スワーヴアラミス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
スワーヴアラミス
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2015年3月26日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主株式会社 NICKS
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績32戦[9-5-4-14]
総賞金27,338万円
収得賞金11,150万円
英字表記Suave Aramis
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ベイトゥベイ
血統 ][ 産駒 ]
Sligo Bay
Bala
兄弟 キッズアガチャーデッドアヘッド
前走 2022/05/21 平安ステークス G3
次走予定

スワーヴアラミスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/05/21 中京 11 平安S G3 ダ1900 164821.865** 牡7 58.0 松田大作須貝尚介B 490
(0)
1.58.1 1.137.0⑤⑤④⑤テーオーケインズ
22/02/20 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1651021.7913** 牡7 57.0 松田大作須貝尚介B 490
(-2)
1.35.5 1.735.6⑩⑩カフェファラオ
22/01/23 中京 11 東海S G2 ダ1800 163515.771** 牡7 56.0 松田大作須貝尚介B 492
(+6)
1.51.7 -0.137.2⑩⑩⑦⑧オーヴェルニュ
21/12/05 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1648120.2158** 牡6 57.0 松田大作須貝尚介B 486
(+8)
1.51.3 1.636.6⑮⑮⑬⑬テーオーケインズ
21/11/07 阪神 11 みやこS G3 ダ1800 16478.147** 牡6 57.0 松田大作須貝尚介B 478
(-1)
1.51.7 0.936.8⑪⑩⑩⑩メイショウハリオ
21/09/22 金沢 8 白山大賞典 G3 ダ2100 12--------3** 牡6 55.0 松田大作須貝尚介 479
(--)
2.10.9 0.6----メイショウカズサ
21/08/08 函館 11 エルムS G3 ダ1700 14349.341** 牡6 56.0 松田大作須貝尚介B 480
(0)
1.44.5 -0.137.6④⑤④オメガレインボー
21/07/10 函館 11 マリーンS OP ダ1700 146107.431** 牡6 57.5 松田大作須貝尚介 480
(-4)
1.43.7 -0.037.9オメガレインボー
21/06/27 札幌 11 大沼S (L) ダ1700 10335.332** 牡6 59.0 松田大作須貝尚介 484
(+6)
1.45.6 0.138.3ダンツキャッスル
21/05/22 中京 11 平安S G3 ダ1900 1681538.5115** 牡6 56.0 松田大作須貝尚介 478
(-14)
1.56.1 1.437.8オーヴェルニュ
21/03/28 中山 11 マーチS G3 ダ1800 163525.487** 牡6 57.5 松田大作須貝尚介 492
(+12)
1.52.1 1.138.2⑦⑦⑦⑧レピアーウィット
20/11/08 阪神 11 みやこS G3 ダ1800 10898.858** 牡5 57.0 藤岡康太須貝尚介 480
(-10)
1.52.1 2.238.8⑦⑦⑦⑧クリンチャー
20/10/25 東京 11 ブラジルC (L) ダ2100 11552.015** 牡5 57.5 横山典弘須貝尚介 490
(+2)
2.09.9 1.138.0④④ハヤヤッコ
20/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 146105.445** 牡5 57.0 松田大作須貝尚介 488
(0)
1.56.9 0.936.9オメガパフューム
20/03/31 中山 11 マーチS G3 ダ1800 166122.711** 牡5 57.0 藤岡康太須貝尚介 488
(0)
1.51.3 -0.037.4クリンチャー
20/02/08 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 16353.022** 牡5 57.0 藤岡康太須貝尚介 488
(0)
1.57.4 0.136.3ロードレガリス
20/01/12 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 15352.611** 牡5 56.0 藤岡康太須貝尚介 488
(+10)
1.52.7 -0.736.9ハヤヤッコ
19/11/17 福島 11 福島民友C (L) ダ1700 15594.823** 牡4 56.0 藤井勘一須貝尚介 478
(+2)
1.45.6 0.237.0⑫⑬⑭⑫マイネルユキツバキ
19/09/14 阪神 11 オークランド 3勝クラス ダ1800 9891.411** 牡4 57.0 川田将雅須貝尚介 476
(-4)
1.50.2 -1.036.0⑤⑤④ウインユニファイド
19/08/25 札幌 10 WASJ3 2勝クラス ダ1700 146104.331** 牡4 58.0 M.ミシェ須貝尚介 480
(-4)
1.43.8 -0.337.9リアリスト

