デュードヴァン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2017年1月29日生
調教師加藤征弘(美浦)
馬主株式会社 スリーエイチレーシング
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績 8戦[3-1-0-4]
総賞金5,813万円
収得賞金2,600万円
英字表記Dieu du Vin
血統 Declaration of War
血統 ][ 産駒 ]
War Front
Tempo West
ジェラスキャット
血統 ][ 産駒 ]
Tapit
Zealous Cat
兄弟 デエスデュヴァン
前走 2020/12/12 師走ステークス (L)
次走予定 2021/01/24 東海テレビ杯東海S G2

デュードヴァンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/12/12 中山 11 師走S (L) ダ1800 167139.955** 牡3 54.0 大野拓弥加藤征弘482(0)1.53.0 0.637.8⑬⑬⑭⑬タイキフェルヴール
20/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 167137.8414** 牡3 55.0 M.デムー加藤征弘482(+10)1.37.3 2.338.2⑤④サンライズノヴァ
20/08/09 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 15343.014** 牡3 56.0 川田将雅加藤征弘472(+2)1.50.0 0.836.8④⑤ケンシンコウ
20/06/21 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 16116.232** 牡3 56.0 M.デムー加藤征弘470(-4)1.35.7 0.835.5⑭⑭カフェファラオ
20/05/17 東京 10 青竜S OP ダ1600 157137.941** 牡3 56.0 川田将雅加藤征弘474(0)1.36.2 -0.036.5⑦⑥ダノンファスト
20/04/18 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 122217.2711** 牡3 56.0 三浦皇成加藤征弘474(-2)1.36.3 2.037.9⑫⑪タイセイビジョン
19/11/23 東京 9 カトレア賞 1勝クラス ダ1600 16232.511** 牡2 55.0 L.デット加藤征弘476(+6)1.36.2 -0.136.6⑤⑤ショウナンマリオ
19/10/26 東京 6 2歳新馬 ダ1600 168162.111** 牡2 55.0 C.ルメー加藤征弘470(--)1.37.0 -0.436.2ダノンファラオ

デュードヴァンの関連ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】チャンピオンズカップ2020 昨年以上を窺わせるクリソベリルとチュウワウィザード-水曜追い切りチェック 2020年12月3日(木) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャンピオンズカップ・調教予想(水曜版)をお届けします!


日曜日に行われるチャンピオンズカップの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アナザートゥルース【B】
美浦南W併走。推進力が上に逃げる完歩が目につくものの、首をしっかり使えているので、走り全体のリズムは悪くない。抜け出したあとも集中を切らすことなく、脚を伸ばしていた点は評価できる。いい仕上がり具合ではないか。

アルクトス【B】
美浦坂路併走。行きっぷり良く好タイムをマークした。少し前進気勢に過ぎる気もするが、脚さばきはスムーズ。前後のバランスもとれている。攻め巧者なので過度の評価はできないものの、雰囲気は決して悪くない。

インティ【C】
栗東CW併走。頭を低く保っている点はいいのだが、直線半ばで手前を替えてからは、集中力が途切れ気味。そのぶん、しまいの伸びを欠いてしまった。現状維持の範囲内という感が強く、勝ち負けまではどうか。

エアアルマス【B】
栗東坂路単走。序盤の走りこそ地味だったが、鞍上に促されたあとの伸び脚には光るものがあった。実戦を叩いて、調子が上向いているのは間違いない。あとは、他馬がいる場合に落ち着きを保てるか否か。そのあたりが焦点となろう。

エアスピネル【C】
栗東坂路併走。四肢の可動域が狭く、リズムに乗り切れない走り。加速ラップを刻んだとはいえ、元来稽古駆けする馬とすれば、物足りなさを感じてしまう。一変を望むのは難しいかもしれない。

クリソベリル【A】
栗東坂路併走。追走遅れの形になったものの、追い抜くことが目的の調整ではないうえに、先行していたのは末脚自慢のサンライズノヴァ。深刻に捉える必要はない。昨年の同時期と比べて、楽に時計を出せるようになっているし、威圧感も増している。優に合格点だろう。

クリンチャー【B】
栗東坂路単走。序盤こそモタモタしていたものの、中盤以降は小気味の良い脚運びを見せた。やや気負い気味ではあるが、いい頃の躍動感ある走りが戻りつつあり、状態は着実に上昇している。軽んじて扱えない1頭といえよう。

ゴールドドリーム【B】
栗東坂路単走。序盤としまいに手前の切り替えでスムーズさを欠いたが、道中のステップは軽快で活気も十分。ブレの少ないフォームで駆ける姿は見映えがする。順調とみてよさそうだ。

サトノギャロス【D】
栗東坂路単走。体の向きが安定しないし、右前肢の着地ポイントもバラつき気味。鞍上の仕掛けに対する反応も薄いというよりは、嫌がっているように映る。本来のデキにあるとは言い難く、今回は割引が必要だろう。

