会員登録はこちら
目黒記念 G2   日程:2018年5月27日() 17:05 東京/芝2500m

レース結果

目黒記念 G2

2018年5月27日() 東京/芝2500m/16頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:2分29秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 3

ウインテンダネス

牡5 54.0 内田博幸  杉山晴紀 502(0) 2.29.7 17.7 9
2 2 4

ノーブルマーズ

牡5 55.0 高倉稜  宮本博 490(+4) 2.29.8 3/4 28.8 10
3 4 8

パフォーマプロミス

牡6 56.0 M.デムー  藤原英昭 452(0) 2.29.8 アタマ 3.9 1
ラップタイム 7.3-11.4-11.5-12.7-12.4-12.0-12.0-12.1-12.0-11.8-11.4-11.3-11.8
前半 7.3-18.7-30.2-42.9-55.3
後半 58.3-46.3-34.5-23.1-11.8

■払戻金

単勝 3 1,770円 9番人気
複勝 3 500円 9番人気
4 520円 10番人気
8 170円 1番人気
枠連 2-2 17,770円 33番人気
馬連 3-4 19,220円 54番人気
ワイド 3-4 3,770円 44番人気
3-8 1,620円 16番人気
4-8 1,680円 18番人気
馬単 3-4 29,280円 94番人気
3連複 3-4-8 23,330円 82番人気
3連単 3-4-8 197,190円 644番人気

目黒記念のニュース&コラム

【目黒記念】9番人気テンダネス、重賞初V
 第132回目黒記念(27日、東京12R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝2500メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)内田博幸騎乗の9番人気ウインテンダネスが、好位から末脚を伸ばして重賞初制覇。タイム2分29秒7(良)。管理する杉山晴紀調教師(36)=栗東=も、開業3年目で重賞初勝利となった。2着は10番人気ノーブルマーズ。1番人気パフォーマプロミスは3着に敗退した。 ◆内田騎手(ウインテンダネス1着) 「前走でハナに行っているので腕がしびれるぐらいに引っ掛かった。よく頑張っているし、力もつけている」 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ2着) 「少し(ハミを)かんだので、最後の50メートルで体が伸び切って余力がなかった」 ◆藤原英師(パフォーマプロミス3着) 「休み明けのぶんかな。それでも力は示してくれたよ」=宝塚記念を視野に。 ◆川田騎手(ポポカテペトル4着) 「4コーナーではすごくいい雰囲気で直線では勝てると思いましたよ」 ◆蛯名騎手(チェスナットコート11着) 「こういう速い馬場が合わないのかな。伸びそうで伸びなかった」 ◆ルメール騎手(フェイムゲーム13着) 「伸びそうで伸びなかった。59キロだったしね」★27日東京12R「目黒記念」の着順&払戻金はこちらウインテンダネス 父カンパニー、母 モエレメルシー、母の父マジックマイルズ。栗毛の牡5歳。栗東・杉山晴紀厩舎所属。北海道新冠町・アサヒ牧場の生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績29戦6勝。獲得賞金1億4038万6000円。重賞初勝利。目黒記念は、杉山晴紀調教師は初勝利、内田博幸騎手は2013年ムスカテールに次いで2勝目。馬名は「冠名+優しさ、親切心」。
2018年5月28日(月) 05:02