⇒もっと見る


スワーヴアラミスの関連ニュース

★栗・須貝厩舎の次走は以下の通り。かしわ記念1着ショウナンナデシコ(牝5)は、スパーキングレディーC(7月6日、川崎、JpnⅢ、ダ1600メートル)に向かう。鞍馬S6着ファーストフォリオ(牝5)は、函館スプリントS(6月12日、函館、GⅢ、芝1200メートル)へ。平安S5着スワーヴアラミス(牡7)は帝王賞(6月29日、大井、JpnⅠ、ダ2000メートル)を目標にするが、除外なら北海道で転戦する予定。

天皇賞・春4着ヒートオンビート(栗・友道、牡5)は宝塚記念(6月26日、阪神、GⅠ、芝2200メートル)を目指す。

★メイS1着カレンシュトラウス(栗・平田、牡5)は函館記念(7月17日、函館、GⅢ、芝2000メートル)を視野に入れる。

京王杯SC7着シャインガーネット(美・栗田、牝5)は朱鷺S(8月28日、新潟、L、芝1400メートル)へ。

福島牝馬S12着ジュランビル(栗・寺島、牝6)はアハルテケS(6月4日、東京、OP、ダ1600メートル)へ。

★昨年の函館記念16着後休養していたアドマイヤジャスタ(栗・石坂、牡6)は鳴尾記念(6月4日、中京、GⅢ、芝2000メートル)で復帰予定。

★天王山S11着ヒデノヴィーナス(栗・梅田、牝6)は松風月S(6月5日、中京、OP、ダ1200メートル)へ。

【平安S】レースを終えて…関係者談話 2022年5月22日() 04:43

◆藤岡康騎手(ケイアイパープル2着)「いつもよりいい手応えで運べました。自分の形に持ち込めばしっかり走ってくれますね。勝ち馬は強かったけど、いい競馬をしてくれました」

◆浜中騎手(メイショウハリオ3着)「返し馬の感じから前回より雰囲気が良かった。展開を考えたらよく来ている」

◆鮫島駿騎手(スマッシングハーツ4着)「せかさないで、自分のリズムで運んで思った競馬はできました。ゆったりのペースでしたが、脚を使ってくれています」

◆松田騎手(スワーヴアラミス5着)「よく頑張ってくれていると思います。年齢の衰えも感じさせず、最後も止まっていませんからね」

◆福永騎手(オーヴェルニュ6着)「ずっとキックバックを嫌がっていた。勝ち馬についていきたかったが、一瞬の脚が違い過ぎた。去年のようにスムーズならと思ったが、精神的なもろさが出ましたね」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】平安S2022 帝王賞へのステップレースとしての役割を担うダート中距離重賞!あの人の見解は!? 2022年5月21日() 05:30

※当欄では平安ステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【原奈津子】
◎⑨サンライズホープ
○⑤メイショウハリオ
▲④テーオーケインズ

【長岡一也】
◎②オーヴェルニュ
○④テーオーケインズ
▲⑤メイショウハリオ
△③ケイアイパープル
△⑥ブルベアイリーデ
△⑧スワーヴアラミス
△⑨サンライズホープ

【杉本清】
◎④テーオーケインズ
○⑧スワーヴアラミス
▲②オーヴェルニュ
☆⑨サンライズホープ
△①カデナ
△⑤メイショウハリオ

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎④テーオーケインズ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥ブルベアイリーデ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】平安S2022 左回りダ1900m×血統指数による算出結果は、上位6頭が引き離す構図に 2022年5月20日(金) 15:36



こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は21(土)に行われるG3平安ステークスを予想していきたいと思います。


まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。


今週の平安Sは、設定に関してはいたってシンプル。ダ1900mと左回り、これにアジャストするべく「距離適性50%」「トラック適性35%」「周回方向適性15%」と配合して、中京ダ1900mに極力寄せた血統指数評価をベースに臨みます。そして、補正については別定戦ということで、斤量補正のみONとします。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出した平安S全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑭ヒストリーメイカー    11.18%
2 ①カデナ          10.65%
3 ⑩スマッシングハーツ    9.68%
4 ⑧スワーヴアラミス     9.13%
5 ⑫グレートタイム      9.05%
6 ③ケイアイパープル     8.67%

7 ⑤メイショウハリオ      5.42%
8 ⑥ブルベアイリーデ      5.22%
9 ⑮ダンツキャッスル      5.07%
10 ⑪サンダーブリッツ     5.04%
11 ⑦デルマルーヴル      4.81%
12 ⑨サンライズホープ     4.01%
13 ⑯ペルセウスシチー     3.88%
14 ②オーヴェルニュ      3.70%
15 ④テーオーケインズ     2.50%
16 ⑬ダノンファラオ      2.00%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回の平安Sでは上位6頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑭①>⑩⑧⑫③

