デゼル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
デゼル
写真一覧
現役 牝4 青鹿毛 2017年2月18日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 7戦[4-0-1-2]
総賞金11,236万円
収得賞金5,250万円
英字表記Des Ailes
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
アヴニールセルタン
血統 ][ 産駒 ]
Le Havre
Puggy
兄弟 オヌール
前走 2021/04/10 サンスポ杯阪神牝馬S G2
次走予定 2021/05/16 ヴィクトリアマイル G1

デゼルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/10 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 127103.111** 牝4 54.0 川田将雅友道康夫476(-6)1.32.0 -0.032.5⑧⑧マジックキャッスル
21/02/14 東京 9 初音S 3勝クラス 芝1800 16591.711** 牝4 54.0 C.ルメー友道康夫482(-4)1.45.4 -0.234.4⑪⑪⑩シングフォーユー
21/01/11 中山 10 迎春S 3勝クラス 芝2200 16473.413** 牝4 54.0 福永祐一友道康夫486(+16)2.16.8 0.134.8⑤⑤⑤⑥ブラックマジック
20/09/20 中京 11 ローズS G2 芝2000 187155.744** 牝3 54.0 武豊友道康夫470(+10)2.00.4 0.533.8⑬⑭⑯⑰リアアメリア
20/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18115.9211** 牝3 55.0 D.レーン友道康夫460(-8)2.25.1 0.733.8⑭⑭⑮⑬デアリングタクト
20/05/03 東京 11 スイートピー (L) 芝1800 18473.011** 牝3 54.0 D.レーン友道康夫468(-4)1.47.1 -0.332.5⑭⑭⑬スマートリアン
20/03/15 阪神 4 3歳未勝利 芝1800 16122.111** 牝3 54.0 武豊友道康夫472(--)1.48.7 -0.134.4⑬⑬ナリタザクラ

デゼルの関連ニュース

★JRA・GI5勝目を狙うグランアレグリア “古馬の芝マイルGI”完全制覇なるか



 グランアレグリア(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、ヴィクトリアマイルでJRA・GI5勝目を狙う。同馬は2019年の桜花賞、昨年の安田記念スプリンターズSマイルCSと4つのGIタイトルを獲得しており、2020年度JRA賞最優秀短距離馬を受賞した。グランアレグリアはデビュー以来初めての芝2000メートル戦出走となった前走の大阪杯では4着に敗れたが、重賞4勝を挙げている芝1600メートル戦で巻き返すことができるかどうか。Vなら、ヴィクトリアマイルが創設された2006年以降では初となる“古馬の芝マイルGI”3競走の完全制覇となる。なお、グランアレグリアにはヴィクトリアマイル連覇がかかるC.ルメール騎手が騎乗する予定。



ダノンファンタジーレシステンシア 阪神JF以来のGI制覇なるか



 2018年のJRA賞最優秀2歳牝馬ダノンファンタジー(5歳、栗東・中内田充正厩舎)、2019年のJRA賞最優秀2歳牝馬レシステンシア(4歳、栗東・松下武土厩舎)は、いずれも2歳時の阪神JF以来となるJRA・GI制覇がかかる。ダノンファンタジーレシステンシアは今年、阪急杯高松宮記念と同じローテーションを歩んでおり、阪急杯ではレシステンシアが1着、ダノンファンタジーが5着、高松宮記念ではレシステンシアが2着、ダノンファンタジーが12着という結果だった。阪神JF勝ち馬がヴィクトリアマイルを勝てば、2011年アパパネ以来、10年ぶり4頭目となるが、ダノンファンタジーレシステンシアは久々のGI制覇を遂げることができるかどうか。なお、ダノンファンタジーが勝てば阪神JF以来、勝利間隔「2年5カ月6日」でのGI勝利となり、グレード制が導入された1984年以降、牝馬のGI勝利間隔としては最長となる。



★今年の“古馬牝馬重賞”勝ち馬がすべて参戦 13年ぶりのV狙う社台ファーム生産馬に注目



 ヴィクトリアマイルには、今年実施された“古馬牝馬重賞”5レースの勝ち馬すべてが出走する予定。愛知杯の実施時期が1月になった2016年以降、ヴィクトリアマイルに同年の“古馬牝馬重賞”5レースの勝ち馬がすべて顔を揃えるのは初めてのこととなるが、ヴィクトリアマイルはどのような結果になるだろうか。なお、今年の“古馬牝馬重賞”勝ち馬を見ると、マジックキャッスル愛知杯)、ランブリングアレー中山牝馬S)、デゼルサンスポ杯阪神牝馬S)と社台ファームの生産馬が3勝を挙げている。



 ヴィクトリアマイルには、サウンドキアラ(6歳、栗東・安達昭夫厩舎)、デゼル(4歳、栗東・友道康夫厩舎)、プールヴィル(5歳、栗東・庄野靖志厩舎)、マジックキャッスル(4歳、美浦・国枝栄厩舎)、ランブリングアレー(5歳、栗東・友道康夫厩舎)と5頭の社台ファーム生産馬が登録している。同牧場は、ヴィクトリアマイルが創設された2006年から2008年まで3年連続で同レースを制して以来、勝利を挙げていないが、13年ぶりに勝利を挙げることができるかどうか。Vなら、社台ファーム生産馬のJRA・GI制覇は2018年のフェブラリーSノンコノユメ)以来、3年ぶりとなる。



★登録馬20頭中10頭がディープインパクト産駒 歴代最多タイのヴィクトリアマイル4勝目なるか



 今年のヴィクトリアマイルには20頭の登録があるが、そのうちの10頭がディープインパクト産駒。同産駒はGI馬のグランアレグリア(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、ダノンファンタジー(5歳、栗東・中内田充正厩舎)、昨年2着のサウンドキアラ(6歳、栗東・安達昭夫厩舎)などが登録しているが、2018年ジュールポレール以来3年ぶりのヴィクトリアマイル制覇を遂げることができるかどうか。ディープインパクト産駒が勝てば、フジキセキ産駒と並ぶ同レース最多タイのヴィクトリアマイル4勝目となる。



