アドマイヤジャスタ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アドマイヤジャスタ
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2016年3月19日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主近藤 利一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金780万円
収得賞金400万円
英字表記Admire Justa
血統 ジャスタウェイ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
シビル
アドマイヤテレサ
血統 ][ 産駒 ]
エリシオ
ヒード
兄弟 アドマイヤラクティサトノジュピター
前走 2018/07/22 2歳未勝利
次走予定

アドマイヤジャスタの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/22 中京 1 2歳未勝利 芝1600 12791.511** 牡2 54.0 福永祐一須貝尚介506(-2)1.36.4 -0.434.3⑥⑥⑦マルモネオフォース
18/06/24 阪神 5 2歳新馬 芝1800 10113.422** 牡2 54.0 C.ルメー須貝尚介508(--)1.51.0 0.534.6⑤④ブレイキングドーン

アドマイヤジャスタの関連ニュース

 1番人気のアドマイヤジャスタ(栗・須貝、牡、父ジャスタウェイ、母アドマイヤテレサ)が、2戦目で初勝利を挙げた。発馬で後手に回ったが、中団の外めにとりつき、メンバー最速の上がり3ハロン34秒3の末脚で2馬身半差をつけた。福永騎手は「スタートが鈍かったけど、あとは盤石でした。折り合いもスムーズで、センスのある馬」と笑顔。須貝調教師も「最後はよく伸びてくれたね」とねぎらった。今後は秋まで休養する。半兄アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)は豪州GI・コーフィールドCの勝ち馬。先々まで楽しみな1頭が現れた。

アドマイヤジャスタの競走成績はこちら

【2歳戦結果】ポリアンサ、新馬戦V 2018年7月23日(月) 05:02

 【福島】5R新馬(牝馬、芝1800メートル)=ポリアンサ(美・木村、父ハービンジャー)

 ◆北村宏騎手 「気が勝ってきそうな感じなので、その辺りのバランスを取っていければ」

 1R未勝利(芝1200メートル)=スカイズザリミット(美・宗像、牝、父マツリダゴッホ

 ◆木幡育騎手 「逃げ馬についていきすぎて、最後は脚が上がりかけたけど、馬が強くて粘ってくれました」

 2R未勝利(芝1800メートル)=テイエムバリバリ(美・石栗、牡、父トーセンホマレボシ

 ◆石栗師 「2戦目で追走が楽になっていたし、ペースも流れてくれた。ジョッキーもうまく乗ってくれたね」

 【中京】5R新馬(芝2000メートル)=ソルトホープ(栗・武英、牡、父ディープブリランテ

 ◆戸崎騎手 「返し馬の段階から余計なことはせず、賢い馬だなと感じた。何度も並びかけられながら、ゴールまでしぶとく頑張ってくれました」

 1R未勝利(芝1600メートル)=アドマイヤジャスタ(栗・須貝、牡、父ジャスタウェイ

 ◆福永騎手 「折り合いもスムーズで、センスのある馬です」

 *半兄に2014年豪GIコーフィールドC優勝馬アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)。秋まで休養する

 【函館】5R新馬(芝1800メートル)=ウィクトーリア(美・小島、牝、父ヴィクトワールピサ

 ◆岩田騎手 「内枠((1)番)だったので、行ければ行こうと思っていました。追い切りの感触から、初戦からはどうかと思っていたけど、実戦でよかった」

 *母は08年秋華賞ブラックエンブレム(父ウォーエンブレム)で、半兄に14年札幌2歳Sを制したブライトエンブレム(父ネオユニヴァース)。タイム1分48秒3は従来の記録を1秒4更新する2歳コースレコード

 

[もっと見る]

【2歳新馬】阪神5R 8番人気のブレイキングドーンが完勝 2018年6月24日() 12:45

 6月24日の阪神5R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、福永祐一騎手騎乗の8番人気ブレイキングドーン(牡、栗東・中竹和也厩舎)が2番手追走から直線入り口で先頭に立って後続を突き放した。タイムは1分50秒5(稍重)。

 3馬身差の2着にスタートで後手に回って道中は中団を追走、直線外めを差してきたアドマイヤジャスタ(2番人気)。さらに1馬身半差遅れた3着には好位から伸びたロードゼウス(3番人気)。

 1番人気に推されたのは2017年のセレクトセールで1億9440万円で取引されたホウオウライジン。後方追走から直線大外を追い込んだが、3着馬からさらに4馬身遅れた4着に敗れた。