 348

【目黒記念】伏兵ウインテンダネスが重賞初制覇!
 5月27日の東京12Rで行われた伝統のハンデ重賞、第132回目黒記念(4歳以上オープン、GII、芝2500メートル、16頭立て、1着賞金=5700万円)は、内田博幸騎手手騎乗の9番人気ウインテンダネス(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)がゴール前の接戦から抜け出し、重賞初制覇を果たした。タイムは2分29秒7(良)。3/4馬身差の2着はノーブルマーズ(10番人気)で、さらにアタマ差の3着にパフォーマプロミス(1番人気)が入った。 ハナを切ったのはヴォージュ。ウインテンダネスは中団の内で折り合い、直線に向くと一気に脚を伸ばして叩き合いを制した。2番人気チェスナットコートは11着。連覇を狙ったトップハンデ(59キロ)フェイムゲームは13着に終わった。 ウインテンダネスは、父カンパニー、母モエレメルシー、母の父マジックマイルズという血統。北海道新冠町・アサヒ牧場の生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は29戦6勝。重賞は初勝利。杉山晴紀調教師はJRA重賞初勝利。内田博幸騎手は2013年ムスカテールに次いで目黒記念2勝目。 ◆内田博幸騎手「前走でハナに行っているので腕がしびれるぐらいに引っ掛かった。よく頑張っているし、力もつけている」★【目黒記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年5月27日() 17:19

 573

【目黒記念】入線速報(東京競馬場)
東京12R・目黒記念(2回東京12日目 東京競馬場  芝・左2500m サラ系4歳以上オープン)は、1番手3番ウインテンダネス(単勝17.7倍/9番人気)、2番手4番ノーブルマーズ(単勝28.8倍/10番人気)、3番手8番パフォーマプロミス(単勝3.9倍/1番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連3-4(192.2倍) 馬単3-4(292.8倍) 3連複3-4-8(233.3倍) 3連単3-4-8(1971.9倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018052705021212 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2018年5月27日() 17:09

