メートルダール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
メートルダール
メートルダール
メートルダール
メートルダール
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2013年2月22日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[6-2-6-10]
総賞金19,424万円
収得賞金4,950万円
英字表記Maitres d'Art
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
イグジビットワン
血統 ][ 産駒 ]
Silver Hawk
Tsar's Pride
兄弟 アールブリュットムスターヴェルク
前走 2019/10/06 京都大賞典 G2
次走予定

メートルダールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 17713153.5148** 牡6 56.0 和田竜二戸田博文488(+6)2.24.5 1.036.0⑧⑧ドレッドノータス
19/07/14 函館 11 函館記念 G3 芝2000 164817.587** 牡6 57.0 武藤雅戸田博文482(-2)2.00.8 1.235.2⑪⑩⑫⑬マイスタイル
19/04/29 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 163512.049** 牡6 57.0 福永祐一戸田博文484(-8)1.59.4 0.833.7⑧⑨メールドグラース
19/03/10 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 1381347.71013** 牡6 56.0 福永祐一戸田博文492(+4)2.01.8 1.735.2⑪⑪⑪⑪ダノンプレミアム
19/01/20 中山 11 AJCC G2 芝2200 1181025.953** 牡6 56.0 O.マーフ戸田博文488(+2)2.13.8 0.134.1⑦⑧⑥⑥シャケトラ
18/12/08 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 147114.635** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文486(-4)2.00.2 0.936.0⑨⑨⑨⑨ギベオン
18/09/02 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 134515.462** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文490(+20)1.57.8 0.333.6⑫⑬ブラストワンピース
18/04/01 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 16816249.11410** 牡5 57.0 松山弘平戸田博文470(-12)1.59.3 1.134.5⑫⑫⑬⑫スワーヴリチャード
18/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 9229.948** 牡5 56.0 福永祐一戸田博文482(+2)2.02.9 1.334.5⑥⑦⑦⑦スワーヴリチャード
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 187135.421** 牡4 55.0 C.デムー戸田博文480(+4)1.59.3 -0.233.6⑪⑪⑩⑧ミッキーロケット
17/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 16364.2112** 牡4 56.0 M.デムー戸田博文476(+6)1.33.3 1.133.7⑪⑪マルターズアポジー
17/06/11 東京 10 多摩川S 1600万下 芝1600 118103.121** 牡4 58.0 M.デムー戸田博文470(-12)1.34.3 -0.033.0ハクサンルドルフ
17/05/07 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 166112.413** 牡4 55.0 浜中俊戸田博文482(+4)1.58.9 0.334.1⑨⑩サンデーウィザード
17/02/19 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 14332.411** 牡4 56.0 M.デムー戸田博文478(+6)1.58.3 -0.234.1⑤⑦⑤トーセンマタコイヤ
16/11/27 東京 10 ウェルカムS 1600万下 芝1800 12562.513** 牡3 55.0 福永祐一戸田博文472(+6)1.47.2 0.234.7⑥⑤④ナスノセイカン
16/10/30 東京 9 精進湖特別 1000万下 芝2000 10892.911** 牡3 55.0 福永祐一戸田博文466(-2)2.02.4 -0.333.2⑦⑥⑥トーセンマタコイヤ
16/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 121113.956** 牡3 56.0 北村宏司戸田博文468(+2)2.13.6 0.535.1⑧⑦⑦⑧ディーマジェスティ
16/05/28 京都 10 白百合S OP 芝1800 10444.422** 牡3 56.0 福永祐一戸田博文466(0)1.47.8 0.033.2⑥⑥ブラックスピネル
16/04/30 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 137114.735** 牡3 56.0 H.ボウマ戸田博文466(-4)2.25.3 1.135.1⑪⑩⑪⑧ヴァンキッシュラン
16/02/14 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 10666.433** 牡3 56.0 C.ルメー戸田博文470(0)1.47.7 0.335.0⑩⑧⑧ディーマジェスティ

⇒もっと見る


メートルダールの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京都大賞典の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走1着馬を除くと、美浦所属馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ウラヌスチャーム
メートルダール
グローリーヴェイズ

近2走ともG1~G2以外のレースに出走し、どちらも3着以下だった馬の好走例はなし(2008年以降)

ドレッドノータス
メートルダール

前走目黒記念組の連対例は皆無(2008年以降)

パリンジェネシス

【人気】
12番人気以下の好走例はなし(2008年以降)
※8時00分現在の12番人気以下

アルバート
チェスナットコート
ドレッドノータス
リッジマン
メートルダール
ウインテンダネス

【枠順】
1枠、かつ前走4着以下敗退馬の連対例は皆無(2008年以降)

アルバート

馬番枠12番、13番の好走例はゼロ(2008年以降)

リッジマン
メートルダール

馬番枠6番、11番の連対例は皆無(2008年以降)

シルヴァンシャー
アドマイヤジャスタ

【血統】
ハーツクライ産駒およびステイゴールド産駒の連対例はみられない(2008年以降)

エタリオウ
チェスナットコート
レノヴァール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ノーブルマーズ
クリンチャー
エアウィンザー
ダンビュライト



ウマニティ重賞攻略チーム

【ズバリ!調教診断】京都大賞典 音無厩舎のルーラーシップ産駒が休み明けから好勝負!最内枠のジャングルポケット産駒に穴ムード! 2019年10月5日() 16:30

日曜日に行われる京都大賞典の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ノーブルマーズ
2日に行われた栗東坂路の追い切りでは、コースの真ん中をしっかりとした脚取りで駆け上がり、終い2Fを24秒7-12秒2でまとめた。前走の小倉記念で3着と、久しぶりに馬券対象になった勢いをキープしている。内枠の時に好走するケースが多く、今回は願ってもない1番枠を引き当てた。状態の良さを活かしてアッと言わせるシーンもありそうだ。

アルバート
昨年12月のステイヤーズSを取り消し後の休み明け、かつ栗東への転厩初戦。それもあってか、中間の時計は坂路のみと、調教パターンが明らかに変わっている。2日の併せ馬では4F52秒9、ラスト1F12秒3を刻み、4歳1勝クラスに先着したが、走りは重苦しく完調手前の印象。今回は手探りな部分が多く、大望まではどうか。

クリンチャー
新潟記念から中4週という臨戦過程。1週前にレースで騎乗予定の池添謙一騎手がまたがり、CWで馬場の内めを通って6F81秒前後を記録した。ただ、終い1Fが13秒近辺と要している点はいただけない。まだ、昨年のフランス遠征の影響が残っているようで変わり身に乏しい現状。強くは推せない。

エタリオウ
9月26日の1週前追い切りは、レースで手綱を取る予定の横山典弘騎手が栗東に駆けつけ、CWで併せ馬を行なった。鞍上が促すと即座に反応して6F80秒台前半の時計をマーク。春の疲れも癒えて、いい状態で秋初戦を迎えられそうである。悲願の重賞タイトルに手が届いてもおかしくない。

チェスナットコート
2日に栗東坂路で京都大賞典に出走予定のドレッドノータスと併せ馬を実施。鞍上が大きなアクションでしっかり追ったものの、アッサリと突き放されて終い1Fは13秒1を要した。攻めを確認する限り、近走の低迷から抜け出せるとは考えにくく、今回も厳しい戦いになりそうだ。

シルヴァンシャー
目下条件戦を3連勝中のディープインパクト産駒。9月上旬から栗東CWで4週続けて併せ馬を行い、いずれも6F82秒前後、終い1Fを12秒ソコソコでまとめている。約6カ月ぶりのレース、かつ重賞初挑戦と条件は楽ではないが、それを克服できるだけの期待をもてる状態とみる。

