池江泰寿 514
(+4)
1.34.8 1.035.9⑤④クラリティシチー
15/02/08 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 162322.985** 牡8 56.0 F.ベリー池江泰寿 510
(0)
1.35.9 0.235.0⑤⑤ヴァンセンヌ
15/01/17 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 161214.664** 牡8 58.0 F.ベリー池江泰寿 510
(-4)
1.34.1 0.235.7⑧⑥⑤コスモソーンパーク
14/11/16 福島 11 福島記念 G3 芝2000 1671463.6157** 牡7 56.0 村田一誠池江泰寿 514
(+10)
1.59.2 1.134.9⑫⑪⑮⑯ミトラ
14/07/20 函館 11 函館記念 G3 芝2000 1651042.51414** 牡7 57.0 池添謙一池江泰寿 504
(-6)
2.01.4 1.337.4⑨⑨⑩⑬ラブイズブーシェ
14/06/22 阪神 11 米子S OP 芝1600 123314.564** 牡7 58.0 幸英明池江泰寿 510
(+4)
1.35.2 0.435.6④④サンライズメジャー
14/03/30 阪神 11 六甲S OP 芝1600 188189.6516** 牡7 57.0 E.ペドロ池江泰寿 506
(-6)
1.39.1 3.239.6フィエロ
14/02/17 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16816----** 牡7 56.0 三浦皇成池江泰寿 ---- ------ホエールキャプチャ
13/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1871475.71613** 牡6 57.0 M.バルザ池江泰寿 512
(+10)
1.33.4 1.034.5⑩⑨トーセンラー
13/10/19 東京 11 富士S G3 芝1600 152311.574** 牡6 56.0 U.リスポ池江泰寿 502
(+4)
1.33.7 0.233.5⑦⑦ダノンシャーク
13/07/21 中京 11 中京記念 G3 芝1600 16356.133** 牡6 57.0 福永祐一池江泰寿 498
(-4)
1.33.8 0.334.8⑥⑤⑥フラガラッハ
13/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 14228.464** 牡6 56.0 C.ウィリ池江泰寿 502
(-4)
1.45.9 0.233.2⑪⑧⑧クラレント
13/05/11 京都 11 都大路S OP 芝1800 18476.141** 牡6 56.0 C.ウィリ池江泰寿 506
(+2)
1.47.5 -0.135.3マイネルラクリマ
13/03/31 中山 11 ダービー卿T G3 芝1600 1681514.186** 牡6 56.0 柴田善臣池江泰寿 504
(0)
1.32.9 0.334.7⑧⑧⑨トウケイヘイロー
13/03/03 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 16594.224** 牡6 56.0 池添謙一池江泰寿 504
(0)
1.47.1 0.434.8⑩⑩エアソミュール
12/12/08 阪神 11 朝日CC G3 芝1800 17473.7115** 牡5 56.0 池添謙一池江泰寿 504
(-2)
1.47.1 0.536.2⑫⑤ショウリュウムーン
12/10/28 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 18114.121** 牡5 55.0 池添謙一池江泰寿 506
(+6)
1.46.4 -0.135.2ダノンバラード
12/10/14 東京 11 アイルランド OP 芝2000 13222.212** 牡5 55.0 北村宏司池江泰寿 500
(+4)
1.58.7 0.034.2④⑥⑤アカンサス
12/08/26 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 16122.413** 牡5 55.0 浜中俊池江泰寿 496
(-2)
1.45.2 0.033.7⑯⑮⑮⑮ダローネガ
12/06/10 東京 10 ジューンS 1600万下 芝1600 118113.211** 牡5 57.0 C.ウィリ池江泰寿 498
(+6)
1.33.5 -0.534.3⑦⑥トゥザサミット

⇒もっと見る


リルダヴァルの関連ニュース

 ダービー卿CTに登録していたリルダヴァル(栗・池江、牡8)が1日、屈腱炎を発症したため、現役を引退することが決まった。同馬を所有するサンデーレーシングのホームページで発表された。

 同馬は先月29日に坂路で4ハロン56秒2-12秒9をマークした後、右前脚の膝の裏に腫れと熱感が生じたため、1日にエコー検査を行ったところ、屈腱炎と診断された。

 おじにGI7勝馬ディープインパクトがいる良血馬で、通算38戦6勝。重賞は未勝利だが、2010年NHKマイルCで3着に入るなど活躍した。

【中京記念】リルダヴァル、見せ場十分3着 2013年7月22日(月) 05:03

 第61回中京記念(21日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1600メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)3番人気のリルダヴァルは見せ場十分の3着。中団前めの追走から直線で内に進路を取る。残り100メートルで一度は抜け出しかけたが、最後は決め手の差が出た。福永祐一騎手は「いうことない競馬で、イメージ通りにいけた。ジリジリとは伸びていた。折り合いがついたからスパッと切れるかなと思ったけど、しぶった馬場の方が得意の馬だから」と振り返った。

★21日中京11R「中京記念」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【中京記念】高倉フラガラッハが連覇達成! 2013年7月21日() 15:46

 21日の中京11Rで行われた第61回中京記念(3歳上オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円、サマーマイルシリーズ第1戦)は、高倉稜騎手騎乗の5番人気フラガラッハ(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎)が外から豪快に差し切って同レース連覇を成し遂げた。タイムは1分33秒5(良)。

 まるで昨年のVTRを見ているような結果だった。違いは最後方ではなく、中団から進んだ程度のこと。高倉騎手を背に大外から豪快に追い込んだフラガラッハが見事に連覇を成し遂げて、今月7日に早世した父デュランダルに重賞Vの報告を果たした。

 レースは典型的な先行馬がおらず、最終的にはフレールジャックが押し出される形で先行。ドナウブルーワイズリーミッキードリームなどが好位を追走する。淡々とした流れになったが、4コーナー手前で逃げていたフレールジャックにアクシデントがあり、急激に失速。これを避けた馬たちも最終的には大きく横に広がっての叩き合いとなる。好位から抜け出しを図るリルダヴァル、外に持ち出したミッキードリームがいい伸び脚を見せたが、そのさらに外から1頭だけ違う脚いろで追い込んできたフラガラッハが豪快に前をかわして快勝。人馬ともうれしい連覇を達成した。1/2馬身差の2着が13番人気のミッキードリーム。1馬身差の3着には3番人気のリルダヴァルが入っている。

 フラガラッハは、父デュランダル、母スキッフル、母の父トニービンという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は24戦8勝。重賞はGIII中京記念(2012年)に次いで2勝目。松永幹夫調教師、高倉稜騎手ともに中京記念は昨年に次いで2勝目。