上位は比較的なだらかな各順位間の差ですが、むしろ購入対象の6頭から下に大きな差が見られる配置となりました。
想定人気も加味して単勝6点勝負……、としたい気持ちをここはグッとこらえて、とりあえず人気はしないであろう上位2頭からのワイドを中心に計32点(10,000円)で勝負とします。
馬券の中心となる⑭ヒストリーメイカー、①カデナは、ともに本格的にタフな良馬場になってどうかも、前者には積極策で、後者には差しで期待をかけてみたいと思います。


【孫権の平安S勝負馬券】


ワイドフォーメーション
①⑭-①③⑧⑩⑫⑭
9点×600円=5,400円

ワイドボックス
③⑧⑩⑫
6点×400円=2,400円

馬連ボックス
①③⑧⑩⑫⑭
15点×100円=1,500円

単勝⑭
1点×300円=300円

単勝①
1点×400円=400円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【血統アナリシス】平安S2022 昨年はスマートファルコン産駒がレコードV、芝実績のある種牡馬の産駒も活躍 2022年5月20日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は平安ステークス2022・血統予想をお届けします!


今年も京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、昨年に引き続き平安Sは中京ダート1900mに舞台を移して行われる。その昨年はスマートファルコン産駒の2番人気オーヴェルニュが後続に6馬身差を付けて快勝しており、勝ちタイムも中京ダート1900mのコースレコードを更新する1分54秒7を記録していた。

下級条件も含めた種牡馬成績をみてみると、中京ダート1900mではキングカメハメハが最多となる16勝を挙げており、これに11勝のハーツクライ、9勝のマンハッタンカフェが続く。生粋のダート血統よりは芝もこなせそうなタイプが狙い目といえ、昨年はオルフェーヴル産駒の3番人気マルシュロレーヌが3着、10番人気のアルドーレが4着と人気不問で上位を賑わせていたことも気に留めておきたい。

オーヴェルニュは、父スマートファルコン×母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。昨年は58kgの斤量を背負いながら圧巻のパフォーマンスを披露。中京競馬場は東海Sでも21年1着、22年2着とリピート好走するなど相性のよさが際立つ。本馬は全8勝のうち5勝が稍重~不良の道悪巧者でもあり、同条件であれば中京競馬場では3戦3勝と底を見せていない。今年は1kg軽い57kg、ひと叩きされた臨戦過程も連覇に向けて抜かりはないか。

テーオーケインズは、父シニスターミニスター×母マキシムカフェ(母の父マンハッタンカフェ)。昨年はアンタレスSで重賞初制覇を飾ると、帝王賞チャンピオンズカップとG1やJpn1のタイトルも次々と手中に収め、まさに大躍進を遂げた一年だった。今年緒戦のサウジカップこそ凡走しているが、59kgの斤量が示すとおりに実績面では頭ひとつ抜けた存在で、ここは胸を貸す立場だろう。母の父が種牡馬として結果を残していることも興味深い。

スワーヴアラミスは、父ハーツクライ×母ベイトゥベイ(母の父Sligo Bay)。父は中京ダート1900mで2位の勝利数を記録するが、本馬自身も昨年の平安Sでは11番人気5着、3着馬とは0秒2差で入線していた。2走前の東海Sでは以前とは違う戦法で勝利しており、7歳にして違った一面を見せるあたりに成長力のある父の影響が垣間見える。気候が温かくなるにつれて調子を上げていく節があるため、コース実績含め、軽視できない存在だろう。


【血統予想からの注目馬】
オーヴェルニュ ④テーオーケインズ ⑧スワーヴアラミス

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】平安S2022 海外で負けても59キロでも“淒馬”テーオーケインズには逆らえない! 2022年5月20日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は平安ステークス・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

上位3頭がU指数1~3位かつ、いずれも5番人気以内だった2020年のように、至極順当に収まるケースが多い一方で、2017年3着のマイネルバイカ(10位、15番人気)、2019年2着のモズアトラクション(13位、12番人気)など、時に単勝万馬券の伏兵が激走することもあるレースで、なかなかつかみどころがない。指数も人気も低い穴馬を狙い撃ちすることは困難ゆえに、あくまで上位勢を中心に据えつつ、手広くヒモ穴をカバーするというスタンスで臨むのがベターと言えよう。

絶対に外すことができないのは、2位に2.3の指数差を付けて“淒馬”の評価を得ている1位の④テーオーケインズ(102.1)。昨年の帝王賞チャンピオンズカップで見せた強さは圧巻の一語で、中京ダートは3戦して2勝、3着1回と崩れたことがない。国内のG3であれば、たとえ59キロでもしっかり力を示してくれるだろう。