サトノティターン【D】
美浦南W併走。鞍上の合図に対する反応が鈍く、しまいにかけての伸びは今ひとつ。力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。良化途上の感は否めず、今回は様子見が正解のように思える。

サンライズノヴァ【B】
栗東坂路併走。ほぼ馬任せの軽めの内容ながら、一定のリズムを保って駆け抜けた。見た目は地味だが、追いかけてくるクリソベリルに馬体を寄せられても、気負うことなく走る姿から、折り合い面の心配はしなくてもよさそう。及第点の仕上がりと判断したい。

タイムフライヤー【B】
栗東CW単走。少し前肢の出が窮屈に映るものの、促されてからの反応はスムーズで、最後まで集中力を切らすことなく走り抜いた。稽古映えするタイプなので過大評価はしづらいが、漂う気配は上質の部類。侮れない存在だ。

チュウワウィザード【A】
栗東坂路併走。中盤から一定のリズムを保ち、持続的に脚を伸ばしていた点は高く評価できる。最後はやや体勢不利の形となったが、これは相手を褒めるべきだろう。少なくとも前年(4着)の最終追い時より雰囲気はいい。

デュードヴァン【D】
美浦南W併走。僚馬が気になるのか、頭が相手のほうに向く場面が多く、フォームが崩れがち。鞍上の仕掛けに対する反応も薄く、モチベーションが不足しているように映る。G1で対等に争うには、もう少し時間が必要かもしれない。

モズアスコット【B】
栗東坂路単走。息を整える程度の内容ながら、気負うところなく制御の利いた走りを見せた。やや頭の位置は高いものの、回転鋭い脚さばきは健在だし、前後左右のバランスもとれている。現状の力を出せる態勢とみたい。


【調教予想からの注目馬】
クリソベリル チュウワウィザード

[もっと見る]

【チャンピオンズC&ステイヤーズS&チャレンジC】レースの注目点 2020年12月2日(水) 16:54

★連覇狙うクリソベリルなど多彩なメンバーが登録 ダート路線の王者決定戦チャンピオンズC



 12月6日、中京ではダートのGI、チャンピオンズCが実施される。同レースは、2013年まで「ジャパンCダート」として実施されてきたが、2014年からはチャンピオンズCに改称され、舞台を中京へと移して実施されている。今年のチャンピオンズCには、連覇を狙うクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、“統ーダートGI”5勝の実績を誇るゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)に加え、今年のJRAダート重賞で2勝を挙げているモズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)、カフェファラオ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)、芝&ダート双方の重賞を制した実績をもつタイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)、クリンチャー(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)など3歳から7歳の5世代・18頭が登録しているが、ダート路線の王者決定戦を制すのはどの馬だろうか。なお、チャンピオンズCでは、舞台を中京に移した2014年以降、“統ーダートGI”勝ち馬が6年連続で1着となっている。



★国内ではデビューから負けなしの8戦8勝 史上2頭目の連覇に挑むクリソベリル



 クリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、チャンピオンズC連覇に挑む。同馬は、デビューから6連勝で昨年のチャンピオンズCを制した後、初の海外遠征となった今年2月のサウジCで7着に敗れ、初の敗戦を喫した。クリソベリルはその後、帝王賞JBCクラシックと“統ーダートGI”を連勝し、国内での成績を8戦8勝としているが、今年もチャンピオンズCを制して、国内での連勝を更に伸ばすことができるかどうか。Vなら、クリソベリルに騎乗予定の川田将雅騎手は7年連続のJRA・GI制覇となる。なお、チャンピオンズCを連覇すれば、2010・11年(当時の名称はジャパンCダート)のトランセンド以来、9年ぶり2頭目となる。



★“統一ダートGI”5勝のゴールドドリーム 3年ぶりのチャンピオンズC制覇なるか



 現役トップの“統ーダートGI”5勝を誇るゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)が、2017年以来2度目のチャンピオンズC制覇に挑む。同馬は、2017年にフェブラリーS、チャンピオンズCを制し、史上7頭目のJRAダートGI2勝馬となった。ゴールドドリームはその後も“統ーダートGI”を中心に出走を続けており、昨年のチャンピオンズCでも2着に入っている。ゴールドドリームは今年、サウジC6着、平安S3着、南部杯6着という成績だが、3年ぶりにチャンピオンズCを制すことができるかどうか。Vなら、史上10頭目の“統ーダートGI”6勝以上馬、並びにカネヒキリトランセンド(4勝)以来3頭目のJRAダートGI3勝以上馬となる。なお、ゴールドドリームには和田竜二騎手が騎乗する予定。