 高倉騎手は「具合は良かったので、展開ひとつだと思っていました。1年ぶりで、勝っていませんでしたけど、いい脚を見せてくれました。大外枠だったのでゲートも大丈夫だと思ったし、ペースが遅くなりそうなのである程度前を射程圏に入れた競馬をしたいと考えていたんです。思った通りの競馬ができたことで、結果が出せたのだと思います。ずっと乗せていただいていたのに結果が出せず申し訳ないと思っていましたが、これからもっといい競馬ができるように人馬とも頑張ります」とレース史上初の連覇(同一馬の2勝はある)に笑顔を見せていた。

★21日中京11R「中京記念」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【中京記念】リルダヴァル、力強く12秒4 2013年7月18日(木) 05:13

 サマーマイルシリーズの初戦、中京記念(21日、中京、GIII、芝1600メートル)の追い切りが17日、栗東、美浦の両トレセンで行われた。栗東では、リルダヴァル(栗・池江寿、牡6)がCWコースで3頭併せ。遅れはしたが、しぶとい走りで好仕上がりをアピールした。中京の今開催で16勝と好調の福永祐一騎手(36)=栗・フリー=に導かれ、念願の重賞タイトル獲得を目指す。

 粘り着くような熱気を振り払うように、リルダヴァルが力強い脚取りを披露。池江調教師は合格点を与えた。

 「併せた相手が動いたし、この馬は動く方じゃないからね。こんなものでしょう。状態はまずまずですよ」

 CWコースでダノンドリーム(牡4、500万下)、ローザズカレッジ(牡3、500万下)の後方からスタート。徐々に加速し、直線で内から並びかける。しぶとく食い下がってローザズと併入。先頭を走っていたダノンには半馬身遅れたが、6ハロン81秒8(ラスト1ハロン12秒4)と十分な時計をマークした。

 「『掛かる』と(陣営から)聞いていたけど、先週、今週と我慢できていた。持っていかれたわけでもなく、コントロールはきいていた」。2週続けて感触を確かめた福永騎手の表情に、不安の色はない。

 前走のエプソムCはスタートで出遅れたが、勝ち馬から0秒2差の4着。直線で内を突いて伸びてきた。

 これまで右前脚を2度骨折。指揮官は「用心して走るところがあるので、硬い馬場は(よくない)ね。今の中京はよさそうだし、レースまでに雨でも降ってくれれば」と話す。

 鞍上の福永騎手は今回の中京開催で16勝の大活躍。最終週となる今週、JRAの1開催(8日間)最多勝(21勝=武豊藤田伸二両騎手)の記録更新がかかる。「意識はしています」とユーイチ。リルダヴァルがノッてる鞍上に導かれて重賞初Vをあげ、夏のマイル王へ第一歩を踏み出す。 (渡部陽之助)

[もっと見る]

【中京記念】福永リルダヴァル手応え◎ 2013年7月17日(水) 12:01

 リルダヴァルは前走のエプソムCで4着。後方から最内を突いて4着とわずかに届かなかったが、見せ場十分のパフォーマンスで完全復調を思わせた。この中間はいつもどおり短期放牧へ。栗東帰厩後もいたって順調な調整過程を踏んできた。

 最終チェックはCWコースでの3頭併せ。先行するダノンドリームの4馬身後方からローザズカレッジが追走し、さらに3馬身後方で鞍上の福永騎手と折り合った。スムーズにペースアップし、徐々に前との差を詰めて4角で最内へ。直線でエンジンを全開し、ラスト1F11秒8とゴールまでしっかり脚を伸ばしてきたが、外の2頭の勢いも止まらない。結果、中ローザズに半馬身遅れ、外ダノンにはクビほど届かずフィニッシュした。

 「遅れたとはいえ、結構後ろから追いかけていたし、相手も走る馬だから問題ない。折り合いもスムーズだった。どちらかといえばパワータイプだし、今の中京は合うと思う」と福永騎手。15走ぶりとなるタッグに、しっかり手応えを感じ取った。

 前走は後ろ扉を蹴ったときにゲートが開き、後手を踏んだ。池江寿調教師も「それなりのポジションで脚をためて行きたい。まずはしっかりゲートを出ること」と気を引き締める。スムーズなスタートから流れに乗れれば、初のGタイトル奪取が見えてくる。(夕刊フジ)

中京記念の特別登録(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【エプソムC】リルダヴァル押し切りVだ! 2013年6月8日() 15:32

★特捜フジ

 池江寿&ウィリーの連覇だ。リルダヴァルが押し切る。

 前走の都大路Sが、早め先頭で押し切る文句なしのV。得意の道悪という天の恵みがあったにせよ、「珍しく道中から走る気を見せていた」とトレーナーが感想を述べたほどのキャラ変ぶりには、やはり馬を動かす“豪腕”の効果が大きかったはずだ。実際、昨年6月のジューンS(1600メートル)で1年8カ月ぶりのVに導いたのもウィリアムズ騎手だった。

 そんな最強のパートナーが、今回も勝算は十分と言わんばかりだ。5日には追い切りに自ら騎乗し、坂路で格下を1馬身半突き放した。「動き自体はベリーグッド。前走よりさらに良くなっている感じがした。この落ち着いた雰囲気でレースに臨めれば大丈夫」と絶賛した。

 フルゲート割れの14頭と頭数が落ち着いた今回は、当然レースの流れもポイント。しかし愛馬の自在性を確信する鞍上は、「前に行けるし、逃げる馬がいれば2番手でもいい。展開はボクの馬に向くよ」とキッパリ。昨年、控える競馬が多かったトーセンレーヴで2番手抜け出しの芸当を演じたのもこの舞台。絶妙のコンビネーションで今年も豪快に決める。(夕刊フジ)

