タガノビューティー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タガノビューティー
タガノビューティー
タガノビューティー
タガノビューティー
タガノビューティー
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2017年3月16日生
調教師西園正都(栗東)
馬主八木 良司
生産者有限会社新冠タガノファーム
生産地新冠町
戦績27戦[6-5-5-11]
総賞金18,319万円
収得賞金5,000万円
英字表記Tagano Beauty
血統 ヘニーヒューズ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Meadow Flyer
スペシャルディナー
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ソフトパイン
兄弟 タガノブルグアイトーン
市場価格
前走 2023/01/29 根岸ステークス G3
次走予定

タガノビューティーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1651023.464** 牡6 57.0 石橋脩西園正都B 518
(-2)
1.22.8 0.335.3⑩⑩レモンポップ
22/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16714130.21210** 牡5 57.0 石橋脩西園正都 520
(0)
1.52.7 0.836.8⑭⑭⑫⑬ジュンライトボルト
22/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 165916.266** 牡5 56.0 石橋脩西園正都 520
(+2)
1.36.2 0.635.1⑬⑫ギルデッドミラー
22/10/10 東京 11 グリーンCC (L) ダ1600 167149.643** 牡5 58.0 石橋脩西園正都 518
(-2)
1.34.2 0.734.4⑪⑪デシエルト
22/06/25 阪神 11 天保山S OP ダ1400 168154.424** 牡5 58.0 石橋脩西園正都 520
(+4)
1.24.2 0.636.2⑫⑪ケイアイドリー
22/05/28 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 165105.122** 牡5 58.0 石橋脩西園正都 516
(-6)
1.23.3 0.434.7⑧⑧レモンポップ
22/05/03 名古 11 かきつばた記 G3 ダ1500 12--------4** 牡5 57.0 石橋脩西園正都 522
(--)
1.32.1 0.3----イグナイター
22/03/12 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 16473.014** 牡5 58.0 石橋脩西園正都 522
(+4)
1.24.2 0.436.4⑭⑫バティスティーニ
22/01/30 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16484.723** 牡5 56.0 津村明秀西園正都 518
(-4)
1.23.4 0.335.4⑯⑮テイエムサウスダン
21/12/05 阪神 11 ギャラクシー OP ダ1400 168162.813** 牡4 58.0 石橋脩西園正都 522
(+4)
1.24.0 0.136.5⑬⑨バティスティーニ
21/11/13 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16114.916** 牡4 56.0 石橋脩西園正都 518
(+2)
1.35.6 0.636.3⑩⑩ソリストサンダー
21/05/29 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 167133.821** 牡4 57.0 石橋脩西園正都 516
(+4)
1.21.9 -0.035.2⑭⑬グレートウォリアー
21/04/24 東京 11 オアシスS (L) ダ1600 15223.111** 牡4 56.0 石橋脩西園正都 512
(-4)
1.35.2 -0.135.6⑪⑪ブルベアイリーデ
21/03/13 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 16592.615** 牡4 56.0 石橋脩西園正都 516
(+2)
1.22.3 0.235.8⑨⑧ラプタス
21/02/14 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 16593.112** 牡4 57.0 石橋脩西園正都 514
(-2)
1.23.6 0.535.2⑫⑫スリーグランド
21/01/30 東京 9 銀蹄S 3勝クラス ダ1400 16473.711** 牡4 55.0 石橋脩西園正都 516
(+2)
1.22.7 -0.035.0⑩⑩ピンシャン
20/11/15 東京 12 3歳以上2勝クラス ダ1600 16111.911** 牡3 56.0 石橋脩西園正都 514
(0)
1.37.7 -0.135.1⑨⑨モレッキ
20/10/24 東京 12 3歳以上2勝クラス ダ1600 16241.812** 牡3 55.0 和田竜二西園正都 514
(+2)
1.36.3 0.636.1⑨⑩スマッシングハーツ
20/10/03 中京 8 3歳以上2勝クラス ダ1900 167131.713** 牡3 55.0 松山弘平西園正都 512
(+2)
1.58.6 0.137.7⑧⑦④⑤ウインフォルティス
20/09/12 中京 10 日進特別 2勝クラス ダ1800 16363.722** 牡3 54.0 松山弘平西園正都 510
(+6)
1.51.5 0.436.2⑤④⑦⑥ハギノアレグリアス

⇒もっと見る


タガノビューティーの関連ニュース

根岸S15着ヘリオス(栗・西園正、騸7)は、引き続き武豊騎手でフェブラリーS(2月19日、東京、GⅠ、ダ1600メートル)に向かう。昨年の南部杯7着ソリストサンダー(栗・高柳大、牡8)もフェブラリーSに登録する。

