フィールドセンス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フィールドセンス
写真一覧
抹消  鹿毛 2014年5月1日生
調教師山下貴之
馬主前原 敏行
生産者千代田牧場
生産地新ひだか町
戦績36戦[5-4-6-21]
総賞金10,879万円
収得賞金4,700万円
英字表記Field Sense
血統 ストリートセンス
血統 ][ 産駒 ]
Street Cry
Bedazzle
クロスザレイチェル
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ハローレイチェル
兄弟 アンインジュリーミヤコノアバランチ
市場価格
前走 2022/04/30 天王山ステークス OP
次走予定

フィールドセンスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/04/30 阪神 11 天王山S OP ダ1200 164768.0118** 牡8 56.0 富田暁千田輝彦 560
(-2)
1.11.2 0.736.0⑩⑩デュアリスト
22/03/12 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 1611244.3166** 牡8 56.0 川須栄彦千田輝彦 562
(+26)
1.24.4 0.637.8④④バティスティーニ
21/11/21 東京 11 霜月S OP ダ1400 1661154.91216** 牡7 54.0 石川裕紀千田輝彦 536
(-6)
1.25.2 1.536.7⑦⑩ヘリオス
21/05/29 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 1681639.896** 牡7 56.0 北村宏司千田輝彦 542
(-18)
1.22.8 0.937.0⑥④タガノビューティー
21/03/27 中京 11 名鉄杯 OP ダ1400 1681635.8115** 牡7 57.0 城戸義政千田輝彦 560
(+6)
1.23.9 0.638.8ペプチドバンブー
21/02/21 阪神 11 大和S OP ダ1200 154640.497** 牡7 54.0 岩田望来千田輝彦 554
(+12)
1.11.9 0.536.7⑤④リュウノユキナ
20/11/01 東京 10 秋嶺S 3勝クラス ダ1300 16593.011** 牡6 57.0 武豊千田輝彦 542
(+2)
1.17.6 -0.236.3アスクジョーダン
20/09/27 中京 10 桶狭間S 3勝クラス ダ1400 168156.635** 牡6 56.0 松山弘平千田輝彦 540
(0)
1.23.9 0.937.5エイシンポジション
20/07/04 阪神 11 大阪スポ杯 3勝クラス ダ1400 1681512.046** 牡6 56.0 川須栄彦千田輝彦 540
(-4)
1.22.7 0.536.0⑦⑥メイショウテンスイ
20/06/20 阪神 10 安芸S 3勝クラス ダ1200 168168.967** 牡6 57.0 富田暁千田輝彦 544
(-4)
1.10.9 0.935.8⑨⑦レシプロケイト
20/05/03 京都 12 高瀬川S 3勝クラス ダ1400 168168.042** 牡6 57.0 川須栄彦千田輝彦 548
(0)
1.24.8 0.036.0ヒラソール
20/04/05 阪神 12 鳴門S 3勝クラス ダ1400 167134.722** 牡6 57.0 福永祐一千田輝彦 548
(-4)
1.24.0 0.136.6⑥④エテルニテ
20/02/22 京都 10 河原町S 3勝クラス ダ1400 164713.788** 牡6 57.0 福永祐一千田輝彦 552
(+18)
1.23.5 0.736.8⑥⑥メイショウアリソン
19/10/27 東京 10 紅葉S 3勝クラス 芝1600 98917.658** 牡5 55.0 福永祐一千田輝彦 534
(-6)
1.33.8 1.835.2⑥⑥レッドヴェイロン
19/09/21 阪神 11 大阪スポ杯 3勝クラス ダ1400 13445.343** 牡5 57.0 福永祐一千田輝彦 540
(+14)
1.23.4 0.436.5⑤⑤ビックリシタナモー
19/07/27 小倉 11 薩摩S 3勝クラス ダ1700 13694.225** 牡5 57.0 福永祐一千田輝彦 526
(-6)
1.45.5 1.137.5メイショウワザシ
19/05/26 東京 9 薫風S 1600万下 ダ1600 15238.544** 牡5 57.0 福永祐一千田輝彦 532
(0)
1.37.2 0.536.6レピアーウィット
19/05/04 東京 9 立夏S 1600万下 ダ1600 1581444.5104** 牡5 57.0 丹内祐次千田輝彦 532
(-4)
1.36.1 0.236.4④⑥マジカルスペル
19/04/07 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 144611.963** 牡5 57.0 福永祐一千田輝彦 536
(-8)
1.53.5 0.236.4リテラルフォース
19/02/10 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1800 148142.411** 牡5 57.0 福永祐一千田輝彦 544
(-4)
1.52.9 -0.236.9レントラー