 ★エプソムCの出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

リルダヴァルの関連コラム

閲覧 674ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、21(日)に函館競馬場でG3函館2歳ステークスが、中京競馬場でG3中京記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3函館2歳ステークスは好スタートを決めたクリスマスが出を窺うところへ、内からテルミドールが競り掛けるてハナへ。テルミドールを先頭に、2番手クリスマスの隊列で直線へ。直線を向いて楽な手応えでクリスマスがすぐさま先頭。好位勢からはプラチアティアラが単独2番手に上がり、少し離れての3番手争いはオールパーパスに外からトーセンシルエットが迫る展開に持ち込まれます。しかしこれら2頭は、楽々突き放したクリスマス、2番手プラチアティアラに詰め寄るまでは至らず。結局、直線前半の態勢変わらずのままでゴール。新馬戦に続きクリスマスが圧勝で世代最初の重賞ウィナーの座に輝いています。2着にプラチアティアラ、3着はトーセンシルエットが上がっています。
公認プロ予想家の中では、山崎エリカプロ河内一秀プロシムーンプロきいいろプロが的中をマークしています。
一方のG3中京記念は、全馬揃ってのスタート。しばらく先手を主張する馬が現れない状態が続く中、しびれを切らしてフレールジャックがハナに立ちます。先頭のままコーナーに突入するフレールジャックでしたが、4角手前で故障発生によりズルズルと後退。代わって最内からオセアニアボスが先頭に上がって直線へ。内を避けて通る馬も多く横一線の叩き合いとなる中、内からリルダヴァルが馬群を割って残り200mで一気に先頭。そこへ馬場の中央からミッキードリームが徐々に詰め寄り、大外からは昨年のこのレースの覇者フラガラッハも鋭い伸び脚。最後はフラガラッハが外から2頭を鮮やかに差し切って連覇を達成。1/2馬身差で2着はミッキードリーム。そこから1馬身差の3着にはリルダヴァルが入っています。
こちらは、dream1002プロ3連複プリンセスプロスガダイプロろいすプロが的中をマークしています。
その他では導師嵐山プロ佐藤洋一郎プロきいいろプロkmプロ☆まんでがんプロ夢月プロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
20(土)中京12Rオースミマイカを本命◎に△◎で馬連1000円分的中!複勝と合わせて計11万9100円のスマッシュヒットを記録しています。さらにG3函館2歳ステークスでは、1~4着馬を○◎△▲評価する見事な予想で馬連&複勝をゲット!計9万6700円の払戻しをマークしています。土日トータルでは、回収率239%でトップ!収支12万5800円のプラスを記録しました。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
大波乱となった21(日)福島1Rで対抗○コロナプリンセス(単勝334.3倍)からの馬連1970.5倍を的中!600円分の購入で118万2300円を払戻しのホームランとなりました。週末のトータル成績は回収率195%を記録しています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
20(土)の福島8Rスカルラット(単勝159.6倍)を本命◎に指名。3連複35万1680円馬券を見事ゲットしています!

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
20(土)函館4Rで馬連1点的中を披露!単勝と合わせ計10万8600円の払戻しをマークしました。21(日)中京2Rでは単勝1点勝負で18万5000円を払戻し!

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
21(日)中京5Rで◎▲○的中を披露。単勝&3連単のW的中で計10万7700円の払戻しをマークしました。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
20(土)の函館12Rで3連単500円分の的中を披露。10万5400円の払戻しを記録しています。

他には、スガダイプロ(123%)、河内一秀プロ(120%)、岡村信将プロ(119%)、サラマッポプロ(109%)の4名が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」


登録済みの方はこちらからログイン

2013年7月17日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第245話中京記念(謎解き編)~
閲覧 598ビュー コメント 0 ナイス 9

第245話 「中京記念


12年 35.3-23.8-36.0 =1.35.1 ▼4▼3△15 平坦戦

中京記念が1600mと言われてもピンと来ませんがとにかく昨年からサマーマイルシリーズの第1戦となったこのレースどう攻略しましょうか。
昨年のこのレースは中京最終日開催ということもあって直線では内を空けて外を回す馬が多く道中最後方にいた5番人気フラガラッハが大外から豪快に差し切り勝ちとなりました。
それほどハイペースだった訳ではありませんが前日の雨の影響からかラスト1Fは△15と脚が止まる展開だったのは確かでしょう。
(ちなみに今年は週刊天気予報では晴れが続くようです)

では中京芝1600コースで行われた1000万下から上のクラスのラップを見てみましょう。

35.0-25.3-36.7 =1.37.0 ▼8▼6△10 瞬発戦 稍重
35.4-23.3-34.1 =1.32.8 ▼4▼4△ 7 平坦戦
35.3-23.8-36.0 =1.35.1 ▼4▼3△15 平坦戦
36.9-24.4-35.4 =1.36.7 ▼1▼9△ 6 瞬発戦
36.5-23.6-35.7 =1.35.8 ±0▼2△ 7 平坦戦
35.1-23.6-35.1 =1.33.8 ±0▼2△ 1 平坦戦
35.4-23.8-35.1 =1.34.3 ▼4▼2△ 7 平坦戦

トータル的に見ると
・走破時計はあまり速くない
・大きな加速は生じにくい
・連続加速になりますい
ということが挙げられます。
7レース中2レースしか瞬発戦になっておらずその2レースはどちらもテンの比べて上がりが1秒以上速い後傾ラップでした。
このクラスになると余程スローにならないと瞬発戦にならないかもしれません。
ポイントになるのはおそらく平坦戦、つまり持続脚になると思われます。

上記の7レースの勝ち馬の父は
マーベラスサンデーネオユニヴァースデュランダルハーツクライマンハッタンカフェアドマイヤマックス、フォーティナイナーズサン
で、勝利はないもののキングカメハメハ産駒は0-3-1-5(複勝率44.4%)と活躍しています。
母父を見てもタマモクロス、トニービンというグレイソヴリン系の名前が多く馬券いなっていて血統的に見ても斬れる脚よりも持続する脚が重要かなと思います。

脚質的には

逃げ&先行馬 3-2-2-26 勝率2.9% 連対率15.2% 複勝率21.2%
差し&追込馬 4-6-6-55 勝率5.6% 連対率14.1% 複勝率22.5%

となっていて差し馬の多くが馬券になっています。
しかし、これは新中京になってから全てのレースの統計というのは注意が必要。
騎手も色々考えて騎乗してるはずでそろそろ新中京コースに対応してきてるはずだからです。
実際2012年と2013年では数字が違います。

【2012年脚質別成績:芝1600mコース】
逃げ&先行馬 10- 6- 8- 80 勝率 9.6% 連対率15.4% 複勝率23.1%
差し&追込馬 13-16-15-195 勝率 5.4% 連対率12.1% 複勝率18.4%
【2013年脚質別成績:芝1600mコース】
逃げ&先行馬 10- 9 -3 -65 勝率11.5% 連対率21.8% 複勝率25.3%
差し&追込馬  9-10-16-170 勝率 4.4% 連対率 9.3% 複勝率17.1%

差し馬優勢と考えるのは禁物でしょう。
開催最終週ですがそれほど馬場が悪くなっていなければ先行~中団ぐらいの位置がベターな気がします。

イチオシはミッキードリーム
キンカメに母母父はトニービンで長い直線コースは向いているはず。
昨年は0.3秒差4着でしたが昨年とは状況が違いそうですし、昨年のこのレース以降位置取りを前目にシフトしてるのもはまりそう。
但し、この馬は1800>1600の馬なので馬場状態が良く時計が速くなりそうなら軽視かも。
とりあえず水曜時点ということで。

時計が速くなるようであれば
東京1600でラスト4つが11.7-11.6-11.8-12.1となっていて1.33.5で圧勝した経験があるリルダヴァルをイチオシとしておきます。
(>長い直線マイルコース、1分34秒以内、上がり1Fが12秒以上、というのがポイント)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ミッキードリームファイナルフォームリルダヴァル


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年2月26日() 07:00 【ウマニティ】
代打・大道の必勝馬券予想~中山記念(G2)~
閲覧 543ビュー コメント 0 ナイス 3

AMラジオ1242ニッポン放送の看板番組「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」の番組内で、午前7時の時報を合図にスタートする人気コーナー「勝負一発、徳さんの夢プレゼント」では、徳光さんが毎週12,000円を元手に馬券を購入し、これまでに合計25万円以上をリスナーにプレゼントしています。

このコーナーには、元巨人軍の代打の切り札として活躍した大道典嘉さんが、昨秋から「ウマニティ」にゲスト予想家として参戦すると同時に「とくモリ!」にレギュラー出演。大穴の徳光さんとの夢の馬券対決を繰り広げています!

