ディオスコリダー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2014年3月28日生
調教師高橋義忠(栗東)
馬主野嶋 祥二
生産者前谷 武志
生産地新ひだか町
戦績12戦[5-0-2-5]
総賞金9,941万円
収得賞金2,100万円
英字表記Dios Corrida
血統 カネヒキリ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ライフアウトゼア
エリモトゥデイ
血統 ][ 産駒 ]
ワイルドラッシュ
レースカム
兄弟 テイエムナナヒカリ
前走 2018/08/15 クラスターカップ G3
次走予定

ディオスコリダーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/08/15 盛岡 10 クラスターC G3 ダ1200 14--------4** 牡4 55.0 津村明秀高橋義忠494(--)1.10.0 0.9----オウケンビリーヴ
17/12/10 中山 11 カペラS G3 ダ1200 168166.641** 牡3 55.0 津村明秀高橋義忠496(-6)1.11.0 -0.136.6⑤⑦スノードラゴン
17/11/19 京都 12 西陣S 1600万下 ダ1200 165104.331** 牡3 56.0 R.ムーア高橋義忠502(0)1.10.5 -0.434.8⑧⑦オウケンビリーヴ
17/10/22 新潟 11 北陸S 1600万下 ダ1200 158152.613** 牡3 55.0 石橋脩高橋義忠502(+10)1.10.6 0.336.2ドリームドルチェ
17/08/19 新潟 10 苗場特別 1000万下 ダ1200 156114.311** 牡3 54.0 石橋脩高橋義忠492(-2)1.10.5 -0.336.3④④キタサンガンバ
17/07/30 新潟 10 岩室温泉特別 1000万下 ダ1200 1561111.023** 牡3 54.0 内田博幸高橋義忠494(--)1.10.9 0.136.8ストロングトリトン
17/03/25 アラ 6 ドバイGS G1 ダ1200 14--------11** 牡3 56.0 S.フォー高橋義忠--0000 ------マインドユアビスケッツ
17/03/04 アラ 2 マハブAS G3 ダ1200 9--------7** 牡3 55.0 A.アッゼ高橋義忠--0000 ------モラウィジ
16/12/24 中山 9 冬桜賞 500万下 ダ1200 1651018.181** 牡2 55.0 和田竜二高橋義忠498(+8)1.11.3 -0.237.3⑤⑤グッドヒューマー
16/10/01 阪神 9 ヤマボウシ賞 500万下 ダ1400 11674.234** 牡2 55.0 藤岡康太高橋義忠490(-2)1.26.1 1.139.6ネコワールド
16/08/13 小倉 9 フェニックス OP 芝1200 77713.355** 牡2 54.0 藤岡康太高橋義忠492(+12)1.10.7 1.337.4クインズサリナ
16/06/18 阪神 5 2歳新馬 ダ1200 158146.841** 牡2 51▲ 荻野極高橋義忠480(--)1.12.6 -0.437.0ミスミーチャン

ディオスコリダーの関連ニュース

 8月15日(水)の盛岡競馬10Rで行われた第23回クラスターカップ(交流GIII、3歳以上オープン、選定馬、グレード別定、ダート・左1200メートル、14頭立て、1着賞金=2300万円)は、北村友一騎手騎乗の3番人気オウケンビリーヴ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)が2番手追走から4コーナーでネロに並びかけ、直線の激しい競り合いを制して重賞初制覇を果たした。タイムは1分09秒1(良)。

 終始レースを引っ張ったネロ(4番人気)が最後に力尽きてクビ差の2着。さらに6馬身差の3着に4年連続の出走となった地元・岩手のラブバレット(2番人気)が入った。1番人気のディオスコリダーは4着。コパノマイケルは直線で落馬、競走を中止した。

 オウケンビリーヴは、父クロフネ、母ビスクドール、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、福井明氏の所有馬。通算成績は22戦6勝(うち地方2戦1勝)。重賞は初勝利。クラスターCは、安田隆行調教師、北村友一騎手ともに初勝利。

