ヒラボクラターシュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヒラボクラターシュ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2015年3月16日生
調教師大久保龍志(栗東)
馬主株式会社 平田牧場
生産者辻 牧場
生産地浦河町
戦績11戦[5-2-0-4]
総賞金8,450万円
収得賞金5,250万円
英字表記Hiraboku la Tache
血統 キンシャサノキセキ
血統 ][ 産駒 ]
Fuji Kiseki
Keltshaan
ヒラボクウィン
血統 ][ 産駒 ]
ワイルドラッシュ
エンキャンタドゥ
兄弟
前走 2019/02/11 佐賀記念 G3
次走予定

ヒラボクラターシュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/11 佐賀 8 佐賀記念 G3 ダ2000 11--------1** 牡4 55.0 山本聡哉大久保龍522(--)2.05.7 -0.0----リーゼントロック
18/12/02 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1581495.3119** 牡3 56.0 四位洋文大久保龍518(0)1.51.3 1.237.0ルヴァンスレーヴ
18/11/18 福島 11 福島民友C OP ダ1700 158141.911** 牡3 55.0 丸山元気大久保龍518(-8)1.45.1 -0.437.5ドライヴナイト
18/09/29 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 163519.184** 牡3 53.0 池添謙一大久保龍526(0)2.02.6 1.137.5オメガパフューム
18/09/16 中山 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 9663.421** 牡3 53.0 内田博幸大久保龍526(+4)1.51.4 -0.237.5アングライフェン
18/08/05 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 1581543.0102** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍522(+4)1.52.0 0.037.4⑥⑤⑥⑤グリム
18/07/07 中京 10 濃尾特別 1000万下 ダ1800 151110.754** 牡3 54.0 松山弘平大久保龍518(-8)1.50.3 0.637.8プロスパラスデイズ
18/06/24 阪神 12 リボン賞 1000万下 ダ1800 15223.417** 牡3 54.0 福永祐一大久保龍526(+6)1.53.2 0.838.2ドラゴンカップ
18/04/15 中山 5 3歳500万下 ダ1800 11661.811** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍520(-6)1.53.3 -0.338.4ゲンパチカイナル
18/03/24 中山 5 3歳500万下 ダ1800 14577.832** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍526(-2)1.53.2 0.339.6マイネルユキツバキ
18/03/03 阪神 5 3歳新馬 ダ1800 138128.051** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍528(--)1.55.2 -0.538.0リッキー

ヒラボクラターシュの関連ニュース

 ★佐賀記念を勝ったヒラボクラターシュ(栗・大久保、牡4)は、福永騎手とのコンビで名古屋大賞典(3月14日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)で重賞連勝を狙う。

 ★ドバイゴールドCの招待状が届いたエタリオウ(栗・友道、牡4)は、同レースを辞退。当初の予定通りに日経賞(3月23日、中山、GII、芝2500メートル)で始動し、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)に向かう。

★ヒラボクラターシュの競走成績はこちら

【佐賀記念(Jpn3)オープン】(佐賀)~ヒラボクラターシュが優勝2019年2月11日(月) 18:35

11日、佐賀競馬場の第8Rに行われた第46回 佐賀記念(Jpn3)オープン(ダート 右2000m サラブレッド系4才以上 別定)は山本聡哉騎手騎乗の3番人気・7番ヒラボクラターシュ(牡4)が優勝した。
勝ちタイムは2分05秒7(重)。さらにクビ差の2着に5番人気・2番リーゼントロック(牡8)、そこから8馬身差の3着に1番人気・1番テーオーエナジー(牡4)が入った。
ヒラボクラターシュは、父キンシャサノキセキ、母ヒラボクウィン、母の父ワイルドラッシュという血統で大久保龍志厩舎の所属馬。生産は浦河郡浦河町・辻牧場。馬主は(株)平田牧場。通算成績は11戦5勝。
「佐賀記念(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【佐賀記念】ヒラボクラターシュが番手抜け出し重賞初V 2019年2月11日(月) 16:41

 2月11日(祝・月)の佐賀競馬8Rで行われた第46回佐賀記念(交流GIII、4歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・右2000メートル、11頭立て、1着賞金=2300万円)は、山本聡哉騎手騎乗の3番人気ヒラボクラターシュ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)が3番手追走から直線外から伸びて交流重賞初制覇。タイムは2分5秒7(重)。

 クビ差の2着には2番手追走から4コーナー先頭、勝ち馬の内でしぶとく食い下がった松岡正海騎乗のリーゼントロック(5番人気、JRA所属)。さらに8馬身差遅れた3着に岩田康誠騎乗で逃げ粘ったテーオーエナジー(1番人気、JRA所属)。

 佐賀記念を勝ったヒラボクラターシュは、父キンシャサノキセキ、母ヒラボクウィン、母の父ワイルドラッシュという血統。北海道浦河町・辻牧場の生産馬で、(株)平田牧場の所有馬。通算成績は11戦5勝。重賞初制覇。佐賀記念は大久保龍志調教師、山本聡哉騎手ともに初優勝。

