グリム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グリム
グリム
グリム
写真一覧
現役 牡4 芦毛 2015年4月28日生
調教師野中賢二(栗東)
馬主株式会社 カナヤマホールディングス
生産者服部 牧場
生産地新ひだか町
戦績10戦[5-1-2-2]
総賞金7,279万円
収得賞金5,560万円
英字表記Grimm
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
ブランシュネージュ
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
フックライン
兄弟 ヴァイサーリッターノーティインパクト
前走 2018/12/24 名古屋グランプリ G2
次走予定

グリムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/24 名古 11 名古屋GP G2 ダ2500 9--------3** 牡3 54.0 武豊野中賢二512(--)2.41.2 0.5----チュウワウィザード
18/11/23 浦和 10 浦和記念 G2 ダ2000 11--------2** 牡3 54.0 内田博幸野中賢二502(--)2.06.3 0.9----オールブラッシュ
18/10/02 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 11--------1** 牡3 53.0 内田博幸野中賢二505(--)2.11.4 -1.1----センチュリオン
18/08/05 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 154610.751** 牡3 56.0 内田博幸野中賢二502(+4)1.52.0 -0.037.8ヒラボクラターシュ
18/06/17 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 16474.029** 牡3 56.0 川田将雅野中賢二498(+2)1.36.2 1.236.4⑤④ルヴァンスレーヴ
18/05/13 東京 10 青竜S OP ダ1600 1281216.851** 牡3 56.0 川田将雅野中賢二496(0)1.36.9 -0.036.1④④スマハマ
18/02/24 阪神 5 3歳500万下 ダ1400 103312.341** 牡3 56.0 幸英明野中賢二496(+4)1.24.5 -0.235.9コパノキッキング
18/01/27 中京 10 はこべら賞 500万下 ダ1400 166114.737** 牡3 56.0 藤岡康太野中賢二492(+2)1.27.6 1.640.3④④バーンフライ
18/01/06 京都 3 3歳未勝利 ダ1400 16596.231** 牡3 56.0 幸英明野中賢二490(0)1.26.0 -0.338.2ノーウェイ
17/12/09 阪神 5 2歳新馬 芝1200 156106.633** 牡2 55.0 幸英明野中賢二490(--)1.10.5 0.235.3ベルガド

グリムの関連ニュース

【佐賀記念】レース展望

2019年2月10日() 09:10

★良いリズムを取り戻したテーオーエナジー

 11日(祝・月)に佐賀競馬場で、第46回佐賀記念(交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右2000メートル)が行われる。過去の勝ち馬の中には、GI6勝を含む重賞19勝を挙げたスマートファルコン(2009年)、GI10勝の大記録を打ち立てたホッコータルマエ(2013年)など、歴史に残る名馬になった面々もいるだけに、注目したい一戦だ。



 目下10年連続でJRA所属馬が勝利を挙げている重賞だけに、今年もJRA勢の取捨が結果を占う上で重要になってきそう。そんなJRA勢の中でも人気を集めそうなのが、昨春に交流重賞の兵庫チャンピオンシップ(交流GII)を5馬身差で圧勝した実績を持っているテーオーエナジー(栗東・宮徹厩舎、牡4歳)だろう。



 兵庫チャンピオンシップ制覇後は芝の日本ダービーに挑戦したが大敗。その後は再びダート路線に戻ったものの結果が出ていなかったが、ここにきて余力十分の内容でオープン特別2連勝と良いリズムが戻ってきているだけに、久々2度目の重賞制覇となる可能性は高いと言っていい。



 前に行ける脚質だけに最内枠は問題なく、過去にこのレースを制した経験がある岩田騎手とのコンビも心強い。



★山本聡哉と新コンビ!ヒラボクラターシュが魅せるか

 テーオーエナジーに続く注目を集めそうなのが、同じ“最強4歳世代”でオープン特別2勝の実績があるヒラボクラターシュ(栗東・大久保龍志厩舎、牡4歳)。重賞タイトルこそ獲得していないが、昨夏のレパードSでは勝利したグリムとタイム差なしの2着に善戦したこともあるだけに、今回のメンバーなら通用していい。



 57キロの斤量を背負うテーオーエナジーに対して55キロと2キロのアドバンテージがあるのも有利で、初参戦となる地方の馬場さえこなせれば、勝ち切るシーンまであっていいのではないか。



 降雪の影響で土曜日の東京開催が佐賀記念と同日の月曜日に順延となったことで、鞍上は福永祐一騎手から急遽、岩手競馬の山本聡哉騎手にスイッチ。デビューから14年弱で1500勝を超える勝ち星を積み重ねている実力者が、交流重賞初制覇の大チャンスをモノにするか、注目したい。



