スワーヴアラミス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
写真一覧
抹消  鹿毛 2015年3月26日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主株式会社 NICKS
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績34戦[9-5-4-16]
総賞金27,338万円
収得賞金11,150万円
英字表記Suave Aramis
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ベイトゥベイ
血統 ][ 産駒 ]
Sligo Bay
Bala
兄弟 キッズアガチャーデッドアヘッド
市場価格7,560万円(2016セレクトセール)
前走 2022/08/07 エルムステークス G3
次走予定

スワーヴアラミスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/08/07 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 147127.149** 牡7 58.0 松田大作須貝尚介B 486
(-3)
1.45.4 1.236.8⑩⑩⑨⑩フルデプスリーダー
22/06/29 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 9--------7** 牡7 57.0 松田大作須貝尚介 489
(--)
2.06.0 2.7----メイショウハリオ
22/05/21 中京 11 平安S G3 ダ1900 164821.865** 牡7 58.0 松田大作須貝尚介B 490
(0)
1.58.1 1.137.0⑤⑤④⑤テーオーケインズ
22/02/20 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1651021.7913** 牡7 57.0 松田大作須貝尚介B 490
(-2)
1.35.5 1.735.6⑩⑩カフェファラオ
22/01/23 中京 11 東海S G2 ダ1800 163515.771** 牡7 56.0 松田大作須貝尚介B 492
(+6)
1.51.7 -0.137.2⑩⑩⑦⑧オーヴェルニュ
21/12/05 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1648120.2158** 牡6 57.0 松田大作須貝尚介B 486
(+8)
1.51.3 1.636.6⑮⑮⑬⑬テーオーケインズ
21/11/07 阪神 11 みやこS G3 ダ1800 16478.147** 牡6 57.0 松田大作須貝尚介B 478
(-1)
1.51.7 0.936.8⑪⑩⑩⑩メイショウハリオ
21/09/22 金沢 8 白山大賞典 G3 ダ2100 12--------3** 牡6 55.0 松田大作須貝尚介 479
(--)
2.10.9 0.6----メイショウカズサ
21/08/08 函館 11 エルムS G3 ダ1700 14349.341** 牡6 56.0 松田大作須貝尚介B 480
(0)
1.44.5 -0.137.6④⑤④オメガレインボー
21/07/10 函館 11 マリーンS OP ダ1700 146107.431** 牡6 57.5 松田大作須貝尚介 480
(-4)
1.43.7 -0.037.9オメガレインボー
21/06/27 札幌 11 大沼S (L) ダ1700 10335.332** 牡6 59.0 松田大作須貝尚介 484
(+6)
1.45.6 0.138.3ダンツキャッスル
21/05/22 中京 11 平安S G3 ダ1900 1681538.5115** 牡6 56.0 松田大作須貝尚介 478
(-14)
1.56.1 1.437.8オーヴェルニュ
21/03/28 中山 11 マーチS G3 ダ1800 163525.487** 牡6 57.5 松田大作須貝尚介 492
(+12)
1.52.1 1.138.2⑦⑦⑦⑧レピアーウィット
20/11/08 阪神 11 みやこS G3 ダ1800 10898.858** 牡5 57.0 藤岡康太須貝尚介 480
(-10)
1.52.1 2.238.8⑦⑦⑦⑧クリンチャー
20/10/25 東京 11 ブラジルC (L) ダ2100 11552.015** 牡5 57.5 横山典弘須貝尚介 490
(+2)
2.09.9 1.138.0④④ハヤヤッコ
20/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 146105.445** 牡5 57.0 松田大作須貝尚介 488
(0)
1.56.9 0.936.9オメガパフューム
20/03/31 中山 11 マーチS G3 ダ1800 166122.711** 牡5 57.0 藤岡康太須貝尚介 488
(0)
1.51.3 -0.037.4クリンチャー
20/02/08 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 16353.022** 牡5 57.0 藤岡康太須貝尚介 488
(0)
1.57.4 0.136.3ロードレガリス
20/01/12 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 15352.611** 牡5 56.0 藤岡康太須貝尚介 488
(+10)
1.52.7 -0.736.9ハヤヤッコ
19/11/17 福島 11 福島民友C (L) ダ1700 15594.823** 牡4 56.0 藤井勘一須貝尚介 478
(+2)
1.45.6 0.237.0⑫⑬⑭⑫マイネルユキツバキ

⇒もっと見る


スワーヴアラミスの関連ニュース

連覇を狙ったエルムSで9着に終わったスワーヴアラミス(栗・須貝、牡7)が10日付けで競走馬登録を抹消した。今後は大井競馬に移籍する予定。通算34戦9勝(うち地方2戦0勝)、獲得賞金は2億7632万円(うち地方294万円)。重賞は2020年マーチS、21年エルムS、22年東海Sの3勝。

【エルムS】レースを終えて…関係者談話 2022年8月8日(月) 04:56

◆富田騎手(ロードレガリス5着)「外枠だったので自分のレースができたとは思いますが、手綱を持つところがなかったです。本来の力を出し切れていません」

◆池添騎手(ヒストリーメイカー6着)「いいスタートが切れて位置を取れましたが、勝負どころからジリジリという感じになってしまいました」

◆角田和騎手(ブラックアーメット7着)「道中は楽で折り合いもついていい形だったので、(末脚が)爆発してくれと思っていましたが、最後は同じ脚いろに。少し湿ったダートの方がいいのかもしれません」

◆菱田騎手(アイオライト8着)「戦法の選択肢が幾つかあり、逃げる競馬で道中はいい感じで運べましたが、手応えが早めになくなってしまって…。目に見えない疲れがあったのかもしれません」

◆松田騎手(スワーヴアラミス9着)「スタートして少したってからつまずいてしまい、スピードに乗れませんでした。それでももうちょっと頑張ってほしかったです」

◆鮫島駿騎手(バティスティーニ10着)「外枠でもロスなく行けたと思います。前に上位馬がいて、これはと思いましたが、急に脚がなくなりました。コーナー4つの舞台が合わないのか、距離なのか、分かりません」

