ボンセルヴィーソ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ボンセルヴィーソ
ボンセルヴィーソ
ボンセルヴィーソ
ボンセルヴィーソ
ボンセルヴィーソ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2014年3月8日生
調教師池添学(栗東)
馬主名古屋友豊 株式会社
生産者白井牧場
生産地日高町
戦績29戦[3-4-7-15]
総賞金18,225万円
収得賞金3,250万円
英字表記Bom Servico
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
バイモユリ
血統 ][ 産駒 ]
サクラローレル
リュバンドール
兄弟 クリスマスマーベルノヴェルデザイン
前走 2020/05/31 安土城ステークス (L)
次走予定

ボンセルヴィーソの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/31 京都 10 安土城S (L) 芝1400 17367.433** 牡6 55.0 太宰啓介池添学488(+8)1.21.4 0.134.4エントシャイデン
20/04/04 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 163551.6132** 牡6 54.0 木幡巧也池添学480(+2)1.33.1 0.335.4④⑧⑤クルーガー
20/03/15 中山 10 東風S (L) 芝1600 16597.7312** 牡6 56.0 石橋脩池添学478(0)1.35.5 1.437.7ストーミーシー
20/01/11 京都 11 淀短距離S (L) 芝1200 153410.655** 牡6 56.0 太宰啓介池添学478(0)1.09.9 0.334.6⑧⑧アイラブテーラー
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 184783.7143** 牡6 54.0 太宰啓介池添学478(+6)1.34.4 0.435.3サウンドキアラ
19/11/24 京都 10 渡月橋S 3勝クラス 芝1400 10895.831** 牡5 57.0 松山弘平池添学472(+2)1.21.1 -0.234.7キアロスクーロ
19/10/27 東京 10 紅葉S 3勝クラス 芝1600 92221.665** 牡5 56.0 木幡巧也池添学470(0)1.33.1 1.136.0レッドヴェイロン
19/08/10 新潟 11 新潟日報賞 3勝クラス 芝1400 1871322.41012** 牡5 56.0 木幡巧也池添学470(-2)1.21.0 0.935.3⑦⑦ジョイフル
19/04/28 東京 10 晩春S 1600万下 芝1400 10334.726** 牡5 56.0 石橋脩池添学472(-6)1.20.2 0.733.9ラヴィングアンサー
19/04/07 阪神 10 大―ハンC 1600万下 芝1400 12558.6412** 牡5 56.0 松山弘平池添学478(+4)1.21.6 1.136.5トゥザクラウン
19/02/11 東京 10 雲雀S 1600万下 芝1400 13578.242** 牡5 56.0 福永祐一池添学474(-10)1.20.7 0.033.3キャナルストリート
19/01/20 京都 11 石清水S 1600万下 芝1400 148145.245** 牡5 57.0 松山弘平池添学484(+16)1.22.7 0.536.1タイムトリップ
18/10/28 京都 12 3歳以上1000万下 芝1400 13693.921** 牡4 57.0 松山弘平池添学468(-2)1.22.0 -0.634.3ラヴィングアンサー
18/10/06 京都 10 久多特別 1000万下 芝1400 11664.023** 牡4 57.0 松山弘平池添学470(+6)1.21.8 0.234.5カイザーバル
18/06/30 中京 10 知多特別 1000万下 芝1400 157127.034** 牡4 57.0 鮫島克駿池添学464(-6)1.20.1 0.233.9タイキサターン
18/06/16 阪神 9 小豆島特別 1000万下 芝1600 9335.534** 牡4 57.0 松山弘平池添学470(0)1.32.5 0.533.9エイシンティンクル
18/05/27 京都 10 安土城S OP 芝1400 172317.263** 牡4 54.0 菱田裕二池添学470(+2)1.20.7 0.033.4ダイメイフジ
18/04/29 新潟 11 谷川岳S OP 芝1600 1661214.577** 牡4 56.0 菱田裕二池添学468(-10)1.33.2 0.735.5④④スターオブペルシャ
17/12/09 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 135646.1913** 牡3 55.0 四位洋文池添学478(+16)1.34.1 0.935.0レッドアンシェル
17/10/01 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 13574.8212** 牡3 54.0 松山弘平池添学462(0)1.33.9 0.934.8⑤⑤ムーンクレスト

⇒もっと見る


ボンセルヴィーソの関連ニュース

京都10R・安土城ステークス(3回京都12日目 京都競馬場  芝・右外1400m サラ系4歳以上オープン)は、1番手4番エントシャイデン(単勝18.0倍/9番人気)、2番手3番グランドロワ(単勝57.7倍/15番人気)、3番手6番ボンセルヴィーソ(単勝7.4倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-4(392.3倍) 馬単4-3(723.0倍) 3連複3-4-6(672.4倍) 3連単4-3-6(5532.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020053108031210
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