★新天地で輝きを取り戻したグレイトパール

 JRA所属時にダート戦で6連勝。川田将雅騎手とのコンビで平安S(GIII)、アンタレスS(GIII)と2つの重賞タイトルを獲得したグレイトパール(佐賀・川田孝好厩舎、牡6歳)だったが、重賞2連勝後は故障の影響もあって3連敗と結果を残すことができなかった。



 それでも、再起を目指して佐賀競馬・川田孝好厩舎への移籍を決断すると、いきなり周防灘特別、雷山賞を連勝。いずれも2着以下に7馬身、9馬身差をつける圧勝劇で、息子が2度の重賞Vに導いた実績馬を、父が復活させる形となった。



 今回はJRA勢が相手ということで、移籍後2戦のように楽な競馬にはならない可能性は高いが、全盛期の能力を発揮できるなら、上位争いに加わって何ら不思議ではない。1996年のリンデンニシキ以来となる、地元・佐賀所属馬の勝利が叶う可能性もあるのではないか。

【次は買い】東海S3着・スマハマ 2019年1月21日(月) 11:03

東海S・4番人気3着

 《レース》インティの直後につけて道中はスムーズ。直線の手応えも申し分なかった。右前脚の骨折明けということもあり、ラスト1Fで力尽きたが、後半4F48秒3のきつい流れを考えれば合格点の走りだ。

 《次走ポイント》久々も正攻法。「後半の半マイルはきついラップでしたが、踏ん張りましたね」と藤岡佑騎手。高橋亮調教師も「真っ向勝負で時計も速かった」と高評価を与えた。3歳春の青竜S(2着)でのちのレパードSグリム(1着)、東京大賞典馬オメガパフューム(3着)と渡り合った能力どおり。今後も重賞戦線で勝ち負けになる器だ。 (大阪サンスポ・佐藤将美)



★20日中京11R「東海S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【名古屋グランプリ(Jpn2・指定交流)オープン】(名古屋)~チュウワウィザードが優勝2018年12月24日(月) 16:35

24日、名古屋競馬場の第11Rに行われた第18回 名古屋グランプリ(Jpn2・指定交流)オープン(ダート 右2500m サラブレッド系3才以上 別定)は川田将雅騎手騎乗の2番人気・8番チュウワウィザード(牡3)が優勝した。
勝ちタイムは2分40秒7(稍重)。さらに1/2馬身差の2着に3番人気・1番ミツバ(牡6)、そこから2馬身差の3着に1番人気・7番グリム(牡3)が入った。
チュウワウィザードは、父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム、母の父デュランダルという血統で大久保龍志厩舎の所属馬。生産は勇払郡安平町・ノーザンファーム。馬主は中西忍。通算成績は8戦5勝。
「名古屋グランプリ(Jpn2・指定交流)オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【名古屋グランプリ】3歳馬チュウワウィザードが重賞初V2018年12月24日(月) 16:18

 12月24日(振・月)の名古屋競馬11Rで行われた第18回名古屋グランプリ(交流GII、3歳以上オープン、選定馬、グレード別定、ダート・右2500メートル、9頭立て、1着賞金=3100万円)は、重賞初挑戦だった2番人気のチュウワウィザード(牡、栗東・大久保龍志厩舎)が川田将雅騎手に導かれて好位から抜け出し、快勝した。タイムは2分40秒7(稍重)。

 1番人気グリム(JRA)が快調に逃げて、最後の直線を迎えたが、2番手を追走していた3番人気ミツバ(JRA)がかわして先頭へ。しかし、外のチュウワウィザードが3番手からグングンと脚を伸ばして差し切り、1/2馬身差をつけてゴールした。グリムは、さらに2馬身離れた3着。



 チュウワウィザードは、父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム、母の父デュランダルという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、中西忍氏の所有馬。通算成績は8戦5勝(うち地方1戦1勝)。重賞初勝利。名古屋グランプリは大久保龍志調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。

[もっと見る]

【名古屋グランプリ】レース展望 2018年12月23日() 18:43

★新コンビの武豊騎手とともに挑むグリム



 24日(振・月)に2018年の開催最終日を迎える名古屋競馬場で、第18回名古屋グランプリ(交流GII、3歳以上オープン、別定、ダート・右2500メートル)が行われる。第2回以降はすべてJRA勢が勝利を収めている一戦だが、果たして今年はどのような結果となるだろうか。



