今週の重賞レース

2024年4月13日() アーリントンC G3
2024年4月14日() アンタレスS G3 皐月賞 G1

阪神牝馬S G2

日程:2024年4月6日() 15:35 阪神/芝1600m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 1

マスクトディーヴァ

牝4 56.0 J.モレイ  辻野泰之 456(+2) 1.33.0 1.7 1 33.0 ④④
2 7 9

ウンブライル

牝4 55.0 川田将雅  木村哲也 476(-10) B 1.33.1 1/2 9.1 4 32.9 ⑦⑦
3 6 6

モリアーナ

牝4 56.0 横山典弘  武藤善則 482(0) 1.33.3 1 1/4 9.0 3 32.9 ⑨⑨
4 5 5

シングザットソング

牝4 55.0 鮫島克駿  高野友和 440(-10) 1.33.3 ハナ 30.2 7 33.2 ⑤④
5 6 7

ドゥアイズ

牝4 55.0 B.ムルザ  庄野靖志 468(0) 1.33.4 3/4 6.3 2 33.0 ⑨⑨
6 3 3

テンハッピーローズ

牝6 55.0 津村明秀  高柳大輔 462(0) 1.33.4 クビ 62.8 9 33.2 ⑦⑦
7 8 10

モズゴールドバレル

牝5 55.0 藤岡佑介  藤岡健一 454(+6) 1.33.5 3/4 9.8 5 33.7 ③②
8 2 2

ゴールドエクリプス

牝5 55.0 岩田望来  大久保龍 494(+2) 1.33.8 35.2 8 34.1 ②②
9 4 4

サブライムアンセム

牝5 55.0 北村友一  藤原英昭 492(-4) 1.33.8 クビ 96.9 10 34.3 ①①
10 8 11

ライラック

牝5 55.0 戸崎圭太  相沢郁 432(-16) 1.34.2 2 1/2 10.5 6 34.2 ⑤④
11 7 8

スピーディキック

牝5 55.0 御神本訓  藤原智行 480(-4) 1.36.3 大差 157.5 11 35.7 ⑪⑪
ラップタイム 12.6 - 11.1 - 11.7 - 12.0 - 12.1 - 11.3 - 10.8 - 11.4
前半 12.6 - 23.7 - 35.4 - 47.4 - 59.5
後半 57.6 - 45.6 - 33.5 - 22.2 - 11.4

■払戻金

単勝 1 170円 1番人気
複勝 1 110円 1番人気
9 210円 5番人気
6 190円 3番人気
枠連 1-7 880円 4番人気
馬連 1-9 870円 4番人気
ワイド 1-9 370円 4番人気
1-6 350円 2番人気
6-9 940円 13番人気
馬単 1-9 1,050円 3番人気
3連複 1-6-9 2,220円 5番人気
3連単 1-9-6 5,890円 10番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:366,207人(04月14日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【阪神牝馬S2024特集】マスクトディーヴァ「発馬を五分に出てくれれば」 モリアーナ「マイルは合っているし、外回りなら末脚も生かせる」

【阪神牝馬S2024特集】マスクトディーヴァ「発馬を五分に出てくれれば」 モリアーナ「マイルは合っているし、外回りなら末脚も生かせる」

ウンブライル・太田助手「最後まで気持ちを切らさず走れれば、このクラスでも引けを取らないと思っています」

ゴールドエクリプス・大久保師「1600メートルだと、変に我慢せず進められると思う。あとは当日の落ち着きがどうか」

シングザットソング・高野師「マイルを走ることを意識した調教をしてきた。前走は斤量が重かったが、レース内容は悪くなかった」

スピーディキック・藤原智師「3歳時から芝適性を感じていた。どんなレースをしてくれるか楽しみにしています」

ドゥアイズ・庄野師「1800メートルぐらいでもいいが、現状はマイルで成績を出しているし期待している」

マスクトディーヴァ・辻野師「週を追うごとに良化して、前哨戦を走るにはいい状態になっている。発馬を五分に出てくれれば」

モズゴールドバレル・藤岡師「馬体も戻ってきたし、1400メートルより1600メートルがいいと思う」

モリアーナ・武藤師「馬体やフォームはパワー型のスピード馬。マイルは合っているし、外回りなら末脚も生かせる」

ライラック・相沢師「折り合いがつきやすいマイルはいい方向に向きそう。牝馬同士なら実績は引けを取らない」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【阪神牝馬S2024特集】ドゥアイズ、マスクトディーヴァなど、計5頭が全5項目をオールクリア