根岸S4着タガノビューティー(栗・西園正、牡6)は、コーラルS(3月11日、阪神、L、ダ1400メートル)へ。10着レディバグ(栗・北出、牝5)は、コーラルSか黒船賞(3月14日、高知、JpnⅢ、ダ1400メートル)を見据える。

シルクロードS14着テイエムスパーダ(栗・五十嵐、牝4)は、北九州短距離S(2月12日、小倉、OP、芝1200メートル)に向かう。

東海S6着ロードレガリス(栗・野中、牡8)は、仁川S(2月25日、阪神、L、ダ2000メートル)を視野に入れる。

★万葉S10着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡7)は、ダイヤモンドS(2月18日、東京、GⅢ、芝3400メートル)へ。僚馬でギャラクシーS14着メイショウミモザ(牝6)は、京都牝馬S(2月18日、阪神、GⅢ、芝1400メートル)に向かう。

【根岸S】レースを終えて…関係者談話 2023年1月30日(月) 04:56

◆石橋騎手(タガノビューティー4着)「初ブリンカーで無理なく回って来られた。いい形で直線に向いたが、上位3頭は強かった」

◆横山武騎手(エアアルマス5着)「砂をかぶらない位置取りで、思った以上に頑張ってくれた。最後もよく5着に踏ん張っています」

◆田辺騎手(ケンシンコウ6着)「初めての1400メートルで流れに戸惑っていたが、力まずリズム良く運べた。直線はよく伸びていた」

◆柴田善騎手(ベルダーイメル7着)「体を傾けて走る馬なので、もう少し内へ入れて外側に馬を置きたかった。4コーナーで勢いをつけられなかったが、しぶとく頑張っていますよ」

◆秋山真騎手(デンコウリジエール8着)「久々で反応は鈍かったが、重賞でもやれる馬ですよ」

◆田中勝騎手(ジャスパープリンス9着)「勝ちにいったぶん、最後はガス欠になってしまった」

◆酒井騎手(レディバグ10着)「道中はリズム良く運べたが、前が止まらなかったです」

◆内田騎手(アドマイヤルプス11着)「流れが速かった。しまいは伸びてくれと思ったが、ついていけませんでした」

◆坂井騎手(ホウオウアマゾン12着)「イメージ通りの競馬はできましたが、初ダートで条件が厳しかったです」

◆M・デムーロ騎手(セキフウ13着)「気持ちが入ってこなくて、全然進んでいかなかった。気持ちの問題ですね」

武豊騎手(ヘリオス15着)「先手を取りたいと思って出していったが内の馬と競る形に。うまくいかなかったですね」

◆原騎手(オーロラテソーロ16着)「最内でもまれたくないので先行しましたが、最後は苦しくなりました」

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】根岸S2023 脚質面の大きな偏りはなし!砂をかぶりにくい位置から運ぶ馬が優位! 2023年1月29日() 09:51


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は根岸S・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の東京ダートのレース結果、近年の根岸Sの結果をもとに、馬場のバイアスなどを考察していきます。予想の際にお役立てください。

ここ最近の東京競馬場周辺は雨量計に上がる降雨なし。土曜日早朝のJRA測定含水率はゴール前が2.6%、4角は2.7%とドライな状態。ただ、土曜日に行われたダート戦の結果を検証する限り、時計が遅いという印象は薄く、良馬場(JRA発表)とすれば標準に近いレベルの決着が多かった。

根岸Sと同距離のダート1400m戦3鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は1、4、6番手。逃げ・先行勢が頑張っている一方で、中団以降に控えていた馬たちもいい伸び脚を見せている。流れひとつで待機勢も間に合うコンディションとみてよさそうだ。

枠順については、中~外が優位の様相。下級戦3鞍ではあるが、1~3着馬9頭中8頭が5枠より外。1~4枠の馬券絡みは逃げ馬の3着1回のみとなっている。その点を鑑みると、砂をかぶりにくい枠順が基本的に有利と捉えるべきなのかもしれない。

日曜日の降水確率は0%(29日7時の時点)。馬場の乾燥が進むうえに、風量も前日より若干強くなる見通し。キックバックおよび砂塵の影響が大きくなる可能性もある。となれば、インから競馬を進める馬たちはなかなか台頭しづらいだろう。

たとえ、砂塵などの影響が小さく済んだとしても、それはそれで前日と似たような傾向に落ち着きそう。よって枠順に関しては土曜日同様に、真ん中より外(5~8枠あたり)を優先したほうが、好結果につながりやすいのではないか。

なお、直近3回の根岸Sの1~3着馬は、左回りかつ1600m以下のレースにて、上がり3ハロン36秒5以下での連対経験があった点で共通する。最後の直線が長いコースのダート競争とあって、速い上がりでの好走歴を持つ馬が結果を出す傾向が非常に強い。条件を満たす馬は今回も要注目といえよう。

