サリエラ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サリエラ
サリエラ
サリエラ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2019年1月28日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[3-1-0-0]
総賞金6,419万円
収得賞金3,350万円
英字表記Saliera
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
サロミナ
血統 ][ 産駒 ]
Lomitas
Saldentigerin
兄弟 サリオスサラキア
市場価格
前走 2023/01/28 白富士ステークス (L)
次走予定

サリエラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/01/28 東京 11 白富士S (L) 芝2000 10771.811** 牝4 54.0 C.ルメー国枝栄 422
(+2)
1.58.5 -0.233.7⑤④④ドーブネ
22/09/18 中京 11 ローズS G2 芝2000 14464.022** 牝3 54.0 C.ルメー国枝栄 420
(-2)
1.58.6 0.133.7⑨⑨⑪⑩アートハウス
22/06/04 東京 7 3歳以上1勝クラス 芝2000 9551.411** 牝3 52.0 戸崎圭太国枝栄 422
(-2)
2.02.0 -0.032.9⑦⑦⑦テイエムオードリー
21/11/28 東京 6 2歳新馬 芝1800 9222.721** 牝2 54.0 C.ルメー国枝栄 424
(--)
1.47.2 -0.533.9サイルーン

サリエラの関連ニュース

1月28日の東京11R・白富士ステークス(4歳以上オープン、リステッド、芝2000メートル、別定、10頭立て)は、1番人気でクリストフ・ルメール騎手とコンビを組んだサリエラ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)がゴール前で差し切り、オープン初勝利を飾った。タイムは1分58秒5(良)。

1馬身1/4差の2着は逃げ粘ったドーブネ(2番人気)。さらにアタマ差の3着には内からじりじりと伸びたヤマニンサルバム(3番人気)が入り、人気順の決着となった。

最内枠のドーブネが好スタートから勢い良く先頭に立ち、やや離し気味の逃げ。ザイツィンガーが2番手につけ、外から行き脚のついたヒルノダカールが3番手に押し上げる。ヤマニンサルバムサリエラがその後ろからの競馬。3コーナーでサトノフラッグが競走を中止するアクシデントがあったが、ドーブネが逃げたまま直線に向かう。後続の伸び脚が今ひとつでドーブネが押し切るかと思われたが、坂を上がってからサリエラが一気に脚を伸ばして差し切り。昨秋のローズS2着以来、4カ月半ぶりの実戦で力の違いを示した。

C.ルメール騎手(1着 サリエラ)「小柄な馬だけど、少しパワーアップしていましたね。昨年はエンジンのかかりが遅かったけど、きょうは反応が良くなっていたぶん、きっちり差し切ってくれましたよ。とても乗りやすい馬なので、距離は延びても大丈夫。重賞でも十分に通用する馬ですよ」

富士Sを制したサリエラは、父ディープインパクト、母サロミナ、母の父Lomitasという血統。通算成績は4戦3勝となった。




【回収率予報ニュース! 2023/1/28(土)版】白富士ステークス、伊賀ステークスほか 2023年1月28日() 09:40

皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2023/1/28(土)版】をお届けします。

登場してもらうのは、22年のプロ予想家デビュー以来活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2023/1/28(土) 買ってはいけない 白富士ステークス、伊賀ステークスほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの単勝の予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。
(2022年実績:894件中/1着24件/払戻31,950円/回収率36%)

■ 小倉 11R  芝1200m 4歳上2勝クラス 15:25 周防灘特別
 ① 60% 15.7倍(9) メイショウハボタン
 ③ 60% 120.2倍(18) コスモカッティーボ
 ⑬ 60% 84.0倍(17) アルムファーツリー
 ⑰ 50% 20.5倍(10) トーホウラビアン

