ラストドラフト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ラストドラフト
ラストドラフト
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2016年3月11日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金4,542万円
収得賞金2,300万円
英字表記Last Draft
血統 ノヴェリスト
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Night Lagoon
マルセリーナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
マルバイユ
兄弟
前走 2019/01/14 京成杯 G3
次走予定

ラストドラフトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/14 中山 11 京成杯 G3 芝2000 12675.141** 牡3 56.0 C.ルメー戸田博文456(+2)2.01.2 -0.235.3ランフォザローゼス
18/11/25 東京 4 2歳新馬 芝1800 11222.511** 牡2 55.0 C.ルメー戸田博文454(--)1.49.6 -0.033.1⑤⑤⑤ヒシイグアス

ラストドラフトの関連ニュース

 14日の京成杯ラストドラフトが勝ち、種牡馬のノヴェリストにとって産駒の重賞初制覇となった。同馬の現役中、管理するアンドレアス・ヴェーラー調教師を取材したことがある。

 ドイツ西部で開業しているヴェーラー師は、ジャングルポケットが勝った2001年ジャパンCに、後にドバイデューティフリー(現ドバイターフ)を制すパオリニを出走(13着)させた経験もある。ノヴェリストの引退の際にはこう話していた。

 「彼は負けず嫌いのビッグファイターで、競走馬にとって一番大切なマインドを備えていた。父はモンズンという血統馬で種牡馬としての可能性にも期待したいし、日本で生まれる産駒たちを楽しみにしたい」

 2歳時の11年から13年にかけて11戦し、GI4勝を含む9勝。13年の英GIキングジョージ6世&クイーンエリザベスSでは、10年ハービンジャーのコース&レースレコードを2秒18も更新する2分24秒60をマークし、5馬身差で圧勝した。

 この年はサンクルー大賞、“キングジョージ”、バーデン大賞と3連勝し、凱旋門賞でも有力候補になったが、発熱で回避。そのまま引退して翌年から社台スタリオンステーションで種牡馬生活に入った。

 欧州中長距離最高峰のレース、“キングジョージ”をレコードで圧勝したのは、ブラストワンピースなど近年産駒の活躍が目立つハービンジャーと同じ。異系の血がつながれてきたドイツ血統はサンデーサイレンス系との相性も良く、産駒のさらなる活躍を期待したい。 (在仏競馬記者)

【AJCC】レース展望 2019年1月15日(火) 17:29

 中山開催は最終週を迎え、日曜メインに古馬中距離のトップクラスが始動するアメリカジョッキークラブカップ(20日、GII、芝2200メートル)が行われる。

 最も注目されるのは、昨秋の菊花賞フィエールマン(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)だ。昨年1月のデビューからキャリアはわずか4戦。疲労が残りやすい体質で、実戦を使い込まれてはいないが、その足跡は強烈なものがある。

 新馬(東京芝1800メートル)、山藤賞(500万下、中山芝1800メートル)を連勝後、初の重賞挑戦となったラジオNIKKEI賞では、福島の短い直線で猛然と追い込んだものの、メイショウテッコンに半馬身届かず2着。初の敗戦を喫したが、続く菊花賞で本領を発揮した。

 トライアルを使わず、3カ月半の休み明けという異例のローテでGIの舞台に立ち、初コンビのクリストフ・ルメール騎手を背に好位でピタリと折り合いをつけると、直線は父ディープインパクト譲りの瞬発力を発揮。メンバー最速のラスト3ハロン33秒9の切れ味でエタリオウをハナ差退けて、デビュー4戦目で世代の頂点に立った。

 その後は短期放牧で疲れを癒やし、昨年暮れに帰厩。年明けに微熱を出すアクシデントがあったが、それもすぐに回復し、9日には美浦Wコース5ハロン67秒8の好時計をマークした。絶好調と思わせた菊花賞前の迫力はまだ及ばないものの、休み明けでも存分に能力を発揮できるのは、これまでのレースで証明している。ドバイシーマクラシック(3月30日、UAEメイダン、GI、芝2410メートル)も視野に入る4歳初戦。引き続きクリストフ・ルメール騎手を背に貫禄の走りを見せてくれそうだ。