ただ、出走馬と照らし合わせてみると該当馬が多い印象。もう少しフィルターをかけて、過去3年における根岸Sの1~3着馬すべてに共通する、前走JRA・G1出走馬または前走4着以内だった馬に的を絞りたい。

今回の出走メンバーで要点(5~8枠+過去実績+前走ステップ)をクリアしているのは、⑩タガノビューティー、⑬レモンポップ、⑭バトルクライ。従って当欄では、これら3頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
タガノビューティー ⑬レモンポップ ⑭バトルクライ

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】根岸S2023 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2023年1月29日() 06:30


※当欄では根岸Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
ホウオウアマゾン
アドマイヤルプス
ギルデッドミラー
タガノビューティー
レモンポップ
バトルクライ
ワイド流し
③-①②⑤⑥⑧⑩⑬⑭

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎④セキフウ
複勝


【DAIGO】
◎⑥ギルデッドミラー

【林修】
注目馬
ギルデッドミラー

【神部美咲】
◎⑬レモンポップ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑬レモンポップ
○②ヘリオス
▲①オーロラテソーロ
△⑤アドマイヤルプス
△⑦レディバグ
△⑧テイエムサウスダン

【キャプテン渡辺】
◎⑥ギルデッドミラー
3連複2頭軸流し
⑥-⑬-①⑤⑦⑮
3連単フォーメーション
⑥⑬→⑥⑬→①⑤⑦⑮

【長岡一也】
◎⑬レモンポップ
○⑥ギルデッドミラー
▲⑭バトルクライ
△②ヘリオス
△④セキフウ
△⑧テイエムサウスダン
△⑩タガノビューティー

【原奈津子】
◎⑥ギルデッドミラー
○⑧テイエムサウスダン
▲②ヘリオス

【船山陽司】
◎②ヘリオス

【皆藤愛子】
◎⑭バトルクライ

【高田秋】
◎⑥ギルデッドミラー

【粗品(霜降り明星)】
◎②ヘリオス
馬連流し
②-④⑥⑧⑩⑬⑭

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑥ギルデッドミラー
ワイド流し
⑥-①⑤⑧⑩⑬
ワイドボックス
オーロラテソーロ
アドマイヤルプス
テイエムサウスダン
タガノビューティー
レモンポップ

【杉本清】
◎⑥ギルデッドミラー

【小木茂光】
◎④セキフウ
3連単フォーメーション
④⑩⑬→②④⑤⑥⑧⑩⑬⑭→④⑩⑬

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④セキフウ

【橋本マナミ】
◎⑬レモンポップ

【酒井一圭(純烈)】
◎⑬レモンポップ

【横山ルリカ】
◎⑬レモンポップ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬レモンポップ

【中野雷太】
◎⑬レモンポップ

【清水久嗣】
◎⑩タガノビューティー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑬レモンポップ

【熊切あさ美】
◎⑬レモンポップ

【天童なこ】
◎⑩タガノビューティー
○⑬レモンポップ
▲⑤アドマイヤルプス
☆⑧テイエムサウスダン
△④セキフウ
△⑥ギルデッドミラー
△①オーロラテソーロ
△②ヘリオス
△⑭バトルクライ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【初ブリンカー装着馬 2023/1/29(日)版】東京1Rマイショウチャンは千四の距離で前進見込める 2023年1月28日() 17:00

当欄では、1/29(日)の出走馬たちの中から初めてブリンカーを装着する馬をピックアップしています。ガラリ一変の要素をはらんだ穴馬が隠れているかも?ぜひ馬券検討にお役立てください。


【1月29日(日)東京】
1R 3歳未勝利 ダ1400m
トレジャートレイル ⑯マイショウチャン

2R 3歳未勝利 ダ2100m
ジグラート

7R 4歳以上1勝クラス ダ2100m
ネフィリム

11R 根岸ステークス ダ1400m
タガノビューティー

1Rの⑯マイショウチャンはディスクリートキャット産駒でジャスタウェイの甥に当たる。前走は千二の距離が忙しかった様子だが、血統面からするとなかなか速力があるので、今回の条件でブリンカー装着によりさらに前進する可能性はあるだろう。相手関係はまずまず…といったところだが、大外枠からスムーズに競馬した上で道中上手に脚を貯められるようならば勝負になっていい。


【1月29日(日)中京】
3R 3歳未勝利 ダ1400m
ブルーゴールド

日曜中京の対象馬は3Rの③ブルーゴールドのみ。同条件の新馬戦ではスタートから全く進まず、大きく離れたシンガリ追走から上がり37秒5の脚を使って14着。この内容からまともに走ればそこそこの能力を秘めている可能性は認められる。それだけにブリンカー効果に期待が高まるところだが、果たしてデビュー1戦使っただけでアジャストしてくるものだろうか。今回は取り立てて強いメンツとは思えないが、もう少し長い目で見るべき馬かも知れない。