★中京のダート戦では3戦2勝 昨年3着の雪辱を狙うインティ



 今年のチャンピオンズCには、昨年の勝ち馬クリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、同2着馬ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、同3着馬インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)、同4着馬チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)が登録している。チャンピオンズCに前年の1~4着馬が揃って出走すれば、2013年、2015年に続く3回目となる。2013年は前年2着のワンダーアキュートが最先着(2着)、2015年は前年4着のサンビスタが1着となったが、今年はどのような結果となるだろうか。



 インティは、昨年のフェブラリーSを制した後は勝利から遠ざかっているが、中京のダート戦で3戦2勝という成績を挙げており、昨年のチャンピオンズCでは逃げてクリソベリルから0.2秒差の3着に入っている。インティは昨年に続き武豊騎手とのコンビで出走を予定しているが、前年のリベンジを果たすことができるかどうか。



★2年連続JRAダート戦のリーディングサイヤー ゴールドアリュール産駒は3頭が出走予定



 種牡馬ゴールドアリュールは、2018年、2019年と2年連続でJRAダート戦でのリーディングサイヤーとなり、現在実施されている“統ーダートGI”12レースでは全日本2歳優駿を除く11レースを制している。同産駒は今年のJRAダート戦でも好成績を挙げており、11月29日現在のJRAダート戦種牡馬成績では2位となっている。ゴールドアリュール産駒はチャンピオンズCで歴代最多の3勝を挙げているが、今年もチャンピオンズCで好成績を挙げて、3年連続のJRAダート戦リーディングサイヤーに前進することができるかどうか。なお、同産駒はクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)と“統ーダートGI”勝ち馬3頭が出走する予定。



 なお、JRAダート戦種牡馬成績で首位に立っているヘニーヒューズの産駒はサトノギャロス(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)が登録している(チャンピオンズCのフルゲートは16頭で、同馬は11月29日現在、出走馬決定順で18番目となっている)。



★“統一ダートGI”で堅実な成績 戸崎圭太騎手とのコンビで挑むチュウワウィザード



 チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、“統ーダートGI”で6戦2勝、2着1回、3着2回と堅実な走りを見せており、昨年のチャンピオンズCでは4着に入っている。同馬は、今年は川崎記念1着、帝王賞3着、JBCクラシック3着という成績を残しているが、昨年4着に敗れたチャンピオンズCで勝利を挙げることができるかどうか。なお、チャンピオンズC優勝馬の前走を見ると、“JBCクラシック組”は最多の5勝を挙げている。



 チュウワウィザードに騎乗予定の戸崎圭太騎手は、“統ーダートGI”で通算8勝を挙げているが、JRAで実施されるフェブラリーS、チャンピオンズCでは未勝利となっている。同騎手は今回が7回目のチャンピオンズC騎乗となるが、同レース初勝利を挙げることができるかどうか。



フェブラリーS勝ち馬3頭が登録 ゴールドドリームインティ、モズアスコット



 今年のチャンピオンズCには、2017年のフェブラリーS勝ち馬ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、2019年のフェブラリーS勝ち馬インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)、今年のフェブラリーS勝ち馬モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が登録している。3頭のフェブラリーS勝ち馬がチャンピオンズCに出走すれば、2008年、2013年に続き3回目となるが、どの馬が先着するだろうか。なお、モズアスコットが勝てば、史上4頭目の同一年フェブラリーS&チャンピオンズC制覇となる。



 また、モズアスコットは2018年の安田記念勝ち馬で、芝&ダート双方でGI勝利を挙げている。今年のチャンピオンズCには、2017年ホープフルS勝ち馬タイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)も登録しており、同馬にはモズアスコット以来の芝&ダートGI制覇がかかる。タイムフライヤーは8月のエルムSでダート重賞初制覇を飾ったが、芝に続きダートでもGIを制すことができるかどうか。



★2年ぶり4回目の勝利を目指す関東勢 南部杯を制したアルクトスなど5頭が登録



 チャンピオンズCは今年で21回目を迎えるが、過去20回の勝ち馬を見ると、関西馬が16勝を挙げており、関東馬は3勝にとどまっている。今年のチャンピオンズCには、前走の南部杯で“統ーダートGI”初制覇を遂げたアルクトス(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)、2016年の勝ち馬サウンドトゥルーの弟で、チャンピオンズCきょうだい制覇がかかるアナザートゥルース(セン6歳、美浦・高木登厩舎)など5頭の関東馬が登録しているが、2018年ルヴァンスレーヴ以来、2年ぶり4回目の勝利を挙げることができるかどうか。なお、アルクトスには田辺裕信騎手、アナザートゥルースにはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



★2018・19年と2年連続Vの3歳馬 今年は力フェファラオ、デュードヴァンが登録



 チャンピオンズCでは、2018年ルヴァンスレーヴ、2019年クリソベリルと3歳馬が2年連続で勝利を挙げている。今年はシリウスSを制した力フェファラオ(牡、美浦・堀宣行厩舎)、ユニコーンS2着のデュードヴァン(牡、美浦・加藤征弘厩舎)と2頭の3歳馬が登録しているが、今年の3歳勢も勝利を挙げることができるかどうか(※デュードヴァンは11月29日現在、チャンピオンズC(フルゲート16頭)の出走馬決定順で17番目となっている)。



