トーセンスーリヤ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トーセンスーリヤ
トーセンスーリヤ
トーセンスーリヤ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2015年4月4日生
調教師小野次郎(美浦)
馬主島川 隆哉
生産者有限会社 エスティファーム
生産地日高町
戦績31戦[5-6-4-16]
総賞金19,364万円
収得賞金6,390万円
英字表記Tosen Surya
血統 ローエングリン
血統 ][ 産駒 ]
Singspiel
カーリング
トーセンガラシャ
血統 ][ 産駒 ]
デュランダル
フェリアード
兄弟 スイートクールアイプレベール
前走 2021/07/18 函館記念 G3
次走予定

トーセンスーリヤの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/07/18 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16484.521** 牡6 56.0 横山和生小野次郎 482
(0)
1.58.7 -0.535.5アイスバブル
21/05/09 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 143420.394** 牡6 56.0 横山和生小野次郎 482
(-2)
1.59.4 0.137.4サンレイポケット
21/04/18 新潟 11 福島民報杯 (L) 芝2000 167134.118** 牡6 56.0 横山和生小野次郎 484
(-4)
2.07.4 3.742.8マイネルウィルトス
21/02/28 中山 11 中山記念 G2 芝1800 14118.545** 牡6 56.0 横山和生小野次郎 488
(+8)
1.45.5 0.635.6ヒシイグアス
20/08/23 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 123315.956** 牡5 57.0 横山和生小野次郎 480
(-4)
2.00.3 0.935.7⑤④④ノームコア
20/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1836150.2147** 牡5 58.0 横山和生小野次郎 484
(+2)
2.16.3 2.839.1クロノジェネシス
20/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 165919.4101** 牡5 54.0 横山和生小野次郎 482
(-6)
1.58.6 -0.235.0④④アトミックフォース
20/04/12 中山 10 美浦S 3勝クラス 芝1800 9892.011** 牡5 57.0 横山和生小野次郎 488
(+6)
1.48.7 -0.034.6ミヤビパーフェクト
20/02/02 京都 10 飛鳥S 3勝クラス 芝1800 13229.263** 牡5 57.0 大野拓弥小野次郎 482
(-4)
1.48.2 0.133.9⑧⑦バイオスパーク
20/01/19 中山 9 初富士S 3勝クラス 芝1800 12447.142** 牡5 55.0 横山和生小野次郎 486
(+6)
1.49.5 0.134.7プレシャスブルー
19/12/14 中山 12 3歳以上2勝クラス 芝1800 1661111.961** 牡4 57.0 横山和生小野次郎 480
(+8)
1.47.4 -0.035.2エングレーバー
19/12/01 中京 10 名古屋日刊S 2勝クラス 芝2000 10446.353** 牡4 57.0 横山和生小野次郎 472
(+2)
1.58.9 0.134.3エレクトロニカ
19/09/28 中山 10 茨城新聞杯 2勝クラス 芝2000 155816.386** 牡4 57.0 柴田善臣小野次郎 470
(0)
1.59.8 0.534.3⑫⑫⑫⑩ヒシヴィクトリー
19/08/31 札幌 12 日高特別 2勝クラス 芝2000 16249.044** 牡4 57.0 荻野極小野次郎 470
(+10)
2.03.2 0.235.8⑧⑩⑭⑨ハウエバー
19/08/04 札幌 10 藻岩山特別 2勝クラス 芝1800 13577.743** 牡4 56.0 荻野極小野次郎 460
(-10)
1.47.0 0.335.0⑥⑦⑧⑤リープフラウミルヒ
19/06/16 函館 12 北斗特別 2勝クラス 芝1800 9446.842** 牡4 55.0 荻野極小野次郎 470
(+4)
1.49.1 0.134.6リリックドラマ
19/04/13 阪神 9 蓬莱峡特別 1000万下 芝1800 141112.947** 牡4 57.0 四位洋文小野次郎 466
(0)
1.47.6 0.533.9⑭⑫レッドガラン
19/03/16 阪神 9 須磨特別 1000万下 芝1800 10554.124** 牡4 57.0 四位洋文小野次郎 466
(-4)
1.47.6 0.336.3⑦⑤ワイプティアーズ
19/02/17 京都 9 春日特別 1000万下 芝1800 8555.532** 牡4 56.0 横山和生小野次郎 470
(+2)
1.48.5 0.234.8④⑤フランツ
18/12/01 阪神 9 再度山特別 1000万下 芝2000 116723.287** 牡3 56.0 四位洋文小野次郎 468
(+2)
1.59.2 0.534.4⑤⑤⑤④ミスディレクション