 なお、サウンドキアラは今年の登録馬で唯一の6歳馬。同馬は2019年(7着)、2020年(2着)に続く3年連続のヴィクトリアマイル参戦だが、三度目の正直で勝利を挙げることができるかどうか。ヴィクトリアマイルを6歳以上馬が勝てば、2015年(6歳)、16年(7歳)に連覇したストレイトガール以来2頭目となる。



★4連勝でダービー卿CTを制覇 勢いに乗るテルツェットがGI初挑戦



 テルツェット(4歳、美浦・和田正一郎厩舎)は、村上特別→国立特別→節分S→ダービー卿CTと芝1600メートル戦で連勝を続けており、今回がGI初挑戦となる。同馬の通算成績は6戦5勝で、キャリア7戦目でヴィクトリアマイルを勝てばレース史上最少キャリアでの勝利となるが、テルツェットは連勝の勢いをGIの舞台でも発揮することができるかどうか。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。なお、テルツェットを管理する和田正一郎調教師は、オジュウチョウサンで障害レースの最高峰であるJ・GIを7勝しているが、平地のGI競走挑戦はオジュウチョウサンで挑んだ2018年有馬記念(9着)以来で、今回が2回目となる。



国枝栄調教師&友道康夫調教師 歴代最多タイのヴィクトリアマイル3勝目なるか



 マジックキャッスル(4歳)を登録している国枝栄調教師と、デゼル(4歳)、ランブリングアレー(5歳)を登録している友道康夫調教師には、藤原英昭調教師に並ぶ歴代最多タイのヴィクトリアマイル3勝目がかかる。国枝調教師は昨年に続く連覇、友道調教師には2014年以来7年ぶりの勝利がかかるが、3度目のヴィクトリアマイル制覇を遂げることができるかどうか。なお、3頭はいずれも今年の“古馬重賞勝ち馬”で、マジックキャッスル愛知杯デゼルサンスポ杯阪神牝馬Sランブリングアレー中山牝馬Sを制している。



 国枝調教師はJRA・GI通算19勝、牝馬限定JRA・GIは現役トップの9勝を挙げており、ヴィクトリアマイルを勝てば、グレード制が導入された1984年以降で4人目のJRA・GI通算20勝、牝馬限定JRA・GIはグレード制が導入された1984年以降で松田博資元調教師以来2人目の10勝到達となる。また、友道調教師は5月10日現在、JRA通算600勝、JRA重賞49勝を挙げており、JRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。



高橋祥泰調教師はスマイルカナを登録 25年ぶりのJRA・GI制覇なるか



 スマイルカナ(4歳)を管理する高橋祥泰調教師には、1996年のNHKマイルC(タイキフォーチュン)以来のJRA・GI制覇がかかる。同調教師は1983年に厩舎を開業しており、今年が39年目と現役調教師で最長のキャリアを誇る。高橋祥泰調教師は来年2月末に定年を迎えるため、残る調教師生活は約10力月となったが、ヴィクトリアマイルで久々のビッグタイトルを手にすることができるかどうか。Vなら、同調教師の1996年NHKマイルCからのJRA・GI勝利間隔は「25年0カ月3日」となり、グレード制が導入された1984年以降で最も間隔の長いJRA・GI勝利となる。



 スマイルカナの通算成績は13戦5勝だが、5勝はすべて芝1600メートル戦で挙げており、同距離でフェアリーS1着、ターコイズS1着、桜花賞3着などの成績を残している。スマイルカナは前走のダービー卿CTでは15頭立ての14着に敗れているが、GIの舞台で巻き返すことができるかどうか。なお、同馬には柴田大知騎手が騎乗する予定。



★逃げ切り勝ちで今年の“古馬牝馬重賞”V イベリスディアンドルの戦法に注目



 イベリス(5歳、栗東・角田晃一厩舎)、ディアンドル(5歳、栗東・奥村豊厩舎)はいずれも2019年スプリンターズS以来のGI挑戦となる。イベリスは2019年のアーリントンC以降、ディアンドルは2019年の葵S以降勝利から遠ざかっていたが、今年に入りイベリス京都牝馬Sディアンドル福島牝馬Sを制した。イベリスディアンドルはいずれも逃げ切り勝ちで久々の勝利を挙げており、今回の戦法が注目されるが、2頭は久々の大舞台でどのような走りを見せるだろうか。なお、イベリスを管理する角田晃一調教師、ディアンドルを管理する奥村豊調教師にはJRA・GI初勝利がかかる。



★牝馬限定JRA・GI完全制覇狙う福永祐一騎手 斎藤新騎手、団野大成騎手は最年少Vに挑戦



 リアアメリア(4歳、栗東・中内田充正厩舎)に騎乗予定の福永祐一騎手は、ヴィクトリアマイルを勝てば、武豊騎手、蛯名正義騎手、C.ルメール騎手に続く4人目の現在実施している牝馬限定JRA・GIの完全制覇となる。福永騎手はヴィクトリアマイル創設以来、2017年を除くすべての年で騎乗しており、同レースの最多騎乗回数を記録している。同騎手は5月10日現在、JRA・GI29勝を挙げ、グレード制が導入された1984年以降で5人目のJRA・GI通算30勝に王手をかけているが、ヴィクトリアマイル初制覇となるかどうか。



 また、クリスティ(4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗予定の斎藤新騎手、ディアンドル(5歳、栗東・奥村豊厩舎)に騎乗予定の団野大成騎手にはヴィクトリアマイル最年少優勝がかかる。同レースの最年少優勝記録は松岡正海騎手(2007年)の「22歳9カ月26日」で、レース当日の年齢が20歳3カ月8日の斎藤騎手、20歳10カ月25日の団野騎手が勝てば、同記録を更新する。斎藤騎手、団野騎手はどちらも今回が4回目のJRA・GI騎乗となるが、ヴィクトリアマイルでJRA・GI初制覇を遂げることができるかどうか。



★今年は関東馬8頭、関西馬12頭が登録 創設以来初の関東馬3連勝なるか



 ヴィクトリアマイルは2006年に創設され、今年が16回目となる。過去15回の優勝馬の所属を見ると、関東馬が6勝、関西馬が9勝で関西馬が勝ち越しているが、2019、20年と関東馬が現在2連勝中。今年のヴィクトリアマイルには、関東馬8頭、関西馬12頭の計20頭が登録しているが、勝利を挙げるのはどの馬だろうか。なお、今年も関東馬が勝てば、創設以来初の3連勝となる。



