メートルダール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
メートルダール
メートルダール
メートルダール
メートルダール
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2013年2月22日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績19戦[6-2-5-6]
総賞金17,813万円
収得賞金4,950万円
英字表記Maitres d'Art
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
イグジビットワン
血統 ][ 産駒 ]
Silver Hawk
Tsar's Pride
兄弟 アールブリュットムスターヴェルク
前走 2018/12/08 中日新聞杯 G3
次走予定

メートルダールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/08 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 147114.635** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文486(-4)2.00.2 0.936.0⑨⑨⑨⑨ギベオン
18/09/02 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 134515.462** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文490(+20)1.57.8 0.333.6⑫⑬ブラストワンピース
18/04/01 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 16816249.11410** 牡5 57.0 松山弘平戸田博文470(-12)1.59.3 1.134.5⑫⑫⑬⑫スワーヴリチャード
18/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 9229.948** 牡5 56.0 福永祐一戸田博文482(+2)2.02.9 1.334.5⑥⑦⑦⑦スワーヴリチャード
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 187135.421** 牡4 55.0 C.デムー戸田博文480(+4)1.59.3 -0.233.6⑪⑪⑩⑧ミッキーロケット
17/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 16364.2112** 牡4 56.0 M.デムー戸田博文476(+6)1.33.3 1.133.7⑪⑪マルターズアポジー
17/06/11 東京 10 多摩川S 1600万下 芝1600 118103.121** 牡4 58.0 M.デムー戸田博文470(-12)1.34.3 -0.033.0ハクサンルドルフ
17/05/07 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 166112.413** 牡4 55.0 浜中俊戸田博文482(+4)1.58.9 0.334.1⑨⑩サンデーウィザード
17/02/19 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 14332.411** 牡4 56.0 M.デムー戸田博文478(+6)1.58.3 -0.234.1⑤⑦⑤トーセンマタコイヤ
16/11/27 東京 10 ウェルカムS 1600万下 芝1800 12562.513** 牡3 55.0 福永祐一戸田博文472(+6)1.47.2 0.234.7⑥⑤④ナスノセイカン
16/10/30 東京 9 精進湖特別 1000万下 芝2000 10892.911** 牡3 55.0 福永祐一戸田博文466(-2)2.02.4 -0.333.2⑦⑥⑥トーセンマタコイヤ
16/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 121113.956** 牡3 56.0 北村宏司戸田博文468(+2)2.13.6 0.535.1⑧⑦⑦⑧ディーマジェスティ
16/05/28 京都 10 白百合S OP 芝1800 10444.422** 牡3 56.0 福永祐一戸田博文466(0)1.47.8 0.033.2⑥⑥ブラックスピネル
16/04/30 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 137114.735** 牡3 56.0 H.ボウマ戸田博文466(-4)2.25.3 1.135.1⑪⑩⑪⑧ヴァンキッシュラン
16/02/14 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 10666.433** 牡3 56.0 C.ルメー戸田博文470(0)1.47.7 0.335.0⑩⑧⑧ディーマジェスティ
16/01/17 中山 11 京成杯 G3 芝2000 15114.223** 牡3 56.0 戸崎圭太戸田博文470(-2)2.01.6 0.233.9⑭⑬⑬⑬プロフェット
15/12/05 中山 9 葉牡丹賞 500万下 芝2000 16125.831** 牡2 55.0 戸崎圭太戸田博文472(+2)2.02.6 -0.034.2⑫⑫⑬⑮ヒプノティスト
15/10/12 東京 3 2歳未勝利 芝1800 12791.711** 牡2 55.0 戸崎圭太戸田博文470(0)1.49.3 -0.134.8⑨⑨⑦アポロオスカー
15/09/05 札幌 5 2歳新馬 芝1500 14572.513** 牡2 54.0 福永祐一戸田博文470(--)1.32.5 0.335.7⑦⑦⑤キングライオン

メートルダールの関連ニュース

 第54回中日新聞杯(8日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円=出走14頭)クリスチャン・デムーロ騎乗で1番人気のギベオンが、ゴール前の接戦を制して重賞初制覇を飾った。タイム1分59秒3(良)。3歳馬は年長馬相手の平地重賞で8勝目。ハナ差2着に12番人気のショウナンバッハ、3着に7番人気のストロングタイタンが入った。

 底冷えの曇り空の下、最後は首の上げ下げ。ハナ差競り勝って軍配が上がったのは3歳馬ギベオンだ。重賞初Vで、今年の中京の重賞ラストを締めくくった。

 「折り合いがついていい位置で運べました。スムーズに上がっていって直線もいい脚でした」

 新馬V以来の手綱だったC・デムーロ騎手は、満面の笑みを浮かべた。

 マイスタイルが逃げて前半1000メートル58秒7という速い流れの中、中団を追走。直線では一気に加速し、残り200メートル付近で早々と先頭へ。外から迫るメンバー最年長のショウナンバッハに一度はかわされたが、ゴール寸前で差し返した。

 「早く抜け出してソラを使ったけど、よく盛り返してくれた。力を示せて良かった」と荻野助手はうなずいた。

 アーモンドアイ(ジャパンC)、ルヴァンスレーヴ(チャンピオンズC)など、今年は3歳世代が活躍が顕著。この日も3場のメインはすべて3歳馬が勝った。年長馬をねじ伏せて地力を示したNHKマイルC2着馬。次走は未定だが、師走の尾張に今後が楽しみな1頭が誕生した。 (渡部陽之助)

ギベオン 父ディープインパクト、母コンテスティッド、母の父ゴーストザッパー。鹿毛の牡3歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績6戦3勝。獲得賞金1億1699万3000円。重賞初勝利。中日新聞杯は藤原英昭調教師が2006年トーホウアランに次いで2勝目。クリスチャン・デムーロ騎手は17年メートルダールに次いで2勝目。馬名は「ナミビアで発見された隕石の名で、発見場所の名」。

【中日新聞杯】レースを終えて…関係者談話2018年12月9日() 05:01

 ◆鮫島駿騎手(ショウナンバッハ2着) 「風が強かったので、なるべく風を受けない位置でレースをしました。持ち味は出すことができたと思います」

 ◆アヴドゥラ騎手(ストロングタイタン3着) 「力の片りんを見せてくれました。かわされてからも盛り返してくれました」

 ◆丸山騎手(レイホーロマンス4着) 「スタートで後肢が入らず、下がってしまった。最後はいい走りでした」

 ◆福永騎手(メートルダール5着) 「勝ち馬の後ろにいたけど、仕掛けが遅れてしまった」

 ◆田中勝騎手(マイスタイル8着) 「ハミが抜けなかった。1コーナーの入りは良かったんだけどね」

 ◆中谷騎手(ドレッドノータス10着) 「掛かるくらいの馬だけど、スッと乗れて脚をためるところがなかったですね」

 ◆津村騎手(グレイル13着) 「スペースがあきませんでした」

[もっと見る]

