今週の重賞レース

2020年5月30日( 葵ステークス G
2020年5月31日( 目黒記念 G2 東京優駿 G1
目黒記念 G2   日程:2020年5月31日()  東京/芝2500m

【目黒記念2020予想】伝統のハンデ重賞にステイフーリッシュやタイセイトレイルなど25頭がエントリー

ダービーデーの東京最終レースは、第134回を迎える伝統のハンデG2・目黒記念。たたでさえ人気薄の激走が目立つ一戦に、フルゲートを大きく上回る25頭がエントリー。今年も波乱の気配が漂い始めているような気がしてならない。

ステイフーリッシュはG1こそ今ひとつの成績だが、G2・G3では【1.4.4.4】という安定したパフォーマンス。相手関係が楽になる今回、持ち前のしぶとさが生きる展開になれば、久々の重賞タイトル獲得も現実味を帯びてくる。

タイセイトレイルは勝ち味に遅い反面、長丁場では堅実に差を詰めてくる。自在の立ち回りでバテることなく脚を使えるのは大きな強み。アルゼンチン共和国杯2着の好走歴を持つ東京芝2500mであれば、待望の重賞初制覇も視野に入ってくる。

オセアグレイトの前走はゴール前の伸びこそ目立っていたが、届かずの5着止まり。立ち回りの差が結果に反映された印象を持つ。2走前のダイヤモンドSでは追い込み勢が1、2着を占めるなか、正攻法の競馬で3着を確保。ハンデG2ならば力は足りる。反撃あってもおかしくはない。

メトロポリタンSを制したウラヌスチャームや、目下3連勝中で勢いならメンバー屈指のキングオブコージも侮れない存在。立て直されたボスジラ、重賞2勝のニシノデイジーも首位争いに加わる能力はあるはずだ。

ほか、ダイヤモンドSの勝ち馬ミライヘノツバサ、復調気配にある前年の目黒記念2着馬アイスバブル、重賞実績豊富なノーブルマーズ、昨年のアルゼンチン共和国杯3着のアフリカンゴールドなど、捲土重来を期す馬たちにも注意を払いたい。

