会員登録はこちら
東京中日S杯武蔵野S G3   日程:2019年11月9日() 15:30 東京/ダート1600m

レース結果

東京中日S杯武蔵野S G3

2019年11月9日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分33秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 7

ワンダーリーデル

牡6 56.0 横山典弘  安田翔伍 528(-2) 1.34.6 25.2 9
2 5 9

タイムフライヤー

牡4 56.0 藤岡佑介  松田国英 464(0) 1.34.8 1 1/4 17.8 8
3 8 15

ダノンフェイス

牡6 56.0 大野拓弥  大久保龍 528(+2) 1.34.9 1/2 116.5 13
ラップタイム 12.1 - 11.0 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.3
前半 12.1 - 23.1 - 34.7 - 46.5 - 58.6
後半 59.9 - 48.1 - 36.0 - 23.9 - 12.3

■払戻金

単勝 7 2,520円 9番人気
複勝 7 690円 10番人気
9 580円 8番人気
15 2,110円 13番人気
枠連 4-5 3,890円 17番人気
馬連 7-9 21,070円 56番人気
ワイド 7-9 5,600円 55番人気
7-15 16,360円 76番人気
9-15 24,840円 80番人気
馬単 7-9 45,590円 113番人気
3連複 7-9-15 422,390円 319番人気
3連単 7-9-15 2,353,630円 1,794番人気

東京中日S杯武蔵野Sのニュース&コラム

【武蔵野S】リーデル重賞初V!3連単235万円馬券呼んだ
 武蔵野Sが9日、東京競馬場で16頭によって争われ、9番人気で横山典騎乗のワンダーリーデルが中団から直線で外を豪快に伸びて重賞初制覇。チャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)の優先出走権を手にしたが、次走は未定。2着は8番人気タイムフライヤー、3着に13番人気ダノンフェイスが入り、3連単は235万円超の大波乱となった。1番人気のエアアルマスは11着。 ダート界に遅咲きの新星誕生だ。波乱の主役は9番人気ワンダーリーデル。先週のアルゼンチン共和国杯(ムイトオブリガード)に続く今年重賞5勝目の横山典騎手が手応え十分に振り返る。 「強かったです。自在性のある馬だとみていたので、出たなりで。いいポジションで競馬ができたし、最後も思った以上にはじけてくれました」 後方をロスなく進み、4コーナーで流れるように外へ出すとアクセル全開。2着タイムフライヤーを競り落とし、力強く1馬身1/4差抜け出した。 以前は7ハロン以下が主戦場だったが、3月に沖調教師(定年引退)から引き継いだ安田翔調教師が初めてまたがって「大人びた遊びがあった。距離を延ばしたらいい面が出るかも」と直感。特長が生きる東京で使い続け、6歳にして重賞初制覇を果たした。 くしくも、母の父マヤノトップガンが3日にこの世を去ったばかり。出走権を得たチャンピオンズCを含め、次走は様子を見てから決められるが、横山典騎手は「距離が延びても心配ないと思います」。可能性を広げたワンダーリーデルの動向に注目だ。 (千葉智春)ワンダーリーデル 父スタチューオブリバティ、母アストレアピース、母の父マヤノトップガン。鹿毛の牡6歳。栗東・安田翔伍厩舎所属。北海道浦河町・大島牧場の生産馬。馬主は山本能成氏。戦績26戦7勝。獲得賞金1億6704万円。重賞初勝利。武蔵野Sは安田翔伍調教師、横山典弘騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+リーダー(スペイン語)」。★9日東京11R「武蔵野S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月10日() 05:05