【中日新聞杯】3歳強し!ギベオンが重賞初制覇 2018年12月8日() 16:10

 12月8日の中京11Rで行われた第54回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、クリスチャン・デムーロ騎手騎乗の1番人気の3歳馬ギベオン(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が初重賞制覇。ギベオンは中団を追走。直線は逃げたマイスタイルを早めにかわして先頭。外から勢い良く伸びてきたショウナンバッハに一旦はかわされたが、ゴール前で再加速。ググッと盛り返してハナ差で初のタイトルを手にした。タイムは1分59秒3(良)。2着にショウナンバッハ(12番人気)、さらに4馬身差遅れた3着に外から追い込んだストロングタイタン(7番人気)。

 中日新聞杯を勝ったギベオンは、父ディープインパクト、母コンテスティッド、母の父ゴーストザッパーという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(有)社台レースホース。通算成績は6戦3勝。重賞初制覇、3歳春に毎日杯・GIIIで2着(優勝はブラストワンピース)、NHKマイルC・GIで2着(優勝はケイアイノーテック)の重賞好走実績がある。中日新聞杯は、藤原英昭調教師は2006年トーホウアランに次いで2勝目、クリスチャン・デムーロ騎手は2017年メートルダールに次いで2勝目。

 ◆クリスチャン・デムーロ騎手(1着 ギベオン)「スタートが速かったですし、いいポジションにつけることができました。折り合いもつきましたし、徐々に位置を上げていき、直線はいい脚を使ってくれましたね。とてもいい馬です」



★8日中京11R「中日新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】中日新聞杯 前走非重賞戦で連対を逃していた馬の巻き返しは困難!馬格がない馬の過信禁物!2018年12月8日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、中日新聞杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
ハンデ53キロ以下の連対例はゼロ(3月開催時を含めた2008年以降)

レイホーロマンス
スズカディープ

前走でG2格のレースに出走、かつ6着以下敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ギベオン

3カ月以上の休養明けを除くと、前走G3格のレースで6着以下に敗れていた馬の連対例は皆無(2008年以降)

マサハヤドリーム

前走が6~9着の煮え切らない結果だった馬の好走例は皆無(新装中京施行の2012年以降)

ハクサンルドルフ
スズカディープ

前走で非重賞戦に出走、かつ3着以下に敗れていた馬の好走例はゼロ(2012年以降)

アメリカズカップ
ハクサンルドルフ
ショウナンバッハ
スズカディープ

前走1着馬を除くと、前走の馬体重が450キロ未満だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

アメリカズカップ
レイホーロマンス
ショウナンバッハ
スズカディープ

【人気】
6番人気以下、かつ前走で芝1800~2000m以外のレースに出走していた馬の連対例は皆無(2008年以降)
※10時30分現在の6番人気以下、かつ該当馬

エンジニア
エテルナミノル
ハクサンルドルフ
レイホーロマンス

12番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※10時30分現在の12番人気以下

マサハヤドリーム
ショウナンバッハ
スズカディープ

【脚質】
前走の4角通過順が5番手以内、かつ前走で6着以下に敗れていた馬の連対例はみられない(2012年以降)

ギベオン

【枠順】
前走重賞5着以内の馬を除くと、2枠の連対例はゼロ(1998年以降)

アメリカズカップ

馬番枠9番、14番の好走例は皆無(2008年以降)

レイホーロマンス
マイスタイル

馬番枠2番、4番の連対例はゼロ(2008年以降)

アメリカズカップ
エテルナミノル

【血統】
ステイゴールド産駒の連対例はみられない(2008年以降)

ショウナンバッハ

キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2012年以降)

エテルナミノル
ハクサンルドルフ
ストロングタイタン

サドラーズウェルズを経由しない父ノーザンダンサー系の好走例はゼロ(2012年以降)

エンジニア
ドレッドノータス
レイホーロマンス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
グレイル
メートルダール



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】中日新聞杯 末脚のキレが重要!トニービン内包馬に要注意!2018年12月8日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、中日新聞杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
新中京で施行された2012年以降の3着以内に入った馬の斤量は54~58キロの間

エンジニア
アメリカズカップ
グレイル
エテルナミノル
マサハヤドリーム
ハクサンルドルフ
ギベオン
ドレッドノータス
ショウナンバッハ
メートルダール
ストロングタイタン
マイスタイル

【人気】
毎年1~3番人気のいずれかは馬券に絡んでいる(3月開催時を含む、2007年以降)
※10時00分現在の1~3番人気

ギベオン
メートルダール
マイスタイル

【脚質】
差し脚質が有利(2012年以降)

グレイル
ハクサンルドルフ
ギベオン
レイホーロマンス
メートルダール

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
枠順の有利不利は少ない(2012年以降)

※過度に意識する必要はない

【血統】
ディープインパクト産駒が強い(2012年以降)

ギベオン
スズカディープ

父もしくは母父にロベルト系種牡馬を持つ馬が活躍(同時期に行われていた旧金鯱賞の傾向)

メートルダール

トニービン内包馬の好走例が多い(同時期に行われていた旧金鯱賞の傾向)

グレイル
マイスタイル


【3項目以上該当馬】
ギベオン(4項目)
メートルダール(4項目)
グレイル(3項目)
マイスタイル(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】中日新聞杯 菊花賞経由の3歳馬が好勝負可能のデキ!昨年の覇者も好仕上がり!2018年12月8日() 10:00

中日新聞杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


エンジニア
この中間は南Wで併せ馬を主体に丹念な調整。今週の追い切りでは、5F66秒ソコソコの好ラップを余力残しで記録した。フットワークに力感があり、いつも見せる掛かりグセもマシなほう。攻め巧者なので、過度の評価はできないが、力を出せる仕上がりとみていい。上位進出のチャンスは十分にある。

アメリカズカップ
栗東坂路で行われた最終追い切りではビッシリと攻めて、4F51秒7のラップを記録した。半面、ラストの脚がアガリ気味だった点は気がかり。好調時は馬場状態の良い坂路であれば、ラスト1Fを12秒台前半で収めてくる馬。それだけに物足りない感は否めない。相手強化の重賞では厳しいだろう。

グレイル
1週前に栗東CWで及第点以上の時計を記録。同じくCWで行われた今週の追い切りでも力強い脚捌きを披露した。ややトモが甘く重心の高い走りではあるが、四肢の回転力の速さには目を見張るものがある。乗り込み量の不足もなく、態勢は整った印象。好勝負可能のデキとみる。