◆吉田隼騎手(ダンツキャッスル11着)「ゲートは良く、そこから他馬を行かせて下げる形になって、ちょっともったいなかったです。砂ぼこりがすごくて前が見づらく、馬も走りにくそうでした」

◆柴山騎手(アメリカンシード12着)「ゲート内でガチャガチャしてタイミングが合いませんでした。キックバックも嫌がって上に飛ぶ感じになっていましたし、まだ難しいところがありますね」

◆石川騎手(ロードエクレール13着)「スタートして一歩目が出なくて、苦しい競馬になってしまいました」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】エルムS2022 大久保先生、ジャンポケ・斉藤さんなどズラリ!競馬通の芸能人・著名人が全力ジャッジ! 2022年8月7日() 05:30


※当欄ではエルムSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③オメガレインボー
○⑨フルデプスリーダー
▲⑥ウェルドーン
△①ロードエクレール
△②アイオライト
△④ブラッティーキッド

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
注目馬
ダンツキャッスル
オメガレインボー
ワイド
③-⑭

【キャプテン渡辺】
◎②アイオライト
単勝

馬連流し・ワイド流し
②-①⑦

【DAIGO】
◎②アイオライト

【粗品(霜降り明星)】
◎③オメガレインボー
馬連流し
③-②④⑥⑦⑨⑪⑫

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎①ロードエクレール
ワイド流し
①-②③⑤⑨⑫
ワイド流し
⑨-②③⑤⑥⑫

【長岡一也】
◎③オメガレインボー
○②アイオライト
▲④ブラッティーキッド
△①ロードエクレール
△⑨フルデプスリーダー
△⑪ロードレガリス
△⑫スワーヴアラミス

【原奈津子】
◎②アイオライト
○⑪ロードレガリス
▲⑫スワーヴアラミス

【杉本清】
◎⑭ダンツキャッスル
○⑫スワーヴアラミス
▲③オメガレインボー
☆⑥ウェルドーン
△④ブラッティーキッド
△⑨フルデプスリーダー

【船山陽司】
◎⑩ブラックアーメット

【矢作麗】
◎⑨フルデプスリーダー

【成瀬琴】
◎⑦ヒストリーメイカー

【武藤彩未】
◎②アイオライト

【神部美咲】
◎⑧ダノンファラオ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎①ロードエクレール
馬単流しマルチ
①→②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫

【ギャロップ林】
◎①ロードエクレール
単勝

3連複2頭軸流し
①-⑪-②③④⑥⑦⑩⑫⑭

【恋さん(シャンプーハット)】
◎④ブラッティーキッド
3連単フォーメーション
④→③⑨→①②③⑤⑨⑪

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑨フルデプスリーダー
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→③→①②④⑤⑥⑦⑪⑫
3連単1着軸流し
⑨→①②③④⑤⑥⑦⑪⑫

【浅越ゴエ】
◎⑥ウェルドーン
馬連流し
⑥-②③
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→②→③⑨⑩⑪⑫

【月亭八光】
◎①ロードエクレール
3連単フォーメーション
①→②③④⑥⑧⑬⑭→②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭
②③④⑥⑧⑬⑭→①→②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎②アイオライト
ワイド
②-⑪ロードレガリス
3連単2頭軸流しマルチ
②→③→①④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑩ブラックアーメット
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→③→①②④⑥⑦⑨⑪⑫⑬⑭

【下田真生(コウテイ)】
◎④ブラッティーキッド
3連単フォーメーション
①⑥→④→⑫
⑫→④→⑥⑦⑪
⑥→④→⑦⑨⑪
3連単
①→④→⑪
⑪→④→⑦

【九条ジョー(コウテイ)】
◎④ブラッティーキッド
複勝


【小木茂光】
◎⑪ロードレガリス
3連単フォーメーション
⑥⑪⑫→②③④⑥⑨⑩⑪⑫⑭→⑥⑪⑫

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
アイオライト
オメガレインボー
ロードレガリス
スワーヴアラミス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ブラッティーキッド
○⑨フルデプスリーダー
▲⑪ロードレガリス
△①ロードエクレール
△②アイオライト
△⑦ヒストリーメイカー
△③オメガレインボー
3連単1頭軸流しマルチ
④→①②③⑦⑨⑪

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑨フルデプスリーダー

【旭堂南鷹】
◎⑪ロードレガリス
○⑫スワーヴアラミス
▲⑬バティスティーニ
△⑨フルデプスリーダー
△⑭ダンツキャッスル

【稲富菜穂】
◎⑫スワーヴアラミス
○②アイオライト
▲⑪ロードレガリス
△③オメガレインボー
△⑥ウェルドーン
△⑦ヒストリーメイカー
△⑧ダノンファラオ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤アメリカンシード

【天童なこ】
◎⑦ヒストリーメイカー
○②アイオライト
▲⑫スワーヴアラミス
☆⑩ブラックアーメット
△①ロードエクレール
△③オメガレインボー
△⑨フルデプスリーダー
△⑪ロードレガリス
△⑬バティスティーニ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】エルムS2022 騎手重視予測からは前走で波乱を演出したヒストリーメイカーに再度期待! 2022年8月6日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞のエルムS(G3)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回のエルムSの舞台となる札幌ダート1700mはコーナーを4つ回る平坦なコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性50%、トラック適性50%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したエルムS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑦ヒストリーメイカー 16.64%
2 ⑬バティスティーニ  10.78%
3 ⑥ウェルドーン    10.30%
4 ②アイオライト    9.18%
5 ⑫スワーヴアラミス  8.41%
6 ③オメガレインボー  7.29%
7 ⑭ダンツキャッスル  7.08%
8 ⑪ロードレガリス   6.96%
9 ⑧ダノンファラオ   5.74%
10 ⑩ブラックアーメット 5.73%
11 ⑨フルデプスリーダー 3.73%
12 ①ロードエクレール  3.34%
13 ⑤アメリカンシード  2.93%
14 ④ブラッティーキッド 1.90%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(14頭立ての場合は7.14%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のエルムSでは上位6頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑦>>⑬⑥>②⑫>③