⇒もっと見る


フィールドセンスの関連ニュース

JRAは16日、チャンピオンズC(12月4日、中京、GI、ダ1800メートル)に地方所属のフィールドセンス(船橋・山下貴、牡8)が出走予定であることを発表した。同馬は今春まで中央所属で、通算40戦7勝(うちJRA36戦5勝)。今年9月のJpnⅡ日本テレビ盃で重賞初勝利を飾り、前走のJBCクラシックは11着だった。

【回収率予報ニュース! 2022/4/30(土)版】東北ステークス、天王山ステークスほか 2022年4月30日() 09:15

皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2022/4/30(土)版】をお届けします。

登場してもらうのは、本年プロ予想家デビューし活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2022/4/30(土) 買ってはいけない東北ステークス、天王山ステークスほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。

■福島11R ダート1700m 4歳上3勝クラス 15:25 東北ステークス
 ① 50% 9.0倍(5) ギブミーラブ

■阪神11R ダート1200m 4歳上オープン 15:35 天王山ステークス
 ③ 60% 5.9倍(2) オーロラテソーロ
 ④ 50% 10.3倍(6) ヒデノヴィーナス
 ⑥ 60% 20.6倍(9) ニシノライトニング
 ⑦ 50% 63.0倍(14) フィールドセンス
 ⑨ 50% 90.8倍(15) スピリットワンベル
 ⑪ 60% 57.3倍(13) クーファピーカブー
 ⑮ 50% 48.9倍(12) レジェーロ
 ⑯ 50% 93.3倍(16) スズカフェスタ

■東京11R 芝2400m 3歳オープン 15:45 G2 テレビ東京杯青葉賞
 (該当なし)
 
・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

福島 03R ① 60% 5.8倍(3) パリスデージー
東京 04R ⑪ 60% 4.0倍(2) ルナソル
阪神 05R ⑤ 60% 6.0倍(3) スミ
東京 06R ⑦ 60% 3.5倍(2) ジュタロウ
福島 08R ③ 60% 3.5倍(1) ハイエストエンド
東京 09R ⑨ 60% 5.6倍(3) ペプチドナイル
阪神 11R ③ 60% 5.9倍(2) オーロラテソーロ
阪神 12R ⑥ 60% 5.7倍(4) アルベニス

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2022/4/30(土) 単勝万馬券を狙え≫

「単勝万馬券を狙え」では、予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬をご紹介いたします。単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

東京 02R ⑪ 100% 173.5倍(15) キタノホマレボシ

※左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

【メインレース・データ分析(特別編)】大阪スポーツ杯 上位拮抗の混戦模様!近走の良し悪しが問われる一戦! 2019年9月21日() 11:00

大阪スポーツ杯の過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

【全般】
主な馬券対象は、前走同クラス0秒9以内の馬と前走1着の昇級馬

メイショウギガース
バーニングペスカ
ビックリシタナモー
バーンフライ
デンバーテソーロ

前走ダ1200m組が好パフォーマンス

ウエスタンラムール
マイネルラック

現級で連対経験、あるいは近3走内に勝ち鞍がある5歳以上の好走例が多い

メイショウギガース
メイショウヤクシマ
タガノジーニアス
ビックリシタナモー

近年は牝馬が攻勢を強めつつある

デンバーテソーロ

前走で3回阪神のダート戦に出走していた馬の上位進出が目につく

バーンフライ

【人気】
人気サイド(1~3番人気)が比較的安定
※10時30分現在の1~3番人気

メイショウギガース
バーニングペスカ
デンバーテソーロ

【脚質】
速い上がりを出せる馬が攻勢

バーニングペスカ
メイショウヤクシマ
フィールドセンス
アンティノウス
ビックリシタナモー
バーンフライ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
3、4、6枠の出現率がやや高め