エテルナミノル
間隔は詰まるが、栗東CWで長めの追い切りを順調に消化。ただし、好調時と比較すると時計が物足りない。動きについても調教巧者の本馬としては凡庸。久々をひと叩きされたが、前回(エリザベス女王杯)からの上積みに関しては疑問符がつく。今回は割引が必要だろう。

マサハヤドリーム
この中間は入念な調整を施しているが、時計面で目立つものはない。栗東坂路で行われた今週の追い切りも上がり重点の内容で終いの伸びを欠いている。攻め駆けしないタイプではあるが、好走時は最終追い切りで遅い時計なりに後傾ラップを刻んでくる馬。その点を鑑みると、調教面のプラス材料は無きに等しい。

ハクサンルドルフ
中1週の間隔もあってか、今週の本追い切りは最後だけ走らせる調整。前半は物見をするなど四肢が空回りしている印象を受けたが、徐々に集中力が増していき、ラストはキレのある伸び脚を見せた。加速がついてからのバネが利いたフットワークはなかなかのもの。軽視できない1頭と言えよう。

ギベオン
間隔はあいたが、栗東坂路と栗東CWを併用して乗り込み量は十分。CWで行われた1週前追い切りでは、余力残しで及第点のラップをマーク。同じくCWで実施した今週の追い切りでも上々の脚捌きを披露した。課題である折り合い面も前回(セントライト記念)と比べてマシになっている。上位争い可能の状態とみたい。

ドレッドノータス
今週は栗東CWで単走追いを実施。全体時計こそ平凡だが、折り合いを欠くことなく、終いでグイッと脚を伸ばしてきた。頭の位置の高さと力むところは相変わらずだが、以前の制御に苦労していた頃と比べると雲泥の差。テンションを維持できれば、かなり面白い存在になるのではないか。

レイホーロマンス
1週前に栗東CWでバランスのとれた好ラップを記録。栗東坂路で行われた最終追い切りでも軽快な走りを見せた。併せ馬を消化していない点は気がかりだが、醸し出す雰囲気は間違いなく前回以上。動きの良さとハンデを活かせるようであれば、2走前(小倉記念)近辺のパフォーマンスを示してもおかしくはない。

ショウナンバッハ
中2週の間隔もあってか、1週前までの内容に目立つところはない。だが、2日の坂路追い切りでは後傾ラップを計測。南Wで行われた最終追い切りでもマズマズの走りを見せた。半面、大きな変化が感じられないのも事実で、良くも悪くも平行線という印象。巻き返しがあったとしても、複勝圏内までには至らないのではないか。

メートルダール
2週前、1週前と2週続けて南Wにて長めから上々のタイムを記録。同じく南Wで行われた今週の追い切りでは、鞍上の合図に素早く反応し、鋭い伸び脚を披露した。首の立つような走りで発汗も見られるが、この馬としては許容範囲の部類。前回(新潟記念)よりもむしろ今回のほうが、気配は上回っているかもしれない。好仕上がり。

ストロングタイタン
栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、4F51秒0、ラスト1F11秒9の好時計を記録。併走相手のスマートオーディンを一蹴した。同じく坂路で実施した最終追い切りでも単走で4F51秒6、ラスト2F24秒5-12秒2の好ラップを計時。超抜だった鳴尾記念(1着)時には及ばないかもしれないが、及第点の仕上がりにあるのは間違いない。上位の一角を狙えるだけのデキとみる。

スズカディープ
今週の追い切りは栗東CWで実施。前回(アンドロメダS)の最終追い切り時よりも時計を縮めてきた。ただし、急激に状態が上向いているとは言い難い。この馬なりに順調なのかもしれないが、ここに入ると相対的に劣勢は否めない。今回は静観のスタンスをとったほうがいいだろう。

マイスタイル
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、アンジュデジールを相手に互角以上の動きを披露。栗東坂路で実施した最終追い切りでは、併走相手のヒルノデイバローをまったく問題にせず、ラスト2F24秒2-12秒3の好ラップを悠々とマークした。テンション面を考慮しているのか、乗り込み量が少なめ(中3週で時計2本)な点は気がかりだが、気配は決して悪くない。力を出せる状態とみる。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

メートルダールの関連コラム

閲覧 696ビュー コメント 1 ナイス 13



先週は、1(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳S、2(日)には小倉競馬場でG3小倉2歳S、新潟競馬場でG3新潟記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳Sは、数頭横並びの先手争いから内枠を利してラバストーンが先頭へ。前半1000mを60.4秒で通過していくと、逃げたラバストーンをはじめ失速する馬も見られるなか、後続勢が殺到。目まぐるしく先頭が入れ替わりながら4コーナーを回って、先頭4番人気ナイママの態勢へと変わって直線へ。2番手からピタリとニシノデイジーが続き、後方からは大外を回った1番人気クラージュゲリエも脚を伸ばして3番手を窺う勢いをみせます。外から交わさんとするニシノデイジーに内のナイママも応戦し、3番手からはクラージュゲリエも1馬身差ほどのところまで差を詰め残り50mを通過。最後は接戦に持ち込まれたこの争いを、6番人気ニシノデイジーが制してV。重賞初制覇を飾っています。クビ差の2着にナイママが入り、さらにそこからクビ差の3着にクラージュゲリエとなっています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロろいすプロ他、計4名が的中しています
 
G3小倉2歳Sは、好発を決めて出を窺うタムロドリームに、内からチュウワフライヤーエイシンノホシファンタジストルチアーナミノルといったところが並び掛けるようにして先手争い。この中から、チュウワフライヤーが枠なりに先頭に立つと、エイシンノホシファンタジストの3頭がほぼ横並びの態勢で展開。1番人気シングルアップは、これら先団を見る形の4番手でコーナーを回って直線勝負へ。チュウワフライヤーを直線半ばでファンタジストがとらえて先頭に立つと、中団から最内を突いたアズマヘリテージ、馬群を割ってミヤジシルフィード、外々を伸びてはブルベアオーロタガノジェロディといった差し勢が脚色良く追撃を開始します。しかし、これら争いを尻目に早め先頭から押し切ってみせた3番人気ファンタジストが、1馬身3/4差をつけて完勝。初重賞Vを達成しています。2着には内ラチ強襲の13番人気アズマヘリテージが入り、クビ差3着には9番人気ミヤジシルフィードが入っています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロ蒼馬久一郎プロくりーくプロら3名が的中しています。
 