 力フェファラオはデビュー以来5戦4勝という成績で、ジャパンダートダービー7着が唯一の敗戦となっている。デビュー6戦目でチャンピオンズCを勝てば、昨年クリソベリルが記録した同レースの最少キャリア優勝記録に並ぶが、JRAの競馬場で無敗の力フェファラオは古馬の強豪たちを破ってGI初制覇を遂げることができるかどうか。なお、同馬にはC.ルメール騎手が騎乗する予定。



★今年のJRA“古馬ダート重賞”で最多勝の6歳馬 ダート戦で安定した成績残すクリンチャー



 今年実施されたJRA“古馬ダート重賞”では、6歳馬が最多の5勝を挙げている。チャンピオンズCには、今年のJRA“古馬ダート重賞”勝ち馬であるモズアスコット(牡、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズノヴァ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)、クリンチャー(牡、栗東・宮本博厩舎)を含む5頭の6歳馬が登録しているが、好走することができるかどうか。



 このうち、クリンチャーは3歳時に皐月賞4着、ダービー13着、菊花賞2着と三冠レースすべてに出走し、4歳時にはフランスの凱旋門賞に挑戦(17着)するなど、デビューから芝のレースに出走を続けてきた。同馬は今年2月の仁川Sからはダート戦に出走を続け、7戦1勝、2着4回、3着1回と安定した走りを見せている。果たして、クリンチャーは芝では成し遂げていないGI制覇をダートの舞台で叶えることができるかどうか。なお、同馬には三浦皇成騎手が騎乗する予定。



★1番人気馬が7連勝中のJRA・GI チャンピオンズCは過去20年で1番人気馬が7勝



 今秋のJRA・GIレースは、スプリンターズSからジャパンCまでの7戦すべてで1番人気馬が勝利を挙げており、1985年菊花賞~1986年桜花賞と並び、グレード制が導入された1984年以降のJRA・GIでの1番人気馬の最多連勝記録となっている。チャンピオンズCで1番人気馬が勝てば、グレード制導入以降で初の8連勝となるが、JRA・GIでの1番人気馬の連勝は継続されるだろうか。なお、チャンピオンズCは、2000年の創設以降20年で1番人気馬が7勝を挙げている。



ステイヤーズS4勝目を目指すアルバート ステイヤーズS初参戦の岩田康誠騎手が騎乗予定



 アルバート(牡9歳、栗東・橋口慎介厩舎)が、ステイヤーズS4勝目を目指す。同馬は2015年の同レースで重賞初勝利を挙げて以降、主に芝2500メートル以上のレースに出走し、2016・17年のステイヤーズSを勝利して同一重賞3連覇を遂げている。アルバートは2018年は出走取消、昨年は2着となっているが、3年ぶりにステイヤーズSを勝利し、同レース4勝目を挙げることができるだろうか。Vなら、同一JRA重賞4勝はコウエイトライオジュウチョウサン以来3頭目の達成で、平地重賞では初の快挙となる。なお、アルバートに騎乗予定の岩田康誠騎手はステイヤーズS初参戦となるが、芝3000メートル以上の平地重賞で現役2位タイの9勝を挙げている。

[もっと見る]

【チャンピオンズカップ】特別登録馬 2020年11月23日(月) 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ラヴズオンリーユー、ジャパンCも視野に 2020年11月18日(水) 04:53

 ★エリザベス女王杯3着のラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝4)は、ジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)、香港カップ(12月13日、GI、シャティン、芝2000メートル)、香港ヴァーズ(同、芝2400メートル)を視野に入れる。「レース後も馬は大丈夫。香港は(現状で)招待がきていないので、(ジャパンCも)可能性として残している」と矢作調教師。

 ★京都JSで3着に敗れたオジュウチョウサン(美・和田郎、牡9)は、状態を見ながら中山大障害(12月26日、中山、J・GI、芝4100メートル)に向けて調整される。「(最終障害でぶつけた)前脚が腫れているので様子を見たい。今後は障害練習のやり方も変えて飛越が安定できれば」と和田郎調教師。

 ★デビュー4連勝中のレイパパレ(栗・高野、牝3)はチャレンジC(12月5日、阪神、GIII、芝2000メートル)を目標に近日中に帰厩する。所有するキャロットクラブが17日、ホームページで発表した。

 ★福島記念1着バイオスパーク(栗・浜田、牡5)は、中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)に向かう。7着マイネルハニー(美・栗田、牡7)は、中日新聞杯(12月12日、中京、GIII、芝2000メートル)かディセンバーS(12月20日、中山、L、芝1800メートル)へ。

