会員登録はこちら
根岸ステークス G3   日程:2019年1月27日() 15:45 東京/ダート1400m

レース結果

根岸ステークス G3

2019年1月27日() 東京/ダート1400m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分21秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 11

コパノキッキング

セ4 56.0 O.マーフ  村山明 478(-2) 1.23.5 4.3 2
2 1 2

ユラノト

牡5 56.0 C.ルメー  松田国英 506(+6) 1.23.6 3/4 5.0 3
3 1 1

クインズサターン

牡6 56.0 四位洋文  野中賢二 476(-6) 1.23.9 1 3/4 13.7 5
ラップタイム 12.4 - 11.1 - 11.5 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 12.2
前半 12.4 - 23.5 - 35.0 - 47.1 - 59.3
後半 60.0 - 48.5 - 36.4 - 24.2 - 12.2

■払戻金

単勝 11 430円 2番人気
複勝 11 210円 3番人気
2 190円 2番人気
1 300円 5番人気
枠連 1-6 330円 1番人気
馬連 2-11 1,250円 4番人気
ワイド 2-11 510円 4番人気
1-11 1,030円 11番人気
1-2 880円 8番人気
馬単 11-2 2,360円 9番人気
3連複 1-2-11 5,220円 17番人気
3連単 11-2-1 18,930円 58番人気

根岸ステークスのニュース&コラム

【次は買い】根岸S7着・ヤマニンアンプリメ
★根岸S・11番人気7着 《レース》スタート直後に他馬と接触し、4角ではバランスを崩す不利。さらに直線では外に持ち出してきた馬に進路を塞がれ、とにかくロスが多かった。ラスト1Fからの伸び脚が目立っただけに悔やまれる。 《次走ポイント》「久々の左回りに戸惑い気味だったけど、いい根性を見せて伸びてくれました」と内田騎手。紅一点での頑張りは評価できる。今は毛ヅヤも良く、充実期にある。大和S(2月17日、京都、ダ1200メートル)、ポラリスS(3月9日、阪神、ダ1400メートル)などOP特別なら即チャンスだ。 (東京サンスポ・漆山)★27日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2019年1月28日(月) 11:03

 632

【根岸S】コパノキッキング、重賞連勝
 第33回根岸ステークス(27日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権 =出走16頭)未勝利の1400メートルも初の左回りも、ダート界の超新星には関係なかった。コパノキッキングが4連勝でカペラSに続くGIII連勝を飾った。 「1200メートルから1400メートルになることを唯一懸念していたので、早めに先頭に立たないように気をつけました。いい位置に楽につけられたし、これから、どう良くなっていくかが楽しみです」 マーフィー騎手は軽く右拳を掲げて、喜びを表した。中団で折り合って徐々にポジションを上げると、直線では鞍上の右ムチに応えて他馬をごぼう抜き。メンバー最速の上がり3ハロン35秒4で、重賞連勝のゴールに飛び込んだ。 23歳の若武者は短期免許の最終週に、7度目の挑戦で重賞初勝利を飾った。「日本の競馬は世界一! また何回も来たいですね」。この日5勝の荒稼ぎで、今年17勝は堂々の全国リーディングトップ。昨年の英リーディング2位の手腕を存分に見せつけた。 「初めての左回りや距離を克服できたのは大きかった」と村山調教師。フェブラリーSには、藤田菜七子騎手で向かう。「前から機会があれば騎乗をお願いしようと思っていました。本番は距離がさらに1ハロン延びるのでうまく調整したい。体調を落とさずにいい状態でいければ」と前を向く。 根岸Sの勝ち馬は過去3年のフェブラリーSで2勝。9戦7勝の大器とGI初騎乗となる菜七子のコンビが、砂の頂上決戦を熱く盛り上げる。(漆山貴禎)コパノキッキング 父スプリングアットラスト、母セラドン、母の父ゴールドヘイロー。黒鹿毛のセン4歳。栗東・村山明厩舎所属。米国産。馬主は小林祥晃氏。戦績9戦7勝。獲得賞金1億4937万2000円。重賞は2018年GIIIカペラSに次いで2勝目。根岸ステークスは村山明調教師、オイシン・マーフィー騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+キックする」。★27日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2019年1月28日(月) 05:08

 1,330

【根岸S】クインズサターン、鋭く伸びて3着
 第33回根岸ステークス(27日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権 =出走16頭)6歳馬クインズサターンが目下の充実ぶりを示すかのように、インから鋭く伸びて3着に入った。四位騎手は「(初の)1400メートルでしたけど、急かしてリズムを崩さないように。中団でいい感じに追走できて、最後もよく差を詰めてきた」とパートナーをたたえた一方で、「賞金加算するために2着は欲しかった。残念」と悔しがった。★27日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2019年1月28日(月) 05:06