大道さんは、明日27日にはコーチ留学のための渡米を控えており、今週は特に気合いが入っているようです。

さて、そんな代打・大道さんの勝負予想は、日曜中山競馬場のメインレース「中山記念(G2)」です。

大道さんの予想は・・・、

中山記念(G2)「代打・大道」の勝負予想!==========

昨年の有馬記念を優勝して最優秀3歳牡馬に輝いた9番ヴィクトワールピサが断然でしょう。中山競馬場はG12勝を含む3戦3勝と得意にしている舞台だけに死角が見あたりません。ここはドバイWCへの壮行レースを飾ると見ています。

相手には、3番キャプテントゥーレ、5番リルダヴァル、12番レッドシューターの3頭を抜擢します。小回りの中山競馬場では、先行できるこの3頭に展開の利がありそう。

他では、絶好調のベリー騎手に乗り替わった1番マルカボルト、適距離に戻った2番アロマカフェ武豊の4番リーチザクラウン、抜群の中山適性の11番キョウエイストームの4頭を3着付けで押さえたいと思います。


■「代打・大道」馬券作戦======================

◎9番ヴィクトワールピサを1着頭固定の3連単で勝負です。

3番キャプテントゥーレ、5番リルダヴァル、12番レッドシューターの相手3頭の3連単を本線に、3着付けで4頭を加えた3連単フォーメーションで馬券を組み立てます。


■「代打・大道」買い目======================

☆3連単フォーメーション
1着  9
2着  3、5、12
3着  3、5、12
(6点×各600円=合計3600円)

☆3連単フォーメーション
1着  9
2着  3、5、12
3着  1、2、4、11
(12点×各500円=合計6000円)

合計=9,600円


一方、大穴予想・徳光さんの買い目は、いつもの通り3連単6頭ボックス。

☆3連単6頭ボックス
1、4、5、8、9、11
(120点×各100円)

買い目合計=12,000円



さあ、競馬に競艇なんでもOKの大穴・徳光さんの特大の一発がくるのか、はたまた野球だけでなく競馬予想でも高打率を叩き出している代打・大道がきっちりヒットを飛ばすのか!? どうぞご期待ください!

注目の一番中山記念(G2)」は、明日・日曜日15時45分の発走です!

[もっと見る]

2011年2月25日(金) 20:09 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ 2月26・27日分
閲覧 492ビュー コメント 0 ナイス 11

みなさん、こんにちは!

開幕週で前残りが多い予感がしますが、狙うは差し馬^^;

1.重賞の調教重視予想

<土曜・阪神11R> アーリントンカップ
ノーザンリバー
○マジカルポケット
テイエムオオタカ
ノーブルジュエリー
CW併用で、今週の坂路でも馬なりで終い伸びたノーザンリバー本命。
相手は坂路の時計を詰めてきたマジカルポケット。
単穴は美浦の坂路で好時計連発のテイエムオオタカ
あとはCWで終い伸びたノーブルジュエリー

<日曜・中山11R> 中山記念
レッドシューター
ヴィクトワールピサ
リルダヴァル
キョウエイストーム
本命はウッドの動きがいいレッドシューター
対抗は斤量は不安だが調教は動いているヴィクトワールピサ
単穴は心情馬券であることは否定しないが、リルダヴァル
あとは出来は平行線だが、3着候補でキョウエイストーム

<日曜・阪神11R> 阪急杯
サワヤカラスカル
サンカルロ
フラガラッハ
スプリングソング
休養明けだが坂路で終い伸びたサワヤカラスカル本命。
相手も美浦坂路で終い鋭く伸びたサンカルロ
叩いて上積みが見込めるフラガラッハが単穴。
あとは引き続き坂路で動いているスプリングソング


2.新馬戦の調教注目馬

土曜は中山のレッドフィアレス、エチゴイチエ、阪神のアルモドヴァール、ストリートマジック。
日曜は中山のランニングハイ、阪神のペルレンケッテ。


3.今週の幸くん

印を付けたいのは土曜メイン以外は5Rウォーターリッパーと10Rのキクカタキシード
日曜は重い印を付ける予定の馬はいませんが、
1Rケイエスキングオー 、3Rディアアプローズ、5Rタマモシャーベット、
6Rゴールデンアタック、12Rザドライブには印を付けると思われる(多いっ!)


それでは今週末も思いっきり競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2010年5月29日() 16:25 鈴木和幸
【鈴木和幸G1コラム】 ダービーの最終予想
閲覧 641ビュー コメント 0 ナイス 0

●第77回日本ダービーの最終決断
 
 ヴィクトワールピサが2冠馬に輝く。 

3月、弥生賞前に3冠を予感させ、1冠めの皐月賞前には、
“勝ち馬は岩田=ヴィクトワールピサをおいてほかにいない”と、
私にいわせたこの馬、皐月賞は期待通りの強さだった。

いや、期待以上といった方がいいかもしれない。

一瞬、唯一危惧していた馬群のごちゃつきに見舞われ、進路を失いかけた次の瞬間、
並ぶ間もなく最内から突き抜ける爆発力を見せてくれたからだ。
 
あの狭い内ラチすれすれに、迷わず突っ込んでいった岩田の度胸、
ひるまずこの乗り手の指示に従ったヴィクトワールの勝負根性に感服である。

激しい横一列の2着争いの中、瞬時に1馬身半抜けたこの馬は、
その着差そのままに頭抜けていた。

皐月賞に出走した馬たちはもはや敵ではない。

 
別路線、
青葉賞ペルーサ、プリンシパルS=ルーラーシップ評価がうなぎのぼりだ。

とりわけ、無敗のペルーサはヴィクトワール以上との見方も多い。

◎をペルーサに打っている方も多いようだ。

でも、私の◎はヴィクトワールピサで揺るがない。

甘く見ないでいただこう。

クラシック本流、王道を歩んでGⅠを制したこの馬の強さを。

GⅡ青葉賞の勝ち時計が、
ダービー史上にあてはめると3番めの速さだろうと、4馬身のぶっちぎりだろうと、
しょせんはトライアル、GⅡでしかない。

本流での激しい戦いのなか、培った力は、トライアル、GⅡクラスとはレベルが違う。

それが証拠に青葉賞の勝ち馬からダービー馬は出ていないだろう。

ここにGⅠとGⅡ以下との格の違いをみることができる。

 
第77回日本ダービーは、皐月賞ヴィクトワールピサが2冠馬となるための舞台。

その強敵がペルーサで、3番手以下となると五指に余る。

アリゼオ
エイシンフラッシュ
ゲシュタルト
ヒルノダムール
リルダヴァル
ルーラーシップの中での一番の魅力は、

すっかり人気を落としてしまったリルダヴァル

強行スケジュールもなんのその、戦列復帰後の最高の状態になっている。

 

