ヤマニンアンプリメ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヤマニンアンプリメ
ヤマニンアンプリメ
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2014年4月5日生
調教師長谷川浩大(栗東)
馬主土井 肇
生産者廣田 伉助
生産地浦河町
戦績29戦[9-4-3-13]
総賞金11,759万円
収得賞金8,130万円
英字表記Yamanin Imprime
血統 シニスターミニスター
血統 ][ 産駒 ]
Old Trieste
Sweet Minister
ヤマニンエリプス
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ヤマニンペニー
兄弟 ヤマニンビサージュヤマニンライラ
前走 2019/11/04 JBCレディスクラシ G1
次走予定

ヤマニンアンプリメの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/04 浦和 8 JBCレディ G1 ダ1400 12--------1** 牝5 55.0 武豊長谷川浩494(--)1.24.5 -0.4----ゴールドクイーン
19/09/12 浦和 11 オーバルスプ G3 ダ1400 11--------3** 牝5 53.0 岩田康誠長谷川浩490(--)1.25.9 0.6----ノブワイルド
19/08/12 盛岡 10 クラスターC G3 ダ1200 14--------1** 牝5 53.0 岩田康誠長谷川浩495(--)1.09.1 -0.2----ヒロシゲゴールド
19/06/06 門別 11 北海道SC G3 ダ1200 16--------1** 牝5 54.0 岩田康誠長谷川浩506(--)1.11.5 -0.6----メイショウアイアン
19/05/01 名古 11 かきつばた記 G3 ダ1400 12--------2** 牝5 54.0 鮫島良太長谷川浩500(--)1.25.6 0.5----ゴールドクイーン
19/03/21 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 11--------2** 牝5 54.0 鮫島良太長谷川浩490(--)1.26.6 0.0----サクセスエナジー
19/02/17 京都 11 大和S OP ダ1200 137115.131** 牝5 53.0 鮫島良太中村均500(+8)1.10.7 -0.135.5⑨⑨ジューヌエコール
19/01/27 東京 11 根岸S G3 ダ1400 164863.9117** 牝5 54.0 内田博幸中村均492(-4)1.24.5 1.036.2⑦⑧コパノキッキング
19/01/05 京都 10 門松S 1600万下 ダ1200 12792.211** 牝5 55.0 岩田康誠中村均496(0)1.11.2 -0.135.6⑦⑦スズカコーズライン
18/12/01 阪神 10 御影S 1600万下 ダ1400 9554.932** 牝4 55.0 岩田康誠中村均496(+4)1.23.6 0.136.0⑥⑤ホウショウナウ
18/11/03 京都 10 貴船S 1600万下 ダ1400 166116.924** 牝4 55.0 鮫島良太中村均492(+8)1.23.7 0.236.2⑥⑥ワンダーサジェス
18/10/14 京都 12 藤森S 1600万下 ダ1200 158148.452** 牝4 55.0 鮫島良太中村均484(+4)1.11.4 0.035.3⑦⑥コパノキッキング
18/09/22 阪神 11 大阪スポ杯 1600万下 ダ1400 12227.953** 牝4 55.0 鮫島良太中村均480(-2)1.22.4 0.836.2⑧⑦ヴェンジェンス
18/06/09 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 11676.344** 牝4 55.0 鮫島良太中村均482(+5)1.24.2 0.036.1⑥⑦タイセイエクレール
18/04/11 船橋 11 マリーンC G3 ダ1600 12--------3** 牝4 55.0 鮫島良太中村均477(--)1.41.4 0.2----アンジュデジール
18/03/31 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 164821.594** 牝4 52.0 鮫島良太中村均482(-4)1.23.6 0.236.6⑩⑪モーニン
18/02/18 京都 11 大和S OP ダ1200 15594.427** 牝4 52.0 鮫島良太中村均486(+6)1.11.6 0.835.9⑫⑬ナンチンノン
18/01/21 京都 10 山科S 1600万下 ダ1200 14229.631** 牝4 54.0 鮫島良太中村均480(+8)1.12.3 -0.135.4⑩⑦ラズールリッキー
17/12/10 阪神 12 高砂特別 1000万下 ダ1200 152335.391** 牝3 54.0 鮫島良太中村均472(+10)1.11.5 -0.235.9ピースマーク
17/11/05 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1200 1651023.067** 牝3 54.0 国分恭介中村均462(0)1.12.2 0.236.2⑮⑮グラッブユアコート