ドレッドノータス
2日に栗東坂路で、同じく京都大賞典に出走予定のチェスナットコートと併せ馬を行ない、ラスト1Fを12秒9で収めて先着。この馬なりに状態は良さそうだが、その一方で別定のG2戦で勝ち負けを期待できるだけのアピール度には欠ける。連下争いに食い込めれば上出来ではなかろうか。

パリンジェネシス
帰栗後はCW中心に丹念に乗り込まれてきた。2日の本追い切りでは、レースでも手綱を取る予定の松山弘平騎手がまたがり、終い1Fを12秒前後にまとめている。一応の態勢は整ったようだ。ただ、春先は6F80秒ソコソコのタイムを刻んでいたのに対し、今回は6F85秒台と抑え気味のあたりは気になるところ。まだ本調子に届いていないのではないか。

エアウィンザー
9月上旬から栗東CWと坂路を織り交ぜて、調整を進めてきた。2日にCWで行われた本追い切りは、6F85秒程度ではあったが、終い1Fを11秒台半ばでまとめて好仕上がりをアピール。大阪杯は0秒2差の5着。G1でも通用するポテンシャルは示している。その力を出せる態勢にはありそうだ。

ウラヌスチャーム
15日に美浦坂路で流したあとは栗東へ移動し、そのまま滞在調整。2日のCW追いでは6F83秒台のタイムをマーク。併走遅れを喫したものの、気負いなく走っている姿は長丁場を走るうえで、好感が持てる。今回のメンバーでは紅一点の存在となるが、条件戦とはいえ長丁場で結果を出している。侮れない1頭といえよう。

アドマイヤジャスタ
9月中旬から栗東坂路を中心にじっくりと調整を進め、2日の追い切りではレースでも騎乗予定の北村友一騎手がまたがり、4F51秒7をマークした。その一方で、終い1Fが13秒0を要している点はおおいに不満。順調ならばセントライト記念か神戸新聞杯のどちらかを使っていたと思われる。今回は割引が必要ではないか。

リッジマン
9月上旬から栗東CWで入念な乗り込み。最終追い切りは4Fから軽く流す程度で、52秒台半ばのタイムを記録した。それなりに順調そうだが、昨年の有馬記念以降は精彩を欠いている現状。一変をアピールするほどの内容には至っていない。良くなるのは、もう少し使ってからだろう。

メートルダール
中間は美浦Wで調整を積み、いずれも終い重点ながら、ラスト1Fをマズマズのラップで収めているように、この馬なりのデキはキープしている。しかし、1月のAJCC3着時ほど、活発に動いているわけではなく、上昇度の面で物足りなさが残る。今回は厳しいレースになりそうだ。

ダンビュライト
1週前、今週と栗東坂路で毎日王冠に出走予定のインディチャンプをパートナーに併せ馬を消化。1週前は4F50秒7の時計で先着。今週は遅れたものの、4F51秒2を記録し、骨折明けを感じさせない気配の良さを示している。G1ウイナーの胸を借りて、質の高い調整を重ねている点は好感度が高い。3つ目の重賞タイトルを狙えるデキにある。

レノヴァール
9月中旬から栗東坂路で調教を重ねている。2日の追い切りではラスト1F12秒2のラップを刻み、順調度をアピールした。しかし、札幌日経オープンで5着止まり。重賞では家賃が高い印象を受ける。掲示板に載ることができれば、御の字ではなかろうか。

グローリーヴェイズ
帰厩後は美浦W中心に、じっくりと調整。先週と今週はリズミカルな走りで5F66秒ソコソコのタイムをマーク。ほぼ陣営の思惑通りに調整が進んでいるものと推察される。休み明けから好勝負に持ち込めそうな状態にはあるが、問題は17頭立ての16番枠。道中の立ち回りがキーポイントになるだろう。

ウインテンダネス
9月上旬から栗東CWで調整を進めているものの、速い攻めが少なめなのは気がかりな材料。1週前に6F80秒近辺のタイムを刻んでおり、自身のパフォーマンスは示しているが、昨年の目黒記念以降はパッとしない現況。それを覆すまでには至らない。上位争いを望むのは厳しいか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】京都大賞典 鞍上強化で勝負気配が感じられるこの馬から! 2019年10月4日(金) 13:45

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2015年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 中央場所が中山・阪神から東京・京都に移り、ローカルの新潟も開幕します。急に慌ただしくなってきた印象です。

新良(以下、新) やはり2場24レースと3場36レースとでは、予想にかかる時間も労力も増しますからね。しっかりスイッチを切り替えて、36レース仕様のスタイルで臨みたいです。

編 今週は注目の古馬G2が東西で2鞍組まれています。狙い目になりそうな乗り替わりはありますか?

新 武藤雅騎手から和田竜二騎手に乗り替わる、京都大賞典の⑬メートルダールに期待しています。

編 鞍上の実績的には、大幅鞍上強化に感じますね。

新 そのイメージ通りと考えてもらって結構です。前走の函館芝2000mにおける武藤騎手はデビュー以来未勝利。対する今回の京都芝2400mにおける和田騎手は、2015~2017年の勝率が12.1%、2018年以降が20.0%。このように、コース実績にも大きな開きがあります。

編 パフォーマンスアップは必至という感じですね。

新 主戦の福永祐一騎手は毎日王冠インディチャンプに騎乗するので、メートルダールの乗り替わりは既定路線なんですが、京都で騎乗するメンバーのなかから和田騎手を確保できたことは大きいと言えるでしょう。

編 ただ、馬の能力的にちょっと家賃が高い気もしますが……。

新 陣営もそれはわかっているでしょう。だから、G1よりもここがメイチの勝負だと思いますし、先に目標のある上位人気馬たちよりも万全の状態で出走してくるはずです。この舞台に向く血統背景という後押しもあります。

編 なるほど、一発に期待したくなりますね。

新 はい。流す相手には加えておいたほうがいいと思います。

編 わかりました。もう一方の毎日王冠のほうはいかがでしょう?

新 正直に言います。このレースで推奨できる乗り替わりはなきに等しいです。

編 ああ、そうなんですね。でも、本企画のターゲットを乗り替わりに絞っているので、そういうレースが出てくることもあると思います。仕方がないですよ。

新 すみません。そんな状況下で強いて言うならば、というレベルなんですが、津村明秀騎手がテン乗りとなる③アエロリットの名前を挙げておきます。

編 馬はディフェンディングチャンピオンですね。

新 はい。言わずと知れた東京巧者で、大崩れのない堅実タイプ。津村騎手になって上昇するわけではないものの、とくに下がることもないというのが私の評価です。ここは馬の力も借りて、頑張ってもらいたいです。

編 考えようによっては、津村騎手が乗ることによって、多少なりとも馬券妙味が増すかもしれないですしね。

新 確かにそうかもしれません。主戦の横山典弘騎手や戸崎圭太騎手、さらには外国人ジョッキーが乗ったらもっと人気になっていたでしょうから。

編 前向きに考えましょう。津村騎手のそつのない騎乗に期待したいと思います。

新 今週は、穴党は京都大賞典、本命党は毎日王冠ということでお願いします。

編 了解です。今週も張り切っていきましょう!