NHKマイルC、ダービーの変則2冠を狙っていたダノンシャンティの取り消しは非常に残念。

いや、出走していれば勝てたかもとの思いからではなく、まったく逆である。

ずばり、1600メートルを日本レコードで走る“ベストマイラー”に、
2400メートルのダービーを勝たれてはたまらない。

そして、レコード快走のあとだけに、その反動が心配ー、
いうところの”危険な人気馬”に見ていたからである。

しかしそれはともかく、あれほどのパフォーマンスを見せてくれ、感動をくれた馬である。

ダノンシャンティの1日でも早い戦列復帰を願い、待ちたい。

[もっと見る]

2010年5月27日(木) 18:29 鈴木和幸
【鈴木和幸G1コラム】 ダービー全馬調教診断
閲覧 621ビュー コメント 0 ナイス 0

●第77回日本ダービー(GⅠ)出走馬の追い切り診断
 
 
アリゼオ 5月27日 美浦W 52秒8-38秒8-13秒2 馬なり

この20日にウッドコースでステッキを何発も入れ、実戦さながらの併せ馬。この意欲は買えたが内容的にはいかにも反応が鈍く、併走馬に遅れてしまい、ラスト1Fも13秒8とかかってしまった。この時点では太め残り。今週は先週の猛ゲイコで体はできたとの判断だろう、4Fからの短めしか行かず、それも馬なりままだったが、ウィリアムズとの呼吸はぴったりでフットワークにも乱れなし。クビの高いフォームなのでお世辞にも鋭いとはいえないが、良化は伝わってきた。これで完調にもっていける。

 
ヴィクトワールピサ 5月26日 栗東W 67秒3-52秒1-38秒2-12秒2 馬なり
     
皐月賞制覇後は、まず疲れを取ることに専念、4月中はプール調整を施された。時計を出し始めたのは5月に入ってからで、4日を皮切りに坂路、Cウッド併用で合計9本、この中には3回の併せ馬が含まれ、順調すぎるほど順調、先週19日のCウッド5F66秒1-37秒8-11秒8でほぼ仕上がった。今週は先週同様の3頭併せ、最後まで追ったところなしだったが、直線半ばから2頭の間を割って出る闘志を見せ、最先着した。時計はとくに速くはないが、これは意識的に目いっぱい追わなかったからで心配無用、というよりまったくの予定通り。一完歩ごとに重心の沈むダイナミックなフットワーク、リラックスした中に両サイドの馬を抜き去ろうとする、これまでにない闘争心を見せ、まさに磐石の仕上がり。

 
エイシンフラッシュ 5月26日 栗東W 68秒0-52秒9-38秒7-11秒6 馬なり

中間、一頓挫あった前走時と比べると、今回は何もかも思い通り、寸分の狂いなく調教されている。先週19日の併せゲイコでは併走馬を1秒以上もちぎる元気のよさ。古馬を2馬身ほど先行させた今週も直線半ばでGOサインが出るとグイグイとストライドを伸ばし、あっさり2馬身差をつけてのゴール。前走時までとの違いはより完歩が大きくなり、回転が速まってスピード感が出たこと。二走ボケの不安を吹き飛ばし、デビュー来の最高で生涯一度の大舞台に挑むことができる。

 
ゲシュタルト 5月26日 栗東W 66秒5-51秒5-37秒3-11秒7 強 め

内のGⅠ馬リトルアマポーラを追いかけ、追って追ってこれにクビほど先着した。脚色は馬なりの相手に見劣ったものの、これはタイプの違い、ひと追いごとに差を詰めた渋い末脚こそがこの馬の真骨頂。前からこっち、また一歩の良化が認められる。

 
コスモファントム 5月26日 栗東坂 54秒4-39秒7-25秒7-12秒8 馬なり
   
4ヶ月半ぶりの前走でも太め感はなかったが、ひとたたきの効果は歴然で、この中間は目に見えて動きにすがるさがでてきている。今週の坂路での併せ馬でもゴール板が近づくと自らハミをとり、グイッと伸びて半馬身先着、これまでにない鋭さが目を引いた。

 
サンディエゴシチー 5月26日 栗東W ⑥82秒7-67秒1-52秒4-38秒7-11秒6 一杯追  

このラスト1Fを見ると鋭く伸びたようにも見えるだろうが、実際は数字ほどではなく、平凡に映った。前半を控えたことを考えると、もっと切れなければおかしいし、いいときは切れていた、まだ復調途上。

 
・シャイン 5月27日 栗東W ⑥87秒4-70秒9-55秒9-43秒0-15秒0 馬なり

先週にCウッドで6Fからの併せ馬をやったといっても全体時計は85秒0と遅く、上がり中心、その上がりも39秒0と平凡だった。そこへもってきて、このただ回ってきただけのこの最終追い、変り身どころかカイ食いの悪さ、馬体減りの方が心配。
     
 
ダノンシャンティ 5月26日 栗東坂 53秒3-38秒8-25秒3-12秒6 強め

レース間隔が短いし、もうすっかり体はできているので、この中間は軽めばかり、しかし、体や動きに硬さはなく、よくケアされている。今週は目黒記念に出走する古馬オープンのモンテクリスエスと併せ、難なく半馬身先着、どちらが古馬かわからないほど手ごたえ、伸びの違いを見せつけた。つい3週間前に日本レコードで走ったばかり、さすがにもう上がりめは望めないが、かといって気になるところはどこにもなく、状態は高いレベルで安定している。

 
トゥザグローリー 5月26日 栗東P ⑥76秒9-61秒5-48秒0-35秒3-11秒7 一杯追

追ったところなしのリルダヴァルに対し、いっぱいに追いまくってクビほど出ただけ。相手が少しでも追えば大きく先着されていただろう。まだ体を持て余しぎみだし、クビをうまく使えず、追われるたびにアゴが上がるフットワークも気になった。これだけの速い時計が出せるのだから元気は元気だが、本格化にはもう少し時間がほしい。

 
トーセンアレス 5月26日 美浦W 67秒5-52秒2-38秒0-12秒9 馬なり

終始馬なり、軽快なフットワークだったが、アピールできるほどではなく、悪くない程度。これだけのメンバ-に入って変わり身がないようでは。

 
ハンソデバンド 5月26日 美浦W 66秒7-51秒9-39秒2-14秒6 一杯追
 
時計が平凡なら、動きもまったく良化したところなし。それどころかラスト1F14秒6とバッタリときてしまい脚が上がらなかった。中間は順調に乗り込めてはいたが、このバテ方では本調子にはほど遠い。
 