⇒もっと見る


ヤマニンアンプリメの関連ニュース

【カペラS】レース展望

2019年12月2日(月) 16:56

 8日の中山では師走の短距離ダート重賞としてすっかり定着したカペラS(GIII、1200メートル)が行われる。

 最も注目されるのは連覇がかかるコパノキッキング(栗東・村山明厩舎、セン4歳)だ。5走前からコンビを組んでいる藤田菜七子騎手は、5着ながら初戦のフェブラリーSでGI初騎乗を果たし、2走前の交流GII東京盃で重賞初制覇。前走の交流GI・JBCスプリントは惜しくもクビ差の2着に終わったが、今回はJRA重賞初制覇がかかる一戦。初めて背負う58キロが鍵になるが、最近は脚質に自在性が出ているのは強み。チャンスは十分ありそうだ。

 ゴールドクイーン(栗東・坂口智康厩舎、牝4歳)は前走のJBCレディスクラシックで逃げ粘ってヤマニンアンプリメの2着。JBCスプリントと同じ浦和のダート1400メートルで1分24秒9(重)のタイムはコパノキッキングよりもコンマ1秒速かった。中山のダート1200メートルは2走前のながつきSで逃げて圧勝しており、単騎でハナに行ければ怖い存在だ。

 ヒロシゲゴールド(栗東・北出成人厩舎、牡4歳)はキタサンミカヅキヤマニンアンプリメゴールドクイーンといった重賞ウイナー相手に差のない競馬をしている。前走の室町S12着は出遅れたため参考外。スムーズにスタートを切れれば、上位争いは可能だ。

 小倉2歳S、阪神Cと芝重賞2勝のシュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)はダートでも今春、同じ舞台の千葉Sを快勝している。最近は重い斤量を背負ってきたが、今回は背負い慣れた57キロだけに、目が離せない。

 久々で転厩初戦になるが、じっくりと乗り込んで力は出せそうな昨年のクラスターCの勝ち馬オウケンビリーヴ(美浦・和田勇介厩舎、牝6歳)も好勝負をしても不思議はない。

 前走のオータムリーフS2着など、この秋は安定しているテーオージーニアス(栗東・梅田智之厩舎、牡4歳)、しまい一手の極端な脚質ながら決め手が鋭いドリュウ(美浦・土田稔厩舎、牡4歳)、サマーチャンピオン2着のヒザクリゲ(栗東・牧浦充徳厩舎、牝4歳)、昇級初戦でも連勝中で勢いがあるレッドアネラ(美浦・加藤征弘厩舎、牝4歳)なども争覇圏内だ。



カペラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【JBCレディスクラシック(Jpn1)3上牝馬オープン】(浦和)~ヤマニンアンプリメが優勝 2019年11月4日(月) 16:55

4日、浦和競馬場の第8Rに行われた第9回 JBCレディスクラシック(Jpn1)3上牝馬オープン(ダート 左1400m サラブレッド系3才以上 定量)は武豊騎手騎乗の3番人気・3番ヤマニンアンプリメ牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分24秒5(重)。さらに2馬身差の2着に2番人気・5番ゴールドクイーン牝4)、そこから6馬身差の3着に1番人気・11番ファッショニスタ牝5)が入った。
ヤマニンアンプリメは、父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス、母の父サンデーサイレンスという血統で長谷川浩大厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・廣田伉助。馬主は土井肇。通算成績は29戦9勝。
「JBCレディスクラシック(Jpn1)3上牝馬オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【JBCレディスクラシック】3番人気ヤマニンアンプリメが差し切りV 2019年11月4日(月) 15:20

 11月4日の浦和8Rで行われた第9回JBCレディスクラシック(3歳以上牝馬、交流GI、ダート・左1400メートル、定量、12頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の3番人気ヤマニンアンプリメ(5歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が中団から徐々にポジションを上げ、逃げるゴールドクイーン(2番人気)を4コーナー2番手から楽々と差し切ってGI初制覇を飾った。タイムは1分24秒5(重)。

 2馬身差の2着にはゴールドクイーン、さらに6馬身差遅れた3着にファッショニスタ(1番人気)が続き、4番人気のモンペルデュはスタートして間もなく落馬した。

 JBCレディスクラシックを勝ったヤマニンアンプリメは、父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道浦河町・廣田抗助氏の生産馬で、馬主は土井肇氏。通算成績は29戦9勝。重賞は2019年北海道スプリントC・交流GIII、クラスターC・交流GIIIに次いで3勝目。