★その他の注目乗り替わり★
土曜東京8R ②ミヤジユウダイ鮫島克駿石橋脩
土曜東京11R ⑨エンジェルサークル田辺裕信M.デムーロ


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。昨年10月に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【京都大賞典】厩舎の話 2019年10月3日(木) 10:39

 アドマイヤジャスタ・須貝調教師「好馬体になった。成長した姿を見せて菊花賞につなげたい」

 アルバート・橋口調教師「攻め駆けしない馬にしては動きは上々。久々でも状態は悪くない」

 ウインテンダネス・杉山調教師「いいときの感じには戻っていない。後続に脚を使わせる形で」

 ウラヌスチャーム斎藤誠調教師「距離を求めてここへ。早めに栗東入りし、水も合っている」

 エアウィンザー・辻野助手「ひと追いごとに良化。無駄なことをしないし、距離はこなせる」

 エタリオウ・友道調教師「坂路でしまい重点。太め感なく仕上がっているし、舞台もいい」

 クリンチャー・宮本調教師「今週はサッと。いつもどおりだし、使って上向いてくれれば」

 グローリーヴェイズ・尾関調教師「着実に良くなり、力を出せる状態。実りのある秋にしたい」

 シルヴァンシャー・池江調教師「体に実が入って大人っぽくなった。直線が長い舞台はいい」

 ダンビュライト・松若騎手「休み明けにしては気が入っている。バテ合いに持ち込みたい」

 チェスナットコート・矢作調教師「体は戻っているし、ようやく復調気配。広いコースは合う」

 ドレッドノータス・矢作調教師「体が絞れてきた。この距離ならいい位置で競馬ができそうだ」

 ノーブルマーズ・高倉騎手「年明け2戦は指示に応えなかったが、前走は前で持ち味を出せた」

 パリンジェネシス・久保助手「久々だと硬くなる馬だが、今回は大丈夫。動きも良かった」

 メートルダール・戸田調教師「時計は遅いが、輸送もあるので。距離延長で新境地を見せたい」

 リッジマン・庄野調教師「使ってからのほうがいい馬だが、追うごとに良化。舞台も悪くない」

 レノヴァール・高野調教師「コース適性はある。力試しの一戦だ」(夕刊フジ)

京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都大賞典】追って一言 2019年10月3日(木) 05:04

 ◆アドマイヤジャスタ・須貝師 「ジョッキーに感触をつかんでもらって、反応もよかった」

 ◆アルバート・橋口師 「攻め駆けしないタイプにしては動けていた」

 ◆ウインテンダネス・杉山師 「本数もしっかりやっていますし、悪くない仕上がり」

 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師 「今週はしまいだけ。予定通りの追い切りで息もよさそう」

 ◆エタリオウ・友道師 「前回は疲れが抜けてなかったけど、今回は順調にきている」

 ◆クリンチャー・宮本師 「使ったことで上向いてくれたら」

 ◆グローリーヴェイズ・尾関師 「余力があった。着実に良くなっていて力を出せる状態」

 ◆シルヴァンシャー・池江師 「だいぶ実が入ってきた。直線の長いコースは合っている」

 ◆ダンビュライト・松若騎手 「相手が動くので先着を許しましたが、時計は出ていた」

 ◆チェスナットコート・矢作師 「徐々に復調している。広いコースになるのはいい」

 ◆ドレッドノータス・矢作師 「動きがよくて落ち着きもある」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「雰囲気がいいから予定を1週間前倒し。暑い方がいい」

 ◆パリンジェネシス・久保助手 「使う前は硬さが出る馬ですが、今回はそれが出ていない」

 ◆メートルダール・戸田師 「時計は思ったより遅くなったが、輸送もあるのでちょうどいい」

 ◆リッジマン・庄野師 「追うごとに良くなってきている」

 ◆レノヴァール・高野師 「問題ない動き。コース適性もある」



京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【毎日王冠&京都大賞典】レースの注目点 2019年10月2日(水) 17:29

安田記念アーモンドアイを破ったインディチャンプが登場 連覇を狙うアエロリットとの再戦に注目!/毎日王冠



 安田記念を制し、春のマイル王の座に就いたインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、毎日王冠で秋初戦を迎える。同馬は、国内外でGI5連勝中だったアーモンドアイなど7頭のGI馬が出走した安田記念を制し、GI初挑戦でビッグタイトルを手にした。インディチャンプが芝1800メートル戦に出走するのは、昨年の毎日杯(3着)以来、約1年半ぶりとなるが、秋初戦で好発進を決めることができるだろうか。なお、同馬に騎乗予定の福永祐一騎手は毎日王冠で4勝を挙げており、今回勝てば、保田隆芳元騎手、岡部幸雄元騎手が持つ同レースの最多勝記録に並ぶ。



 また、安田記念2着馬アエロリット(牝5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は、オグリキャップ(1988・89年優勝)以来、30年ぶり2頭目の毎日王冠連覇を目指す。アエロリットは3歳時にNHKマイルCを制しており、芝1600メートル戦を中心に出走しているが、芝1800メートル戦でも3戦2勝、2着1回と好成績を挙げている。安田記念では、インディチャンプアエロリットの着差は「クビ」だったが、2度目の対決はどのような結果になるだろうか。



★ダービー2着ダノンキングリーが始動 迎え撃つ古馬勢はGI馬5頭が登録/毎日王冠



 ダノンキングリー(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)は、毎日王冠が秋初戦となる。同馬は、春のクラシック競走で皐月賞3着、ダービー2着となったが、いずれも勝ち馬と同タイムで走破しており、あと一歩のところで勝利を逃した。3歳馬が毎日王冠を勝てば、2012年カレンブラックヒル以来7年ぶりとなるが、ダノンキングリーは古馬を相手に勝利を挙げることができるだろうか。なお、同馬には戸崎圭太騎手が騎乗予定。



 また、古馬勢は今年の安田記念勝ち馬インディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)を筆頭に、一昨年、昨年のNHKマイルC勝ち馬アエロリット(牝5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)、ケイアイノーテック(牡4歳、栗東・平田修厩舎)など5頭のGI馬が登録している。毎日王冠に5頭のGI馬が出走すれば、2017年以来2年ぶりとなるが、今年の毎日王冠を制すのはどの馬だろうか。



セイウンスカイ以来21年ぶりの関東馬によるVなるか グローリーヴェイズなど3頭が登録/京都大賞典



 天皇賞・春2着のグローリーヴェイズ(牡4歳、美浦・尾関知人厩舎)が、京都大賞典に登録している。同馬は関東馬だが、昨年のきさらぎ賞2着以降は京都での出走が多く、同競馬場では5戦1勝、2着2回という成績を残している。グローリーヴェイズ京都大賞典と同じ京都芝2400メートル戦で実施される今年1月の日経新春杯で重賞初制覇を果たしているが、秋初戦となる京都大賞典で重賞2勝目を挙げることができるだろうか。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



 京都大賞典は、今年54回目を迎える重賞だが、関東馬の勝利は5回だけ。今年の京都大賞典には、グローリーヴェイズの他にウラヌスチャーム(牝4歳、美浦・斎藤誠厩舎)、メートルダール(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎)と計3頭の関東馬が登録しているが、1998年セイウンスカイ以来、21年ぶりの関東馬による京都大賞典制覇を遂げることができるだろうか。なお、ウラヌスチャームに騎乗予定の大野拓弥騎手はJRA通算1万回騎乗まであと16回に迫っている。



★未勝利戦以来のV目指すエタリオウ 唯一の3歳馬アドマイヤジャスタにも注目/京都大賞典



 エタリオウ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は通算12戦1勝という成績だが、これまでに7度の2着があり、重賞では青葉賞2着、ダービー4着、神戸新聞杯2着、菊花賞2着、日経賞2着、天皇賞・春4着と再三上位に入っている。エタリオウは前走の宝塚記念9着から巻き返し、京都大賞典で2017年10月の未勝利戦以来となる2勝目を挙げることができるだろうか。なお、過去10年の京都大賞典勝ち馬の前走を見ると、宝塚記念組は5勝を挙げ、他の路線を大きくりードしている。