【古馬次走報】ワグネリアン&マカヒキ宝塚記念を視野 2020年4月9日(木) 04:46

 ★栗東・友道厩舎の日本ダービー馬で大阪杯5着ワグネリアン(牡5)、11着マカヒキ(牡7)は、宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)を視野に入れる。

 ★阪神大賞典5着メロディーレーン(栗・森田、牝4)は、天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す。

 ★高松宮記念7着セイウンコウセイ(美・上原、牡7)は、京王杯SC(5月16日、東京、GII、芝1400メートル)。年内で引退し、来春から種牡馬となる予定。

 ★ダービー卿CT2着ボンセルヴィーソ(栗・池添学、牡6)は、安土城S(5月31日、京都、L、芝1400メートル)に進む。3着レイエンダ(美・藤沢和、牡5)は、放牧を挟んでエプソムC(6月14日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★京都大賞典12着のあと休養しているエアウィンザー(栗・角居、牡6)は、新潟大賞典(5月10日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰する。鞍上は三浦騎手。

 ★阪急杯2着フィアーノロマーノ(栗・高野、牡6)は、マイラーズC(26日、京都、GII、芝1600メートル)に向かう。

  ★難波S1着セラピア(栗・藤岡、牝4)は、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)に直行する。

 ★千葉S3着シュウジ(栗・須貝、牡7)は、ルメール騎手で京葉S(19日、中山、L、ダ1200メートル)に進む。11着ヒザクリゲ(栗・牧浦、牝5)は、栗東S(5月17日、京都、L、ダ1400メートル)へ。

 ★京都金杯18着ハッピーグリン(栗・森、牡5)は、天皇賞・春に向かう。

[もっと見る]

【ダービーCT】8歳クルーガー、4年ぶりV 2020年4月5日() 05:04

 ダービー卿チャレンジトロフィー(芝1600メートル)が4日、中山競馬場で16頭によって争われ、石橋騎乗で4番人気のクルーガーが好位から抜け出して2馬身差で快勝。4年ぶり2度目の重賞勝ちを飾った。2着は13番人気の伏兵ボンセルヴィーソ。ハナ差3着がレイエンダで、1番人気プリモシーンは5着に終わった。

 長い苦難の道を経て、8歳馬が鮮やかな復活劇だ。4番人気のクルーガーが、好位追走から直線で抜け出して2馬身差の完勝。2016年のマイラーズC以来、約4年ぶりに勝利の美酒を味わった。

 「返し馬で初めて感触を確かめたけど、いい馬だと思いました。直線で進路があいてからの伸びはすごかったですね」

 端正な顔をほころばせたのは前日の3日に36歳になったばかりの石橋騎手。自ら最高の形でバースデーを祝った。(4)番の好枠を生かして好位を進み、ハイペースに巻き込まれないように「無理にはついていかなかった」という好判断。「前にいる人気馬の動き次第かな…と思ったので、慌てずに」運んで、最後の伸びを引き出した。

 デビュー当初から素質の高さで評判を呼んでいた逸材だが、故障で長期休養が相次いだ。昨年はオーストラリアに2度遠征。GIクイーンエリザベスSではGI25連勝の名牝ウィンクスの2着に健闘したが、勝ち星からは遠ざかっていた。

 「オーストラリアに行って、目に見えて変わったということはないですが、精神的にどっしりしてきたし、普段扱っていても8歳なのかな、というほど」

 昨年のフィアーノロマーノに続く連覇を飾った高野調教師は、ベテランの頑張りに最敬礼。「とはいえ、8歳ですから。ダメージをしっかり取って、今後のことは考えたい」と、次走は明言を避けたが、勝利の味を思い出したのは大きい。完全復活を果たした古豪が、マイル路線に新たな風を巻き起こす。 (柴田章利)

クルーガー 父キングカメハメハ、母アディクティド、母の父ディクタット。黒鹿毛の牡8歳。栗東・高野友和厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績26戦6勝。獲得賞金2億7225万1000円(うち海外7215万5000円)。重賞は2016年GIIマイラーズCに次いで2勝目。ダービー卿CTは高野友和調教師が19年フィアーノロマーノに次いで2勝目。石橋脩騎手は12年ガルボに次いで2勝目。馬名は「賢者(ドイツ語)。賢い競走馬に育ってほしいと願いをこめて」。

★4日中山11R「ダービー卿CT」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ダービーCT】レースを終えて…関係者談話 2020年4月5日() 05:03