 今年、早くも重賞を2勝(京都金杯=パクスアメリカーナ日経新春杯グローリーヴェイズ)と、文句なしの強さを発揮している明け4歳世代からはもう一頭、ジェネラーレウーノ(美浦・矢野英一厩舎、牡)も参戦する。

 果敢にハナを奪った菊花賞では直線で後続に捕まり、9着と馬群に沈んだが、昨秋には今回と同じ芝2200メートルのセントライト記念を快勝。中山芝は【3・0・1・0】と抜群の相性の良さを誇っている。いい状態が続く今の中山の芝ではその先行力は強力な武器になり、すっかり手の内に入れている田辺裕信騎手が手綱を取るのも頼もしい。冬場で馬体はやや太めながら、年明けからハードに追われており調整も意欲的だ。

 ダンビュライト(栗東・音無秀考厩舎、牡5歳)は1982、83年のアンバーシャダイ、2009、10年のネヴァブションに次ぐ3頭目の連覇を目指す。昨秋の天皇賞では馬場入りでパニックに陥り放馬し、競走除外の屈辱を味わったが、前走のチャレンジCでは出遅れながら直線、じわじわと0秒7差4着まで追い上げてきた。気性的な難しさは解消されていないものの、【1・0・3・0】と崩れていない中山で走れるのは好材料だろう。

 明けて8歳となったサクラアンプルール(美浦・金成貴史厩舎、牡)だが、昨年暮れの有馬記念では大外16番枠という不利な状況から直線しぶとく差を詰め、0秒7差7着に入った。中距離の一戦級相手にもまれてきたキャリアには一日の長があり、中山芝も【3・1・2・3】と得意。古豪が健在ぶりをアピールする場面があっていい。

 同じく8歳のショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡)は中日新聞杯でハナ差2着と健闘。末脚勝負のスタイルだけに展開に左右されるが、はまれば上位を脅かす切れ味を秘めている。

 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)はその中日新聞杯で5着に終わったが、今回は叩き2戦目で体調面の上積みが見込める。脚の使いどころが難しいタイプだけに、新パートナーとなるオイシン・マーフィー騎手の手綱さばきが注目される。戸田厩舎にとっては京成杯ラストドラフト)に続く重賞Vがかかる一戦だ。

 中山で一昨年にGII日経賞を勝っているシャケトラ(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)だが、今回は同年の有馬記念(6着)以来13カ月ぶりの出走となる。昨年5月の新潟大賞典(2着)以来となるステイインシアトル(栗東・池江泰寿厩舎、牡8)ともども、長期休養明けで仕上がり、レース勘が鍵になりそうだ。



AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】史上初!ラストドラフト、デビュー2戦目V 2019年1月15日(火) 05:10

 第59回京成杯(14日、中山11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円 =出走12頭)クリストフ・ルメール騎乗で4番人気のラストドラフトが、4コーナー先頭の積極策で後続を振り切り、レース史上初となるデビュー2戦目でのV。父ノヴェリストも産駒2世代目で初の重賞タイトルを手にした。タイム2分1秒2(良)。この後はクラシック路線に進む。1馬身1/4差の2着が2番人気のランフォザローゼスで、1番人気のシークレットランは4着に終わった。

 1戦1勝馬に立ちはだかる大きな壁を、堂々たる走りで打ち破った。ラストドラフトが4コーナー先頭の横綱相撲で1馬身1/4差の完勝。6日のシンザン記念に続くキャリア1戦でのVで、レース史上初の快挙だ。

 「新馬戦のときも能力を発揮してくれたが、今回もすごくいい脚を使った。強かった」

 2019年の重賞初Vを飾ったルメールが、2戦2勝とした相棒を褒めたたえる。道中はスタートが良すぎて、ハナに行きそうな勢い。2番手に控えてきっちり折り合い、3コーナーで外から馬がきても、人馬とも冷静に対処して押し切った。キャリアの浅さを感じさせない抜群のレース運びだった。

 「想定より前での競馬だったが、スピードが違ったね。自在性があるのが分かったのは収穫。レース後も思ったよりケロッとしていたし、まだおつりがありそう」

 戸田調教師は満面の笑みで愛馬を迎えた。母で桜花賞馬のマルセリーナを管理した松田博資元調教師とは、家族ぐるみの付き合いがある親しい間柄。ゴール後すぐに松田元調教師から電話があり、戸田師は「松田先生との縁があって、ウチに来たのかもしれない。応援していただいて感謝しています」と礼を尽くす。思い入れの深い1頭だけに、喜びはひとしおだ。