⇒もっと見る


トーセンスーリヤの関連ニュース

 ウインイクシードが小回り向きであることを否定するつもりはないが、広い新潟の外回りを使うことで少しでも人気が落ちるようなら、馬券的に妙味があるというものだ。

 鈴木伸調教師は、「目標としていた函館記念を除外されたのは残念だが、美浦に戻ってきてからも馬は元気。良馬場なら新潟でも大丈夫」と強気にVを狙う。重賞で2着1回、3着2回はここで大威張りできる実績。特に今年の中山記念函館記念を勝ったトーセンスーリヤ(5着)に先着する立派な3着だった。(夕刊フジ)



★関越Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【古馬次走報】トーセンスーリヤは横山和で新潟記念へ 2021年7月21日(水) 04:52

 ★函館記念1着トーセンスーリヤ(美・小野、牡6)は、21日に美浦に帰厩。引き続き横山和騎手で新潟記念(9月5日、新潟、GIII、芝2000メートル)に向かう。5着サトノエルドール(美・国枝、牡5)は放牧に出され秋まで休養。

 ★七夕賞1着トーラスジェミニ(美・小桧山、牡5)は、横山和騎手で札幌記念(8月22日、札幌、GII、芝2000メートル)へ。2着ロザムール(美・上原、牝5)は、産経賞オールカマー(9月26日、中山、GII、芝2200メートル)が視野に。産経賞オールカマーには目黒記念5着ゴールドギア(美・伊藤圭、牡6)も参戦予定。

 ★ジュライS1着ケンシンコウ(美・小西、牡4)、3着デアフルーグ(美・鈴木伸、牡5)は、ともにBSN賞(8月28日、新潟、L、ダ1800メートル)へ。

 ★福島テレビオープン2着ヴェスターヴァルト(美・加藤征、牡4)は、朱鷺S(8月29日、新潟、L、芝1400メートル)などが視野に。

 ★6月26日東京の1勝クラス(ダ2100メートル)を勝ったタマモブトウカイ(美・伊藤圭、牡3)は、レパードS(8月8日、新潟、GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★不知火S1着ダブルシャープ(栗・渡辺、牡6)は、小倉記念(8月15日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。僚馬で西部日刊スポーツ杯1着メディクス(牡5)は、NST賞(8月22日、新潟、OP、ダ1200メートル)を視野に入れる。

 ★函館記念6着ジェットモーション(栗・藤岡、セン5)は札幌日経オープン(8月7日、函館、L、芝2600メートル)に向かう。

[もっと見る]

【函館記念】トーセンスーリヤが3馬身差の完勝 2021年7月19日(月) 04:56

 ジョッキー親子3代Vだ。サマー2000シリーズ第2戦・函館記念が18日、函館競馬場で16頭によって争われ、2番人気のトーセンスーリヤが3馬身差の完勝劇で昨年の新潟大賞典以来となる重賞2勝目をマーク。鞍上の横山和生騎手(28)=美・フリー=は祖父・富雄元騎手、父・典弘騎手に続く函館記念制覇となった。2着に14番人気アイスバブル。12番人気のバイオスパークが昨年と同じ3着に入った。芝初挑戦のGI馬カフェファラオは、1番人気に支持されたが9着に終わった。

 ◇

 夏の函館で人馬の絆の深さをみせつけた。北の荒れるハンデ重賞を押し切ったのは、横山和騎手が手綱を取ったトーセンスーリヤ。大接戦となった2着争いを尻目に3馬身差をつけた。

 「やりました。きょうは負けるわけにはいかないと思っていた」

 祖父・横山富雄元騎手(1971、74、75年)、父・典弘騎手(96、2004、11年)に続く親子ジョッキー3代での函館記念V。相棒の首筋をなでながら、殊勲の鞍上が笑みを浮かべる。

 前半1000メートル通過58秒5の速い流れで飛ばした2頭が4コーナーで失速し、直線入り口では早くも先頭に立たされる楽ではない形。それでも滞在する函館で連日、稽古にまたがって感じていたデキの良さを信じた。「周りが流れていったので、スーリヤのリズムで気分良く走らせた。返し馬から具合の良さが伝わってきていたし、自分が焦らなければやれる。直線もかわされることはないと思いました」と快勝劇に胸を張る。

 気性の激しさから、以前は調教に乗るのも怖いと語っていた。6歳夏にして見せたさらなる成長の跡に「(競馬で)こうしなきゃっていうのがなくなってきた。大人になってきています」と目を細めた。

 圧巻の走りを間近で見届けた小野調教師も「きょうは予定通り。めでたしめでたし」と、してやったりの口ぶり。「去年は夏バテで本当にギリギリで札幌記念(6着)を使ったけど、今回はここに向けていい感じでこられたからね。早めに流れた競馬だし、強かった」と、過去の教訓を結果につなげられたことで、ホッとした表情を見せた。