 452

【目黒記念】ズバリ調教診断!
目黒記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。 ①ホウオウドリーム この中間は栗東坂路で調整。1週前に馬なりでラスト1F12秒1の好ラップを計時。今週は併せ馬で遅れをとったが、もともと坂路ではズルい面を見せる馬だけに、大きな問題ではない。ここ一連のデキは維持できているとみていい。 ②ゼーヴィント 1週前に南Wで6Fから好時計をマーク。最終追い切りでは長めから3頭併せを行い、ラスト1Fを12秒台で駆け抜けた。頭を上げる仕草を見せるところは相変わらずだが、手心なく最後までシッカリと追われた点は好感が持てる。及第点の仕上がりと言えるのではないか。 ③ウインテンダネス 中2週後の中1週、しかも今春3回目の東上とあってか、最終追い切りは栗東坂路で軽めの調整。それはいいとしても、頭を上げる、フラフラする、といったところを見せるなど、肝心の動きはイマイチ。調教面の強調材料は少ないと言わざるを得ない。 ④ノーブルマーズ コンスタントに使われているが、坂路主体で順調に調教本数を消化。最終追い切りでは抜群の行きっぷりを見せたように元気一杯。時計面で目立つところはないものの、元来坂路では動かない馬なので情状酌量の余地はある。雰囲気は決して悪くない。 ⑤サウンズオブアース 帰厩後は熱心に乗り込まれ、栗東CWで行われた1週前追い切りでは及第点の時計をマーク。同じくCWの最終追い切りでも上々の伸び脚を披露した。いい頃のような推進力にあふれたフォームこそ見られなかったが、ストライドは伸びているので、力を出せる仕上がりとみていいだろう。 ⑥ヴォージュ 中1週ということもあり、最終追い切りは栗東坂路で上がり重点の調整。それなりの時計こそ出ているが、追われてモタつく点が目立つうえに、脚捌きもスムーズさを欠くなど、とにかく見栄えが悪い。大きな変わり身まではどうか。 ⑦ハッピーモーメント 丹念に乗り込まれてはいるものの、中間の時計、内容ともに目立つところはない。栗東CWで行われた最終追い切りもラスト1Fこそマズマズのラップを刻んでいるが、5Fの時計が遅く併走馬にも遅れをとる心許ない内容。良化途上の感は否めない。 ⑧パフォーマプロミス 2週前、1週前と栗東CWで長めから好ラップを計測。20日にも上がり重点だったとはいえ、栗東坂路でラスト1F12秒1を叩いてきた。CWで行われた今週の追い切りも、楽な手応えのまま、上々の伸び脚を披露。調教巧者なので、過度の評価はできないが、いい仕上がり具合ではないだろうか。 ⑨ブライトバローズ 1週前に南Wで好時計をマーク。同じく南Wで行われた最終追い切りでもタフなコンディションをものともせず、抜群の伸び脚を見せた。少し頭の高い走りではあるが、走破タイムを鑑みると大きな問題ではなさそう。動ける状態にあるとみたい。 ⑩チェスナットコート 栗東坂路で行われた最終追い切りではラスト1F12秒4のラップを記録しているが、時計の出やすい時間帯なので、特筆できるものではない。肝心の動きも併走馬にアオられる有り様で見栄えは最悪。とはいえ、2走前に似たような感じで結果を出しているので、平常運転とジャッジせざるを得ない。調教屋泣かせの1頭である。 ⑪ソールインパクト 1週前に南Wで5Fから併せ馬を行い、及第点の時計をマーク。同じく南Wで実施した最終追い切りでは5Fから僚馬と競いつつ、しっかりと脚を伸ばしてきた。目立つ時計は出ていないが、実戦タイプだけに併せ馬をキッチリ消化していれば問題はない。順調とみていいだろう。 ⑫トウシンモンステラ 栗東CWで行われた1週前追い切りは6Fから追われたが、走破時計は凡庸。同じくCWで実施した今週の追い切りも、全体時計こそ出してきたものの、上がりの時計は馬場状態を勘案すると平凡そのもの。1回叩かれたが、変わり身に乏しい印象を受ける。 ⑬コウキチョウサン 南Wで2週続けて併せ馬を実施したが、時計的に目立つものはない。最終追い切りの動きも、特筆できるようなところは見受けられなかった。とはいえ、とくに悪い点が表面化しているわけではなく、この馬なりに順調ととらえてもいいのではないか。 ⑭フェイムゲーム 最終追い切りは南Wで4Fから3頭併せを実施。1頭に先着した一方、追いかけてきた1頭と併入したため、見栄えは良くないがタイムと動きは悪くない。前回の最終追い切りも似たような感じだったので、現状の力は出せるデキとみる。 ⑮リッジマン とにかく、テンションが上がりやすい馬。ゆえに、間隔が詰まるにもかかわらず、追い切りを2週続けてキッチリと消化できている点は好感が持てる。最終追い切りの走破時計も悪くなく、気配は着実に上昇している。 ⑯ポポカテペトル 1週前に栗東CWで7Fから3頭併せを行い、マズマズの時計を計測。栗東坂路にコースを移して行われた最終追い切りでも及第点の時計を出してきた。併走馬には遅れをとったものの、珍しいことではないので過度に意識する必要はない。いい意味での好調キープとみる。 ウマニティ重賞攻略チーム
2018年5月27日() 11:20

 971

目黒記念のニュースをもっと見る >

【目黒記念】追って一言
 ◆ヴォージュ・寺崎助手 「動きはいつも通り。東京コース、距離延長はいい」 ◆コウキチョウサン・和田郎師 「手応えよくいい動き。パワーアップしているので楽しみ」 ◆サウンズオブアース・藤岡師 「体調を崩して復帰に時間がかかった。宝塚記念へ向けていいレースを期待」 ◆ゼーヴィント・太田助手 「以前のようなガツンと来る感じがない。ズブくなってきたかも」 ◆ソールインパクト・戸田師 「前走は落鉄して外傷。走っていないぶん、疲れもない」 ◆チェスナットコート・矢作師 「上積みはどうかも、維持はできている。左回りの広いコースは合う」 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「タフな馬で、前走はいい内容。今回も東京で期待したい」 ◆ハッピーモーメント・酒井助手 「使って上向いています。スムーズな立ち回りができれば」 ◆パフォーマプロミス・藤原英師 「単走でいい動き。休み明けでも順調にきている」 ◆フェイムゲーム・丸田騎手 「今までと変わりない動きで、機嫌よく走っていた。力は出せそう」 ◆ホウオウドリーム・矢作師 「動きはいつも通り。自分のレースに徹するだけ」 ◆ポポカテペトル・友道師 「調教で動くようになっている。実戦でも追ってからの伸びが良くなってきた」 ◆リッジマン・庄野師 「順調。使って良くなる馬だし、距離とハンデも魅力だね」★目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月24日(木) 05:03