 ★武蔵野Sを制したサンライズノヴァ(栗・音無、牡6)、7着モズアスコット(栗・矢作、牡6)は、チャンピオンズC(12月6日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。14着デュードヴァン(美・加藤征、牡3)は根岸S(1月31日、東京、GIII、ダ1400メートル)を視野に入れる。南部杯6着ゴールドドリーム(栗・平田、牡7)は、和田竜騎手で同レースに向かう。

[もっと見る]

【武蔵野S】レースを終えて…関係者談話 2020年11月15日() 04:40

 ◆北村宏騎手(ソリストサンダー2着)「惜しかったですね。最後は少し内にモタれたぶん、勝ち馬に追いつかれたが、最後までよく伸びています」

 ◆三浦騎手(エアスピネル3着)「いいところで運んで、直線でもうまく前があいた。結果論だけどスムーズにいきすぎて長く脚を使う形になってしまった。でも、力のあるところを見せられました」

 ◆横山典騎手(ワンダーリーデル4着)「よく頑張っていますよ」

 ◆ルメール騎手(タイムフライヤー5着)「反応が少し遅れて、外の馬に前へ入られると少し怖がるような感じになってフルパワーを出せなかった。スムーズなら勝ち負けになっていたよ」

 ◆浜中騎手(メイショウワザシ6着)「自分のペースで運んでどこまで粘れるかという競馬だったが、坂を上がって後続にかわされた」

 ◆横山武騎手(モズアスコット7着)「直線で進路があいたが、前回の反応がなかった。結果的に59キロの斤量が響いた感じ」

 ◆M・デムーロ騎手(デュードヴァン14着)「久しぶりの競馬で馬が少しイライラして、いいポジションは取れたが、息が入らなかった。使ってよくなると思う」



★14日東京11R「武蔵野S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

デュードヴァンの関連コラム

閲覧 2,098ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 レパードステークス 2020年08月09日(日) 新潟ダ1800m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2015年以降)】
דJRA、かつ2勝クラス以下のレース” [0-2-0-28](3着内率6.7%)
○“JRA、かつ2勝クラス以下のレース”以外 [5-3-5-30](3着内率30.2%)

 地方のダートグレード競走や、JRA、かつオープンクラスのレースを経由してきた馬が中心。たとえ前走が好内容だったとしても、その前走が1勝クラスや2勝クラスのレースだった馬は信頼できません。ちなみに、前走の条件が“JRA、かつ2勝クラス以下のレース”以外、かつ前走の着順が9着以内だった馬は2015年以降[5-3-5-21](3着内率38.2%)と堅実でした。

主な「○」該当馬→キッズアガチャーテーオーケインズデュードヴァン
主な「×」該当馬→タイガーインディブランクチェックライトウォーリア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「東京ダ1600mならびに“JRA、かつ1800mのレース”において“着順が1着、かつ4コーナー通過順が4番手以内”となった経験がある」馬は2015年以降[5-4-5-36](3着内率28.0%)
主な該当馬→キッズアガチャーデュードヴァンブランクチェックライトウォーリア

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月26日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/20~6/21)先週の回顧~(6/20~6/21) ユニコーンS◎○×的中のnigeプロが週間回収率トップ! スガダイプロは函館SS○▲◎的中などで回収率141%達成
閲覧 668ビュー コメント 0 ナイス 2



21(日)のG3函館SS、G3ユニコーンSほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
21(日)G3ユニコーンSを◎カフェファラオデュードヴァン×ケンシンコウで的中。20(土)阪神10R安芸Sなどの活躍で土日両日プラス達成の先週は、週間回収率トップの197%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)東京8R3歳以上1勝クラス阪神11R三宮S、21(日)阪神6R3歳以上1勝クラス函館9R3歳以上1勝クラスなどで高精度予想を幾度となく披露。迎えたG3函館SSでは、○ダイアトニックダイメイフジジョーマンデリンで的中! さらには、続く函館12R津軽海峡特別を▲レンブランサスパイスマジックソルトイブキ的中とし、週間トータル回収率141%、収支8万5560円プラス、的中率46%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
先週は、20(土)函館1R3歳未勝利◎○▲的中、21(日)函館1R3歳未勝利◎○的中、阪神11R米子S▲◎△的中などの活躍で、週間トータル回収率168%、収支21万7590円の大幅プラスをマーク。3週連続プラス収支を達成してします。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
20(土)函館5R2歳新馬での21万6840円、21(日)函館3R3歳未勝利函館6R3歳未勝利的中などの活躍で、週間トータル回収率129%、収支20万8620円を達成。こちらはプラス収支4週連続マークとしています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(137%)、金子京介プロ(134%)、新参者プロ(134%)、山崎エリカプロ(129%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(129%←2週連続週末プラス)、あおまるプロ(126%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(112%)、馬侑迦プロ(111%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(106%←7週連続週末プラス)、【U指数】3連単プリンスプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、蒼馬久一郎プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年6月14日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年06月14日号】特選重賞データ分析編(206)~2020年ユニコーンステークス~
閲覧 2,134ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2020年06月21日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【血統別成績(2014年以降)】
○父か母の父がサンデーサイレンス系種牡馬 [6-3-5-31](3着内率31.1%)
×父も母の父もサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-3-1-44](3着内率8.3%)