 
ヒルノダムール 5月26日 栗東坂 55秒3-39秒5-25秒3-12秒1 G一杯

皐月賞で10キロ減った体もすぐに回復、5月に入ると追い日ごとに6本の時計を出し、12、19日は坂路52、53秒台だから中身も濃い。今週も念には念を入れて併せ馬、G前のひと追いで1馬身先着した。姿勢がまったくぶれないし、この速いラスト1Fでたっぷり余力を残していた。直前、坂路4F51秒台の速い時計を出した前走もよかったが、55秒台で上がり中心の今回の方が、東京への長距離輸送を考えるとより理想的に思える。

 
ペルーサ 5月26日 美浦W 67秒8-53秒2-40秒1-13秒9 馬なり

事実上の最終追い切りは23日の坂路50秒9-37秒5-12秒6。この追い切りで九分以上のデキになったので、今週は息を整える程度、馬なりというより楽走といったほうがいいくらいに軽かった。大一番の最終追い切りがこれでいいのかと思えたくらいだが、動きは柔らか味十分で、はつらつ感があり、いかにも気分がよさそうな走り。その気になればいくらでも速い時計が出せただろう。道中の横山典との折り合いのよさといい、まぶしいほどに光り輝いた馬体といい、ケチのつけようがない。

 
メイショウウズシオ 5月26日 栗東坂 56秒1-39秒3-25秒4-12秒7 馬なり

先週、Cウッドだハードに追っている。今週は坂路で単走だが、馬なりでこのラスト1Fなら上々。4着に善戦した前走と比べても遜色がない。ただし、このメンバーに入るともうひと皮むけないと。
   
 
リルダヴァル 5月26日 栗東P ⑥76秒0-60秒9-47秒3-35秒4-11秒6 馬なり
 
中2週でのレースがつづき、疲れが心配されたが、持ったままでこんなにも速い時計が出た、出せたのだから、疲れうんぬんは考えなくていい。スマートな馬体とは裏腹に思いのほかタフだ。動きの方もいっぱいに追う僚馬トゥザグローリーを横目で見やりながら余裕しゃくしゃく、躍動感にあふれていた。常識的には上がりめより下降線が心配される強行スケジュールながら、今週の追い切りを見るかぎり、疲れは皆無、戦列復帰後の最高と見て取れた。

 
ルーラーシップ 5月26日 栗東W 71秒2-55秒1-40秒7-12秒2 馬なり
 
首を上下させ、全身を使って走るフォーム、こんな遅いタイムでも迫力満点だ。もちろん、その気ならいくらでも速い時計が出せる脚勢だった。前走からのレース間隔がなく、この馬もまたローテーションのきつさが懸念されるものの、その不安を一掃するダイナミックな動きと、走りたくて走りたくて仕方がないといった気合乗り。外見からは今回が一番いい。

 
レーヴドリアン 5月26日 栗東W ⑥84秒7-69秒2-54秒7-40秒8-13秒3 一杯追

いっぱいの追い比べで後れをとった。末脚自慢の馬がこれでは。確かに、攻め馬より実戦タイプのところはあるが、それにしても追われての反応が鈍すぎる最終追い切りだった。

 
ローズキングダム 5月27日 栗東坂 52秒9-38秒3-24秒9-12秒6 馬なり

今週、火曜日に挫石のアクシデントに見舞われ、一時は出否未定だったが、27日に追い切ることができ、出走にこぎつけた。この時計は優秀だし、動きも好調時と変わりなくきびきび、併走馬にクビ先着して闘争心、集中力を失うこともなかった。力は出せる。ただ、順調さを欠いたことは事実だから、より巻き返しが難しくなったのは確かだろう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

リルダヴァルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 190ビュー コメント 0 ナイス 5

角居厩舎の2頭がキーホース

「G3・東京新聞杯」

角居厩舎の東京新聞杯での成績は【1・2・2・0】とパーフェクト馬券圏内。

今年も昨年2着のエキストラエンドとフルーキーが参戦。
エキストラエンドは、昨年と同じくクリスチャン・デムーロが騎乗。尊敬する兄ミルコ・デムーロが2月5日JRA騎手試験合格したこともあり流れは来ている。

フルーキーは、全11戦して掲示板をハズしたのが明らかに距離の長いG1菊花賞だけ(それでも6着に善戦)と超堅実派。

しかし本命は、東京マイルで5戦4勝で名牝スティンガーの仔サトノギャラント。叩き2戦目でズバリ走り頃。良馬場でキレを発揮するタイプなので心配は天候だけ。

東京マイルでは外せないディープインパクト産駒ヴァンセンヌは3連勝中。
母フラワーパークは高松宮記念とスプリンターズSに勝ったG1・2勝馬​。
重賞初挑戦ですが勢いはあります。

アグネスタキオン産駒のリルダヴァルとメイショウヤタロウ。

爆アナはマイル【3・3・2・2】のマイネルメリエンダ。

東京マイルのG3富士S2着のシャニープリンス

3冠全てに出走したタガノグランパ、かつては輝いていたアンコイルドとダノンヨーヨー、新馬から3連勝したG1馬アルフレードは枠連でフォローします。

◎14サトノギャラント
○12エキストラエンド
▲6ヴァンセンヌ
注10フルーキー
爆5マイネルメリエンダ
△3リルダヴァル
△1メイショウヤタロウ
△4シャイニープリンス

【3連複】流し
14→1・3・4・5・6・10・12(21点×1000円)

【枠連】流し
7枠→1枠・2枠・3枠・5枠・6枠(4点×800円)

【ワイド】流し
14→1・3・4・5・6・10・12(7点×500円)
12→1・3・4・5・6・10・14(7点×500円)
(合計31,200円)


【G3・きさらぎ賞】
8頭立てですが、話題の馬ばかり揃いました。
エアグルーヴの孫でディープインパクト産駒のポルトドートウィユ。

ステイゴールド(先日急死。合掌…)×メジロマックイーンの黄金配合でオルフェーヴルの全弟アッシュゴールド。

宝塚記念馬スイープトウショウとディープインパクトの仔レガッタ。

昨年のきさらぎ賞の勝ち馬トーセンスターダムの弟ネオスターダム。

そして何と言っても2戦2勝、アンカツ師匠も大絶賛のルージュバック。
前走の百日草特別で2馬身差で負かしたベルーフがG3京成杯を勝ったことでますます株の上がった唯一の牝馬です。

金子真人配合ディープ×キンカメのグリュイエール。

もうどれが勝ってもおかしくないレースです。
高配当は望めない割りに難しいレースなのでリアルでは「ケン」します。

買うレースでなく観るレースですね。

ただデータで言えば、1987年以降、
牝馬は【0・0・0・5】
牡馬相手にオープン勝ちしていたアインブライドも馬群に沈んでいます。
果たしてルージュバックは、ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナに並ぶ女傑なのか?