メイショウヤクシマ
フィールドセンス
ウエスタンラムール
ビックリシタナモー
バーンフライ

【血統】
父ミスプロ系が優勢

フィールドセンス
タガノジーニアス
リュウノユキナ
ショートストーリー


【3項目以上該当馬】
ビックリシタナモー(4項目)
バーンフライ(4項目)
メイショウギガース(3項目)
バーニングペスカ(3項目)
メイショウヤクシマ(3項目)
フィールドセンス(3項目)
デンバーテソーロ(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】大阪スポーツ杯 指数上位馬を素直に評価すべき!父または母父に米国系種牡馬を配する高指数馬が狙い目! 2019年9月21日() 09:40

大阪スポーツ杯の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2014年以降で複勝圏入りを果たした15頭のうち12頭がU指数5位以内。指数上位馬を素直に評価すべき一戦といえよう。

指数5位以内

バーニングペスカ
フィールドセンス
ビックリシタナモー
バーンフライ
デンバーテソーロ

<ポイント②>
軸馬の絞り込みは難しいが、信頼度が高いのは米国系の種牡馬を父あるいは母父に持つ高指数馬。なかでも指数4位以内の好走率が高く、2014年以降の勝ち馬はすべて該当する。

条件を満たす馬

バーニングペスカ
フィールドセンス
デンバーテソーロ

<ポイント③>
取捨のひとつの目安は指数91.0.これを下回る馬の好走例はみられない。

指数91.0未満

ウエスタンラムール
リュウノユキナ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【プラタナス賞】強い!エピカリスが7馬身差の圧勝 2016年10月15日() 14:51

 10月15日の東京9Rプラタナス賞(2歳500万下、ダート1600メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気エピカリス(牡、美浦・萩原清厩舎)が好位追走から直線は馬場の真ん中を抜け出し、後続に7馬身差をつけて圧勝した。タイムは1分37秒7(良)。

 前の馬は総崩れ。2着には外から脚を伸ばしたラバピエス(3番人気)、さらにアタマ差遅れた3着にも追い込んだフィールドセンス(5番人気)。

 プラタナス賞を勝ったエピカリスは、父ゴールドアリュール、母スターペスミツコ、母の父カーネギーという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「初戦は逃げて勝ったが、今回は馬の後ろに入れて違う形の競馬を練習した。追い出してからの反応もよかったし、最後もまだ余力十分。これからもっと上を目指せる馬です」

★15日東京9R「プラタナス賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】阪神5R ディオスコリダーが逃げ切りV 2016年6月18日() 12:35

 6月18日の阪神5R・2歳新馬(ダート1200メートル)は、荻野極騎手騎乗の4番人気ディオスコリダー(牡、栗東・高橋義忠厩舎)がアードラーとの先手争いを制してハナに立ち、直線も力強く伸びて後続を完封した。タイムは1分12秒6(稍重)。2馬身半差の2着にインをついたミスミーチャン(3番人気)。さらに3馬身半遅れた3着には外から伸びたフィールドセンス(1番人気)が入線した。

 ディオスコリダーは、父カネヒキリ、母エリモトゥデイ、母の父ワイルドラッシュという血統。

 ◆荻野極騎手「追い切りのときから、完成度の高さを感じていました。テンにスピードを見せてくれましたし、しまいもいい脚を使ってくれました。まだ余力もありましたし、距離が延びても大丈夫だと思います」

★18日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

フィールドセンスの関連コラム

閲覧 1,386ビュー コメント 1 ナイス 5

 暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は中央ではGⅠチャンピオンズカップが行われ、トップクラスはそちらに出走するため、JpnⅡとしては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してくることが多い。

 実際に過去10年で2014年のサミットストーン、2015年のハッピースプリントと地方勢が2勝、2着が2回、3着が2回。2014年には地方勢が1~3着を独占したこともあった。少し前まで地方馬がJpnⅠを勝つことは稀で、JpnⅡのここを勝てば年度代表馬に選出される可能性が高まることから、地方最強クラスの馬たちがここに集った。