 生産した社台ファームの吉田照哉代表にとってもうれしい1勝だ。英GI“キングジョージ”をレコード勝ちした父ノヴェリストは、2世代目の産駒で重賞初勝利となった。「ノヴェリストはハービンジャーのレコードを破ったし、母も相当いい。どちらのいい面も出ている素晴らしい馬。前に行けるから皐月賞は合うだろうし、これだけの馬だからダービーも」と大きな期待を寄せる。

 ローテーションは未定だが、クラシックの王道を進む。ルメールはホープフルSを勝ったサートゥルナーリアに騎乗するため鞍上が流動的だが、もうすぐ来る春に向けて期待は高まるばかり。ラストドラフトが多くの夢と思いを背に、大舞台を駆け抜ける。(板津雄志)

ラストドラフト 父ノヴェリスト、母マルセリーナ、母の父ディープインパクト。黒鹿毛の牡3歳。美浦・戸田博文厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績2戦2勝。獲得賞金4542万7000円。重賞初勝利。京成杯は戸田博文調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名は「小説の最終草稿、完成版」。



★14日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京成杯】良血ランフォザローゼス完璧な競馬も2着 マーフィー「重賞すぐに勝てる」 2019年1月14日(月) 19:20

 1月14日の中山11Rで行われた第59回京成杯(3歳オープン、GIII、芝2000メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の4番人気ラストドラフト(牡、美浦・戸田博文厩舎)が2番手追走から直線抜け出して快勝。新馬-重賞勝ちでクラシック戦線に名乗りを上げた。タイムは2分01秒2(良)。

 祖母に女傑エアグルーヴを持つ良血馬ランフォザローゼスは、好位追走から絶好の手応えで勝ち馬と馬体をそろえるように直線に入るも突き離され2着に敗れた。

 O.マーフィー騎手「完璧な競馬はできましたが、勝ち馬が強かったですね。これからどんどん成長するでしょうし、重賞もすぐに勝てるくらいの能力があると思います」



★【京成杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京成杯】ヒンドゥタイムズ3着に奮闘 中谷「もうひとつギアが上がれば」 2019年1月14日(月) 19:19

 1月14日の中山11Rで行われた第59回京成杯(3歳オープン、GIII、芝2000メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の4番人気ラストドラフト(牡、美浦・戸田博文厩舎)が2番手追走から直線抜け出して快勝。新馬-重賞勝ちでクラシック戦線に名乗りを上げた。タイムは2分01秒2(良)。

 12月の阪神新馬戦からの重賞挑戦となった中谷騎手騎乗ヒンドゥタイムズは、好位追走から直線では馬場の内めから脚を伸ばし3着に奮闘した。

 中谷雄太騎手「スタートして1歩目から出ていくタイプではないのであの位置に。最後も頑張ってくれています。もうひとつギアが上がるようになれば、さらにいいですね」



★【京成杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京成杯】前走2歳レコードのシークレットラン4着 内田博「体締まってくれば」 2019年1月14日(月) 19:19

 1月14日の中山11Rで行われた第59回京成杯(3歳オープン、GIII、芝2000メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の4番人気ラストドラフト(牡、美浦・戸田博文厩舎)が2番手追走から直線抜け出して快勝。新馬-重賞勝ちでクラシック戦線に名乗りを上げた。タイムは2分01秒2(良)。

 前走の葉牡丹賞を2歳日本レコードで快勝したシークレットランは、中団待機から直線では馬場の真ん中から脚を伸ばすも先頭集団には及ばず4着に敗れた。

 内田博幸騎手「後方から一気に差す競馬では難しいと思ったので、ある程度のポジションからリズム良く走れました。ただ、途中からちょっときつい競馬に。体が締まってくればいいですね」