 ◆木幡巧騎手(ボンセルヴィーソ2着)「2走前(淀短距離S5着)に脚を使えていたので、道中はためて乗った。4コーナーもうまくさばけたし、最後もしっかり脚を使ってくれた」

 ◆丸山騎手(レイエンダ3着)「周りが速かったので後ろからだったが、馬混みでもハミを取って集中できていた。追ってからもしっかりと脚を使って、収穫のあるレースだった」

 ◆津村騎手(ケイアイノーテック4着)「ゲートを出てから進みが悪く、3~4コーナーでもズブかったが、最後の1ハロンでまた来た。能力は上位なので気持ちの問題でしょう」

 ◆田辺騎手(ドーヴァー6着)「ペースが速くていいポジションが取れなかったが、切り替えてインからスムーズに上がっていった。流れひとつでいい競馬になるよ」

★4日中山11R「ダービー卿CT」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ダービーCT】13番人気ボンセルヴィーソが低評価覆し2着 木幡巧「道中はためて乗った」 2020年4月4日() 18:21

 4月4日の中山11Rで行われた第52回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、石橋脩騎手騎乗の4番人気クルーガー(牡8歳、栗東・高野友和厩舎)が快勝。タイムは1分32秒8(良)。



 13番人気の伏兵ボンセルヴィーソが低評価覆し2着に激走。スタートをきっちりと決めると、先行集団を見る絶好の位置をキープ。勝負どころで進出を開始すると、直線では鞍上の左ムチに応え懸命に脚を伸ばし勝ち馬には2馬身届かずも、レイエンダとの接戦の2着争いをハナ差制した。



 木幡巧也騎手「2走前(淀短距離S5着)に脚を使えていたので、道中はためて乗った。4コーナーもうまくさばけたし、最後もしっかり脚を使ってくれた」



★【ダービー卿CT】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダービーCT】レイエンダ接戦の2着争いにハナ差及ばず3着 丸山「収穫のあるレースだった」 2020年4月4日() 18:20

 4月4日の中山11Rで行われた第52回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、石橋脩騎手騎乗の4番人気クルーガー(牡8歳、栗東・高野友和厩舎)が快勝。タイムは1分32秒8(良)。



 ダービー馬レイデオロの全弟レイエンダは、上々のスタートから中団インでロスなくレースを進めると直線、じっくりとためた脚を一気に爆発させるもボンセルヴィーソとの接戦の2着争いにハナ差及ばず、悔しい3着となった。



 丸山元気騎手「周りが速かったので後ろからだったが、馬混みでもハミを取って集中できていた。追ってからもしっかりと脚を使って収穫のあるレースだった」



★【ダービー卿CT】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボンセルヴィーソの関連コラム

閲覧 1,453ビュー コメント 1 ナイス 5

東西金杯からスタートした2020年の中央競馬は、中山金杯をトリオンフが、京都金杯をサウンドキアラが制した。中山金杯はトリオンフ以下、2着は先行したウインイクシード、3着には最内枠の11番人気テリトーリアルが入線し3連複は2万馬券。京都金杯も2着には内枠のダイアトニック、3着には2番手から粘った14番人気のボンセルヴィーソが入線し、3連複は2万馬券。東西ともに内枠先行有利の決着での幕開けとなった。

現代競馬における定番ともなっているイン有利の先行決着だが、昨年はとりわけ中山競馬場でその形が増えていた。有馬記念こそ厳しい流れになり差しが届いたが、それ以外の重賞レースでは軒並み内枠勢が活躍。2019年の中山芝重賞における1枠(白帽子)の馬の3着内率は実に35.3%と3回に1回は馬券に絡んでおり、単複ともに回収率は100%を超えていた。

実は中山芝自体は2014年の馬場改修以降、むしろ外が有利になるケースが増えていた。だが昨年はその傾向が一転し、再びかつてのように内有利の決着が目立った。ちなみに1枠が活躍した一方、昨年の中山芝重賞における8枠の馬の3着内率は14.6%、複勝回収率も48%と低調だった。

現状の中山芝は迷ったらインを買え…が長期的に見れば正解となる。中山金杯の決着もそれを証明するものだった。


~クラシックでも注目したい今週末の出走馬

さて、今週末は年明け早々の3日間開催。重賞は日曜日にシンザン記念、月曜日にフェアリーSと、注目の3歳重賞が2レース行われる。

シンザン記念は、かつてはまだ裏路線のイメージも強かったが、近年は様相が一変。2012年にはジェンティルドンナシンザン記念制覇をキッカケに牝馬3冠に輝いたほか、なんといっても一昨年はアーモンドアイが勝利。その後桜花賞に直行し牝馬3冠、さらに現役最強馬へと上り詰めた。トライアルを使って本番…という常識が覆されつつある昨今の傾向からも、より一層シンザン記念の注目度は増してきている。