 また、今年の京都大賞典には3歳馬のアドマイヤジャスタ(牡、栗東・須貝尚介厩舎)が登録している。3歳馬の京都大賞典挑戦は近年では珍しく、出走すれば2007年アルナスライン(3着)以来12年ぶり、勝利を挙げれば1998年セイウンスカイ以来21年ぶり9頭目となる。アドマイヤジャスタには北村友一騎手が騎乗する予定だが、古馬を破って重賞初制覇を遂げることができるだろうか。



★開幕を迎える秋の東京&京都開催 2歳重賞のサウジアラビアロイヤルCには9頭が登録



 今週から秋の東京競馬と京都競馬がスタート。秋の東京&京都開催の2歳新馬戦では、後のクラシックホースが多くデビューしており、今年のオークスラヴズオンリーユーは昨年の秋の京都開催でデビューした。また、秋の東京開催からも翌年のダービー馬となるドゥラメンテレイデオロなどがデビューしているが、今年も秋の東京&京都開催から後のクラシックホースが誕生するだろうか。



 また、秋の東京開催の開幕日となる5日には、2歳重賞のサウジアラビアロイヤルCが実施される。同レースは今年が5回目となる歴史の浅い重賞だが、一昨年の1・2着馬ダノンプレミアムステルヴィオ、昨年の優勝馬グランアレグリアはその後JRA・GIを制しており、出世レースになりつつある。今年の同レースには、ダービー馬レイデオロの弟アブソルティスモ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)、6月2日の新馬戦で同馬を破ったサリオス(牡、美浦・堀宣行厩舎)など9頭の登録があるが、重賞初制覇を遂げる馬はどの馬だろうか。



毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★サウジアラビアRCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

メートルダールの関連コラム

閲覧 2,325ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 函館記念 2019年07月14日(日) 函館芝2000m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつG1・G2のレース”において11着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [4-6-5-25](複勝率37.5%)
×なし [2-0-1-52](複勝率5.5%)

 年明け以降の戦績に注目したい一戦。2013年以降の3着以内馬18頭中15頭は、同年にJRAのG1・G2で11着以内となった経験がある馬でした。2018年は3連単57万1480円の大波乱決着となりましたが、単勝オッズ11.5倍(7番人気)ながらも2着となったサクラアンプルールは前走の日経賞で3着に、単勝オッズ65.1倍(13番人気)の低評価を覆し3着となったエテルナミノルは3走前の阪神牝馬ステークスで8着に健闘していた馬。格の高いレースを使ってきたことで地味な着順が続いている実績馬を見逃さないようにしましょう。

主な「○」該当馬→スズカデヴィアスステイフーリッシュメートルダール
主な「×」該当馬→エアスピネルドレッドノータスナイトオブナイツ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ2000m以上、かつ2勝クラス以上、かつ出走頭数が13頭以上のレース”において優勝経験がある」馬は2013年以降[6-5-5-40](複勝率28.6%)
主な該当馬→スズカデヴィアスメートルダール

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2019年1月25日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】2019年ひと開催終了、好調な騎手は?
閲覧 701ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は”中山マイスター”と称して田辺騎手を絶賛したのだが、その週末に1勝止まり。しかもメインのAJCC・ジェネラーレウーノも微妙な騎乗となってしまい、少々当コラムとしてもバツが悪い。

さて、早いもので今年もひと開催が終わった。まだまだ1年は長いが、我々ファンと同様に騎手たちも好調不調といった勢力図が僅かながら見えて来たのではないか。

そこで今回は、「2019年、好調なスタートを切った騎手」としてひと開催目を振り返ってみたい。


~目下の全国リーディングは岩田!

というわけで、現在のリーディングを眺めてみると、トップに立っているのはなんと11勝を挙げている岩田康誠騎手である。

岩田騎手ほどの名手を相手に「なんと」というのも少々失礼かもしれないが、3年前は重賞未勝利、昨年もレインボーラインでの2勝のみと、近年はかつてほどの輝きを放てていない。そんな現状を踏まえれば、意外性のある名前だろう。もちろん開幕週の3日間開催におけるデムルメ2人の不在などイレギュラーな条件下ではあるが、それを加味しても好調ぶりが光っている。

岩田騎手といえば荒々しくインを突くイメージからか、”積極性のあるジョッキー”と勘違いされやすいのだが、実はどちらかといえば溜める競馬が目立つ。今年も、淀短距離Sではナインテイルズに騎乗し鮮やかに追い込み勝ちを決めるなど、特に上級条件では溜める競馬で末脚を生かすことが多い。いわゆる”バキューン!”のイメージだ。

現在の京都の時計が掛かる芝、そしてタフなダートが合っている印象もあり、同様の馬場状態が続くようならば今後も注意が必要だろう。何より、今年の3月には息子である岩田望来騎手がデビューを迎えるという大きなイベントが控えている。父親としてカッコ悪いところは見せられないというモチベーションもあることは容易に想像できるので、2019年は久々に元気な岩田康誠が見られるかもしれない。


~飛躍の年となりそうな北村友、関東で注目なのは…?

関西を見てもうひとり目を引くのが、北村友一騎手である。昨年はキャリアハイとなる成績を残したが、年が明けても好調ぶりは持続している。現状の騎乗ぶりを見ていると、好調…というよりは関西のトップジョッキーとして確固たる地位を築き上げそうな気がしている。

印象に残っているのはレノヴァールで制した1/14(月)の京都12R。2.8倍の2番人気馬を持ってきただけなのだが、ジリ脚タイプで差し届かずも多かったこの馬を好位に促し、逃げた人気のテリトーリアルをキッチリ捉えたレースぶりは見所があった。

騎手が一流の階段を上って行けるかどうかの分かれ道は、期待された人気馬をキッチリ勝たせられるかどうか…という部分も大きい。その点で北村友騎手は信頼できる存在になって来ている。シンザン記念ではヴァルディゼールで迷わずインに突っ込むなど思い切りの良い騎乗も健在で、今年はケガさえなければ100勝も見えて来そうな気配だ。多少リスクを取った騎乗をするので、とにかく大きなケガのないことだけを祈りたい。ノーザンF中心に乗り馬にも恵まれており、無事に1年間乗り続けることができれば、おのずと結果はついてくるだろう。

また、北村友一騎手と同じ中堅騎手で注目したいのが、関東の石橋脩騎手だ。故障での休養からようやく復帰したが、先週はシャケトラでAJCCを制するなど、復帰早々に活躍を見せてくれている。

北村友騎手同様にノーザンFを中心に乗り馬にも恵まれているし、そのチャンスを生かすだけの騎乗ができている。とにかく積極的に流れに乗って、最後までビッシリ追って来てくれるので、ファンとしても納得できるジョッキーの一人だろう。

また、ベテランの味を存分に発揮しているのが横山典騎手。年明けから元祖・中山マイスターとしての存在感を十分に示している。特に鮮やかな追い込みでの勝利が目につくのは同騎手らしい特徴だ。モアニケアラで制した初春Sなどは、世界中でも横山典騎手以外勝たせることはできなかったんじゃないかと思えるほど、プロの技を見せてくれた。