【1月29日(日)小倉】
1R 3歳未勝利 ダ1700m
オンリーサンライズ

2R 3歳未勝利 芝1200m
ビッグベルーガ

3R 3歳未勝利 ダ1000m
セントランサス

7R 4歳以上1勝クラス ダ1700m
ベルカノア

11R 巌流島ステークス 芝1200m
サトノジヴェルニー

1Rに出走する①オンリーサンライズはまずまず活気ある牝系であるアイランドファッションのライン出身。新馬戦ではスタートから進まず終いも伸びなかったが、血統は筋が通っておりある程度の能力が担保されていると思っている。骨っぽいメンツだが、スタートからの前進気勢が改善されるようならばそこそこやれるのではないか。カギは折からの降雪により湿った馬場、そして初ダート馬の動向だろう。

(文:古橋うなぎ)

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】根岸S2023 競走馬能力重視予測ではレモンポップが他馬に大きな差をつけリード 2023年1月28日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は 根岸SG3です。本レースの舞台となる東京ダート1400mで4戦無敗のレモンポップに注目が集まりますが、勝率予測はどんな結果となっているでしょうか。さっそく数値を見ていきましょう。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した根岸S全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑬レモンポップ    23.02%
2 ⑥ギルデッドミラー  10.79%
3 ②ヘリオス      10.72%
4 ⑮エアアルマス     7.75%
5 ⑩タガノビューティー  6.53%

6 ⑦レディバグ      6.04%
7 ⑧テイエムサウスダン  5.39%
8 ⑭バトルクライ     5.19%
9 ③ホウオウアマゾン   5.01%
10 ⑯ケンシンコウ    3.87%
11 ④セキフウ      3.48%
12 ⑨ベルダーイメル   2.96%
13 ⑫デンコウリジエール 2.90%
14 ⑤アドマイヤルプス  2.75%
15 ①オーロラテソーロ  2.28%
16 ⑪ジャスパープリンス 1.32%

レモンポップが2位の ⑥ギルデッドミラー以下に大きな差をつけました。また、上位人気が予想される⑧テイエムサウスダン、⑭バトルクライは7位と8位。当欄では馬券対象外評価となります。

平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位5頭がその対象になります。上位頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
 ⑬ >> ⑥② > ⑮⑩

レモンポップは人気必至ですが、アタマ固定の馬単で強弱をつけた合計10,000円で勝負します。

馬単(ながし)
⑬ー⑥ 5,000円
⑬ー② 3,000円
⑬ー⑮⑩ 1,000円
合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノビューティーの関連コラム

閲覧 2,266ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、青函ステークス・天保山ステークス・大沼ステークス・パラダイスステークス・宝塚記念の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2022年06月25日(土) 函館11R 青函ステークス
【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2021年のTVh賞)】
●あり [1-1-1-2](3着内率60.0%)
●なし [0-0-0-9](3着内率0.0%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。同時期に施行された2021年のTVh賞は“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において7着以内となった経験のある馬が1~3着を占めました。


▼2022年06月25日(土) 阪神11R 天保山ステークス
【前走の着順別成績(2017年以降)】
●4着以内 [5-4-3-20](3着内率37.5%)
●5着以下 [0-1-2-40](3着内率7.0%)
→前走好走馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が4着以内なのは、ヴァニラアイスサイモンハロルドサダムスキャットシゲルタイタンシャンデリアムーンタガノビューティーディサーニングの7頭です。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
阪神ダ1400m×マジェスティックウォリアー×前走14頭立て以上
→3着内率41.8%、複勝回収率136%


▼2022年06月26日(日) 函館11R 大沼ステークス
【前走の着順別成績(2019年以降)】
●7着以内 [3-3-3-11](3着内率45.0%)
●8着以下 [0-0-0-18](3着内率0.0%)
→こちらも大敗直後の馬が信頼できない一戦。なお、前走の馬体重が500kg以上だった馬も2019年以降[0-0-0-15](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。


▼2022年06月26日(日) 東京11R ウッドバイン競馬場賞 パラダイスステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月16日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2022 
閲覧 1,609ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月20日(日) 東京11R 第39回フェブラリーS(4歳以上G1・ダート1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲートト:16頭)


<優先出走馬>

スワーヴアラミス(前走492kg(+6kg)、中3週)<D>
前走Vも昨春から使い詰めで、マイル戦も今回が初めて。この中間、2週前1週前とCWを長めから追われているが、1週前の動きを見ると終い脚が上がり気味で、前走時のような勢いがない。

テイエムサウスダン(前走554kg(+10kg)、中2週)<B>
大型馬で前走時(+10kg)のパドックでは腹周りに余裕がある感じだった。この中間は1週前の金曜日に坂路で追われて終い好時計も、切れすぎるところがありマイル実績もなく距離の面で不安は残る。