G3新潟記念は、マイネルミラノを単騎先頭に、マイネルハニースズカディープと続く形で、隊列に大きな変化がないまま4コーナーを回って直線へ。マイネルミラノのリードは3馬身ほど。そのマイネルミラノただ1頭を内に、それ以外の各馬は3分どころから外に進路を取っての叩き合いとなります。1番人気の支持を集めたブラストワンピースは大外を選択。直線半ばを迎えるところで、早々とブラストワンピースが先頭に立つと、メドウラークセダブリランテスストーンウェアショウナンバッハら2番手グループを従えて、単独先頭でレース終盤の主導権を握って力強い伸び。結局、最後は外ラチ沿いまで寄せて伸びたブラストワンピースが差を拡げるようにしてゴールし、古馬勢を完封。重賞2勝目を挙げています。1馬身3/4差の2着には、ブラストワンピース同様に外を伸びた6番人気メートルダールが入り、そこから1/2馬身差の3着にはこちらも後方から馬場の中ほどを割って伸びた13番人気ショウナンバッハが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ夢月プロエース1号プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロエース2号【予想マイレージクラブ限定】プロマカロニスタンダーズプロ豚ミンCプロ他、計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
2(日)新潟12Rでは、調教A評価とした◎ソレイユフルール(単勝12.1倍)から、こちらもA評価となった▲ヒロイックアゲン(単勝142.2倍)を絡め、3連単130万6,160円を◎▲△的中!単勝など含め計135万1,700円払戻しの特大ホームランとなりました。他にも、先週は1(土)の勝負レース小倉1Rや、同新潟7R、2(日)G3小倉2歳Sなどの的中で、土日トータル的中率64%の活躍を披露。連日のプラス収支マークとなった先週は、トータル回収率2462%、収支134万6,540円プラスのトップ成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
1(土)新潟3Rでの◎トモジャスティス(単勝11.9倍)的中、2(日)には札幌4R小倉8Rで的中をマーク!2日連続プラス収支を達成した先週は、回収率214%、収支11万1,290円プラスの好成績を記録しています。また、2週連続週末プラス(先週日曜から3日間連続プラス)を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
1(土)を、新潟7R札幌10Rでの的中などでプラスで終えると、2(日)には小倉8R小倉9Rなどで好配ゲットを披露。こちらも2日連続プラスを達成し、2日間のトータル回収率169%、収支22万6,590円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
1(土)は小倉12Rなどで穴馬◎的中を披露すると、2(日)は新潟1Rでの◎ガトン(単勝19.3倍)、小倉6Rでの◎モズダディー(単勝194.1倍)、札幌9Rでの◎バケットリスト(単勝67.6倍)などを仕留め、プラス収支をマーク!週末のトータルでも、回収率122%で終えています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(124%)、KOMプロ(119%)、豚ミンCプロ(117%)、【U指数】3連単プリンスプロ(113%←2週連続週末プラス)、【U指数】馬単マスタープロ(113%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(109%)、サウスプロ(109%)、蒼馬久一郎プロ(106%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月30日(木) 15:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018新潟記念編
閲覧 1,024ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


9月2日(日) 第54回新潟記念(G3、3歳以上、ハンデ、芝2000m)

【登録頭数:14頭】

マイネルミラノ 56 <C>
エプソムカップ七夕賞と使われての休み明け3戦目。この中間は1週前に南Wで好時計が出ているが、内めを回ってのもの。調子落ちはなさそうでも、上積みまでは・・・・・・。

マイネルハニー 57 <B>
前走の函館記念時はかなり良い動きの最終追い切りでA評価も、レースでは結果が出ず14着。今回も1週前追い切りでは柴田大騎手騎乗で併せて先着と、引き続き調子は良さそう。

メドウラーク 56 <E>
サマー2000シリーズ3戦目。この中間は日曜日にCWを長めから追われているが、時計は物足りず、連戦の疲れがあるかもしれない。

メートルダール 57 <B>
大阪杯以来の休み明け。3週前、2週前、1週前と併せて先着していて、時計もそこそこ出ている。悪くない出来。

ブラストワンピース 54 <B>
ダービー以来の出走となる今回。2週前、1週前と時計を出し、1週前には南Wを長めから好時計マークと順調。デビューからほぼ同じような調教内容できていて、今回も仕上がりは良さそう。

セダブリランテス 57.5 <B>
中山金杯以来の出走。この中間は、ヤングマンパワーアンブロークンと併せてそれぞれ先着。併せ馬で先着できている時点で仕上りは良い部類だと思うし、休み明けでも走る馬なので久々でも。

エンジニア 54 <C>
この中間も前走時と同じような調整内容だが、大きく変わったという感じはなくまだ時計的に詰められそう。

スズカディープ 53 <C>
この中間は1週前にCWで速い時計を出しておらず、小柄な馬でもあり、状態をキープするのでいっぱいの状態か。

グリュイエール 55 <A>
休み前のエプソムカップ時の調教内容も良かったが、この中間も週2回速い時計を出しており良好。1週前には戸崎騎手騎乗で強めに追われて好時計で先着を果たし、好仕上り。

ストーンウェア 54 <B>
独特の調教を行う厩舎で、先週土曜日に長めから速い時計を出しているのでこれが1週前追い切りとなりそう。内容的には、一杯に追われて時計も良く、使われてきての上積みが感じられる。

ショウナンバッハ 53 <D>
調教では速い時計の出るこの馬としては、この中間は時計的に物足りない。乗り込み量は多く、中身はできていると思うが、最終追い切りの動きは気になるところ。

レアリスタ 54 <B>
休み明けの今回、かなり入念に乗り込まれて1週前追い切りでは併せて先着。時計的には前走時のほうが良いが仕上がりは良さそう。

ベアインマインド 50 <D>
長岡SとのW登録。調教では、1週前追い切りはそれほど目立つ時計ではなく、重賞のここでは軽ハンデでも厳しそう。

コパノマリーン 49 <D>
使い詰めでこの中間は併せ馬での調教がなく、疲れも溜まってきているのかもしれない。



◇今回は新潟記念編でした。
新潟競馬場には縁があって毎年1度は訪れるのですが、それが10年近く続いていて夏のひとつの楽しみになっています。夏競馬も今週が最後で、夏の新潟開催も最終週。今年も観光を兼ねて最終日の新潟競馬場に行く予定ですので、当日新潟競馬場にいらっしゃっているという方はぜひお声かけください。人も多いので見つかることはないと思いますが、声をかけてくれた方には先着3名に何かお土産を差し上げます(実物を知らない、手掛かりが似顔絵イラストしかない方はゴメンナサイ ^^;)。新潟はごはんも美味しいので、まだ訪れたことのない方はぜひ競馬場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでは次回、ローズSセントライト記念編(予定)でお会いしましょう。


新潟記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年8月26日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年08月26日号】特選重賞データ分析編(113)~2018年新潟記念~
閲覧 1,355ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 新潟記念 2018年09月02日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2015年以降)】
×12頭以下 [0-0-0-18](複勝率0.0%)
○13頭以上 [3-3-3-26](複勝率25.7%)