 5頭が参戦するJRA勢の中でも1番人気の支持を集めることが確実なのは、香港遠征中に12月26~29日までの騎乗停止処分を受け、日本でも同日の騎乗が不可能となったことで、この一戦が2018年のラスト騎乗となる武豊騎手と新コンビを結成したグリム(栗東・野中賢二厩舎、牡3歳)だろう。



 夏から秋にかけてレパードS(GIII)、白山大賞典(交流GIII)を連勝すると、前走の浦和記念(交流GII)ではGI勝ちの実績があるオールブラッシュのまくりに屈したものの、しっかり2着は確保している。



 同じ交流GIIでも、今回は9頭立てでメンバーレベルはかなり楽になった印象。先手を主張するライバルはおらず、すんなりマイペースの逃げが打てそうで、圧勝できる可能性もありそうだ。初体験となる2500mの距離も、小回りの名古屋コースなら問題なくこなしてくれるのではないか。



★底を見せていない魅力があるチュウワウィザード



 デビューから7走して【4.1.2.0】とオール3着以内、初のオープン挑戦となった前走の師走Sでも交流重賞(18年兵庫チャンピオンシップ)勝ちの実績があるテーオーエナジーには及ばなかったものの2着を確保しているチュウワウィザード(栗東・大久保龍志厩舎、牡3歳)も注目の一頭。



 これまで一貫して1800~1900mの距離を使っており、2500m戦は初体験になるが、スタミナを要求されるハイペースになる可能性は低いだけに、しっかりこなしてくれそう。2歳未勝利馬に遅れを取った最終追い切りも、手応えは馬なりのままだっただけに問題ないとみていいだろう。



 キャリア7戦で一戦ごとの上積みは大きく、3歳馬ということで54キロの斤量で出走できる。今回は乗り替わりだが、川田将雅騎手は3度の騎乗経験があり2勝を挙げているコンビになるだけに、期待は大きい。



★交流重賞2勝の実績誇るミツバは自分との戦い



 17、18年マーキュリーC(交流GIII)を連覇した実績があり、今春には同じ名古屋競馬場で行われた名古屋大賞典(交流GIII)で2着に善戦しているミツバ(栗東・加用正厩舎、牡6歳)は、自分の能力を出し切れるかどうかがカギとなる。



 前走のチャンピオンズC(GI)で騎乗した松山弘平騎手はレース後「しっかりと真面目に走ってくれました」と語っているだけに改善の兆しはあるとみるが、1番人気の支持を受けた2走前の白山大賞典(交流GIII)はまったく見せ場なく勝ち馬から7秒0も離された最下位に敗れているだけに、安心はできない。



 近走は松山騎手が騎乗する機会が続いたが、今回はデビュー2戦で騎乗している福永祐一騎手と4年ぶりにコンビ復活となる。久々に騎乗する福永騎手が、いかにしてミツバのパフォーマンスを引き出すか注目したいところだ。

★この相手ならセンチュリオンも通用していい



 マーチS(GIII)で重賞初制覇を果たしたセンチュリオン(美浦・田村康仁厩舎、牡6歳)は、半年ぶりの復帰戦となった白山大賞典(交流GIII)では2着に善戦しているものの、その後はGIに挑戦してJBCクラシック11着、チャンピオンズC12着と苦戦が続いている。



 前走のチャンピオンズCで騎乗した吉田隼人騎手は「周りが速かったです。内で脚をためたけど、みんな止まっていなかったし、相手も強かった」と完敗を認めており、相手が楽になることでどこまで巻き返すことができるかが焦点となりそうだ。



 地方競馬への遠征は白山大賞典に次いで2度目となるが、当時は休養明けで100%の仕上がりではなかっただけに、2着なら及第点といったところ。脚質的に展開待ちの面もあるが、9頭立ての少頭数で馬群を捌くことに苦労することはないだけに、最後の直線で浮上してくるシーンもあるかもしれない。



★地元代表のカツゲキキトキトが“アッ”と言わせるか



 名古屋グランプリにはJRA勢が5頭参戦するが、それを迎え撃つ地元勢は2頭で挑む。中でも取り分け注目されそうなのが、ここまで重賞17勝の実績を残しているカツゲキキトキト(愛知・錦見勇夫厩舎、牡5歳)だ。



 JRA勢が相手となる交流重賞のタイトルには手が届いていないが、2着1回、3着4回と何度も馬券には絡んでいる。この一戦も3年連続の出走となり、過去2年は連続3着に善戦しているだけに3度目の正直で“アッ”と驚く激走があっても驚けない。