 ◆北村友一騎手「4コーナーを回るときの手応えがよかったのでかわせると思ったんですが、先頭に立って馬がソラを使ってしまった。それでもあきらめずに走ってくれました。状態の良さに加え、斤量52キロというのもよかったですね。このコースは広くて乗りやすい」

【クラスターカップ】JRA出走予定馬(8/9発表)2018年8月9日(木) 18:34

8月15日(水)、盛岡競馬場で行われるクラスターカップ(Jpn 3)のJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。(馬名・性齢・騎乗予定騎手・調教師)

オウケンビリーヴ 牝5 北村友一 安田隆行
コパノマイケル 牡5 田辺裕信 村山明
ディオスコリダー 牡4 津村明秀 高橋義忠
ネロ 牡7 吉原寛人(金沢) 森秀行
ブライトライン 牡9 石橋脩 鮫島一歩

(JRA発表)


================
地方競馬もウマニティにおまかせ!
================
最新ダートグレード競走のニュース・予想コラム・過去10年の結果・厳選予想家の無料予想・オッズ・結果(払戻)など情報満載!
ウマニティダートグレード特集

[もっと見る]

【クラスターC】JRA出走予定馬が発表2018年7月29日() 17:56

 8月15日(水)に盛岡競馬場で行われるクラスターカップのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が7月29日、発表された。



 「第23回クラスターカップ」(盛岡競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、グレード別定、ダート・左1200メートル)



【JRA所属の出走予定馬】5頭コパノマイケル(牡5歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ディオスコリダー(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎、騎手未定)ネロ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、吉原寛人騎手=金沢)ブライトライン(牡9歳、栗東・鮫島一歩厩舎、騎手未定)マテラスカイ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.オウケンビリーヴ2.サイタスリーレッド

[もっと見る]

【古馬次走報】ケイティブレイブ、チャンピオンズC目標 2018年6月29日(金) 05:02

 ★帝王賞2着ケイティブレイブ(栗・杉山、牡5)は放牧。秋はJBCクラシック(11月4日、京都、GI、ダ1900メートル)とチャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダ1800メートル)を目標に始動戦を検討。

 ★天皇賞・春12着のサトノクロニクル(栗・池江、牡4)と、僚馬で下鴨Sを勝ってオープン入りしたマウントゴールド(牡5)は、小倉記念(8月5日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 ★マーメイドS11着のエテルナミノル(栗・本田、牝5)は、四位騎手とのコンビで函館記念(7月15日、函館、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★葵S2着トゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡3)は、キーンランドC(8月26日、札幌、GIII、芝1200メートル)か北九州記念(同19日、小倉、GIII、芝1200メートル)が視野。

 ★昨年のカペラS1着から休養しているディオスコリダー(栗・高橋忠、牡4)は、NST賞(8月19日、新潟、OP、ダ1200メートル)かクラスターC(同15日、盛岡、交流GIII、ダ1200メートル)での復帰を視野に入れている。

 ★大沼S5着タムロミラクル(栗・西園、牡6)は、マリーンS(7月8日、函館、OP、ダ1700メートル)に進む。

[もっと見る]

ディオスコリダーが右中間手根骨を骨折 2018年3月9日(金) 16:05

 昨年12月のカペラS・GIIIの勝ち馬で、3月31日にドバイ・メイダン競馬場で行われるドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダート1200メートル)への招待を関係者が受諾していたディオスコリダー(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)が、右中間手根骨を骨折していたことが9日、JRAから発表された。休養期間は未定。

ディオスコリダーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ドバイシーマクラシック】モズカッチャンが招待受諾 2018年2月24日() 09:28

 ◎ドバイシーマクラシック(3月31日、GI、芝・左2410メートル、1着賞金360万米ドル=約3億8610万円)

モズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)

 3月31日(土)にUAE・ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップデー諸競走に選出され、関係者が招待を受諾した日本馬は、レイデオロドバイシーマクラシック)、ヴィブロスクロコスミアリアルスティールドバイターフ)、ディオスコリダードバイゴールデンシャヒーン)に次いで6頭目。



モズカッチャンの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディオスコリダーの関連コラム

閲覧 1,272ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年8月19日()の凄馬!>
極凄馬
小倉2R 2歳未勝利
タニノミステリー(+5.9)