また、キャリア1戦馬は、【0・0・2・11】で、3着が精一杯。
スイープトウショウの仔レガッタはその忌まわしき過去データを打ち破れるか?

楽しみですね。

本命はポルトドートウィユですが、馬券は、父がディープからネオユニに替り、先行と粘り込みが増したことに期待してトーセンスターダムの弟ネオスターダムからちょっとだけ買ってみます。

僕TERAMAGAZINEの馬券攻略本「JRA全重賞完全データ攻略2015」絶賛発売中です!
・全国書店、
・楽天ブックス http://urx2.nu/gzuc
・amazon http://amzn.to/1A2u7px
・セブンネット http://bit.ly/1vcorxf

など他のネット書店でもお求めになれます。

ニュースサイト【ブッチNEWS】http://bucchinews.com/life/4979.html
で競馬予想とコラムを連載しています。
上記の買い目は今週の購入馬券と金額です。

【ブッチNEWS】では、予想しレースの馬券の収支も全て書いてあります。
ちなみに、根岸Sは3連複、枠連、ワイド(3点全て的中)で、AJCCの負けを一気に取り戻しました。良かったらご覧になってください。

 TERAMAGAZI 2013年5月5日() 06:06
エーシントップ。切っちゃいました!!!!!!! 
閲覧 601ビュー コメント 0 ナイス 1

最初に先週の天皇賞・春を少し振り返ります。

勝ったのは「セントライト記念」を圧勝しながら「菊花賞」を回避して天皇賞・秋(2着)に出走したフェノーメノ。

「距離不安」のため「菊花賞」を回避した(と思っていた)ハズが、「菊花賞」よりさらに長距離の天皇賞・春を勝てたのか?

フェノーメノのオーナーはオルフェーヴル、ジェンティルドンナと同じ「社台グループ」の「サンデーR」。

清水成駿氏が指摘しているようにゴールドシップは「作られたヒーロー(虚像・偶像)」に過ぎなかったのか?

フェノーメノが出走していれば菊花賞馬はフェノーメノだったのか?

オルフェ、ジェンティルが回避したから有馬記念を勝てたのか?

ゴールドシップにG1の勲章を与えた理由。

答えは一つしかない。

ゴールドシップは既に「社台グループ」の馬?

引退したら「社台スタリオン」で種牡馬になるのか!!!!!



------------------------------



キズナ。強かったですね!!!!!

ダービーは、キズナで行きます(キッパリ)

プリンシパルSは、7番人気サムソンズプライドが逃げ切り勝ち。

ダービーの出走権を勝ち取り、同時にメイショウサムソンの種牡馬としての立場を維持することが出来ました。

まあ、馬券はハズレましたが…少し嬉しい(´∀`*)



現在の中央競馬でサンデーサイレンスの血統が席巻しているワケですが、

NHKマイルCは特に顕著で、過去5年の3着以内馬15頭中、勝ち馬5頭を含み12頭がサンデー系です。


【血統診断】
しかも10年、11年、12年とこの3年間では、1着~3着までサンデー系が独占しているのです!!!!!

10年 1着ダノンシャンティ(父フジキセキ)
    
    2着ダイワバーバリアン(父マンハッタンカフェ)
   
    3着リルダヴァル(父アグネスタキオン)




11年 1着グランプリボス(母父サンデー)
    
    2着コティリオン(父ディープインパクト)
   
    3着リアルインパクト(父ディープインパクト)




12年 1着カレンブラックヒル(父ダイワメジャー)
    
    2着アルフレード(母父サンデー)
    
    3着クラレント(父ダンスインザダーク)





特に結果を出しているのはダイワスカーレットの父アグネスタキオン。

アグネスタキオン産駒はこれまで5頭出走して、
06年ロジック、08年ディープスカイが優勝。
10年リルダヴァルは3着、サンライズプリンスが4着と好走。


アグネスタキオンは、母が桜花賞馬のアグネスフローラ、祖母はオークス馬アグネスレディ、
全兄はダービー馬アグネスフライトという由緒ある良血。

4戦4勝で、皐月賞勝利後に左前浅屈腱炎で引退。

「幻の3冠馬」と呼ばれ、「ラジオたんぱ杯3歳S」は2歳2000mのレコードタイムで2馬身半差圧勝!!!!!
2着はジャングルポケット、3着はクロフネというハイレベルなレースだった。

続く「弥生賞」では、2着のボーンキングに5馬身差圧勝。

4着は後の菊花賞馬であるマンハッタンカフェ。

(ちなみにボーンキングの半兄はダービー馬フサイチコンコルド、半姉は菊花賞 2着、有馬記念2着、天皇賞春2着のリンカーン、皐月賞馬ヴィクトリーの母グレースアドマイヤ、半弟は皐月賞馬アンライバルド)


単勝1,3倍の「皐月賞」は後の宝塚記念馬ダンツフレームを完封勝利。

アグネスタキオンは、10年に急性心不全で死去しているので、今年の産駒がラストクロップ。

出走するのは、レッドアリオン。

母父は「欧州最強馬」と呼ばれるキングジョージ&凱旋門賞馬ダンシングブレーヴ(ND系)

「アグネスタキオン×ND系」は、08年の勝ち馬ディープスカイと同じ配合。

半兄クラレントは昨年の3着馬という相性の良さ。


ズバリ、本命は◎レッドアリオン。


マイル持ちタイムも1分33秒6で出走馬中で最速。



相手も全て「サンデー系」。

特に「父サンデー系×母父フレンチデピュティ」の2頭

マイネルホウオウとガイヤーズヴェルト。


フレンチデピュティ産駒には、01年勝利馬クロフネと07年勝利馬ピンクカメオがいて相性が良い。

ガイヤーズヴェルトは、先日「京都新聞杯」を圧勝したダービー馬候補キズナに「毎日杯」で2着に来た実績馬。

「NHKマイルC」と相性が良い前走は「毎日杯」。

過去10年で、

「毎日杯」組→10頭出走して、4勝2着1回→馬券圏内56,0%


「皐月賞」組→30頭出走して、2着3頭、3着2頭で未勝利(!)→馬券圏内16,7%


「NZT」組→67頭出走して、4勝2着3回3着3回→馬券圏内14,9%



「父クロフネ×母父サンデー系」のインパルスヒーローは当然狙い目。


ゴットフリートは「父ローエングリン×母父サンデー系」で、皐月賞馬ロゴタイプと同じ配合。


ダイワメジャー産駒コパノリチャードの馬主ドクターコパは、当日が誕生日ですが、
それでG1を勝てる程競馬界は甘くない。

替りにコパノリッキーが「兵庫チャンピオンシップJpn2」を勝ってますし。
(5・2ブログ参照)
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine/67797827.html



6戦5勝で重賞3勝のエーシントップは実績から当然の様に1番人気ですが、

「サンデーサイレンスの血」を1滴も持っていません。

しかも父テイルズオブキャットは「NHKマイルC」で【0・0・0・7】の「ストームバード系」。

「アーリントンC」→「NZT」と重賞2勝で4連勝中(5戦4勝)のシーキングザダイヤは、

母シーキングザパールが勝った「NHKマイルC」に04年出走(2番人気)しましたがキングカメハメハの7着と惨敗。

シーキングザダイヤは「ストームバード系」です!!!