 大井から参戦するトーセンノワール(大井・高野毅厩舎、牡3歳)や、1年半にも及ぶ長期休養から復活し意欲的に遠征してきたホッカイドウ競馬のハッピースプリント(北海道・田中淳司厩舎、牡7歳)もいるが、やや迫力不足。JRA勢に対抗できるのは、地元のカツゲキキトキトだろう。

[もっと見る]

【名古屋グランプリ】JRA出走予定馬が決定2018年12月20日(木) 18:13

 12月24日(振・月)に名古屋競馬場で行われる名古屋グランプリのJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第18回名古屋グランプリ」(名古屋競馬場、交流GII、3歳以上オープン、グレード別定、ダート・右2500メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭グリム(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎、武豊騎手)センチュリオン(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎、大野拓弥騎手)チュウワウィザード(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎、川田将雅騎手)ナムラアラシ(牡5歳、栗東・牧田和弥厩舎、岩田康誠騎手)ミツバ(牡6歳、栗東・加用正厩舎、福永祐一騎手)

[もっと見る]

⇒もっと見る

グリムの関連コラム

閲覧 1,660ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンCのアーモンドアイは強いのは分かり切っていましたが、それにしても異常なレコード勝ちで本当に強かったですね。この馬自身は後ろから行って、前が止まらない流れを期待していたのですが、先行している時点で「参りました」という感じですね。ロードカナロア自身は安田厩舎だったのでスプリンターになっただけで、産駒の中距離馬はこれからもたくさん出てくると思います。予想のほうは、2着以下もだいたい予想通りだったのですが、馬券的には残念な結果に。まあ、単勝1.4倍の馬を本命にしたくなくてシュヴァルグランに本命を打って散ったわけで、納得もしているところですが......。
さて、気持ちを切り替えてチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオンズカップは、気ムラな面も手伝ってか、なぜか世間評価は上がって来なかった8番人気ゴールドドリームが、栗東坂路で動けていて鞍上はR.ムーア騎手ということで本命で狙い打ち。2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーも含め気持ちよく3連単15万馬券を的中出来たレース。私にとっては、夏休みのハワイツアー資金調達に貢献してくれた縁起の良いレースでもありますので、今年もドカンと当てたいと思っています。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>

1番人気想定 ルヴァンスレーヴ:7戦6勝とスローからの上がり勝負でドンフォルティスをかわせなかった伏竜S以外は全部勝ち切っており、当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム:休み明けの前走はルヴァンスレーヴに完敗したが、マイルはちょっと忙しい感じになってきていて、1800mで斤量差1kgなら逆転があってもいい。

3番人気想定 ケイティブレイブ:逃げ・差し自在で、今年はダイオライト記念、日本テレビ盃、JBCクラシックを勝ち、帝王賞は2着とダート路線の主役に君臨しており、当然やれていい。

4番人気想定 オメガパフューム:ダートは強いと評判の3歳世代No.2で、7戦4勝2着2回3着1回とすべて馬券になっている馬。前有利な中京が微妙にしても、好勝負可能だろう。

5番人気想定 サンライズノヴァ:ハラハラさせながらもしっかり差し切ってという競馬で3連勝中だが、勝ち切るには中京はあまり向いていない感じもする。

6番人気想定 サンライズソア:今年は名古屋大賞典、平安S勝ちにJBCクラシック3着と、伸び盛りの時期だけにここでも好走を十分期待できる。

7番人気想定 ノンコノユメ:今年は1月に根岸Sで復活の勝利をあげ、その勢いのままにフェブラリーSも勝ったが、以降は3戦連続4着といまひとつな状況。昨年9着、一昨年6着とあまり中京1800mは向いていないようで、東京マイルあたりが一番いいのだろうが、人気が無いならヒモにはありか。

8番人気想定 インカンテーション:8歳の暮れだが、衰え少なく長く活躍してきた。ただ、前走の内容を見るとはさすがにちょっと衰えてきたかなあという印象。そこそこ人気だろうし、消して妙味か。