ご覧の通り⑦ヒストリーメイカーが2位に5.86差を付けてトップ評価と相成りました。ヒストリーメイカーは前走プロキオンSで14番人気で2着と波乱を演出。ここでも再度を期待して軸馬に指定したいと思います。馬券はヒストリーメイカーの単勝と馬券対象馬5頭への馬連の計10,000円(6点)で勝負いたします。

【劉備のエルムS勝負馬券】

単勝

2,000円

馬連ながし
⑦-⑥⑬
2点×各1,000円=2,000円

馬連ながし
⑦-②③⑫
3点×各2,000円=6,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【血統アナリシス】エルムS2022 Ribot系種牡馬の底力が活きやすい、トニービンの血を引く馬の好走も続く 2022年8月6日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエルムS2022・血統予想をお届けします!


昨年はハーツクライ産駒の4番人気スワーヴアラミスが勝利し、20年タイムフライヤーに続いて同種牡馬は別場所ながらに2連覇を達成することになった。

札幌ダート1700m施行時にはGraustarkやHis Majesty、Tom RolfeといったRibot系種牡馬の底力が活きやすい傾向が見受けられ、20年タイムフライヤー、19年モズアトラクション、18年ハイランドピーク、直近3年の勝ち馬はいずれもGraustarkの血脈を持つ。また、古くは03年1着アドマイヤドン、06年3着オーガストバイオ、10年1着クリールパッションと母の父にトニービンを配された馬が上位を賑わせたが、近年においても20年1着タイムフライヤー(父ハーツクライ)、19年1着モズアトラクション(父ジャングルポケット)、16&14年2着クリノスターオー(父アドマイヤボス)など、トニービンの血を引く馬の好走は続いている。

スワーヴアラミスは、父ハーツクライ×母ベイトゥベイ(母の父Sligo Bay)。本馬は昨年の勝ち馬で、先述のとおり種牡馬として目下2連覇中と勢いに乗るハーツクライの産駒でもある。北海道のダート1700mでは「3-1-0-0」と抜群の相性を示しており、2着に取りこぼした一戦においても59kgの斤量を背負った21年大沼Sとあれば、今回の58kgという斤量も杞憂だろう。リピート好走が目立つ傾向を踏まえても、やはりぞんざいには扱えない。

オメガレインボーは、父アイルハヴアナザー×母ワイキューブ(母の父アグネスタキオン)。父はTom RolfeとHis Majestyを併せ持つ種牡馬で、昨年2着の本馬はもちろん、2年前の札幌開催時にもアナザートゥルースが3着と好走。なお、母の父も種牡馬として15年1着ジェベルムーサを出した。前走は1番人気に応えられず4着に敗れているものの、内前有利の展開を中団外から追い上げた内容は悪くなく、ひと叩きされた今回は前進必至だろう。

ブラッティーキッドは、父シニスターミニスター×母デザートレジーナ(母の父タヤスツヨシ)。同種牡馬は過去に出走例が1頭しかいないものの、14年インカンテーションが10番人気3着と二ケタ人気で波乱を演出。また、本馬においては2代母の父にトニービンの血を引くことも強調しやすい。中央再転入後は1勝クラス、2勝クラス、3勝クラス、いずれも北海道のダート1700mで3連勝。持ち時計も遜色ないだけに重賞でも楽しみは大きい。


【血統予想からの注目馬】
スワーヴアラミス ③オメガレインボー ④ブラッティーキッド

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】エルムS2022 前年覇者で高い舞台適性を備えたスワーヴアラミスを中心視! 2022年8月6日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!エルムS・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2019年2着のハイランドピーク(8位、10番人気)や2021年2着のオメガレインボー(14位、7番人気)のように、低指数の人気薄の激走がたまに発生するが、全体を通して見るとこのレースは高指数かつ上位人気の馬が安定して力を発揮する傾向にある。直近5年は6位以内の馬が必ず2頭3着以内に入っている点で共通。うち4回は2頭ともが5番人気以内となっている。軸を決める際は無理に捻る必要はない。人気と実力の伴った馬を素直に信頼すれば、自ずと好結果を呼び込めるだろう。

中心視したいのは、昨年のこのレースの勝ち馬でU指数1位の評価を受けている⑫スワーヴアラミス(99.5)。札幌実績、千七実績は文句なく、臨戦過程にも不安はない。58キロの克服がカギになりそうだが、高い舞台適性がそれを上回るとみる。

次いで注目できるのが、昨年2着の4位③オメガレインボー(96.6)と、約1年ぶりのレースとなった前走で高い能力を示した3位⑪ロードレガリス(98.1)。最後に、展開がハマったときの一発が怖い5位⑬バティスティーニ(96.4)を押さえておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
スワーヴアラミス ③オメガレインボー ⑪ロードレガリス ⑬バティスティーニ

[もっと見る]

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの関連コラム

閲覧 1,536ビュー コメント 0 ナイス 3



高松宮記念は7番人気のナランフレグが勝利。3着には17番人気のキルロードが入り、3連単は3年前の449万に続き、278万の大波乱となった。

ナランフレグの鞍上は丸田恭介騎手。丸田騎手は個人的にかなりお気に入りジョッキーの一人で、これまでも何度も馬券でお世話になっている。とにかく脚を溜めるのが上手く、今回のように自在に馬群を捌くことも可能。大舞台で有力馬に乗る機会は多くないが、馬の能力+αを引き出せる隠れた名手だ。ナランフレグのG1制覇は、丸田騎手を信じて乗せ続けた陣営の力も大きかったように思う。馬券は残念ながら外れてしまったが、ゴール後の涙にはこちらもウルっと来た。久々に感動のレースだった。