今年の注目馬はサンクテュエールルーツドールの牝馬2頭。ともにスケールは重賞級で、ココの内容次第では上記の2頭同様に大舞台での活躍も期待できそうだ。器用さと立ち回りならサンクテュエール、不器用だがスケールに溢れるのがルーツドールという感じなので、あとは週末の馬場を見て見極めたい。

一方、フェアリーSはトリッキーな中山マイルが舞台。こちらは今でもやや裏街道のイメージも強いが、今年は注目の素質馬が出走してきた。その馬こそ、アヌラーダプラ。デビューから2戦2勝、昨年の当コラムでも名前を挙げたことがあるがとにかく折り合いやレースセンス、そして追っての良さともに申し分なく、その実力は阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬を凌ぐ可能性もある。ココでの内容次第では桜花賞の主役へと浮上するかもしれないので、レースぶりに注目したい。もっとも枠順次第で難しい競馬になりかねない舞台なので、馬券的な扱いは枠順が出ないと何とも言えないが、本馬の走り次第では、フェアリーSの価値も今後は大きく向上するかもしれない。

いずれにしても3日間は長いので、あまり焦らず、勝負どころを見極めて臨みたい。今さら言うまでもないが、競馬は毎週やって来る。したがってあれもこれもと目の前のレースを思い付きで買うのではなく、ある程度事前に計画を立てて、しっかり予想して臨むことが大事になる。

というわけで、今年も競馬の予想や回顧のみならず競馬にまつわる様々な事象を取り上げて行きたいと思うので、1年間よろしくお願いいたします。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月10日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/5~1/6)KOMプロが東西金杯を◎テリトーリアル、◎ボンセルヴィーソでゲット! nigeプロは5週連続、スガダイプロは開催8日間連続プラスを記録
閲覧 742ビュー コメント 0 ナイス 4


 
5(日)に行われたG3中山金杯、G3京都金杯ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
中山1R3歳未勝利でいきなりの◎トーレスデルパイネ(複勝5760円)的中、11万5200円払戻しの好発進を決めた2020年初日、その勢いのままに両メイン的中を達成。まず、G3中山金杯を「相手なりに走れるタイプ。人気を落とした今回、狙い目」の◎テリトーリアルから計6万8950円払戻しとすると、G3京都金杯は「3歳時には、G1含む重賞で上位の馬。スピード上位で馬場が味方」とした◎ボンセルヴィーソから計11万3600円のスマッシュヒット。6(月)も京都1R3歳未勝利での7万1100円払戻しなどをマークし、2日間トータルで回収率152%、収支17万8700円(提供計38R)のハイパフォーマンスを披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
5(日)京都8R4歳上2勝クラスでの◎△○で挨拶代わりの的中スタートを決めると、立て続けに中山9R招福S○◎、京都10R門松S○▲△的中のダート3連勝を決め、初日から大幅プラス発進!翌6(月)には中山10RジュニアC的中などを披露し、週末トータル回収率は、前週ほぼ同水準の254%をマークしトップに。これで5週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(月)中山4R3歳新馬での○◎▲的中、中山5R3歳未勝利での▲◎○的中、中山8R4歳上1勝クラスでの○◎▲的中等、高精度予想を多数披露した先週は、トータル回収率133%を達成。2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
5(日)中山10RサンライズSの◎○▲パーフェクト的中、G3京都金杯サウンドキアラ的中、京都12R4歳上2勝クラス○◎▲的中などで初日プラスを記録すると、6(月)は序盤に京都1R3歳未勝利などを含む5連続的中をマーク!好調モードを継続させ、週間トータル回収率125%で終えています。これで、昨年12/8(日)から続く連続開催日プラスを「8」に伸ばし、4週連続週末プラスとしています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(121%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(106%)、馬っしぐらプロ(103%)、サラマッポプロ(102%)、織本一極プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月11日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第311回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~デイリー杯2歳S G2
閲覧 921ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「デイリー杯2歳S G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フロンティア1頭。
第2グループ(黄)は、メガリージョン1頭。
第3グループ(薄黄)は、ロードイヒラニから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒシコスマーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間の4.8ポイント差がまず目立ち、以降にも1.0ポイント以上の比較的大きな開きがいくつか見られるバラついた配置となっています。しかし、これはいつも言うようにこの時期の2歳重賞で、特に前走クラス(新馬~重賞)による指数差が大きく影響しているケースも多分に含まれてのもの。今回大きく跳ね上げる、前走(内容)が指数以上に評価できる、今回展開が有利に働きそう、......などの馬たちには特に注意が必要なレースと言えるでしょう。