ちなみに今年挙げている5勝はすべて継続騎乗によるもの。馬との信頼関係を築き上げた上での一発を狙うのがセオリーだろう。


~好調の武藤雅他、注目の若手騎手

さて、若手にも少し目を向けてみたい。

まず、リーディングを見ても好調ぶりが目につくのが、武藤雅騎手だ。まだ3年目ながら、今年は既に6勝を挙げる活躍を見せている。いずれもダートの下級条件が中心だが、減量を生かした積極策だけでなく、トッカータでは鮮やかな追い込みを決めた。若手騎手ながら東京での活躍も目立つタイプなので、開催替わりでも注目したい。

関西の若手の中では、荻野極騎手にも注目したい。昨年はやや停滞の一年となったが、もともと腕のあるジョッキーで乗り馬の質も高め。昨年の後半あたりから復調気配を見せており、今年はもうワンランク上での活躍に期待できそうだ。

また、穴っぽいジョッキーでは森裕太朗騎手、また3年目を迎える川又賢治騎手にも注目したい。

もちろん、ビッグレースになればデムーロ&ルメール他外国人騎手を中心に回ることは変わらないだろう。だが、馬券ということでいえば、まだあまり知られていない若手騎手の買いどころを掴んでおくことは大きなアドバンテージになる。

”上手い騎手よりわかる騎手”

というのが、騎手で馬券を獲る上での基本的な考え方である。マイジョッキーを見つけて、上手く馬券に生かしていきたい。


根岸ステークスの注目馬

さて、今週末はフェブラリーSへ向けても注目の根岸Sが行われる。

上位人気を形成しそうなコパノキッキングだが、果たしてマーフィー騎手との相性はどうだろうか? 先週はメートルダールを持って来るなど、中山では再三好騎乗を見せていた同騎手だが、やや当たりのキツイところがある。距離延長となるコパノキッキングとのコンビは、イメージ的にはあまり合っていないと思うがどうだろうか。

現時点で注目は、四位騎手が騎乗するクインズサターン。意外にも1400mは初となるが、末脚が生きるこのコースは合いそうだ。四位騎手とのコンビでは過去3度騎乗し、すべて重賞で3着以内と手が合っている印象だ。我が道を行くベテラン騎手の腕にも期待したい。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年1月24日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/19~1/20)日曜ヒット連発のKOMプロ他13名が週末プラス!スガダイプロら5名は2週連続プラス収支達成!
閲覧 709ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、20(日)に中山競馬場でG2AJCC、中京競馬場でG2東海Sが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2AJCCは、ステイインシアトルがハナを奪って、前半1分2秒2(推定)のスローペースで牽引。2番人気ジェネラーレウーノが2番手で続き、1番人気フィエールマンは中団後方を追走していきます。ペースが上がらないまま3コーナーを迎えた馬群は、ここでようやく一斉にペースアップ。中団からシャケトラメートルダールらが押上げ先団に取り付くようにして4コーナーを通過すると、直線で早々先頭に立ったのは7番人気シャケトラ。交わされて2番手となったジェネラーレウーノも懸命に応戦しますが、手応えで上回るシャケトラが半馬身ほど抜け出し、残り200mを通過。外からはフィエールマンメートルダールが伸びてシャケトラを追いますが、なかなか並びかけるまでは至らず。結局、早め抜け出しのシャケトラが、最後はアタマ差まで迫ったフィエールマンを封じ切って優勝。1年1か月ぶりの復帰戦で、見事重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、ゼット1号プロジョアプロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ田口啄麻プロ夢月プロ蒼馬久一郎プロ馬侑迦プロら、計11名が的中しています。
 
G2東海Sは、単勝1.5倍の断然人気に推されたインティが逃げてマイペースの展開。前半1000mを1分1秒5(推定)で通過していきます。2番手にはスマハマが続き、比較的人気馬が前々を占める展開で後半戦へ。3コーナーを1馬身ほどのリードで通過するインティ。依然ピッタリとこれをマークするスマハマの態勢はそのままに、グレンツェントチュウワウィザードがこれに続く形。直線を迎えても手応え十分のインティに対し、スマハマグレンツェントはいっぱいになりやや後退。外に持ち出して伸びるチュウワウィザードが2番手に浮上します。ここから、チュウワウィザードが3番手以下をぐんぐん突き放す伸びを見せますが、前を行くインティも負けず劣らずの末脚で“圧逃”。結局、ゴールまでその差は縮まらず、最終的に2馬身差でインティが完勝V。堂々の6連勝で重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、豚ミンCプロほか計11名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
先週は20(日)に計48万超を払戻す大暴れ。序盤に京都1Rを◎スナークスター(単勝73.5倍)で仕留め計111,980円の払戻しに成功すると、京都7R中京8Rと好調予想を連発。京都11Rタイムトリップ中京12Rヒロシゲゴールドと勝負予想をきっちりと仕留めて、この日の回収率300%オーバーを決めました。週末トータルでは、回収率171%、収支トップの22万5,760円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
前週に引き続き回収率130%台をマーク。まず19(土)は中山6R○◎▲、中山11R◎△▲的中などの活躍を披露。続く20(日)は、中山1R的中で好スタートを切ると、その後も京都2R中京3R中山10Rなどコンスタントに的中積み重ねていきます。さらに京都11R◎○▲パーフェクト的中、京都12R◎○的中と終盤でのダメ押しも決めてフィニッシュ。週末2日間トータルでは、的中率43%、回収率137%、収支7万1,790円プラスをマークし、2週連続週末プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
先週は2日間ともにプラス収支を達成。19(土)は中山7Rサトノシャーク的中、中京10Rジャスティンなどの予想を披露。20(日)には、中山2Rグッバイガール中山4Rヘッドオブステート京都6Rアンドラステ、勝負予想指定の中京10Rバイマイサイド(複勝6,000円分的中)と仕留めると、極めつけはG2AJCC。◎シャケトラ(単勝38.5倍)できっちりと単勝をゲットし、5万7,750円の払戻しを記録しました。週末トータルでは、回収率140%、収支7万3,760円プラスをマーク。2週連続プラス収支を達成し、1/6(日)から続く6開催日プラスを継続中!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
先週は、19(土)中京6Rでの◎○▲的中9万4,350円払戻し、20(日)中山10Rでの馬単2点勝負◎▲的中、京都11Rタイムトリップ的中などを筆頭に、他にも随所に少点数勝負的中を披露。土日2日間のトータル回収率106%をマークし、こちらも2週連続プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
19(土)京都12R的中(◎モンテヴェルデ)、同中山12R的中(○ボーダーオブライフ)、20(日)中京10R的中(◎ナムラドノヴァン)、同G2AJCC的中(◎フィエールマンからシャケトラメートルダールへのワイド2点勝負W的中)など、高精度予想を連発。週間トータルでは、的中率67%、回収率157%の安定した成績をマークしています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(191%)、ジョアプロ(142%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(140%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(138%)、豚ミンCプロ(138%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(118%←3週連続週末プラス)、☆まんでがんプロ(116%)、dream1002プロ(112%)、ろいすプロ(109%)、金子京介プロ(106%)、覆面ドクター・英プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年9月5日(水) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/1~9/2)日曜新潟12Rで3連単130万馬券的中のくりーくプロが、収支2462%でトップ!
閲覧 860ビュー コメント 0 ナイス 13