かなりエーシントップとダブリます。

しかもエーシントップは、マイル1分33秒台の持ちタイムがない。





【消去法データ攻略】

■前走1400m以下→【0・0・3・40】

→インパルスヒーロー、ローガンサファイアは、3着まで。




■前走オープン特別→【0・0・4・30】

→ローガンサファイアは、3着まで。




■前走G2で4着以下→【0・0・4・40】

→ゴットフリート、マイネルホウオウ、フラムドグロワールは、3着まで。





■前走「皐月賞」組(「朝日杯」&「弥生賞」連対馬を除く)→【0・0・1・19】

→コパノリチャードは、3着まで。




※「朝日杯FS」の1着&2着馬が、皐月賞1着&3着馬→ゴットフリートはプラス評価。


※「父サンデー系×母父フレンチデピュティ」→マイネルホウオウはプラス評価。






◎6レッドアリオン
○10ガイヤーズヴェルト
▲8マイネルホウオウ
注7ゴットフリート
△9コパノリチャード
△12フラムドグロワール
△14ローガンサファイア
△17インパルスヒーロー




【馬連】BOX(6点)
6=7=8=10



【ワイド】BOX(6点)
6=7=8=10



【3連単】フォメ(48点)
6、7、8、10→6、7、8、10→9、12、14、17




【3連複】軸1頭流し(21点)
6→7、8、9、10、12、14、17





※ですが---------
過去10年で5勝馬の出走はなく、重賞3勝馬は05年のラインクラフトだけでNHKマイルCを勝ってるんです!!!!!

しかも競馬で5勝というのは実はかなりの多数勝利数で、ダービー&天皇賞馬エイシンフラッシュですら5勝馬(23戦)です。

フェノーメノは先週、天皇賞・春を勝ってやっと6勝目。

天皇賞・春2着のトーセンラーは3勝馬。

人気のジャスタウェイはわずか2勝馬です(!)

3歳で5勝しているエーシントップは血統の傾向を超えて「強い!」可能性はあるんですよねえ。

困った(+o+)( θ_Jθ)コマッタモンダ


ま、予想では切りますが。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年3月31日() 01:50
ダービー卿→爆穴ネオヴァンドーム、リアルインパクト、リルダ...
閲覧 307ビュー コメント 0 ナイス 0

【ダービー卿チャレンジT】G3中山マイル





中山芝→【5・4・1・5】で中山マイル→【2・0・0・1】の


ダイワファルコン不動の本命。




伯父がダイワメジャー(父サンデー)、叔母がダイワスカーレット(父アグネスタキオン)、祖母がスカー

レットブーケ(父ノーザンテースト)。





スカーレットブーケの全姉にスカーレットリボン、ヴァーミリアン(ダートG1・9勝)、サカラートの祖

母スカーレットローズがいる日本屈指の「華麗なるスカーレット一族」




ハンデ57,5キロも514キロと馬格のある馬であり、実際に「韓国馬事会杯」(中山マイル)を57,5

キロで勝っているので全く問題なし。




このレースはとにかく大波乱で、3連単が導入された過去8年で、


100万馬券が2回、40万馬券が2回、10万馬券が3回と穴党垂涎。








【前走】

まず何と言っても外せないのが、同じ中山マイルの「東風S」組


過去9年(1昨年は施行されなかった)で、5勝2着3回3着4回と好成績。


しかも着順は、4着、16着、3着、2着、5着、13着、11着、9着、2着、14着、3着、2着と着

順は不問。


06年は、1、2、3フィニッシュでした。


今回の東風S組は、ムクドク(1着)、ネオヴァンドーム(6着)


でも勝ち馬のムクドクは狙えません。


東風Sの勝ち馬は4頭出走して、全て4着以下なのです。


しかも東風S組で、馬券圏内に来た馬は斤量がマイナスか同斤量でした。


ムクドク→プラス1キロ、ネオヴァンドーム→同斤量


狙い目→ネオヴァンドーム










【年齢】

4歳馬→【4・4・1・34】


5歳馬→【4・4・3・22】


6歳馬→【1・0・1・33】


7歳上→【0・1・4・23】


→4歳馬と5歳馬は、1着、2着候補。


7歳以上は、3着なら狙えます。


1着、2着狙い目

→ダイワマッジョーレ、トウケイヘイロー、ホーカーテンペスト、リアルインパクト





3着候補狙い目

→スマイルジャック、ダノンヨーヨー、ムクドク、ファイアーフロート、オセアニアボス










【人気】

大波乱のレースだけあってやたら人気薄が来ます。


1番人気→【1・0・1・8】


2番人気→【0・1・1・8】


3番人気→【2・1・0・7】


4番人気→【1・1・0・8】


5番人気→【0・1・1・8】


6~10番人気→【5・6・3・36】




→13頭と半数近く馬券になっている6~10番人気が狙い目です。


狙い目

→ガルボorトウケイヘイロー、リアルインパクト、リルダヴァル、ムクドク、スマイルジャック








【実績】

オープン出走経験。


1400m~1800mの重賞で3着以内。


→トウケイヘイロー、ホーカーテンペスト脱落。













【結論】

特注馬→ネオヴァンドーム、オセアニアボス、スマイルジャック、リルダヴァル








◎10ダイワファルコン

○9リアルインパクト

▲5ダイワマッジョーレ

△16ネオヴァンドーム

△15リルダヴァル

△6スマイルジャック

△1ガルボ

△11オセアニアボス













【3連単】フォメ

1着=5、9、10

2着=5、9、10

3着=1、5、6、11、15、16









大阪杯と【WINー5】の予想は夜中に書きます!!!!!!!




先週はWIN-4でした…。



今週は【WIN-5】頑張ります!!!!!!!!!!!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

リルダヴァルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  しんくー   フォロワー:1人 2010年10月22日(金) 19:46:48
ここも確実に獲っときましょ!

リルダヴァルの写真

リルダヴァル

リルダヴァルの厩舎情報 VIP

2015年3月15日東風ステークス9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リルダヴァルの取材メモ VIP

2015年3月15日 東風ステークス 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。