この時期に移ってからのここ3年のデイリー杯2歳SをU指数的に振り返ると、京都コースでの指数上位馬の好走が毎年みられ、やはりある程度はコース実績というものが重要に映ります(昨年穴を開けたボンセルヴィーソも、前走でメンバー中上位のコース指数をマークしていました)。
素直に入れば今年は○メガリージョンということになるのでしょうが、少し捻って今回の私の本命は◎カツジとしました。新馬上がりの馬ではありますが、前走の新馬戦でマークした指数はまずまずで、馬場状態の差こそあれど○メガリージョンの新馬戦とほぼ同等のもの。それでいて、派手な勝ち方ではなく、重馬場で時計的に目立たない新馬戦経由である分、指数的にも高評価にはならず、人気もそこそこに止まってくれないかと期待。前走は、タフな馬場で行われたデビュー戦を馬群から差し切るハイセンスな内容でしたし、良馬場での時計短縮も母がスピード満点という血統構成から問題ないとみています。加えて、このレースでも、また先週までの京都1600mでも、3代内父系にGrey Sovereign持ち(もしくはBold Ruler持ち)の馬の好走が毎レースみられている点も合いそうです。勝率としては過去10年でトップの前走・新馬戦組から◎カツジの勝ち切りに期待します。
メガリージョンは、初戦~2戦目と引っ掛かるところを見せており、その点が気掛かりで2番手評価に。ただ鞍上も強化されますし、人気妙味という意味でおそらく◎カツジとは差が付くだろうとみて本命◎は譲ったものの甲乙つけがたい存在の対抗視。
以下、抜けた総合トップ評価の▲フロンティア、休み明けでも状態良さそうな☆ケイアイノーテックあたりを上位に取り、今回の私の馬券は◎○からの3単で勝負とします。


【3単フォーメーション】
◎→○→印
8→4→1,2,3,5,6(5点)
◎→印→○
8→1,2,3,5,6→4(5点)
○→◎→印
4→8→1,2,3,5,6(5点)

計15点

[もっと見る]

2017年9月11日(月) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/9~9/10)単勝251倍ゲットの馬券生活プロ、好調山崎エリカプロらが大幅プラスをマーク!
閲覧 1,493ビュー コメント 0 ナイス 11



先週は、9(土)に中山競馬場でG3紫苑Sが、10(日)に阪神競馬場でG2セントウルS、中山競馬場でG3京成杯AHがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑Sは、ミッシングリンクがハナを奪ってゆったりとしたペースで向う正面へ。1番人気ディアドラ、2番人気ルヴォワールは揃って中団後方を追走して先頭までは7~8馬身ほど。3コーナーを迎え各馬鞍上の手が動き出し、後方各馬は外を回すようにして進出を開始し、人気の2頭もこの一角。迎えた直線で中団から進めた6番人気カリビアンゴールドが早めに抜け出しを図ると、これを追って迫ったのはポールヴァンドルと大外を回したディアドラの2頭でした。ゴール前、この3頭が横一線となる中、最後は1番人気ディアドラが外からねじ伏せるように差し切って重賞初V。ハナ差の2着にはカリビアンゴールドが入り、そこからハナ差の3着に4番人気ポールヴァンドルと続き、この3頭が秋華賞への優先出走権を手に入れています。 
公認プロ予想家では夢月プロきいいろプロイータン育成プロほか計16名が的中しています。
 
G2セントウルSは、ファインニードルを外から交わしてフィドゥーシアが先頭に立って3コーナーへ。外から、ラヴァーズポイントアルティマブラッドといった先行馬が直線入り口で仕掛け始めると、インの3番手で脚を溜めていた1番人気ファインニードルは、フィドゥーシアの外に進路を選択して満を持して追い出しを開始。直線半ばを過ぎてファインニードルが一歩抜け出し、後続からはインを突いてラインミーティア、外を通ってはダンスディレクターあたりが伸びてきますが、1馬身1/4差をつけてファインニードルがこれを制して重賞初制覇。2着には6番人気ラインミーティア、そこからクビ差の3着には4番人気のダンスディレクターが入っています。
 公認プロ予想家では、おかべプロ河内一秀プロほか計5名が的中しています。
 
