トリオンフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トリオンフ
トリオンフ
トリオンフ
トリオンフ
トリオンフ
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2014年4月21日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主有限会社 桑田牧場
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績18戦[7-5-0-6]
総賞金22,624万円
収得賞金7,925万円
英字表記Triomphe
血統 タートルボウル
血統 ][ 産駒 ]
Dyhim Diamond
Clara Bow
メジロトンキニーズ
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
メジロクロヒメ
兄弟 アルファライズシルクリバー
前走 2020/01/05 日刊スポ賞中山金杯 G3
次走予定

トリオンフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 17474.321** セ6 58.0 M.デムー須貝尚介554(+4)1.59.5 -0.035.6ウインイクシード
19/11/30 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 126719.982** セ5 56.0 岩田康誠須貝尚介550(+18)1.59.1 0.034.4ロードマイウェイ
18/08/05 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 128113.311** セ4 57.0 武豊須貝尚介532(+2)1.56.9 -0.533.5サトノクロニクル
18/06/02 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 11222.812** セ4 56.0 C.ルメー須貝尚介530(+4)1.57.3 0.134.8⑤⑤⑤④ストロングタイタン
18/05/06 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 165103.014** セ4 57.0 松田大作須貝尚介526(-6)2.00.2 0.233.0スズカデヴィアス
18/04/01 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 165919.478** セ4 57.0 田辺裕信須貝尚介532(0)1.59.2 1.035.0⑬⑬⑤スワーヴリチャード
18/02/18 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 167132.311** セ4 54.0 川田将雅須貝尚介532(-8)1.46.1 -0.434.2⑥⑤クインズミラーグロ
18/01/07 京都 10 寿ステークス 1600万下 芝2000 9774.131** セ4 56.0 川田将雅須貝尚介540(+6)1.59.1 -0.634.8エアウィンザー
17/11/18 京都 8 3歳以上1000万下 芝2000 10444.221** セ3 55.0 C.デムー須貝尚介534(0)2.02.8 -0.634.2エアウィンザー
17/11/03 京都 9 近江特別 1000万下 芝1800 13227.942** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介534(+24)1.47.7 0.235.6ナリタエイト
17/09/03 小倉 9 若戸大橋特別 500万下 芝1800 118103.521** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介510(0)1.48.3 -0.135.2④④エルビッシュ
17/08/13 小倉 9 筑後川特別 500万下 芝1800 13442.112** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介510(-2)1.48.1 0.034.2⑦⑦④セイントバローズ
17/06/25 阪神 8 城崎特別 500万下 芝1800 10444.134** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介512(-2)1.48.0 0.233.9⑨⑩ラヴアンドドラゴン
17/06/10 阪神 12 3歳以上500万下 芝1800 11335.632** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介514(-2)1.45.8 0.033.5ロードプレミアム
17/05/28 京都 11 白藤賞 500万下 芝1600 154658.6124** セ3 56.0 和田竜二須貝尚介516(-18)1.33.9 0.434.1⑦⑨ラプソディーア
17/02/12 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 85551.377** 牡3 56.0 川田将雅須貝尚介534(+10)1.37.4 1.236.1⑤⑤マイスタイル
16/09/03 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 134411.9611** 牡2 54.0 浜中俊須貝尚介524(+4)1.51.5 1.636.2⑫⑬⑬⑬トラスト
16/07/17 函館 5 2歳新馬 芝1800 9118.941** 牡2 54.0 浜中俊須貝尚介520(--)1.52.4 -0.134.8ボナパルト

トリオンフの関連ニュース

 今年の中山金杯・GIIIなど重賞3勝をマークしたトリオンフ(セン6歳、栗東・須貝尚介厩舎)が23日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道虻田郡洞爺湖町のレイクヴィラファームで乗馬となる予定。

 同馬はJRA通算18戦7勝、JRA獲得賞金2億2624万2000円(付加賞含む)。父タートルボウル、母メジロトンキニーズ、母の父ダンスインザダークという血統で、2018年には小倉大賞典小倉記念(ともにGIII)を制している。

トリオンフの競走成績はこちら

美浦に拠点移動のデムーロ、重賞2勝目に闘志 2020年1月17日(金) 05:02

 中山金杯をトリオンフで制したミルコ・デムーロ騎手(41)=栗・フリー=は、ヴィアメント京成杯に挑む。先週から美浦トレセンに拠点を移し、都内のマンションから調教に通う毎日だ。「楽しいね。追い切りは普段(騎手が乗ると馬のテンションが上がるので)あまり乗れないんだけど、やっぱり乗ってみたい、と乗せてもらっています。時計が少し速かったり、遅かったりして怒られる(笑)。でも、刺激は多いね」と意欲的だ。

 11日が41歳の誕生日だったが、「3日間開催は0勝だったから…。今週こそはという気持ち」と意気込む。初コンビのヴィアメントには1週前追いに騎乗。「状態は良さそう。前走は道悪でも最後まで頑張っていたね。(前走で騎乗した)デットーリ騎手にも“すごくいい馬”と聞いた。あとはレース映像を見て勉強します」。徐々に生活のリズムにも乗ってきたミルコが、今年の重賞2勝目を狙う。