 昨春の新潟大賞典以来の重賞2勝目で、存在感を取り戻した。今後の目標は、サマー2000王者の座。「オーナーサイドとはレース前から次は新潟記念(9月5日、新潟、GIII、芝2000メートル)でサマーチャンピオンを目指そうかと話しています。札幌記念は来年でいいんじゃないかな」とトレーナー。進化を続けるスーリヤの夏は、まだまだ続く。(内海裕介)



★18日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら



トーセンスーリヤ 父ローエングリン、母トーセンガラシャ、母の父デュランダル。栗毛の牡6歳。美浦・小野次郎厩舎所属。北海道日高町・(有)エスティファームの生産馬。馬主は島川隆哉氏。戦績34戦6勝(うち地方3戦1勝)。獲得賞金1億9714万5000円(うち地方350万5000円)。重賞は2020年新潟大賞典に次いで2勝目。函館記念小野次郎調教師、横山和生騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+インド神話の太陽神」。

[もっと見る]

【函館記念】アイスバブルが激戦の2着争い制す 水口「最後はいい脚を使ってくれました」 2021年7月18日() 19:04

 7月18日の函館11Rで行われた第57回函館記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、横山和生騎手騎乗で2番人気のトーセンスーリヤ(牡6、美浦・小野次郎厩舎)が3馬身差の快勝で重賞2勝目を挙げた。タイムは1分58秒7(良)。



 14番人気のアイスバブルは、後方のインでじっくりと脚をためると、直線馬群を割って抜け出し激戦の2着争いを制した。



 ◆水口優也騎手「重賞でよく走ってくれました。内枠でもあったので、もうひとつ前の位置を取りたかったですが、最後はいい脚を使ってくれました」

★18日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館記念】バイオスパーク昨年と同じ3着 池添謙「久しぶりでもいいレースができましたね」 2021年7月18日() 19:03

 7月18日の函館11Rで行われた第57回函館記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、横山和生騎手騎乗で2番人気のトーセンスーリヤ(牡6、美浦・小野次郎厩舎)が3馬身差の快勝で重賞2勝目を挙げた。タイムは1分58秒7(良)。



 昨年の3着馬バイオスパークは、先行2頭が飛ばし、続くトーセンスーリヤの後ろから好機をうかがうと、勝負どころから徐々に前との差を詰め直線へ。しぶとく脚を伸ばすも、最後内からアイスバブルに差されてしまい3着に終わった。



 ◆池添謙一騎手「外枠でもいいポジションを取れました。久しぶりの競馬でもいいレースができましたね」

★18日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館記念】カフェファラオは初芝で9着 ルメール「距離と芝は大丈夫でした」 2021年7月18日() 19:00

 7月18日の函館11Rで行われた第57回函館記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、横山和生騎手騎乗で2番人気のトーセンスーリヤ(牡6、美浦・小野次郎厩舎)が3馬身差の快勝で重賞2勝目を挙げた。タイムは1分58秒7(良)。



 今年のフェブラリーS覇者カフェファラオは、最内枠から中団のインを追走。直線では鞍上の右ムチが入る中、懸命に脚を伸ばすも初の芝レース&トップハンデ58.5キロが影響したのか伸びあぐねて9着に敗れた。



 ◆C.ルメール騎手「距離と芝は大丈夫でした。1番枠で狭いところを進むことになりました。彼は馬の間に入ることを気にします。それがなければ、もう少しいい競馬ができました。1番枠で狭いところを進むことになりました。彼は馬の間に入ることを気にします。それがなければ、もう少しいい競馬ができました」

★18日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンスーリヤの関連コラム

閲覧 1,468ビュー コメント 0 ナイス 2



函館記念は2番人気のトーセンスーリヤが勝利も、2着に14番人気アイスバブル、3着に12番人気バイオスパークが入り、またしても波乱の決着に。夏のローカル競馬らしい難解な重賞が続いている。

~直線競馬のポイント

さて、今週末は一年を通して唯一の直線重賞、アイビスサマーダッシュが行われる。個人的にも直線競馬は好きなので、とても楽しみな一戦だ。

直線競馬を読み解くポイントは大きく2つ。

1つは言うまでもなく、外枠有利という点である。これに関しては、

「そんなの知ってる」

と言われてしまうのだが、知っていてもなお外枠有利が顕著なのである。自戒を込めて書くが、実際、競馬においてわかっていることと馬券を買い切れることの距離はそれなりにあって、わかっていてもいざ馬券を買うとなるとためらってしまうことが多々ある。

2021年になり直線競馬は7レース行われたが、そのうち6レースで6~8枠の馬が勝利。回収率も外枠の方が優秀なのだから、”わかっているがそれでもまだ妙味は外枠にあり”というのが現状である。

事実、私も今年最初の直線競馬のレースでは7枠12番のタピオカを本命にした。当然外枠有利とみて相手にも外枠勢を選んだのだが、結果的には◎タピオカが勝利したものの3着の12番人気リュッカが抜けて取り逃してしまった。