 また、ヴィクトリアマイルでは1番人気馬の勝利は4回にとどまっており、フタ桁人気馬の好走も多く見られる。2015年には12番人気のケイアイエレガントが2着、18番人気のミナレットが3着に入り、3連単の払戻金はJRA・GI史上最高の2070万5810円を記録した。今年の“古馬牝馬重賞”5レースの結果を見ると、1番人気馬が勝利を挙げたのはサンスポ杯阪神牝馬Sだけだが、ヴィクトリアマイルはどのような結果になるだろうか。



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【ヴィクトリアM】レース展望

【ヴィクトリア】デゼル坂路で馬なり、気配上々 NEW!2021年5月12日(水) 10:31

 デゼルは連勝で前走のサンスポ杯阪神牝馬Sを制覇。オークスで2番人気(11着)になった性能を改めてアピールした。栗東坂路で単走。終始馬なりでラスト2Fは13秒4-13秒2と、ゆったりと仕上げた。

 「先週(川田)ジョッキーに乗ってもらい、CWコース併せ馬でしっかり負荷をかけたので、けさは坂路で息を整える程度。リズム良く走っていたし、息づかいもいい。マイルは少し短めだが、阪神より東京のほうが競馬はしやすい」と友道調教師。本格化した逸材に期待は高まるばかりだ。(夕刊フジ)



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【われかく戦う】マジックキャッスル国枝師「体が増えて充実」 NEW!2021年5月12日(水) 05:00

 年に一度の古馬牝馬最強マイラー決定戦、ヴィクトリアマイル(GI、芝1600メートル)が16日、東京競馬場で行われる。“牝馬の宝庫”として知られ、今回4歳馬マジックキャッスルを送り込む国枝栄調教師(66)=美浦=を直撃。昨年のアーモンドアイに続く厩舎V2に向けた期待度など、その胸中を探った。(取材構成・柴田章利)

 ◇

 --昨年アーモンドアイで制したヴィクトリアマイルに、マジックキャッスルを送り込む。ここ2戦も愛知杯1着、阪神牝馬S2着と重賞で安定した走りを見せている

 「昨年からいい雰囲気はあったけど、今年に入って体が増えて充実してきた。前走は(勝ったデゼルの)川田騎手にうまく押し込められてしまったけど、ちゃんと競馬はできていた」

 --昨年は秋華賞デアリングタクトの2着に入るなど牝馬3冠路線を歩んだが、今年はマイル路線が中心になりそう

 「桜花賞(12着)はドボドボの道悪(重馬場)で駄目だったけど、オークス(5着)は頑張って走っていたし、秋華賞でも最後はしっかり伸びていた。長いところでもうまく立ち回れていたけど、体形はマイル向きだからね」

 --このレースはディープインパクト産駒が過去10年で7連対。ただし今回はマジックを含めて10頭登録している

 「結局ディープ産駒ばっかりだな。この馬も流れが速ければ速いほど、しまいは伸びてくるし、ディープらしい追い込みが決まれば、というタイプじゃないかな」

 --東京は過去2戦して2、5着

 「阪神から東京に替わるのはプラス。メンバー的に流れが速くなるのなら、しまいの脚を生かすのにはいいからね。阪神の前走で馬体は減った(マイナス14キロ)けど、暖かくなってきたこともあるし、今回は(輸送距離の短い)東京だから。追い切りの動き(5日に美浦Wコース5ハロン66秒3)も良かったし、調整は順調そのもの」

 --ヴィクトリアマイルは過去に2勝。11年には3冠牝馬アパパネでGI6勝の名牝ブエナビスタ(2着)を負かした

 「あのときはマサヨシ(蛯名正義騎手=現技術調教師)のファインプレーだった。ブエナビスタを負かすという彼の気持ちが(クビ差勝ちの)好騎乗につながったと思う。アパパネにとってもブエナを負かしたことが勲章になった」

 --昨年はアーモンドアイが4馬身差V

 「予定していたドバイが駄目(=ドバイターフ連覇を目指して遠征したが、コロナ禍で開催中止)で、休み明けのレース。それでも負けられないという立場だったが、結果は圧勝。今考えてもあの馬は別格だったね」

 --勝てば国枝厩舎にとっては、JRA・GI20勝の節目、このレース最多タイの3勝目となる

 「グランアレグリアはやっぱり強いからね。でも競馬は何があるか分からないし、マジックも3歳時に比べれば、体に芯が入ってしっかりしてきた。末脚は確実だし、とにかく無事に出走させたい」



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



国枝栄(くにえだ・さかえ) 1955(昭和30)年4月14日生まれ、66歳。岐阜県出身。調教助手を経て、90年2月に茨城・美浦トレセンで厩舎を開業。98年GIIIダービー卿CTで重賞初勝利(ブラックホーク)、99年スプリンターズSブラックホーク)でGI初勝利を挙げた。2010年にはアパパネで牝馬3冠を達成。同じく3冠牝馬のアーモンドアイでは日本馬最多の芝GI9勝の偉業を成し遂げた。11日現在、JRA通算8083戦950勝(うち重賞56勝)。

★牝馬の国枝…勝てばJRA・GI20勝目となる国枝調教師。そのうち9冠馬アーモンドアイアパパネピンクカメオの牝馬3頭で14勝を挙げ、“牝馬の国枝”とも言われる。この異名についてトレーナーは「牡馬だって勝ちたいに決まっている」と苦笑するが、グレード制導入の1984年以降、牝馬でGI14勝は、ブエナビスタなどを管理した松田博資元調教師と並ぶ歴代トップの記録。マジックキャッスルに続き、オークス(23日、東京、GI、芝2400メートル)はアカイトリノムスメ日本ダービー(30日、東京、GI、芝2400メートル)には桜花賞2着のサトノレイナスがスタンバイ。牝馬でさらなる偉業達成が期待される。