 今回は土曜東京競馬が降雪で中止となり、その代替競馬が月曜日に行われた。当初、ヒラボクラターシュに騎乗予定だったJRAの福永祐一騎手は東京で騎乗するため、急遽(きゅうきょ)、岩手競馬の所属で佐賀競馬には期間限定で騎乗している山本聡哉騎手に乗り替わりになった。

 ◆山本聡哉騎手(1着 ヒラボクラターシュ)「依頼を受けて信じられない気持ちでしたが、しっかり研究して臨みました。緊張しました。福永さんから電話をいただいて、馬の癖などを教えてもらってとても参考になりました。福永さんにはよく岩手でも良くしてもらっているので結果を出せてよかったです。3番手くらいの指示でしたし、向こう正面からの手応えがすばらしくて、返し馬でもびっくりするくらいのいい馬だなと感じたので、ヒラボクラターシュにはこれからも頑張ってほしいと思います」



【佐賀記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【佐賀記念】レース展望 2019年2月10日() 09:10

★良いリズムを取り戻したテーオーエナジー

 11日(祝・月)に佐賀競馬場で、第46回佐賀記念(交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右2000メートル)が行われる。過去の勝ち馬の中には、GI6勝を含む重賞19勝を挙げたスマートファルコン(2009年)、GI10勝の大記録を打ち立てたホッコータルマエ(2013年)など、歴史に残る名馬になった面々もいるだけに、注目したい一戦だ。



 目下10年連続でJRA所属馬が勝利を挙げている重賞だけに、今年もJRA勢の取捨が結果を占う上で重要になってきそう。そんなJRA勢の中でも人気を集めそうなのが、昨春に交流重賞の兵庫チャンピオンシップ(交流GII)を5馬身差で圧勝した実績を持っているテーオーエナジー(栗東・宮徹厩舎、牡4歳)だろう。



 兵庫チャンピオンシップ制覇後は芝の日本ダービーに挑戦したが大敗。その後は再びダート路線に戻ったものの結果が出ていなかったが、ここにきて余力十分の内容でオープン特別2連勝と良いリズムが戻ってきているだけに、久々2度目の重賞制覇となる可能性は高いと言っていい。



 前に行ける脚質だけに最内枠は問題なく、過去にこのレースを制した経験がある岩田騎手とのコンビも心強い。



★山本聡哉と新コンビ!ヒラボクラターシュが魅せるか

 テーオーエナジーに続く注目を集めそうなのが、同じ“最強4歳世代”でオープン特別2勝の実績があるヒラボクラターシュ(栗東・大久保龍志厩舎、牡4歳)。重賞タイトルこそ獲得していないが、昨夏のレパードSでは勝利したグリムとタイム差なしの2着に善戦したこともあるだけに、今回のメンバーなら通用していい。



 57キロの斤量を背負うテーオーエナジーに対して55キロと2キロのアドバンテージがあるのも有利で、初参戦となる地方の馬場さえこなせれば、勝ち切るシーンまであっていいのではないか。



 降雪の影響で土曜日の東京開催が佐賀記念と同日の月曜日に順延となったことで、鞍上は福永祐一騎手から急遽、岩手競馬の山本聡哉騎手にスイッチ。デビューから14年弱で1500勝を超える勝ち星を積み重ねている実力者が、交流重賞初制覇の大チャンスをモノにするか、注目したい。



★新天地で輝きを取り戻したグレイトパール

 JRA所属時にダート戦で6連勝。川田将雅騎手とのコンビで平安S(GIII)、アンタレスS(GIII)と2つの重賞タイトルを獲得したグレイトパール(佐賀・川田孝好厩舎、牡6歳)だったが、重賞2連勝後は故障の影響もあって3連敗と結果を残すことができなかった。



 それでも、再起を目指して佐賀競馬・川田孝好厩舎への移籍を決断すると、いきなり周防灘特別、雷山賞を連勝。いずれも2着以下に7馬身、9馬身差をつける圧勝劇で、息子が2度の重賞Vに導いた実績馬を、父が復活させる形となった。



 今回はJRA勢が相手ということで、移籍後2戦のように楽な競馬にはならない可能性は高いが、全盛期の能力を発揮できるなら、上位争いに加わって何ら不思議ではない。1996年のリンデンニシキ以来となる、地元・佐賀所属馬の勝利が叶う可能性もあるのではないか。

[もっと見る]

【佐賀記念】JRA出走予定馬が発表 2019年1月27日() 17:24

 2月11日(祝・月)に佐賀競馬場で行われる佐賀記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が27日、発表された。