先週は、1(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳S、2(日)には小倉競馬場でG3小倉2歳S、新潟競馬場でG3新潟記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳Sは、数頭横並びの先手争いから内枠を利してラバストーンが先頭へ。前半1000mを60.4秒で通過していくと、逃げたラバストーンをはじめ失速する馬も見られるなか、後続勢が殺到。目まぐるしく先頭が入れ替わりながら4コーナーを回って、先頭4番人気ナイママの態勢へと変わって直線へ。2番手からピタリとニシノデイジーが続き、後方からは大外を回った1番人気クラージュゲリエも脚を伸ばして3番手を窺う勢いをみせます。外から交わさんとするニシノデイジーに内のナイママも応戦し、3番手からはクラージュゲリエも1馬身差ほどのところまで差を詰め残り50mを通過。最後は接戦に持ち込まれたこの争いを、6番人気ニシノデイジーが制してV。重賞初制覇を飾っています。クビ差の2着にナイママが入り、さらにそこからクビ差の3着にクラージュゲリエとなっています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロろいすプロ他、計4名が的中しています
 
G3小倉2歳Sは、好発を決めて出を窺うタムロドリームに、内からチュウワフライヤーエイシンノホシファンタジストルチアーナミノルといったところが並び掛けるようにして先手争い。この中から、チュウワフライヤーが枠なりに先頭に立つと、エイシンノホシファンタジストの3頭がほぼ横並びの態勢で展開。1番人気シングルアップは、これら先団を見る形の4番手でコーナーを回って直線勝負へ。チュウワフライヤーを直線半ばでファンタジストがとらえて先頭に立つと、中団から最内を突いたアズマヘリテージ、馬群を割ってミヤジシルフィード、外々を伸びてはブルベアオーロタガノジェロディといった差し勢が脚色良く追撃を開始します。しかし、これら争いを尻目に早め先頭から押し切ってみせた3番人気ファンタジストが、1馬身3/4差をつけて完勝。初重賞Vを達成しています。2着には内ラチ強襲の13番人気アズマヘリテージが入り、クビ差3着には9番人気ミヤジシルフィードが入っています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロ蒼馬久一郎プロくりーくプロら3名が的中しています。
 
G3新潟記念は、マイネルミラノを単騎先頭に、マイネルハニースズカディープと続く形で、隊列に大きな変化がないまま4コーナーを回って直線へ。マイネルミラノのリードは3馬身ほど。そのマイネルミラノただ1頭を内に、それ以外の各馬は3分どころから外に進路を取っての叩き合いとなります。1番人気の支持を集めたブラストワンピースは大外を選択。直線半ばを迎えるところで、早々とブラストワンピースが先頭に立つと、メドウラークセダブリランテスストーンウェアショウナンバッハら2番手グループを従えて、単独先頭でレース終盤の主導権を握って力強い伸び。結局、最後は外ラチ沿いまで寄せて伸びたブラストワンピースが差を拡げるようにしてゴールし、古馬勢を完封。重賞2勝目を挙げています。1馬身3/4差の2着には、ブラストワンピース同様に外を伸びた6番人気メートルダールが入り、そこから1/2馬身差の3着にはこちらも後方から馬場の中ほどを割って伸びた13番人気ショウナンバッハが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ夢月プロエース1号プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロエース2号【予想マイレージクラブ限定】プロマカロニスタンダーズプロ豚ミンCプロ他、計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
2(日)新潟12Rでは、調教A評価とした◎ソレイユフルール(単勝12.1倍)から、こちらもA評価となった▲ヒロイックアゲン(単勝142.2倍)を絡め、3連単130万6,160円を◎▲△的中!単勝など含め計135万1,700円払戻しの特大ホームランとなりました。他にも、先週は1(土)の勝負レース小倉1Rや、同新潟7R、2(日)G3小倉2歳Sなどの的中で、土日トータル的中率64%の活躍を披露。連日のプラス収支マークとなった先週は、トータル回収率2462%、収支134万6,540円プラスのトップ成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
1(土)新潟3Rでの◎トモジャスティス(単勝11.9倍)的中、2(日)には札幌4R小倉8Rで的中をマーク!2日連続プラス収支を達成した先週は、回収率214%、収支11万1,290円プラスの好成績を記録しています。また、2週連続週末プラス(先週日曜から3日間連続プラス)を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
1(土)を、新潟7R札幌10Rでの的中などでプラスで終えると、2(日)には小倉8R小倉9Rなどで好配ゲットを披露。こちらも2日連続プラスを達成し、2日間のトータル回収率169%、収支22万6,590円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
1(土)は小倉12Rなどで穴馬◎的中を披露すると、2(日)は新潟1Rでの◎ガトン(単勝19.3倍)、小倉6Rでの◎モズダディー(単勝194.1倍)、札幌9Rでの◎バケットリスト(単勝67.6倍)などを仕留め、プラス収支をマーク!週末のトータルでも、回収率122%で終えています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(124%)、KOMプロ(119%)、豚ミンCプロ(117%)、【U指数】3連単プリンスプロ(113%←2週連続週末プラス)、【U指数】馬単マスタープロ(113%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(109%)、サウスプロ(109%)、蒼馬久一郎プロ(106%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年8月30日(木) 15:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018新潟記念編
閲覧 1,188ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


9月2日(日) 第54回新潟記念(G3、3歳以上、ハンデ、芝2000m)

【登録頭数:14頭】

マイネルミラノ 56 <C>
エプソムカップ七夕賞と使われての休み明け3戦目。この中間は1週前に南Wで好時計が出ているが、内めを回ってのもの。調子落ちはなさそうでも、上積みまでは・・・・・・。

マイネルハニー 57 <B>
前走の函館記念時はかなり良い動きの最終追い切りでA評価も、レースでは結果が出ず14着。今回も1週前追い切りでは柴田大騎手騎乗で併せて先着と、引き続き調子は良さそう。

メドウラーク 56 <E>
サマー2000シリーズ3戦目。この中間は日曜日にCWを長めから追われているが、時計は物足りず、連戦の疲れがあるかもしれない。

メートルダール 57 <B>
大阪杯以来の休み明け。3週前、2週前、1週前と併せて先着していて、時計もそこそこ出ている。悪くない出来。

ブラストワンピース 54 <B>
ダービー以来の出走となる今回。2週前、1週前と時計を出し、1週前には南Wを長めから好時計マークと順調。デビューからほぼ同じような調教内容できていて、今回も仕上がりは良さそう。

セダブリランテス 57.5 <B>
中山金杯以来の出走。この中間は、ヤングマンパワーアンブロークンと併せてそれぞれ先着。併せ馬で先着できている時点で仕上りは良い部類だと思うし、休み明けでも走る馬なので久々でも。

エンジニア 54 <C>
この中間も前走時と同じような調整内容だが、大きく変わったという感じはなくまだ時計的に詰められそう。

スズカディープ 53 <C>
この中間は1週前にCWで速い時計を出しておらず、小柄な馬でもあり、状態をキープするのでいっぱいの状態か。

グリュイエール 55 <A>
休み前のエプソムカップ時の調教内容も良かったが、この中間も週2回速い時計を出しており良好。1週前には戸崎騎手騎乗で強めに追われて好時計で先着を果たし、好仕上り。

ストーンウェア 54 <B>
独特の調教を行う厩舎で、先週土曜日に長めから速い時計を出しているのでこれが1週前追い切りとなりそう。内容的には、一杯に追われて時計も良く、使われてきての上積みが感じられる。

ショウナンバッハ 53 <D>
調教では速い時計の出るこの馬としては、この中間は時計的に物足りない。乗り込み量は多く、中身はできていると思うが、最終追い切りの動きは気になるところ。