~覚えておきたい中京ダートの傾向

高松宮記念を終え、これで年明けから少しの休みを挟んで続いて来た中京開催はひとまず終了。改めて振り返りということで、今回は顕著な傾向が出ていたダートを少し振り返っておきたい。

よく見ている方ならご存じだと思うが、今年の中京ダートは総じて外有利傾向が続いていた。通常だとインを突いた組、逃げた組の活躍が目立つのだが、今年はむしろ逆。直線でのスピードが生きるシーンも多く、重賞・東海ステークスでもスワーヴアラミスの差しが届いた。

実際年明けから高松宮記念週終了までの中京ダートの枠別成績を見ると、勝率・連対率は8枠がトップ、複勝率も6枠に次いで8枠が2番目に良い。

とりわけコース取りの補正がしづらい短距離戦に限ると傾向は顕著で、中京ダート1200m~1400mに限定すると、1枠と8枠の差が非常に大きいことがわかる。

・2022年 中京ダート1200m&1400m枠別成績

1枠 勝率 6.7% 連対率 7.6% 複勝率 13.3%
8枠 勝率 10.2% 連対率 19.7% 複勝率 26.8%

ご覧の通り、連対率と複勝率はダブルスコア以上の差がついている。したがって今後馬柱を見る際には、ザックリ言うと中京ダートの内枠での戦績は見直し可能、逆に外枠での戦績は多少枠の恩恵があったとみることができる。過去の有利不利を記憶しておくだけでも予想をする上ではかなり優位に立てるので、ぜひ覚えておきたい。

では、先週の競馬から次走狙えそうな馬を今回も一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】メモリーエフェクト(土曜阪神10レース・天神橋特別/1着)

好位から楽に抜け出し完勝。これで8戦連続馬券圏内が示す通り、とにかくレースセンスが高く逃げても控えても問題ないのは強み。渋った馬場も馬群も苦にせず、順調に使えればクラスの壁はない。次走も軸でOK。

大阪杯展望

さて、引き続きG1戦線が続く。今週末は大阪杯エフフォーリアvsジャックドールの対決に注目が集まるが、今回は2頭以外から、この馬。

ステラリア福永祐一騎手)

久々だった前走は外枠のロスも大きくほぼ何もできずに終了、ノーカウントでOK。もともと叩き良化型で、久々をひと叩きされた効果は大きそうだ。阪神芝二千は忘れな草賞を制した舞台で、昨年のエリザベス女王杯では不利がありながらも最後押し上げて2着と能力の高さを示した。エフフォーリアは格上としてそれ以外はそこまで強力なメンツではないので、一発があっても驚けない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月16日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2022 
閲覧 1,450ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月20日(日) 東京11R 第39回フェブラリーS(4歳以上G1・ダート1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲートト:16頭)


<優先出走馬>

スワーヴアラミス(前走492kg(+6kg)、中3週)<D>
前走Vも昨春から使い詰めで、マイル戦も今回が初めて。この中間、2週前1週前とCWを長めから追われているが、1週前の動きを見ると終い脚が上がり気味で、前走時のような勢いがない。

テイエムサウスダン(前走554kg(+10kg)、中2週)<B>
大型馬で前走時(+10kg)のパドックでは腹周りに余裕がある感じだった。この中間は1週前の金曜日に坂路で追われて終い好時計も、切れすぎるところがありマイル実績もなく距離の面で不安は残る。


<賞金上位馬>

テーオーケインズ ※出走回避予定

ソダシ(前走470kg(-4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富も、追い切りでは好時計の出る馬が、1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が遅い印象の動き。物足りなさが残る。

ケイティブレイブ(前走537kg(+11kg)、中2週)<D>
川崎記念から間隔が詰まっており、日曜日に坂路で追われたが併走遅れで時計も平凡。

マルシュロレーヌ ※出走回避予定

アルクトス(前走544kg(-1kg)、4ヵ月半)<C>
休み明け。この中間は、1週前追い切り(南W)では直線でステッキが何度も入りと、反応が良くない。暖かい時期のようには馬体が絞れてきていないのかもしれない。

ミューチャリー(前走466kg(+6kg)、中7週)<C>
この中間は速い時計で3本追い切られている。1週前追い切りでは先着をはたしてきたが、この馬にとしては時計が遅い。

レッドルゼル(前走488kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
今年は休み明けでの参戦となるが、鉄砲駆けするタイプで問題はない。坂路で好時計の出る馬で、1週前追い切りでは重心が低い走りで抜群の伸び脚を披露。出来はかなり良さそうで、昨年以上の走りも期待できそう。

カフェファラオ(前走520kg(-4kg)、中10週)<B>
追い切りの時計は、自動計測になっているので昨年よりもかなり速い今回。その動きからも、昨年の勝ち馬が前走を一度使われて良化してきたという印象を受ける。

エアスピネル(前走486kg(+4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富で坂路で好時計。1週前追い切りでも、デムーロ騎手が騎乗して上々の動きをアピールしている。

サンライズノヴァ(前走527kg(-7kg)、中7週)<A>
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。動きを見ても終いグッとひと伸びしてみせており、昨年よりは出来は良さそう。

テオレーマ(前走472kg(-4kg)、中3週)<A>
ここ3戦レースを使われるごとに体重が減っている点は気がかりだが、それでも中3週と間隔が詰まっている中で1週前追い切りでは終いしっかり伸びて併せて先着を決めてきた。引き続き調子は良さそう。

ソリストサンダー(前走488kg(+4kg)、中2週)<B>
前走時のパドックでは腹周りに余裕を感じさせていたので、前走を一度使われて馬体が締まってくれば上積みを期待できそう。