■ 中京 11R  ダート1200m 4歳上3勝クラス 15:35 伊賀ステークス
 ① 50% 83.3倍(16) クリノサンレオ
 ⑥ 60% 9.9倍(5) テイエムランウェイ
 ⑧ 60% 26.0倍(10) コパシーナ
 ⑨ 50% 32.2倍(11) ホッコーカリュウ
 ⑩ 60% 53.9倍(13) アイスリアン
 ⑫ 60% 5.7倍(2) サンライズホーク
 ⑭ 60% 9.2倍(4) ラヴケリー
 ⑯ 50% 66.4倍(15) ムジック

■ 東京 11R  芝2000m 4歳上オープン 15:45 白富士ステークス
 ⑦ 50% 2.3倍(1) サリエラ

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。
(2022年実績:705件中/1着113件/払戻41,300円/回収率59%)

小倉 01R ⑧ 60% 5.6倍(2) グランツベリー
東京 04R ④ 60% 3.0倍(1) パライバトルマリン
中京 06R ⑧ 60% 3.0倍(1) セラドナイト
中京 09R ① 60% 3.8倍(3) アルジーヌ
中京 09R ④ 60% 3.3倍(2) カルロヴェローチェ
中京 11R ⑫ 60% 5.7倍(2) サンライズホーク
東京 11R ⑦ 50% 2.3倍(1) サリエラ
小倉 12R ⑮ 50% 5.4倍(1) イラーレ
東京 12R ⑩ 50% 5.8倍(2) マリネロ

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2023/1/28(土) 単勝万馬券を狙え≫

対象レースの単勝の予測回収率90%以上の出走馬で最もオッズの高い馬です。
単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。
(2022年7月30日札幌11R、1着フォーワードアゲン/単勝払戻13,420円)

東京 05R ⑩ 100% 105.6倍(14) ロジプロパー

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

ローズS2着のサリエラが秋華賞を回避 前走の疲れ抜けず 2022年9月30日(金) 19:06

ローズS2着のサリエラ(美・国枝、牝3)が、優先出走権を獲得した秋華賞(10月16日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)を回避することが決まった。馬主のシルク・ホースクラブが30日に発表した。現在はノーザンファーム天栄(福島県)に放牧中で、29日に国枝調教師が状態を確認。ローズSの疲れが抜け切っておらず、再度の関西圏への輸送で馬体を減らすことも予想されるため、ラスト1冠を見送ることが決まった。今後については未定。

[もっと見る]

【神戸新聞杯】無傷3連勝へ、パラレルヴィジョン視界は良好! 2022年9月22日(木) 04:54

2戦2勝で挑むパラレルヴィジョンがWコースの併せ馬で好タイムをマークし、サンスポ調教評価は最高の『S』。先週のローズSで2着となったサリエラと同じ美浦・国枝栄厩舎の秘密兵器が、今週も春の実績馬を脅かす存在となりそうだ。

遅れてやってきた大器が、迫力の併せ馬だ。2戦2勝で重賞に挑むパラレルヴィジョンが、美浦Wコースで5ハロン66秒2―11秒4の好タイムを計時。前日の雨で重くなったウッドチップを力強く蹴り上げ、文句なしの『S』評価となった。

「順調。いい雰囲気で楽な手応えだったし、状態はいい。ひと夏を越えて全体的にしっかりした感じで、気持ちも落ち着いている」

見守った国枝調教師も手応えを口にした。モーソンピーク(2勝)を1馬身追走する形でスタートし、余裕の手応えのまま直線で内に入ると、馬なりながらラスト1ハロンでもう一段ギアを上げて半馬身先着。約3カ月の休み明けでも太め感はなく、ピカピカに輝く雄大な馬体は迫力満点。いきなり能力全開といけそうだ。

3歳秋で3戦目と浅いキャリアには理由がある。もともとは「うち(国枝厩舎)で最初にデビューする予定だった」(国枝調教師)が、デビュー目前で左後肢の骨折が判明。骨片の除去手術を行い、初陣は3歳4月までずれ込んだ。その初戦を経験馬相手に2馬身半差で完勝すると、続く1勝クラスも3馬身差の圧勝。上がり3ハロンはともにメンバー最速をマークし、まるで底を見せていない。