これに次ぐのが、無類の中京巧者にしてディフェンディングチャンピオンでもある2位タイの②オーヴェルニュ(99.8)と、距離やコース不問で高いパフォーマンスを披露し続けている4位の⑥ブルベアイリーデ(99.7)。そして最後に、フェブラリーSの大敗により配当妙味が増しそうな5位の⑧スワーヴアラミス(99.5)の名前を挙げておく。


【U指数予想からの注目馬】
テーオーケインズ ②オーヴェルニュ ⑥ブルベアイリーデ ⑧スワーヴアラミス

[もっと見る]

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの関連コラム

閲覧 1,334ビュー コメント 0 ナイス 3



高松宮記念は7番人気のナランフレグが勝利。3着には17番人気のキルロードが入り、3連単は3年前の449万に続き、278万の大波乱となった。

ナランフレグの鞍上は丸田恭介騎手。丸田騎手は個人的にかなりお気に入りジョッキーの一人で、これまでも何度も馬券でお世話になっている。とにかく脚を溜めるのが上手く、今回のように自在に馬群を捌くことも可能。大舞台で有力馬に乗る機会は多くないが、馬の能力+αを引き出せる隠れた名手だ。ナランフレグのG1制覇は、丸田騎手を信じて乗せ続けた陣営の力も大きかったように思う。馬券は残念ながら外れてしまったが、ゴール後の涙にはこちらもウルっと来た。久々に感動のレースだった。

~覚えておきたい中京ダートの傾向

高松宮記念を終え、これで年明けから少しの休みを挟んで続いて来た中京開催はひとまず終了。改めて振り返りということで、今回は顕著な傾向が出ていたダートを少し振り返っておきたい。

よく見ている方ならご存じだと思うが、今年の中京ダートは総じて外有利傾向が続いていた。通常だとインを突いた組、逃げた組の活躍が目立つのだが、今年はむしろ逆。直線でのスピードが生きるシーンも多く、重賞・東海ステークスでもスワーヴアラミスの差しが届いた。

実際年明けから高松宮記念週終了までの中京ダートの枠別成績を見ると、勝率・連対率は8枠がトップ、複勝率も6枠に次いで8枠が2番目に良い。

とりわけコース取りの補正がしづらい短距離戦に限ると傾向は顕著で、中京ダート1200m~1400mに限定すると、1枠と8枠の差が非常に大きいことがわかる。

・2022年 中京ダート1200m&1400m枠別成績

1枠 勝率 6.7% 連対率 7.6% 複勝率 13.3%
8枠 勝率 10.2% 連対率 19.7% 複勝率 26.8%

ご覧の通り、連対率と複勝率はダブルスコア以上の差がついている。したがって今後馬柱を見る際には、ザックリ言うと中京ダートの内枠での戦績は見直し可能、逆に外枠での戦績は多少枠の恩恵があったとみることができる。過去の有利不利を記憶しておくだけでも予想をする上ではかなり優位に立てるので、ぜひ覚えておきたい。

では、先週の競馬から次走狙えそうな馬を今回も一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】メモリーエフェクト(土曜阪神10レース・天神橋特別/1着)

好位から楽に抜け出し完勝。これで8戦連続馬券圏内が示す通り、とにかくレースセンスが高く逃げても控えても問題ないのは強み。渋った馬場も馬群も苦にせず、順調に使えればクラスの壁はない。次走も軸でOK。

大阪杯展望

さて、引き続きG1戦線が続く。今週末は大阪杯エフフォーリアvsジャックドールの対決に注目が集まるが、今回は2頭以外から、この馬。

ステラリア福永祐一騎手)

久々だった前走は外枠のロスも大きくほぼ何もできずに終了、ノーカウントでOK。もともと叩き良化型で、久々をひと叩きされた効果は大きそうだ。阪神芝二千は忘れな草賞を制した舞台で、昨年のエリザベス女王杯では不利がありながらも最後押し上げて2着と能力の高さを示した。エフフォーリアは格上としてそれ以外はそこまで強力なメンツではないので、一発があっても驚けない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月16日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2022 
閲覧 1,234ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月20日(日) 東京11R 第39回フェブラリーS(4歳以上G1・ダート1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲートト:16頭)


<優先出走馬>

スワーヴアラミス(前走492kg(+6kg)、中3週)<D>
前走Vも昨春から使い詰めで、マイル戦も今回が初めて。この中間、2週前1週前とCWを長めから追われているが、1週前の動きを見ると終い脚が上がり気味で、前走時のような勢いがない。