なお、リュッカは6枠11番。枠順のセオリーから行けば押さえるべきなのだが、「さすがにこの馬は…」という気持ちが働いて消してしまったのだ。傾向に即して狙うことはカンタンなようだが、実はそうカンタンではない。むしろあまり詳しくない時期の方がこういうものは買えたりするから、いろいろ知ってしまうということは時には的中から遠ざかることでもあるのだ。

長くなったがそろそろ2つ目のポイントへ。それは騎手である。

かつては直線の村田や、直線の西田などと言われたこともあるように、騎手による得手不得手があるのものこの舞台の特徴。現在は特に直線の○○というのはあまり聞かないのだが、それでも工夫をするジョッキーとしないジョッキーの違いは開催を通してみているとよくわかる。

前開催唯一の直線オープン、韋駄天ステークスを14番人気で制したタマモメイトウに騎乗していた津村騎手は、直線コースで工夫をできるジョッキーだ。運よくこのレースでは本命にできたので、当時の記述をご覧頂きたい。

「◎6タマモメイトウ→内枠狙いはやや無理筋を覚悟で…今回は直線の逆転を期待したい。津村騎手は直線競馬で外への意識があり、外に持っていけるところではキッチリ持って行ってくれるのが特徴。今回は本馬の外にいるのがほとんど逃げ先行系で、外に持ち出すのにつっかえる可能性があるとすれば隣のヒロイックアゲン、10番のワンモアバイト、11番のレジェーロくらい。それでもテンに行けない本馬よりも速い馬ばかりで恐らくガラッと空いた外側に一気に進路を切り替えて行ける可能性が高い。あとは前がガリガリやり合うのを待つ他力本願レースにはなるが、近走重賞でもそこそこやれている脚があれば能力は通用する。初直線&内枠でまったく人気はないが、上がり掛かれば出番あるはず」

津村騎手は直線競馬で内枠からでも外に持っていく意識が強く、例えば5番枠から3着に持って来たリュウールドレ騎乗の際にも工夫が見て取れた。だからこそ、タマモメイトウを内枠でも本命にすることができたわけだ。直線競馬を見続けていると、外への意識づけがある騎手とない騎手の差が顕著に見えて来る。仮に馬券に絡めなくても、そういった工夫が実を結ぶこともあるのだ。

ちなみに津村騎手は前開催の直線競馬で(1-1-2-0)とパーフェクト。数字的には目立たないが、菱田騎手なども工夫の跡がよく見えた。結果を問わず、そういったプロセスを見ておくと、直線競馬で買うべき騎手が見えて来る。

アイビスサマーダッシュの注目馬

というわけで、ココでは現時点の注目穴馬を一頭取り上げる。

ビリーバー(杉原騎手)

昨年の当レース3着馬だが以後2度使われた直線競馬はいずれも内枠で持ち味を出せず。それでも韋駄天ステークスでは内枠からひと脚使えており、今年も枠順次第で通用の余地はありそう。上手く外で溜める競馬ができる枠順を引ければ好勝負になる。

アイビスサマーダッシュの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年7月23日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/17~7/18) 霧プロがG3函館記念○トーセンスーリヤ◎アイスバブル△バイオスパーク的中で15万オーバー!
閲覧 318ビュー コメント 0 ナイス 1



17(土)に行われたG3函館2歳S、18(日)のG3函館記念、G3中京記念ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
18(日)G3函館記念では、「血統的には中距離近辺がしっくり。芝馬の割に掻き込みの強い走法から洋芝は合いそう」と指名した◎アイスバブル(単勝33.7倍)から○◎△で的中。馬連&馬単&3連複計15万6360円払戻し(2,606%回収)の一撃を決めています。ほか、この日の函館12R湯の川温泉特別小倉6R3歳未勝利小倉5R2歳新馬や、17(土)G3函館2歳S▲◎的中などで、大幅プラスを達成。週末トータル回収率164%、収支23万2280円プラスをマークしています。
 
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
17(土)は、函館8R3歳以上1勝クラスでの◎カフェアヴニール(単勝27.6倍)的中11万1600円払戻し、小倉10R岩国特別での◎サトノガイア(単勝27.2倍)的中4万5370円払戻し(1,134%回収)などのスマッシュヒットで、大幅プラスを達成。18(日)にも、勝負予想函館12R湯の川温泉特別での◎○的中計4万7460円(1,582%回収)などの好調予想を披露し、週末トータル回収率345%、収支18万9980円をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
17(土)小倉10R岩国特別を、◎サトノガイアフルヴォートハリーバローズの本線的中で仕留め、計17万830円払戻し(4,270%回収)のビッグヒットを達成。同小倉2R3歳未勝利、同福島8R3歳以上1勝クラス、18(日)小倉6R3歳未勝利などの的中マークの先週は、トータル回収率160%、収支14万2360円プラスを計上。これで、4週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
17(土)は、小倉2R3歳未勝利メイショウフウカ(単勝100.2倍)、函館8R3歳以上1勝クラスカフェアヴニール(単勝27.6倍)的中、福島12R3歳以上1勝クラスノヘア(単勝90.0倍)的中などで活躍を披露。18(日)も、福島3R3歳未勝利エクレルシー的中(2,120%回収)のほか、福島12R3歳以上2勝クラストライハード的中などを決めています。土日2日間トータルでは、回収率142%、収支9万3900円プラスの好成績をマークし、2週連続週末プラスとしています。
 