G3京成杯AHは、58キロのトップハンデを背負った2番人気マルターズアポジーがここも果敢に逃げる一方、1番人気グランシルクは好発を決めるもなだめて徐々に中団に下げ、3コーナーへ。依然、マルターズアポジーのリードは1馬身ほど。好位勢からボンセルヴィーソウインフルブルームロサギガンティアあたりが進出を開始すると、その直後から外を回してダノンリバティとここにグランシルクの態勢で直線を迎えます。前を行くマルターズアポジーに、力強い末脚で一完歩ごとに詰め寄るグランシルク。結局、残り100mで完全に交わし去ったグランシルクが人気に応えて重賞初勝利をあげています。1馬身3/4馬身差の2着には後方からグランシルクの後を伸びた11番人気ガリバルディが入り、そこからクビ差の3着には6番人気ダノンリバティが入っています。
 公認プロ予想家では、サウスプロほか計6名が的中しています。
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
9(土)阪神1Rで、単勝251.4倍◎ブルベアジネンジョの単勝1点勝負でいきなりの125万7000円払戻し!他にも、阪神12Rで◎マイネルアトゥーの単勝22.3倍など的中をみせた先週は、週末トータル回収率658%、収支117万880円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
10(日)の中山9Rで◎パルティトゥーラ-○コートシャルマンの本線的中を披露し、14万9600円払戻しのスマッシュヒット!他にも、9(土)阪神12R、10(日)中山10Rなど、高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率293%、収支19万3650円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
9(土)中山12Rで3連単11万7200円払戻しのスマッシュヒットを記録!
 
☆☆☆注目プロ →イータン育成プロ
9(土)は勝負レース指定のG3紫苑Sでの○▲◎的中を含め、4戦4勝の好調予想を披露。週末トータルでは、回収率152%を達成しています。
 
 
この他にも、岡村信将プロ(108%)、加藤拓プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)、夢月プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年5月10日(水) 18:38 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/6~5/7)岡村信将プロが安定感抜群の予想で的中ラッシュ!
閲覧 1,684ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、7(日)に東京競馬場でG1NHKマイルカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
1番人気はカラクレナイで5.0倍、2番人気がアエロリットで5.8倍、続いてモンドキャンノ6.3倍、アウトライアーズ7.7倍とここまで10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートはアエロリットが絶好のスタートを切りますが、内からボンセルヴィーソがこれを制して先頭に立ちます。先頭はボンセルヴィーソでリードは1馬身、2番手に早めの競馬を選択したモンドキャンノ、続いてディバインコードトラストアエロリットプラチナヴォイスと先団を形成。中団からはタイムトリップリエノテソーロタイムトリップカラクレナイオールザゴーレッドアンシェルと中団を形成。後方からはジョーストリクトリミスエルテアウトライアーズタイセイスターリーキョウヘイと続いて最後方にナイトバナレットの態勢。
  
前半の600m通過は34秒5(参考)の平均ペース。ボンセルヴィーソが先頭で直線コースへ差し掛かります。逃げるボンセルヴィーソのリードは1馬身、後続からは内目からモンドキャンノ、中からトラストディバインコード、外からはアエロリットが追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで逃げるボンセルヴィーソに並びかけたアエロリット、外目からはリエノテソーロが追い込んで3頭が抜け出す形!残り100m、ここでボンセルヴィーソを交わして単独先頭に躍り出たアエロリットはさらに加速!ゴール前まで力強い末脚を見せ、懸命に追い込むリエノテソーロを振り切って優勝しました!勝ちタイムは1分32秒3(良)。1馬身半差の2着にリエノテソーロ、そこから2馬身半差の3着にボンセルヴィーソが入っています。
 
公認プロ予想家ではマカロニスタンダーズプロ山崎エリカプロスガダイプロ河内一秀プロが的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
新潟の勝負レースに選んだ6(土)新潟7Rで◎ナミノリゴリラの単勝を5900円的中!4万2480円を払い戻しました!また、東京の勝負レースに選んだ東京6Rでも◎ノワールギャルソン(3.6倍)の単勝を仕留めました!この他にも京都8Rで6万8140円、7(日)京都10Rで6万5270円払い戻しなど高精度予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率129%、的中率76%、収支プラス9万5440円をマークしました!
  
