会員登録はこちら
根岸ステークス G3   日程:2018年1月28日() 15:45 東京/ダート1400m

レース結果

根岸ステークス G3

2018年1月28日() 東京/ダート1400m/14頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分21秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 14

ノンコノユメ

セ6 58.0 内田博幸  加藤征弘 456(+10) R1.21.5 10.5 6
2 5 8

サンライズノヴァ

牡4 56.0 戸崎圭太  音無秀孝 532(0) 1.21.5 ハナ 3.0 1
3 4 6

カフジテイク

牡6 57.0 福永祐一  湯窪幸雄 498(+10) 1.21.9 2 1/2 3.9 2
ラップタイム 12.3 - 10.6 - 11.0 - 11.8 - 12.1 - 11.7 - 12.0
前半 12.3 - 22.9 - 33.9 - 45.7 - 57.8
後半 58.6 - 47.6 - 35.8 - 23.7 - 12.0

■払戻金

単勝 14 1,050円 6番人気
複勝 14 270円 6番人気
8 140円 1番人気
6 160円 2番人気
枠連 5-8 1,520円 6番人気
馬連 8-14 2,010円 9番人気
ワイド 8-14 780円 10番人気
6-14 840円 12番人気
6-8 330円 1番人気
馬単 14-8 5,080円 19番人気
3連複 6-8-14 2,540円 6番人気
3連単 14-8-6 20,200円 61番人気

根岸ステークスのニュース&コラム

【根岸S】ノンコノユメ、コースレコードV!
 第32回根岸ステークス(28日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権 =出走13頭)内田博幸騎乗で6番人気のノンコノユメが後方2番手追走から鋭く伸び、1番人気サンライズノヴァをハナ差かわしてV。2年2カ月ぶりの勝利を飾った。勝ちタイム1分21秒5(重)は、コースレコードを9年8カ月ぶりに0秒4更新する好時計で、日本レコードタイ。次走は優先出走権を獲得したフェブラリーステークス(2月18日、東京、GI、ダ1600メートル)に挑む。 東京の直線コースと同じように、長いトンネルだった。勝利は2015年の武蔵野S以来、実に2年2カ月ぶり。初の1400メートルで、ノンコノユメの追い込みが鮮やかに決まった。待望の復活Vは、コースレコード&日本レコードタイのおまけつきだ。 「砂をかぶらない外に出せば、伸びてくれることは分かっていたので、最後の切れ味が生かせればと思っていました。素晴らしい脚を使って伸びてくれましたね」 7月26日に48歳の誕生日を迎える戌年生まれの年男、内田騎手が満面の笑みで初コンビのパートナーをたたえた。 前半3ハロン33秒9という芝並みのペースを後方2番手で追走。自慢の末脚を温存した。4コーナー手前からギアを上げ、次々と前の馬をかわす。最後は1番人気サンライズノヴァとの一騎打ち。メンバー最速の上がり3ハロン34秒2で、ハナ差の争いをものにした。 「きょうは(直線で)外に出してくれて、スカッとしたレースができた」と加藤征調教師も満足げな表情。同型馬よりも外の枠順を引き当て、狙い通りのスムーズな競馬で勝利をもぎ取った。 16年の帝王賞2着後に去勢手術を受けたが、馬体が思うように戻らず、もどかしい日々。しかし、トレーナーはこの中間、充実ぶりを感じていた。「体重が戻ってきて調教量を増やすことができたからね。去勢して半年ぐらいはおとなしすぎるところがあったけど、昔のしぐさが戻ってきた」。デビュー以来、最高の456キロ。心身の変化は、完成形に近づいた証しだろう。 指揮官が「1400メートルを使ったことは本番に向けていい刺激になった」といえば、鞍上も「1600メートルの方がゆっくり4コーナーを回れるので、いいと思います」と太鼓判を押す。コンビ継続は未定だが、58キロで勝ちきった自信は大きい。次走は一昨年2着、昨年7着と涙をのんだフェブラリーS。ノンコノユメが、三度目の正直で夢の中央GI制覇を目指す。 (花田隆)★28日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちらノンコノユメ 父トワイニング、母ノンコ、母の父アグネスタキオン。栃栗毛のセン6歳。美浦・加藤征弘厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は山田和正氏。戦績20戦7勝(うち地方5戦1勝)。獲得賞金3億2220万9000円(うち地方8800万円)。重賞は2015年GIIIユニコーンS、交流GIジャパンダートダービー、GIII武蔵野Sに次いで4勝目。根岸Sは加藤征弘調教師が初勝利、内田博幸騎手は06年リミットレスビッドに次いで2勝目。馬名は「ノンコの夢。母名より連想」。
2018年1月29日(月) 05:06