 しかし、近年は地方馬がJpnⅠを優勝することも少なくなく、以前ほどメンバーが集わなくなってはいる。ただ今年は現時点でJpnⅡ勝ちの馬はノーヴァレンダ、サルサディオーネ、フィールドセンスと3頭いるが、JpnⅠ勝ちの馬はゼロ。このことから今回の浦和記念は地方最強クラスの馬が出走してくることが予想される。

 それでは中央馬も含め、どのような馬が有力かを見ていくと、同年の古馬混合GⅠ、JpnⅠで3着以内の実績があった実績馬がとにかく活躍している。ただし、前走のJBCクラシックで1.8秒差の大敗を喫していたアポロケンタッキーが4着に敗れていることから、前走であまりに大敗しているような馬は除外したい。

 前走で着差1.7秒以内の同年の古馬混合GⅠ、JpnⅠで3着以内の実績馬の過去10年のこのレースでの成績は【3・0・2・0】。1着の該当馬は、2015年のハッピースプリント、2019年のケイティブレイブ、2018年のオールブラッシュ。3着の該当馬は、2012年のランフォルセ、2017年のオールブラッシュだ。遡れば2011年の優勝馬ボランタスも前記に該当していた。

 また同年の白山大賞典の優勝馬も有力。ただし、白山大賞典が同年のダートグレード初制覇だった2013年のエーシンモアオバーは3着、2014年も9着に敗れていることから、白山大賞典を含めて同年のダートグレードで2勝以上していることを、本命候補の条件としたい。

 それらの過去10年のこのレースでの成績は【2・1・0・0】と、連対率100%である。1着の該当馬は、2016年のケイティブレイブ、2021年のメイショウカズサ。2着の該当馬は、2018年のグリム。遡れば前記に該当していた2011年のシビルウォーが2着と好走していることからも、該当馬が出走していれば信頼できる。

 さらに同年のジャパンダートダービーの連対馬も、過去10年のこのレースでの成績は【2・1・0・0】と大活躍。1着の該当馬は、2016年のケイティブレイブ、2020年のダノンファラオ。2着の該当馬は、2017年のヒガシウィルウィン。遡れば2011年の3着馬ボレアスも前記に該当していたことから、これらも大いに信頼できる。

 その他、同年のハンデ戦を除く、ダ1800m以上の地方のjpnⅡ以上、中央のGⅢ以上を優勝している馬も、過去10年の成績は【0・5・3・0】と有力。2着の該当馬は、2016年のクリソライト、2017年のヒガシウィルウィン、2018年のグリム、2019年のアナザートゥルース、2020年のロードブレス。3着の該当馬は、2012年のランフォルセ、2017年のオールブラッシュ、2020年のウェスタールンド

 あとは同年の南関東のSⅠ重賞、大井記念か東京記念で3着以内だった馬も有力。過去10年では前走でJBCクラシックに出走していた馬は、2015年のユーロビートが9着、2019年のセンチュリオンが5着と崩れているが、JBCクラシックに出走していなかった馬に限れば【1・1・0・1】。1着の該当馬は2014年サミットストーン、2着の該当馬は2021年はタービュランス。

 唯一の4着馬以下馬は、2020年のタービュランスで4着だが、8番人気ながら勝ち馬と0.1秒差に善戦している。遡れば2011年にボランタスが4番人気で1着、2009年にはルースリンドが5番人気で2着と人気以上の好走を見せている。配当妙味も含めて、本命候補とするのもアリだろう。

 最後に穴馬候補を紹介しよう。このレースは前走で南関東のSⅡ重賞、マイルグランプリに出走していた馬が穴を開けている。2014年の2着馬グランディオーソ(5番人気)、2016年の3着馬ハッピースプリント(5番人気)ともに前記の条件を満たしていた。南関東はマイルのSⅠがないため、マイルグランプリはSⅡながら、地方の強豪が集うのが理由だろう。

 グランディオーソはそれまでダートグレードで連対実績がなかったが、同年の南関東重賞で2着以内の実績があり、前走のマイルグランプリでも連対していた。ハッピースプリントは前走のマイルグランプリで7着に敗れていたが、前年のかしわ記念と帝王賞3着馬であり、浦和記念も優勝していた。このことから前走のマイルグランプリで連対しているか、GⅠ、JpnⅠで3着以内もしくは、GⅡ、JpnⅡ勝ちが実績があることを条件で狙いたい。


 まとめるとこうなる!