テイエムサウスダン(前走554kg(+10kg)、中2週)<B>
大型馬で前走時(+10kg)のパドックでは腹周りに余裕がある感じだった。この中間は1週前の金曜日に坂路で追われて終い好時計も、切れすぎるところがありマイル実績もなく距離の面で不安は残る。


<賞金上位馬>

テーオーケインズ ※出走回避予定

ソダシ(前走470kg(-4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富も、追い切りでは好時計の出る馬が、1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が遅い印象の動き。物足りなさが残る。

ケイティブレイブ(前走537kg(+11kg)、中2週)<D>
川崎記念から間隔が詰まっており、日曜日に坂路で追われたが併走遅れで時計も平凡。

マルシュロレーヌ ※出走回避予定

アルクトス(前走544kg(-1kg)、4ヵ月半)<C>
休み明け。この中間は、1週前追い切り(南W)では直線でステッキが何度も入りと、反応が良くない。暖かい時期のようには馬体が絞れてきていないのかもしれない。

ミューチャリー(前走466kg(+6kg)、中7週)<C>
この中間は速い時計で3本追い切られている。1週前追い切りでは先着をはたしてきたが、この馬にとしては時計が遅い。

レッドルゼル(前走488kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
今年は休み明けでの参戦となるが、鉄砲駆けするタイプで問題はない。坂路で好時計の出る馬で、1週前追い切りでは重心が低い走りで抜群の伸び脚を披露。出来はかなり良さそうで、昨年以上の走りも期待できそう。

カフェファラオ(前走520kg(-4kg)、中10週)<B>
追い切りの時計は、自動計測になっているので昨年よりもかなり速い今回。その動きからも、昨年の勝ち馬が前走を一度使われて良化してきたという印象を受ける。

エアスピネル(前走486kg(+4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富で坂路で好時計。1週前追い切りでも、デムーロ騎手が騎乗して上々の動きをアピールしている。

サンライズノヴァ(前走527kg(-7kg)、中7週)<A>
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。動きを見ても終いグッとひと伸びしてみせており、昨年よりは出来は良さそう。

テオレーマ(前走472kg(-4kg)、中3週)<A>
ここ3戦レースを使われるごとに体重が減っている点は気がかりだが、それでも中3週と間隔が詰まっている中で1週前追い切りでは終いしっかり伸びて併せて先着を決めてきた。引き続き調子は良さそう。

ソリストサンダー(前走488kg(+4kg)、中2週)<B>
前走時のパドックでは腹周りに余裕を感じさせていたので、前走を一度使われて馬体が締まってくれば上積みを期待できそう。

インティ(前走516kg(-10kg)、中10週)<B>
この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りは武豊騎手が騎乗して気分良さそうに馬なりでの調整となったが、やや硬さはあるものの前走時よりも動きは良い。

ダイワキャグニー(前走500kg(+8kg)、中6週)<C>
この中間、1週前追い切りでは南Bコースで追われ好時計で先着。ただ、内めを回ってのもので時計はそれほど目立つ部類でもない。


<除外対象馬>

サンライズホープ(前走552kg(-2kg)、中3週)<B>
前走時は追い切り内容好感で◎にしたが、ゴール前でのもうひと伸びが足りなかった。大型馬でこの中間も追い切りで好時計が出ているあたりからは上積みが見込めそうだが、距離短縮がポイントになりそう。長めの距離の方が良い印象はぬぐえない。

タイムフライヤー(前走480kg(+4kg)、中2週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きを見せていたがレースでは物足りない内容。この中間は軽めの調整となっていて、上積みはありそうだが大きな変わり身まではどうか。

アナザートゥルース(前走479kg(-3kg)、中7週)<C>
この中間の追い切り時計を見ると、いつもよりも時計がかかっていてやや物足りない感じあり。

タガノビューティー(前走518kg(-4kg)、中2週)<C>
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。そもそも大柄な馬が強めに追われていない点はマイナス材料。

ブルベアイリーデ(前走488kg(+6kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場も時計平凡。

カデナ(前走494kg(+16kg)、中3週)<B>
1週前追い切りでは時計は平凡も重心が低い走りで力強さがあり、前走からの上積みがありそう。

クロパラントゥ(前走522kg(-2kg)、連闘)<E>
乗り込み豊富でしっかり乗りこまれ臨んだ先週大敗。

ゲンパチフォルツァ(前走522kg(+8kg)、連闘)<E>
先週出走も見せ場なし。


※今回のこのコラムからの推奨馬は、レッドルゼルテオレーマサンライズノヴァの3頭をあげておきます。


<東京ダート1600mVR動画>



◇今回は、フェブラリーS編でした。
今年最初のJRAでのG1レースが行われます。トップクラスの馬たちがサウジカップやドバイワールドカップに向かうため、やや寂しいメンバー構成となってしまいました。この時期にこの距離となると、チャンピオンズ_Cのように豪華メンバーになることはなかなか難しそうですが、南部杯、武蔵野S、東海Sあたりのステップレースを中心にこの路線の底上げ、充実を図っていけばダートのマイル路線の頂点としてもう少し盛り上がり方も違ってくるのかもしれません。

フェブラリーステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年2月13日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月13日号】特選重賞データ分析編(293)~2022年フェブラリーステークス
閲覧 1,637ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2022年02月20日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【“東京ダ1600m・中京ダ1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [5-6-6-43](3着内率28.3%)
×なし [1-0-0-33](3着内率2.9%)

 コース適性が最大のポイント。JRAのビッグレースが施行される東京ダ1600mや中京ダ1800mの重賞で好走したことのない馬は、ほとんど上位に食い込めていません。右回りのレースや1マイル未満のレースを主戦場としてきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→インティスワーヴアラミスソリストサンダー
主な「×」該当馬→アルクトスソダシテオレーマ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が2着以内」だった馬は2016年以降[4-4-4-18](3着内率40.0%)
主な該当馬→アルクトススワーヴアラミステオレーマ

[もっと見る]

2022年1月27日(木) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/22~1/23) スガダイプロ 東海S○◎ AJCC◎△のWゲットで2週連続プラス、勢い止まらぬ霧プロは+18万オーバー!
閲覧 803ビュー コメント 0 ナイス 2



23(日)に行われたG2AJCC、G2東海Sほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、G2東海Sの○スワーヴアラミスオーヴェルニュの本線的中、G2AJCCの◎キングオブコージマイネルファンロン的中と両重賞を見事ゲット。他にも、22(土)中京12R4歳以上1勝クラスや、23(日)小倉12R4歳以上1勝クラスといった的中を記録しています。週末トータル回収率109%をマーク、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
22(土)は小倉3R3歳未勝利的中、中京9R遠州灘S的中などの活躍を披露。23(日)には、中京7R4歳以上1勝クラスでの◎○×的中(1,750%回収)に始まり、中京10R賢島特別計14万5580円払戻し(2,079%回収)、小倉11R豊前SG2東海Sの勝負予想2連発(勝負予想指定3R目のG2AJCCも◎キングオブコージボッケリーニを推奨)など数々の好配当をマーク。土日2日間トータルでは、回収率151%、収支18万5850円プラスを達成しました。また、6週連続プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
22(土)中京9R遠州灘Sでは◎クリノフラッシュラヴォアドゥースでのパーフェクト的中計35万4200円払戻しのビッグヒットを達成。23(日)にも、中京6R3歳新馬中京7R4歳以上1勝クラスなどの的中をマーク。土日2日間トータルでは回収率110%とし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(132%)、エース2号【予想MC限定】プロ(116%←2週連続週末プラス)、キムラヨウヘイプロ(115%)、暴君アッキープロ(111%←2週連続週末プラス)、岡村信将プロ(101%←2週連続週末プラス)が回収率100%超をマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」ならびにプロテスト最終審査の動向にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年8月13日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】重賞は騎手のネームバリューがインフレ傾向でマイナー騎手の妙味が増す/関屋記念展望
閲覧 1,236ビュー コメント 0 ナイス 3



エルムステークス松田大作騎手が騎乗したスワーヴアラミスが勝利。松田大作騎手は先週の当コラムで推奨馬として取り上げた際に触れた通り、スタートが上手く流れに乗せて行くことができる騎手。最終的には◎ロードブレスに変えてしまったので本命ではなかったのだが、それでもよい的中をもたらしてくれた。

~実は上手いけど知名度の低い騎手が狙い

松田大作騎手が騎乗したスワーヴアラミスは最終的に4番人気。実質的な前哨戦であるマリーンSを3番人気で勝利しながら、さらに人気を落としたことになる。

実は先週も少し触れたが、重賞においては騎手のネームバリューが人気に反映される度合いが非常に大きくなる。エルムSで単勝3.1倍の人気を集めたのはアメリカンシード。前走で重賞好走をしていたように弱い馬ではないが、揉まれたら即アウトという危うさを秘めたタイプだけに、小回り&距離短縮を考えると過剰人気だったと言わざるを得ない。