 1,314

【根岸S】1番人気サンライズノヴァ、ハナ差惜敗
 第32回根岸ステークス(28日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権 =出走13頭)1番人気サンライズノヴァは中団の後ろからの競馬。直線で末脚を伸ばして一旦は先頭に立ったが、勝ち馬との競り合いに屈してハナ差で惜敗した。「レコードで走れているのに残念。いい感じで競馬ができて、自分から動いていいレースはできているんだけど…」と戸崎騎手は唇をかんだ。「先に抜けたぶん、目標になったからね。悪い内容ではないし、最低限、賞金は加算できました」と音無調教師。今後はフェブラリーSを目標に調整される。★28日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2018年1月29日(月) 05:05

 675

【根岸S】テイク、末脚伸ばすも3着
 第32回根岸ステークス(28日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権 =出走13頭)昨年の覇者カフジテイクは、いつも通り後方で脚を温存。最後は外から上がり3ハロン34秒4(メンバー2位)の末脚を伸ばしたが、前2頭と差のある3着だった。「いい脚を使っているけど、とらえきれませんでした。いい頃と比べると、破壊力という部分では物足りないけど、これをきっかけにまた大舞台で戦いたい」と福永騎手。湯窪調教師も「時計が速かったからね。フェブラリーSには登録します」と話したが、賞金不足で除外となる可能性もある。★28日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2018年1月29日(月) 05:05

 543

【根岸S】レースを終えて…関係者談話
 ◆吉田隼騎手(マッチレスヒーロー4着) 「具合は良かった。脚は使っているが、後ろから来た3頭の展開になったから」 ◆岩田騎手(ブルドッグボス5着) 「ペースがちょっと速かったかな。直線半ばまでは良かったけど…。距離は問題ないね」 ◆藤岡佑騎手(キングズガード6着) 「結果的に(後方から)決め打ちした方がよかったかも」 ◆柴田大騎手(モンドクラッセ7着) 「重い割に時計の速いダート。馬場が合っていれば、もっと来られたと思います」 ◆丹内騎手(ブラゾンドゥリス8着) 「ちょっと前を追いかけすぎたかな」 ◆松岡騎手(ラブバレット9着) 「きょうは展開がきつかったが、走る馬」 ◆北村宏騎手(ノボバカラ10着) 「周りが速くて、時計も速かった」 ◆田辺騎手(イーデンホール11着) 「ペースが速くてタメを作れなかった」 ◆荻野極騎手(アキトクレッセント12着) 「いつもなら持ったままの手応えで来られるが、きょうはそれがなかった」 ◆石橋騎手(サイタスリーレッド13着) 「ブリンカーが効いて、速いペースで行ってしまった」★28日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2018年1月29日(月) 05:05