 「第46回佐賀記念」(佐賀競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、グレード別定、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭タイキフェルヴール(牡4歳、栗東・牧浦充徳厩舎、騎手未定)テルペリオン(牡5歳、栗東・寺島良厩舎、騎手未定)テーオーエナジー(牡4歳、栗東・宮徹厩舎、騎手未定)ヒラボクラターシュ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎、騎手未定)メイショウスミトモ(牡8歳、栗東・南井克巳厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.リーゼントロック2.トップディーヴォ3.ピオネロ4.アスカノロマン5.コスモカナディアン

[もっと見る]

【チャンピオン】レースを終えて…関係者談話2018年12月3日(月) 05:05

 ◆横山典騎手(アンジュデジール4着) 「いいペースでいけたし、このぐらいは走ってもおかしくはない。頑張ってくれたし、言うことはありません」

 ◆C・デムーロ騎手(オメガパフューム5着) 「道中も折り合いがついて走れていた。ただ、今までより相手が強かった」

 ◆戸崎騎手(サンライズノヴァ6着) 「ゲートで待たされて少し出が遅かった。自分のリズムでいこうと思ったし、しっかり伸びてはいるんですが…」

 ◆内田騎手(ノンコノユメ7着) 「同じような脚質の馬がいて、それより外を回らされた。伸びてはいるけど、やめるようなところが出た」

 ◆松山騎手(ミツバ8着) 「しっかり真面目に走ってくれた。3、4コーナーの勝負どころでズブくなって、外に押し出される形になってしまいました」

 ◆四位騎手(ヒラボクラターシュ9着) 「もまれたことがなかったんですが、いい形でいけました。最後は止まってしまったけど、いい経験になった」

 ◆太宰騎手(アスカノロマン10着) 「直線でオッと思ったけど、最後は脚が上がりました」

 ◆吉田隼騎手(センチュリオン12着) 「周りが速かったですね。内で脚をためたけど、みんな止まっていなかったし、メンバーも強かった」

 ◆三浦騎手(インカンテーション13着) 「ゲートを上手に出たんですが、3コーナーから馬の気持ちをつなげられなかった。その辺でムラが出ましたね」

 ◆小牧騎手(アポロケンタッキー14着) 「スタートが今ひとつで…。前に行きたかったけどね。ひと脚使うと思ったけど、馬が嫌気がさしましたね」

 ◆グティエレス騎手(パヴェル15着) 「スタートが良く好位につけて運べた。4コーナーでスパートしたけど、包まれて集中力を失い、伸びませんでした」

★2日中京11R「チャンピオンズC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒラボクラターシュの関連コラム

閲覧 592ビュー コメント 1 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズCは、前走の南部杯でゴールドドリーム(チャンピオンズCは登録→回避)を撃破した3歳馬ルヴァンスレーヴが人気の中心で単勝1.9倍の1番人気。以下、2番人気にケイティブレイブ(単勝5.0倍)、3番人気にサンライズソア(同8.2倍)、4番人気にオメガパフューム(同9.2倍)、5番人気にサンライズノヴァ(同10.0倍)と続き上位人気を形成。
スタートでは、1番人気ルヴァンスレーヴの内からアンジュデジールが出ていき先頭へ。外からヒラボクラターシュが競りかけ2番手につけると、ルヴァンスレーヴは3番手のインで1コーナーに突入。ケイティブレイブは中団、サンライズソアは好位の5番手あたりにつけ、一団は向こう正面へ。
逃げるアンジュデジールの2~3馬身ほど後方の2番手にルヴァンスレーヴが続き、以下はヒラボクラターシュインカンテーションパヴェルサンライズソアミツバアスカノロマンケイティブレイブオメガパフュームといった中団にかけての位置取り。後方には、センチュリオンアポロケンタッキーサンライズノヴァノンコノユメの追走となって、離れて最後方にポツンとウェスタールンドの態勢で前半1000mを通過していきます。
マイペースの逃げとなったアンジュデジールを目がけて、3コーナー過ぎから各馬が差を詰めに掛かると、徐々に横に広がって直線入り口へと突入。逃げるアンジュデジールヒラボクラターシュの間を突いて追い出しを開始するルヴァンスレーヴに、この日は好位5番手あたりから外を回して直線を迎えたサンライズソアが一気にアンジュデジールに襲い掛かる展開。そして、4コーナー最後方から内ラチ沿いを突いて脚を伸ばすウェスタールンドもあっという間にその直後まで進出し迫ります。残り200mを過ぎてアンジュデジールルヴァンスレーヴサンライズソアと横並びになり、一時は叩き合いに持ち込まれるかにみえた瞬間、ここから1段階上のギアを披露して突き放したルヴァンスレーヴ。結局、最後は2馬身1/2差までその差を広げる完勝の内容で、JRA・G1初制覇を飾っています。2着にはルヴァンスレーヴが抜け出した後を通って浮上した8番人気ウェスタールンドが入り、そこからクビ差の3着にサンライズソアが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロサラマッポプロシムーンプロサウスプロ豚ミンCプロ西野圭吾プロ他、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、1(土)中山10R、2(日)中山5Rなどの的中を記録すると、G1チャンピオンズCでは◎ウェスタールンド(単勝32.1倍)から○◎▲的中計71,450円払戻しのファインプレー予想を披露!2日間トータルで回収率119%をマークし、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
1(土)中京5Rでの◎▲○的中、2(日)中山8Rの◎○的中、勝負予想中京9Rトライン(単勝11.4倍)、阪神11Rカフェブリッツ(単勝20.2倍)、中山11Rダイメイフジ(単勝8.0倍)、G1チャンピオンズC▲○◎的中など随所に好調予想をマークした先週は、土日トータル回収率トップの187%、収支11万7,040円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
1(土)は中山1Rでの◎○的中、阪神10Rでの◎○的中、G3チャレンジCの◎○的中、阪神12Rの△◎○的中などを筆頭に、大幅プラスを達成。2(日)にも勝負予想中京12Rなどで好調をアピールした先週は、トータル回収率136%、収支17万190円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
1(土)は中京4R(◎○▲的中)や中山9Rなどで的中をマーク。2(日)も阪神7R中山10R中京12Rなどの的中で活躍を披露しました。週末のトータル回収率は103%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(176%←5週連続週末プラス)、dream1002プロ(166%)、伊吹雅也プロ(158%)、ジョアプロ(104%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(104%←4週連続週末プラス)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月27日(火) 16:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズカップ2018
閲覧 1,660ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンCのアーモンドアイは強いのは分かり切っていましたが、それにしても異常なレコード勝ちで本当に強かったですね。この馬自身は後ろから行って、前が止まらない流れを期待していたのですが、先行している時点で「参りました」という感じですね。ロードカナロア自身は安田厩舎だったのでスプリンターになっただけで、産駒の中距離馬はこれからもたくさん出てくると思います。予想のほうは、2着以下もだいたい予想通りだったのですが、馬券的には残念な結果に。まあ、単勝1.4倍の馬を本命にしたくなくてシュヴァルグランに本命を打って散ったわけで、納得もしているところですが......。
さて、気持ちを切り替えてチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオンズカップは、気ムラな面も手伝ってか、なぜか世間評価は上がって来なかった8番人気ゴールドドリームが、栗東坂路で動けていて鞍上はR.ムーア騎手ということで本命で狙い打ち。2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーも含め気持ちよく3連単15万馬券を的中出来たレース。私にとっては、夏休みのハワイツアー資金調達に貢献してくれた縁起の良いレースでもありますので、今年もドカンと当てたいと思っています。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>