 ブレイキングドーンは、父ヴィクトワールピサ、母アグネスサクラ、母の父ホワイトマズルという血統。

 ◆福永祐一騎手「強かったですね。調教ではモタモタしていたけど、レースはスッと動けましたし、実戦の方が良かったです。まだ精神面で幼さはありますが、これから楽しみ」



★24日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

鬼脚継承!ジャスタウェイ、初年度から220頭種付け 2018年6月5日(火) 05:06

 中央競馬では先週から2歳戦がスタート。種牡馬にとっても新たな戦いが始まった。この世代で産駒がデビューする新種牡馬のなかで、最も注目を集めるのはGI3勝のジャスタウェイだ。初年度から220頭もの繁殖牝馬を集め、人気沸騰。また、芝・ダート兼用のベルシャザールも馬産地の期待は大きい。

 秋の天皇賞でGI初制覇を成し遂げると、ドバイデューティフリーで世界の度肝を抜く圧勝劇を演じ、帰国初戦の安田記念も制したジャスタウェイ。3つのGIタイトルを手に種牡馬入りし、初年度から220頭の花嫁を迎えた。

 「ジャスタウェイ自身はハーツクライの子の割に体がしっかりしていました。産駒も同じように早くからしっかりした子が多いみたいです」

 社台スタリオンステーションの徳武氏も手応えを感じている。2016年のセレクトセールでは、アドマイヤテレサの2016(競走馬名アドマイヤジャスタ)が1億5120万円(税込み)で落札されるなど、今年の新種牡馬でも注目度はピカイチ。期待は大きい。

 初年度産駒はほかにもメジャーエンブレムヤマカツエースシングウィズジョイサトノフェイバーオーロマイスターパフォーマプロミスなどの弟、妹と良血馬が並ぶ。今週の阪神には毎日杯3着インディチャンプの妹にあたるアウィルアウェイ(栗・高野)がスタンバイ。産駒初勝利が期待される。

 「ハーツクライよりトモ(後肢)の形がマイルとか合いそうな感じ。直線でビュッと切れる脚が使えそうなので、東京や新潟が合いそうです。世界ランキングで1位を取った父のように頑張ってもらいたいですね」

 ゆくゆくは世界へ羽ばたくジャスタウェイ産駒が出てくるかも。期待は大きく膨らんでいる。



ジャスタウェイの競走成績はこちら

[もっと見る]

アドマイヤジャスタの関連コラム

閲覧 1,649ビュー コメント 0 ナイス 6



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、中京2歳ステークス、函館2歳ステークス中京記念、福島テレビオープンの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年07月21日(日) 中京09R スポーツ報知杯 中京2歳ステークス
【“JRA、かつ新馬、かつ4コーナー通過順が4番手以内だったレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [4-4-4-4](複勝率75.0%)
●なし [0-0-0-20](複勝率0.0%)
→デビュー戦の内容がポイント。特別登録を行った馬のうち、“JRA、かつ新馬、かつ4コーナー通過順が4番手以内だったレース”において連対経験があるのは、アドマイヤジャスタアドマイヤマーズブルスクーロの3頭だけです。


▼2018年07月22日(日) 函館11R 函館2歳ステークス
【“JRA、かつ芝、かつ出走頭数が8頭以上、かつ4コーナー通過順が3番手以内だったレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [4-4-4-23](複勝率34.3%)
●なし [0-0-0-28](複勝率0.0%)
→ダートのレースや少頭数のレースで勝ち上がった馬、差す競馬しか経験していない馬は不振。また、生月日が4月中旬以降だった馬も2014年以降[0-0-1-25](複勝率3.8%)と苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

アドマイヤジャスタの口コミ


口コミ一覧

18-19 POG 11週目➃

 ムーンシュタイナー 2018年8月12日() 14:01

閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 3

■出走結果

8/11 小倉 芝1800m 未勝利
タイセイセイヴァー 6着
(ダイワメジャー×マザーウェル)

これで通用するほど甘くないですよねぇ。
鼻出血もあり、直線フラフラ。
しばらくお休み。
この血統を追ってみたけどなかなか難しい。
順調に使われつつ、喉にも注意してもらって
目指せ1勝です。


8/11 札幌 芝1500m 新馬
ヴォルカン 5着
(ロードカナロア×ショウナンアクト)

抜群のスタートから早めの流れを先行して
外から追いかける展開。
道中少し下げたけど、3角から手応え悪く
4角では下がってきた先行馬を交わすのに
手一杯になりバテてフラフラ。
トスアップには能力的に差があったと思うが
この馬自体万全の競馬ではなかった。
2カ月以上調整した経緯から
何か弱い、問題のある部分があるかもしれない。
札幌1500デビュー、松田騎手騎乗だった理由は
その辺にありそう。
まだ新馬なので、悲観するほどではないが、
情報が集められていなかったのは反省すべきところか。