 ◆武豊騎手(1着 ヤマニンアンプリメ)「初めて乗りましたが、返し馬でいい状態だと感じましたし、馬も(浦和は)2度目で冷静に走ってくれました。多くのファンが来ていますし、アメリカから駆けつけて間に合ってよかったです。来年もチャレンジしたいです」



★【JBCレディスクラシック】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【JBCレディスクラシック】レース展望 2019年11月2日() 19:29

武豊騎手と新コンビ結成で挑むヤマニンアンプリメ



 4日(祝・月)に、交流GI・第9回JBCレディスクラシック(交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・左1400メートル)が行われる。これまでの歴史上、最も短い1400mで行われるダート界の最強牝馬決定戦を展望していきたい。



 今春以降、牡馬混合の交流重賞で2、2、1、1、3着と好走を続けており、ここにきての充実度でライバルたちをリードしているヤマニンアンプリメ(栗東・長谷川浩大厩舎、5歳)。今回と同舞台で行われた前走のテレ玉杯オーバルスプリントでも3着に敗れているように、1400m戦では勝ち切れていないものの、牝馬同士なら勝利をつかみたいところだ。



 GI初制覇の期待がかかる長谷川浩大調教師は「前走が初の浦和でしたが、思った以上に難しいコースで対応しきれませんでした。ただ課題が見つかったし、経験したことは大きい。ある程度のポジションにいることが勝利の条件ですし、コースへの対応力を見せてくれれば」と語っている。



 このレースではレッツゴードンキに騎乗する岩田康誠騎手に替わってコンビを組むのは、JBC競走で計9勝を誇りながら、レディスクラシックは意外にも勝っていない武豊騎手。勢いに乗る強力なパートナーを得て、新たなGIコレクションを増やせるか注目したい。



★逃げるのみ!ゴールドクイーンが自分を貫き栄冠目指す



 控える競馬を試みた2走前のスパーキングレディーC(交流GIII)では見せ場を作れなかったものの、本来の逃げる戦法を取った前走のながつきS(オープン特別)では5馬身差の圧勝を披露したゴールドクイーン(栗東・坂口智康厩舎、4歳)。



 1200~1400m戦で全6勝を挙げているだけに、今年の舞台設定はこの上ないチャンス。同型との兼ね合いは気になるところだが、現役屈指のスピードを持っているだけに、いつも通りゲートを出ればマイペースに持ち込める可能性は高いだろう。



 「左回りは結果が出ていませんが、いろいろとかみ合わない面もあったし、調子が良ければそんなに気にする必要はないと思います。行き切って力を出せるタイプだし、コースを考えてもハナを奪いたいですね」と坂口真宏調教助手。ここも自分の競馬に徹するのみだ。



★牝馬トップクラスのファッショニスタは流れに乗れるかがカギ



 7月のスパーキングレディーC(交流GIII)で重賞初制覇。秋初戦となった前哨戦のレディスプレリュード(交流GII)でも勝ち馬とタイム差なしの2着と結果を出しているように、牝馬トップクラスの実力を持っているファッショニスタ(栗東・安田隆行厩舎、5歳)。



 デビュー当初から1400m戦で実績を積み重ねてきているだけに大きな問題にはならないとみるが、重賞レベルのメンバーを相手にするようになってからはこの距離を走っていないだけに、どのように対応するかがカギになる。



 管理する安田隆行調教師も「ひと叩きしてグンと上向いた感じはしませんが、いい状態でレースに向かえると思います。速い馬がいるし、コース形態も考えると、楽についていけるかがポイントになるでしょう」と語る。結果が出せるかどうかは、スムーズに流れに乗れるかにかかってきそうだ。



★3歳馬のモンペルデュは1ハロン延長を克服できるか



 昨秋のデビュー以来7戦5勝。今夏以降、一気の3連勝で初オープン勝ちを果たした3歳馬のモンペルデュ(栗東・松永幹夫厩舎、3歳)は、南関東を知り尽くす戸崎圭太騎手との新コンビを結成して挑む。



 京都1200mで行われた前走の室町S(オープン特別)で古馬を相手に3馬身1/2差をつけるレコード勝ちを決めているように、スピードは最上級のものをもっているが、5勝すべてを1000~1200m戦で挙げている。2度の敗戦はいずれも1400mでのものだけに、1ハロンの距離延長を克服できるかどうかが大きなカギとなりそうだ。



 管理する松永幹夫調教師も「まだ3歳で、すごく良くなってきているのを感じます。ただ、やはりベストは1200m。1ハロン延長がどう出るか」と不安を隠さない。勝てば2015年のホワイトフーガに次いで2頭目の3歳制覇となるが、果たして。