1番人気想定 ルヴァンスレーヴ:7戦6勝とスローからの上がり勝負でドンフォルティスをかわせなかった伏竜S以外は全部勝ち切っており、当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム:休み明けの前走はルヴァンスレーヴに完敗したが、マイルはちょっと忙しい感じになってきていて、1800mで斤量差1kgなら逆転があってもいい。

3番人気想定 ケイティブレイブ:逃げ・差し自在で、今年はダイオライト記念、日本テレビ盃、JBCクラシックを勝ち、帝王賞は2着とダート路線の主役に君臨しており、当然やれていい。

4番人気想定 オメガパフューム:ダートは強いと評判の3歳世代No.2で、7戦4勝2着2回3着1回とすべて馬券になっている馬。前有利な中京が微妙にしても、好勝負可能だろう。

5番人気想定 サンライズノヴァ:ハラハラさせながらもしっかり差し切ってという競馬で3連勝中だが、勝ち切るには中京はあまり向いていない感じもする。

6番人気想定 サンライズソア:今年は名古屋大賞典、平安S勝ちにJBCクラシック3着と、伸び盛りの時期だけにここでも好走を十分期待できる。

7番人気想定 ノンコノユメ:今年は1月に根岸Sで復活の勝利をあげ、その勢いのままにフェブラリーSも勝ったが、以降は3戦連続4着といまひとつな状況。昨年9着、一昨年6着とあまり中京1800mは向いていないようで、東京マイルあたりが一番いいのだろうが、人気が無いならヒモにはありか。

8番人気想定 インカンテーション:8歳の暮れだが、衰え少なく長く活躍してきた。ただ、前走の内容を見るとはさすがにちょっと衰えてきたかなあという印象。そこそこ人気だろうし、消して妙味か。

9番人気想定 アンジュデジール:JBCレディスクラシックを鋭く差して勝ったが、牡馬相手には通用しておらず買えない。

10番人気以下想定 

センチュリオン:3月にオープン特別とマーチSを連勝し、秋も白山大賞典で2着したが、JBCクラシックでは11着と惨敗。今回、人気を落としそうだが3着ならあるかも。

パヴェル:アメリカのダートG1馬で、G1では他にも2着、3着各1回に4着3回と強い馬なのだろうが、アメリカと日本の砂質は違いあまり買いたくない。

アポロケンタッキー:+16kgで惨敗したJBCクラシックだったが、1月の川崎記念ではさらに1kg重い575kgでも2着と走っており、そこだけに原因を求める訳にはいかないか。巨漢馬のこのくらいの馬体重変動はそれほど問題ではないのかもしれない。以前ステロイド使用が問題になった馬でもあり、さらに増えるのはさすがに良くないのだろうが。今回は一気に人気を落としそうだが、このレースは昨年取り消し、一昨年5着とそこそこやれてもいい。