★【京成杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラストドラフトの関連コラム

閲覧 345ビュー コメント 0 ナイス 3



先週は、12(土)に中山競馬場でG3フェアリーS、13(日)に京都競馬場でG2日経新春杯、14(祝月)に中山競馬場でG3京成杯が行われました。それでは、レース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3フェアリーSは、ばらついたスタートとなるなか内の各馬が比較的好発を決めて主導権争い。その中から半馬身ほど抜け出したサンタンデールのペースでレースは展開していきます。終始、2番手プリミエラムール、3番手グレイスアンの態勢で3~4コーナーに突入していくと、1番人気アクアミラビリスはその直後の4番手で4コーナーを通過。各馬横に広がっての直線勝負へと持ち込まれます。依然先頭で粘るサンタンデールに対し、1番人気アクアミラビリスをはじめとした後続勢の伸びはジリジリ。大きな入れ替わりのないまま残り1ハロンを過ぎると、ここでようやくグレイスアンが先頭へ。一方、その直後のアクアミラビリスは終始グレイスアンを追う位置取りで、外から迫る差し勢にも迫られて苦しい展開に。坂を駆け上がったところで、外を伸びたホウオウカトリーヌフィリアプーラエフティイーリスらが内の各馬を飲み込む勢いで伸びると、最後はこの争いをフィリアプーラが制して優勝。連勝で混戦を制して重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロジョアプロ田口啄麻プロら、計9名が的中しています。
 
G2日経新春杯は、アイトーンが逃げて前半1000mを58秒3(推定)で通過。良馬場とはいえ今のタフな馬場状態でのこの流れを、出遅れて後方からとなったメイショウテッコンが3コーナー手前で一気にまくり上げ先頭にかわる展開となり、後半戦に向けて早々馬群はペースアップ。前半ハイペースでも、縦長とはならずむしろ4コーナーに掛けて馬群一団の状況となるなか、1番人気グローリーヴェイズは中団インを終始キープした状態で直線へと突入していきます。先頭をキープするメイショウテッコンの2馬身ほど後方にはそのグローリーヴェイズが内を突いて浮上。その外からはエーティーサンダー、3分どころを伸びてはシュペルミエールも迫る展開。さらに後方からは、ノーブルマーズルックトゥワイスらも伸びを見せます。残り200mを過ぎて、グローリーヴェイズが先頭へ。単独2番手で追うエーティーサンダー以下をここから突き放してみせると、ゴール直前で大外を追い込んだルックトゥワイス、渋太く脚を伸ばしたシュペルミエールらの追撃も封じて1/2馬身差V。こちらも重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、夢月プロスガダイプロ伊吹雅也プロほか、計8名が的中しています。
 
G3京成杯は、レース序盤ラストドラフトとの併走状態から、1コーナーで枠を利してハナを奪ったカテドラルがレースを引っ張って前半1000mを1分1秒1(推定)のスローペースで通過。3コーナー手前で後続勢が何頭か押し上げたために一気にペースアップした馬群は、カテドラルラストドラフトランフォザローゼスが加わって3頭横並びで4コーナーへ。1番人気シークレットランは馬群中団で鞍上の鞭が入って早めの動き出しで前を追う展開。迎えた直線、内ラチ沿いに進路を取って伸びるラストドラフトに対し、2番手ランフォザローゼスが馬体を並べますがここから差を詰めることは出来ず。逆に直線半ばを過ぎて差を拡げられ、ラストドラフトが単独先頭へ。後続からはインを伸びたヒンドゥタイムズランフォザローゼスを追って迫りますが、これらは2着争いまで。2番手からの抜け出しで1馬身1/4差をつけた4番人気ラストドラフトが、2戦目での重賞初Vを達成しています。
公認プロ予想家では、くりーくプロら、計3名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)は中山5Rの◎サンアップルトン(単勝25.9倍)的中、京都9Rでの○◎▲的中などで好調予想を披露すると、13(日)→14(祝月)と連日のプラス収支をマーク!13(日)はG2日経新春杯の◎○本線的中をはじめ的中率59%、回収率164%の好成績を記録。14(祝月)には、京都7Rでの◎リュウシンベガス-▲ラインジェット的中など、引き続き的中率52%のハイアベレージを残し、最後は中山12Rクインズサリナ(単勝83.5倍)-◎ピースユニヴァース的中、京都12R◎○△の東西的中で締め括り。トータル的中率50%、回収率138%、収支8万8,800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
先週は3日間オールプラス収支を達成。まず、12(土)を京都1R京都7Rなどの的中により回収率212%で終えると、13(日)には京都10Rヴェネト(単勝34.4倍)的中などの活躍を披露し回収率111%をマーク。続く14(祝月)は中山9R京都10Rなどの好調予想を重ね、回収率134%を達成。週間回収率151%、収支10万8,630円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
先週は、13(日)に勝負予想京都5Rでの馬単1点1万円的中、中山9Rの◎○馬連1点的中などで大幅プラスを達成すると、14(祝月)には中山8Rでの◎ノーザンクリス(単勝37.1倍)から3連複◎▲○1点勝負的中含む計32万3,520円のビッグヒットマークなどで回収率201%とさらに上昇。週末3日間のトータルでは、回収率127%、収支167,050円をマークしています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(164%)、伊吹雅也プロ(129%)、豚ミンCプロ(128%)、金子京介プロ(125%)、ゼット1号プロ(121%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(121%)、サウスプロ(110%)、シムーンプロ(107%)、おかべプロ(102%←10週連続週末回収率100%以上)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年1月9日(水) 11:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019京成杯
閲覧 1,152ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