 正直なところ、好走馬の傾向を掴みづらい一戦。ただし、2015年以降は前走で12頭立て以下のレースを使っていた馬が苦戦しています。今年は前哨戦の七夕賞小倉記念がそれぞれ12頭立てでしたし、他路線組の大部分も少頭数のレースを経由してきた馬。多頭数のレースから直行してきた馬に注目したいところです。

主な「○」該当馬→ブラストワンピースメートルダールレアリスタ
主な「×」該当馬→エンジニアストーンウェアマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2015年以降[2-3-1-15](複勝率28.6%)
主な該当馬→ブラストワンピースメートルダール

[もっと見る]

2018年4月24日(火) 13:30 覆面ドクター・英
天皇賞・春2018
閲覧 3,116ビュー コメント 0 ナイス 17



先週土曜は大勝も、日曜は荒れ過ぎて難しかった印象でした。土日トータルでは大勝ちできて、まずは何よりです。さて、今週末の春の天皇賞は、距離的にも、高速決着になることからもかなりの特殊条件で行われるG1。似たような条件ばかりでなく多様性が日本の馬産の底上げには必要だと思っている私としては、ぜひ一部の距離短縮要望論に負けずに、これまで通りの条件で施行していって欲しいと思っているレースのひとつでもあります。数十年後には欧米でも、豪でも香港でもドバイでも、日本馬が勝ちまくりなんて時代が来てくれて、北海道の馬産地も潤っているといいなーと思っています。距離短縮論については、中距離G1の大阪杯が出来たので、もう大丈夫なのかもしれませんけどね。
本題の予想のポイントとしては、特殊条件であるが故に、やはりこの条件にいかに適性があるかというところでしょう。昔と違って阪神大賞典と直結しなくなっているのは、同じ3000m超という条件ではあっても阪神と京都でパワータイプか高速タイプかで適性が違うところではないでしょうか。ただ雨が降って道悪にでもなれば、また話は変わってきますが......。


それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 シュヴァルグランキタサンブラック引退後は、JC勝ち馬でもあることから古馬最強馬として期待されつつ迎えた今年初戦、大阪杯では4番人気13着と惨敗。ただこの敗戦は陣営にとっては織り込み済みのはずで、天皇賞・春を勝つために、敢えて疲労を残さない距離不足の大阪杯を叩いて、適条件のここを勝ちに来た高速ステイヤー。当然最有力。

2番人気想定 レインボーライン阪神大賞典で強い勝ち方をしての参戦となる。NHKマイルCで3着、菊花賞サトノダイヤモンドの2着、極悪馬場の秋の天皇賞でもキタサンブラックの3着したりと、大一番でも上位に来るが勝ち切れないイメージを持たれ続けながら、一転前走の勝ちで人気となりそう。疲労の残るレースで調教も軽めで良馬場京都の高速決着になると、人気を裏切るシーンも。450kg前後の小さい馬で「58kgもきつかった」と昨年のこのレース12着後にM・デムーロ騎手のコメントもあり、押し出された上位人気な感じのある今回は評価下げるのが妥当か。ただ重馬場は鬼で、馬場次第でもあるか。

3番人気想定 クリンチャー菊花賞前のコラムで凱旋門賞向きではとコメントした馬だが、不良馬場の菊花賞で2着し、重馬場の京都記念で断然人気のレイデオロアルアインを破り、1.9倍の断然人気に押された阪神大賞典は36.6秒の上りしか使えず3着敗退。阪神で瞬発力負けしてるようでは、京都の良馬場では厳しそうで、雨乞いが必要か。ただ、仮にここを負けても凱旋門賞は向くと思うので是非行って欲しいところなのだが……。

4番人気想定 ガンコ:デビューから芝4戦を使うも勝ち上がれず、ダートをずっと使ってきたところ、芝に戻して1000万下勝ちを含め4戦3勝。日経新春杯でも3着、日経賞でG2勝ちと勢いはある。地味なナカヤマフェスタ産駒だが、ナカヤマフェスタ凱旋門賞2着(勝ち馬がワークフォースであることからもいかに日本の競馬と違う適性かわかるかと思いますが)と、高い能力示したステイゴールド系であり、良馬場もクリンチャーらよりは対応可能ではとみている。

5番人気想定 サトノクロニクル:デビューから6戦連続1番人気だったように、初めは人気先行だった。57kgを背負って1番人気で負けたラジオNIKKEI賞の後には、同世代の3歳夏にハンデ戦で7kgも斤量差あるのはいかがなものか、と川田騎手のコメントもあったが、母系はロベルト系やニジンスキーやシカンブルの名があるように長距離向きで、暮れのチャレンジCはG3でも強敵揃いの中でデニムアンドルビーに競り勝ち、前走の阪神大賞典でも2着とようやく素質が開花してきた印象。意外と人気にならなそうで、デビュー後は鋭い末脚も繰り出しており、ハーツクライ産駒らしいやや晩成な感じもあり、シュヴァルグランとのハーツクライ産駒ワンツーもあるのでは。

6番人気想定 アルバート:現役屈指のステイヤーだが、一昨年6着、昨年5着と京都の高速決着は本質的には向かないのだが、今回は相手レベルが下がって通用してもおかしくない。鞍上もずぶい牡馬の長距離戦に向かない、牝馬やマイルまでがいい福永騎手だったので乗り替わりもプラス。

7番人気想定 チェスナットコート:勝ち上がるまで6戦を要したようにハーツクライ産駒らしい晩成型で、年明けから1000万下、準オープンと連勝して日経賞でも2着と強くなってきたが、初の58kgで3200mはキツイのでは。

8番人気想定 トーセンバジル:昨年の阪神大賞典サトノダイヤモンドの3着、昨秋の京都大賞典でも2着、香港ヴァーズ(2400m)でも3着と長距離戦なら強敵相手にも食らいついていく一方、準オープン勝ち後は勝ち切れず、ヒモに入れるかどうか程度か。

9番人気想定 カレンミロティック:10歳セン馬となったが、衰えは小さく、3年前にゴールドシップの3着、2年前にキタサンブラックの2着(4つ下のシュヴァルグランがこの時3着)と京都長距離という最適条件なら、まだそこそこやれておかしくない。

10番人気以下想定
スマートレイアー:様々な条件で脚質も追い込みから逃げまで駆使して活躍してきたが、昨秋の京都大賞典1着の後は衰えてきたのか凡走続き。8歳牝馬だけにさすがに上がり目無い。

ミッキーロケット神戸新聞杯サトノダイヤモンドをひやっとさせる2着や、菊花賞後の適距離である年明けの日経新春杯勝ちした頃は期待されていたが、その後8戦は相手が強くなかった中日新聞杯メートルダールの2着が最高と伸び悩み。この距離が特に良いわけでもなく厳しそう。