[もっと見る]

【シンザン記念】カバジェーロ好気配!坂路4ハロン56秒2 2020年1月9日(木) 05:12

 シンザン記念に向けてカバジェーロが8日、全休明けの栗東トレセンで追い切られた。不良馬場のなか、坂路の併せ馬で4ハロン56秒2-13秒5。併走馬に1馬身先着し、好気配をアピールだ。1戦1勝、未知の魅力で重賞Vを目指す。

 土砂降りのなか、素軽いフットワークで急勾配を駆け上がった。1戦1勝のカバジェーロが力強く先着。橋口調教師が満足げな表情でうなずいた。

 「間隔も詰まっているので、終始、馬なりでしたが、追っていればはじけていたでしょうね。今は本当に集中して走れています。きょうの(重たい)馬場でも楽に走れていました」

 前夜から降り続いた雨の影響で、渋った坂路を苦にすることはなかった。ラスト2ハロンあたりからニシノシロフネ(3歳未勝利)とびっしりと併せ馬。一杯に追われる僚馬を尻目に馬なりでフィニッシュだ。4ハロン56秒2-13秒5と時計は地味でも、スピード感ある走り。余裕の1馬身先着は状態の良さをうかがわせるには十分すぎる内容だった。

 新馬戦(阪神芝1400メートル)は、スタートを決めて、スッと2番手を確保。直線では、逃げ馬をきっちりとかわして初勝利を挙げた。着差は頭差でも、先行しながら上がり3ハロン34秒8をマークするなどレースセンスの高さを披露。師は「いい位置をすぐ取れたし、追っての反応もよかったですね」と合格点を与える。

 母の父は2日に死んだダンスインザダーク。これは、中山金杯を制したトリオンフと同じで、2週連続重賞Vの期待も高まる。「見た目は脚もスラっとして、短距離馬っぽくない。(母の父の)影響を感じさせますね」とトレーナー。「気性の良さは父ロードカナロアから。父、母の父、両方からいいところを引き継いでいるかもしれませんね」と続けた。

 1戦1勝のロードカナロア産駒は、昨年の勝ち馬ヴァルディゼールと同じ。「一本調子のタイプじゃないし、1600メートルへの距離延長もいいと思います」と橋口調教師はまとめた。一昨年は、アーモンドアイが、このレースをステップに大出世。カバジェーロも登竜門から出世街道を突き進む。(山口大輝)



シンザン記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】サウンドキアラ、京都牝馬Sへ 2020年1月9日(木) 05:00

 ★京都金杯を制したサウンドキアラ(栗・安達、牝5)、引き続き松山騎手で京都牝馬S(2月22日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。今春はヴィクトリアM(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)が最大目標。7着ドーヴァー(美・伊藤圭、牡7)は、東京新聞杯(2月9日、東京、GIII、芝1600メートル)を視野に。14着マルターズアポジー(美・堀井、牡8)は中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)へ。16着メイショウショウブ(栗・池添兼、牝4)も京都牝馬Sへ。

 ★中山金杯を勝ったトリオンフ(栗・須貝、セン6)は、中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)が有力。2着ウインイクシード(美・鈴木伸、牡6)は、小倉大賞典(2月23日、小倉、GIII、芝1800メートル)、金鯱賞(3月15日、中京、GII、芝2000メートル)などを視野に。5着マイネルハニー(美・栗田、牡7)は、白富士S(2月1日、東京、L、芝2000メートル)へ。9着アンノートル(美・田中博、牡6)、15着タニノフランケル(栗・角居、牡5)は、小倉大賞典へ。

 ★チャンピオンズC14着ワイドファラオ(栗・角居、牡4)は、根岸S(2月2日、東京、GIII、ダ1400メートル)からフェブラリーS(2月23日、東京、GI、ダ1600メートル)。僚馬でオクトーバーS7着サトノワルキューレ(牝5)は白富士Sへ。

 ★南部杯2着後放牧へ出ているアルクトス(美・栗田、牡5)は来週帰厩し、フェブラリーSに向かう。

 ★フェアウェルSを勝ったジャスパープリンス(栗・森、牡5)は、ドバイゴールデンシャヒーン(3月28日、メイダン、GI、ダ1200メートル)に登録する。

[もっと見る]

【古馬次走報】トリオンフは中山記念へ 2020年1月8日(水) 10:44

 中山金杯を勝ったトリオンフ中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)に向かうことが有力だ。須貝調教師は「脚元は大丈夫。小倉大賞典だと斤量を背負うからね。距離が1ハロン短くなっても問題ない」と語った。



トリオンフの競走成績はこちら

[もっと見る]

【日刊中山金杯】“復活”ミルコでトリオンフV 2020年1月6日(月) 05:05

 中山金杯が5日、中山競馬場で17頭によって争われ、2番人気のトリオンフが2番手から抜け出して重賞3勝目を挙げた。ミルコ・デムーロ騎手は、三浦騎手の落馬で急きょ回ってきたチャンスをきっちりと生かした。2着はウインイクシードで、1番人気のクレッシェンドラヴは7着に敗れた。