 ●本命候補
 ・同年の古馬混合GⅠ、JpnⅠで3着以内の実績馬(前走着差1.7秒以内が条件)。
 ・同年の白山大賞典勝ちの実績を含めて、同年のダートグレードで2勝以上馬。
 ・同年のジャパンダートダービーの連対馬。
 ・同年のハンデ戦を除く、ダ1800m以上の地方のjpnⅡ以上、中央のjpnⅢ以上を優勝している馬。
 ・同年の南関東のSⅠ重賞、大井記念か東京記念で3着以内だった馬(前走でJBCクラシックに出走していないことが条件)。

 ●穴馬候補
 ・前走で同年のSⅡ・マイルグランプリに出走し、連対した馬。
 ・GⅠ、JpnⅠで3着以内もしくはGⅡ、JpnⅡ勝ちの実績がある前走、同年のマイルグランプリ出走馬。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年3月10日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年03月10日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(244)
閲覧 2,549ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、昇竜ステークス・ポラリスステークス・中山牝馬ステークス・東風ステークス・金鯱賞フィリーズレビュー・アネモネステークスの7レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年03月13日(土) 中京10R 昇竜ステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2018年以降)】
●2番手以内 [1-1-0-17](3着内率10.5%)
●3番手以下 [2-2-3-9](3着内率43.8%)
→どちらかと言えば差し有利。前走の4コーナーを2番手以内で通過した馬はあまり信頼できません。


▼2021年03月13日(土) 阪神11R ポラリスステークス
【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2017年以降)】
●着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内 [4-3-4-22](3着内率33.3%)
●着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.6秒以上 [0-1-0-28](3着内率3.4%)
→前走好走馬が強いレース。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内だったのは、アイオライトアポロビビタガノビューティーノーワンハヤブサレジェンドフィールドセンスの6頭だけです。


▼2021年03月13日(土) 中山11R ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス
【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2017年以降)】
●着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [3-4-4-20](3着内率35.5%)
●着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [1-0-0-28](3着内率3.4%)
→こちらも近年は前走好走馬が優勢。大敗直後の馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

フィールドセンスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 222ビュー コメント 0 ナイス 5

【最終予想】

グロリアムンディ 牡4 57 ムーア

ジュンライトボルト同様、ダートに路線変更後に能力を発揮してきた馬で、その戦績は4-1-0-0。

重賞勝ちこそまだないが、アンタレスSの強さは特筆ものとみている、最後方付近にいたカデナウェスタールンドが差してくるような流れを、好位の外から勝ちに行っての②着は立派、負けたのはオメガパフュームだけに、その価値は非常に高いとみます。

宝塚記念出走は不可解な選択も、テーオーケインズを逆転するとしたら、名手ムーア騎乗の彼しかいない。



○テーオケインズ 牡5 57 松山

共に切磋琢磨してきたオメガパフューム・チュウワウイザード不在なら実績は最上位、昨年圧勝した中京コースは、3-0-1-0と

大好物の舞台でもあり、人気でも逆らえない雰囲気だ。

ゴールドドリームクリソベリル・チュウワウイザードといった歴代名馬でも連覇はならなかった事や、前走でJBCクラシックを勝利した馬が0-1-0-6とデータ的には厳しいものがあるも、

データ派の方がたの票が入らなければ少しでもオッズがあがるというものだ。

データよりも厄介なのは、近走の彼は仕上がった状態からの二番は効かないという事だ。

昨年はJBCを叩いてチャンピオンズC快勝、今年に入ると、休み明け平安S快勝で次走帝王賞は④着、そして今回JBCを快勝してしまった事により、このチャンピオンズCでの二番・・不安材料ではある。