インティ(前走516kg(-10kg)、中10週)<B>
この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りは武豊騎手が騎乗して気分良さそうに馬なりでの調整となったが、やや硬さはあるものの前走時よりも動きは良い。

ダイワキャグニー(前走500kg(+8kg)、中6週)<C>
この中間、1週前追い切りでは南Bコースで追われ好時計で先着。ただ、内めを回ってのもので時計はそれほど目立つ部類でもない。


<除外対象馬>

サンライズホープ(前走552kg(-2kg)、中3週)<B>
前走時は追い切り内容好感で◎にしたが、ゴール前でのもうひと伸びが足りなかった。大型馬でこの中間も追い切りで好時計が出ているあたりからは上積みが見込めそうだが、距離短縮がポイントになりそう。長めの距離の方が良い印象はぬぐえない。

タイムフライヤー(前走480kg(+4kg)、中2週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きを見せていたがレースでは物足りない内容。この中間は軽めの調整となっていて、上積みはありそうだが大きな変わり身まではどうか。

アナザートゥルース(前走479kg(-3kg)、中7週)<C>
この中間の追い切り時計を見ると、いつもよりも時計がかかっていてやや物足りない感じあり。

タガノビューティー(前走518kg(-4kg)、中2週)<C>
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。そもそも大柄な馬が強めに追われていない点はマイナス材料。

ブルベアイリーデ(前走488kg(+6kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場も時計平凡。

カデナ(前走494kg(+16kg)、中3週)<B>
1週前追い切りでは時計は平凡も重心が低い走りで力強さがあり、前走からの上積みがありそう。

クロパラントゥ(前走522kg(-2kg)、連闘)<E>
乗り込み豊富でしっかり乗りこまれ臨んだ先週大敗。

ゲンパチフォルツァ(前走522kg(+8kg)、連闘)<E>
先週出走も見せ場なし。


※今回のこのコラムからの推奨馬は、レッドルゼルテオレーマサンライズノヴァの3頭をあげておきます。


<東京ダート1600mVR動画>



◇今回は、フェブラリーS編でした。
今年最初のJRAでのG1レースが行われます。トップクラスの馬たちがサウジカップやドバイワールドカップに向かうため、やや寂しいメンバー構成となってしまいました。この時期にこの距離となると、チャンピオンズ_Cのように豪華メンバーになることはなかなか難しそうですが、南部杯、武蔵野S、東海Sあたりのステップレースを中心にこの路線の底上げ、充実を図っていけばダートのマイル路線の頂点としてもう少し盛り上がり方も違ってくるのかもしれません。

フェブラリーステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年2月13日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月13日号】特選重賞データ分析編(293)~2022年フェブラリーステークス
閲覧 1,811ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2022年02月20日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【“東京ダ1600m・中京ダ1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [5-6-6-43](3着内率28.3%)
×なし [1-0-0-33](3着内率2.9%)

 コース適性が最大のポイント。JRAのビッグレースが施行される東京ダ1600mや中京ダ1800mの重賞で好走したことのない馬は、ほとんど上位に食い込めていません。右回りのレースや1マイル未満のレースを主戦場としてきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→インティスワーヴアラミスソリストサンダー
主な「×」該当馬→アルクトスソダシテオレーマ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が2着以内」だった馬は2016年以降[4-4-4-18](3着内率40.0%)
主な該当馬→アルクトススワーヴアラミステオレーマ

[もっと見る]

2022年1月27日(木) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/22~1/23) スガダイプロ 東海S○◎ AJCC◎△のWゲットで2週連続プラス、勢い止まらぬ霧プロは+18万オーバー!
閲覧 872ビュー コメント 0 ナイス 2



23(日)に行われたG2AJCC、G2東海Sほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、G2東海Sの○スワーヴアラミスオーヴェルニュの本線的中、G2AJCCの◎キングオブコージマイネルファンロン的中と両重賞を見事ゲット。他にも、22(土)中京12R4歳以上1勝クラスや、23(日)小倉12R4歳以上1勝クラスといった的中を記録しています。週末トータル回収率109%をマーク、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
22(土)は小倉3R3歳未勝利的中、中京9R遠州灘S的中などの活躍を披露。23(日)には、中京7R4歳以上1勝クラスでの◎○×的中(1,750%回収)に始まり、中京10R賢島特別計14万5580円払戻し(2,079%回収)、小倉11R豊前SG2東海Sの勝負予想2連発(勝負予想指定3R目のG2AJCCも◎キングオブコージボッケリーニを推奨)など数々の好配当をマーク。土日2日間トータルでは、回収率151%、収支18万5850円プラスを達成しました。また、6週連続プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
22(土)中京9R遠州灘Sでは◎クリノフラッシュラヴォアドゥースでのパーフェクト的中計35万4200円払戻しのビッグヒットを達成。23(日)にも、中京6R3歳新馬中京7R4歳以上1勝クラスなどの的中をマーク。土日2日間トータルでは回収率110%とし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(132%)、エース2号【予想MC限定】プロ(116%←2週連続週末プラス)、キムラヨウヘイプロ(115%)、暴君アッキープロ(111%←2週連続週末プラス)、岡村信将プロ(101%←2週連続週末プラス)が回収率100%超をマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」ならびにプロテスト最終審査の動向にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年8月13日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】重賞は騎手のネームバリューがインフレ傾向でマイナー騎手の妙味が増す/関屋記念展望
閲覧 1,316ビュー コメント 0 ナイス 3



エルムステークス松田大作騎手が騎乗したスワーヴアラミスが勝利。松田大作騎手は先週の当コラムで推奨馬として取り上げた際に触れた通り、スタートが上手く流れに乗せて行くことができる騎手。最終的には◎ロードブレスに変えてしまったので本命ではなかったのだが、それでもよい的中をもたらしてくれた。