 人馬ともに完全復活の2020年へ-。寒風を切り裂き、熱い思いを込めた左ステッキがうなった。“代打”のミルコ・デムーロ騎手が、トリオンフを3つ目の重賞タイトルへと導いた。

 「コーセー・ミウラはかわいそう。けががないといいね。馬は良かったし、(今年)最初の重賞を勝つことができてうれしい」

 7Rで落馬負傷した三浦騎手に代わって急きょの騎乗。前任者を気遣いつつ、率直に喜びを口にした。わずかな時間で須貝調教師と打ち合わせを行い、「ワンペースな馬だから早めに追い出した方がいい」と特徴を確認。早々に逃げ馬をかわして先頭に立ち、後続の追撃を振り切った。

 「持久戦になると強い馬。(トップハンデの)58キロが微妙にどうかと思っていたが、ミルコが理想的な競馬をしてくれた」と指揮官。一昨年の小倉記念V後、屈腱炎に見舞われて1年以上の休養を余儀なくされたが、見事によみがえった。「あとは脚元がどうかだけ。そこさえどうもなければ、もっと上を目指してやっていきたい」。今後も中距離路線で目が離せない存在になりそうだ。

 昨年、通年免許取得後で最少のJRA91勝に終わった鞍上は、東京大賞典オメガパフューム)に続く2週連続での重賞制覇。昨年5月のオークスラヴズオンリーユー)以来となる14年連続でのJRA重賞Vを飾り、にわかに逆襲ムードを高めている。年初から美浦を拠点にしているのも新たなチャレンジのひとつ。「(昨年は)ボクも苦しかった。もっとうまいジョッキーになりたい。もうちょっと勝ちたい。もうちょっと頑張りたい」。勝利の味を思い出しただて男は、貪欲に次のビッグタイトルを追い求める。 (漆山貴禎)

トリオンフ 父タートルボウル、母メジロトンキニーズ、母の父ダンスインザダーク。黒鹿毛のセン6歳。栗東・須貝尚介厩舎所属。北海道洞爺湖町・レイクヴィラファームの生産馬。馬主は(有)桑田牧場。戦績18戦7勝。獲得賞金2億2624万2000円。重賞は2018年GIII小倉大賞典、GIII小倉記念に次いで3勝目。中山金杯は須貝尚介調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「凱旋(仏語)」。



★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリオンフの関連コラム

閲覧 1,409ビュー コメント 1 ナイス 5

東西金杯からスタートした2020年の中央競馬は、中山金杯をトリオンフが、京都金杯をサウンドキアラが制した。中山金杯はトリオンフ以下、2着は先行したウインイクシード、3着には最内枠の11番人気テリトーリアルが入線し3連複は2万馬券。京都金杯も2着には内枠のダイアトニック、3着には2番手から粘った14番人気のボンセルヴィーソが入線し、3連複は2万馬券。東西ともに内枠先行有利の決着での幕開けとなった。

現代競馬における定番ともなっているイン有利の先行決着だが、昨年はとりわけ中山競馬場でその形が増えていた。有馬記念こそ厳しい流れになり差しが届いたが、それ以外の重賞レースでは軒並み内枠勢が活躍。2019年の中山芝重賞における1枠(白帽子)の馬の3着内率は実に35.3%と3回に1回は馬券に絡んでおり、単複ともに回収率は100%を超えていた。

実は中山芝自体は2014年の馬場改修以降、むしろ外が有利になるケースが増えていた。だが昨年はその傾向が一転し、再びかつてのように内有利の決着が目立った。ちなみに1枠が活躍した一方、昨年の中山芝重賞における8枠の馬の3着内率は14.6%、複勝回収率も48%と低調だった。

現状の中山芝は迷ったらインを買え…が長期的に見れば正解となる。中山金杯の決着もそれを証明するものだった。


~クラシックでも注目したい今週末の出走馬

さて、今週末は年明け早々の3日間開催。重賞は日曜日にシンザン記念、月曜日にフェアリーSと、注目の3歳重賞が2レース行われる。

シンザン記念は、かつてはまだ裏路線のイメージも強かったが、近年は様相が一変。2012年にはジェンティルドンナシンザン記念制覇をキッカケに牝馬3冠に輝いたほか、なんといっても一昨年はアーモンドアイが勝利。その後桜花賞に直行し牝馬3冠、さらに現役最強馬へと上り詰めた。トライアルを使って本番…という常識が覆されつつある昨今の傾向からも、より一層シンザン記念の注目度は増してきている。

今年の注目馬はサンクテュエールルーツドールの牝馬2頭。ともにスケールは重賞級で、ココの内容次第では上記の2頭同様に大舞台での活躍も期待できそうだ。器用さと立ち回りならサンクテュエール、不器用だがスケールに溢れるのがルーツドールという感じなので、あとは週末の馬場を見て見極めたい。

一方、フェアリーSはトリッキーな中山マイルが舞台。こちらは今でもやや裏街道のイメージも強いが、今年は注目の素質馬が出走してきた。その馬こそ、アヌラーダプラ。デビューから2戦2勝、昨年の当コラムでも名前を挙げたことがあるがとにかく折り合いやレースセンス、そして追っての良さともに申し分なく、その実力は阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬を凌ぐ可能性もある。ココでの内容次第では桜花賞の主役へと浮上するかもしれないので、レースぶりに注目したい。もっとも枠順次第で難しい競馬になりかねない舞台なので、馬券的な扱いは枠順が出ないと何とも言えないが、本馬の走り次第では、フェアリーSの価値も今後は大きく向上するかもしれない。