<賞金上位馬>

テーオーケインズ ※出走回避予定

ソダシ(前走470kg(-4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富も、追い切りでは好時計の出る馬が、1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が遅い印象の動き。物足りなさが残る。

ケイティブレイブ(前走537kg(+11kg)、中2週)<D>
川崎記念から間隔が詰まっており、日曜日に坂路で追われたが併走遅れで時計も平凡。

マルシュロレーヌ ※出走回避予定

アルクトス(前走544kg(-1kg)、4ヵ月半)<C>
休み明け。この中間は、1週前追い切り(南W)では直線でステッキが何度も入りと、反応が良くない。暖かい時期のようには馬体が絞れてきていないのかもしれない。

ミューチャリー(前走466kg(+6kg)、中7週)<C>
この中間は速い時計で3本追い切られている。1週前追い切りでは先着をはたしてきたが、この馬にとしては時計が遅い。

レッドルゼル(前走488kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
今年は休み明けでの参戦となるが、鉄砲駆けするタイプで問題はない。坂路で好時計の出る馬で、1週前追い切りでは重心が低い走りで抜群の伸び脚を披露。出来はかなり良さそうで、昨年以上の走りも期待できそう。

カフェファラオ(前走520kg(-4kg)、中10週)<B>
追い切りの時計は、自動計測になっているので昨年よりもかなり速い今回。その動きからも、昨年の勝ち馬が前走を一度使われて良化してきたという印象を受ける。

エアスピネル(前走486kg(+4kg)、中10週)<B>
乗り込み豊富で坂路で好時計。1週前追い切りでも、デムーロ騎手が騎乗して上々の動きをアピールしている。

サンライズノヴァ(前走527kg(-7kg)、中7週)<A>
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。動きを見ても終いグッとひと伸びしてみせており、昨年よりは出来は良さそう。

テオレーマ(前走472kg(-4kg)、中3週)<A>
ここ3戦レースを使われるごとに体重が減っている点は気がかりだが、それでも中3週と間隔が詰まっている中で1週前追い切りでは終いしっかり伸びて併せて先着を決めてきた。引き続き調子は良さそう。

ソリストサンダー(前走488kg(+4kg)、中2週)<B>
前走時のパドックでは腹周りに余裕を感じさせていたので、前走を一度使われて馬体が締まってくれば上積みを期待できそう。

インティ(前走516kg(-10kg)、中10週)<B>
この中間も乗り込み豊富。1週前追い切りは武豊騎手が騎乗して気分良さそうに馬なりでの調整となったが、やや硬さはあるものの前走時よりも動きは良い。

ダイワキャグニー(前走500kg(+8kg)、中6週)<C>
この中間、1週前追い切りでは南Bコースで追われ好時計で先着。ただ、内めを回ってのもので時計はそれほど目立つ部類でもない。


<除外対象馬>

サンライズホープ(前走552kg(-2kg)、中3週)<B>
前走時は追い切り内容好感で◎にしたが、ゴール前でのもうひと伸びが足りなかった。大型馬でこの中間も追い切りで好時計が出ているあたりからは上積みが見込めそうだが、距離短縮がポイントになりそう。長めの距離の方が良い印象はぬぐえない。

タイムフライヤー(前走480kg(+4kg)、中2週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きを見せていたがレースでは物足りない内容。この中間は軽めの調整となっていて、上積みはありそうだが大きな変わり身まではどうか。

アナザートゥルース(前走479kg(-3kg)、中7週)<C>
この中間の追い切り時計を見ると、いつもよりも時計がかかっていてやや物足りない感じあり。

タガノビューティー(前走518kg(-4kg)、中2週)<C>
この中間は間隔が詰まっていて軽めの調整。そもそも大柄な馬が強めに追われていない点はマイナス材料。

ブルベアイリーデ(前走488kg(+6kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場も時計平凡。

カデナ(前走494kg(+16kg)、中3週)<B>
1週前追い切りでは時計は平凡も重心が低い走りで力強さがあり、前走からの上積みがありそう。

クロパラントゥ(前走522kg(-2kg)、連闘)<E>
乗り込み豊富でしっかり乗りこまれ臨んだ先週大敗。

ゲンパチフォルツァ(前走522kg(+8kg)、連闘)<E>
先週出走も見せ場なし。


※今回のこのコラムからの推奨馬は、レッドルゼルテオレーマサンライズノヴァの3頭をあげておきます。


<東京ダート1600mVR動画>



◇今回は、フェブラリーS編でした。
今年最初のJRAでのG1レースが行われます。トップクラスの馬たちがサウジカップやドバイワールドカップに向かうため、やや寂しいメンバー構成となってしまいました。この時期にこの距離となると、チャンピオンズ_Cのように豪華メンバーになることはなかなか難しそうですが、南部杯、武蔵野S、東海Sあたりのステップレースを中心にこの路線の底上げ、充実を図っていけばダートのマイル路線の頂点としてもう少し盛り上がり方も違ってくるのかもしれません。

フェブラリーステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年6月4日(金) 10:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/29~5/30) 夢月プロが目黒記念◎○パーフェクト的中20万3120円を払戻し
閲覧 750ビュー コメント 0 ナイス 0



30(日)に行われたG1日本ダービーほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
30(日)G2目黒記念では、◎ウインキートスヒートオンビートで馬連・単勝各1点勝負的中を披露し20万3120円のスマッシュヒットをマーク。他にも、29(土)東京11R欅Sでの◎タガノビューティーグレートウォリアー的中等を記録。土日2日間トータルでは、回収率162%、収支11万9070円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →真田理プロ
29(土)東京4R障害未勝利ルヴァンギラマグニフィクスメイショウヤシャのパーフェクト的中で、計98,800円の払戻しを達成。週間トータル回収率では188%でトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
29(土)東京3R3歳未勝利で◎○▲的中をマークすると、同東京5R3歳未勝利では計103,820円払戻し(1,996回収)のスマッシュヒットを達成。その後も、中京10R志摩S中京12R4歳以上2勝クラス、30(日)には東京5R3歳1勝クラスなどの活躍を披露し、土日2日間トータル回収率127%を記録しています。
 
 
 
この他にも、イレコンデルパサープロ(130%)、暴君アッキープロ(115%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(113%)、ジョアプロ(113%)、nigeプロ(112%)、セイリュウ1号プロ(111%)、佐藤洋一郎プロ(107%)、エース1号プロ(106%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(103%)、くりーくプロ(103%)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年3月10日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年03月10日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(244)
閲覧 2,389ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、昇竜ステークス・ポラリスステークス・中山牝馬ステークス・東風ステークス・金鯱賞フィリーズレビュー・アネモネステークスの7レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年03月13日(土) 中京10R 昇竜ステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2018年以降)】
●2番手以内 [1-1-0-17](3着内率10.5%)
●3番手以下 [2-2-3-9](3着内率43.8%)
→どちらかと言えば差し有利。前走の4コーナーを2番手以内で通過した馬はあまり信頼できません。


▼2021年03月13日(土) 阪神11R ポラリスステークス
【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2017年以降)】
●着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内 [4-3-4-22](3着内率33.3%)
●着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.6秒以上 [0-1-0-28](3着内率3.4%)
→前走好走馬が強いレース。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内だったのは、アイオライトアポロビビタガノビューティーノーワンハヤブサレジェンドフィールドセンスの6頭だけです。


▼2021年03月13日(土) 中山11R ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス
【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2017年以降)】
●着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [3-4-4-20](3着内率35.5%)
●着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [1-0-0-28](3着内率3.4%)
→こちらも近年は前走好走馬が優勢。大敗直後の馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2021年2月18日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック フェブラリーS2021 
閲覧 1,706ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


2月21日(日) 東京11R 第38回フェブラリーステークス(4歳以上G1・ダート1600m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:16頭)


<優先出走馬>

オーヴェルニュ(A)中3週
前2走馬体を増やしながらの今回中3週。1週前に坂路でしっかり追い切られ、動きも前走以上に良く連勝中の勢いを感じる好内容だった。

レッドルゼル(C)中2週
これまでの調教内容を見るとスプリンター色が強い感じがする馬の初となる1600m参戦。調整面からは、これまで1週前追い切りでは強めに追われることがほとんどだったが、今回は中2週で関東への輸送ということもあって、上積みを期待するほどの余裕は感じられない。


<賞金上位馬>

サンライズノヴァ(C)中10週
3年連続出走してきて、4着(3人気)、7着(6人気)、3着(3人気)。後方から行く馬で展開がハマれば勝ち切れる力はあるが、その逆も多く同じ東京のこの条件でもムラがある成績。状態に関しては、大型馬の休み明けで1週前追い切りの動きを見るとやや重たい感じ。終いの伸び脚が物足りない印象を受けた。

インティ(E)中3週
2年前にこのレースを制してから勝ち星がなく、たまに好走することはあっても展開が向いた時ぐらいで2年前の連勝してきていた時の勢いはない。調教に関しても、調子の良かった頃は坂路でビシビシと強めに追われていたが、近走はCW馬なり調整主流と控えめな内容が多く、自力で勝ち切るだけのムードは感じられない。

サクセスエナジー(D)中2週
2年前にこのレースに出走したことはあるが、主にスプリント路線を使われてきている馬。前走結果から、この距離で急に好走するという印象は沸きづらい。1週前追い切りも、首が上がり気味で伸び脚もイマイチ。