 日本国内の主流血統を持つ馬が優勢。ちなみに、外国産馬は4頭の単勝1番人気馬を含め2014年以降[0-1-0-6](3着内率14.3%)でした。今年は複数の外国産馬が注目を集めそう。無理に買い目から外す必要はないと思いますが、基本的には過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→サトノラファールサンライズホープタガノビューティー
主な「×」該当馬→カフェファラオデュードヴァンレッチェバロック


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ2勝クラス以上のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2014年以降[6-6-5-29](複勝率37.0%)
主な該当馬→カフェファラオサトノラファールタガノビューティーデュードヴァン

[もっと見る]

デュードヴァンの口コミ


口コミ一覧

師走S

 ken1 2020年12月12日() 15:25

閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 2

★師走S

過去5年のデータから
A……3着以内馬は6人気以内13/15頭、5人気以内の3才馬が必ず連対、3着以内の4才馬
は4人気以内、5,6才馬の人気は15,6,6,9,4
⇒1人気◎8パンサラッサ3才、2人5タイキフェルヴール、3人◎13デュードヴァン3才、4人
6デアフルーグ、5人9バレッティ、6人11ナムラカメタロー
4才○6番、×10,11,14、16番
 
B……ZI値3位以内が必ず3着以内
⇒◎1位9番、2位13番、3位4リアンヴェリテ

C……56.5K以上のトップハンデ(0/0/0/7)
⇒×4、7,11番

D……直坂コース実績は3才馬で五百万以上勝ち、4歳以上で1000万条件以上連対
⇒○1,2,3,6,7,10,11,12,14,15番
 ▲8番(芝五百万1)

E……3着以内馬は11~12月に五百万以上で勝ち
⇒×2,4,7,8,16番

F……3着以内馬は前走9月以降出走
⇒×4、5,10番

G……3着以内馬のダート複勝率44%以上14/15頭、例外15年サンマルデューク
⇒○3,5,7,9,10,11,12,13,14,16番

H……前走準OP以上勝ちが3着以内4/5年
⇒○10番

I……前走準OP1人気か、OP以上3人気以内が毎年3着以内
⇒○7,8,9、16番

J……3着以内馬は、必ず1頭は馬印1(S,A,C、R)、馬印2◎が3/5年、馬印3
が必ず1頭、馬印4◆◇が必ず1頭以上
⇒◎馬印1=4,7,9,11番 馬印2と3=9番

K……前走上がり3位以内が1頭は3着以内
⇒○10番

L……馬体重500~538K(8/4/5/57)
⇒○5,6,9,10,11,12,15番


基本的には前走好走の順調度のある馬か人気上位の実績馬が3着以内
リピーターはハンデ戦だけに斤量増で再度の好走は厳しい
17年シャイニービームは前走重賞で人気薄凡走も前々走で坂コースの準OP勝ちと好調で
再度軽ハンデと適性あるコースに戻っての3着
15年15人気2着サンマルデュークは直坂コースで1000万条件勝ちがあり
4走連続1秒差以上負けでしたが、過去に11~12月に未勝利と
1000万、準OP勝ちがあるなど得意な時期であった

(3/3/0/2)の3才馬が優位だが、8番は芝G3の2着あるも初ダートだし、13番は
ユニコーンS2着あるも直坂コースの実績が無く両馬とも堅軸とは言い難い
14番はここ2走最内枠で出っ歯ダッシュ二の脚がイマイチで、当該コースで2勝挙げている
2桁馬番の外目の枠になれば巻き返せるはず
16番の前走は2人気を裏切る惨敗も、ゲート内で歯をぶつけるアクシデントでダッシュつかず
終始外々を回らされる展開が敗因で本来の先行力であれば好位置に付けていけるはず

後の圏内は,3レッドフレイ、6番、14フィードバック、16ブランクエンド
更に押さえに9,10番

馬連(3,6,14,16)→8,13各三百円14点
三連複(3,6,14,16)1頭軸=(8,13)ー9,10各百円48点
三連単(8,13)→(3,6,8,13,14,16)→(3,6,8,9,10、13,14,16)
フォーメーション各百円
複勝勝負は、ハンデ戦だけに回避

 Haya 2020年11月19日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.11.19.)(東京スポーツ杯2歳S、マイ... 
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週に入り、妙に暖かい?
先日も関東地方(東京)で、夏日(25℃)に迫る23℃以上を記録!?