ウェスタールンド:夏にオープン入りしてすぐシリウスS2着の後、前走の武蔵野Sでは接触の不利もあって3番人気7着と負けたが、巻き返しは十分にあるとみている。ヒモ候補。

クインズサターン:昨秋にオープン入りして以降、今年は重賞で2着2回3着2回と結構強い相手に人気以上に走っており、ヒモに入れる手はありか。

アスカノロマン:一昨年のこのレースの3着馬で前走のJBCクラシックでも6着と意外にまだ衰えは小さいようで、3連単の3着あたりには入れてもいいのかも。

ヒラボクラターシュオメガパフュームのところでも触れた、豊作と言われる今年の3歳牡馬ダート路線。この馬もそれを証明するように古馬を相手に、9月、11月にオープン特別を勝っていて、その前の同世代相手のレパードSではグリムの2着に好走の実績あり。ヒモに加えるのはありか。

チュウワウィザード:6戦4勝の戦歴で、3歳暮れで既にこの舞台まで駆け上がってきた。来年あたりは主役になっているかも。先物買いでヒモに入れるかどうか。

ミツバ:追い込んだり、派手な大逃げを打ったりと気難しい馬で、ここ2戦は1番人気を裏切り、かつ前走の白山大賞典は11着と惨敗でもあり人気落とすだろうが、要は気持ちが乗れば走れていい。昨年も12番人気6着とそこそこやれており、穴としてヒモには加えたい。

メイショウスミトモ:遅咲きダートステイヤーで昨年9月にシリウスS(2000m)、12月には交流重賞の名古屋GP(2500m)を制したが、今年はさすがに衰えてきていて買えない。

ダノングッド:1600万下クラスに上がって以降は1200~1400mが主戦場で、短距離の追い込み馬となっている現状では、この舞台は合わない。


<まとめ>あまり消せる馬がおらず、特に3着は手広くいく予定。

有力:ルヴァンスレーヴゴールドドリームケイティブレイブオメガパフュームサンライズノヴァ

ヒモに:サンライズソアノンコノユメセンチュリオンアポロケンタッキー

穴に(3着なら):ウェスタールンドクインズサターンアスカノロマンヒラボクラターシュチュウワウィザードミツバ

[もっと見る]

2018年8月6日(月) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/4~8/5)G3レパードS◎△的中計13万超払戻しの山崎エリカプロが土日回収率トップ!
閲覧 1,236ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、5(日)に小倉競馬場でG3小倉記念が、新潟競馬場でG3レパードSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3小倉記念は、マウントゴールドが逃げて前半1000mを1分ちょうどで通過する流れ。1番人気トリオンフは終始2番手でぴったりマークする形で運びます。押さえ切れないといった感じの手応えで、3コーナーあたりから徐々にハナを窺うと、そのままトリオンフが堂々の先頭に立って直線へ。2番手で依然粘りを見せるマウントゴールドに対し、好位勢からはサトノクロニクルエーティーサンダーが3、4番手の位置から追い上げます。しかし、単独先頭に立ってからも、楽々と後続をちぎる横綱競馬を見せたトリオンフが、3馬身をつけゴール。1分56秒9のコースレコードのおまけ付きで、重賞2勝目を飾っています。2着には2番人気サトノクロニクルが浮上し、クビ差の3着に5番人気マウントゴールドが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ☆まんでがんプロ河内一秀プロマカロニスタンダーズプロ他、計15名が的中しています。
 