アルクトス(A)中2週
かなり大きな馬で、前走根岸Sではしっかり乗り込まれていたものの、調教内容、レース内容といかにもフェブラリーSに向けての叩き台といった感じだった。その前走のパドックでは思いのほか締まった馬体で、今回の1週前追い切りでは軽めの調整ながら気合乗り良くしっかりと前肢を前に運んでの軽快な走りを披露。一度使われての上積みが窺え、状態はかなり良さそう。

ワイドファラオ(D)3ヶ月半
みやこSからの休み明け。乗り込み量は豊富でこれまでと同じような時計は出ている。ただ、1週前の動きを見ると良い時のような全身を使った走りができておらず、力強さがない。

ヤマニンアンプリメ(D)中2週
前走時の調教では乗り込み量は多かったものの、物足りない内容だった。中2周のこの中間も、1週前軽めの調整で動きも平凡と、特に良くなった感じはない。

カフェファラオ(C)中10週
チャンピオンズカップから間隔は空いたが、乗り込み量は豊富。ただ併せ馬で遅れていて、1週前追い切りの動きを見ても昨年のユニコーンS時のような迫力はみられない。

エアスピネル(B)中10週
もともと間隔を空けて使うことが多かった馬なので、今回の中10週も特に問題はない。この中間も乗り込み量は豊富で、坂路でも速い時計は出ていて仕上りは良さそう。

ソリストサンダー(A)中4週
前走も馬体増での快勝で勢いのある馬で、この中間もしっかり乗り込まれている。1週前には強めに追われて好時計をマークしてきており、最終追い切りで坂路・馬なり・好時計でくることができれば理想的。

エアアルマス(C)中10週
チャンピオンズカップでも◎にした馬で、この中間も2週前に坂路、1週前にCWで好時計。ただし、強めに追われていない点と左回りでの成績が悪いところが気になる。

スマートダンディー(C)中2週
1400m戦を中心に使われてきた馬で1600mは何度か走っているが勝ち鞍はない。1週前にCWを長めから強めに追われていて、調子自体は悪くなさそうだが。

[地]ミューチャリー(C)中3週
南関東では上位の馬で、調教でも好時計が出る馬。ただかなり良い状態で出走しても中央のトップクラスとはなかなか差が詰まってこない。厳しい流れになるこの距離も、極端な競馬でハマらないと上位争いはまではどうか。

ワンダーリーデル(B)中2週
休み明けの前走は、馬体も増えていたが乗り込み量は豊富で坂路で好時計もでていた。流れが向いたとはいえ直線の伸び脚は良く、今回は前走を使われての上積みも期待できそう。

ヘリオス(C)中2週
芝でもダートでもこの距離を使われていない馬で、ペースに戸惑いそう。出来に関しても1週前は軽めの調整で物足りない動き。


<除外対象馬>

[地]ワークアンドラブ(C)中7週
この中間も追い切りでは2週連続好時計が出ていて出来自体は悪くなさそうだが、ここは相手が強い。

ハイランドピーク(D)中5週
この中間は南Wで時計を出しているが、内めを回ってのもので時計的に物足りない。

デュードヴァン(D)中3週
前走◎で狙い、展開がハマった感じも最後のもうひと伸びといったところで止まってしまっての惜しい4着。この中間は、速い時計を出しておらず上積みはなさそう。

タガノビューティー(C)連闘
この条件は向いているがもうワンパンチ足りないところがあり、先週も状態が良さそうだったが勝ち切れなかっただけに・・・。

タイサイ(D)中1週
前走から中1週でこの中間は速い時計なし。前走時も特に好時計が出ていた訳でもなく、変わり身は感じられず。

サザンヴィグラス(B)中5週
この中間も1週前に好時計が出ていて状態は良好。2歳時門別の頃から能力を感じさせる馬なので、JRAでも経験を積んで行けばまだまだ良くなっていきそう。

ロードグラディオ(D)連闘
オープンではまだ力が足りない感じで、重賞で好走するようになってこないとここでは厳しい。


※このコラムからの推奨馬はアルクトスオーヴェルニュソリストサンダーの3頭をあげておきます。


◇今回はフェブラリーS編でした。
昨年から世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの影響が、競馬の世界にもかなり出ています。その中の一つ、短期免許で来日する外国人ジョッキーがみられなくなった点は大きいように思います。D.レーン騎手が帰国して以降、来日する外国人騎手はゼロ。いつもと何かが違うと感じていた点は、無観客とともにこのあたりがあったからかもしれません。ただ、見方を変えると日本人ジョッキーにはチャンス到来のシーンでもあり、特に若い騎手たちは経験を積んで行けばどんどん成長していく時期だと思うので、思い切った騎乗でぜひこのチャンスを活かしてもらいたいものです。

それでは次回、弥生賞編でお会いしましょう。


フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年6月14日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年06月14日号】特選重賞データ分析編(206)~2020年ユニコーンステークス~
閲覧 2,297ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2020年06月21日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【血統別成績(2014年以降)】
○父か母の父がサンデーサイレンス系種牡馬 [6-3-5-31](3着内率31.1%)
×父も母の父もサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-3-1-44](3着内率8.3%)