★展開向く…今年のヴィクトリアマイルは、スマイルカナイベリスレシステンシアなど強力な先行馬がそろった。ハイペース必至なメンバー構成で、先行勢が苦しくなれば切れる末脚が持ち味のマジックキャッスルにとっては好都合だ。今週の東京競馬場(府中市)の天気は、13日(木)に雨予報が出ているが、その後は晴れ、週末は曇りまでで馬場は先週同様に良馬場で行われる見込み。ハイペースの高速決着だったNHKマイルCを勝ったシュネルマイスターと同様、後方で脚を温存したマジックキャッスルの切れ味が生かせる舞台になる。強敵グランアレグリアは近走では正攻法の競馬が多く、好位から先行勢を早めに捕えにいくなら、それを目標にしてゴール前強襲が可能だ。

[もっと見る]

【ヴィクトリア】グランアレグリアは順調に調整中 NEW!2021年5月12日(水) 04:58

 <美浦トレセン>

 昨年のJRA賞最優秀短距離馬で、大阪杯4着の巻き返しを狙うグランアレグリアは、坂路で4ハロン60秒0-14秒5。軽快に駆け上がり、12日の最終追い切りに備えた。藤沢和調教師は「レースを使っているので、この中間の調整は楽。馬体も同じぐらいで出せそうだし、落ち着きもあるから」と順調ぶりを伝えた。

 1勝クラスからダービー卿CTまで4連勝中のテルツェットが、勢いに乗ってGI勝ちを目指す。「前走のいい状態を維持しています。先週しっかり負荷をかけているので、今週はサラッとでいいと思う」と和田郎調教師。「しまいが良くて可能性を秘めている馬。東京の左回りはスムーズでチャンスはあると思う」と期待を口にした。

 高松宮記念8着以来のマルターズディオサはその後、在厩で調整。「前走は少し忙しすぎたけど、道悪でもよく頑張ってくれた」と矢嶋助手は評価。「前走の経験は大きい。春はここが最大目標で、調整はうまくいっています。得意のマイルで上位争いは可能」と力を込めた。

 <栗東トレセン>

 サウンドキアラは昨年、1分31秒3の好時計でアーモンドアイの2着。初のスプリント戦だった前走の高松宮記念は6着だったが、0秒4差と大きく負けていない。「馬の雰囲気はいいし、いい頃に戻ってきた感じです。今年もメンバーは強いけど、昨年もあのメンバーで2着に来ているので」と安達調教師。

 ディアンドル福島牝馬Sを逃げ切り、一昨年5月の葵S以来となる復活V。奥村豊調教師は「体調はいいです。ここも、もまれずスムーズに運べれば」と話した。

 デゼルサンスポ杯阪神牝馬Sで重賞初制覇。友道調教師は「在厩で調整していますが、先週の動きも良かったし順調です。(前走と)同じマイルでも、東京の方が競馬はしやすい」と舞台替わりを歓迎する。

 僚馬ランブリングアレーは前走の中山牝馬Sで初めて重賞奪取に成功。「1600メートルはちょっと忙しいかなと思うけど、東京ならこなしてくれると思います」とトレーナーは語った。



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】デゼル充実一途「東京は一番合う」 2021年5月11日(火) 04:58

 今週のGIは、古馬のマイル女王を決めるヴィクトリアマイル。「俺のチェックポイント」の初日は、大阪サンスポの斉藤弘樹記者が栗東トレセンでデゼルに注目した。昨年のオークス11着以来となるGI挑戦。サンスポ杯阪神牝馬Sを制した超良血馬の充実ぶりと、東京1600メートルへの適性を探った。



 昨年の安田記念マイルCSと牡馬混合の春秋マイルGIを制したグランアレグリアが最有力と目されるが、何とか逆転候補を探りたい。その筆頭に挙げたいのが、サンスポ杯阪神牝馬Sで重賞初制覇を飾ったデゼルだ。ディープインパクト産駒で母に仏GI2勝のアヴニールセルタンを持つ超良血馬。グランとは未対戦で、未知の魅力もある。

 GI挑戦は2度目。昨年のオークスは11着だったが、デビューから連勝を飾ったようにポテンシャルが高く、充実一途の今なら通用しても良さそう。この1年の成長について、大江助手に聞いた。

 「昨年春より食欲がしっかりしていますし、体質も骨格もしっかりしてきています。前走に引き続き、遠慮なく思うような調教ができているのが何より。ポテンシャルに、体がついてきつつある現状だと思います」

 デビューは3歳3月と遅く、オークスはキャリア3戦目。中2週で東京への長距離輸送が続いたことも影響したか。体質が強化した今は、加減することなく負荷をかけられており、伸びしろの大きさは相当なようだ。

 マイルへの距離短縮が課題と思われた前走も、好時計で快勝。後方から大外を回って上がり3ハロン32秒5の瞬発力を発揮し、着差以上に強い内容だった。今回は初めての東京1600メートル戦。だが、エンジンのかかりが遅く、ゴール前でもまだ伸びていた前回の走りから、直線がさらに延びる舞台に替わるのは、間違いなくプラスだろう。

 「何といっても東京は一番合っているコース。阪神1600メートルであそこまでやれれば、東京マイルに行けばさらにいいなと思います」と大江助手も前向きに語る。

 前走でハナを切った馬が3頭おり、その他にもレシステンシアなど強力な先行勢がそろう。ペースが流れて決め手が問われる展開になれば、豪快に突き抜けるシーンもありそうだ。(斉藤弘樹)



★GI・俺のチェックポイント…現場記者が週末のGI出走馬のなかで、自分が気になる馬を独自の焦点をもとに取材。記者は日替わりで、火~金曜付に掲載する。



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【漆山”教授”のGI因数分解】ヴィクトリアマイル 2021年5月11日(火) 04:57

 東大卒の漆山貴禎記者がGI的中への方程式を導き出す「漆山教授のGI因数分解」。今週のヴィクトリアマイルは10頭出しのディープインパクト産駒から有力馬をピックアップした。

 ◇

 (1)大攻勢 ディープインパクト産駒は2012年の初出走から9年連続で出走し、うち8年で馬券に絡んできた。今年は何と10頭がエントリーしている。ディープ産駒の同一GI10頭出しは過去最多記録だ。表1に示した通り、8頭以上が出走した過去のGI5戦中4戦で連対を果たしており、上位独占もあり得る。

 (2)東京マイルはお任せ 11年以降の東京芝1600メートル重賞・厩舎別成績トップ5を示したもののが表2。首位は友道厩舎で【7・2・0・13】、連対率40・9%をマーク。回収率も単勝262%/複勝105%と優秀だ。このレースでは13、14年にヴィルシーナで連覇を飾っている。