「(脚元は)今は全く問題ない。(長距離)輸送は初めてだけど、落ち着いているし、大丈夫でしょう。距離延長も問題ない。重賞でも期待しています」

力強く結んだ国枝調教師は、先週のローズSで同じ2戦2勝のサリエラを僅差の2着に好走させたばかり。今週も名トレーナーの秘蔵っ子がトライアルの主役候補だ。いざ、無傷の3連勝で重賞制覇へ―。芸術的な差し切りが目に浮かぶ。(東京サンスポ・三浦凪沙)

[もっと見る]

【ローズS】アートハウスが重賞初勝利 秋華賞で母のリベンジだ 2022年9月19日(月) 04:54

川田騎乗で1番人気のアートハウスが、好位追走から抜け出して重賞初制覇。オークスで7着に敗れた春から成長を示し、2016年に母パールコードが2着だった秋華賞(10月16日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)制覇に弾みをつけた。2番人気の2着サリエラ、7番人気の3着エグランタインまでが秋華賞の優先出走権をつかんだ。




台風14号の影響で天気がころころ変わる尾張の地で、確かな進化を見せつけた。春のオークスで悔しさを味わったアートハウスが秋初戦で快勝。冷静なエスコートが光った川田騎手が納得の表情で切り出した。

「最後(2着が)追っては来ましたが、雰囲気としてはいい内容で直線を走っていたので、捕まることはないな、という感触でした」

五分のスタートを切ると、スッと4、5番手を確保。「リズム良く前半を進んでいく中で、自然と取れたポジションがあそこでしたので、そこで我慢できるように心掛けました」。スピードに乗りながら直線に向くと、ラスト1ハロン過ぎで先頭へ。最後は迫るサリエラを寄せ付けず、半馬身差で初めての重賞タイトルをゲットした。

重賞初出走ながら2番人気に支持されたオークスは7着。鞍上は「走りのバランスが崩れてしまったことで、結果を伴うことができませんでした」と敗因を分析。「そこを大事にケアしながらここまで歩んできたことで、ある程度改善できてこの結果が出ました」とうなずいた。

精神面での成長も見逃せない。春に比べて落ち着きが出たことで、スムーズな調教が可能に。中内田調教師は「春よりもバーンとテンションが上がることがなくなってきました」と目を細めた。

母パールコードは同じ川田騎手&中内田厩舎のタッグで秋華賞に挑み、2着で戴冠を逃した。川田騎手が「しっかりと準備をして、2冠馬(スターズオンアース)に胸を張って挑めるような状態で秋華賞を迎えたいなと思います」と意気込めば、中内田調教師も「リベンジという言葉でいいと思います」と力を込めた。

いざ、ラスト1冠へ。母の忘れ物を仁川のターフで回収する。(山口大輝)




アートハウス 父スクリーンヒーロー、母パールコード、母の父ヴィクトワールピサ。栗毛の牝3歳。栗東・中内田充正厩舎所属。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬。馬主はHHシェイク・ファハド氏。戦績5戦3勝。獲得賞金8019万7000円。重賞は初勝利。ローズS中内田充正調教師が2019年ダノンファンタジー、20年リアアメリアに次いで3勝目。川田将雅騎手は2008年マイネレーツェル、19年ダノンファンタジー、20年リアアメリアに次いで4勝目。馬名は「アートハウス」。

[もっと見る]

【ローズS】良血サリエラは重賞初挑戦で2着を確保 秋華賞参戦は様子を見て 2022年9月19日(月) 04:53

デビューから連勝で重賞初参戦だった2番人気のサリエラが2着に入った。中団後方からメンバー最速の上がり3ハロン33秒7で猛追したが、半馬身及ばなかった。ルメール騎手は「最初のスピードが足りなかった。3、4コーナーの反応も遅かった。ラスト300メートルはいい脚を使ったけど…」と振り返った。優先出走権を得た秋華賞参戦は状態を見ながら決める。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サリエラの関連コラム