いずれにしても3日間は長いので、あまり焦らず、勝負どころを見極めて臨みたい。今さら言うまでもないが、競馬は毎週やって来る。したがってあれもこれもと目の前のレースを思い付きで買うのではなく、ある程度事前に計画を立てて、しっかり予想して臨むことが大事になる。

というわけで、今年も競馬の予想や回顧のみならず競馬にまつわる様々な事象を取り上げて行きたいと思うので、1年間よろしくお願いいたします。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月6日(月) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/4~8/5)G3レパードS◎△的中計13万超払戻しの山崎エリカプロが土日回収率トップ!
閲覧 1,390ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、5(日)に小倉競馬場でG3小倉記念が、新潟競馬場でG3レパードSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3小倉記念は、マウントゴールドが逃げて前半1000mを1分ちょうどで通過する流れ。1番人気トリオンフは終始2番手でぴったりマークする形で運びます。押さえ切れないといった感じの手応えで、3コーナーあたりから徐々にハナを窺うと、そのままトリオンフが堂々の先頭に立って直線へ。2番手で依然粘りを見せるマウントゴールドに対し、好位勢からはサトノクロニクルエーティーサンダーが3、4番手の位置から追い上げます。しかし、単独先頭に立ってからも、楽々と後続をちぎる横綱競馬を見せたトリオンフが、3馬身をつけゴール。1分56秒9のコースレコードのおまけ付きで、重賞2勝目を飾っています。2着には2番人気サトノクロニクルが浮上し、クビ差の3着に5番人気マウントゴールドが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ☆まんでがんプロ河内一秀プロマカロニスタンダーズプロ他、計15名が的中しています。
 
G3レパードSは、5番人気グリムが引っ張る展開。最後方からとなった1番人気グレートタイムをはじめ、上位人気各馬は4番人気アルクトスを除き、軒並み中団~後方にかけての追走となります。向こう正面を通過し、後方勢が徐々に押上げを開始。3、4コーナーにかけて馬群が徐々に凝縮していきながらの展開となりますが、先団はグリムフロリアヌスビッグスモーキーの態勢変わらずのままで直線へ。グリムを追って、外から9番人気ビッグスモーキーが浮上し、これに外から被せるように10番人気ヒラボクラターシュも進出をみせ、2、3番手争いに加わってきます。残り100mを過ぎて、真ん中ビッグスモーキーは苦しくなって後退。依然先頭で逃げ込みを計るグリムに、ヒラボクラターシュが勢いよく馬体を並べますが、最後はグリムがクビ差振り切ってV。2着ヒラボクラターシュから3馬身差の3着には、粘り込んだビッグスモーキーが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ山崎エリカプロ夢月プロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロくりーくプロら6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)のG3レパードSで、◎グリムから馬連231倍を含む計13万6,500円払戻しのスマッシュヒットを披露!この他にも、先週は4(土)札幌12Rや、5(日)札幌9Rなどで的中を披露し、土日2日間トータル回収率はトップの229%、収支は14万1,960円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
4(土)の小倉7Rで◎プリズマティコの単勝1万円1点勝負的中を披露!37万3,000円払戻しのビッグヒットを記録しています。5(日)にも札幌1R札幌4Rなどで活躍をみせ、新潟メインG3レパードSでも◎グリム推奨で的中!前週に続き快進撃をみせた先週はトータル回収率143%、収支25万590円の大幅プラスを記録。2週連続の週末プラス達成となりました。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(土)の札幌3Rでは◎リーゼントアイリス(単勝74.3倍)の予想を披露し、10万5,300円を払戻し。さらに、5(日)には札幌10Rの◎セイカエドミザカ(単勝139.9倍)単複的中をはじめ、小倉7R新潟10R新潟12Rなど好調予想を連発!週末2日間のトータルでは、回収率203%、収支21万7,140円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)札幌6R小倉11Rの的中等でこの日のプラスを決めると、5(日)には小倉8Rなどで好調予想を披露。土日2日間のトータルで回収率104%をマークし、これで3週連続の週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →“帰ってきた”凄馬勝子プロ
大波乱となった5(日)札幌4Rで、印を打った5頭中4頭による1~4着(×△◎▲)決着で的中。単勝17.7倍→同98.0倍→同11.6倍の3連複1656.4倍×400円分など、総払戻し95万6,500円のホームランとなりました。週末2日間トータルでは、回収率190%、収支58万1,800円プラスの好成績をマークしています。2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、マカロニスタンダーズプロ(144%)、豚ミンCプロ(143%)、はははふほほほプロ(122%)、セイリュウ1号プロ(121%)、スガダイプロ(108%)、河内一秀プロ(105%)、おかべプロ(101%←5週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年8月6日(月) 17:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~運用回顧~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(小倉記念 G3)
閲覧 474ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。ウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想をお届けしている当コラム。本日は先週の運用結果を振り返っていきたいと思います。