1月14日(祝月) 中山11R 第59回京成杯(3歳G3、芝2000m)


<登録馬>

カテドラル(D)中7週
前走時のパドックではこれまでよりは気負い気味だった。レースでもロスなく走って直線もスムーズに前が開いたが伸びきれず。この中間もいつも通り2週前、1週前とCWを長めから追われているが、時計がいつもより物足りず。

シークレットラン(A)中5週
パドックでは馬体重が大きく増えながらも、柔らかさのある動き。レースでは直線しっかりと伸びて強い競馬。ただここ2戦勝負どころでモタつく感じがあるので、これ以上馬体は増えないほうが良さそう。

カイザースクルーン(E)中5週
新馬勝ちした馬ではあるが、パドックでは余裕残しのある馬体で良く見せたことはなく、調教でもそれほど目立つ時計は出ていない。使われつつ良くなっているところは見られない。

カフジジュピター(C)中4週
パドックで馬体を見るとトモの筋肉が寂しい感じで、調教もCWでの追い切りが中心。前走の内容からも、直線の坂で苦労しているように、今のこの馬には直線が平坦コースのほうが向いていそう。

クリスタルバローズ(F)4ヶ月半
休み明けで乗り込まれているが、新馬戦時のような好時計は出ていない。

グレイスアン(B)中6週
前走時のパドックではまだ絞れそうな馬体。前走後もしっかり乗り込まれていて、調子は良さそう。

ダノンラスター(C)中7週
前走5着も、新馬戦時よりも馬体が締っており好馬体だった。この中間は乗り込み量も豊富だが、時計はもう少し出てほしいところ。

ヒンドゥタイムズ(B)中5週
この中間も乗り込み量は多く、引き続き良い時計が出ている。1週前には中谷騎手が騎乗して先着と、引き続き調子は良さそう。

マードレヴォイス(D)中1週
前走時のパドックでは元気に周回してみせたが、レースでは凡走。その前回も使い詰めでの出走だったが、疲れが取れる前にまた出走となり、今回はもっと厳しそう。

ラストドラフト(A)中6週
デビュー戦の前走時は、しっかり乗り込まれて好時計も出ていて人気に応えての新馬勝ち。パドックではまだ緩い感じだったが、この中間もしっかり乗り込まれて3週連続先着と、上積みに期待できそうな感あり。

ランフォザローゼス(B)中5週
前2走ともパドックではややテンションが高めだったが、レースでは好走。この中間もしっかり乗り込まれ、引き続き調子は良さそう。

リーガルメイン(B)中3週
しっかり乗り込まれていた新馬戦では2着敗退も、前走の未勝利戦ではパドックでもドッシリと落ち着きがあり、かなり良い仕上がりで勝利。この中間も1週前に併せ馬で先着と、調子落ちはなさそう。


<地方馬>

ナイママ(C)中7週
前走時は+10kgでも小さく見える馬体だった。地方馬で中間の調整内容が分かり辛いところはあるが、能力的には札幌2歳Sで好走しており前走の敗退だけでは軽視は禁物。



◇今年初回は京成杯編でした。
皆さまあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。まずは、昨年末の「第3回ウマニティ杯くりーく賞」、「第1回河内一秀記念」開催に関し、この場を借りて改めて御礼申し上げたいと思います。ウマニティの予想コロシアムでは、たくさんの方々が予想を通じて参加して頂き、本当にありがとうございました。
当日はレースのビデオ撮影を行ったり、レース後には記念撮影などが控えていたりと、協賛レースが終わるまでは慌ただしく時間が過ぎていきましたが、笠松競馬場の職員の方々、協賛レースを勝利したジョッキーにもご協力いただき、2レースの“ノルマ”を無事完遂することができました。というわけで、その成果(個人撮影動画)をどうぞご覧あれ!