超凄馬
札幌1R 2歳未勝利
ディバインブリーズ(+3.5)

超凄馬
新潟1R 2歳未勝利
ニシノラプランセス(+3.1)

超凄馬
札幌2R 2歳未勝利
ファストライフ(+3.0)

超凄馬
新潟10R 苗場特別
ディオスコリダー(+3.0)

超凄馬
札幌3R 3歳未勝利
メモリーフェイス(+2.6)

超凄馬
札幌8R 3歳以上500万以下
スズカロング(+2.5)

超凄馬
新潟12R 3歳以上500万以下
ケンコンイッテキ(+2.5)

超凄馬
小倉7R 3歳未勝利
キラーコンテンツ(+2.3)

超凄馬
小倉8R 3歳以上500万以下
ドライバーズハイ(+2.3)

超凄馬
新潟8R 3歳以上500万以下
スペリオルシチー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年8月20日、集計数:29,467レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月28日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/24~12/25)はははふほほほプロが回収率141%、収支プラス29万超!
閲覧 912ビュー コメント 0 ナイス 9

先週は25(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念サトノダイヤモンドが2.6倍で1番人気、2番人気がキタサンブラックで2.7倍、3番人気ゴールドアクター7.9倍、4番人気サウンズオブアース8.7倍とここまでが10倍を切って上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはムスカテールが出遅れますが、その他各馬はきれいな出だし。大方の予想通り中からマルターズアポジーが先頭に立ってホームストレッチに入ります。先頭はマルターズアポジーでリードは4馬身、2番手にキタサンブラック、そこから2馬身ほど間があいてゴールドアクターアドマイヤデウスサムソンズプライドマリアライトと続いて先行集団を形成。中団からはミッキークイーンヤマカツエースサトノダイヤモンドサウンズオブアースサトノノブレスシュヴァルグランアルバートと追走。後方からはデニムアンドルビームスカテールが並走してそこから3馬身ほど間があいて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒0(参考タイム)の平均的な流れ。向こう正面でサトノダイヤモンドがポジションを取りに行って3番手、キタサンブラックを見る形でレースを進めます。残り1000mを通過、ここでサトノノブレスが仕掛け気味に上がっていくとこれに反応したのがキタサンブラック、ここでペースが一気に上がって直線コースへ差し掛かります。マルターズアポジーを交わしたキタサンブラックが先頭、これに併せる形でゴールドアクター、その外にはサトノダイヤモンド、後続も差なく前の3頭を追います。
 
残り200mを通過、逃げるキタサンブラックゴールドアクターを突き放して逃げ込み態勢、直後のサトノダイヤモンドも追い込みますが、反応やや鈍くなかなか差を詰められません!
 
残り100m、坂を上がってゴールドアクターはやや一杯、キタサンブラックの粘り込み濃厚かと思われた直後、ここでサトノダイヤモンドがグングン加速!内キタサンブラック、外サトノダイヤモンド!1、2番人気馬による激しい叩き合いとなりましたが、僅かに外サトノダイヤモンドキタサンブラックをクビ差捉えて有馬記念を制しました!勝ちタイムは2分32秒6(良)。クビ差の2着にキタサンブラック、そこから半馬身差の3着にゴールドアクターが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか7名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
25(日)阪神12Rで『血統からは初ダートは望むところ。15日、21日と坂路で好調教連発。発馬を決めて逃げ~先行。一発あるならこの馬。』と狙った◎タガノエスプレッソ(43.5倍)の単複を仕留め、15万6600円を払い戻し!阪神7Rでは単勝28.7倍のサブトゥエンティの単複を仕留め、11万8200円を払い戻しました!この他にも24(土)中山3Rアダマンティン(19.7倍)、中山9Rディオスコリダー(18.1倍)など鋭い予想を3日間に渡り披露!週末トータル回収率141%、収支プラス29万4900円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
23(金)阪神4Rで『初戦は外に張って走っていたようで競馬がチグハグだった。チーク着用で改善されれば変わっても。』と狙った大穴マスターコード(78.4倍)を本命に抜擢!馬連289.8倍、ワイド68.4倍、複勝23.9倍を仕留めました!24(土)中山6Rでは◎サウンディングベルの単勝43.1倍、複勝8.5倍を的中!この他にも25(日)中山1Rリオファンク(42.7倍)、中山9RホープフルステークスG2の◎マイネルスフェーン(47.3倍)など穴の激走馬を次々と推奨!週末トータル回収率122%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
25(日)中山7Rで◎ステイブラビッシモ×ステイパーシスト×ブライトバローズの印で3連複1点勝負!34万9000円を払い戻しました!さらに中山10R有馬記念G1では◎サトノダイヤモンドキタサンブラックの馬連を1点勝負で仕留め、4万4000円の払い戻し!週末トータル回収率189%、収支プラス23万4340円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(日)阪神1Rで『硬さがありパワータイプ。条件替わりで良さが出そう。』と本命に推した◎アッティーヴォスマートニンバスの馬単21倍を2000円仕留め、4万2000円を払い戻し!中山2Rでは◎○の馬連13.8倍を2000円的中させ、2万7600円を払い戻しました!週末トータル回収率172%をマークしています。
 