レースでは、控えてインの3番手につけたが、何もできず失速。鼻出血が直接的な影響だとしても、恐らく何もなくてもあの形での好走は厳しかっただろう。

一方で松田騎手のように、

「実は上手いけど知名度が低い」

というタイプは、特に重賞ではお得になる。このような”隠れた腕利き”を知っておくと、今後馬券的にも大いに役立つ。

さすがに最近は注目されてきてはいるが、それでも重賞ではまだまだ人気になりにくい2着オメガレインボー横山和生騎手も同様のタイプだ。また、3着坂井瑠星騎手も腕はあるが、その割に重賞ではまだまだ人気にならない。記憶に新しいところでは鳴尾記念宝塚記念と連続穴好走を成し遂げたユニコーンライオンとのコンビなどが挙げられる。

今週は五輪モードも終了し、競馬も3場開催が帰って来る。3場開催になれば、いわゆる”マイナージョッキー”により多くのチャンスが巡って来るので注目したい。

関屋記念の注目馬

それでは、今週も最後に週末の重賞を取り上げたい。今回は関屋記念の注目馬を一頭挙げてみたい。

マイスタイル(横山典)

前走は2000mで逃げて失速、大敗も参考外でOK。超久々だった2走前のダービー卿CTでは逃げて4着とまだまだ力のあるところを見せており、自分のリズムなら重賞でもやれる。逃げ一手ではなく好位からでも競馬ができるので、自分のリズムで運べれば侮れない。

関屋記念の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年8月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】『スーパー鞍上強化』で一変したサトノウィザード/エルムS展望
閲覧 1,150ビュー コメント 0 ナイス 3



クイーンSテルツェットが勝利。4コーナーでは厳しいかと思われたが、直線上手く捌いて脚を伸ばした。ルメール騎手らしく馬の末脚を引き出す好騎乗だった。

一方、印象深かったのは新潟メインの関越ステークス。久々でも地力上位と見て本命にしたサトノウィザードだったが、道中は後方の位置取り。馬場状態を考えると少々不安にもなったが、直線は外に持ち出し、鮮やかな差し切り勝ちを決めてくれた。

この後の話に続けるために、まずは配信した本命の根拠をご覧頂きたい。

「オープン入り後の2戦は不発続きだが、鮫島良太騎手という大きなハンデを背負った出走で、実際かなりチグハグな競馬だった。厩舎も解散が近く情が入ったのかもしれないが、さすがに技術がなさすぎるジョッキーでは馬の能力が高くてもどうにもならない。それでも明らかに不向きコース、最下級鞍上で伸びて来たニューイヤーSあたりの内容からもココに入れば力は上。久々で多少人気も落ち気味だが、福永騎手なら力を引き出してくれるはずだ」

以上の通り、今回は乗り替わりの効果が非常に大きかった。

特に鮫島良騎手に何の恨みもないが、とはいえ予想する立場としてダメなものはダメと伝えることも大事だと考えている。一般メディアにはあまりハッキリと書かれないが、やはり騎手の巧拙は大きい。今回のサトノウィザードで見られたような”スーパー鞍上強化”は、馬券を買う上では有効だ。今年印象深いところでいえば、マイネルユキツバキなども好例だ。

マイネルユキツバキの戦績を見ればわかるが、やはり柴田大知騎手では力を出せない。今年も同騎手から追える川田騎手に乗り替わった途端2レース連続で好走。馬の気を抜かせず、しっかり追える川田騎手が持ち味を引き出していた。

オークスユーバーレーベンも、柴田大知騎手や丹内騎手ではオークス制覇など夢のまた夢だっただろう。もちろん騎手には得手不得手があるので、騎手の能力というのは絶対的なものではなく、一定でもない。だからある条件において微妙な騎手が、ある条件においては大きくプラスになるケースもある。ただ、それはそれとしても、やっぱり下手な騎手は下手だし、上手い騎手は上手いのだなと感じさせられる先週のメインレースだった。

エルムステークスの注目馬

というわけで、ココでは現時点の週末の重賞の注目穴馬を一頭取り上げる。

スワーヴアラミス

昨年のマーチS勝利以後は低迷が続いていたが、近走復調気配。レースぶりも良くなっており、特に前に行けるようになってきたのは馬券を買う上では心強い。鞍上の松田大作騎手は、いわゆるわかりやすい有名ジョッキーではないが、実は腕のあるベテラン騎手だ。特に北海道シリーズに強く、スタートが非常に上手いのが特徴。重賞は騎手のネームバリューが過剰に評価される面があり、その点松田騎手はネームバリューがない分、馬券を買う上ではお得ともいえる。今回は積極的に狙っていきたい。

エルムSの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 137ビュー コメント 0 ナイス 25

おはよ~♪

5月21日ですね!