<2018年12月31日 笠松第4R 第3回ウマニティ杯くりーく賞 ダ1400m>

(撮影:くりーく)


<2018年12月31日 笠松第5R 第1回河内一秀記念 ダ1400m>

(撮影:くりーく)


 
(撮影:くりーく)


素人ながらやるだけやってみましたがいかがでしたでしょうか。(『聴ありがとうございま』・・・^^;)
前回の反省を踏まえ、今回は何か形にして残したいという思いから、このビデオ撮影も予想コンテストも行ってみたのですが、またひと味違った楽しさや雰囲気を皆さまに感じとって頂けたら嬉しい限りです。

競馬はギャンブルであり、スポーツでもあり、エンターテインメントでもあると思っています。競馬の魅力を伝え、一人でも多く新しいファンを増やしていくことは、競馬の仕事に携わる者の使命だと思いますし、それが競馬の売り上げにつながり競馬の発展につながっていくと考えています。一人ではこれぐらいのことしかできませんが、今後も競馬の発展のため、そしてウマニティの会員の方々に何か楽しんでもらえるようなことを、競馬の世界でやっていきたいと思っていますのでその時にはご協力をお願いします。今回、昨年のくりーく賞勝利騎手でこの日大活躍の筒井勇介騎手、くりーく賞を勝った岡部誠騎手、河内記念を勝った吉井友彦騎手の3人にプレゼント用のサインを頂きました。今回くりーく賞の予想コンテストに参加して頂いた方の中から抽選で3名にプレゼントさせていただきますので、ご希望の方は直接くりーくまで、ご意見・ご感想と共にメッセージで応募して下さい。前回のコラムでお知らせした通り、まだこの後1/10メッセージ着信分まで受け付けていますので、予想が当たった方も外れた方もたくさんの皆さまからのご応募をお待ちしております。

それでは次回きさらぎ賞編(予定)でお会いしましょう。


京成杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ラストドラフトの口コミ


口コミ一覧

追い風通信 2号

 akichance 2019年1月16日(水) 16:41

閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 3

お疲れ様です、正月明けて成人式となりました、今年ご成人の方はおめでとうございます、より良い人生を送ってください、さてと8日から昨日(15日)までの実馬券、車券を振り返ってみます、まずは競輪から9日の静岡12R F1決勝戦 買い目は3連複1-3-9、3=1,4,5,9、1-2-3で勝負、結果8→6→7とハズレでした27万でしたね、難しいところです、10日は宇都宮12R F1決勝戦 買い目は枠複4-5、4-2,3で勝負、結果5→3→2、3-4で的中🎯でした、再スタートでしたので枠複からで、奈良12R F1決勝戦は買いそびれたので次のF1決勝に加算、買い目は2つ来ただけでハズレ買わなくて正解だったですね、14日は和歌山でG3和歌山記念決勝戦 買い目は3連複人気順から1=5-2,9、2-5-9、1-5-7、1=2-7,9、5=7-2,9、1-4-5、1-5-8、1=2-3,4、3-4-7の13点、結果 4→9→5でハズレでした、予想では○▲→○○▲→○○でした、あと5,6点伸ばせれば当てられたかもしれないけど負けは認めざるおえませんね、15日からは予想のみで3連複4=9-1,2,3、結果3→5→9とハズレでした、次に地方競馬は勝負出来るのはG1,G2,S1で該当しません、そして中央競馬は土曜中山8R中山新春ジャンプS 買い目は3連複8-12-13、枠流し7-2,3,4,6、5-2,3,4,6、7-8で勝負、結果8→12→13、5-7で的中🎯でした、本命サイドの決着でトリガミですね、続いて中山11RフェアリーS 買い目はワイド11-1,8,12で勝負、結果1→8→13でハズレでした、軸が飛んでは仕方なしですね再スタートでしたからやり直しですね、続いて日曜中山ニューイヤーS(OP.L) 買い目は枠連3,4,7BOXで勝負、結果7→12→13、5-7でハズレ、なかなかOP.Lは難しいです、次に京都11R日経新春杯 買い目は枠連1-3,8、1-2,4,5、8-2,4,5で勝負、結果2→10→5,1-5で的中🎯でした、ひょっとしたら3連複でも取れたのかなって感じですが的中出来てホッとしてます、次に月曜中山10RジャニュアリーS 買い目は枠連2-4,5,6,7,8、6-4,5,7,8、2,4,6BOXで勝負、結果3→11→12、2-6で的中🎯でした、少し増えたので良かったです、続いて京都10R紅梅S(OP.L) 買い目は枠連2-5,5-4,8で勝負、結果10→5→12でハズレでした、2,3着でしたなぁ、次に中山11R G3京成杯 買い目は枠連7-5,6,8で勝負、結果7→5→2でハズレでした、ラストドラフトには脱帽でしたなぁルメールの活動だったとはマークでしたね、そして京都11R淀短距離S(OP.L) 買い目はワイド2-1,4,6で勝負、結果10→4→7とハズレでした、そこそこ荒れた感じですね、以上で昨日までの結果でした、競輪G3には悔しかったですなぁ1からスタートですね、今のところ中央競馬OPが続いてますね、さらに当てられるようにしたいところですね、そこで今日16日から2月最終週あたりまでは予想のみでと思ってます、期間終える前か後から開始予定でその予想のみの間は各該当クラスに加算(加算は自由に)です、G1は地方は予想のみにその他は未定です、それでは追い風通信3号まで。。。。