能力認めるも、今回は相手までとしたい。



ジュンライトボルト 牡5 57 石川

ダートに路線変更後は2-1-0-0、前走シリウスSで重賞制覇と、

まだ底を見せてない強さを感じるも、BSN賞・シリウスS共に差し勢に優位なレースになった事や、道中ストレスがかからない

位置取りでスムースな競馬しかしてこなかったという点に引っかかりを覚えるのも確か。

前走でも最内から馬群を縫うのに苦労していたハピに最後は追い詰められていた事もあり、更なるメンバー強化のGⅠレースで、

通用するのかは、まだ半身半疑というところ。

それでも、単穴評価にしたのは、下りながら四角に突入する中京コースで、彼のコーナー加速の凄さは大きな武器となる筈だと

確信しているからだ。



ハピ 牡3 56 横山典

後方一手の脚質だけに勝ち味に遅いが、常に上り上位の末脚で、

堅実な差し脚は脅威、馬群も苦にせず、内から差してこれる根性は過去に差して好走できたサウンドトゥルーウェスタールンドを彷彿させる。

有力馬が先行タイプなだけに、苦しくなったところを差してこれそうな展開にも恵まれそう。

やや使い詰めのローテは気になるも、連下候補には推しておきたい。

スマッシングハーツ 牡6 57 鮫島駿

ここ数戦、ずっと買いつづけているが、連続④着と馬券にはならず、歯がゆい思いをしているが、末脚の威力はこの相手でもヒケは取らず、全くの人気薄なら今回も流れ次第で馬券内突入もあり得る、同馬も内から差して来れるタイプ。



×クラウンプライド 牡3 56 福永

UAEダービーを勝利するなど、世代屈指の実力馬、2歳時には折り合いに苦労している場面も多々見られたが、夏を越しての成長か、福永騎手の手腕か、ここ2戦はそういった面はみせていない、先行出来る脚質も安定感があり、好走圏内にある馬だとは評価しています。

日本テレビ杯はフィールドセンスの鬼脚に屈するも、先行するサルサディオーネを早めに捉えにいく、勝ちに行ってのもので負けて強しの内容、JBCクラシックテーオーケインズに完敗も、

帝王賞メイショウハリオ浦和記念を先日勝ったクリノドラゴンを抑えており、対古馬という事での能力面の不安はない。

ただし、テーオーケインズを逆転するかというと、まだ難しく感じ、想定②人気だけに、あくまでも相手候補の一角という立ち位置で考えたい、想定②人気だけに、馬券的には彼とケインズの間に入ってくる馬に期待したいのが本音。

×シャマル 牡4 57 川田

スプリンターとみて軽視した南部杯③着には脱帽と称賛の思い、

レース振りも終始、好位の外を回るロスの多い競馬で最後まで差し脚を伸ばしていた事を考えると、後1ハロンの延長もこなしてくれるように思える。

ただ、脚抜きの良い馬場で直線平坦の盛岡マイルだった事が味方したとも考えられる・・、悩ましい存在だが地力強化は確かで、

能力通用の器、抑えるべきだろう。



【馬券考察】

断然人気のテーオーケインズを対抗にとどめたからには、波乱を視野に入れた馬券を買いたい。

勝負券種は三連複フォーメーションでケインズ馬券外にも対応しておきたい。

★三連複 ①⑫-①⑫⑤③④-①⑫⑤③④⑬⑩ 23点



【買いたくない馬】

危:ノットゥルノ 牡3 56 武豊

JDDを勝利し、春の世代王者に君臨した馬だが、不良馬場が大きく味方した感は否めない。

古馬との初対戦となった日本テレビ杯、サルサディオーネを負かしに行った敗戦という見方も出来るでしょうが、同じような位置にいたクラウンプライドとの実力差は歴然だったような気がする、ギガキングやマンガンにまで差された事も物足りない。