レアリスタ 54 <B>
休み明けの今回、かなり入念に乗り込まれて1週前追い切りでは併せて先着。時計的には前走時のほうが良いが仕上がりは良さそう。

ベアインマインド 50 <D>
長岡SとのW登録。調教では、1週前追い切りはそれほど目立つ時計ではなく、重賞のここでは軽ハンデでも厳しそう。

コパノマリーン 49 <D>
使い詰めでこの中間は併せ馬での調教がなく、疲れも溜まってきているのかもしれない。



◇今回は新潟記念編でした。
新潟競馬場には縁があって毎年1度は訪れるのですが、それが10年近く続いていて夏のひとつの楽しみになっています。夏競馬も今週が最後で、夏の新潟開催も最終週。今年も観光を兼ねて最終日の新潟競馬場に行く予定ですので、当日新潟競馬場にいらっしゃっているという方はぜひお声かけください。人も多いので見つかることはないと思いますが、声をかけてくれた方には先着3名に何かお土産を差し上げます(実物を知らない、手掛かりが似顔絵イラストしかない方はゴメンナサイ ^^;)。新潟はごはんも美味しいので、まだ訪れたことのない方はぜひ競馬場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでは次回、ローズSセントライト記念編(予定)でお会いしましょう。


新潟記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年8月26日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年08月26日号】特選重賞データ分析編(113)~2018年新潟記念~
閲覧 1,514ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 新潟記念 2018年09月02日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2015年以降)】
×12頭以下 [0-0-0-18](複勝率0.0%)
○13頭以上 [3-3-3-26](複勝率25.7%)

 正直なところ、好走馬の傾向を掴みづらい一戦。ただし、2015年以降は前走で12頭立て以下のレースを使っていた馬が苦戦しています。今年は前哨戦の七夕賞小倉記念がそれぞれ12頭立てでしたし、他路線組の大部分も少頭数のレースを経由してきた馬。多頭数のレースから直行してきた馬に注目したいところです。

主な「○」該当馬→ブラストワンピースメートルダールレアリスタ
主な「×」該当馬→エンジニアストーンウェアマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2015年以降[2-3-1-15](複勝率28.6%)
主な該当馬→ブラストワンピースメートルダール

[もっと見る]

⇒もっと見る

メートルダールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 197ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週初めから台風18号の影響で秋雨前線が活発化!
そのため、この東海地方は月曜から真夏日が続き
天候不順のなか、水曜に温度が下がっても湿度が高く蒸し暑い!
ただ、ようやく今週末辺りからしのぎやすくなるみたいですね?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 最終結果】
第09期(9月7日~9月29日)7日間(紫苑S~スプリンターズS:全9戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3シリウスステークスでは、4頭を推奨。
(アングライフェン、ジョーダンキング、ロードアルペジオ、ロードゴラッソ)
馬番コンピの予想では、(4⇒2,11,10,8,6)狙いを参考にして、
10番マッスルビーチ軸で勝負!
馬連(10⇒1,2,4,6,8,11)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「シリウスステークス」の軸馬マッスルビーチは、後方追走から直線で弾けて優勝のはずが…9着惨敗。相手馬に選択した6頭から2頭での決着…残念。反省点として、この時期のダート重賞は、3歳馬を積極的に狙う時期ではない!わかっていたことだが、前走内容が圧巻だけに無視できなかったのが言い訳。過去のデータから導き出した4頭から2頭での決着…残念。来年こそは!?


日曜、G1スプリンターズSでは、6頭を推奨。
(イベリス、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ディアンドル、モズスーパーフレア、リナーテ)
馬番コンピの予想では、(2⇒8,7,4,13,16,9,5)狙いを参考にして、
2番ダノンスマッシュ軸で勝負!
馬連(2⇒4,7,9)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「スプリンターズS」の軸馬ダノンスマッシュは、内に包まれながら直線で外側から猛追…3着入線。馬券は、馬連勝負なので…ハズレ…(ノД`)・゜・。反省点として、優勝したタワーオブロンドンを侮っていた!?常識に囚われ、前走セントウルSが目一杯の仕上げと思い込み、目に見えない疲れにより上積み無し…と勝手に判断が失敗。過去のデータから導き出した6頭から3頭での決着…残念。来年こそは!?

【総 括】
第9期(9月7日~9月29日)7日間(紫苑S~スプリンターズS:全9戦)を、プラス計上で終了!前半での貯金を使って、何とか逃げ切る事が出来ました。ただ、後半の2週に関しては、流石に参った?インパクトデータ活用術予想篇で、導き出した中での決着…。特に「神戸新聞杯」は3頭を導き、ワン・ツー・スリーの決着。さらに「シリウスS」は4頭を導き、2頭がワン・ツー(馬連5540円)。最後の締めに「スプリンターズS」は6頭を導き、3頭がワン・ツー・スリーの決着。と、自分でも呆れる結果。

最終的な判断は自己責任なので、何処かで歯車が嚙み合っていなかった…残念。この糧を来期に繋げて、結果を導き出しますよ!


【先週ブログのなかで推奨した結果】
シリウスS=アングライフェン(2着)、ジョーダンキング(4着)、ロードアルペジオ(13着)、ロードゴラッソ(1着)

スプリンターズS=イベリス(11着)、タワーオブロンドン(1着)、ダノンスマッシュ(3着)、ディアンドル(13着)、モズスーパーフレア(2着)、リナーテ(9着)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【サウジアラビアRC】(芝1600㍍戦)(2歳オープン)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①キャリア(2戦以内)
②ローテーション(5~25週)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:イロゴトシ、カップッチョ、シコウ
②該当外:クラヴァシュドール、ジェラペッシュ


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)1600㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣左回り実績(連対率/複勝率)

アブソルティスモ  1⃣(0-1-0-0)100%/100%  2⃣(0-1-0-0)100%/100%
エンジェルサークル  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-1)50%/50%
サリオス  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%
ロードエクスプレス  1⃣未出走  2⃣(1-0-0-0)100%/100%

【サウジアラビアRCの有力馬】
アブソルティスモ、エンジェルサークル、サリオス、ロードエクスプレス


【毎日王冠】(芝1800㍍戦)(3歳以上オープン)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①キャリア(~10戦以内)
②前走着順&着差(9着以内かつ着差0.9秒以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アエロリット、ケイアイノーテック、ハッピーグリン、ペルシアンナイト、マイネルファンロン、モズアスコット
②該当外:ランフォザローゼス

【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)1800㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣東京競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

インディチャンプ  1⃣(0-0-1-0)0%/100%  2⃣(2-0-0-0)100%/100%
ギベオン  1⃣(1-1-0-0)100%/100%  2⃣(1-1-0-0)100%/100%
ダノンキングリー  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(2-1-0-0)100%/100%

【毎日王冠の有力馬】
インディチャンプ、ギベオン、ダノンキングリー


【京都大賞典】(芝2400㍍戦)(3歳以上オープン)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(G1組、G2以下戦は勝ち馬のみ)
②前走着順&着差(9着以内かつ着差0.9秒以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アルバート、ウインテンダネス、ウラヌスチャーム、クリンチャー、チェスナットコート、ドレッドノータス、ノーブルマーズ、パリンジェネシス、メートルダール、レノヴァール
②該当外:アドマイヤジャスタ、エタリオウ、リッジマン


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2200㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣京都競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

エアウィンザー  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(2-3-0-0)100%/100%
グローリーヴェイズ  1⃣(1-1-0-2)50%/50%  2⃣(1-2-0-2)60%/60%
シルヴァンシャー  1⃣(3-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-1-1)33%/67%
ダンビュライト  1⃣(2-0-1-5)25%/37%  2⃣(1-0-1-1)33%/67%