 やすの競馬総合病院 2019年1月15日(火) 22:57
日経新春杯・フェアリーS・京成杯・紅梅S・淀短距離S・ジ...
閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 2

それでは、時系列に沿って感想を書いていきましょう。

☆フェアリーSの感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 8(ホウオウカトリーヌ)はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

ホウオウカトリーヌ先行してほしかったのに~!と絶望しながらレース見てたんですが、
アタマ差の2着まで伸びてきたんで、大野の乗り方が正解だったのかな~?

出走馬達へのコメント
1着フィリアプーラ
1~9着までが0.2差の範囲内という大接戦でしたが、どのくらい強いのかな~?
マイルよりは中距離の方が持ち味をさらに出せそうな気はしました。

16着アマーティ
苦しみながらも最後まで走り切ったのはすごいですが、
レース後に心不全は悲しいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ニューイヤーSの感想☆
このレースは難しいのでパスしちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着ドーヴァー
OP初挑戦で3馬身差の1着は驚きました。
6歳馬ですが、1600万下、OPと連勝して勢いあるんで次走も楽しみです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆日経新春杯の感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 10(ルックトゥワイス)、馬連 10-4・5はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

前半から速い流れで、中盤で落ち着いたかな~と思ったら、
メイショウテッコンが早めに動いて行ったりで、
見応えのあるおもしろいレースが見れたんで満足できました。

出走馬達へのコメント
1着グローリーヴェイズ
菊花賞5着とはいえ、どの程度強いのかな~と半信半疑でしたけど、
内でロスなく立ち回ったのもよかったとはいえ、
2400mでタフな競馬になっても勝ち切ってたし、4歳馬なんで今後も楽しみです。

2着ルックトゥワイス
かなり外回るロスがあったりでもったいない競馬でしたが、
展開向いたのもあって最後はすごい勢いで伸びてきました。
1600万下勝ったばかりでしたがOP以上でもやっていけそうですね~。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ジャニュアリーSの感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 12(ワンダーリーデル)はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

中団より後ろで競馬する馬の単勝を狙う方向性だけはあってましたが、
ホウショウナウが後方から競馬するとは全く思ってなかったので完敗でした。

出走馬達へのコメント
1着ホウショウナウ
展開向いたのもあってか最後ズバッときましたね~。
初めてのダ1200mにも対応できたし、ダ1400m以下で負けてないんで、
重賞の1400m以下でどれだけやってくれるか楽しみです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆紅梅Sの感想☆
このレースは難しいのでパスしちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着メイショウケイメイ
阪神JF11着だけで決めちゃダメかもしれませんけど、
阪神JFからの距離短縮と相手弱化がよかったのかな~。
1400m以下では無敗なんで短距離馬としては楽しみですが、
クラシックとなるとちょっと距離的にしんどいかもしれませんね。