 
 
この他にも、いっくんプロ(223%)、真田理プロ(203%)、にしのけいごプロ(156%)、スガダイプロ(145%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(143%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(126%)、【U指数】3連単プリンスプロ(117%)、新参者プロ(117%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(112%)、暴君アッキープロ(111%←4週連続週末プラス)、【U指数】馬単マスタープロ(104%)、導師嵐山プロ(102%)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年7月16日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】夏競馬前半名物、波乱必至の函館記念の波乱パターン
閲覧 1,028ビュー コメント 0 ナイス 3



先週末の東西重賞も夏競馬らしく波乱の結末。

プロキオンSは土曜からイン有利のダートの傾向そのままに、先行イン有利決着で3連単は100万超。七夕賞は小回りらしく内枠から先行した馬たちによる決着となった。改めて夏競馬の難しさを痛感した週末だった。

函館記念の荒れるパターンは2つ

さて、今週末は函館記念。勝手に夏競馬前半の大一番だと考えているレース。格としてはハンデG3ではあるが、20世紀から変わらぬ条件、そして変わらぬ波乱の歴史を繰り返している。

函館記念の波乱パターンは基本的に2つある。1つは、ローカルらしく内枠先行競馬になり立ち回りが生きるパターン。もう1つは、逆に馬場が荒れて外枠から外を回した組が有利になるパターンだ。

昨年は7枠14番のアドマイヤジャスタが外を回ししぶとく伸びて15番人気で勝利。2着にも13番人気ドゥオーモが後方から追い込んで3連単は300万超の特大馬券。

一昨年は逆に逃げ先行馬が止まらず、逃げたマイスタイル、2番手マイネルファンロンがそのまま粘り込み3連単は5万馬券。

3年前は道中インを通った内枠勢のワンツー、4年前は外々を回した馬と外枠勢の決着、その前はやはり逃げ馬&イン立ち回り組…といずれにしてもどちらかのパターンが多く、馬券を買う立場としてはヤマを張るのも重要になる。

そして変わらないのは波乱が続いていること。過去5年で見ても3連複からいずれも万馬券。3連単に至っては2年前の5万馬券ですら函館記念としては堅い決着で、それ以外の4年間はすべて20万以上、50万超も過去5年のうち3年という荒れっぷりだ。

今年はどちらのパターンになるか、各馬の枠順、そして週末の天気を見ながら最終結論を出したい。

函館記念の注目馬

というわけで、ココでは現時点の注目穴馬を一頭取り上げる。

トーセンスーリヤ横山和生騎手)

今年のメンバー構成を見渡すと、どちらかといえば先行勢が粘るパターンの方が有力か。となれば積極策を打てそうなトーセンスーリヤに注目したい。前走は荒れた新潟外回りで最後に差されたとはいえ上々の内容。立ち回り勝負も歓迎のタイプで、鞍上は今年すでに昨年を超える勝ち星を挙げるなど好調の横山和生騎手。スンナリ先行できればそのまま…のシーンもありそうだ。

函館記念の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年2月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【買い方を考える】オッズを見て欲張るとロクなことがない/中山記念の穴馬
閲覧 1,450ビュー コメント 0 ナイス 3



今週も馬券の買い方の話をしようと思う。先週のフェブラリーSは、当コラムでも穴馬としてイチオシした◎ワンダーリーデルで初志貫徹…だったのだが、馬券はというとハズレた。

印は合計8頭。私の予想としては決して多くなく、通常なら1頭軸を押さえた上で、上位に重ねていく、2列目を絞っていく、という重ね買い(※同じ買い目をどんどん絞って買い足して行くこと)をするのだが、先週に限っては1頭軸を買わず、馬連+2列目を絞った3連複にしてしまった。結果ハズレた。

考えた末なので、それは仕方ない。ただヘタクソというだけである。

~オッズを見て欲に目が眩んだ

ただ、配当を見て失敗したなと思った。人気のカフェファラオが絡んだ割に3連複は2万馬券。いつも通り1頭軸にしておけばそれなりの配当にもなっただけに…とレース後はタラレバ炒め定食を脳裏で炒めながら、心を痛めていた。