U指数)をご覧いただくには、ウマニティ会員登録無料)が必要です。
<
>


予想
U指数
My
予想印
馬名
性齢・調教師
騎手
負担重量
予想
オッズ
 
前走
 
2走前
 
3走前
 
4走前
 
5走前
 
6走前
 
7走前
 
8走前

アイスバブル

牡5

 池江泰寿

D.レーン

55.0

20/05/09

6

メトロポリタ  

東京/芝2400m

20/03/28

5

日経賞 G2

中山/芝2500m

20/01/06

6

万葉S OP

京都/芝3000m

19/12/07

9

中日新聞杯 G3

中京/芝2000m

19/11/03

11

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/08/04

7

小倉記念 G3

小倉/芝2000m

19/05/26

2

目黒記念 G2

東京/芝2500m

19/01/27

1

早春S 1600

東京/芝2400m

アフリカンゴールド

セ5

 西園正都

福永祐一

55.0

20/05/09

10

メトロポリタ  

東京/芝2400m

20/01/19

11

日経新春杯 G2

京都/芝2400m

19/11/03

3

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/10/06

1

六社S 3勝

東京/芝2400m

19/07/13

4

マレーシア 3勝

中京/芝2000m

19/04/29

2

烏丸S 1600

京都/芝2400m

19/03/31

4

御堂筋S 1600

阪神/芝2400m

19/01/13

15

日経新春杯 G2

京都/芝2400m

ウラヌスチャーム

牝5

 斎藤誠

松山弘平

54.0

20/05/09

1

メトロポリタ  

東京/芝2400m

20/03/14

8

中山牝馬S G3

中山/芝1800m

20/01/26

7

AJCC G2

中山/芝2200m

19/11/10

11

エリザベス G1

京都/芝2200m

19/10/06

7

京都大賞典 G2

京都/芝2400m

19/07/28

4

クイーンS G3

札幌/芝1800m

19/03/09

2

中山牝馬S G3

中山/芝1800m

19/01/26

4

愛知杯 G3

中京/芝2000m

オセアグレイト

牡4

 菊川正達

C.ルメー

55.0

20/05/09

5

メトロポリタ  

東京/芝2400m

20/02/22

3

ダイヤモン G3

東京/芝3400m

20/01/11

1

迎春S 3勝

中山/芝2200m

19/09/16

14

セントライ G2

中山/芝2200m

19/07/13

1

信夫山特別 2勝

福島/芝2600m

19/06/15

1

稲城特別 1勝

東京/芝2400m

19/05/19

1

未勝利  

東京/芝2400m

19/04/21

2

未勝利  

東京/芝2400m

キングオブコージ

牡4

 安田翔伍

横山典弘

54.0

20/04/04

1

湾岸S 3勝

中山/芝2200m

20/03/07

1

潮来特別 2勝

中山/芝2500m

20/01/06

1

1勝クラス  

京都/芝2000m

19/10/21

6

1勝クラス  

東京/芝1600m

19/09/07

2

1勝クラス  

阪神/芝1600m

19/04/06

8

500万下  

阪神/芝1600m

19/03/23

9

毎日杯 G3

阪神/芝1800m

19/03/03

1

未勝利  

阪神/芝1600m

ゴールドギア

牡5

 伊藤圭三

三浦皇成

53.0

20/05/10

1

緑風S 3勝

東京/芝2400m

20/04/04

5

湾岸S 3勝

中山/芝2200m

20/02/29

3

サンシャイ 3勝

中山/芝2500m

20/01/11

6

迎春S 3勝

中山/芝2200m

19/11/10

取消

修学院S 3勝

京都/芝1800m

19/09/14

5

レインボー 3勝

中山/芝2000m

19/07/27

7

TVh賞 3勝

札幌/芝1800m

19/07/14

11

函館記念 G3

函館/芝2000m

サトノクロニクル

牡6

 池江泰寿

武藤雅

56.0

20/05/09

7

メトロポリタ  

東京/芝2400m

20/03/28

10

日経賞 G2

中山/芝2500m

20/01/26

5

AJCC G2

中山/芝2200m

18/08/05

2

小倉記念 G3

小倉/芝2000m

18/04/29

12

天皇賞(春 G1

京都/芝3200m

18/03/18

2

阪神大賞典 G2

阪神/芝3000m

17/12/24

9

有馬記念 G1

中山/芝2500m

17/12/02

1

チャレンジ G3

阪神/芝2000m

ステイフーリッシュ

牡5

 矢作芳人

坂井瑠星

57.5

20/04/05

9

大阪杯 G1

阪神/芝2000m

20/02/16

3

京都記念 G2

京都/芝2200m

20/01/26

2

AJCC G2

中山/芝2200m

19/11/30

10

チャレンジ G3

阪神/芝2000m

19/11/10

2

福島記念 G3

福島/芝2000m

19/08/18

9

札幌記念 G2

札幌/芝2000m

19/07/14

3

函館記念 G3

函館/芝2000m

19/06/01

3

鳴尾記念 G3

阪神/芝2000m

タイセイトレイル

牡5

 矢作芳人

M.デムー

55.0

20/05/09

3

メトロポリタ  

東京/芝2400m

20/03/22

6

阪神大賞典 G2

阪神/芝3000m

20/02/22

5

ダイヤモン G3

東京/芝3400m

20/01/19

4

日経新春杯 G2

京都/芝2400m

19/11/24

15

ジャパンC G1

東京/芝2400m

19/11/03

2

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/09/01

3

丹頂S OP

札幌/芝2600m

19/08/03

3

札幌日経OP  

札幌/芝2600m

ニシノデイジー