 (3)VS牡馬 過去の勝ち馬15頭のうち8頭は前走で牡馬混合の重賞に出走。強い牡馬相手に戦ってきた経験に着目したい。特に芝マイル重賞で3着以内に好走してきた馬は【2・1・1・4】(表3)で、ダービー卿CT組は【1・1・0・1】だ。

 注目馬 友道厩舎がディープ産駒2頭を送り込む。ランブリングアレーは、吉田隼騎手とのコンビ。友道厩舎とのタッグでは昨年以降、【10・4・2・24】で単勝回収率211%をマークしているだけに要注意だ。デゼルは1800メートル以下で負けなし。舞台設定は絶好だ。

 テルツェットは破竹の4連勝でダービー卿CTを制した。小柄なだけに初めて背負う55キロが鍵だが、勢いは侮れない。

 もちろん、マイルGI3勝のグランアレグリアも有力候補。最終結論は追い切り気配などをチェックしたうえで下したい。(漆山貴禎)



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

デゼルの関連コラム

閲覧 1,324ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2021年05月16日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2017年以降)】
○13戦以内 [4-3-2-25](3着内率26.5%)
×14戦以上 [0-1-2-32](3着内率8.6%)

 キャリアの浅い馬が優勢。出走数が14戦以上だった馬はあまり上位に食い込めていません。古牝馬限定のレースですし、今年も比較的若い馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→スマイルカナデゼルテルツェットリアアメリア
主な「×」該当馬→イベリスサウンドキアラ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年の阪神牝馬ステークス”において7着以内となった経験がある」馬は2017年以降[2-3-3-11](3着内率42.1%)
主な該当馬→イベリスデゼル

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年4月7日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年04月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(248)
閲覧 1,933ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、阪神牝馬ステークス・ニュージーランドトロフィー・忘れな草賞・大阪-ハンブルクカップ・春雷ステークス・桜花賞の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年04月10日(土) 阪神11R サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス
【血統別成績(2016年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-5-5-38](3着内率28.3%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-0-19](3着内率0.0%)
→サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が優勢。特別登録を行った馬のうち、父がサンデーサイレンス系種牡馬なのは、エーポスギルデッドミラーデゼルマジックキャッスルメイショウショウブリアアメリアの6頭だけです。


▼2021年04月10日(土) 中山11R ニュージーランドトロフィー
【前走の4コーナー通過順別成績(2016年以降)】
●1番手 [0-0-0-10](3着内率0.0%)
●2~8番手 [5-5-5-38](3着内率28.3%)
●9番手以下 [0-0-0-14](3着内率0.0%)
→脚質に注目したい一戦。極端な競馬をした直後の馬は上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山芝1600m外×スクリーンヒーロー×前走馬体重460kg以上
→3着内率37.1%、複勝回収率170%


▼2021年04月11日(日) 阪神09R 忘れな草賞

[もっと見る]

2020年9月17日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020ローズステークス
閲覧 1,190ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月20日(日) 第38回関西テレビ放送賞ローズステークス(3歳牝馬G2・芝2000m)


【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

<賞金上位馬>

エレナアヴァンティ(D)4ヶ月
時計の出し始めが9月に入ってからというように乗り込み量は少なく、時計も目立つものはない。

アブレイズ(A)4ヶ月
2週前、1週前と坂路で好時計が出ており、併せ馬でもともに先着していて出来は良さそう。

クラヴァシュドール(A)4ヶ月
1ヶ月ほど乗り込まれて1週前にはデムーロ騎手騎乗で楽に大きく先着。春の疲れも取れて仕上りが良さそう。

ウーマンズハート(B)4ヶ月
この中間は、休み明けで乗り込み量豊富だが、気性的に気になる部分も。1週前追い切りは、馬の後ろで押さえるのに苦労している感じだった。

リアアメリア(A)4ヶ月
乗り込み豊富でこの中間はすべて馬なりで調整と、休み明けでも仕上がりは良さそうな調教内容。

デゼル(B)4ヶ月
休み明けで乗り込み豊富。1週前追い切りの動きを見ると春のようなフラつくようなところもなく、走りがしっかりしてきた印象。仕上りも良さそう。

フィオリキアリ(B)中2週
この中間も1週前には坂路で強めに追われていて、休み明けの小倉を一度使われた上積みがありそうな感じ。

アカイイト(B)中4週
この中間も坂路で乗り込まれている。1週前追い切りでは終いの時計が出るようになっており、上積みはありそう。

オーマイダーリン(D)連闘
調教では併せ馬で遅れることが多く、先週のパドックでは馬体に余裕がある感じでもなかったので、連闘もプラスになるような印象は受けない

シャムロックヒル(B)中6週
前走未勝利勝ちで1週前追い切りでは強めに追われて好時計。使われつつ良くなってきている感じ。

シャレード(D)中7週
新潟を一度使われてこの中間間隔もあって乗り込みは豊富。ただ、追い切りの時計は物足りず、1週前追い切りでも併せ馬で遅れていて上積みはあまり感じられない。

セウラサーリ(C)3ヶ月
坂路で一杯に追われている割にそれほど目立つ時計は出ていないこの中間。3ヶ月の休み明けでも、大きな変わり身はなさそう。

ソフトフルート(C)3ヶ月
この厩舎としては乗り込み量が少ない割に、1週前追い切りでは強めに追われている。その点、今回は急仕上げの感あり。

フアナ(C)中4週
前走の休み明けを使われての叩き2戦目で、この中間も乗り込み量は豊富。ただ、1週前には併せ馬で遅れていて、一度使われたことでの上積みは感じられない。

ラインオブダンス(C)中2週
長期休み明けを2回使われての中2週となる今回だが、この中間は追い切りでこの馬としては終いの時計がかかっていて少し物足りない。

リリーピュアハート(B)4ヶ月
休み明けで乗り込み量豊富。1週前追い切りでは併せ馬で先着していて、仕上がりは良さそう。


<抽選対象馬(2/3)>

チャイカ(D)中4週
前走未勝利勝ちしてこの中間も乗り込まれているが、もともと坂路では好時計の出ていた馬。近走の追い切り内容を見ると、全体的に物足りない印象が残る。