 518

【根岸S】サンライズノヴァ、得意舞台も8着
 第33回根岸ステークス(27日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権 =出走16頭)1番人気のサンライズノヴァが、得意の東京でまさかの8着に沈んだ。出負け気味のスタートはいつも通り。4コーナーで外を回って追い上げたが、直線で本来の脚を見せられず馬群に消えた。 戸崎騎手は「この馬には合う条件だったし、4コーナーでもいつもの手応え。ただ、追い出してから、この馬らしさが見られなかった。はっきりとした敗因が分かりませんね…」と予想外の大敗に首をひねるばかりだった。★27日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら
2019年1月28日(月) 05:06

 1,047

根岸ステークスのニュースをもっと見る >

【根岸S】マテラスカイ状態不安なし!軽快51秒7
 昨夏のプロキオンSをダ1400メートル1分20秒3の日本レコードで制したマテラスカイは、栗東坂路でアラウンを1馬身追走。ラスト1Fで外から並びかけて12秒1で上がり、ゴール前でスッと半馬身引き離した。十分に手応えを残して4F51秒7をマークしたように状態面に不安はない。 「余力残しは予定どおり。もうひとつだと思ったプロキオンSのときと同じような感じ。ワンターンのほうが競馬がしやすいのもあるけど、そういう感じ(状態)のときがいいのかも。前走(兵庫GT5着)は上滑りする馬場が影響した」と高野助手。重賞2勝目のチャンスだ。(夕刊フジ)★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月24日(木) 11:20

 835

【根岸S】厩舎の話
 キタサンミカヅキ・佐藤賢調教師「状態はいい。いつもどおりに走れば、結果が出るのでは」 クインズサターン・野中調教師「初の1400メートルだが、東京ならいい脚が使えそう」 クロスケ・水野調教師「単走でサラッと仕上げた。ダートで改めて」 ケイアイノーテック・藤岡佑騎手「この馬らしいアクション。あとはダート適性だけだ」 コパノキッキング・村山調教師「距離も左回りも心配していない。大人になり想像以上に走る」 サトノファンタシー・松田調教師「いい状態。岩田騎手が調教で感触をつかんでくれている」 サンライズノヴァ・音無調教師「府中を中心に使ってきて、7Fにも実績がある。態勢も万全」 ノボバカラ・高野助手「転厩初戦なので手探りだが、さすがOP馬という感じ。いい状態」 メイショウウタゲ・上田助手「気難しいが、しまいが生きれば」 モーニン・松岡助手「すべてにおいて合格点。型ができてきたし、直線の長い東京はいい」 ヤマニンアンプリメ・中村調教師「状態はいい。東京は合いそう」 ユラノト・松田調教師「ルメール騎手が『マイルがいい』と。フェブラリーSへ行きたい」 ラブバレット・加藤和調教師「動きは悪くないし、走れる状態」 レッドゲルニカ・藤沢和調教師「寒くなって体調アップ。一番のデキ」 ワンダーリーデル・沖調教師「中1週でサラッと。7Fは問題ない」(夕刊フジ)★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月24日(木) 11:19

 1,186

【根岸S】コパノキッキング、不安要素蹴散らす!
 根岸ステークスの追い切りが23日、東西トレセンと船橋競馬場で行われた。栗東ではカペラSで重賞初勝利を挙げたコパノキッキングが、CWコースで順調な仕上がりをアピール。V実績がない1400メートルと左回りを克服し、重賞連勝を狙う。モーニンは坂路でパワフルな走りを見せ、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。 年が変わっても勢いは衰えない。重賞連勝を狙うコパノキッキングが、寒風をものともせずに確かな伸びを披露。動きを見届けた村山調教師は、満足げにうなずいた。 「いつも通りの形でしまいもしっかりしていた。放牧を挟んでいい状態で、そんなにピリピリもしていない」 序盤は折り合いに専念し、3コーナー過ぎから徐々に加速。最後の直線は軽く促されてギアを上げる。力強い脚さばきでフィニッシュし、余力十分に6ハロン84秒7、3ハロン38秒3-12秒6をマーク。時計は目立たないが、中間は順調に調教を消化しているだけに、仕上がり面に不安はない。 昨年12月のGIIIカペラSで重賞初制覇。これまで8戦6勝と底を見せていないダート短距離界の新星だ。今回は過去2敗している1400メートル戦。さらに左回りは初めての経験だ。だが、トレーナーは不安より期待を口にする。 「今はどこからでも競馬ができて、馬混みも問題ないので距離は心配していない。だいぶ精神的に大人になってきて、思った以上に走ってくれている」と成長ぶりにうなずく。また、左回りについても「米国のトレーニングセールで見て買った馬で、(左回りの公開調教で)一番時計を出していた。今まで使ったことがないだけで合わないことはない」と心配無用を強調した。 今秋には米国のブリーダーズCスプリント(11月2日、サンタアニタパーク、GI、ダ1200メートル)参戦を視野に入れる。村山調教師は「今後は内容次第だけど、先の楽しみが膨らむようなレースをしてほしい」と結んだ。 世界を見据える中で国内では負けられない。GIウイナー2頭を含むライバルを蹴散らし、もうひとつ上のステージに駆け上がる。 (川端亮平)★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月24日(木) 05:08