牡4

 高木登

田辺裕信

56.0

20/03/15

6

金鯱賞 G2

中京/芝2000m

20/01/26

6

AJCC G2

中山/芝2200m

19/10/20

9

菊花賞 G1

京都/芝3000m

19/09/16

5

セントライ G2

中山/芝2200m

19/05/26

5

東京優駿 G1

東京/芝2400m

19/04/14

17

皐月賞 G1

中山/芝2000m

19/03/03

4

報知杯弥生 G2

中山/芝2000m

18/12/28

3

ホープフル G1

中山/芝2000m

ノーブルマーズ

牡7

 宮本博

高倉稜

56.0

20/02/16

4

京都記念 G2

京都/芝2200m

20/01/05

4

日刊中山金 G3

中山/芝2000m

19/11/30

8

チャレンジ G3

阪神/芝2000m

19/11/03

8

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/10/06

4

京都大賞典 G2

京都/芝2400m

19/08/04

3

小倉記念 G3

小倉/芝2000m

19/06/23

6

宝塚記念 G1

阪神/芝2200m

19/06/01

5

鳴尾記念 G3

阪神/芝2000m

バラックパリンカ

牡4

 平田修

和田竜二

54.0

20/04/19

1

御堂筋S 3勝

阪神/芝2400m

20/03/20

3

尼崎S 3勝

阪神/芝2200m

20/02/15

5

松籟S 3勝

京都/芝2400m

19/12/21

1

江坂特別 2勝

阪神/芝2400m

19/10/14

2

鳴滝特別 2勝

京都/芝2200m

19/09/16

1

甲武特別 1勝

阪神/芝2400m

19/08/18

2

出雲崎特別 1勝

新潟/芝2000m

19/04/27

8

青葉賞 G2

東京/芝2400m

パリンジェネシス

セ6

 清水久詞

石橋脩

54.0

20/01/06

10

万葉S OP

京都/芝3000m

19/12/07

16

中日新聞杯 G3

中京/芝2000m

19/11/03

7

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/10/06

10

京都大賞典 G2

京都/芝2400m

19/05/26

10

目黒記念 G2

東京/芝2500m

19/03/09

1

サンシャイ 1600

中山/芝2500m

18/12/22

1

江坂特別 1000

阪神/芝2400m

18/11/10

6

1000万下  

京都/芝2200m

ボスジラ

牡4

 国枝栄

武豊

54.0

20/03/22

8

阪神大賞典 G2

阪神/芝3000m

20/02/02

1

早春S 3勝

東京/芝2400m

19/12/22

1

グッドラッ 2勝

中山/芝2500m

19/08/04

1

1勝クラス  

札幌/芝2600m

19/02/23

5

水仙賞 500

中山/芝2200m

18/12/01

8

葉牡丹賞 500

中山/芝2000m

18/11/04

2

百日草特別 500

東京/芝2000m

18/09/23

2

芙蓉S OP

中山/芝2000m

ポポカテペトル

牡6

 友道康夫

北村友一

55.0

20/02/22

11

ダイヤモン G3

東京/芝3400m

19/11/03

6

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/07/14

10

函館記念 G3

函館/芝2000m

19/05/26

12

目黒記念 G2

東京/芝2500m

18/08/18

1

日本海S 1600

新潟/芝2200m

18/05/27

4

目黒記念 G2

東京/芝2500m

18/04/28

1

烏丸S 1600

京都/芝2400m

18/02/24

2

尼崎S 1600

阪神/芝2200m

ミュゼエイリアン

セ8

 黒岩陽一

横山和生

54.0

20/04/19

6

福島民報杯  

福島/芝2000m

20/03/15

15

東風S  

中山/芝1600m

20/01/18

16

ニューイヤー  

中山/芝1600m

19/10/06

7

信越S  

新潟/芝1400m

19/07/21

13

福島TVO OP

福島/芝1800m

19/05/05

9

谷川岳S  

新潟/芝1600m

19/03/10

4

東風S OP

中山/芝1600m

19/01/13

3

ニューイヤ OP

中山/芝1600m

ミライヘノツバサ

牡7

 伊藤大士

木幡巧也

56.0

20/05/03

12

天皇賞(春 G1

京都/芝3200m

20/02/22

1

ダイヤモン G3

東京/芝3400m

20/02/01

8

白富士S  

東京/芝2000m

19/09/15

11

ラジオ日本 OP

中山/ダ1800m

19/09/01

12

丹頂S OP

札幌/芝2600m

19/07/21

3

福島TVO OP

福島/芝1800m

19/05/11

10

都大路S  

京都/芝1800m

19/04/14

6

福島民報杯  

福島/芝2000m

メートルダール

牡7

 戸田博文

浜中俊

56.0

20/05/10

7

新潟大賞典 G3

新潟/芝2000m

19/11/10

8

福島記念 G3

福島/芝2000m

19/10/06

8

京都大賞典 G2

京都/芝2400m

19/07/14

7

函館記念 G3

函館/芝2000m

19/04/29

9

新潟大賞典 G3

新潟/芝2000m

19/03/10

13

金鯱賞 G2

中京/芝2000m

19/01/20

3

AJCC G2

中山/芝2200m

18/12/08

5

中日新聞杯 G3

中京/芝2000m

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:282,728人(05月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【目黒記念2020予想】減点ナシは3頭!トップ評価はウラヌスチャーム!