 152

【武蔵野S】レースを終えて…関係者談話
 ◆藤岡佑騎手(タイムフライヤー2着「前走(6着)は2000メートルで力んでいたので、きょうは前に馬を置いてリラックスして走らせた。勝ち馬の方が一枚上でした」=チャンピオンズC出走の可能性も ◆大野騎手(ダノンフェイス3着)「展開が向いたこともありますが、しまいはしっかりと反応できて、いい競馬でした」 ◆北村宏騎手(ダンツゴウユウ4着)「内枠だったので内を狙った。前があくまで時間がかかったが、あいてからはよく伸びた」 ◆森泰斗騎手(サンライズノヴァ5着)「最後は59キロがこたえて苦しくなった」 ◆ルメール騎手(デュープロセス7着)「3コーナーで少しブレーキをかけ、直線でまたブレーキをかけていた」 ◆川田騎手(エアアルマス11着)「砂をかぶってしまうと、こうなってしまいますね。内枠が当たった時点で厳しかったです」★9日東京11R「武蔵野S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月10日() 05:05

 185

【武蔵野S】9番人気の伏兵ワンダーリーデルが豪快に伸びて重賞初V
 11月9日の東京11Rで行われた第24回武蔵野ステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、横山典弘騎手騎乗の9番人気の伏兵ワンダーリーデル(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)が中団やや後方から進め、直線に入ると馬場の中央から真一文字に伸びて快勝、6歳にして重賞初制覇を飾った。。タイムは1分34秒6(良)。 1馬身1/4差の2着にも8番人気のタイムフライヤー、さらに半馬身差遅れた3着に13番人気のダノンフェイスが続き、3連単は235万円超の大波乱となり、1番人気のエアアルマスは好位から伸びず11着大敗した。 武蔵野Sを勝ったワンダーリーデルは、父スタチューオブリバティ、母アストレアピース、母の父マヤノトップガンという血統。北海道浦河町・大島牧場の生産馬で、馬主は山本能成氏。通算成績は26戦7勝。 ◆横山典弘騎手(1着 ワンダーリーデル)「自在性のある馬で、あまり後ろからでもと思いベストのポジションでした。思っていた以上にはじけてくれましたね。(GIチャンピオンズCに向けて)千八だからといってダメな馬じゃないですし、いいポジションをとればはじける馬なので楽しみです」★【武蔵野S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年11月9日() 16:10

 308

【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】入線速報(東京競馬場)
東京11R・東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(5回東京3日目 東京競馬場  ダート・左1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手7番ワンダーリーデル(単勝25.2倍/9番人気)、2番手9番タイムフライヤー(単勝17.8倍/8番人気)、3番手15番ダノンフェイス(単勝116.5倍/13番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連7-9(210.7倍) 馬単7-9(455.9倍) 3連複7-9-15(4223.9倍) 3連単7-9-15(23536.3倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019110905050311 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2019年11月9日() 15:34

 201

東京中日S杯武蔵野Sのニュースをもっと見る >

【武蔵野S】エアアルマス好気配!坂路4ハロン50秒9
 ダートに転向後、3連勝中のエアアルマスは、坂路で4ハロン50秒9-12秒3。攻め駆けするタイプらしく、上々のタイムで調教評価は『S』。前走後も調整は順調で、重賞初制覇を成し遂げられそうなムードだ。 池添学調教師も「変わりなく、いい感じですね」と気配の良さに満足げ。東京のマイル戦なら競走条件に不足はない。「一気の相手強化がどうかですが、能力は高いので。今のところは砂をかぶらない競馬の方が良さそう。あとはジョッキーに任せます」と結んだ。★武蔵野Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月7日(木) 05:05