ムジカ(D)中3週
休み明けを一度使われての今回だが、この中間は追い切りの時計がかかっていて叩き2戦目の割に物足りなさが残る。

ヤマニンプティパ(E)中1週
調教では目立つ時計のない馬で、この中間も札幌からの中1週で1週前追い切りはなく、ここでは前走以上の力を出すのは厳しそう。


このコラムからの推奨馬はアブレイズクラヴァシュドールの2頭を上げておきます。



◇今回はローズS編でした。
このコラムでも何度も登場している昨年の第4回ウマニティ杯くりーく賞の勝ち馬シャドウアロング号が先日の新潟競馬で待望のJRA初勝利。JRA復帰後3戦目でオーナーの地元新潟での勝利と、前回このコラムで取り上げた内容通りの結果で、同着ではありましたが人気薄での嬉しい勝利となりました。馬に関しては、調教内容も芝での走りもまだまだ頼りない面はあり、クラスが上がると厳しいところはあると思いますが、まだまだ良くなる余地は十分なはず。上を目指して今後の活躍に期待したいと思っています。

それでは次回、神戸新聞杯(予定)編でお会いしましょう。


※ローズS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年9月13日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月13日号】特選重賞データ分析編(219)~2020年関西テレビ放送賞ローズステークス~
閲覧 1,991ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 ローズステークス 2020年09月20日(日) 中京芝2000m


<ピックアップデータ>

【“中山・中京・阪神、かつ1600m以上のレース”において1着となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-4-7-42](3着内率30.0%)
×なし [0-3-0-49](3着内率5.8%)

 ゴール前の直線に急坂があるコースへの適性を重視したい一戦。東京・京都のレースや中京を除くローカル場のレースでしか勝ち切ったことのない馬は苦戦していました。今年は変則開催の影響で施行コースが中京芝2000mに変更されるものの、この傾向が覆る可能性は低いんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→アブレイズデゼルフアナ
主な「×」該当馬→ウーマンズハートシャレードリリーピュアハート


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1600m以上、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[5-3-4-30](3着内率28.6%)
主な該当馬→アブレイズウーマンズハートフアナ

[もっと見る]

2020年5月28日(木) 16:00 覆面ドクター・英
日本ダービー・2020
閲覧 3,404ビュー コメント 0 ナイス 11



オークスは本命を打ったデアリングタクトは、人気でも予想通り強かったですし、2着のウインマリリンまでは良かったのですが、3着ウインマイティーが道悪要員と考えていたので……。忘れな草賞勝ち馬は、昔は重要でも最近は以前ほどではないと軽視したのが、やはり失敗でした。和田騎手の前で長く脚を使わせる騎乗も巧かったですしね。ただ馬連・馬単が結構ついたのはありがたく、2番人気11着デゼル、3番人気15着クラヴァシュドール、4番人気7着ミヤマザクラあたりを軽視できたところが奏功しました。ダービーは3連単でビシッと当てられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:4戦全勝で、ここ2戦はホープフルS、皐月賞とG1を連勝している。前走は、福永騎手にしては珍しく、大胆というか大雑把な外を回す騎乗であっさり勝っており、力が上ということを分かっての騎乗か。別路線の強豪も現れず、連勝は止まらなそうで、ここも最有力。

2番人気想定 サリオス:前走皐月賞ではコントレイルに半馬身競り負けたが、朝日杯FS勝ち馬で距離不安を指摘されながらの好走。「いざ得意の東京で」と今回は巻き返しに気合いの入るところだろうが、相手は強く、逆転はないのでは(コントレイルさえいなければ・・・というタイプで、毎度善戦するも勝てずというタイプになりそう)。

3番人気想定 サトノフラッグ:弥生賞勝ちで臨んだ皐月賞では2番人気5着といまひとつ。あまり速い脚を使う感じではなく、ここは人気で評価を下げるべきタイプか。今年は弥生賞のレベルが低かったと思われ、皐月賞5着というのは妥当な位置づけなのでは。

4番人気想定 ワーケア:ホープフルS3着、レベルが低かったとみられる既出の弥生賞2着と人気で消して妙味か。デビュー前後は大物と言われていたが、人気先行で正直そう強い馬でないのでは。

5番人気想定 ヴェルトライゼンデ:ホープフルSでコントレイルの2着だったが、相手は持ったままの楽勝。そして皐月賞では8着と、上位陣とは少し差があるとみる。前走時は正直、もう少しやれるかと見ていたが。馬場のせいだったのかもしれないが、今回消して妙味か。

6番人気想定 ガロアクリーク皐月賞3着で美味しい馬券を運んでくれたが、上位2頭とは3馬身半の差。逆転は厳しそうだが、キンシャサノキセキ産駒だからとなめられそうでまた3着は十分ありえる存在。母父キングマンボで距離は問題なくこなせそう。軽い馬場のスピード勝負なら引き続きやれて良く、ここも人気を落としての妙味があるのでは。

7番人気想定 アルジャンナ:東スポ杯2歳Sはコントレイルの2着だったが、相手は5馬身差の楽勝。その後、きさらぎ賞3着、毎日杯2着とそれなりに頑張ってはいるが、大駆けはあまり期待できなさそう。

8番人気想定 ビターエンダー:あまりレベルの高くなかったプリンシパルS勝ち馬で、皐月賞での先行して14着を見ても実力が足りない。

9番人気想定 ダーリントンホール皐月賞は6着までだったが、共同通信杯勝ちがあるように“大箱”で巻き返しがあるかもしれない存在。調教もよく、穴で期待できる。

10番人気以下想定
サトノインプレッサ:NHKマイルCは多頭数の外枠など色々大変だったにせよ惨敗で、この距離になって激走ということもないのでは。

ディープボンド京都新聞杯では断然人気のアドマイヤビルゴを倒したが、皐月賞が10着だったように今年の京都新聞杯のレベルは高くなかった。

ヴァルコス:大物感のないノヴェリスト産駒という点が残念な感じはあるが、母母がウインドインハーヘア(ディープインパクトの母)でもあり、この距離が得意な友道厩舎の育成もあり、ここで通用するだけの力があるのでは。