やはり、入厩後早すぎるデビューも問題だが、
2カ月以上かかる馬もそれは問題を抱えている
可能性が高い、ということに今後も注意したい。


8/12 新潟 芝1600m 新馬
アマーティ 1着
(ルーラーシップ×アマファソン)

調教から脚力があることはわかっていたが、
ルーラーにしては体が硬めで不器用さがあり、
ダート向きかも、という不安はありました。
終わってみれば緩い流れを
33.3で差し切るのだから、
芝で十分能力発揮できることがわかり、
ひとまず安心。
そんなにエンジンのかかりが遅い、
という印象もなかったし、
まだ絞れる感じにみえ、上積み期待。
今後のローテが気になるところ。


■ホウオウサーベル

11日の新馬を見ていましたが、いい馬です。
この時点であれぐらいスピードあれば十分。
タイムも今のスピードも大したことないですが、
成長力を加味すると楽しみしかないですね。
スタミナが凄そうで、かなり追われたのに
帰ってきてもケロッとしている感じは
インパクトありました。
現時点の2歳戦を見て、伸びしろを考えると
この馬とアドマイヤジャスタの2頭が双璧か。
もちろん、思う通りに成長することはまれだし
全開は古馬になってしまうかもしれませんが。


■夏新馬振り返り

秋競馬始まる前に出走できそうなのは、
残りカレンブーケドールがいますが、
調教次第ではOUTとなるので、
夏の新馬はほぼ出走終了。振り返ると上出来でした。

15頭出走 7頭の新馬勝ち上がり
今後の期待感という点では絶好のスタート。

【牡馬】

ミッキーブラック 音無
(ブラックタイド×マラコスタムブラダ)
次走 芙蓉S

まだ緩かったので
いい休養ができていると思います。
ブラックタイドの割に切れがあり
母の仔もタイプがわからないので
未知の魅力という意味で結構期待してます。


ジョニーズララバイ 音無
(マンハッタンカフェ×メジロアリス)
次走 ききょうS

短距離系で期待できる馬が少なく、
この馬が順調にいってくれればなと。
思ったより乗りやすさはありそうですが、
適性は狭そうなので、そこは外さないでほしい。
音無厩舎でこの辺は心配していませんが。


クラージュゲリエ 池江
(キングカメハメハ×ジュモー)
次走 札幌2歳S

札幌2歳Sは賞金上積みして欲しいです。
キレはありますが、このタイプは鞍上次第。
さて、誰になりますか。


リープリングスター 木村
(ゴールドアリュール×オールウェイザベイビー)
次走 未定

ローテーション次第。
馬の成長は必要ですが、ダート路線は
番組の制限がある中、新馬勝ちできたので
全日本2歳に向けて、よいローテで進めて欲しい。


ヴェロックス 中内田
(ジャスタウェイ×セルキス)
次走 未定(野路菊)

在厩なので、普通に考えると野路菊でしょうか。
そこで大体の能力と適性は見えると思います。


【牝馬】

アフランシール 尾関
(ハーツクライ×ルシュルク)
次走 札幌2歳S

札幌2歳Sはクラージュゲリエより
何となく期待しています。
順調に成長してもらって、牝馬の中心として
頑張って欲しい。


アマーティ 武井
(ルーラーシップ×アマファソン)
次走 未定

選択肢が広がりました。
ローテに関しては良くも悪くも
色々試す調教師なので、
そこを楽しみにしたいと思います。

 ムーンシュタイナー 2018年8月9日(木) 22:40
18-19 POG 11週目②
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 5

■出走予定

アマーティ 武井厩舎
(ルーラーシップ×アマファソン)
新潟芝1600m新馬 三浦

8/8 美南W 稍 馬なり余力
56.6 41.5 14.0

今週も相手がさっぱり走らず軽めの調教。
太く見えるが、大丈夫か?
相変わらず不器用だがパワー十分。
調教師は強気だが、元々吹くタイプ。
ここ2週の調整に疑問があるが、
新潟外回りは歓迎だし、脚力から勝ってもおかしくない。
大物感には欠けるが、芝で頭打ちでも
ダート使える厩舎なだけに残すことに。
三浦騎手もダートだし、将来はそっちか。