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

早速ですが、先週行われた『小倉記念 G3』です。結果画像をご覧ください。





3体ともに本命の◎マウントゴールドが5番人気3着と健闘してくれましたが・・・・・・。もう一つの今回の当コラムコンセプトだった“1番人気トリオンフ軽視”が、見事に打ち砕かれ2勝(ちょい勝ち)1敗の結果に。2~5着あたりに各ロボ上位評価勢が来ているだけに、何とも皮肉な感じとなってしまいましたね(T_T)





そして、各ロボットの週末トータルの成績です。

【先週の運用結果】




こちらは血統ロボは前週に引き続き好調で大幅プラスを記録。ただ、他の2体が苦戦し、3体合計ではトータルマイナスとなってしまいました。どのロボも最高払戻しをマークした札幌は健闘の印象ですが、他の2場が先週は良いところが無かったですね。何とか、早めの浮上を願いたいところです。


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティの会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年8月5日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(小倉記念 G3)
閲覧 550ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『小倉記念 G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命は◎マウントゴールドとなっていて、勝率は19.8%。2位以下とも開きがあり、少し抜け出た状況となっています。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎マウントゴールド。勝率は21.1%とさらに上昇し、トップの勝率としては比較的高い数値となっています。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらもトップは変わらず◎マウントゴールド。他、上位の顔ぶれはほぼ競走馬ロボと同様の順序となっているようです。


【まとめ】
今回は◎マウントゴールドで3体とも一致。マウントゴールド自体そこそこの人気ですし(原稿執筆時点では単勝13倍台で5番人気)、断然人気のトリオンフが含まれていないので、期待値的には楽しみなレースとなりそうです(^^♪



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年8月1日(水) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018小倉記念編
閲覧 1,282ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月4日(日) 第54回 小倉記念(G3、3歳以上、ハンデ、芝2000m)

【登録頭数:12頭】(フルゲート18頭)

トリオンフ 57(前走530kg +4)<B>
これまで坂路中心に追い切られてきた馬だが、前走時は最終追い切りがCWを長めからで今回は1週前追い切りがCWを長めからとなり、何かを変えてきている状態。ただし1週前追い切りを一杯に追われているところはいつも通りなので、状態面で特に気になるところはない印象。

キンショーユキヒメ 54(前走504kg -10)<C>
調教駆けする馬でこの中間も1週前にCWを長めから好時計が出ていて、数字的には変わりない感じ。ただ、前走時の追い切りの動きを見るとやや首が上り気味で伸びきれていない感じにも見えたので、ひょっとしたら疲れもあるかもしれない。

サンマルティン 56(前走502kg +4)<B>
昨年は2着で、今年も5月のレースを使ってここへ直行というローテーションでの参戦。中間の乗り込み量は少ないものの、早めの小倉入りで日曜日に時計を出している点も昨年とほぼ同様。今年は前走で函館記念勝ちのエアアンセムを負かしていて更なる上昇を期待したいところだが、その分ハンデも2kg重くなっておりその点がどれくらい影響するか。

サトノクロニクル 57(前走458kg +2)<B>
天皇賞(春)以来のレースで、この中間もいつも通り2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で先着とこの馬の良い時の調整内容。前走は我慢できずに早めに動いてしまった部分も見受けられたので、乗り方次第で何とかなるだけの良い状態だろう。

マイネルサージュ 56(前走506kg ±0)<D>
前走は得意の福島で勝てなかったもののしっかり2着は確保。サマーシリーズの5ポイントを獲得した。この中間は前走時に比べると調教の時計が物足りず、小倉への長距離輸送もあるので前走以上の走りは厳しそう。

ストロングタイタン 57(前走522kg +2)<A>
この中間は1週前に坂路で一杯に追われて好時計を出していて、近走の中では一番の調整内容。昨年よりは確実に良く、近走では鳴尾記念よりも良い状態かもしれない。

メドウラーク 56(前走506kg -2)<C>
休み明けの米子Sの時にしっかり乗り込まれていたことが前走時のしぶとさに繋がった印象。この中間もガラッと変わった感じはないが、しっかり乗り込まれて調子落ちはなさそう。ただ今回は馬場が福島とは真逆の状態になりそうなので、その辺りはポイントになってくるだろう。

レイホーロマンス 51(前走420kg ±0)<B>
前走◎もあの馬場状態では小柄なこの馬には厳しかった感じで、鞍上の手が終始動いていた。使い詰めで前走で悪い馬場を使った疲れもあるのか、この中間はいつものCWで一杯の1週前追い切りを、坂路で終い伸ばす内容に変えてきている点は気になるところ。ただ一方で、切れる馬で小倉の馬場はかなり向くハズで、ハンデもかなり軽くハマれば一発ありそうな感じもある。

ストーンウェア 54(前走470kg +2)<C>
5月以来のレースとローテーションに余裕があり、この中間もしっかり乗り込まれてこの馬の時計も出ている。ただ抜けて良いという訳でもなく、この馬なりに出来は上々といった感じ。

キョウヘイ 55(前走436kg +4)<D>
前走は馬場が向いてうまくハマったという印象があり、この中間は乗り込まれているものの特に良い感じはない。2000mの実績もなく今回は厳しそう。