ソールインパクト:人気先行型で若い時期から期待されつつ、1000万下を勝ち上がるのに3年近くかかったが、アルゼンチン共和国杯でラッキーな2着してオープン入り。ただここでどうこう言うレベルではない。

ヤマカツライデン:しぶとさを失った逃げ馬は買えない。

シホウ:オープン実績ゼロで足りない。

ピンポン:血統の字面だけ見たらいいのだが、オープン芝実績ゼロで要らない。

トミケンスラーヴァ:三流ステイヤー向きの万葉S勝ちはあるが、阪神大賞典で10着と惨敗しているように実力不足。

トウシンモンステラ:オープン特別でも掲示板に乗れるかどうかまでしか実績の無い8歳馬で、要らない。


<まとめ>
最有力 シュヴァルグラン

ヒモに ガンコサトノクロニクルアルバートカレンミロティック

ヒモ穴要員 チェスナットコートトーセンバジル

道悪でないと厳しいかもしれない人気馬 レインボーラインクリンチャー

[もっと見る]

2018年4月4日(水) 16:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/31~4/1)デビュー初週の豚ミンCプロが回収率299%を達成!いっくんプロは200万オーバーを記録!
閲覧 1,143ビュー コメント 0 ナイス 14



先週は、1(日)に阪神競馬場でG1大阪杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1大阪杯は、最終的に単勝3.5倍の1番人気にスワーヴリチャードが推され、以下アルアイン(3.6倍)、サトノダイヤモンド(4.0倍)、シュヴァルグラン(9.2倍)と3頭が単勝ひとケタ台で続く形で発走の時を迎えます。
先頭に立ったのは、大方の見立て通りヤマカツライデン。2番手にダンビュライトが続き、スマートレイアーウインブライトサトノダイヤモンドアルアインシュヴァルグランといったところが先団ひと塊で追走。サトノノブレスゴールドアクターも差なく続き、ヤマカツエースペルシアンナイトメートルダールもこの一角。トリオンフミッキースワローが後方にかけて続き、スワーヴリチャードは後方2番手。最後方にポツンとマサハヤドリームの態勢で1~2コーナーにかけて通過していきます。
向こう正面を迎えるところで、ゴールドアクターが外を回って押し上げ一気に先団へ。さらにトリオンフが同じように早めの進出を目論むと、その後ろからスワーヴリチャードもこれを追うようにポジションを上げ始めます。レース中盤で早くも隊列に動きがみられる中、逃げるヤマカツライデンのペースは前半1000mを61秒1(推定)で通過のスロー。
ここから手綱を緩めることなくさらに加速していくスワーヴリチャードが、3コーナーまでに先頭を奪って、2番手トリオンフヤマカツライデンと3頭が後続を引き連れる形でコーナーを回って直線を目指します。アルアインは直後の好位のイン、シュヴァルグランは中団の外目、サトノダイヤモンドは徐々にポジションを下げ後方馬群の中から追い出される形となって、直線勝負へ。
1馬身のリードで直線を向いたスワーヴリチャードを、トリオンフとその内に入ったアルアインが追う展開。外からはダンビュライトペルシアンナイトが伸びてきて、大外からはミッキースワローも徐々に差を詰めて残り200mを通過。トリオンフダンビュライトは苦しくなって後退。この時点で、スワーヴリチャードはほぼ勝利を手中に収めるリードとなって、観衆の視線は自ずと2番手争いへ。その2着争いも、アルアインに外から襲い掛かるペルシアンナイトの2頭に絞られる格好で、後続からこれを脅かす伸び脚は見られず。ペルシアンナイトがゴール前でアルアインをとらえて2番手に浮上しますが、横綱競馬のスワ-ヴリチャードはこれを尻目に悠々先頭でゴール。並みいるG1馬を押しのけ1番人気に推されたスワ-ヴリチャードが、その支持に応えてG1初制覇を挙げています。3/4馬身差の2着に6番人気ペルシアンナイト、そこから1/2馬身差の3着に2番人気アルアインで決着しています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロ河内一秀プロろいすプロ馬侑迦プロほか、計11名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
31(土)の中山10Rでは◎×○の印で、3連単2184.9倍を的中。1,000円分の購入で218万払戻しのホームランとなりました!3連単ミリオン払戻しはこれで9年連続をマーク!1(日)にも阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中(16万3,900円払戻し)などの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率531%、収支207万1,300円のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
プロデビュー初週となった先週は、31(土)を阪神12Rの▲◎○的中で締め括り、初日プラスを計上。迎えた1(日)は更なる快進撃を見せ、阪神1R(○◎的中)、中山3R(単勝56.0倍◎グットクルサマー)、阪神9R(単勝13.2倍◎サトノグラン)、中山11R(単勝21.5倍◎ライトフェアリー)等々......随所に好調◎を披露!土日トータル回収率299%、収支20万7,110円プラスの好結果で“初陣”を飾っています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
31(土)の中山4R中山10Rなどで好調予想を披露。1(日)には中山3Rで10万6,400円払戻しのスマッシュヒットなどを記録し、週末トータル回収率154%、収支18万4,130円のプラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
31(土)は勝負レース阪神6Rなどの的中で回収率137%を記録。1(日)には阪神4R阪神6Rなどで的中をマークし2日連続のプラスを達成。週末トータル回収率143%、収支13万10円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(125%)、サラマッポプロ(123%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(117%)、おかべプロ(107%←9週連続週末プラス)、サウスプロ(106%)、マカロニスタンダーズプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年4月3日(火) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018桜花賞
閲覧 2,562ビュー コメント 0 ナイス 16



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


【優先出走馬】

マウレア(B)
前走時のコラムでも書いたが調教内容がグッと良くなっていた前走は、期待通りの走り。勝ち馬には及ばないものの本来の走りが見られたのではないか。この中間は栗東に滞在して調整されており、1週前の動きを見ると上積みまではないかもしれないが、良い状態をキープできている感じ。

リバティハイツ(C)
12月のデビュー戦から月1ペースでレースを使われてきている。この中間もいつも通り坂路で乗られていて疲れは感じられないが、前走馬体重が8kg減っていたのでこれ以上大きく減ると影響がありそう。

アンコールプリュ(B)
調教の動きはレースを使われるごとに良くなっている感じで、今回の1週前追い切りでは併走相手に手応えでは見劣っていたものの走りは前走以上に見えた。小柄な馬だが、中3週でも1週前に強めに追われているので前走を使われての上積みもありそう。

デルニエオール(D)
これまでそれほど目立つ調教時計が出ていた訳ではないものの2勝して、前走の重賞でも3着という実績はさすが良血馬と言った感じ。ただかなり小柄な馬で、レースを使われるごとにパドックでうるさい面が出てきているし、馬体的にも気持ちの面でも余裕がなくなってきている感じがする。1週前には終い強めに追われているので、何とか状態をキープできているとは思うが、上積みまでは厳しい印象。