 513

【武蔵野S】追って一言
 ◆カフジテイク・湯窪師 「けいこの感じは良かったです。前走は直線が短かった。東京なら」 ◆グルーヴィット・松永幹師 「状態は良くなっています。前回は夏の疲れがあったかも。改めて期待します」 ◆コスモカナディアン・金成師 「いい頃に比べるとまだ物足りないが、1度使って変わり身があれば」 ◆サンライズノヴァ・小林助手 「調教はしっかりとやれました。東京も合っています。59キロの斤量がどうかですね」 ◆スウィングビート・加藤征師 「ひと追いごとに良化して力を出せるデキ。持ち時計がないぶんがどうかだけど、東京のワンターンは合う」 ◆タイムフライヤー・松田師 「調整は順調で、状態はいいですよ。マイルのワンターンの競馬はいいと思います」 ◆デュープロセス・安田隆師 「ずいぶんと良くなっている。強い相手にどこまでやれるかですが、コースは合っている」 ◆マジカルスペル・藤原英師 「動きが良くなっているし、状態は良くなっている。このクラスでの力関係がどうか」★武蔵野Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月7日(木) 05:05

 790

【武蔵野S】スウィングビート、ムードいい
 <美浦トレセン> 伏兵視されているスウィングビートのムードがいい。この日は坂路で2本軽く乗られたが、動きが良く、加藤征調教師の口調も滑らか。「すこぶる順調。ワンターンのこの東京戦はいい。メンバーは一気に強くなるが、このところ安定しているし、条件がそろうここは」と意欲的だった。 <栗東トレセン> 3連勝中のエアアルマスが勢いに乗って重賞初勝利を目指す。砂を被ると嫌がるが、末脚は強烈だ。「順調にきています。内枠を引いて、包まれるような展開になったときがどうか…。相手は強いですが、先につながる走りに期待します」と池添学調教師は語った。★武蔵野Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月6日(水) 05:06

 565

プロ予想家の的中情報


東京中日S杯武蔵野Sの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月9日 15:29更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
690円 69,000円
Lv113 
2,520円 252,000円
Lv106 
690円 3,450円
Lv105 
45,590円 455,900円
Lv100 
2,520円 2,520円

的中情報をもっと見る >

東京中日S杯武蔵野S過去10年の結果

2018年11月10日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:稍重
2017年11月11日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 インカンテーション 三浦皇成 1:35.5 13.9倍 103.8
2着 サンライズソア 吉田豊 1/2 18.9倍 103.3
3着 アキトクレッセント 荻野極 1 3/4 148.6倍⑮ 101.8
2016年11月12日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 タガノトネール 田辺裕信 1:33.8 36.6倍 101.2
2着 ゴールドドリーム M.デムーロ 1 1/4 3.4倍 100.3
3着 カフジテイク 津村明秀 1 1/2 13.7倍 99.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京中日S杯武蔵野Sのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1600m

1996年に新設されたG3重賞で、当初は5月東京開催のダート2100mで施行されていた。2000年からジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)の前哨戦として開催が秋へ移設となり、距離も1600mに短縮。翌2001年には秋の天皇賞を除外となった同年のNHKマイルカップ馬クロフネが出走し、初ダートながら9馬身差の圧勝でファンに衝撃を与えた。2008年以降、ジャパンカップダートの開催場所が東京でなくなったことや、2010年からは間隔が1週短くなったこと、さらに他のステップレースの整備などにより近年はレースの性格が変質。この距離を得意とする馬や、このレース自体を目標とする馬の出走が増加している。芝スタートの巧拙が明暗を分けることも多い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

東京中日S杯武蔵野Sの歴史と概要


2013年の優勝馬ベルシャザール

12月のチャンピオンズカップや東京大賞典へとつながるダート路線の主要ステップレース。東京ダ2100m時代の第3~4回(1998~1999年)はエムアイブランが連覇。第6回(2001年)は初ダートとなったクロフネが異次元の強さで圧勝劇を演じ、競馬界に衝撃を走らせた。第11回(2006年)のシーキングザベスト、第14回(2009年)のワンダーアキュートなど、交流重賞戦線で活躍している馬の勝利も多数。第18回(2013年)の勝ち馬ベルシャザールは、次走のジャパンカップダート(2014年よりチャンピオンズカップ)も制してダート路線の頂点に立った。

歴史と概要をもっと見る >

東京中日S杯武蔵野Sの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月16日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2019年11月17日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2019年11月16日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2019年11月17日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る