【馬齢】

出走資格が3歳以上から4歳以上となった、2012年以降の3着以内延べ24頭の馬齢をみると、4歳から8歳まで幅広い。ただし、8歳の最高着順は3着まで。4歳の2着連対圏入りは前走1着馬に限られる。押さえておきたいポイントのひとつといえよう。

【斤量】

2012年以降の3着以内延べ24頭の斤量を確認すると、54~58キロの範囲で収まっている。該当する馬を主体に組み立てるべきだろう。

【前走着順】

前走が重賞だった馬の着順については不問だが、オープン特別の場合は6着、条件クラスならば1着が最低ライン。2012年以降の3着以内全馬がこの条件を満たしていた。ちなみに、条件クラス経由の好走は東京芝コース出走馬に限定される。その点には注意を払いたい。

【前走人気】

2012年以降の3着以内延べ24頭のうち21頭が前走1ケタ人気。例外の3頭はいずれも前走でG1に出走していた。前走G2以下で2ケタ人気だった馬が上位争いに加わるのは難しい。

【近走成績】

2012年以降、近4走ともG1以外の芝2000m以上戦に出走し、いずれも敗れていた馬の連対例はみられない。また、近3走内に条件戦敗退が2回以上あった馬の連対もゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、ウラヌスチャームステイフーリッシュミライヘノツバサの3頭。最上位にはウラヌスチャームを推す。2012年以降、前走で芝2400mのオープンクラスに出走し、1着またはタイム差0秒2以内の馬に絞ると、3勝を含む6連対の好成績を残している。引き続き警戒が必要だろう。

以下、セカンドクラスの重賞では堅実に走る、ステイフーリッシュも軽くは扱えない存在。東京芝コースで重賞勝利経験のある、ミライヘノツバサの変わり身にも注意したい。

<注目馬>
ウラヌスチャームステイフーリッシュミライヘノツバサ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【目黒記念2020予想】毎年1頭は馬券に絡む「指数97.0超かつ5位以内の馬」を中心視したい

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。
ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。

指数5位以内が中核

低指数馬の激走が多いレースではあるが、上位勢が全滅ということはない。2014年以降、指数97.0超かつ5位以内の馬が最低1頭は馬券に絡んでいる。

指数下位同士のワンツー決着は期待薄

指数96.0未満同士のワンツー決着は皆無。高配当を狙うにしても、低指数馬同士を組み合わせた2連勝馬券は控えたほうがベター。

勢いを欠く低指数馬は出番なし

指数94.0未満で3着以内に入った馬は、2018年1着のウインテンダネス1頭のみ。同馬は前走1600万下(現3勝クラス)1着馬。勢いを欠く低指数馬の好走は難しい。

※データは2014年以降の傾向

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【目黒記念2020予想】スタミナ勝負になりやすく、持続力に富むステイヤーが躍進

東京芝2500mはタフな展開になりやすく、総じてスタミナ色に富む血統を評価しやすい。過去10年、キングカメハメハ産駒として勝利した2016年クリプトグラム(2代母の父アンバーシヤダイ)と2015年ヒットザターゲット(母の父タマモクロス)の2頭は、どちらも天皇賞(春)を制した馬の血を母系に抱えており、ほかにもステイヤー気質なステイゴールドとマヤノトップガンが種牡馬として別馬で2勝を挙げる活躍をみせている。

オセアグレイトは、父オルフェーヴル×母ブルーダヌーブ(母の父Bahri)。いとこにディーマジェスティやタワーオブロンドンがいるシンコウエルメス牝系で、近親にジェネラスなどがいる血統。父はステイゴールドの直仔である点で評価しやすく、牝系の活力を考えても重賞の一つは取れるだけのポテンシャルを秘めている。前走はスローペースでスムーズな競馬ができなかったことを思えば情状酌量の余地はあるだろう。