 1,022

【目黒記念】サウンズオブアース「疲れは取れた」
 サウンズオブアース(栗・藤岡、牡7)は有馬記念7着以来、5カ月ぶりの復帰戦になる。「しっかりと休ませて疲れは取れました。リフレッシュしていますよ。東京の2500メートルという条件はいいと思います。力通りなら」と仲田助手。4年1カ月ぶりの勝利と重賞初Vを狙う。★目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月23日(水) 05:02

 725

【目黒記念】フェイムゲーム「帰厩後も順調」
 前走のダイヤモンドSで重賞6勝目を挙げたフェイムゲーム(美・宗像、セン8)は、59キロのハンデで連覇に挑む。「牧場でしっかりとやってきて、帰厩後も順調です。昨年と比べて状態面はいい意味で変わりないですが、今回は59キロを背負うので、そのあたりがどうかですね」と永楽助手。★目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月23日(水) 05:02

 507

【目黒記念】チェスナットコート、思っていた以上
 チェスナットコート(栗・矢作、牡4)は天皇賞・春で5着。地力強化を証明する走りだった。矢作調教師は「思っていた以上に早くに力をつけている。前走の疲れも取れて順調だし、東京の2500メートルはいい条件だから」と期待を寄せている。★目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月23日(水) 05:02

 789

目黒記念の直前追い切り情報をもっと見る >

目黒記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月27日 17:04更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv109 
170円 170円
Lv107 
170円 2,550円
Lv107 
1,770円 177,000円
Lv105 
19,220円 19,220円
Lv104 

23,330円
23,330円
69,990円

的中情報をもっと見る >

目黒記念過去10年の結果

2017年5月28日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2016年5月29日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2015年5月31日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

目黒記念のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2500m

春の天皇賞からの転戦馬は、2008年以降2勝、2着1回、3着1回と好相性だが、2009年2着ジャガーメイル(ハンデ57キロ)を除き好走馬は今走でのハンデが56キロ以下。57.5キロを背負った2013年1番人気アドマイヤラクティは10着に敗れている。別路線では2勝、2着2回、3着3回のメトロポリタンステークス組が狙い目。こちらは2014年3着のプロモントーリオ以外は関西馬が好走しており、近2走以内での勝利経験というフィルターをかけると精度も上昇する。年齢別では7歳以上のベテラン勢に妙味があり、2015年以降だけを見ても2勝、3着3回と好調だ。なお、舞台となる東京芝2500mは直線の急坂にゲートが置かれるため前半のペースが落ち着きやすい。同日開催のダービーとはわずか100mの距離差だが、流れが異なるために波乱が起こりやすくなっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

目黒記念の歴史と概要


2017年の優勝馬フェイムゲーム

日本の競馬における最古のハンデキャップ競走として知られる伝統の一戦。春と秋の年に2回行われていたグレード制導入以前はG1並みの扱いを受けており、1957年には2年後に日本調教馬として初めて海外の重賞を制すことになるハクチカラが、第44~45回の春秋連覇を達成している。ほか、シンザン、スピードシンボリ、マーチス、サクラショウリ、カツラノハイセイコ、アンバーシャダイなど、往年の名馬たちが勝ち馬欄に名を連ねる。第114回(2000年)は引退レースで悲願のG1タイトルを獲得する人気者のステイゴールドが勝利。第120~121回(2006~2007年)はポップロックが連覇。第131回(2017年)は東京長距離重賞の申し子フェイムゲームが、7歳にして58キロを背負いながらも貫禄勝ちを収めている。

歴史と概要をもっと見る >

目黒記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る