閲覧 1,459ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、クロッカスステークス・白富士ステークス・シルクロードステークス根岸ステークスの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2023年01月28日(土) 東京10R クロッカスステークス
【“JRA、かつ重賞のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2019年以降)】
●あり [3-2-3-5](3着内率61.5%)
●なし [1-2-1-22](3着内率15.4%)
→既に重賞で善戦したことのある馬は堅実。一方“JRA、かつ重賞のレース”において7着以内となった経験がない、かつ“JRA、かつ1400m超のレース”において1着となった経験がない馬は2019年以降[0-0-1-19](3着内率5.0%)と苦戦しています。


▼2023年01月28日(土) 東京11R 白富士ステークス
【“前年以降、かつ京都・阪神・中京・小倉のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2019年以降)】
●あり [4-4-2-9](3着内率52.6%)
●なし [0-0-2-29](3着内率6.5%)
→西日本のレースを主戦場としてきた馬が圧倒的に優勢。特別登録を行った馬のうち“2022年以降、かつ京都・阪神・中京・小倉のレース”において4着以内となった経験があるのは、カレンルシェルブルサリエラトゥーフェイスドーブネヒルノダカールヤマニンサルバムの6頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京芝2000m×イスラボニータ×無条件
→3着内率50.0%、複勝回収率186%


▼2023年01月29日(日) 中京11R シルクロードステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年10月6日(水) 17:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第8回注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 3,760ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

サリエラの口コミ


口コミ一覧

負担重量との戦い!

 アルピニスタ 2023年2月2日(木) 16:09

閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 7

サリエラは!
小柄な牝馬であるため!
この先の!
負担重量が!
どのような!
影響を及ぼすのか?
心配だ!
好きな馬だけに!

元騎手!岡部氏が語る!
負担重量とは!
小柄な馬ほど!
その影響を受けやすいと言う!

 たぶお統括本部長 2023年1月30日(月) 18:42
今週の推奨馬+先頭の◎成績
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 4


《今週の推奨馬》

★土曜日・小倉10R・有田特別(4歳以上2勝クラス・ダート1000m)
・ユスティニアン
前走は12月に阪神ダート1200mの夙川特別を2着に好走して、これで昇級してから2戦連続2着と実力上位は明らか。
そして今回のダート1000mは〔2.7.4.2〕と複勝率0.866で全2勝を挙げているベストの距離だ。
小倉でも〔1.2.2.1〕と勝ち星があり、複勝率は0.833だからベストの舞台でクラス3戦目も勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・銀蹄S(4歳以上3勝クラス・ダート1400m)
・ロードアラビアン
前走は11月に昇級初戦で阪神ダート1400mの姫路Sを僅か0.2秒差3着に惜敗して連勝が2でストップした。
これで全成績がダートばかりの〔3.0.2.1〕で、唯一の着外は4走前の重馬場での1800mの9着だけだ。
1400mに限ると〔2.0.1.0〕の複勝率100%で、唯一の負けは右回りだった前走だけだ。
左回りだと2戦2勝の無敗で、今回の府中も前々走に2勝クラス平場戦を2馬身半差で快勝していて1戦1勝の無敗だ。
クラス2戦目で無敗の左回りダート1400mなら当然勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・白嶺S
1着コンシリエーレ
単勝150円
複勝110円

★日曜日・中京9R・美濃S
2着シュトルーヴェ
複勝120円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[5.3.0.2]
勝率・0.500
連対率・0.800
複勝率・0.800