G3レパードSは、5番人気グリムが引っ張る展開。最後方からとなった1番人気グレートタイムをはじめ、上位人気各馬は4番人気アルクトスを除き、軒並み中団~後方にかけての追走となります。向こう正面を通過し、後方勢が徐々に押上げを開始。3、4コーナーにかけて馬群が徐々に凝縮していきながらの展開となりますが、先団はグリムフロリアヌスビッグスモーキーの態勢変わらずのままで直線へ。グリムを追って、外から9番人気ビッグスモーキーが浮上し、これに外から被せるように10番人気ヒラボクラターシュも進出をみせ、2、3番手争いに加わってきます。残り100mを過ぎて、真ん中ビッグスモーキーは苦しくなって後退。依然先頭で逃げ込みを計るグリムに、ヒラボクラターシュが勢いよく馬体を並べますが、最後はグリムがクビ差振り切ってV。2着ヒラボクラターシュから3馬身差の3着には、粘り込んだビッグスモーキーが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ山崎エリカプロ夢月プロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロくりーくプロら6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)のG3レパードSで、◎グリムから馬連231倍を含む計13万6,500円払戻しのスマッシュヒットを披露!この他にも、先週は4(土)札幌12Rや、5(日)札幌9Rなどで的中を披露し、土日2日間トータル回収率はトップの229%、収支は14万1,960円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
4(土)の小倉7Rで◎プリズマティコの単勝1万円1点勝負的中を披露!37万3,000円払戻しのビッグヒットを記録しています。5(日)にも札幌1R札幌4Rなどで活躍をみせ、新潟メインG3レパードSでも◎グリム推奨で的中!前週に続き快進撃をみせた先週はトータル回収率143%、収支25万590円の大幅プラスを記録。2週連続の週末プラス達成となりました。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(土)の札幌3Rでは◎リーゼントアイリス(単勝74.3倍)の予想を披露し、10万5,300円を払戻し。さらに、5(日)には札幌10Rの◎セイカエドミザカ(単勝139.9倍)単複的中をはじめ、小倉7R新潟10R新潟12Rなど好調予想を連発!週末2日間のトータルでは、回収率203%、収支21万7,140円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)札幌6R小倉11Rの的中等でこの日のプラスを決めると、5(日)には小倉8Rなどで好調予想を披露。土日2日間のトータルで回収率104%をマークし、これで3週連続の週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →“帰ってきた”凄馬勝子プロ
大波乱となった5(日)札幌4Rで、印を打った5頭中4頭による1~4着(×△◎▲)決着で的中。単勝17.7倍→同98.0倍→同11.6倍の3連複1656.4倍×400円分など、総払戻し95万6,500円のホームランとなりました。週末2日間トータルでは、回収率190%、収支58万1,800円プラスの好成績をマークしています。2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、マカロニスタンダーズプロ(144%)、豚ミンCプロ(143%)、はははふほほほプロ(122%)、セイリュウ1号プロ(121%)、スガダイプロ(108%)、河内一秀プロ(105%)、おかべプロ(101%←5週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年6月10日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年06月10日号】特選重賞データ分析編(102)~2018年ユニコーンステークス~
閲覧 1,700ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2018年06月17日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2011年以降)】
דJRA、かつ500万下のレース” [1-0-1-35](複勝率5.4%)
○“JRA、かつ500万下のレース”以外 [6-7-7-54](複勝率27.0%)

 500万下を勝ち上がったばかりの馬は過信禁物。それなりに人気を集めた馬も少なくありませんが、ほとんど上位争いに食い込めていません。なお、前走の条件が“JRA、かつ500万下のレース”、かつ前走の着順が1着だった馬のうち、前走の2位入線馬とのタイム差が0.5秒未満だった間は2011年以降[0-0-0-29](複勝率0.0%)とさらに苦戦していました。

主な「○」該当馬→ハヤブサマカオーリョーノテソーロルヴァンスレーヴ
主な「×」該当馬→ヒラボクラターシュホウショウナウレピアーウィット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“JRA、かつ1000万下から上のクラスのレース”ならびに“地方のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以内」だった馬は2011年以降[5-4-4-13](複勝率50.0%)
主な該当馬→ハーベストムーンハヤブサマカオー

[もっと見る]

2018年3月30日(金) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/24~3/25)夢月プロが回収率152%、収支37万8,890円の大幅プラスをマーク!
閲覧 780ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、25(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝1番人気にレッドファルクスが推され、以下単勝ひとケタ台にファインニードルレッツゴードンキダンスディレクターと3頭が続く形で発走を迎えます。
まず先頭に立ったのは、最内枠からセイウンコウセイ。これに外からダイアナヘイローが並び掛けていきこの2頭が後続を引き連れる形となります。リエノテソーロブリザードが直後に続き、出遅れたネロは押し上げて直後の5番手まで進出。以下は一団で、ナックビーナスレッツゴードンキファインニードルダンスディレクタージューヌエコールレーヌミノルスノードラゴンシャイニングレイキングハートラインミーティアラインスピリットと続き後方2番手をレッドファルクス、最後方にノボバカラの態勢で先頭は早くも3コーナーへ。
前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、僅かに先頭はセイウンコウセイとなって4コーナーを回ります。依然、後方2番手のままのレッドファルクス、2番人気ファインニードルは中団外を回って手応えよく進出を開始、3番人気レッツゴードンキは対照的にインの中団からと、人気各馬は三者三様の位置取りで直線勝負へ。
迎えた直線、内を突いて早々セイウンコウセイに並び掛けたのはレッツゴードンキ。直後からはダンスディレクターが、これもインを突いて追撃態勢に入ります。レースを引っ張るこれら3頭が、内の悪いところを割けるように徐々に外に持ち出すようにして残り200mを通過すると、次第に覇権争いは馬場の中央での叩き合いに持ち込まれます。渋太く食い下がるセイウンコウセイの外からブリザードナックビーナスファインニードルといったところが脚を伸ばし前を射程圏の勢い。一方で、後方から進路に手間取りながら懸命に追い上げるレッドファルクスはここで敗戦濃厚の態勢となります。残り100mを切って、レッツゴードンキの内からダンスディレクター、外からはナックビーナスファインニードルが並び掛け、勝負の行方はこの4頭に絞られると、大外を通ったファインニードルがこの叩き合いに終止符を打つゴール前でのラストひと伸びを披露し見事戴冠。嬉しいG1初制覇を連勝で飾っています。ハナ差の2着にレッツゴードンキが残し、そこから1/2馬身差の3着には10番人気のナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ伊吹雅也プロゼット1号プロろいすプロ蒼馬久一郎プロほか、計9名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
24(土)の阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中で34万5,720円払戻しを記録すると、続く阪神3Rでは◎○馬連1点的中で30万8,000円払戻しと立て続けにビッグヒットをマーク!25(日)にもG3マーチSでの◎センチュリオンクインズサターン的中などを披露した先週は、週末トータル回収率152%、収支37万8,890円の大幅プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
24(土)の阪神6Rで、3連単など計48万5,530円払戻しのビッグヒットを披露!土日トータル回収率116%、収支11万8,080円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
24(土)の中山5Rでは◎マイネルユキツバキヒラボクラターシュ×キタノユウキの印で、3連単658倍含む計27万5,550円払戻しのスマッシュヒット!25(日)にも勝負レースの中山2Rなどできっちり仕事を果たした先週は、週末トータル回収率100%をマークしています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(253%)、エース1号プロ(169%)、【U指数】3連単プリンスプロ(150%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(123%)、伊吹雅也プロ(120%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、おかべプロ(113%←8週連続週末プラス)、ろいすプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、くりーくプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週は注目G1大阪杯に加えて、新プロ(豚ミンCプロと馬侑迦(まゆか)プロ)も登場!
この春ますます注目の『競馬プロ予想MAX』に集う、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にぜひご期待下さい。