 1,042

根岸ステークスのニュースをもっと見る >

【根岸S】厩舎の話
 アキトクレッセント・清水久調教師「気の悪さを出して併せ馬にならなかったが、レースでは安定。東京でも結果を出しているし、賞金加算を」 イーデンホール・猿橋助手「馬の雰囲気はいいし、連闘は問題ない」 カフジテイク・湯窪調教師「調子の変動が少ないタイプで、いい状態をキープ。前へ行く馬がいないのは気になるが、この条件はベストだから」 キングズガード・寺島調教師「ここへきてオンとオフがはっきりしてきた。馬がどっしりしてきたし、1400メートルのほうが競馬はしやすい」 サイタスリーレッド・佐藤正調教師「前を追いかける形で予定より速くなったが、動きは良かった。行く馬がいないので押し出されるかも」 サンライズノヴァ・音無調教師「上がりをうまくまとめたし、動きは悪くなかった。先週がすごく良かったので、今週はこれぐらいでいい」 ノボバカラ・天間調教師「動きは上々。この舞台で結果が出ていないが、合わなくはない」 ノンコノユメ・加藤征調教師「体がしっかりした分、本番へ詰めて使える。次につなげたい」 ブラゾンドゥリス・丹内騎手「攻め馬ではそれほど動かないタイプ。もまれない形で運べれば」 ブルドッグボス・小久保調教師「変わりなくスムーズな動き。今の充実ぶりなら東京でも」 ベストウォーリア・ルメール騎手「太く感じた先週より感触は良かった。コンディションは良さそう。ちょっと乗り難しいが、7Fはいい」 マッチレスヒーロー・金成調教師「できればもう1、2週ほど間隔がほしかった。相手も強い」 モンドクラッセ・清水英調教師「ずっといい状態が続いている。前走のように差す競馬が理想」 ラブバレット・菅原勲調教師「状態は見せ場のあった昨年(10着)以上。2、3番手で直線に向ければ」(夕刊フジ)★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月25日(木) 11:08

 1,495

【根岸S】勝たなあかん!テイク、V2見えた12秒6
 根岸Sの追い切りが24日、東西トレセンで行われた。栗東では連覇を狙うカフジテイクが、調教評価『S』。坂路で4ハロン53秒8-12秒6をマーク。抜群の手応えで駆け上がり、連覇へ好仕上がりをアピールした。サンライズノヴァも坂路で上々の動き。キングズガードはCWコースで出走態勢を整えた。 活力あふれる走りで、連覇への意欲を見せた。昨年、このレースで重賞初制覇を成し遂げたカフジテイクが、坂路で軽快なフットワークを披露。福永騎手が昨年以上の手応えを口にした。 「反応が鈍かったので、少しやった(仕掛けた)が動きはよかった。去年よりも踏み込みがしっかりしているし、体の使い方がいい」 単走でゆったりとスタートし、徐々にスピードアップ。状態のよさを感じさせる小気味いいリズムを刻んでいく。少し気合をつけられると、ラスト1ハロン12秒6(4ハロン53秒8)でフィニッシュ。活気ある動きで状態のよさを示した。坂路を映すモニターで、愛馬の動きを食い入るようにみつめた湯窪調教師は「いつもより素軽くみえたね。状態の変動が少ない馬だから、変わりなくいい」とうなずいた。 一昨年のチャンピオンズCで11番人気ながら4着に好走し、昨年の根岸Sでは後方から最速の末脚(上がり3ハロン34秒5)を繰り出して快勝。続くフェブラリーSでも3着と善戦したものの、その後はプロキオンSの2着が最高着順。次のフェブラリーSに向かうためにも、ここは負けられない一戦だ。 「(賞金的に)出られないから、もちろん勝たなあかん。いろんな経験をさせてという感じではない」と福永騎手は必勝態勢を強調する。 近走は、流れが向かなかった点も大きかった。「チャンピオンズC(7着)もスロー、南部杯(4着)も地方の深い砂で、スローペース。力を発揮できなかった」とジョッキーは敗因を分析。続けて、「今はスタートもよくなっている。今回はスローにはならないだろうしね」と、3戦3勝と得意の舞台で差し切りをイメージする。 決め手の鋭さは、屈指の存在。ダート界の頂点を狙うためにも、ここで復活ののろしを上げる。 (山口大輝)★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月25日(木) 05:09

