最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】ヴィクトリアマイル2022 土曜日は差し優勢!最後の直線で馬場の3~4分あたりを通る馬が有利!


ウマニティ


 4,664  4  0

【馬場の有利不利、教えます!】ヴィクトリアマイル2022 土曜日は差し優勢!最後の直線で馬場の3~4分あたりを通る馬が有利!



ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はヴィクトリアマイル・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の東京芝のレース結果、近年のヴィクトリアマイルの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

木曜日から土曜日の朝方にかけて、20.5ミリの雨量を記録するも、開催中の天気は回復基調で推移。芝コースは稍重(JRA発表)でのスタートとなったが、10Rから良(JRA発表)に戻った。ソフトな馬場とすれば、決着時計もそれなりに速く、後半以降はまずまず走りやすいコンディションだったと推察される。

芝競走5鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は8、1、3、9、5番手。Bコース初週ながらも前有利というわけではない。先行勢が馬場の内めから粘り込みを図るところに、馬場の3~4分あたりを選択した待機勢がゴール前猛追、というケースが目立つ。その点は気に留めておくべきだろう。

枠順については真ん中より外めの枠がやや優勢。芝競走5鞍の3着以内馬15頭のうち、過半数の9頭を5~8枠の馬で占めている。内枠がダメというわけではないが、馬場の乾きが進むにつれ、勢力が弱まっていたのは確か。少なくとも、内枠の先行型が幅を利かせるコンディションではない。

東京競馬場周辺における日曜日開催中の予報は曇時々晴、降水確率は20%前後(15日8時の時点)。昨日から今日の朝にかけて、雨から晴れまで予報が都度変わっているように、予報士も読みづらい様子だが、想定通りなら降ったとしても、それほどの雨量はなさそうな感じではある。

判断するに悩ましいが、本格的な雨でも降らない限りは、土曜日後半戦の傾向を踏襲する公算が高い。となれば、スムーズに加速可能な位置をキープ、かつ直線でしっかりと脚を使えるタイプを優先すべき。枠順でいえば、外め(6~8枠あたり)に対する意識を強めたほうがいいのではないか。

血統的には過去5年のヴィクトリアマイルを参考にすると、サンデーサイレンスとミスプロの血を併せ持つ馬が優勢。連対馬10頭中8頭を占めている。そのなかでも名繁殖牝馬・スペシャルの血を引く馬の好走頻度が高く、毎年欠かさず2着連対圏を確保。昨年はワンツーフィニッシュを果たしている。該当馬は今年も要注目といえよう。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(6~8枠)の要点をともにクリアしているのは、⑫ミスニューヨーク、⑮アンドヴァラナウト、⑯デゼル、⑱テルツェット。いずれも単勝10倍以上(15日8時の時点)の伏兵で、配当妙味は十分にある。この4頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのもひとつの手だ。


【馬場予想からの注目馬】
ミスニューヨーク ⑮アンドヴァラナウト ⑯デゼル ⑱テルツェット

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月3日()
ラジNIK賞 G3
CBC賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月26日()
宝塚記念 G1
6月25日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,142万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る