 日本国内の主流血統を持つ馬が優勢。ちなみに、外国産馬は4頭の単勝1番人気馬を含め2014年以降[0-1-0-6](3着内率14.3%)でした。今年は複数の外国産馬が注目を集めそう。無理に買い目から外す必要はないと思いますが、基本的には過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→サトノラファールサンライズホープタガノビューティー
主な「×」該当馬→カフェファラオデュードヴァンレッチェバロック


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ2勝クラス以上のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2014年以降[6-6-5-29](複勝率37.0%)
主な該当馬→カフェファラオサトノラファールタガノビューティーデュードヴァン

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノビューティーの口コミ


口コミ一覧

重賞回顧 根岸S

 競馬戦略研究所所長 2023年1月30日(月) 08:06

閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 3

2023年01月29日 東京 11R根岸ステークス(G3)

◎:3枠 6番 ギルデッドミラー

◯:7枠 13番 レモンポップ
△:1枠 1番 オーロラテソーロ
△:1枠 2番 ヘリオス
△:5枠 10番 タガノビューティー
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (6)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :単勝160円 的中!
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (13)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :馬単550円 的中!
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
1着:◎(6)
相手:◯, △(13, 1, 10, 2)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(6, 13, 1, 10, 2)
各100円(合計 6,000円)



前半内枠2頭がハナを主張し早めの展開となりましたが、優勝したレモンポップは外目の中団でジックリ待機。直線で先行馬が下がってくる中、自分の進路を作るとあとは危なげなしの完勝。今回も馬体を増やしての勝利で本番の視界が良くなってきました。

 2着には所長◎のギルデッドミラー。馬郡でもまれ早めに外には出しましたが、その分届きませんでした。末脚はNO1.。ダートでは崩れ知らずで、次走も注目したいと考えております。

 3着はバトルクライ。川田騎手も権利取りに勝つか負けるかの競馬を選択しましたが、惜しくも3着。それでもまだ4歳馬で成長中。今後の成長に期待です。

 trance30 2023年1月29日() 15:02
今日の重賞注目馬
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 3

〇根岸S
スタート直後に下り坂があり、前半からペースが上がり
前が崩れやすいため、差し・追込が決まりやすい。
上位4頭で決まる感じもするが、敢えて穴へのワイドを狙いたい。

軸馬候補 ⑥ギルデッドミラー
過去10年で最多3勝の前走武蔵野S組。
芝の時の瞬発力を活かし、速い上がりが使えるのが魅力。
差しが有利なレースで脚質的にも良い。
引退レース濃厚なフェブラリーSに向け賞金加算したい。

穴馬候補1 ④セキフウ
ユニコーンSを見ても能力は高く、前走も上がり最速で
バトルクライとは斤量2キロ差の分の負けと言える。
今回はバトルクライと同じ56キロで十分逆転可能。

穴馬候補2 ⑩タガノビューティー
昨年本レース③着。終いの脚は毎回確か。
初ブリンカーで集中力が保てれば。

穴馬候補3 ③ホウオウアマゾン
脚質は異なるが、モズアスコットも矢作厩舎で
初ダートの根岸SとフェブラリーSを連勝している。
坂井騎手も土曜に4勝と絶好調で、一発があってもおかしくない。

ワイド ⑥-④⑩ 各500円
    ③-⑥、①-⑥⑬ 各200円
    ③-⑬ 300円   計1900円

[もっと見る]

 サクラ007 2023年1月28日() 23:35
シルクロードS&根岸S
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 1

シルクロードS
 ◎8 マッドクール
 ○1 シャインガーネット
 ▲15 トウシンマカオ
 ☆3 グルーヴィット

根岸S
 ◎1 オーロラテソーロ
 ○4 セキフウ
 ▲8 テイエムサウスダン
 ☆10 タガノビューティー

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノビューティーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  HELPRO   フォロワー:1人 2021年12月5日() 15:53:11
石橋脩は本当に笑わせてくれる。
西園厩舎はちゃんと鞍上を選ばないとダメ。
追いの技術が甘い日本人鞍上では好走しても確勝は出来ないから!
2:
  Digi郎   フォロワー:0人 2021年11月23日(火) 23:37:09
好きな馬なので何とか頑張って欲しいです。
1:
  HELPRO   フォロワー:1人 2021年3月13日() 15:43:19
石橋脩はヤラセでしか好走も出来ないなら辞めた方が良い!
どうせエセジョッキーにも成れないド下手鞍上助手とは貴様の事だね!

タガノビューティーの写真

タガノビューティーの厩舎情報 VIP

2023年1月29日根岸ステークス G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タガノビューティーの取材メモ VIP

2023年1月29日 根岸ステークス G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。