では、なぜいつもと違う買い方をしたかとうと、その理由は「オッズ」だ。◎ワンダーリーデルからの3連複のオッズが思ったほどつかず、それならば持って来る時は連対圏まで来ることが多い横山典騎手の手腕に賭けて、馬券の買い方を、1頭軸の3連複out→馬連inにしたのである。これが大失敗。

つくづく思った。

「オッズを見て欲を出すとロクなことがない」

オッズはあくまでも結果。オッズのために買うのではなく、買った結果のオッズなのだ。わかっちゃいるけど、それでも同じ失敗を繰り返すのがギャンブルの難しさ。今回の教訓は胸に留めて、今後に生かしていきたい。いや、生かさなければ。

中山記念展望

気を取り直して、今週末の話を。開催替わり、中山記念阪急杯が行われる。

ココでは中山記念を取り上げたい。今回は本命候補を1頭挙げておく。

トーセンスーリヤ

昨年の新潟大賞典で重賞初制覇を成し遂げ、その勢いで挑んだ宝塚記念だったが7着。ただ、当時は終盤開催に加えて雨が降るタフな馬場状態での開催で、それを考えればよく粘って健闘と言える内容だった。今回は久々になるが、相手関係にはかなり恵まれた一戦。JRAでの4勝中3勝がコーナー4回の1800mで、そのうち2勝が今回と同じ中山芝1800mという舞台巧者。適性を生かしての激走に期待したい。

中山記念の本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年8月20日(木) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020札幌記念 
閲覧 1,384ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


8月23日(日) 第56回札幌記念(3歳以上G2・芝2000m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:16頭)

<賞金上位馬>

ラッキーライラック(B)中7週
この中間も1週前にCWで強めに追われているが、今回のほうが力強さのある動きで出来は良さそう。この後札幌までの輸送もあるので、最終追い切りの動きも気になるところ。

ノームコア(A)中10週
この中間は美浦の南Wで乗り込まれて好時計を連発していて調子は良さそう。1週前の動きを見ても、走りに勢いがあり馬も元気な感じに見える。

ペルシアンナイト(B)中7週
昨年5着時と同じようにこの中間は札幌競馬場での調整。2週前に強めに追われて1週前はジョッキー騎乗で追い切られて併せ馬では先着。昨年は強めの追い切りが多かったが、今年は軽めの調整で時計も出ているので仕上がりは今年のほうが良さそう。

ドレッドノータス(E)5ヶ月
休み明けの参戦で、この中間の栗東での時計は平凡で特に目立つところもない。

マカヒキ ※出走回避予定

トーセンスーリヤ(B)中7週
この中間も美浦で調整。2週前、1週前と強めに追われて好時計が出ていて、状態は良さそう。

アドマイヤジャスタ(C)中4週
前走久しぶりの勝利から今回は中4週。札幌で調整されていて日曜日には時計を出しているが、1週前に速い時計を出していない。前走時のパドックでは大きな馬の割に太め感がなく仕上がっていた感じなので、そこからさらに良くなるという感じではなさそう。

ポンデザール(A)中1週
札幌芝コースでは芝2600m戦ではあるものの、3戦3勝と相性の良い馬。前走から中1週だが、前走時札幌競馬場で入念に乗り込まれていてパドックでもマイナス体重だった割にはふっくらと見せていたので、上積みも期待できそう。

トーラスジェミニ(D)中4週
この中間は札幌競馬場での調整。2週前、1週前と追い切られているが終いの時計がかかっていて物足りない内容。美浦では坂路で調教されている馬なので、滞在でダートか芝での調整しかできない点はこの馬にはマイナスになりそう。

ルミナスウォリアー(E)中1週
この中間は中1週で速い時計は出していない。高知から戻ってきた前走時の調教でも特に目立つ時計は出ていなかったので、ここから良くなるという感じはない。

ブラックホール(B)3ヶ月
ダービー以来のレースとなるこの中間、札幌競馬場で乗り込まれていて1週前には芝コースでかなり速い時計を出しており、走りを見ても状態は良さそう。昨年重賞勝ちのある札幌で好走も期待できそう。

カウディーリョ(B)中4週
この馬も札幌芝では2戦2勝と相性が良い。この中間は日曜日に札幌ダートでかなり速い時計が出ていて、前走を一度使われての上積みがありそう。

イェッツト(B)中2週
この中間は日曜日に札幌ダートで速い時計を出していて、前走時よりも良さそうな感じ。格上挑戦だが、前走時のパドックではかなりの好馬体をアピールしており、叩き2戦目での上積みも期待できそう。