この他にもKOMプロ(140%)、山崎エリカプロ(126%)、伊吹雅也プロ(120%)、kmプロ(119%)、ろいすプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、加藤拓プロ(100%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今年も1年間誠にありがとうございました!来年もウマニティ競馬プロ予想MAXをどうぞ宜しくお願い致します!

[もっと見る]

2016年12月7日(水) 12:15 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第8回 U指数で見る条件別高パフォーマンス馬
閲覧 3,402ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両GⅠの優勝馬が受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日~12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「GⅠの2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年10月4日(火) 00:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第7回 U指数から見た将来性の高い2歳馬Part2
閲覧 2,771ビュー コメント 0 ナイス 3

 今年も夏季競馬が終了して約1か月が経過。4回中山と4回阪神は2歳限定の重賞こそなかったものの、野路菊ステークス(2歳オープン・阪神芝1800m外)、ききょうステークス(2歳オープン・阪神芝1400m内)、芙蓉ステークス(2歳オープン・中山芝2000m内)、カンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)と計4鞍のオープン特別が施行されたうえ、いわゆる“POG本”で評判となった良血馬が続々とデビューを果たしました。
 だんだん各プレイヤーの明暗も分かれてきたところですが、GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは今週を含めて計3回の仮想オーナー募集枠開放があります。既にデビューした馬も追加指名できますし、どのプレイヤーもまだまだ上位進出は可能です。

 今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、将来性が高そうな2歳馬を紹介しましょう。以前の当コラムでも解説しましたが、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス」の7カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成しました。集計対象は2016年9月25日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースです。
 なお、「U指数」には早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が高い数値になりがちという傾向もあります。ランキングを参照する際は、日付にもご注目ください。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●8月7日 小倉06R メイショウルーシー 81.5
●7月31日 小倉06R カシノマスト 81.4
●7月2日 中京05R メイショウソウビ 81.4


<新馬/芝1500m以上>

●7月24日 中京05R クライムメジャー 81.7
●7月10日 函館05R タガノアシュラ 80.2
●7月24日 中京05R アドマイヤミヤビ 80.2
●8月21日 札幌05R ディープウォーリア 79.4
●8月6日 新潟05R サンライズソア 79.2
●6月19日 阪神05R エントリーチケット 78.9
●9月18日 阪神05R ワンダープチュック 78.7
●8月27日 新潟05R ルートディレクトリ 78.6
●8月27日 新潟05R リスグラシュー 78.6
●8月20日 札幌05R レッドアンシェル 78.6


<新馬/ダート>

●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1
●8月14日 新潟06R エピカリス 82.8
●9月17日 阪神06R ゲキリン 82.7
●7月31日 札幌06R ビーチマリカ 80.9
●6月18日 阪神05R ミスミーチャン 80.5
●9月17日 阪神06R セルリアンアラシ 80.1
●8月28日 札幌05R サリーバットマン 80.1
●9月24日 阪神06R コーカス 80.0
●9月17日 阪神06R タスクフォース 79.7
●9月4日 新潟06R サルタート 79.7