 1,691

【根岸S】サンライズノヴァ、態勢は整った!
 師走S2着のサンライズノヴァは、坂路で僚馬スティッフェリオ(1000万下)に2馬身先着と上々の動きをみせた。びっしりと追われ4ハロン53秒2-12秒4でフィニッシュ。17日にも4ハロン51秒3の好時計で登坂しており、態勢は整っている。 音無調教師は「52秒を切るぐらいの時計を出してほしかったけど、上がりはまとめているからね。先週がいい時計で素晴らしかったから、いいと思うよ」と満足げな表情を浮かべた。★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月25日(木) 05:08

 1,077

【根岸S】アキトクレッセント、馬なり13秒1
 前走のギャラクシーSを快勝したアキトクレッセントは、CWコースで僚馬ビップレボルシオン(1000万下)と併せ馬の予定だったが、直線でも3、4馬身ほど離されたままフィニッシュ。馬なりで、タイムは6ハロン84秒1、3ハロン40秒2-13秒1だった。清水久調教師は「併せ馬にならなかったですね…。体調自体は悪くはないと思いますが、追い切りの内容はいいとは言えない」と厳しい表情を浮かべた。★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月25日(木) 05:07

 948

根岸ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

根岸ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月28日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
2,540円 63,500円
Lv115 
160円 1,600円
Lv114 
1,050円 2,100円
Lv113 
2,010円 66,330円
Lv112 
270円 270円

的中情報をもっと見る >

根岸ステークス過去10年の結果

2017年1月29日() 東京競馬場/ダ1400m 天候: 馬場:
2016年1月31日() 東京競馬場/ダ1400m 天候: 馬場:稍重
1着 モーニン 戸崎圭太 1:22.0 2.2倍 104.7
2着 タールタン C.ルメール 1/2 11.9倍 104.2
3着 グレープブランデー F.ヴェロン 1 3/4 43.2倍 102.5
2015年2月1日() 東京競馬場/ダ1400m 天候: 馬場:
1着 エアハリファ 三浦皇成 1:23.4 3.4倍 99.6
2着 ワイドバッハ 武豊 4.5倍 98.5
3着 アドマイヤロイヤル 内田博幸 1/2 102.7倍⑮ 97.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

根岸ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1400m

舞台となる東京ダート1400mは向正面2コーナー寄りの周回コース上からのスタート。このため芝スタートなるほかのJRAダート1400m戦のような外枠有利の傾向もなく、前半のペースも極端に速くなりにくい。とはいえ緩やかなコーナー部分で息が入りづらく、なおかつ高低差2.4mの急坂を含む長さ500mの最後の直線によって前に行った馬も楽はできず、差し・追込が台頭しやすくなっている。レースの位置付けとしてフェブラリーS前哨戦ではあるものの、中2週のローテを嫌ってこのレース以外からのステップを取る馬も少なくない。よって東京(左回り)コース巧者や1400mを得意とする馬の参戦が目立つ。特に前走敗退から距離短縮した馬の好走が顕著で、該当馬は2014年以降連勝中である。なお東西別では2009年以降関西馬が連勝中で、関東馬は2010年にオーロマイスターが3着となったのを最後に馬券圏内に入っていない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

根岸ステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬モーニン

レース創設時は1400m以下初のダート重賞だったこともあり、スピード自慢のダートホースが集結。第3回(1989年)のダイナレターなどの名馬が勝利している。第11~12回(1997~1998年)はワシントンカラーが、第16~17回(2002~2003年)はサウスヴィグラスが連覇。フェブラリーSの前哨戦になってからは、第15回(2001年)のノボトゥルー、第19回(2005年)のメイショウボーラー、第30回(2016年)のモーニンの3頭が、このレースと本番との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

根岸ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る