【馬齢】

距離が1400mから1600mに変更された、2016年以降(過去8年)の1~3着馬延べ24頭の馬齢を確認すると、4歳から6歳までの間で収まっている。ただし、6歳の2着連対圏入りは、G1での連対(2着以内)経験を有していた馬だけ。その点には配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
③テンハッピーローズ

【所属】

2016年以降の所属別では、栗東所属馬が圧倒。1~3着馬延べ24頭中23頭を占めている。しかも、栗東所属馬以外の好走(3着以内)は、関西圏のG1連対(2着以内)経験馬のみ。気にとめておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
⑥モリアーナ ⑧スピーディキック ⑨ウンブライル

【近走成績】

2016年以降の2着以内馬延べ16頭の前走着順を検証すると、1~3着が8頭、4着以下が8頭。なお、後者の8頭はいずれも、2~3走前の間に3着以内の好走歴、もしくはタイム差0秒2以内の善戦経験があった。苦戦が続いている馬は、疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
④サブライムアンセム

【前走人気】

前走の単勝人気については重賞なら問わないが、非重賞の場合は3番人気以内がひとつの目安。2016年以降、この条件を満たしていなかった非重賞組は、みな3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
④サブライムアンセム

【サンデーサイレンスの血】

2016年以降の1~3着馬延べ24頭はいずれも、サンデーサイレンスの血を内包していた。近年の傾向を重くみるならば、サンデーサイレンスの血を保持していない馬は、扱いに注意したほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
⑩モズゴールドバレル

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、①マスクトディーヴァ、②ゴールドエクリプス、⑤シングザットソング、⑦ドゥアイズ、⑪ライラックの5頭

まず推奨したいのは、⑦ドゥアイズ。2016年以降、前走OPクラス1着からの臨戦馬は【3.1.1.3】の好成績。また、前走で単勝2番人気以内の支持を集めていた4歳馬が【4.3.1.9】という、上々のパフォーマンスを示していることも見逃せない。

同じく前走単勝2番人気以内の4歳馬に該当する、①マスクトディーヴァを次位にピックアップ。以下は、②ゴールドエクリプス、⑤シングザットソング、⑪ライラックの3頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
ドゥアイズ ①マスクトディーヴァ ②ゴールドエクリプス ⑤シングザットソング ⑪ライラック

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:366,207人(04月14日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【阪神牝馬S2024特集】少頭数の今年は平穏決着とみてU指数上位勢を狙い撃ち!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

直近5年の3着以内馬15頭中5頭がU指数二桁順位、しかも2023年は上位3着を独占というように、U指数的には難解な年が続いている。その一方、5位以内の馬が2頭以上3着以内に入り、比較的平穏に収まることもある(2020年は上位3頭がすべて4位以内)。よって、2020年3着ディメンシオン(2位、11番人気)のような人気の盲点になっている馬を上手にカバーすることを目指しつつ、指数上位勢の好走に期待する馬券の組み立て方を推奨したい。

今年は手ごろな頭数に落ち着き、なおかつ指数上位に人気の予想される馬が集まるかたちとなったので、例年よりは平穏な決着に終わると予想する。

昨年の秋華賞2着馬で、初マイルとなった前走の東京新聞杯では出遅れながらもコンマ4秒差にまで盛り返した1位①マスクトディーヴァ(97.4)。実績のあるマイルへの一気の距離短縮で変わり身に期待できる2位⑪ライラック(96.8)。マイル路線に戻してからリステッドで連続好走している4位⑦ドゥアイズ(95.1)。この3頭から入るのが最善策になるだろう。

そして最後に1頭、高指数ながら人気の盲点になりそうな3位③テンハッピーローズ(95.9)を押さえておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
マスクトディーヴァ ⑪ライラック ⑦ドゥアイズ ③テンハッピーローズ

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【阪神牝馬S2024特集】存在感を放つディープインパクト、重厚な欧州血脈内包馬の激走に要注意

【阪神牝馬S2024特集】存在感を放つディープインパクト、重厚な欧州血脈内包馬の激走に要注意

施行距離が芝1400mから芝1600mへと延伸された2016年以降、ディープインパクト産駒が【5.3.3.15】と他の追随を許さぬ成績を残している。同産駒は2016~2021年の6年間で5勝、勝利できなかった2018年においても、勝ち馬とタイム差なし、アタマ差2着で11番人気のレッドアヴァンセが入線していた。なお、2021年3着ドナウデルタ、2022年2着アンドヴァラナウトなど、近年は母の父としてディープインパクトの名前を見かける機会が増えつつある。