~実は上手いけど知名度の低い騎手が狙い

松田大作騎手が騎乗したスワーヴアラミスは最終的に4番人気。実質的な前哨戦であるマリーンSを3番人気で勝利しながら、さらに人気を落としたことになる。

実は先週も少し触れたが、重賞においては騎手のネームバリューが人気に反映される度合いが非常に大きくなる。エルムSで単勝3.1倍の人気を集めたのはアメリカンシード。前走で重賞好走をしていたように弱い馬ではないが、揉まれたら即アウトという危うさを秘めたタイプだけに、小回り&距離短縮を考えると過剰人気だったと言わざるを得ない。

レースでは、控えてインの3番手につけたが、何もできず失速。鼻出血が直接的な影響だとしても、恐らく何もなくてもあの形での好走は厳しかっただろう。

一方で松田騎手のように、

「実は上手いけど知名度が低い」

というタイプは、特に重賞ではお得になる。このような”隠れた腕利き”を知っておくと、今後馬券的にも大いに役立つ。

さすがに最近は注目されてきてはいるが、それでも重賞ではまだまだ人気になりにくい2着オメガレインボー横山和生騎手も同様のタイプだ。また、3着坂井瑠星騎手も腕はあるが、その割に重賞ではまだまだ人気にならない。記憶に新しいところでは鳴尾記念宝塚記念と連続穴好走を成し遂げたユニコーンライオンとのコンビなどが挙げられる。

今週は五輪モードも終了し、競馬も3場開催が帰って来る。3場開催になれば、いわゆる”マイナージョッキー”により多くのチャンスが巡って来るので注目したい。

関屋記念の注目馬

それでは、今週も最後に週末の重賞を取り上げたい。今回は関屋記念の注目馬を一頭挙げてみたい。

マイスタイル(横山典)

前走は2000mで逃げて失速、大敗も参考外でOK。超久々だった2走前のダービー卿CTでは逃げて4着とまだまだ力のあるところを見せており、自分のリズムなら重賞でもやれる。逃げ一手ではなく好位からでも競馬ができるので、自分のリズムで運べれば侮れない。

関屋記念の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年8月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】『スーパー鞍上強化』で一変したサトノウィザード/エルムS展望
閲覧 1,252ビュー コメント 0 ナイス 3



クイーンSテルツェットが勝利。4コーナーでは厳しいかと思われたが、直線上手く捌いて脚を伸ばした。ルメール騎手らしく馬の末脚を引き出す好騎乗だった。

一方、印象深かったのは新潟メインの関越ステークス。久々でも地力上位と見て本命にしたサトノウィザードだったが、道中は後方の位置取り。馬場状態を考えると少々不安にもなったが、直線は外に持ち出し、鮮やかな差し切り勝ちを決めてくれた。

この後の話に続けるために、まずは配信した本命の根拠をご覧頂きたい。

「オープン入り後の2戦は不発続きだが、鮫島良太騎手という大きなハンデを背負った出走で、実際かなりチグハグな競馬だった。厩舎も解散が近く情が入ったのかもしれないが、さすがに技術がなさすぎるジョッキーでは馬の能力が高くてもどうにもならない。それでも明らかに不向きコース、最下級鞍上で伸びて来たニューイヤーSあたりの内容からもココに入れば力は上。久々で多少人気も落ち気味だが、福永騎手なら力を引き出してくれるはずだ」

以上の通り、今回は乗り替わりの効果が非常に大きかった。

特に鮫島良騎手に何の恨みもないが、とはいえ予想する立場としてダメなものはダメと伝えることも大事だと考えている。一般メディアにはあまりハッキリと書かれないが、やはり騎手の巧拙は大きい。今回のサトノウィザードで見られたような”スーパー鞍上強化”は、馬券を買う上では有効だ。今年印象深いところでいえば、マイネルユキツバキなども好例だ。

マイネルユキツバキの戦績を見ればわかるが、やはり柴田大知騎手では力を出せない。今年も同騎手から追える川田騎手に乗り替わった途端2レース連続で好走。馬の気を抜かせず、しっかり追える川田騎手が持ち味を引き出していた。

オークスユーバーレーベンも、柴田大知騎手や丹内騎手ではオークス制覇など夢のまた夢だっただろう。もちろん騎手には得手不得手があるので、騎手の能力というのは絶対的なものではなく、一定でもない。だからある条件において微妙な騎手が、ある条件においては大きくプラスになるケースもある。ただ、それはそれとしても、やっぱり下手な騎手は下手だし、上手い騎手は上手いのだなと感じさせられる先週のメインレースだった。

エルムステークスの注目馬

というわけで、ココでは現時点の週末の重賞の注目穴馬を一頭取り上げる。

スワーヴアラミス

昨年のマーチS勝利以後は低迷が続いていたが、近走復調気配。レースぶりも良くなっており、特に前に行けるようになってきたのは馬券を買う上では心強い。鞍上の松田大作騎手は、いわゆるわかりやすい有名ジョッキーではないが、実は腕のあるベテラン騎手だ。特に北海道シリーズに強く、スタートが非常に上手いのが特徴。重賞は騎手のネームバリューが過剰に評価される面があり、その点松田騎手はネームバリューがない分、馬券を買う上ではお得ともいえる。今回は積極的に狙っていきたい。

エルムSの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 175ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

昨年の今頃、自分は東京オリンピック ロス状態?? 
新たにスタートする東京パラリンピックに“ワクワク”

夏競馬も3開催場(新潟、小倉、札幌)で、新たにスタート!? 
“ワクワク” して今週も頑張りましょう!!