ハーレムライン(D)
デビュー戦ではラッキーライラックから1.2秒差の4着で年明けの未勝利戦から3連勝中。11月から使い詰めできているので前走のパドックでは少し細く見えた。うるさい面も時折のぞかせていて、今回は輸送競馬でもあるのでかなり気を使う調整になると思われる。

レッドレグナント(B)
休み明けで+8kgの前走は、パドックでは太め感はまったくなく好馬体での出走となった。レースでは枠に恵まれたところもあるが、逃げて2着に粘り込んだ。直線でもうひと伸び足りなかったところは久し振りの分か。ただゴールしてからもスピードが乗ったまま流していたところには能力を感じたし、この中間も日曜日に坂路でかなり良い時計が出ている。前走を使われての上積みがありそうな馬。


【収得賞金順】

プリモシーン(C)
新馬、未勝利と馬なりでの調教で出走していたが、前走は直前に強めに追っての出走だったことが影響したのかパドックでうるさい面を見せていた。1週前は濃霧の中で追い切られたが、これまでも1週前はそれほど速い時計を出していたことはなく、直前の日曜日に坂路で速い時計というパターン。先週の日曜日には、坂路で速い時計を出していてその点ではいつも通りの調教過程と言っていいだろう。ただ、今回は関西への輸送があるので最終追い切りは軽めでないと当日は前走以上にうるさくなりそうなので、その辺は注意した方が良さそう。

モルトアレグロ(E)
今回で4戦連続関西への輸送。追い切りでもどちらかというとカァーっと行くところがあり、パドックでもセカセカする馬なのでマイル戦は距離が長いだろう。

アンヴァル(E)
追い切りの動きを見ても気の勝ったタイプで、いかにもスプリンターといった感じで距離が長い。

コーディエライト(D)
新潟2歳S時のような時計が近走出ていない。1週前追い切りの動きを見ても終いの伸びが物足りない。

レッドサクヤ(B)
関東でのレースの時はパドックでうるさい面を見せていたが、ここ2戦の京都では普通に歩けていたので関西圏での競馬は良い。間隔も空き、1週前に併せ馬で一杯に追われて先着できているので直前はそれほど強くやることもなさそうで、上積みが見込めそう。

アマルフィコースト(D)
前走はスタート後に落馬競走中止にはなったものの、カラ馬のまま馬群の中でレースには参加していた。それでも鞍上がいないので良いポジションにいながら最後の直線は伸びず。1週前追い切りでは前走以上に終いの時計は出ていたが、走りに力強さがなく動きとしては物足りなく見えた。

ツヅミモン(B)
もともとかなり大きな馬だが、調教では好時計が出ていた馬。間隔は少し空いたもののこの中間も好時計が出ていて状態面で気になるところは特にない。出来は良さそう。


【抽選対象馬(2頭出走可能)】

スカーレットカラー(B)
前走はやや物足りない調教内容だったが、今回の1週前追い切りでは外めを走って前走以上の好時計が出ている。フェアリーS時並みに状態は良さそうで、最終追い切りの動きも気になるところ。

トーセンブレス(E)
この中間は目立つ時計が出ていない。この状態で最終追い切りを迎え、輸送も控えているとくれば上積みは厳しそう。

フィニフティ(A)
この中間も2週前、1週前と引き続き好時計が出ていて調子は良さそう。特に1週前追い切りでは、迫力のある動きで内に併せて先着と内容は前走以上。出走できたら怖い存在。


【除外対象馬】
サヤカチャン(D)
1週前追い切りでは時計は出たが、使い詰めでもう1本足りない感じ。

アリア(D)
間隔が詰まっているため1週前は坂路で追い切られたが、時計的には大きく変わらず。

イサチルルンルン(F)
この中間は速い時計がなく、上積みは厳しい。

シグナライズ(E)
2週前、1週前追い切りと前走と比べると時計も平凡で物足りない。

ラブカンプー(F)
使い詰めで上積みが見込めない。

ファストライフ(E)
今年3戦と詰めて使われ、前走後に速い時計もなく評価は上がらない。



※なおラッキーライラックリリーノーブルアーモンドアイに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。



◇今回は桜花賞編でした。
先週の美浦は濃霧のため追い切りの映像なしや時計が計測できない時間帯があり、調教を参考に予想を組み立てている方々は困ったのではないかと思います。私も調教を予想の柱にしているので、何週間も続いてしまうと困ったことになる一人ではありますが、良い機会なのでたまに起こる濃霧のなかで行われる調教に関して個人的な見解を述べさせてもらいます。まず霧の中を馬に乗って走るということはどういうことか考えてみると、視界が狭くなり周りが何も見えません。前が見えにくい時点で音は聞こえてもいつ前に馬が現れるかもしれないという危険性から思い切り走らせるのは困難で、強めに追い切ること自体ができないのではないかと思います。霧の中を車で運転したことのある方は分かると思いますが、危険と感じた時点でまずスピードは出せません。ライトが付いている車でも反射して見えにくいのに、ライトもついていない人馬ではもっと何も見えないと思います。総論、そんな危険な状況下で追い切りを行っている馬は、思い通りのメニューが消化できていないはずというが私の見解です。輸送などいろいろと先に予定が控えており、いつ霧が晴れるか分からない状況では無理してでも追い切らなければならないのかもしれませんが、霧が晴れて視界が良くなってからや次の日の視界の良い状態まで延期して追い切ったほうが、予定通りの調教ができているという点でまだマシだと考えています。例外もあるとは思いますが、<濃霧=時計なし、映像なし=マイナス>と捉えたほうが一番分かりやすいのではないかと思います。あくまでも個人的な考えではありますが。ちなみに先週の大阪杯に出走した関東馬で濃霧の中で追い切られたミッキースワローメートルダールウインブライトゴールドアクターはそれぞれ5着、10着、12着、16着でした。今週は晴れてくれると良いのですが......。

それでは次回皐月賞編(予定)でお会いしましょう。


桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メートルダールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 18

写真は、ビンゴを達成した今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です!!