単複回収率(10戰)
単勝・77.0%(770円)
複勝・104.0%(1040円)
総合・90.5%

《先週の重賞レース◎成績》

★シルクロードS(GⅢ)
3着マッドクール
複勝140円

★根岸S(GⅢ)
1着レモンポップ
単勝160円
複勝110円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔2.1.3.5〕
勝率・0.181
連対率・0.272
複勝率・0.545

単複回収率(11戦)
単勝・41.8%(460円)
複勝・80.9%(890円)
総合・61.3%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★周防灘特別
4着ウインモナーク

★伊賀S
5着サンライズアムール

★白富士S
1着サリエラ
単勝180円
複勝110円

★巌流島S
6着ドグマ

成績・[4.2.1.8]
勝率・0.266
連対率・0.400
複勝率・0.466

単複回収率(15戦)
単勝・132.6%(1990円)
複勝・72.0%(1080円)
総合・102.3%

[もっと見る]

 おがちゃん 2023年1月29日() 09:12
馬券に絡む寸評上位馬 (1月29日)
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 1

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

1月29日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中京9R  ◎④ストリクトコード

< 上位争い >

東京1R  ◎⑯マイショウチャン

中京1R  ◎⑬バスドラムガール
中京5R  注⑬サウンドレイラ
中京8R  注②ダノンアーリー

【 特注高確馬A 】

東京2R  ◎⑦モーメントキャッチ

中京1R  ◎⑬バスドラムガール
中京3R  ◎⑥バールデュヴァン

【 特注高確馬B 】

東京8R  ◎⑫フォーヴィスム

1月28日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

小倉11R 注⑧トーセンサンダー 13着、3番人気

< 上位争い >

東京1R  ◎⑭メイデンタワー 1着、1番人気

中京11R ◎④サンライズアムール 5着、1番人気

小倉12R ◎①トーホウデュラン 15着、1番人気

【 特注高確馬A 】

中京9R  ◎⑤エアメテオラ 3着、1番人気
中京10R ◎⑨ストップザタイム 2着、1番人気
中京11R ◎④サンライズアムール 5着、1番人気

【 特注高確馬B 】

東京11R ◎⑦サリエラ 1着、1番人気

小倉1R  ◎⑪イサイアス 5着、1番人気
小倉7R  ◎⑫トップスターサン 1着、1番人気
小倉11R ◎⑭ウインモナーク 4着、1番人気

本年までの実積

< 勝ち負け >

1着 48回  2着 36回  3着 27回  着外96回
勝率 23.2% 連対率 40.6%、複勝率 53.6%

< 好勝負 >

1着 103回  2着 66回  3着 62回  着外 241回
勝率 21.8% 連対率 35.8% 複勝率 48.9%

< 上位争い >

1着 173回  2着 148回  3着 109回  着外 609回
勝率 16.7% 連帯率 30.9% 複勝率 41.4%

[もっと見る]

⇒もっと見る

サリエラの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:68人 2021年11月26日(金) 15:27:43
◎サリエラ
(ディープインパクトx母ドイツオークス馬サロミナ)
★シルクR(ノーザンF生産)
https://umanity.jp/racedata/db/horse_top.php?code=2019105207

☆全姉サラキア
・府中牝馬SG2優勝
・有馬記念2着
・エリ女杯2着
・エプソムC2着
・秋華賞4着
・ローズS2着
・チューリップ賞4着
・フローラS4着
https://umanity.jp/racedata/db/horse_top.php?code=2015104793

☆兄サリオス(父ハーツクライ)
・毎日王冠1着
・朝日杯FS優勝G1馬
・ダービー2着
・皐月賞2着
・サウジアラビアRC1着
・マイルCS5着
・大阪杯5着
https://umanity.jp/racedata/db/horse_top.php?code=2017105327

サリエラの写真

サリエラ
サリエラ
サリエラ

サリエラの厩舎情報 VIP

2023年1月28日白富士ステークス (L)1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サリエラの取材メモ VIP

2023年1月28日 白富士ステークス (L) 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。