☆コラムからの推奨馬は、ノームコアポンデザールの2頭を上げておきます。



◇今回は札幌記念編でした。
早いもので今年の札幌開催も残り3週となります。今年はコロナウイルスの影響で函館での滞在ができないこともあり、札幌で出走する馬は札幌で調教するか、トレセンで調教して輸送してくるか、レース10日前まで牧場で調整してギリギリに入厩してレースに臨むかのいずれかになっていると思います。実際、毎週のように調教内容をチェックしていると、今年はトレセンから輸送して使ってきている馬が多いように感じています。
一方、札幌競馬場にはWコースがないのでダートか芝で調整しなくてはなりません。普段坂路やWコースで調整されている馬にとって滞在が長くなることにプラスはあまりないと思われ、函館競馬場が使えない点は残りの札幌開催に大きな影響があると思っています。滞在組を選ぶかトレセンからの輸送組を選ぶか、馬によって違いはあるとは思いますが、トレセンの坂路やWコースで調教されている馬のほうが輸送さえクリアすれば有利に働くのではないか、そう個人的には考えています。

それでは次回、ローズS編(予定)でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年8月16日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年08月16日号】特選重賞データ分析編(215)~2020年札幌記念~
閲覧 2,065ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 札幌記念 2020年08月23日(日) 札幌芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2016年以降)】
×4番手以内 [0-1-1-15](3着内率11.8%)
○5番手以下 [4-3-2-27](3着内率25.0%)

 先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物。前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が4番手以内だった馬は、2014年以降まで集計対象を広げても[0-2-2-23](3着内率14.8%)と勝ち切れていません。基本的に差しが決まりやすいレースと認識しておくべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤジャスタブラックホールペルシアンナイトマカヒキ
主な「×」該当馬→トーセンスーリヤトーラスジェミニ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2016年以降[2-3-4-12](3着内率42.9%)
主な該当馬→アドマイヤジャスタペルシアンナイトマカヒキ

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンスーリヤの口コミ


口コミ一覧
閲覧 212ビュー コメント 0 ナイス 7

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

やっと、梅雨空から夏空へ変わった途端に、セミの鳴き声と共に真夏日がキタ~!?
夏祭りのおはやしがどこからか聞こえてきそうな季節も、遠い昔の話??
コロナ禍の中、明日23日(金)は"2020東京オリンピック"の開幕!!

来週28日(水)は、“土用の丑の日”!
個人的には、“土曜は馬の日” 何てね?

<土用の丑の日とは>
土用の丑とは、土用の入りになって最初に来る丑の日のことで、夏バテ防止にウナギの蒲焼を食べると良いとされる日。今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは幕末の万能学者として有名な平賀源内が、夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第7期途中経過】
第7期(7/3~7/25)5日間(ラジオNIKKEI賞~アイビスSD)8戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3函館2歳Sでは、11番ナムラリコリスに注目!
馬連・ワイド(6-11) 
結果は、馬連・ワイド W的中! (馬連1730円/ワイド570円)

土曜「G3 函館2歳S」で注目したナムラリコリス(3人気)は、好位でレースを進め直線で各馬を差し切り優勝!! 対抗として狙っていたカイカノキセキ(2人気)も2着に入った。さらに1馬身差の3着にグランデ(10人気)が入り中波乱決着!?   馬券は馬連・ワイドがダブル的中!! 🎯🎯 反省点として、馬券種の選択?? ワンランクアップして、馬単(3540円)も狙えていただけに…残念。


日曜、G3中京記念では、10番ディアンドルに注目!
馬連・ワイド(8-10) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3 中京記念」で注目したディアンドル(4人気)は、スタートから先頭に立って直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、直線で伸びを欠き馬群に沈み込み8着入線。もう1頭、カテドラル(6人気)は中団後方から追い込んで2着入線。レースは、好位で進めたアンドラステ(1人気)が、直線入り口で先頭に立って押し切り優勝。さらに3着にクラヴェル(5人気)が入り本命決着??  当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、注目馬選択の失敗!? 逃げ切るのは難しくても、逃げ粘り込んで3着を想定していただけに…残念。川田騎手を無視しては、取れる馬券も外す?? 要注意。


日曜、G3函館記念では、8番トーセンスーリヤに注目!
馬連・ワイド(8-11) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3 函館記念」で注目したトーセンスーリヤ(2人気)は、3番手でレースを進めて直線で先頭に立ち後続を突き放し、2着のアイスバブル(14人気)に3馬身差をつけ優勝。さらにハナ差の3着にバイオスパーク(12人気)が入り波乱決着!? 注目していたもう1頭、ディアマンミノル(11人気)は、後方大外から突き抜けて4着(クビ差)まで…残念。当然ながら馬券はハズレ。 反省点として、相手馬選択の失敗?? とは言え、3着バイオスパーク(池添謙一騎手)との着差クビにはマイッタ!! 仮に差していたらワイド(19.7~20.8)だけでも…残念。


【第7期 短評】
週末、3戦1勝2敗…みたいな感じ。 幸先よく土曜に当て、気分良く日曜での連勝を狙ったら、展開のアヤ(レース展開次第で、結果が左右されること)?? による連敗…残念。ベテラン騎手(川田将雅騎手、池添謙一騎手)を侮ると痛い目に!? 要注意。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(函館2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
該当馬=2位指数値65(11番ナムラリコリス)
結果は、的中! (1着/複勝210円)