[もっと見る]

ヒラボクラターシュの口コミ


口コミ一覧
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 7

1着:⑦ヒラボクラターシュ
2着:②リーゼントロック
3着:①テーオーエナジー


1着の⑦ヒラボクラターシュは〇
2着の②リーゼントロックは×
3着の①テーオーエナジーは◎

でした。

私の注目馬の①テーオーエナジーは3着でした。

予想買い目は、
ワイド
①→⑩

でしたので、予想はハズレました。(>_

 やすの競馬総合病院 2019年2月11日(月) 18:46
京都記念・共同通信杯・クイーンC・佐賀記念・洛陽Sの感想の巻
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 2

それでは、時系列に沿って感想を書いていきましょう。

☆洛陽Sの感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 7(アイトーン)、ワイド 7-3・8・10はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

本命馬アイトーンは0.3差4着で頑張ってくれたんですけど、
もうちょっと前で持久力活かす競馬してくれたら、どうなってたのかな~。
ワイドの相手に選んでた3頭が1・2・3着にきてて、
本命馬が4着という、恥ずかしい外れ方を披露しちゃいました。

出走馬達へのコメント
1着グァンチャーレ
7歳のベテランですけど元気ですし、
OP特別での安定感はさすがですね~。
重賞に行きたければ俺を倒してからにしろ的な
重賞への門を守る屈強な門番のように見えます。

3着カツジ
脚質の幅が狭すぎる不器用系なんで、
展開向いたら格上相手でも大仕事をしたりするけど、
展開向かないと格下相手にも普通に取りこぼす馬って感じかな~。


☆京都記念の感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 2(ノーブルマーズ)、馬連 2-8・10、ワイド 2-8はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

洛陽Sに続いて、本命馬が着外で、相手に買った馬が1・2着って・・・。
かゆい、かゆい、かゆい!!!と全身をかきむしりたくなりましたよ~。
この予想センスのなさは不治の病ですね(笑)

出走馬達へのコメント
1着ダンビュライト
能力のバランスが良く、どんな条件下でも自分の力は出し切れる半面、
突出して高い能力がないんで、相手が強くなると勝ち切れないですが、
今回はクビ差まで詰め寄られたけど勝ち切りましたね~。
松若とのコンビで3戦3勝ですけど、前めのいい位置で乗ってるし、
この馬の持ち味をよくわかった乗り方してるんですごく合ってると思います。

2着ステイフーリッシュ
惜しい2着なんで悪くはないんですけど、
これからは中距離重賞の渋い脇役ポジションになっていくのかな?
ここをすんなり勝てればまたイメージも変わったんですけどね~。

3着マカヒキ
このメンバーで3着じゃ中距離ではもう頭打ちなんで、
個人的には1600m前後の距離中心に使ってほしいんですけどね~。

9着ノーブルマーズ
日経新春杯はタフな競馬だったんで後方からでもOKだったけど、
昨日の流れだったら先行して持久力活かす競馬しないとだめですよ~。
日経新春杯の好走が悪い意味で騎手に影響与えてしまったかも。


☆共同通信杯の感想☆
ブログ予想の買い目、単勝 1(ダノンキングリー)は単勝4.2倍が的中!!!
実際の馬券も同じのを買いましたが単勝4.2倍が的中!!!