我が懐具合も、暖かくならないかなぁ?

≪異常天候早期警戒情報とは?≫
気象庁が、原則として毎週火曜日と金曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期途中経過】
第11期(11月7日~11月29日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3武蔵野Sでは、13番デュードヴァン軸で勝負!
ワイドBOX(4,13,15) 馬連(13-8,11)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「武蔵野S」の軸馬デュードヴァン、スタート良く先行5番手追走、直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが馬群に沈み13着惨敗。優勝サンライズノヴァ(3人気)、2着ソリストサンダー(11人気)、3着エアスピネル(8人気)が入り波乱決着!?反省点として、すべて!? 選択した軸馬、相手馬も完敗…。で、何がよくなかったのか!? 前半800mの通過が46.1秒と速くなったことで、先行勢にとっては苦しいレース展開がすべて。M.デムーロ騎手のコメント「久しぶりだったし、イライラしていた。スタートも出ていい位置を取れたけど、直線では息が入っていなくてバラバラになってしまった。」…残念。


土曜、G2デイリー杯2歳Sでは、2番レッドベルオーブ軸で勝負!
ワイド(2-3) 馬連(2-3)
結果は、ワイド馬券的中! (170円)

土曜「デイリー杯2歳S」の軸馬レッドベルオーブ、中団でレースを進め直線で最内を突いて、2番手追走から一旦先頭に立ったホウオウアマゾン(2人気)との競り合いを制し優勝。3着スーパーホープ(4人気)本命決着!!反省点として、馬券種の選択!? つくづく実感するのが、馬券の買い方。配当金(馬連270円/馬単340円/3連複430円/3連単890円)で比較する限り、ほぼ1点で当てない限りは儲けが無い状況。ただ、1点買いはリスクが大きいため、資金を振分けたつもりだったが、結果からすればワイド馬券1点での勝負が適正だったかも…残念。


日曜、G1エリザベス女王杯では、11番ラヴズオンリーユー軸で勝負!
ワイド(11-3,6,8,14,17) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「エリザベス女王杯」の軸馬ラヴズオンリーユー、中団でレースを進め直線で抜け出し優勝…のはずが、最後は伸びているが届かず3着入線! 優勝は、ラッキーライラック(1人気)2着サラキア(5人気)本命決着!!反省点として、相手馬の選択!? 唯一、センテリュオだけが掲示板(5着入線)。結果論だが、ハイブリッド新聞の指数上位(1位ノームコア、2位ラッキーライラック、3位センテリュオ、4位サラキア、5位ラヴズオンリーユー)だけを買っておけば簡単に当てることはできた。補足としては、血統からサラキア(父ディープインパクト×母サロミナ(母の父Lomitas)。母は12年にハンブルク牝馬賞-独G3、12年独オークス-独G1と芝2200mの重賞を連勝。前走アイルランドトロフィー府中牝馬S‐G2で待望の重賞初制覇となったが、非根幹距離は「3‐3‐0‐3」と得意にしており、昨年のエリザベス女王杯‐G1でもスムーズさを欠きながら0秒4差6着と健闘していた。)は、十分狙えた1頭だった…残念。



日曜、G3福島記念では、3番バイオスパーク軸で勝負!
ワイド(3-9)  馬連(3-4,7,9)
結果は、ワイド馬券的中!(490円)

日曜「福島記念」の軸馬バイオスパーク、中団内でレースを進め直線で各馬差し切り、外から追い上げてきたヴァンケドミンゴ(1人気)にクビ差をつけ優勝。3着テリトーリアル(5人気)で本命決着!! 馬券もダブル的中! 反省点として、馬券種の選択!? ワイドと馬連を逆に買っていれば…残念。とは言っても、レース展開でヴァンケドミンゴの位置取りがバイオスパークを徹底してマークは、想定外…残念。


週末、4戦1勝2敗1分け みたいな感じ。ただ、先週ほどの爆発力は無く、損をしなかっただけ。まだまだ、反省ばかり…残念。



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
【着別度数】単勝回収率/複勝回収率
東京スポーツ杯2歳S=東京(芝)1600=【5-1-1-3】128%/91%
マイルCS=阪神(芝)1600=【0-3-2-5】0%/74%

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G1 エリザベス女王杯 (タイム2分10秒3)の回顧>
LAP(前半 3F34.9秒)
LAP(後半 3F34.8秒)
ラッキーライラック(1着)騎手のコメント「本当に強い馬です。2歳からトップレベルで走ってくれていましたし、勝つ自信がありました。18番枠からで、結構きつかったと思いましたが、良いレースでした。馬が冷静に走ってくれましたし、普通に良い脚を使ってくれました。早めにハナに立ちましたが、強いのでゴールまで頑張ってくれました。ラッキーライラックは結構タフな馬で、止まりませんでした。よく頑張りました。嬉しく思います」