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第8期途中経過】
第8期(7月30日~9月4日)7日間(アイビスSD~小倉2歳S)13戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3 レパードSでは、2番タイセイドレフォンに注目!
ワイド(2-13)・複勝(2番タイセイドレフォン) 
結果は、複勝のみ的中!(複勝150円)

日曜「レパードS」で注目したタイセイドレフォン(1人気)は、先団好位6番手追走から3番手まで押し上げ、直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、中団でレースを進めたカフジオクタゴン(7人気)が離れた外から追い込んだハピ(2人気)との3頭の追い比べから抜け出して優勝。クビ差の2着にタイセイドレフォン、さらにクビ差の3着にハピが入り、中波乱決着!? 馬券は、複勝のみ的中!🎯 反省点として、相手馬の選択!? 優勝馬カフジオクタゴンに関しては、ほぼノーマーク?? 基本的に血統データ分析で名前が出てこない馬(分析不足)は、狙いから外している…残念。
 
日曜、G3 エルムSでは、9番フルデプスリーダーに注目!
ワイド(9-12)・複勝(9番フルデプスリーダー) 
結果は、複勝のみ的中!(複勝440円)

日曜「エルムS」で注目したフルデプスリーダー(9人気)は、好位の後ろ(6番手)でレースを進めて先に抜け出したウェルドーン(6人気)をゴール前で差し切り、クビ差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にオメガレインボー(2人気)が入り中波乱決着!? 馬券は、複勝のみ的中!🎯 反省点として、相手馬の選択!? 何故オメガレインボー(3着)を買わなかったのか?? 前走マリーンSでの位置取り(4角5番手)。逆に、スワーヴアラミス(9着)を相手馬に選択した理由は、札幌(1-1-0-0)での成績…残念。
 
【短 評】
先週末、2戦1勝1分…みたいな感じ。エルムS(1着フルデプスリーダー)は、過去のデータ(マリーンS 3着内馬)より導き、2着馬ウェルドーン(6人気)と迷った選択だっただけに、快心(内心はドキドキ)の結果。一方、レパードS(1着タイセイドレフォン)も過去のデータ(前走が2勝クラスでタイム差0秒6以上での勝ち馬は【1.1.0.0】の好成績)に川田騎手騎乗もあり、人気でも仕方が無い。今週末(関屋記念、小倉記念)も、人気に惑わされずに頑張ります。

【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(レパードS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
2番タイセイドレフォンが該当=結果2着的中!(複勝150円)

(エルムS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
12番スワーヴアラミスが該当=結果9着ハズレ…(ノД`)・゜・。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(関屋記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(2-2-3-3/10)
勝率20%/連対率40%/複勝率70%/単勝回収値69/複勝回収値110
近5年内 (1-0-2-2/5)
勝率20%/連対率20%/複勝率60%/単勝回収値82/複勝回収値96

近年、数値が下降気味だけに、今年は期待大!?


(小倉記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6位"

*無条件
過去10年内(2-4-1-3/10)
勝率20%/連対率60%/複勝率70%/単勝回収値148/複勝回収値224
近5年内 (0-3-1-1/5)
勝率0%/連対率60%/複勝率80%/単勝回収値0/複勝回収値296

3年連続連対中だけに、今年は期待薄!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 DEEB 2022年8月7日() 17:27
恥ずかしい馬予想2022.08.07[結果]
閲覧 127ビュー コメント 0 ナイス 6

新潟 9R 驀進特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎14 トミケンルーア…1着
○ 6 サクセスハーモニー…13着
▲16 フチサンメルチャン…5着
△12 レオハイセンス…4着
×10 エーアイダンサー…11着
×18 エスジープリンセス…6着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 月岡温泉特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 ビートザウイングス…7着
○ 8 セントカメリア…2着
▲ 2 ラーグルフ…1着
[結果:アタリ△ 馬連 2-8 360円]

新潟11R レパードステークス GⅢ 3歳オープン(国際)(指定)
◎ 2 タイセイドレフォン…2着
○ 9 ハピ…3着
▲10 ホウオウルーレット…5着
△ 1 ヘラルドバローズ…9着
× 8 トウセツ…6着
[結果:アタリ△ ワイド 2-9 330円]

札幌 9R ライラック賞 3歳以上2勝クラス(混合)
◎ 3 ハーツラプソディ…11着
○10 ウィスパリンホープ…14着
▲ 2 カフジアスール…9着
△ 6 アケルナルスター…4着
× 8 スワーヴシールズ…13着
[結果:ハズレ×]

札幌10R HBC賞 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎14 モンファボリ…2着
○ 1 ショウナンラスボス…1着
▲ 2 ネレイド…12着
△ 7 アラモードバイオ…6着
×12 クムシラコ…7着
[結果:アタリ○ 馬連 1-14 2,040円、ワイド 1-14 790円]

札幌11R エルムステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎12 スワーヴアラミス…9着
○ 4 ブラッティーキッド…4着
▲ 9 フルデプスリーダー…1着
△ 3 オメガレインボー…3着
×11 ロードレガリス…5着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:6戦1勝3敗2分]
今日もプラスで終了。
二日続けてのプラス終了。
奇跡です。

[もっと見る]

 ken1 2022年8月7日() 16:39
エルムSは何処まで行ってもマリーンS組か
閲覧 137ビュー コメント 1 ナイス 3

★エルムS 函館開催(※13、21年は函館開催)

過去10年のデータから

★★A……ZI値4位以内が毎年連対
⇒○1位9フルデプスリーダー、2位7ヒストリーメーカー、3位12スワーヴアラミス
4位1ロードエクレール、4ブラッティーキッド、6ウェルドーン、11ロードレガリス

★★B……a前2走で重賞連対7/20連対、b前2走で北海道ダートOP連対6/20連対
c前2走で3勝級かOP勝ち4/20連対、残り3頭はdリピーター2頭とダートG1勝ち
3/20連対、で連対馬はabcdのいずれか
⇒○a7番、
  b2アイオライト、6番、9番
  c4番
  d12番、3番

C……3着馬もa6頭、b2頭、残り2頭は当該コース2勝級勝ちと2走前重賞3着
⇒▲1番、4番、9番、12番、14番

※D……札幌開催の8回で、1~3番(1/1/2/20)4~6番(4/2/1/17)※4番は近7年で
4勝2着1回5着2回、7~9番(2/1/2/19)10~12番(0/3/3/17)
13,14番(1/1/0/8)
偶数馬番(6/5/5/35)≫奇数馬番(2/3/3/46)
1と3番(0/0/2/14)
⇒△1番、3オメガレインボー
 ◎4番