コルテジアきさらぎ賞勝ち馬だが、皐月賞で7着と力落ちる。

マイラプソディ:昨秋は、新馬勝ちに続いてオープンの野路菊S、京都2歳Sと3連勝したが、共同通信杯4着、皐月賞13着と下降。最近、増えてきた早い時期から走るが、すぐしぼむハーツクライ産駒では。

ウインカーネリアン皐月賞では17番人気という人気薄で4着と激走したがフロックでなく、じわじわ力をつけてきた感じがあって、再度の好走も期待できる。

レクセランス:すみれS勝ち直後の皐月賞では11着と惨敗で、スタートが良くなかったにしても逆転は期待薄。

マンオブスピリット京都新聞杯2着馬だが、まだ幼い感じがあり良くなるのは秋か。

ブラックホール:札幌2歳S勝ち馬だが、その後はぱっとしない感じで激走は期待できず。


<まとめ>
皐月賞上位馬+青葉賞最先着(2着)の馬で決着するのではとの枠順確定前(本稿執筆時点)での見立て。あとは京都新聞杯1、2着馬が食い込んでくるか程度では(食い込んでこない可能性の方が高いと思うが)。

最有力:コントレイル(相当な不利など無ければ、この相手には負けないのでは)

ヒモに:サリオスガロアクリーク

穴で:ヴァルコスウインカーネリアンダーリントンホール

[もっと見る]

2020年5月22日(金) 11:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020オークス(優駿牝馬)
閲覧 2,505ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月24日(日) 東京11R 第81回優駿牝馬オークス) (3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

ウインマリリン(B)中3週
1週前追い切りはモヤで終いしか見ることはできなかったが、しっかり伸びて疲れはなさそうな走り。乗り込み量も多く、引き続き良い状態をキープできている感じ。

クラヴァシュドール(C)中5週
この中間も、2週前に坂路、1週前にCWを長めから併せ馬。1週前の動きを見ると多少首が高く、強く追われることはなかった。輸送を考慮し、大きく馬体を減らしたくないという意図が見え隠れする内容。

スマイルカナ(B)中5週
この中間は乗り込み量豊富で、2週前には馬なりで速い時計。1週前にはモヤで時計は計測されていないものの、映像を見るに強めにビッシリと追ってきた印象で状態は良さそう

デアリングタクト(A)中5週
この中間は輸送を考慮してか、1週前に単走で強めに追われて好時計。毛艶が良く、ガッチリ押さえたまま好時計が出ている。やや硬い感じには映るものの、前走時よりは良くなっているように見えた。

デゼル(B)中2週
未勝利、前走とかなり入念な乗り込みの馬。今回はというと、中2週と間隔が詰まっているが、日曜日にCWを長めから併せて好時計&先着と、調子落ちはなさそう。前走時のパドックで絞れていた馬体は、これ以上大きく減ってしまうとどうかといった印象。再度の東京への輸送があり、その辺りが気になるところ。

ホウオウピースフル(C)中3週
中3週も乗り込み豊富。1週前追い切りは、終いもうひと伸びほしい動きにも見せているが、前走でも似たような感じだったので、それほど大きな変化はなさそう。

ミヤマザクラ(C)中5週
これまで1週前は併せ馬で追い切られてきたが、今回は単走での追い切り。時計は出ているが、これまでとの比較では乗り込み量が少なく、前走時の疲れを取れるのに時間がかかったのかもしれない。


【賞金上位馬】

マルターズディオサ(A)中5週
この中間は美浦での調整に戻り南W、坂路と乗り込み量豊富。1週前追い切りではインターミッションには遅れたものの、ワーケアには先着を果たし、動き良く好時計をマーク。状態は良さそう。

サンクテュエール(C)中5週
前走時は速い時計がかなり出ていてトレセンでの乗り込み本数も多かった馬。この中間は、牧場で調整されてトレセンではそれほど速い時計は出していない。1週前追い切りもモヤで時計は記録されていないが、動き自体はしっかりとした脚取りに映り、出来は悪くなさそう。

アブレイズ(A)中8週
2戦2勝でフラワーカップからの参戦。乗り込み量は豊富で、2週前、1週前とジョッキー騎乗で併せ馬を消化し、ともに好時計で先着。これまでは坂路中心で追い切られてきていたが、この中間はCWでの追い切りに変えてきている。距離を意識した感じのメニューもしっかりと消化し、状態は良さそう。

ウインマイティー(A)中5週
この中間は、前走時以上にしっかりと乗り込まれて2週前、1週前と併せ先着。1週前追い切りでは、大外を回って力強く僚馬をパス。状態は前走時以上に良さそう。

ウーマンズハート(C)中5週
馬体重の増減が激しい馬で、輸送もあるのでこの中間は坂路を馬なりでの調整。1週前追い切りも、これまではCWを併せ馬で追い切られていたが、今回は坂路単走。あまり速くならないように押さえての内容となっていて、気性的な不安を意識しての調整に感じる。

リアアメリア(A)中5週
前走時は、馬体も絞れていて仕上りは良さそうだった。この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りは坂路で素軽い動きを披露。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

マジックキャッスル(D)中5週
前走時は速い時計が多く出ていたが、この中間は軽めの調整が多い。1週前追い切りも、併走相手と比べると走りに勢いがない感じ。小柄な馬なので、これ以上馬体を減らしたくないのかもしれない。

インターミッション(A)中5週
この中間は乗り込み豊富で、1週前追い切りでは南W3頭併せで大外を先行してワーケアマルターズディオサに抜かせない好内容。出来はかなり良さそう。

チェーンオブラブ(D)中5週
この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは先着したもののフラフラするようなところもあり、疲れが抜けるのに時間が掛かったような印象。


【抽選対象馬(2/8)】

フィオリキアリ(E)中5週
今回は1週前追い切りがCWだったが、併せ先着したものの伸び脚が物足りず。

リリーピュアハート(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、モタモタしたところがあり全体に動きが重い感じ。