ほか、重厚な欧州血脈を母系に抱える馬が波乱を演出しており、2018年2着レッドアヴァンセ(11番人気)はダンシングブレーヴ、2019年2着アマルフィコースト(12番人気)、2020年3着ディメンシオン(11番人気)、2022年1着メイショウミモザ(9番人気)の3頭はSadler's Wellsの血を引く。単勝68.7倍という人気薄ながら勝利をつかんだメイショウミモザにおいては、2代母パパゴがダンシングブレーヴの従妹にあたる続柄でもあった。

マスクトディーヴァは、父ルーラーシップ×母マスクオフ(母の父ディープインパクト)。「父キングカメハメハ系×母の父ディープインパクト」の組み合わせは、21年3着ドナウデルタ、22年2着アンドヴァラナウトが出ており、後者においてはルーラーシップの姪にあたる続柄でもある。本馬においては2代母の父ホワイトマズルを介してダンシングブレーヴの血を引くことも強調しやすく、上位人気に違わずぞんざいには扱えない存在だろう。

モリアーナは、父エピファネイア×母ガルデルスリール(母の父ダイワメジャー)。18年1着ミスパンテールの父系と母系を入れ替えたような配合となるが、同馬を勝利に導いた横山典弘騎手が鞍上というのも興味深いところ。なお、父系祖父シンボリクリスエスは、母の父として21年2着マジックキャッスル、23年2着サブライムアンセムなども出す。また、本馬は異彩を放ったディープインパクトと同牝系という血統背景にも注目したい存在だ。

【血統予想からの注目馬】
マスクトディーヴァ ⑥モリアーナ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【阪神牝馬S2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年4月8日() 阪神/芝1600m
天候:晴 馬場:稍重
サンスポ杯阪神牝馬S2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 サウンドビバーチェ 浜中俊 1:33.9 13.8 6 34.1 101.1
2 1 サブライムアンセム 岩田望来 1:34.1 1 1/4 43.0 10 34.1 99.5
3 2 コスタボニータ 鮫島克駿 1:34.2 クビ 39.8 9 34.0 98.8
4 3 ウインシャーロット 石川裕紀人 1:34.2 クビ 4.2 2 34.5 98.8
5 10 アンドヴァラナウト 吉田隼人 1:34.3 クビ 24.8 7 33.6 98.0
2022年4月9日() 阪神/芝1600m
天候:晴 馬場:
サンスポ杯阪神牝馬S2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 メイショウミモザ 鮫島克駿 1:32.8 68.7 9 33.7 99.9
2 2 アンドヴァラナウト 福永祐一 1:32.9 1/2 3.1 1 34.2 99.2
3 3 デゼル 川田将雅 1:33.0 クビ 3.4 2 33.7 98.4
4 6 ムジカ 池添謙一 1:33.2 1 1/2 30.9 8 34.2 96.9
5 12 マジックキャッスル 浜中俊 1:33.2 アタマ 5.5 4 33.6 96.9
2021年4月10日() 阪神/芝1600m
天候:晴 馬場:
サンスポ杯阪神牝馬S2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 デゼル 川田将雅 1:32.0 3.1 1 32.5 99.4
2 4 マジックキャッスル 大野拓弥 1:32.0 クビ 4.3 2 32.4 99.4
3 1 ドナウデルタ 和田竜二 1:32.1 クビ 24.1 8 33.0 98.7
4 11 プールヴィル 三浦皇成 1:32.1 クビ 24.3 9 32.9 98.7
5 12 エーポス 岩田康誠 1:32.2 3/4 23.8 7 33.3 97.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【阪神牝馬S2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2014年の優勝馬スマートレイアー
2014年の優勝馬スマートレイアー

60年以上の歴史を誇る牝馬重賞で、現在はヴィクトリアマイルの主要ステップレースの役割を担う。1994年にG2に格上げされるとレースレベルが一気に上がり、第46回(2003年)のファインモーション、第48回(2005年)のアドマイヤグルーヴ、第49回(2006年)のラインクラフト、第60回(2017年)のミッキークイーンなど、多くのG1ホースが参戦し、勝利をつかんでいる。また、第51回(2008年)の覇者エイジアンウインズは、続くヴィクトリアマイルで名牝ウオッカを下してG1タイトルを手中に収めることになった。

歴史と概要をもっと見る

阪神牝馬S特集 バックナンバー

トップへ