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
7(日)東京11RNHKマイルカップを◎アエロリットで的中!6(土)東京10Rでは◎シルクドリーマー(単勝48.8倍)からの馬連80.2倍、複勝7.6倍を仕留め、2万3680円を払い戻しました!この他にも京都7Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露するなど的中を重ね、週末トータル回収率115%、収支プラス3万5920円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
6(土)東京10Rで『前走・金鯱賞は、よくありがちな二走ボケパターン。放牧で立て直されての一戦。巻き返しが期待できる』と本命に推した◎ヴォルシェーヴと▲シルクドリーマーの馬連80.4倍を2000円的中させ、16万800円を払い戻しました!週末トータル回収率176%、収支プラス7万6800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
7(日)京都5Rで◎タガノポムルウォーターマーズミキノトランペットの3連複16倍を1点勝負1万円で仕留め、16万円を払い戻しました!週末トータル回収率157%、収支プラス10万6000円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
 
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年5月10日(水) 11:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/6~5/7の結果(NHKマイルカップ・京都新聞杯)
閲覧 1,024ビュー コメント 0 ナイス 1

5月7日(日)に行われました東京11Rの「NHKマイルカップ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲アエロリット(5.8倍)
2着:総合ポイント【13位】リエノテソーロ(37.5倍)
3着:総合ポイント【7位】△ボンセルヴィーソ(14.4倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアエロリットが1着、第4グループ・総合ポイント13位のリエノテソーロが2着、第3グループ・総合ポイント7位のボンセルヴィーソが3着という結果でした。

予想通りの高速決着となり、持ちタイム+上がり上位馬を狙うという予想コンセプトまでは良かったのですが、リエノテソーロが上がり最速を出すとは(+_+)
素直に持ちタイム1位のアエロリット本命が正解でしたね。うーん、競馬は難しい。

【3連複1頭軸ながし】
3

1,4,5,6,7,8,16,18

計28点 払い戻し0円


続いて5月6日(土)に行われました京都11Rの「京都新聞杯G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】▲プラチナムバレット(4.2倍)
2着:総合ポイント【3位】△サトノクロニクル(3.9倍)
3着:総合ポイント【5位】◎ダノンディスタンス(17.9倍)

第1グループ・総合ポイント2位のプラチナムバレットが1着、第2グループ・総合ポイント3位のサトノクロニクルが2着、第3グループ・総合ポイント5位のダノンディスタンスが3着という結果でした。

大逃げ(のように映った)ウインベラシアスの刻んだラップが前半1000m62.1秒(◎_◎;)!流れが落ち着くといっても、これはやり過ぎです。予想編にも書いた通り、この展開で▲プラチナムバレットにやられるのは納得の結果で、むしろ◎ダノンディスタンスは3着に残せたことに驚きでした(まあ、この馬が2番手でペースを落としていたので今回の“戦犯”でもあると思うんですが......苦笑)。しかし、◎(3着)○(4着)からの馬連勝負にしているあたり、この日私の予想の10/36Rで発症した◎4着病が伝染してしまったとしか考えられません。負のオーラ半端なくて、申し訳ありません(;_;)


【馬連フォーメーション】
◎○=印
2,5=2,3,4,5,11,12(9点)

計9点 払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボンセルヴィーソの口コミ


口コミ一覧
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 4

《今週の推奨馬》

★土曜日・阪神9R・三木特別(3歳以上2勝クラス芝1800m)
・ティグラーシャ
前走は京都芝2000mの御室特別で3着に惜敗したが、今回の阪神芝1800mは前々走まで現級で2戦連続2着を含め[1.3.0.0]の連対率100%で最も得意にしている。
コース替わりと距離短縮で勝ち負け必至。

★日曜日・東京9R・ホンコンJCT(3歳以上2勝クラス芝2000m)
・ガロシェ
前走は昇級初戦で今回と同じ府中芝2000mのテレ玉杯をクビ差2着に好走。
状態が良く引き続き同じ舞台なら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・京都10R・東大路S
13着ウラノメトリア

★日曜日・東京9R・薫風S
1着サンチェサピーク
単勝190円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[14.7.3.24]
勝率・0.291
連対率・0.437
複勝率・0.500

単複回収率(48戦)
単勝・69.3%(3330円)
複勝・60.2%(2890円)
総合・64.7%

《先週の重賞レース◎成績》

★葵S
9着ビップウインク

★日本ダービー(GⅠ)
1着コントレイル
単勝140円
複勝110円

★目黒記念(GⅡ)
6着オセアグレイト

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔12.7.6.35〕
勝率・0.200
連対率・0.316
複勝率・0.416

単複回収率(60戦)
単勝・45.6%(2740円)
複勝・55.5%(3330円)
総合・50.5%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★欅S
7着ホウショウナウ

★安土城S
3着ボンセルヴィーソ
複勝260円

成績・[15.6.14.32]
勝率・0.223
連対率・0.313
複勝率・0.522

単複回収率(67戦)
単勝・62.2%(4170円)
複勝・82.9%(5560円)
総合・72.6%

 しんすけ48 2020年5月31日() 08:33
興杼特別&むらさき賞&安土城ステークス&朱雀ステークス
閲覧 69ビュー コメント 3 ナイス 24

モーニン♪

今日はお祭りなんで6鞍購入しまっせ!