<重賞ラップ分析実戦篇>
マイルCS 阪神(芝)1600㍍(3歳以上OP)
<傾 向>
1番人気は過去10年未勝利、難解な一戦。
<ポイント>
今年の舞台となる阪神芝マイルは、阪神JF、朝日杯FS、桜花賞と若駒のGIは開催されるが、古馬のGIが行われるのは初めて。
<注目馬>
グランアレグリア(牝4、栗東・)
これまでGI3勝。今年は安田記念2馬身半差、前走のスプリンターズS 2馬身差で勝利。春秋マイルGI制覇の期待は十分。鞍上はC.ルメール騎手。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(東京スポーツ杯2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6位"

ただし、指数値54以上のみ。
過去10年内(1-2-2-3/8)回収率171%
近5年内 (0-1-2-0/3)回収率230%

昨年は指数値50で見送りだっただけに、今年は期待大!!

(マイルCS)
注目(複勝)したのは、”馬番コンピ指数4位”

過去10年内(3-2-1-4/10)
勝率30%/連対率50%/複勝率60%/回収率158%
近5年内 (2-1-0-2/5)
勝率40%/連対率60%/複勝率60%/回収率146%

昨年、外しているだけに今年は期待大!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 グラニースミス 2020年11月16日(月) 09:17
くまモン ~先週の競馬~ 
閲覧 544ビュー コメント 14 ナイス 121

豪雨、震災と災害が続いた熊本県
今年は小倉で、熊本産馬 ヨカヨカがフェニックス賞を勝った。
登録 → 回避を繰り返した熊本産馬 ルクシオン福島2歳Sに登場
ゆるキャラグランプリ2011王者なのは、くまモン
2011年は東日本大震災だったなぁ~
福島と熊本 深――いと勝手に妄想していました。

【武蔵野S JRA HP出走馬情報と結果】
モズアスコット7着、サンライズノヴァ1着、タイムフライヤー5着、エアスピネル3着
ケンシンコウ11着、デュードヴァン14着、ワンダーリーデル4着、レピアーウィット10着
1・3着が掲載されていましたが、2着ソリストサンダーは載っていませんでした。
1着 サンライズノヴァ … 今年阪神代替のプロキオンS1着馬
3着 エアスピネル … 今年阪神代替のプロキオンS2着馬
2着 ソリストサンダー … 2回函館6日目駒場S1着馬、阪神の裏開催だった。

【デイリー杯2歳S JRA HP出走馬情報と結果】
ホウオウアマゾン2着、カイザーノヴァ5着、レッドベルオーブ1着、スーパーホープ3着
ヒトヨギリ回避、シティレインボー6着、ワールドリバイバル回避、ピンクカメハメハ回避
1~3着掲載されていました。
1着 レッドベルオーブ … 中京未勝利戦 → 通常阪神開催
2着 ホウオウアマゾン … 野路菊S → 通常阪神開催
1着馬レッドベルオーブ は昨年の勝馬レッドベルジュールの全弟

【福島記念 JRA HP出走馬情報と結果】
マイネルサーパス9着、ヴァンケドミンゴ2着、 トーラスジェミニ8着、ウインイクシード5着
レッドローゼス13着、デンコウアンジュ4着 テリトーリアル3着、アドマイヤジャスタ10着
2・3着が掲載されていました。1着バイオスパークの掲載はありませんでした。
1着 バイオスパーク … 第56回函館記念3着
2着 ヴァンケドミンゴ … 第56回七夕賞3着、新設エールS1着
第56回地方ローカルGⅢハンデ戦の3着馬のワンツーでした。
池添騎手は、JRA全10場重賞勝ち達成

【エリザベス女王杯 JRA HP出走馬情報と結果】
ラッキーライラック1着、 ラヴズオンリーユー3着、ノームコア16着、センテリュオ5着
サラキア2着、リアアメリア7着、ソフトフルート6着、ウインマイティー14着
1着 ラッキーライラック … 連覇
2着 サラキア … 府中牝馬S1着〇優保持
3着 ラヴズオンリーユー … 昨年3着、ゼッケン11も一緒だった

九州産馬の大活躍 2頭が2歳GⅠに出走しますかねぇ
JRAがくまモンとコラボしたりして……楽しみです(^^♪

では

[もっと見る]

⇒もっと見る

デュードヴァンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
8:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月13日(金) 00:26:33
関係、高調教馬
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月9日() 03:57:09
リスマ、消し、G1回避ルート、直線短い
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月9日() 03:28:23
郎、抑え、直線短い△、調教△

⇒もっと見る

デュードヴァンの写真

投稿写真はありません。

デュードヴァンの厩舎情報 VIP

2020年12月12日師走ステークス (L)5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デュードヴァンの取材メモ VIP

2020年12月12日 師走ステークス (L) 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。