マウントゴールド 54(前走442kg ±0)<C>
この中間は、2週前、1週前とCWを長めから乗られてこの馬なりに良い時計は出ている。ただ、1週前にサトノクロニクルと併せて遅れていて、そのあたりのクラスの馬との力の差はありそうな感じを受けた。

エーティーサンダー 51(前走524kg ±0)<E>
好走時には坂路で好時計の出る馬だが、格下の条件馬で間隔も詰っていて特に目立つ時計も出ていない状況でこの相手では厳しい。



◇今回は小倉記念編でした。
――今年は、炊飯器に電気ポットにクオカード数枚、ここ2、3年までさかのぼればデジカメ、ドライヤー、エチケットカッター、電動歯ブラシ、クオカードは10枚以上。
これらは全てコンテストや懸賞でもらったものです。こう見えても(どう見えているのか分からないですが)自分自身をかなり運が良い方だと思っています。正確に言うと運の良い人たちに囲まれて強運をもらっている、と言ったほうが良いのかもしれませんが・・・・・・。
というのも、ある強運の持ち主に出会って運気を意識するようになってからというもの、特に良いことが舞い込むようになってきたからです。誰にでも良いことがあれば悪いことも起こるもので、私もこの世の終わりかと思うほど悪いことが続いた経験があります。が、そんな時でもほんのチョットの良いことを探し出すことを意識していると、自然と前に進むことができます。物事をプラスに考えるか、マイナスに考えるかで進む道は変わってきます。
ここで、誰にでもできる運気を上げる簡単な方法をお教えしますので、もし良かったら意識してみて下さい。とても簡単です。まず何か良いことがあったら素直に喜ぶことです。人間嬉しいことがあれば笑顔になります。『笑う門には福来る』という言葉があるように笑顔には福が集まってくるもの。あとは良いことがあったら周りの誰かに少しでも良いので運を分けてあげることです。これは個人的な考えですが、良いことを一人で貯めこんでいても次の運が入ってくる場所がないので、常に福が入ってくる場所を空けておくという意味もあります。余談ですが、もしこの2つのことをすべての人たちが意識していたら、世界から争い事はなくなり戦争も起こらないのかもしれません。皆さんもぜひ、運が舞い込んでくるような明るい道を見つけて進んで行ってください。
競馬に話を戻すと、競馬の勝ち負けにも運が占める割合がかなりあります。完璧な予想であっても運が味方しない時もありますし、負けパターンのレース内容でもハナ差で勝ってくれることもあります。競馬の予想もできる限りのことをやっていればいつか競馬の神様が味方してくれるハズなので、負けても外れても前向きに進んでいきましょう。
そういえばひとつ言い忘れていました。先日の中京記念当日の来場ポイントキャンペーンでは、ターフサンダルが当たりました。ピッとする前に子供たちにかき氷を買ってあげたのが良かったのかなぁ。何といっても、うちの子供たちはかなりの強運の持ち主ばかりなので。




それでは次回、サマー2000シリーズ札幌記念編(予定)でお会いしましょう。


小倉記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年4月4日(水) 16:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/31~4/1)デビュー初週の豚ミンCプロが回収率299%を達成!いっくんプロは200万オーバーを記録!
閲覧 1,321ビュー コメント 0 ナイス 14