ヴォルカン 岡田厩舎
札幌芝1500m新馬 松田
(ロードカナロア×ショウナンアクト)
芝62.6 35.2 12.2 馬なり

入厩から2カ月、北海道にきて3週間、
入念に調整され、スピードは抜群。
なんで北海道で松田騎手なのか、
どうしても疑問だが、能力は確か。
兄弟は良いスピードがあって
先行できる脚質だったし、
札幌1500mでも対応できるとは思う。
でも何で松田なのかなぁ。
厩舎力なのかなぁ。
相手はなかなか揃った感。
特にミスジャスミンは良い動き。


タイセイセイヴァー 矢作厩舎
(ダイワメジャー×マザーウェル)
小倉芝1800m 未勝利
栗坂 55.0 39.6 12.2 馬なり

新潟は見せ場なく6着
栗東戻って中1週で坂路追って小倉。
さすが矢作厩舎。
動きから叩いた効果は十分だし、
距離1800になって前進あるか。
まだ時間はかかりそうだが、
相手は手頃。


■その他雑感①

ホウオウサーベルは評判通りいい馬。
この動き見てまだまだ緩いと言われてもなぁ。
ここでいきなり勝てるようだと、
伸びしろ半端ないので、
将来楽しみですね。
アドマイヤジャスタに似てるタイプ。
来年は主役になっているかも。


■その他雑感②

早くも15頭目の出走になりそう。
秋の中山阪神の前に15頭出走、8頭勝ち上がりを
目指していたので、今のところ順調。
勝ち上がりはあと2勝だが、これは難しい。
テルモードーサは勝てると思っていたが…。

指名されていない秋デビュー馬で
良い馬をツモれるよう、リストアップを始めよう。

[もっと見る]

 カザフスタン 2018年7月31日(火) 01:04
注目2歳馬
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 4

グランアレグリア
12.6 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.1 - 11.3 - 11.1 - 11.2 1:33.6
高速馬場を加味してもハイレベル。前日の500万下より優秀。
内容も外目まわして余裕の手ごたえなのでよい。ただ馬券的妙味は薄い

ウィクトーリア
12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.8 - 12.5 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 11.6 1:48.3
レコードを出したように優秀な勝ち時計。高速馬場というわけでもなく、
心肺機能がまだまだできていない2歳牝馬を考慮するとこの馬場でのこの時計は立派。
内枠の楽逃げという点を考えても強い

アフランシール
12.8 - 11.6 - 12.3 - 13.0 - 12.9 - 12.3 - 11.6 - 11.7 - 11.6 1:49.8
同じく函館の1800組。馬場はウィクトーリアの日より多少時計がかかっている。
外から差し切れるというレースぶりも含めて評価

ブレイキングドーン
13.4 - 12.3 - 12.3 - 12.6 - 12.9 - 12.6 - 11.5 - 11.1 - 11.8 1:50.5
雨の影響もあって馬場は重い。その中でこの時計、上りは強い
完封したアドマイヤジャスタやマイネルフラップが勝ちあがりも納得の時計


スピード自体は大きく成長しない。2歳で上がり3F33秒台だから、4歳で30秒出せるわけじゃない
一番変わるのは心肺機能、持続力。負荷の少ない高速馬場の1200なら2歳でも7秒台で走れるわけだし、
スプリント戦の2F目は2歳でもG1でも10秒台前半。
そういう点で考えると、まだまだ未発達の心肺機能で、この時期に時計のかかる馬場で古馬500万とか3歳未勝利の上位の水準ではしれる馬は強い評価をしていい。
とはいえグランアレグリアは高速馬場であっても超強いんだけど。

ただ馬券的なことを考えると、派手な勝ち時計はみんなが注目するわけなので期待値は低い。
ブレイキングドーンくらいの地味に強い馬、レースを見つけるのが良いと思いますが、これもアドマイヤジャスタが圧勝しちゃったので妙味無くなりそうではありますが。

まとめ
・この4頭が現時点で評価の高い2歳
・強いことと馬券的妙味は別
・とはいえ時計のかかる馬場に妙味の高い馬、レースが隠れていることが多い

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤジャスタの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  猩々紅冠鳥   フォロワー:2人 2018年6月25日(月) 21:37:16
「ジャスタウェイがドバイWC圧勝馬」???
1:
  HELPRO   フォロワー:1人 2018年6月24日() 12:44:59
人気薄の逃げ馬に逃げ切られての2着では次走で余程の成長がないと大成は厳しそう。
ジャスタウェイがドバイWC圧勝馬なのでダート適正の期待が出来る点は良いが、いくら勝たなくても良かったとしても着差完敗は予想外。

アドマイヤジャスタの写真

アドマイヤジャスタ

アドマイヤジャスタの厩舎情報 VIP

2018年7月22日2歳未勝利1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤジャスタの取材メモ VIP

2018年7月22日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。