9番人気想定 アンジュデジール:JBCレディスクラシックを鋭く差して勝ったが、牡馬相手には通用しておらず買えない。

10番人気以下想定 

センチュリオン:3月にオープン特別とマーチSを連勝し、秋も白山大賞典で2着したが、JBCクラシックでは11着と惨敗。今回、人気を落としそうだが3着ならあるかも。

パヴェル:アメリカのダートG1馬で、G1では他にも2着、3着各1回に4着3回と強い馬なのだろうが、アメリカと日本の砂質は違いあまり買いたくない。

アポロケンタッキー:+16kgで惨敗したJBCクラシックだったが、1月の川崎記念ではさらに1kg重い575kgでも2着と走っており、そこだけに原因を求める訳にはいかないか。巨漢馬のこのくらいの馬体重変動はそれほど問題ではないのかもしれない。以前ステロイド使用が問題になった馬でもあり、さらに増えるのはさすがに良くないのだろうが。今回は一気に人気を落としそうだが、このレースは昨年取り消し、一昨年5着とそこそこやれてもいい。

ウェスタールンド:夏にオープン入りしてすぐシリウスS2着の後、前走の武蔵野Sでは接触の不利もあって3番人気7着と負けたが、巻き返しは十分にあるとみている。ヒモ候補。

クインズサターン:昨秋にオープン入りして以降、今年は重賞で2着2回3着2回と結構強い相手に人気以上に走っており、ヒモに入れる手はありか。

アスカノロマン:一昨年のこのレースの3着馬で前走のJBCクラシックでも6着と意外にまだ衰えは小さいようで、3連単の3着あたりには入れてもいいのかも。

ヒラボクラターシュオメガパフュームのところでも触れた、豊作と言われる今年の3歳牡馬ダート路線。この馬もそれを証明するように古馬を相手に、9月、11月にオープン特別を勝っていて、その前の同世代相手のレパードSではグリムの2着に好走の実績あり。ヒモに加えるのはありか。

チュウワウィザード:6戦4勝の戦歴で、3歳暮れで既にこの舞台まで駆け上がってきた。来年あたりは主役になっているかも。先物買いでヒモに入れるかどうか。

ミツバ:追い込んだり、派手な大逃げを打ったりと気難しい馬で、ここ2戦は1番人気を裏切り、かつ前走の白山大賞典は11着と惨敗でもあり人気落とすだろうが、要は気持ちが乗れば走れていい。昨年も12番人気6着とそこそこやれており、穴としてヒモには加えたい。

メイショウスミトモ:遅咲きダートステイヤーで昨年9月にシリウスS(2000m)、12月には交流重賞の名古屋GP(2500m)を制したが、今年はさすがに衰えてきていて買えない。

ダノングッド:1600万下クラスに上がって以降は1200~1400mが主戦場で、短距離の追い込み馬となっている現状では、この舞台は合わない。


<まとめ>あまり消せる馬がおらず、特に3着は手広くいく予定。

有力:ルヴァンスレーヴゴールドドリームケイティブレイブオメガパフュームサンライズノヴァ

ヒモに:サンライズソアノンコノユメセンチュリオンアポロケンタッキー

穴に(3着なら):ウェスタールンドクインズサターンアスカノロマンヒラボクラターシュチュウワウィザードミツバ


登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月6日(月) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/4~8/5)G3レパードS◎△的中計13万超払戻しの山崎エリカプロが土日回収率トップ!
閲覧 1,234ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、5(日)に小倉競馬場でG3小倉記念が、新潟競馬場でG3レパードSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3小倉記念は、マウントゴールドが逃げて前半1000mを1分ちょうどで通過する流れ。1番人気トリオンフは終始2番手でぴったりマークする形で運びます。押さえ切れないといった感じの手応えで、3コーナーあたりから徐々にハナを窺うと、そのままトリオンフが堂々の先頭に立って直線へ。2番手で依然粘りを見せるマウントゴールドに対し、好位勢からはサトノクロニクルエーティーサンダーが3、4番手の位置から追い上げます。しかし、単独先頭に立ってからも、楽々と後続をちぎる横綱競馬を見せたトリオンフが、3馬身をつけゴール。1分56秒9のコースレコードのおまけ付きで、重賞2勝目を飾っています。2着には2番人気サトノクロニクルが浮上し、クビ差の3着に5番人気マウントゴールドが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ☆まんでがんプロ河内一秀プロマカロニスタンダーズプロ他、計15名が的中しています。
 