先週は、1(日)に阪神競馬場でG1大阪杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1大阪杯は、最終的に単勝3.5倍の1番人気にスワーヴリチャードが推され、以下アルアイン(3.6倍)、サトノダイヤモンド(4.0倍)、シュヴァルグラン(9.2倍)と3頭が単勝ひとケタ台で続く形で発走の時を迎えます。
先頭に立ったのは、大方の見立て通りヤマカツライデン。2番手にダンビュライトが続き、スマートレイアーウインブライトサトノダイヤモンドアルアインシュヴァルグランといったところが先団ひと塊で追走。サトノノブレスゴールドアクターも差なく続き、ヤマカツエースペルシアンナイトメートルダールもこの一角。トリオンフミッキースワローが後方にかけて続き、スワーヴリチャードは後方2番手。最後方にポツンとマサハヤドリームの態勢で1~2コーナーにかけて通過していきます。
向こう正面を迎えるところで、ゴールドアクターが外を回って押し上げ一気に先団へ。さらにトリオンフが同じように早めの進出を目論むと、その後ろからスワーヴリチャードもこれを追うようにポジションを上げ始めます。レース中盤で早くも隊列に動きがみられる中、逃げるヤマカツライデンのペースは前半1000mを61秒1(推定)で通過のスロー。
ここから手綱を緩めることなくさらに加速していくスワーヴリチャードが、3コーナーまでに先頭を奪って、2番手トリオンフヤマカツライデンと3頭が後続を引き連れる形でコーナーを回って直線を目指します。アルアインは直後の好位のイン、シュヴァルグランは中団の外目、サトノダイヤモンドは徐々にポジションを下げ後方馬群の中から追い出される形となって、直線勝負へ。
1馬身のリードで直線を向いたスワーヴリチャードを、トリオンフとその内に入ったアルアインが追う展開。外からはダンビュライトペルシアンナイトが伸びてきて、大外からはミッキースワローも徐々に差を詰めて残り200mを通過。トリオンフダンビュライトは苦しくなって後退。この時点で、スワーヴリチャードはほぼ勝利を手中に収めるリードとなって、観衆の視線は自ずと2番手争いへ。その2着争いも、アルアインに外から襲い掛かるペルシアンナイトの2頭に絞られる格好で、後続からこれを脅かす伸び脚は見られず。ペルシアンナイトがゴール前でアルアインをとらえて2番手に浮上しますが、横綱競馬のスワ-ヴリチャードはこれを尻目に悠々先頭でゴール。並みいるG1馬を押しのけ1番人気に推されたスワ-ヴリチャードが、その支持に応えてG1初制覇を挙げています。3/4馬身差の2着に6番人気ペルシアンナイト、そこから1/2馬身差の3着に2番人気アルアインで決着しています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロ河内一秀プロろいすプロ馬侑迦プロほか、計11名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
31(土)の中山10Rでは◎×○の印で、3連単2184.9倍を的中。1,000円分の購入で218万払戻しのホームランとなりました!3連単ミリオン払戻しはこれで9年連続をマーク!1(日)にも阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中(16万3,900円払戻し)などの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率531%、収支207万1,300円のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
プロデビュー初週となった先週は、31(土)を阪神12Rの▲◎○的中で締め括り、初日プラスを計上。迎えた1(日)は更なる快進撃を見せ、阪神1R(○◎的中)、中山3R(単勝56.0倍◎グットクルサマー)、阪神9R(単勝13.2倍◎サトノグラン)、中山11R(単勝21.5倍◎ライトフェアリー)等々......随所に好調◎を披露!土日トータル回収率299%、収支20万7,110円プラスの好結果で“初陣”を飾っています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
31(土)の中山4R中山10Rなどで好調予想を披露。1(日)には中山3Rで10万6,400円払戻しのスマッシュヒットなどを記録し、週末トータル回収率154%、収支18万4,130円のプラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
31(土)は勝負レース阪神6Rなどの的中で回収率137%を記録。1(日)には阪神4R阪神6Rなどで的中をマークし2日連続のプラスを達成。週末トータル回収率143%、収支13万10円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(125%)、サラマッポプロ(123%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(117%)、おかべプロ(107%←9週連続週末プラス)、サウスプロ(106%)、マカロニスタンダーズプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリオンフの口コミ


口コミ一覧

競馬ニュースの色々~

 nomareni 2020年1月23日(木) 19:28

閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 10

今日は天気も悪いし荒れそうだったので馬券はお休み!
→買わないときほど当たる(地方見ながら近くにいた母と祖母に予告→当たるで落ち込む)3連複106倍め~~

トリオンフが引退して乗馬に…乗ってみたいなぁ💕
といっても怪我故の引退で、今後は仔馬ちゃん達の指導馬的なやつみたいですね。
おじいちゃんのダンスインザダークも当時お世話になったけどトリオンフくんにもだいぶお世話になりました!
中山金杯のワイド流し、2つ取ってとても嬉しかったので忘れません( ;∀;)お疲れ様でした!
ゆったり余生を過ごしてほしいですが、まだまだ先輩として仔馬ちゃんをビシバシ鍛えそうなイメージですね。

今週のAJCCブラストワンピースくん。
重馬場っぽいので凱旋門思い出します( ̄▽ ̄;)
みんな見慣れた顔なので平均した重不のデータは…
17’菊花の不良馬場とか古っ…うーん。一応頭に入れておこう。

東海Sのインティくんは去年成績が芳しくなかっただけに
ここら辺で頑張ってほしいですが…スマハマがいるので…
勝てなかったらズルズル落ちていきそう…
個人的にはヴェンジェンス…
みやこSの時に勝ってくれたし好き♪
ところで京都の当日の天気はなんだろ?


あと、勝敗問わずフランスのお姉さま襲来が楽しみです。
目の保養的な意味で♪

 グラニースミス 2020年1月22日(水) 11:34
聖徳太子はいなかった!? 第61回 アメリカジョッキークラブカ... 
閲覧 785ビュー コメント 8 ナイス 109

鎌倉幕府成立は「いい国作ろう」で1192年と憶えていたが、
今は1185年「いい箱作ろう鎌倉幕府」らしい。

今年は競馬番組の変更が多い。
東日本大震災の翌年、主催者は各方面に配慮して、GⅠ競走と一部の重賞を除き、賞金を減額した。
その一部の重賞というのが、この競走だった。
どこかの国や団体に忖度、いやいや配慮した治外法権的な重賞競走で、変わらないこともある。

今年は7日目 → 9日目に変更
マイネルフロスト9歳 2015年のこの競走9日目で、1枠2番で4着。
やっぱり古豪の出走の意味ってこんなところなんだろうか?