小回りの船橋コースが合わなかったのかもしれないが、芝で行われた中京でも惨敗と左回り自体にも不安があるのも事実。

鞍上がレジェンドに戻り、巻き返しを期待する向きもあろうが、

中京の左回りというコース不安と古馬との能力差が現状はあるであろうと判断。



危:バーデンヴァイラー 牡4 57 レーン

この人気でレーン騎乗なら美味しいと感じる方もいるであろうが、同馬の能力自体がGⅠレベルではないと認識しているのが本音。

マーキュリーCで重賞制覇しているも、相手はかなり微妙と言わざるを得ません、GⅠどころか、シリウスSアンタレスSの結果を考えても、中央重賞でも足りないレベルとみています。

 YASUの小心馬券 2022年11月28日(月) 14:35
YASUの小心馬券 【有力馬考察②:クラウンプライド】 チ...
閲覧 133ビュー コメント 0 ナイス 5

クラウンプライド 牡3 56 福永

UAEダービーを勝利するなど、世代屈指の実力馬、2歳時には折り合いに苦労している場面も多々見られたが、夏を越しての成長か、福永騎手の手腕か、ここ2戦はそういった面はみせていない、先行出来る脚質も安定感があり、好走圏内にある馬だと評価しています。



日本テレビ杯はフィールドセンスの鬼脚に屈するも、先行するサルサディオーネを早めに捉えにいく、勝ちに行ってのもので負けて強しの内容、JBCクラシックテーオーケインズに完敗も、

帝王賞メイショウハリオ浦和記念を先日勝ったクリノドラゴンを抑えており、対古馬という事での能力面の不安はない。



ただし、テーオーケインズを逆転するかというと、まだ難しく感じ、想定②人気だけに、あくまでも相手候補の一角という立ち位置で考えたい、現状、考えている印は連下、彼とケインズの間に入ってくる馬も視野に入れたい。

[もっと見る]

 ちびざる 2022年9月28日(水) 22:01
【交流重賞】日本テレビ盃(JpnⅡ)の結果
閲覧 301ビュー コメント 0 ナイス 23


1着:⑨フィールドセンス
2着:⑥クラウンプライド
3着:⑦サルサディオーネ



1着の⑨フィールドセンスは無印
2着の⑥クラウンプライドは▲
3着の⑦サルサディオーネは×

でした。


私の注目馬の③ノットゥルノは7着でした。


予想買い目は、

三連複フォーメーション
③⑫→⑥⑫→⑦⑩⑧①


でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○


私が注目馬の③ノットゥルノは7着でした。
スタートは五分に出ました。
道中は2番手を追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線では、既に手ごたえが怪しくなり、伸びきれず7着でした。
今回は、スタートから早めに番手からのレースだった分、脚が溜まりませんでしたね。
武豊騎手から松山騎手に乗り替わったのが裏目に出た感じでしょうか。
好位からレースをすればもう少し違った結果になったかもしれませんね。
次走で武豊騎手に手綱が戻った時に見直したいですね。

1着の⑨フィールドセンスについて。
スタートは五分に出ました。
道中はは好位を追走。
勝負所でもペースを上げて直線へ。
直線では、凄い脚で一気に差し切りました。
凄い脚でしたね。
上手く流れに乗って、脚もしっかり溜まっていましたね。
次走でもう一回見てみたいですね。

的中された方々、おめでとうございます。🎉

[もっと見る]

⇒もっと見る

フィールドセンスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月1日() 00:31:01
jack 安定、先行、
2:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年10月31日() 21:44:14
指数2.0
1:
  HELPRO   フォロワー:3人 2018年7月7日() 15:10:20
川田の騎乗に問題あり。
のほほんと追いかけて追い上げる格好だけ見せて福永に先を譲るというお粗末極まりない騎乗。
欧州に研修に行くらしいが、この調子ではラビットの練習に行くまでで終わるのが関の山。
どうせ外国かぶれで戻ってきて結局大した騎乗も出来ない事で終わる競馬学校らしいおさわり研修だろう。

フィールドセンスの写真

フィールドセンス

フィールドセンスの厩舎情報 VIP

2022年4月30日天王山ステークス8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フィールドセンスの取材メモ VIP

2021年5月29日 欅ステークス 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。