G3レパードSは、5番人気グリムが引っ張る展開。最後方からとなった1番人気グレートタイムをはじめ、上位人気各馬は4番人気アルクトスを除き、軒並み中団~後方にかけての追走となります。向こう正面を通過し、後方勢が徐々に押上げを開始。3、4コーナーにかけて馬群が徐々に凝縮していきながらの展開となりますが、先団はグリムフロリアヌスビッグスモーキーの態勢変わらずのままで直線へ。グリムを追って、外から9番人気ビッグスモーキーが浮上し、これに外から被せるように10番人気ヒラボクラターシュも進出をみせ、2、3番手争いに加わってきます。残り100mを過ぎて、真ん中ビッグスモーキーは苦しくなって後退。依然先頭で逃げ込みを計るグリムに、ヒラボクラターシュが勢いよく馬体を並べますが、最後はグリムがクビ差振り切ってV。2着ヒラボクラターシュから3馬身差の3着には、粘り込んだビッグスモーキーが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ山崎エリカプロ夢月プロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロくりーくプロら6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)のG3レパードSで、◎グリムから馬連231倍を含む計13万6,500円払戻しのスマッシュヒットを披露!この他にも、先週は4(土)札幌12Rや、5(日)札幌9Rなどで的中を披露し、土日2日間トータル回収率はトップの229%、収支は14万1,960円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
4(土)の小倉7Rで◎プリズマティコの単勝1万円1点勝負的中を披露!37万3,000円払戻しのビッグヒットを記録しています。5(日)にも札幌1R札幌4Rなどで活躍をみせ、新潟メインG3レパードSでも◎グリム推奨で的中!前週に続き快進撃をみせた先週はトータル回収率143%、収支25万590円の大幅プラスを記録。2週連続の週末プラス達成となりました。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(土)の札幌3Rでは◎リーゼントアイリス(単勝74.3倍)の予想を披露し、10万5,300円を払戻し。さらに、5(日)には札幌10Rの◎セイカエドミザカ(単勝139.9倍)単複的中をはじめ、小倉7R新潟10R新潟12Rなど好調予想を連発!週末2日間のトータルでは、回収率203%、収支21万7,140円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)札幌6R小倉11Rの的中等でこの日のプラスを決めると、5(日)には小倉8Rなどで好調予想を披露。土日2日間のトータルで回収率104%をマークし、これで3週連続の週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →“帰ってきた”凄馬勝子プロ
大波乱となった5(日)札幌4Rで、印を打った5頭中4頭による1~4着(×△◎▲)決着で的中。単勝17.7倍→同98.0倍→同11.6倍の3連複1656.4倍×400円分など、総払戻し95万6,500円のホームランとなりました。週末2日間トータルでは、回収率190%、収支58万1,800円プラスの好成績をマークしています。2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、マカロニスタンダーズプロ(144%)、豚ミンCプロ(143%)、はははふほほほプロ(122%)、セイリュウ1号プロ(121%)、スガダイプロ(108%)、河内一秀プロ(105%)、おかべプロ(101%←5週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年8月5日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/レパードS G3(スガダイプロ)
閲覧 827ビュー コメント 0 ナイス 0

本日はウマニティ公認プロ予想家のスガダイプロに2週連続で登場してもらいます。先週の当欄で提供したクイーンSの予想は不発に終わるも、もうひとつの重賞のアイビスSDはしっかり的中。持ち前の予想力の高さを示してくれました。今週のターゲットはレパードS。本年のダート1800m以上、重賞ともにプラス収支を計上している最強予想家は、どこに狙いを定めたのでしょうか。

本命は⑧プロスパラスデイズ「安定感には欠けるものの勝つときは実に鮮やか。とくに前走の濃尾特別は時計的にも優秀で、力通りの走りができれば、重賞のここでも通用する」とそのポテンシャルを高く評価しました。対抗は「揉まれ弱い反面、すんなり先行できれば粘り込み可能」な⑥グリム。単穴は「勝ち味に遅いが安定感が魅力」の⑭グレートタイム。以下、④ドンフォルティスを押さえ、馬券は単複⑧、馬連流し⑧→④⑥⑭、3連複ボックス④⑥⑧⑭で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年6月20日(水) 16:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/16~6/17)日曜100万オーバーのサウスプロ筆頭に、ろいすプロ、山崎エリカプロ、岡村信将プロらが回収率130%超を達成!
閲覧 590ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、17(日)に函館競馬場でG3函館スプリントSが、東京競馬場でG3ユニコーンSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館スプリントSは、ポンと好発を決めた2番人気ワンスインナムーンを内から交わした3番人気セイウンコウセイが先頭へ。軽快なラップを刻み前半3Fを33.1秒(推定)で通過すると、1番人気ナックビーナスも3番手に続き上位人気3頭が後続を率いる形で直線へ。最内で粘り込みを図るセイウンコウセイに、ワンスインナムーンナックビーナスと迫り、最内を突いてはタマモブリリアン、後続からはヒルノデイバローラインスピリットあたりも徐々にエンジン点火。残り100mを切って後続勢が前との差を一気に詰め、馬群が一気に凝縮しますが、先頭を行くセイウンコウセイも必死の応戦。最後際どく追い込んだ10番人気ヒルノデイバローセイウンコウセイがハナ差振り切って、逃げ切りV。G1高松宮記念以来の重賞2勝目をあげています。3着には、1、2着馬の間をしぶとく伸びて最後まで食い下がった1番人気ナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ山崎エリカプロ夢月プロ河内一秀プロ他、計12名が的中しています。
 