日曜の東京の予想は前日の雪の影響がわからないから、
ブログで予想せずに当日にツイッターで予想したんですが、
単勝1点でバッチリ当たった時に限ってブログに書いてないから、
ツイッター見てくれた人にしか的中が伝わらず少し残念でした(笑)

出走馬達へのコメント
1着ダノンキングリー
前走のひいらぎ賞が強い内容だったけど、
競馬内容や血統的に東京でさらに高いパフォーマンスを出すと思ってたら、
上がり3F32.9という極上の切れ味で2歳王者を倒しちゃいましたね~。
3戦3勝の無敗馬やし、あの勝ちっぷりなんで今後がますます楽しみです。

2着アドマイヤマーズ
ここは賞金的に絶対に負けられない戦いでもなかったし、
57kgで1着馬より斤量1kg重かったし、
瞬発力の質の高さの差でダノンキングリーには差されたけど、
ここまで極端な瞬発力勝負になることもそんなにないと思うし、
3着以下には4馬身つけてるんで悲観するほどではないかな~。


☆クイーンCの感想☆
ブログ予想の買い目、
単勝 1(マドラスチェック)
単勝 8(マジックリアリズム)
単勝 7(カレンブーケドール)
はハズレ。
実際の馬券も同じのを買いましたがハズレ。

阪神JFがそんなにレベル高いと思わなかったし、
桜花賞までまだ日数があるこの時期なら、
阪神JF2・3着馬の2頭が取りこぼす可能性あると思ったんですが、
阪神JF2・3着馬が1・2着でGI好走馬なめんなよ!!!とお仕置きされちゃいましたね~。

出走馬達へのコメント
1着クロノジェネシス
流れが遅いのに位置取りを下げたんで危ないかも?と思ったんですが、
上がり3F33.1で差し切りましたね~。
阪神JF以来で1kg重い斤量55kgでも勝ち切れたんで、
桜花賞に向けていい2019年の初戦になりましたね。

2着ビーチサンバ
出遅れて後方からの競馬になっちゃいましたけど、
メンバー中最速の上がり3F32.9でクビ差の2着。
溜めたらこんな脚も使えるのか~と驚きましたが、
GIとか強い馬が多くなったら、溜めて末脚活かすより、
好位~中団で競馬して器用さ活かした方がいいタイプだと思います。
今日は負けたけど、賞金加算できたんで最低限の結果は残しましたね。


☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに無制限
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。

参加者は誰でも大歓迎ですし、
気が向いた時だけの参加も全然OKなので、
常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、
ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、
ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、
いろいろな記録については、このブログの転載元である、
ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


☆おまけ☆
佐賀記念も予想して馬券買ったんですけど、
1着ヒラボクラターシュ
2着リーゼントロック
から8馬身離されて
3着テーオーエナジー

JRAのOP特別2連勝中で絶対勝つと思ってたテーオーエナジーがこんな負け方するなんて、
ぼくには想像すらできなかったので、
部屋の隅っこで体育座りをしながら、
「競馬怖い、競馬怖い、競馬怖い、競馬怖い、競馬怖い」
と呪文のように唱えて、ブルブル震えてましたよ~。

佐賀記念を見事に勝った山本聡哉騎手は、
禁止薬物問題で開催ができず休止中になってる岩手競馬から期間限定で佐賀に来てたこと、
土曜のクイーンCが順延で福永が佐賀記念に乗れなくなったこと、
いろんな事情が重なって急遽依頼されての騎乗でしたが、
千載一遇のチャンスで見事に結果出しましたね!
おめでとうございます~~~~~!!!!!

岩手競馬は禁止薬物事件が何度も発生して暗い話題が多いけど、
早く犯人が捕まって、健全な状態で開催できるといいですね。

[もっと見る]

 しんすけ47 2019年2月11日(月) 11:19
佐賀記念
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 17

佐賀8R 佐賀記念

◎①テーオーエナジー
〇⑦ヒラボクラターシュ
▲⑨メイショウスミトモ
△④アスカノロマン

三連複①・⑦ー④・⑨への2点。
三連単①・⑦ー①・⑦ー④・⑨への4点。

グレイトパールが復活したのかどうか?前2走は圧勝だけど佐賀なんで正直分りかねるね。
それでこの配当になるのなら来たらごめんねぇ~、でぶった切り。
展開面考慮してテーオーエナジーとヒラボクラターシュは3着内は固いでしょ?
相手も中央2騎に絞って。中央では後ろからだけど地方なら中段に位置取れそうだしね。

当たって頂戴ねぇ~(^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒラボクラターシュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヒラボクラターシュの写真

ヒラボクラターシュ

ヒラボクラターシュの厩舎情報 VIP

2018年12月2日チャンピオンズカップ G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヒラボクラターシュの取材メモ VIP

2018年12月2日 チャンピオンズカップ G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。