--------------------------------------------------------------------------------
☆京成杯の感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 9(シークレットラン)、ワイド 9-11はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

シークレットランは新馬戦が464kgでしたが、
2走目478kg、3走目488kgと出走するたびに馬体重が増え続け、
京成杯は500kgまで増えちゃってました。
勝負所で内田の手が激しく動いてるのに、なかなかエンジンかからなかったのは、
仕上がり状態の問題があったのかも? 次走の巻き返しに期待です。

出走馬達へのコメント
1着ラストドラフト
1戦1勝で重賞でどこまでやれるのかな~と思ってたけど、
先行して押し切っちゃいましたね~。
どこまで強いかとかはまだよくわかりませんけど、
競馬が上手そうやし、なかなかセンスあっていい馬だな~と思いました。
桜花賞馬マルセリーナの息子なんでこれからますます楽しみやし、
ノヴェリスト産駒はまだ大物出てないから、この馬がどこまで出世するか注目です。

2着ランフォザローゼス
負けたけど賞金加算できたのは良かったし、
母ラストグルーヴ、父キングカメハメハという良血馬なんで、
次走以降に期待したいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆淀短距離Sの感想☆
ブログ予想の買い目、馬連 4-2・8はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

8歳馬のナインテイルズが勝つんか~~~い!!
そして、3着に9歳馬で斤量59kgのティーハーフがくるんか~~い!!
と、ベテラン2頭の激走に驚きましたよ~。これは難しすぎてお手上げでした。

出走馬達へのコメント
1着ナインテイルズ
京阪杯12番人気2着、淀短距離S5番人気1着と、
ベテランなのに、ここにきて好調ですね~。
京都1200mで連続好走してるんで、シルクロードS出てきたら注目です。

--------------------------------------------------------------------------------
☆百円を1万円にする長い旅(月曜日の結果報告)☆
※まだ1度もチャレンジしていません
現在の残高 100円
過去の最高到達額 100円
再チャレンジ回数 0回

☆ころがし馬券大会(月曜日の結果報告)☆
投資2000Pが0Pになっちゃいました。

☆おいしい馬券大会(月曜日の結果報告)☆
投資1000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに無制限
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。

参加者は誰でも大歓迎ですし、
気が向いた時だけの参加も全然OKなので、
常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、
ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、
ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、
いろいろな記録については、このブログの転載元である、
ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
百円を1万円にする長い旅の企画ですが、
この企画は、100円からじわじわ増やしていく企画なので、
当日、このオッズじゃ複勝買ってもほとんど増えないケースがあるから、
前日に買い目をブログに書くよりは、
リアルタイムでオッズや馬体重見ながら、ツイッターで買い目書く方がいいかも?
ということで、買い目はツイッターに書いて、結果はブログで報告ということにします。

ツイッターやってない人でも閲覧は可能なので、
今日は企画やってるのかな~と気になったら、
サイドメニューのツイッターのリンク押してみてください。

[もっと見る]

 エロボン 2019年1月15日(火) 16:56
先週の一押し馬とオススメレースの結果。
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 12

先週の一押し馬。


12日(土曜日)

京都11R
サヴィ(☆3、0)
2番人気5着。


(補欠)
14日(月曜日)

中山11R
ラストドラフト(☆2、5)
4番人気1着。


(参考)
13日(日曜日)

京都6R
サトノソロモン(☆2、5)
1番人気1着。


また、参考外で9頭の名前を挙げていましたが、1着2頭、2着2頭の計4頭が馬券になりました。




荒れそうなレースのオススメ。


12日(土曜日)

中山7R
(7‐6‐8)

5→2→3人気。

△▲〇

ワイド1点での狙いでしたが4着5着でした。


13日(日曜日)

京都10R
(9‐7‐10)

11→3→12人気。

△◎×

1着3着馬はヒモでしたが…。


14日(月曜日)

中山10R
(8‐6‐11)

1→13→3人気。

△…×

カスリもしませんでした。



上記()内はレースパターン。

その下は決着した人気順。

最後は私の予想印(ポイント順)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラストドラフトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラストドラフトの写真

ラストドラフト
ラストドラフト

ラストドラフトの厩舎情報 VIP

2019年1月14日京成杯 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラストドラフトの取材メモ VIP

2019年1月14日 京成杯 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。