G3ユニコーンSは、セイウンクールガイが逃げて一団馬群のまま直線へ。序盤後方追走から外々を回って進出した1番人気ルヴァンスレーヴは、早くも先団に取り付き4番手。2番人気グリムは好位の馬群の中、3番人気グレートタイムはその直後のインとなって叩き合いに持ち込まれます。抜群の手応えのルヴァンスレーヴがあっさりと抜け出すと、そのまま勝負付けを済ませて独走へ。2番手で粘り腰を見せるセイウンクールガイに、徐々に後続各馬も迫りますが、これらは離れた2着争いまで。結局、3馬身1/2差を付けて1番人気ルヴァンスレーヴが完勝を飾っています。一方、ゴール手前で5~6頭が横一線となった混戦の2着争いは、外に持ち出してラスト伸びたグレートタイムと、馬群を縫うように伸びて上り最速をマークしたエングローサーの2頭が最後に抜け出し一騎打ちの態勢に。軍配は外グレートタイムに上がり、アタマ差で7番人気エングローサーの結果となっています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロサラマッポプロ岡村信将プロジョアプロ佐藤洋一郎プロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
17(日)の東京1Rで、いきなりの3連単31万2,820円馬券的中、計125万オーバー払戻しのホームランをマークすると、他にも函館5R函館12Rなどで的中を披露!週末2日間トータルで、回収率238%、収支99万6,350円プラスのトップ成績をマーク!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
16(土)の東京2Rミュゼット(単勝12.2倍)、東京5Rラインカリーナ(単勝89.4倍)、17(日)東京2Rケイツーリラ(単勝64.7倍)など、随所に好調予想を披露!週末トータル回収率191%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
先週は、17(日)阪神11Rでの◎○▲パーフェクト予想(馬券は◎ベステンダンク-○タイセイサミットの馬連ほか的中)や、G3函館スプリントSでの◎セイウンコウセイ-△ヒルノデイバロー馬連的中などをマーク!週末トータルでは回収率132%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
17(日)の函館1R函館2RG3函館スプリントS東京12R阪神3Rなど、随所に好調◎を披露した先週は、回収率130%、収支13万2,000円のプラスを記録。こちらも2週連続週末プラスをマークしています。
 
 
この他にも、おかべプロ(126%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(115%←6週連続週末プラス)、河内一秀プロ(114%←2週連続週末プラス)、サラマッポプロ(110%)、馬侑迦プロ(107%)、霧プロ(102%)、夢月プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年6月18日(月) 18:45 ROBOTIPプロジェクトチーム
~運用回顧~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(ユニコーンS G3)
閲覧 716ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。ウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想をお届けしている当コラム。本日は先週の運用結果を振り返っていきたいと思います。

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

早速ですが、先週行われた『ユニコーンS G3』です。結果画像をご覧ください。





全ロボ1番手評価だった◎グリムは馬群に沈む一方で、いずれのロボも4番手以内馬同士での決着に。ワイドで2点、うまくすれば3点総獲りも期待出来るかとレース前はみていたのですが、甘くはなかったですね。なんとか的中だけ残す格好に終わってしまいました。





そして、各ロボットの週末トータルの成績です。

【先週の運用結果】




こちらは久しぶりに全てのロボで成績に大きな差がない運用状況で、総じて90%以上をキープする結果となりました。函館での健闘が目立っていた印象です。しかし、その健闘ぶりを象徴する函館SSでのせっかくの一撃があったにもかかわらず、それをコラムで予想対象レースとして取り上げていないとは、何たる不覚・・・(+_+)



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティの会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年6月17日() 13:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(ユニコーンS G3)
閲覧 398ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『ユニコーンS G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命は◎グリムで勝率18.8%。他、上位人気どころが5番手までを占めています。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎グリムがトップ評価で、勝率17.1%との算出。ただ、こちらは2番手○グレートタイムと勝率は拮抗していて、“2強”の構図となっているようです。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらもトップは◎グリムで、今回最高の勝率21.5%でやや抜け出している格好です。