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●8月20日 札幌01R サクセスムーン 85.7
●8月21日 新潟01R ドウディ 85.7
●7月31日 小倉01R シゲルベンガルトラ 85.3
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●9月25日 阪神02R ミュークレックス 85.0
●8月21日 小倉01R ダノンチャンス 85.0
●8月28日 小倉01R ビーカーリー 84.9
●8月28日 小倉01R グランドガール 84.9


<未勝利/芝1500m以上>

●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●9月10日 阪神02R リスグラシュー 84.8
●9月10日 中山02R ハウメア 84.6
●9月24日 阪神01R アドマイヤミヤビ 84.5
●8月7日 新潟01R ジュニエーブル 84.5
●8月6日 小倉02R サマーサプライズ 84.4
●8月6日 小倉02R マイティドリーム 84.4
●8月6日 小倉02R ダノンオブザイヤー 84.4
●8月13日 新潟02R ジェードグリーン 84.4
●8月13日 新潟02R マイネルユニブラン 84.4


<未勝利/ダート>

●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●8月20日 小倉02R スターペスマリア 85.2
●8月6日 札幌01R ブランオラージュ 85.1
●8月6日 札幌01R エスシーエイト 85.1
●7月10日 福島01R ハシルキセキ 84.8
●7月16日 函館01R マンカストラップ 84.6
●8月20日 小倉02R ウイナーズロード 84.4
●8月6日 札幌01R ブキス 84.3


<500万下から上のクラス>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S モンドキャンノ 89.9
●8月28日 新潟11R 新潟2歳S ヴゼットジョリー 89.3
●9月3日 札幌11R 札幌2歳S トラスト 88.6
●9月4日 小倉11R 小倉2歳S ダイイチターミナル 88.6
●9月4日 札幌10R すずらん賞 リエノテソーロ 88.5
●8月27日 小倉09R ひまわり賞 カシノマスト 88.3
●7月24日 函館11R 函館2歳S タイムトリップ 87.8
●8月28日 新潟11R 新潟2歳S オーバースペック 87.8
●8月28日 新潟11R 新潟2歳S イブキ 87.8


 ちなみに、総合トップは小倉2歳ステークス(2歳GⅢ・小倉芝1200m)を制したレーヌミノルの99.0。2位が函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)を制したレヴァンテライオンの90.9ですから、完全にアタマひとつ抜けた数字と言っていいでしょう。次走以降のパフォーマンスが本当に楽しみです。
 
※次回のコラムは12/7(水)予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年8月2日(火) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第5回U指数から見た将来性の高い2歳馬
閲覧 2,052ビュー コメント 0 ナイス 12

 現2歳世代にとって最初のJRA重賞、7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)を制したのはレヴァンテライオン(Ghostly Darknessの2014)でした。筆頭オーナーであるmizumizuさん(スペシャル)、東風はるちゃんさん(GI)、ネーハイシーザーさん(GII)、じょーじDXさん(GIII)、2rakiさん(オープン)ほか計28名の皆様、おめでとうございます。
 ちなみに、仮想オーナー枠が1頭につき1枠しかない(=仮想オーナー募集枠の開放がない)スペシャルワールドのmizumizuさんは、第1回の入札で早々に同馬を確保。しかも、落札価格は募集価格と同額の120万PPだったんですよね。入札可能な頭数や金額に限りがある中、もっとも効率が良い形での“単独指名”に成功したわけで、相馬眼だけでなく戦略性においてもお見事というほかありません。私自身「これは気持ちイイだろうなぁ~」と羨ましく思いました(笑)。

 夏季競馬の後半戦に突入し、2歳戦はこれからますます熱を帯びてきます。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは今週を含めて計5回の仮想オーナー募集枠開放を残しており、手持ちの所有枠やPOGポイント次第ではどの馬も指名が可能。また、7月24日終了時点で既に722頭の馬がJRAのレースを使っていることから、今後は実戦を経験した馬たちの評価も重要なポイントになってくるでしょう。
 今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、将来性が高そうな2歳馬をピックアップしてみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月24日終了時点。以下同)。