※E……18年以降の勝ち馬の前走は3人気以内で連対
⇒◎4番

★F……前2走共に6着以下だった3着以内馬は、14年ローマンレジェンドと
19年ハイランドピークで両馬とも以前の勝ち馬
⇒×5,8,14番

※G……牝馬(0/0/0/5)
⇒×6番

★H……前走比斤量増(2/4/4/21)>斤量減(5/1/1/41)※斤量減の5勝中4勝が前走
勝ち馬、58K(1/2/3/4)
⇒斤量増:1,4,6,8,9,10,12番
 ◎2番
 ○8ダノンファラオ、12番

★I……横山和(1/2/0/3)
⇒○3番

★J……ローテ中2週(0/0/0/15)
⇒×4番

※K……前走マリーンS4着以下は(0/0/0/19)
⇒×3,10,13,14番

※L……ZI値4位以内で連対した1頭は、4人気以内
⇒○1人-8位、2人-4位4番、3人-9位、4人ー3位12番

M……★a単勝オッズ50倍以上(0-0-0-36)
⇒×13番
★b前走6着以下の7歳以上(0-0-0-19)
⇒×11,12番
c前走OP特別で4着以下(0-1-0-29)
⇒△3,5,8,10,13,14番
※d前走OP特別で6番人気以下(0-0-0-19)
⇒×2,6,8,9,13,14番
e前走1600m以下だった馬で当日6番人気以下(0-0-0-16)
⇒×なし
★f間隔3週以内(0-0-0-15)
⇒×4番
★g当日8人気以下の7歳以上(0-0-0-28)
⇒×7,13番
★h前走10番人気以下で2着以下(0-0-0-16)
⇒×7,8,13番
★i当日6人気以下で前走4コーナー7番手以下(0-0-0-30)
⇒×10,11,13,14

★★N……ローカル平坦コース実績(特にOP以上)があれば優位
⇒○1番(マリーン3)2番(大沼S1)3番(21年2)6番(マリーン2)
7番(小倉プロキオンS2)9番(マリーン1)10番(吾妻小富士3)
12番(21年1)14番(大沼S1)

★O……3着以内馬の前走4角4番手以内22/30、5番手以降の3/8頭は上がり
3位以内(前走連対した3頭全馬)
⇒○1,2,4,5,6,8,9番
 ▲7,10,11,13、14番

★★P……前走3人気以内18/30か4人気以下なら3着以内3/30、
あるいは前々走3着以内6/30か3人気以内1/30、例外2頭はフェブラリーS勝ち
と当該コース2勝級勝ちあり
⇒○1,3,4,5番、2,6,7,9番
 ▲10,11,13番


近5年は、前走マリーンSで3人気以内の連対馬が上位人気に推されて
順当に連対、リピーターで人気を落としていた馬や近走重賞で好走していながら
何故か人気薄で穴を空けている例が多い

ところが今年は人気薄馬がマリーンSで連対、
またリピーターの12番は勝ちの無い7才馬で、その為に1人気をトップハンデで
裏切ったリピーターのもう1頭が1人気に推されているがなんと死の3番枠へ

前走大沼Sも人気薄の2番が勝って朝一オッズで2人気、破竹の8連勝で臨む
4番が3人気もここ8週で3走、中1週と押せ押せのローテが懸念
波乱の匂いが漂うが、得てしてそういう時は展開ひとつで結果ががらりと変わる場合が
多い

1番か5番がハナを切りたいのでテンに競うかどうか
早々に隊列が落ち着けば先行有利だし、やり合えば差し馬の台頭

どんな場合でも重視したいのは項目A,Bで、オッズ的に微妙な11と12番は
共に7才でもあり、他の減点ポイントには目をつぶって4番が好枠でもあり軸に
圏内は2,12番で、3,7,9、11番は押さえ
更に近3走重賞2着の後1,2人気で惨敗で一気に人気を落としている5番が行ききれば

馬連4→2,12、各三百円 2→12、二百円
三連複4=(2,12)ー3,5,7,9,11各二百円11点
三連単4⇔2→(2,4,12)→(2,3,4,5,7,9,11、12)
フォーメーション各百円24点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫9-6-3
前走押さえて成功したのにまさかの2番の逃げ( ̄▽ ̄;)
番手に6番、直後に3,4番、9番は中団から徐々に押し上げて4角から直線
早め先頭の6番を交わして9番が抜け出し3番は差し負け
4番は途中下がって巻き返すもクビ差届かず
11番も後方から追い込むも後ろ過ぎた
12番は後方まま
データ的には結局マリーンS組1,2,4着で決着、どこまで行ってもマリーンか
少なくとも人気に拘わらずZI値とマリーンS連対馬は信頼すべし
減点多いメンバーなら軸決めず4~6才の圏内2,3,4,6,9のBOXだったのかも
4番のローテと6番の牝馬のポイントを等評価すれば人気サイドの4番を厳しめに
という戒めだな

[もっと見る]

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  浅三睦   フォロワー:0人 2022年8月2日(火) 12:00:58
やはり、斤量58キロの克服が鍵‼
4:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年1月23日() 15:45:50
松田最後の重賞勝ち。
松田の技術では運がなければG1は勝てないのは明白。
馬場が味方した素人の激走!(マグレは2度とない!
3:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年11月7日() 15:50:48
松田大作は騎手のセンス無い。早く助手に成れ。(スタートから一歩遅れのボンクラ騎乗。間抜けは邪魔!)

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの写真

スワーヴアラミスの厩舎情報 VIP

2022年8月7日エルムステークス G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

スワーヴアラミスの取材メモ VIP

2022年8月7日 エルムステークス G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。