【京都大賞典の有力馬】
エアウィンザー、グローリーヴェイズ、シルヴァンシャー、ダンビュライト


【今週末の重賞レースの注目馬】
サウジRC=アブソルティスモ、エンジェルサークル、サリオス、ロードエクスプレス

毎日王冠=インディチャンプ、ギベオン、ダノンキングリー

京都大賞典=エアウィンザー、グローリーヴェイズ、シルヴァンシャー、ダンビュライト

 
過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
サウジRC=東京(芝)1600㍍=A(77)枠順の偏り薄い
毎日王冠=東京(芝)1800㍍=B(75)多頭数ほど内枠有利
京都大賞典=京都(芝)2400㍍=Ⅾ(65)上がり順位が結果に直結

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(シリウスステークス)
【馬連】で
馬番コンピ指数2位から
指数1、3~6位までの5頭へ流して5点。
(4⇒2,11,10,8,6)
結果 6⇒8⇒12
指数6位⇒5位⇒8位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

(スプリンターズS)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~8位までの7頭へ流して7点。
(2⇒8,7,4,13,16,9,5)
結果 8⇒7⇒2
指数2位⇒3位⇒1位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(サウジRC)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。

(毎日王冠)
【馬連】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭BOX 6点。

(京都大賞典)
【馬連】で
馬番コンピ指数2位から
指数1、3~6位までの5頭へ流して5点。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 競馬が大好き(複勝男 2019年10月3日(木) 23:10
きょうとたいしょうてん
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 3

京都大賞典

結構波乱が起きるレース。
秋初戦の馬と夏1回以上使った馬が対戦するからなのか?
今年はG1馬がいないので混戦なのかな

個人的な登録馬の評価

グローリーヴェイズ
(このコースが得意なので初戦でも負けられない感じですが、叩き台で目一杯ではないのかな)

エタリオウ
(安定感があったのにここ2戦がよろしくない、GⅡなら巻き返してもおかしくないが勝ち味に遅い馬なので)

エアウィンザー
(2400Mの距離が課題ですが普通にこなせる距離なので、レースの安定感はある、勝ち切れる距離かどうか)

ダンビュライト
(骨折明けで出来次第かな京都は合うとは思えないが瞬発力勝負にならなければ力が発揮できそうだと思う)

アルバート
(結構な休み明け、この条件は結果が良くないので、開幕週の京都も合わない感じがする)

ウインテンダネス
(結果が良くないので間隔開けてどうなるか?)

ノーブルマーズ
(前走よりは距離延長はプラス、1回使っている強みを生かせて先行押し切りもあるかも)

メートルダール
(コース馬場は合いそうで差し脚も持っているから不気味、距離が長いイメージは少し)

リッジマン
(長距離は安定してると思うが2400Mでは少し劣っている感じはする)

ウラヌスチャーム
(前走より距離延長はプラスと思う、案外人気の盲点になっているかも)

チェスナットコート
(最近の成績では少し厳しい、岩田騎手で目覚めればいいんだが)

アドマイヤジャスタ
(力的には微妙ですが3歳馬で斤量を生かせれば、チャンスはあるかなぁでも前走は最下位なので強気には)

シルヴァンジャー
(骨折明けの昇級初戦、期待度は高し勢いもあるけど、いきなり力を出せるかはわかりません)

レノヴァ―ル
(本格化しつつあるかもしれないので要注意と思うが、GⅡではしんどいか?)

ドレッドノータス
(最近堅実な成績になってきているが、今回はGⅡなので試金石かなぁ)

クリンチャー
(コースは実績あるが、成績が良くなって来ないですね、伏兵で馬場が荒れていればいいと思うが開幕週ではしんどいかなぁ)

パリンジェネシス
(休み明けでどうかなぁ、人気もなさそうで、OPでまだ実績もないから仕方ないが、コースが合えば1発)

[もっと見る]

 海外にいても競馬はや 2019年8月30日(金) 00:49
新潟記念 出走馬決定
閲覧 226ビュー コメント 0 ナイス 9

新潟記念

レイエンダ強いけど、アクートとカヴァルも強いぞ。


7/8歳 4頭
×54ショウナンバッハ 父ステゴ
エプソムカップの4着の上がり32.7はレイエンダと同じ1位。去年は53kgで、ブラストワンピース、メートルダールに続く3着。エプソムカップでは、レイエンダ、サラキア、ソーグリッタリングに続く4着。

×54ゴールドサーベラス 父ヒーロー
前々走の谷川岳が56kgで上がり32.9同プロディガルサンと同タイム4着なら、夏の新潟2000で相性の良い菜々子なら3着ありうるか

×55ケントオー 父ダンス
去年の新潟大賞典で56kg上がり32.9の7着55kgマイメロディと55kgハクサンルドルフと同着なら、3着ある

56ダッシングブレイズ 父外国
今年の新潟大賞典と同ハンデ、狙いにくい

6歳 4頭
57ブラックスピネル 父ギムレット
逃げ馬向かない

◎54アクート 父ステゴ
昇級戦、新潟4戦3勝3着1回、全て上がり1位、新潟で32秒台数回、前走1600勝ち上がりも新潟で0.2差楽勝、重賞でも夏の新潟なら差し切りもある

54サトノキングダム 父ディープ
昇級戦、新潟では500万下は圧勝だが1000万下では勝ちきれず。よーいドンで重賞で差し切るほどの上がりはなさそう。

53クラウンディバイダ 父メジャー
逃げ番手馬向かない

5歳 3頭
57.5クリンチャー 父ディープスカイ
皐月4着あるが、軽い芝のレースは向かない、菊花賞2着

△57.5ダイワキャグニー 父キンカメ
東京1.58.3(1)35.3(2)先行、OP4勝、毎日王冠4着、東京新聞杯3着、2000mは3戦しプリンシパル1着中山金杯5着白富士4着、基本差して上がり勝負

×57カデナ 父ディープ
後方から速い上がりあるが、32秒台はない

4歳 7頭
○57レイエンダ 父キンカメ
エプソムカップの番手から32.7完勝は強かった。夏の東京、新潟では逆らえない。

×57ユーキャンスマイル 父キンカメ
距離短い、上がり勝負も分が悪いはずだが新潟勝ちあり、菊花賞3着

×55フランツ 父ディープ
昇級戦、ユーキャンスマイルやアクートよりも格下

▲54カヴァル 父エイシンフラッシュ
昇級戦、東京東京中京3連勝中、32秒台もあり、中京では重賞クラスでストロングタイタンおさえたネーベル君に上がり1位で差し切り勝ち、未勝利勝ち上がったのも去年の夏の新潟

×54ジナンボー 父ディープ
昇級戦、重賞で上がり勝負は分が悪い

×54牝サトノワルキューレ 父ディープ
東京1.59.5(1)33.4(1)追込、フローラ優勝、オークス6着、ローズ追い込んで上がり1位33.1で5着ウラヌスチャーム33.2に0.1差の6着、阪神牝馬一位の上がり32.8で0.3差の9着、ヴィクトリアマイルは追込13着、距離は長い方が良さそう、最速上がり32.8

×53牝センテュリオ 父ディープ
小倉1.57.6(1)34.5(1)マクリ、追込、ローズは差してワルキューレに差され0.2差7着、尼崎Sではメールドグラースには0.3差の2着、最速上がり32.8

[もっと見る]

⇒もっと見る

メートルダールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

メートルダールの写真

メートルダールの厩舎情報 VIP

2019年10月6日京都大賞典 G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メートルダールの取材メモ VIP

2019年7月14日 函館記念 G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。