(中京記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数7位"
*無条件
該当馬=7位指数値54(1番ミスニューヨーク)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(4着)


(函館記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
*無条件
該当馬=4位指数値58(1番カフェファラオ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(9着)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(アイビスサマーダッシュ)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(0-3-2-5/10)
勝率0%/連対率30%/複勝率50%/的中率50%/回収率123%
近5年内 (0-1-1-3/5)
勝率0%/連対率20%/複勝率40%/的中率40%/回収率84%

強いて言えば指数値60以上(0-2-2-0/4)
勝率0%/連対率50%/複勝率100%/的中率100%/回収率242%
2年連続外れているだけに、今年は期待大!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 ちびざる 2021年7月21日(水) 23:06
【雑感】ラヴズオンリーミーについて・・・・。
閲覧 160ビュー コメント 0 ナイス 17

先週の日曜のメインから函館記念を回顧。
勝ったのは、トーセンスーリヤでした。
五分のスタートから、離れた3番手を追走。
道中もかかることなく、マイペースで追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線では、早めに並びかけ、直線半ばで勝利を確信。
3馬身差の快勝でした。
スタートから理想的なレースができたと思います。
こういうレースが出来れば秋のビックレースでも面白い存在になると思います。
そのためにも次走が試金石になりそうですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、繁殖牝馬ラヴズオンリーミーについて。
先週に続いてセレクトセール関連の話題です。
個人的に気になったのが。ラヴズオンリーミーの21。
父がハーツクライ
母がラヴズオンリーミー

繁殖牝馬ラヴズオンリーミーは、リアルスティールやラヴズオンリーユーを
出していますが、これらは、父がディープインパクト。
ちなみに現2歳馬のディーンズリスターもディープインパクトが父親。
ある意味、ディープインパクトとの相性抜群の繁殖牝馬といえると思います。
個人的な印象ですが、ディープインパクトで成功した繁殖牝馬にハーツクライを付けると
走らないイメージがあります。
逆に、ディープインパクトで走らなかった繁殖牝馬にハーツクライを付けると走るイメージがあります。
そういう意味で、ラヴズオンリーミーの21は自分の中での常識が破られるのかどうか気になるわけです。
見事に破ってほしいと思っています。
ディープインパクトとハーツクライで成功すれば、ラヴズオンリーミーの繁殖牝馬としての価値がさらに高まりますからね。
セレクトセールでは、2.8億円で落札されました。
無事にデビューまでこぎつけて欲しいですね。
その前にラヴズオンリーミーの20は父がドゥラメンテ。これが走ったらこれまた凄いことですが・・・。(^^;


最後に、アイビスサマーダッシュについて。現時点での私の注目馬はタマモメイトウですね。
前走の韋駄天ステークスは、決して有利でない6番枠から一旦下げて外に出しながら
進路が狭くなりながらも抜け出して勝ちました。
スムーズさを欠く中での勝利だったので直線競馬の素養はあるのかと思いました。
今回も枠順がカギにはなりますが、前走の脚を見ると面白い存在になると思います。

[もっと見る]

 組合長 2021年7月20日(火) 21:04
重賞回顧 函館記念
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 9

外枠のレッドジェニアルとマイネルファンロンがハナ争いをする中。勝った所長◎のトーセンスーリヤは離れた3番手で自分の競馬にってしていました。3コーナー前で「勝った!」と思わせる楽勝。前走から一息入れたことが功を奏したようで、陣営の勝利といってもいいでしょう。これで重賞2勝目。上の重賞に向けて着実に力をつけています。

 2着には実力馬のアイスバブルが入りました。ここ数戦の戦績と乗り替わりでここまで人気薄なら、思い切ったレースができたはずで、チャンスを生かした水口騎手には拍手です。

 3着も人気薄の実力馬バイオスパーク。昨年の3着馬でもあり、この馬も人気がなさすぎ。この時期は得手不得手がはっきり出るだけに、陣営が狙定めたローテーションの時は人気に関わらず狙いを立てたいところです。

 芝に挑戦した1番人気のカフェファラオはやはりダートがベターのようです。次走をどこに持っていくかで、今回の答えが出る気がいたします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンスーリヤの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
9:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月23日() 07:59:03
郎、相手
8:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月22日() 23:55:08
うまな、穴
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月22日() 22:09:30
ラボ水、抑え

⇒もっと見る

トーセンスーリヤの写真

トーセンスーリヤ
トーセンスーリヤ
トーセンスーリヤ

トーセンスーリヤの厩舎情報 VIP

2021年7月18日函館記念 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーセンスーリヤの取材メモ VIP

2021年7月18日 函館記念 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。