●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S モンドキャンノ 89.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S タイムトリップ 87.8
●7月24日 函館11R 函館2歳S メローブリーズ 86.8
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●7月23日 中京09R 中京2歳S ディーパワンサ 85.8
●7月24日 函館11R 函館2歳S ドゥモワゼル 85.8
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●7月23日 中京09R 中京2歳S エントリーチケット 85.1

 ランクインした馬の大半は、7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)や7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)で好走した馬。集計期間中に施行されたオープンクラスのレースはこの2鞍だけなので、極めて順当な結果と言えます。
 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすいものです。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。これらの傾向も踏まえつつ、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。

 新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●7月24日 中京05R クライムメジャー 81.7
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●7月2日 中京05R メイショウソウビ 81.4
●6月18日 函館05R ザベストエバー 81.3
●6月19日 函館05R モンドキャンノ 81.1
●7月10日 中京05R ジューヌエコール 80.7
●7月2日 函館05R ガーシュウィン 80.4

 函館2歳ステークスで敗れてしまった馬も入っていますが、POG期間全体の番組体系から見れば時期的にも条件的にも特殊なレースだけに、この段階で見限るのは早計。血統的にも将来性が高そうなアエロリット(アステリックスの2014)、アンジュシャルマン(シーズアンの2014)、クライムメジャー(クライウィズジョイの2014)らを含め、引き続き注目しておくべきだと思います。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●7月2日 函館01R ラッシュアウト 83.1
●7月9日 中京01R マルモレイナ 82.7
●7月24日 函館01R ソレイユフルール 82.5
●7月24日 函館01R ウィンドライジズ 82.5
●7月17日 中京01R アカカ 82.4
●7月23日 中京01R ラヴィングアンサー 82.0
●7月17日 福島01R スズカゼ 82.0
●7月9日 中京01R シゲルベンガルトラ 81.6

 ダイイチターミナルベルグチケットの2014)やフクノクオリアハロースピードの2014)が勝ち上がったレースでマークした数値は、函館2歳ステークスの上位馬と比べても遜色ありません。そのフクノクオリアが函館2歳ステークスで11着に敗れているとはいえ、今後も出走するレースの条件次第では活躍を期待できるんじゃないでしょうか。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1
●6月18日 阪神05R ミスミーチャン 80.5
●6月18日 東京05R ネコワールド 79.6
●6月25日 函館06R オアシスクイーン 79.2
●7月16日 福島06R アイルキャッチユー 79.1
●7月16日 福島06R スマートニンバス 79.1
●6月18日 東京05R アフターバーナー 78.0
●6月25日 函館06R ララベスラーナ 77.6
●7月9日 中京06R フォーカード 77.5
●7月9日 中京06R クルークハイト 77.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●7月10日 福島01R ハシルキセキ 84.8
●7月16日 函館01R マンカストラップ 84.6
●7月24日 中京01R アードラー 84.3
●7月16日 函館01R ブキス 83.8
●7月16日 函館01R セラミスト 82.2
●7月10日 福島01R シャインヴィットゥ 79.2
●7月24日 中京01R エッシャー 78.4
●7月16日 函館01R アスターメープル 78.2
●7月10日 福島01R シンボリスーマラン 77.9

 芝を主戦場としている馬に比べると注目度は低いと思いますが、その分だけ落札しやすいわけですし、血統背景などから大化けが期待できそうであれば、これから入札する価値は十分にあるはずです。
 
 
※次回のコラムは9/6(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ディオスコリダーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 33ビュー コメント 2 ナイス 8

※交流重賞の結果のみ。

1着:④オウケンビリーヴ
2着:⑨ネロ
3着:⑤ラブバレット



1着の④オウケンビリーヴは〇
2着の⑨ネロは▲
3着の⑤ラブバレットは△

でした。

私の注目馬の⑩ディオスコリダーは4着でした。

予想買い目は、
単勝
 ⑨
3連複フォーメーション
⑩→④⑨⑤→⑤⑦⑫
馬単マルチ
⑩⇔④

予想はハズレでした。_| ̄|○


映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の⑩ディオスコリダーは4着でした。
骨折休養明けでしたが、その割には、大きく馬体重も増えておらず、
何とか態勢が整ったところだったと思います。
次走は期待できそうですね。