◇今回はオークス編でした。
先週土曜、5/16 高知12R ファイナルレースで、1週前に10ヶ月休養から復帰の別府真衣騎手が久しぶりの勝利。通算700勝以上と、日本人女性騎手の中でも名古屋の宮下瞳騎手と並びトップクラスの実力をもつ同騎手の復活は、高知競馬にとっても地方競馬にとっても明るいニュースとなりそうです。地方競馬ではたくさんの女性騎手が各地の競馬場で頑張っていますし、JRAではご存知藤田菜七子騎手が女性騎手1人で頑張っています。
その菜七子騎手の師匠である根本調教師と昨年お話をする機会があり、菜七子騎手についてこんなことを語っていました。「たくさん騎乗依頼を頂いて勝てない時期が続くと精神的な疲れが溜まっていく。だから極力、競馬以外の仕事は受けないようにして、競馬に集中させてあげたいんだ」――と。
勝負の世界は男女関係なく、また基本的に負けることが多く、観ている側からでは分からない大変さはあると思いますし、精神的にも苦しい時はあると思います。それでも華やかで夢のある世界であり、多くの人たちを勇気づけたり感動させてくれる存在であることは間違いありません。
今週はオークスが行われますが、中央・地方関係なく、実力のある女性騎手が、桜花賞オークスに騎乗してきて、レースがより一層華やかになる時代というのも見てみたいものです。

それでは次回、東京優駿日本ダービー)編でお会いしましょう。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デゼルの口コミ


口コミ一覧

*ヴィクトリアマイル❶*

 あらこん 2021年5月12日(水) 08:00

閲覧 108ビュー コメント 0 ナイス 16

*ヴィクトリアマイル*
-JRA注目馬-
グランアレグリア
レシステンシア
デゼル
マジックキャッスル
ダノンファンタジー
サウンドキアラ
テルツェット
ランブリングアレー
☆好走データ☆
*東京芝1600mで勝利実績あり10年連続馬券内→ グランアレグリア、テルツェット
*牡馬混合の国内古馬GI勝ち馬【2-1-1-0】→グランアレグリア
ルメール騎手で仕方ないですかね

 ベスト タイムズ 2021年5月12日(水) 06:13
ヴィクトリアM G1
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 7



グランアレグリア

テルツェット

デゼル

マジックキャッスル

.

[もっと見る]

 92@成仏 2021年5月11日(火) 23:50
5/16 VMの枠発表前予想
閲覧 136ビュー コメント 0 ナイス 10

先週に続いて今週も東京マイル。今回は古馬牝馬限定戦。

年齢別でみると…

4歳【5-6-3-66/80】
5歳【3-3-6-51/63】
6歳【1-1-1-24/27】
7歳【1-0-0-5/6】

連対率は4歳がトップ。複勝率は5歳がトップで、4歳馬と5歳馬が中心となるレース


前走着順からみると…

前走1着【0-2-1-32/35】
前走2着【1-2-3-19/25】
前走3着【0-1-3-7/10】
前走4着【1-1-0-8/10】
前走5着【2-0-2-6/10】
前走6~9着【4-2-0-41/47】
前走10着~【2-2-1-33/38】

前走1着から連勝した馬は一頭もおらず、前走5着以下から8頭の馬が巻き返しを果たしている。


枠番でみると…

1枠【0-0-3-17/20】
2枠【2-1-3-14/20】
3枠【2-0-1-17/20】
4枠【0-2-0-17/19】
5枠【0-3-0-16/19】
6枠【3-0-0-17/20】
7枠【2-1-1-24/28】
8枠【1-3-2-24/30】

内枠は2枠と3枠から2勝しているが、複勝率トップは2枠。だが、6~8枠の外枠がやや優勢。


2012年から毎年、必ず前年走ったリピーターが好走するレースでもあります。

今年の該当馬は、3頭。
・サウンドキアラ(6歳/前走:高松宮記念6着/)※2020年VM2着
・ダノンファンタジー(5歳/前走:高松宮記念12着)※2020年VM5着
・シゲルピンクダイヤ(5歳/前走:福島牝馬S7着)※2020年VM6着

近5年のレース結果見ていても府中マイルで上がり3F33秒台の脚が必要。やはり高速馬場での上がり勝負が鍵。


☆枠次第ですが、現時点で注目している馬

・グランアレグリア(5歳/ディープインパクト産駒)
今回は本来の力を出せるマイルに戻り、出走メンバーの中でも能力は抜けているので、本命候補にはピッタリ。
後はどこの枠に入るか見ものです。多分、当日のオッズは1倍台でしょうね。
馬場が渋ると取りこぼす可能性もある。

・マジックキャッスル(4歳/ディープインパクト産駒)
前走内枠で立ち回り、最後差し届かずの2着。強烈な末脚を持っており、直線の長い府中なら希望あり。
外枠に入れば、本命にしようと思っている。

・サウンドキアラ(6歳/ディープインパクト産駒)
昨年のVM2着以降、パっとしない成績で今回3度目。
そろそろ好走しても良いかなぁと…リピーター馬で好成績だった事からこの馬を押さえる必要があるかなと。

・スマイルカナ(4歳/ディープインパクト産駒)
府中マイルはあまり得意ではなさそうですし、逃げ切るのは相当難しい気がするけど、人気しなさそうなので紐に考えている。

・テルツェット(4歳/ディープインパクト産駒)
3連勝して前走1着で重賞初制覇、4連勝。今回5連勝賭けて初GⅠ挑戦。勢いというのは怖いので、こういう馬は押さえておきたくなる。斤量が2kg増えて、どうなるか。

・デゼル(4歳/ディープインパクト産駒)
この馬も3勝クラスから勝ち上がり、前哨戦となる阪神牝馬S1着で現在3連勝中。こちらも斤量が1kg増。
伏兵はこの馬になるかと思う。


全てディープインパクト産駒で馬券構成を考えています。
ダイワメジャー産駒の2頭は、マイル戦線で良く走る種牡馬ですが、ヴィクトリアマイルでは最高着順が5着という事で、割引。シゲルピンクダイヤ、レシステンシアは枠順次第で取捨を考えようと思っている。


明日の最終追い切り、枠順発表後に最終予想します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デゼルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月20日() 01:26:34
トーマ、◉、友道and武の勝率、賞金必要、前走は輸送、ピッチ走法、
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月18日(金) 23:12:42
jpラップ、瞬発力、成長力、
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月18日(金) 21:47:59
瀧、上がり競馬○

⇒もっと見る

デゼルの写真

デゼル

デゼルの厩舎情報 VIP

2021年4月10日サンスポ杯阪神牝馬S G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デゼルの取材メモ VIP

2021年4月10日 サンスポ杯阪神牝馬S G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。