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中山11R 師走ステークス オープン ダート1,800

 ◎ ⑨フェニックスマーク  13着(1番人気)
 ○ ⑫チュウワウィザード   2着(2番人気)
 ▲ ⑬クインズサターン    3着(4番人気)
 △ ②アングライフェン    5着(6番人気)
1着・テーオーエナジーを外し当り無し

ビンゴ馬:⑨フェニックスマーク13着(1番人気)13着マスを塗り潰し



中京11R 中日新聞杯 GⅢ 芝2,000

 ◎ ①エンジニア       6着(6番人気)
 ○ ⑪メートルダール     5着(3番人気)
 ▲ ⑦ギベオン        1着(1番人気)
 △ ③グレイル       13着(5番人気)
2着・ショウナンバッハを外し当り無し

ビンゴ馬:①エンジニア     6着(6番人気)6着①マスを塗り潰し



阪神11R リゲルステークス オープン 芝1,600

 ◎ ①パックスアメリカーナ  1着(2番人気)
 ○ ⑥グリュイエール     7着(1番人気)
 ▲ ⑩ソーグリッタリング   4着(3番人気)
 △ ⑦トゥラヴェスーラ    5着(7番人気)
単勝(320円)が当たり

ビンゴ馬:①パックスアメリカーナ1着(2番人気)1着①マスを塗り潰し・・・リーチ!




日曜メインレースの予想結果です


中山11R カペラステークス GⅢ ダート1,200

 ◎ ⑧ハットラブ       8着(3番人気)
 ○ ①キタサンミカヅキ    3着(2番人気)
 ▲ ②コパノキッキング    1着(1番人気)
 △ ⑫オウケンビリーヴ    6着(13番人気)
2着・サイタスリーレッドを外し当り無し

ビンゴ馬:②コパノキッキング  1着(1番人気)1着②マスを塗り潰し




中京11R 名古屋日刊スポーツ杯 1000万下 芝2,000

 ◎ ⑪プラチナヴォイス    1着(1番人気)
 ○ ③レイリオン       6着(2番人気)
 ▲ ⑧サブライムカイザー   5着(6番人気)
 △ ④シンボリタピット    8着(9番人気)
単勝(280円)が当たり

ビンゴ馬:⑧サブライムカイザー 5着(6番人気)塗り潰し無し



阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 芝1,600

 ◎ ⑬ダノンファンタジー   1着(1番人気)
 ○ ⑪ビーチサンバ      3着(4番人気)
 ▲ ④シェーングランツ    4着(3番人気)
 △ ⑨クロノジェネシス    2着(2番人気)
単勝(260円)、馬単(1、190円)、3連単(5、020円)が当たり

ビンゴ馬:④シェーングランツ  4着(3番人気)4着①マスを塗り潰し・・リーチ





★メインレースの予想は、単勝が3レース、馬単・三連単が1レース当たりと不調ですね・・


★競馬でビンゴは、5マスを塗りつぶせ、第2週目でリーチが3つになりました!!



★POG馬の特別登録

日曜日

阪神競馬11RGⅠ朝日杯FS(芝1,600)にグランアレグリア・メス・藤沢和雄(美浦)が登録




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=eb94b07552&owner_id=2ec1608dab

 DEEB 2018年12月8日() 19:23
恥ずかしい馬予想2018.12.08[結果]
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 3

中山 9R 霞ヶ浦特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 9 フリージングレイン…4着
○ 1 トータルソッカー …10着
× 7 ☆マイネルスフェーン…8着
[結果:ハズレ×]

中山11R 師走ステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 クインズサターン…3着
○ 2 アングライフェン…5着
×14 ☆リーゼントロック…9着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R エリカ賞 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 1 アルクス…7着
○ 3 エールヴォア…1着
▲ 4 ブラヴァス…2着
△ 8 カフジジュピター …5着
× 6 アドマイヤリーブラ…4着
[結果:アタリ○ 馬連3-4 710円]

阪神10R 境港特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 2 ★シルヴァンシャー …1着
○ 9 ダブルフラット…3着
▲ 5 ウスベニノキミ…4着
△ 7 ジャーミネイト…8着
× 1 プティットクルール…9着
[結果:アタリ△ 単勝2 290円、複勝2 130円]

阪神11R リゲルステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 6 グリュイエール…7着
○10 ソーグリッタリング…4着
× 9 ☆アサクサゲンキ…2着
[結果:アタリ○ 複勝9 1,130円]

中京 1R 2歳未勝利牝[指定]
◎ 2 ビオレイメル…2着
○11 ノーブルテラ…5着
×12 ☆ユーフォニー …1着
[結果:アタリ○ 複勝12 180円、馬連2-12 520円、ワイド2-12 240円]

中京 2R 3歳以上500万下[指定]
◎14 ササノユキオルフェ…9着
○16 ☆タラニス…10着
▲13 オウケンスターダム…5着
△ 3 オーシャンビュー …6着
×11 フィールザファラオ…1着
[結果:ハズレ×]

中京 3R 3歳以上500万下[指定]
◎16 ★メイショウバイタル…5着
○ 8 ファビラスヒーロー …1着
▲ 7 ジェットコルサ…6着
△ 3 アシャカデッシュ…10着
×11 ロンス…7着
[結果:ハズレ×]

中京10R 浜名湖特別 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 5 エオリア…1着
× 8 ☆ドゥリトル…3着
×13 ☆キクノウェスター …7着
[結果:アタリ○ 複勝8 530円、ワイド5-8 1,830円]

中京11R 中日新聞杯 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎14 マイスタイル…8着
○11 メートルダール…5着
▲12 ストロングタイタン…3着
△ 8 ドレッドノータス…10着
× 7 ギベオン…1着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
予定は、ありません。
どうしよう?
なにが?
さあ。

[今日の結果:10戦4勝5敗1分]
そこそこの結果でした。
明日は、中京に行こうかなと思っています。

[もっと見る]

 りのりん 2018年12月8日() 14:25
中日新聞杯(`・∀・´)
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 13

こんにちは(*´꒳`*)

最近地元も冷えて参りました。

ここ最近ボロクソな私ですが、今年中は方針を変えず突っ走って行きます!

本日の重賞 中日新聞杯ですが、これまで色々と変更がありながら開催されて参りましたので、基本的にはこれまでのデータはあまり参考にせず、単純にお馬さんと騎手、戦績から買い目を決めます。

マイスタイル◎
前走も◎にしておりましたが、スティッフェリオが強かったですね!
ペース作りながらも最後は粘り強く2着を確保してくれました。
軸としては信頼できるので、◎です。

メートルダール◯
相方はメートルダールにします。
この子はG3以下に絞ると芝2000mの馬券圏内100%です。
前走は勝ち馬のブラストワンピースに0.1秒差の上がりで、凄く印象に残りました。
正直、ブラストワンピースよりもこっちが気になった程です。
あれ?この子どっから出てきた!?と思う程一瞬でした!
また鬼脚で後ろからスパーン!と圏内に入ってくれる事に期待して◯

二頭軸マルチで、1.6.7.8.9へ

荒れる事の多いレースですが、程良く馬券に絡んでくれますように(*´꒳`*)

それでは皆様、ご武運を!!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

メートルダールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

メートルダールの写真

メートルダールの厩舎情報 VIP

2018年12月8日中日新聞杯 G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メートルダールの取材メモ VIP

2018年12月8日 中日新聞杯 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。