祭りだワッショイ(^^♪

京都9R 興杼特別

◎⑦シャンパンクーペ
△③クリノカポネ
△④ダノンスプレンダー
△⑥スズカフロンティア
△⑧ダンツキャッスル
△⑨スピンドクター

枠連④ー④と馬連⑦ー③・④・⑧・⑨への5点。

良馬場の長距離ダートでは崩れてないね。乗り慣れた中井騎手になるのも好材料!

東京10R むらさき賞

◎①ロフティフレーズ
△⑥アストラサンタン
△⑦ダイワメモリー
△⑨スパイラルダイブ
△⑬ルーカス
△⑭ウインガナドル

馬連①ー⑥・⑦・⑨・⑬・⑭への5点。

道悪の重賞だった2走前で崩れた以外は安定して走れてる。

京都10R 安土城ステークス

◎⑪リバティハイツ
△③グランドロワ
△⑥ボンセルヴィーソ
△⑩ドナウデルタ
△⑬アマルフィコースト
△⑰プールヴィル

馬連⑪ー③・⑥・⑩・⑬・⑰への5点。

前走で出して行った事が今回に活きて来そう。出来も良さそうなんで一発無いかな?

京都12R 朱雀ステークス

◎⑮ショウナンタイガ
△②ミッキースピリット
△④ブライティアレディ
△⑬メモリーコロネット
△⑭スターリーステージ
△⑯タマモメイトウ

馬連⑮ー②・④・⑬・⑭・⑯への5点。

千四だった前2走は参考外。平坦千二に替わっての変わり身に期待。

今日はここまでよぉ~。

ラーメン才遊記やアシガールに出てる黒島結菜ちゃんは可愛くて声が良いね。

[もっと見る]

 ターフィーTD 2020年5月30日() 19:17
タフィスポ(日本ダービー特別号)
閲覧 262ビュー コメント 1 ナイス 10

5月31日(日)東京・京都
【春のGⅠレース展望】

東京11R日本ダービー
◎12.サリオス  18.5
○5.コントレイル  18
▲3.ワーケア  17
△2.アルジャンナ  15.5
△14.マイラプソディ  15.5
△1.サトノインプレッサ  14.5
△17.ヴァルコス  14

【見解】出走18頭中13頭が皐月賞組。レース結果から大勢は決している感はあるが、「舞台変わり」と「距離延長」で着順の入れ替わりは十分に考えられる。特に、その1、2着馬は正反対のレースぶり。距離ロスを覚悟で大外を回って差し切ったレース覇者(コントレイル)と、馬場の悪い内から前に迫る競馬を披露した2着馬(サリオス)との着差は半馬身(コンマ0.1秒)。勝負付けは済んでいない。
 ◎サリオスは1年前の新馬戦開幕ウィ―クの東京で、レーンを背に鮮烈なデビュー勝ちを果たした。続く、10月のサウジアラビアRCもレコード快勝と左回りのこの舞台での適性は高い。小回りの中山でも器用に立ち回るレース巧者ぶりで接戦に持ち込んだが、より実力が問われる東京でこそ能力全開だろう。また、父ハーツクライも東京2400mの以前のレコードタイム(2.22.1)で走破した実績があり、血統面からもここは歓迎と見る。○コントレイルが前走のように馬群の外を回る“横綱競馬”を図るようなことがあれば、十分に逆転が可能だ。
 ダークホースは▲ワーケア。こちらも昨年6月東京でのデビュー勝ち。そのときの2馬身半差の2着はウインカーネリアンだ。ホープフルSでは上位2頭と着差の開いた3着だが、道中のロスやコース適性などを加味するとまだ見限れない。

【買い目】
単勝◎=1点
三連単マルチ◎↔○▲△△△△=90点

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【その他勝負レース】
東京12R目黒記念
◎1.タイセイトレイル  19.5
・4.アイスバブル  19.5
・16.オセアグレイト  19.5
・5.キングオブコージ  18.5
・17.ボスジラ  18.5
・9.サトノクロニクル  18
・14.パリンジェネシス  17.5

京都10R安土城S
◎6.ボンセルヴィーソ  23.5
・3.グランドロワ  22
・1.アンコールプリュ  21.5
・2.ロケット  21
・4.エントシャイデン  21
・10.ドナウデルタ  20.5
・5.ラセット  20

以上

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボンセルヴィーソの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ボンセルヴィーソの写真

ボンセルヴィーソの厩舎情報 VIP

2020年5月31日安土城ステークス (L)3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ボンセルヴィーソの取材メモ VIP

2020年4月4日 ダービー卿チャレンジ G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。