楽しい楽しい週末でーす(^^♪

何する訳でもないんだけどね。

仕事から離れられるだけでも

良か良かなのよぉ~。

と言う訳で今日はおとなしめに4鞍よ♪

中京9R メルボルントロフィー

◎⑧ダテボレアス
△⑤タイセイブリリオ
△⑩ピンクマクフィー
△⑫アスターディゴン
△⑬グランアプロウソ

馬連⑧ー⑤・⑩・⑫・⑬への4点。

ぱっと見は前走の勝ち時計は平凡だけどね。稍重だったし翌週の良の特別の2着馬とはコンマ1秒差。
それなら昇級でも十分やれるかな?先行有利な中京千二も良いね。当たってホシーノ☆彡

新潟11R 八海山ステークス

◎①ジェットエンブレム
△④アーマーバローズ
△⑧スズカキンシャサ
△⑫ララクリュサオル
△⑬スワーヴシャルル
△⑭ダノングリスター

馬連①ー④・⑧・⑫・⑬・⑭への5点。

昇級初戦の前走は早い流れを楽について行けたね。若干仕掛けが早かったんで伸びを欠いたのかな?
内でロス無く回って捌いて来れたら勝ち負け必至!当たってホシーノ☆彡

中京11R 平安ステークス

◎⑩スマッシングハーツ
△②オーヴェルニュ
△④テーオーケインズ
△⑤メイショウハリオ
△⑧スワーヴアラミス
△⑯ペルセウスシチー

馬連⑩ー②・④・⑤・⑧・⑯への5点。

テーオーケインズが実力断然抜けてるけどね。海外帰りで本番控えてるんで何とか付け入る隙無いかな?
スマッシングハーツはこの舞台で1勝2着1回。得意の舞台で初重賞を迎えるのは良か良か。
2走前に負かしたニューモニュメントが重賞で3着してる比較からもやれそうな気がするぅ~。
当たってホシーノ☆彡

東京11R メイステークス

◎④フランツ
△②カレンシュトラウス
△⑤シュリ
△⑥エイシンチラー
△⑧キングストンボーイ
△⑫スライリー

枠連④ー④と馬連④ー②・⑥・⑧・⑫への5点。

前走のマイルは忙し過ぎた感が。左回りの千八はベストの条件だしね。昨年も2着してるし。
鞍上もノリノリの菅原クンなんで買い材料増し増しだーね。ニンニク増し増し当たってホシーノ☆彡

今日はここまでよぉ~。

 軸馬狙い撃ち 2022年5月20日(金) 18:15
平安ステークス 外厩情報
閲覧 138ビュー コメント 0 ナイス 13

平安ステークスで気になる馬の外厩情報共有します。

1番カデナ(武豊騎手)大山ヒルズ

4番テーオーケインズ(松山弘平騎手)チャンピオンヒルズ

6番ブルベアイリーデ(M.デムーロ騎手)チャンピオンヒルズ

8番スワーヴアラミス(松田大作騎手)山元トレセン

9番サンライズホープ(幸英明騎手)吉澤S-WEST

11番サンダーブリッツ(川田将雅騎手)松風馬事センター

12番グレートタイム(藤岡佑介騎手)山元トレセン

13番ダノンファラオ(坂井瑠星騎手)ノーザンFしがらき

14番ヒストリーメイカー(小崎綾也騎手)チャンピオンヒルズ

16番ペルセウスシチー(和田竜二騎手)吉澤S-EAST


以上になります。

さて結果はどうなるか。

[もっと見る]

 スモーマン 2022年5月20日(金) 13:33
平安ステークス、データ適合性(枠順確定後)
閲覧 163ビュー コメント 1 ナイス 5

1メイショウハリオ
2テーオーケインズ(叩きでどうか)
3ケイアイパープル(左回りがどうか)
4オーヴェルニュ
5ダノンファラオ
6スワーヴアラミス(雨苦手)

[もっと見る]

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年1月23日() 15:45:50
松田最後の重賞勝ち。
松田の技術では運がなければG1は勝てないのは明白。
馬場が味方した素人の激走!(マグレは2度とない!
3:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年11月7日() 15:50:48
松田大作は騎手のセンス無い。早く助手に成れ。(スタートから一歩遅れのボンクラ騎乗。間抜けは邪魔!)
2:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月8日() 03:52:11
スガダ、近走は高いレベルで走れている、
ニゲ、前走は仕方ない、オッズ妙味が出る、阪神で長い脚使える

⇒もっと見る

スワーヴアラミスの写真

スワーヴアラミスの厩舎情報 VIP

2022年5月21日平安ステークス G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

スワーヴアラミスの取材メモ VIP

2022年5月21日 平安ステークス G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。