★芝・ダート兼用のレッツゴードンキが4年半ぶりのGI制覇を目指す



 2015年の桜花賞馬で、川崎競馬場で行われた3年前のJBCレディスクラシックでは2着に善戦しているレッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、7歳)が、桜花賞以来4年半ぶりとなるGI制覇を目指して登場する。



 7歳の秋を迎えた今も、大きなケガをすることもなく懸命に走り続けているが、秋初戦となった前走のスプリンターズS(GI)でも5着と見せ場を作っているように年齢的な衰えはまったく感じられない。



 ダートは3戦未勝利だが、牡馬の一線級を相手にした昨年のフェブラリーS(GI)でも5着しているように不安なし。梅田智調教師も「2歳から、本当にタフでよく頑張ってくれている。ダートは問題ないし、1度使っての上積みも見込める。チャンスはある」と燃えている。



★交流重賞V実績あるラーゴブルーがJRA勢に挑む



 2017年のララベルに次いで史上2頭目となる地方所属馬によるVを目指す地方勢は、今春のマリーンC(交流GIII)でJRA勢を一蹴しているラーゴブルー(川崎・内田勝義厩舎、5歳)に期待が集まる。



 ともに7着に敗れた近2走の内容が気になるが、浦和の1400mは昨年のしらさぎ賞(SIII)を制しているように相性の良い舞台。地元、南関勢として意地を見せることができるか注目したい。



 JRAからの移籍初戦となったレディスプレリュード(交流GII)で5着に善戦したサラーブ(大井・藤田輝信厩舎、4歳)は、南関東の馬場への慣れが見込める2戦目でさらなる前進が期待できそう。



 JRA所属時代の昨年1月にTCK女王盃(交流GIII)を制しているミッシングリンク(浦和・小久保智厩舎、5歳)は、今年に入ってからの5戦が4、5、3、6、11着と結果が出ていないだけに、本来の能力を発揮できるかが気になるところだ。

[もっと見る]

JBCクラシック出走のパフューム、坂路4ハロン51秒5 2019年10月31日(木) 05:05

 11月4日の交流GI・JBC諸競走(浦和)の追い切りが30日、栗東トレセンで行われた。 

 <クラシック>=ダ2000メートル

 交流GI・帝王賞勝ちのオメガパフューム(安田翔、牡4)は、栗東坂路で4ハロン51秒5-13秒1。攻め駆けしないタイプとしては上々の時計に、安田翔調教師は「思っていた調整はできました。いい状態でレースに出せます。(小回りの)浦和でも、12頭立てならコーナーで大きく外を回ることはないと思うので」と説明した。

 <レディスクラシック>=ダ1400メートル

 ヤマニンアンプリメ(長谷川、牝5)は、栗東坂路4ハロン52秒7-12秒1。長谷川調教師は「GIに向けて最高の仕上がり。すごくいいですね。前回(オーバルスプリント3着)でコースは経験。スタートが鍵になりますが、いい競馬を」と話した。

オメガパフュームの競走成績はこちら

[もっと見る]

【JBCレディスC】ヤマニンアンプリメ好調 2019年10月24日(木) 05:03

 JBCレディスクラシック(11月4日、浦和、交流GI、ダ1400メートル)に向けて23日、栗東トレセンで追い切りが行われた。

 ヤマニンアンプリメ(栗・長谷川、牝5)は、坂路で4ハロン51秒8-12秒4。シャープな伸びで急勾配を駆け上がってきた。「状態はいいですし、動きもさすがと思わせるもの。このひと追いで上向くと思います」と長谷川調教師は順調さを伝えた。

 ゴールドクイーン(栗・坂口、牝4)は同52秒6-12秒2で登坂。坂口調教師は「馬は変わらずにきています。順調ですよ」と話した。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマニンアンプリメの関連コラム

関連コラムはありません。

ヤマニンアンプリメの口コミ


口コミ一覧

武豊はやっぱ凄ェ!