グローブシアター6歳 2016年第5回9日目GⅡ最後のホープルS GⅡ 4枠6番で3着だった。
シャケトラと同じだぁ角居厩舎かぁ(笑) 長期休養明け、2019年収得賞金がないことも似ている。

そのホープフルS GⅡは、特別指定戦で、GⅠになって指定戦になった。
今年、AJCCも指定戦 → 特別指定戦 に変更 逆説かなぁ?
表向きは、地方馬の出走機会の拡大だが、この競走がGⅠへの表街道から裏街道に変ったことになる。
昨年、フィエールマンがこの競走2着後、天皇賞(春)を制したが、同じルートじゃないってことだろう。

指定戦 → 特別指定に変更
〇地の馬といえば、クロスケ が登録している。
昨年までなら出走できない馬で、前走は昨年末のペテルギウスSに出走
5回阪神9日目で、リステッド競走の特別指定戦
同日の東海Sとダブル登録

先週の京成杯は牝馬が勝ったら34年振りというくらい劣勢だったけど、
このレースも牝馬が勝つとメジロモントレー以来29年振りになる。
唯一の牝馬ウラヌスチャームが、最後に勝ったのは昨年1/6 1回中山2日目9R迎春S 混合 指定戦だった。今年この競走は、1/11 1回中山3日目 11R (混合)(特指)に変更されている。また逆説かなぁ?

先週から小倉開催が始まった。12日間のロング開催だけど、昨年の夏も同じ12日開催だった。
小倉記念GⅢ 特指は トリオンフとサトノクロニクルの6枠ゾロ目だった。
トリオンフは、今年から特指に変更した中山金杯を1着になった。
サトノクロニクルは、重賞勝馬でチャレンジC GⅢ 特指 別定戦だった。
その前年のチャレンジC GⅢ 特指 ハンデ戦てだった。

3歳で有馬を勝った馬の国内成績は、ゴールドシップを除くと出涸らしみたいな馬が多い。
勝つのはGⅡ戦くらいで、特別な条件でもないと人気を吸い込むだけ、さてブラストワンピースは?

9日目、特指 
先週の日経新春杯で、条件馬2頭が馬券になったことから、いろいろと考えしまう。
変更が大杉!!

ちなみに、聖徳太子はいなかった!?とか(昔の万札だったのに、、、)
教科書では、厩戸王(うまやとおう)だとか、、、
士農工商も表記されなくなったらしい、、、、へぇ~


では

[もっと見る]

 Haya 2020年1月9日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.1.9.)(シンザン記念、フェアリーS) 
閲覧 387ビュー コメント 0 ナイス 8

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

お正月気分は抜けましたか?
新春とはいえまだまだ厳しい寒さが続いていますね。
ところで、新春競馬で完敗?いやいや乾杯できましたか?

我が家の懐に停滞し続けている寒波、
いまだに居座り続けています…(゚Д゚;)

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の分析を重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第1期 途中経過】
第1期(1月5日~26日)6日間(東西金杯~東海S:全9戦)

新春競馬は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3中山金杯では、3番クレッシェンドラヴ軸で勝負!
馬連(3⇒5,8,9,15,17)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「中山金杯」の軸馬クレッシェンドラヴは、スタート悪く後方追走。直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択に失敗!?過去のデータから導き出した2頭(クレッシェンドラヴ、トリオンフ)で、最後まで迷ってクレッシェンドラヴを選択。仮にトリオンフを選択していたら、馬連馬券(7-8 2550円)が当たっていた…残念。


日曜、G3京都金杯では、8番ドーヴァー軸で勝負!
ワイド(8⇒3,4,13,15,18)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「京都金杯」の軸馬ドーヴァーは、スタート良く中団追走。直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択に失敗!?過去のデータから導き出した3頭(ボンセルヴィーソ、ドーヴァー、ソーグリッタリング)まで絞り込み、ドーヴァーを選択。仮にボンセルヴィーソを選択していたら、ワイド馬券(3-7 3160円)が当たっていた…残念。


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
フェアリーS=中山(芝外)1600=B(76)偏りがない
シンザン記念=京都(芝外)1600=B(75)偏りがない

【ラップ分析試行錯誤中】
今年から始めた”ラップ分析”について、個人的なメモも含めて日々学んでいく過程を日記のようにカキコ(記録)していきます。

まず、第1回目は「ラップとは?」です。

競馬における”ラップ”とは、200m区間のタイム。競馬では、1ハロン当たりの走破時計をラップといいます。レースラップは、1ハロン、2ハロンとその測定地点毎に先頭馬が通過した時計を測定。

注意点として、このレースラップは勝ち馬の走破ラップではなく、そのハロン毎に先頭馬が走破した時計。JRAでは、ラスト3ハロン、つまり上がり3ハロン以外の各馬のラップは非開示で、測定もしていません。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(フェアリーS)
注目したのは、馬番コンピ指数値50台の指数6~9位ゾーン!?毎年、馬券に絡んでいる。
昨年、馬番コンピ指数(3位→5位→7位)=指数値(61→58→55)だった。

(シンザン記念)
注目したのは、馬番コンピ指数3位&4位。
近5年内、必ずどちらかが馬券に絡んでいる。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリオンフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トリオンフの写真

トリオンフの厩舎情報 VIP

2020年1月5日日刊スポ賞中山金杯 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トリオンフの取材メモ VIP

2020年1月5日 日刊スポ賞中山金杯 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。