1着の④オウケンビリーヴは、内枠と斤量52キロを生かしました。
2着との差はクビですので、斤量の差は大きかったと思います。
それでもおの勝ちは大きいと思います、
前走のスパーキングレディーカップは2着でした。重賞勝ちまであと一歩でした。
今回は牝馬限定戦ではなく牡馬混合の交流重賞を勝ったので、
今後のレース選択の幅も増えたと思います。

2着の⑨ネロは、惜しいレースでしたね。
昨日までは、本命にしようと思っていましたが
馬体重が、マイナス11キロで評価を下げました。
しかし、関係なかったですね。(笑)
3着に6馬身離しているので、今回は斤量差で負けたで良いと思います。
JBCスプリントに向けては良いスタートだったと思います。


3着の⑤ラブバレットは、頑張りましたね。
夏負けしてしているとのことでしたが、状態は今一つだったと思います。
そんな中で3着を確保したわけですから、価値があります。
2着からは、6馬身と離されましたが、4着の⑩ディオスコリダーを負かしたわけですから
凄い馬です。



的中された方、おめでとうございます。

 ちびざる 2018年8月14日(火) 20:36
【交流重賞】クラスターカップ(JpnⅢ)の注目馬
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 3

明日は、交流重賞のサマーチャンピオンが行われます。


私が注目している馬は、

⑩ディオスコリダー

です。

骨折休養明けが気になりますが
短距離戦なら、能力があればいきなり好勝負も可能かと思います。
枠順もちょうどよいところが当たりました。
問題は、骨折休養明けで馬体重がどれほどで出てくるかですね。


地方馬で注目しているのは

ラブバレット

ですね。

北海道スプリントでも2着と好走しましたし。ダート千二ならまだ力は健在だと思います。
地方の星として輝いてほしいですね。
このメンバーなら勝ってもおかしくないと思いますが、
あとは状態だけですね。どんな状態で出走してくるのか。
楽しみにしたいですね。

[もっと見る]

 激闘競馬野郎【穴馬探 2018年8月14日(火) 20:06
クラスターカップ(盛岡交流重賞) 注目馬
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 5

クラスターカップは盛岡1200で行われるレースで強い逃げ馬が勝つ傾向にあるレースです。
今年の時計的にはサマーチャンピオンよりも低調。大波乱も警戒しなければ行けないかもしれません。

前日の1番人気はどうやら、ネロ。確かに地方短距離の交流重賞では結果を残してきた馬です。
ただ、この馬は時計と言う意味で相当心配です。私的には評価を落としたい所です。

前日2番人気のラブバレットは時計はありますが、前走内容がこの日の全体時計を見ても時計がかかる水沢競馬の中でも相当早い時計だったので、そこが心配です。
地方競馬で厳しい競馬をしなかった馬は自走で走らなくなる傾向があります。今回当てはまってしまったので、判断的に厳しい視線を向けてしまいます。

☆注目馬
・ディオスコリダー

前日オッズは4番人気ですが、恐らく1番人気か2番人気にはなりそうだと感じています。
展開的には差し馬不利と言われているクラスターカップでは厳しいレースになるかもしれません。
カペラSで見せた末脚は本物ではないでしょうか。

以上です。
本日もありがとうございました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディオスコリダーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  花太郎18   フォロワー:164人 2017年1月7日() 18:47:01
H28年12月23日(祝)
スピードセンス抜群で距離短縮歓迎。
3:
  蒼天雄飛   フォロワー:5人 2016年10月1日() 05:20:43
ダートに戻って本領発揮。期待してるよ!!
2:
  蒼天雄飛   フォロワー:5人 2016年8月12日(金) 05:54:43
フェニックス賞 メイショウポーラが勝ち上がっていった小倉芝1200m
U指数も連対確率高い「SS」…あっさり連勝の期待が膨らみます。

⇒もっと見る

ディオスコリダーの写真

投稿写真はありません。

ディオスコリダーの厩舎情報 VIP

2017年12月10日カペラステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディオスコリダーの取材メモ VIP

2017年12月10日 カペラステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。