 マキト 2019年11月4日(月) 21:23

閲覧 86ビュー コメント 0 ナイス 10

今日JBCレディスクラシック勝った。この勝利で武豊騎手は、地方競馬場で行われているGI・JpnIの全競走制覇を達成した。武豊騎手の地方競馬場におけるGI・JpnI競走勝利は下記のとおり。

全日本2歳優駿
1997 アグネスワールド(当時GII)
2003 アドマイヤホープ

ジャパンダートダービー
2002 ゴールドアリュール
2003 ビッグウルフ
2005 カネヒキリ

川崎記念
2005 タイムパラドックス
2010 ヴァーミリアン
2012 スマートファルコン

かしわ記念
1997 バトルライン(当時GIII)
2016 コパノリッキー
2017 コパノリッキー

帝王賞
2005 タイムパラドックス
2009 ヴァーミリアン
2011 スマートファルコン
2014 ワンダーアキュート
2016 コパノリッキー

南部杯
1999 ニホンピロジュピタ

JBCクラシック
2005 タイムパラドックス
2007 ヴァーミリアン
2008 ヴァーミリアン
2009 ヴァーミリアン
2010 スマートファルコン
2011 スマートファルコン
2015 コパノリッキー
2016 アウォーディー

JBCスプリント
2004 マイネルセレクト

JBCレディスクラシック
2019 ヤマニンアンプリメ

東京大賞典
2002 ゴールドアリュール
2003 スターキングマン
2007 ヴァーミリアン
2010 スマートファルコン
2011 スマートファルコン

【参考】
ダービーグランプリ
2002 ゴールドアリュール
2005 カネヒキリ
※現在は格付け無の地方競馬交流重賞競走

(地方競馬全国協会のリリースより)

完全制覇!と思ったら来年からJBC2歳優駿が増える事を聞かされてよろける武さん(笑)

https://twitter.com/nachi0048/status/1191222343130996737?s=19

 ちびざる 2019年11月4日(月) 19:44
【交流重賞】JBCレディスクラシック(JpnⅠ)の結果
閲覧 46ビュー コメント 2 ナイス 10

1着:③ヤマニンアンプリメ
2着:⑤ゴールドクイーン
3着:⑪ファッショニスタ



1着の③ヤマニンアンプリメは▲
2着の⑤ゴールドクイーンは△
3着の⑪ファッショニスタは◎

でした。

私の注目馬の⑪ファッショニスタは3着でした。


予想買い目は、

三連複1頭軸流し
⑪→①③⑤⑥

でしたので、予想は的中しました。(´▽`) ホッ


私が注目馬の⑪ファッショニスタは3着でした。
好スタートも外枠が響いてハナを奪えませんでした。
3番手に控える競馬も3コーナー過ぎから差を詰めるも
逃げ馬を捕らえる切れずに直線へ。この辺で手ごたえが怪しくなりましたね。
最後は3着確保が精一杯でしたね。
マイナス7キロが影響したのか早めに手ごたえが怪しくなってしまいましたね。
やはり気持ちよく逃げられないと苦しくなりますね。


1着の③ヤマニンアンプリメについて、好スタートから先行勢を見る形の
5~6番手の位置での競馬でした。
折り合いもついていて、4コーナー過ぎから一気の捲りで
直線では、前を射程に捕らえると抜け出し見事勝利しました。
強かったですね。


2着の⑤ゴールドクイーンについて。
かなり良いペースで逃げていましたが
勝ち馬の良い目標になった感じですね。
負けても3着には6馬身の差をつけていました。
この馬も強い競馬だったと思います。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 正義の魂 2019年11月4日(月) 16:04
今週の馬券収支は実質ぴったりプラマイゼロ
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 2

いましがた終わった、JBCクラシックにて、
チュウワウィザードがハナ差で
オメガパフュームを退け、優勝した。

私は一昨日と昨日のJRAレースで、
トータル600円のマイナスだったので
あったが、1,000円買った
チュウワウィザードの単勝が
160円(1.6倍)だったので、
今週の馬券収支は、
ぴったりプラマイゼロとなった。

レディスクラシックの、
ヤマニンアンプリメの単勝を
買わなかったのが悔やまれるが、
スプリントでファンタジストの
単勝を買っていたら、大ハズレだったので、
まあ良しとしよう。

JBCクラシックでは、今回は左回りにつき、
チュウワウィザードの方が、
オメガパフュームよりも、はるかに有利、
と思っていたのであったが、
オメガパフュームの抵抗に、
私も冷や冷やさせられたものであった。

チュウワとオメガとは、良いライバル同士の
ようなので、今後どちらが抜け出すか、
はたまた毎戦接戦を繰り返すのか、
非常に楽しみである。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマニンアンプリメの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヤマニンアンプリメの写真

ヤマニンアンプリメ
ヤマニンアンプリメ

ヤマニンアンプリメの厩舎情報 VIP

2019年2月17日大和ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヤマニンアンプリメの取材メモ VIP

2019年2月17日 大和ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。