【まとめ】
今回は全ロボ◎グリムで、その他上位評価の各馬もほとんど人気どころ、かつ顔ぶれも変わらずの状況となりました。レース的にも平穏決着傾向のこのレースですし、やはり堅い決着となるのでしょうか。個人的にはプロスパラスデイズあたりにも期待していますが、いずれにしてもアタマという意味では強い馬の強いレースを期待したいですね。


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

グリムの口コミ


口コミ一覧
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 8

◎:④インティ
〇:⑤スマハマ
▲:⑦アンジュデジール
△:①グレンツェント
×:②アスカノロマン


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連流し
④→⑤⑦①②



 ◎は④インティにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価2位
未勝利から5連勝中。しかも近走は圧勝で勝ち上がっています。
初重賞挑戦ですが、あっさりクリアしそうな勢いを感じます。
枠もいいところを引いたと思います。


 ○は⑤スマハマにしました。
指数3位。
3歳時には、ヒヤシンスステークスを勝ち、
青竜ステークスではグリムの2着。オメガパフュームには先着しています。
レベルの高い3歳世代でもトップクラスの能力はあると思っています。
ただ、その青竜ステークス以来のレースなので、一叩き感は強いですね。
レース感が戻っているかということと馬体重がどれほどで出走してくるかに注目したいです。


 ▲は⑦アンジュデジールにしました。
指数4位。
前々走でJBCレディスクラシックを勝ち、前走のチャンピオンズカップでも4着と好走しています。
今が充実期なのかもしれませんね。
GⅡでこのメンバーならあっさり買ってもおかしくないと思います。
横山典騎手がどんな作戦で来るのかも注目したいですね。


△以下では、①グレンツェントに注目です。
一昨年の勝ち馬。その勝ち以来不調が続いていますが
ここで勝つ味を思い出すかもしれません。
最内枠を引きましたし。ミナリクがどんな手綱さばきを見せる注目したいところです。

 ちびざる 2018年12月24日(月) 22:03
【交流重賞】名古屋グランプリ(JpnⅡ)の結果
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 8

1着:⑧チュウワウィザード
2着:①ミツバ
3着:⑦グリム


1着の⑧チュウワウィザードは〇
2着の①ミツバは▲
3着の⑦グリムは◎

でした。

私の注目馬の⑦グリムは3着でした。

予想買い目は、
馬連流し
⑦→①⑧
ワイド
⑦→⑥

でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○


私が注目馬の⑦グリムは3着でした。
スタートは、普通に出ました。すんなりハナには立てましたが、①ミツバが早めに競りかけてきたので
息が入らない展開になったのが全てですね。
そのため、最後は伸びませんでした。
2500Mの距離も微妙に長かったかもしれませんね。

 
1着の⑧チュウワウィザードですが、楽に3番手追走が良かったですね。
前のグリムミツバの2頭が良いペースでレースを作ってくれたのも勝因だと思います。
連勝中の勢いも感じました。
この馬も3歳馬でしたね。(笑)
このレースを勝ったことでダート中距離で戦うメドがたったと思います。


2着の①ミツバは近走が一息だったのを払拭する2着好走でした、
今日は、早めの動くことで好走しました。
これは福永騎手の好騎乗だったと思います。
これがきっかけで好位からの競馬をするかもしれませんね。
追走していたグリムが脚は鈍ったのと対照的に最後まで脚が鈍らなかったのは
スタミナがあるということだと思います。
今日のような競馬ができれば、成績は安定すると思いますが・・・。
次走も注目したいと思います。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 しんすけ47 2018年12月24日(月) 10:30
名古屋グランプリ
閲覧 88ビュー コメント 1 ナイス 19

も買うてみんべか?

名古屋11R 名古屋グランプリ

◎⑧チュウワウイザード
〇⑥カツゲキキトキト
△①ミツバ
△⑤センチュリオン
△⑦グリム

馬連⑧ー①・⑥への2点へ400円。
馬単⑧ー①・⑥への2点へ200円。
三連複⑥・⑧ー①・⑤・⑦への3点500円。
三連単⑧ー⑥ー①・⑤・⑦への3点へ200円。
三連単⑧ー①・⑤・⑦ー⑥への3点へ200円。

に変更したよ。

チュウワウイザードとカツゲキキトキトに期待でーす。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グリムの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

グリムの写真

グリム
グリム
グリム

グリムの厩舎情報 VIP

2018年8月5日レパードステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グリムの取材メモ VIP

2018年8月5日 レパードステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。