 1,487

【根岸S】モーニン、パワー健在51秒2!
 7歳になってもパワーは健在だ。2016年以来の根岸S2勝目を目指すモーニンは、坂路で4ハロン51秒2をマーク。最後に仕掛けられると力強く伸びて、ラスト1ハロン12秒0をマークした。「寒い時期ですが、大きなストライドで動きは良かった。手前を無理に替えることなく動けたし、すべてにおいて合格点です」と松岡助手は納得の表情を見せる。1週前の4ハロン51秒6に次ぐ好時計で、体調に関しては言うことなさそうだ。「(差す)競馬の型ができてきたし、直線の長い東京はいいですね」と自信の弁で締めた。★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月24日(木) 05:07

 1,019

根岸ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


根岸ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月27日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
510円 2,040円
Lv115 
5,220円 15,660円
Lv112 
300円 28,500円
Lv109 
300円 15,000円
Lv108 
430円 21,500円

的中情報をもっと見る >

根岸ステークス過去10年の結果

2018年1月28日() 東京競馬場/ダ1400m 天候: 馬場:
1着 ノンコノユメ 内田博幸 1:21.5 10.5倍 104.7
2着 サンライズノヴァ 戸崎圭太 ハナ 3.0倍 104.7
3着 カフジテイク 福永祐一 2 1/2 3.9倍 102.5
2017年1月29日() 東京競馬場/ダ1400m 天候: 馬場:
2016年1月31日() 東京競馬場/ダ1400m 天候: 馬場:稍重
1着 モーニン 戸崎圭太 1:22.0 2.2倍 104.7
2着 タールタン C.ルメール 1/2 11.9倍 104.2
3着 グレープブランデー F.ヴェロン 1 3/4 43.2倍 102.5

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

根岸ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1400m

舞台となる東京ダート1400mは向正面2コーナー寄りの周回コース上からのスタート。このため芝スタートなるほかのJRAダート1400m戦のような外枠有利の傾向もなく、前半のペースも極端に速くなりにくい。とはいえ緩やかなコーナー部分で息が入りづらく、なおかつ高低差2.4mの急坂を含む長さ500mの最後の直線によって前に行った馬も楽はできず、差し・追込が台頭しやすくなっている。レースの位置付けとしてフェブラリーS前哨戦ではあるものの、中2週のローテを嫌ってこのレース以外からのステップを取る馬も少なくない。よって東京(左回り)コース巧者や1400mを得意とする馬の参戦が目立つ。特に前走敗退から距離短縮した馬の好走が顕著で、該当馬は2014年以降連勝中である。なお東西別では関西馬が圧倒的優勢を誇っており、2009~2017年と連続して勝利。関東馬は2009年以降、2010年3着のオーロマイスター、2018年1着のノンコノユメの2頭しか馬券圏内に入っていない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

根岸ステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬モーニン

レース創設時は1400m以下初のダート重賞だったこともあり、スピード自慢のダートホースが集結。第3回(1989年)のダイナレターなどの名馬が勝利している。第11~12回(1997~1998年)はワシントンカラーが、第16~17回(2002~2003年)はサウスヴィグラスが連覇。フェブラリーSの前哨戦になってからは、第15回(2001年)のノボトゥルー、第19回(2005年)のメイショウボーラー、第30回(2016年)のモーニンの3頭が、このレースと本番との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

根岸ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月30日(
CBC賞  G3
ラジオNIKKEI賞  G3

競馬番組表

2019年6月29日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2019年6月30日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る