ウラヌスチャームは、父ルーラーシップ×母アメジストリング(母の父フジキセキ)。3代母Optimistic GalはアメリカのダートG1で6勝・2着5回・3着1回の実績馬。全5勝のうち4勝を牡馬混合戦で挙げているように、牝馬限定戦特有の切れ味勝負では分が悪いタイプ。前走は意表を突く逃げでアッと言わせたが、末脚の持続力には長けているだけに差しに回っても問題ない。

バラックパリンカは、父ノヴェリスト×母アプリコットフィズ(母の父ジャングルポケット)。父は2013年キングジョージ六世&クイーンエリザベスS-英G1をレコードで圧勝するなど、G1を4勝したドイツ調教馬。2代母マンハッタンフィズはマンハッタンカフェの全妹にあたる血統で、こちらもドイツを代表する名牝系の出身。もともと左回りを渇望していただけに、晩成型のステイヤー血脈が本格化したのであれば勝ち負けも見込めるはず。

キングオブコージは、父ロードカナロア×母ファイノメナ(母の父Galileo)。いとこに2019年バーデン大賞典-独G1を14馬身差で圧勝したGhaiyyathがいる血統で、母は2006年愛1000ギニー-愛G1を制したNightimeの全妹。母系の血統背景を踏まえれば距離を延ばして良さが出たことにも頷ける部分があり、4連勝で重賞制覇となっても何ら不思議ない魅力の持ち主だ。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【目黒記念2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年5月26日() 東京/芝2500m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 ルックトゥワイス D.レーン 2:28.2 7.3 3 34.3 103.0
2 5 アイスバブル B.アヴドゥラ 2:28.4 1 1/4 12.8 5 34.7 102.0
3 3 ソールインパクト 福永祐一 2:28.6 1 1/4 26.2 9 35.3 101.1
4 7 ゴーフォザサミット 石橋脩 2:28.7 3/4 13.0 6 35.6 100.6
5 4 ムイトオブリガード 武豊 2:28.8 1/2 4.9 2 35.0 100.1
2018年5月27日() 東京/芝2500m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 ウインテンダネス 内田博幸 2:29.7 17.7 9 34.1 102.8
2 4 ノーブルマーズ 高倉稜 2:29.8 3/4 28.8 10 34.4 102.3
3 8 パフォーマプロミス M.デムーロ 2:29.8 アタマ 3.9 1 34.2 102.3
4 16 ポポカテペトル 川田将雅 2:29.9 クビ 10.7 6 34.5 101.9
5 11 ソールインパクト 福永祐一 2:30.0 1/2 14.7 8 34.2 101.4
2017年5月28日() 東京/芝2500m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 フェイムゲーム C.ルメール 2:30.9 19.1 8 33.9 100.7
2 2 ヴォルシェーブ 戸崎圭太 2:31.0 1/2 2.7 1 34.3 100.2
3 9 ハッピーモーメント 川田将雅 2:31.3 45.4 13 35.2 98.8
4 18 クリプトグラム 福永祐一 2:31.5 13.4 6 35.0 97.9
5 17 レコンダイト 松山弘平 2:31.5 クビ 103.7 17 35.0 97.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【目黒記念2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬フェイムゲーム

日本の競馬における最古のハンデキャップ競走として知られる伝統の一戦。春と秋の年に2回行われていたグレード制導入以前はG1並みの扱いを受けており、1957年には2年後に日本調教馬として初めて海外の重賞を制すことになるハクチカラが、第44~45回の春秋連覇を達成している。ほか、シンザン、スピードシンボリ、マーチス、サクラショウリ、カツラノハイセイコ、アンバーシャダイなど、往年の名馬たちが勝ち馬欄に名を連ねる。第114回(2000年)は引退レースで悲願のG1タイトルを獲得する人気者のステイゴールドが勝利。第120~121回(2006~2007年)はポップロックが連覇。第131回(2017年)は東京長距離重賞の申し子フェイムゲームが、7歳にして58キロを背負いながらも貫禄勝ちを収めている。

歴史と概要をもっと見る

目黒記念特集 バックナンバー